Vitus スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > Vitus

Vitus ZX-1 CRS エアロディスク 1991年代当時フランスVitus時代から続く、伝統的なエアロカーボンモデル


prod173012_Black-Slate Blue_NE_01fs
VITUS ZX-1 CRS AEROディスク

(´・ω・`)フランスVitus時代から続く、伝統的なエアロカーボンモデルです。
現在はWiggleCRCグループの傘下に入り、英国Vitusですが。
れっきとした、Vitusオリジナルのエアロレースバイクです。
jytur7y435.jpg

1991年カーボンモノコックファイバーにより、エアロ性能を押し広げたVITUS ZX-1を市場に投入。
91年代当時、フランスVITUS初のカーボンモノコックフレームモデルでもあります。

2011年にChain Reaction CyclesにVITUSは買収され、この新型ZX-1は一度は販売が中断したフランスVITUS時代のモデルを継続したエアロロード。
Vitusのエンジニアは新型ZX-1において、妥協することなく空力性能を向上させました。
剛性と横風安定性を維持しながら、快適なレースバイクとして設計しています。
prod173012_Black-Slate Blue_NE_02fsd (1)
リム Prime Black Edition 50mm Full Carbon Clincher TL
タイヤ Schwalbe Pro One Microskin Tubeless 25c Folding

このZX-1ディスクは、Shimano Ultegra R8000 11スピードグループセット、Ultegra油圧式フラットマウントディスクブレーキ。
足回りには、Prime Black Edition 50mm Full Carbon Clincher TL、ドイツSchwalbe Pro One Microskin Tubeless 25c Foldingタイヤを組み合わせています。
ホイールのPrimeはCRC / Wiggleの社内ブランド。リムはモダンな丸みを帯びた形状で、さまざまな角度から風を受けても良好な安定性を保証します。
ただし横風が深刻な場合は、バフェッティング(振動)を引き起こします。
バフェッティング【buffeting】……飛行機の周囲の気流が,機体表面からはがれて渦をつくり,それが機体をたたいて振動させる現象。
prod173012_Black-Slate Blue_NE_17jyr (1)
ディスクブレーキを採用しているので、余裕のあるタイヤクリアランスを確保
完成車に用意されているのは25Cサイズのタイヤですが。
フォークブレードとリアステーの間に28Cタイヤ用のクリアランスも確保。
英国における路面環境において、十分なクッション性を得られない場合に備えています。

UCI承認済みフレームセットは、UCI Continental Proサイクリングチーム「Vitus Pro Cycling p/b Brothers UK」にて使用。

ZX1の手頃な価格は大きな魅力の1つ
レースに適したShimano Ultegra R8000 11スピードグループセット&油圧ディスクを採用し、日本円にして¥250999と圧倒的なリーズナブルさが受けています。
特に英国市場においても、ZX1の手頃な価格は大きな魅力の1つだとか。
これは、CRC / Wiggleグループが、コストを重視する顧客を真剣に受け止めた結果これだけの仕様とリーズナブルな価格になっています。
prod173012_Black-Slate Blue_NE_03fsvs
ハンドルバー Prime Doyenne Alloy Aero
ステム Prime Doyenne Alloy Aero

シフター Shimano Ultegra R8020

性能の面においては、優れたハンドリング性能を有したエアロレーシングバイクです。
特に高速に強いだけではなく、非常に高速でも安定した走りをする堅実なレーシングバイクでもあります。
prod173012_Black-Slate Blue_NE_09fsd (2)
新型Vitus ZX1は速くて滑らかな走行性能
ZX1には、レースを目的とする短いヘッドチューブを備えたジオメトリです。
ゆったりとしたトップチューブを備え、低ハンドルバーの位置を確保してレースでの使用に最適です
prod173012_Black-Slate Blue_NE_05vds
フロントディレーラー Shimano Ultegra FD-R8000
フォーク UD Full Carbon Tapered
ディスクブレーキ Shimano Ultegra BR-RS8020 Hydraulic Flat Mount 160/140mm Rotors
ZX-1は、フラットマウントブレーキ、および前後の12mmアクスルを備えており、ホイールは「Vitusエアロスルーアクスル」でしっかりと固定されています。
スルーアクスルには取り外し可能なレバーが付いており、ホイールに残しておくことも、エアロ効果を最大限に引き出すために取り外すことも可能。

