スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び

2021 BIANCHI ROMA1   2021年モデルROMAシリーズまとめ


o-trick_21bia-roma1_4.jpg
2021 BIANCHI ROMA1価格 148,500円 (税込)

コンポーネント フロントSHIMANO  SHIMANO TIAGRA FD-4700  リアSHIMANO TIAGRA RD-4700 GS
ブレーキ SHIMANO ALTUSグレード 油圧ディスクSHIMANO BR-UR300
ディスクロータ― SHIMANO SM-RT26 160mm
タイヤ KENDA KADENCE 700×28C


( ;゚ω゚)ビアンキと言えば定番のロングセラークロスバイクBIANCHI ROMA。
そんな2021年モデルBIANCHI ROMAシリーズが登場してきたのですが。
あれ? 滅茶苦茶ROMAのデザインが良くなっていませんか?
o-trick_21bia-roma1_7.jpg
元々日本企画のビアンキクロスバイクなんですが。シートチューブにITALIAN DESIGNの文字が……
イタリアビアンキ本国の、デザイン監修でもあったのかな???
デザインとカラーでとことん攻めている感が。

2021年モデルの場合BIANCHI ROMA1、BIANCHI ROMA2、BIANCHI ROMA3と3モデル用意されていますが。
3モデル共に、今までにないカラーや欧州寄りのデザインになっていますよ。

(´・ω・`)しかし凄いな……しかも2020年モデルに引き続き、全ローマモデルに油圧ディスクを用意。
いいなあ…‥エントリーモデルでも普通に油圧ディスクなんだ……



では、セカンドグレードのBIANCHI ROMA2の使用を簡単に追っかけてみましょう。
o-trick_21bia-roma2_3.jpg
2021 BIANCHI ROMA2 価格 126,500円 (税込)

コンポーネント フロントSHIMANO ACERA SHIMANO FD-T3000   リアSHIMANO ALTUS  RD-M2000  2x9spd
ブレーキ SHIMANO ALTUSグレード 油圧ディスクSHIMANO BR-UR300
ディスクロータ― SHIMANO SM-RT26 160mm
タイヤ KENDA KADENCE 700×28C

例えば、 BIANCHI ROMA2はACERA&ALTUSのミックスグレードなんですが。
SHIMANO ALTUSグレードの油圧ディスクを用意しています。
(´・ω・`)MTB系パーツを上手く利用して、油圧ディスク化を果たしたか。
フロントダブルのリア9速仕様。
2021年モデルローマは、フロントダブルが存在しない模様。
フレーム&フォークもアルミ仕様です。


では、エントリーモデルのBIANCHI ROMA3の使用は以下の通りになります。
o-trick_21bia-roma3_4.jpg
2021 BIANCHI ROMA3 価格 87,780円 (税込)

コンポーネント フロントターニー SHIMANO FD-TY710  リア ALTUSグレード SHIMANO RD-M310 2x8spd
ブレーキ  SHIMANO ALTUSグレード SHIMANO RD-M310
油圧ディスク SHIMANO BR-UR300
ディスクロータ― SHIMANO SM-RT10 160mm
タイヤ KENDA K1081 700×28C


2021年モデルにおいてエントリーモデルはこの「BIANCHI ROMA3」になる模様。
ターニーとアルタスのミックスで、フロントダブルの2×8=16速仕様。
なるほど……ローマ2とローマ3の油圧ディスクは異なるグレードになる訳か。
てかこのブルーフォレストカラーいいなあ。
もちろんチェレステカラーやブラック系カラーも用意してありますよ。


o-trick_21bia-roma1_3.jpg
2021 BIANCHI ROMA1はトップグレードという位置づけになります。

フレーム ALLOY FLAT MOUNT DISC BRAKE
ちなみにこのカラーは「RX=BLACK/METAL_DECAL」
(´・ω・`)ロゴがメタリック調。
ティアグラ仕様の 2x10spd 油圧式ディスクブレーキですね。
ロード系コンポーネントを唯一採用したローマモデルで、フラットバーロード的な位置になります。

コンパクトリア三角が特徴だった、街乗り系ROMAフレームのデザインは変更なさそう。
(でもこのカラーリングが今までにないテイストですね)
フレーム形状にそれ程変化がないということは、あの魅惑のスタートダッシュ力は健在という事か。
o-trick_21bia-roma1_4.jpg
ハンドルバー HL MTB-AL-200BTFOV ALLOY FLAT BAR 31.8mm 560mm
ステム ART ZS-S8 OS 3D FORGED DIA 90/100/100
グリップ VELO VLG-1777D2

シフトレバー SHIMANO SL-4700
ブレーキレバー SHIMANO BL-MT200

feweq.jpg
シフトレバーはティアグラグレードのSHIMANO SL-4700。
個人的には、速度に乗った際に楽に変速操作出来た記憶が。
スピードを出す機会が多い場合に生きてくるシフターですね。
変速段数も目盛りで確認出来るので、変速段数を目視で確認し易い利点も。
hdttdtd.jpg
油圧ディスクブレーキなので、更に引きが楽になるのか。
コンパクトVブレーキ時代でも、全然ブレーキが効いていたので元々ブレーキ性能は優秀なモデルでしたが。
o-trick_21bia-roma1_5.jpg
ヘッドセット PT-1860E
ホイール ALEX RXD3
タイヤ KENDA KADENCE 700×28C

ALEX RXD3は軽量かつ剛性の高いディスクロード用ホイールであり、なおかつシクロクロス用ホイールでもある。
特殊アルミ合金EXAを使用し重量は1550g。
ハブには、7075アルミを使用。更にエアロ効果を狙い、30mmリムハイト仕様になっている。
o-trick_21bia-roma1_6.jpg
o-trick_21bia-roma1_13.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-UR300
ディスクロータ― SHIMANO SM-RT26 160mm

