Wilier スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > Wilier

海外 Wilier Cento10 Hybrid e-Road Bike  今までのe-Roadには無かったレーシング性を強化しています。


cento10hy_cv_y12_bis.jpg
海外Wilier Cento10 Hybrid e-Road Bike
( ;゚ω゚)すげー! Wilierの銅色e-Roadか、とんでもないセンスですね。
ウィリエールにとって、2代目になるe-Roadなんですが。
Cento10 Hybridはアシストモーターを搭載したレーシングバイクという扱い。
レーシング?? エンデュランスとかじゃないのか?

e-roadバイクカテゴリーにおいてエアロ性能やレーシング性能を強化した、実に新しく非常に高い基準を設定します。

Wilier Cento10 Hybrid e-Road Bikeが他のe-roadと比較してユニークな点はたくさんあります。
ほんの数例を挙げると、空気力学、完全な統合、軽量性、乗り心地の向上など、今までのe-Roadには無かったレーシング性を強化しています。
Wilier-Cento1-Hybrid-Road-E-Bike-Electric-Road-Bikes-Black-Red-E809UX-2Y1.jpg
初代e-road Wilier Cento1 Hybrid Road E-Bike
Wilier Cento1 Hybrid Road E-Bike(重量11.9kgを2019年モデルとして世に送り出し、ウィリエールe-roadレーシングバイクとしての品質は高めてあったそうですが。

2番目に当たる新型Cento 10 Hybrid e-Road Bikeにおいては、少し前まで想像もできなかった品質に到達。
この新型の主な注目点は重量です。
フレームの重量をCento1Hybridと比較して7%削減!
(´・ω・`)軽量化をする事により、通常のロードバイクに近い範囲とハンドリング性能を獲得する事に成功。
新型Cento 10 Hybrid の重量は10.5kgで、軽量のe-roadに初代よりもはるかに軽量化に成功しているのです。

e-roadの世界では、少し前まで重量は問題ではありませんでしたが。
軽さは製品の品​​質、性能、使いやすさを決定する価値になるとウィリエールは考えている様です。

軽量化により、バッテリー使用量を4.5%節約できるメリットも。
この大幅なバッテリー使用量の節約により、新型Cento 10 Hybrid の移動距離はCento1ハイブリッドと比較して更に広がります。

軽量化は通常のロードバイクだけでなく、eバイクでもアシスト可能距離を伸ばす事に役立つため、優れたメリットがあります。
またウィリエールはアシスト性能に関して、アシスト可能な登り性能に対しての尺度を与えています。

ほとんどのバイクブランドは目標距離を提供していますが、ウィリエールはe-roadにおいてクライミング性能を提供する事を重視している様です。
cento10_hy_ramato_gsl17_7.jpg
統合されたモノコックハンドルバーAlabarda

アシストモーターのアシストレベルに関しては、ハンドル部分に取り付けてある「iWocボタン」を介して選択します。
ドライバーはハンドルバーから手を離さずにアシストレベルを制御可能。
ライダーはハンドルバーにしっかり手を置いたままEbikemotionシステムを操作できます。


ワンピースのカーボンファイバーハンドルバーに取り付けられた非常にシンプルなプッシュボタンコントロールモジュールにより、ハンドルバーから手を離さずにアシストモードを変更できます。
これは一般的なトップチューブに配置されたボタンの大きな利点です。
更にカスタマイズするためのスマートフォンアプリもあり「ANT +」を使用すると、互換性のあるサイクリングコンピューターを接続できます。
cento10_hy_ramato_gsl17_6.jpg
軽量MAHLEEbikemotion X35 M1モーターはハンドルバーから直接操作可能。
ドロップハンドルから手を離すことなくモードを切り替えることができます。
樹脂製コントロールユニットがこれを可能にします。
cento10_hy_ramato_gsl17_1 (1)
cento10_hy_ramato_gsl17_2 (1)
Wilierロードレーシングモデルと同様に、Cento10Hybridの全てのケーブルはフレーム内に統合されています。
見た目が洗練されているだけでなく、パフォーマンスを向上させる為にインターナル仕様を選択。
Alabardaハンドルバーとフレームの内側にケーブルを収納する事に加えて、エアロフレームの恩恵により空力特性も改善しました。
Cento1 Hybrid ハイブリッドと比較して、体積が小さく、空気にさらされる表面積が小さく、リアテール形状が切り詰められているため、8%もエアロ効果を向上しています。
cento10_hy_ramato_gsl17_3.jpg

