CANYON  スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > CANYON 

Canyon Endurace:ON AL e-road  キャニオン発のe-roadは、グラベル用コンポGRXを採用!?


Canyon-EnduraceON-huioo.jpg
Canyon Endurace:ON AL e-road

Canyon Endurace:ON AL
キャニオンブランド初のe-road e-bikeは、グラベル用コンポGRXを採用し一見オールロードでの使用を視野に置いている様に見えます。
キャニオンは、新しいe-ロードEndurace:ON ALを、急速に拡大するe-バイク市場への第一弾として市場投入してきました。

電動アシスト機能を搭載した初のe-roadを出した目的は、初心者から上級者に至るまで全てのサイクリストが一緒にロードライディングを楽しむ事を目的としてキャニオン自らプロデュースしました。
特に初心者に対するロードバイクへの抵抗感を取り除く事を目的としています。
Canyon Endurace:ON ALのフレームの特徴は、Canyon Enduraceに似た形状のアロイフレーム形状を採用。
ロードバイクのようなハンドリングと非アグレッシブなライドポジションを実現しました。
canyon_endurace_on_cpeterbender_0258.jpg
キャニオンEndurace:ON ALはキャニオンEnduraceモデルとよく似ていますが、アシストユニットを収納するためのより分厚いダウンチューブ形状になっています

見ての通りフレームに、モーターとバッテリーのためのスペースを作りました。
更に、スタンダードなアルミロードモデルEnduraceに比べてチェーンステーを10mm長くしました。
重量は15.2kgで、そのうち4.6kgがモーターとバッテリーの重量になります。
canyon_endurace_onyouip.jpg
Endurace:ONは、Fazua製パワーユニットを備えています。世界初の取り外し可能なモーターアシストユニットです。
バイクに動力を供給するためにキャニオンは多くの競合他社と同様に、Fazua製モーターシステムを選択しました。
キャニオンと同じドイツのブランドであるFazua。
(´・ω・`)アシストユニットも共通してドイツ製で固めてきましたか。
トレック、CUBE、ピナレロ、センチュリオン、ラピエールなど、Fazua製パワーユニットを採用するブランドが増えてきています。

最近トルク量を中心にシステム全体を改良した「ブラックペッパーパフォーマンスアップデート」でシステムを更新したアシストユニットを採用しています。

最大アシストは依然として最大25kmhの250w(ロケットモード)ですが、システムは幅広いケイデンスで動作するようになり、同時にモーターアシストも以前より速く提供しています。
ge4t3.jpg

電力はFazua製モーターユニットによって供給され、最大250w 60Nmのトルクを提供。
250wロケットモードに加えて、最大100wのアシストを提供する経済的な「そよ風」モードと、最大200wを出力する中間地の「川」モードがあります。
ボトムブラケットはバイクに固定されたギアボックスで、統合された電子機器が含まれています。
(4.6kgのオールインアシストユニット)

「風」モード(100wアシスト)で最大90km持続することが可能。
バッテリーフル充電するには、約3時間半かかります。
canyon_endurace_on_faea.jpg
Canyon Endurace:Onの名称は、ロードバイクCanyon Enduraceモデルの名前から由来しているだけではなく、バ​​イクのジオメトリも借用しています。

Canyon Endurace同ジオメトリーを使用してチェーンステイを延長
安定性を重視し、薄いシートステイは路面からの衝撃を吸収します。フロントエンドも少し高めに設定され、背中や肩への圧迫を和らげます。

ロードバイクCanyon Enduraceとの違いは、
①バイクのダウンチューブにFazuaバッテリーが導入された点。
②後輪駆動システムを収容するためにチェーンステーが10mmまで425mmに膨らんでいる点。
③フロント変速機などが用意されていないことです。


