スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び

RENAULT PLATINUM LIGHT8 (プラチナライト8 AL167)試乗体験インプレ 16インチホイールの長所が前面に出ているミニベロ


DSCN6381cds.jpg
RENAULT PLATINUM LIGHT8 (プラチナライト8 AL167)試乗体験インプレ

超軽量16インチ8.8kgモデルRENAULT PLATINUM LIGHT8 (プラチナライト8 AL167)に試乗してみました。
14インチホイールのルノーウルトラライト7とは、やはり走りの世界が全然違いました。
とりあえず、試乗時気が付いた
①RENAULT PLATINUM LIGHT6は16インチモデルなので、走破性がそれなりに確保されているのが気に入りました。
試乗コースの悪路(プラ板やゴム板などを、並べた路面の箇所があった)でも、スピードはそれ程落ちずに走破可能。

②やはり14インチモデルに比べて、速度のノリがいいですね。
14インチホイールを圧倒するスピード走行が可能。
8.8kgという軽量性は、折り畳んで持ち運ぶ際に効果を発揮すると思う。

③スピードのある走行が可能。
また14インチホイールにはない、巡行性能も確認しました。
やっぱり走りのノリがいいミニベロです。
坂道は6.8kgの、14インチホィールモデル「PLATINUM LIGHT6」の方が分がありますが。
しかしRENAULT PLATINUM LIGHT8も重量8.8kgと16インチホイールの特性を生かして、坂道を軽々登る能力があります。
DSCN639fer6.jpg
DSCN6387ver (1)
通常のウルトラライトシリーズと違う点は、グリップにパターンが入っている点ですね。
ルノーウルトラライトシリーズにおいて、スポーツ性を重視したモデルと体感しました。
通常の14インチルノーウルトラライトは、街乗り用。
16インチRENAULT PLATINUM LIGHT8は、街乗りに加えて郊外で走るのに向いている。
駅から輪行して、それなりの距離を走らなくてはならない場合、威力を発揮するタイプ。
DSCN6387ver (2)
そういう意味において、PLATINUM LIGHT8はダホンモデルの様に、スポーツ性を有した16インチホイールモデルと言えるだろう。
もちろん8.8kgという軽量性を生かして坂にも強い。
折り畳みモデルで、スポーツ性重視の方にお勧めだ。
DSCN6388vdsvs.jpg
高さ調節機能付きハンドルステム

DSCN6386ve (1)
タイヤ 16×1.5インチ
ある程度の走破性とスピード性を両立させたタイヤサイズ。
Vブレーキ仕様なので、制動性には問題無し。
それなりに速度を上げても、しっかり対応可能。
DSCN6385kgutk.jpg
ところで、新型ルノーウルトラライトシリーズって、ケーブルのデザインがちょっと凝っていたw
メタリックシルバーカラーなど、カラー面においても強化されている。
DSCN6383bfddb.jpg
DSCN6394vsdvdsv.jpg
DSCN6386ve (2)
チェーンホイール 52T×フリーホイール:11T-28T(7speed)
超軽量16インチ 52T×11T-28Tで走りを追求
リア7段変速。
スピード系ミニベロ程の高速性は発揮できないが、ミニベロにしては速い部類に入るモデルと思う。
変な話ですが、5万円台でここまでの
DSCN6390cda.jpg
DSCN6392vef.jpg
シートポスト径 Φ33.9mm
サドル高 69cm~95cm(適応身長:140cm以上)

(´・ω・`)RENAULT PLATINUM LIGHT8は、万能性の高い16インチホイール系ミニベロといえる。
使用目的が決まっていない方に向いている。
あと、ミニベロなどの小径車慣れしていない方にも。
なぜなら、コーナーリング性能がしっかりしているんですよね。走りにくせがない。
ミニベロならではのふらつき感が軽減されている。
扱い易いし、乗り易い。
スピードの乗りもいいので、それなりの距離を走るのに向いている。
つまり、16インチホイールの長所が前面に出ているミニベロなんですよね。
でもって、坂道などの登りで8.8kgの軽量性を体感できると。
【送料無料】8.8kg アルミフレーム アルミリム 採用 RENAULT(ルノー) PLATINUM LIGHT8 (プラチナライト8) 16インチ 7段変速 折りたたみ自転車 前52T 後11-28T 【店頭受取対応商品】【代引可能】

2018年11月16日 トラックバック(-) コメント(-)

RENAULT PLATINUM LIGHT6 (プラチナライト6 AL140)試乗体験インプレ 登りでの走りの軽さは異常!!!

