Calamita(カラミータ) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > Calamita(カラミータ)

Calamita due+ 限定キャンディレッド シルクブラッシュカラーにクリアーレッドの塗装を施した透明感ある仕上がり


duered_17s (1)
Calamita due+ 限定カラー キャンディレッド
(´・ω・`)人気のクロモリロードCalamita Due+に高級感あふれる限定カラーキャンディレッドが登場。
シルクブラッシュカラーにクリアーレッドの塗装を施した透明感ある仕上がりの限定カラーモデルです。

イタリアンスチールフレーム「Tommasini」や「CASATI」を扱う代理店ACTIONSPORTSが立ち上げたオリジナルブランド「Calamita」。
今やすっかり人気のクロモリ系ロードとして、お馴染みになりました。

Calamitaを世に送り出したACTIONSPORTSは、長期に渡りイタリアを代表する、ハンドメイドスチールモデルを扱ってきた歴史があります。
ただ、イタリア製ハンドメイドスチールモデルではなくとも、スチールモデルの優れた性能を体験できるのでは?
というのがCalamitaを出すきっかけだったそうです。
20180225143033a64few.jpg
開発コンセプトの一部として1960年代当時における、英国モーターサイクルのカフェレーサーを参考にしています。
「カフェレーサー」の意味は、オートバイ乗りのファッションスタイルだったり、乗り方だったり、改造スタイル。
だからCalamita DUE+のクロモリフレームは、なんとなくファッション風で美麗。


「Calamita」……イタリア語で「磁石」スチールを引き付ける磁石という意味と、方位磁石の様に行先を導く存在であって欲しいという願いを込めている。
フレームにコロンバス社のダブルバテッドクロモリチューブを採用。
長距離ロングライド&ツーリング時も疲れを感じにくい快適な乗り心地を提供。



imgrc0067995401gre.jpg
Calamita due+ カラー シルクブラッシュカラー
この人気シルバーカラーの「シルクブラッシュカラー」にクリアーレッドで塗装した訳ですね。
単調なレッドカラーという訳では、なさそう……
img57747176gre.jpg
Calamita due+初期モデル
Calamita due+は、発売当初はElectoro-deposition電着塗装法という塗装コーティング技術を採用していました。
現在はコストの関係から、やっていないようですけど。
(´・ω・`)クロモリフレームといえど、オレンジカラーやこういったメッキ状のカラーリングなど。
実はカラーデザインに異様にこだわったスチールフレームを出してくれる。


duered_17s (2)
有酸素運動する為のクロモリロード
ツーリング時やロングライド時、ただ硬いだけのバイクは疲れます。
その為Calamita due+は、疲労を残さずカロリー消費の優れたサイクリングの良さを最大限生かす……というのが開発コンセプトです。
ですので、ツーリング時やロングライド時において楽しく乗れるクロモリモデルでもあります。
70695061_2840627175966085_8172970078753521664_n.jpg
デザインの特徴
見ての通りスマートな細身のホリゾンタルフレームが特徴。
コロンバスクロモリを採用した目的は、乗り心地の良さを提供しつつ俊敏性を重視した為。
また軽量化も視野に入れたクロモリフレームで、完成車重量は9.3kg(ペダル抜き)。
発売当時、同価格帯のアルミフレームモデルの完成車重量を圧倒する軽量さを誇りました。
duered_9s (1)
フレーム COLUMBUS CROMOR
コロンバスのダブルバテッドチューブを採用した目的は、軽快でリズムカルなペダリングを重視した為。
(´・ω・`)割と剛性面を強化したクロモリですね。
確か2017年度モデルからCalamita due+のフレームに、COLUMBUS CROMORを採用して剛性面を一気に強化してきたんですよ。
duered_1s (2)
初めてのドロップハンドルでも握り易い形状。アップライドにも対応したコラムの長さ。
シマノ SORA 9S STIレバー
Wレバー変速ではなくSHIMANO SORA STI仕様。
ハンドルから手を放さなくとも手元で変速操作が可能。
リア9速、フロント2速の18SPEED。
69988458_2840627165966086_1967384115816693760_n.jpg
duered_3s (2)
フォーク カーボン
タイヤ KENDA 700X25C
軽量かつ衝撃吸収性を重視した結果カーボン( CFRP)フォークを装備。
足回りにこだわったアッセンブルも特徴。
ハブにはシールドベアリングを採用。
duered_10s.jpg
duered_13s.jpg
duered_11s (2)
フレームは職人さんの手によるTig溶接。
Calamita due+は2011年度モデル当時から、現地の職人さんがハンドメイドで一台一台組んでいます。
フレームには綺麗な出来の良いTig溶接を施して、ビジュアル性も重視。
duered_11s (1)
duered_9s (2)
クランク 50/34T コンパクトクランク
F&Rディレーラー シマノ SORA 9S
duered_6s (2)
ベントしたシートステーが適度なウィップを生み、ペダリングとシンクロした時に巡行性能を発揮。
duered_6s (1)
duered_5s (2)
コンポーネントのグレードアップにも対応可能な、11速対応のハブ設定。
Calamita due+は11速対応のホイール。後日105化してもホイールはそのまま使用可能。
duered_5s (1)
ロングライドを重視。快適性に優れたアナトミックサドル。
duered_3s (1)
duered_1s (1)
70064691_2840627205966082_7357635816815853568_n.jpg
ハンドル周りやホイールなどシルバー系パーツで統一感を演出。
フレームやベントフォークなどのクラシカルなデザインと統一感を持たせています。
この限定レッドカラーはカジュアルな服装でも、楽しめそうですね。
STI搭載  Calamita due+(カラミタ デュエ+) カラー:キャンディレッド ロードバイク  送料プランC