ロードレースサーキットで使用した際、コーナーにおいて高速から低速へブレーキングをする際、速度調整が楽で優れたブレーキコントロール性能を発揮します。

(´・ω・`)Vitusは積極的にディスクブレーキに取り組んでいるせいで、ZX-1リムブレーキモデルはありません。
prod173012_Black-Slate Blue_NE_12ew (2)
フレーム Carbon T700-HM UD
フレームはフルカーボンフォークを備えた高弾性T700カーボンファイバー製
光沢のあるデカールを使用し、非常に落ち着いたブラックカラーで仕上げられています。

硬いフレームからの動力伝達は、ペースが上がったときに機能します。
エアロロードモデルながら快適性も高く、乗り心地はスムーズ。

新型ZX1フレームデザインは数年の開発期間を経て、カムテール型エアロフレーム、フレームに埋め込まれたフォーククラウン、エアロシートポスト、および抗力を軽減するための内部ケーブル配線を特長としています。
全てのレースおよび気象条件で優れたエアロ性能と安定性が提供。
スプリントでのパフォーマンス出力が大幅に向上し、厳しい上り坂や急な高山の下り坂でのレースで持てる力を最大限に発揮できます。
prod173012_Black-Slate Blue_NE_07fsd (1)
BB BB386EVO
クランクセット Ultegra FC-R8000 52-36T
左右非対称かつ特大のBB386EVO BBは、推進力と全体的な横方向の剛性を最大化。
複数のカーボン素材を使用することで、ペダリング負荷がかかった状態でも、駆動側と非駆動側でバランスの取れた動力伝達を維持しています。

VITUS ZX-1のフロントにはレースに対応する為の、ミッドコンパクトクランク52/36Tを用意。
50/34Tコンパクトよりも高速範囲を備えていますが、ノーマルクランク53/39Tほどの負担はありません。
11‐30Tカセットと組み合わせることで坂道だけでなく、より平坦な路面においての高速巡行やダウンヒルライディングにも十分対応できます。
prod173012_Black-Slate Blue_NE_07fsd (2)
リアディレーラー  Shimano Ultegra RD-R8000 GS
カセット CS-R8000 11-30T

prod173012_Black-Slate Blue_NE_02fsd (2)
サドル Prologo Dimension
シートポスト Vitus ZX1 Carbon Aero

カーボンシートポストとPrologo Kappa Evo PAS サドルとの相乗効果により、長時間のライドでも快適に過ごすことができます.
prod173012_Black-Slate Blue_NE_09fsd (1)
チェーンステイは非常にボリュームのある設計
ペダルから後輪への優れた動力伝達を重視した形状になっています。
prod173012_Black-Slate Blue_NE_10hte (1)
Vitus - ZX-1 CRS エアロ ディスク (Ultegra - 2019)

2019年09月05日 トラックバック(-) コメント(-)

2020年Vitus Energieシクロクロスモデル 全3モデルにSRAM 1xシステム&フルカーボン仕様!


Vitus-Energie-CRX-eTap-AXS-Cyclocross-Bike-Force-2020-Cyclocross-Bikes-Candy-Red-2020.jpg
Vitus-Energie-CRX-eTap-AXS-Cyclocross-Bike-Force-2020-Cyclocross-Bikes-Candy-Red-2020-a15 (2)

2020年モデルVitus Energie CRX シクロクロスバイクが出てきました。
(´・ω・`)……ほう? 競技性を高めてきたか……
Vitus Energieシリーズのフレームには全モデルにフルカーボンフレームを採用。
更に12mmスルーアクスルに油圧ディスクブレーキ仕様です。

注目は「Vitus Energie CRX eTap AXS」
SRAM Force eTap AXSグループセット(ワイヤーレス)を採用したモデルを追加しています。



Vitus Energieにおける3モデル全てに、SRAM 1xシステムを採用
全モデルワンバイ……春からSRAM Force eTap AXSまでもってくるとは。
リアの多段化が進むにつれて、どんどんワンバイが普及しつつありますが。
Vitusとしても積極的にワンバイ仕様のシクロクロスモデルを市場に投入してくる傾向ですね。

