スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び

2018 KUOTA KOBALT 長期に渡って愛されるロングセラーなカーボンモデルの秘密とは?

43a4b980f2afb7f60_5.jpg
2018 KUOTA KOBALT グレー/イエロー
(´・ω・`)もはや「伝統」になりつつある、エントリーカーボンモデル「KUOTA KOBALT」。

2015年モデルに一度モデルチェンジ、丸形シートポストに見られるようにオーソドックスなカーボンフレーム形状を採用。
当時としては、圧倒的なコスパを誇るエントリーモデルでしたが、その傾は現在でも変わらず。
クセの無い、素直なライディングフィールが持ち味。
見ての通り、上半身上向きのアップライドな姿勢で楽しく走る事が出来る。

とはいえエントリーモデルながら、BB386仕様を2015年モデル当時からいち早く取り入れた機種だ。
更に完成車だとコンポーネントはミックスではなく、徹底してフルシマノ路線なので好感が持てる。
2017年モデル採用の7色に及ぶカラーリング展開が好評だったので、2018年モデルも7色を引き継いだ形に。

2015年モデルは、当時新型として登場したSHIMANO 105仕様で定価 ¥219,800だった。
(´・ω・`)今2018年モデルの価格を見てきたけど196,992円 (税込)。
リーズナブルなカーボンモデルとしての地位は健在ですね。
もし仮に2019年モデルもこの仕様のままなら、長期に渡って愛されるロングセラーなエントリーカーボンモデルになりそうです。
cc-kuota-kryon105_20htehyr.jpg
2018 KUOTA KRYON
快適性を重視したエンデュランスロード&エアロ形状デザインの KUOTA KRYON。
価格は246,024円 (税込)
KUOTA KOBALTの価格に4万円程プラスすれば、エアロ性能と快適性を重視したフレームが手に入る訳だ。
(´・ω・`)逆に定番&オーソドックスなカーボンフレーム形状を重視したい方は、KOBALTですね。
43a4b980f2afb7f60_4.jpg
2018 KUOTA KOBALT  グレー/レッド
カラーリング的にはやはりグレー/レッドが一番人気。
43a4b980f2afb7f60_7.jpg
トップチューブは乗り易い様にスローピング形状を採用。
最近エアロ性能が重視されがちなイタリアンカーボンモデルながら、乗り易さを重視したフレーム。
43a4b980f2afb7f60_8.jpg
重量 フレーム:1,090g、フロントフォーク:470g
1000g程度のカーボンに、フルで105仕様というのも、2018年モデルにおいてもなかなか美味しいのでは?
現行のKUOTA KOBALTモデルが登場してきた2015年モデル当初は、まるでミドルグレードカーボンモデルの様な仕様とコスパでしたが。
2018年モデルにおいても、KUOTA KOBALTはやはりコスパが高い印象を受けます。
コスパが高く&仕様が真面目一筋だからこそ、これだけ長い期間続いてきた秘密な訳で。

エントリーモデルながら、ハンドルとステムはイタリアDeda製。
コストを抑えたエントリーモデルというには、何気に豪華な仕様です。
43a4b980f2afb7f60_12.jpg
ヘッドセット  トップ:1-1/8、ボトム:1-1/2
43a4b980f2afb7f60_10.jpg
メインコンポ 105コンパクトクランク仕様、又はTiagraコンパクトクランク仕様
43a4b980f2afb7f60_11.jpg
43a4b980f2afb7f60_9.jpg
ホイール SHIMANO WH-R010(105仕様、Tiagra仕様共通)
トップチューブから繋がる、モノステー形状。
かつては、上位カーボンフレームのみに採用していた形状でしたが。
今ではエントリーモデルにも、普通に採用される時代に。
43a4b980f2afb7f60_6.jpg
2018 KUOTA KOBALT  グレー/ブルー
ハンドル、ステム、サドル  Deda&prologo
【春の早期購入キャンペーン開催中!】KUOTA(クォータ) 2018年モデル KOBALT (コバルト) 105

2018年02月16日 トラックバック(0) コメント(0)

コーダーブルームからなんと「ロックマンロードバイク」が出る!!


