スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び

2022 DE ROSA 838 DISK  今までにないブルー系カラーに、ヘッドチューブなどのデザインも変更に!


2022000008549.jpg
2022 DE ROSA 838 DISK ブルー/ホワイト グロッシー 販売価格495,000円 (税込)
(´・ω・`)これが新型DE ROSA 838 DISKですか!
ブルーカラー? デローザが?
2022年モデルにおいては、完成車扱いとフレームセットの選択になるんですね。
ふむふむ105スペックか。
日本仕様の場合ヘッドのトップカバーに穴が用意されていて、そこからケーブルを内装する形になります。
完全フル内装ではないにしても、セミ内装モデルか……FSA ACRなどのギミックは採用していないんですね。
ですのでフル内装に対応していないハンドルやステムでも、組む事が可能。
ハンドルとステムの自由度が高いDE ROSAカーボンモデルなのか。
kigfjdfyjudtu6ur4.jpg

2013年頃の流線型デザインだったDEROSA R838とは全然別のデザインになっていますよ。
最新のドロップシートステー形状に、スクエア形状のフレームか。
(´・ω・`)ただ、こういうカラー展開は無かったですね。
ブルー系カラーかあ……エアロロードのSKとかで見かける程度でしたものね。
2022000008495.jpg
2022 DE ROSA 838 DISK ブラック/レッド グロス
このブラック/レッド グロスなどは、プロトスなどのカラーリングの影響を受けていそうですね。
oliykt7u6e5y.jpg
ヘッドチューブなどのデザインも、変更になっているとか?
軽量化と剛性向上のためのカーボンフレームとフォークを使用。
(海外ではハイモジュラスとの噂あり)
新しいデローザ838のフレームはカーボン製で、重さは約900g。
わずかに傾斜したフレームで、ダンシングとの美しいバランスを実現。
特大のダウンチューブと剛性を高めるためのトップチューブは、新しい形状を採用。

オフセットシートステーの形状は、快適性と剛性を高めるために開発されました。
ストレートフォークの形状は、強度と精度を提供します。
チェーンステー長は最小限で、ヘッドチューブは非常にすっきりとした外観かつ、空力への影響を軽減しています。
loikuir6et5uyus.jpg

(´・ω・`)海外ではフォーク部は32mmまでのタイヤに対応という説明があるけど。
いずれにしても、タイヤクリアランスは割と広目に確保していそうですね。

DSCN2249csa.jpg

2013年当時、DE ROSA R848に替わる後継機種として登場してきたのがDE ROSA R838。
2013年当時EPSバッテリー内蔵化など、現在に繋がる新ギミックを搭載したSUPER KINGなどと並び、デローザ新世代の一翼を担うエントリーモデルでした。

DEROSA R838 カンパニョーロ電動アテナEPS搭載モデルだったんですけど。
( ;゚ω゚)よく覚えていますよ。
走りが「軽い」のなんのって……
剛性とかではなく、異様な軽い走行感がショックでした。
全然体に負荷がかからないフレームで、怖い位乗り易くもあったのですが、
DSCN2272x.jpg

2013年当時DE ROSA R848と同じく台湾で生産。手に入り易いエントリー向けカーボンモデルとしての位置付け。
初心者でもベテランでも扱い易く、スポーティーに使用出来る事。
DE ROSA IDOLにも通じるコンセプトでした。

上位のPROTOSと比べても、脚の負荷が徹底的に抑えられていまして。しかも、低速でも高速でも結構な走りをしてきます。
流石に高速時の速度の伸びは、上モデルには及びませんでしたが。

2013年当時においてロングライド用という話だったけど、個人的には軽い走りをしてくれる戦闘的なロードという印象。
確かに長時間乗ると、フレームが負荷を抑えてくれて疲労は少ないデローザモデルでしたね。
DSCN2257gdvs.jpg
トップチューブからシートステーへ繋がる流線型のデザインは、当時の上位モデルの影響を受けたデザインでもある。

(´・ω・`)DEROSAモデルの中でも、安定感と軽量感、乗り易さが際立っていました。
しかもフラグシップモデル程ではないにしろ戦闘性、レーシング性能を忍ばせていましたし。
その路線を、新生2022年モデルも引き継いでくれていたら楽しそうですね。
2022000008648.jpg
2022 DE ROSA 838 DISK イエロー/ブラック マット
2022 DE ROSA 838 DISKは、流行のドロップシートステーデザインですが、相当走りがいいそうですね。
DE ROSA MERAKの様に推進性を持たせてあるんだろうか……

モデル 838 Disk Bike
メインコンポーネント Shimano 105 Disk (R7020) Black 11s
ホイール Shimano WH-RS171 Black
バーテープ Black with De Rosa logo
ステム FSA GOSSAMER PRO
ハンドルバー FSA GOSSAMER COMPACT
シートポスト FSA GOSSAMER SB20 27.2
タイヤ Vittoria Rubino Pro Black 28-622 / 700x28c
サドル Selle ITALIA X3 (with De Rosa Logo)
ボトルケージ Elite Custom Race Matt with De Rosa Logo