キャニオンはまたカーボンフレームセットではなく、新しいEndurace:Onにアルミフレームセットのみを使用しています。
今回は初のe-roadという事もあり、カーボンではなく手堅くアルミ系で挑んできたという事かな?
アルミの方が頑丈で堅牢であり、著しく重く、Alex Rimsアロイホイールセットが追加された為、バイクの総重量は15.2kgになりました。ですので決して市場で最軽量のe-roadバイクという訳ではありません。
(´・ω・`)多分後日フルカーボン系のキャニオンe-roadが登場しそうな勢いですね。
canyon_endurace_on_c.jpg
コンポーネントをシマノGRXにて強化
ユニークな事にモーターの強力なパワーと重量が、コンポーネントの負荷を増加させる可能性をキャニオンは考えたそうです。

ユニークな事に電動ロードEndurace:ON ALに対して、耐久性のあるコンポ―ネントを採用してきました!
48歯のシングルチェーンリングと、クラッチ式リアディレーラーと11-42tカセットを備えたグラベル用コンポーネントShimano GRX 11スピード仕様のeロードですよ。

GRXグループセットは、確実な停止のために160mmローターを備えた油圧ディスクブレーキを備えています。
(´・ω・`)なるほど……Fazua製パワーユニットの強力なパワーに、ブレーキ面などで対抗する為に、より強力な制動力を誇るシマノGRXグラベルコンポネントで対抗するつもりか。
ちょっと面白い試みかも。
canyon_endurace_on_uo.jpg
一見するとEndurace:Onは、CanyonがモーターシステムをEnduraceロードバイクに搭載してきた様に見えます。
しかしこのバイクには、フロントディレイラーがありません。
キャニオンはEndurace:Onのリラックスしたフレームジオメトリーへ、グラベル用コンポ1x Shimano GRX砂利グループセットに指定。
これは48tチェーンセットと11-42tカセットを組み合わせた形になっています
(リアディレイラーはチェーンの脱落を防ぐために、GRX独自のクラッチが付いています)

ディスクローターは160mmまで強化されており、ブレーキ性能が向上しています。一方、頑丈なAlex Rimsホイールには32mm Schwalbe E-Oneタイヤが付属していますが、35mmのタイヤクリアランスを確保。

Canyon Endurace:ON AL e-roadは「オールロード」バイクとして宣伝されていません。
しかしキャニオンがグラベル用コンポGRXスペックを提供し、これらに太目のタイヤを装着を下に入れていることで、グラベルバイク的な e-roadとしての機能も視野に入れているかもしれませんね。
CANYON (キャニオン) 2019モデル AEROAD CF SLX DISC サイズS (175-180cm) フレームセット

2020年04月10日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 Canyon Inflite CF SL 6.0試乗体験インプレ MTBに近い走破性に圧倒される!!

DSCN0105gvsr.jpg
2020 Canyon Inflite CF SL 6.0 ブラック試乗体験インプレ

Canyonのグラベルモデル「Inflite CF SL」に試乗しました。
( ;゚ω゚)こりゃ、純粋無垢の競技用CXシクロクロスモデルだ……完全に悪路走破性重視になっている。

