BRUNO(ブルーノ)  スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BRUNO(ブルーノ) 

シルバーメッキを強調したCHROME PLATEカラー仕様 2021ブルーノ 20ロード


ehakusen_mv20r-cp_3cだ
2021BRUNO MINIVELO20 ROAD 適合身長 510mm:160cm〜178cm 通常販売価格 (税込)142,780 円
シルバーメッキを強調したCHROME PLATEカラーですよ。
(´・ω・`)クラシカルなツーリングモデルのデザインを、、ミニベロで再現していますね。
通常の2021BRUNO MINIVELO20 ROADは、通常販売価格 (税込)120,780 円ですが。
CHROME PLATEカラーという事もあり、ワンランク上の価格設定になっています。
ehakusen_mv20r-cp_9.jpg
フロントディレーラー Shimano CLARIS
クランクもシルバーポリッシュ!!
ehakusen_mv20r-cp_5.jpg
フォーク オリジナルのCr-moチューブ
リムもシルバーポリッシュですね。
スポークはステンレスの中でも錆びにくい18-8ステンレスを使用。
リムは軽量かつ剛性の出るバブルウォール構造。(素材は6061-T6ヒートトリートメント)
BRUNO MINIVELO20はベントフォーク仕様になっていますね。
現行のフォークには専用設計のベントフォークを用い、ゆったりとした乗り心地を演出し長距離・街乗りを気軽に乗れるバイクに仕上がっています。
ehakusen_mv20r-cp_6.jpg
ダイアコンペDC139ギドネットレバーを採用。STI変速仕様ではありません。
ランドナーやツーリング色が濃いギドネットレバーを完成車で採用している、希少なミニベロですね。
ドロップハンドルを握った際、どこからでもブレーキ操作が可能。
ehakusen_mv20r-cp_7.jpg
シフター ShimanoWレバー
変速レバーはインデックスのWレバー8速用のSHIMANO SL-R400だと思われます。
(Wレバーにはインデックス式とフリクション式の2種存在します。カチカチと段階的に変速する方がインデックス式。無段階かつ感覚的に変速操作するものがフリクション式)

Wレバーですので、競技性というよりもロングライドやツーリング向けになっていますね。
STIの様に、瞬時に変速操作をするわけではないので、ゆったりとした走りをする際はWレバーって実に面白い。
変速操作をする際はSTIとは違って、ハンドルから片手を放す必要があるので。ある程度、走りの先読みが必要になってきますが。
とはいえ、のんびり走る際には楽しいシフターですね。
レバーシフターなので、多少転んでもダメージを受けにくい。
またステムにWレバーを配置しているので、フレームバッグやフロントバッグを積載しても邪魔にならない工夫が施されています。
ehakusen_mv20r-cp_4.jpg
ehakusen_mv20r-cp_8.jpg
フレーム Columbus Cromor Tubing
Columbus Cromorをダイヤモンドフレームに採用することで、走りの滑らかさを演出。
衝撃吸収性や快適性は確保されますが、路面からの振動を吸収します。
(´・ω・`)ただし快適な乗り心地は確保しつつも、多少固めな走りになる点も面白いです。
Columbus Cromorの剛性のお蔭で、多少スポーティーな走りも可能なんですよ。快適一辺倒なダイヤモンドフレームではないのは確か。
ehakusen_mv20r-cp_10.jpg
リアディレーラー Shimano TOURNEY TX
やっぱりミニベロの長所である漕ぎだしの軽さや、スピードに乗るまでの加速力は日本の路面にピッタリ。
速度を乗せてカーブするよりも、低速で頻繁に小回りをきかせてカーブするのに丁度いいミニベロ。
ehakusen_mv20r-cp_11.jpg
サドル BROOKS Cambium All wether C17
硬化天然ゴム製の英国コンフォートサドル BROOKS CAMBIUM C17を採用していますね。
レザーの代用品として天然ゴムと生地が使われているリサイクル可能なサドル。
防水処理&耐久性を強化しているので雨天時にも強い。
英国ブランドだが、製造はMADE IN ITALYだったりするから、またたまらない。
(´・ω・`)なんだか、最近のBRUNOはサドルだけ見ていても楽しい。



imgrc0070946522vf.jpg
2018 BRUNO MINIVELO20 ROAD
以前は限定モデル仕様に、英国ブルックスのサドルが採用されていましたが。
次第に通常モデルにも、見かける様になってきました。
imgrc0070946515fds.jpg
サドル Brooks B17 ツーリングバイクの定番サドルBrooks B17を採用

