スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び

4万円台ファッティモデル登場! BRONX 4.0 (ブロンクス4.0) BMXをベースとして選択したことで、今までにないファッティに仕上がっている!


100000050598-l0.jpg
BRONX 4.0 (ブロンクス4.0) 26インチ 変速なし ファットバイク マウンテンバイク

あのビーチクルーザーエレクトラバイクを扱うRAINBOW CRUISERSがファットバイクを出してきました。
なんとBMXフレームをベースとしたファットバイクです!! 
アメリカンバイクを得意とするRAINBOWならでは。

ちなみに上画像の初代ファッティモデルはBronx4.0という名称で販売価格が4万円台と抑えられています。
フレーム & フォークはハイテン鋼。
フロントディスクブレーキ&リアコースターブレーキ仕様になっている。
100000050599-l0.jpg
BRONX 4.0 (ブロンクス4.0) 26インチ 変速なし ファットバイク カラー グロスブラック/ポリッシュリム
Bronx4.0のテーマは「アメリカンブランドに負けない自転車を作ろう」。
やっぱり華やかなクルーザーを得意とするRainbowが作ってきただけあって、グロスブラックカラーのフレーム&ポリッシュリムで仕上げたビーチクルーザー風ファッティモデルも存在する。

やはりビーチクルーザを得意とするRAINBOW CRUISERS。
「誰でも遊べる楽しいバイク」というのがこのファッティモデルのテーマだったそうだ。

そこでRAINBOW CRUISERSはBMXベースでファッティを組む事に決定。
シングルスピードのBMXであれば誰でも楽しく遊べるのが理由だそうだ。
(ファイナルをいじってローギアードにふれば、かなり色々な乗り方ができる。脚力に自身のある人ならハイギアードに振って、距離を出すことも)
更にシングルスピードなので、価格を抑えて誰でもファッティが楽しめる価格設定になっている。
veetire.jpg
VEE Tire BEST TIRES for FAT BIKE

BRONXに採用されているタイヤブランド「VEE Tire Co.」
FAT BIKE用のタイヤを数多くリリースしており、多くのファットバイクメーカーが採用する定番ブランド。
27.5+やMTB、BMXなど極太系のラインナップが多彩。
fattire-vee.jpg

BRONX 4.0のタイヤはVEE Tire 8(Eight) 26 x 4.0を採用。
8列に並んだ密なトレッドデザイン。
センターからサイドまで均一に配置されたノブがライダーのイメージ通りのトラクションを与える。
(´・ω・`)オフロードはもちろんオンロードでもスムーズなライディングを重視。
ブロンクス [BRONX] 【お店で受取り選択可】 BRONX 4.0 (ブロンクス4.0) 26インチ 変速なし ファットバイク マウンテンバイク

ブロンクス [BRONX] 【お店で受取り選択可】 BRONX 4.0 (ブロンクス4.0) 26インチ 変速なし ファットバイク


op-fenders-onTRX.jpg
BRONX TRX (ブロンクスTRX) 26インチ ファットバイク  (F.3spd x R.8spd)SHIMANO ALIVIO/ALTUS
24速仕様のBRONXファッティモデルも用意されている。
前後メカニカルディスク仕様で(TEKTRO NOVELA)
タイヤは更に極太なVEE Tire BULLDOZER 26 x 4.7を採用。
オプションでフェンダーを取り付けてある。
カートリッジ式BB、2ピースクランクを採用したBRONX TRの発展モデル。
(´・ω・`)BRONX TRXの場合、フレームにアルミを採用した事で軽量化にも一役買っている。
にしても、素直にカッコいいな……
op-fenders.jpg
BRONX全車種に取り付け可能なOP Fender。

BRONXファッティモデルの最重要ポイントは「乗って楽しい」。
このあたりはビーチクルーザーにも通じる所があるな。
BMXをベースとして選択したことで、今までにないファッティに仕上がったそうな。
BMXベースならではの頑丈さでヘビーなファットバイクをガッシリ支えるし、ガンガン走って、ガシガシ下ってという遊び方も。
ブロンクス [BRONX] 【お店で受取り選択可】 BRONX TRX (ブロンクスTRX) 26インチ ファットバイク マウンテンバイク

2018年05月24日 トラックバック(-) コメント(-)

