BIANCHI ビアンキ スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ

2018 Bianchi INTENSO 105  ビアンキ105カーボンモデルではありますが、20万を切った価格帯が人気の秘密

80abd931dc5fa8b43_3.jpg
2018 Bianchi INTENSO 105
Bianchi INTENSOは巡行時の加速性能が優秀かカーボンモデルです。
どの巡行速度でも、実にスムーズに加速するロード。
特に速度に乗った後、更に加速しようとする特性を持っていますが。
2018 Bianchi INTENSO 105は2018年モデルインテンソシリーズにおいて、最上位機種に位置するモデルです。
パーツの一部をグレードダウンしたことでプライスダウンしたビアンキ105カーボンモデルではありますが、20万を切った価格帯が人気の秘密ですね。

(衝撃吸収性についてインテンソは独自の性能を有している)
やはり、アルミモデルよりは衝撃吸収性が高い。割と路面状態も掴みやすい衝撃吸収性能を有しています。
速度を上げても、速度を維持しようとする能力を持つ。
ある意味、速度が逃げにくいと言っていい。
速度を逃がない為に、適度な衝撃吸収性を確保しているためいくらかレーシー寄りの性能だ。



「K-VIDテクノロジー」について
80abd931dc5fa8b43_5.jpg
80abd931dc5fa8b43_13.jpg
フォーク Full Carbon with Kevlar 1.1/8"-1.5"
衝撃を受けるフロントフォーク部とシートステーにケブラー繊維を挿入したビアンキ独自の「K-VIDテクノロジー」を採用。
衝撃吸収性と、路面との接地感を向上させている。

つまりフロントフォークとシートステーにWサスペンションの様に、ケブラー繊維を仕込んだ衝撃吸収能力を仕込んであるのでロングライドや長時間の走行に向いているビアンキモデルと言っていい。

(´・ω・`)ぶっちゃけ、石畳からの衝撃などもを力技でフレームコントロールしてくれますよ。
(路面状態は、それなりにつかめる)
凹凸がある路面をハイスピードで走っていても、速度が逃げにくいんですよね。


DSCN924gr2 (2)
DSCN924gr2 (1)
FULCRUM RACING 5 LG
(´・ω・`)2017 Bianch INTENSO Ultegraには、アルテグラスペックとFulcrum RACING 5 LGが用意されていた。
3万円程度のフルクラムホイールを持ってきただけでも、INTENSOのゼロ加速性能や走行中の加速性能がパワーUP。
エントリーグレードでも、良質なホイールを用意してあげればINTENSOの性能も比例して良好になる。
ホイールグレードUPの影響が出やすいフレームでもある。


80abd931dc5fa8b43_7.jpg
80abd931dc5fa8b43_9.jpg
体への負担が少ないアップライトな乗車姿勢は、ロングライド向け。

(´・ω・`)ですので、見ての通りヘッドチューブは長めに設定されている。
長い距離を走りたいライダーに最適なカーボンフレームです。
長距離巡行が得意なカーボンフレームなだけに、巡行中の加速性能を高めている印象があります。

特に長時間走行すると、インテンソの衝撃吸収能力を体感し易い。
80abd931dc5fa8b43_8.jpg
シフター Shimano 105
80abd931dc5fa8b43_4.jpg
フロントハブ Formula RB-25
リム Alex AT470 32H
タイヤ Vittoria Zaffiro 700x25C

80abd931dc5fa8b43_6.jpg
ブレーキ Shimano 105
(´・ω・`)インテンソが得意とする高速巡行性能に対応可能な、105グレードのブレーキを用意してあります。
2014年登場時のインテンソは、SORAグレード(ブレーキはビアンキオリジナル)でしたが。
インテンソの面白い所は、年を追うごとにパーツのグレードが上がっていった点ですね。
どちらかというと快適性重視だったカーボンフレーム路線から、加速性や推進力重視の路線に舵を切った最初のモデルがこのインテンソ。
個人的にはインテンソは、パーツグレードが高い方がお勧め。
80abd931dc5fa8b43_11.jpg
80abd931dc5fa8b43_14.jpg
フロントディレーラー シマノ105
(´・ω・`)画像からするとシマノ FD-5801の模様。
80abd931dc5fa8b43_12.jpg
クランク Shimano FC-RS510 50/34T 165/165/170/170/170/172.5mm
パーツの一部をグレードダウンしたことでプライスダウンした105モデル。
105ミックスに良く採用されていたFC-RS500の後継、4アームクランクを採用。