2022000008594.jpg
2022 DE ROSA 838 DISK ステルス マット
フレーム重量800gのDE ROSA MERAKには及ばないものの、フレーム重量900gというのも気になる。
(´・ω・`)DE ROSAは、エントリーモデルでもエントリーモデル離れした走りをしてきますしね。
20191107163302715cd.jpg
DE ROSA MERAK
DE ROSA MERAKは基本なんでもこなしてしまう軽量オールラウンダーですが。
どちらかというと、レーシング系寄り。
フレーム形状的というかデザインも、やはりMERAKが新型838 DISKに一番近いかな?
仮にMERAKの性能を、7~8割だけDE ROSA 838 DISKが引き継いでいたとしたら。
それはそれで相当怖い存在のエントリーモデルだと思うのですが。
DE ROSA ( デローザ ) ロードバイク 838 DISK 105(RS171) ブルー/ホワイト グロッシー 50(適正身長170cm前後)

2021年12月01日 トラックバック(-) コメント(-)

2022 KONA SUTRA LTD 未舗装路に向けの山用グラベル


my22_sutra_ltd-1536x911.jpg
2022 KONA SUTRA LTD
Kona Sutraシリーズはツーリングバイクとして、ロングセラーだったモデルですが。
KONA SUTRA LTDはよりオフロード向きに、特化した山用&ツーリング向けクロモリグラベルバイクです。


(´・ω・`)やはり2022年モデルも悪路を楽に走る為のグラベル路線か。
クロモリフレームですが太目の29x2.25タイヤが、路面の衝撃を吸収してくれます。
650B系ロードプラスタイヤよりも、実に目立ちますね。
Sutra-LTD-6-1536x1024.jpg
ヘッドセット FSA No.1/No.10
ハンドルバー Kona Road
ステム Kona Road Deluxe

シフター  SRAM Rival 1 w/ Integrated Dropper Lever
フレアハンドルも幅をとっているので、ハンドル自体の安定感も相当なもの。
特に悪路や砂利道の場合、安定感が際立った走りをしてくる。
この手のハンドルは悪路でも、力が逃げないでしっかり握れますしね。
(´・ω・`)にしても、ステム短い。
sutra_ltdgew.jpg
クランクアーム SRAM NX
チェーンリング 36t X-Sync
B/B SRAM GXP 73mm

チェーン SRAM PC1110
リアディレーラー  SRAM Rival 1
フリーホイール SRAM PG1130 11-42t 11spd

(´・ω・`)ドライブトレインはワンバイイレブン1×11のフロントシングル。チェーンリングは36t X-Syncの、ナローワイド仕様。
リアには大型42Tのカセットスプロケットが用意されている。
元々老舗MTB系ブランドであり、フロントシングルをいち早く取り入れてきたカナダブランドらしい構成。

MTBのようなドライブトレイン構成にすることで、シングルトラックの急坂やコーナーでも走破可能。
オフロード目線のグラベルロードだ。
シクロクロスでも避けるハードなトレイルを突破する能力を持つ。

もちろん軽いギア比で、坂をスイスイ上れますし。あらゆる路面を、ゆっくり走る事に特化したグラベルモデルでもあります。
ギア比が軽い分登りや坂道に対応出来るが、ギアとギアの間隔が広いので変速した際のスピード変化が激しい点に注意。
タイヤはMaxxis Recon Race EXO TR 29x2.25と太いので、通常のロードと比較すると走りが重くなります。
Sutra-LTD-12-1536x1024.jpg
舗装路の場合、ロードと比べて転がりが重くなる傾向。特に出だしが重い
転がりが重くなる原因は、タイヤ幅もあるし重量がある点が原因。
ですが逆に乗り心地の良さを手に入れている訳で、かなりの安定性を確保しています。
速度が乗ってくるとそのまま、速度を維持しながら時速30km程度は出せます。

グラベル系の荒れた路面の場合
振動そのものは感じる事が出来るが、大部分はクロモリフレームが吸収。
文字通り大自然の中を走る為のグラベルですね。
ですので悪路の場合、軽いギア比が生きてくるし、坂道もスイスイ行ける。

(´・ω・`)しかしまあシートチューブが太目で、じつにしっかりしていますね。
やはり重量物を積載してもびくともしなそうな、クロモリフレームという印象。
Sutra-LTD-44-1536x1024.jpg
ギアとギアの間隔が広いので、変速操作の際スピード変化が激しい訳ですが。
つまり勾配変化が厳しい登りでは、変速するとガラッと速度が変わってしまうので、多少辛くなってくるかもしれません。

ただしギア比そのものは軽い。ですので、荷物を多く積載しても軽いギア比で走りをフォローする事が可能。
2.0程度の太さのタイヤと、クロモリフレームのおかげで相当乗り心地がいい。
路面からの激しい衝撃が加わっても、柔らかい振動として伝わってきます。
長距離ツーリングにおいて、様々な条件下に対応できる一台ですね。
Sutra-LTD-9-1536x1024gw.jpg
ブレーキキャリパー SRAM Rival 1 Flat mount
リアブレーキローター SRAM Centerline 180mm