ちなみに、Shimano GRXモデルは現時点において確認されていません。


やはりコスパの高い英国Vitusモデルだけあって、フルカーボンシクロクロスモデルといえど、怖い位価格を抑えてきています。
Vitus Energie CRX eTap AXS (2020) 新型SRAM Force eTap AXSグループセット ¥369999
Vitus Energie CRX (2020) SRAM Force1グループセット ¥259999
Vitus Energie CR (2020) SRAM Rival1グループセット ¥209999


流石英国Vitus だ。
怖い位のコスパの高さ……
(´・ω・`)フルカーボン&SRAM Rival1グループセットの MAJOR JAKEだって、28万はしますが。
同じフルカーボン&SRAM Rival1グループセットのVitus Energie CR だと、20万程度で購入可能な訳か。

Vitus-Energie-CRX-eTap-AXS-Cyclocross-Bike-Force-2020-Cyclocross-Bikes-aCandy-Red-2020-8.jpg
2020 Vitus Energie CRX eTap AXS

フレーム High Modulus, T-700 Carbon Frame and UD Carbon Fork
コンポーネント SRAM Force eTap AXSグループセット
ブレーキ SRAM Force eTap AXS D1 HRD, Flat Mount, Stealth-a-majig
ホイールセット PRIME Black Edition 
タイヤ Vee XCX, 700c x 33, Skinwall Synthesis TLR Tubeless Ready



これがコンポーネントに新型SRAM Force eTap AXSグループセットを採用した「Vitus Energie CRX eTap AXS」

フレームに泥や水の浸入を防ぐために、ケーブルはインターナル仕様。
また、フォークもフルカーボン。
フレームとフォーク両方に、12mmスルーアクスルとマッドガードマウントが付属。
Vitus-Energie-CRX-eTap-AXS-Cyclocross-Bike-Force-2020-Cyclocross-Bikes-Candy-Red-2020-a12 (1)
クランク  SRAM Force 1 DUB, 38t chainring
チェーン SRAM, 12-speed with PowerLock
カセット SRAM 10-33T, XG 1270 D1 12-speed Silver



新型SRAM Force eTap AXSグループセットには38Tのチェーンリングと、10-33Tのカセット。
ブレーキに油圧SRAM Force eTap AXS D1 HRD,ディスクブレーキ。

10-33歯のカセットおよびForce HRDディスクブレーキを組み合わせています。
チューブレス対応の38mm Prime BlackEditionカーボンディスクホイールセットも付属。
Vitus-Energie-CRX-eTap-AXS-Cyclocross-Bike-Force-2020-Cyclocross-Bikes-Candy-Red-2020-a13 (1)
(´・ω・`)重量は8kg台。シクロクロス競技における優位性を狙った仕様になっていますが。
レース用シクロクロスバイクには珍しく、フレームには2つのボトルケージマウント、取り外し可能なフロントディレイラーマウント(付属)、リアキャリアーやマッドガードを搭載可能。
英国モデルならではの、実用性も考え抜かれています。
Vitus-Energie-CRX-Cyclocross-Bike-Force-2020-Cyclocross-Bikes-Blue-Chameleon-Black-2020-8a (1)
2020 Vitus Energie CRX
Vitus Energie CRXはミドルグレードに位置します。
SRAM Force1グループセットを中心にドライブトレインを構成。

フレーム High Modulus, T-700 Carbon Frame and UD Carbon Fork
コンポーネント SRAM Force 1, 11-speed Drivetrain
ブレーキ  SRAM Force HRD, SRAM Centrelock Centreline 160MM rounded
タイヤ Vee XCX, 700c x 33, Skinwall Synthesis TLR Tubeless Ready


Vitus-Energie-CRX-Cyclocross-Bike-Force-2020-Cyclocross-Bikes-Blue-Chameleon-Black-2020-14a (1)
クランク SRAM Force 1, XSYNC 40T 30MM Axle
チェーン KMC X11, 11-speed, QUICK LINK
カセット SRAM 11-32T, PG1170 11-speed Silver

フラグシップモデルVitus Energie CRX eTap AXSと同様のカーボンフレームを使用しています。
Vitus Energie CRXの場合 XSYNC 40Tのチェーンリングと、 カセットに11-32Tで構成された11速モデル。

