PANASONIC(トレンクル ライトウィング) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > PANASONIC(トレンクル ライトウィング)

PANASONIC XM1 試乗体験インプレ ( ;゚ω゚)……これはもう、脚力いらんわ。

DSCN4457vfs.jpg
DSCN4455gew.jpg
(´・ω・`)噂のパナソニックの電動アシストMTB「MTB」に試乗してみました。
試乗前に、社長の講演を拝聴してみる。

なんで電動MTBにしたかというと、一番電動アシストの価値が分かり易いから。
まずはMTBを電動化した訳ではあるが、次はクロスバイク、ロードを将来的に展開していきたい……とか。
は? じゃあ、将来的にパナソニック製電動ロードが出る訳ですか??
しかもYAMAHAブースの前でそんな構想をパナソニックがぶち上げたもんだから、ちょっと個人的に驚いた。
DSCN4459vs.jpg
DSCN5380bfds.jpg
XM1新色「マットバーニングリーブス」
例のジェッターにも採用されている、新色カラーもお披露目。
男性オレンジカラーでしたが、個人的に男性でも女性でも楽しめるカラーかと。
DSCN5381bsd.jpg
DSCN5385bs.jpg
DSCN5382bs.jpg
DSCN5383bs.jpg
DSCN5379gsd.jpg
DSCN4458vs.jpg
(´・ω・`)ここが、XM1試乗コーナー。
一番空いていた土曜日ですら、整理券を発行。
確か2時間待ちだった。
試乗希望の方がやはり殺到していた様だ。
DSCN4873vs.jpg
PANASONIC XM1 試乗体験インプレ

パワフルなアシストパワーを最大限生かす為の、E-MTBでした。
これ、ペダルがまるで「スイッチ」の様だった。ペダルをちょっと踏み込むと、いきなり突進開始。
……これ、人力というか脚力いらんだろ?
だからペダルとうよりは、ペダル状のスイッチという感覚。

うーん、ゼロ加速が強烈なアシストが特徴。しかも走破性も伴っているから、「パワー感」が半端ない!!
意識していないのに、前方へ一気に猪突猛進してく。
特に負荷がかかった状態から、挽回する為のアシストが強烈。てか反則的なパワーだ。
一番アシストパワーが低い「ECO」モードでも、低速から一気に挽回して加速していく。
( ;゚ω゚)……これはもう、脚力いらんわ。
通常の電動クロスバイクのパワーすらも、軽く凌駕しているではないですか?

「時速23kmから、アシストパワーが一気に低下していく」
平地で、全力疾走してみましたが、時速23km付近までは強大なアシストパワーが楽しめますね。
時速24kmになると、一気にアシストが低下。
いきなりペダルがかなりきつく&辛くなります。
(時速0km~23km内で、いかに強大なアシストパワーを発揮するかに関して特化した機体だと思います)
DSCN4880cs.jpg
平地でリモートロックアウト機能を使用して、フロントサスペンションをロックしてみました。
ぶっちゃけ、ロックしなくても速度が落ちないですね。理由は、単純に強大なアシストパワーが、サスでスピードが食われる分をカバーしてくれるから。
逆に、ロックしてしまうとパワフルな走行中における快適性が落ちてしまうので、個人的には「リモートロックアウト機能」はいらないかな。
DSCN4872fads.jpg
XM1はNO ASSISTで走行すると、実に辛い。

(´・ω・`)アシストOFFでも走れるという話だったので、NO ASSISTにして平地を走行してみましたが。
きつい……重い。
もちろん走れないわけではないですが、個人的にちょっとアシスト無しはきつかった。
XM1の強大なアシストに脚が慣れてしまったせいもあるかもしれません。
下りは普通に行けるとは思いますが。登りだと地獄が待っている。
だからXM1はアシストありきのE-MTBなんですね。21.8kgという重量を、強力な電動アシストユニットでカバーしているのでは?
DSCN4864vsd.jpg
ハンドルバー アルミ フラットバー クランプ径Φ31.8mm W:580mm
ハンドルステム アルミ アヘッド クランプ径Φ31.8mm EXT:90mm -10°