rockmanbike12bdgx.jpg
コーダーブルームからなんと「ロックマンロードバイク」が出る!!
「ロックマンレーシング」というロックマン30周年を記念してスタートした架空のチームをイメージしているらしい。

コーダーブルームの正規ディーラーで2月17日に発売予定。
受注生産で、注文後約1カ月後の納車を予定している。
100000033585-l0.jpg
2018 KhodaaBloom Farna SL-105
(´・ω・`)ベースはKhodaaBloom Farna SL-105
完成車重量7.8kgを誇る超軽量アルミモデルをロックマン化。

ロックマンロードバイクは初代ロックマンをイメージしたデザインとなっており、イメージカラーである青を基調に、フレーム上部にはロックマンのイラストや型式番号、フォーク部にはロックバスターのゲージ、その他もおなじみのE缶や1UPアイコンを随所に配置し、ファンにはたまらないロックマンの要素を盛り込みました。
rockmanbike11-655x331.jpg
KhodaaBloomと株式会社ウエイブワンは、カプコンロックマン30周年を記念したコラボレーションデザインのロードバイクとサイクルウエアを同時展開。

ロックマン、ブルース、フォルテの3チームが走りを競うロードレースを想定。
アニメ展開ではなく、名作ゲームのロード化やジャージ化って奴ですね。
架空のチームでありながら 日本を代表するコーダーブルームとウエイブワンのタッグを組んで展開されるアイテムは高性能、高品質で実際のレースにも使用可能だそうだ。

rockmanbike08.jpg
ロックマンイラスト トップチューブ上部にロックマンのイラストを配置
Farna SLのトップチューブは、角形だからイラストが生えやすい訳だ。

rockmanbike09.jpg
ロックマンロゴ
トップチューブ側面部にロックマンロゴをデザイン
rockmanbike10.png
ロックマンアイコン
ヘッドチューブにはロックマンの1UPアイコン。
rockmanbike13.jpg
ロックマン30周年記念を祝うに相応しく、世界観を崩さずに細部までこだわりぬいたデザイン。

キャラとレーシングチームの融合を細部にまで追究し、ロックマンの背中にキャラクター達をイメージしたスポンサーロゴ設定を採用。
このロックマン、ブルース、フォルテの3チームが着用するジャージはウエイブワンの高機能吸汗速乾素材フリスカを使用。
快適な衣服内環境を実現する吸汗速乾素材と汗を素早く吸収・拡散し肌面をドライに保つので実際のレースシーンでもご使用できます。
肌触りも柔らかく、さらりとし、優れたUVカット機能も備えています。
コーダーブルーム [khodaa_bloom] 【お店で受取り選択可】 2018(2017継続) Farna(ファーナ)SL-105 ロードバイク

2018年02月15日 トラックバック(0) コメント(0)

louisgarneau LGS-S8 買い物や運搬などの実用的な性能に関して、滅茶苦茶高い完成度を誇る

DSCN4576giu (2)
louisgarneau LGS-S8-J 20型 ミニベロ
(´・ω・`)ルイガノミニベロカーゴモデル旧louisgarneau MV CARGOが、「LGS-S8」という名称になった様だ。
406ホイール&アルミフレーム路線に変更はなさそうですね。
個人的に気になった点は、両立スタンドになっていた点かな。

フレーム一体型のリアキャリアは耐荷重27kg まで対応。
(※後ろ子供乗せの取り付けは出来ません。)
DSCN4576giu (1)
SHIMANO TOURNY(7 SPEED) グリップシフターで、リア7段変速操作を行える。
以前はセンタースタンドだったけど、LGS-S8は両立スタンドを採用。
どうも2017年モデル旧louisgarneau MV CARGOも両立スタンドだった様だが。
そうか、最近のモデルはいつの間にスタンド仕様が変更になっていたんですね。
安定性に優れた両立スタンドにより、重い荷物を積んでも倒れにくい構造になった。

