スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び

Tifosi Cavazzo Disc Tiagra Road Bike (2020)


prod194378_Black - Silver_NE_02
Tifosi Cavazzo Disc Tiagra Road Bike (2020)
ディスクロードTifosi Cavazzoは、シクロクロス、通勤用自転車、ロードバイク、グラベルバイクなどの要素を一つにまとめたバイクです。
ディスクブレーキを採用したフラットマウントディスク仕様、大幅なタイヤクリアランス、さらにはあらゆる箇所にマウント可能なフレームを用意するなど、さまざまな用途に対応した1台になります。
ddefault.jpg
Tifosiは英国自転車ブランド「Chicken Cycle Kit」の自社ブランド。
英国バーミンガムのハイエンドロード愛好家向けのプレミアムブランドを扱う販売代理店ですね。
最軽量4.6kgのCampagnolo Super Record完成車などの製造実績もあるそうだ。


Tifosi Cavazzoは、さまざまな用途に適応できる万能モデル。
ジオメトリがニュートラルで、タイヤクリアランスを大幅に持たせています。
つまりグラベルやシクロクロスなど用途を絞りたい場合には、タイヤ交換で対応する形になります。
(タイヤのクリアランスは最大40mmまで。ロードとして使用したい場合は28mm以下)


Cavazzoのフレームデザインは、Toray T500とT700カーボンファイバーを組み合わせて使用​​することで、強度、剛性、重量の完璧なバランスを実現。
標準のTifosiロードマシンよりも最低限長いホイールベース。
可能な限り用途が広くなるように設計された、軽量のカーボングラベルバイクとも言えますね。
長いホイールベースとヘッド角度は、非常に安定した走行性能を獲得しています。

この安定した走行性能は、曲がりくねったコーナーをオフロードにおいても苦労せずにこなせます。
グラベルをこなし、シクロクロスをこなせるモデルが欲しいというニーズに沿ったフレーム形状です。
チェーンステーは、シクロクロスの標準的な長さよりも長いですが、よりスピーディーなグラベル走行に適しています。
prod194378_Black - Silver_NE_01cgn
シートポスト  Tifosi Alloy
サドル  Selle Italia XBase


prod194378_Black - Silver_NE_02ihi
ハンドルバー Tifosi Gravel Alloy
ステム Tifosi Alloy

Tifosi Cavazzoはロードバイクとして使えるが、ハンドルバーはやはり悪路を意識したフレア形状。
曲がりくねったオフロードの地形を走破する際、に対応した浅いフレアバー形状を採用しています。
prod194378_Black - Silver_NE_02y7yo
ホイールセット Vision Team 30 BT Disc
タイヤ Schwalbe G-One 700x38c, 700x45c, 650b x 2.1" or 29x1.85"

タイヤ Schwalbe G-One 700x38cとVision Team 30 BT Discは、優れた牽引力とコントロール性能を提供します。
これにより、滑らかな路面から砂利道が混在する田舎道までの冒険を楽しむ事が可能。
prod194378_Black - Silver_NE_02hol
フォーク  Carbon UD 1-1/8" to 1-1/2" with mudguard eyelets and front rack mounts
アクスル 12x100mm Front, 12x142mm Rear
Cavazzoはそれ自体が素早く滑らかで反応の良いロードバイクであります。
しかし悪路や非舗装路になると、多少速度は落ちます。
悪路においては多少注意深く走る必要がある様です。
街中やロードバイクでスピードを上げることが可能なグラベルモデル。
ですが泥の中や、シクロクロスコースなどの過酷な難所に使えます。

マウンテンバイク系の過酷なトレイル向きというよりは、シクロクロス競技や都会や郊外でのライドの方が得意です。
(´・ω・`)ま、流石にそれはそうか。
prod194378_Black - Silver_NE_02giio
フレーム UD Toray T500 and T700 Carbon with mudguard, rack and 3 bottle cage mounts
フレームには3つのボトルケージマウントがあります。
2つは通常のダウンチューブとシートチューブ上部、もう1つはダウンチューブの下部に配置

機械式または電動式シフトケーブルは内部で配線されており、ボトムブラケットの下の取り外し可能なギミックによってダウンチューブとチェーンステーにアクセスしやすくなっています。
prod194378_Black - Silver_NE_02get
クランクセット FSA Omega MX Chainset 42T
チェーン KMC 11x

Tiagraドライブトレイン仕様のロードギアを備えており、10速仕様になっています。
prod194378_Black - Silver_NE_03gss
巨大なダウンチューブはボトムブラケットを覆う程のボリュームです。
スプリント時にフレックスがゼロになります。真っ直ぐなシートステイはmmを与えないので、快適さは27.2mmのDeda Zeroポストルームを屈曲させる傾斜したトップチューブに依存しています。BBはネジ式の外部Shimanoで、メンテナンスが簡単で、時間の経過によるきしみ音がありません。

prod194378_Black - Silver_NE_03ho
リアラックを積載する為に、かなり頑丈なマウントポイントがあります。
前部と後部に積載可能。
もちろんリアラックと同時にマッドガードも取り付け可能。
コンパクトリア三角にはストレートのシートステイが用意されています。
つまり衝撃吸収性や快適性はシートステーよりも、傾斜したトップチューブが担当しています。
Tifosi Cavazzo Disc Tiagra Road Bike (2020)

