メッセンジャーバッグ類 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > メッセンジャーバッグ類

ORTLIEB WATERPROOF TOUGH ULTRA LIGHT(新型オストリーブ バイクパッキングシリーズ)

DSCN5760vfd (1)
ORTLIEB WATERPROOF TOUGH ULTRA LIGHT(オストリーブ バイクパッキングシリーズ)
ドイツ完全防水&耐久性が自慢のバッグブランド「オストリーブ」の最新バイクパックモデルです。
2018年春頃予定のオストリーブ新型モデルのお披露目がされていました。
「オストリーブ バイクパッキングシリーズ」という名称で、バイクパッキング用新型オストリーブモデルが追加されたそうな。

(´・ω・`)あのオストリーブをバイクバッキングスタイルで、使用出来るとは知らなかった。
今までのバイクパッキングシリーズが好評だったので、ラインナップを更に追加したそうだ。
水とか、汚れに対して鉄壁のドイツバッグですからね。
人間がびしょぬれになっても、リアルにバッグ内は一滴の水の侵入も許さないところが頼もしい。
DSCN5765vf.jpg
ハンドルバーバッグSH16×W45×D16 9L 375g 耐荷重5kg
両側にロールクロージャーを採用。(要は折り畳んで両端を収納)
内部への素早いアクセスが可能な大容量ハンドルバーパック。
なんでも、ドロップハンドルへの取り付けに適している。

DSCN5766vf (2)
軽量かつ耐久性と防水性に優れ、どんな状況であっても中身をドライにキープ。
(´・ω・`)主に折り畳み用テントとか布系を、収納するのに向いているそうな。
DSCN5769eqf.jpg
ハンドルバーとヘッドチューブに面ファスナーとストラップで確実に固定でき、安定性を確保。
様々なハンドルバーに対応する、発砲素材のスペーサーを付属。
いきなりロードレーサーでも普通にバイクパッキングが出来る。
(´・ω・`)というかMTBだろうが、クロスバイクだろうがサイズさえ合えばどんな車種でもいけますね。

↑ちなみに現行のハンドルバーパックは、「ハンドルパーパックM」に名称変更だそうだ。
DSCN5760vfd (2)
フレームパック トップチューブH13×W50×D6 4L 170g 耐荷重3kg

(´・ω・`)なんでも、ボトルスペースに干渉しないために開発された新型フレームパック。
防水性の高いジッパー(タイジップ)を採用。
ポイントは軽量性で、容量4Lながら170gしかないそうだ。
DSCN5766vf (1)
ダウンチューブとシートチューブに、ボトルスペースを確保したい方向けか。
でも、これで4Lも容量あるんだ。

↑確かに、通常の3角形フレームパックだとボトルスペースが無くなってしまいますものね。
DSCN5764kjf (1)
コックピットパック H8×W18×D8 0.8L 82g
トップチューブ上に装着し、片手でジッパー操作出来る。
スマホや、エナジーバーなど頻繁に取り出したいものに最適。
やはり軽量性にこだわり、82g程度しかない。
DSCN5764kjf (2)
シートパックM H26×W40×D15 11L 325g 耐荷重5kg
大人気のシートパックに、一回り小さいMサイズが新登場。
シートポストへの取付必要スペースは約6cmで最大容量は11L。
見ての通り空気抜けバルブも付いているので、用途に応じて圧縮する事も可能。
小さなフレームへのバイクへの取り付けも用意。

↑(´・ω・`)ちなみに現行モデルの「シートパック」は「シートパックL」へ名称変更するとか。
こっちは、より大型で最大16.5Lいけます。



DSCN5760vfd (1)
(´・ω・`)以上の4つのオストリーブ新型モデルでバイクパック化した場合、重量は1kgより軽い、合計952gで済みます。
更に一気に合計24.8Lの容量を、確保できるわけですね。
しかもキャリアーなどを増設しなくても、バイクに直接取り付け可能なシステムになっているので重量増も防げる。
特にキャンプをするわけではなくとも、積載目的で楽しんでも良さげ。
あと、デザインが統一されているのもいいですね。
かなりシャープなデザインなので、バイクに導入してもデザインが引き立ちそうだ。
ゴミも付着しにくいし、完全防水なので雨天時に強いバイクパッキングスタイルだと思います。
(レインカバーは全く必要無し。少し汚れたら叩くなり拭くなりすればいい)
今回の新型モデルの発売は2018年春頃予定だそうです。

更に2017年10月より発売された、グラベルパック(ペア)25Lを増設すれば合計49Lまで容量を増設可能。
これもアドベンチャー向けに開発されたパックで、オンロードやオフロード双方に適している。
ただ、その場合はキャリアーなどを用意する必要があります。

2017年12月07日 トラックバック(0) コメント(0)

TIMBUK2 Classic Messenger (ティンバック2 クラシックメッセンジャー)を試着してみる。ショルダーストラップ(ベルト部分)の収納力が劇的に改善されていた!