長めの車体後部に丈夫なキャリアを載せた、荷物を運びやすい実用的なバイク。
見ての通り、リアキャリアーとフレームが一体型になっている。
この構造のおかげで、バニアバッグなどを積載してもタイヤに干渉しない構造になっている点が嬉しい。
DSCN8554ge (2)
初代 LOUIS GARNEAU LGS-MV CARGO
初代はセンタースタンド仕様。こちらも大量の荷物を積載時においても、安定して駐輪可能だった。
これはこれで、見た目がすっきりしていていいですね。
DSCN8554ge (1)
LGS-MV CARGOはアルミミニベロらしく、スタート時などにおいて加速が鋭いのが特徴。
見た目に反して、スタートダッシュが得意で実に良く走ります。
アルミフレームの特性を生かした走りをしてくれる。

ユーザーさんをたまに見かけますが、どうも買い物用というよりは、普段使いの脚として使用している感がありますね。
(´・ω・`)買い物用やちょっとした荷物積載用に向いていると思えてしまいますが。
実は、ママチャリ代わりとしても何気に使える一台。
流石にスピード系ミニベロには及びませんが、機動性が高いんですよ。

もちろんホイールベースが長いので、異様に安定性が高いのも特徴。
荷物を大量に積載して運送する事にも長けている。
DSCN4575ffty
フロントバスケット付き。
タイヤ KENDA K893 20"(406)X1.95"


(´・ω・`)グリップシフターなので、ハンドルを握ったまま変速操作が可能。
だから、荷物を積載してもハンドルから手を放さずに済む。
ブレーキはクロスバイクやMTBにも使用されるV-BRAKE仕様なので、ブレーキ力はしっかり確保してあった。
将来的には、重量がかさむけどディスクブレーキ化しても楽しそうだ。

またタイヤサイズは太目なので、荷物を積載しても安定感があります。
(通常のミニベロよりも、路面状態の変化に対応出来る)
DSCN855gr3 (2)
これは旧モデルのバスケット部だけど、基本的には変化ないのでは?
バスケットの底に、木製の天板を仕込んである。

(´・ω・`)カーゴバイクの場合、重量物は後方(リア)に配置してあげると走行中のバランスが安定します。
買い物や運搬などの実用的な性能に関して、LGS-S8は滅茶苦茶高い完成度を誇るミニベロなんですよね。
折り畳み後の運搬や、ロードの様な高速性に特化したミニベロではなく、運搬や買い物をメインにミニベロを使用したい方にはうってつけ。
ルイガノ [louisgarneau] 【お店で受取り専用】 LGS-S8-J 20型 ミニベロ[CBA-1]

2018年02月14日 トラックバック(0) コメント(0)

最強の強度を誇るアドベンチャーだ!  MASI GIRAMONDO 27.5  27.5インチサイズのブロックタイヤを有した、アドベンチャーバイク!


DSCN5496bgfs (2)
MASI GIRAMONDO 27.5
アドベンチャーバイクMASI GIRAMONDO 27.5は、なんと2.1インチ幅のマウンテンバイクタイヤが装着されています!
マウンテンバイクで主流となった27.5インチサイズのブロックタイヤを標準装備!
圧倒的なボリュームを誇るアドベンチャーバイクで、むしろ悪路ウェルカムの仕様だ。

Masi Giramondoには700Cモデルもあるんですよね。それを一気に27.5インチサイズブロックタイヤ化したんだから、凄まじい。
(フレームは共通だそうですが、フォークが異なるそうだ)

700Cモデル特徴を有しつつ、MTB系タイヤを採用することで走破性を更に強化。
しかもドライブトレインも強靭なMTB系コンポを用意。
タイヤやコンポーネントに関して、徹底した強靭化を図っていますね。
MTB系ディオーレパーツをドライブトレインに用意。
変速操作はバーエンドシフター仕様なので、シフター部ですら頑丈な構造になっている。
(フロントトリプル&リア10SPEED)