2020年03月27日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 GT GRADE CARBON EXPERT試乗体験インプレ

DSCN2995vfd (2)
2020 GT GRADE CARBON EXPERT

米国GTのフルカーボングラベルロード「GT GRADE CARBON EXPERT」に試乗しました。
コンディションはウェット(雨)。

(´・ω・`)まるでMTBをロード化したかのような、走りだった……
Shimano 105 油圧ディスクだった影響もあったのでしょうが。特にブレーキの操作感がMTB。
変速操作はロードそのものでしたけどね。

走りは走破性を前面に出した走りかな。路面状態はウェットでしたが、全く恐怖感がないw

路面をがっちり捕らえつつ、ロードの走りをするグラベルモデルでもある。
ただ走破性を発揮しつつも、ロードの走りもしっかりするフルカーボングラベルなんですよ。
路面に食らいついて話さない様な路面追従性を伴いながら、加速したり巡行性能を発揮します。
DSCN2994vfd.jpg
フルカーボンフレームはどうだった?
軽量……というよりも、異様に乗り心地の良いカーボンフレームだった。
フレームはカーボンながら強靭な印象。
特に新型トリプルトライアングル「フローティングステイ」の機能性が凄い。
乗り心地も提供してくれるし、路面からのショックにかなり強そう。
まるで、ロードバイクにリアサスペンションを搭載したかのようだった。


トレイルや山道で乗りこなすのにも向いているし、その場所まで移動するまで遠乗りに向いている
個人的にはロードとMTBが二台手に入るグラベルだと思います。
遠くまでロードの様に移動が可能だし、到着した先の山道や農道、悪路などの非舗装路においてMTBの様に使える。
DSCN2998cd (1)
ハンドル  All-New GT DropTune Super Light、ダブルバテッド 6061 アルミ、16°フレア
シフター  Shimano 105 油圧ディスク、2×11
グリップ  Velo Cork、3mm
ステム  GT、3D鍛造6061、6°ライズ、31.8

安定感と強靭性重視のフレアハンドル。
見ての通りウェットでしたが、手が滑る事などは無かったですね。
ディスクブレーキは105油圧でしたので、スピードコントロールよりも制動性を重視したかのようなテイスト。
不思議とドロップハンドルなのに、MTBを操作している様な感覚に襲われます。
濡れた舗装路でしたが、悪路などにおいてかなりコントロール性が良さげなのでは?
DSCN2999ca.jpg
フレーム  All New Grade カーボン、EnduRoad Triple Triangle デザイン、フローティングシートステイ、12×142 スルーアクスル、フラットディスクマウント、Di2/ドロッパーシートポスト対応、PF30
カーボンフレームながら肉厚というが、実にガッチリしていた。
変な感想だけど、一度くらい転んでもびくともしなそうな迫力がある。

マウントポイントを見ての通りトップチューブにも搭載
ロングツーリングに必要なバッグやボトルを積載するためのマウントをフレームとフォークにフル装備。ト
ップチューブバッグ用のダボ、フォークにはエニシングケージ用のダボ。アルミモデルにはシートステイにボトルダボまで付属。
これ通常のロードよりも、バッグ類を積載したり拡張する能力が高いと感じた。
これだけがっちりしたフレームなら、多少重量物を積載してもいけそう。
DSCN2998cd (2)
フォーク All-New Grade カーボンフォーク、テーパードカーボンコラム、flip chip アクスル、フェンダー・パニアバッグマウント(11穴)

ブレーキ Shimano 105 油圧ディスク、160mm RT30 ローター
カーボンフォークがまるで、バットみたいに太いw
全然ヤワな、フォーク勘が無いですね。確かにフォークのダボ穴にカーゴゲージとかで荷物を積載しても全然いけそう。
ただしエアロ性能とか高速性を追求したブレードフォークとは別物の雰囲気。

105油圧が付いているせいでしょうか? まるでMTBなフォーク感がありますよ。
(特にフロントサスなどは付いていないですが)
DSCN3005cds (1)
リム WTB ST i23 TCS 2.0、28h、チューブレスレディ
ハブ Formula、センターロック、(F)CL-712、12×100、(R)RXC-400、12×142
スポーク ステンレススチール
タイヤ WTB Riddler TCS Light、700×37c、チューブレスレディ


