LAPIERRE ラピエール スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LAPIERRE ラピエール

新型2018 LAPIERRE PULSIUM ULTIMATEフレームの評価(試乗体験インプレ) 


DSCN5390fve (2)
新型2018 LAPIERRE PULSIUM ULTIMATE(フレームセット)
フランスブランド、ラピエールのコンフォートレーシングモデルPULSIUM ULTIMATEです。
(´・ω・`)さすがパルシウムの上位モデル。
この新型ULTIMATEグレードはエフデジの選手と同じメタリックカラーです。
なんか、以前のコンフォートなパルシウムとは全然デザインが違う……
DSCN5392cfew (1)
リア三角も、ゼリウスっぽくなってきた。トップチューブのアーチ形状もかっこいい。
フォークはストレート風になるし。
かなりレーシーな雰囲気に生まれ変わった。
20141112102612213bgfhtr.jpg
2015 LAPIERRE PULSIUM
20141112102607a70bgfhtr.jpg
(´・ω・`)こうして見て見ると旧パルシウムは、徹底的にショック吸収性を重視したフレーム形状だったんですね。
ラバーパーツを2つのパーツでカバーした3ピース構造だったのが……
DSCN5726cvef (2)
新型2018 LAPIERRE PULSIUM ULTIMATE(フレームセット)
新型は、エラストマーを使用した1ピース構造。
実際この構造のおかげで、パルシウムのフレーム剛性が強化されていた。
DSCN5390fve (1)
新型パルシウムの人気が非常に高く、サイクルモードでは試乗車に空きが無かった。
スポーツバイクデモでも、このメタリックなパルシウム人気が高くなかなか試乗車に空きがない。
(´・ω・`)こんなに新型パルシウムの人気が高まっているとは……

DSCN5719fe (1)
新型2018 LAPIERRE PULSIUM ULTIMATEフレームの評価
フレーム FramePULSIUM ULTIMATE CARBON


あ、新型はいきなり剛性が高まっている……
旧型はショック&衝撃コントロール性能が前面に出ていたけど。
新型は剛性や、推進力重視に生まれ変わっているではないですか?

(荒れた路面ではどうだった?)

もちろん、高い衝撃吸収性は健在。凹凸の感触はありつつも、荒れた路面をコントロールしてくてますよ?
荒れた路面が舗装路になる感覚は、新型にも健在。
ただ、ショック吸収性はいくらか硬くなった印象。
その代わり、新型の方が旧型よりもスピードの乗りが良い。
衝撃やクッション性のせいで、スピードが逃げる事は無くなったのでは?

(フレームの感触は?)
鋭い日本刀に、クッション材が追加された感じ。
やはり剛性やスピード性能が前面に出ています。
その上で、クッション性や衝撃吸収性が付いてくる。
多分、フレームのパワーや推進力もパワーUPしていますね。

ただし、極上のコンフォート性とか驚異のクッション性を有したロードではなくなった。
レーシーなスピード系ロードに、衝撃吸収性がオプションでついてきたかのようだ。
DSCN5725ve (2)
ヘッドセット FSA 1’’1/8 - 1’’1/4 ORBIT C-33 44E
DSCN5725ve (1)
DSCN5729fve (1)
フォーク PULSIUM ULTIMATE 100% CARBON
新型パルシウムのフォークはストレート気味になったとはいえ、若干うねってはいる。
DSCN5719fe (2)
前方から見ると、やはり路面からの衝撃に耐える為に横にベントしてフォーク形状だった。
(´・ω・`)荒れた路面でのコントロール性能の高さは、正直頼もしかった。
DSCN5724cve (1)
DSCN5724cve (2)
DSCN5721ve (2)
ダウンチューブやチェーンステーが、旧パルシウムよりも更に大型化!!
(´・ω・`)そりゃ、スピード性や剛性も強化されたと実感する訳だわ。
DSCN5721ve (1)
DSCN5729fve (2)
要するに新型2018 LAPIERRE PULSIUM ULTIMATEフレームは、悪路をレーシーに走りたい方向けに生まれ変わった訳だ。
コンフォートモデルというよりは、レーシングモデル化した印象。
(´・ω・`)今回は悪路で試乗したから、フレームの衝撃吸収性が掴みやすかったけど。
逆に舗装路で全力疾走すると、どれだけパワーや高速性を発揮するか興味あるな。