フロントハブ Formula 100x12mm
リアハブ Formula 142x12mm

油圧ディスクブレーキはオフロードコンポーネントに強いSRAM仕様。
KONA SUTRAシリーズを油圧ディスク化する事で、過酷な条件下においても繊細なブレーキコントロールが出来る。
更に雨天時や悪路における下りでも、強力な制動力を確保。
ブレーキ操作における心理的負担を軽減してくれる。
Sutra-LTD-36-1536x1024.jpg
フレーム Kona Cromoly Butted
フォーク Kona Project Two Cromoly Disc Touring fork
シートポスト TranzX Dropper +RAD Internal 31.6mm
シートクランプ Kona Clamp
サドル WTB Volt

KONA SUTRAシリーズ自体、キャリアやフェンダーの取り付けや、最初からワイドタイヤが用意されたツーリングバイクとして人気を博しています。
元々テントやキャンプ用の炊事用具を積載した重装備で、マイペースでツーリングやバイクパッキングを楽しむ為のモデル。
その中においてKONA SUTRA LTDは、よりオフロード向きのグラベルロード。
未舗装路に向けの山用グラベルですが。

(´・ω・`)見ての通りトップチューブだけ見ても、3カ所もダボ穴を複数用意。
よりバイクパッキングやツーリングの為の積載性能を強化してありますね。
フォークも強靭クロモリなので、フォーク部にも積載性能を持たせています。

フレームには十分なメイントライアングルスペースがあり、大型フレームバッグを設置可能。
凶悪な悪路を長距離走破する為に、意図的にバイクパッキングに使える様に設計されたクロモリフレームですね。
Sutra-LTD-43-1536x1024.jpg


KONA コナ 2022年モデル SUTRA LTD スートラLTD グラベル ロードバイク

2021年11月30日 トラックバック(-) コメント(-)

遂にDE ROSAが60%OFFの領域に!! ( ;゚ω゚)初日にサーバー落としてごめんなさいセール2021!!??


bffintp1.jpg
( ;゚ω゚)初日にサーバー落としてごめんなさいセール2021!!??
ワイズロードBLACK FRIDAY SALE
11月30日10:00まで延長って……
あー、確かに初日アクセスが集中してサーバー落ちていましたね。
bffnct01.jpg
デローザが60%OFF、ビアンキが52%OFF、コルナゴが41%OFF、FELTが49%OFFと壮絶な追加値引きに…・…
まあ、明日の10:00までの時間限定セールですが。
( ;゚ω゚)段々値引きが、過激になっていませんか?
なんだかんだでLOOKフレームセール品も消滅したし、セール期間中結構数が動いていたんですね。
このご時世で、ここまでセールをやってくるとは……
2017000095804-7.jpg
DE ROSA ( デローザ ) ロードバイク SK Pininfarina ( SK ピニンファリーナ ) アウトレット車 ラグジュアリー ダイアモンド 54
販売価格2,178,000円(税込)→60%OFF 850,000円(税込)

2,178,000円(税込)→ 54%OFF 990,000円(税込)

サーバー落ちてごめんなさいサイズ・カラー限定セール 11/30 10:00まで
( ;゚ω゚)遂に60%OFFへ突入か……
先日は54%OFFでしたが、ブラックフライデー最終日が迫っているので更に値下げに踏み切った模様。
流石にこれが底値だと思うのですが……
2017000095804-4.jpg
イタリアンブランドの雄デローザと老舗カロッツェリア「ピニンファリーナ」のタッグで誕生したエアロロード、SKの特別な完成車!
艶やかなペイントに、最上位の電動変速コンポーネント、スペシャルグラフィックのカーボンホイールなどで完全武装!
走って楽しめるのはもちろん、眺めるだけでもその美しさを楽しめる珠玉の一台です!
2021000033025.jpg
BIANCHI ( ビアンキ ) ロードバイク OLTRE XR4 元・展示車 ブラック 55


販売価格1,628,000円(税込)→52%OFF 770,000円(税込)
1,628,000円(税込)→47%OFF 850,000円(税込)
サーバー落ちてごめんなさいサイズ・カラー限定セール 11/30 10:00まで
8月1日時点では25%OFF 1,221,000円(税込)でしたが。
ブラックフライデーということで、11月23日に47%OFF 850,000円(税込)。
そして遂に最終日の最終値下げということで、52%OFF 770,000円(税込)という驚異的な値引きが行われています。
2021000033025-4.jpg
VISION 一体型ハンドル
2021年モデルでサイズは55(適正身長175cm~180cm)
元展示車のOLTRE XR4 ブラックですね。
メインコンポはシマノデュラエースDi2
ホイールはフルクラム レーシングゼロ
2019000057738.jpg
COLNAGO ( コルナゴ ) ロードバイク ワイズロード 京都 受取 限定 オリジナル 完成車 V2-R DISC AXS ( V2-r ディスク アクセス ) マット レッド 500S

