LOUIS GARNEAU(ルイガノ) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LOUIS GARNEAU(ルイガノ)

louisgarneau LGS-S8 買い物や運搬などの実用的な性能に関して、滅茶苦茶高い完成度を誇る

DSCN4576giu (2)
louisgarneau LGS-S8-J 20型 ミニベロ
(´・ω・`)ルイガノミニベロカーゴモデル旧louisgarneau MV CARGOが、「LGS-S8」という名称になった様だ。
406ホイール&アルミフレーム路線に変更はなさそうですね。
個人的に気になった点は、両立スタンドになっていた点かな。

フレーム一体型のリアキャリアは耐荷重27kg まで対応。
(※後ろ子供乗せの取り付けは出来ません。)
DSCN4576giu (1)
SHIMANO TOURNY(7 SPEED) グリップシフターで、リア7段変速操作を行える。
以前はセンタースタンドだったけど、LGS-S8は両立スタンドを採用。
どうも2017年モデル旧louisgarneau MV CARGOも両立スタンドだった様だが。
そうか、最近のモデルはいつの間にスタンド仕様が変更になっていたんですね。
安定性に優れた両立スタンドにより、重い荷物を積んでも倒れにくい構造になった。

長めの車体後部に丈夫なキャリアを載せた、荷物を運びやすい実用的なバイク。
見ての通り、リアキャリアーとフレームが一体型になっている。
この構造のおかげで、バニアバッグなどを積載してもタイヤに干渉しない構造になっている点が嬉しい。
DSCN8554ge (2)
初代 LOUIS GARNEAU LGS-MV CARGO
初代はセンタースタンド仕様。こちらも大量の荷物を積載時においても、安定して駐輪可能だった。
これはこれで、見た目がすっきりしていていいですね。
DSCN8554ge (1)
LGS-MV CARGOはアルミミニベロらしく、スタート時などにおいて加速が鋭いのが特徴。
見た目に反して、スタートダッシュが得意で実に良く走ります。
アルミフレームの特性を生かした走りをしてくれる。

ユーザーさんをたまに見かけますが、どうも買い物用というよりは、普段使いの脚として使用している感がありますね。
(´・ω・`)買い物用やちょっとした荷物積載用に向いていると思えてしまいますが。
実は、ママチャリ代わりとしても何気に使える一台。
流石にスピード系ミニベロには及びませんが、機動性が高いんですよ。

もちろんホイールベースが長いので、異様に安定性が高いのも特徴。
荷物を大量に積載して運送する事にも長けている。
DSCN4575ffty
フロントバスケット付き。
タイヤ KENDA K893 20"(406)X1.95"


(´・ω・`)グリップシフターなので、ハンドルを握ったまま変速操作が可能。
だから、荷物を積載してもハンドルから手を放さずに済む。
ブレーキはクロスバイクやMTBにも使用されるV-BRAKE仕様なので、ブレーキ力はしっかり確保してあった。
将来的には、重量がかさむけどディスクブレーキ化しても楽しそうだ。

またタイヤサイズは太目なので、荷物を積載しても安定感があります。
(通常のミニベロよりも、路面状態の変化に対応出来る)
DSCN855gr3 (2)
これは旧モデルのバスケット部だけど、基本的には変化ないのでは?
バスケットの底に、木製の天板を仕込んである。

(´・ω・`)カーゴバイクの場合、重量物は後方(リア)に配置してあげると走行中のバランスが安定します。
買い物や運搬などの実用的な性能に関して、LGS-S8は滅茶苦茶高い完成度を誇るミニベロなんですよね。
折り畳み後の運搬や、ロードの様な高速性に特化したミニベロではなく、運搬や買い物をメインにミニベロを使用したい方にはうってつけ。
ルイガノ [louisgarneau] 【お店で受取り専用】 LGS-S8-J 20型 ミニベロ[CBA-1]

