丸石 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 丸石

丸石自転車 2019 EMPEROR Touring Conductor (丸石 エンペラー ツーリングコンダクター)試乗 体験インプレ  十数年後も通用するツーリング性能だと確信!


DSCN7355xdeq.jpg
丸石自転車 Touring Conductor (丸石 エンペラー ツーリングコンダクター) 
1973年から続く名モデル、丸石サイクルエンペラー ツーリングコンダクターに試乗しました。
(´;ω;`)ブワッ.遂にあのエンペラーに試乗できた!
なんか今回は、クロモリの名モデル系の試乗がやたら楽しかった。
DSCN7353vs b
丸石自転車 EMPEROR Touring Master (エンペラー ツーリングマスター) 

650Aタイヤを採用した、エンペラー ツーリングマスターにも試乗したかったのですが。
今回は700Cタイヤ輪行ツーリングモデルエンペラー ツーリングコンダクターに試乗しました。
実はホワイトカラーに、心を持っていかれまして……。
エンペラー ツーリングマスターとエンペラー ツーリングコンダクターのフレームも、もちろん同じクロモリフレーム。
確かメーカーの方によると、最近ロードの好みも細分化されてきており、ツーリングモデルもここ最近人気が高まっているそうだ。

(´・ω・`)実際、エンペラー ツーリングコンダクターを楽しそうに試乗されている方がいまして。
異様に興味を惹かれて、丸石自転車ブースに来たわけですが。
DSCN7350 xv
DSCN7351cas.jpg
やはり遠くから見ても絵になりますわ……
実は丸石 エンペラー ツーリングコンダクターに試乗時、会場のスタッフ様や、ありとあらゆる方から感想を求められた。
(´・ω・)……デザインがヨーロッパ風で、試乗コースや外の方が実に目立つデザイン。
ツーリングモデルとしての、クラシカルなオーラーが出ているんですよね。
(画像からは、伝わりにくいですが)
DSCN7352gawk.jpg
DSCN7355xdeq.jpg
丸石自転車 Touring Conductor (丸石 エンペラー ツーリングコンダクター)試乗体験インプレ

①( ;゚ω゚)……ツーリングモデルらしい、この安定感!
まず走行感が独特でして……路面をがっちりとらえて、離さない!!!
凄い……路面追従性なんて生易しいもんじゃないぞ!!??
まるで路面を、タイヤが噛みついているかの様だ。
正に、圧倒的&強烈な安定感!!! 
ありえない安定感の恩恵で、走行中ストレスがたまらない。
これ、荷物とか積載してもまるで動じない安定性なんだろうな。

②乗り心地パーフェクト。100点満点中、300点くれてやる!!
……なんという完成された、快適性……おおっ!!
感動!! 坂道は不明だが、強風化でも不動の快適性!!
しかも平地でも、ペダルが意外に軽い!!
(失礼ながら、重いと思っていた。逆、逆! 謎の軽さがある)
なんというかカーボンモデルの様な、推進力を発揮する為の軽さではなく……
純粋にペダルの負荷が軽いと言えばいいのだろうか……
エンペラー ツーリングマスターの試乗中、フレームに身を預け休憩しているような感覚に。
DSCN7357few.jpg
③推進力、加速性能は低い。
コルナゴマスターは、クロモリながらレーシング性能を強化してあるので推進性と加速性を獲得しているが。
エンペラー ツーリングマスターは、真逆の性能を有しています。
つまり、一定のペースを作り上げるのが大得意!!

( ;゚ω゚)……この走りは一体……好みの速度を完璧に守って、巡行していく。
速度を精密機械の様に、維持できるのか。

うわ……なんか、未知の走りだわ。これがロングセラーツーリングモデルの走りか!

加速は苦手だけど、トップギアまでもっていくとかなり速度が出る。
しかし、ながらスピードが出ても「怖さが」全然ない。
トップギアのスピード感でも、速度を一定のペースで維持してくれる。
速度を維持する能力は、案外カーボンモデルすら圧倒するんじゃないだろうか?