国際的に愛されているDAHON SUV D6のカラーリングを調査してみた。

格安3万円台ということで、世界中で愛されているダホンインターナショナルモデル「DAHON SUV D6」。
Hi-Ten Steel製ながら気軽にダホン折り畳み機構を楽しめる事もあって、2018年モデルにおいても絶大な人気を日本国内においても獲得しました。
(´・ω・`)世界中で愛されているだけあって、様々なカラー展開がなされている様です。
簡単に国別に流通しているSUV D6カラーを調べてみました。
(記事というよりは、個人的メモ代わりみたいなもの)
SUV_D6_20_Seite_l.jpg
SUV_D6_gef_l.jpg
DAHON SUV D6(DAHON EU)ダークブルー
(´・ω・`)これはダホンEUのSUV D6。
ダホンヨーロッパの拠点は、ドイツケルンにあるそうだ。とりあえずドイツ系ダホンモデルと解釈。
ドイツ系ダホンデザインだけあって、カラーはブルー系。
一時期センチュリオンから、ミニベロが出ていた時期があったけど。
やはり同様のブルー系デザインだった。

滅茶苦茶、お国型を意識したカラーリングではないですか?
イタリアジオスブルーがドイツに好まれるとか聞いた事あるけど、やっぱりドイツってブルーなんですね。
やっぱり、ドイツ市場って重厚感のある重めのカラーリングが好まれる傾向にあると。
ドイツ市場において、メインで動いているカラーリングの様です。
DAHON_2018_Curl_i4_gray_unfolded_large-1cda.jpg
(´・ω・`)あと余談だけど、ドイツ版ダホンカールは滅茶苦茶渋くてカッコいいぞ。
どうもドイツ本国において、ダホンカールはコンポ別にモデルを複数用意してある。
日本よりも、ドイツの方が普及しているんですね。



2017-dahon-suv-white-suv-d6-unfolded-large-1.jpg
2017-dahon-suv-d6-white-folded-large-1.jpg
DAHON SUV D6(USA DAHON ) Matt Frostカラー
これはダホンUSAのSUV D6。
(´・ω・`)なんとホワイト系カラー。
2017年モデル?と思われますが、なんとなくキャノンデールっぽいデザイン。
確かに明るい米国系を体現したデザインだと思う。
ダホンイタリア、フランス販売モデルにも採用されている。
なんとなくだけど、明るいお国型に好まれるカラーの様です。


516EoRZzTWL.jpg
51ObOv-im2L.jpg
DAHON SUV D6(2016年モデル)ブルー
意外にも英国は国際的に販売されている、明るいブルーカラー SUV D6が流通している模様。

グリーンとかシルバー系をイメージしていたら、逆を突かれた。
ちなみにこちらは国際的に流通している。イギリスの他にもイタリア、フランス、ドイツ、スペインで販売されているのを確認。
EU全体で手に入るSUV D6のカラーリングですが、英国向けにも採用された模様。


100000048026-l1.jpg
100000048026-l0 (1)
2018 DAHON SUV D6(日本向けダホンインターナショナルモデル)
日本で販売されているカラーリングは、マットワインとマットカーキ―。
(´・ω・`)やはり日本市場を意識して、赤とカーキー系カラーを用意したのかな?
なんとなく、京都系? の日本的なカラーリングですね。

いずれにしても、2018年モデルダホンにおいて日本国内においても大変な人気を誇ったようです。
やっぱり3万円台でダホンモデルが手に入るのですから、嬉しいですよね。

色々調べてみた所、なぜか中国においてSUV D6は流通していない模様。
日本において SUV D6が流通し出したのはここ最近ですし。もしかしたら米国やEU内で流通していたSUV D6が、ようやくアジアで展開を開始した流れかもしれませんね。
ダホン [DAHON] 【お店で受取り選択可】【SALE】 2018 SUV D6 (エスユーヴィーD6) 20インチ 外装6段変速 折りたたみ自転車

2018年05月23日 トラックバック(-) コメント(-)

BENELLI NERONE27.5+ 27.5プラスのタイヤを装着した、電動セミファットバイク!