2018年02月14日 トラックバック(0) コメント(0)

louisgarneau LGS-R9.2試乗体験インプレ (´・ω・`)久々にRSRシリーズに試乗したけど、スピード性能が強化されていますね。


DSCN5469gdzf (1)
louisgarneau LGS-R9.2 J LGホワイト
6061アルミフレームに、カーボンフォークを採用し、ロードに近いスポーティーな走行性能とデザインを重視したフラットバーロードモデルです。
LGS R9.2はサードグレードにあたり、SORAグレードをフル採用。
ロードにも採用されている最新の角形デザインのトップチューブ。
テーパーヘッドチューブ、ストレートカーボンフォークを組み合わせて、コーナーリング性能も重視した性能だ。
(´・ω・`)見た目が華やかですけど、結構速度が出る鉄砲玉みたいなフラットバーロードです。

LGS-R9.2試乗体験インプレ
旧RSR LGS-RSR3が、サイクルベースあさひ扱いになり名称はLGS-R9.2へ変更。

速いな……馬鹿みたいに速い。
ここまで新型はスピード性重視になっていたか。
(´・ω・`)久々に、RSRシリーズに試乗したけどスピード性能が強化されていますね。
アルミロードに近いフレーム剛性なので、スピードの乗りが実にいい。

画像から分かりにくいが、割とダウンチューブが太目に設定されていた。
アルミロードに近い太さなので、フラットバーロードながら強力な推進力を発揮。
ただ、フレーム自体はクロスバイク専用設計なので乗り易いのですけどね。
DSCN5489gfzd.jpg
ハンドルバー ALLOY FLAT(560mm)
ステム  ALLOY A-HEAD ANGLE 7 DEGREE

DSCN5480gfzd (2)
シフター SHIMANO シフトレバー SL-R3000 左右レバーセット
SORAグレードのフラットバー用のシフトレバーを採用。
フロントはダブルで、リア9速に対応しているので、ロード系ドライブトレインをシフトレバーで簡単に変速操作する形になる。
材質は軽量化にもつながるアルミニウムを採用。上位グレードのコンポーネントと同じブラック/グレーのグロス仕上げに。
エントリー向けコンポーネントの性能が、フラットバーで楽しめる様になっている。

DSCN5472gear (2)
走行中にどのギアか目視で確認出来る(オプティカル・ギア・ディスプレイ)。
ロー側とトップ側にまだどれだけギアがあるのか、確認するのに便利だ。
操作と視認が実にスムーズに行えるのが、子のフラットバーロードの魅力だ。
DSCN5474gfzd (2)
ヘッドセット FSA NO.42B/CUP 1-1/8"/1.5" ALLOY INTERNAL
リアブレーキケーブルはトップチューブに収納。
ケーブルはインターナル仕様だ。
DSCN5494gdz (2)
タイヤ KENDA K1018700X25C
DSCN5492hft(2)
フロントフォーク UD CARBON
カーボンストレートフォークを採用。
フォークの表と裏に、異なるカラーリングを使い分けている。
丸型チューブ+カーボンベントフォーク時代よりも、より最新のロード形状寄りだ。
DSCN5483gfzd (2)
ブレーキ SHIMANO SORA
LGS-R9.2はブレーキ部もSORAスペック。
ハイスピードにも対応出来る。
DSCN5470gds
フレーム 6061 ALUMINUM
一見派手に曲げ加工を施しているシートステーを見ても分かる通り、衝撃吸収性にこだわっている。
スピードを出している最中、その走行をバックアップするかのような衝撃吸収性だった。
お蔭で、速度を維持しやすいし、逃げない。
DSCN5474gfzd (1)
クランクセット SHIMANO SORA 50X34T

後輪の突き上げを滑らかにする、ベント形状のシートステー。
またカーボンフォークの効果もあって、特にアルミフレーム特有の「硬い」という感じが無い。
全体的に直進安定性を重視したフレーム形状をしているけど、やはり以前のRSRシリーズに比べてスピード性能が各段に上がっていると思う。
DSCN5480gfzd (1)