ハンドルバー WTB Mountain Drop Bar
ステム  Brev. M 3D Forged Alloy

MTBパーツメーカー「WTB」のドロップハンドルバー。
やはりバーコン仕様なので、フロントバッグを取り付ける際、ケーブルが邪魔にならない構造になっています。
ci-625037_spec1.jpg
ci-625037_spec2.jpg
MASI GIRAMONDO 27.5の場合、完全に悪路専用アドベンチャーツーリングロードといった趣ですね。
悪路を前提とした、ツーリングか……
MTBにツーリングロードの様な、巡行性能を保有させたのがMASI GIRAMONDO 27.5とも言える。
クロモリ系ツーリングロードが、MTB化というアイディアはちょっと面白い。
DSCN5496bgfs (1)
ホイールセット Brev M. Disc Tubeless Compatible / Alloy Sealed Bearing, QR, 32h / Stainless 14g
タイヤ WTB Nano Comp 27.5x2.1"
(´・ω・`)悪路というか、秘境すらも荷物を積載して突破しそうな迫力だ。
MASIのクロモリ系グラベルロードやアドベンチャーロードは、700Cでも悪路を粉砕しそうな勢いのある走りをする。
「軽さ」は全く期待できないが、走行中の「破壊力」なら他のグラベルロードやアドベンチャーロードと比較しても特級品。
ci-625037_2.jpg
フォーク Stright Blade Segmented Disc Chromoly
ブレーキ Promax DSK300R Mechanical Disc

フォークにはダボ穴が用意されている。見ての通りフェンダー取り付け、ボトルケージ取り付けなど様々なシチュエーションに対応。
ツーリングにおける積載性や水分補給などを、重要視している。
コンビニや自動販売機がない状況で水分や物資を、自力で確保する事を前提としている構造だ。
DSCN5498fssf (1)
フロントディレーラー Shimano Deore T6000
クランクセット Shimano Deore 44/32/24T
マジのクロモリ系フレームに、クロモリ系フォークの場合って実際に強靭なんですよね。
(´・ω・`)価格を抑えて、「頑丈さ」「強靭さ」を獲得したアドベンチャーロードという見方もある。

コンポも強靭なDeoreスペック。
DSCN5498fssf (2)
リアキャリアーを取り付けると、こんな感じか。
フロント44/32/24T、リア11/36T なので上りや、荷物を積載してのツーリングにも対応可能。
バイクパッキングよりも更に、重量物を積載する事前提の構造や仕様なんだろうな。
ci-625037_4.jpg
リアディレーラー Shimano Deore T6000
カセット  Shimano HG-50 11/36T 10-spd

ci-625037_3.jpg
アドベンチャーロードの強度を、限界まで高めたアドベンチャーバイクですね。
仮にツーリングロード視点で見ても、最高クラスの走破性と耐久性なのは間違いない訳で。
【春の早期購入キャンペーン開催中!】MASI(マジー/マジィ) GIRAMONDO 27.5 (ジラモンド27.5)[グラベルロード][ロードバイク・ロードレーサー]

2018年02月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 JAMIS RENEGADE EXILE  ぶっちゃけ、9万円台で舗装路だろうが、街乗りだろうがツーリングだろうが、様々な局面に対応可能。悪路走破性も、極限まで追求している訳か。



imgrc0068362355.jpg
2018 JAMIS RENEGADE EXILE アノブラック
2018年モデルJAMISアドベンチャーロード「RENEGADE」シリーズ。
その「RENEGADE」シリーズにおける、エントリーグレードが「RENEGADE EXILE 」になります。
一番リーズナブルな価格帯だけあって、コンポーネントは新型クラリスR2000を採用。
(´・ω・`)例の2400系旧クラリスシフター部にあったツノ(触覚)が、新型クラリスの場合消滅。
フロントバッグのスペースを確保出来る点が、大きい。
エントリーモデルということで、フレームはアルミ。フォーク部もアルミ仕様になっている。
imgrc0068362273gse.jpg
2018 JAMIS RENEGADE EXPLOR
ミドルグレードのRENEGADE EXPLOR(SORA)スペックの場合、アルミフレームにフルカーボンフォーク仕様になります。
ハンドルバーはRitchey。タイヤにClement 、サドルにSelle Royalとなかなか良質なパーツを採用。