WTB Riddler 700×37cは濡れた路面状態の影響を受けるか?
流石に37Cなので、路面が濡れていても影響はほとんど感じなかった。
基本雨だから、慎重に走ろうという意識が生じない。
フレームの影響もあるのかもしれないけど、GT GRADE CARBON EXPERTに700×37Cを取り付けると、走破性重視みたいな感じになる。
うん、このモデルに37Cタイヤだと、なんとなくMTBに近い走りをするな。
その上で推進性を発揮する。
DSCN2997deq.jpg
ちなみにゼロ加速性は、ロードバイクに比べるとそれ程ではない。
(´・ω・`)GT GRADE CARBON EXPERTはある程度速度に乗ってから、走破性やパワーを発揮するグラベルモデルです。
ただ走破性は強烈でしたので、MTB代わりに普通に使えますね。
GT GRADE CARBON EXPERTでも走破出来ない路面は、MTBでも相当厳しい事になるのでは?
20191105103011c8by9.jpg
2020 CANNNONDALE TOPSTONE CARBON FORCE ETAP AXS
面白い事にCANNNONDALE TOPSTONE CARBONの場合、700×40C幅のタイヤを装着しているのですが。
悪路走破性を発揮しつつも、スピード性があるグラベルモデルだった訳ですよ。
キャノンデールの場合もリアサスペンションシステムが搭載されていましたが、サスのせいで速度が逃げるという事は無かった
悪路:舗装路=50%:50%
実際に試乗した感じは、悪路舗装路両方に対応出来るグラベルでしたね。
DSCN3004ca (1)
ではGT GRADE CARBON EXPERTの場合はどうかというと……
悪路:舗装路=60%:40%
ですね。より悪路走破向けにGTはフルカーボングラベルを、モデルチェンジしてきたのでは?
42mmまで対応するタイヤクリアランスだそうですが、これでタイヤサイズを更に拡張したりしたら更に走破性が強化されて凄い事になるのでは?
(´・ω・`)ただ個人的にはこの37Cで、このフレームと調度バランスがとれていると思いますね。
DSCN3004ca (2)
ボトムブラケット  FSA PressFit 30
DSCN3005cds (2)
クランク FSA Omega Adventure、46/30

DSCN3003cacas.jpg
DSCN2995vfd (1)
ディレーラー  Shimano 105、フロント直付、リアGSケージ
リアスプロケット Shimano 105、11-34、11スピード

コンポーネントは105スペック。やはりどうしても雨天時になると操作感に関しては、グラベル用コンポーネントGRX採用モデルに一歩譲る。
GT ジーティー 2020年モデル GRADE CARBON EXPERT グレードカーボンエキスパート 700C

2020年03月26日 トラックバック(-) コメント(-)

Wilier Jareen 105  英国人グラベルユーザーを視野に入れた輸出用アルミグラベルモデル

100435265hoo.jpg
Wilier Jareen (105 -2018)
イタリアのブランドWilierは、近年アルミグラべルバイクをラインナップに追加しました。
Wilier Jareenのデザインはかなりシックに仕上げたアルミグラベルバイク。
フルカーボンフォークのアルミグラベルで、フロントスルーアクスル、49mmタイヤ、フラットマウントディスクブレーキ、マッドガードとラック用のスペースとマウントが付属。
見ての通りシートステーは下げられ、Wilierのトップエンドのエアロロードバイクで採用されているフレーム形状でもあります。

Jareenは見た目イタリアンシックなデザインですが、クロモリのJaroonと同様に英国人ユーザーを視野に入れた輸出用のモデル。
(英国向けとはいえ、ドイツや欧州諸国に流通している模様)
ワイドトレッドタイヤは英国の荒れた路面でも舗装路でも使用可能。

Wilier-Jaroon-105-2018-Adventure-Road-Bike-Cyclocross-Bikes-Orange-2018huih.jpg
Wilier Jaroon (105)
Wilierは、美しいイタリアンロードバイクデザインよく知られています。
ですが近年グラベルモデルに力を入れています。2018モデルとしてWilierはクロモリグラベルモデルJaroonを投入。
ダブルバテッドクロモリフレームを採用し、他のバイクブランドとは異なるイタリアンデザインテイストを提供しています。
クロモリフレームには内部溶接を施し、フレームの接合部は非常に美しい。
慣れ親しんだクロモリ溶接外観ではないのがポイントです。

WilierはスチールグラベルロードWilier Jaroonと、アルミグラベルモデルWilier Jareenの2つを用意。
アルミWilier Jareenは、クロモリWilier Jaroonと同様のフレーム形状を採用。
タイヤクリアランスは同様に42mmに設定。またフロントにスルーアクスルを備えています。

Jareenの語源……Wilier北イタリア本社の近くの砂利を表す地元の方言。
Wilierとしては新型アルミグラベルを立ち上げる際に採用した経緯があります。


Jaroonの語源……ベネチアの大きな砂利道を表す地元の方言。
寄り荒い、砂利道での走破性を持たせたクロモリ系グラベルならではの名称。

100435265hooyo.jpg
フレーム 6061 double-butted Aluminium, QR
Wilier Jareen 105
アルミJareen 105スペックは、舗装路から森の中の小道まで、どこにでも様に走破出来るに特別に設計。
つまりどの条件下においても走破出来るウィリエールグラベルロード。
また長期間における使用を視野に置いたグラベルモデルでもあります。
100435265hoouf.jpg
長年使用できる6061ダブルバテッドアルミニウムフレーム
更にアドベンチャー対応のカーボンモノコックフォークは、非舗装路の様な荒い路面に対しても比較的対応する為と軽量化を狙ったものです。
Wilier Jaroonはクロモリのパワフルな走破性を生かしたオフロード向けグラベルですが。
(なんだかんだで、クロモリ系グラベルは悪路においてパワフルな走りが得意)
Wilier Jareenがアルミの機動性を生かした、用途の広さが魅力的。
毎日の通勤やありとあらゆるグラベルライドに最適な仕様になっています。
100435265hooi.jpg
クランクセット  FSA Omega Adventure, 46/30T
カセット Shimano 105 5800, 11-Speed