B/B(B/B WIDTH) SHIMANO SORA(68mm)
リアディレーラー SHIMANO SORA

カセット SHIMANO CSHG50-9 11-30T 9SPD
メインコンポーネントにロードスペックのシマノSORA。
ロングライドに強いフラットバーロード仕様だ。
フロントには4アームクランク (50X34T)を採用し、2×9速(11-30T)は平地だけではなく、登りにも強い。
DSCN5477gw.jpg
サドル SDG FLY
シートポスト ALLOY 27.2mm(350mm)

DSCN5469げtgdzf (2)
louisgarneau LGS-R9.2 J グラスグリーン
DSCN5492hft(1)
DSCN5494gdz (1)
重量 9.6kg(460mm)
重量は9kg台と、エントリー系ロードバイククラスの重量を誇る。
スピードの乗りも、他のクロスバイクやフラットバーロードと比較してもかなり速い。
ロードの性能を、フラットバーで再現するのに成功したモデルと言っていいだろう。
見た目、華やかな街乗り系クロスバイクデザインなので、その点がユニーク。
ルイガノ [louisgarneau] 【お店で受取り専用】 LGS-R9.2-J クロスバイク[CBA-1]

2018年02月11日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 louisgarneau LGS-X8.1試乗体験インプレ なんと4130クロモリ仕様の、ダイヤモンドフレーム版新型ミニベロ

DSCN5431htd.jpg
louisgarneau LGS-X8.1
なんと4130クロモリ仕様のダイヤモンドフレーム版ミニベロが、ルイガノから出ているんですよ。
あさひがルイガノを担当するようになってから、初の新型モデルですね。

クロモリ系ツーリングモデルが、まるでミニベロになったかのようです。

ブレーキはカンチブレーキだし、なんと泥除け付き。
(´・ω・`)いうなればLGS-X8.1はクロモリ系ツーリング系ミニベロの、フラットバーロード版。
以前の様にクロモリ系ミニベロを出してくれて、ちょっと嬉しい。
細いクロモリフレームから、独特のツーリング系モデルらしいオーラーが出ていましたよ。
(何気に、デザインがいままでない独特な雰囲気で、男女共にチェックしている方が多かった)
DSCN5437grs (1)
louisgarneau LGS-X8.1試乗体験インプレ
クロモリミニベロながら、ツーリングモデルかのような走りを見せます。
実に巡行性能が高め。
(´・ω・`)これはもう、長距離をこなせるタイプのミニベロですね。
上手く、クロモリフレームの長所をミニベロに生かしている。

(ゼロ加速性能は重い。ただし、速度が乗ってくると、一気に加速する特徴を持つ)
ゼロ加速やスタートダッシュは、ミニべロながらちょいと重いですね。
ところが、速度に乗ってくると推進力を発揮。クロモリフレームらしく、巡行するのが実に楽しい。
ツーリング系ロードモデルに良く採用される「4130クロモリ」の特徴が良く出ている。
DSCN5432grs (2)
ブレーキ TEKTRO ALLOY CANTI BRAKE
一番感心した点は、このブレーキ部。
カンチブレーキながら、フラットバー用のブレーキレバーとの相性が抜群で実にブレーキ性能が高い。
この後、ドロップハンドル版のLGS-X8.0に試乗したのですが。
ドロップハンドルよりは、フラットバーの方が確実にブレーキが効きますね。


DSCN5438grs (1)
シフター SHIMANO SL-M310
DSCN5439grs (2)
ヘッドセット 1-1/8" ALLOY INTERNAL
ブレーキレバー TEKTRO ALLOY
(´・ω・`)ミニベロながら、しっかりとした安定感のある走りを楽しめます。
街乗りにも十二分に使えるし、ロングライドからスポーツライドもOK。

試乗してみて、一番使えそうなのはツーリングやロングライドなどの長距離系かな?
DSCN5446htd.jpg
フロントフォーク ALLOY
リム ALLOY
タイヤ KENDA K1054 20”(451)X1-1/8”