80abd931dc5fa8b43_10.jpg
80abd931dc5fa8b43_19.jpg
BB  Shimano SM-BBR60
インテンソフレームの特徴として、BB部周辺に圧倒的なボリュームを確保してある点です。
(´・ω・`)このボリュームが、巡行時の加速性に生きてくるのでは?
画像からは、普通のBB部に見えますが現物はかなり圧倒的なボリューム感です。
後注目はシートステーですね。
80abd931dc5fa8b43_20.jpg
シートステー形状が四角形になっているんですよ。
(´・ω・`)ちょっと今までのビアンキカーボンモデルにおいては、ありえなかった形状でして。
このあたりから、ビアンキは初めて剛性を強化してきた印象を受けました。
やはり衝撃吸収性は繊維を挿入した「K-VIDテクノロジー」が担当し、巡行中の加速時において速度が逃げにくい構造になっています。
80abd931dc5fa8b43_15.jpg
80abd931dc5fa8b43_16.jpg
リアディレーラー Shimano 105
スプロケット Shimano 105 11sp 11/32T
80abd931dc5fa8b43_18.jpg
サドル San Marco Monza Start Up
《在庫あり》【今だけ!特典付き&送料無料!!】Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル INTENSO 105 (インテンソ105)

2018年01月19日 トラックバック(0) コメント(0)

BIANCHI OLTRE XR4試乗体験インプレ (::`・ω・´)……多少の荒れた路面などBIANCHI OLTRE XR4の敵ではない……。


DSCN5782ky (2)
BIANCHI OLTRE XR4
(´・ω・`)あの、オルトレ最強モデル「BIANCHI OLTRE XR4」に試乗しました。
オルトレをエアロ形状にして、なおかつ剛性をパワーUPさせたビアンキ究極のレース仕様最終兵器ですな。
もちろんあの、振動除去機能Countervail®(カウンターヴェイル)を搭載。
撮影時のサイズは55ですが、実際に乗ったのは53です。
DSCN5774kfy.jpg
OLTRE XR4には高剛性エアロハンドルVision Metron 5Dが用意されていた。
ハンドル&ステム一体型か。

BIANCHI OLTRE XR4試乗体験インプレ
(試乗コースは狭く、あまり路面状態が良くなかった上でのデーターです)

まず振動除去機能Countervail®(カウンターヴェイル)の機能が生きていました。
荒れた路面を見事に舗装路の様に、コントロール。
(::`・ω・´)……多少の荒れた路面などBIANCHI OLTRE XR4の敵ではない……。
正直今回は、コースが狭い事もありXR4の衝撃吸収性が確認できてOKと思っていたのですが。

この後、想像を絶する事態が……
え???!!!!? 
路面の砂利や凹凸をコントロールしながら、OLTRE XR4がスーパーパワーを開放し始めるではないですか!??
な、なんでちょっと踏み込んだだけで、ここまで高反応!? いきなり前方に猛突進を開始するの?
う、うそだろ!!??
タンマ! タンマ! タンマ!
荒れた路面をしなやかに処理しながら、フレームが大出力で推進力を発動開始!!
まずい。この狭いコースでこの速度は……急いでブレーキ(ダイレクトマウント)でスピードを落としてなんとか対応。
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル この紳士面した暴れ馬め……