Wilier Ebikemotion部門は、マーレと提携して、市場で最も軽量で最高の統合ペダルアシストシステムを開発および製造しています。
ハブモーターは、最大トルク40 Nmでライダーをサポートし、250Whのバッテリーから電力を供給。
加えてWilierはボトル形状の、追加充電式バッテリーも提供しています。

40 Nmのトルクは、道路や軽いグラベルの使用に最適です。
より高速で競争の激しいルートでも、よりバッテリー寿命を延ばす事も改善。

この新しいバイクで、Wilierは通常のCento10Proとのギャップを狭めることができました。
マレーeBikeMotionのメリットは、通常のクランクで通常のグループセットを使用可能な点です。
タイヤクリアランスは最大28mm確保。
cento10hybrid_dc_4_bis.jpg

(´・ω・`)マレーのBikeMotion X35 +システムはバッテリーを含めて3.5kg。
ボッシュのクランクベースのユニットは約3kgで、バッテリーの重量は最小2.5kg。
マレーのBikeMotion X35 +システムの軽量性を生かした、エアロロード風e-roadという事か。
とはいえ最近軽量系e-roadも他ブランドから続々と登場していますが、Cento10 Hybridは乗り心地が相当良いそうです。

cento10_hy_ramato_gsl17_4u8o0.jpg
Wilier Cento10 Hybridは、市場で最も美しいeRacer
全体的なデザインはその高品質な技術と、比類のない美しさの仕上げによって締めくくられています。
(´・ω・`)特に注目なのが、銅色を採用して来たことですね。
ウィリエールバイクのトップレベルのみが、1940年代に開発されたRAMATO(銅色)カラーを備えています。

cento10_hy_ramato_gsl17_5.jpg
モーターはリアハブに配置
駆動モーターは後輪ハブに取り付けられており、スムーズかつ静かにアシストを行います。ペダリングを停止するか、速度が25 km / hを超えると、ブレーキの摩擦を感じることなく出力を停止します。
バッテリー形状は小さいので、ダウンチューブ内に簡単に収納可能。
高低差が大きいライドでも、安心して走行出来るだけのバッテリー容量を確保してあります。

いずれにしてもWilier Cento 10 Hybridは、通常のロードバイクに近づけたバイク重量というだけではなく、エアロ性能、クライム性能、デザインなど様々なレーシング性能を兼ね備えた、強力なe-roadレーシングモデルと言えそうですね。

シマノデュラエースDI29170仕様完成車のカーボンホイール仕様は、11,200ユーロ(日本円で約144万5,348円)。
SHIMANO ULTEGRA DI2 8070完成車で、ブランドオリジナルのアルミホイールですと7,900ユーロ(日本円で約101万9,486円)。
中古 Wilier (ウィリエール) 2020年モデル Cento10 ELITE CHORUS 12S サイズS(168-173cm) ロードバイク

2021年03月29日 トラックバック(-) コメント(-)

(海外)2021 Wilier Jena Hybrid e-Gravel (Shimano GRX 1x11仕様)  Wilierはe-gravelバイクを欧州市場に投入へ


jena_hy_gsl.jpg

2021 Wilier Jena Hybrid e-Gravel

海外Wilierは新型e-gravelバイクを市場に投入しました!
老舗イタリアンバイクブランドの 新型e-Gravelロードモデルがここの所流行していますね。

どこにモーターがあるか、まるで分からない……一般的な通常のグラベルロードとほぼ変わらないデザインになっていますね。
しかし、どうもリア部にモーター部が隠されているそうです。
普通にWilierロードとしても、かなりセンスの良いイタリアンデザインですね。
logo1-ebikemotion-darkkg.jpg
Mahle-Infografik.jpg
チネリなども採用している、Mahle / Ebikemotionリアエンジンを搭載した電動グラベルバイクですね。
MAHLE ebikemotion X35システムとか採用してくると、マジで見た目電動モデルに見えないですよ。
うーん。