Shimano 105 コンポーネント

Shimano 105コンポーネントと油圧式ディスクブレーキ
シクロクロスレース対応のShimano 105コンポーネントを装備したWilier Jareenは、一気にスピードを上げることができるシクロクロスバイクでもあります。
(´・ω・`)一応シクロクロスでの使用も視野に入れているのか……ただし通常のグラベルロードとしてのスピード性も追及している訳か。

チェーンリングが46/30Tと小さいため、荷物を使って上り坂を走行することも可能。
Shimano CS5800 11スピード11-32Tカセットを備えた46 / 30Tギアを備えたFSA Omegaアドベンチャークランクセットは障害物の多い悪路や、坂道をすべて登ることができます。
またディスクブレーキも、強力な制動性を生かしつつ細かくスピードを調整可能。
100435265hoohuiu.jpg
フォーク Carbon Monocoque, 12mm Thru-Axle
ホイール Wilier DD28、スルーアクスル & QR
ブレーキ Shimano STR505 hydraulic disc, 6-bolt, 160mm rotors
砂利道、泥、穴の多い道路、舗装されたアスファルト。

このアルミグラベルバイクは全ての路面を走破可能。
さらにShimano STR50、油圧ディスクブレーキは、ありとあらゆる路面において強力な制動力を提供。

幅広のフォークにより、クリアランス最大42mmです。
更に荷物ラックやフェンダー用のダボ穴も用意されています。

現在では主流グラベルタイヤサイズ700x40Cを、既に2018年モデルに用意していた訳か。
あらゆる地形条件でより安定したバランスのとれた乗り心地を実現します。
ホイールはWilier独自のもので、強力な走破性を誇ります。
100435265hoohhouo.jpg
ハンドルバー Promax Drop Bar, 12-degree flare
ステム  Promax

シフター Shimano STR505
100435265hoohfd.jpg
Jareenはコンパクトリア三角が特徴。低い位置のシートステー、インターナルフレーム、フルカーボンフォークを備えています。Wilierとしてはレーシングモデルよりもリラックスしたフレーム形状を目指した結果、この最新のフレーム形状が採用された経緯を持つ。

100435265hooii.jpg
英国ソールズベリー平原のグラベル試験用道路コースは過酷なコースである事が知られております。
本来は射撃場を迂回するための戦車と軍の通行のために設計された、本格グラベルコースな訳です
5週間を超える試験で、容赦のない岩とくぼみを実際に走行しましたが、ホイールはそのままの状態であったそうです。

Wilier Jareenは価格がリーズナブルな割には平地、また非常にグラベルに向いたモデルであります。

全体としてWilier Jareenはさまざまな地形でタイプできる優れたジオメトリを備えており、長距離向けのロングライドにも容易に使用できます。
Wilier - Jareen (105 -2018)

2020年03月25日 トラックバック(-) コメント(-)

ブルホーンカスタム パナソニック OFF TIME(オフタイム) (BE-ELW073)  電動折り畳み自転車 

elw_bh_main.jpg
パナソニック電動折り畳み自転車 OFF TIME(オフタイム) (BE-ELW073)  ブルホーンカスタム

パナソニックの電動折り畳み自転車オフタイムのブルホーンカスタム仕様ですよ。

(´・ω・`)ところで、いきなり耳を疑う話が。
なんか最近ママチャリ系電動アシストモデルが、在庫不足らしくて。
パナソニックの公式通販ショップも完売が相次いでいるとか。
凄い時代になりましたね。

まさか、トイレットペーパーの様に、電動ママチャリまで品不足になるとは……
コロナウィルスの影響でパーツ面などで、中国からのパーツ供給が止まっているのが原因とか。
まだスポーツ系ebikeなどの在庫はある様ですが。これから先品不足が波及しないといいのですけどね。
elw_bh_6.jpg
ハンドル ブルホーンバー
レザー調バーテープ
さて、OFF TIMEにブルホーンを取り付けたカスタムモデルなんですが。
(´・ω・`)スイスブランド ブルーノを意識したかのようなツーリング仕様ですね。

ブルホーンバーにENE サムシフター。
ブレーキレバーになんとギドネットレバーを採用。
レザー調バーテープなので、ランドナー風なクラシカル感も狙っています。

またコントロールパネルは「エコナビ液晶スイッチ4SL」
バッテリー残量、残り走行時間、残り走行距離などを表示。
(オートライト機能付)
elw_bh_5.jpg
ギドネットレバー

ルックスだけでなく走行性も上がるのがブルホーンの良いところ。

ブルホーンバーの場脚ハンドルポジションが増えるので、さまざまな位置でハンドルを握ることが可能。
その上ブレーキはギドネットレバーなので、ブルホーンバーをどこで握ってもありとあらゆる位置からブレーキ操作が出来る訳です。
やはりツーリングというか、長時間&長距離における使用を視野に入れたカスタムになっていますね。

