ARAYA スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > ARAYA

遂にグラベル系ミニベロがARAYAより登場! 2020 ARAYA CXM Muddyfox CX Mini  

kug85.jpg
台風の進路予想なんですが。
モロに直撃ですね。
windy.com
↑windy.comで台風の進路予測が確認出来ます。
(´・ω・`)うーん。停電が怖いな……飲料水、食料は一週間分確保しましたが。
千葉県の方々、大丈夫だろうか……
ci-630636_3jt (2)
ARAYA CXM Muddyfox CX Mini
ARAYA CXG MuddyFox CX Gravelが、グラベルミニベロ化じゃああああああああああああ!!!
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル
つ、つ、遂にARAYAがやってくれた……ミニベロの分野にまで、遂にグラベルモデルが!!

し、しかも、正統なジャパニーズツーリンググラベルロード「ARAYA CXG MuddyFox CX Gravel」のミニベロ版!!

ARAYAはMuddy Foxシリーズにおいて、MTB、ミニベロMTB、グラベルロード、クロスバイクなど全モデルをクロモリ&ディスクモデル仕様に統一している。
2018年モデル頃から、ディスク化には積極的な姿勢をARAYAはとっていました。
しかし、まさか本格ディスク仕様のグラベルロードをMuddy Foxシリーズに加えるとは……


サイズは480mm。カラーはあえてブラックやイエローではなく、ミズルトカーキー。
ARAYAにしては、大胆なアーミー系カラーを採用している点もポイント。
cc-araya-cxg_2ky.jpg
ARAYA CXG MuddyFox CX Gravel

1980年代に生まれた元祖ARAYAクロモリMTB 「MUDDY FOX」シリーズ
そんなMUDDY FOXがグラベルロード化しちゃった訳ですが。
2018年モデルにおいてグラベルロードとしてディスク化も果たした、最新鋭のMUDDY FOXシリーズです。
元々MTBよりも、日本国内におけるオフロードでの走行を重視して設計。
①街中の舗装路
②河川敷やあぜ道の様な砂利道
③ロードバイクの様な走行性と、ランドナーの様な積載性。ボトル台座をフォークやダウンチューブ裏にまで用意。
④遠距離への走行。また天候や路面状況に左右されないディスクブレーキ。

(´・ω・`)様々なジャンルを、飛び越えた走行性能を持つクロモリグラベルロードですね。
標準は9㎜QR方式ですが、前後スルーアクスルにも後日対応可能。
どちらかというと、グラベルツーリングモデルとしての路線をとっている魅惑のジャパニーズモデル。

そんなARAYA CXG MuddyFox CX Gravelが、今度はグラベルミニベロ化しちゃった訳ですから。
レトロ路線なのに、やっている事が最先端。
時代の先を突っ走っていますねw
ci-630636_3jt (1)
ARAYA CXM Muddyfox CX Miniの場合、フロントフォークにはダボ穴は付いていないかな?
リアキャリアーは取り付け可能そうですが。

CX……気軽に街中から砂利道まで快走するグラベルコミューター
CXG……・さらに遠くへも視野を広げるグラベルツーリング


ARAYA CXM Muddyfox CX Miniのロゴは「CXM」という表記になっている。
CXM……グラベルミニベロという意味だろうか。

TERNなどが、ミニベロエアロードを出していますが。
ではグラベルロードのミニベロ化はどこがやるのか、興味深々でしたが。
まさか、ARAYAがやってくれるとは……海外ではグラベルミニベロに取り組んでいるブランドも、まだそう数は多くないはず。
ci-630636_2jty.jpg
ci-630636_10fw (1)
ヘッドセット  FSA No.11N インテラセット AHEAD 15mm×1 / 10mm×1 スペーサ
ハンドルバー  KALLOY AL-003E フラットバー 400mm Φ31.8

コンポーネントはARAYA CXG MuddyFox CX Gravelと同じくクラリススペック 2x8SPEED仕様。
タイヤサイズは20×1.60。
(´・ω・`)恐らくBMX用タイヤ タイオガパワーブロックを採用している可能性が。
BMXレース用軽量タイヤか……
ARAYAは1970年代から、軽量化と強度にこだわったBMX用リムを生産していました。
ですので、必然的にBMXタイヤをグラベル系ミニベロロードに転用してきたか……
面白いな。
流石にミニベログラベルなんですから、タイヤにシュワルベ ビッグアップルとはいかないか。
ci-630636_4jt.jpg
あダウンチューブが凄い事に!
このロゴは1980年代に活躍したMTB「マディフォックス」のロゴデザインですよ。
グラベルミニベロにも、さり気なく伝統のMTBデザインを取り入れていますね。
(´・ω・`)まさか、グラベル系ミニベロで1980年代初頭のロゴデザインを再現するとは……
ci-630636_5fr.jpg
ci-630636_7we.jpg
サブシートチューブ。
AYARA&英国ラレーミニベロではお馴染みの、サブシートチューブが採用されています。
フロントディレイラーの装着を考慮したクロモリフレーム設計。