イエナハイブリッドはカーボンモノコックフレーム&フォーク仕様です。
iryfujtedhysr.jpeg
Wilier Triestina Jenaカーボングラベルバイク
(´・ω・`)カーボングラベルモデルのWilier Triestina Jenaを、今回e-bike用に改修したそうで。
フレームの形状が通常のWilier Triestina Jenaに似ていますね。
長時間快適な快適なライドポジションが可能。
耐久系……もしくは持久力のある走りをするとか。フレーム重量はわずか995gと超軽量。
Wilier Triestina Jenaは、未舗装の道路やシングルトラック、アドベンチャー、グラベル、バイクパッキングなど、あらゆるニーズを満たすように設計された多目的型グラベル。
ですので、フォークの脚にボルトマウントを用意。フェンダーマウント、メインフレームにもボトルマウントを設置し、バイクパッキングに強い。
いずれにしてもベースになったWilier Triestinaは、さまざまな地形やライディングに対応できるユニークな軽量スピードグラベルモデルです。
jyrr4y47cds.jpg
Wilier Cento10 Hybrid
イタリアWilierの最新e-road Wilier Cento10 Hybrid の重量は、わずか10.2kgに抑えられている。
今回の新型2021 Wilier Jena Hybrid e-Gravelと同じく、eBikeMotionモーターシステムの最新バージョン(MAHLE社 Ebikemotion X35+システム)を搭載。
ダウンチューブ内にバッテリーを完全収納しており、見た目まるで通常のロードと変わらないシルエットだ。
リアホイール駆動システムを採用した路線ですね。
(ユーロバイクアワードを獲得)
(´・ω・`)自転車ショー「ユーロバイク」は最近、e-bikeをメインにした展示らしいですね。
やはり欧州は、そっちの流れが主流になってきたか……
jena_hy_ga_4.jpg
そんなカーボングラベルモデルWilier Triestina Jenaをe-bike化しただけあって、バイクパッキングも様になりますね。
多目的に使える点がいいですね。
jena_hy_gsl17_2.jpg
ハンドルバー RITCHEY ERGOMAX ROAD COMP
ステム RITCHEY COMP

ヘッドセット FSA MR137 TAPERED 1"1/8 TOP - 1"1/4 BOTTOM
シフター SHIMANO GRX ST-RX400
アシストモーターのアシストレベルに関しては、ハンドル部分に取り付けてある「iWocボタン」を介して選択します。
ドライバーはハンドルバーから手を離さずにアシストレベルを制御可能。
ライダーはハンドルバーにしっかり手を置いたままEbikemotionシステムを操作できます。
Wilier-Jena-inlineImageCOdc-345127c3-1628506.jpg
(´・ω・`)なるほど……確かにこの位置なら手を放さなくてもいけますね。
電動イエナハイブリッドは安全なオフロード走行のために、この位置にアシスト選択スイッチを設置。
仮に悪路を走行中、ハンドルバーの上に両手を置いたままアシスト選択出来る訳か。

バッテリーの残り容量は、このiWocボタンを使用して読み取ることもいけるそうです。
つまり目視レベルでも、使い勝手を追求している。
jena_hy_gsl17_6.jpg
フレーム CARBON MONOCOQUE NH-MOD
ホイールセット WILIER TRIESTINA HY-AIR38KC-EU CARBON
タイヤ CST PIKA 700X38
Jena Hybridは、使い易さを追求したグラベルです。
イエナハイブリッドフレームにはタイヤ幅最大44mmの28インチホイール、またはタイヤ幅が最大48ミリメートルの650B MTBホイールを取り付けることができます。
更にバイクにボトルケージ、バッグ、マッドガード、ラゲッジラックを取り付けることも可能。
38mmタイヤが用意されていますが、更にワイドなクリアランスを確保している訳か。

ちなみにe-Gravel Jena Hybridのベースとなった、通常のグラベルWilier Triestina Jenaカーボンフレームセットは、使い勝手を追求すると同時にスピード性能を念頭に置いています。
フレームにはカムテールデザインのダウンチューブを採用。
エアロダイナミックを提供する、翼型のダウンチューブが組み込まれています。
(´・ω・`)という事は、e-Gravel Jena Hybridも電動モデルながら、それなりのスピード性を獲得しているのだろうか?
jena_hy_ga_1.jpg
jena_hy_gsl17_3.jpg
各フォークにボトルマウント用のスペースを用意