あと新型PULSIUM ULTIMATEフレームは、メタリックがかなりカッコいい。
かなりガンダムしているデザインだ。
フレーム性能というよりは、ちょっとデザインで惹かれてしまった。
LAPIERRE(ラピエール) 2018年モデル パルシウム アルティメット フレームセット / PULSIUM Ultimate【ロードバイクフレーム】

2017年12月06日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 LAPIERRE XELIUS SL500 MC ホイールはSHIMANO RS10へ変更になった模様。

ci-624748_20.jpg
2018 LAPIERRE XELIUS SL500 MC

超山岳級を制した究極のバイク。万能の天才、オールラウンドレーサーゼリウス。
剛性、軽量性、快適性、そしてオールラウンド性を異常なレベルで高めまくったモデルですね。
剛性、重量の理想的なバランスにより高い凡庸性山岳性能を誇るモデルですが、2018年モデルXELIUS SL500 MCのコンポは継続して105仕様。
ホイールはMAVIC AKSIUM(2017年モデル)→SHIMANO RS10(2018年モデル)へ変更になった模様。
フレームとフォークは上位XELIUS SL600 FDJ MCと同様の、XELIUS SL frame & fork。
105スペック仕様の手に入り易い価格で、特級の万能性能が楽しめる仕様になっています。
ci-624748_12.jpg
3Dチューブラーテクノロジー
トップチューブにシートステーを直接接合することで、軽量化とともに高い快適性を実現。
ショックアブソーバーを搭載し衝撃吸収性能を稼いでいるパルシウム。
ゼリウスの場合はこの3Dチューブラーテクノロジーコンディションで、衝撃吸収性を稼いでいる。
実際悪路でも速度が逃げない上に、推進力を維持してしまう恐ろしいシステムですよ。

石畳を高速で滑空する走行能力は、エアロロードよりもこのゼリウスの方が圧倒的な走行性能を発揮してくれますね!
(´;ω;`)……見た目は大人しいですが。マジでこのゼリウスが、路面を高速で滑るように滑空していく感覚は、相当凄まじいですよ?
ci-624748_19.jpg
シフター SHIMANO 105 ST-5800 2x11-SPEED
FIZIK ANTARES

2016年モデルは8.3kgと軽量モデルでありながら、推進力がかなり高目。
なのに、コンフォートで扱いやすい。
剛性と快適性を高めた上で、両立した走行性能を獲得。
ci-624748_10.jpg
ハンドルバー LAPIERRE HB-CR12 400mm (46サイズ) / 420mm (49, 52, 55サイズ)
ステム LAPIERRE AS-LP 2- 7°31.8mm 90mm (46, 49サイズ) / 100mm (52サイズ) / 110mm (55サイズ)

ci-624748_8.jpg
ダイレクトマウントブレーキ対応フォーク
エアロダイナミクスとストッピングパワーを両立するためにダイレクトマウントブレーキを併用
ci-624748_7.jpg
フロントブレーキ BR-5810 FRONT DIRECTMOUNT
ci-624748_9.jpg
ホイールセット SHIMANO RS10

ci-624748_18.jpg
ci-624748_11.jpg
パワーボックステクノロジー
ペダリングパワーをロスなく路面に伝える為の形状設計。

ci-624748_17.jpg
BB SHIMANO SM-BB7141B PRESSFIT
ci-624748_5.jpg
トラップドアテクノロジー
Di2バッテリーの装着位置が下がりさらなる低重心化を実現
ci-624748_13.jpg
フロントディレーラー SHIMANO 105 FD-5801F
クランクセット SHIMANO 105 FC-5800-L 52x36
リアディレーラー SHIMANO 105 RD-5800GS 11-SPEED
スプロケット SHIMANO 105 CS-5800 11-SPEED 11-28T


ci-624748_16.jpg
インターナルルーティング&インテグレーテッドシートポスト
シートポスト LAPIERRE SP-3D1 Ø: 27.2mm L: 350mm