公式HPにおけるホイールサイズは、両モデル共に 44 and 48サイズは650B 
51, 54, 56, 58 サイズは700cと案内されている。
imgrc0068362350.jpg
フレーム Jamis Size Specific Design frame geometry,6061 aluminum double-butted SST main frame,top tube mounted full cable housing
imgrc0068362353.jpg
シフター Shimano Claris ST-R2000
ヘッドセット FSA Orbit C-40B Internal/External, 1.5 - 1 1/8"

imgrc0068362352.jpg
フォーク Jamis Adventure 6061 air-formed aluminum, tapered aluminum steerer, integrated cable cradles with post disc brake mounts
エントリーグレードのRENEGADE EXILEフロントフォーク部にも、見ての通りボトル台座を用意。
強靭なクラリススペックだし、かなりツーリングやバイクパッキングに向いていそうですね。
imgrc0068362354.jpg
ブレーキ Tektro Lyra mechanical cable actuated disc brake with 160mm wave rotors
ホイール WTB i23 STP disc rims with TCS (UST Tubeless Compliant System), 32H, Formula front and rear alloy 6-bolt hubs and 14g stainless steel spokes
imgrc0068362351.jpg
BB付近のダウンチューブ下にも、ボトル台座が用意されている。
imgrc0068362349.jpg
BB FSA sealed cartridge, 68 x 110.5mm
クランクセット FSA Vero, 50/34T
ディレーラー Shimano Claris RD-R2000 rear and Claris FDR2000 front with 28.6mm alloy clamp

クラリススペックなので、ツーリング向きのアドベンチャーロードとも言えるかな。
新型クラリスのお蔭で、フロントバッグやライト類なども取り付けやすくなりましたし。
低速で走る分には強靭なMTBの様な悪路走破性を生かせるので、街乗りの際走行の邪魔になる段差など一気に突破出来る。
(´・ω・`)宇宙服さえ手に入れば、月面のクレーターや火星だって案外いけるんじゃないですか?
つまり、走行できない路面を探す方が難しいかと。
imgrc0068362348.jpg
imgrc0068362347.jpg
サドル Jamis Road with SL top, front and rear bumpers and satin steel rails
imgrc0068362346.jpg
2018 JAMIS RENEGADE EXILE インフェルノ

タイヤ Clement X Plor MSO, 700 x 36c, 30TPI with protection belt
RENEGADEシリーズは殿もどのモデルも共通して、Clement製シクロクロスタイヤを用意している所が良心的。
いいなあ……エントリーモデルながら、太いタイヤサイズもいける点がちょっと嬉しい。
悪路走破性も、極限まで追求している訳か。

9万円のアドベンチャーロードにしては、10.9kgの重量に抑えている点も注目。
(´・ω・`)ミドルグレードのRENEGADE EXPATの重量は10.4kg。
エントリーグレードのRENEGADE EXILEも、重量面においてなかなか健闘していますね。
2018年モデルRENEGADE EXILEは、新クラリスを採用した事によりツーリングにより向いている志向になってきました。
または、強靭な悪路にも使対応可能なスポルティーフ風アドベンチャーロードとして、遊んでも楽しいか。
ぶっちゃけ、9万円台で舗装路だろうが街乗りだろうがツーリングだろうが、様々な局面に対応可能な点が凄く好き。
ある意味、一台で3役位こなしてくれそうだ。
【P最大12倍(2/11 10時より・エントリ含)】2018モデルJAMIS(ジェイミス)RENEGADE EXILE CLARIS(レネゲードエグザイル)シクロクロスバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2018年02月12日 トラックバック(0) コメント(0)

louisgarneau LGS-R9.2試乗体験インプレ (´・ω・`)久々にRSRシリーズに試乗したけど、スピード性能が強化されていますね。


DSCN5469gdzf (1)
louisgarneau LGS-R9.2 J LGホワイト
6061アルミフレームに、カーボンフォークを採用し、ロードに近いスポーティーな走行性能とデザインを重視したフラットバーロードモデルです。
LGS R9.2はサードグレードにあたり、SORAグレードをフル採用。
ロードにも採用されている最新の角形デザインのトップチューブ。
テーパーヘッドチューブ、ストレートカーボンフォークを組み合わせて、コーナーリング性能も重視した性能だ。
(´・ω・`)見た目が華やかですけど、結構速度が出る鉄砲玉みたいなフラットバーロードです。

LGS-R9.2試乗体験インプレ
旧RSR LGS-RSR3が、サイクルベースあさひ扱いになり名称はLGS-R9.2へ変更。

速いな……馬鹿みたいに速い。
ここまで新型はスピード性重視になっていたか。
(´・ω・`)久々に、RSRシリーズに試乗したけどスピード性能が強化されていますね。
アルミロードに近いフレーム剛性なので、スピードの乗りが実にいい。