フォーク CARBON MONOCOQUE NH-MOD
ブレーキ SHIMANO GRX BR-RX400
ローター SHIMANO RT 66, 6 BOLTS 160/160 MM
jena_hy_gsl17_8.jpg
ドライブトレイン SHIMANO GRX 1X11
リアディレーラー SHIMANO GRX RD-RX812
クランクセット SHIMANO GRX FC-RX600 40T
カセット SHIMANO CS-M700 11-42T

ドライブシステム MAHLE EBIKEMOTION X35
Wilier Jena Hybridは、グラベル用コンポーネントShimano GRX や様々なコンポ―ネントを選択可能になっています。

電子式Shimano GRX Di2 2x11と機械式Shimano GRX 1x11のどちらかを選択できます。
(´・ω・`)何気にフロントダブル仕様も、かなりカッコいい。

Shimano 105とフラットバーハンドルバーを備えた仕様もいけるそうだ。
◆◆ウィリエール Wilier チェント ウノ エアー ディスク Cento 1 AIR DISC 105 R7000 2020年モデル カーボン ロードバイク

2020年08月09日 トラックバック(-) コメント(-)

Wilier Zero7 (Super Record)  ロングライドに強い超軽量6kg台のヒルクライムモデル


Wilier-Zero7-Road-Bike-Super-Record-2018-Road-Bikes-Black-Red-2018-E801SM-4Z12.jpg
Wilier Zero7 (Super Record - 2019)
イタリアWilierの超軽量ヒルクライムモデル Zero7。
700g台の超軽量フレーム (完成車重量6.6kg ± 5%)に、カンパSuper Recordを搭載したスペシャル完成車です。
フレーム重量700g台の超軽量フレームにカンパニョーロ・スーパーレコード。
ホイールはCampagnolo Shamal Milleホイールセットを採用した海外完成車です。
Wilier-Zero7-Road-Bike-Super-Record-2018-Road-Bikes-Black-Red-2018-E801SM-4Z12-0.jpg
フォーク Carbon Monocoque Fibre 60TON + SEI Film

ロングライドに強いヒルクライムモデル
Wilier Zero7はヒルクライムモデルながら、ロングライドや長距離に強い点が特徴。
最新のヒルクライムモデルは他ブランドも、登板性能だけではなく平地での走りや、強力な推進性を持たせてロード本来の走りが出来るモデルが増えつつある。
Wilier Zero7もレーシング性能だけではなく、快適性や衝撃吸収性を確保し長距離に強い走りが出来る様に設計されている。
Wilier-Zero7-Road-Bike-Super-Record-2018-Road-Bikes-Black-Red-2018-E801SM-4Z12-6.jpg
ホイール Campagnolo Shamal Mille
タイヤ Vittoria Rubino Pro 3

超軽量ヒルクライムバイクといっても、ヒルクライム専用を感じさせない点がポイント。
直線に強いだけではなく、コーナリング性能も兼ね備えている。
舗装路における巡行時においても、路面からの衝撃をコントロールするしその点は通常のロードバイクに近づけた走行性能だ。

更に速度が死ににくく、速度を維持しようとするヒルクライム用超軽量フレーム。
推進性も、通常のヒルクライムモデルと比較しても高い点も注目だ。

(´・ω・`)ヒルクライム競技での使用を視野に置いているので、限界まで軽量性にこだわっていますね。
またこの完成車はカンパの確実な変速感と、イタリアンバイクのデザインが特徴になっています。
Wilier-Zero7-Road-Bike-Super-Record-2018-Road-Bikes-Black-Red-2018-E801SM-4Z12-4.jpg
フレーム  Carbon Monocoque Fibre 60TON + SEI Film
通常のWilierエアロロードよりもスローピング気味のフレーム。
またアーチ形状を採用することで、路面からの突き上げや衝撃吸収性を確保。
トップチューブとシートステー部で、快適性を稼ぐ設計だ。

