JAMIS スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > JAMIS

2018 JAMIS RENEGADE EXILE  ぶっちゃけ、9万円台で舗装路だろうが、街乗りだろうがツーリングだろうが、様々な局面に対応可能。悪路走破性も、極限まで追求している訳か。



imgrc0068362355.jpg
2018 JAMIS RENEGADE EXILE アノブラック
2018年モデルJAMISアドベンチャーロード「RENEGADE」シリーズ。
その「RENEGADE」シリーズにおける、エントリーグレードが「RENEGADE EXILE 」になります。
一番リーズナブルな価格帯だけあって、コンポーネントは新型クラリスR2000を採用。
(´・ω・`)例の2400系旧クラリスシフター部にあったツノ(触覚)が、新型クラリスの場合消滅。
フロントバッグのスペースを確保出来る点が、大きい。
エントリーモデルということで、フレームはアルミ。フォーク部もアルミ仕様になっている。
imgrc0068362273gse.jpg
2018 JAMIS RENEGADE EXPLOR
ミドルグレードのRENEGADE EXPLOR(SORA)スペックの場合、アルミフレームにフルカーボンフォーク仕様になります。
ハンドルバーはRitchey。タイヤにClement 、サドルにSelle Royalとなかなか良質なパーツを採用。

公式HPにおけるホイールサイズは、両モデル共に 44 and 48サイズは650B 
51, 54, 56, 58 サイズは700cと案内されている。
imgrc0068362350.jpg
フレーム Jamis Size Specific Design frame geometry,6061 aluminum double-butted SST main frame,top tube mounted full cable housing
imgrc0068362353.jpg
シフター Shimano Claris ST-R2000
ヘッドセット FSA Orbit C-40B Internal/External, 1.5 - 1 1/8"

imgrc0068362352.jpg
フォーク Jamis Adventure 6061 air-formed aluminum, tapered aluminum steerer, integrated cable cradles with post disc brake mounts
エントリーグレードのRENEGADE EXILEフロントフォーク部にも、見ての通りボトル台座を用意。
強靭なクラリススペックだし、かなりツーリングやバイクパッキングに向いていそうですね。
imgrc0068362354.jpg
ブレーキ Tektro Lyra mechanical cable actuated disc brake with 160mm wave rotors
ホイール WTB i23 STP disc rims with TCS (UST Tubeless Compliant System), 32H, Formula front and rear alloy 6-bolt hubs and 14g stainless steel spokes
imgrc0068362351.jpg
BB付近のダウンチューブ下にも、ボトル台座が用意されている。
imgrc0068362349.jpg
BB FSA sealed cartridge, 68 x 110.5mm
クランクセット FSA Vero, 50/34T
ディレーラー Shimano Claris RD-R2000 rear and Claris FDR2000 front with 28.6mm alloy clamp

クラリススペックなので、ツーリング向きのアドベンチャーロードとも言えるかな。
新型クラリスのお蔭で、フロントバッグやライト類なども取り付けやすくなりましたし。
低速で走る分には強靭なMTBの様な悪路走破性を生かせるので、街乗りの際走行の邪魔になる段差など一気に突破出来る。
(´・ω・`)宇宙服さえ手に入れば、月面のクレーターや火星だって案外いけるんじゃないですか?
つまり、走行できない路面を探す方が難しいかと。
imgrc0068362348.jpg
imgrc0068362347.jpg
サドル Jamis Road with SL top, front and rear bumpers and satin steel rails
imgrc0068362346.jpg
2018 JAMIS RENEGADE EXILE インフェルノ

タイヤ Clement X Plor MSO, 700 x 36c, 30TPI with protection belt
RENEGADEシリーズは殿もどのモデルも共通して、Clement製シクロクロスタイヤを用意している所が良心的。
いいなあ……エントリーモデルながら、太いタイヤサイズもいける点がちょっと嬉しい。
悪路走破性も、極限まで追求している訳か。

