電動アシスト自転車 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 電動アシスト自転車

STROKE CargoTrike(ストロークカーゴトライク) 日本国内での使用を視野に入れた電動アシスト三輪カーゴバイク

DSCN8153vs (2)
あけましておめでとうございます。
御本殿修復工事を終えた明治神宮です。
新品の銅板屋根が綺麗ですね。
DSCN9417vfd (1)
STROKE CargoTrike(ストロークカーゴトライク)試作機

プロダクト製品のデザイン開発事業を手掛けるエンビジョン株式会社が送りだした電動カーゴバイクSTROKE CargoTrikeです。
日本向けの新しいモビリティソリューション電動アシスト三輪カーゴバイク「STROKE」。
(´・ω・`)一見海外モデルかと思っていたらそうではないらしい。
電動アシスト自転車の日本の法的定義に適合し、電動カーゴバイクながら日本国内において所有と使用を可能なんですよね。

STROKE CargoTrikeは普通自転車規格を視野に入れた電動アシスト三輪カーゴバイク。

ポイントはSTROKE Cargo Trikeは「三輪」という点です。
海外のカーゴバイクでは不可能だった、日本の普通自転車規格に収まるサイズでの開発を目指しているので日本国内においても使用可能という訳です。

※道路交通法による普通自転車
”長さ190cm幅60cmを超えず、側車及び鋭利な突起物が付いていない二輪及び三輪の自転車”

DSCN9416vfd (1)
それでもSTROKE CargoTrikeは、カーゴバイクとしての積載面における機能性を重視。
更に荷物を積載時に、快適かつ安全に電動アシストを利かせながら走行可能です。

要求の厳しい日本市場において開発された電動アシストカーゴバイクとも言えますね。
DSCN9414ngc.jpg
デイリーユース……日常生活の道具として
アクティビティ……遊びの相棒として
ビジネス……コマーシャル・小規模配達ツールとして


一見大型に見えますが、自転車枠に収まるコンパクトな電動アシスト三輪カーゴバイクです。
ですので、日常、遊び、配送業務などにまで使える、幅広い使用目的に対応可能です。
配送やコマーシャルなどのビジネスシーン、買い物などの日常的な使用、キャンプや釣り道具などを積載しアウトドアになど、考えただけで楽しい使用が出来るカーゴバイクですね。

(´・ω・`)よく考えたら、STROKE CargoTrikeって一見免許必要そうだけど「道路交通法による普通自転車」扱いなので誰でも乗れてしまう運搬ツールという訳か……変に自動車買って税金払うよりも、STROKE CargoTrikeで車代わりに使用出来たら最高だな……
DSCN9412cs.jpg
高度に発達した日本国内の配送業に対応した電動三輪カーゴバイク
実用的な交通手段に対応した電動三輪カーゴバイクで、日本の都市部における狭い路地、限られた駐車場に対応。
通常に自転車やスクーター以上に荷物を運ぶことができ、狭い路地をトラックや自動車よりも速く走り、配送業務を行う実力を有しています。

Surround Loopフレーム
サラウンドループフレーム、荷物を荷台に載せるだけではなく、フレームを使用して荷物を吊り下げる事も可能。
(´・ω・`)なんと乗車したまま荷物に手が届く設計になったフレームだそうだ。
吊り下げ可能なカーゴバイクなんて、聞いた事がないですよね。
フレーム全長を長くすることができないので、カーゴバイクを立体的に使用しようという発想か。
フレームの中心部に吊るせれば、更に安定度が稼げるとか。見ての通り、オストリーブのバニアバッグをフレームで吊るすというユニークな光景です。
面白いな…・…日本仕様ならではのカーゴバイクって感じしません?

フレーム上部にはバッグ類、下部キャリアーに重量物を積載可能なフレームギミック。
フレーム各所に多彩な使い方を実現するマルチフックも装備。
DSCN9411vfd.jpg
3WHEELS
独立懸架サスペンションにより高い走破性を実現、停車時には自立ロック機構で荷物の積み下ろしを用意に行う事が可能。
DSCN9416vfd (2)
ミッドマウント
低重心ミッドマウントの大型積載スペースは車両中心付近に低く設けてあります。
低い重心と3輪ロングホイールにより重量物積載時にも抜群の走行安定性を誇る。