超軽量なだけではなく、カーボンフレーム素材にも注目だ。
トップグレード東レ60Tカーボンを採用。更にSEIフィルムという名称の、素材を積層する独自のカーボンフレーム構造を持つ。

Wilier Zero.7はWilier独自の技術であるSEI(Special Elastic Infiltrated)Filmの最初の採用モデル
炭素繊維の層間に独自の粘弾性フィルムを注入することで、振動吸収と耐衝撃性が向上し、フレームがより強く安全になり、乗り心地が向上。
また、SEIは重量を削減することを可能にしました。
SEIフィルムを採用する事による利点
①東レ60Tカーボンの破断強度と振動減衰特性を向上させる。
②しなりを持たせ、超軽量性を実現。


Wilier-Zero7-Road-Bike-Super-Record-2018-Road-Bikes-Black-Red-2018-E801SM-4Z12-1.jpg
BB  Campagnolo Super Record Press Fit
クランクセット Campagnolo Super Record 50/34T
フロントディレーラー Campagnolo Super Record, 11-speed
Zero.7は発売当初、Wilier Triestinaがこれまでに生産した中で最も軽いバイクであり、1つの目標を念頭に置いて製作されました。
最も洗練されたヒルクライム系レースバイクの新しい基準を設定することです。
Zero.7は、FSAと共同でWilierが設計した新しい一体型ボトムブラケットBB386EVOを採用。
ボトムブラケットを含むボックスは幅が広く、従来よりもも直径が大きくなっています。
その結果剛性が向上すると同時に軽量化が可能になり、動力伝達と効率が向上しました。
Wilier-Zero7-Road-Bike-Super-Record-2018-Road-Bikes-Black-Red-2018-E801SM-4Z12-5.jpg
ハンドルバー  FSA Energy
ステム OS-99 Carbon

シフトレバー  Campagnolo Super Record
ブレーキ Campagnolo Super Record

完成車に用意されたFSA製ハンドルバーや、 Selle Italia製サドル、Campagnolo製サドルにホイールまで、Wilier Zero7 ブラック/レッドのフレームデザインに合わせたパーツデザイン構成になっている。
ヘッドパーツ下の剛性が上がりすぎない様に、1-1/4インチを採用。 これにより快適性とコーナーリング性を両立させています。
(上1 1/8インチ 下1 1/4インチ)は、フロントエンドの安定性をさらに高め、横方向の剛性、快適さ、正確なハンドリングの完璧なバランスを提供。
Wilier-Zero7-Road-Bike-Super-Record-2018-Road-Bikes-cdE801SM-4Z12-0 (1)
Wilier Zero7のシートステー上部に、大きく空間が出来ている点が特徴だ。
2本のシートステーは大きくクリアランスがある。エアロロードWilier Cento1の流れを引き継ぐ形状だが、軽量化の為にシートステー間にクリアランスを作ったのだろう。
ヒルクライムモデルながら、衝撃吸収性の向上や路面からの衝撃を緩和させる為の形状だ。
Wilier-Zero7-Road-Bike-Super-Record-2018-Road-Bikes-Black-Red-2018-E801SM-4Z12-2.jpg
リアディレーラー Campagnolo Super Record, 11-speed
カセット Campagnolo Super Record, 11-speed, 12-27T
肉厚の薄いチェーンステーは縦方向に面積を確保した角形形状。
非ドライブトレイン側のチェーンステーを太くしたアンシンメトリー左右非対称形状。
前三角との接合面積も大きいのが特徴だ。
Wilier-Zero7-Road-Bike-Super-Record-2018-Road-Bikes-Black-Red-2018-E801SM-4Z12-3.jpg
サドル Selle Italia SLR
シートポスト Ritchey Superlogic

Wilier - Zero7 (Super Record - 2019)

2020年04月01日 トラックバック(-) コメント(-)