9万円のアドベンチャーロードにしては、10.9kgの重量に抑えている点も注目。
(´・ω・`)ミドルグレードのRENEGADE EXPATの重量は10.4kg。
エントリーグレードのRENEGADE EXILEも、重量面においてなかなか健闘していますね。
2018年モデルRENEGADE EXILEは、新クラリスを採用した事によりツーリングにより向いている志向になってきました。
または、強靭な悪路にも使対応可能なスポルティーフ風アドベンチャーロードとして、遊んでも楽しいか。
ぶっちゃけ、9万円台で舗装路だろうが街乗りだろうがツーリングだろうが、様々な局面に対応可能な点が凄く好き。
ある意味、一台で3役位こなしてくれそうだ。
【P最大12倍(2/11 10時より・エントリ含)】2018モデルJAMIS(ジェイミス)RENEGADE EXILE CLARIS(レネゲードエグザイル)シクロクロスバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2018年02月12日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 JAMIS RENEGADE EXPLOR(レネゲードエキスプロー)   アルミグラベルロードの軽量化を狙って、アルミフレームへ、一気にフルカーボンフォークを採用。


imgrc0068362279.jpg
2018 JAMIS RENEGADE EXPLOR(レネゲードエキスプロー) ARMOR GREEN

先日試乗した2018年モデルのJAMIS RENEGADE EXPATがクロモリ&Tiagra仕様でしたが。
この2018年モデル新型RENEGADE EXPLOR(SORA)はアルミフレームへ、一気にフルカーボンフォークを採用。
ジェイミスアドベンチャーロードモデルにおいて、軽量性を狙ってアルミフレーム&フルカーボンフォーク仕様を投入した新型ですぜ。

(´・ω・`)2017年モデルの、ジェイミスのSORAスペックアルミアドベンチャーロード「RENEGADE EXILE」はアルミフォークでしたが。
2018年からカーボンフォーク化し、名称もRENEGADE EXPLORとなったのですね。
しかもカラ―名が「ARMOR GREEN」まるで陸戦型 
imgrc0068362271.jpg
(´;ω;`)しかも上位モデル同様に44cm,48cmには、あの極太650Bロードプラスタイヤを採用しているんですぜ?
この画像サイズは700X36Cを装着していますね。
700×36Cサイズだって、普通にMTBじみた悪路走破性と安定感があるんだから恐ろしい。

imgrc0068362277.jpg
フォーク Jamis Adventure ECO monocoque carbon composite fork
ECOフォークは車体を安定させ、最大40Cまで対応するタイヤクリアランス。
しかも上位モデルと同様に、なんと12mmスルーアクスルフルカーボンフォーク仕様。

2017年モデルのJAMIS RENEGADE EXILE(アルミフレーム&SORA仕様)は、アルミフォーク仕様。
2018年モデルのJAMIS RENEGADE EXPLOR(アルミフレーム&SORA仕様)はなんとフルカーボンフォークにバージョンUP!

もちろんフロントフォークにはボトル台座を用意。
シェラフとかテントとか、フロントフォークにキャリアーを取り付けて装着可能。
imgrc0068362278.jpg
ブレ-キ TEKTRO LYRA メカニカルディスク 160mm rotors
51/54/56/58サイズタイヤ:Clement X Plor MSO, 700 x 36c,

(´・ω・`)多分フォークに取り付けてあるのは、Blackburn OUTPOST CARGO CAGE(アウトポスト カーゴケージ )ではないかと。
その気になれば1.5Lどころか2Lのペットボトルも取り付け可能というから頼もしい。
imgrc0068362276.jpg
フレーム 6061 ALUMINIUM DOUBLE BUTTED
クロモリのRENEGADE EXPATは、クロモリらしく快適性が高かったけど。
「重さ」を軽減したクロモリフレームだったんですよね。