DSCN4759vda (2)
(´・ω・`)ティンバック2ブースにお邪魔しました。
そろそろ新しいバッグ類を探していたので、色々物色してきました。
管理人はTIMBUK2を持ってきていたので、「ありがとうございます」的な声を営業さんからかけられる。
どうも、私のTIMBUK2は営業さん曰く、かなり珍しいモデルらしい……知らんかった。
DSCN4745vea (2)
DSCN4745vea (1)
TIMBUK2 Classic Messenger (ティンバック2 クラシックメッセンジャー)
現行の最新モデルを色々レクチャーしてもらう。
(´・ω・`)うわー、全然 TIMBUK2の雰囲気が変わっている!!
旧モデルだとバッグ前方に取り付けてあった留め金が、新型は内部に隠れているわ。

最新のは、こんなに鮮やかなカラーが存在するのですね。
DSCN4734vea (1)
あと、肩に引っ掛ける為のショルダーストラップ(ベルト部分)の収納力が劇的に改善されていた。
担ぐ時にショルダーストラップの長さを調節できたんですが、どうしてもあまったストラップの部分が輪っかになって外にはみ出ていたんですよね。
でも新型は、あまったストラップも内部に収納できるシステムになっていた。

DSCN4734vea hret(2)
( ;゚ω゚)……!!
新型は長い時も短い時もショルダーストラップの端が余らないよう設計。
自転車での走行中も邪魔にならない。
しかも長さ調整は、見ての通り片手でワンタッチ感覚。

旧モデルだと余ったストラップが、非常に邪魔で不満だった。
使用した事が無い方には、何を驚いているの訳が分からないだろうが。
私にとってこの改良は、かなりショッキングな出来事だった。
DSCN4732vfad.jpg
旧モデルより、実にスムーズにストラップ(ベルト)調節が出来て、ちょっと感動。
しかも、以前のTIMBUK2 Classic Messenger って記事が堅牢というか、ごつごつした感じだったじゃないですか?
新型の記事は柔らかくて、手触りがシルキー? になっている。
DSCN4735vfea.jpg
バッグ内部を観察させてもらう。
防水加工TPUライナーしてあるので、雨の日はもちろん平気だ。
横から入れられる隠しポケット、「ナポレオンポケット」も健在。
収納可能PCサイズはSサイズだと 13インチ以下。
(ちなみに、マック規格の13インチ。TIMBUK2のPC収納規格はマックノートが基準になっている)

ぶっちゃけ、鬼の様な収納性は新型も健在。
DSCN4745vea (1)
(´・ω・`)とりあえず新型はショルダーストラップと、留め具、生地が劇的に使い易くなっていたんですね。
体への密着感が、なぜか心地いい。
旧モデルって堅牢な生地だった分、体に馴染むまで時間がかかったじゃないですか?
新型は、いきなり体にフィットしてくれるから素敵。

DSCN4739vga (2)
TIMBUK2 Command pack 旧3年前のモデル
あと仕事用で、15インチのPC用バックパックを探していたので色々提案してもらう。
これは営業さんが使用しているTIMBUK2のバックパックモデルだそうだ。
一年位使用しているかと思って聞いてみたら、なんと3年使用しているという。
全然傷んでいなくて、ちょっと驚く。
上ポケットあたりにスマホとかも収納可能。
DSCN4738bgs.jpg
背中にクッション素材が付いている。
肩のベルトと背中クッション部が体に密着している。
ですのでしょってみて、肩と背中が凄い楽だった。
DSCN4739vga (1)
ポケットも複数あるので、私物用と仕事用に分けて使える。
(´・ω・`)撮影に気楽に応じてもらって、ありがたい。
DSCN4741gbs (2)
本来なら内部にPC固定用ストラップも付いているが、結構いい加減に放り込んでも平気だそうだ。
そういえば、自分もそんな感じだ。

71Xozil5k (2)
TIMBUK2 Authority Pack
管理人の場合、TIMBUK2 Authority Pack がお勧めだそうだ。

(´・ω・`)このモデルは会場には無かった……
バイクに乗っていない方にも(特にビジネス関係)、人気があるモデルだそうです。
71Xozil5k (1)
15インチPC収納可だし、何と言ってもビジネスでもブラック系なら全然使用可能。
(´・ω・`)なるほど……確かに使い勝手や機能性は良さげ。
若干フォーマル感もあるので、お仕事に持っていっても全然違和感がなさそうだ。

DSCN4760v fa (2)
TIMBUK2 Armory Pack OS Jet Black Static  552-3-1165
(´・ω・`)あとこれはアマーリーパック。
DSCN4753vfad.jpg
型番は552-3-1165。
前方に担ぎながら、アクセス可能な縦ポケットが付いているのがポイント。
若干カジュアル向きですね。
これはこれで、私用やプライベートにいいかな。
61ffhj.jpg