DSCN6201vds (1)
RENAULT PLATINUM LIGHT6 (プラチナライト6 AL140)
例の6.8kg超軽量アルミ折り畳みモデルPLATINUM LIGHT6に試乗してみました。
流石に6.8kgともなると、異様に登りが楽なんですね……

とりあえず、試乗車を持ってみた……
極軽っっ!!!! これが6.8kgの世界か!!!!  

なんだろう? フレームを展開していても、異様に軽く感じる。
ミラクルライト6も軽かったけど、あっちは持つと高級感があったんだよね。
メッキ加工したフレームの存在感が先行している感じ。
こちらのPLATINUM LIGHT6は、軽量感が前面に出ている。
(´・ω・`)失礼な話だが「こんな軽いミニベロが走るの?」とすら思えた。ちょっと衝撃的。
DSCN6343fds.jpg

RENAULT PLATINUM LIGHT6試乗体験インプレ

いきなりですがスロープ(坂道)での感想。あまりに坂を登るのが楽でしたので、先にこちらの方を書きます。
これ、登りにかなり強いミニベロですわ。
坂道をスイスイ登れる……しかも坂を登っている最中実に走りが滑らか。
(´・ω・`)これ、坂道が多い地域に引っ越したらちょっと欲しい……
ギアが10T➝11Tに増えたようだが。
それでも、この登りの軽さは異常。

直線では?
連続したシャキシャキした加速で、スピードが増してくる。
ちなみに、ペダルは相当軽い感じがした。ペダルをどんどん回しスピードが出るタイプ。
タイヤが、14×1.35と細目なのが効いている。
今にして思うと、これ14インチのシングルスピードにしては良く走る方だ。
DSCN6349few (1)
衝撃吸収性がそれなりに確保されている事に感心した。

バテッドフレーム(パイプの中央の肉厚を薄くし、フレーム強度を保ちながら軽量化。主にアルミロードに使用されるアルミ加工)をミニベロに持ってきたことが効いていますね。←これ凄く重要
軽量化の為にバテッドフレームを持ってきたと思いますが、それが走りの面でもいい方向にパワーアップしています。

重量面だけではなく、走りの面でも軽量感が表現されているミニベロです。

(じゃあ、スポーツ性は?)
流石に16インチホイールモデルには負ける……が、登りの際の走りの軽さが異常。
  起伏の激しい路面で、かなり楽に走れる点は見逃せない。
また、14インチホイールモデルながらこの連続した加速感は、ちょっと面白い事になっているな……と思った。

やっぱり、アルミロードの技術をフレーム面で上手く取り入れている感じがする。
14インチホイールモデルながら、フレームがしっかりしているからこれだけの走りをするんだよね。
DSCN6342gsd.jpg
DSCN6351csa.jpg
高さ調整機能付きアルミハンドルステム
(´・ω・`)超軽量モデルだが、実はハンドル高を調整可能。
普通は軽量化の為に、この機能は排除してきたりするのですが。
DSCN6350fsds (2)
DSCN6344fvads.jpg
タイヤ 14×1.35
通常モデルのルノーウルトラライト7は14×1.75。
軽量性を重視して、このサイズのタイヤに。
やはり14×1.35タイヤだと走りの面で、実に軽くなる。
そういえば、試乗コースの一部が、プラ板やゴムなどで悪路になっていた。
低速で走って、なんとか悪路をこなせた。

