SPECIALIZED スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > SPECIALIZED

新型グラベル2021 Specialized Diverge Pro  新型チェーンステー「カーボンビーム」!


kutjthetbeeyt54.jpg
2021Specialized Diverge Comp 
Specializedから新型グラベルロードが完全に再設計されて登場しました。
Specializedは、グラベルモデルの新バージョンDivergeを発表。
あらゆる地形でスピード、コントロール、自信を備えたSpecialized Divergeは、これまでで最も優れたSpecializedグラベルモデルです。
今日のグラベル乗りの要求に応えるだけではない、様座ななギミックを搭載したグラベルバイクを作ることにSpecializedは挑戦。より多くの速度、距離、悪路走破性、ショック吸収性、工具の収納性などの課題に取り組んだグラベルバイクとも言えます。
jyrjet54eh (1)
Future Shock 2.0 新世代のハンドルバー油圧ダンピングを搭載!
Specialized Diverge Proのハンドルバーにはなんと、サスペンションが用意されています。
Roubaixロードモデルで最初に提供されたFuture Shock 2.0 バージョン2.0は、最もハイエンドなバージョンであり、今回の新型Diverge上位モデルに移行。

このDiverge the Future Shock 2.0システムは100%油圧式です。
油圧カートリッジは、ステムの上部にあるホイールを回すことで調。
パフォーマンスと快適さを追求して設計されているので、実際のフロントサスペンションに肉薄したサスペンションシステムと言えるでしょう。
(トラベル量は20mmです)
hoy79y97tyiu.jpg
500時間の使用ごとにサスのメンテナンスが必要になります。
メンテナンスの際、カートリッジは新しいもの、または再調整されたものと交換する必要があります。
Specialized社はグラベルライドにおいてペダリングの影響を受けないため、ヘッドチューブの下に配置されたサスペンションが最も効率的であると考えています。

元々Specializedはサスペンションに力を注いでおり、1990年代初頭から最初のフルサスペンションFSRマウンテンバイクの設計を独自に成功。
彼らは、サスペンションが強化されたコントロール、トラクション、パフォーマンス、ライダーの快適さなど様々な利点をもたらすと信じており、今回の新型グラベルSpecialized Divergeシリーズへの導入に繋がりました。
これにより、自信を持ってコントロールできるようになり、手、腕、首を保護しながら、パワーを維持し、荒れた未舗装の道路や、緩い砂利道を操作できます。
Future Shock 2.0のダンパーは調整可能であるため、ラフなものにも対応でき、スムーズな舗装で効率的です。
kjryjhtesfe (1)
また新しいSpecialized Divergeのジオメトリは再設計されました。全体のコンセプトは、グラベルバイクがどうあるべきかではなく、サイクリストのニーズに基づいて再考。
全体のホイールベースは約35mm増加していますが、チェーンステーは425mmと短いです。
チェーンステーが短いと通常はタイヤのクリアランスが少なくなりますが、Specializedは硬くて細いチェーンステイ「カーボンビーム」を導入しこのハードルを回避。


よりリラックスした新型フレーム
リラックスしたステアリング角度、より長いリーチが特徴。
ヘッドチューブが緩く、リーチが長く、コックピットが短い為Divergeは安定しており、砂利道やわだちが多い未知でも優れたコントロール性能を発揮。高速での安定性を高めます。

より長いオフセット
フォークのオフセットを増やしました。

短いチェーンステイ
425mmと短めのDivergeチェーンステーは、優れた加速と俊敏な方向転換を実現。
iktjdhts.jpg

チェーンステイの再発明
グラベル向きの極太タイヤサイズのクリアランスが必要でしたが、Specializedは長いチェーンステイや、ドロップステイ設計とは異なる設計を Divergeへ施しています。
ドライブ側のチェーンステイは、タイヤとチェーンリングの間の細くて固いカーボンビームを採用。
(´・ω・`)細くなおかつ強度のあるチェーンステーで、タイヤクリアランスを確保するという手法をとっています。
jyrjet54eh (2)
2021 Specialized Diverge ProのスペックはシマノのメカニカルシフトGRX 800 2×11砂利グループセット
DTスイスG540ホイールが効率的に転がりを続ける一方で、Pathfinder Pro 38mmタイヤは、滑らかな舗装路、未舗装の道路、砂利道で性能を発揮します。