2019年09月07日 トラックバック(-) コメント(-)

限定ガンメタルカラー登場 Calamita due+(カラミタドゥエ+) 12万円台で、9.3kgという数字を叩き出した軽量クロモリ完成車でもある!!


imgrc0070113776.jpg
imgrc0070113819.jpg

Calamita due+(カラミタドゥエ+) 限定ガンメタルカラー
クロモリのパイプにCOLUMBUS CROMORを採用したCalamita due+に、限定ガンメタルカラーが登場しました。
(´・ω・`)メタリック仕様!? 
どことなくアーミーな雰囲気だな……確かにクロモリフレームなんだけど、アルミ感がする塗装じゃないですか?
更にバテッド加工されたクロモリチューブは、同価格帯のアルミモデルよりも軽量である。
実は販売価格12万円台で、9.3kgという数字を叩き出した軽量クロモリ完成車でもあるのだ。

imgrc0067995433gehr.jpg
Calamita due+ レーシングブルー
現行モデルのレーシングブルーと同じ、メタリック調になるそうな。
imgrc0070113820.jpg
シフトレバー SHIMANO SORA STI
初めてのドロップハンドルでも握り易い形状とアップライドなポジションに対応したコラムの長さ。
STI変速にはSHIMANO SORAを使用した18段変速を搭載。
(フロント2速×リア9速=合計18速仕様)
様々な路面状況に対応可能。
また後日ユーザーのステップアップの為に、最初は控えめにSHIMANO SORAスペックSTIレバーという設定にしたという経緯がある。
ghyhdgyhtrrt5464556.jpg
英国アーバン・カフェレーサー(イギリスのロッカーズ達が行きつけのカフェで、自分のオートバイを自慢し、公道でレースをするために「速く、カッコ良く」との趣旨で改造した)
にオマージュを込めて制作されたクロモリバイクなので、最初からカスタムありきのモデルとも言える。
Calamita dueは12万円台のリーズナブルなクロモリ完成車。
しかしながらCOLUMBUS CROMORを採用した、ビジュアル性の高いクロモリフレームでもある
カスタムやグレードアップするには、最適の一台と言える。

(´・ω・`)販売元のCalamita自身でカラーコーディネートしてしまったのが、今回の限定ガンメタルカラーなのね。
後は、ユーザーの方で楽しみながらカスタムなどをして、遊んでくれって事か。
imgrc0070113821.jpg
imgrc0070113816.jpg
フォーク カーボン
フロントフォークは衝撃吸収性に優れたカーボン(CFRP)フォークを採用。
シートベアリングを採用した滑らかな回転を維持するハブ。
imgrc0070113812.jpg
フレーム COLUMBUSクロモリ
(クラス最軽量 総重量9.3kg ペダルを除く)
スマートな細身のホリゾンタルデザインで、イタリアンブランドチューブメーカー、コロンバスCromorを採用。
(Calamitaのクロモリ溶接は全てハンドメイド(Tig溶接)。台湾でも数少ない上手な溶接工場で、溶接が行われている)