油圧ディスクブレーキにSHIMANO ALTUSグレードを採用。
ローマ2と同様の油圧ディスク仕様になっています。
o-trick_21bia-roma1_12.jpg
(´・ω・`)ブレーキホースは、アルミ製フォークの外付け。
その他のケ-ブル類はインターナル仕様。
ダウンチューブと上下異形ヘッドチューブの接合部はそれなりに面積を確保。
剛性を確保しています。
o-trick_21bia-roma1_8.jpg
フロントディレーラー  SHIMANO FD-4700
BB SHIMANO BB-RS500
クランクセット SHIMANO FC-4700 48X34T 165/170/170mm

クランクもティアグラスペックの4アームクランク。
やはりロード系スペックを重視したローマ1だけあって、パーツ面でコストをかけていますね。
o-trick_21bia-roma1_11.jpg
o-trick_21bia-roma1_7.jpg
シートポスト JD JD-SP02.1 ALLOY AL6061
サドル FABRIC SOOP RADIUS STIIL

o-trick_21bia-roma1_9.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-4700 GS
カセット  SHIMANO CS-HG500 11-34
重く、もっさりとしたクロスバイクとは無縁の、街乗り系スピードクロスバイクですからね。

o-trick_21bia-roma1_10.jpg
街乗りなどでスポーティに走る為に、性能を強化したクロスバイクがローマシリーズでして。
クロスバイク専用設計のフレームなので、低速でも走り易い点もポイント。
低速での走りが良い点も注目。その辺をダラーっと、流すのにもってこい。

(´・ω・`)このローマ1はそんなクロスバイク専用フレームに、ロード系コンポーネントを持ってきた豪華仕様という感じですね。
特にこのローマ1ではなくても、ローマ2やローマ3でも軽快なローマシリーズのアルミフレームは楽しめるので。
予算に会ったローマモデルが一番の選択肢だと思います。
個人的には一番街乗りに合う、ビアンキ系クロスバイクという印象。
アルミ 700C 2x10spd 油圧式ディスクブレーキ BIANCHI 2021年モデル ROMA1 ローマ1 クロスバイク

2020年09月26日 トラックバック(-) コメント(-)

2021 FUJI JARI 1.5  油圧ディスクブレーキ化ながら軽量化に成功


ehakusen_jari15_1.jpg
2021 FUJI JARI 1.5
FUJIのアドベンチャーロードJARI全アルミモデルがモデルチェンジ。
これはセカンドグレードの、FUJI JARI 1.5になります。
コンパクトリア三角の、新型アルミフレームに注目してしまいますが。
油圧ディスクブレーキ化に、軽量化など全体的な仕様がグレードUP化しています。


(FUJI JARI シリーズのコンポーネント)
FUJI 1.3グレードはSRAM APEXのワンバイ
FUJI 1.5はシマノTiagra 油圧Disc仕様
FUJI 1.7グレードはシマノSoraコンポ
ちなみにアルミ系モデルはFUJI 1.3だけがワンバイ仕様になっている模様


(´・ω・`)おお……今年 FUJI JARI 1.5は、メカニカルディスクブレーキから遂に油圧ディスクブレーキへグレードUPしましたぜ?
Tektro Lyra mechanical disc, 160mm rotors(2020年モデル)→Shimano Tiagra , hydraoulic disc 160mm(2021年モデル)
ブレーキ部が強化されたか。結構悪路だけではなく、舗装路でも速度が出るモデルなのでこれはリアルに有難い。

ehakusen_jari15_7.jpg

バックフォークは弓なりだったのが、いきなりドロップタイプのシートステー(コンパクトリア三角になりました。
セカンドグレードといえど、フレーム強度を上げる為のガゼットがトップチューブとシートチューブの間に配置されていますね。
この辺は上位FUJI JARI 1.3と同様に、担ぎやすいフレーム形状になっています。
グラベルモデルながら担ぎやすさを追求している姿勢がFUJIですね。
ehakusen_jari15_3.jpg
( ;゚ω゚)?あれ?
2021年FUJI公式HPにおいてはタイヤサイズをまだ公開していませんが。
上位モデル FUJI JARI 1.3と同様に、Panaracer Gravelking SK, 700 x 43cになるのかな?
それとも以前の700×38Cサイズ??
いずれにしてもセカンドグレードのFUJI JARI 1.5の最大タイヤクリアランスも、見た目は巨大そうです。

ただセカンドグレードのFUJI JARI 1.5のチェーンステーはアンシンメトリー(左右非対称チェーンステー形状)になっていないそうです
上位モデルFUJI JARI 1.3だけの使用になります。
(´・ω・`)もしかしたら、上位モデルFUJI JARI 1.3の方がタイヤクリアランスが広い可能性もありますね。
ehakusen_jari15_4.jpg
上位モデルと同様に、コンパクトリア三角形状に。
トップチューブにボルトオンタイプのBENTO BOXマウントが継続して用意されています。
ehakusen_jari15_2.jpg
ハンドルバー Oval Concepts 325, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 125mm drop, 25° flare, 4° sweep
ステム Oval Concepts 313, 3D-forged 6061 stem body, +/-6°
シフター Shimano Tiagra STI, 10-speed
(´・ω・`)おおっ……ハンドルバーはOval Concepts 325を継続して用意してくれましたか。
FUJI JARIのために特別に作られたOVALのアドベンチャードロップバーです。
未舗装路でのバイクコントロール性を重視しているそうですが。