DSCN7358cd.jpg
ハンドルバー Alloy オリジナルツーリングバー
DSCN7372feqw.jpg
ツーリング車専用ブレーキレバー DIA-COMPE DC204QC
カンチブレーキですが、効きそのものはしっかりしていました。
(´・ω・`)丸石様のセッティングが良かったとも言えます。
ただ、荷物を積載した時どういう事になるかは不明。
トップギアだと、かなり速度を出せますが。特にブレーキに関しては、不安ではなかったな。
DSCN7359ca.jpg
ステム Alloy EX60mm (510/540) 80mm(560)
ヘッドセット オリジナル輪行ヘッドパーツ

DSCN7356das.jpg
フォーク ラグ式Cr-Mo
リム ALEX ACE19 700C 36H
パナレーサーパセラの700C×35Cと太目だけあって、グリップがしっかりしていた。
やはり大陸横断も可能なツーリングモデルだけあって、この太目のサイズなら路面状況も気にならない。
DSCN7369CVfsfwf.jpg
シフター SHIMANO SL-R400
ダウンチューブ下に配置されたレバーで、変速操作をしなくてはならない。
ハンドル位置からレバーまでの位置が遠いです。
ですので、変速中片手をハンドルから離す必要があります。
試乗コース三週目位で、次第に変速操作に慣れたかな?
要は慣れが必要。

(´・ω・`)あと、丸石様のセッティングがしっかりしていたせいもあると思いますが。
レバー変速操作そのものは、実に精密に行えました。
カンによる変速操作ではなく、確実に狙った段数に変速操作可能。
DSCN7367vsvsmjg.jpg
フレーム ラグ式ダブルバテットAll Cr-Mo
フレームそのものは、実にがっちり組まれていました。強靭です。
しかし、ツーリング系クロモリならではの快適性も提供してくれます。
極め切った、長距離向きのクロモリフレームですね。
エンペラー ツーリングコンダクターの走りを、カーボンやアルミで再現するのは不可能でしょう。
1970年代から、生き残ってきた理由も良く分かる。

ちなみに、2003年モデルから普通に現在まで愛用している方もいらっしゃるとか。
耐久性に関しては、かなりのものです。
DSCN7366bgd (2)
性能とか機能ばかりのレビューになっていますが。
特にこのホワイトカラーが、ヨーロッパ系ツーリングバイクの様な雰囲気でした。
(´・ω・`)このホワイトカラーのデザイン、かなりいいです。
ホワイトカラーにシルバー系パーツって雰囲気出るんですね。
実車を見るまで、気が付きませんでした。
DSCN7366bgd (1)
DSCN7364bgd.jpg
フロントディレーラー SHIMANO FD-2030
クランクセット アンデル48-38-28

ペダル WELLGO トゥクリップストラップ付き
アンデル製トリプルギアクランク。
ツーリングモデルには好まれて採用されるクランクで、Bianchi ANCORA TIAGRAなどにも採用されています。
なんとなくヨーロッパの雰囲気が出たシルバー系クランク。

フロントが48-38-28のトリプル、リアが11-30T。
1:1以下のスーパーワイドなギア比なので、荷物を積載しても坂道に対応出来る仕様になっている。
(´・ω・`)ただ試乗コースは平坦だったので、実際登りではどうなるかは不明。
DSCN7362 xv
DSCN7365 xv
リアディレーラー SHIMANO RD2000
カセット  SHIMANO 11-30T 8S
DSCN7370bdg (1)
ブレーキ PROMAX CB-105
フェンダー 本所工研分割式Alloy Hammered
ハンマードアルミフェンダーを実装。
(´・ω・`)えーっと、アルミの厚さは薄くはないですね。しかし、厚くもない。
それなりの強度は確保されたフェンダーでした。
DSCN7370bdg (2)
サドル オリジナル刻印入りサドル ブラウン
シートポスト Alloy 26.8mm
DSCN7371bdg (1)
(´・ω・`)見ての通り、今のスポーツバイクにはない高級感を持ったツーリングバイクでもあります。
クラリススペックでここまでクラシカル感を出してきたことに驚いた。