①平地は安定性重視の走行性能。
グラベルロードとは違い、スピード性をあまり重視していないですね。
その代わり、極度の安定感があります。
最初慣れる為にオフロードコースではなく、オンロードコースを走行したのですが。
地面に根付いた様な、しっかり感のある走行性能が印象に残っています。
競技用本格カーボンシクロクロスモデルGuerciotti EUREKA CXと同様に、速度を出す為にはペダルを頻繁に回す必要があります。
DSCN0089bvs (1)
②ラダーコースや凹凸のあるウッド製スロープなど、あり得ない走破性を発揮!
Canyon Infliteの真価は、オフロードコースで発揮されました!
すげー! ラダーコースがスムーズに走れる!!!
( ;゚ω゚)え? なんでここまで、悪路を綺麗に走れるの?
しかもグラベルロードとは違い、体力的にも負荷が少ない。
平坦な土コースなどは難なこなせますが、ウッド製スロープやラダーなどコースが過酷になるにつれてどんどん走破性を発揮。
ああ、やっぱりシクロクロスモデルですね。
馬鹿みたいにスムーズに、路面の凹凸や起伏をこなしていきますよ。
Canyon Infliteのコントロール性の良さは、やはりオフロードではないと分からないかも。
MTBと違う所は、スピード感ですね。
そうそう、オフロードをスピード感を持って走破出来る点にシクロクロスモデルの魅力を感じました。
DSCN0093vs.jpg
③ハンドリングについて
安定感が強め。俊敏に悪路で加速しても、ラダーコースで連続した突き上げを食らってもかなり踏ん張りが効きます。
(´・ω・`)ただ、コーナーリングは少し重く感じました。旋回性能は重めかな……
ドイツブランドのバイクらしく、悪路においても直進性がいくらか強めに感じました。
つまりオフロードコースの悪路の直線を、一気に駆け抜けるのが得意なタイプ。
DSCN0094ger.jpg
屈曲した形状のトップチューブによる容易な担ぎ動作
今回は担ぎ動作こそはしませんでしたが、前三角の空間がかなり大きいですね。

④フレームのショック吸収性について。
相当いいです! 特に障害物(凹凸)などの強い突き上げ時に、かなりフレームがショックを吸収してくれます。
こういう感想は変かもしれませんが、どんなに強い衝撃が路面からきてもとてつもない安定感を発揮してくれました。
平地では安定感が際立っていましたが。
( ;゚ω゚)あまりにオフロードでの走りが楽しかったので、オフロードコースを何度も走ってしまいましたよ……

⑤Canyon Inflite CF SL 6.0はMTBに近い走破性を持つ。
Canyon Infliteはどのジャンルに近いバイクかというと……かなりのMTB寄りですね。
いや、オフロードコースをこなしてくれるどころか、楽過ぎて……思わず笑ってしまった……
少なくともツーリングモデルやグラベル向きではないです。
山道や山林など文字通り道なき道を、走破するならこれですね。ある程度速度を持って、走破するならCanyon Inflite CF SL 6.0を推薦します。
DSCN0099eey.jpg
シフト・ブレーキレバー SRAM Rival 1 HRD 11s
シクロクロスに最適化した、11-36TのスプロケットとSRAM Rivalチェーンリングのギア比。
シクロクロスレースに視野を置いたギア比でしたが……オフロードの悪路走破時に最適なギア比になっていた。
(´・ω・`)それ程、平地での走行は視野に入れていない印象。
DSCN0089bvs (2)
DSCN0097vs (2)
DSCN0097vs (1)
タイヤ Schwalbe X-one Allround 33mm
ブレーキローター SRAM Centerline Rounded Edges
ディスクマウント: 6穴

Schwalbe X-one Allround 33mmチューブレディタイヤの走破性について。
結構33mmでも、オフロードをこなせてしまうものですね。
平地よりもやはりオフロードコースで、スピードを発揮したりする。
コーナーングは比較するのもなんですが、どうしても650B×47Cのロードプラスの方が圧倒的に優位。
やはりシクロクロス競技向けのタイヤサイスなので、
いかにスピード感をもってオフロードをこなせるか?
このあたりに重点を置いている気がしました。
DSCN0096rfqe.jpg
フレームは快適さ、軽さ、耐久性など、どの点が際立っていた?
(´・ω・`)文句なしに耐久性。これほど悪路で身を任せられるバイクって無いと思う。
後は快適性というよりは、ショック吸収性かな?
平均重8.40 kgなので、担いだ際に恐らく軽量さを体感出来るはず。
ただオンロードや平坦な路面での試乗だと、Canyon Inflite CF SL 6.0 の良さは恐らく理解出来なかった。
DSCN0104grw.jpg
DSCN0100twyw.jpg
クランク Quarq Prime Aluminium 40T
ボトムブラケット SRAM Pressfit GXP
DSCN0090jyrr.jpg
DSCN0091het.jpg
DSCN0101ye5wgt.jpg
リアディレーラー SRAM Rival 1 GS
スプロケット SRAM PG-1130 11-36 11s