舗装路で使用しても、まるでシクロクロスモデルや、MTBに近い安定感が得られます。
安定感というか、どんな路面に遭遇しても実にしっかりとしたハンドルなので安心感があるんですよ。
ehakusen_jari15_5.jpg
ヘッドセット FSA orbit No.42 1 1/8”-1 1/2” , integrated
ehakusen_jari15_9.jpg
フォーク C10 carbon monocoque, tapered carbon steerer, 100x12mm thru-axle
前後12mmスルーアクスル路線を2021モデルも継承。
(´・ω・`)ただし完成車重量は今回の2021年モデルの場合10.4kgと、旧モデル10.5kgよりも100gの軽量化に成功。
油圧ディスクブレーキ化しながら、重量は軽量化に成功しております。
ehakusen_jari15_6.jpg
ブレーキセット Shimano Tiagra , hydraoulic disc 160mm
ホイールセット WTB ST i23, 32/32h, 12mm thru-axle cartridge bearing hubs

今回の2021年モデルより遂に油圧ティアグラ仕様に
でかい……これは個人的にかなりでかい!!
初心者用エントリーアドベンチャーロードに数多く祭用される Tektro Lyra mechanical disc(片引き式)から、遂に油圧化!
試乗した際はTektro Lyraでも、それなりに対応出来たけど。
ただし、油圧ティアグラ化した事により、ブレーキ操作の繊細さや、初動の効きスピードコントロール性の良さは向上したのでは?
DSCN7499fcsdcds.jpg
旧FUJI JARI 1.5モデル
(´・ω・`)2020年モデルFUJI JARI 1.5のフレームの完成度と、ディスクブレーキの性能ってあまり釣り合わない感がありました。
フレーム性能の方が極上というか……完成度が高過ぎたんですよね。
アルミフレームのくせに、カーボンフレームの様な走りをするありえない走りでしたし。
以前の試乗時にも書いたけど。
「せめてShimano 105 Hydraulic Disc以上のロード系ディスクコンポを、用意してあげればいいのに」
とは思っていたので。
今回油圧化してよかったですね。とはいえ、まさかフレームまでモデルチェンジしてくるとは思いませんでしたけど。
ehakusen_jari15_8.jpg
ehakusen_jari15_10.jpg
フロントディレーラー Shimano Tiagra, 31.8mm clamp
クランク FSA Vero pro, 46/30T
BB FSA BB7420ST, BSA thread
FUJI側としては、メンテナンス性の高さや多くのショップが常備しているであろうパーツということで、緊急時の問題解決がしやすいBSAをFUJI JARIに用意。
(´・ω・`)個人的には105グレードでも良かったとは思いますが。

どんな局面においても、ロードバイクとしての走りを見せつけてくれるアドベンチャーロードということでロード系コンポーネントを用意したんでしょうね。

低速でも「ロード」感がするアドベンチャーロードなんですよ、旧FUJI JARI1.5は。
新型フレームにモデルチェンジしたとはいえ、意地でもロードバイクに近い走りを設計者がさせたかったんだろうな。
何気に旧モデルの性能をどう引き継いだのか、個人的に楽しみなモデル。
ehakusen_jari15_11.jpg
リアディレーラー Shimano Tiagra GS, 10-speed
カセット SRAM PG1130, 11-42T, 11-speed
フロントFSA Tempo Adventure, 46/30T リア Shimano HG500, 11-34T, 10-speed(2020年モデル)

FSA Vero pro, 46/30T リア SRAM PG1130, 11-42T, 11-speed

( ;゚ω゚)あら? なんと42Tと更にワイドスプロケット化している……
様々な用途に柔軟に対応出来る為の仕様になっていますね。
ehakusen_jari15_12.jpg
サドル Oval concept 238, steel rail
シートポスト alloy, 27.2mm diameter

(´・ω・`)定価そのものは¥165,000 税別(2020年モデル)→¥170,000税別(2021年モデル)
と5000円程上がっていますが。
油圧ティアグラ仕様に、ギアのワイド化、最新のコンパクトリア三角形状を取り入れるなどより内容は充実していますね。
特にブレーキの油圧化は、結構大きいと思います。
2021モデル FUJI(フジ) JARI1.5(ジャリ1.5) グラベル・シクロクロスバイク

2020年09月25日 トラックバック(-) コメント(-)

2021 BIANCHI INFINITO CV DISC ビアンキモデル最高クラスの衝撃吸収能力を獲得しています


o-trick_21bia-inf-cv-ult_3.jpg
2021 BIANCHI INFINITO CV DISC  2R - BLACK/ GRAPHITE FULL GLOSSY
高性能振動除去システム「カウンターヴェイル」採用を思う存分楽しめる、エンデューランスロード「BIANCHI INFINITO CV DISC」です。
2019年モデルにおけるモデルチェンジ以来、滅茶苦茶ソフトで乗り易くなったんですよ。
多分路面からの突き上げを一番緩和出来るビアンキモデルは、INFINITO CV DISCが最強なんじゃないかな?