フレーム内部はインナーワイヤーの通る内臓システムを併用
フレーム形状に一体化したシートクランプデザイン
ci-624748_15.jpg
ci-624748_14.jpg
タイヤ CONTINENTAL ULTRA SPORT 2 700X25c
普段は遠乗りで快適性を楽しみつつ、いざとなればレースに投入して勝利出来るモデル。
快適性は、下手なコンフォート系ロードよりも上回っているし。
剛性や滑る様な高速性も、その辺のレーシング系ロードを圧倒出来る性能を有しています。
高速&エアロ性能の「エアコード」、衝撃吸収性に特化した「パルシウム」などがありますけど。
ありとあらゆる局面に対応出来るロードは、この「ゼリウス」ですね。
【先行予約受付中】LAPIERRE(ラピエール) 2018年モデル XELIUS SL500 MC (ゼリウス SL500 MC)[コンフォートロード][ロードバイク・ロードレーサー]

2017年10月24日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 LAPIERRE PULSIUM500 (ラピエール パルシウム 500)  新型ショックアブソーバーSAT(ショックアブソプションテクノロジー)version2を装備


ci-216437_6.jpg
2018 LAPIERRE PULSIUM500 (ラピエール パルシウム 500)
(´・ω・`)悪路を高速で走破する為のフランス ラピエールモデル パルシウム。
重量を犠牲とすることなく、高い快適性と高速性を得意とするエンデュランスロードです。
ロードバイクながらMTBの様に、リアにショックアブソーバーを搭載した特殊なロードな訳ですが。
ci-216437_14.jpg
SAT version2
今回の2018年モデルはショックアブソーバーである、SAT(ショックアブソプションテクノロジー)version2を装備することで更に衝撃吸収性を向上。
(´・ω・`)ショックアブソーバーの性能も更新されていたとは知らなかった。

トップチューブ後部を、3ピース構造から1ピース構造にすることでパーツ構成がシンプルとなり、さらに衝撃吸収性も向上。
見事にトップチューブからシートステーの流れが直結している。

では、旧パルシウムのトップチューブ後部と、ショックアブソーバー部を観察してみると↓
20141112102612213bgf.jpg
20141112102607a70bgf.jpg
2015 LAPIERRE PULSIUM
(´・ω・`)見ての通り旧パルシウムは、衝撃吸収を担うラバーパーツを2つのパーツでカバーした3ピース構造。
なんとなくMTBの技術をロードに流用した雰囲気。
とはいえ、旧パルシウムもショック&衝撃コントロールが極めて優秀でした。
荒れ道を舗装路の様に変化させてしまう特殊な走行性能は、パルシウムならでは。

DSCN4458fervfd.jpg
DSCN4462cwdsgssgfvd.jpg
2017 LAPIERRE XELIUS SL 500 MCP
(´・ω・`)これはコンフォートレーシングロードモデルのゼリウスですが。
やはり今回の2018新型パルシウムは、ゼリウスのフレーム形状の影響をうけています。
ゼリウスのトップチューブ後部はシートチューブに触れる事なく、シートステーが伸びた形状をしていて、振動を軽減させる構造に。

このゼリウスが有する3Dチューブラーテクノロジーだけでも、驚異的な衝撃吸収能力があるんですけどね。
コンディションの悪い路面も、滑かな路面に激変してしまうという。
その上で、今回の2018年新型パルシウムはショックアブソーバーまで搭載しているんですから。
どんだけ、衝撃吸収性を強化したんだろう……

ci-216437_7.jpg
2018 LAPIERRE PULSIUM500 (ラピエール パルシウム 500)
更に今回の新型パルシウムはダウンチューブ&チェーンステーのパイプ形状を、さらに大口径化することで剛性をアップ。
新たにパワーボックスゾーンを見直すことで衝撃吸収性もさらにアップしたそうな。