BRUNO MINIVELO20の初期の頃は、クッション性の高いコンフォートサドル仕様でしたが。
2018年モデル辺りからかな? 「旅」をテーマにするようになってきてから好んで英国ブルックス製サドルBrooks B17を採用する傾向になってきました。
英国BROOKS、スイスBRUNOもダイアテックが正規輸入代理店業ですからね。
割とサドルにこだわりのある、スイスミニベロブランドという印象を受けます。
mv20ltd_huo.jpg
2019 BRUNO MINIVELO20 ROAD WORLD TOUR EDITION(ワールドツアー ミニベロ20ロード)
この2019年モデルも、英国BROOKSサドルを採用。
これは限定の奴ですね。
mv20ltd_2cxz.jpg
B17 SELECT WORLD TRAVELLER 2012
TOURING & TREKKING MADE IN ENGLAND


サドルには英国BROOKS B17 SELECT WORLD TRAVELLER LIMITED EDITIONを採用。
1920年代にBROOKSのカタログのイラストをアレンジして、現在風にリデザインされました。
リアルツーリスト向けに作られたB17SELECTシリーズのレザートップに地球儀のようなイラストをあしらったモデルで、レールは、コッパーメッキのスペシャル仕様。
img58136464xs.jpg
2012 BRUNO VENTURA limited edition
これは初期のBRUNO VENTURAモデルですが。
img58136467xsa.jpg
サドルにはブルックス コルトを採用。コルトはかつて強い耐久性を誇り、ストリートやMTBのライダーが好んで使ったモデル。
その復刻版。


ehakusen_mv20r-cp_12.jpg
ブレーキ ShimanoCantiブレーキ
(´・ω・`)ランドナーやツーリングななテイストを楽しめる、カンチブレーキも健在。
BRUNO MINIVELO20に関しては、レトロ感を重視しているからディスクブレーキ化は当分無いと思うけど……
どうでしょうね?
MINIVELO20 ROAD(ミニベロ20ロード)BRUNO(ブルーノ)2021モデル

2021年04月11日 トラックバック(-) コメント(-)

2021 BRUNO MINIVELO20 ROAD タイヤを2021年モデルからパナレーサー パセラに変更か


mv20_gn_.jpg
2021 BRUNO MINIVELO20 ROAD GREEN
(´・ω・`)いち早く、スイスBRUNO MINIVELO20の2021年モデルが登場してきました。
これはSTI変速仕様ではなく、ツーリング性を重視したレバー変速仕様です。
20201年モデルと比べて変更点をチェックしてみたのですが。
タイヤなどがこの2021年モデルからパナレーサー パセラに変更になった様です。
mv20_gn_11.jpg
KENDA K-WEST 20 x 1.50(2020年モデル)

Panaracer Pasela Compact 20 x 1.50(2021年モデル)

タイヤはパナレーサーのパセラに変更。

この画像はKENDA K-WESTの様ですね。
サイズは違いますがARAYA RAN(SWALLOW Randonneurというランドナーにも好んで使用されているタイヤです。
タイヤはパナレーサー パセラ。しっとりしとしたグリップ感で、耐久性も十分。
ブルーノは以前から、しなやかな乗り心地と耐パンク性を重視して、以前から継続してPanaracer Pasela Compactを使用してました。
(´・ω・`)いう事は以前の路線に戻ったという事かな? 見た目のレトロ感とかも重視したのかも。
軽く、グリップ力を持ったバランス良いタイヤで心地良く走れる効果も。
 
英国ハンドメイドスポルティーフモデルにも好んで採用されていて、PASHLEY CLUBMAN COUNTRYなどにもレトロ感と機能性を演出する為に使用されていますね。
mv20_gn_10.jpg
Brooks Cambium All wether C17
硬化天然ゴム製の英国コンフォートサドル BROOKS CAMBIUM C17を採用。
(´・ω・`)上位ツーリング系ミニベロBRUNO VENTURAなどにも使われていましたが。
Brooks Cambium C17は 最近のMINIVELO20にも採用されていたとは知りませんでした。

