Vitus スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > Vitus

激安SRAM Rival eTap搭載モデル 英国2021Vitus Vitesse EVO CR eTap (Rival eTap)  


Vitus_Vitesse-EVO-CR-eTap-Road-Bike-Rival-eTap-2021_01.jpg
2021Vitus Vitesse EVO CR eTap (Rival eTap)¥299999

( ;゚ω゚)SRAM Rival eTap ワイヤレスグループセット完成車ロードモデルにおいて、これが最安と噂されるVitus Vitesse EVO CR eTap (Rival eTap)ですね。
本当にギリギリの意味での20万円台か……
先日紹介したVitus Substance CRS-2 Gravel Bikeも、同額の¥299999ですけど。



試しに他のSRAM Rival eTap完成車の価格帯をチェックしてみると……
2022 BMC Timemachine 01 ROAD THREE 946,000円 (税込)
CANNONDALE SUPERSIX EVO CARBON DISC RIVAL eTap AXS  528,000円 (税込)
CANNONDALE CAAD13 DISC RIVAL eTap AXS 販売価格 401,500円 (税込)
2022 Specialized TARMAC SL7 COMP  SRAM RIVAL ETAP AXS ¥517,000(税込)



アルミモデルだとしても、最低40万は用意しないと厳しいですね。
2021Vitus Vitesse EVO CR eTap (Rival eTap)の販売価格は、なんと30万アンダーの¥299999。
SRAM Rival eTap搭載完成車においては、カーボンやアルミモデル問わず最安という事になりますねえ。
Vitus_ZX-1-EVO-CR-eTap-Road-Bike-Rival-eTap-2021_01@i0.jpg
2021 Vitus ZX-1 EVO CR eTap (Rival eTap)¥399999
2021モデルからモデルチェンジした、最新Vitus エアロロードモデルVitus ZX-1 EVO CR eTap (Rival eTap)なら¥399999で、エアロフレームとSRAM Rival eTapが手に入ります。
いずれにしても信じられない位の格安でエアロロード、軽量ロード、グラベルロードSRAM Rival eTap完成車が手に入りますね。
Vitus_Vitesse-EVO-CR-eTap-Road-Bike-Rival-eTap-2021_13.jpg

ワイヤレス電子シフティングを備えたSRAMの最新のライバルeTapAXSHRDを搭載。この12スピードグループセットは、最新のギア比、高度なチェーン管理、アプリを介した簡単な個人設定が可能。
最新のSRAM Rival eTapを搭載した、コストパフォーマンスの高いパッケージになっている。
Vitus_Vitesse-EVO-CR-eTap-Road-Bike-Rival-eTap-2021_02.jpg
Vitus シリーズのなかでも最も軽量なVitesse EVO フレームセットをベースに設計。軽量化を図る事で、ヒルクライムをより速くアシストします。
同時に剛性を高めスプリントの効率性と加速性の向上を図った、軽量SRAM Rival eTap完成車モデルになります。

ワンピースモノコックフレーム
超軽量UDカーボンのワンピースとして製造された、真のワンピースモノコックフレーム。
接合部がないため、強度が高く軽量です。
Vitesse-concept.jpg
Race-Fitジオメトリ
Race-Fitジオメトリは、Vitusのパフォーマンス重視のレースバイク用に採用。目的は快適さを維持しながら、ライダーを可能な限り最も有利な姿勢に置き、出力とエアロポジショニングを最大化することです。
dsc08832cda.jpg
Vitus Pro Cycling P/B Brother UK のレーシングバイクは、 Vitus Vitesse Evo ディスクフレームをベースとし、超軽量の車体に誰もが手に入れたくなるような最新鋭のコンポーネントを塔載する事が特徴になっています。
キャンディーレッドが鮮やかですね。
旧2020年モデルの場合、 Vitesse Evo Discフレームをベースにに最上位クラスの SRAM Red eTap AXS 12 速グループセットを塔載。コンポーネント、ホイール、バー、ステムおよびシートポストは Primeを採用。
Vitus_Vitesse-EVO-CR-eTap-Road-Bike-Rival-eTap-2021_03.jpg
ホイールセット Prime Attaquer アルミニウムクリンチャーディスク、700c、チューブレスレディ、30mm リム、DT Swiss スポーク、142 x 12mm リア、センターロック、XD-R フリーハブ
フロントタイヤ Schwalbe ONE Performance 700c x 25、チューブレスレディ TLE、Race Guard

Prime AttaquerアルミニウムチューブレスレディホイールとSchwalbePro ONE Performance TLEタイヤを装着。
シーラント剤を用意すればチューブレス化も可能。
(Vitus Vitesse EVOはSchwalbeタイヤを毎年継続して使用。レース時などのタイムトライアルセクションではSCHWALBE PRO ONE TTを使用します)

Vitus Vitesse EVOシリーズは実際にレースでの使用を想定した塗装になっています。
塗装は、非常に美しい色に仕上がる様に毎年こだわっていますが。
2021年モデルはMidnight Blue/Goldカラーを採用。
大勢の中にいても、乗り手が引き立つ色になっています。
(´・ω・`)やはりレーシングモデルということで、少し攻撃的なデザインですね。
Vitus_Vitesse-EVO-CR-eTap-Road-Bike-Rival-eTap-2021_07.jpg
ハンドルバー  Prime Doyenne アルミニウム 6061 アルミニウム、78mm リーチ、125mm ドロップ、XS: 380mm S: 400mm M: 420mm L: 420mm XL: 440mm XXL: 440mm
ステム Prime Doyenne 軽量アルミニウム、バー径 31.8mm、+/- 5 度、XS: 90mm S: 100mm M: 110mm L: 110mm XL: 120mm