(´・ω・`)オフタイムは折り畳みモデルですが、かなりパワー重視のアシストをしてきます。
一見街乗りなどで便利そうに見えますが、実は結構スポーティーな走りをします。
(特にコーナーリング性能の高さは注目)
エコモードで最大約59km走破可能ですが、そのアシスト可能距離を生かして簡単なツーリングや遠乗りに使用するのも面白いかも。

elw_bh_fol2.jpg
折り畳みサイズ 高さ66cm×奥行49cm×幅88cm
重量 20.6kg

なるほど、ブルホーンバーでもきちんと折り畳む事が可能な訳ですね。
個人的には流石に20kgもあるので、電車での輪行は無理。
42106400087_003vfs.jpg
やはり車の後部に収納する使い方が無難かも。
なんだろう……オフタイムは別に折り畳みしなくてもそのまま普段使用したい走りの良い電動自転車でもあるんですよ。
(´・ω・`)個人的には収納性の高さに注目かな。
家の中に保管しても、折り畳んだ状態ならスペースがいらないし。
elw_bh_4.jpg
ENE サムシフター
なんとこのオフタイムは、サムシフター仕様!
変速をレトロなレバー変速で行う形になる……
まさかリアルにランドナーとかツーリングモデルの様に、変速操作する事になるとは……
とはいえ、レバー部分が強靭になったということか。
近代的な電動折り畳み自転車の変速を、レトロなレバー変速で行う点がなんかいいですね。
DSCN3246huo.jpg
通常はグリップ式のシフターで、変速操作を行う形です。
通常のフラットバー仕様の時の原型を留めていませんねw
imgrc0070946522ljljyf.jpg
BRUNO MINIVELO20 ROAD
こちらはドロップハンドル仕様ですが、スイスブランドのミニベロBRUNO MINIVELO20 ROADの仕様を意識して、パナソニック オフタイムのカスタマイズを行ったのでは?
imgrc0070946512kihkkg.jpg
見ての通りハンドルの肩部分とトップバー部分のどちらからでも引ける、ダイアコンペDC139ギドネットレバーを採用。
ツーリング色を重視したミニベロだ。
ステム位置にレバー変速機を配置。
ステム位置に固定されているため、気軽にハンドルを交換し易いという長所も。
よく考えたら、ツーリングやランドナー風電動アシストミニベロって、かなりアウトドアとかで需要が伸びそうな気が。
elw_bh_7.jpg
リトルLEDビームランプ2
リフレクター一体式でワイドに照らす、リトルLEDビームランプ2。
これはカスタマイズではなく、純正品。
現行のオフタイムはライト位置が、ハンドルではなくなったのですよね。
電力はバッテリー供給型になっています。
elw_bh_9.jpg
駆動方式 クランク軸上合力発生一体型
大容量/8Ahリチウムイオンバッテリー
パワーモード走行  約34km
オートマチックモード走行  約43km
エコモード走行  約59km

(´・ω・`)やはりパナソニック OFF TIMEにブルホーンバーが可能になった理由は、容量の大きい8Ahリチウムイオンバッテリーを積載しているお蔭ですね。
これなら2週間に一回程度の充電で済みそう。
以前は5Ahリチウムイオンバッテリーなので20~30km程度でしたが。
折り畳み系電動アシスト自転車なのに、現行モデルは59kmもいけるんですからね。
普段使いの電動アシスト自転車としても、個人的に欲しい。

elw_bh_1.jpg
ブレーキ
フロント サイドプル形キャリパーブレーキ
リア ローラーブレーキ

elw_bh_2.jpg
タイヤ(前後) 〈前〉18×1.75 HE 〈後〉20×1.75 HE

サドルはイタリア「SELLE ROYAL FRECCIA」
セラロイヤルのスポーツ向けコンフォートサドルを、なんと電動アシスト自転車に採用。
レーシーなデザインですが、 ロイヤルゲル入り。快適なロングライドを重視したサドルだ。

サドルガードマン
簡単にサドルが抜き取られない構造ですので、サドル盗難防止対策も打っています。
elw_bh_3.jpg
elw_bh_8.jpg

elw_bh_11.jpg
外装7段変速搭載
外装7段変速 47T×12-28T
1台限定/ブルホーンカスタム OFF TIME(オフタイム) (BE-ELW073) パナソニック電動自転車・E-bike(イーバイク)

2020年03月24日 トラックバック(-) コメント(-)

なんと7万円台リア12速仕様!? 2020 Cube SL Road Pro SRAM GX Eagle 12スピード


prod192424_Iridium - Blue_NE_02
2020 Cube SL Road Pro
定価 ¥86999➝15%オフ¥73500

(´・ω・`)なんじゃこりゃ?
ドイツCubeのアルミクロスバイクCube SL Road SL Bikeは、なんとリア12速仕様!?
SRAM系MTBコンポーネント「SRAM GX Eagle 12スピード」仕様ですよ?