レザーの代用品として天然ゴムと生地が使われているエコなサドル。英国ブルックスのサドルですが、BROOKS CAMBIUM C17の製造地はイタリアです。
防水処理&耐久性を強化しているので雨天時にも強い。
DSCN8703vsvfscdcdss.jpg
サドルの裏面は、ゴムで構成されています。
どちらかというとレトロというよりは、スポーティーな雰囲気です。
サドル表面のオーガニックコットンキャンバスは布地ですが、どちらかと言うと質の良い革サドルな感じです。
mv20_cp_.jpg
2021 BRUNO MINIVELO20 ROAD  CHROME PLATE
これがクロームの光沢がいい感じのCHROME PLATEカラー。
フレームには溶接部の美しいフィレットブレイジング、仕上げは錆びにも強いCPフィニッシュ。
以前はやはり上位VENTURA Limited editionなどの上位モデルに、採用されていたカラーですが。
(´・ω・`)随分 BRUNO MINIVELO20 ROADは、カラー(仕上げ)やサドルなどが豪華になってきましたね。
恐らくハンドメイド仕上げであろうCP仕上げの、本モデルカラーは他のカラーよりも若干高くなっています。
mv20_bk_.jpg
2021 BRUNO MINIVELO20 ROAD BLACK
このBLACKカラーは、どことなく英国ラー系ミニベロの雰囲気ですね。
フレームは一時期ビアンキハイエンドミニベロにも使用された「Columbus Cromor Tubing」
mv20_gn_3.jpg
ダイアコンペ ハンドレストDIA-COMPE/DC-138ではないですか?
ドロップハンドルのブレーキレバーの代わりに取り付けてあるハンドレスト。

mv20_gn_1.jpg
ブレーキレバーがダイアコンペ DC139 ギドネットレバーっぽいです。
ハンドルの肩部分とトップバー部分のどちらからでも引けるブレーキレバーでして。
またギドネットレバー使用なので、ダイアコンペ ハンドレストはポジションの一つとして有効になります。
つまりどの位置からでもブレーキ操作が可能。
ギドネットレバー使用なので、ツーリングに使用可能なフロントバッグを取り付けやすい仕様になっています。


(´・ω・`)あと推測ですが、バーテープはコットン仕上げのBROOKS CAMBIUM TAPE with EVA FORM?
なんだかんだで、ハンドル周りはBROOKS製とダイアコンペのパーツでブラックに仕上げていますよ。
mv20_gn_4.jpg
シフター Shimano W Lever
変毒する際、ハンドルから一時手を放さなくてはならないので、ハンドル位置近くにレバー変速機を用意しています。
変速操作自体は、割と感覚的な形になります。

レバーシフターなので、多少転んでもダメージを受けにくい。
またこのレバー変速位置なら、フレームバッグやフロントバッグを積載しても邪魔にならないメリットも。
やはり「旅系」ということで、ツーリングにおける使い勝手も考えていますね。
mv20_gn_2.jpg
mv20_gn_5.jpg
スポークはステンレスの中でも錆びにくい18-8ステンレスを使用。
リムは軽量かつ剛性の出るバブルウォール構造。(素材は6061-T6ヒートトリートメント)
フォークは強度のある鋳造ドロップアウトを使用。
節度あるハンドリングを実現。
溶接ビートまで美しく、アライメントも一般的な公差より厳しく管理。
mv20_gn_6.jpg
mv20_gn_8.jpg
コンポはフロントディレーラーがSHIMANO CLARIS。
リアディレーラーがShimano TOURNEY TXの16速仕様。

BRUNO MINIVELO20 ROADオリジナルのFDダイレクトマウントを採用
シートチューブの角度を立てることにより足全体の筋肉を使えて、効率の良いペダリングが出来るフレームジオメトリーを実現。
mv20_gn_9.jpg
ブレーキ Shimano Canti Brake
BRUNO MINIVELO20 ROADの2021年モデルは、2020年と比較してそれ程大きい変更はないのかな?
ただ、ブルックスやダイヤコンペ、パナレーサーなど、下手なランドナーやツーリングモデルよりもツーリングモデルらしいパーツ構成になっているミニベロですね。
MINIVELO20 ROAD(ミニベロ20ロード)BRUNO(ブルーノ)2021モデル  送料プランB 23区送料2700円(注文後修正)