販売価格1,320,000円(税込)→41%OFF 770,000円(税込)
販売価格1,320,000円 (税込)→39%OFF 800,000円 (税込)
サーバー落ちてごめんなさいサイズ・カラー限定セール 11/30 10:00まで
8月1日の時点では30%OFF 924,000円(税込)でしたが、今回のブラックフライデーでは11月23日時点で39%OFF 800,000円 (税込)と更に値段を下げました……
( ;゚ω゚)ですが、追加で更に値下げですよ!!
遂に41%OFF 770,000円(税込)!!
うわっ……もう下げないと思っていたのに……
2019000057738-1c.jpg
コルナゴハイエンドモデルV2-R DISC。
Colnago V3 Discを開発する上で、かなり重要な役割を果たしたコルナゴモデルだと思います。
SRAM Force eTap AXS×ZIPP 303 12速仕様完成車です。
2019000057738-4c.jpg
COLNAGO V2-R Discは剛性と推進性を最優先で発動させてくる点が特徴
「強力な推進性×パワー×超優秀な操作感」
反応そのものが高まっているし、軽量性&レーシング性能の底上げにも成功。
推進性は強力というより、かなり異常なレベルの推進性能なんですけどね。

COLNAGO V2-R Discをベースとして、ツールで総合優勝するCOLNAGO V3 Discが完成。
短命に終わったモデルでもありますが、実力は確かでCOLNAGO V3 Discに準ずる性能を有しています。
2020000100515.jpg
CARRERA ( カレラ ) ロードバイク ERALE AIR DISC ( エラクル エア ディスク ) CV-03M M

販売価格652,407円(税込)→31%OFF 450,000円(税込)
652,407円(税込)→20%OFF 521,925円(税込)
サーバー落ちてごめんなさいサイズ・カラー限定セール 11/30 10:00まで
イタリア コンフォート系エアロロードCARRERA ERALE AIR DISC。
エアロダイナミクスとコンフォートを組み合わせた、イタリアンレーシングバイク。
SHIMANO105ディスクコンポに、カンパシロッコDBホイールをアセンブルした完成車になっています。
(´・ω・`)8月1日時点で20%OFF 521,925円(税込)でしたが、現在ブラックフライデー最終日ということで31%OFF 450,000円(税込)


剛性の高いシロッコホイールも相まって、平坦のロングライドは非常に速い。
登りに関してもヒラヒラと走る感じではありませんが苦手という事はありません。
この辺はイタリアの山岳地帯走るグランフォンドレースを想定した設計の恩恵。
2020000100515-2.jpg
ハンドルも上部を握りやすいエアロ風味に仕上げているITMのハンドルを選択。
4580366367017.jpg
FELT ( フェルト ) ロードバイク VR 60 グロウ グリーン 470

販売価格140,800円 (税込)→28%OFF 100,000円 (税込)
サーバー落ちてごめんなさいサイズ・カラー限定セール 11/30 10:00まで
VRは、ハイスピードなトップレースとダウンヒルコースのようなオフロード以外であれば、これ1台で全てのライディングに対応します。広いタイヤクリアランスを確保しているため、ブロックタイヤを装備することでオフロードにも対応します。ペダリングの反応性に必要な横剛性はレーシングバイクと同等レベルまで高めて設計しているので、23Cタイヤを装着しハンドルを下げればレースにも対応します。
Shimano Claris R2000 8スピード仕様に、Promax対向ピストン式ディスク仕様。
(´・ω・`)これでFELTモデルのディスクが手に入るなら、悪い値段じゃないと思うのですが。
4977323349948.jpg
KHODAABLOOM ( コーダーブルーム ) ロードバイク FARNA Claris-B ( ファーナ クラリス-B ) ブルー 465

販売価格109,890円(税込)→ 19%OFF 88,000円(税込)
それ程派手な値引きではないですが。
最新の2022年モデルKHODAABLOOM FARNA Claris-Bが、19%OFFで買えるとあってロード売り上げ4位にランクイン。
(´・ω・`)確かに最新KHODAABLOOMモデルの19%OFFは嬉しいですね。
pickup-4580366339090.png
4580366339090.jpg
FELT ( フェルト ) トライアスロンバイク・TTバイク IA2 マット カーボン 480

販売価格987,800円 (税込)→ 49%OFF 500,000円 (税込)
サーバー落ちてごめんなさいサイズ・カラー限定セール 11/30 10:00まで
FELTのメソッドを凝縮したトライアスロン専用モデル
メインフレームはUHC Advanced + TeXtreme® カーボン
IA2は上位フレームなので、フロントブレーキがブレーキフードで覆われますし、ブレーキも専用設計「Felt エアロブレーキシステム」。
SRAM RED eTap搭載。
(´・ω・`)IAシリーズは正面の風だけでなく、斜め前からの風の抵抗を考えたフレーム設計。
斜め前からの風を、推進力に変換出来る能力があります。
やっぱりオリンピックに携わっている、ブランドですね。
ホイールはZipp 30 Course clincher、チューブレスレディ
22125491.jpg
【タイムセール限定】 人気スマートトレーナー 4点キット ダイレクトドライブタイプ

販売価格157,224円(税込)→ 42%OFF 90,000円(税込)
商品特徴
ダイレクトドライブスマートトレーナーと必須アイテム3点が入った超お買得セット
スマートトレーナ本体と、スプロケット、マット、工具が入っております。
22125491-1cds.jpg
22125491-2cds.jpg
(´・ω・`)セール期間中、名物になったスマートトレーナー9万円パックもとうとう見納めですね。
セール期間中とはいえ、更にタイムセール扱いになる程の人気でしたが。
年に1度のもっともお得な7日間 「BLACK FRIDAY SALE」