てか、ノーマルブレーキじゃこのXR4のパワーをコントロールするのは難しいだろうな。
DSCN3471vsdhdryyu (1)
2018 Bianchi Oltre XR3
(´・ω・`)これが夏に試乗した、Oltre XR3
振動除去機能Countervail®(カウンターヴェイル)を搭載した、オールラウンドモデル。
エアロレーシング仕様のXR4に比べて、万能タイプになっている。

Bianchi Oltre XR3は、カウンターヴェイルの走行性能が前面に出ているオルトレモデルと言えるでしょう。
あくまで「カウンターヴェイルの中に、 Oltre XR3の剛性が隠されている」と言った所。

逆にBianchi Oltre XR4は、フレーム剛性が前に出ている。その上でカウンターヴェイルの衝撃吸収性を剛性を殺さない様に高レベルな状態で発揮している。

( ;゚ω゚)……BIANCHI OLTRE XR4って走行性能が異常だわ。
どんな局面においても、無敵クラスの剛性を馬鹿みたいに発揮してくるんですから。
DSCN5778ky.jpg
Bianchi Oltre XR4 フォーク Full Carbon Aero w/Countervail 1.1/8"-1.1/4”
ブレーキもXR4は、遂にダイレクトマウント仕様だ。
2017071309574749cge (2)
Bianchi Oltre XR3 ブレーキ部
(´・ω・`)見ての通り、Oltre XR3はノーマルブレーキ仕様。
制動力までも、XR4は強化していることが伺えます。
DSCN5776ky (1)
フレーム carbon w/CountervailPF86
DSCN5776ky (2)
DSCN5777kt.jpg
Bianchi Oltre XR4 チェーンステー部
(´・ω・`)見ての通り、XR4は所々がよりエアロな形状になっている。
シートステーなんかも、エアロ形状ですぜ?
しかも、チェーンステーがストレートになっていて、剛性&反応性を重視した設計に。

ただね……XR4はXR4で、しっかりCountervail®(カウンターヴェイル)を発動させてくるんですよ。
天使クラスの性能ですな。
2017071309574749cge (1)
Bianchi Oltre XR3 チェーンステー部
Oltre XR3は快適性重視のベント形状。
ツーリングとかどんな用途にも対応できる様になっている。

すまんがOltre XR4とOltre XR3の間に、これほど巨大な性能差が存在するとは思わなかった。
短距離ですら発動してきた、Oltre XR4のパワーは本当にヤバい。
(これで高速時どれだけOltre XR4が、エアロ性能や剛性をを発動するかと思うと、正直身震いする)
予想だが、レース時においてはOltre XR4はOltre XR3を完膚無きまでに、叩き潰せるはず。
【今だけ!ビアンキ純正パーツプレゼント♪】ビアンキ 2018年モデル OLTRE XR 4 DURA ACE MIX(オルトレ XR 4 デュラエース ミックス)【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】

2017年12月05日 トラックバック(0) コメント(0)

Bianchi Oltre XR3と Bianchi ARIA 105の性能をドラゴンボール風に比較してみる。

(´・ω・`)2018年モデルの新型Bianchi Oltre XR3と 、同じく新型Bianchi ARIA 105の性能をドラゴンボール風に比較してみました。
比較してみると、両モデルの長所や短所が分かり易くてちょっと面白かったです。
201707130957522vf1c (2)
2018 Bianchi Oltre XR3
快適性600~700 剛性(パワー)480~500 
悪路での走破性&コントロール性能が極大。

81z799vQ0.jpg
( ;゚ω゚)うーん。
スプリント性能や、快適性、剛性、パワーなどにおいては圧倒的にOltre XR3の方がARIAより優位です。

特に衝撃吸収システムカウンターヴェイルの恩恵が大きい。
石畳や荒れ道においてもホイールが暴れず、どんな環境下においても強力な推進力を発動します。
通常のベジータが、スーパーベジータや魔人ベジータになってパワーUPした感じです。
これなら他社のミドルグレードモデルとも、互角以上の闘いが出来る訳で。
201707130957522vf1c (1)
81qwfth.jpg
通常のオルトレではあり得ない走破性能と衝撃コントロール性能ですね。
オルトレ自体のフレームは、元々強力な剛性を確保していましたが。
それをどんな環境下においても、発動可能。