DSCN6201vds (2)
DSCN6352jf (2)
アルミバテッドフレーム
DSCN6360cxz (1)
DSCN6350fsds (1)
DSCN6357hdt (2)
歯数 フロント47T リア11T
脱着式クイックリリースペダル
DSCN6354cds.jpg
ブレーキ Vブレーキ(前後)
DSCN6353dffs.jpg
DSCN6360cxz (2)
DSCN6349few (2)
DSCN6348cxz.jpg
ルノーウルトラライト7と比べて、快速感や軽量感は更に上を行っているのは間違いない。
あと見た目、薄いサドルやクランク部など異常な軽量化への執念が感じられる。
DSCN6211vds (2)
(´・ω・`)試乗コースには坂道が用意されていたのですが、やはり坂でも軽々上っていくPLATINUM LIGHT6 に一番ショックを受けました。
流石に6.8kgとなると、超軽量性をモロに体感できるものですね。
【送料無料】 アルミバテッドフレーム クイックペダル 軽量サドル採用 RENAULT(ルノー) PLATINUM LIGHT6 (プラチナライト6 AL140) 14インチ アルミバテッド(段付)フレーム 折りたたみ自転車 6.8kg 【店頭受取対応商品】【代引可能】

2018年11月14日 トラックバック(-) コメント(-)

Harry Quinn PORTABLE E-BIKE試乗体験インプレ 電動アシストミニベロモデル中、スポーツ性を強化してあるモデルだと思う


DSCN6533jutt.jpg
Harry Quinn PORTABLE E-BIKE
例の英国折り畳み電動アシストモデル「Harry Quinn PORTABLE E-BIKE」を試乗してきました。
確か試乗は3人待ち。
試乗待ち中も、展示品を見に来る方多数。
なんでも、ヤフーニュースに取り上げられたことから一気に注目を浴びたそうだ。
予約もかなり入っている(12月まで予約がいっぱいだとか)

会場では、Harry Quinn PORTABLEを実際に折り畳み機構の説明が、行われていた↓
DSCN6538jtu.jpg
DSCN6531jt.jpg
DSCN6530jut.jpg
リア部分を回転させて、駐輪するギミック。
リアキャスターには、車輪が用意されているので折り畳んだ後も移動可能だ。
本当にこれに電動アシストが内臓されているの? と思ってしまった。
DSCN6528hyrhr.jpg
(個人的には車積載専用か)
(´・ω・`)うーん、力や体力があるなら電車車内に持って行くことも出来るでしょうが。
やはり、車などに積載する事をお勧めしたい。
重量は12.9kgだが、それにバッテリー重量が加わるとなると電車に持ち込むのは少し大変かも。
やはり折り畳んだ後の移動が楽な、7kg台のルノーウルトラライトとは方向性が違うと思った。
DSCN6560vsd.jpg
リアキャリアーのキャスターのおかげで折り畳んだ後、、実に折り畳んだ後も運びやすい仕様になっていた。
フロントホィールが浮く事により、リアキャスターのみで運搬出来るのだ。
DSCN6497ht.jpg
輪行袋に収納するとこんな感じ。(これは、非電動アシストモデル)
袋に収納した状態でも、リアキャスターで移動可能に。
DSCN6562htr.jpg
Harry Quinn PORTABLE E-BIKE試乗体験インプレ
素直に感想を書くと、
電動アシストミニベロモデル中、スポーツ性を強化してあるモデルだと思う。
特に加速とスピードの乗りの良さは、注目していいだろう。


(極太アルミフレームとモーターアシストの相乗効果だと思う)
16インチホイールながら、走行安定性が高い。
アシストをきちんと受け止める、非常にバランスの良いアルミフレームだ。
特にスピードを出した時の、走行安定性が極めて高いのだ。

(´・ω・`)なんというか加速中、スピード系アルミミニベロにでも乗っている感覚に襲われる。
機動性の高さは、十二分に完成度が高いと言っていい。
アシストモードをフルに活用すれば、クロスバイクに近い走りをするのでは?
見た目だけレトロだが、実はスポーティなアルミミニベロとして完成されている。
乗ればわかる、この機動性の高さよ。
DSCN6545.jpg
見ての通り、バッテリーはフレーム内に内臓。つまりバッテリー部は外部から見えない仕様になっている。
知らない方が見たら、まさか電動アシスト自転車だと思わないだろう。