Wilier Jareen 105  英国人グラベルユーザーを視野に入れた輸出用アルミグラベルモデル

100435265hoo.jpg
Wilier Jareen (105 -2018)
イタリアのブランドWilierは、近年アルミグラべルバイクをラインナップに追加しました。
Wilier Jareenのデザインはかなりシックに仕上げたアルミグラベルバイク。
フルカーボンフォークのアルミグラベルで、フロントスルーアクスル、49mmタイヤ、フラットマウントディスクブレーキ、マッドガードとラック用のスペースとマウントが付属。
見ての通りシートステーは下げられ、Wilierのトップエンドのエアロロードバイクで採用されているフレーム形状でもあります。

Jareenは見た目イタリアンシックなデザインですが、クロモリのJaroonと同様に英国人ユーザーを視野に入れた輸出用のモデル。
(英国向けとはいえ、ドイツや欧州諸国に流通している模様)
ワイドトレッドタイヤは英国の荒れた路面でも舗装路でも使用可能。

Wilier-Jaroon-105-2018-Adventure-Road-Bike-Cyclocross-Bikes-Orange-2018huih.jpg
Wilier Jaroon (105)
Wilierは、美しいイタリアンロードバイクデザインよく知られています。
ですが近年グラベルモデルに力を入れています。2018モデルとしてWilierはクロモリグラベルモデルJaroonを投入。
ダブルバテッドクロモリフレームを採用し、他のバイクブランドとは異なるイタリアンデザインテイストを提供しています。
クロモリフレームには内部溶接を施し、フレームの接合部は非常に美しい。
慣れ親しんだクロモリ溶接外観ではないのがポイントです。

WilierはスチールグラベルロードWilier Jaroonと、アルミグラベルモデルWilier Jareenの2つを用意。
アルミWilier Jareenは、クロモリWilier Jaroonと同様のフレーム形状を採用。
タイヤクリアランスは同様に42mmに設定。またフロントにスルーアクスルを備えています。

Jareenの語源……Wilier北イタリア本社の近くの砂利を表す地元の方言。
Wilierとしては新型アルミグラベルを立ち上げる際に採用した経緯があります。


Jaroonの語源……ベネチアの大きな砂利道を表す地元の方言。
寄り荒い、砂利道での走破性を持たせたクロモリ系グラベルならではの名称。

100435265hooyo.jpg
フレーム 6061 double-butted Aluminium, QR
Wilier Jareen 105
アルミJareen 105スペックは、舗装路から森の中の小道まで、どこにでも様に走破出来るに特別に設計。
つまりどの条件下においても走破出来るウィリエールグラベルロード。
また長期間における使用を視野に置いたグラベルモデルでもあります。
100435265hoouf.jpg
長年使用できる6061ダブルバテッドアルミニウムフレーム
更にアドベンチャー対応のカーボンモノコックフォークは、非舗装路の様な荒い路面に対しても比較的対応する為と軽量化を狙ったものです。
Wilier Jaroonはクロモリのパワフルな走破性を生かしたオフロード向けグラベルですが。
(なんだかんだで、クロモリ系グラベルは悪路においてパワフルな走りが得意)
Wilier Jareenがアルミの機動性を生かした、用途の広さが魅力的。
毎日の通勤やありとあらゆるグラベルライドに最適な仕様になっています。
100435265hooi.jpg
クランクセット  FSA Omega Adventure, 46/30T
カセット Shimano 105 5800, 11-Speed

Shimano 105 コンポーネント

Shimano 105コンポーネントと油圧式ディスクブレーキ
シクロクロスレース対応のShimano 105コンポーネントを装備したWilier Jareenは、一気にスピードを上げることができるシクロクロスバイクでもあります。
(´・ω・`)一応シクロクロスでの使用も視野に入れているのか……ただし通常のグラベルロードとしてのスピード性も追及している訳か。

チェーンリングが46/30Tと小さいため、荷物を使って上り坂を走行することも可能。
Shimano CS5800 11スピード11-32Tカセットを備えた46 / 30Tギアを備えたFSA Omegaアドベンチャークランクセットは障害物の多い悪路や、坂道をすべて登ることができます。
またディスクブレーキも、強力な制動性を生かしつつ細かくスピードを調整可能。
100435265hoohuiu.jpg
フォーク Carbon Monocoque, 12mm Thru-Axle
ホイール Wilier DD28、スルーアクスル & QR
ブレーキ Shimano STR505 hydraulic disc, 6-bolt, 160mm rotors
砂利道、泥、穴の多い道路、舗装されたアスファルト。