左シフター  SRAM RIVAL eTap AXS
右シフター SRAM RIVAL eTap AXS 12 スピード


先進的なSRAM Rival eTapグループセットに加え、このバイクには Primeによるアルミ製軽量パーツが搭載されています。
Vitus_Vitesse-EVO-CR-eTap-Road-Bike-Rival-eTap-2021_10.jpg
バイク重量:7.7 kg の高性能軽量レースバイク
新型VitusVitesse EVOは、軽量レーシングモデルを一から考え直し設計されています。
①洗練された長いトップチューブ、低いフロントエンド、短いチェーンステーなどのフィットジオメトリにより、レースの要求に関係なく、フィット感とコントロールの完璧なバランスが得られます。

洗練されたカーボンレイアップにより、Vitusのこれまでで最も軽量で剛性の高いロードフレームセットが実現。
前2020年モデルよりも10%軽量で、34%剛性が高くなっています。
タイヤクリアランスも30Cまで拡大され、ドロップシートステーなど現代の流行に沿ったデザインになっています。
本格的な軽量レーシングモデルながら、ハードな使用環境にも対応出来る点が現在の流行にそっていますね。
Vitus_Vitesse-EVO-CR-eTap-Road-Bike-Rival-eTap-2021_09.jpg
フロントブレーキセット SRAM RIVAL eTap AXS D1 ディスク油圧ディスク、フラットマウント
ブレーキローター SRAM Paceline フロント: 160mm、リア: 140mm
Vitus_Vitesse-EVO-CR-eTap-Road-Bike-Rival-eTap-2021_13.jpg
クランクセット SRAM RIVAL D1 DUB 48/35T、XS: 165mm S: 170mm M: 172.5mm L: 172.5mm XL: 175mm XXL: 175mm
ボトムブラケット SRAM DUB 386 DUB (BB386EVO 用)
フロントディレイラー SRAM RIVAL eTap AXS
リアディレイラー SRAM RIVAL eTap AXS 12 スピード、ショートケージ
カセット SRAM XG 1270 D1 10-33T

Vitus_Vitesse-EVO-CR-eTap-Road-Bike-Rival-eTap-2021_12.jpg
改善されたタイヤクリアランス
新型VitesseEVOフレームは、すべてのフレームサイズで30cのタイヤクリアランスを確保。
リムとタイヤの組み合わせによっては、最大32cのクリアランスになります。
Vitus_Vitesse-EVO-CR-eTap-Road-Bike-Rival-eTap-2021_11.jpg
サドル VITUS Race Performance 窒化クロムコーティング済みレール
シートポスト VITUS カーボン 27.2mm、15mm オフセット、XS/S: 300mm M/L: 350mm XL/XXL: 400mm
シートねじ Vitesse EVO 一体型内部ウェッジシステム

Vitus_Vitesse-EVO-CR-eTap-Road-Bike-Rival-eTap-2021_14.jpg
Vitus - Substance CRS-2 eTap (Rival eTap 2021)

2021年06月18日 トラックバック(-) コメント(-)

2021 Vitus Substance V-2 (Sora) ¥109999でも世界一周にも使える本格アルミグラベルロード


Vitus-Substance-V-2-Adventure-Road-Bike-Sora-2021_02.jpg
2021 Vitus Substance V-2 (Sora) ¥109999
英国Vitus Bikes には、手頃な価格のカーボンとスチールで作られたグラベルロードがありますが。
狙い目は案外初心者用エントリー系アルミグラベルかも。
Vitus Substance V-2 (Sora) はアドベンチャーライドに最適だし、世界一周の冒険や快適な通勤の為に製作された本格グラベルロードです。

( ;゚ω゚)この初心者用エントリー向けアルミグラベルロード Substance V-2のコスパの高さは毎年圧倒的過ぎる。
¥109999で、ドライブトレインはSORAスペックでしょ?
デュアルピストン機械式ディスクブレーキ「Tektro C610 Spyre」も付いてくるし。
更に10万円台で、前後12mmスルーアクスルときたものだ。
フォークも通常この価格帯なら、普通にアルミフォークですが。この機種ならフルカーボンフォーク仕様!!
Vitus-Substance-V-2-Adventure-Road-Bike-Sora-2021_03t7ivds.jpg
フォーク Substance UD カーボン、12x100mm アクスル
フロントリム WTB ST i23 TCS 2.0、650b、32H、チューブレスレディ
タイヤ WTB Byway TCS Road Plus, 650b x 47, Tubeless Ready, Dual DNA Compound, UST Aramid Bead

フレーム素材には、ロードに広く使用されている6061アルミを使用。
Vitus Substance V-2の長所は、エントリーモデルながらフルカーボン仕様のカーボンフォークが組み込まれていることです。
より剛性の高いスチールやアルミニウムで作られたフォークよりも、悪路からの振動を吸収する効果を狙っています。

つまりフルカーボンフォークを採用しつつも、10万円台という実に経済的なグラベルモデルです。
またカーボンフォークを採用した事によりエントリーモデルながら最新のビジュアルと、未舗装路でのパフォーマンスが向上させる事に成功しました。
Vitus-Substance-V-2-Adventure-Road-Bike-Sora-2021_02uhoi.jpg
シフター Shimano Sora ST-R3000
また10万円台のエントリー系グラベルながら、このモデルは流行の650Bと700C両サイズのホイールを装着可能という事です。
つまり初心者用でありながらホイールサイズを変更出来る訳で、あらゆるタイプの地形に対応できる走破性を獲得。
Vitus Substance V2には650B WTB ST i23TCSリムが取り付けられています。
汎用性が際立ったリムで、グラベルバイクとツーリングバイクの両方に適しています。