ci-630636_6fw (1)
TRP Spyre?
メカニカルディスクブレーキという事は判明しているのですが。
ARAYA CXG MuddyFox CX Gravelと同じく、両押し対向ピストン方式のTRP Spyreを採用していると思われます。
メカニカルディスクなので輪行時や旅先での心配が少なく、ツーリング向きのディスクブレーキ仕様なのでは。
バックプレゼント!ARAYA アラヤ 2020年モデル MUDDY FOX CX MINI マディフォックスCXミニ CXM[完成車]

2019年10月12日 トラックバック(-) コメント(-)

アラヤ工業 ARAYA TUR(ARAYA Touriste) ツーリング先での、パンクトラブルなどに強い理由とは?

imgrc0064972222.jpg
アラヤ工業 ARAYA TUR(ARAYA Touriste)

(´・ω・`)アラヤツーリストは、ツーリング先でトラブルに強いランドナーモデルです。
しかも、ツーリング先で最も多いトラブルと言える「パンク」に強いというのが面白いですね。

確かにオプションのキャンピングキャリアーを取り付ければ、本格ツーリングに使えるリーズナブルなランドナーモデルではあるが。

個人的には、普段用に一台欲しい……
丸石 エンペラー ツーリングコンダクターに乗った時分かったんですけど、ツーリング系モデルって低速での安定性が高いじゃないですか?
確かに街乗りというか、その辺うろちょろするのに凄く便利そうなんですよね。
(実は、ツーリング系モデルに乗って少し心惹かれてきた。無理に速く走らなくていいバイクというのが、個人的に新鮮)
imgrc0064972218.jpg
リム ARAYA SP-30 26×1-3/8 シルバー 36H
ハブ SHIMANO CLARIS (2400) 36H 100×130
フォーク クロモリ ロストワックス フォーククラウン 1”スレッド
タイヤ PANARACER ST 26×1-3/8 (650×35A) F/V

低重心で安定性を重視。
でTUR(ARAYA Touriste)に関してなんですけど、タイヤサイズは650×35A。
ママチャリに良く使用されるタイヤサイズ26×1‒3/8に相当。
(´・ω・`)先日丸石 エンペラー ツーリングコンダクターに試乗した時は、よりサイズが大きい700Cタイプでしたが。
やはり伝統のランドナータイヤサイズとなると、650Aになってくる。
35mm幅なので、ランドナーモデルの中においては細目の設定だ。

それでも、悪路や多少の段差など気にせずに走れるサイズになっている。
そういえばロードプラスタイヤやMTBなどで、650Bって脚光浴びているな。むむ。

タイヤをツーリング先でも、調達し易い。
ママチャリ26インチと同様なので、いざツーリング中タイヤが必要となれば近くのホームセンターに駆け込めば済む訳か。
高速性も考慮した少し細めのアラヤパナレーサーオリジナルタイヤを履き、上位機種ランドナーの仕様も盛り込んである。
だから、ツーリング時においてどこでもタイヤが手に入るので、トラブルに強い一台。