アルミフレームのRENEGADE EXPLORはどういう感じになるんだろう?
ただ、あのロングライド系に強いジェイミスが作ってきたアルミアドベンチャ―なので、乗り心地や快適性を高めてあるはず。
imgrc0068362275.jpg
ダウンチューブ下にツールボトル、ダウンチューブ上部にボトルを配置してある。
(多目的に使えるように、複数のボトル台座を用意してある)
imgrc0068362273.jpg
2018 JAMIS RENEGADE EXPLOR(レネゲードエキスプロー) Cream Stout
44cm,48cmには650Bロードプラスタイヤ(Clement 650x42C)を用意。
新規格ROADPLUS(ロードプラス)タイヤ仕様のRENEGADE EXPLORは、正にSUVですね。
米国系グラベルロードやアドベンチャーロードらしく、競技性よりも悪路走破性を限界まで高めている。
(´・ω・`)ある意味、「最強クラスの悪路走破性」を保有したアルミアドベンチャーモデルなのでは?
imgrc0068362266.jpg
imgrc0068362264.jpg
シフター Shimano SORA Dual Control STI, 18-Speed
サドル Selle Royal Seta

一見バイクパッキングは、バッグ類の重量がかさみそうですが。
オストリーブの新型バイクパッキングシリーズは軽量性を重視しているので、バッグ類を取り付けても重量を抑える事が可能。
折角の軽量アドベンチャーロードなので、バッグ類でも軽量化にこだわってみても面白そうです。
imgrc0068362265.jpg
imgrc0068362270.jpg
44/48サイズタイヤ Clement 650x42C
imgrc0068362272.jpg
imgrc0068362268.jpg
imgrc0068362267.jpg
パーツ F/Shimano SORA R/Shimano SORA
クランク FSA VERO 50/34T
カセット Shimano HG400 9Speed 11-32T



( ゚∀゚)アハハ しかし、流石にジェイミス。
米国で流行しているアドベンチャーロードに、とことん力を入れていますね。
なんとなく時代の流れが、ジェイミスに傾いている感があります。
【P最大22倍+最大5000円オフクーポン(2/6 0時まで)】2018モデルJAMIS(ジェイミス)RENEGADE EXPLORE(レネゲードエキスプロー)アドベンチャーロード・シクロクロスバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2018年02月06日 トラックバック(0) コメント(0)

JAMIS RENEGADE EXPAT(ジェイミス レネゲードエキスパット)試乗体験インプレ  SUVの様に「非舗装路」だけではなく、「舗装路」での使用も想定。低速で走る事が、カッコいいバイクだ。



DSCN5693cdw (2)
2018 JAMIS RENEGADE EXPAT(ジェイミス レネゲードエキスパット)

米国ジェイミスのクロモリ系アドベンチャーロード、RENEGADE EXPATに試乗しました。
正直、どんなユーザーがどんな使い方をしているか知りたくて、ジェイミスの方に伺ってみた所。
「なんでもあり。ロードバイク界のSUVだから」
という返答が。
なるほど、SUVの様に「非舗装路」だけではなく、「舗装路」での使用も想定しているのか。
(´・ω・`)正直乗り手の欲求しだいで、いかようにも対応してしまうモデル。

ツーリングや、通勤、通学、山道、ロードとして、JAMIS RENEGADE オーナーの使用方法も多種多様。
いずれにしても、ジェイミスのアドベンチャーロードは未体験だったので、興味津々で試乗。
cdsdcw
フロントフォークにはボトル台座を用意。
バイクパッキングスタイルにも、即対応可能。



JAMIS RENEGADE EXPAT試乗体験インプレ
(´・ω・`)あれ? 重くない。
むしろ、グラベルロードやシクロクロスモデルと比較しても軽い部類に入るかな。
実は、スタート時「クロモリだから、多少は重みがあるんだろうな?」
と身構えたのですが。
ダブルバテッドクロモリなのが、効いているのかもしれない。
(レイノルズの520ダブルバテッドクロモリをフレームに採用)
DSCN5697cwd (1)
51/54/56/58サイズタイヤ:Clement X Plor MSO, 700 x 36c,
44/48サイズタイヤ:Clement 650x42C