超高速、超対応、超軽量フレーム
Divergeのフレーム重量は1,000グラム未満。
他ブランドのグラベルレースフレームよりも軽く、優れたグラベル専用フレームです
クライミング、レース、またはフェンダーを取り付け、バイクパッキングなどでツーリング用の荷物を積載してもDivergeは他のすべてよりも速くて軽量。
jryhtedgs (1)
Specializedは、フォークやトップチューブマウントを含む多くのラックマウントをDivergeに用意。
どこまで、またはどのくらい長く滞在する予定でも、必要な荷物を確保できるようにしています。
Divergeのタイヤクリアランスに関しては、700cホイールで47mmのタイヤクリアランス、650bホイールで2.1インチのタイヤクリアランスを確保。
kjwerjtku (1)
必要なものすべてを、必要な場所で取り出し可能,。Diverge SWATキットはダウンチューブに配置されています

グラベルバイクの性能が高ければ高いほど、移動する距離が大きくなります。
そのため、DivergeはSWAT内部キットを設けています。
ダウンチューブのボトルケージの下にハッチが隠れており、すべてフレーム内に収納しています。
Specializedはダウンチューブの直径を拡大し、バリヤーカーボンレイアップでSWATの収納領域を強化しました。
SWATドアを使用するとダウンチューブのスペースを利用して、パンク修理キットが収納されている訳です。
(他には工具、栄養剤、さらにはSWATジャケットをダウンチューブ下に保管可能)
スペシャライズド ヴェンジ S-WORKS VENGE DISC RED e-tap AXS HRD 油圧DISC パワーメーター 2019〜2020年 カーボンロードバイク 52 SI

2020年05月18日 トラックバック(-) コメント(-)

2012 Specialized Tarmac SL4

2012-specialized-tarmac-sl-road-bike-600x596.jpg
(`・ω・´)……このターマックSL4は、化け物並みの推進力が
楽しめるモデルらしいですね。

ダウンチューブとトップチューブが、結構太め。
衝撃吸収性よりも、あくまで前に、前に進む為に快適さを求め
た様な戦闘力重視。

今時めずらしいですね、ここまで推進力と加速性能が楽しめる
なんて。
最近、トップチューブを細くして衝撃吸収性を高めたモデルが
多いですものね。

BBはオーバーへッドサイズ。ヘッドチューブは、ダウンチューブ
側を太めに設定して徹底的に剛性強化。
更にシートステーの幅を広げて、やはりシートステー全体の剛性を
強化。
コンポはシマノデュラエース(機械式)

2012-specialized-tarmac-sl4-road-bike-4-600x470.jpg
(`・ω・´)……こうして見ると、チェーンステーも太め。
凄い、凄い! 

あくまで、太めのトップチューブと細いシートステーでなんとか
衝撃吸収性を稼ぐ計算かあ。

面白いものですね。最近はアルミモデルは、衝撃吸収性を重視
したモデルが多いですが、フルカーボンモデルはむしろ剛性
を強化したモデルが出てくるとは。

フロントフォークはストレート&フルカーボン


2012-specialized-tarmac-sl4-road-bike-2-600x420.jpg
Specializedのロードは、乗ってみると結構体にしっくりくるというか
コントロールしやすくてしっくり体にフィットする様なモデルが多い
ので、かなり期待。
一応、ケーブル類はフレーム内に収納されているのでエアロ効果も
多少狙っているのだは。

活力と覇気がある、強力な脚力を持った乗り手の為のロードバイク
ですね。

( ゚∀゚)ヘッドの高さも、低めで潔いです……!!

2011年08月24日 トラックバック(0) コメント(0)

試乗体験 SPECIALIZED Secteur Sport Compact

IMGP1499.jpg
Roubaixと同じジオメトリーを持つだけあってかなり乗りやすい
というか……。
( ;゚ω゚)……セクタースポーツって、下手なクロスバイクより
乗りやすく、扱いやすい事にびっくり。

A1高品質アルミ合金製Secteurフレームということですけど、まるで
硬さを感じないというか。

いや、もう、ロングライドモデルという話でしたけど、これなら
普通に街乗りとか、クロスバイク風に使いたいというか。

人間工学で計算されているとか、なんとか別にしてショートドロッ
プのアルミハンドルバーがとても、反応が良くて体にしっくり
来ました。

Zertzインサートを採用したFACTカーボン製フォークもきちんと路面
をとらえてくれました。

乗った時間は短かったですけど、これなら相当長時間乗っても体に
疲労がたまりにくいと思います。

ここだけの話、クロスバイクモデルのスぺシャライズド シラスより
絶対乗りやすい。
価格はリーズナブルですけど、これなら初めての方でも相当気楽に
扱えるのでは。

ポジショニングはあまり前のめりにならずに済みます。
レース志向の方だと、物足らないかもしれませんが。
アルミフレーム、カーボンフォーク、シマノSora搭載
アルミモデルの中で、相当面白いモデルなのは間違い
ないかも。