最高80km走破可能だそうだが、テストコースではそれ以上の距離を走行したそうな。
つまり、バッテリーさえ持てばかなりの距離を走破可能。
フレームは、割と長距離に耐えられるはず。
実感として、確かにそれなりの距離を走破出来る完成度だ。
(´・ω・`)ぶっちゃけ、クロモリではなくアルミフレームだとスポーツ性が高くなるのね。
これは、意外な発見だった。
DSCN6568j557.jpg
一見、レトロ風だがスポーツ性を優先させるために樹脂製のグリップを採用。
やたら、スポーツ性が高い電動アシストモデルだが、逆に言うと低速でもしっかり走ってくれる。
DSCN6567gerge.jpg
アシストモードは3段階。
ギア無しだが、アシストの強弱で走行をコントロールするのが楽しい。
一番強いハイモードは、自分には少し強かった。
一番低いLOWモードで、ゆったり流すのもいいなあ……
あと、バッテリー残量が分かり易くて安心感がある。
DSCN6578hrt.jpg
M字型ハンドルでスポーティーと言われてもピンとこないだろうが。
乗れば分かる、このスピード感。安定感。
個人的に、走りに関して重視してくる姿勢が嬉しかった。
見た目重視よりも、中身のあるモデルのほうが昔から好きなので。
名前だけ先行して、実際乗ると失望する事ってありません?
DSCN6576kutut.jpg
DSCN6574hryhr.jpg
DSCN6564htr.jpg
DSCN657htr3.jpg
モーターはフロントに配置。
坂は、割とスピードを伴ってキビキビ登ってくれた。
荒れ道というよりは、舗装路に強いアシストモデルだと思う。
DSCN6577hr.jpg
DSCN6563kyt.jpg
(´・ω・`)この太目のアルミフレームが、あのスポーティーな剛性の秘密か?
この部分だけ見ると、まるで最新鋭アルミロードモデルのフレームかと錯覚してしまう。
しかも、このフレーム内部にバッテリーが内臓されているんですよね……凄いギミック!!
DSCN6561jut.jpg
DSCN6559jtyr.jpg
DSCN6569htrr.jpg
DSCN6523jyrr.jpg
DSCN629gd9
英国感を楽しみたいならレッド。目立たない&日常で使うならブラック。
シルバーは、なんとなくスポーティーな雰囲気でした。
【送料無料】HARRY QUINN(ハリー クイン) 電動アシスト自転車 アルミフレーム 特殊折りたたみ機構自転車 16インチ 12.9kg スタンド兼用キャリア装着【店頭受取対応商品】

2018年11月13日 トラックバック(-) コメント(-)

サイクルモード2018 ライトシリーズブースの様子 6.7kgRENAULT MIRACLE LIGHT6のレビュ―

DSCN6363cd.jpg
ジックのLIGHT SERIESのブースの様子。
(2018年11月10日11時頃)
凄い人だかりで圧倒される。
ここ最近のライトシリーズの人気が高まっている事を、肌で感じた。
ちなみに、反対側にルノーとハリークィンの電動アシストブースが配置されている。
DSCN6447cada.jpg
DSCN6260kyyk.jpg
カーボン折り畳みモデルSAVANEも展示&試乗。
今回は折り畳みモデルを中心に展示してありました。
DSCN6195kyu (2)
DSCN6186few.jpg
RENAULT MIRACLE LIGHT6
これ、かなりの光沢感ですよ。
つか、このカラーリングってガンダムユニコーンのバンシィ?
それとも、ガンダムマークⅡティターンズカラー??