NERONE.jpg
BENELLI NERONE27.5+
( ;゚ω゚)……27.5プラスのタイヤを装着した、電動セミファットバイクが出ていたのか……
しかもイタリアのオートバイブランド「BENELLI」ですよ。
20160401_Trailblazer_ISO_adjusted_1024x1024.jpg

タイヤはWTB TRAILBLAZER 27.5×2.8 セミファットタイヤを採用。
27.5+の圧倒的ボリュームは、クッション性および驚異的な走破性能を発揮!
独自のトレッドは、乾いた路面における転がり抵抗の軽減にも繋げている。

fvsfs532325.jpg
29erサイズなら、巡行性が高い走行性能が魅力だったけど。
更に、29erよりもエアボリュームが増している訳か。
ある意味、フルサスペンションなタイヤサイズですね。
ある程度の段差などの処理もタイヤがこなしてくれるし、グリップも強力で、まるで滑る心配などなさげだ。

29erの走破性を獲得しつつ、27.5ホイールのクイックさを持ち合わせている点が魅力。
しかし、まさか電動セミファットが国内販売されている事に驚愕してしまう……
( ;゚ω゚)……セミファットならではの、浮遊感のある走行性能も期待できそうだ!

ファットバイクのクッション性の効いた乗り心地に、アシストが加わるとなるととんでもないことになりそう……。
NE-2655.jpg
ブレーキセット(前・後) TEKTRO HD-T290 油圧式 DISC (180・160mm)
NE-2657.jpg
バッテリー種類 リチウムイオン
バッテリー電圧 36V
バッテリー容量 11Ah
バッテリー質量 約2.8kg
バッテリー交換目安 700~900回
充電時間 約7時間
充電器電源 交流100V(50Hz/60Hz)
補助速度範囲 24km/h未満
充電走行距離 最長100km
アシストレベル 6段階

( ;゚ω゚)……セミファットながら最長100km行けるのか!!
これ、災害時などでもリアルに使えそうですね。



100000050640-l0 (1)
2018 BENELLI TAGETE27.5 (タジェーテ) 27.5インチ(650B)
(´・ω・`)もちろん27.5インチのBENELLI TAGETE27.5も国内販売されている。
セミファットと同じくアシスト走行可能距離は、なんと最長100㎞ですぜ?
2018年モデルはサテンブラックカラーでいくのか。
イタリアンブラックを強調した、大人のデザインになっています。
201701171717455dclou.jpg
2017 BENELLI TAGETE27.5 (タジェーテ) 27.5インチ(650B)
これは2017年モデルデザインですが。
イタリアの老舗オートバイメーカーだけあって、どことなくオートバイテイストのするデザインでした。
あと、アシストプログラムやアシストが実に練ってあって、スムーズなんですよ。
アシストレベルも6段階調節してある。

27.5インチサイズといえど、驚異的なパワーで前方に突進!
更に驚くべきことにサスやブロックタイヤのクッションが効いて、走りが滑らかでもあるんですよね。
2011年から電動アシスト自転車の製造販売にBENELLI が参入してきた訳ですが。
最近イタリアオートバイブランドは、電動アシスト自転車への参入に積極的ですね。
201701171717207akuutkfy.jpg
メーター&ディスプレー LCD マルチファンクション(バックライト付)
BENELLIの電動アシストモデルは、ステム付近にディスプレーを配置。
速度、走行距離、六段階の電動アシストレベル、バッテリー残量をリアルタイムで表示

100000050640-l1.jpg
ブレーキセット(前・後) TEKTRO HD-T290 油圧式 DISC (180・160mm)
フロントサスペンション SUNTOUR SF14-XCR32-27.5 100mm
レースタイプのMTBと同じ100㎜トラベル。
(´・ω・`)仕様そのものは、本格MTBと同様。
悪路を想定した試乗コースもなんなくこなしてくれた。
サスは効くは、ディスクブレーキだわ、強力なアシストパワーまで付いてくるわで、人間のやることが無くなっていく感覚に襲われる!
100000050640-l3.jpg
バッテリー種類 リチウムイオン
バッテリー電圧 36V
バッテリー容量 11Ah
バッテリー質量 約2.8kg
バッテリー交換目安 700~900回
充電時間 約7時間
充電器電源 交流100V(50Hz/60Hz)

BENELLI TAGETE27.5も最大100km走破可能!!
正直パワフルな機体なので、疲労感が残りにくいです。
ある意味、モーターパワーに快適性を依存している気もしますが。
これなら、長時間走行してもかなりいけそうな感じがする。

しかも前述通り驚異的は走破性も有していますので、悪路&長距離でもパワフルに走ってしまいますよ。
強力なアシストパワーに27.5インチの走破性が加わって、無敵感が半端ないです。マジで。
ちなみにタイヤサイはMAXXIS CROSS MARKⅡ 27.5×2.1
( ;゚ω゚)……悪路をあまりにスムーズにこなしてしまうので、自分から悪路を探してしまう可能性も……
それ位、面白いマシンという事です。
100000050640-l2.jpg
モーターユニット BAFANG
モーター形式 直流ブラシレス型
モーター出力 250W