DSCN5448tw4.jpg
B/B(B/B WIDTH) FSA BB-7420ST113mm (68mm)
フレーム CR-MO 4130
イタリアCOLUMBUSパイプを採用したクロモリ系ミニベロって剛性を生かしたスポーティーな走りをしますが。
CR-MO 4130を採用したこのダイヤモンドフレームは、快適性と巡行性を生かした走りをします。
(´・ω・`)要は、実に扱いやすいクロモリ系ミニベロと言うべきで。
男性や女性両方が納得できる走りですね。
ただ、速度が乗ってくるとかなり速度が出ます。

上手く言えないが、毎日乗るならこんなミニベロがいいな。扱いやすいし、その気になれば長距離走行をこなせる性能を有しているし。
DSCN5445hdr (2)
クランク ALLOY 50T(165/460mm, 170/500mm, 540mm)
DSCN5438grs (2)
標準装備に泥除けを用意。
泥除けを取り付ける事前提で、わざわざカンチブレーキを用意してある。
キャリアーを取り付ける為のダボ穴もしっかり用意されているので、最初からツーリング系ミニベロを意識したモデルなんですね。
ただ、フラットバーなので街乗りもこなせる。
DSCN5442cxse (2)
リアディレーラー SHIMANO TOURNEY TX
カセット SHIMANO CSHG31 11-32T 8SPD

DSCN5442cxse (1)
サドル LG SPORTS
DSCN5432grs (1)
重量 (サイズ)10.3kg(460mm)
カナダの名門ブランド「ルイガノ」2018年モデルが登場

2018年02月09日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 LGS-S9(旧LGS-MV2PRO)試乗体験インプレ 初心者でも、いきなりスポーツ性能を引き出せる工夫とは?

DSCN5413fwe (1)
LGS-S9(旧LGS-MV2PRO)
(´・ω・`)今後サイクルベールあさひが扱う事になった、ルイガノモデルに試乗しました。

とりあえず、名ミニベロモデルLGS-MV2PROの名称は「LGS-S9」になるそうだ。
メインコンポーネントは、ロード系コンポ―ネントSHIMANO CLARIS(16 SPEED)。
ハンドリングの良さと安定性に優れるフレーム設計で、街中を最高に走りやすいミニベロが特徴という事になっていますが。
コンポーネントにロードスペック、ブレーキに油圧ディスクを採用しクロスバイクに迫る走行性能を獲得したスポーツミニベロでもあります。
LGS-MV2PROは10年以上続くベストセラー系ミニベロでありまして。
当時の2009年モデルにすら、メカニカルディスクブレーキを採用してたんですから凄いですね。
DSCN5412vd (2)
シフター SHIMANO CLARIS
ブレーキレバー SHIMANO HYDRAULIC DISC


キャリアマウントをヘッドチューブに装備。荷物を運ぶ姿さえ、街行く人の目にはスポーティーに映るはず。

LGS-S9(旧LGS-MV2PRO)試乗体験インプレ
初心者でも扱いやすく、スポーティーに走れる小径モデルですね。
ディスクブレーキや、ロード系コンポ―ネント「クラリス」の変速操作が実に気楽に楽しめます。
(見ての通り、油圧ディスクブレーキレバーとクラリスシフターが独立)
ハンドル幅が広めに確保してあるので、走行中安定感があります。
街乗りの際のブレーキング力や、安定感は十二分に確保してありました。
もちろん、スポーティーに乗れるミニベロモデルですが、初めて小径モデルに挑まれる方程、快適な操作系を楽しめるのでは?
DSCN542vf5 (1)
ハンドルバー ALLOY FLAT(580mm)
ステム ALLOY A-HEADANGLE 17 DEGREE(100mm)

フロントフォーク HEAD SHOCK
ヘッドセット FSA NO.28 1-1/8" AHEAD SET INTEGRATED

見ての通り、ハンドル幅を十二分に確保してある。
低速でも、スピードに乗ってもハンドルのふらつきが少ないのが特徴。
DSCN5414fwe (2)
リム ALEX ACE-18
タイヤ CST 20"X1.35"