実は、撮影時凄い人だかりが出来ていてこの角度からの撮影がやっとでした……
(´・ω・`)結局、みんなこの超軽量モデルをチェックしていたんですね……

一応展開したMIRACLE LIGHT6(スタッフ様からOKをいただいた。ありがたや)を持ってみた。
うわ……ひんやりした金属感……
メッキ加工をしたフレームの高級感に圧倒されてしまいました……
その後から「軽いんだ……」という感覚が襲ってきます。
なんというか6.7kgの超軽量感よりも高級感が前面に出ていた。
DSCN6188gw.jpg
折り畳んだMIRACLE LIGHT6はケースに入れて展示。
光沢感が半端ない!
あと高級感がここまで出ているとは……
DSCN6200cdas (1)
あと、縦方向から見て見るとブレーキ部のアルマイトパーツが実に目だつ。
折り畳んでもかっこいいです。
見ての通り、ゴールド系パーツの出番ですね。
この位置から見ると。
DSCN6200cdas (2)
DSCN6190cqacf.jpg
(´・ω・`)ハンドル部のグリップは、つやつやでした。
光沢のある、フレームに合わせたデザインだと思われます。
DSCN6191de.jpg
フロントフォークは、なんと鋳造式。
ですのでフォーク部の溶接部が皆無。
2018年モデルのルノーウルトラライトシリーズは、このフロントフォークの品質向上に力を入れている。
(´・ω・`)あと、ルノー(GIC)さんにはお客様からの要望が色々届いているそうだ。
出来るだけ、その声を反映させているらしい。
特にデザインなどについても「こうしてほしい」という声が届いているとか。
DSCN6192fwewe.jpg
ブレーキ部がガンダムユニコーン バンシィのアンテナ部分に見える。
MIRACLE LIGHT6デザイン最大の特徴は、実はこのブレーキ部にあります。
実は管理人が一番好きなポイントだったりする。
DSCN6193few.jpg
DSCN6194cds (1)
フレームは中国の工場で、真空蒸着。
6.7kgの超軽量!
でも、個人的にはミラクルライトのデザインに惹かれまくりですよ。
家に持って帰りたい……
DSCN6195kyu (1)
このスパイダーなクランクはCNC削り出しだそうです。
やはりクランク部の軽量化を重視しまくっていますね。
( ^ω^)軽量化の為の、異常な執念を感じてしまう……
DSCN6194cds (2)
DSCN6197cd.jpg
ルノー(RENAULT) 軽量・コンパクト 6.7kg 14インチ 折りたたみ自転車 MIRACLE LIGHT 6 ブルー アルミフレーム 真空蒸着メッキ 鍛造フォーク 47T×10T 11293-0399

2018年11月12日 トラックバック(-) コメント(-)

CYCLE MODE INTERNATIONAL 2018 e-BIKE EXPOについて

DSCN6821vfd.jpg
CYCLE MODE INTERNATIONAL 2018に参加しました。
今回は、「自分が楽しめればそれでいい」というのがテーマ。
気が付いたらe-BIKE を試乗しまくりですよ……
DSCN6518dq (1)
英国電動折り畳み自転車HARRY QUINN PORTABLEが遂にロールアウト!!
( 'д'⊂彡☆))Д´) パーン

いや、これちょっと楽しい……てかスポ―ティー。
マジで。

DSCN6518dq (2)
突進( ^ω^)突進( ^ω^)
( ;゚ω゚)……YAMAHA YPJ-XCの突進力を身をもって体感したり……
ゴメン……これ、やっぱり怪物というか反則クラスのパワーだったわ……やっぱり山用なのね

DSCN6518dq (3)
DSCN675few5.jpg
DSCN675few5.jpg
DSCN6757vf (1)
シマノがebikeを前面に出した展示をしていたり……
DSCN6776vf.jpg
( ;゚ω゚)……QiCycleの旋回能力に驚嘆したり……
DSCN6757vf (2)
( ;゚ω゚)……なんだろうね。
純粋に自転車というものを楽しめた気がする。

では後日試乗体験記事をUPします。
【送料無料】HARRY QUINN(ハリー クイン) 電動アシスト自転車 アルミフレーム 特殊折りたたみ機構自転車 16インチ 12.9kg スタンド兼用キャリア装着【店頭受取対応商品】

2018年11月10日 トラックバック(-) コメント(0)

CYCLE MODE INTERNATIONAL 2018  DE ROSA、PINARELLO、RIDLEY、CANYON試乗車一覧(個人的メモ)