モーターもバッテリーも、NERONE27.5+とTAGETE27.5同様の企画の模様。
(´・ω・`)イタリアBENELLI の電動アシストモデルは、イタリアンデザインに加えてファット系e-MTBというジャンルを開拓してくれそうですね。
にしてもこのジャンル……一気に盛り上がってきた感があります。
パナソニックからも新型が出るそうですし。
ベネリ [BENELLI] 【お店で受取り専用】 2018 TAGETE27.5 (タジェーテ) 27.5インチ(650B) 電動自転車 油圧ディスクブレーキ マウンテンバイク

2018年05月22日 トラックバック(-) コメント(-)

Burlington 700C i5 700C  父親のクロモリをプロムナードハンドルにして、息子が乗り回していそうな雰囲気を感じる。

100000050606-l0.jpg
Burlington 700C i5 700C グレイシア
父親のクロモリロードをカスタマイズし、楽に走れるスタイルこそがノースウェストバイク。
米国流行の「ノースウェストバイク」を、完成車として出しているのがバーリントンの完成車モデルです。
シングルスピード、内装5段変速、外装9速仕様モデルが現在販売されているのですが。
Burlington 700C i5 700Cは、その名の通り内装5段変速仕様。

morgan-taylor-jakes-trek-970-1.jpg
Northwest bike TREK 970

これは1996年頃のTREK 970 スチールMTBモデルを、ノースウェストバイクとしてカスタマイズした例になる。
(´・ω・`)なるほど。確かに倉庫とかに眠っていそうな感じがする。
それを引っ張り出して、ツーリング風(いやグラベル風?)にカスタマイズした訳か。
スチールフレームとはいっても「HAND MADE IN USA」時代の奴だから、相当堅牢にフレームを組んでありそうですね。
100000050606_01.jpg
ブレーキ TEKTROカンチレバー
シフター SHIMANO NEXUS inter-5 SL-5S30
Burlington 700C i5 700Cのフレームはフルクロモリ。

ラグ溶接のフォークもクロモリを使用しています。名前の通り、シマノ製の内装5段変速を採用。
ブレーキセットはカンチレバー方式。
アルミのハンマードフェンダー、クラッシックなデザインのアルミステムを採用。
100000050606_03.jpg
ハンマードフェンダー(鋲打ちフェンダー)って、ビアンキのフルクロモリロードが良く採用しているけど。
フェンダーデザインに凝っていた時代のバイクの雰囲気を、上手く再現していますね。
ホリゾンタルのクロモリフレームに、鋲打ちフェンダーか。
これはたまらないですよ。
100000050606_11.jpg
クランク LASCO Alloy 48T(ちなみにフレームはクリムゾンカラー)
組み合わされる前ギアはTAタイプと呼ばれる非常に美しい前ギアがセット。
Burlington i5を見たときの、息をのむような美しさはこのTAクランクによるもの。
ビンテージクロモリロードバイクを意識したかのようなデザイン。
クランクは自転車の顔でもあるので、クランクデザインにはこだわっていますね。
100000050606_02.jpg
100000050606_06.jpg
タイヤ VEE Tire Easy Street MPC 700x32C (Cream)
トップチューブ後部にあしらわれているBurlingtonのロゴは、ヘッドチューブのロゴと連動したデザインになっている。
100000050606_04.jpg
リアディレイラー SHIMANO NEXUS inter-5 SG-5R30
カセット (スプロケット) 22T

(´・ω・`)グリップシフターも、内装変速機も全体の雰囲気を壊さない様に忍ばせて配置されている。
外から見ると、シングルスピード風にも見えますね。
100000050606_05.jpg
うーん、やはり内装変速機が目立たない……
シングルギア仕様のBurlington 700c 1S Series は、リアがコースターブレーキ仕様になるけど。
Burlington 700C i5は、前後ブレーキがカンチブレーキ仕様。
100000050606-l1.jpg
Burlington 700C i5 700C クリムゾン

100000050606_12.jpg
クリムゾンカラーの方が、個人的にちょっと欲しい。
米国系バイクにしては、かなりヨーロッパ色が強いではないですか?
ビーチクルーザーやファッティバイクも楽しいが、こういったビンテージ仕様のバイクもちょっといいですね。
100000050606_10.jpg
アルミのハンマードフェンダー、クラッシックなデザインのアルミステムを採用。
シルバー系パーツを多用している店も注目。
100000050606_07.jpg
なるほど。父親のクロモリをプロムナードハンドルにして、息子が乗り回していそうな雰囲気を感じる。