サドル Selle Italia X1
Selle Italia X1を採用。最大幅135mmのこのサドルは、極めてアクティブなライディングスタイルを可能にする

Canyon Inflite CF SL 6.0 って、ツーリングに使えそう?
舗装路から外れたコースや、起伏の激しい路面での使用ならいけるかも。
路面環境が過酷になればなるほど、グラベルよりもCanyon Infliteの出番になるはず。
悪路やオフロードにおける快速性の高さには、注目していいかも。
(´・ω・`)なんていうんだろう……MTBの代わりに使えそうなシクロクロスモデルでした。
まさか、ここまで走破性が高いとは思ってもみなかったもので……
Canyonって、グラベルやシクロクロスに関して実に面白い事になっているブランドなんですね。
【10%OFF】 CANYON 「キャニオン」 ENDURACE CF SL DISC 8.0 2019 サイズL ULTEGRA 油圧 フルカーボン ロードバイク 美品

ブラックフライデー Vitus2020モデルバイク 更に15%オフ

2019年11月22日 トラックバック(-) コメント(-)

CANYON GRAIL CF SL 8.0(シマノ Ultegra RX)(キャニオン グレイル)グラベルロード試乗体験インプレ


DSCN9785gd (1)
CANYON GRAIL CF SL 8.0(シマノ Ultegra RX)(キャニオン グレイル)グラベルロード
⼆階建てハンドルで有名な、ドイツキャニオンのグラベルロード「グレイル」に試乗しました。
見た目は奇抜ですが、橋には真面目なドイツ系ロードの流れを汲むグラベルという印象でした。


①スピード性がやたら強いグラベルモデル。
(´・ω・`)これは、かなりスピード寄りのグラベルロードですね。
MTB寄りのグラベルだったり、はたまたロードバイク寄りのグラベルモデルなど。
グラベルロードには様々な個性が存在しますが。
キャニオングレイルは、かなりロード寄りのグラベルですね。
悪路走破性もグラベルらしく確保してありましたが。悪路においても速度が落ちにくいのですよ。
DSCN9781gd (2)
②MTBというよりは、エアロロードをグラベル化したかのようだ。
グラベルモデルにおいて、ロード感がかなり強い。
スピード性に最もこだわっていますね。エアロロードに走破性を持たせたら、こんな走りになるかな?
もちろん長距離の砂利道を走破する為の仕様にはなっていましたが。
直進安定性もドイツグランドらしく確保してありましたよ。
タイヤを細くすれば、普通にロードバイクに対抗できそう……にしても、速い!
DSCN9797htr (2)
③フルカーボ ン⼆階建てハンドル「グレイ ルコクピット」について
CANYON GRAILの特徴である、二階建てハンドル。
下ハンがとても握り易く、踏ん張りが効く。実に持ちやすいんですいですよね。
DSCN9790gfd (1)
上ハンドル部は衝撃吸収性を強化したという話でしたが、速度を乗せた際通常のロードと同じ様に操作可能。
速度に乗せやすいロードモデルなので、上ハンドル部と下ハンドル部をより握り易い形状になっていましたね。
(´・ω・`)見た目は奇抜だけど、実に使い勝手重視でした。

④簡単なスロープでしたが、割と登りと下りは安定。
平地だけに強そうなグラベルロードですが、簡単なスロープ程度の登り下りはスムーズにこなしてくれました。
ただ、ラダーコースは夜間で視野が悪かったので、断念。