クロモリとしては俊敏性と、スポーツ性が高いのがポイント。
(´・ω・`)やはり、Cromorを採用したクロモリモデルは剛性が高くなる傾向にある。
元々ロングライドに強いクロモリモデルではあったけど、初代に比べたら推進力も強化されたんだろうな。

imgrc0070113817.jpg
F/ディレ-ラ SHIMANO SORA
R/ディレ-ラ SHIMANO SORA
クランクセット 50/34T コンパクトクランク
変速 18 SPEED

imgrc0070113818.jpg
ベントしたクラシカルなシートステーが、適度なウィップを生みペダリングとシンクロした際、巡行性能を発揮。
(´・ω・`)このベントしたシートステーこそが、初代から続くCalamita due伝統のベント形状ですね。
imgrc0070113813.jpg
imgrc0070113815.jpg
ロングライドに最適な快適性に優れたアナトミック型サドル。
imgrc0070113814.jpg
タイヤ KENDA 700X25C
現在流行の25Cサイズのタイヤを採用。心地よいライドを重視したサイズだ。
【P最大24倍(4/21 0時まで・エントリ含)】【STI搭載】Calamita due+(カラミタ デュエ+)限定カラー:ガンメタクロモリロードバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2018年04月18日 トラックバック(0) コメント(0)

Calamita DUE STIレバー搭載カスタム アーバン・カフェレーサーの世界観を表現した、クロモリSTIカスタム。



imgrc0067030292.jpg
Calamita DUE STIレバー搭載カスタム

モーターサイクルの世界のアーバン・カフェレーサーがコンセプトのクロモリモデル、「Calamita DUE」
「アーバン・カフェレーサー」らしく限定カスタム&STI化モデルしたのが、この画像のカラミータクロモリバイクですが。
(´・ω・`)そもそも、「アーバン・カフェレーサー」ってなんだ? と思ってwikiで調べてみたらこういう事らしい。


カフェレーサー(Cafe Racer)とはオートバイの改造思想、手法の一つである。イギリスのロッカーズ達が行きつけのカフェで、自分のオートバイを自慢し、公道でレースをするために「速く、カッコ良く」との趣旨で改造したことに端を発するとされる。
アーバンカフェ
1960年代、イギリスで唯一の24時間営業だったロンドンのカフェ、“エースカフェ”にロッカーズとよばれる若者達が毎夜のように集まった。彼らは改造したオートバイに乗り、店のジュークボックスにコインを入れて曲が始まると同時にスタートし、曲が終わるまでにカフェに戻ってくるという公道レースを行っていた。改造されるベース車両はノートンやトライアンフ、BSAなどのオートバイであった。当時は彼らロッカーズをカフェレーサーと呼んでいたが、その文化が世界中に広まり、現在の日本でもオートバイの改造スタイルの一つとして認知されている。
10974652913_21e413cb7a_b.jpg

(´・ω・`)要するに「カフェレーサー」の意味は、オートバイ乗りのファッションスタイルだったり、乗り方だったり、改造スタイルという事か。
だからCalamita DUEのクロモリフレームは、なんとなくファッション風で美麗だったりする訳で。

「速く、カッコ良く」という事がテーマなら、クロモリフレームにカーボンフォークを使用して軽量化を図っているのも「改造風」で面白いですね。
「カフェレーサー」がオートバイの改造思想、手法なら、購入後オーナーが自分好みにカスタムして楽しむ事こそが正解。
またデザイン性の高い「CALAMITA DUE」なら、カフェに出入りしても普通に似合う訳で。
imgrc0067030296.jpg
フレーム TIG溶接(ダブルバテッド・クロモリ)
カフェレーサーは周囲を威圧しないスタイリッシュな車体で、走ってなんぼ、いじってなんぼの世界か。
いくら美麗なカスタムを行っても、実際走らなくては意味が無い訳で。
そう考えると走りの為に、より変速性能を高めたSTI化は正解ですね。
改造やカスタムを楽しみつつ、自由なファッションスタイルを取り入れているユニークなクロモリモデルが、このカラミータですし。
imgrc0067030293.jpg
ハンドル NITTO NEAT M186 STI
ブレーキ ALLOYキャリパーブレーキ