WTB Bywayタイヤは滑らかな乗り心地が特徴。センタースリックパートは舗装路での走行に対応しており、安定的な軽やかさをもたらします。
横に配置されたノブはオフロードでの走りに対応。コーナリング時においてグリップ性性能を発揮。
WTB Bywayはグラベル用ロードプラスタイヤとはいえ、舗装道路で速度が落ちにくい点が特徴。SORA仕様に対応する為に採用されたと推測されます。
もちろんアスファルトだけではなく、林道などでも機敏に回転しますね。
Vitus-Substance-V-2-Adventure-Road-Bike-Sora-2021_03ho.jpg
フレーム Substance Aluminium, 6061-T6 Double Butted Aluminium, Internal Cable Routing, 1X Dropper Post Compatable, Mudguard Mounts, Rack Mounts, 12mm x 142mm axle, Flat Mount
注意すべきもう 1つのことは、Vitus Substance V2はケーブルインターナルを特徴としているということです。
(´・ω・`)最近エントリークラスの、新型アルミグラベルフレームに良く見られる傾向になってきましたが。

FSA ACRシステムの様な完全内装ではないですが、よりクリーン外観が楽しめますし。
しかしながら外付けの方が、ディスクブレーキやトランスミッションなどのケーブルに関連するトラブルに対処し易いという場合もありますが。
Vitus-Substance-V-2-Adventure-Road-Bike-Sora-2021_01.jpg
ジオメトリーに関しては滑らかなスローピング形状であり、ロードバイクのクラシックなデザインに近いグラベルロードです。
リアラックまたはフェンダーを取り付けるための機構が用意されています。
Vitus-Substance-V-2-Adventure-Road-Bike-Sora-2021_10.jpg
チューブの溶接部は研磨されています。
溶接跡も目立たず、ビジュアル性も重視。
Vitus-Substance-V-2-Adventure-Road-Bike-Sora-2021_06.jpg
ハンドルバー Vitus 6061 Aluminium Wing, 77mm Reach, 128mm Drop, 3 Degree Flare, XS: 400mm S: 400mm M: 420mm L: 420mm XL: 440mm XXL: 440mm
ステム  Vitus 6061 Aluminium

ハンドルバーにはフラットな箇所があり、オンロードでもオフロードでも快適です。SubstanceV2は 3 度のバーフレアを備えています。
基本的に英国Vitusは他のエントリーモデルと同様に、ハンドルバー、サドル、ステム、シートポストなどのパーツ類は、通常自社調達したパーツを使用しています。
Vitus-Substance-V-2-Adventure-Road-Bike-Sora-2021_07.jpg
Vitus-Substance-V-2-Adventure-Road-Bike-Sora-2021_08.jpg
Vitus-Substance-V-2-Adventure-Road-Bike-Sora-2021_09.jpg
ブレーキ Tektro C610 Spyre ケーブル式ディスクブレーキ
フロントハブ Alex Bear Pawls BRD-50312F、32H、12 x 100mm スルーアクスル、センターロック
ブレーキは両押しデュアルピストン仕様のTektro C610 Spyre。
(ワイヤー引きのSTIレバー Shimano Sora ST-R3000でも、ディスクロードとして使用する為にTektro C610 Spyreを採用)
Vitus-Substance-V-2-Adventure-Road-Bike-Sora-2021_15.jpg
ドライブトレイン Shimano Sora R3000 2x9 スピード
フロントディレイラー Shimano Sora FD-R3000、バンドタイプ
リアディレイラー Shimano Sora RD-R3000

クランクセット FSA Omega Solid Forged 46/30T, XS: 165mm S: 170mm M: 172.5mm L: 172.5mm XL: 175mm XXL: 175mm
カセット Sunrace M96, 11-34T
Vitus Substance V-2 はShimano Sora 9 速グループセットを搭載。
このドライブトレインは、ロード向けのコンポーネント仕様ですが。高速性を追求したアドベンチャーロードという形になっています。

ですのでコンポーネントも高速性を追求する為に、ロード系コンポーネントShimano Sora仕様を2020年モデルより採用。
(リアは11-34Tカセット、フロントは46-30Tサブコンパクト チェーンリング仕様で、長い登り坂も問題なく登れます)

あらゆるタイプの路面状態でも汎用性を提供し、アスファルトでもうまく速度を乗ることができます。
(´・ω・`)個人的には10万円台で、SORAコンポを用意してきた事に驚かされますが。
大抵この価格帯だと、SORAとのミックスなんですよね。
Vitus-Substance-V-2-Adventure-Road-Bike-Sora-2021_17.jpg
オフロードで使用される通常のグラベルモデルのように、ダウンチューブ下にボトル ​​ケージを取り付けるためのダボ穴を配置。
Vitus-Substance-V-2-Adventure-Road-Bike-Sora-2021_12.jpg
シートポスト Vitus 6061 Aluminium, 27.2mm x 350mm, 12mm Offset
サドル  Vitus, Steel Rail

10万円台のリーズナブルなグラベルバイクを選択する際、Vitus Substance V2は非常に興味深いモデルですね。
ミドルグレードに匹敵するギミックを兼ね備えていますので、本格的なオフロードにも挑めますし。
お金をかけずにグラベルを始める為のアルミグラベルですが、中身はちょっと贅沢な仕様になっています。
Vitus - Substance V-2 (Sora - 2021)

2021年05月29日 トラックバック(-) コメント(-)

2021 Vitus ZX-1 EVO CRX eTap AXS Road Bike (Red)  全モデルエアロフルカーボンホイール付属! モデルチェンジに当たりFSA内装ステアリングACRシステムを採用


Vitus_ZX-1-EVO-CRX-eTap-AXS-Road-Bike-Red-2021_01.jpg
2021 Vitus ZX-1 EVO CRX eTap AXS Road Bike (Red)

ん? 新型Vitus ZX-1 EVOだと??? 
1991年代当時フランスVitus時代から続く、伝統的なエアロカーボンモデルVitus ZX-1。
現在はWiggleCRCグループの傘下に入り、英国Vitusですが。
伝統のVitusオリジナルのエアロレースバイクVitus ZX-1が、大規模にモデルチェンジを敢行。
エアロハンドルやレイノルズカーボンエアロホイール、FSA内装ステアリングACRシステムを一気呵成に採用してきた様です。
(´・ω・`)とりあえず旧Vitus ZX-1を見て見ましょう。