⑤悪路でも、スピードが落ちにくいのがグレイルの長所。
面白い……グレイルって路面状態が悪くても速度が落ちにくい……
まるで悪路において、ロードの走りを再現しようとしているかの様。
少なくともMTB感がないグラベルですね。
DSCN9794htr (1)
ブレーキ  Shimano BR8070油圧式ディスク、フラットマウント
⑤結構速度が出るので、悪路や舗装路においてディスクブレーキの制動力が生きている。
(´・ω・`)特に強調しておきたいのですが、CANYON GRAILは相当速度が出やすいのでディスクブレーキの制動力が生きてきます。
特に平地においてはスピードコントロール、悪路においては強力なストッピングパワーを如何なく発揮してくれました。
正直カンチブレーキでは対応出来ないスピード性ですね。
DSCN9790gfd (2)
Schwalbe G-One bite 40mm
キャニオンとシュワルベが共同開発したグラベルタイヤ(チューブレスレディ仕様) スキンサイドカラー

タイヤは転がり抵抗を感じにくい。
40mmとボリューム満点でしたが。どちらかというと、舗装路で速度を出すのに適している印象。
DSCN9796gfd (1)
⑥乗り心地について
非常にドイツロードらしい、直進安定性を重視している。
フレームに乗っかっている感があり、走行中速度を提供される感覚はまさにドイツロード。
ドイツ系ロードの特徴がそのまま、グラベルロードに出ていた。
(´・ω・`)だからこそ、実にロード寄りのグラベルと感じちゃったんですよね。
もちろん、ディスクブレーキ、スルーアクスル、40mmタイヤ、二階建てハンドル、アルテグラRXなどグラベルロードとして必要な機能は十二分に持たせてはいる。
だが、肝心のフレームはロード寄り。
強度や剛性を持たせていましたが、走破性というよりはスピード性重視に感じた。
DSCN0086fd (1)
DSCN9781gd (1)
それにしてもキャニオンブースは、更に行列が増えていて驚いた。
それ程ロード系ブースが数多く無かったせいもあるだろうけど。
会場からは「こんな機会じゃないと、乗れないっしょ?」との声が。
確かに……。
(´・ω・`)ロード、シクロクロス、MTB、グラベルロードなどほぼ全てのキャニオンモデルを用意していた為、オフロード系試乗希望者もキャニオンブースを利用していた。
DSCN0086fd (2)
ホイール DT Swiss G1800ディスクホイール

DSCN9794htr (2)
DSCN9793gf (2)
スタビライザー機能を採用したアルテグラRXを採用
スタビライザー機能をONにしてあったので、悪路においてチェーン暴れや脱輪などのトラブルは起きなかった。
これは2019年モデルですから、2020年モデルはGRXになっているんですね。
しかしスタビライザー機能を用意してあれば、アルテグラRXでも十二分に対応可能。
DSCN9797htr (1)
普段MTBを乗られている方が好むグラベルロードというよりは、普段ロードを乗られている方が好きそうなグラベルモデルでした。
(´・ω・`)他のグラベルモデルと比較しても、実にスピード性にこだわっていましたよ。
後、後日出来ればグレイルの悪路走破性をもう少し確認したいです。
CANYON 「キャニオン」 Aeroad CF SLX Disc 9.0 SL 2019 サイズ2XS 油圧 SRAM Red E-tap axs

2019年11月10日 トラックバック(-) コメント(-)

2018 CANYON ULTIMATE CF SL DISC試乗体験インプレ あえて、本音を言わせていただくと……


DSCN5083vds (1)
2018 CANYON ULTIMATE CF SL DISC (キャニオン アルティメット CF SL ディスク)試乗体験インプレ
以前ULTIMATE CF SLに試乗しましたが、ディスクモデル化したULTIMATE CF SL DISCに試乗してみました。