本音で言わせてもらうと、そんなにお金出さなくても実はこんなにいいツーリングバイクが手に入るんですね。
ツーリングコンダクターは、十数年後も通用するツーリング性能だと確信!
やはり、この時代まで生き残ってきたベストセラー クロモリモデルに外れはないですよ。
マルイシ エンペラー ツーリングコンダクター 2018年モデル 外装24段変速 ツーリングモデル

2019年02月22日 トラックバック(-) コメント(-)

国内系ブランドロード5万円購入術  丸石 EMPERPR Racing Force(エンペラー レーシングフォース)に注目 



DSCN9041ca (2)
EMPERPR Racing Force エンペラー レーシングフォース シルバー/ホワイト
メーカー希望小売価格77,760円➝24%off販売価格58,799円(税込)

国内系ブランド「丸石」のアルミロード2機種が、今ならあさひセールを利用すれば
5~7万円程度で購入可能なんですよ。

 
( ;゚ω゚)しかも両モデル共に、デュアルコントロール仕様ですぜ?

「エンペラー レーシングフォース」スペック

重量:11.0kg(480)
変速:2x7 14段変速


「エンペラー レーシングフォース」はシティーライドに気軽に乗れるターニ
ー仕様のエントリースポーツモデルですね。


(´・ω・`)どちらかというと正統派ランドナー「エンペラー ツーリングマスター」
とか700Cタイヤを採用する輪行ツーリングモデル「エンペラー ツーリングコンダクター」
が有名ですが。
(そういえば、ランドナーなどのツーリングモデルを最近チェックする方が多い。
旅系モデルの人気が高まっているせいか、試乗などでチェックする方が多数)


エントリーアルミモデルも、価格を抑えつつ特にフレームがきちんと仕上がっ
ていて、いい感じです。
つまり元々リーズナブルなんですから、24%OFFセールを利用すれば5万円
台で国内ロードが手に入る訳です。

何気に街乗りアルミモデルも、金属感を生かしたデザイン&塗装が良かったです。

DSCN9047ca.jpg
シフター シマノ ターニー デュアルコントロールレバー

見ての通りアーチ型トップチューブ形状。
(´・ω・`)何気にシートステーも曲げ加工が大胆。
ツーリング系ロードが得意なブランドだけあって、快適性重視のフルアルミ
モデルですね。

しかも変速はハンドルから手を離さなくてはならない、レバー変速ではな
いのですよ。
常にハンドルで変速操作可能な、デュアルコントロールレバー変速仕様
ですが。
 ( ;゚ω゚)今なら 5万円台で購入可能なのがいいですね。現在あさひロード
売り上げ2位なのも納得。
DSCN9040ca (1)
フロントディレイラー シマノ ターニーA070
クランク シマノ ターニー 50-34T 170mm


ドライブトレインなども基本的にターニースペック。

DSCN9040ca (2)
サドル VELO
シートポスト アルミ300mm Φ27.2

DSCN9041ca (1)
リアディレイラー シマノ ターニーA070
スプロケット シマノ ターニー 14-28T 7s

リム アルミ 700c 32H
タイヤ ケンダ 700x25c
重量 11.0kg(480mm)

DSCN9045csd (1)
EMPERPR Racing Force エンペラー レーシングフォース ブラック/グレー
(´・ω・`)何気にブラック/グレーカラーは、パーツやフレームなどのカラーリングが
オールブラックで固めていて精悍でした。
フレームだけ見ていると、何気に高級感もありましたね。
DSCN9046cs (2)