マルチカーゴ
載せるだけではなく、吊るす、守るなど多彩な使い方のマルチカーゴスペース。
積載物の形状や載せ方に応じてキャリアやアクセサリーを交換可能。
DSCN9411jl.jpg
DSCN0213vds.jpg
18&20インチホイール仕様のコンパクトE-カーゴ
STROKE CargoTrikeは
前輪18インチが2つ、リアに20インチタイヤで構成されているミニベロな三輪構成。
(´・ω・`)ロングホイールベースながら、通常の自転車と同様の全長というのも面白いですね。
ドライブユニットはミッドマウントアシストモーター(モーター出力 DC48V/350W)
リアハブに内装8段変速を採用。 3輪ディスクブレーキ仕様で重量物を積載しても、制動力を確保している。
街乗りの際ストップ&ゴーまで対応。巡行性能も充分確保してあるという。
14%オフ Cube Touring Hybrid Pro 500 E-Bike (2019)

2020年01月01日 トラックバック(-) コメント(-)

eグラベルモデル メリダSILEXのフレームを使用した MIYATA ROADREX 6180!

vrr61_1.jpg
MIYATA ROADREX 6180
(MIYATAの新型eグラベルロード「ROADREX 6180」って先日発表されたじゃないですか?
最初はああ、もう新型eグラベルが出たんだ……というそれなりに驚いた感想だったんですが。

(;゚ω゚)……え? これ、メリダ多目的グラベルロード「SILEX」の、アルミフレームを使用しているんですね。
メリダを輸入しているのはミヤタサイクルであり、ミヤタサイクル株の大半を台湾ブランドのメリダが所有していますからね。
そういういきさつもあり、メリダのアルミフレーム系グラベルツーリングバイクSILEXが、なんとebike化を果たしてしまったという訳ですよ。



roadrex_6180.jpg
MIYATA ROADREX 6180
silex_400_es73_L.jpg
MERIDA SILEX400
試しに両モデルを見比べてみると。
アルミグラベルモデルMERIDA SILEX4400と新型eグラベルMIYATA ROADREX 6180のフレームも酷似しています。
つまりMIYATA ROADREX 6180は、影のMERIDA SILEX ebikeとも言えそうです。
(´・ω・`)ebikeに使用出来るということは。それだけMERIDA SILEXのフレームが強靭ということか。
1500909017686cds.jpg
MERIDA SILEXは強靭な最新規格満載の走破性重視型グラベルモデルな上、バニアバックを積載する事まで考え抜かれたツーリングモデルでもありますから。
その機能がebikeになっても使えるという事ですよ。
(´・ω・`)つまりグラベルに使用するだけではなく、バイクパッキングやツーリングにも滅法強いebikeという解釈も出来ますね。


vrr61_8.jpg
クランク Shimano STEPS SM-CRE80 w/CG 47T+ FC-E6100 170mm
Shimano STEPS BT-E8014 36V 11.6Ah

しかもMIYATA ROADREX 6180の注目点はフレームだけではなくドライブユニットにもありまして。
ドライブユニットに軽量かつコンパクトな、新型SHIMANO STEPS E6180を搭載。
最大60Nm、250Wの高出力を発揮。


新型SHIMANO STEPS E6180 シリーズを搭載した、新型グラベルロードでもあるんですよ。
グラベルロードなどにも対応出来る、オールラウンドに対応可能な新型アシストユニットを始めてグラベルに採用した新型eグラベルでもあるんです。

本来eMTBなどに採用されるパワー重視のSHIMANO STEPS E8000ではなく、バランス重視型のアシストユニットSHIMANO STEPS E6180という所が興味深いです。
用途は街中での走行、休日郊外への散走、長距離へのロングライドまで想定。
(バランスの良いスムーズなアシスト性能は、街中で頻繁に繰り返されるストップ&ゴーやアップダウンが多い通勤・通学路、休日の郊外散走や長距離ライドまで)
新型アシストユニットSHIMANO STEPS E6180は長距離向けに強いアシストユニットだから、ツーリングに強いMERIDA SILEXアルミフレームに採用されたという流れか。
vrr61_2.jpg
vrr61_3.jpg
シフター Shimano SL-4720
バーテープのカラーリングをブラウンにしてツーリング感を演出し。
MERIDA SILEXのヘッドチューブは長めに設計しているので、乗り易いのが特徴。
前三角はフレームバッグを取り付ける際のクリアランスを確保してあるけど。
(´・ω・`)バッテリー部に干渉しなければ、それなりに大きいフレームバッグが取り付けられるかな。
vrr61_13.jpg
ディスプレイ Shimano SC-E7000
ワイヤレスサイクルコンピューターグラベルやツーリングでの使用に合わせて、コンパクトな表示パネルが特徴の Shimano SC-E7000を持ってきていますね。
アシストモードや時速が、シンプルに表示されるのでハンドル周りがごちゃごちゃしなくていいかも。
vrr61_10.jpg
vrr61_4.jpg
ブレーキ Shimano BR-4770 油圧ブレーキ
タイヤサイズ KENDA 650B X 45C F/V
な、なるほど……。まさに満を持してロードプラス仕様の650B×45Cサイズタイヤを用意してきましたか。