また、路面からの衝撃も徹底的に除去してしまう上に、その衝撃すらも推進力に変換してしまうかのような錯覚を覚えます。
はっきり言って、これだけハイレベルな走りを30万程度の完成車でやられてしまうと、ちょっと……。
価格的なコスパが圧倒的に高いモデルですね。
20170713095749666vfd (1)
(´・ω・`)……Bianchi Oltre XR3の弱点を無理矢理出してみたのですが……
うーん、エアロロードのアリアに比べると、もしかしたら脚力の消費がいくらか大きいかもしれません。
あっちはエアロロードなので、高速になればなるほど更に脚力の消費が抑えられるのですが。
Oltre XR3はアリアに比べると、多少脚力に依存する形になります。
瞬間的なパワーやスプリント性能はOltre XR3が、アリアを圧倒してはいるのですが。

20170713095749666vfd (2)
いずれにしても、悪路や石畳などコンディションの悪い路面に置いて無類の強さを発揮するモデルです。
実際にOltre XR3とARIAを乗り比べると、Oltre XR3を支持する方が多いのでは??



DSCN3451cavds.jpg
2018 Bianchi ARIA 105
快適性400 剛性(パワー)380~400  
注)エアロ性能高めなので、脚力をまるで消費しにくい。
平坦な舗装路やサーキットなどでは、高速性を維持する能力に長けているので圧倒的な強さを発揮。

8gjr25TL.jpg
(´・ω・`)……ARIAはエアロロードなのに扱いやすいのが特徴。
実に乗り心地も走りも優等生でして。
正に初期のベジータ。
ゼロ加速時や巡行時においても軽い脚力で、スピードが伸びてくれるですよね。
兎に角、まるで脚力を消費しないエコな走りをしてくれます。
衝撃吸収システムカウンターヴェイル非搭載なので、純粋なエアロ性能を重視したエアロロードです。
20161210183143d5dfv.jpg
51dZ6Ry.jpg
( ;゚ω゚)サーキットではARIAは大猿に変身しますよ。
Bianchi ARIA 105をサーキットや、平坦な路面で使用するとその真価を発揮すると思います。
このように舗装された路面環境下で、長時間走行するならOltre XR3を圧倒する場合もあるはず。
体力的にも、ARIAの方が温存可能なんですよ。
もっと単純に言うとサーキット内なら、Oltre XR3よりも疲れない。
201707120954497cvds2 (2)
じわじわエアロ性能を生かして、相手を追い詰めるのが得意かな。
ARIAの恐ろしい所は、高速性を維持する能力にとことん長けている所でして。
路面状況の変化さえ無ければ、無類の強さを発揮するはず。
サーキット内のレース終盤において、Oltre XR3よりもARIAのほうが体力が残っていると予想。
やっぱり平坦なサーキット内において、最高のパフォーマンスを発揮するエアロロードですね。
201707120954497cvds2 (1)
(まとめ)総合力ではBianchi Oltre XR3は、ARIA 105を圧倒する。
やっぱりCV搭載モデルの優位性って、デカすぎ。
ただし、路面環境が整ったサーキット内においてはARIA 105が体力面において優位。
(´・ω・`)自分的には、Oltre XR3をお勧め。多分、万人が納得できる性能なのでは?
ただ最近のビアンキはCV非搭載モデルのアリアや、センプレもなかなか侮れない性能を有していますからね。
性能面重視でビアンキを選んでも、全然OK。
最初はデザインで選んでも、実は高い走行性能を有している事に驚くはずだ。
ビアンキ [BIANCHI] 【お店で受取り選択可】【ご予約】 2018 ARIA 105 (アリア105) カーボンフレーム ロードバイク