フレームは強靭で、よく使用される4130クロモリ。
最近は米国系クロモリグラベルロードでも、4130クロモリをよく見かけますね。
サーリーなども、好んで採用していたクロモリ素材ですが。
imgrc0064972219.jpg
やはりランドナーモデルということで、荷物の積載を考えて最初からフロントキャリアーが用意してあります。
imgrc0064972221.jpg
ハンドルバー KALLOY HB-CM21 マースドロップ 400mm Ø26.0
ハンドルステム KALLOY KL 80mm (490, 530) / 100mm (570)
バーテープ レザータイプ ポリウレタン
ブレーキレバー DIA-COMPE DC-204QC フーデッドレバー GC-202 ケーブルアジャスター付
折角フロントキャリアーが用意されているので、ブレーキレバーにもツーリング用DIA-COMPE DC-204QCを採用。
積載した荷物やフロントバッグが邪魔にならない様に、ブレーキワイヤーが上部に配置されています。
見事に上部でワイヤーが、均等に交差しているのが見所!?
imgrc0064972220.jpg
ヘッドセット CH CH-907JN マイクロアジャスト カートリッジベアリング
imgrc0064972217.jpg
フレーム オールクロモリ STDサイズ ダブルバテッド カットラグフレーム
シフター  SHIMANO SL-R400 8speed×フリクション ダウンチューブシフター
シフター位置はランドナー王道のダウンチューブ下に配置。
変速レバーにSHIMANO SL-R400を採用し、クラリス系ディレーラーを変速する形になる。
(´・ω・`)丸石 エンペラーも同じ仕様だったけど。
それ程勘や感覚に頼らなくても、しっかり変速できるはず。
imgrc0064972216.jpg
オールクロモリ ラグフレーム
イタリアンカットラグで構成されるオールクロモリの伝統的なフレーム。
カーボンは折れたら一発だけど。
こちらは、強靭かつ長時間の乗り心地重視の4130クロモリを採用。
imgrc0064972215.jpg
ARAYA SWALLOW Randonneurと同仕様の、ロストワックスクラウンを採用。
(´・ω・`)太めの 650×38Bタイヤの換装も可能なんですって。
じゃあより重量物を積載する場合や、悪路を走る際に650×38Bに換装すればいい訳か……
imgrc0064972214.jpg
imgrc0064972213.jpg
imgrc0064972211.jpg
チェーンホィール SUGINO XD-350T 48-38-28T×165mm (490) / 170mm (530, 570)
imgrc0064972212.jpg
リアディレーラー SHIMANO CLARIS (2400) スマートケージ
カセット SHIMANO CS-HG31-8 11-32T 8speed
フロント48-38-28Tにリアが11-32T。
ARAYA TURも最大、1:1以下のスーパーワイドなギア比だ。
登板性能や荷物を積載した際などに、対応したギア比だ。また変速機にコスパが高いクラリススペック(3×8速)。
何かトラブルが起きた際、パーツの交換にコストをかけなくて済むメリットも。

マッドガードやリアキャリアーを搭載する為に、チェーンステーは長めに設定。
直進安定性を稼げる上に、バニアバッグを積載しても足に接触しないための仕様だ。
imgrc0064972210.jpg
フロントディレーラー SHIMANO CLARIS (2400) Ø28.6mm
BB SHIMANO BB-UN26 68-113mm
imgrc0064972209.jpg
サドル VELO ダブルデンシティ トレッキングタイプ
シートポスト KALLOY SP-373 27.2×300
imgrc0064972208.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-CX50 カンティレバーブレーキ
フェンダー アルミポリッシュ 45mm幅 アジャスタブルステー 専用ダルマネジセット
フレームポンプ TOPEAK Road Master Blaster フレームポンプ

パンクトラブルに即対応可能! フレームポンプを初期搭載
ツーリングには必須の、ポンプ(フレームポンプ)が最初から用意されています!

ところで、どうしてシートチューブ後部にフレームポンプが配置されているか? というと。
グラベルロードと同様に前三角に肩を入れて担ぐ際、フレームポンプが干渉しない位置だから。
(´・ω・`)ランドナーモデルだから、担いだ際の運搬性まで考えられたケーブル配置にもなっている。
やはりパンクはツーリングで頻発するトラブル。
だから手に入り易いタイヤサイズや、フレームポンプが最初から親切に用意されているんですね。

つまりツーリングのトラブルに強い一台ということは、日常で使うトラブルにも強い一台と言っていいですね。
【当店販売価格はお問合せ下さい】2019モデルARAYA(新家工業)TUR(ARAYA TOURISTE)アラヤツーリストツーリングバイク・ランドナー【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2019年03月13日 トラックバック(-) コメント(-)

街乗りや趣味でのロングライドに使える、10万円台のクロモリロードバイクって?


街乗りや趣味でのロングライドに使用する、10万円台のクロモリロードバイクって?

(´・ω・`)上記のお題をテーマに、使用目的別に使えるクロモリモデルを選択してみました。
ただ乗り心地がいいとか、デザインがいい、スペック、快適性、クロモリの材質など様々な注目ポイントがあると思いますが。
「街乗り」「趣味でのロングライド」「10万円予算」とテーマ―を絞ると、意外に数が絞られてくるのが分かります。

ci-517846_1xs.jpg
2019 ANCHOR RNC3 EX SORA (RNC3 EXソラ)
レースでも街乗りでも使える万能性を誇るANCHOR RNC3。
(´・ω・`)まず万能性の高さを買ってピックアップしてみました。

TIG溶接にバルジフォーミングチューブで構成されるフレーム。
やはりアンカーシリーズの一員だけあって、推進性や加速性がすこぶる高いクロモリモデル。
(どことなくカーボンを意識したような走りが、ちょっと面白いモデルでもある。スポーツ寄りかな?)