DSCN4865vfs.jpg
DSCN4863gvw.jpg
スイッチ/ディスプレイ センター液晶ディスプレイ(操作ユニット、表示ユニット)
操作スイッチが扱いやすかったし、MTBらしく堅牢に出来ていた。
↑↓ボタンで、アシストモードをコントロール。
中央のMODEボタンで、走行距離、最高速度、バッテリー残量%を表示。

(´・ω・`)あと一番上の☀みたいなスイッチで、センター液晶ディスプレーの照度を調節できる。
暗い場所でも、しっかり液晶が確認出来て地味に便利だった。
DSCN4879vsd.jpg
ブレーキレバー シマノ SLX BL-M7000
DSCN4877fsd.jpg
ヘッドパーツ ゼロスタック 1-1/8~1-1/2 アルミステム用
DSCN4876vs.jpg
シフトレバー シマノ SLX SL-M7000-10ーI (I-SPEC) ラピッドファイヤープラス
DSCN4875vsfv.jpg
ハイパワーLEDスポーツライト(Panasonic SKL085 単4形乾電池タイプ)
DSCN4902bvsf.jpg
フロントフォーク SR SUNTOUR RAIDON-XC RLR DS 15QLC32 27.5"" 100mmトラベル リモートレバー付
DSCN4892vfs.jpg
ホイール
タイヤ MAXXIS IKON ebike 27.5×2.2 仏式バルブ
リム アルミ 32H
ハブ シマノ DEORE HB-M618 E-Thru 100×15mm 32H/ FH-M615 OLD:135mm QR 32H


シマノ SLX BR-M7000 油圧ディスク レジンパッド, 前:SM-RT81 Φ160mm 後:SM-RT81 Φ160mm
DSCN4884vsd.jpg
DSCN4907bs.jpg
フレーム アルミフォーミング(ワイヤ内蔵タイプ)エンド幅:135mm 樹脂製モーターアンダーガード付
DSCN4895vsd.jpg
DSCN4915bs.jpg
バッテリー セミインテグレーテッドバッテリー(SiB) リチウムイオン 8Ah(36V) ※25.2V換算値で11.4Ah相当
DSCN4901bsfsd.jpg
ギヤクランク アルミクランク L=170mm / スチールチェーンリング 41T 樹脂ガード付
モーター スポーツドライブユニット(直流ブラシレスモーター 250W)

クランク軸に直接駆動力を伝えるダイレクトドライブ機構


DSCN4907bs.jpg
DSCN4909bsf.jpg
DSCN4911bs.jpg
DSCN4899vsd.jpg
リアメカ シマノ SLX RD-M7000-10 SGS
ギヤクランク アルミクランク L=170mm / スチールチェーンリング 41T 樹脂ガード付
フリーホイル シマノ CS-HG50-10 11×13×15×17×19×21×24×28×32×36T

DSCN4898fds.jpg
サドル SELLE ROYAL MILO-1402HRN Cr-Moレール
DSCN4885bfd.jpg
DSCN4886bfd.jpg
スタンド(オプションだそうです)。

DSCN4871bnd.jpg
MTBコースを走ってみた感想。
MTB本来の機能は十二分に有している。
木製の起伏があったコースがあったので、体重移動をしながら走ってみました。
(´・ω・`)なるほど、通常のMTBと同様にアップダウンが激しくても安定感があるな。
やっぱり、本格MTB系SLXコンポーネントを採用したことが、操作性に関しても効いている。

XM1は電動アシストモデルではありますが、普段MTBやクロスバイクに経験のある方ならあっさり使いこなせるはず。
見た目はゴツイですが、操作性は想像以上に簡単でした。
前述しましたが時速0km~23km内で、いかに強大なアシストパワーを発揮するかに関して特化した電動アシストモデルだと思います。
XM1 エックスエムワン BE-EXM40 外装10段変速 27.5×2.2HE フレーム400mm 8Ahバッテリー 送料無料 パナソニック スポーツモデル 電動自転車 通勤自転車 電動アシスト自転車 電動アシストマウンテンバイク【スポーツ】

2017年11月06日 トラックバック(0) コメント(2)

PANASONIC ORC16 TANGEクロモリチューブ&オーバーサイズ

o0750050012628232740.jpg
これがパナソニックのカスタムオーダーモデル、PANASONIC ORC16ですか。
フルオーダーですが、サイクルモードでも試乗車がでていたんですよね。
ニッケルクロモリチュービングながら、極薄なので重量は8kg台。
しかも独特のしなりと漕ぎ出しの軽さがあるそうです。
(確かに最新のクロモリは、とんでもなく良く走りますからね)