2021年11月29日 トラックバック(-) コメント(-)

(海外)Pierer Mobility (旧KTM Industries Group )はFeltBicyclesを買収しました

BBGDA02_REDEMPTION-E-50-OLIVE-GREEN-ANGLE_2048x.jpg
米国での存在感を高めようとしているオーストリアの企業 Pierer Mobility
Pierer Mobility (旧KTM Industries Group )はFeltBicyclesを買収しました。
(´・ω・`)どうもebikeを米国で販売展開する事を視野に入れた買収の様ですね。
800px-KTM_450_Rally_(Marc_Coma)_–_Hamburger_Motorrad_Tage_2015_01

オートバイを製造しているオーストリアの企業Pierer Mobility は、最近、電動自転車に重点を置いており、この買収により、米国市場のより大きなマーケット確保できると考えています。
(´・ω・`)あのMTBでも名が知られたKTMが? 

KTMブランドでオートバイを販売している企業ですが、最近ebikeも販売し力を入れている様子。
昨年新しい電動自転車部門を設立した同社は、今年上半期に約40,000台の電動自転車を販売した実績がある。

Feltは2017年からRossignol Groupeが所有しており、その間、e-bikeがラインナップから削除されていました。
しかしながら、こうなってくると新型FELT eBIKEの登場は、今や可能性が高いように思われますね
BBGDA02_REDEMPTION-E-50-OLIVE-GREEN_2048x.jpg
CEOのStefanPiererは、次のようにコメントしています。
「Felt Bicyclesの買収は、PiererE-Bikesの全体的な戦略と完全に一致します。フェルトブランドを使用することで、自転車のポートフォリオを拡大し、確立された高性能ブランドで北米市場に強力に参入することができます。同社はレース競技にも深く関わっており、それが私たちにさらなる魅力をもたらしています。」

(´・ω・`)モータースポーツにおけるレース競技を推進してきた企業だけあって、これからどういった変化があるのか少し楽しみなんですが。
800px-Boxes_KTM.jpg
wikipediaによると
KTMはモトクロス世界選手権やAMAモトクロスやAMAスーパークロスといったモトクロス、インターナショナル・シックスデイズ・エンデューロ(ISDE)といったエンデューロレースなど、オフロードレースに伝統的に力を入れている。
近年では、ダカール・ラリーやアトラス・ラリーなどといったラリーレイドイベントにも積極的に参加し、特にダカール・ラリーでは2001年からモト部門で連覇を続け、大会が中止となった2008年を挟み、2019年まで驚異の18連覇を達成した。
KTM_MotoGP_Bike_RC16.jpg

2003年にはロードレースにも復帰し、125ccクラスを中心にサポートをしている。

ということはebikeだけではなく、競技系ロードにも力を入れてくる可能性もあるか……
グラベル競技用FELT ebikeとか出てくると面白そうだな。

KTMは、バッテリーなどの分野でもヤマハと関係を持っているから、ヤマハ製ドライブユニットなどを採用してくる可能性もありそうですね。
felt-BBJAA16-BREED20-caVT_rgb72dpi.jpg
現在はカリフォルニアバイクブランドFeltBicyclesですが。
2020年においては、Felt Breed 20などのグラベルバイクが人気でした。


とはいえレーシングモデルはフェルトの得意分野であり、世界最速のタイムトライアルとトライアスロンバイクの開発に多大な専門知識を持っています。欧州を始め世界中のロードで多くの成功を収め、メーカーが長年にわたってパフォーマンスの高いバイクを送り出してきました。

米国の他のいくつかのブランドとは対照的に、フェルトは生産量の拡大に焦点を当てておらず、比較的小さな会社であり続けています。
世界で最も速いバイクを最も多く提供する為に、情熱的なライダー、フェルト社内のエンジニアリング、研究、開発により、多くの設計が南カリフォルニアで行われています。
他の多くの競合製品と同様に、フレームの製造はアジアに委託されています。
itfyrudtysr5y7w4wyvdz.jpg

チームUSA Felt TA FRD TRACK
FeltBicyclesは、東京オリンピックトラックプログラムでUSACyclingと提携。

今後フェルトのエアロフレームが、グラベルなどのジャンルでで主要な役割を果たしてきたら楽しそうですね。
エアロフレームは各ブランドが、スピード、競争、勝利を獲得する為に、あらゆる側面で計り知れない役割を果たしています。
img_products_kanzo-fastdvsz.jpg
Ridley Kanzo Fast Rival1 HD
グラベルRidley Kanzo Fast Rival1 HDは、エアロードRidley Noah Fastの影響を強く受けている
過去1年間に、いくつかのバイクメーカーが空力的に最適化されたグラベルバイクを発売してきました。
グラベルレースは、近い将来、ヨーロッパでファンを増やすことになる事になるかもしれません。
事実欧州ユーザーは、ドロップバーを備えたオフロードバイクに飛び乗っています。もちろん、重量、タイヤの選択、コンポーネント、フレームの素材は全て、グラベルバイクの速度を決定する要因に大きな役割を果たしますが。
しかし特に空気力学は、まだグラベルには大きく活用されていない点が現状です。