いよいよ明日開催されるCYCLE MODE INTERNATIONAL 2018。 

DE ROSA、PINARELLO、RIDLEY、CANYONなどの人気ブース試乗車一覧です。
(´・ω・`)恐らくこのブースは大行列が予想されますが……特にサイクルモード名物ピナレロ行列は、今年も健在かと。
DE ROSAは試乗整理券が復活する模様。

では、皆様。ご武運を。
(あくまで個人的メモです。また実際現地では、試乗車が異なる場合が多いので参考程度にしてください)
DE ROSA
20161109103047706ge.jpg
今週末はスポーツ自転車の祭典、CYCLE MODE international2018です。2019年モデルのDE ROSAは金属モデルが大充実。例年通りDE ROSAブースは展示に注力して、各モデルがより魅力的に見えるよう準備を進めています。ブース内ではこちらも例年通り、オリジナルグッズの販売も行います。意中のモデルをじっくりとご覧になり、オリジナルグッズを手に入れたら、さぁ、もうひとつのお楽しみ、試乗です。

たいへんありがたいことに、DE ROSAの試乗コーナーは毎年込み合います。我々としてもよりスムーズ試乗が行えるよう、少しでも多くの皆さんに試乗を楽しんでいただけるよう考慮して、昨年は整理券制を廃止して、お並びいただいた順に試乗のご案内をしていました。今年ですが、検討した結果、一昨年に戻し、試乗整理券を配布することにしました。整理券の配布はDE ROSAブース正面(入口の階段下)で、予約券は当日限り有効です。なお、試乗には事前にCYCLE MODEの受付が必要です。詳細はCYCLE MODE international2018のHPにてご確認ください。


●試乗車
PROTOS Black Matt 49 トップチューブ長:53.3cm
PROTOS Black Matt 51 トップチューブ長:54.6cm
SK Pininfarina Red Fuoco Glossy 48 トップチューブ長:51.6cm
SK Pininfarina Red Fuoco Glossy 50 トップチューブ長:52.8cm
SK Pininfarina Red Fuoco Glossy 50 トップチューブ長:52.8cm
SK Pininfarina Red Fuoco Glossy 52 トップチューブ長:54.1cm
IDOL White Blue Revo 47 トップチューブ長:51.7cm
IDOL White Blue Revo 49.5 トップチューブ長:52.9cm
IDOL White Blue Revo 49.5 トップチューブ長:52.9cm
IDOL White Blue Revo 52 トップチューブ長:54.3cm
FEDE Black Matt 38.5SL トップチューブ長:49.0cm
FEDE Black Matt 44SL トップチューブ長:52.0cm


・試乗車とサイズは予告なく変更となる場合がございます。
・試乗は会場にて主催者による試乗登録受付が必要となります。登録受付後に各ブランドの試乗が可能となりますのでご注意ください。



PINARELLO
20161109140043475fre.jpg
11月9日(金)~11月11(日)に千葉県幕張メッセにて開催される、日本最大級のスポーツバイクフェス「CYCLE MODE international 2018」に、今年もPINARELLOが出展いたします。世界最高峰のレースで数々の栄冠を勝ち取った実車の展示や、多数の試乗車をご用意して皆様をお待ちしております!当日はフラッグシップのDOGMA F10、新生PRINCEシリーズや注目のDISKブレーキモデルなど最新モデルを全8モデル、様々なサイズをご用意して皆様のお越しをお待ちしております。また各ブースでは、fi'zi:kシューズのフィッティング・デモやELITE ホームトレーナーを使用したタイムアタックイベントが実施されます。
【試乗できるモデルとサイズ】
PINARELLO DOGMA F10 42SL
PINARELLO DOGMA F10 44SL
PINARELLO DOGMA F10 46.5SL
PINARELLO DOGMA F10 50
PINARELLO DOGMA F10 51.5
PINARELLO DOGMA F10 53
PINARELLO DOGMA F10 54
PINARELLO DOGMA K10 51.5
PINARELLO DOGMA F10 DISK 46.5SL
PINARELLO DOGMA F10 DISK 50
PINARELLO DOGMA F10 DISK 53
PINARELLO PRINCE FX 44SL
PINARELLO PRINCE FX 46.5SL
PINARELLO PRINCE FX 50
PINARELLO PRINCE FX 51.5
PINARELLO PRINCE FX 53
PINARELLO PRINCE FX 55
PINARELLO PRINCE 46.5SL
PINARELLO PRINCE 50
PINARELLO PRINCE 53
PINARELLO PRINCE DISK 46.5SL
PINARELLO PRINCE DISK 51.5
PINARELLO GAN 46.5SL
PINARELLO GAN 50
PINARELLO RAZHA 50
PINARELLO RAZHA 42.5EZ
※当日試乗出来るモデルは予告なく変更になる場合があります。
※可能な限りご自身のヘルメットをお持ちください。
※サンダル履きでの試乗は出来ません。(クロックス不可)