石畳みが多い環境下やクラシックレースなどで、力を発揮出来るモデルですね。
(´・ω・`)グラベルロードとはまた違うけど、荒れた路面でも多少ロードの走りに迫れる訳ですね。
とことん衝撃吸収性を稼いでいるロードなのですよ。

振動除去システムCountervailを搭載してあるだけあって、衝撃吸収性の中においても強力な推進性を用意。
XR3やXR4の様にゼロ加速時や初動においては、強力な推進力は発揮しにくいですね。
ある程度速度に乗ってからが、振動除去システムCountervailの出番になります。
巡行中に推進性を発揮し易いという点が、正にエンデューランスロードの特徴ですね。

さて。ビアンキはチーム ユンボ・ヴィズマに、ビアンキCVシステムで設計された以下の4つのモデルを提供しています。
BIANCHI Oltre XR4
BIANCHI INFINITO CV DISC
BIANCHI SPECIALISSIMA CV
BIANCHI Aquila CV(TTモデル)

簡単にOltre INFINITO  SPECIALISSIMA の特徴を上げると以下の通りになります。
DSCN9309vedjioiopjp.jpg
BIANCHI SPECIALISSIMA CV
スペシャリッシマは超軽量性&剛性
201902180948430d6u890o.jpg
XR4はエアロ性能と高い剛性
DSCN7260csafewfewda.jpg
INFINITO CV DISCは超快適性と剛性を重視
方向性が全く違う3台ですがI。NFINITO CV DISCは正に快適性を最重要した女王みたいなモデルですね。
(´・ω・`)うーん、通常のサーキットやレースならXR4が圧倒的に有利ですが。
乗り易さ、扱い易さ、走破性なら圧倒的にINFINITO CV DISCですよ。

余談ですがBIANCHI SPECIALISSIMA CVの衝撃吸収性が、一時期旧旧BIANCHI INFINITO CV(2018年モデルまで)を上回った事があります。
ですのでBIANCHI INFINITO CV DISC(2019年モデル~)から、衝撃吸収性をより強化したモデルチェンジを敢行。
現在2021年モデルにおいて、ビアンキモデル最高クラスの衝撃吸収能力をNFINITO CV DISCが獲得しています。
o-trick_21bia-inf-cv-ult_5.jpg
タイヤクリアランスは32mも確保
とはいえ、32mmのタイヤを履かせてもそれなりのクリアランスを確保しているので、キツキツにはなりません。
タイヤクリアランスに関しては、かなり大き目にとっているロードだという事が分かります。

タイヤはVITTORIA RUBINO G2.0 700×28Cですが。
多少の荒れ道でも、フレームがカバー(特に振動)に入るのでそれなりに走れてしまうんですよね。
その辺はやっぱりビアンキ最上位のエンデューランスモデルなだけはあります。
(´・ω・`)特に様々な条件下で走る分には、これ程もってこいなロードは無い気がするけど。
o-trick_21bia-inf-cv-ult_15.jpg
シートステーやチェーンステー間のタイヤクリアランスは、更に広い。
その上シートステー間に、ディスクモデルながらブリッジを用意しています。
(´・ω・`)もしかしてシクロクロスモデルの様な、泥はけ性能を狙ったのかな??
空気抜け?

いずれにしても登り下り、風、路面変化などの影響を受けにくいロードモデルです。
ですので、長距離走った際身体的負荷がとことん軽減されます。
o-trick_21bia-inf-cv-ult_4.jpg
ハンドルバー RAPARTO CORSE RA35A.2 COMPACT FLAT TOP / SIZE:380/400/400/420/440
ステム RAPARTO CORSE ST236A 3D FORGED ALLOY 6061, RAISE +- 7° / SIZE:70/90/100/100/110MM

シフトレバー 47cm SHIMANO ST-R8025 / 50 - 57cm SHIMANO ST-R8020
割とハンドル位置も高いので、姿勢を楽にして乗れます。
同時に衝撃をどんどん吸収してくれるので、否が応でもロード上で楽が出来る。

2021年モデルはアルテグラ完成車とアルテグラDi2完成車が用意されている様ですが。
このモデルのSTIは機械式アルテグラですが、よりシフターを軽量化したいならDi2仕様という事になります。
o-trick_21bia-inf-cv-ult_8.jpg
ヘッドセット FSA ORBIT C-40
o-trick_21bia-inf-cv-ult_6.jpg
フォーク  FULL CARBON COUNTERVAIL 1.1/8”-1.5” DISC BRAKE FLAT MOUNT THRU AXLE 12×100
ホイール FULCRUM RACING 518DB
タイヤ VITTORIA RUBINO G2.0 700×28

ホイールにはFULCRUM RACING 518DBという完成車向けの物が使用されています。
リムハイトは結構高目の、エアロな形状。
私が試乗した時は「FULCRUM Racing 418 DB」でしたが。
あの時はチェレステカラーのホイールデザインが強烈でした。
実感として、ホイール自体の重さは感じなかった。スムーズに良く回っていたな……そんな印象。
重さや抵抗感がないホイールなので、長時間使用する際に向いている。
巡行用に力を発揮しそうだ。
o-trick_21bia-inf-cv-ult_7.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-R8070
ディスクロータ― SHIMANO SM-RT800
o-trick_21bia-inf-cv-ult_9.jpg
フレーム INFINITO CV DISC CARBON W/COUNTERVAIL MECHANICAL/ELECTRONIC DI2/EPS COMPATIBLE
PRESS FIT 86,5×41 DISC BRAKE FLAT MOUNT 12×142mm THRU AXLE

振動除去システム「カウンターヴェイル」は、フレームのどの辺に仕込んであるの?
(´・ω・`)えっと、ラピエールのパルシウムなどはシートチューブからシートステーの接合部に衝撃吸収樹脂などが仕込んでありますが。
カウンターヴェイルに関しては、INFINITO CVフレーム全体に仕込んであります。
ですのでフレーム全体において、相当ソフト感が強い乗り味になっています。
振動除去システム「カウンターヴェイル」を前面に出したフレームですので。
だからと言って、推進性や加速性を食われにくい点もポイント。
フォーク形状もエアロながら少し細目なので、フレーム形状においても衝撃吸収性を上手く稼いでいるかもしれません。
o-trick_21bia-inf-cv-ult_13.jpg
フロントディレーラー SHIMANO FD-R8000 BRAZED-ON
BB SHIMANO SM-BB-72-41B
クランクセット SHIMANO FC-R8000 50 - 34T 165/170/170/170/172.5mm