なるほど。SHIMANO NEW SORA ST-R3000でSTI化してあるのか。
STI化に対応したドロップハンドルということで、日東の NEAT M186 STIを持ってきていますね。
(ハンドルのグリップ感も向上させている)
国内系パーツで固めたカスタム系クロモリか。
なんかいいな。
imgrc0067030294.jpg
シフター SHIMANO NEW SORA ST-R3000
アウターストッパー SM-ST74
ブレーキレバー SHIMANO NEW SORA

この「CALAMITA DUE STIレバー搭載カスタム」は本来Wレバー仕様だったものを、手元で効率よく変速操作ができる様にSTI化。
新しくなったSORAパーツを採用しハンドル周りがすっきりと纏まっています。
imgrc0067030295.jpg
フロントディレ-ラ シマノ NEW SORA FD-R3000
リアディレ-ラ シマノ SORA RD-3500
変速 18 SPEED
クランクセット 50/34T コンパクトクランク
タイヤ 700X23C


また本来カラミータがこだわっている、ビジュアル性を重視してサドルバーテープをブラックパーツにし統一感ある外観に。
本革ライダースジャケットとかが似合いそうな、カスタムクロモリだ。
【セール特価!】【限定カスタム/STI化モデル】DUE SORA STI BLACK VERCalamita(カラミタ ドゥエ)カラー:マットブラッククロモリロードバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2018年02月25日 トラックバック(0) コメント(0)

Calamita due+ レーシングブルーのデザインが秀逸!

imgrc0067995433.jpg
Calamita due+ レーシングブルー
注)写真はCalamita Dueですが、製品は”CalamitaDue+”のロゴになるそうです。
(´・ω・`)先日紹介した、モデルチェンジしたCalamita due+についてですが。
このレーシングブルーがいいですね……
もちろんTig溶接に、ベントカーボンフォーク仕様。更にCOLUMBUSクロモリな訳ですが。

レーシングブルーカラーに合わせて、ステム、シートポスト、クランクまでブラックカラー仕様ですよ。
フレームカラーに合わせてパーツのカラーまで変えてきているのがいいですね。

とりあえず、公称は「NEWカラミータ・デュエ・プラス」でいいみたいですね。

細いパイプにこだわり、なおかつ優美なデザイン性を長所として人気を博してきたクロモリモデルですが。
やはりデザイン性やカジュアル性が高いってことって重要なんですね。
「NEWカラミータ・デュエ・プラス」はレーシング性能よりも、クロモリらしい乗り易さにこだわりがあるそうで。
imgrc0067995432.jpg
シフトレバー SHIMANO SORA STI
おお、レーシングブルーだと新SORAシフターのビジュアルが生きてきますね。
しかし、いいな。
10万円台クロモリとはいえ、デザインが高く、作り手の愛情を感じる。
imgrc0067995429.jpg
ブレーキ ALLOYキャリパーブレーキ
imgrc0067995424.jpg
フォーク カーボン
おお……意地でもベントフォークでいくか……
案外耐久系レースにCalamitaDue+を投入しても楽しそうですね。
体への負荷も少ないし、なにより走りが軽くて楽なフレームですし。
多分、前モデルの長所は殺していないのでは?
imgrc0067995427.jpg
カラー:レーシングブルー
( ;゚ω゚)うぉっ……どこの色見本からこのカラーリングを見つけたんだろう??
こういうブルーカラーもあるのか……
imgrc0067995425.jpg
F/ディレ-ラ:SHIMANO SORA
R/ディレ-ラ:SHIMANO SORA
クランクセット:50/34T コンパクトクランク

imgrc0067995430.jpg
フレーム:COLUMBUSクロモリ
軽くて剛性のあるアルミフレームも素敵だけど。
Calamitaは日本で企画されているだけあって、とても乗り易いのですよね。
だからこそ走行感を軽く感じるのかな。
COLUMBUSクロモリを今回から採用したことで、どうフィーリングが変化したんだろう?