スラムは、リア11速モデルをワンバイ1×でも積極的に取り組んできました。
だからこそ、Vitus Energieシリーズにおいて全モデルワンバイ化がいける訳か。
Vitus-Energie-CRX-Cyclocross-Bike-Force-2020-Cyclocross-Bikes-Blue-Chameleon-Black-2020-14a (2)
リアディレーラー SRAM FORCE1
High-Modulus T700カーボンフレームを中心に構築されたこのEnergie CRXは、スピーディーな競技用CXモデル。
(´・ω・`)全シリーズにおいて、CX競技性を高めるなんて凄いな……
Vitus-Energie-CR-Cyclocross-Bike-Rival-2020-Cyclocross-Bikes-Fire-Chameleon-aBlack-2020-22 (2)
Vitus Energie CR Cyclocross Bike (Rival - 2020)
フルカーボンシクロクロスモデル「Vitus Energie」シリーズにおいて、最もリーズナブルなモデルです。
SRAM Rival1グループセットとSRAM RIVAL1 HRD油圧ディスクブレーキが付属します。

フレーム Energie Carbon T-700 HM UD, internal cable routing, 1X/2X (braze on FD & blanking plate supplied), 142 x 12mm rear end, mud-guard mounts
フォーク  UD carbon, Full carbon tapered steerer, 100 x 12mm, mud-guard mounts
コンポーネント SRAM Rival 1, 11-speed
ブレーキ SRAM Rival HRD, SRAM RT-G2 CS-A1 160mm 6-BOLT Rotor (Front and Rear)
ホイールセット  リム Alex CXD22 / ハブ Novatec
タイヤ Vee XCX, 700c x 33, Skinwall Synthesis TLR Tubeless Ready (Front and Rear)


Vitus-Energie-CR-Cyclocross-Bike-Rival-2020-Cyclocross-Bikes-Fire-Chameleon-aBlack-2020-22 (1)
クランク SRAM Rival 1, XSYNC 40T 30MM Axle
チェーン KMC X11, 11-speed, QUICK LINK
カセット SUNRACE CSRX1 11-36T, 11-speed Silver

Vitus-Energie-CRX-Cyclocross-Bike-Force-2020-Cyclocross-Bikes-Blue-Chameleon-Black-2020-8a (2)
リアディレーラー SRAM Rival 1

皆様ご存知の通り価格を抑えたクロモリやアルミフレームで構成されたシクロクロスモデルは、シクロクロス競技寄りというよりは、一般的な万能系ロード(どちらかというとツーリング寄り)として販売されてきました。


ここ最近アドベンチャーバイクとグラベルロードの登場により、状況は一変。
シクロクロスモデルは本来のシクロロクロス競技性に念頭を置いた仕様が増えている傾向にあります。
シクロクロス競技専門に特化したシクロクロスモデルこそがVitus Energieシリーズなわけですが。
前述した通りVitus Energieの場合、レース用シクロクロスバイクには珍しくリアキャリアーやマッドガードを搭載可能です。

英国においてシクロクロスモデルは、通勤&通学に使用するユーザーが多いせいもあるのでしょうが。
英国でのシクロクロス事情を考慮した、フルカーボンシクロクロスモデルとも言えそうです。
Vitus - Energie CRX eTap AXS (Force-2020)

2019年08月19日 トラックバック(-) コメント(-)

圧倒的低価格! Vitus Razor VR (Sora)  ( ;゚ω゚)……5万円台エントリー系アルミモデルながらSORAスペック!?

prod173023_Black - Red_NE_02
Vitus Razor VR (Sora)
( ;゚ω゚)……なにこの無駄に高いコスパ……
Vitus Razor VRはダブルバテッド系アルミフレームに、カーボンフォーク、Shimano Sora R3000 9 Speedグループセットを採用した英国エントリー系アルミモデル。

高品質のアルミ素材と優れたコンポーネントを売りにしているのですが……問題は価格ですよ。
わずか、¥56699……
( ;゚ω゚)……っつぅか、エントリーモデルなのに「スピード性」を強調している点がユニーク。
prod173023_Black - Red_NE_01
razor=かみそり
名前に「カミソリ」なんて単語を、つける位だから相当スピード性に自信があるんでしょうね?
珍しい路線だな……普通エントリー系アルミモデルって快適性重視路線が多いけど。
vitus_bikes_road_range_infogfdunffndher5w.jpg
人気の英国Vitus には4つのタイプ、
Vitesse(スピードマシーン、レース用)
Venon(スピード性を重視して開発されたロングライドモデル)
Zenium(通勤、トレーニング、オールラウンダー、万能タイプ)
Razor (快適、エントリー系)