DSCN9045csd (2)
EMPERPR Racing Beat (エンペラー レーシングビート)
メーカー希望小売価格95,040円➝25%off販売価格71,799円(税込)

中央の赤いスローピングが美しいアルミエントリーロードバイクは、エンペラー 
レーシングビートです。

こちらはフルアルミ&ターニーの「エンペラー レーシングフォース」とは
異なり、カーボンフォーク&クラリススペック16速。

初めてのホビーレースやロングライドなどにも、リーズナブルな価格で
楽しめるアルミモデル。

スペック

重量:10.6kg(480)
変速:2x8 16段変速
ペダル:フラットペダル
ペダルのコーナー
重量 10.6kg(480mm)


やはりこちらは、レースに参加するのを目的としているのでちょっと
価格が上がりますね。
DSCN9046cs (1)
街乗り目的でエントリーアルミロードを探しているなら、丸石という選択も
面白いかもしれません。
カラーリングも、見た通りきっちりしていますし。

(´・ω・`)5~7万程度で、真面目な国内ブランドアルミモデルが手に入るというのも
美味しいと思うのですが。
「丸石」2018 エンペラーツーリングコンダクター 「E-TC560B」 700C クロモリフレーム ランドナー/ツーリング

2017年04月13日 トラックバック(0) コメント(0)

丸石 Create mini AL(丸石クリエイトミニAL)試乗体験 結構目立つミニベロだとリアルに実感!

DSCN3956jml (1)
丸石 Create mini AL(丸石クリエイトミニAL)


展示中の、シャフトドライブ駆動のミニベロ「丸石クリエイトミニAL」に試乗してみました!
(丸石様、わざわざ展示車をセッティングしていただき、ありがとうございます!!)

しかし、前モデルと比べて、デザインが変わりましたねー。
以前前モデルの丸石クリエイトミニ20に試乗したときは、フレームが
細かったけど。

今回のクリエイトミニはアルミフレーム採用で、少しチューブが太
めになったのですね。
しかもキャリアーを搭載している上に、ホイールベースも一段と
長くなっている。
かわいい系路線から、いくらかデザイン的にスポーティー路線になった印象。
2013051311183117dcdjgyg.jpg
旧Create miniモデル。
こちらは、いくらかEU圏のミニベロを意識していたデザイン。
20インチミニベロながら、コーナーリング性能が実に優秀だった。
DSCN3956jml (2)
前回はカラーリングがクラシカル路線だったけど。
今回はPOPになった。
DSCN3967giu (2)
シャフトドライブにインター3(内装変速)
しかも、泥除け付き。
アルミフレーム化したことにより、雨の日にやたら強そうな
ミニベロになった。
チェーンではなくシャフトドライブ駆動なので、チェーンはず
れや裾が油で汚れる心配無し。
DSCN3964yg (1)
(新型丸石 Create mini AL試乗体験)

走りのスムーズさが際立っていた。
やはりアルミフレームになって、全体的なバランスが良くなったと思う。
特に低速での走りに強いミニベロですね。
走行時の安定性が更に進化している。走行性能的には、今回の新型
の方が個人的に好きだ。
DSCN3962iu (2)hfcg
シャフトドライブの硬さが、前モデルよりもいくらか自然になっ
たと思う。
前モデルは、もうちょっとペダリングが硬い印象があったけど。
今回のアルミフレーム版Create miniは、より自然になったかもしれない。
(新型アルミフレームとシャフトドライブの相性がいいのかな?)
ま、それでも漕ぎ出し時は硬いけど。
DSCN3958hui (1)
全体的に走りのスムーズ感が際立っていた。
そうか、新型Create miniはアルミフレームになったおかげで、このス
ムーズ感を手に入れたのでしょうね。
またコーナーリング性能の高さは、前モデルと同様に引き継いでいると思
う。
スポーツ用というよりは、やはり今回も日常的に使う為の性能を重視
している。