まさかのフロントシングルの1×12仕様!!
7万円台で、リア12速SRAM GX Eagleを楽しめる訳か……しかも、油圧ディスクはシマノ製、ドライブトレインはSRAM製のMTB系パーツを使い分けているユニークなコンポーネント仕様にもなっています。
prod192424_Iridium - Blue_NE_05giu
ドライブトレイン SRAM GX Eagle 12スピード
クランクセット SRAM S650 Eagle, 38T, 170mm
チェーン SRAM NX Eagle
カセット SRAM XG-1230, 11-50T

Cube SL Road Proに1x12 SRAM GX Eagleを採用した訳は、街乗りと田舎道両方に必要なギア比を提供する為。
(´・ω・`)クロスバイク的な要素と、グラベルモデルという事か。
元々Cube SL Roadシリーズは、高速性とロングライド向きのグラベル風スピードクロスバイクでもあるし。
長距離における快適性も稼いでいる上に、高速ペースも得意なんですよね。
しかし、とうとうリア12速クロスバイクが格安で手に入る時代になったか……
prod192424_Iridium - Blue_NE_03mhmh
ブレーキ Shimano BR-MT200油圧ディスクブレーキ(160/160)
しかもなんとディスクブレーキは油圧仕様!!
ブレーキはMTB系エントリースペック「SHIMANO ACERA M390 シリーズ」を実装!
強力な油圧式ディスクブレーキにより、あらゆる天候下において制動力を発揮します。



20200205114219f41huo.jpg
2020 Cube SL Road SL
兄弟モデルのCube SL Road SLなどは、ロード系コンポーネントShimano Ultegra R8000とMTB系コンポShimano Deore油圧式ディスクブレーキを用意。
この Cube SL Road SL の場合は、ロード系コンポとMTB系パーツを使い分けたフロントダブル仕様。
9.8kgと軽量かつ高速で走行できる様に設計されています。
さすがドイツCube。クロスバイクも一筋縄では行きませんね……


prod192424_Iridium - Blue_NE_04
シートポスト  Cube Performance post, 27.2mm
サドル Natural Fit Venec Lite


ホイールセット Cube RA 0.8、32H、ディスク
タイヤ  Schwalbe G-One Allround, Performance Kevlar, 40-622

クロスバイクCube SL Roadシリーズのおける開発のモットーは、スピード性とシンプルな優雅さを重視。
エアロ形状アルミフォークや、ケーブルを可能な限りインターナルにしたことでロードを意識したデザインだ。
フレームペイントでデザインにCGなどは使わず、ロードを意識した配色になっている。
フレームはダブルバテッドアルミチューブで作られた軽量で剛性のあるフレーム。

スピード性を重視しているとはいえ通常のロードよりもヘッドチューブ長は長め。
快適性を重視した姿勢で走行可能。
更に走行安定性を重視。ホイールベースもエンデュランスロードを意識。
つまり初めてスポーツバイクに挑むユーザーでも、扱い易いフレームになっている。

剛性と軽量性を重視したフレームはスピード性を重視。
やはりドイツCubeモデルらしく、脚力を推進性に変換するのが特徴。
(ドイツCubeのロードは兎に角、推進性を最重要視したロードモデルが多い)
フレームのエレガントな外観は、ダウンチューブのケーブル受けによって配置しており、メンテナンスも最小限に抑えられます。
prod192424_Iridium - Blue_NE_09
ハンドルバー Cube Flat Race Bar, 660mm
ステム Cube Performance Stem Pro, 31.8mm

Cube SL Road Proは誰に適しているかか?
(´・ω・`)実はスピード中毒のユーザーの為に製作されたクロスバイクでもある。
快適性を確保しつ、ロードにしか再現できないスピード性も目指したそうだ。
同時に、Cube SL Road Proは大都市における縁石や悪路にも対応出来る走破性も重視。
ロードバイクの代用品として、トレーニングにも適している訳だ。
prod192424_Iridium - Blue_NE_08
フレーム アルミ製Superlite Crossroadテーパー、ダブルバテッド

SL Roadフレームは、優れた堅牢性と優れたハンドリングの最高の組み合わせを実現。
Superlite Crossroadテーパーフレームは、軽量のダブルバテッドアルミチューブ仕様です。

その剛性と軽量性は、脚力を推進性に変換してくれるので楽に移動できます。
やはりスピード性にこだわったクロスバイクと言えるでしょう。
prod192424_Iridium - Blue_NE_07
フォーク アルミニウムリジッドフォーク
軽量アルミフォークのデザインは、Cubeレーシングロードに触発されたデザインです

そのエアロ形状を取り入れたフォークは非常に硬く、優れた操縦精度を確保。更に駐輪していてもスポーティーに見えるというメリットも。
prod192424_Iridium - Blue_NE_10
prod192424_Iridium - Blue_NE_11
しかし、リア12速&油圧ディスクを実装しているのに7万円台だけあって、現在ウィグルのオールジャンルにおけるバイク売り上げ6位にランクイン。
そりゃリア12速のクロスバイクが7万円台なら、こっちだって欲しくなりますよ。
ホイールやシートチューブ、ハンドルやステムまでキューブは自社で調達しているのも特徴。