あとパックパック内部の収納スペースも、モデルごとに異なるということか。

2017年11月12日 トラックバック(0) コメント(0)

BROOKS B3 LARGE BAG (ブルックスB3ラージバッグ) 公立大学ロイヤル・カレッジ・オブ・ アートとのコラボ作品



IMG_0881vf (1)
BROOKS B3 LARGE BAG (ブルックスB3ラージバッグ)とい
うのが出るんですね。
ブルーノの前三角部にこうやって配置できるんだ。
ロンドンに本部を置く英国の公立大学ロイヤル・カレッジ・オブ・
アート(The Royal College of Art, RCA)とのコラボレーション作
品だとか。

英国王室美術大学がデザインに一枚噛んでいるのか。
なんかカッコイイですね。
IMG_0881vf (2)
蓋の部分をトップチューブに引っかける構造。
BROOKSサドルの生産技術と同様、革を立体成型する方法で作られ
たレザーバッグだそうで、ブルックスサドルと同じ製造機械で制作され
たとか。
細身のクロモリフレームなどに、合いそうですね。

IMG_0871vf (2)
イギリスのブルックスサドルの工場で生産されているので
メイドインイングランドか。
こうやって、ブルックスサドルとコラボで使うのも良さげ。

デザインは全部で3サイズ。(ブラック、ハニー、ブラウン)
B3バッグはシリーズ内最大容量。
日常で使い勝手の良い大きさにデザインされています。
普段はショルダーバッグとして、自転車に乗っているときは
フレームバッグとして楽しめる。
(付属のショルダーストラップは取り外し可能)
IMG_0871vf (1)
ドロップハンドルに使用しているのはブルックス
LEATHER BAR TAPE レザーバーテープ。
ブルックスサドルと同様の革を採用。
ここまでブルックスで固めると、スイスデザインの
ブルーノながら英国感を強調した雰囲気が出ます。
BROOKS(ブルックス) B3 LARGE BAG (B3ラージバッグ)

2015年08月05日 トラックバック(0) コメント(0)

BROOKS  GLENBROOK (ブルックス グレンブルックサドルバッグ) ブルックスの最新サドルバッグをチェックしてみる。

imgrc0064042212juh.jpg
ブルックスの最新サドルバッグをチェックしてみました。
やはりサドルバッグもブルックスゲームバッグの様に、
レザー系素材ではなく、キャンパス生地路線に舵を切って
います。

英国デザインを楽しめるだけではなく、エコを配慮したサ
ドルバッグとしても、ちょっといいですね。

BROOKS  GLENBROOK (ブルックス グレンブルックサドルバッグ)
1950年代のブルックスサドルバッグデザインをリデザインしたそうです。
何をどうデザインし直したかというと、以前は人口革製だったのが
bluesign認定のコットンキャンバスに変更。
要はエコ路線に舵を切ったサドルバッグという事ですね。

サイズ W 38 X H 18 X D 16cm
サイドポケット付き。
容量 10L


10Lという容量は、サドルバッグとしてもかなり大型の部類
に入るタイプ。
なのに、スタイリッシュ。
英国ブラックカラーを楽しめるカラーリングなので、ブラックカラー
系フレームとかにも似合いそうだ。
imgrc0064042213.jpg
GLENBROOKは左右2つのサイドポケットがあり、ウォレットや
スマホなど取り出しやすくなっている。
やっぱりサドルもブルックスだと、より英国感が増しません?
imgrc0064042214.jpg
バッジがカッコいい。てか自転車用とは思えない。
imgrc0064042215.jpg
収納スペースには工具類、オイル缶、軽めのジャケット、新聞、
あるいはランチなどを収納するだけの容量を有している。
となると、ブルックスサドルバッグモデルとしてもかなり大型
と言う事になりますね。
imgrc0064042218.jpg
キャンパス生地がメインのバッグだけど、細部にBROOKSレザー、
レザー仕上げのストラップを使用。
このあたりはやはり英国ブルックスだけあって、革製品を使うのに
長けています。
imgrc0064042219.jpg
ツーリング用にもいけそうだし、これだけデザイン性が高ければ
フォーマルにもいけるか??
デザインの良い英国製バッグとしても、ちょっと個人的に欲しい。
imgrc0064042357.jpg
BROOKS MILLBROOK(ブルックスミルブルック)フロント&サドルバッグ