20190903161001d92few.jpg
2019 Vitus ZX-1 CRS
これがモデルチェンジ前の旧Vitus ZX-1なんだけど。
UCI Continental Proサイクリングチーム「Vitus Pro Cycling p/b Brothers UK」にて使用(UCI承認済み)。
プロ用の本格的なエアロフレームで、横風対策(バフェッティング)に強い。
リムはモダンな丸みを帯びた形状で、さまざまな角度から風を受けても良好な安定性を保証。
バフェッティング……飛行機の周囲の気流が,機体表面からはがれて渦をつくり,それが機体をたたいて振動させる現象。
注目はやはりリーズナブルさでShimano Ultegraグループセット&油圧ディスクを採用し、日本円にして¥250999と圧倒的なリーズナブルさを誇りました。
ただエアロ性能に関して、旧モデルはエアロフレーム部に力を入れていた傾向にありました。



Vitus-Vitesse-EVO-CRX-eTap-AXS-Road-Bike-Red-2021_02vf.jpg
2021Vitus Vitesse EVO CRX eTap AXS (Red)
今回の新型2021 Vitus ZX-1 EVOは、この軽量レーシングモデルVitus Vitesse EVOをベースに設計。
流行のドロップシートステイを取り入れた、最新のトレンドを取り入れてきた訳ですね。
更にエアロ化と超軽量性を同時に獲得した贅沢な、エアロロードになっています。



Vitus_ZX-1-EVO-CR-Road-Bike-105-2021_01das.jpg
2021 Vitus ZX-1 EVO CR Road Bike (105)¥349999
結果ZX-1 EVOは、旧モデルよりも軽く剛性を強化。エアロ性能もより高くなりました。
(´・ω・`)とはいえ、最も注目すべきはやはりリーズナブルさですね。
例えばこのエントリーモデルVitus ZX-1 EVO Vitus ZX-1 EVO CR Road Bike (105)は、Shimano105グループセットに、Reynoldsエアロカーボンホイールが付属して、¥349999という驚異的な価格設定に売って出ています。

2021年新型Vitus ZX-1 EVOにはカーボンレイノルズホイールがどのスペックにも、標準装備するという大胆なモデルチェンジというか、販売戦略なんですね。


Vitus_ZX-1-EVO-CRX-eTap-AXS-Road-Bike-Red-2021_02.jpg
Vitusは当初モデルチェンジにあたり、エアロ性能をさらに改善するためにバイクを改良することを検討。
(軽量レーシングモデルであるVitesse EVOのフレーム形状も導入)

更にハンドルやステム部には、例のFSA内装ステアリングACRシステムを導入。
VitusはFSA ACRシステムを使用して、全てのケーブルと油圧ホースを完全収納しています。
(´・ω・`)ああ、遂にVitusのエアロロードにまで、ACRが導入されたのか。
Vitus_ZX-1-EVO-CRX-eTap-AXS-Road-Bike-Red-2021_13.jpg
ヘッドセット Headset: FSA/Vitus ACR Sealed Bearings, 1.5"" 36x45 degrees (FSA No.55ACR), Vitus/FSA Headset Cover
フレーム ZX-1 EVO Carbon SL UD Carbon, UCI Approved, Internal Cable Routing, 12mm x 142mm axle, Flat Mount

新型2021 Vitus ZX-1 EVOの特徴
①旧 Vitus ZX-1よりも軽量で剛性が高く、エアロ性能も向上。
②全Vitus ZX-1 EVOモデルは、FSAと提携してFSA内装ステアリングACRシステムを導入。
③全モデルにカーボンエアロバーが標準装備。
④ジオメトリはVitesseEVOをベースにしています。


印象的なVisionMetron 5DACRカーボンコックピットを通る完全な内部ケーブルルーティング。
VisionMetron 5DACRカーボンコックピットによる、内部ケーブルルーティング。
VISIONは、イタリアFSAがプロデュース エアロダイナミクスに注力したブランド。
Vitus_ZX-1-EVO-CRX-eTap-AXS-Road-Bike-Red-2021_06.jpg
ハンドルバー Vision Metron 5D ACR Integrated UD Carbon, 75mm Reach, 125mm Drop, XS:400mm S:400mm M:420mm L:420mm XL:420mm XXL:420mm, Inc Computer Mount
ステム Vision Metron 5D ACR Integrated Bar Bore 31.8mm, - 6 degrees, XS:100mm S:100mm M:110mm L:110mm XL:120mm XXL:120mm
今回の新型ZX-1 EVOの場合、エアロ性能を強化する為のVitusのアプローチは結構シンプルですね。
エアロ性能を強化したのはエアロフレームだけではなく、ホイールを含めたバ​​イク全体に及んでいます。
(´・ω・`)フレームだけではなく、ハンドル、ステム、ホイールに至るまで全てのパーツが大胆なエアロ形状になっていますよ。
つまり、Shimano105のベースモデルからフラッグシップのSRAM Red AXSまで、どのモデルを選択してもレイノルズエアロカーボンホイール、FSA内装ステアリングACRシステム、カーボンエアロバーが装備されているのですよ。
Vitus_ZX-1-EVO-CRX-eTap-AXS-Road-Bike-Red-hol2021_02.jpg
フォーク ZX-1 EVO Carbon SL UD Carbon, UCI Approved, Tapered Steerer, 100 x 12mm, Flat Mount, Size Specific
ブレーキ SRAM RED eTap AXS D1 Disc Hydraulic Disc, Flat Mount
ローター SRAM Paceline Front:160mm, Rear:140mm
ホイールセット Reynolds AR 58/62 DB Carbon Carbon Clincher Disc, 700c, Tubeless Ready, 24 Hole, 100 x 12mm Front, 142 x 12mm Rear, Centre Lock, XD-R Freehub
タイヤ  Schwalbe ONE Performance 700c x 25, Tubeless Ready TLE, Race Guard