画像から分かりにくいが、割とダウンチューブが太目に設定されていた。
アルミロードに近い太さなので、フラットバーロードながら強力な推進力を発揮。
ただ、フレーム自体はクロスバイク専用設計なので乗り易いのですけどね。
DSCN5489gfzd.jpg
ハンドルバー ALLOY FLAT(560mm)
ステム  ALLOY A-HEAD ANGLE 7 DEGREE

DSCN5480gfzd (2)
シフター SHIMANO シフトレバー SL-R3000 左右レバーセット
SORAグレードのフラットバー用のシフトレバーを採用。
フロントはダブルで、リア9速に対応しているので、ロード系ドライブトレインをシフトレバーで簡単に変速操作する形になる。
材質は軽量化にもつながるアルミニウムを採用。上位グレードのコンポーネントと同じブラック/グレーのグロス仕上げに。
エントリー向けコンポーネントの性能が、フラットバーで楽しめる様になっている。

DSCN5472gear (2)
走行中にどのギアか目視で確認出来る(オプティカル・ギア・ディスプレイ)。
ロー側とトップ側にまだどれだけギアがあるのか、確認するのに便利だ。
操作と視認が実にスムーズに行えるのが、子のフラットバーロードの魅力だ。
DSCN5474gfzd (2)
ヘッドセット FSA NO.42B/CUP 1-1/8"/1.5" ALLOY INTERNAL
リアブレーキケーブルはトップチューブに収納。
ケーブルはインターナル仕様だ。
DSCN5494gdz (2)
タイヤ KENDA K1018700X25C
DSCN5492hft(2)
フロントフォーク UD CARBON
カーボンストレートフォークを採用。
フォークの表と裏に、異なるカラーリングを使い分けている。
丸型チューブ+カーボンベントフォーク時代よりも、より最新のロード形状寄りだ。
DSCN5483gfzd (2)
ブレーキ SHIMANO SORA
LGS-R9.2はブレーキ部もSORAスペック。
ハイスピードにも対応出来る。
DSCN5470gds
フレーム 6061 ALUMINUM
一見派手に曲げ加工を施しているシートステーを見ても分かる通り、衝撃吸収性にこだわっている。
スピードを出している最中、その走行をバックアップするかのような衝撃吸収性だった。
お蔭で、速度を維持しやすいし、逃げない。
DSCN5474gfzd (1)
クランクセット SHIMANO SORA 50X34T

後輪の突き上げを滑らかにする、ベント形状のシートステー。
またカーボンフォークの効果もあって、特にアルミフレーム特有の「硬い」という感じが無い。
全体的に直進安定性を重視したフレーム形状をしているけど、やはり以前のRSRシリーズに比べてスピード性能が各段に上がっていると思う。
DSCN5480gfzd (1)

B/B(B/B WIDTH) SHIMANO SORA(68mm)
リアディレーラー SHIMANO SORA

カセット SHIMANO CSHG50-9 11-30T 9SPD
メインコンポーネントにロードスペックのシマノSORA。
ロングライドに強いフラットバーロード仕様だ。
フロントには4アームクランク (50X34T)を採用し、2×9速(11-30T)は平地だけではなく、登りにも強い。
DSCN5477gw.jpg
サドル SDG FLY
シートポスト ALLOY 27.2mm(350mm)

DSCN5469げtgdzf (2)
louisgarneau LGS-R9.2 J グラスグリーン
DSCN5492hft(1)
DSCN5494gdz (1)
重量 9.6kg(460mm)
重量は9kg台と、エントリー系ロードバイククラスの重量を誇る。
スピードの乗りも、他のクロスバイクやフラットバーロードと比較してもかなり速い。
ロードの性能を、フラットバーで再現するのに成功したモデルと言っていいだろう。
見た目、華やかな街乗り系クロスバイクデザインなので、その点がユニーク。
ルイガノ [louisgarneau] 【お店で受取り専用】 LGS-R9.2-J クロスバイク[CBA-1]

2018年02月11日 トラックバック(0) コメント(0)