しかし意外に10万円台って、スポーツ性を重視したクロモリが多いんですね。
ANCHOR RNC3 EX SORAの価格は13万円台に突入してしまうので、10万程度では購入出来ない。
物はいいんですが……なかなか難しいな……。
cc-gios-airone_2vsd.jpg
2019 GIOS AIRONE
あと個人的にスポーツ性能に関して納得&お勧めなのがGIOS AIRONE。
ジオスのクロモリはロングライドに強いし、巡行性も高い。

(´・ω・`)ジオスのクロモリは見た目はクラシカルだけど、実はスポーツ性が高いモデルが多い。
4アームクランクのティアグラ4700系だし、ホイールもシマノ製エントリーホィールSHIMANO WH-R501が用意されている。
カーボンフォークまで用意されてはいるけど。

……しかし、逆にスポーツ寄りのクロモリとも言える。でも11万台だし、コスパは悪くないかな。
ci-340906-o18_4cdax.jpg

FUJI BALLAD R
では、ストリート系クロモリが得意のフジはどうでしょうか?
このFUJI BALLAD Rの場合、遠乗りや長距離走る事にもそれなりに対応可能だが。
路面状況の変化が激しい、街中での走りに向いているクロモリですね。
街乗り重視! たまに遠乗りなら、全然悪くない。

見た目はレトロでおっとりしているんですが。
実はさくさく走れるクロモリ系ロードなんですよ。長距離向きと言うよりは、やはりアーバンタイプのロードか。
(´・ω・`)FUJI BALLAD Rって、価格も8万程度だし。コストを抑えるならこれでもいいかな?
とりあえず、準候補に挙げておこう。
cc-raleh-cra700a_3.jpg
2019 Raleigh CRA CARLTON-A
(´・ω・`)個人的に11万円で、上記のお題に対応出来ておすすめなのがRaleigh CRAですね。
クロモリならではの快適性を徹底的に高めたモデルですよ。
クロモリ&クロモリフォークだけど、快適性に関しては「体に溶け込む様な」乗り心地。
(Raleigh CRAに乗ると、「カーボンフォークなんかいらね」と本気で思えてくる。
スタート時から「スっ……」と体に溶けて、浸透していく様なシククロ感が強い走りをしてくれます。
cc-raleh-cra700a_4.jpg
ハンドルバー JD Shallow-Drop 380mm(450)/400mm(500,550) Ø31.8
ステム KALLOY AS-21 -17° Flip-Flop 70mm(450)/ 80mm(500)/ 90mm(550)
シフター SHIMANO SORA 9×2speed Dual-Control Levers W/Cable adjusters for Downtube-Levers
Wレバー変速仕様ではなく、最新のデュアルコントロールレバー仕様。
上位グレードの設計とデザインを継承し、操作性を向上。


街乗りに便利なインラインレバー(補助ブレーキ)が付いてくる。
(´・ω・`)しかも飾りじゃなくって、実に良く効く補助ブレーキなんですよ。
つまりハンドル上部からブレーキ操作が可能。フラットバー感覚で、クロモリロードに乗れてしまう。
特にRaleigh CRAは、インラインレバー(補助ブレーキ)が扱いやすく、効きがいい。
実に街乗りで使い易い点を、高く評価します。


Raleigh CRA最大の長所は、実に「低速時に快適重視の走りをする」点です。
スポーツ系クロモリではないんですけど、逆に街乗り(低速時)での走りが実に華麗。
街乗りで使うのに、凄く向いている……てか自分だったらRaleigh CRAだな。
cc-raleh-cra700a_13.jpg
ヘッドセット FSA INTELLASET 1-1/8” AHEAD w/5,10,10,15mm Spacers
ブレーキ SHIMANO SORA
すべてのコンポーネントにおいてSHIMANO SORAをブ レーキ、ハブに至るまでフル採用。
パーツに関しては、ラレーらしくエントリーモデルといえど実に真面目な仕様になっている。

また、スポーティーな走りもしてくれます。
速度に乗ってくると、抵抗感が軽減し即加速してくれる点もポイント。
エントリークロモリながら、様々な走りに対応可能な訳ですが。