更にこのZX-1 EVO CRX eTapは、フルカーボンエアロフレームセット、SRAM RED eTap AXSワイヤレスグループセット、油圧ディスクブレーキを備えています。
この組み合わせにより、レース時や最も急な坂を登る場合でも全天候型の優れたブレーキ力を確保しながら、高速&推進性と並外れた効率性を実現。


チューブレスレディ レイノルズAR58 / 62DBカーボンエアロホイールセット
CRX eTap AXSは、ReynoldsフルエアロAR58 / 62 DBカーボンホイールを採用し、ワイドカーボンリム、Sapimスポーク、およびReynoldsの生涯保証が付いています。
ホイールはチューブレス対応で、Schwalbe Pro ONE PerformanceTLEタイヤが装着されています。
Vitus_ZX-1-EVO-CRX-eTap-AXS-Road-Bike-Red-2021_07.jpg
Vitus_ZX-1-EVO-CRX-eTap-AXS-Road-Bike-Red-2021_08.jpg
L/shifter: SRAM RED eTap AXS
R/shifter: SRAM RED eTap AXS 12 Speed

Vitus_ZX-1-EVO-CRX-eTap-AXS-Road-Bike-Red-2021_14.jpg
空力的に最適化されたレースフィットジオメトリフレームセット
ZX-1は20周年を迎え、「EVO」の扱いを受けています。
旧ZX-1よりも18%少ないエアロ性能を提供するフレームセットが実現。
より長いトップチューブ、より低いフロントエンド、より短いチェーンステイを含むすべての新しくて非常に洗練されたレースフィットジオメトリは、フィット感とコントロールの完璧なバランスを提供。
Vitus_ZX-1-EVO-CRX-eTap-AXS-Road-Bike-Red-2021_11.jpg
BB SRAM DUB 386 DUB For BB386EVO
クランクセット SRAM RED D1 DUB 48/35T, XS:165mm S:170mm M:172.5mm L:172.5mm XL:175mm XXL: 175mm
フロントディレーラー SRAM RED eTap AXS
リアディレーラー SRAM RED eTap AXS 12 Speed, Short Cage,
カセット SRAM XG 1270 D1 10-33T

SRAM RED eTapHRDワイヤレス電子グループセット
ワイヤレス電子シフトを備えたSRAM REDeTap AXSHRDを搭載。この12スピードグループセットは、最新のギア比、高度なチェーン管理、アプリを介した簡単なパーソナライズを提供。
Vitus_ZX-1-EVO-CRX-eTap-AXS-Road-Bike-Red-2021_15.jpg
Vitusは386EVOプレスフィットボトムブラケットを採用
非対称で特大のBB386EVOBBを採用し、横方向の剛性を全体的に強化しています。
旧ZX-1と比較して全体的に9.9%高い剛性を獲得。
Vitus_ZX-1-EVO-CRX-eTap-AXS-Road-Bike-Red-2021_10.jpg
サドル  VITUS Race Performance CRN-Ti Rail, Pressure Relief Channel
シートポスト  ZX-1 EVO Aero +20mm/-2mm Offset, XS/S: 300mm M/L: 350mm XL/XXL: 400mm
Seat Screw: ZX-1 EVO Integrated Internal Wedge System

重量  Medium: 7.9kg
Vitusは新型ZX-1 EVOに対して、英国のシルバーストンサーキットレーストラックのラボで風洞実験を行ったそうです。
実際速いだけではなく平坦な路面においてはまるで、エアロバーのないタイムトライアルバイクの様な高速性を発揮するとか。
Vitus ZX-1 EVO CRX eTap AXS Road Bike (Red - 2021)

2021年05月21日 トラックバック(-) コメント(-)

2021 Vitus Substance CRS-2 eTap Gravel Bike (Rival eTap)   最新SRAM Rival eTap AXS HRD 12スピードグループセット仕様


Vitus_Substance-CRS-2-eTap-Adventure-Road-Bike-Rival-eTap-2021_02.jpg
2021 Vitus Substance CRS-2 eTap Gravel Bike (Rival eTap) ¥299999
英国VitusのフルカーボングラベルシリーズVitus Substance CRS-2。
20万円台そこそこで、購入可能な圧倒的なコスパを誇るフルカーボングラベルです。

フルカーボン&ロードプラス仕様で、20万円台で購入可能なVitus Substance CRS-2シリーズ
フルカーボンVitus Substance CRS-2シリーズは様々な、コンポーネントを用意しています。
例えばSRAM Force 1x11 グループセット仕様や、Shimano GRX 600 2×11 グループセット仕様、Shimano GRX 400グループセット2×11仕様など、様々なVitus Substance CRS-2シリーズが存在します。

( ;゚ω゚)そして今回遂に、最新SRAM Rival eTap AXS HRD 12スピードグループセット仕様の、Vitus Substance CRS-2が登場ですよ。
遂にグラベルも2×12の時代か……しかも無線式電動ワイヤレス。
バイク重量も9.4 kg (medium frame)まで抑え、なおかつ価格設定も¥299999と20万円台を維持しています。
Vitus_Substance-CRS-2-eTap-Adventure-Road-Bike-Rival-eTap-2021_12.jpg
フロントディレーラー  SRAM RIVAL eTap AXS
リアディレーラー SRAM RIVAL eTap AXS 12 Speed, 36T Max

グループセット SRAM RIVAL eTap AXS 12 Speed
クランクセット SRAM RIVAL D1 DUB WIDE 43/30T
カセット  SRAM XG 1250 D1 10-36T