(´・ω・`)要するに、悪路や荒れた路面を舗装路の様な走行感に変化させてしまう性能が、パルシムの特徴な訳だけど。
更に、剛性面でもバージョンUPした訳か。でもグラベルロードとはまた性能が異なる点がパルシウムの面白い所。

ちなみにグラベルロードは、悪路を「走破」するのが目的だけど。
パルシウムは悪路を、どこまでも快適かつ高速に疾走するのが目的のロードですね。

ま、悪路を走破する能力はグラベルロードの方が圧倒的に上だけど。
悪路(コンディションの悪い路面)を、高速&滑らかに疾走する能力は間違いなくパルシウムの方が上。
ある意味パルシウムで走破できない路面が出てきたら、グラベルロードの出番ということになる。
ci-216437_8.jpg
ci-216437_9.jpg
サドル FIZIK Aliante
ci-216437_10.jpg
ci-216437_11.jpg
(´・ω・`)あれ? 今回の新型はストレートフォーク形状に進化している。
反応性、操作性を重視したか。
2014111210261073cgr.jpg
旧 LAPIERRE PULSIUM フォーク部
旧パルシウムは、フォーク部が独特のベント形状だったんですよね。
このフォークで衝撃吸収性を稼ぐ形状でしたが。
そうか……若干新型パルシウムはレーシーな性能に進化したということか?
ci-216437_12.jpg
ci-216437_13.jpg
NEW PULSIUM SAT frame & fork (full carbon)
ci-216437_15.jpg
ci-216437_16.jpg
ドライブトレイン Shimano 105 50/34 - 11/32
(´・ω・`)確かにダウンチューブとチェーンステーがボリュームUPしている。
でも、旧パルシウムも確か実車はmそれなりチェーンステーもダウンチューブも極太だった記憶がある。
もう十二分に旧パルシウムも完成度が高い走りを見せてくれたけど。
どんだけ、剛性がパワーUPしたか楽しみだ。
ci-216437_19.jpg
(´・ω・`)おおおっ、リアホイールに従ってBB部がエアロな形状に……
これは今までになかった形状ですね。
ci-216437_20.jpg
ホイール Shimano RS010
タイヤ Continental Ultra Sport 2 SL 700x25

ci-216437_17.jpg
(´・ω・`)やはり、今回の新型パルシウムはレーシング性能のバージョンUPを重視している印象を受けます
LAPIERRE(ラピエール) 2018年モデル PULSIUM500 (パルシウム 500) CP[コンフォートロード][ロードバイク・ロードレーサー]

2017年10月23日 トラックバック(0) コメント(0)

海外2018 Lapierre Pulsium 海外新型パルシムはゼリウスの技術を取り入れている(耐久性&レーシング性能強化バージョン)


fc2blog_20170418095319586.jpg
海外2018 Lapierre Pulsium 新型パルシウム(耐久性強化バージョン)
フランスのバイクブランドラピエールの新型ですよ。
フレームにエラストマーを取り入れ、悪路を高速で走破可能なパルシウムについてですが。

新型Pulsiumとしてお披露目されたんですね。
Lapierre Xelius SLのシートステー形状を、一気に新型パルシウムに取り入れた模様。
17lapierre178hr.jpg
2017 LAPIERRE PULSIUM 600 FDJ
とりあえず現状のパルシウムの形状を見て見ましょう。
旧型パルシウムは、トップチューブからシートステーの流れが
独立した形状になっています。
衝撃はフロントとリアで、独立して衝撃を吸収するシステムになって
いました。
MTBのリアサスっぽいですが。

fc2blog_20170418095326181.jpg
新型Pulsium
新型パルシウムはトップチューブからシートステーの流れが、自然な形状になっていますね。
しかも、その中間にエクストラマーが組まれているのか。