結局、空気力学の違いによって、30秒進んでいるか2分遅れているかが決まります。
将来的には、この分野がもう少し細分化され、さらに広くなることは想像に難くありません。
毎年新しいメーカーがグラベルに参入し、カテゴリーの多様性を増していますが。
市場にはますます多くのグラベルレースバイクが出回ってくる可能性があります。

(´・ω・`)キャンプやツーリングではなく、スピードや競技系を重視するユーザーも米国には存在する訳か。
KTMブランドがFELTに絡んできたら、案外競技系グラベルなどにも力を入れてくる可能性があります。
prod194252_Aquafresh - TeXtreme_NE_01vd
エアロロード Felt AR
噂だと新型FELTカーボングラベルバイクがあるそうですが……もしかしたら、新型エアロFELTグラベルモデルになるかもしれませんね。
1980年代の終わりに多くのメーカーが新しい素材でバイクをより速くしようとしていた時代に、フェルトはロードにおけるエアロ性能に着目。
ロードにおけるエアロ性能が、非常に重要なことだと認識した最初のバイクブランドの1つでした。
他ブランドの革新的で斬新なフレームとバイクのコンセプトとの競争とは、一線を画す方向性だった訳ですね。
数々の勝利が、カリフォルニアのブランドフェルトの正しさを証明し、成功を収めてきました。

フェルトは世界最速のグラベルスペシャリスト向けの、グラベルバイクFelt Breedシリーズを持っています。
当然のことながら現在ラインナップにおけるFelt Breedは、高速グラベルバイクですが。

フェルトはグラベルトラックでの長時間のレースにおいては、今後エアロ性能が成功の鍵であると確信している様です。
噂では今後リリースされる新型FELTカーボングラベルバイクがあるそうですが……もしかしたら、新型エアロFELTグラベルモデルになるかもしれませんね。
Wiggle BLACK FRIDAY

2021年11月28日 トラックバック(-) コメント(-)

グラベルロードセール品を特集 ビアンキアルミグラベルセール品はブラックフライデーナイトセールを狙え!!

hiuhoh8u0ipo.jpg
(´・ω・`)いよいよ、11月29日(月)10:00ワイズロードオンライン ブラックフライデーセールが終了します。
いよいよ最終日が迫っていますので、グラベルロードのセール品を特集しました。
こんな完成車価格が一瞬とはいえ暴落する機会は、一年を通して滅多にないですからね。
bfns0001.jpg

人気アルミグラベルモデルセール品を手に入れるコツですが、毎日夜20:00~翌朝10:00に開催されるブラックフライデーナイトセールを活用しましょう。
BIANCHI IMPULSO ALLROAD GRX600
BIANCHI VIA NIRONE 7 ALLROAD GRX400

NESTO GAVEL
毎日夜20:00~翌朝10:00に開催されるブラックフライデーナイトセールで購入可能の模様。

つまりブラックフライデーナイトセール時に、一気に値下がりします。
ですので。そのタイミングを狙えば23~24%OFFで購入可能です。
(´・ω・`)特にビアンキは争奪戦になっているので、完売もありえる点が辛い所ですが。
人の行く裏に道あり花の山
8032809811138.jpg
BIANCHI ( ビアンキ ) 2021 ロードバイク IMPULSO ALLROAD GRX600 ( インプルーソ オールロード GRX600 ) CK16 ( チェレステ ) / ブラック フル グロッシー 55

販売価格264,000円 (税込)→24%OFF 200,000円 (税込)
ブラックフライデーナイトセール 11/28 10:00まで

アルミオールロードモデルI IMPULSO ALL ROAD GRX600。
アルミ系グラベルモデルながら、海外の超長距離サイクリングイベント「Bikingman Oman」で3位入賞に貢献したモデル。
先日登場したフルカーボングラベル BIANCHI IMPULSO Proもそうですが。
ビアンキ競技系グラベルモデルのアルミ版ですね。
ビアンキは競技性の高いオフロード志向のグラベルを、BIANCHI IMPULSO シリーズが担当しています。
2021年モデルですのでタイヤサイズが35Cになっています「KENDA FLINTRIDGE 700×35C


8032809811800.jpg
BIANCHI ( ビアンキ ) 2021 グラベルロードバイク VIA NIRONE 7 ALLROAD GRX400 ( ヴィア ニローネ 7 オールロード GRX400 ) CK16 ( チェレステ ) / ブラック フル グロッシー 53

販売価格184,800円(税込)→ 18%OFF 150,000円(税込)

ブラックフライデーナイトセール 11/28 10:00まで
コンポーネントに、エントリー系グラベル用コンポシマノSHIMANO GRX400をメインに組んであります。
ドライブトレインや油圧ディスクはかなりの本格派。
街乗りや通勤通学で使い易いグラベルロードということで、タイヤサイズはKENDA KWICK TENDRIL 700×32Cを用意。
4977323332780.jpg
NESTO ( ネスト ) グラベルロード GAVEL ( ガベル ) マット ガンメタ 470 ( S )