(低速でのコントロール性、悪路での走破性が抜群)
おおっ……凹凸がある路面を軽々と走破していく……
しかもRENEGADE EXPATって、低速でのコントロール性がずば抜けていますね。
ここまで速度が出ていなくても、安定感があるとは。
(なんだか、低速だとMTBに乗っているような、頼もしさがある)
(´・ω・`)そうか、無理に速度を出さなくてもここまで、走り易いのか。
これなら、多少の起伏のある路面や、砂利道でも軽々と走破してしまうだろうな。
DSCN5697cwd (2)
(速度を出してみる。速度に乗り易いし、巡行性能高め)
RENEGADE EXPATで、速度をだしてみましたけど。
これ、速度に乗り易いですね。
しかも、巡行性能が高い。
時速20~25kmあたりの一定のペースで、無理なく走れます。
速度に乗ってくると、RENEGADE EXPATのフィーリングが、MTB➝ロードバイクに変化していく過程が楽しい。
しかも、走行中「休める」のですよ。
(´・ω・`)走行中、あまりに乗り心地が楽だったのでフレーム上で「休憩」している感覚にまで襲われる。
これ、長距離を走破するのにかなり向いているバイクですよ?
DSCN5698dcs
(MTB代わりに、RENEGADE EXPATは使えるか?)
(´・ω・`)使える。走破性に加えて、先述した通りかなりコントロール性能が高い。
荒れ道向けに推奨したい位だ。
逆に、ロード代わりにも使える懐の広さがある。
ロード特有の巡行性能も獲得しているので、スピード感を楽しむ事も可能。
悪路走破性と巡行性能を有しているが、同時に近距離をウロチョロするのにも向いている。
こんだけ低速でのコントロール性が高いのだから、街乗りにつかっても楽しそうだ。
始めてロードに挑む方、逆にロードにかなり乗り慣れている方向け。

DSCN5699xqd
csdかscd
F/Shimano TIAGRA
クランク FSA Omega MegaExo compact double, 50/34T

DSCN5693cdw (1)
R/Shimano Tiagra
カセット:Shimano 10-Speed 11-32T

(´・ω・`)もちろん悪路などの走破性も高いですが。
いくらか、ロードバイクとしての走行性能も残してある印象を受けました。
今回は700×36Cでしたが、仮に25Cあたりにすればかなりロード寄りの性能になるはず。
DSCN5690cd
フレーム Jamis Adventure Frame, Reynolds 520 double-butted SST chromoly main tubes
(´・ω・`)クロモリ特有の「重さ」を軽減したクロモリだと思う。
クロモリフレームながら重さは感じにくいし、コントロール性能の高さから、謎に体が安らぐはずだ。
「フレームの上で休憩しながら走れるバイク」。
正に低速で走る事が、カッコいいバイクだ。
DSCN5691cdw (2)
サドル Selle Royal Seta
DSCN5691cdw (1)
ブレ-キ TRP Spyre メカニカルディスク 160mm rotors
(´・ω・`)このTRP Spyreメカニカルディスクブレーキのお蔭で、低速時まるでMTBに乗っている様だった。
オンロードでもオフロードでも使い易いブレーキ。

(JAMIS RENEGADE EXPATはハマる方には、相当ハマるアドベンチャーロードだ)
確かに乗り手に応じて、感想もかなり変わってくるだろう。
(´・ω・`)低速でのコントロール性の高さは、ずば抜けている。
しかしながら同時にツーリング系バイクよりは、はるかにRENEGADE EXPATの方が「快速性を誇る」点も見逃せない。
初めてのコースを走る際に、RENEGADE EXPATはどんな路面状態でも、臨機応変に対応してしまうだろう。
風景を眺めたりして走るのに、これほど向いているモデルはないかもしれない。
【ポイント最大10倍】2018モデルJAMIS(ジェイミス)RENEGADE EXPAT(レネゲードエキスパット)アドベンチャーロード・シクロクロスバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2017年12月12日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 JAMIS RENEGADE EXPAT フレームサイズ44cm,48cmには、新規格650Bロードプラスタイヤを採用!

imgrc0068173595.jpg
2018 JAMIS RENEGADE EXPAT

2016/2017連続で、即完売をしてしまったアドベンチャークロモリロード「JAMIS RENEGADE EXPAT」2018年モデルが早速登場!
(´・ω・`)今回の2018年モデルは、低身長ライダーにも対応したサイズ44cmサイズを追加を用意するそうです。
しかもなんと、44cm,48cmサイズには新規格650Bロードプラスタイヤを採用!!!