特に低速時の走りに強い点を、個人的に評価します。
cc-raleh-cra700a_16.jpg
フロントディレーラー SHIMANO SORA 28.6mm
クランク SHIMANO SORA 50-34T w/Gear-guard ×165mm(450)/170mm(500,550)
実はギアガードも、SORAスペックながら用意されている。
仕様の方も、最初から街乗りに対応出来る仕様なのだ。
実はこのギアガードは純正品。
前50-34T×後11-32Tのワイドギヤレシオにより、ツーリングから街乗りまで対応可能。

ちなみにスポーティーな走りが出来ると言っても、流石にスポーツ系アルミモデルやカーボンには一歩譲る。
クロモリならではのスポーティーな走りを楽しめる一台ですね。
ただ低速時でも、それなりに速度を出しても抵抗感を削ぎ落したような美しい走りが楽しめる。
cc-raleh-cra700a_14.jpg
フォーク Cr-Mo w/Investment-cast Crown
ハブ SHIMANO SORA 32H 100×130
リム ARAYA AR-713 700C Silver/CNC 32H

スポーク 14G Stainless
意外に現在のクロモリって、平地においてはそれなりにスポーティーな走りが出来るモデルが多い。
しかし、低速における快適性に強いとなると、筆頭に挙げていいモデルはRaleigh CRA ですね。

(´・ω・`)もしかしたら、速度を落として走る分には上位クロモリモデルすらも圧倒するかもしれない。
それ位低速においては、抵抗感のないいい走りをしてくれる。
(ある意味マイペースで走るのが上手いクロモリモデルとも言える)

本当は先日試乗した、丸石エンペラーや10万円台のクロモリアドベンチャーあたりを候補にいれてもいいかな? と思ったけど。
あくまで、クロモリ系ロードということで Raleigh CRAを候補に挙げました。
ci-230186_5cds.jpg
2019 Raleigh CRF CARLTON-F
レイノルズ631製フレーム&105スペックRaleigh CRFもいいんですが。
Raleigh CRAよりは、よりスポーツ性が高い上にカーボンとも普通に勝負出来る快適性。
足に余韻が残る様な、極上の美しい走りをします。
(´・ω・`)ただ、予算が18万円台になってしまう上に、仕様は長距離向き。
巡航性能が高めに設定してある上に。クロモリとは思えないハイレベルの運動性能もあります。

Raleigh CRAは低速に強い上に、街乗りの際使えるパーツも用意してある。
だから、価格は11万円台でも街乗りに使うクロモリを想定するならRaleigh CRAかな。
逆に街乗りを最重要視するなら、FUJIモデルも捨てがたいんですけどね。

そう考えるとクロモリモデルって、使用目的別に色々な選択肢がある。
cc-raleh-cra700a_15.jpg
タイヤ CONTINENTAL 700×25C ULTRA SPORTS F/V
cc-raleh-cra700a_8.jpg
cc-raleh-cra700a_7.jpg
フレーム Full Cr-Mo Mid-size D.B. TIG Welding
cc-raleh-cra700a_11.jpg
BB SHIMANO SORA
cc-raleh-cra700a_10.jpg
cc-raleh-cra700a_12.jpg
cc-raleh-cra700a_9.jpg
cc-raleh-cra700a_17.jpg
リアディレーラー SHIMANO SORA SS
ギア SHIMANO CS-HG200-9 11-32T 9speed
cc-raleh-cra700a_5.jpg
サドル VELO Racing Cr-Mo Rail RALEIGH-spec
(まとめ)
「街乗り」+「趣味でのロングライド」という2大テーマに強いクロモリモデルって、多分他にも多数あると思うのですが。
実際乗ってみて(GIOS AIRONEは未試乗。ジオス系クロモリなら試乗経験あるけど)、個人的に納得できるのはやはりRaleigh CRAかな。
特にラレーの場合英国風デザインにこだわっているけど、実は日本人の使用条件に合わせたバイク作りをしている。
だから、自然と日本人の使用目的に合うバイクが多いのですよ。
【BROOKSサドル限定カスタマイズ】Raleighラレー CARLTON-AカールトンA CRA《P》

2019年03月09日 トラックバック(-) コメント(-)

新家工業 2019 ARAYA RAN(SWALLOW Randonneur) スワローランドナー マイペースに走る為の自転車


imgrc0066232733.jpg
新家工業 2019 ARAYA RAN(SWALLOW Randonneur) スワローランドナー

このスワローランドナーは、スワローキャンピングの流れを汲んだモデルで、日本などの山岳地帯の多い地域に対応する為にワイドなギア比設定になっています。

スワローランドナーはフレームを新設計し、ブレーキケーブルがインターナル仕様
国内系ブランドパーツを積極的に採用。
当時の悪路走破の為の650Bなどの太いホイールサイズを、継続しています。
(42Bタイヤ装着も可能)
日本国内における使用を想定した、ジャパニーズツーリング仕様ですね。
では、スワローランドナーがどういった歴史を背負っているのか、少しさかのぼってみましょう。
sccadscvdsvs43t.jpg