2020年06月16日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 BRUNO MINIVELO20 ROAD DROP STI  BRUNO MINIVELO20が遂にSTI化!

qbei_ci-921823g.jpg
2020 BRUNO MINIVELO20 ROAD DROP STI

( ;゚ω゚)なに……これ……?
販売から10年たった、スイスデザイン20インチミニベロ「BRUNO MINIVELO20」が遂にSTI化!?
オールブラックなMINIVELO20って、初めて見た気がする。
ハンパないですね……このモデルって元々はレトロなシルバー系パーツを楽しむ為のミニベロでもあるのですが。
徹底的に、シルバー系パーツを排除して、攻撃的なブラックカラーで統一してきましたよ。

DSCN6975gre (2)
今までの「BRUNO MINIVELO20」(2019年モデルあたり)
(´・ω・`)今までのBRUNO MINIVELO20といえば……ツーリング色を全面に出していまして。
Wレバー変速仕様、ダイヤコンペのギドネットレバーなどレトロ感が充実していましたが。
街乗りや週末サイクリングもこなせるツーリング系デザインミニベロです。
DSCN6975gre (1)
見ての通り、今まではステム付近のレバーで変速操作を行いました。
どうしても変速操作の際、ドロップハンドルから手を放す必要があった訳ですが。
ハンドルの肩部分とトップバー部分のどちらからでもブレーキ操作が出来る、ダイアコンペDC139ギドネットレバーを採用。
今までかたくなに、STI変速を拒んできたロングセラーミニベロでしたが。
qbei_ci-921823_2gr.jpg
(´・ω・)な、なるほど……?
2020年モデルからSTI変速が可能になったので、手元でブレーキ操作や変速操作が可能になった訳ですね。
変速操作に関しては、これで変速操作時に手を放す必要が無くなったか……
しかも「MATTE_MOSS_GRAY」というブラック系カラーを採用しているので、ストリート色が濃くなっています。
qbei_ci-921823_3gr.jpg
ブルーノオリジナルのFDダイレクトマウントに、フロントディレーラーを設置。
いままではポリッシュのシルバー系を採用していたので、レトロ感が強烈でしたが。
このSTIモデルはブラック感を強調。
いいなあ……この路線を継続して、スピードミニベロ出してくれないかな?
DSCN8663gregggre (1)
MINIVELO20 ROAD DROP ツーリングカスタマイズ例
(´・ω・`)もちろん、2020年モデルラインナップの中にも、今までのレバー変速タイプが用意されています。
こうやってMINIVELO20のフロントとリアにバニアバッグを取り付けたりして、ツーリング風ミニベロとして愉しみたい方にも対応している。
qbei_ci-921823_1rrewr.jpg
にしてもあのブルーノが、 MINIVELO20 ROAD DROPのSTI化に挑んでくるなんて驚きました。
どうも、2020年モデルのブルーノは色々な仕様にチャレンジしてくる傾向にあります。
BRUNO ブルーノ 2020年モデル MINIVELO20 ROAD DROP STI ミニベロ20ロードドロップSTIレバー コンプリートバイク[完成車]



qbei_ci-918111_1.jpg
2020 BRUNO MINIVELO TOOL カラーM.PINK
( ;゚ω゚)これは……ファッティミニベロタイプ??
ロングホイールベースを採用し、安定感、積載性を強化した新型ミニベロですね。
アルミフレームですよね??
こんなに極太のアルミフレームを、あのブルーノが作ってくるとは……

前カゴにチャイルドシートを取り付けた参考例ですが。
オランダGMG社Yeppチャイルドシートを、リアキャリアー部に取り付けてありますよ。
最初からチャイルドシート装着を前提にしたブルーノモデルが出るとは!!