650B×45C サイズのタイヤ装備で、オフロードでも安定した走行が可能。
フォークやホイールには剛性が高いスルーアクスルを採用。
(´・ω・`)MERIDA SILEXフレームのワイドなタイヤクリアランスを、上手くebikeに生かしたという訳か。
vrr61_5.jpg
フレーム ROADREX ALLOY SPECIAL EDITION
MERIDA SILEXのアルミフレームは、メリダMTBのアルミフレーム技術を応用したグラベルロード。
つまりebikeへの使用にも耐えられる堅牢なアルミフレーム。
仮にアシストを切ったとしても、MERIDA SILEX本来の走りが楽しめるという訳。
vrr61_6.jpg
vrr61_7.jpg
大容量36V/11.6Ah E8014リチウムイオンバッテリーを搭載。
ロングトレイルライドでも安心して楽しめます。


3Dシートステー形状を採用していますね。
グラベルライド時など悪路を走破する際に、リア三角がサスペンションに近い働きをするので速度が逃げにくい。
シートステーが縦方向のしなりで、路面の凹凸を処理してくれる。
にしてもいいなあ……MERIDA SILEXの走りがそのままebikeとして楽しめるなんて。
ECOモード:105km NORMALモード:85km  HIGHモード:70kmと、最大105km走破可能。
vrr61_11.jpg
vrr61_12.jpg
リアディレーラー Shimano RD-4700 10S
カセット SUNRACE 12-42T
vrr61_1 (1)
( ;゚ω゚)……よくよく考えてみたら、これロードプラス規格のebikeでもある訳だ……
なんか行くところまで行った感が……
ほんと、ツーリングモデルの様に荷物を積載して走れるし、林道や砂利道もロードプラスの走破性を生かして突破出来るし。
しかも100kmもアシスト可能ですよ?
VRR61470/VRR61530 ROADREX6180(ロードレックス6180) ミヤタ電動アシストグラベルロード  送料プランC

2019年12月17日 トラックバック(-) コメント(-)

国内最強の走破性を持った折り畳みebike  BENELLI ZERO N2.0FAT試乗体験インプレ

DSCN9766cds (2)
ちょっと遅れた、サイクルモードの話題ですが。
イタリア eBIKE ブランドBENELLIブースの様子です。
ん? eMTBではなく、折り畳みebikeを中心に展示が構成されていました。
スタッフ様にお尋ねしてみると、こういう答えが。
「ああ……eMTBより折り畳みebkeの方が、売れているんですよね」
「え? そうなんですか? 男性向きにですが?」
「いえ、男女半々位ですね。このサイクルモードって自転車好きの方が多いじゃないですか?」
「ええ」
「べネリの場合、普段自転車に接していない方からの問い合わせが多いんですよ」
どうも折り畳みebikeはアウトドアとか、通勤とかで使用したいというユーザーが多いそうだ。
(´・ω・`)てっきり自転車が趣味の方が、購入していると思っていたが。
DSCN9766cds (1)
BENELLI mini Fold 16 Classic
(♡╹ω╹♡)ワーイ ワーイ♡
これが新型べネリフォールディングモデル「BENELLI mini Fold 16 Classic」です。
レザーアイテムを使用し、塗装もデザインもクラシック感を強調。
女性向けにそれなりに数が出るので、思い切ってこういったクラシカル路線に挑んだという。
「女性向け……あのそんなに売れているんですか?」
「ええ、まあ……(凄い笑顔)」
こういうのもなんだけどべネリから変な「勢い」みたいのを感じてしまう。
確かにエレクトリック ブロンプトンもかなり注目されていましたし……
DSCN9959cds (1)
BENELLI ZERO N2.0FAT ミリタリーグリーン
(´・ω・`)ミニベロに 20×2.4 ファットサイズタイヤを採用。
恐らく日本国内において最強の走破性を持つ、フォールディングeBIKEと言っていいだろう。
抜群のクッション性と快適な走破性を折り畳みebikeで挑むなんて、ちょっと興味が沸く。