o-trick_21bia-inf-cv-ult_18.jpg
(´・ω・`)実はシートフレームは、こっそりエアロ形状だったりします。
o-trick_21bia-inf-cv-ult_16.jpg
o-trick_21bia-inf-cv-ult_14.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-R8000GS
カセット SHIMANO CS-R8000 11 - 32T
o-trick_21bia-inf-cv-ult_10.jpg
シートポスト INFINITO FULL CARBON SPECIAL DIMENSION 350mm
シートポストは反転可能なので、レーシーなポジションも可能。
o-trick_21bia-inf-cv-ult_11.jpg
サドル FI'ZI:K ARGO TEMPO R5
やはりツールでも活躍しているオルトレXR4に注目が集まっていますが。
仮に3日間続く超長距離レースや、悪路だらけの悪条件下で戦うならINFINITO CV DISCにも分がありますね。

クラシックレースに理想的なバイクであり、凹凸のある路面を驚くほど平坦&ソフトにコントロールします。
体力的に、かつ脚力的な体力をかなり温存出来るモデルなので。
逆にカウンターヴェイルを搭載しているからと言って、無理な加速もないし脚の体力を奪られにくいです。
一応選手供給モデルとしては、最安に位置する価格なので。他の3モデルに比べると手に入りやすいですね。
INFINITOなら50万代ですし。
BIANCHI 2021年モデル INFINITO CV DISC ULTEGRA インフィニートCVディスク アルテグラ ロードバイク

2020年09月24日 トラックバック(-) コメント(-)

海外2021 Cube Cross Race SL 500g軽量化に成功、なんとアルミシクロクロスモデルながら9.5kgをマーク!

Cube-Cross Race SL Cyclocross Bike 2021_05
Cube Cross Race SL Cyclocross Bike (2021)

(´・ω・`)ドイツブランドCubeはシクロクロスモデル「Cube Cross Race SL 」のアルミフレームを新たにモデルチェンジ。
少しフレームが旧モデルより細くなった??
旧モデルの完成車重量は9.9kgでしたが、今回の新型はなんと9.5kgをマーク!
完全に新型として開発された、軽量シクロクロス専用アルミフレームモデルをCubeは世界市場に提供する姿勢です。
新型Cross Race 2021の使用目的は
①シクロクロス競技において最速のラップを競う為。
②自転車通勤

うーん、この軽量新型アルミシクロクロスモデルは、やはりシクロクロス競技に使用した場合かなり有利に立てそうな仕様ですね。

ドイツCubeとしては多目的な使用条件(通勤、またはトレーニング)に使用する為に、Cross Race SLのタイヤクリアランスをシクロクロスモデルながら700×40Cまで増やしました。
マッドガードやラゲッジラックも取り付け可能になっています。
Cube-Cross Race SL Cyclocross Bike 2021_02
(´・ω・`)Cross Race SLのちょっと面白い点は、常にシクロクロス競技に備えた、日常用アルミシクロクロスモデルであるという点ですね。
妥協を許さないほど、シクロクロス競技時において高速だとか。その辺の路線はフルカーボンモデル「Cube Cross Race C:62 Pro」と変わりませんね。
キューブのエアロロードも高速性を追求したモデルが多いけど。
シクロクロスに関してはカーボンだろうがアルミモデルだろうが、関係なく高速化を目指しているのか。

Cube-Cross Race SL Cyclocross Bike 2021_04
ホイールセット  Fulcrum Racing 77 DB
タイヤ  Schwalbe X-One Allround, Performance Kevlar, 33-622 (700x33c)


全てのCube Cross Raceモデルに、競技性の高い33 mmシクロクロスサイズ「Schwalbe X-Oneオールラウンドタイヤ」を使用。
控えめな外観にもかかわらず、このCross Race SLはシクロクロスコースでの機能性を追求したアルミモデルです。
本物のレース対応のCXバイクで、滑らかなシフトのShimano GRX 1x11-Speedグループセット、軽くて丈夫なFulcrum 77ホイールが付属。
パワフルなGRX油圧ディスクブレーキとハイグリップなSchwalbe X-One Allroundタイヤにより、コントロールを維持し、泥だらけの状態で転がり続けることができます。

更に新型にはフロントとリアへ12mmスルーアクスルを追加。
剛性とステアリング精度を確保し、レースで勝利を収めることを目的にしています。
シクロクロス競技に対処するために、特別に設計されたカーボンフォーク(テーパーステアラー付き)を採用。
Cube-Cross Race SL Cyclocross Bike 2021_04 (1)gyuhui

ハンドルバー Newmen Evolution Wing Bar
ステム Newmen Evolution 318.4, 31.8mm

シフトブレーキレバー  Shimano GRX ST-RX600
内部ケーブル配線によりどんなに泥だらけの状況であっても、ギアシフトはレース全体を通してクリーンで正確な変速操作を可能とします。
488300_D3.jpg
488300_D1.jpg
フレーム Aluminium Superlite, Double Butted, Advanced Mechanical Forming, Smooth Welded, Internal Cable Routing, Flat Mount Disc, 12x142mm, AXH
新型Cube Cross Race SLアルミフレームは、 旧モデル比較し重量を200 g削減。
高度な機械成形プロセスにより、エンジニアはチューブの形状を操作して剛性と快適さの理想的なブレンドを作成。
より快適な運搬のために特別な形状のトップチューブを追加。
Cube-Cross Race SL Cyclocross Bike 2021_04 (1)huoij
フォーク  Cube Cross Race Disc, Full Carbon, 1 1/8" - 1 1/4" Tapered, Flat Mount
ブレーキ  Shimano GRX BR-RX400, Hydr. Disc Brake, Flat Mount (160/160mm rotors)
フルカーボンフォークは路面からの振動をフィルタリングし、より快適な乗り心地を実現。
Cube-Cross Race SL Cyclocross Bike 2021_04 (1)jiojp
トップチューブ形状は剛性と快適を両立。より快適に肩にかけて運搬する為の、特別なトップチューブ形状になっています。