レーシングロード由来の、スピード性重視のダブルバテッドアルミフレームや、SRAM GX Eagle 12スピードなどを採用してくるなどフレームやパーツ面において妥協していないハイコスパのクロスバイクですね。
Cube - SL Road Pro (2020)

2020年03月23日 トラックバック(-) コメント(-)

アウトドアやキャンプで使えるミニベロ&折り畳みebikeまとめ

DSCN8141fdhkh.jpg

アウトドアやキャンプで使えるミニベロ&折り畳みebikeをまとめてみました。
最近の折り畳み系ebikeは電動アシストだけではなく、積載性や悪路走破性も確保したモデルが増えつつあります。
(´・ω・`)あまりに種類が多いで、全ての車種は紹介出来ませんでしたが。
個人的にアウトドアなどで実際に使ってみたい、ミニベロ&折り畳みebikeをピックアップしました。



DSCN8069fecnjljn.jpg
今回紹介した特に折り畳編み系モデルなどは、自家用車などで輪行し易いモデルになっています。
やはりアウトドアでの移動はキャンプ施設まで自動車での移動が多いと思いますので。
DSCN7125grnkie.jpg
Benelli MINI FOLD 16
Benelli MINI FOLD 16は16インチとタイヤサイズがコンパクト。
ですが折り畳み機能と、アシスト機能を有しながら悪路に強いebikeモデルってあんまりないのですよね。
重量も17.6Kgと押さえていますし。
(´・ω・`)個人的にキャンプ地まで車載するのに便利なモデルだと思いました。
DSCN7132vfshu.jpg
タイヤ KENDA K841 16×2.25
フロントモーターはBarfang製。イタリアデローザやFUJIのebikeにもアシストユニットを供給している。
どうしても16インチ系折り畳み系ebikeは、タイヤサイズが細くなる傾向がありますが。
Benelli MINI FOLD 16は走破性を高めてきているのが印象的。
悪路に強いタイプの、フォールディングモデルなのは間違いないのですが。
踏み込むと、それなりに速度も出てしまうのですよ。

DSCN7135htdgejio.jpg
オートライトも付いているので、夜間の走行にも強い。
フレーム内部にバッテリーが用意されており、最長80km走行可能。
(´・ω・`)あと注目したいのがデザイン性も高い点。
イタリアブランドべネリのデザインなので、欧州色が強い。
キャンプ地などで、デザイン性にこだわりたい折り畳みebikeならこれかな。
DSCN7138cdshuo.jpg
折りたたみサイズ 全長890×全幅450×全高585mm
折り畳みeBIKEにおける、SUVモデルといった感想。
折り畳みサイズそのものはかなりコンパクト。更に重量17kgという折り畳み系ebikeにしてはかなり重量は抑えている。


DSCN8111ca.jpg
LOUIS GARNEAU ASCENT e-sports
カナダ ルイガノのミニベロebike「ASCENT e-sports」
本来はeMTBなどに使用されるこのパワフルさが自慢のアシストユニット「SHIMANO STEPS E8080」を、ミニベロに搭載しちゃった反則みたいなモデル。
(´・ω・`)個人的には、出先でツーリングに使うのにもってこいだと確信しています。
スピード感とパワフルさが、前面に出た走りでして
とことん安定性が高いスポーツミニベロeBIKEなので、一番荷物が載せやすいタイプですね。
DSCN8112cxz (1)
タイヤ KENDA K-1079 20"X1.95"
ブレーキ  SHIMANO BR-M395 HYDRAULIC DISC
ヘッドチューブに、フロントキャリアーを取り付ける為の台座も用意。
フロントキャリアーを取り付けてツーリングもいける。
DSCN8115gr.jpg
バッテリーShimano BT-E6010 Steps バッテリー

eMTBに使用される大容量バッテリーを採用しているのでECOモード使用時 115kmも走破可能・
実際にメーカーの方がアセントスポーツが琵琶湖一周もこなした事があるそうで、実際は150kmまで走破出来たそうだ。
(´・ω・`)ミニベロ系ebikeの中において、ツーリング及びスポーツ性が高いモデルですね。

収納性に関しては、それなりにスペースが必要
18kg台のLOUIS GARNEAU ASCENT e-sportsを持ち上げてみましたが。
積載などの乗り下ろし程度の動作は、特に問題なさそうです。
あとはどれだけワゴン車などに、どれだけ収納スペースを確保できるかが鍵になりそう。
後部座席なら、いけるかな?
ぶっちゃけ、機動性が高い分収納性は折り畳みebikeの方が優位です。
逆に走行性能はトップクラスなんですけどね。
ルイガノ アセント Eスポーツ 電動アシスト自転車 LOUIS GARNEAU LGS ASCENT E-SPORTS