DSCN8295gdfe.jpg
●ピナレロブースでは、なるべく多くのお客様に試乗いただくために「予約」などは行わず、希望する車種の列にお並びいただき、空きが出たモデルを列の先頭の方から順にお声掛けして試乗していただくシステムにしております。列の長さに関わらず、ご自身が乗りたいモデル、サイズで前に希望者が居ない場合はどんどん先に乗っていただけます!
「DOGMAシリーズ専用のA列」と「それ以外の車種のB列」に列を分けておりますので、ご希望のモデルの列にお並びください。
ピナレロ試乗車は全33台ご用意しております!
●試乗はヘルメット持参の方が優先となります。貸出しヘルメットは数に限りがありますのでご自身のヘルメットをお持ちくださいますようお願いいたします。



RIDLEY
noah-fast_694A2797-1280x798.jpg
RIDLEYサイクルモード試乗車一覧

いよいよ今週末になったサイクルモード2018。
急ピッチで用意しています。

今回の展示は2019年RIDLEY「ノアFAST」や「フェニックスSL Disc」などの LINE UPはもちろん、HJCの新型ヘルメット「ヴァリコ」、SPEEDPLAY「ゼロ」の全カラーや、ALEの来年春夏モデルの「ランブレスジャージとマスターBIBショーツ」などなど展示。

そして定番ホイールのFFWDと新しく取扱いを開始したVREDSTEINはリドレーの展示車に組み付けていますので是非ごらんください!

今回用意できた試乗車はこちらです。

NOAH FAST DISC Ssize (ディスブレーキ仕様)
NOAH FAST RIM XSsize(キャリパーブレーキ仕様)
FENIX SL Disc XSsize(ディスブレーキ仕様)
FENIX SL Disc XSsize(ディスブレーキ仕様)
HELIUM SLA XXSsize(キャリパーブレーキ仕様)
の計5台です。
ぜひディスブレーキを体感ください!
ご来場お待ちしています。



CANYON
gtrgrtgergreg453.jpg
2018年09月27日, CANYON 【TEST RIDE EVENT】サイクルモード2018 出展概要・試乗車リスト
11月9日(金)~11日(日)に幕張メッセで開催される自転車展示会、サイクルモードインターナショナル2018に、Canyonが出展。Canyonの最新モデルの中から選りすぐりのバイクを展示。また、試乗車は過去最多の27台を予定。Canyonバイクを実際に見て、乗って、体感していただける貴重な機会となります。


【CANYON試乗車リスト(予定)】➝(´・ω・`)多分試乗車ではなく展示車だと思うのですが……汗だく
・ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムでバルベルデが使用したアルカンシェルエディションの「アルティメットCF SLX」実車
・シクロクロスヨーロッパ選手権王者にしてオランダ選手権シクロクロス、ロード、MTB現三冠王者のマチュー・ファンデルプールの「インフライトCF SLX」実車
・エアロードCF SLX ディスク 9.0 Di2 の2019新色ブルーフェードカラー
・新型アルティメットCF SL 7.0 カチューシャレッドカラー
・新型グレイルAL 7.0 SL シルバーカラー