カーボンモデルCube Cross Race C:62 Proも軽量なフレーム構造なので、簡単に肩にかけられるレースバイクになっています。
(´・ω・`)特に肩で担げる運搬性の高さが、Cubeグラベルバイクとは異なるポイント。
9.5kgと軽量なのはその為の軽量性という事か。

ジオメトリーはグラベルバイクとは異なる形状
新型Cube Cross Raceはチェーンステーとホイールベース全体が大幅に短くなっています。
これによりCXコースで要求される様な、急なコーナーリングが容易になります。
488300_D4.jpg
クランク  Shimano GRX FC-RX600, 40T, 170mm (XS), 172.5mm (S/M), 175mm (L/XL)
Cube-Cross Race SL Cyclocross Bike 2021_02 (1)
リアディレーラー Shimano GRX RD-RX812, Direct Mount, 11-Speed
カセット Shimano SLX CS-M7000, 11-42T
Cross Race SLは新たに、Shimano GRX 1x11グループセットを採用。
Cross Race SLにはアルミニウムフレームを構築する専門知識を全て投入。
シクロクロス専用のカーボンフォークを追加しつつ、コンポーネントにはShimanoグラベル用コンポーネントGRX 1x11グループセットにワイドな42Tカセットを取り付けました。
またブレーキもGRXグレードと、日常用として使用しても非常に強力な油圧ディスクを取り付けてあります。
Cube-Cross Race SL Cyclocross Bike 2021_02 (1)jui0ujpoj
シートポスト Newmen Evolution, 27.2mm
サドル Natural Fit Nuance Lite
バイク重量 9.5kg

また、ラックやマッドガードの取り付けポイントも取り付けられているため、週末はシクロクロスレース、平日の通勤、ツーリングモデルとしても利用できます。
488300_D2.jpg

Cube-Cross Race SL Cyclocross Bike 2021_04 (1)
快適さを増すために、狭いシートステーとカーボンフォークブレードが振動を除去します。

今回の新型Cube Cross Race SLは堅牢に仕上がっているので、風や天候、冬、およびあらゆる障害物に挑む全てのユーザーに特に適しています。
Cube Cross Race SLは誰に適していますか?
シクロクロスのカテゴリーは、2つの点でファンを増やしています。

①スポーツ目的で、頑丈なレーシングバイクで過酷な地形を走破する事。
②多くのロードサイクリストがCube Cross Race SLなどのこれらの軽量で、パワフルなシクロクロスバイクやグラベルに切り替えています。

(´・ω・`)9.5kgと軽量だし、GRXもフル採用だし。
日常用でもいいけど、価格の割には豪華な仕様のアルミシクロクロスモデルですね。
個人的にはコスパ重視タイプの、競技用シクロクロスモデルかな? という印象。
Cube Cross Race SL Cyclocross Bike (2021)

2020年09月23日 トラックバック(-) コメント(-)

2021 BIANCHI IMPULSO ALL ROAD GRX600  超長距離サイクリングイベント「Bikingman Oman」で3位入賞に貢献したオールロードモデル


bike-king_21bia-imp-ar_3.jpg
2021 BIANCHI IMPULSO ALL ROAD GRX600
オールロードモデル「2021 BIANCHI IMPULSO ALL ROAD GRX600」です。

ビアンキ系グラベルロードにおいて、最上位モデルにあたるモデルです。
アルミ系グラベルモデルながら、海外の超長距離サイクリングイベント「Bikingman Oman」で3位入賞に貢献したモデルでもあります。
(´・ω・`)2021年モデルは黒シルバーとチェレステカラーの2色展開ですね。
シマノグラベル用コンポーネントSHIMANO GRX600系をメインに組まれていますね。

2021 BIANCHI VIA NIRONE7 ALL ROAD GRX400の上位モデルに当たります。
ですので、VIA NIRONE7よりも競技性の高いオフロード志向のオールロード。
VIA NIRONE7のタイヤサイズは「KENDA KWICK TENDRIL 700×32C」になっていますが。
IMPULSO ALL ROADはKENDA FLINTRIDGE 700×35Cと太目のグラベル寄りのタイヤサイズに。
(´・ω・`)確かに使用は、競技志向ですが実際に海外系イベントレースで実績を上げているとは知りませんでした。
なんか最近のビアンキは、凄いですね。
ujhyrtegw4r22r.jpg
アラビア半島の南東に位置するオマーンで開催されている1,000 kmにも及ぶ過酷な 超長距離サイクリングイベント「Bikingman Oman」。このIMPULSO ALL ROADは3位に入賞するなど実力派のグラベルモデルです。
幹線道路、広大な砂利道、60kmの砂漠の道、時々山羊が横切る、砂嵐などの悪条件に見舞われる、かなり過酷なアラビア系超長距離サイクルイベント。
AF1QipPjoE--c6hkJF6kGiPgU1CJRDRxanwxB2vCRaMJ=w1638-h2048.jpg
高速道路を走るルートなどもあり、悪路だけではなく舗装路における走行性能も求められる。
余談ではありますが、当初Oltre XR3で参加しようとしていたらしいですが、過酷なBikingman Omanに適したビアンキモデルということでBIANCHI IMPULSO ALL ROADの投入が決まったとか。
(´・ω・`)あのXR3で? まさかカウンターベイルで悪路に対抗しようとしたんだろうか??
bike-king_21bia-imp-ar_13.jpg
海外においてこの、IMPULSO ALL ROADはカーボンではないという点が好まれています。
ハイドロフォームチューブを使用して、まるでカーボンの様な外観ではありますが。
(溶接部などのジョイント部もまるでカーボンの様な滑らかさ)
やはりポイントは「頑丈」さ。
強度を確保し丈夫なフレームなので、山などで実際に使用するのにも役立っているそうです。
今や多くのブランドが700cホイールの47mmサイズのタイヤ、または650Bロードプラス仕様のタイヤクリアランスを提供。