1960年代当時ツバメ自転車において、欧州パーツを採用したスワローキャンピングというキャンピング自転車がありました。
フレームやキャリアーは内製品。
ランドナーモデルはフランス発祥のツーリング用自転車。
ちなみにフランスにおいては、長距離スポーツサイクリングイベントに使われる自転車でした。
イベントの際石畳を走る必要があったので、650Bなど太いホイールサイズが採用。

日本においてランドナーは当時悪路が多かった(舗装率が今ほどではなかった)日本に受け入れられ、ツーリングや旅用自転車として進化していくことになります。
imgrc0066232732.jpg
ハンドルバー NITTO B135 Grand Randonneur 420mm
ハンドルステム  NITTO REARL NJS 80mm(500)/100mm(540)
ブレーキレバー DIA-COMPE DC-204QC w/GRAN-COMPE Adjuster
30年以上も生産されている日東B135ランドナーバー。
ツーリング用のランドナーハンドルバーで、美しい月桂樹の刻印入り。
ランドナーモデルにおいて、定番のモデルです。
緩やかに広がり、優しいラインを描きツーリングに適した美しさがあります。
ブレーキケーブル上出しのダイヤコンペ用ツーリングモデル204QCブレーキレバーのお蔭で、フロントバッグを容易に装着可能。

リア10速のSHIMANO TIAGRAをクランク以外積極的に採用(ハブもティアグラスペック)
ランドナーのためのスペックを具現化しています。
imgrc0066232731.jpg
アラヤは1903年日本で初めて自転車用リムを生産し、高い品質を誇っていました。
ツバメ自転車は1946年当時から生産開始。
金ツバメは当時の自転車の2倍近い価格でしたが、寿命は2台分以上の高品質。
当時において入手困難な欧州輸入部品、内製のキャリアーや独自設計のBBセットを用意した、本格キャンピング自転車を生産していた。
また1964年当時、ロードバイクを競技用機材として販売していた実績を持っています。
東京オリンピックの頃ですね。
imgrc0066232730.jpg
ヘッドセット TANGE-SEIKI RB-661 Micro-Adjust 1"Threaded w/Cartridge-bearings
imgrc0066232725.jpg
フロントキャリアー NITTO Steel Tube Carrier (ARAYA Original Design)
スワローランドナーのためのオリジナルのパイプ製小型キャリアも日東製。
(´・ω・`)なんだかんだで、2011年モデルにおいても スワローランドナー紹介したのですが。
いまだ2019年モデルも健在でして、紹介出来て嬉しいです!
継続して生産されている貴重なランドナーモデルですね。
ある意味現在も歴史を刻んでいるランドナーモデルで、クロモリフレームはラグ組み。
(ラグのお蔭で、乗り心地や強靭さを確保してある)
imgrc0066232724.jpg
imgrc0066232723.jpg
フォーク Cr-Mo w/Investment-cast Crown 1”Threaded
リム ARAYA TM-840F 26×1.50 Silver 32H
ハブ SHIMANO TIAGRA 32H 100×130

タイヤ PANARACER 26×1.50 PASELA F/V
フォークはフレームと同じくラグ付きフォーク(ロストワックス製クラウン)
全てのラグはロストワックス(精密鋳造)製法。
トップチューブにブレーキワイヤーが内装されています。
imgrc0066232722.jpg
imgrc0066232721.jpg
フレーム KAISEI-022 SPEED GALLANT Cr-Mo STD size D.B. w/Investment-cast Lugs
シフター SHIMANO DURA-ACE 10speed×Friction Down Tube Shifter
丸石 エンペラー ツーリングコンダクターもシフターはダウンチューブ位置。
やはりこの位置に、レバー変速を設置するのがランドナーならではと言えるでしょう。
DURA ACEグレードなので、割と軽めにレバー変速可能なはず。
ダウンチューブに取り付けられたこのレバー位置が、ツーリングモデルへの憧れになったという話も。
imgrc0066232718.jpg
フロントディレーラー SHIMANO TIAGRA 28.6mm
BB SHIMANO BB-UN26 68-113mm
imgrc0066232717.jpg
チェーンホイール SUGINO ALPINA2 700T 48-36-26T×165mm(500)/170mm(540)
リアディレーラー SHIMANO TIAGRA GS
ギア SHIMANO CS-4600 11-25T 10speed
スギノのトリプルクランクSUGINO ALPINA2。
平地を高速で走る為の仕様ではなく、日本の山岳に対応するためのワイドなギア比仕様。