【CANYON試乗車リスト(予定)】

▼エアロード▼

レースを走る前から優位に立てる、エアロレースバイクがエアロード。ゴールスプリントに応えるハイレベルなねじれ剛性、石畳でも飛ぶように走り抜ける走行性能、山岳ステージで活きる軽さ、そして単独の逃げを有利にする空力性能。レースのすべての局面でライバルを出し抜くチャンスを与えます。

エアロード CF SLX:2XS, Sサイズ
エアロード CF SL:Mサイズ
エアロード CF SLX Disc:XSサイズ
※2XS(158-166cm), XS(166-172cm), S(172-178cm), M(178-184cm)

▼アルティメット▼

アレハンドロ・バルベルデ選手が愛用する、超軽量オールラウンドロードバイク。重量比剛性、空力性能、快適性能といったロードバイクに求められるすべての要素をハイレベルで満たす超軽量バイクはCanyonの誇るエンジニアリングの到達点です。650Bホイールを採用したWMNモデルは身長152cmから対応。

アルティメット WMN CF SLX Disc:3XSサイズ
アルティメット CF SLX Disc:2XS, XSサイズ
アルティメット CF SLX:XS, S, Mサイズ
アルティメット CF SL Disc:S, Lサイズ
※3XS(152-160cm), 2XS(158-166cm), XS(166-172cm), S(172-178cm), M(178-184cm), L(184-190cm)

▼エンデュレース▼

最新のエルゴノミックを実現した、より遠くまでより速く、快適に安全に走りきれるバイク。新型のステム一体型ハンドルH31 Ergocockpitに、軽量なフレーム。フラットマウント油圧ディスクブレーキ、前後12mmスルーアクスル、ワイドリムにハイボリュームタイヤ。完成車として最先端のパッケージングを採用した、いかなるロードライドにも対応できる、万全のバイクです。650Bホイールを採用したWMNモデルは身長152cmから対応。

エンデュレース WMN CF SL Disc:2XSサイズ
エンデュレース CF SL Disc:2XS,XS, S, Mサイズ
※2XS(160-166cm), XS(166-172cm), S(172-178cm), M(178-184cm)

▼グレイル▼

全世界の度肝を抜いた二階建てハンドル。舗装路では敏捷性を、凸凹の未舗装路では安定性を。そしてその両方を発揮できるバイクなど、今まであったでしょうか?キャニオンが探し当てたのは、どんな道でも、スピードがもたらす刺激と、極上の快適性能がもたらす悦楽を味わうことができる幻のグラベルロードバイクです。

グレイル CF SL:XS, Sサイズ
※XS(166-172cm), S(172-178cm)

▼スピードマックス▼ <ローラー台上での試乗>

ロングディスタンス・トライアスロン最高峰のアイアンマン世界選手権を4連覇。フレームからパーツまで、バイク全体を統合した設計による、完璧な空力性能。アスリートとバイクが一体となれる、最強最速のTTバイクです。

スピードマックス CF SLX:Sサイズ(159-175cm、サドル高675-842mm)
スピードマックス CF:XSサイズ (158-165cm、サドル高670-800mm)

▼インフライト▼ <弱虫ペダル スターライトクロス会場で11月10、11日試乗可能>

世界最高峰のシクロクロスレースで戦える、インフライト。自転車競技において、シクロクロスほど過酷な環境で、レッドゾーンでのバイクコントロールと身体能力を試される種目は他にありません。年々変化し続ける現代のシクロクロスシーンにマッチする、モダンレーシングバイクとして開発された最新鋭レースバイクです。

インフライトCF SLX:3XS, 2XS, XSサイズ
インフライトCF SLX:Sサイズ
インフライトAL SLX:Mサイズ
※3XS(152-160cm), 2XS(158-166cm), XS(166-172cm), S(172-178cm), M(178-184cm)

▼試乗車実車写真各サイズの撮影時サドル高

3XSサイズ 62cm
2XSサイズ 65cm
XSサイズ 69cm
Sサイズ 72cm
Mサイズ 75cm
Lサイズ 78cm

RIDLEY リドレー 2019年モデル HELIUM SLA ヘリウムSLA ロードバイク

2018年11月08日 トラックバック(-) コメント(-)