やはりディスク化しても、ULTIMATE CF SLの乗り易さは健在。
走行時も負荷が少ないですね。
加速に無理なく、どの速度域でも対応できる懐の深さがあります。
(ノーマルクランクだが軽く、連続した加速で速度を伸ばしてくれる)
特に推進力を発揮している時に、抵抗感が少ない。
どこまでも、速度が伸びていきそうです。
速度が伸びた後、ドイツロードらしく巡行性能を発揮。
自然にスピードが伸びていってくれるロードですね。
DSCN5085vs (2)
(´・ω・`)元々衝撃吸収性が高いロードでしたが。
更に、衝撃吸収製が向上した感がある。
基本的に、無理なく速度を伸ばすのに適したフレーム。
SHIMANO 105グレード油圧式ディスクブレーキ「ST-RS505」もスピードコントロールが自然に行えて良好。
DSCN5083vds (2)
サイズMで平均重量 7.8 kg。
(`・ω・´)……確かに、CANYON ULTIMATE CF SL DISCは反応もいいし、乗り易いし
良く出来たディスクロードだが……
あえて、本音を言わせていただくと……
DSCN5238hrskut.jpg
2018 KhodaaBloom FARNA PRO AERO DISC
(´・ω・`)こういっちゃ何なのですが……レーシングディスクロードとしての性能は、FARNA PRO AERO DISCの方が上ですな。
こっちはディスクブレーキモデルR9170系DURA-ACEを搭載した化け物だから、価格の面でも比較しようがないのですが。

確かに2018 CANYON ULTIMATE CF SL DISCは乗り易いし、加速性もスムーズだし。
無理のない、実にいいディスクロードだとは思う。
CANYONブランドが好きな方、デザインが好きな方はこちらで十分満足出来ると思う。
img6c4e90afzikczjca.jpeg

だが、実際の両モデルの速度の伸びはどうだろう??  スピード性能は? 推進力は? 剛性は?
比較すると……FARNA PRO AERO DISCの方が、CANYON ULTIMATE CF SL DISC より更に速度の伸びがあった。

何より、問答無用でKhodaaBloom FARNA PRO AERO DISCはCANYON ULTIMATE CF SL DISCより速い。更にその高速性に対応した走行安定性も獲得している。
CANYON ULTIMATE CF SL DISCの速度の伸びは(推進性)、もう一歩KhodaaBloom FARNA PRO AERO DISCには及ばないのだ。
20171126095657474kyu (2)
20171126095657474kyu (1)
( ;゚ω゚)……一番驚いた(衝撃的)点は、国内系バイクブランド「Khodaa Bloom」が、ドイツブランド「CANYON」を圧倒するディスクロードを出して来たことだ。
もちろんコンポやパーツのグレードも、価格帯も違うモデルという事は承知しているが。

今でも信じられない。まさか国内系ブランドディスクロードが、あのキャニオンを上回るなんて……
なんで最近Khodaa Bloomのフラグシップ系は、ここまで性能を引き上げてきたんだ??
ありえんだろ……

CANYONには済まんが、KhodaaBloom FARNA PRO AERO DISCの方が性能的に上回っている。
繰り返すがスピード性能、それに対応したコントロール性、高速性……兎にも角にも素晴らしい。
201711260957090eyjf.jpg
2016年あたり、正直もう国内系ブランドは駄目じゃないかと、絶望的な気分になっていたが。
2017年モデルに、あの「Khodaa Bloom FARNA ULTIMATE」が登場。
そして新型FARNA PRO AERO DISCの、この完成度ですよ。

( ;゚ω゚)……海外勢に唯一対抗出来る国内系ブランド「Khodaa Bloom」!! という感じになってきた。
Khodaa Bloom コーダブルーム 2019年モデル FARNA PRO AERO DISC9100 ファーナプロエアロディスク9100 [完成車]

2017年11月28日 トラックバック(0) コメント(0)

CANYON AEROAD CF SLX試乗体験インプレ 正に走りがドイツエアロロード!   油圧ディスクブレーキ仕様のUSRAM RED eTapテスト機が展示されていた!