特徴はやはりバッテリーがリアに設置している点ですね。
なんとリアライトもバッテリーに取り付けてあるのですよ。
モーターはリアに配置されていまして。後輪駆動タイプの折り畳みebikeというのも珍しいですね。
前輪駆動タイプが多いですし。
DSCN9959cds (2)
フレーム BENELLI ALUMINUM 6061
フレーム上部にダボ穴が用意されているので、ボトルゲージも取り付け可。

①パワフル! その一言に尽きる!
正に見た目通りなんですが、踏み込むとかなりパワフルに走行を開始しますよ!
( ;゚ω゚)……すげえ……まるでeMTBみたいな走行感だ。大して苦労せずに、どんどん無造作に並べたゴム板を突破していく!
ゴム板を敷き詰めた難所なんか、否応なしに突破していきます。
しかも、悪路になればなるほど、アシストパワーを発揮するので平地よりも脚力を使わなくて済むという……
その代わり他の折り畳みebikeに比べればスピードは出ない方。
パワフルに走破する事に徹したeBIKEですね。
DSCN9960cd.jpg
ハンドルバー BENELLI ALUMINUM φ22.2×580mm
ステム BENELLI ALUMINUM (Foldable)


②登りのスロープはどうだった?
難なく突破。もちろんスピードは無いが、ぐいぐいパワフルに登っていく。
(´・ω・`)登りもアシストを利かせた走りになりますね。
基本フロントサスやリアサスが無いので、踏み込んでも速度が逃げる事はありません。
DSCN9965few.jpg
フロント BENELLI ALUMINUM リジッドフォーク
リム BENELLI MD SM 20
タイヤサイズ チェンシン(CST) 20×2.4
チューブバルブ 米式

③基本未舗装路でも、舗装路でもそれ程走りは変わらない印象でした。
アシストを利かせながら、ブロックタイヤの転がり抵抗をカバーしながらの走りですね。
前述しましたが、実に走りがeMTBに近いです。
ただ本格eMTBがこなすようなオフロードコースは、多少無理がある気がします。
DSCN9961cds.jpg
シフター SHIMANO TOURNEY 7speed
変速はグリップシフター。
どちらかというと、街乗りでファッティバイクを使用している感覚にも似ている。
DSCN9960cd.jpg
アシストユニットは中国のアシストユニットブランド「バーファン」
この左ハンドル側に配置されたコントロールパネルで、アシストモードを変更操作する。
試しにBENELLI ZERO N2.0FATの電動アシストを切って、走行してみたが。
相当走りが重くなる。
なので走りはアシストを利かせながら走る事が前提なのですよ。
基本スピードを出す事を前提にしていないモデルですが、アシストモードを最大にしてみるとパワフルな伸びも見せてくれます。
DSCN9964vds.jpg
DSCN9963vds.jpg
リアディレーラー  SHIMANO TOURNEY
スプロケット SHIMANO AMFTZ21CP7428T
見ての通り後輪駆動タイプ。
あまりモーター部やコントロールパネルが目立たないのでeMTBに見えずらい。
(´・ω・`)リアのバッテリー部が、唯一ebikeであることを強調しているかの様だ。
DSCN9962cds (2)
ディスクブレーキ TEKTRO MD-M300 機械式DISK(160mm・160mm)
メカニカルディスクブレーキの制動力が、アシストパワーに負けているという事は無かったかな。
やはりブロックタイヤにディスクブレーキ仕様なので、eMTB感が強い。
DSCN9967cds.jpg
サドル SELLE ROYAL Hello-1704JRN
なんだろうオフロードコースは流石に無理があるけど、キャンプや砂利道程度の悪路なら普通に突破可能なのでは?
少なくとも折り畳み系eMTBにおいてBENELLI ZERO N2.0FATの走破性は、国内最強。
(´・ω・`)しかしながらユーザーは、ファッティバイクの様なデザイン性を求めてこの「BENELLI ZERO N2.0FAT」を購入する場合も多いとか。
確かに見た目ファッティバイクとも言える……
DSCN9970cds.jpg
BENELLI ZERO N2.0FATを自分でも折り畳んでみました。
折り畳み方は通常のフォールディングモデルと似ていて、フレーム中央から折り畳むタイプ。
DSCN9971vf.jpg
ハンドルは外折れタイプ。
タイヤがブロックタイヤな分、折り畳みもダイナミックだ。
DSCN9972vf.jpg
折りたたみサイズ 全長860×全幅460×全高700mm
(´・ω・`)折り畳み方自体は単純ですが。
折りたたみサイズそのものは、大き目。
車のトランク程度なら積載できそうだ。ただし電車での、輪行は辞めた方がいいですね。
車重19kgもさることながら、やはりどうしてもブロックタイヤを使用しているのでサイズがあるのですよ。
benelli(ベネリ) ZERO N2.0 FAT ミリタリーグリーン 折りたたみ 電動アシスト自転車