M.PINKって、完全に女子や主婦層を狙ったカラーリングですね。
なんだかんだで、女子力高いブランドですし。
qbei_ci-918111vfd (2)
2020 BRUNO MINIVELO TOOL M.MOSS_TURQUISE
(´・ω・`)これはリアキャリアーに、バニアバッグや寝袋などツーリング系一式を搭載したカスタマイズ例。
これだけチェーンステーを長くとってあると、ペダルにバニアバッグなどがぶつからなくて済みますね。
BRUNO MINIVELO TOOLか……デザインもいいし。
使用における自由度も高そう。
qbei_ci-918111vfd (1)
qbei_ci-918111_4fd (1)
ヘッドチューブにダボ穴を用意。
前カゴをこの位置にとりつけても、ふらつかないシステム。
qbei_ci-918111_4fd (2)
(´・ω・`)あ、なんか凄いな!!
シートステーとチェーンステーの間に、補強フレームをかましていますよ?
ミニベロタイヤはブロックタイプ。
型式などは現在公表されていないですが。
スイスブランドブルーノが、悪路走破性を強化するなんて初の試みではないですか?
しかも「旅」というテーマからはずれていないという。
avgregerg.jpg
リアディレーラーは、シマノターニー RD-TY500-SGSロングゲージタイプの模様。
フロントはシングス(変速無し)ですので、リア変速のみですね。
DSCN6985cdas.jpg
BRUNO VENTURAチャイルドシート装着仕様
確か2019年サイクルモード時に、ドロップバーツーリングミニベロ「BRUNO VENTURA」のカスタマイズ例を展示してあったのですが。
割と女子に人気で、結構撮影されていた記憶があります。
多分、「BRUNO VENTURA」をベースに開発した、ミニベロファッティモデルなのでは?

確かに「旅」系に強いミニベロブランドでしたが、2020年から積載性を強化したファッティミニベロや、STI仕様のストリート系BRUNO MINIVELO20 ROAD DROPを投入するなど、いままでにない展開になっています。
BRUNO ブルーノ 2020年モデル MINIVELO TOOL ミニベロツール コンプリートバイク[完成車][先行予約受付中]

2019年08月01日 トラックバック(-) コメント(-)

BRUNO VENTURAカスタム一覧  チャイルドシート装着仕様&ゴールドメッキ仕様など

DSCN6984fw.jpg
BRUNO VENTURAチャイルドシート装着仕様
「BENTO RIDE」特製弁当でランチタイム?
COLUMBUS社のクロモリを採用した20インチ小径バイク「BRUNO VENTURA」と言えば、ツーリングや長距離の「旅」用自転車として、人気ですが。
様々な目的別カスタム仕様車が展示してあったので、見学しました。
カスタム展示車を拝見していると、まさかのチャイルドシートを装着。
元々輪行や車載に最適な、安定性重視の旅自転車であるからこういうチャイルドシートを装着しても、似合う訳か。

DSCN6985f3.jpg
また通常はドロップハンドル仕様だが、子供載せ自転車仕様ということでフラットバー仕様に。
(´・ω・`)確かにチャイルドシートを積載したら、フラットバーの方が踏ん張りききますよね。
DSCN6986jtu.jpg
バスケットに、スイス国旗をあしらったパンフレット。
あとお箸に、リアル弁当箱を配置?
なんとなく、ベンチュラってツーリング系スポーツモデルみたいな
DSCN6987kmut.jpg
オランダのGMG社が発売したYeppチャイルドシートを装着。
スイスデザインのヴェンチュラと
DSCN6988gtr.jpg



DSCN6989few.jpg
BRUNO VENTURA ブルホーンバー仕様
プレートを連結させたユニークなロック「ABUS BORDO」をダウンチューブに装着。
更にはブルホーンバー仕様と、スポーティーな仕様になっている。
ダイアコンペギドネットレバーを、ブルホーンバーに採用。
(ブルホーンハンドルのどの位置からでも引けるブレーキレバー仕様に)
DSCN6990u5.jpg
ステム位置に、Shimano W Leverを配置
従来のヴェンチュラの仕様を、そのまま生かす形になっている。
DSCN6992kj.jpg
ロック「ABUS BORDO」
一見ツールボックスにも見えるが、実はプレートを連結させたユニークなロック。
ブルーノミニベロのデザインにも親和性が高い。
(お洒落なスイスデザインが、このキーなら壊れないと思う)
DSCN6991ku.jpg


DSCN6995tgr.jpg
BRUNO VENTURA BROOKSツーリング仕様
(´・ω・`)オール英国ブルックス製バッグを取り付けた、ツーリング仕様のヴェンチュラモデル。
将来的に英国系ブルックスで、ツーリングモデルとしてコーディネートしたい方への参考になると思う。
やはり、ブルックス系バッグ類を、ここまで用意すると雰囲気が変わりますね。

BROOKS MILLBROOK

生産中止となっていたブルックスサドルバッグの名作MILLBROOKが復活!!