カラーリングは1C-M3 / C.Pピンク
全32カラ―をオーダー可能だし、光沢か非光沢かを選択可能。
いいなあ、こんなにピンクカラ―が生えるなんて意外だった。

カラ―の中でもこのピンクはCLASSICAL PALE (クラシカルペール)
というジャンルで、クラシカルなイメージの淡いカラーリングが特徴。
o0500033312628238620.jpg
ハンドルはアルミ アナトミックシャロータイプ クランプ径φ31.8 
o0500033312628234342.jpg
ロストワックスクラウンCr-Moフォークみたいですね。
(カーボンフォークが通常みたいですけど)しなやかすぎず、硬すぎず、
十分な剛性を確保しているそうな。

ロストワックス製クラウンと滑らかなカーブを描くテーパーチューブ

特徴は振動吸収に優れ、ニュートラルで流れるような乗り味を体感出来る。
o0500033312628238621.jpg
ORC161は105スペックと、アルテグラスペックを選択可能。
o0500033312628234150.jpg
装着可能なタイヤサイズは700×26Cまで。

薄肉の高性能チューブですが、3D解析したラグを採用。
玄人好みのモデルかと思っていたら、そう言う訳ではないらしい。
「ビギナーこそオーダーバイク」
技術を熟達させるには自身に合ったバイクに乗るべきという思想を
持ったクロモリモデルなんですね。
う……そういう言葉を聞くと、なんか欲しくなってくるな……
o0500033312628232651.jpg
パナソニックがオリジナルブレンドをさせたTANGEクロモリチューブを、超低温銀ロー付け
溶接で仕上げる……贅沢……。

ちなみにリアがベントしている訳でもないのに、リアのショック吸収性が
非常に高いそうです。
これは相当いいフレームなんでしょうね。

105モデルを搭載して価格は、楽天ハクセン様販売価格 202,500円(税込)。
フレームフルオーダーじゃなくても、カスタムオーダーなら予算を無理
しなくても手に届くのが嬉しい。
弊社の人気企画”エントリーでポイント5倍セール”開催決定。簡単にポイント5倍がゲットできるお買い得企画ですよ。自転車は高額なので、ポイント大量ゲットのチャンスです。是非この機会をお見逃しなく!!

2013年08月02日 トラックバック(0) コメント(0)

Panasonic Traincle 7000 (パナソニック トレンクル7000) 

o0500042711777885617.jpg
(´・ω・`) 高級チタンフレームを採用している為、いつ生産停止になるか分
からない奇跡の折り畳み自転車「トレンクル」。


ほら、今は鉄とか銅とかレアメタルとか世界中で高騰しているじゃない
ですか?
もはやチタンなんて、電子材料や液晶ディスプレーにも多様されているだけ
あって、高騰、高騰。
よくもまあ、こんな贅沢な金属材料で自転車作れる!という位、奇跡の
折り畳み自転車。
多分あと20年したら、チタン製の自転車なんか貴重過ぎて博物館に行くんじ
ゃないか……とすら思えますよ。

チタン製だから7.7kgという超軽量ですけど、もしクロモリなら12kg
程度はいきますよ。
もうそろそろ、クロモリでトレンクルを組んでも面白い様な気もしますけど。
強度的にはチタンとクロモリの強度は同等程度なのでいけるのでは。

あ、でもチタンポリッシュの美しさが味わえなくなるのはちょっとさみしい
かも。

o0500033311777887251.jpg


やっぱりJR東日本がパナソニックと共同開発してだけあって、
折り畳んだ際、駅のコインロッカーに入れられるのがいいのですよね……
と書きましたが、都内のロッカーってサイズがなんとなく小さめな気が
するんですけど、入ります?