振動減衰特性を提供しながら、より高い横剛性を備えたトップレベルのプロのレーサーのパフォーマンスニーズを新型パルシウムは満たすようになったそうですが。

(´・ω・`)元々パルシウムはレーシング性能そのものも高かったけど。更に強化されたという事か。
DSCN4458fer.jpg
DSCN4462cwdsgssgf.jpg
2017 LAPIERRE XELIUS SL 500 MCP
参考までにゼリウスの画像をチェックしてみる。
見ての通りXELIUS SLはシートチューブに触れる事なく、シートステーが伸びた形状をしていて、振動を軽減させる構造になっています。

要するにシートステーの長さを稼いでいるんですね。
XELIUS SL が有する3Dチューブラーテクノロジーコンディションの恩恵で悪い路面も、滑かな路面に激変させる効果を、実際走って体感しましたが。

その3Dチューブラーテクノロジーコンディションシステムを、新型パルシウムに取り入れたという訳か。

更に新型パルシウムは、エクストラマーも実装しているからXELIUS SL以上の衝撃吸収性を保持しているのは間違いない訳で。

(´・ω・`)新型パルシウムは衝撃吸収性まで更に強化した訳??……シートステーまで細くなっちゃったし。
新型パルシウムはゼリウスのレーシング性能&衝撃吸収性能を取り入れて
補強した、強化モデルと言っていいかと。

fc2blog_20170418095323edf.jpg
ダウンチューブが大型化している……逆にトップチューブの形状は細くなっているとか。
快適性と剛性の強化を成し遂げる為に、ありとあらゆる手を打っている感じが。

( ;゚ω゚)新型パルシウムというより、XELIUSがパルシウム化したとも言えそうな。
となると、この新型は相当いけそうな感じがする……
【スマホエントリーでポイント10倍!】ラピエール 2017年モデル パルシウム 600 FDJ CP / PULSIUM 600 FDJ CP【LAPIERRE】【運動/健康/美容】

2017年04月18日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 LAPIERRE AIRCODE SL 600 FDJ MCP試乗体験インプレ  フラグシップフレームのAIRCODE SL ULTIMATEと比較してみる


DSCN4438cwd.jpg
LAPIERRE AIRCODE SL 600 FDJ MCP
昨年フラグシップフレームのAIRCODE SL ULTIMATE(AIRCODE SL ULTIMATE CARBON)
に試乗しましたが、今年はミドルグレード完成車のAIRCODE SL 600 FDJ MCP
(AIRCODE SL CARBON)完成車に試乗しました。

AIRCODE SL 600 FDJ MCPの方は、若干走りにソフト感があるかな。

ただねエアロロードらしく鋭い刃物で、やはり水面を滑空していく感覚が
ありますね。
その上でソフトな走行感もある。

(AIRCODE SL 600 FDJ MCPもゼロ加速度が優秀。軽い上に上品で優雅)
やはり、AIRCODEシリーズなので、AIRCODE SL 600 FDJ MCPもゼロ加速性能が優秀。
かといって剛性主体ではなく、ソフトに美しく加速してくれます。
このソフトさがAIRCODE SL 600 FDJ MCPの持ち味かな。

確かに剛性が高く、高出力で加速してくれますが、それを感じさせない
ソフトな優雅さを有したフレーム。
加速中でも、フレームが不気味な程静か。やはりこの辺がエアコード
モデルだと実感させます。
20151127094924d43cs.jpg
AIRCODE SL ULTIMATE(AIRCODE SL ULTIMATE CARBON)

ULTIMATEの方は、軽量感と剛性感が凄まじく、走りに抵抗感がないですね。
エアロホイールの恩恵も巨大だったんですが、こちらは前方への推進力が
強い。
AIRCODE SL 600 FDJ MCPのレーシング性能強化版がAIRCODE SL ULTIMATE
なのかな。
DSCN4453ce (1)
とはいえ、LAPIERRE AIRCODE SL 600 FDJ MCPもある意味、レベルの高
いエアロロード特有の性能を有していますね。

(AIRCODE SL 600 FDJ MCPはエアロロードなのに扱いやすい)

兎に角扱いやすい点がAIRCODE SL 600 FDJ MCP
の長所だと思います。
エアロロードではなく、通常のカーボンロードを乗る感覚に近いのでは。
その上でエアロ性能や、鏡面を疾走するかのような
優雅&強大な加速性能を楽しめばいいと思います。


エアロロードではありますが、万能性に優れているのも特徴。
快適性も兼ね備えているので、色々な面で楽が出来るロードです。
プロユースのフラグシップカーボンモデルとかあるじゃないですか?