2019年12月03日 トラックバック(-) コメント(-)

BESV TRS2 AM試乗体験インプレ eMTBフルサスペンションアルミ&フルカーボンフレーム比較  

DSCN0260caac (1)
BESV TRS2 AM
フルサスペンションeMTB「BESV TRS2 AM」に試乗しました。
まずは試乗体験インプレ前にBESV TRS2 AMのデザインが洗練されている点について、取り上げたいです。
シマノに特注した36V 14.0Ah リチウムイオンバッテリーがダウンチューブ内に収納されているせいで、かなりデザインが洗練されています。
DSCN0269dew.jpg

(´・ω・`)実はBESV TRS2 AMのデザインについては、ノーマークだった……
こんなにカッコいいデザインだったとは……機能性ばかり目がいっていたのですが。
流線型のアルミフレームなんですが、まるでカーボンフレームを思わせる位洗練されていた。
実物を見て、デザインから入っていくのもアリかな? と思いましたよ。
DSCN0242rgww (2)
フロントフォーク Suntour Zeron35 150mm travel
DSCN0260caac (2)
リアサスペンション RockShox RS DLX RT 150mm Travel
BESV TRS2 AM試乗体験インプレ

①オフロードコースでの走破性について。
基本走行中ラダーコースの凹凸や、ウッドスロープなどの凸凹などの障害はフロントサスペンションとリアサスペンションが担当してくれます。
(´・ω・`)つまり、前後ろサスペンションがショックや路面状態の変化を吸収してくれるので、特にテクニックが無くてもある程度走りがこなせますね。
もちろん体重移動などはした方がいいですが。
タイヤも太くて150mmトラベルもサスペンションを確保してあるだけあって、相当な悪路でもこなせる。
でどういった感じで悪路をこなしていくかというとパワフルにペダルを回して加速させていくタイプではないですね。
一定のペースでペダルを回しアシストパワーを利かせながら、流していくと快適性な走破性を継続して発揮します。
DSCN0235ascas.jpg
②アシストのかかりについて。
特に急にアシストがかかるということは無かったですね。
High、Normal、Ecoと3モードのアシストが用意されていたのですが、Normal(中)モードが悪路において一番扱い易かった。
特に中程度のアシストでも、かなりのアシストパワーがあるので十分。
あくまでアシストを効かせた状態で、土コースやラダーコースを走行してみましたが。
アシストが効いている上に、サスペンションも的確に機能したので速度の乗りが良かったです。
DSCN0249cas (2)
③ウッド製スロープ(凹凸のある)の登り、下り性能について。
簡易なウッド製スロープがオフロードコースに用意されていたのですが。
登りはアシストを利かせてパワフルに登り、下りはサスペンションが機能しながらショックを和らげてくれますね。
(´・ω・`)ただ、どちらかというと登りの方が得意。
SHIMANO STEP8080のアシストパワーはやはり、強大や……
もちろん下りにおいては、アシストモードの出番はないです。
長い下りを走破する際は、アシストモードをOFFにしていれば問題ないはず。
DSCN0251cas (1)
④Steps専用小型ディスプレイSC-E7000について
アシストモード、時速、バッテリー容量など走行中必要最小限の情報を表示します。
小さいディスプレーですが、視認性は良かったですね。
DSCN0237ge (2)
アシストモードの操作などを、左ハンドルに配置されたスイッチで操作。
パネルよりもスイッチの方が大きめになっていて、押しやすかったです。
DSCN0258cas (1)
⑤スピード性について。
やはり走りそのものは走破性重視の走りです。オフロードや山などにおいて生きてくるe-MTB。
ではオンロードコース(舗装路)での走りはどうかというと……アシストが効いているせいか思ったよりも速度が落ちないですね。
eMTBでも、フレームとのバランスが悪いと「重い」と思えてしまいますが。
(´・ω・`)それ程スピード性は高くないが、速度が落ちにくい性格。
やはり通常のフルサスeMTBとは違うんだな……
ただ舗装路よりもオフロードの方が得意だし、走破性が生きてくるeMTBでした。
DSCN0252acass (2)
BESV TRS1 カーボンフレーム
フルカーボンフレームBESV TRS2 AMの場合は「軽さ」「走りの滑らか」が前面に出た走行性能でした。
(´・ω・`)フレーム素材がどの程度走りに影響を受けるか謎だったが。
思ったよりもカーボンフレームの影響が大きかった。
走行感が軽いeMTBが欲しいなら、BESV TRS1がいいですね。
悪路というよりは、平地&長距離でeMTBを仕様する際このカーボンフレームが生きてくるはず。
DSCN0244cs (2)
BESV TRS2 AM フルサスアルミフレーム
軽快感こそは無かったが平地&悪路で走っている際の速度の乗りは、このフルサスアルミフレームの方がよかった印象。
カーボンフレームの様な「走りの滑らかさ」は無かったかな。