いえまあ、数値上はクリアーしているので入るとは思いますけど、結構
キツキツな状態でロッカー内に収納されるのでは……

田舎のロッカーは古い型式のロッカーが多く、結構容積が大きいタイプ
だったりするので楽勝なはずですが。

o0500033311777887252.jpg
チタンポリッシュなんて、今の時代には最高の贅沢なのでは、
o0500033311777886423.jpg
良く考えたら、メイドインジャパンで、パーツは全て日本製というのも
このトレンクルが最後になるのでは……そんな気がしてしまいます。

o0500033311777885620.jpg
トレンクル7000はハイテンノーマルフォーク

Wピボットハイパワーブレーキ
6000はカーボンフォーク。
タイヤサイズ14×1.5HE
o0500033311777886421.jpg
o0500033311777887253.jpg
工具無しで、折り畳み可能。
やっぱり接合部はきちんとしていますね。

o0500033311777887254.jpg
クランクはSUGINO。
日本のパーツにこだわっていますね。
電車本体も日本製にこだわっているからでしょうか。
o0500033311777885619.jpg
樹脂製ペダルは折り畳み可能。(もちろん、左右)
o0500033311777886422.jpg
NITTO67の刻印が。
どこまでも国産ですね。
o0500033311777885618.jpg
( ゚∀゚)うーん、サドルだけ見ても軽そう…… 
★★★ 数量限定にて超特価ご提供中!★★★【数量限定セール】パナソニックトレンクル7000(B-...

2012年02月06日 トラックバック(0) コメント(0)

Panasonic BeansHouse パナソニック ビーンズハウス

bh.jpg
(´・ω・`)……パナソニックの折り畳み自転車パナソニックビー
ンズハウスですね。
DAHONのフレームをOEMとして採用しているモデルです
(折りたたみアルミフレーム)。
フロントフォークなどは、誰でも乗りやすいな長さに設定して
誰でも乗りやすい様にしてあります。

ハブダイナモを使用した白色のLED(発光ダイオード)を搭載
脚に負担がかからないのがいいですし、夜間でもかなり明るい。
これが最大の特徴だと思います。
しかも、周囲の明るさを感知して自動点灯するシステムも搭載。

外装6段変速で籠も取り付けられて万能性が高いですが、車重が
15k台と結構ありますので、輪行に使う分には少し辛いモデル
ですね。

ただ、サドルのクッションをしっかりとっているので、結構
乗り手に配慮しているところが好感。
bh3.jpg
リーズナブルですが、フレームの堅牢性は非常に高いモデル
だと思います。
降りたたみ方ですが
①まずハンドルを半分に、降りたたみます。
②ペダルを半分に折り畳みます。
③サドルを下げます。
④フレーム中央のレバーを引いて、車体を半分に折り畳みます。

bh2.jpg
やはり、フロントキャリアや泥除け、更にライトを搭載しているので
15kg台と重賞がかさんでしまったのかもしれません。

ただし万能性はかなり高く、ホイールもミニベロにしては大きい20
インチと大きめなので、ある程度身長が高い方でも乗れるのが
嬉しいですね。

2011年06月21日 トラックバック(0) コメント(0)

PANASONIC FRTP2 VERSION  Hタイプ Lタイプ

IMGP0951.jpg
(´・ω・`)こんにちは、元インフルmitiluです。
あっけなく治りました。あれ? 
やっぱりお野菜を毎日食べて、自転車に乗っていると体力の回復が
早いですね。

パナソニックのチタンモデルです。
カーボンフォークの剛性を強化したモデルみたいですね。
メーカーHPによると
ブレーキング時の前方向からの加重に対する剛性を前モデル比32%、ペダリ
ング、コーナリング時の横方向からの加重に対する剛性を前モデル比46%向
上させました。

と書いてあります。まるで、パソコンの処理速度みたいな表現で、面白い
です。実際ハンドリング性能もかなりいいとか。
あくまでレース目的の為のカーボンフォークの剛性UPをうたっています。
(チタンフレームですが、インテグラルヘッドを採用)


しなやかなコンフォートバージョンがLタイプ。剛性重視がHタイプと目的に
応じたフレームを販売中。
でも、剛性重視のHタイプでも、それなりの快適性も確保しています。
理由は宇宙産業に実際使われている3AL2.5Vチタン合金という良質のフレーム
で組み上げているからでしょうね。

そういえば、最近ナノカーボンなどの分野で、どんどん宇宙産業の技術が自転
車産業に投入されているのも興味深いです。

結局チタンフレームを採用しているとはいえ、現在市場で求められている快適
性、高剛性を追及したモデルと言っていいかも。
チタンだったら、腐食にも強いので相当長く楽しめそう。

2010年02月03日 トラックバック(0) コメント(0)