(´・ω・`)マイペースで走る為の、ギア比構成とも言えますね。
なにせ速く走る必要もないわけですから。
imgrc0066232716.jpg
ペダル MKS PROMENADE-EZY
ペダルは三ヶ島製作所の踏みやすい両面タイプのペダルで、ワンタッチ式で取り外し可能。
ツーリングに最適な軽量仕様。
imgrc0066232715.jpg
サドル BROOKS B-17 STD Honey-Brown Leather
ポスト KALLOY SP-373 27.2×300
細部に亘るまで様式美を貫き、シートステーや背もたれ部分の配置を追求。
創業150年を誇る英国老舗サドルブルックスの名作サドルB17。
imgrc0066232714.jpg
マッドガード 45mm width Aluminum Alloy, Polish finish, w/Stainless stay and Adjustable devises under Araya original design
ブレーキ SHIMANO BR-CX50 Cantilever-Brake
シクロクロス用カンチブレーキSHIMANO BR-CX50を採用。
imgrc0066232737.jpg
オプションパーツ(別売り)で、日東のキャンピー(キャンピングキャリア)をフロントとリアに搭載するとこうなります。
パイプの強度や溶接の耐久性が非常に高く、重量物を積載するのに適しています。
実際の本格的なツーリングでの使用を想定した、キャンピング用キャリアーと言えるでしょう。
スチール製パイプなので、もし旅先で破損しても溶接可能。
そのまま、ツーリングを続行可能な訳ですよ。
imgrc0066232735.jpg
重量はランドナーながら11kg台に抑えている。
ランドナーとしての美しいフレームワークを楽しめるし、仕様そのものは日本仕様にこだわった機能性重視のランドナーですね。
だからこそ日東やダイヤコンペシマノ、スギノなどの、日本国内ブランドも積極採用。
その方針は、この先もずっと続けてくれると思います。
なにせ1960年代からの歴史を背負ったランドナーなのですから。
【最大1200円クーポン配布中(3/8 10時まで)】【当店販売価格はお問合せ下さい】2019モデルARAYA(新家工業)RAN(SWALLOW Randonneur)スワローランドナーツーリングバイク・ランドナー【送料プランB】【店頭受取対応商品】

2019年03月06日 トラックバック(-) コメント(-)

2019 ARAYA FEDERAL FED(アラヤ フェデラル) 初心者用の一台であると同時に、玄人向けの一台でもあるんじゃ?

cc-araya-fed_4.jpg
2019 ARAYA FEDERAL FED(アラヤ フェデラル)[ランドナー・ツーリングバイク]

日本の自転車メーカーARAYAが送る、ランドナーのデザインを取り入れたツーリングモデルです!
700C規格のホイールではなく、一般車に普及している「26インチ×1 3/8」規格ですね。
(MTBに使用されている26インチではなく、HEタイプ)

ツーリングからスポーツ、街乗りまで「移動する為のスポーツモデル」という点がユニークです。

フェデラルカテゴリー……ランドナーの豪華な仕様を簡素にまとめ、サイクリングのための自転車。かつてのフェデラルカテゴリーを
復活させたのがARAYA FEDERAL FED


ロードモデルデザインですが、サイクリング性能を強化したモデル。
更に一般車に普及している「26インチ×1 3/8」規格を採用した事で、敷居が低いのも特徴。
しかしながら、シマノ製コンポを中心に採用し高機能性も重視しています。
(まあ、Wレバーにおけるレバー変速は、多少慣れが必要でもありますが。レバー変速仕様こそが、ランドナーの王道ではありますが 汗)
cc-fed_spec1fb.jpg
ランドナー仕様にカスタマイズ
標準仕様でも十分にツーリングに活用可能ですが、オプションのフロントキャリア装備でランドナーの機能や、キャンピー装備でロングツーリングを愉しむことも可能です。

FED 540mm G
( アラヤ・フェデラル フォレストグリーン )
日東キャンピー前後セット装着イメージ
※440mmサイズはシートステーが低いため、キャンピーリヤセットが取付できません。