(LGS-S9の走行性能について)
直進安定性だけに依存していないですね。オールマイティにこなせるミニベロといった所。
カーブやコーナーリング性能が、以前よりも向上している様に感じました。
基本スポーティーに走っても、街乗りでゆっくり走ってもあらゆる局面に対応出来るでしょう。

スタート時においては、ミニベロらしく小刻みに加速するのが特徴。
次第に速度に乗ってくると、安定した走行性能を発揮します。

やはりLGS-S9はスピードに強いミニベロですね。
実にスピードの乗りが良かったです。
速度を上げて行っても、安定感のある走りを発揮します。
DSCN5422vs (1)
ブレーキ SHIMANO HYDRAULIC DISC
強力なブレーキパワーを持つ油圧ディスクブレーキですが、フレームや走行性能との相性が抜群でした。
特に高速時におけるスピードコントロール性能に長けています。
たまにミニベロにディスクブレーキのブレーキパワーが過大な事がありますが。
LGS-S9は、スポーティーな走行性能とディスクブレーキとバランスが釣り合っていますね。
DSCN5412vd (1)
DSCN5422vs (2)
フレーム MATERIAL6061 ALUMINUM
アルミの硬さは感じにくい印象だった。
それよりも、アルミ剛性とスリックタイヤを生かした快速性が生きたモデル。
DSCN5413fwe (2)
注目すべきは、トップチューブが大胆に曲げ加工を施してある点です。
かつては、パイプ同士を溶接して角度をつけていましたが。
アルミ加工技術が向上した現在が、ここまでトップチューブ全体に大胆な曲げ加工を施してあります。


(´・ω・`)以前はスタートダッシュや、加速性能が不得意なミニベロでしたが。
やはりアルミ剛性を生かした走行性能が、各段に向上している。
DSCN542vf5 (2)
フロントディレーラー SHIMANO CLARIS
リアディレーラー SHIMANO CLARIS

クランクセット  SR SUNTOUR NCX-D-BD 48X36T(170mm)
SHIMANO CS-HG31 11-30T 8SPD


基本的にLGS-S9は舗装路における高速性と、街乗りの際の使い勝手を両立させたモデルだった。
走り心地はクロスバイクというよりは、フラットバーロードに近い。
逆に言うとフラットバーロードの弱点である、悪路走破性は有していない。
DSCN542vd7.jpg
サドル LG COMFORT
DSCN4647vfd.jpg
(´・ω・`)LGS-S9は操作系やハンドル周りを、初心者でも扱いやすくしています。
扱い易いとはいっても、普通に油圧ディスクの制動力がミニベロで楽しめたりするんですけどね。
ルイガノ [louisgarneau] 【お店で受取り専用】 2017 LGS-MV2PRO 20インチ ミニベロ

2018年02月01日 トラックバック(0) コメント(0)

新型louisgarneau LGS-EA20-I 20インチ バナソニック製アシストユニットを掛け合わせた13.2Ahバッテリーを搭載して、バッテリー容量を一気にパワーUP !


100000046667-l1 (1)
2018 louisgarneau LGS-EA20-I 20インチ
新型ルイガノ電動アシストモデル「LGS-EA20-I 」が出ましたが。
(´・ω・`)今回はバナソニック製アシストユニットを掛け合わせた13.2Ahバッテリーを搭載して、バッテリー容量を一気にパワーUP
させたそうな。
img58131225cd.jpg
ブリヂストンJOSIS WGN EA(ジョシスワゴンEA)   
ルイガノ LGS-EA20-Iのフレーム自体はブリヂストン(ジョシスワゴンEA)を流用したと推測されます。
100000039806-l0xsa.jpg
前年モデル louisgarneau LGS-EA20
(´・ω・`)これは前年モデルであるLGS-EA20なんですが。バッテリー容量は8.9Ahでした。
つまり新型モデルのバッテリー容量は8.9Ah→13.2Ahへ、一気にパワーUP。
バッテリー容量が大きくなったおかげで走行距離も、一気に伸ばす事に!
ロングモード:約53km(2017年モデル)→ロングモード:81km(2018年モデル)