DSCN3927sdc.jpg
DSCN3928csw.jpg
CANYON AEROAD CF SLXに試乗しました。とりあえず、感じたことを
そのまま記載しておきます。

直進安定性が強いドイツロードという印象。
硬く剛性を生かした爆速モードで、戦闘的な走りをするエアロロードか
と思っていたら、ちょっと違う。
扱いやすく、どの速度域でも対応できる万能性があるラロロードだと思う。

(どの速度域でも、スピードを維持できる能力がある)
AEROAD って、落ちにくいんですよね、速度が。どの速度域でも速度が落ちにくいのが
AEROAD CF SLX最大の武器かもしれない。

正直、もっと試乗時間があれば更にこの長所が理解できたかも。
短時間の試乗では、一番性能が分かりにくいタイプ。

(衝撃吸収性は通常レベル。割と体への負荷がある)

他社のエアロロードと比べると、コンフォート性能や衝撃吸収性は通常~
少ないレベルですね。

(脚への負荷が割と大きい)
やはりBB周りの剛性が高いせいかゼロ加速時などにおいて、割と脚への
負荷が大きいエアロロードです。
ある程度、体への負荷を犠牲にしてでも速度を出す為に、エアロ形状に
特化したエアロロードなのでは。
フレーム剛性は高目な方かな。
DSCN3933ed.jpg
ステム一体型のエアロハンドル。

とはいえ速度を維持している最中、実に快速なので疲労が少ないのも確か。
全体的に、ステム一体型エアロハンドル、フォーク、シートステー、チェーンステー
に至るまで、徹底したエアロ形状なのが凄まじかった。


(平地を高速で長時間疾走するのに特化した、エアロロードなのでは)

直進安定性と快速性を長時間維持し、レースに勝つためのドイツエアロロ
ードですね。
どこかしら、直進安定性や巡行性能が強いドイツFELTの影がちらついた感じも
します。
DSCN3932cfws.jpg
DSCN3929fcw.jpg
ダウンチューブも見事なエアロ(カムテール形状)
DSCN3930fcw.jpg
割と速度に乗るまでに脚力を使うが、速度に乗った後は逆に
脚力消費を抑えられる。
流石にエアロ性能が発動していたかどうかは不明だが、個人的
にはその辺にドイツ系ロードっぽい特徴を感じた。
やはりドイツゲルマン民族的なエアロロードなのね。
ドイツ系ロードに乗り慣れた方なら、すんなり乗りこなせてしまう
エアロロードかもしれない。



DSCN3896adsx.jpg
CANYON Ultimate CF SLX 
ブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝を記念したマイヨロホカラーの実車

逆にULTIMATEの方は快適性が異様に高く、非常に乗り易い。
脚の負担が少ないのは確かにULTIMATEだが、レース時に費用様な
高速を維持する能力を持っているのはAEROAD。

ただULTIMATEも AEROADも直進安定性が強い点が特徴。


DSCN3942cda (1)
CANYON ULTIMATE CF SLX DISC PROTOTYPE TESTED BY KATUSHIMA TEAM
油圧ディスクブレーキ仕様のSRAM RED eTapを採用した、チームテスト機。

油圧ブレーキホース以外の、ケーブルが存在しない……

DSCN3944cds (2)
DSCN3943cd (2)
DSCN3943cd (1)
DSCN3942cda (2)


DSCN3935dcs.jpg
CANYON AEROAD CF SLX 8.0 Di2
DSCN3938vs.jpg
DSCN3937fr.jpg
DSCN3939fvw.jpg
DSCN3936cdwfe.jpg
【Sale】キャニオン CANYON アルティメット CF SLX ULTIMATE CF SLX ULTEGRA 2017年モデル カーボン ロードバイク 11速 グレー

2016年11月13日 トラックバック(0) コメント(0)