SRAM RIVAL eTapAXSHRDワイヤレス12スピードグループセット
ワイヤレス電動シフトを備えた、SRAMRival eTap AXS HRD12スピードグループセットをいち早く搭載。
この12スピードグループセットは最新のギア比を有してるだけではなく、、アプリを介した簡単なパーソナライズを提供。
(´・ω・`)英国はサプライズ的に手に入り易い価格設定にして、ユーザーに最新のSRAM Rival eTap AXSを楽しんで欲しい意向の様だ。
少しでも最新のコンポーネントを、低価格で提供しようという英国Vitusの姿勢は健在。

このギアセットを使用すると最も急な登りや、オンロードまたはオフロードでペースを調整可能になります。
トレイルから、あらゆる多目的な条件下においても適切なギア比を提供してくれます。
Vitus_Substance-CRS-2-eTap-Adventure-Road-Bike-Rival-eTap-2021_08.jpg
Left Shifter SRAM RIVAL eTap AXS
Right Shifter SRAM RIVAL eTap AXS 12 Speed


SRAM FORCE eTap AXS 12速を搭載したフルカーボングラベルに試乗した際は、2×12だったんですけど、やはり左右のシフターを同時押しであっさりフロント変速出来る点が楽過ぎたんですよね。
正直楽にグラベルライドする為のギミックに思える。
リア変速なども、マウスをクリックするように変速操作が出来ちゃいますし。
(´・ω・`)変速操作というより、クリック感が強いんですよね。
Vitus_Substance-CRS-2-eTap-Adventure-Road-Bike-Rival-eTap-2021_09.jpg
フォーク Substance Carbon UD Carbon, Tapered Steerer, 100 x 12mm, Mudguard Mounts, Bottle Mounts
ブレーキ SRAM RIVAL eTap AXS D1 Disc Hydraulic Disc, Flat Mount
ブレーキローター SRAM Centreline Front:160mm, Rear:160mm
ブレーキキャリパーは、上位SRAM Force eTap AXSにどこまで迫っているんだろう?
SRAM Force eTap AXSのディスクブレーキ性能に関してですが。
確かローターが160mmの場合、悪路での制動性も、舗装路でのスピードコントロール性も双方兼ね備えた性能を有していました。
無理に強力なブレーキがかかるのではなく、レバーの引きに対して適度な制動力を発揮してくれた印象。

Rival eTap AXS油圧ディスクの性能が、もしSRAM Force eTap AXSに近い制動力なら、オフロードだけではなく舗装路においてもかなり使い易いはず。
さらに、あらゆる気象条件で勢いを抑えることが可能になります。
Vitus_Substance-CRS-2-eTap-Adventure-Road-Bike-Rival-eTap-2021_03.jpg
ホイールセット  Prime Kanza 650b Aluminium Disc 650b
タイヤ  WTB Venture TCS Road Plus 650b x 47, Tubeless Ready, Dual DNA Compound, UST Aramid Bead


Prime Kanza 650bアロイグラベルは、あまり踏み固められていない悪路やグラベルライド用のホイールセットです。
28〜50mmのタイヤを装着可能で、舗装路から悪路までこなせます。
チューブレス対応で、舗装路及び悪路に対応する為に深さ30mmのリムになっています。

重量はグラベル用アルミホイールなのに実に軽量。
フロント710g+リア 840g=合計1550gとアルミホイールながら、かなりの軽量ホイールですね。
(´・ω・`)完成車重量9.4kgと押さえてきた理由は、軽量なカーボンフレームというだけではなく、軽量グラベル用アルミホイールも貢献している訳か。
タイヤはロードプラスWTB Ventureを採用してきていますね。
セミブロックタイヤはスリックタイヤに近く、センターとサイドの中間部分はエッジが設けられている。
オンロードのみならずオフロードも意識した、ロードプラスタイヤ。
SRAM RIVAL eTapAXSHRDワイヤレス12スピードグループセットと同様に、タイヤ面においても舗装路や悪路の上を転がり続ける状況を想定してありますね。
Vitus_Substance-CRS-2-eTap-Adventure-Road-Bike-Rival-eTap-2021_07.jpg
ハンドルバー  Prime Doyenne 78mm Reach, 125mm Drop, 4 Degree Flare, XS:400mm S:400mm M:420mm L:420mm XL:440mm
ステム  Prime Doyenne Lightweight Aluminium 3D Forged, Bar Bore 31.8mm, +/- 7 degrees, XS:80mm S:90mm M:90mm L:100mm XL:100mm

Vitus Substance CRS-2のコックピットは、Prime Doyenneエアロハンドルバーを使用。
Vitus_Substance-CRS-2-eTap-Adventure-Road-Bike-Rival-eTap-2021_06.jpg
ロードアドベンチャーとサイクルマラソンに対応するこの多目的なエアロバーは、あらゆるライドで快適で応答性の高いパフォーマンスを提供。
最大の制御を実現する従来のドロップバー設計を備えた、頑丈な6061アルミウム構造。.
.Di2ジャンクションボックスでの使用に最適化され、空力的な仕上がりになっています。
Vitus_Substance-CRS-2-eTap-Adventure-Road-Bike-Rival-eTap-2021_10.jpg
UDカーボンフレーム、テーパードヘッドチューブ、フルカーボンフォークにより、Substanceカーボンはタフで軽量なグラベル用フレームになっています。

Vitus Substance CRS-2 の今回の完成車は650bホイール仕様
マッドガードと各マウントは複数用意されている様ですが。
急Vitus Substance CRX時代も、山への冒険やツーリングなどで使用する事を目的にしたフルカーボングラベルでしたからね。
フレームは悪路でも上手く転がる様に、楽しくも硬い乗り心地を提供。
(エンデュランスロードの技術も投入されている)
しかしながら悪路の際路面からかなりの量の振動が来ても、フルカーボンフレームとフォークが吸収します。
Vitus_Substance-CRS-2-eTap-Adventure-Road-Bike-Rival-eTap-2021_11.jpg
シートポスト FSA 27.2mm x 350mm
サドル Vitus Crn-Ti Rail