(´・ω・`)キャンピーキャリアなどを、オプションパーツを別途で用意すれば本格ツーリングにも対応。
日東キャンピーキャリア フロントセット
日東キャンピーキャリア リヤセット(440サイズは取付不可)
フロントキャリア RAN純正品と同仕様(CA-RAN)

cc-araya-fed_5.jpg

日本の標準ホイールサイズとも言える26×1ー3/8を採用。
700Cロードにはない、日本向けスポーツモデルとも言える。
(ホイールの補修性にも優れます)
cc-araya-fed_6.jpg
cc-araya-fed_7.jpg
ハンドルバー KALLOY HB-CM21 マースドロップ 380mm (440) / 400mm(500, 540) Ø26.0
ブレーキレバー TEKTRO RL340 エアロフーデッドレバー
セーフーレバー  TEKTRO RL570 トップマウントレバー

ハンドル上部に配されたセーフレバーにより、安定した制動操作も可能になっています。
cc-araya-fed_8.jpg
ハンドルステム KALLOY KL 60mm(440) / 80mm(500) / 100mm(540)
バーテープ  レザータイプ ポリウレタン
ブレーキ: SHIMANO BR-CX50 カンティレバーブレーキ

安全性を高めるためブレーキにはSHIMANOカンティブレーキを採用。
(´・ω・`)シクロクロス用カンチを、わざわざ持ってきたか……
cc-araya-fed_9.jpg
cc-araya-fed_10.jpg
ヘッドセット CH CH-907JN マイクロアジャスト カートリッジベアリング
フォーク ハイテン ユニクラウン 60mmオフセット 1”スレッド
cc-araya-fed_11.jpg
フレーム クロモリ MIDサイズ シートアウターバテッド TIG溶接フレーム
cc-araya-fed_20.jpg
フロントディレーラー  SHIMANO FD-M191 Ø28.6mm
BBセット  CH CH-52 カートリッジBB 68-123mm
チェーンホイール SR-SUNTOUR XCT 48-38-28T×170mm ギヤガード付
メンテナンスを重視しSHIMANOコンポで、ARAYA FEDERAL FEDを固めています。
(ALTUSリヤ8段仕様)
更には、ギヤクランクには4アームデザインのSR-SUNTOUR XCTチェーンホイールでグレード感を向上。
輪行時等に役立つチェーンフックも追加し、、ツーリング時において対応し易い仕様になっています。
cc-araya-fed_12.jpg
シフトレバー  SHIMANO SL-R400 8speed×フリクション ダウンチューブシフター
リア8速用のダブルレバーSHIMANO SORA SL-R400で、リアディレーラー SHIMANO ALTUSを変速操作する形になる。
この辺は初心者用というよりは、玄人向けの変速機構だと思う。
(´・ω・`)公園などで、変速操作の練習をしてから公道で使用しては?
ARAYA FEDERAL FEDは初心者用の一台であると同時に、玄人向けの一台でもあるんじゃ?
cc-araya-fed_14.jpg
cc-araya-fed_13.jpg
フレームボンプ/チェーンステープロテクター
茎本重量  12.9kg (13.5kg)

cc-araya-fed_15.jpg
フェンダー SKS BLUEMELS CLUB-SPECIAL シルバー
ブレーキ  SHIMANO BR-CX50 カンティレバーブレーキ
cc-araya-fed_17.jpg
リム ARAYA SP-30 26×1-3/8 シルバー 36H
タイヤ  SCHWALBE 26×1-3/8 DELTA-CRUISER E/V

ARAYA Rim - SP-30 -
ランドナーなどツーリングモデルの定番ともなったスクェアなデザインの23mm幅W/Oリム。強度レベルの高いMTBリム等との比較試験を行い、従来より強度基準を向上させ、新型断面設計を施しました。
cc-araya-fed_18.jpg
ハブ  SHIMANO HB-TX800 / FH-TX800 36H 100×135
cc-araya-fed_19.jpg
サドル VELO ダブルデンシティ トレッキングタイプ
シートポスト KALLOY SP-243 27.2×300

cc-araya-fed_21.jpg
リアディレーラー SHIMANO ALTUS スマートケージ
カセットギーヤ  SHIMANO CS-HG31-8 11-30T 8speed
やはり6万円台で、ここまで機能性を重視させているなら文句ないですね。
しかもランドナーの仕様を意識しているだけあって、ホイールベースを長めに取り安定性も重視している。(また、荷物を積載し易いといった利点も)
また、クロモリフレームなのでやはり長距離にも向いている。
あとは日常性を高める為に、裾の巻き込み防止の為のクランクガードや泥除けなども用意されているのでツーリングではなく、日常的に使いたい方にも向いている機種だろう。
《在庫あり》ARAYA アラヤ 2019年モデル FEDERAL フェデラル FED[完成車]

2018年12月26日 トラックバック(-) コメント(-)