DSCN0025cdasbfx.jpg
TERN HSD P9
小径折り畳みカーゴE-bike「TERN HSD P9」
本来大型であるはずの荷物運搬用カーゴバイクを、電動化と小径タイヤを使用する事によって上手くコンパクトにまとめた一台。
キャンプ時における運搬性に関して大いに期待できるモデルです。
20190808111257f14huo.jpg
見ての通りリアキャリアーを標準搭載。
長くて丈夫なラックAtlas H Rackはチャイルドシートを積載可能。
週末には1週間分の食料品やキャンプ用品を運ぶことができます。
(´・ω・`)車載どころか、キャンプ地に直接TERN HSD P9で移動しても楽しそうだ。
こうやって、オストリーブのバニアバッグを積載すれば水すらも運搬可能。

タイヤは406サイズSchwalbe Big Apple20×2.15ですが、巡行時かなりの安定感を見せつけます。
荷物を積載しても、安定性を稼ぐ計算なんでしょうね。
201908081112416d4fs.jpg
縦型の折り畳み機能を搭載しているので、ハンドルを折り畳めば収納性もなくはない。
折り畳み専門ブランドが設計したebikeなので、収納性も考慮されている。
201912111637427f5vd.jpg
Bosch Active Line Plus電動ユニット搭載
300 Wh batteryで長距離100km走行が可能
ミニベロ系ebikeながら、かなり巡行性が高いです。
ギア比を高めにして、アシストモードを TURBO(最大)クラスに設定すればスピードを継続しながら疾走します!
どのアシストモードでも、脚力と同調しながら速度を維持する事が得意。
201912111639012e4vf.jpg
(´・ω・`)やはりホイールベースが長い事が効いていますね。
これ、かなりの長距離やツーリング向けに使える。街乗りや短距離に使うには勿体ない走行性能だ。
前後にライトを標準装備しているので、夜間においても強い。
TERN ターン 2020年モデル HSD P9 BOSCH製ユニット搭載電動アシストe-Bike ミニベロ


201912111655273afbc.jpg
TERN VEKTRON S10
ドイツボッシュ製ドライブユニットを搭載した、強力なスポーツ性能を持つ電動折り畳みeBIKEです。

面白い事にスポーツ性というか運動性は、折り畳みモデルTERN Vektronの方が上ですね。
スピード感やコーナーリングなど間違いなくTERN Vektronです。
小径折り畳みカーゴE-bike「TERN HSD P9」は、やは積載性が高いカーゴ系ebikeですから。
とはいえ、TERN VEKTRON S10にリアキャリアーを取り付けれれば、それなりにキャンプ地などで荷物を積載する事も可能。
DSCN8130vdsvs.jpg
折り畳みサイズ 41 x 86 x 68 cm (16.1" x 33.9" x 26.8")
見ての通りコンパクトに折り畳めるのも魅力的。
ただどうしても重量がかさむ。重量は22.1 kg あるので、やはり車などに積載してキャンプ地に持って行くことをお勧めしたい。
しかしながら、悪路での走破性、積載性、スポーツ性、ツーリング性など重量面以外で万能タイプの折り畳みebikeだ。

DSCN8132myhe.jpg
TERN VEKTRONって、小径タイプのeBIKEとしてはかなり悪路に強いタイプ。
小石が混じった軽い砂利程度なら、簡単に走破してしまう走行性能を持っています。

ドイツBosch社製のActive Line Plusというドライブユニットって、その場その場の状況に合わせた適度のアシストが可能。
(´・ω・`)こう見えても、坂も平地もその状態に合わせた適度なアシストをしてくれるので、実はキャンプ地向きのebike。
つまりキャンプの際に、そんなに体力を使わなくてもアシストを生かしてパワフルに走れてしまうんですよ。


DSCN6498trevsd.jpg
TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKE(AL-FDB166E) 16インチ 重量12.9kg
(現在は新型TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKE AL-FDB163E NEXTに引き継がれている)
(´・ω・`)どうしても、eBIKExって折り畳みモデルでも重量がかさんでしまうのが難点。
ですので超軽量折り畳みebike TRANS MOBILLY ULTRA LIGHTの16インチという手もある。
持ち運ぶためにつくられた、最軽量クラスの折りたたみebikeです。

この16インチは舗装路などでの、走りを重視したモデル。
長距離&郊外向け。それも14インチサイズとは異なり、あらゆる局面に対応出来る万能タイプです。

多少路面状態の悪い場所でも、それなりにはいけますね。キャンプ地施設内での移動程度ならこなせるはず。
その代わり、
ルノーウルトラライトシリーズのホイールサイズは14インチと16インチがあり、この16インチは走行性能が安定した走りを見せます。
DSCN6512vfdcds.jpg
専用モバイルバッテリーは約480g。
約2時間の充電で最大12kmの走行が可能。

重量のある折り畳編みeBIKEではなく、軽量タイプの折り畳編みeBIKEを探しているならこれですね。
(´・ω・`)その代わり、悪路走破性は多少落ちますが。あとアシスト可能距離が、どうしても短い。
ですが折り畳んだ後の、車への車載などの作業がかなり楽出来るはず。
週末でキャンプ地内の移動程度なら、使えそうですね。
TRANS MOBILLY(トランスモバイリー) ULTRA LIGHT ウルトラライト E-BIKE AL-FDB166E シルバー 16インチ 折畳 電動自転車

2020年03月22日 トラックバック(-) コメント(-)