Vitus Razorは快適性重視かつエントリー系ロードとしての位置にあります。
特にVitusが重視した点は「正確な操作性」
(´・ω・`)だからこそ、5万円台と価格を抑えつつ Shimano SORAスペックを用意している訳か。
出来るだけ価格を抑えて、ロードの楽しさを実感して欲しいという願いもあるとか。
レーシングモデルVitesse、ロングライドのVenon、万能タイプのZeniumなども、かなり価格を抑えていますので。
目的別に、リーズナブルなモデルが手に入る訳ですね。

特にRazorは一番手に入り易いので、トレーニングや通勤などに使用されている様ですが……特に最新モデルは、謎にスポーツ性能やレーシング性能も高めているそうで。
prod172936_Black-Grey_NE_01few.jpg
フルカーボンディスクモデル「Vitus Zenium Disc 」

万能タイプのロードモデル「Vitus Zenium Disc」と同様に、Vitus Razorは通勤通学に使える様に快適性を重視したアルミモデル。
万能カーボンモデル「Vitus Zenium」の影響をVitus Razorは受けているそうです。
Vitus Razorにはもちろんディスクモデルも存在します。
やはりエントリーモデルといえど、英国ではディスク化が進んでいるのか……

(´・ω・`)Vitus Razorはエントリーモデルではあるけど、レーシング性能も有している点が面白いですね。
フレームはレーシングモデルと、長距離エンデュランスの間に位置するジオメトリを元にしてデザイン。

どんな状況にも挑戦できる、耐久性のあるレーシングバイクでもある。
エントリーアルミモデルながら快適を重視しつつ、想像以上に「速い」。
ホントに変わった、エントリーモデルだな……
prod173023_Black - Red_NE_03
フレーム 6061-T6 Alloy Double Butted
2種類の肉厚を有するダブルバテッドフレームは、主要部分の重量を軽減(パイプの中央部分)しながら強度を向上させています。
その結果、柔軟性と剛性が完璧に融合し、快適で効率的な乗り心地が実現。
prod173023_Black - Red_NE_04
ブレーキ  Tektro R317
フォーク UD Carbon with Alloy Steerer – Tapered

T700 HM-UDカーボンフォーク付き
軽量6061-T6アルミフレームは、一年中通勤と通勤に使用するユーザーを考慮して設計されています。
フロントには路面の悪路から快適性を稼ぐ為にT700 HM-UDカーボンブレードフォークを採用しています。
テーパーヘッドチューブは、軽量で反応の良いステアリングを実現。
prod173023_Black - Red_NE_07
クランク Shimano Sora FC-R3000 50-34T
BB BSA

50/34Tのチェーンリングと11-32Tのスプロケット。
(´・ω・`)105やSORA4アームクランクのブラックカラーに合わせて、フレームカラーもブラックカラーに塗装。
しかし、ここまで仕様が充実していて¥56699か……凄まじいコスパですね……

5万円台でスペックの良い完成車を提供するのは大変な事で、常にコンポーネントなどのパーツで妥協する必要があります。
もちろんVitus Razorも例外ではありませんがドライブトレインにSORAスペックを用意していますし、比較的まともなアルミフレームの様です。
prod173023_Black - Red_NE_06
ホイール Rims: Vitus; Hubs: KT
アクスル QR
タイヤ Vittoria Zaffiro 28c Wire Bead

Tektro R317ブレーキ、Vitus 700cホイールとVittoria Zaffiro 28cタイヤの組み合わせ。
ロングアーチブレーキTektro R317を採用か……
タイヤ幅が28Cと太目なので、それに対応する為なんでしょうね。
一応エントリー系ということで、タイヤサイズは太目に設定してある模様。
prod173023_Black - Red_NE_08
リアディレーラー Shimano Sora RD-R3000
カセット Shimano CS-HG400 9Sp - 11-32T


prod173023_Black - Red_NE_05
サドル Vitus Road
シートポスト Vitus

スタートから、もしくは立ち上がりからのスピードが速いという話ですが。
以前のVitus Razorは泥除けを取り付けたりして、初心者や通勤者を意識したモデルだったそうですが。
近年はコンポーネントにSORAを採用してアップグレードしたりして、スポーツ性を高めてきているんですね。
( ;゚ω゚)……Vitusは近年ディスク化を推進していますが、Vitus Razor VRは数少ない非ディスクモデルでもあります。
こういった低価格でインパクトを与える事には成功しているのでは?
Vitus - Razor VR (2019 - Sora)