バッテリー容量の大きさはAh(アンペア)で確認出来る。この数字が大きければ大きい程、充電量が増し走行距離を伸ばす事が出来る。
以前は12Ahとなるとかなり大きいバッテリーサイズになったが。
最近はどんどんコンパクトが進んできた印象。
従来のサイズはそのままでも、いきなり容量がパワーUPしている場合も。
100000046667-l4.jpg
新型 louisgarneau LGS-EA20-I 20インチ
(´・ω・`)最近の電動アシストモデルの傾向として、ミニベロ系電動アシストモデルが流行しているそうだ。
20インチホイール仕様にすることで重量も稼げるし、その車体がコンパクトなので保管場所も確保し易い。
更に、小柄な女性なども扱いやすい点が好評の理由。

確かに電動MTBや電動ロードなど、スポーツバイクの分野に電動化が進んでいますが。
こういうシティタイプは、20インチホイール電動アシストモデルがトレンドになりつつある。
100000046667-l5.jpg
新型 louisgarneau LGS-EA20-I 20インチ マットホワイト
ちなみに現在のルイガノ電動アシストは、サイクルベースあさひが企画して行っている。
(´・ω・`)多分今回のサイクルモード サイクルベースあさひブースで、LGS-EA20-I の展示があるんだろうな。
100000046667_08cdas.jpg
デルタハンドル
スタイリッシュでスポーティなデザインで、適度なハンドル角で手首への負担が少なく、ステムと一体型で特徴的なボリューム感もオススメ。
100000046667_04.jpg
リトルLEDビームランプ
とても明るい1Wの超高輝度白色LEDを搭載したLEDライト。暗くなると自動的に点灯するオートライト式を採用。
100000046667_03.jpg
ハブ内蔵スピードセンサー
なめらかな走行をアシストするセンサーがハブに内蔵、見た目もスッキリ。センサーと駐輪機との接触による破損を抑える安心設計。
(´・ω・`)パナソニックブランドのセンサー類だから、割とパワフルなアシストを発揮すると期待。
100000046667_01.jpg
パナソニック製タフパワーユニット
よどみのない加速感が特徴のマルチセンサーを採用した信頼のパナソニック製タフパワーアシストドライブユニット。
(´・ω・`)ブリヂストン系フレームにパナソニックブランドドライブユニット。
基本的にフレームやドライブユニットは日本ブランドなので、信頼性が高い。
しかもデザインはルイガノ。
やはり2018年モデルも、夢の電動アシストモデルだ。
100000046667_02.jpg
バッテリー容量 約13.2Ah
走行距離 パワーモード:約50km
オートモード:約58km
ロングモード:81km

100000046667_06.jpg
タイヤサイズ 20x1.95
(´・ω・`)リアサークル錠にブリヂストンのロゴが確認出来る。
100000046667_07.jpg
キャリア:パイプC27(チャイルドシート取付不可)
特にLGS-EA20-I は、運搬性を強化したブリヂストン(ジョシスワゴンEA)のフレーム形状を引き継いだだけあって、リアキャリアーを搭載している。
乗り降りしやすい低床フレームを採用している点も大きい。
(チャイルドシートは取り付け不可なので注意)

変速:内装3段変速
100000046667_09.jpg
ルイガノコンフォートサドル
漕ぎ心地へのこだわりはもちろん、ノーズ部分にLOUISGARNEAUの文字をあしらったデザイン性も高いサドル。

(´・ω・`)ミニベロは、電動アシストモデルとして発展していく段階に入りつつありますね。
電動アシストとミニベロの親和性って、思いの外高いんだな……。
あの英国ブロンプトンですら、電動アシストに挑む時代になった訳ですし。
ルイガノ [louisgarneau] 【お店で受取り選択可】 LGS-EA20-I 20インチ 電動自転車 [CBA-1]

2017年10月11日 トラックバック(0) コメント(0)