また、リアのコースターブレーキの効きが実に良かった。
変速操作や、ブレーキング性能などに関しては日常用として
まるで妥協していない。
フロントキャリアーなどに、荷物を積載しても十二分にいけるはず。
DSCN3967giu (1)
DSCN3964yg (2)
インター3内装3段変速。
グリップシフターで変速操作をする。
変速段数は走行中も確認し易い。
DSCN3958hui (2)
そういえば、ペダルのサイズが大きくなっていた。
どんな靴でも踏みやすい。
DSCN3962iu (1)
シャフトドライブなのでドライブトレインが堅牢に出来ている。
メンテナンスフリーだし、いたずらにも強い。
しかも、変速機もメンテフリーの内装3段変速。
日常的に使う方には、最強のミニベロかもしれない。
普通のママチャリよりも堅牢なミニベロというのも珍しい。
DSCN3969guj (1)
DSCN3969guj (2)

やはり新型アルミフレームになっても、ミニベロの弱点(走行安定性
&コーナーリング)を逆に長所にしてしまった走りが健在でした。

(恐ろしい程、日常性を強化しまくったミニベロだった)
普段ママチャリに乗っている方でも、新型丸石 Create mini AL
ならあっさり乗りこなせるはず。
ただスピード重視の、スポーツ系ミニベロとは全く別のミニベロで
あるとは思う。
あくまで、低速で楽しむための日常用強化型ミニベロだ。

あと試乗コースへ移動時、新型丸石 Create mini ALがやたらギャラリー
に注目されていたので、結構目立つミニベロだとリアルに実感した。
ま、シャフトドライブ仕様のミニベロなんて珍しいですものね。
「丸石」2018 ペットポーター 「PETW203B」 20インチ 内装3段変速 オートライト シティサイクル

2016年02月19日 トラックバック(0) コメント(0)

丸石 Create mini 20 (丸石 クリエイト ミニ) シャフトドライブ採用の20インチミニベロ


DSCN3250.jpg
(`・ω・´)b なんと丸石から、シャフトドライブ搭載の20インチミニベロが
4月中旬から発売されるらしいです。

その名もCreate mini 20 (丸石 クリエイト ミニ)
(しかもなんと、内装3段変速仕様!)

ヽ('∀`)ノ今回、試乗させてもらいました!
スタッフの方に伺った所、都内のユーザー向けに開発されたミニベロです。
開発の際のエピソードとして、まずこのミニベロ用の短いシャフトドライブ
ありきの開発だったそうです。
(フレーム設計も、このシャフトドライブを元に設計)

最近のミニベロブームに合わせてデザイン性を高くした理由があるそうです。

なんでも、丸石ユーザー様というのは非常に地方に愛好家が多いそうで。
しかし、どうしても都市部となると弱い。
なので、都市部のユーザーに強力にアピール出来るミニベロは何か? と考えた
末に、ミニベロシャフトドライブモデルが誕生したとか。

最近のミニベロブームに、丸石様が本格的に参入してきたという事ですね。
DSCN3105kk k(2)
(試乗した感想)

( ;゚ω゚)ちょっと今までにない走行感ですね!
おおお! 

一番の特徴は、ミニベロ離れしたコーナーリング性能の高さ!
いや、ここまで華麗にカーブをこなしてくれるミニベロも珍しい。
ふつう、ミニベロってコーナーリング性能が弱いじゃないですか? なんだ
かんだで、ミニベロスポーツモデルといえど、ふらついたり……
でもこの、丸石Create mini 20のコーナーリング性能は高いですよ。
(メーカーの方曰く、安定性を確保する為に、重心が低くなるように設計した
……という説明でした)