販売価格115,500円 (税込)→23%OFF 88,000円 (税込)
ブラックフライデーナイトセール 11/28 10:00まで
国内販売中の12万円未満グラベルロードバイクにおいて、最軽量11.0kgを誇るアルミグラベルロードNESTO GAVEL。
軽さもそうですが、グラベルモデルとしての充実度が凄いエントリーモデルという印象です。
なんと12万円アンダーながら前後スルーアクスル仕様に、38Cタイヤを用意し走破性や安定性など、グラベルに必要な機能をしっかり稼いでいるエントリーモデルです。
ハの字型に広がったフレア形状のハンドルを標準搭載。
オンロードもオフロードも快適かつスムースに駆け抜けるクラス最軽量正統派グラベルロード。
コンポ―ネントは、SHIMANO SORAスペック仕様。
SORAスぺックのデュアルコントロールレバーですので、ロードを扱いなれている方にも親和性が高い。
4573176206409.jpg
FUJI ( フジ ) ピストバイク FEATHER ( フェザー ) 120th ANNIVERSARY Shikkoku 54

販売価格162,800円 (税込)→20%OFF 130,000円 (税込)
ブラックフライデーナイトセール 11/28 10:00まで
なんとあのFUJIブランド120周年を記念したFEATHER 120th 記念モデルが、ブラックフライデーナイトセールに出品されていて驚きました……正に奇跡の在庫と言っていいでしょう
( ;゚ω゚)もちろん、グラベルではないですが……衝撃を受けましたね




ここからは、通常のブラックフライデーセール品です。
フルカーボン系グラベルが、最大40%OFFですぜ???

2021000054815.jpg
BIANCHI ( ビアンキ ) ロードバイク ARCADEX(アルカデックス) GRX810 Di2 CK16(チェレステ)/ブルー S(170cm前後)

販売価格770,000円(税込)→35%OFF 500,000円(税込)
BIANCH初代フルカーボングラベルロードBIANCHI ARCADEXですね。
BIANCHI ARCADEXは快適性や走破性、積載性を重視した軽量フルカーボングラベルになっています。
(´・ω・`)ハイエンドモデルながら、人気のビアンキだけあってランキングに入ってきますね。
ビアンキのフルカーボングラベルBIANCHI ARCADEXの場合、ヘッドチューブを長めにとっているのでエンデュランスロードに近いポジションになります。
4580366367413.jpg
GT ( ジーティー ) グラベルロード GRADE CARBON EXPERT ( グレード カーボン エキスパート ) タン 510(適応身長目安170-185cm)

販売価格360,800円 (税込)→ 27%OFF 260,000円 (税込)
グラベル用コンポーネントShimano GRX600をシフター部、Shimano GRX400を油圧ディスク部、Shimano GRX800をリアディレーラー部。
フロントディレーラー部が105スぺックのミックスになっています。

元々105スペックだった2020年モデルを、2021年モデルからShimano GRXでコンポーネントを補強。
このモデルの特徴として程度速度に乗ってから、走破性やパワーを発揮するフルカーボングラベルモデルですから。
2021年モデルになって、シフター部、ディスクブレーキ部、ディレーラー部がグラベル用コンポーネントで強化されていますね。
MTBに近い走破性でしたから、ようやくコンポーネントも本来のフレーム性能に見合う仕様になりました。
0843346108531.jpg
MARIN ( マリン ) グラベルロード HEADLANDS-1 ( ヘッドランド-1 ) グロス チャコール 56

販売価格385,000円 (税込)→40%OFF 230,000円 (税込)
米国カルフォルニアのオフロードバイクブランド「MARIN」。
MTBを得意とするブランドが製作した、フルカーボングラベルがMARIN HEADLANDS-1です。
レースを伴うグラベルライドから、オフロードトレイル、バイクパッキングやキャリア搭載などの長距離ライドまで。
フルカーボングラベルながら、多目的な用途に対応出来るフルカーボングラベルモデルになっています。
現在のMTBとグラベルロードのトレンドを盛り込んだフルカーボングラベルで、どちらかというとオフロード志向になっています。
2018000087639d.jpg
BOMBTRACK ( ボムトラック ) シクロクロスバイク 2018 HOOK AL グレー M

販売価格319,000円 (税込)→ 40%OFF 191,400円 (税込)
シクロクロス競技に特化したドイツアルミCXモデルですね。
Hook ALはアルミ製シクロクロスバイクというだけではなく、レースでの使用を視野に入れた競技性の強いCXモデル。

競技志向ということでフルカーボンフォーク、Sram Apexの油圧ディスクブレーキとワイドレンジな11-42Tカセットでアップグレード。
レース専用モデルということで、ボトルケージ数も多少は抑えてありますかね。
ただこのHook ALにはリアラックとフェンダーマウントが設けられているので、日常用でもいける仕様になっている。

EUシクロクロスのレースレギュレーションに合致したCLEMENT "MXP" 700C X 33C FOLDING採用。
タイヤの幅は33mm以下に設定してある。
年に1度のもっともお得な7日間 「BLACK FRIDAY SALE」

2021年11月27日 トラックバック(-) コメント(-)

シマノ製パーツを使用していない点が、供給面においてDAHON K3のアドバンテージなっている?