2019年07月18日 トラックバック(-) コメント(-)

Vitus Venon Disc CRi (Ultegra Di2) スピード性を重視して開発された英国ロングライドモデル

prod172418_Red_NE_01.jpg
Vitus Venon Disc CRi (Ultegra Di2 - 2019)
Vitus Venonは、本来ディスクブレーキ採用の長距離ロングライドモデルなんですが……
(´・ω・`)Vitus Venonはスピード性も追及している、ちょっとユニークなロングライドモデルでもあります。

見ての通りアルテグラスペックの油圧ディスクブレーキを採用した、ハイエンド系ロングライドモデルなんですが。
なぜスピード性にこだわったかと言えば……
ロングライド中スピードを落とすことなく、一日中快適に過ごせるように作られているからです。
vitus_bikes_road_range_infogfdu.jpg
Vitus Venonはロングライドや短距離に関係なく、スピード性を重視して開発されたロングライドモデルです。
特にロングライド中、平均速度を上げる事に長けています。
カテゴリーから見ると、レース目的、スポーツ、初心者、街乗りなど、広範囲の使用目的に対応出来るディスクモデルだという事が分かりますね。
Vitus-Bikes-Vitesse-Evo-Team-Dura-Ace-2018-Road-Bike-Road-Bikes-dcBlack-Red-2018.jpg
Vitus - Vitesse Evo チームロードバイク (Dura Ace)
参考までに。
Vitusシリーズにおいてレース用に特化したのが、このVitus Vitesse。
プロレース用のVitus最速のモデルです。ですので、レース目的に特化するならこちら。
機能性、軽量性、剛性などを強化。流石に街乗り目的などからは外れたモデルですね。
Vitus 最軽量モデルで、重量7.14kgをマーク。フルDura Ace仕様のハイエンドモデルでも¥318498で購入可能なんですから。
Vitusのコスパの高さは、凄まじいですね……。
Vitus-Energie-CRX-Cyclocross-Bike-Force-1x11-2019-Cyclocross-Bikes-Black-dTurquoise-2019-2.jpg
Vitus Energie CRX カーボンシクロクロスバイク
逆に長距離通勤に使用するなら、カーボンシクロクロスモデルの「Vitus Energie CRX 」も楽しい。
シクロクロスモデルながら、半端ない距離でも速く楽しく走破可能。
先日Vitus Energieカーボンシクロクロスバイクで、1万キロ試乗レポートを読んでみたけど。
Vitusブランドの場合シクロクロス系カーボンフレームといえど、衝撃吸収性能のある軽量カーボンフレームが長距離に向いているそうだ。
(´・ω・`)競技用といえど、ロングライドにもいけるのか……
長距離目的なら、Vitusの場合カーボンシクロクロスバイクという選択肢もあるのね。
ただ荷物の積載は、シートポストに直接キャリアーを取り付けてはいましたけどね。
prod172418_Red_NE_02.jpg
Vitus - Venon Disc CRi (Ultegra Di2 - 2019)

さて、VitusシリーズにおいてVenonはロングライド用という事もあり、耐久性を重視しています。
長距離を走破する走行性能を維持しつつ、快適でコントロールし易いモデルです。

レース用Vitus Vitesseと比べて、直立した姿勢で乗り心地を向上させ疲労を軽減するように設計。
(´・ω・`)しかしVitus Venonのちょっと面白い所は、単なる長距離用ではない点ですね。
軽量で反応の速いT700-HM UDカーボンフレームは、より速く走りたいロングライドモデルを! 
というVitusのテーマを詰め込んでいます。