(注目点)

①JAMIS RENEGADEシリーズに44cmフレームサイズを追加。
②フレームサイズ44cm,48cmには、新規格650Bロードプラスタイヤを採用し低いスタンドオーバーと快適な走行性能を両立しています。
③51/54/56/58フレームサイズのタイヤには、クレメント700 x 36Cを採用



20245726_1074084862725694_3723361316023287278_n.jpg
左が新規格650Bロードプラスタイヤ650B×47C、右が700×30C

新規格、ROADPLUS(ロードプラス)
シクロクロスバイクを650Bにインチダウンしたホイールに、650B×47Cというボリュームのあるちょっと太目なスリックタイヤを装着。
ホイールが小さくなるが、エアボリュームのあるタイヤを持たせたという事か。
( ;゚ω゚)……なんと650B x 47Cのタイヤの直径で、700×30Cと同等のサイズを有する!
あわわわっ……

ロードにエアボリュームを持たせて、MTBの様な走破性とロードの速度を楽しめる規格という訳ね。
その代わりエアボリュームのあるタイヤを装着するので、チェーンステー当たりのクリアランスも重要になってくる。



imgrc0066257428.jpg
もう一つの新規格650Bロードプラスタイヤを採用するメリットは、やはり走破性。

44/48サイズタイヤClement 650x42Cの乗り心地や走破性は、51/54/56/58サイズに採用されたClement X Plor MSO, 700 x 36cよりも更に高まるそうだ。
更に堅牢で走破性の高いRENEGADE EXPATクロモリフレームとの、相乗効果も期待できる。
(後日、51cm以上のサイズに650Bのホイールを装着する事もいけるそうだ)

(´・ω・`)そんだけエアボリュームが巨大という訳か。逆に低圧に落とすことで小回りを利かせる事もいけるか。
なるほど……650Bロードプラスタイヤにするとタイヤのグリップ性能も向上するんですね。

個人的に大量に荷物を積載して長距離走る分には、650Bロードプラスタイヤって惹かれるな。
安定感が良さげだ。
imgrc0068173596.jpg
今回の2018 JAMIS RENEGADE EXPATには、REYNOLDS 520 ダブルバテッドスチールを採用。
エアボリュームのあるタイヤを装着した、クロモリってどんな走行感なんだろう??
ある程度タイヤが、快適性や衝撃をクロモリフレームより先行して処理してしまいそうだ。

今回の2018年モデルは、新デザイン&カラーでいくそうです。

imgrc0068173597.jpg
このフレームはcoda compですが。フレームカラーこれでいくんですね。
2017年モデルのパラディウムカラーも渋かったけど。鮮やかになった印象。
パーツにはShimano TIAGRAをメインコンポ。

■モデル名:RENEGADE EXPAT(レネゲードエキスパット)
■フレーム:Jamis Adventure Frame, Reynolds 520 double-butted SST chromoly main tubes
■フォーク:Jamis Adventure ECO monocoque carbon composite fork
■パーツ:F/Shimano TIAGRA R/Shimano Tiagra
■シフター:Shimano Tiagra Dual Control STI, 20-Speed
■クランク:FSA Omega MegaExo compact double, 50/34T
■カセット:Shimano 10-Speed 11-32T
■ホイール:WTB
■変速:20段変速
■ブレ-キ:TRP Spyre メカニカルディスク 160mm rotors
■51/54/56/58サイズタイヤ:Clement X Plor MSO, 700 x 36c,
■44/48サイズタイヤ:Clement 650x42C
■サドル:Selle Royal Seta
■重量:10.8kg
■フレ-ムサイズ別適合身長
44cm/148cm~158cm
48cm/158cm~168cm
51cm/165cm~178cm
54cm/173cm~183cm
56cm/178cm~188cm
58cm/183cm~190cm


(´・ω・`)純粋に……新規格ROADPLUS(ロードプラス)版タイヤサイズを装着した、RENEGADE EXPATに乗ってみたい……。
でも、51/54/56/58サイズタイヤに装着したClement X Plor MSO, 700 x 36cでも走破性を伴ったアドベンチャーロード独特のスピード感が楽しめそうだ。
【P最大8倍(7/31 0時まで)】2018モデルJAMIS(ジェイミス)REN...