2020000061212.jpg
2022 DAHON K3 レッド / マットブラック
(´・ω・`)なるほどなあ。
2022年モデルならではの現象なんですが。
シマノ製パーツを採用しているかどうかで、完成車納期の速さも変わってくる訳か。

だからシマノ製パーツを採用している他のDAHONモデルよりも
DAHONオリジナルパーツを採用している DAHON K3は多少納期が速くなる訳ね。
20190610142651a9dvf.jpg
DAHON K3(2019年頃試乗時の画像)
確かにシマノ製パーツ仕様のDAHON K3だったら、それ程数は用意できなかったかもしれませんね。
まあ、一時的な2022年モデルならではの現象でしょうけど。
そう考えると、自社で変速パーツを用意するという事も、それなりに意味を持ってくる時代になってくるのかも?
2020000061229-1.jpg
W65×H59×D28
コンパクトな14インチ&3段変速仕様のDAHON K3。
いつの間にか、片手で持てるコンパクトなDAHON K3がスタンダード化して怖い。
やはりスポーティーというより、14インチながら多少の距離に対応出来る3段変速の勝利ですね。

流石に長距離走るなら、20インチホイールモデルですが。
持ち運びや収納性のコンパクトさを重視するなら、14インチホイールモデルの出番です。

重量は7.8kg
スポンジグリップや軽量パーツを厳選。
クランクセット:Dahon light weight crank, 53T
カセットスプロケット:9/13/17T

14インチ&3段変速ですが、9/13/17Tとそれなりにワイドなギア比になっています。
変速段数「大、中、小」とイメージしてくれれば、いいなと。
なんだかんだで、フロントは53Tと大き目。
53×9Tのお蔭で、14インチホイールながらそれなりのスピードが出せる点がユニーク。
20190610142640bfcfew.jpg
DAHON K3(2019年頃試乗時の画像)
2019年頃試乗した際ももちろん3段ギアだったのですが、ギア比別の走行感は以下の通り↓
ロー(低速)……相当ゆったりとした走り心地。ダブ プラス近いか?
           正に駅周辺をゆったりとうろつける程度の速度。
ミドル(中速)……街乗りなら、この速度かな? 速度はまあまあ速い。
ハイ(高速)……かなりスポーツ性が増してくる。14インチにしては、かなり速い!
          これなら、10km程度なら走破してくれそう。

2019061014265121cde.jpg
DAHON K3(2019年頃試乗時の画像)
(´・ω・`)3段変速ながら、変速の幅があった印象を受けました。
14インチに変速段数を持たせるという点が、発売当時においてもかなりインパクトがありましたね。
よくこんなコンパクトなモデルに、外装3段変速仕様に持っていったものだな……と。

個人的にはこの3段変速のお蔭で、それなりの距離でも走れるようになった点が大きいかも。
見ての通り、シートポストも長いので様々な身長の方に対応出来ます。
4573176205211.jpg
2022 DAHON K3 ガンメタル / ブラック

今やDAHONモデルにおいても、この10万円前後の価格帯においては一番数が動くモデルになりましたね。
なにせDAHONみたいな、メジャーブランドが14インチホイールミニベロを製作してきた点が大きい。
(´・ω・`)なんだかんだでDAHONが製作した14インチホイールモデルだけあって、多少スピードが出せる点が美味しい。
(流石にスピードミニベロには及ばないけど、スポーツ系14インチホイールモデルと言うべきか)
2020000061229-2.jpg
とはいえやはりDAHON K3は、持ち運びの機動性がすこぶる高い。
コンパクトさと軽量性に特化した、持ち運び最強の一台。

流石に移動に関しては、よりホイール径が大きい20インチホイールモデルにはかなわないが。
逆に、持ち運びの際の快適性に関しては、20インチホイールモデルをDAHON K3が圧倒。
(´・ω・`)持ち運びという点で、楽しい自転車かもしれませんね。
実際片手で持つと、あまりに楽で笑ってしまいますし。

折り畳みもシンプルで、ステム部、ハンドル、フレーム、シートポストの4カ所を折り畳めばOK。
折り畳み操作の際、アーレンキーなどの道具は必要ありません。
基本レバー操作になりますね。
4573176205228.jpg
2022 DAHON K3 シルバー / ブラック
(´・ω・`)カラーはレッド、ガンメタル、シルバー、ゴールド。
ゴールドはまだ、ワイズロードオンラインでは受け付けていないですね。
恐らく後日2022年モデルのラインナップに加わるはずですが……

いずれにしてもDAHON K3はシマノ製パーツを使用していないので、多少の供給は出来ている模様。
普通シマノ製パーツを使用している点が、アドバンテージですが。
供給面においては、むしろシマノ製パーツを使用していない点がアドバンテージなっている点が、ユニークですね。
ある意味、2021年度におけるユニークな事例かも?

ちなみに現在開催されている、ワイズロードオンライン ブラックフライデーナイトセールなら格安の14%OFF 83,000円で購入可能。
ブラックフライデーナイトセール 11/27 10:00まで販売価格98,780円 (税込)→14%OFF 83,000円 (税込)
DAHON ( ダホン ) 折りたたみ自転車 K3 レッド / マットブラック 2022年モデル

2021年11月26日 トラックバック(-) コメント(-)