1950年に設計されたこのMILLBROOKSはカメラやツールや地図、補給食といったツーリングに必要なアイテムが、入る程よい容量の中型のサドルバッグ。
また、ハンドルバーにマウントが可能なのでフロントバッグとしても使用できます。

bluesign®認定のポリエステル素材はコットンライクな風合いですが、完全防水。
付属のレザーは丈夫なBROOKSクオリティーのタンニン鞣しのレザーを使用。
デイリーユースはもちろん、過酷なロングツーリングでも十分に使用する事ができる。
簡単に取り外し可能なショルダーストラップも付属しているので、通常のバッグとして使用する事が可能に。
DSCN6999jgfj.jpg
B4 FRAME BAG
BROOSKレザーサドルと同じ革で作られるコンパクトなフレームバッグ
伝統的なBROOKSサドルの生産技術と同様、革を立体成型する方法で作られたレザーバッグ。
サドルと同じ機械を使用し、イギリスのブルックスサドルの工場で生産。
B4は、3つの取付けストラップとメタルバックルをクラシックなフレームバック。
トップチューブ下に確実に固定できます。
DSCN6998jry.jpg
BROOKS SUFFOLK REAR PANNIER
新登場の大型防水コットン製
リヤ用パニアバッグ。
新しいBROOKSの旅行用パニアバッグのスタンダード。Bluesignの認定を受けた防水コットン素材を使用。開口部はロールアップ形状で荷物の出し入れがしやすく、防水性も高い。
外側には大型ポケットと、4つのストレッチサイドポケットを備えています。
DSCN7000u5.jpg
DSCN7001u7.jpg


DSCN7006fwe.jpg
BRUNO VENTURA ゴールドメッキ仕様
( ;゚ω゚)まさかの、黄金BRUNO VENTURA。 
トランプ大統領とかが愛用していそうな勢いがあります。
DSCN7010y45.jpg
DSCN7013few.jpg
レザー系パーツを積極採用しているんですよね。
DSCN7009dwq.jpg
DSCN7014vfd.jpg
DSCN7016y4.jpg
ブルックスのリアスプリングまで、強烈なゴールドカラー……
実は一番管理人の心に、インパクトを与えたヴェンチュラ。
(´・ω・`)とはいえ、やはりゴールドと英国レザーって凄く似合うと思います。
《在庫あり》BRUNO ブルーノ 2019年モデル VENTURA ベンチュラ [完成車]《P》

2018年12月07日 トラックバック(-) コメント(-)

2019 BRUNO MINIVELO20 ROAD(ミニベロ20ロード) Columbus Cromorを採用したクロモリフレームに塗装したモデルは、品の良いデザインに感じます。


mv20_tu_.jpg
2019 BRUNO MINIVELO20 ROAD(ミニベロ20ロード)ターコイズ

スタンダード版BRUNO MINIVELO20 ROADの2019年モデルです。
(´・ω・`)凄い。スタンダードなMINIVELO20にまでイタリアのコロンバス社製パイプを持ってきていますよ。
以前は限定モデルにようやく採用されていましたが。
「美しい仕上げのフレームは他ブランドと一線を画す仕上がり」とありますが。
例えば2017年モデルのイタリアビアンキの最上位クロモリミニベロ「Bianch MINIVELO 10 DropBar Campagnol」という高級モデルがあるのですが。
フラグシップクロモリミニベロモデルにコロンバス社製パイプようやく、採用されていたんですよね。
ブルーノは標準モデルにおいて既に、クロモリ系ダイヤモンドフレームにコロンバス社製パイプを採用しているんだから。
実に贅沢。
20160729164725d55dg.jpg
2017 Bianch MINIVELO 10 DropBar Campagnolo
コロンバス社製パイプ をミニベロにもってくると、かなり走りは滑らかになりますよ。