BROOKS MILLBROOKはハンドルバーに固定して利用を想定していた
そうですが、サドルバッグとしてもいけるそうだ。
フロントバッグとサドルバッグの一つ二役を兼ねるのか・・・・・・。
imgrc0064042354.jpg
こっちはサイドポケットが無いタイプですね。
imgrc0064042352.jpg
カメラ・地図、小さな工具類や食料などが収納可能。
imgrc0064042356.jpg
BROOKS MILLBROOKもストラップが標準で付いてきて
自転車から取り外した際にはバッグとして肩掛け可能。
imgrc0064042546.jpg
BROOKS ISLE OF WIGHT(ブルックス アイルオブワイト)サドルバッグ
ISLE OF WIGHTは標準的なサドルバッグという事になります。
やはりオールレザーでは無く、bluesign認定のコットンキャンバスを
採用。

サイズ W 22 X H 16 X D 15cm
容量 5L
imgrc0064042545.jpg
やはりこのあたりのコンパクトな容量となると、交換用のチューブや、
アーレンキーなどを淹れておく事になりそうですね。
imgrc0064042541.jpg
ストラップにBROOKSレザーを使用しています。
しかし、さすがブルーノ。
どんなブックス製品を持ってきても似合いまくり。
imgrc0064042543.jpg
imgrc0064042542.jpg
防水性に優れた素材で、さらに止水ファスナーを採用。
全天候型のサドルバッグ。
imgrc0064042541.jpg
imgrc0064042544.jpg
BROOKS ISLE OF WIGHTの場合は金属製プレートではなく、
レザーでブックスロゴを表記。
サイズ W 11 X H 12 X D 20cm
容量 1.8L
GLENBROOK(グレンブルック)BROOKS(ブルックス)サドルバッグ

2015年01月28日 トラックバック(0) コメント(1)

BROOKS CORNWALL HANDLEBAR BAG&DEVON PANNIER 英国ブルックスバッグ類を見て見る。

img56894706.jpg
img56894731.jpg
BROOKS  CORNWALL HANDLEBAR BAG(ブルックス コーンウォールハ
ンドルバーバック) 
いいなあ。このブルックスのハンドルバーバッグ。
一個三万クラスか……バニアバッグも一個三万クラスだから合計10万以上か。
サドルもグリップもオールブルックス。

ブルックスのビジュアルパワーはやはり強力。最新のMTBだとしてもパーツを
オールブルックスなら、ここまでトラディショナルになるのか。

img56894755.jpg
おお、このコーンウォールハンドルバーバックの上部は
透明なマップホルダーが付くんだ。
へー、タブレットとかいけるのかな?

6本のスペアスポークを取り付けられるフックも付くんですって。
ツーリング系かあ。
img56894754.jpg
上質な革と防水キャンパスを使用したフロントバッグ。
へえ、これが伝統の防水処理か。
金具も英国製と言う事? かっこいい。
img56894733.jpg
フロントバッグ前部にはD-SHAPED TOOL BAGが付属。
普通にツールバッグまで付いてくるんだ。
携帯ツールや小物を入れておくことが可能。
頻繁にメンテナンスが必要なMTBにもいいかな。
そうか、工具の事まで考えてくれているのはありがたい。
img56894732.jpg
付属のアルミクランプでハンドルバーに取り付けるそうだけど。
普通に外しても使えそうだ。
img56894758.jpg
img56894757.jpg
クッション入れれば、一眼レフとか行けるかな?
さすがに、ちょいと振動が怖いけど。
img56894709.jpg
BROOKS DEVON PANNIER(ブルックスデボンパニア)
なんと左右別売りの高級バニアバッグ。


防水加工を施したコットンキャンバス製に、各部は革による補強を施して
ある。
ちょいと嬉しい事にレインカバー装備。
てか、普通にバッグとして使っても、何も言わなければバニア
バッグと気づくがどれだけいるか……。
いいなあ、取っ手付きなんだ。
img56894710.jpg
固定具ではなく、ファスナーで展開するのか。
なんか小型アタッシュケースみたいですね。
サイズ350×400×180mm
重量2200g
img56894708sfedrg.jpg
リヤキャリアにカムフックで簡単に装着できるサイドバッグ。
見た目はレトロでも、何気にバニアバッグとしてのシステムは
最新なんですね。
おー、これはさすがに今ならではの技術。
img56894707.jpg
サイドとバック部分には小物入れが付きます。
しかもブルックス製の小物入れか。
いいなあ。バイクを乗り変えてもこのブルックスバッグは長期間
愛用できそうだ。

img56894705.jpg
あ、そっか。こうやって旅時に、衣類を収納出来る訳か。
衣類を固定する為の、内部ベルトまで用意されているの?
img56894711.jpg
ちなみにバッグは左右で微妙にデザインが違う用です。
こっちがレフト(左)
img56894713.jpg
こっちがライト(右)
【いいねでP5倍】DEVON PANNIER(デボンパニア)BROOKS(ブルックス)

2014年04月11日 トラックバック(0) コメント(0)