その代わり、悪路においてはBESV TRS2 AMの方が扱い易かった。
(´・ω・`)まあこっちはWサスな上に、トラベル量も大きいから単純な比較にはならないけど。
両モデル共にeMTB用ドライブユニット「SHIMANO STEP8080」を採用しているので、こうやってフレーム性能の比較をすると楽しいですね。
DSCN0258cas (2)
ハンドル幅は相当長めになっているので、踏ん張りが効きます。
コーナーでも安定感を発揮してくれました。
DSCN0246caca (2)
DSCN0257cadsc (2)
DSCN0244cs (1)
タイヤ MAXXIS MINION 27.5×2.6(仏式)
DSCN0234ge (1)
DSCN0251cas (2)
BESV TRS2 AMはeMTBでありながら、通常のWサス系MTBとサスの効き具合は近い。
もちろん通常のMTBと比べてアシストパワーが加わるが、サスの効きなど特に通常のMTBと比較しても違和感がない。
特別eMTBと構えなくても、乗り易いMTBではないでしょうか?

【身長に合わせて組立、すぐに乗れる自転車をご自宅にお届け】 ポイント3倍(9/2 15時より) ご予約受付中 BESV(ベスビー) TRS2 AM  店頭受け取り限定商品

2019年11月20日 トラックバック(-) コメント(-)

「デローザ E-Bikeは日本上陸してくる? こない?」Bafang担当者様に質問してみた。  FUJI ebike MOTIVATORもBafangブースでお披露目!


DSCN9646s (12)
De Rosa E-Bike欧州受注仕様
中国ebikeドライブユニットブランド「Bafang」ブースでのレポートです。
e-road用ドライブユニットBafang m800を採用した「De Rosa E-Bike」が遂にサイクルモードでお披露目されました。
(´・ω・`)気づいた方は、気づいていた様でかなりの方がDe Rosa E-Bikeを撮影。

「デローザじゃん!」との声が、あちらこちらから上がる。

業者?とか関係者らしき方々が頻繁に視察に訪れていたり。
なんだか、独特の雰囲気でした。
DSCN9646s (11)
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル
ま、ま、まさか日本上陸への布石として、サイクルモードでお披露目しているのか?