画像を良く見て見ますと……
どうもフレームはコロンバスのクロモリチューブCromor「クロマー」を採用しているらしい。
強度があって、そこそこ軽いか。
DSCN5654casde.jpg

例えばイタリア発のハンドメイドブランドBIXXIS PRIMAなんかは、COLUMBUS社に特注したBIXXIS専用設計でして。
かなりカーボンに近い走行感でした。
クロモリといえど、極めると次第に走行感が現在のカーボンフレームに近づいてくるんですよね。
質のいい最新鋭クロモリバイクは、アルミやカーボンの代わりに十二分に使えると体感しました。
imgrc0067995423.jpg
imgrc0067995422.jpg
タイヤ:KENDA 700X25C
重量:9.3kg(ペダル抜き)

(´・ω・`)うーん。レーシングブルーいいな……

やはり、全然ロゴが付いていないので、ブルーが引き立ちまくりではないですか??
税込 121,500 円だそうですが、ここまで仕様やデザインにこだわるクロモリが存在するとは……
【P最大11倍+クーポン配布(6/5 10時まで・エントリ含)】【STI搭載・新モデル】Calamita due+(カラミタ デュエ+)カラー:レーシングブルークロモリロードバイク【送料プランC】 【完全組立】

2017年06月05日 トラックバック(0) コメント(0)

Calamita DUE+ 今回リニューアルし、due +として新たに登場(とりあえず2017年度モデル版?)

imgrc0067995401.jpg
Calamita DUE+がリニューアルして新たに登場した模様。
ケーブル類が無くなって、大変すっきりしていますね。
①なんと変速がWレバーからSTIになったのが変更点だそうです。
②クロモリのパイプがイタリアのCOLUMBUS社製を採用。
以上の2点が変更点ですね。

気になる重量は9.3kg(ペダル抜き)
SHIMANO SORAのSTIレバー、25cタイヤ、ハンドルなどのパーツ構成も見直したそうで。

クロモリらしい乗りやすさを追求しているそうですけど、「速く走らない為のデザイン」は健在ですね!
下手にロゴをあしらっていませんし、その上どの世代の方にも違和感なく扱えるデザインがいい。


imgrc0067995402.jpg
前モデルでも、そんなにクロモリといえど重みは感じなかったけど。
振動吸収性に優れたクロモリフレームにカーボンフォークを使用して軽量化を図っています。
元々「軽さ」を追求していたクロモリなので、今回も期待。
シルキーさ快適性は、今回どういう方向性でいくんだろう?
走り易さと軽量感が魅力のクロモリですし。

変速にはSHIMANO SORAを使用した18段変速を搭載。
変速レバーにはSTIレバーを初期で搭載し手元で変速を行え効率よい走りを実現。
imgrc0067995414.jpg
imgrc0067995413.jpg
シフトレバー SHIMANO SORA STI
imgrc0067995408.jpg
フレーム COLUMBUSクロモリ
なんと今回の新型フレームチューブにCOLUMBUS CROMORを採用!?
ジオメトリーを一新したニューモデル。
以前からハンドメイドのTIG溶接で作られたフレームでしたけど。
溶接面は相変わらず綺麗ですね。
imgrc0067995412.jpg
タイヤ KENDA 700X25C
imgrc0067995410.jpg
これがシルクブラッシュカラーですか。マットブラック、レーシングブルーがあるけど。
このシルバー系カラーリングが一番に人気が出るんでしょうね。
imgrc0067995411.jpg
フォーク カーボン

美しいベントフォーク路線は継続。レース寄りではないクロモリには、やはりベントフォークが似合いますね。
imgrc0067995409.jpg
ホント、シンプルなデザイン。
ロゴの表示も、最小限に抑えています。
imgrc0067995407.jpg
imgrc0067995406.jpg
フロントディレ-ラ SHIMANO SORA
クランクセット 50/34T コンパクトクランク
流石に4アームクランクは持ってこないですよね。
imgrc0067995405.jpg
リアディレ-ラSHIMANO SORA
imgrc0067995403.jpg
ブレーキ ALLOYキャリパーブレーキ
imgrc0067995404.jpg
(´・ω・`)以前からもCalamita due+には、STI仕様のが出てはいましたが。
やはりCOLUMBUS社製のパイプを持ってきたのが、今回一番大きい変更点かもしれません。
電着塗装(メッキ)とか、謎にカラーリングにも独自のこだわりがありましたが。
今回はいい意味でシンプルなカラーリング。

アクションスポーツがプロデュースしたクロモリロード「Calamita」シリーズも、いつの間にか7週年ですよ。
色々な意味で、時代に左右されない秀逸なシンプルデザインは現在でもやはり魅力的ですよ。
【P最大11倍+クーポン配布(6/5 0時まで・エントリ含)】【STI搭載・新モデル】Calamita due+(カラミタ デュエ+)カラー:シルクブラッシュクロモリロードバイク【送料プランC】 【完全組立】

2017年06月04日 トラックバック(0) コメント(0)