Venonモデルは最新のフラットマウントディスクブレーキ、Shimano Ultegra RS8020 油圧式を搭載。
Venonモデルは以前から積極的にディスク化を行ってきたディスクモデルであり、どのような状況でも一貫した制御可能なブレーキングを提供。
prod172418_Red_NE_03.jpg
シフター Shimano Ultegra R8050 Di2
フレーム Carbon T700-HM UD
シマノUltegra Di2を油圧ディスクに至るまでフル採用している点と、カーボンホイールを採用した仕様はパーツ面から見てもかなりのハイエンドロングライドモデルと言えます。
Vitusはこれだけの仕様で¥423000と価格を抑え、競争力のある価格設定に打って出ていますね。
prod172418_Red_NE_04.jpg
ブレーキ Shimano Ultegra RS8020 Hydraulic Flat Mount 160mm Rotors
フォーク  UD Full Carbon Tapered
アクスル Vitus Switch Bolt-Thru 12mm
高弾性カーボンフレームとフォークは、Shimano 油圧式ディスクブレーキと12mmスルーアクスルを併用することで、機能性を赤めている。
天気やロードのコンディションに関係なく、スピード性に溢れた効率的なロングライドを楽しめる。
(´・ω・`)快適性重視のロングライドモデルではありますが、フレームの反応性を高めています。
特に登りに強い一面も。
prod172418_Red_NE_06.jpg
フロントディレーラー Shimano Ultegra FD-R8050
クランクセット Ultegra FC-R8000 52-36T
BB BB86 Press-Fit
フロント52/36Tとリア11-30Tカセットは、あらゆる地形に対応するための優れたギア比を有しています。
スプロケットは非常に登りに強いワイドな設定に。
prod172418_Red_NE_07.jpg
リアディレーラー Shimano Ultegra RD-R8050 GS
カセット CS-R8000 11-30T

ホイール Prime RR-38 Disc Full Carbon Clincher Tubeless Ready
タイヤ Continental Ultrasport II 28c Folding

ディスク特有のカーボンリムを備えたカーボンホイールは、ロングライドにおけるほとんどのコンディションに対応可能。

Shimano Ultegra Di 2 11速をドライブトレインにフル採用した、この8.26kg軽量カーボンロードバイクは耐久性についても最高クラス。

VenonにはContinental Ultrasport II 28Cタイヤが装着されていますが、最大30Cサイズまでのクリアランスを確保。
路面状態が荒くても、快適性を確保しより長距離での走りを楽しむ事が出来ます。
prod172418_Red_NE_08.jpg
やはりこの価格帯で、電動シフトが行えるDI2システムを有している点はアドバンテージ。
他ブランドのロングライドモデルよりも、スポーティーな仕上がりになっています。
Vitusカーボンディスクモデル中、オールラウンド性が強いモデルとも言えますね。
Vitus - Venon Disc CRi (Ultegra Di2 - 2019)

2019年07月03日 トラックバック(-) コメント(-)

Vitus Energie CRX (Force 1x11) 低コストな競技用フルカーボンシクロクロスモデル

Vitus-Energie-CRX-Cyclocross-Bike-Force-1x11-2019-Cyclocross-Bikes-Black-Turquoise-2019-2.jpg
Vitus Energie CRX Cyclocross Bike (Force 1x11)

シクロクロスモデルVitus Energie CRXは、競技志向のカーボンCXモデルです。
新型カーボンシクロクロスモデルEnergie CRXは、完成車の状態で即レースに対応出来る為のモデ。
(´・ω・`)英国のVitusモデルらしく競技志向ながら、低価格で手に入るのを念頭に置いています。

低コストながら軽量で硬いT700 High Modulusカーボンを採用
ユーザに提供する際、手頃な価格で即CXレースに対応する為にEnergie CRXは設計。
その核となるのは、低コストで高価値の構築を備えた、軽量で硬いハイモッドT700 UDカーボンフレームセットです。
アルミフレームとフルカーボンフォークは、主にシクロクロスモデル主流になっていますが。
シクロクロスレーシングを念頭に置いて製造された、フルカーボンモデルという事になります。


更にシクロクロス競技におけるコントロール性能を追求し、SRAMForce 1xドライブトレイン&油圧ディスク仕様。
Energie CRXは、VitusのハイエンドCXモデルとして特別に設計されています。
CX競技における競技性性能を満たす為に、フレーム剛性とタイヤクリアランスを重視。
Vitus-Energie-CRX-Cyclocross-Bike-Force-1x11-2019-Cyclocross-Bikes-Black-Turquoise-2019-4.jpg
フォーク High Modulas Tapered Carbon Fork with 12mm thru axle
ブレーキ SRAM Force CX1 with hydraulic brake
ハイモジュラスT700 HM-UDフルカーボンフォークは、強度を強化されたフォークブレードを備えています。
シクロクロス競技中における厳しいコンディションに対応する能力を備え、正確なステアリングを保証。