100000050606_08.jpg
100000050606_09.jpg

バーリントン [Burlington] 【お店で受取り選択可】 Burlington 700C i5 700C 内装5段変速 クロモリフレーム クロスバイク

2018年05月21日 トラックバック(-) コメント(-)

ボトルケージをキャリアー化! DOPPELGANGER メガマウスケージ&バッグ(Mr.Big CAGE&Mrs.アクセサリーバッグ)

pr_1_top.jpg
81_uZSC2yujr.jpg
 (`・ω・´)絶対に持って行きたい荷物がそこにはある!
しかし、バックパックは背負いたくない! 荷台(リアキャリアー)は嫌だ!!


そんな方にはDOPPELGANGER Mr.Big CAGE&Mrs.アクセサリーバッグという、ボトルケージを荷台化したシステムがある!
正にボトルケージの、大型キャリアー級サイズですよ!!!!

(´・ω・`)本田圭佑の「ビッグマウス」に引っ掛けた、メガマウスケージ&バッグの宣伝文句がちょっと面白かった。
pr_1_top.jpg
メガマウスケージ&バッグはあまり荷物を積めないロードバイクの為に開発。
ボトルケージを一気に巨大化した「キャリアクラスの」アクセサリーケージです。
フロントフォークなどデッドスペースに取り付けることで、なんと寝袋などのキャンプ用品を持ち運ぶ荷物スペースを確保する事が可能。
最近フロントフォーク付近のスペースを、活用するアイテムが流行していますが。
これは、その巨大版と言っていいかも?
81gthdt.jpg
Mr.Big CAGE
Mr.Big CAGE単品だけでも、なんと寝袋をそのままダウンチューブに積載可能!!
(´・ω・`)おお……これなら寝袋のような直径が大きな荷物でも、気楽にダウンチューブに積載出来るじゃないですか?
確かに、バイクパッキングシステムが各社から出ているが。
メガマウスケージはより大型の荷物スペースを確保できるな……

ロードバイクにさらなる荷物スペースを生み出す、強力バイクパッキングアイテム。
pujtdr (1)
なんとダボ穴のないフロントフォークにも、Mr.Big CAGEを固定可能!!
一般的なダボ穴やダボ穴マウントでの取り付けはもちろんOKですが。
Mr.Big CAGEは付属クランプの使用により、ダボ穴のないフロントフォークにも固定することが可能。
dbc403_bk_acc.jpg
(´・ω・`)ダボ穴が用意されていないロードにも対応出来る所がちょっと嬉しい。
最近グラベルロードやシクロクロスモデルが普及し、フロントフォークにダボ穴が用意されているモデルも増えましたが。
ダボ穴が用意されていないロードモデルが、どちらかというと一般的。
普段使用していないロードバイクのフォントフォーク部に、Mr.Big CAGEは取り付け可能という訳ですよ。
(しかも、リーズナブルに済む点が個人的に気に入っている)
pujtdr (2)
Mrs.アクセサリーバッグ 容量4Lの専用設計ドライバッグ
Mrs.アクセサリーバッグはMr.Big CAGEに固定できる専用設計。
しかももっと単純な構造かと思っていたら、防水機能を高めたロールトップ構造ですよ。
5千円台にしては、意外にやるな……
(´・ω・`)容量面でもなかなかあなどれません。
容量4リットルの専用設計でして、左右のフォークに設置すれば一気に8リットルですよ!

ちょっとした小キャリアーバッグとしてもいけそうですね。
pr_tyd.jpg
雨から荷物を守るターポリン素材
Mrs.アクセサリーバッグは防水性の高いターポリン素材を採用。
さらにロールトップ構造や止水シッパーなど細部にまでこだわった仕様・設計。
(´・ω・`)突然の雨にも対応可能な防水性は、バイクパッキングにおいては必須の機能ですね。
pr_1_f2.jpg
Mrs.アクセサリーバッグは付属の固定ベルトの使用により、装着したままでも荷物を取り出すことが可能。
煩わしいバッグの取り外しは必要ないので、気軽に荷物の積載も出来る。
しかし、普通に寝袋も行けるのか。
着替えや、チューブなど様々な備品も収納出来て良さげだ。
71Muyr.jpg
スペック
サイズ W150 × D150× H420 mm(アクセサリーバッグ本体)
W120 × D75 × H220 mm(アクセサリーケージ)
容量 約 4L(アクセサリーバッグ)
重量 約 180 g(アクセサリーバッグ本体)※付属品含まず
約 130 g(アクセサリーケージ)
カラー ブラック
材質 ターポリン(アクセサリーバッグ)
樹脂(アクセサリーケージ)
静止耐荷重 3 kg
付属品 クランプ × 2、ラバー付ベルト × 2、フックベルト × 1、ケージ貼付用シム × 1、フォーク貼付用シム × 2