荷物用のマウント、マッドガード、複数のボトルを追加することで、バイクパッキングやツーリングアドベンチャーも可能。
Vitus_Substance-CRS-2-eTap-Adventure-Road-Bike-Rival-eTap-2021_15.jpg
Vitus_Substance-CRS-2-eTap-Adventure-Road-Bike-Rival-eTap-2021_13.jpg
Vitus_Substance-CRS-2-eTap-Adventure-Road-Bike-Rival-eTap-2021_16.jpg
元々Vitus Substanceシリーズは、いつでもどこでも移動できるロードバイクという扱いでした。
グラベルバイクとしての性能もそうですが、ありとあらゆる状態の路面に乗る事が可能で、アドベンチャーライドが可能なオールラウンダーとしての性能が求められます。

ですのであらゆる路面に対応出来る650B×47Cホイールを、既に2019年Vitusモデルよりいち早く導入。
最もラフなルートを走破可能なロードバイク=グラベルバイクの可能性を追及してきました。
Vitusは重量を減らし、より反応性の高い乗り心地を実現。
あらゆる状況に対応出来るオールラウンダーとしてのパフォーマンスを向上させるために、カーボンを導入することを選択。
ですのでカーボンフレームグラベルモデルとは言っても、荷物を積載したり困難な地形を走破する為の性能を有しています。
Vitus Substance CRS-2 eTap Gravel Bike (Rival eTap 2021)

2021年05月17日 トラックバック(-) コメント(-)

2021Vitus Emitter Carbon E Road Bike (Fazua) 英国人のサイクリングスタイルを意識したe-road


Vitus-Emitter-Carbon-E-Road-Bike-Fazua-2021-Adventure-Bikes-Anthracite-2021-VECERBSANT.jpg
2021Vitus Emitter Carbon E Road Bike (Fazua)
このVitus Emitter Carbon E Road Bike (Fazua)はFazua evationドライブシステムを搭載した、軽量カーボンe-roadバイクです。
新型フルカーボンe-roadを市場に投入してきたんですね。
バイク重量:は13.77kg。最近は10kg台のフルカーボンe-roadも珍しくないですが、Vitusとしてはかなり快適性にこだわってきたバイクの様です。
(スピード性や剛性を重視するVitusにしては、珍しいカーボンフレームかも?)

Vitusは長く誇り高い歴史を持つフランス発祥、現在は英国バイクブランドです。
近年VitusはCRC/Wiggleグループによって買収され、現在は海外Webサイトを通じて販売されています。
Fazua-Evation-eBike-drive-systemgrs.jpg
Vitus Emitter Carbon(エミッターカーボン)は、Fazuaのアシストシステムを備えた超軽量カーボンファイバーフレームを使用。
Fazua Evationはロードバイク業界で軽量でコンパクトな駆動システムとして著名ですが、英国VitusもFazuaの採用に踏み切ったのですね。
(LOOK、Cube、Lapierre、Ridley、KUOTA、CENTURION、 BianchiなどがドイツFazua製ドライブユニットを採用)

スポーティなロードバイクの形状とFazua Evationミッドポジションモーターを組み合わせることで、従来のロードバイクと同様の走りが可能になり、なおかつアシストを受けられるというメリットもあります。
Vitus-Emitter-Carbon-E-Road-Bike-Fazua-2021-Adventure-Bikes-Anthracite-2021-VECERBSANT-15.jpg
ドライブユニット  Fazua Evation, Mid Position Motor
重量 13.77kg

バッテリー  FAZUA Evation engine battery 252Wh - 36v / 7ah, UK Charge Plug
Fazua evationは、スリムなバッテリー&モーター一体型設計のおかげで、コンパクトなドライブシステムになっています。
ですのでVitus Emitter Carbonは、通常のロードバイクの外観を維持する事に成功。

ペダルアシストは、トルクおよびケイデンスセンサーによって提供されます。
(´・ω・`)トルクセンサーにより、ペダルに加えている力の量を測定。そしてアシスト量を決定するギミックです。
強力なアシストお蔭で、乗り手は豪脚を持っているように感じさせる程です
アシストのお蔭で長く乗ることができ、その後はそれほど疲れを感じることはありません。
Vitus-Emitter-Carbon-E-Road-Bike-Fazua-2021-Adventure-Bikes-Anthracite-2021-VECERBSANT-0.jpg
ホイールセット  Prime Baroudeur Disc, Aluminium Clincher Disc, 700c, Tubeless Ready, 24 Hole, 100 x 12mm Front, 142 x 12mm Rear, Centre Lock, HG Freehub, Tubeless Ready
タイヤ Schwalbe One Performance TLE, 700c x 25, RaceGuard, MicroSkin, ADDIX

Vitus Emitter Carbon Eは、FazuaEvation統合E-Bikeモータードライブを備えたカーボンフレームとフォークを備えています。
さらに、105油圧ディスクブレーキを備えたShimano 105 R700011スピードメカニカルグループセットが装備。
Vitus Emitter Carbon Eは、パワフルで軽量かつ機敏なe-roadロードパフォーマンスを提供。
急な坂道の登りや、ロングライドを楽しく走る為のe-roadという、Vitusにしては実にコンフォート性を重視したモデルになっています。
(油圧105まで採用したフル105仕様のe-roadでもある)