IMPULSO ALL ROADのタイヤクリアランスは40㎜を確保していますが。
より広いタイヤクリアランスを希望する声が多いそうです。
40mmはすでにグラベルモデルでかなり狭く感じるとか……
(´・ω・`)欧州恐るべし……40mmですら狭いという感覚なのか。今後IMPULSO ALL ROADのタイヤクリアランスも、拡張されるのかしら?

このImpulso Allroad Discは、成長を続けるアドベンチャーバイク部門におけるビアンキのモデルの1つ。
米国アドベンチャーロードバイク市場をターゲットしたモデル。お披露目された当時、米国最大の自転車見本市において非常に注目を浴びたそうです。
オールロードにビアンキが本腰を入れてきたとあって、相当インパクトがあったとか。
当時GTのオールロード「グレード」シリーズ やスペシャライズドなどが主流になっていて、遂にビアンキも……という流れか。
米国アドベンチャーロードバイク市場をターゲットにした、ビアンキ米国戦略モデルの一つと言えます。
bike-king_21bia-imp-ar_4.jpg
ハンドルバー REPARTO CORSE RA68A ALUMINUM 6061 FLARE ANGLE 400/400/400/420/440mm
ステム REPARTO CORSE ST182A / SIZE:70/90/90/100/110

シフター SHIMANO ST-RX600
リム ALEXRIMS GD24
タイヤ KENDA FLINTRIDGE 700×35C

(´・ω・`)STIレバーはRX600系なので、マットで艶消し。
雨の日でも滑りにくく、非常に悪条件でも操作し易い点がありがたい。
しかし、どこまで砂嵐などに対応したんだろう? 気になる……

この完成車はアルミリムのホイールですが。ホイールセットのアップグレードを与えると、更に素晴らしい走りになるそうだ。
超長距離サイクリングイベント「Bikingman Oman」においては、低速域から高速域までオールラウンドに使用できる37mmハイトカーボンホイール「MIURA TC37 DISC」を使用したとか。
bike-king_21bia-imp-ar_5.jpg
外側に広がるフレアハンドルバーにより、バイクパッキング/ツーリング用の大きなハンドルバッグを可能に。
ちなみに超長距離サイクリングイベント「Bikingman Oman」時においては、ハンドルバッグとサドルバッグによるバイクパッキングスタイルだったようです。
三日間程度参加するサイクルイベントなら、確かにバイクパッキングの装備が適していそうです。
bike-king_21bia-imp-ar_10.jpg
フォーク FULL CARBON FORK 1""1/8 THRUE AXLE 12×100mm FLAT MOUNT DISC BRAKE
ブレーキ SHIMANO BR-RX400
ディスクロータ― SHIMANO SM-RT70
フロントハブ FORMULA CL-712
2020年モデルより、前後12mmスルーアクスル。ブレーキも最新のフラットマウント仕様。
ケーブルもカーボフォーク内に、インターナル。
剛性を高める12mmスルーアクスルに、油圧ディスクブレーキは優れたブレーキ力を提供。
bike-king_21bia-imp-ar_9.jpg
フレーム IMPULSO ALLROAD ALU THRU AXLE 12×142mm FLAT MOUNT DISC BRAKE PF41
Allroadのジオメトリーはシクロクロスレースバイクとは異なります。
ヘッドの角度が緩く、チェーンステーが長いので、長距離をこなすツーリングバイクに傾いたフレームになっています。

これにより、リラックスしてニュートラルなステアリングが楽しめます。
またレースバイクのように速さをとことん追求したわけではなく、砂利道や高速道路の下り坂など、ゆったりとした路面での安定感を重視。
どの様な路面においても、安定的で確実な走りをこなせるオールロードですね。
bike-king_21bia-imp-ar_12.jpg
フロントディレーラー SHIMANO FD-RX810
クランクセット SHIMANO FC-RX600 46 - 30T 165/170/170/170/172.5mm
(´・ω・`)軽量化も視野にいれているのだろうけど、やはり過酷なグラベルレースイベントなどではグラベル用コンポーネントシマノGRX
の能力が必要になってくる訳か。

2018年モデル当時「BIANCHI IMPULSO105 DISC」がグラベルロード化。(文字通りの万能対応のオールロード)
「Bianchi IMPULSO ALLROAD105 DISC」と名称を変更。
当時のコンポーネントは105仕様でしたが。

現在ではグラベル用コンポーネントを実装している恩恵で雨や、砂嵐! などでも確実に変速操作が出来る訳ですね。
(流石に砂嵐は未経験ですが、雨での操作性の確実性は確かでした)
bike-king_21bia-imp-ar_8.jpg
BB SHIMANO SM-BB71-41B
bike-king_21bia-imp-ar_11.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-RX810
カセット SHIMANO CS-R7000 11 - 34T
bike-king_21bia-imp-ar_7.jpg
リアハブ FORMULA RXC-142S
bike-king_21bia-imp-ar_6.jpg
シートポスト REPARTO CORSE SP02 31.6mm
サドル SELLE ROYAL SR-2302HRN

BIANCHI 2021年モデル IMPULSO ALL ROAD GRX600 インプルーソ オールロード GRX600 グラベル ロードバイク

2020年09月22日 トラックバック(-) コメント(-)