逆に、漕ぎだしはそれ程速くないですね。若干シャフトドライブの硬さが脚に
来ました。
(それでも、フルホイールのクロスバイクよりは、ゼロ加速性能はある)
低速での安定性があるし、視野が広いのでこれは乗りやすいなあと感じました。
スポーツ性重視というよりも、極限まで日常性にこだわった走行性能を有して
いるのは間違いないです。
DSCN3252.jpg
(始めてミニベロに乗る方に最適)
(´・ω・`)……Create mini 20は安定度にこだわっており、ミニベロの弱
点を長所にしている点が評価出来ます。

漕ぎだしの硬さは他のスポーツ系ミニベロに一歩及びませんが、走行中
の安定感は絶妙。
言うまでもないですが、シャフトドライブなのでチェーン伸びを心配する
必要がないので、日常的に使えそうですね。
しかも、内装3段変速ですよ?

ちなみに走行感としては漕ぎだし時は若干硬いけど、速度に乗ってくると
通常のドライブトレインと大して変わらなかった。


(独特のデザイン性)
シャフトドライブ搭載のミニベロとしてのギミックに注目が行ってしまい
ますが、Create mini 2デザイン性が強烈です。

目立ちます。とにかく、目立つ。
シャフトドライブのミニベロだから、見た目がシンプルで目立たないのかな? 
と思っていたのですけど、逆でした。
やはり通常のドライブトレインを異なる、シャフトドライブだからかな?
【送料無料】マルイシ MARUISHI クリエイト ミニ AL 小径車 3速 20インチ

2013年03月27日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 エンペラーツーリングテトラ 20インチダブルバテッドクロモリ

100000008103-l0.jpg
( ゚Д゚)……うわーエンペラーからミニベロが出ていたんだ……ダブルバ
テッドクロモリフレーム採用だそうですが。
趣味がいいなあ。

Wレバーの取り付け位置が。やっぱり泥除けがついているということは
ランドナーを意識?
でも、フロントフォークはストレート……。

なんだかものすごく走りそうなミニベロですね。ツーリングテトラという
だけあって、相当堅牢に組んでありますね。
ロングライド用ミニベロかあ。哲学的なミニベロですね。
抑えているところは抑えているのに、仕上がりが上品。
ドロップハンドルもツーリング仕様。
でも、価格は6万程度とかなりリーズナブル。

丸石自転車カッコイイ……なんか凄い気合いが入っている。
他のモデルもチェックしておかなければ。

あとカラーリングなんですけど、オレンジカラーのミニベロと
いうのも珍しい。
もちろんクラシックにブラックカラーもありますけど。

(´・ω・`)……面白い事に、ユーザー側よりも売る側の方が盛り
上がっている様な。


100000008103_02.jpg
ハンドルバー オリジナルツーリングバー 400mm

100000008103_03.jpg
100000008103_04.jpg
ステム HL HE-C80DN-2 80mm
100000008103_05.jpg
トップチューブにWレバーを取り付け。
この辺りはビジュアル性よりも、操作性重視なのかな。
100000008103_01.jpg
ブレーキ TEKTRO CR510 アルミ
タイヤ KENDA K-193 20x1.25 [32-406]
フェンダー SUNNY WHEEL SW-816FR アルミ シルバー
100000008103_06.jpg
リム ALEX Y-2000 20インチ ハイポリッシュ/CNC 32H
タイヤ KENDA K-193 20x1.25 [32-406]
100000008103_07.jpg
フレーム ダブルバテッド オールクロモリ Tig溶接
100000008103_08.jpg
クランク ANDEL RSC7-213PW 52/39T
100000008103_09.jpg
リアディレイラー シマノRD-2300
スプロケット シマノ12-25T 8s
100000008103_11.jpg
100000008103_13.jpg
鋲打ちのブラウン系サドル。
100000008103_12.jpg
「丸石」2018 エンペラーツーリングコンダクター 「E-TC560B」 700C クロモリフレーム ランドナー/ツーリング

2012年02月20日 トラックバック(0) コメント(0)