このアルミグラベルバイクは全ての路面を走破可能。
さらにShimano STR50、油圧ディスクブレーキは、ありとあらゆる路面において強力な制動力を提供。

幅広のフォークにより、クリアランス最大42mmです。
更に荷物ラックやフェンダー用のダボ穴も用意されています。

現在では主流グラベルタイヤサイズ700x40Cを、既に2018年モデルに用意していた訳か。
あらゆる地形条件でより安定したバランスのとれた乗り心地を実現します。
ホイールはWilier独自のもので、強力な走破性を誇ります。
100435265hoohhouo.jpg
ハンドルバー Promax Drop Bar, 12-degree flare
ステム  Promax

シフター Shimano STR505
100435265hoohfd.jpg
Jareenはコンパクトリア三角が特徴。低い位置のシートステー、インターナルフレーム、フルカーボンフォークを備えています。Wilierとしてはレーシングモデルよりもリラックスしたフレーム形状を目指した結果、この最新のフレーム形状が採用された経緯を持つ。

100435265hooii.jpg
英国ソールズベリー平原のグラベル試験用道路コースは過酷なコースである事が知られております。
本来は射撃場を迂回するための戦車と軍の通行のために設計された、本格グラベルコースな訳です
5週間を超える試験で、容赦のない岩とくぼみを実際に走行しましたが、ホイールはそのままの状態であったそうです。

Wilier Jareenは価格がリーズナブルな割には平地、また非常にグラベルに向いたモデルであります。

全体としてWilier Jareenはさまざまな地形でタイプできる優れたジオメトリを備えており、長距離向けのロングライドにも容易に使用できます。
Wilier - Jareen (105 -2018)

2020年03月25日 トラックバック(-) コメント(-)

Wilier Cento10NDR (Dura Ace リムブレーキ仕様) 材料工学を駆使したエラストマーについて


prod166067_Black_NE_01.jpg
Wilier Cento10NDR (Dura Ace - 2018)
Wilier Cento10NDRには、エラストマー製のリアショックアブソーバーがリア三角に装備されており、乗り心地がスムーズなエアロロードです。ドイツではCento10NDRの事を、エアロコンフォートレーサーなどとも呼称されています。

見た目はスポーティなエアロロードにもかかわらず、Wilier Cento NDRのジオメトリは耐久性のあるコンフォート系レーシングバイクに非常に近いです。
重量7.4kg +/- 5%のWilier Cento NDRは、より耐久力のあるレーシングバイクの1つです。
しかし実際の走行感は、コンフォート系レーシングとはまた異なります。

Wilier Cento NDRに実際に乗ってみると、どちらかというとレーシング系ロードに近いそうです。
特に前方に推進する為のパワーを確保。速いトレーニングペースで疾走した場合でもパワーロスは無く、効果的にサポート。

そして快適さに関してですが、乗り心地は大幅に滑らかに感じられます。
特に路面からの強い衝撃をよりよく吸収。
(´・ω・`)やはりリア三角に採用されているActiflex(アクティフレックス)システムという、衝撃吸収システムの存在が大きいエアロロードとも言えますね。
この手のモデルは、路面状態によって走りが一変しますが……
prod166067_Black_NE_01cqxsa.jpg
リア三角形にActiflex(アクティフレックス)システムと呼ばれる衝撃吸収システムを搭載
屈曲するシートステー形状はシートチューブと分離。中間にエラストマーショックダンパーを備えています。
衝撃吸収性を維持しつつ、加速性や推進性を維持する事も目的になっていますね。

ラピエールのパルシウムもそうですけど、Cento10NDRはグラベルバイクではなく、耐久性や衝撃吸収性を高めたロードバイク。
多少荒れた路面には有効ですが、アスファルトを念頭に走行する事を念頭にWilierとしては設計しているそうです。

レーシングエアロロードWilier Cento10 Airをベースに、衝撃&ショック吸収性を高めたコンフォート系エアロードとも言えます。
fwfewgq.jpg
Actiflex(アクティフレックス)システム主な機能の1つは、シートステーとシートチューブの間の合金パーツです。
見ての通りロックボルトで保持され、押すと動きます。
横方向の動きに耐えられる様に、頑丈な単一ブロック形状ですね。