AIRCODE SL 600 FDJ MCPの場合は、フラグシップカーボンモデルの
剛性の80%クラスのかな?

残りの20%はエアロ形状で稼いでいる感があります。
DSCN4453ce (2)
シフトレバー SHIMANO ULTEGRA ST-6800 2x11-SPEED

AIRCODE SL 600 FDJ MCPは快適性高目のエアロロード
やはりフラグシップクラスのAIRCODE SL ULTIMATEの方が、剛性やパワー
伝達が素早いですね。

というより、プロユースのAIRCODE SL ULTIMATEにもなるとフルオートで疾
走してくれるのである意味、フレームが全ての走りを担当してくれる感じにな
りますが。
ここ最近のフラグシップクラスのモデルは、ある程度フレームが剛性面でも、衝撃
吸収面でも人間をカバーしてくれるじゃないですか?

AIRCODE SL 600 FDJ MCPの場合は、まだ「自分でコントロール」している感じが残っています。

性能的にはフラグシップモデルに迫るものがあります。

DSCN4447cd (1)
LAPIERRE AIRCODE SL CARBON - Carbon Steerer

AIRCODE SL 600 FDJ MCPは脚力が弱い、無い方、トレーニング時間が取れない、
普段乗れない方を高レベルで、長時間楽に走らせるためのモデルなのでは。
試乗した後でも、あまり疲労感が残っていないんですよね。
特に脚も消費した感じがないし。

色々な面で負荷を軽減してくれる上に快速で疾走してくれるエアロロードなので、
意外な勝負が出来るかもしれません。
DSCN4439ce.jpg
ホイールセット MAVIC KSYRIUM ELITE
DSCN4451cde (2)
フレーム AIRCODE SL CARBON
DSCN4449cw (1)
DSCN4447cd (2)
DSCN4455cd (1)
BB SHIMANO KSMBB7141B PRESSFIT
DSCN4440we (1)
フロントディレーラー SHIMANO ULTEGRA FD-6800F
クランクセット SHIMANO ULTEGRA FC-6800 52x36 170mm (46, 49サイズ) / 172.5mm (52サイズ) / 175mm (55サイズ)


エアーコードSL600 FDJ MCPには、レース用としても最適なコンポーネントであ
るシマノ・アルテグラをトランスミッション系を中心にアッセンブル
DSCN4440we (2)
DSCN4451cde (1)
DSCN4441cw (2)
DSCN4441cw (1)
リアディレーラー SHIMANO ULTEGRA RD-6800GS 11-SPEED
スプロケット SHIMANO 105 CS-5800 11-SPEED 11-28T

DSCN4442ced (1)
DSCN4442ced (2)
タイヤ CONTINENTAL ULTRA SPORT 700x25c
DSCN4449cw (2)
ブレーキ (front-rear)SHIMANO ULTEGRA BR-6800 / BR-6810F DIRECTMOUNT
(´・ω・`)…………あとAIRCODE SL 600 FDJ MCPの場合、ブレーキ性能が一貫して
安定しているのが長所。
かなり速度が出るモデルなので、この辺の所は実にちゃんとしていた。

下手なミドルグレードカーボンモデルよりも、操作性が楽で扱いやすい完成車
なのでは?
【スマホエントリーでポイント10倍!】ラピエール 2017年モデル エアコード SL 600 FDJ MCP / AIRCODE SL 600 FDJ MCP【LAPIERRE】

2016年11月26日 トラックバック(0) コメント(0)