Vitus Energie CRXはフロントとリアに12mmのスルーアクスルを採用して、ホイールをしっかりと固定。
(最新のフラットマウント規格)
Vitusはこの競技用シクロクロスモデルの為に、十分な制動力を有する160mmローターを採用。

森の中や荒れた砂利道、木の根っ子や窪みをVitus Energieは飛び越えて進む能力があります。
軽量性を重視した理由は、シクロクロス競技中におけるゼロ加速性を重視している為。
また登板時において、軽量性を生かす事が出来るでしょう。
Vitus-Energie-CRX-Cyclocross-Bike-Force-1x11-2019-Cyclocross-Bikes-Black-Turquoise-2019-3.jpg
フレーム  T700 High Modulus CX carbon frame 142 x12mm
Energie CRXフレームセットは、軽量ながら優れた強度を発揮するHigh-Modulus T700 HM-UDカーボンを採用。
非常に硬いフレームなので、激しいシクロクロスレースに適した強度を獲得している。
Vitusの最上級のシクロクロスフレームであり、低品質のカーボングレードを使用している場合よりもはるかに硬いが、軽量に仕上がっているのが長所。
適度に軽量なフレームのおかげで、急な登りを簡単に駆け上がる事も出来る。
(フレーム自体はシクロクロス競技用なので硬いフレームですが、大容量タイヤによって快適性を稼いでいる)
Vitus-Energie-CRX-Cyclocross-Bike-Force-1x11-2019-Cyclocross-Bikes-Black-Turquoise-2019-6.jpg
悪路における確実なハンドリングのために、スーパーショートステムを採用

Vitusはカーボン素材だけでなく、フレーム形状においても剛性を重視している傾向。
インターナル仕様なので、泥や水の侵入を防ぐ様に設計。


シクロクロスモデルながら多少の快適さを維持する為に、トップチューブやシートステーは細くなっている。
細いトップチューブと太いダウンチューブのサイズは、かなり対照的になっているシクロクロス専用フレームです。
またVitus Energie VR Cyclocrossはレース中におけるバイク本体を担ぐことを念頭に置いて設計されているので、バイクが背中にあるときに鋭角が食い込むのを防ぐために、トップチューブ下部は丸みのある形状になっています。
Vitus-Energie-CRX-Cyclocross-Bike-Force-1x11-2019-Cyclocross-Bikes-Black-Turquoise-2019-5.jpg
クランクセット SRAM Force XSync 40t, 50cm = 170mm, 52/54cm = 172.5mm, 56/58cm = 175mm
Vitus Energie CRXはカセットにワイドなSRAM PG1170, 11-32tと、40tチェーンリングを組み合わせています。

SRAM Force 1 Hydroグループセットを中心としたレース対応の1×11を装備。
油圧ディスクブレーキ仕様になっています。
フロントシングル仕様ですが、後日フロントダブル化も可能。

SRAM Force 1 Hydroグループセットワンバイ仕様は、「シンプルで軽量なものを」という、経験あるVitusシクロクロスチームの声によるものだ。
Vitus-Energie-CRX-Cyclocross-Bike-Force-1x11-2019-Cyclocross-Bikes-Black-Turquoise-2019-7.jpg
リアディレーラー SRAM Force CX1
カセット SRAM PG1170, 11-32t
SRAM Force1x11ドライブトレイン
タイヤ WTB Cross Boss 700 x 35c tanwall

WTB Cross Bossは、滑らかなタイヤなので通勤用に使用しても便利。
オフロードでは走破性を生かしてかなり攻撃的ですが、平坦な路面においては落ち着いた走りをするので、冬の間は通勤や湿った路面を走るのに適している。

(´・ω・`)とはいえ、Vitus Energieが本当に輝くのやはり悪路やオフロードのコース。
特に悪路において速く走れる様に設計されている点が、やはり競技用ならでは。
ま、確かに競技用シクロクロスで舗装路を走ると力を持て余す感がありますしね。

また単純化したワンバイイレブン(1×11)変速仕様なので、泥だらけや障害物の多い路面でもラインを選ぶ事に集中できるのが利点です。
Vitus - Energie CRX シクロクロスバイク (Force 1×11 - 2019)

2019年06月19日 トラックバック(-) コメント(-)