垂直方向の動きは、耐候性に非常に優れたテクノポリマーで作られたエラストマー(ショックアブソーバー)によって制御されます。
シートチューブとシートステーの接合部にエラストマーを挿入することで、ショックアブソーバー機構を形成。
リア三角が、数mm単位で動くようになっています。
prod166067_Black_NE_01vfadf.jpg
WilierのActiflex(アクティフレックス)の特徴は2つ
①他ブランドのリアサスシステムよりも、サスペンション稼働時におけるサドルの水平方向の動きが少ない。
②Actiflexの合金ピボットにより、横方向の動きが少なくなる


ちなみに初期のMTBのサスペンションに使用されていたエラストマーについてですが。
黎明期においては、温度がショック吸収性におけるパフォーマンスに影響していました。
Wilierとしては温度対策として材料工学を駆使し、エラストマーは-40Cから150Cの間で適切に機能し、全ての温度条件をカバーすると述べています。
ショックアブソーバーには、ライダーの体重、地形、個人の好みに合わせて3つの異なる硬度グレードを用意。

(´・ω・`)ちなみに走行中は実際にエラストマーは圧縮され、運転中にはっきりと感じることが出来るそうだ。
ラビエールのパルシウムの場合、Wサスみたいな感覚だったけど。それに近いか?

またActiflexシステム全体は小さくコンパクト。
現在流行しているシートステイ&シートチューブ機構よりも、コンパクトで特に目立ちません。
もちろんこの機構を取り入れた理由は、路面の不規則性によって引き起こされるサドルの動きを減らす事が目的ですね。



Wilier-Cento10-Disc-Road-Bike-Dura-Ace-2018-Road-Bikes-Blue-2018-E806D4-6R1.jpg
Wilier Cento10NDR ディスク (Ultegra)
Cento10NDRのリアサスペンションシステムActiflexの利点は、ダイレクトマウントリムブレーキとフラットマウントディスクブレーキの両方に対応出来る事です。
(´・ω・`)基本的にリムブレーキやディスクブレーキなどのブレーキ機構に、影響を与えない訳ですね。
コンパクト&シンプルな機構により、エアロ性能、剛性などに影響を与えないサスペンション機構ながら軽量性も達成している点にも注目。
prod166067_Black_NE_01hlil.jpg
フレーム カーボンモノコックファイバー60TON + SEIフィルム
Cento10NDRには、既存のCento10Airの形状に近い最新のカムテール形状を採用しています。
フレームジオメトリは、Zero 7やCento10AirなどのWilierレーシングモデルより直立したライディングポジションを実現。
pouupupu85.jpg
Cento10NDRには、Wilier独自設計のハンドルバーとステムの内部から、ヘッドチューブを介してフレームとフォークにケーブルを配線しています。
ディスクブレーキ付きの電動グループセットを使用している場合、外部ケーブルは一切ありません。
prod166067_Black_NE_01nhcg.jpg
フォーク カーボンモノコックファイバー60TON + SEIフィルム
Cento10NDRのダイレクトマウントリムブレーキ仕様の場合、タイヤクリアランスは28mmサイズです。
ディスクブレーキの場合は32mmタイヤを装着可能。
つまりブレーキシステムによって、タイヤクリアランスは変更になります。
prod166067_Black_NE_01mhv.jpg
ドライブトレイン  Shimano Dura Ace i9100 11スピード
BBシェル Shimano プレスフィット
チェーンステーの形状は伝統的なイタリアンモデルと同じく比較的短く設定し、操縦性を犠牲にしないよう設計されています。
prod166067_Black_NE_01ncg.jpg
ホイールセット Mavic Cosmic Pro Carbon Exalith
タイヤ Mavic Yksion Pro

Mavic Cosmic Proカーボンホイールは、フレームの空力特性をサポートするため、視覚的にも技術的にもレーシングバイクに適合します。
走行中横風の影響は限定的ではありますが、あるそうです。

Wilier - Cento10NDR (Dura Ace - 2018) 定価 ¥1029900➝38%オフ ¥635900

2020年03月21日 トラックバック(-) コメント(-)