CRCトップ5 アドベンチャー&シクロクロス&グラベル売り上げランキング(2020年9月21日)


CRCトップ5 アドベンチャー&シクロクロス&グラベル売り上げランキング(2020年9月21日 AM10:00時点)です。

9月に入り、2020年モデルグラベル&アドベンチャーモデルの価格が徐々に下がっていますね。
ワンバイ650Bモデルやフルカーボン系モデルに、人気が集中している様子。
フルカーボン&ロードプラス650Bタイヤ採用モデルでも、9月なら20万アンダーで手に入る点がいいですね。
(´・ω・`)にしても7月に調査した時も、650Bホイールのロードプラス仕様モデルが人気だったけど。
ここまで、毎回上位に食い込んでくるとは……
素直に驚いています。世界は、オフロード人気の傾向になっているという事か……



売り上げ一位
hiuojhi8709.jpg
Vitus Substance CRS-1 Adventure 2020
参考価格 ¥219999➝割引 16% ¥184999

(´・ω・`)英国Vitusのフルカーボンのロードプラス仕様、ワンバイグラベルロードですね。
Substance Carbon UD T700 内部ケーブルルーティング。
SRAM Apex 1x11 ドライブトレインおよび油圧式ディスクブレーキ仕様。
そりゃ、フルカーボンロードプラス仕様が18万円台なら一位になるわな。
ほぼ完璧に現代の流行を抑えていますね。


売り上げ二位
houhpii9i9pipp.jpg
Orro Terra C 8020 R700 Adventure Road Bike 2020
参考価格 ¥319999➝割引 15% ¥271900
(´・ω・`)おっ! 7月13日は¥288000でしたけど。値段が下がっている!!

このフルカーボンOrro Terra Cアドベントチャーロードは、英国グラベルロード市場を対象にした新型モデル。
カーボンロードバイクのフレームには、岩の衝突を防ぐためのInnegra衝撃保護が装備。

そんな英国向けに製作されたOrro Terra Cフルカーボン系アドベンチャーロード。
やっぱりカーボン系アドベンチャーロードは人気が高いな。

Orro Terra C 8020 R700 Adventure Roadは、ULTEGRAスペック仕様。
ULTEGRAスペックからMetallic Greenカラー。
レースにももってこいの、ULTEGRA 油圧ディスクを採用。
タイヤはContinental Grand Sport Race 700x32c。
競技性を高めたパーツ構成になっていますね。


売り上げ三位
giyg87tiopo.jpg
Vitus Energie CRX (Force)
参考価格 ¥259999➝割引 23% ¥199999
Vitus Energie CRX モデルは、低コストな競技用フルカーボンシクロクロスモデルという方向性です。
低コストながら、軽量で硬いT700 High Modulusカーボンを採用。
ストイックな競技志向のカーボンCXモデルで、完成車の状態で即レースに対応可能。
本モデルは、SRAM Force 1 HRDグループセットを中心に構築。
シングルリングX-SYNC 40tチェーンリングおよびForce油圧ディスクブレーキを組み合わせた、フルカーボン系ワンバイシクロクロスっモデルです。

(´・ω・`)やはり20万アンダーで、フルカーボンにSRAM Force 1 HRDグループセットが付いてくるのが人気の秘密か。
安いな……
英国のVitusモデルらしく競技志向ながら、低価格で手に入る点を念頭に置いています。
特に2020年モデルにおいて、競技用シクロクロスモデルの人気が高まり競技性を重視してきた訳ですね。


売り上げ四位
ujrhetdhye53y6w46t.jpg
Nukeproof Digger 275 Factory Gravel Bike
¥219999(完売)

MTBブランドNukeproofが、エンデューロおよびDHアスリートのトレーニングツールとして開発したグラベルモデル「Nukeproof Digger」。
プロライダーのトレーニング用グラベルバイクとして誕生したニッチなMTB系グラベルロードですが。
Nukeproof Digger は、道路からラフなトレイルまですべてを処理できる多目的トレーニングバイクとして設計されています。


Nukeproof Digger 275 Factoryの特徴は、最新のグラベル専用Shimano GRX 1xグループセットを採用。
積極的にShimano GRX RX-810系を採用している点ですね。RX400や600ではなく、トップグレードのGRX810系でドライブトレインからディスクブレーキまで統一。
Shimano GRX RX-810系ワンバイを採用した理由は、シンプルさとトレーニングの際のオフロードパフォーマンスを重視した結果だそうだ。
(´・ω・`)アルミフレームですが、Shimano GRX RX-810系をフル採用した点がインパクトありますね。
しかもタイヤはWTB Sendero 650x47Cロードプラス仕様。
完売してしまった点が残念ですが。


売り上げ五位
i7tuyeyteewyw5.jpg
Vitus Substance SRS-1
参考価格 ¥199999➝割引 25% ¥149999
英国Vitusの650B×47Cロードプラス仕様、クロモリアドベンチャーロードモデルです。
7月13日は¥159999でしたが、9月21日現在¥149999まで値段を落としています。
Substance Reynolds熱処理クロモリに、SRAM Apex 11スピードドライブトレインと油圧式ディスクブレーキを採用。
WTB SpeedTerra ホイールセットを使用。
650B×47Cロードプラスにワンバイ仕様が14万円台ということで、根強い人気があります。

(´・ω・`)クロモリフレーム&ロードプラス…‥格安な点が人気の秘密か。
一見重そうですけど、10.81kgとクロモリロードプラスながら重量を抑えている点が、軽量性にこだわる英国Vitusらしい。
CRC グラベル&シクロクロス売り上げランキング

2020年09月21日 トラックバック(-) コメント(-)