2018年05月20日 トラックバック(-) コメント(-)

リユース品情報 サイクルベースあさひ、リユース専門サービスをネットでも利用出来る!



(´・ω・`)今日は、サイクルベースあさひで、追加されたリユース完成車モデルを眺めていました。
やっぱりカスタマイズ済み完成車などもあって、様々なパーツが追加されているのがちょっと嬉しいですね。
100000049551-l0.jpg
リユース [REUSE] 【リユース商品】【宅配専用】 2015 ANCHOR RFA5 EQUIPE (RFA5エキップ) ロードバイク

カラー/サイズ レッド-510mm
販売価格129,800円(税込)
2015 ANCHOR RFA5 EQUIPE
(´・ω・`)現在の剛性重視のアンカーとは違い、快適な乗り心地を重要視したアルミロード。
ペダル(シマノ ULTEGRA PD-6800)を取り付け、ホイールをフルクラム(FULCRUM RACING5 LG)にカスタマイズ済み。
どれどれ?
100000049551_04.jpg
ホイール FULCRUM RACING5 LG
100000049551_02.jpg
ペダル シマノ ULTEGRA PD-6800
(´・ω・`)ホントだ。こういうおまけ? はリユースならではの魅力ですね。
しかもこのリユース品は宅配専用だそうだ。
100000049551_03.jpg
リアディレイラー シマノ 105 RD-5800
100000049551_05.jpg
ブレーキ シマノ 105 BR-5800
フル105のロングライドアルミモデル。
2013年モデルとはいえ、変速段数リア11速仕様。
2013年モデルのANCHOR RFA5 EQUIPEの乗り易さは、現行の2018年モデルにも負けていないと思う。
ただ、推進力や剛性はどうしても最新モデルの方が上。
(´・ω・`)だからロングライド目的なら2013年モデルの、ANCHOR RFA5 EQUIPEはそう悪くないと思う。



100000049549-l0.jpg
リユース [REUSE] 【リユース商品】【宅配専用】 2013 LOUIS GARNEAU LGS-MV 3S 20インチ ミニベロ

カラー/サイズ レッド-410mm
販売価格69,800円(税込)
(´・ω・`)ルイガノLGS-MV 3S 。
2013年モデル当時といえば、4600系ティアグラ リア10速仕様ですね。
シートポスト、フォーク、エアロハンドルがカーボン。
重量(目安)8.9kgで、アルミ系軽量スピードミニベロが全盛だった頃のモデル。
100000049549_08.jpg
デュアルコントロールレバー右に傷が付いている。
(´・ω・`)あそうか、当時は目盛り(インジケーター)付きだったので、目視で段数を確認出来たんですね。
なつかしいなあ。
現行のST-4700は流石に省略されてしまいましたし。
100000049549_09.jpg
ハンドル IDX ALLOY / CARBON DROP (400mm)
100000049549_01.jpg
フォーク 3K CARBON トラベル
タイヤ SCHWALBE DURANO RACE GUARD 20"X1-1/8"(451)
今はコンパクト&軽量系フォールディングモデルが流行しているけど。
まだまだ、高速性ミニベロが流行していた頃のロングセラーモデル。

100000049549_10.jpg
サドル SDG FORMULA FXR
LGS-MV 3Sはスピードを出せるだけではなく、直進安定性が強いので長距離向き。
ミニベロをロードに近づける事に必死だった時代だけあって、軽量化にもそれなりに成功していたんですね。
サイクルベースあさひ お得なリユース品をネットで販売中!



guiyhku67786.jpg
EASTON SALE ALL30%OFF

EASTONのホィールが全品30%OFFで売りに出されています。
カーボンホィールEC90シリーズがお買い特になっていますね。

2018年05月19日 トラックバック(0) コメント(0)