2017年08月22日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 Bianchi ANCORA TIAGRA (ビアンキ アンコラティアグラ)  進化しない定番スチールモデルというのが逆に強味ですね。


cc-bianc-ancora_14.jpg
2018 Bianchi ANCORA TIAGRA (ビアンキ アンコラティアグラ)
ビアンキ名スポルティーフモデルのアンコラは2018年モデルも継続して発売されています。
イタリア発祥の鉄フレーム自転車イベントEroica Japan 2017でも、キャンぺーンに使用されたスチールバイクでもあります。
leroica_hero_846_566auto.jpg
ちなみに英国でもL'Eroica Britanniaという名称でスチールバイクイベントが開催されていたのか。
いいなあ。


アンコラのクランクはシルバーのトリプルを採用し、リアにティアグラ10速を搭載。
ここ最近のアンコラの伝統? として30段変速路線を継続しています。

アンコラはフレームそのものが、クロモリなので重量があります。ですので、コンポに関しては軽量性よりも見た目のクラシカル感や、シルバー系―パーツをいかに用意するかが重要になってくる訳で。
cc-bianc-ancora_15.jpg
ですので、Shimano Tiagraのシルバー系パーツや、アンデルなどのクランクを用意しパーツに関してもクラシカル感を強調しまくっていますね。
パーツの重量よりも、いかにフロントキャリア、フルフェンダーに合うコンポを採用するかが鍵になる。
(やはり日本国内で調達可能な、Shimano Dura Ace W-shift Leverもシルバー)
ツーリングやブルベに参加してみたい人にオススメのモデル。

ゆっくり走るのが絵になるスポルティーフモデルでして、普段着でもいいし、店先や室内に飾っておけばそのままディスプレーやインテリアとしても活躍しているアンコラも。
ですので、割と中古でも状態のいいアンコラとか多そうですね。
確かに乗るのも素敵だが、飾りたくもなってくる……そんなバイクかと。

ビアンキのスチールモデルには定番のBROOKSサドルもやはり継続か。
cc-bianc-ancora_10.jpg
ブレーキレバーはDIA COMPE GC202Hのブラウンかな?
204Nは確か生産中止になったそうだけど。
cc-bianc-ancora_4.jpg
タイヤ Vittoria Zaffiro 700x28C
フロントキャリアを標準装備。
cc-bianc-ancora_2.jpg
フレーム Lug Cr-Mo
シフター  Shimano Dura Ace W-shift Lever

cc-bianc-ancora_5.jpg
フォーク Lug Cr-Mo 1"Thread
cc-bianc-ancora_3.jpg
CELESTE_CLASSICOカラーの場合は、ロゴがクラシカルなレッドになるのか。
書体そのものは、同様の形式を引きついでいます。
2017~2018年モデルのアンコラデザインは、チェレステカラーをクラシカルに強調したデザインになっています。
cc-bianc-ancora_6.jpg
cc-bianc-ancora_9.jpg
フロントディレーラー Shimano Tiagra
cc-bianc-ancora_8.jpg
クランクセット Andel 50/39/30T 170mm
アンデル製トリプルギアクランク。ツーリングモデルには好まれて採用されるクランクです。
丸石サイクルのエンペラーツーリングコンダクターと同様の仕様。
cc-bianc-ancora_11.jpg
cc-bianc-ancora_7.jpg
アルミ製泥除けに、亀甲模様を施しています。
ここ近年ビアンキ系スチールバイクにはこの様式が好んで採用される傾向にありますね。
cc-bianc-ancora_13.jpg
リアディレーラー Shimano Tiagra
チェーン Shimano CN-HG54
スプロケット Shimano Tiagra 10sp 12/28T

(´・ω・`)Bianchi ANCORAはカーボンモデルとは違い、進化しない定番スチールモデルというのが逆に強味ですね。
Bianchi(ビアンキ)2018年モデル ANCORA TIAGRA(アンコラティアグラ)[スポルティーフ][ランドナー・ツーリングバイク]

2017年08月21日 トラックバック(0) コメント(0)

ヴィンテージバイクイベントEroica Japanとリンクした 2018 Bianchi SELVINO Veloce (ビアンキセルヴィーノ)