Schwalbe One Performanceチューブレスタイヤに、ウィグルのプライベートブランドPRIME製ホイール「Prime Baroudeurディスクホイールセット」が用意されています。
(´・ω・`)あのコスパの高い軽量ホイールか。
e-roadにも使用されていたんだ……ドイツアシストシステムFazua Evationはやはり自由度が高いですね。
Vitus-Emitter-Carbon-E-Road-Bike-Fazua-2021-Adventure-Bikes-Anthracite-2021-VECERBSANT-1.jpg
Vitus Emitter Carbonは、13.77kgと軽量にまとまっています。
独特の自然な乗り心地により、Vitus Emitter Carbonはあらゆる速度で楽しい乗り心地を楽しみたい人向けのe-roadなのですよ。
他ブランドのロードバイクと同様に、バッテリー容量を犠牲にせず軽量化が最近のフルカーボンe-roadにとって必須になってきていますね。
Vitus-Emitter-Carbon-E-Road-Bike-Fazua-2021-Adventure-Bikes-Anthracite-2021-VECERBSANT-4.jpg
アシストスイッチ Fazua Evation, Frame Integrated
ハンドルバー Prime Doyenne Aluminium, 6061 Aluminium, XS: 380mm S: 400mm M: 420mm L: 440mm
ステム  Prime Doyenne Lightweight Aluminium, Bar Bore 31.8mm, +/- 5 degrees, XS: 80mm S: 90mm M: 100mm L: 110mm

トップチューブコントローラーを備えた最新世代のFazua evationを備えています
Fazuaモーターはフルパワーモードで約40Nmのトルクを生成。
最大250w&3レベルのアシストモードにより、ライド中のアシストを適切に調整可能。

Fazuaモーターの優れた機能
最大15.5mph(25km / h)のアシスト制限に達すると、モーターが切り離されペダルを介した抵抗がゼロになります。
つまりFazuaモーターは乗り手が自力でもライディングを向上させ、アシストに依存しないようにVitus Emitter Carbonは設計されてもいる訳です。
Vitus-Emitter-Carbon-E-Road-Bike-Fazua-2021-Adventure-Bikes-Anthracite-2021-VECERBSANT-5.jpg
Vitus-Emitter-Carbon-E-Road-Bike-Fazua-2021-Adventure-Bikes-Anthracite-2021-VECERBSANT-6.jpg
シフト/ブレーキレバー Shimano 105 R7000, ST-7025
Vitus-Emitter-Carbon-E-Road-Bike-Fazua-2021-Adventure-Bikes-Anthracite-2021-VECERBSANT-8.jpg
ヘッドセット ACROS Aix-Low R3 Sealed Bearings, OD46, 1 1/8"" – 1.5"", 41.8 / 28.6 – 52 / 40
フレームはインターナルケーブルルーティング。
テーパードステアラーを備えたフルカーボンフォークとペアになっています。
Vitus-Emitter-Carbon-E-Road-Bike-Fazua-2021-Adventure-Bikes-Anthracite-2021-VECERBSANT-11.jpg
フレーム Emitter Carbon, Fazua Evation Integration, Internal Cable Routing, Flat Mount, 142 x 12mm axle
Vitus-Emitter-Carbon-E-Road-Bike-Fazua-2021-Adventure-Bikes-Anthracite-2021-VECERBSANT-10.jpg
フォーク Emitter UD Carbon, Tapered Steerer, 100 x 12mm Axle, Flat Mount
ブレーキ Shimano 105 R7000 Hydraulic Disc, ST-7025-R/L & BR-7070-F/R, Flat Mount
ローター Shimano SMRT70, Front:160mm, Rear:160mm
上り坂がアシストを利かせながら、105油圧ディスクで下り坂を速く楽しむことができます。
ローターは前後160mm。
Vitus-Emitter-Carbon-E-Road-Bike-Fazua-2021-Adventure-Bikes-Anthracite-2021-VECERBSANT-13.jpg
フロントディレーラー Shimano 105 R7000, FD-7000, Braze-On
クランクセット FSA CK 746, 50/34T, 11-Speed, XS: 170mm S: 172.5mm M: 172.5mm L: 175mm
リアディレーラー Shimano 105 R7000, RD-7000, 11-Speed, Long Cage
カセット Sunrace CSXR1, 11-32T
Fazua Evationドライブシステムに、FSAチェーンセットを備えたShimano 105 2 x11スピード油圧ディスクグループセット仕様になっています。
(´・ω・`)競技性よりも、e-roadとしての実用性を考えて、105を持ってきた感があります。
もちろん電動グラベルバイクVitus E Substanceなども人気が高いそうですが。
Vitus Emitter Carbonは、スポーティなライディングポジションが可能。
より速く走り、登りに立ち向かうためのギアレンジに加えて、道路をより速く進むための700×25Cタイヤで電動アシストを楽しむ事が出来るのですよ。
Vitus-Emitter-Carbon-E-Road-Bike-Fazua-2021-Adventure-Bikes-Anthracite-2021-VECERBSANT-16.jpg
Vitus-Emitter-Carbon-E-Road-Bike-Fazua-2021-Adventure-Bikes-Anthracite-2021-VECERBSANT-12.jpg
サドル Vitus Steel Rail
シートポスト  Vitus Carbon, 27.2mm, 12mm Offset, 350mm

Vitus-Emitter-Carbon-E-Road-Bike-Fazua-2021-Adventure-Bikes-Anthracite-2021-VECERBSANT-14.jpg
Vitus-Emitter-Carbon-E-Road-Bike-Fazua-2021-Adventure-Bikes-Anthracite-2021-VECERBSANT-17.jpg
Vitusは数年前にebike市場に参入したばかりですが、非常にリーズナブルな価格で高品質で優れたデザインのebikeを製造するブランドとしての地位を急速に確立しました。
(´・ω・`)特に英国Vitusオーナーなどは、Vitus系ebikeを手に入れる事によって、サイクリングスタイルが一変。
定期的かつ、より長距離を走ることが出来る様になったとの声が。
最も低いアシストパワーに設定しても、急な上り坂などでは良いトレーニングになるそうです。
快適性も重視していますから、ある意味英国人のサイクリングスタイルを意識したe-roadなんですね。
Vitus Emitter Carbon E Road Bike (Fazua - 2021)

2021年04月20日 トラックバック(-) コメント(-)