2017年07月30日 トラックバック(0) コメント(1)

新型ジェイミスカーボンキラー JAMIS ICON PRO TEAM LIMITED(ジェイミス アイコンプロ チームリミティッド)

imgrc0067851882.jpg
JAMIS ICON PRO TEAM LIMITED(ジェイミス アイコンプロ チームリミティッド)
ジェイミスの、新型チームリミテッドICONモデルではないですか?
いいな…・・・チームカラーのブルーの配色がジェイミスっぽくていいな。

全体的にエアロというか、ハイドロフォーミング形状を効かせて角ばっていますね。
でも、カーボンフレームとは違いトップ&ダウンチューブは細目に設定。
そうすることで、カーボンバイクに迫った衝撃吸収性を確保したそうな。
(ベースは2017年モデル海外アイコンディスク。このJAMIS ICON PRO TEAM LIMITEDは日本限定のキャリパーブレーキ仕様。米国のジェイミスアイコンシリーズは、ほぼディスク化仕様になっている)

BBはプレスフイット30。パワー伝達性も強化した新型アルミ。
しかもジェイミスらしく、American Classic製ホイールを採用。
重量はカーボンキラーの異名を持つだけあって8.2KG(51cm) ですよ。
ある程度速度に乗ってからの、加速性、推進力があるそうな。

そういえば今度新型TTバイクがJAMISから登場するとか。
(Silber Pro Cyclingチームに供給予定)
最近ジェイミスモデルって、勢いがあって面白いな。
imgrc0067851880.jpg
シフター Shimano 105
ハンドルはリッチーコンプ ロジックカーブ
imgrc0067851879.jpg
フォーク Jamis full carbon composite
フォーク内側にボリュームを持たせて剛性を強化。
KEMOとかもそうだけど、最近フォークにボリュームを持たせることが流行しているのかな。
imgrc0067851874.jpg
フレーム Aluminum 6061 double-bu tted main frame
トップチューブが今回の新型から、扁平形状に進化しましたね。
うーん、正にジェイミスらしいカラーだ。
imgrc0067851878.jpg
Synthesisを活用し、ハイドロフォーム、ダブルバテッド、最適なパイプ径はアルミ独特のカチッとした乗り心地に合わせて、サドル上の垂直快適性を両立させた新世代のアルミバイクで、乗り心地は非常に安定感がありシルキーなのが特徴。
imgrc0067851871.jpg
パーツ R/Shimano 105 F/Shimano 105
クランク Shimano 105 FC-5800, 50/34T
カセット Shimano 11-28t
imgrc0067851875.jpg
imgrc0067851876.jpg
TEAM JAMISレプリカカラー
imgrc0067851869.jpg
ブレ-キ Tektro R540
imgrc0067851872.jpg
ホイール American Classic ACRD2218 wheelset
タイヤ Vittoria Zaffiro, 700 x 23c

ホイールには価格面において単体で全モデルより20,000円アップした軽量ホイールを採用。
チューブレスバルブキットも付属しており、チューブレス化も対応したホイールです。
imgrc0067851870.jpg
最近デリバリーが開始されたばかりの新型ですが、評判は良いようですね。
本当はカーボンモデル「ゼニス」も良質な性能なんだけど。
日本国内においては、「カーボンキラー」の名前が定着したICONシリーズのほうが人気ありますよね。
何気に良質なカーボンモデルを製造しているブランドだからこそ、カーボンキラーアルミモデルのノウハウも持っている訳で。
【P最大13倍(4/25 0時まで・エントリ含)】チーム限定モデルJAMIS(ジェイミス)ICON PRO TEAM LIMITED(アイコンプロ)アルミロードバイク【送料プランC】 【完全組立】

2017年04月25日 トラックバック(0) コメント(0)