でもデローザブースにはDe Rosa E-Bikeは展示していなかったし……

bafangスタッフ様に、(De Rosa E-Bikeを)日本での販売を考えているのですか?と質問してみる。
DSCN0232vs (1)
「日本でのレギュレーションが違うので、走れない」(苦笑)との事。
どうしても日本国内におけるアシスト制限がネックになるらしい。

なんでも、受注生産品的なオーダーメイド品らしく、急遽サイクルモードに合わせて欧州から日本に持ってきたそうだ。
ちなみに最高速時速80kmを出せる為に、サイクルモード会場での試乗そのものも出来ないとか……
( ;゚Д゚)ということは、完全に欧州仕様のDe Rosa E-Bikeを展示してあるっていうことか。
とりあえず、2019年11月の時点ではまだ日本での販売予定はないとの事。
画像からは伝わりにくいのですが、凄い迫力……
DSCN9646s (7)
ドライブユニットBafang m800も展示されていました。

MTBもしくはハイブリッドスタイルのでの仕様に焦点を当てており、洗練された電動ロードバイクe-roadm向けのドライブユニットの選択肢はほとんどない。
しかしBafang はロード一連の新しいドライブユニット「Bafang m800」を市場へ投入。
Bafangは、ロードバイクを念頭に置いてモーターを設計したとか。
DSCN9646s (8)
DSCN9646s (10)
(´・ω・`)バッテリーもそうだけど、モーターが小さい……
本気でフレーム内に忍ばせたら、多分通常のロードと見分けがつかなくなる時代が来そうな予感。
DSCN9646s (9)
DSCN9646s (14)
(´・ω・`)フレーム製造はbafangが担当しているのか質問してみた所、デローザが用意しているとの事。
あくまでドライブユニットだけの供給というスタッフ様のお話でした。
De Rosa E-Bikeを展示したインパクトはかなり大きかった様で、「来場者様はみんなDe Rosa E-Bike目的なんですよねえ」と苦笑いしていたw
DSCN9646s (13)
DSCN9646s (6)



DSCN9646s (15)
FUJI MOTIVATOR
( ;゚ω゚)……なんぞ?
FUJIの最新鋭E-Bike「FUJI MOTIVATOR」じゃないか!
デローザの隣がFUJIのebikeとは……ちょっと去年の展示には無かった展開。

スタッフ様曰く、「弊社のバッテリーやモーターは目立ちにくいのが特徴」との事。
た、確かに……完全にダウンチューブに収納されている。
E-bikeらくしくないデザインをFUJIは重視している訳か。
DSCN9646s (1)
ドライブユニットはBafang H-600 compact rear hub motor, 250W rated powerを採用。
アシストモードは5段階選択可能。
去年とは異なり、ジワジワBafang 製ドライブユニットが日本市場に浸透しているという事か。
LEDライトのデザイン性にまでさり気なく配慮。
米国LEZYNE製LEDヘッドライトまで用意されている。
DSCN9646s (2)
フォーク FC-440 Cross carbon monocoque, 12mm thru-axle, flat-mount disc tabs
なんとカーボンフォークに、12mmスルーアクスル仕様!
しかもフォーク内にケーブルを内臓させたインターナルだ!
かつてFUJIが日本に再上陸して来た時は、クロスバイクから乗り込んできた訳ですから。
eBIKEもクロスバイクから……ということですか?
DSCN9646s (4)
フレーム Fuji A6-SL Super Butted Aluminum, tapered 1 1/8" - 1.5" head tube, forged-road dropout
クランク Fuji forged alloy crank for Bafang system 44T
フジのアドベンチャーロードシリーズ「JARI」にも使用されている、6066番台のアルミフレームですね。
(´・ω・`)これ、相当走りが軽く滑らかなebikeなんだろうな…・…
しかし、シマノのドライブユニットを採用せず、あえてBafang製ドライブユニットを採用してくるあたりがなんとなくFUJIらしい。
DSCN9646s (5)
リアディレーラー Shimano Sora 9-Speed
ホイールセット Fuji 32/36h custom alloy clincher wheel, Bafang motor rear hub, 6 bolt disc
タイヤ WTB Exposure, 700 x 32c, all black, wire bead
ブレーキセット Shimano MT200, hydraulic disc w/160mm rotor

DSCN9646s (3)
FUJI MOTIVATORも展示のみでしたが。段々Bafang製ドライブユニットを搭載したブランドバイクが増えつつあるという事なんでしょうね。
来年の展示あたり、更にラインナップが増えていそうな予感。
なんとなく担当者の方から、陽気というか……欧州で実績を出している自信の様な物を肌で感じましたよ。
De Rosa - SK Pininfarina Disc フレーム 52%オフ 

2019年11月13日 トラックバック(-) コメント(-)