1e0eac48fbe2d8ae3b2dfb624ee50fb2751b5c91.jpg

ヴィンテージバイクで未舗装路を走るイタリア発のイベント「エロイカ」。
トスカーナ州キャンティ地方地方で行われるこのイベントは、毎年5000人規模の参加者を集めている。

近年Eroica Japan 2017などのイベントが、日本において富士河口湖町にて開催。
(´・ω・`)イタリア以外の国では初めて海を渡ったこのイベントは、本年5周年になるのか……。
エロイカのグローバルスポンサーの一つであるビアンキ社は、Eroica Japan 2017へブース出展したりしてスチールバイクに力を入れていますね。
ci-550030_10.jpg
2018 Bianchi SELVINO Veloce (ビアンキ セルヴィーノ)
2018年モデルも継続して発売されている、SELVINO(セルヴィーノ)もエロイカイベントとリンクしたスチールバイクモデルの様です。
だからカンパニョーロ・ベローチェを採用して、イタリア色やクラシカルさを徹底的に強調している訳ですね。
SELVINO の背後にあるのがあの「Bianchi L'EROICA」か?
11029895_452015081624577_6059184210279502993_n.jpg
Bianchi L'EROICA
エロイカの公式ヴィンテージバイク「Bianchi L'EROICA」
イタリアの永遠のチャンピオン、ファウスト・コッピにちなんだ、エロイカの公式ヴィンテージバイク。
イタリア本国デザイン&生産されたモデルかあ。
レパルトコルサストア限定モデルで販売。
10410703_452015084957910_4660745944679588402_n.jpg
(´・ω・`)2015年頃から登場。
今の所、日本に何台入ってきたんだろう??
確かにイタリア色が強烈。ヴィンテージバイクイベントとか開催されると、こういうモデルが次々に出てくる環境になるんですね。
いいなあ……。
ci-550030_12.jpg
ci-550030_1.jpg
2018 Bianchi SELVINO Veloce (ビアンキ セルヴィーノ)
SELVINO(セルヴィーノ)のトップチューブに「Eroica Japan」の表示が。
Eroica Japanとリンクした、ビアンキスチールバイクという事か。

Bianchi SELVINO と言えば、コンポーネントにカンパニョーロのVELOCEを採用したクラシカルなロードバイク。
確かにこのモデルもEroica Japanにも使えるヴィンテージバイク系イベントにも、使える仕様とルックスですよ。

こういうスチールイベントとかあると、なんだか欲しくなってくるな。
ci-550030_2.jpg
シフター Dia Compe Ene W-shift Lever
大阪 株式会社ヨシガイが制作しているDia Compe製パーツを、ブレーキやシフターへ積極的に採用。
ci-550030_3.jpg
フレーム Lug Cr-Mo [main tube:Columbus Cromor]
ci-550030_7.jpg
ci-550030_5.jpg

フォーク Lug Cr-Mo 1 Thread
ブレーキ Dia Compe Gran Compe GC610

1950~60年代に主力だったセンタープルのキャリパーブレーキ。
Dia Compe製 Gran Compe GC610を採用し、当時の雰囲気を再現している。
CNC削り出しのアルミボディが美麗。
ci-550030_11.jpg
シフター Dia Compe Ene W-shift Lever
ci-550030_8.jpg
BB Th 7420AL 68x113mm
ci-550030_6.jpg
フロントディレーラー Campagnolo Veloce
ci-550030_13.jpg
クランクセットAndel 50/36T 170mm
ci-550030_14.jpg
タイヤ Keda K-193 700x25C
ci-550030_9.jpg
サドルBROOKS B-17 STANDARD
ci-550030_4.jpg
リアディレーラー Campagnolo Veloce
スプロケット Campagnolo Veloce 10sp 13/29T

【今だけ!予約特典付き】Bianchi(ビアンキ)2018年モデル SELVINO (セルヴィーノ) Veloce[ホリゾンタル][スチールフレーム]

2017年08月18日 トラックバック(0) コメント(0)