石畳の凹凸を巧みにコントロールする、衝撃吸収性そのものはしっかり確保されていると体感。
しかも走りが滑らかではあるけど、「心地よい硬め」という印象。
2016072916474942arjfrj.jpg
ミニベロでもやコロンバス社製パイプを用意すると、やはり剛性が高まりやたらスピードの乗りがいいんですよね。
スポーティーに走る為に、快適性を提供してくるスポーティークロモリフレームになってしまう。
(´・ω・`)まあ、ダイヤモンドフレーム形状を採用しているのも、走りに効いているとは思いますが。
20160729164806b50dgsdgds.jpg
また最近の変速レバーの位置は、ハンドルに近い位置に設置されている事が多いです。
もちろん、レバー変速ですので変速操作時はハンドルから片手を一時手を放す形になります。
STIよりも構造的に強度があるので、確かにツーリング時にも向いていますね。
mv20_tu_1.jpg
シフター DOUBLE LEVER
変速操作自体は、割と感覚的な形になります。
レバーシフターなので、多少転んでもダメージを受けにくい。
(´・ω・`)またこのレバー変速位置なら、フレームバッグやフロントバッグを積載しても邪魔にならない。
mv20_rd_.jpg
2019 BRUNO MINIVELO20 ROAD(ミニベロ20ロード)レッド
フレーム Columbus Cromor Tubing
mv20_tu_10.jpg
DIA-COMPE DC138 ハンドレスト
通常のブレーキレバー位置にDC138 ハンドレストを取り付ける事で同様のポジションがとれます。
ギドネットレバーと併用して使用する形になっていますね。

mv20_tu_11.jpg
DIA-COMPE DC139 ギドネットレバー
ランドナー乗りといえばギドネットレバー。
ツーリング色が濃いBRUNO MINIVELO20 ROADには、ギドネットレバーを採用しています。

ダイアコンペがDC139を復刻してくれたおかげで、晴れてミニベロツーリングモデルが更にツーリング色が濃い仕様になった訳です。
mv20_tu_12.jpg
ハンドルのどこからでもブレーキ操作が可能ですし。
その上変速操作もハンドル位置から近い。
(´・ω・`)つまり、ロードバイクに乗り慣れていない方でも、クロスバイク感覚でブレーキ操作が可能という点は注目。
実はスポーツ系バイクに乗り慣れていないための、ギミックでもある。
mv20_tu_13.jpg
mv20_tu_7.jpg
mv20_tu_5.jpg
フロントディレーラー SHIMANO CLARIS
mv20_tu_4.jpg
リアディレーラー Shimano TOURNEY TX
mv20_tu_8.jpg
タイヤ Panaracer Pasela Compact 20 x 1.50
タイヤはパナレーサーのパセラ(アメクロ カラーリング)
クラシカルなモデルを愛する小径車乗りの声に答えて、パナソニックが男気を見せて生産してくれたタイヤモデルだ。
見た目のクラシカルさだけではなく、実用本位ですね。
通勤や通学などの、過酷な使用環境にも耐えられるタイヤなので。
mv20_tu_2.jpg
カンチブレーキって、ツーリング系モデルやシクロクロスモデルでよく見かけましたが。
あっちは、ディスクブレーキが主流になってしまいました。
最近は、クラシカルなミニベロモデルでカンチブレーキを見かけますね。
うーん、やっぱりカンチってビジュアル的な影響力も大きいな……
mv20_tu_3.jpg
mv20_tu_6.jpg
変速 16SPEED
(´・ω・`)2019年最新MINIVELO20 ROADも、シルバー系パーツをクランクや各部に採用しているんですね。
間違っても、最新の4アームクランク化したりしないミニベロですわ。
またColumbus Cromorを採用したクロモリフレームに塗装したモデルは、品の良いデザインに感じます。
【1日限り5,000円クーポン&P最大18倍(10/2 0時まで)】【2019モデル】MINIVELO20 ROAD(ミニベロ20ロード)カラー:ターコイズBRUNO(ブルーノ)【送料プランB】 【完全組立】

2018年10月02日 トラックバック(-) コメント(-)