IMGP1507.jpg
4ポジションの調整ができるステムと31.8㎜のバークランプの組み
合わせにより、強度を向上するとともに多様なポジショニングを実現
IMGP1502.jpg
Zertzインサートを採用したFACTカーボン製フォーク
IMGP1503.jpg
この弓なりフレームも、なかなか快適性高め。

IMGP1510.jpg
クランクはコンパクト50 x 34T
IMGP1508.jpg
何気にシートステーも、曲げ加工を施してありますね。

IMGP1509.jpg
リアにはシマノティアグラ。
IMGP1506.jpg
このサドルはゲル入りみたいです。
もし、クロスバイクかロードで迷っている方がいらしたらこの
モデルを選択してみるのも一つの手かも。
Colnago - C-RS (Ultegra - 2017)

2010年05月13日 トラックバック(0) コメント(0)

試乗体験 SPECIALIZED SIRRUS(スぺシャライズド シラス) インプレ

IMGP1536.jpg
スぺシャライズドのシラスに乗ってみたんですけど、随分
剛性が高いモデルなんですね。
これ、街乗り? というよりロードに近いというか。

(´・ω・)…………ただ、物凄くコーナーリングに癖がある子な
んですね。
うん……。
ストレートで、平坦な道に向いているモデルだと思います。
あんまり、街乗りでは使いたくないかなあ。
でも、スピードの乗りはいいので、速度は出せるモデルです。

コンフォートには向いてないけど、スピード重視で走りたい方
向き?
段差には恐ろしく弱い子。
でも、あのスピードの乗りの良さは少し面白いとは思いました。

デザインもロード寄りなので、気軽にロード気分を味わえるモデル
ですね。


IMGP1538.jpg
IMGP1547.jpg
割とハンドル幅はコンパクト。コンフォートグリップですが
結構敏感なハンドリング。

IMGP1537.jpg
IMGP1540.jpg
この辺りの流線型なフレームは他のクロスバイクには見られない
形状。

IMGP1543.jpg
IMGP1545.jpg
IMGP1548.jpg
やっぱり、衝撃吸収性よりも、速度を出す為のクロスバイク
といった印象。
オールアルミでも、コンフォートなモデルも多い中で結構渋い
かも。
IMGP1544.jpg
変な話ですけど、快適性を求めるならSPECIALIZEDの
ロードモデルの方が向いていると思います。
De Rosa - King XS (Super Record - 2017)

2010年05月05日 トラックバック(0) コメント(0)

SPECIALIZED S-WORKS TARMAC SL3 DURA-ACE

IMGP1078.jpg
なんだかヘッド下部が大きいですね。
ヘッド下部ベアリングは1.5インチの大径で、プロのリクエストから
この大きさになったんですって。
さすがプロが「剛性! 剛性! 剛性が欲しい!」と要求しただけの
事はあるかも。

カーボンクランクは強度高めですけど、ひたすら軽量。
かなり剛性が高いという話も納得。推進力とあらゆる速度域での加速性
をこなすバイクですね。
……これは、相当脚力のある人には最高でしょう。スペシャライズドの
全モデルの中で、高速領域における加速力は最強を誇ります。
またブレーキングが優秀なのは、最初から高速で戦うのを想定した為。
しっかり制動力を確保したのでかなり安心。

シートステーの細さも、プロ選手からの要望でこういう形になったとか。
あくまで、レース時の衝撃吸収性を向上させるためのもの。

あとフロントフォークの設計思想が面白いです。
フォークの先端部分で路面からの衝撃を吸収する為に、細めにしたとか。
(でもフォーク全体は、極めて堅牢に出来ています)

プロ用ロードレーサーなので、サーキットを(あくまでモーターサーキット
のタイヤのゴムくずが散らばっている様な、とてもいい路面)走る為のロー
ドレーサーですね。

なんだか、見ているだけで異様な迫力を感じてしまいます。
コンポはシマノ・デュラエース
ホイールはロヴァール・ラビーデSL45

2010年02月08日 トラックバック(0) コメント(0)