グラベルロード&シクロクロス スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > グラベルロード&シクロクロス

2021 Rondo Mutt AL 極太ロードプラスタイヤに対応した、ランドナーの様なアルミ製泥除けが付いてきます


RONDO_MUTT_AL_stonegrey_fawn_flat2.jpg
2021 Rondo Mutt AL バイク重量 11.1kg

Rondoは、ポーランド北部を拠点とする新しいオフロードブランドで、材料別に多数のグラベルロードを製作しています。
MUTT STはオールロードMUTTシリーズのアルミモデルで、なんと極太ロードプラスタイヤに対応した、ランドナーの様なアルミ製泥除けが付いてきます。

本来Rondoのモデルは飛び散る泥を楽しめる、汚れる為に生まれたグラベルモデルですが。
このMUTTシリーズは、究極の長距離オールロードマシンであり、ツーリングマシンでもあります。
ですので、あえてランドナーの様な泥除けを実装しています。
しかし……いつ見てもロードプラス仕様の泥除けって、迫力ありますよね。

設計する際の主なテーマは快適性とそれに伴ったスピード性。
MUTTバイクの特徴はロードプラスタイヤの走破性を生かして用途が広く、機能が豊富という点です。

つまりMUTTシリーズは、最新のツーリング系ランドナーバイクであり、長距離の通勤、快適なアドベンチャーライドにも最適です。
特に荷物を積載する事を重視している、グラベルロードでもあります。



RONDO_MUTT_ST_gentian_tan_flat1bf.jpg
2021 Rondo Mutt ST Bike 重量11kg
(´・ω・`)Rondo Mutt ST Bikeという、ロードプラス仕様のクロモリフレームモデルも出ています。
MUTT STは、MUTTシリーズにおける、フラグシップ系スチールモデルでして。
最高の快適さを実現するために、高品質のTange Prestigeチューブ(カスタムシェイプ)で構築されています。
(日本のチュービングスペシャリストであるタンゲが製造したクロモリスチールフレーム)

オールロードのクラシックスチールグラベルフレームですので、正にクラシックなランドナーを現在のクロモリグラベルで再現したかのようモデルですね。
最新のクロモリグラベルモデルながら、クラシックなサイクリング車の伝統を引き継いだかのような……
こちらはコンポーネントに、Shimano 105 R70002x11スピードグループセットと、Shimano 105 R7000油圧ディスクブレーキが装備されています。
基本Rondo Muttシリーズは、ロード系コンポを採用する路線になっていますね。
実はアルミ系モデル2021 Rondo Mutt AL(11.1kg)よりも、クロモリ系2021 Rondo Mutt ST(11kg)の方が重量がわずかに軽い点もユニークですね。


RONDO_MUTT_AL_stonegrey_fawn_flat1.jpg
2021 Rondo Mutt AL
さてMuttシリーズの特徴として↓
①フロントダブルの、シマノ系2×ロード系ドライブトレイン仕様に。
②フェンダーを標準装備。
③650B×47Cロードプラス仕様。もちろん700Cへの変更も可能。

これらのツールを組み合わせることで、Muttシリーズはあらゆる天候や荒れた道路において対応可能になっています。
文字通りグラベル系ランドナーなので、世界の果てまで移動できます。

(´・ω・`)またスピード性を持たせたい場合や、エンデュランス系ロードとして使用したい場合はホイールを700Cに交換すればOK。更にフェンダーを取り外し、フォークチップをHIの位置に設定すれば、よりロードの走りに近づきます。
つまりホールを700Cに好感すれば、長距離レースに対応できる、クラシックな700Cエンデュランス系ロードバイクを手に入れることができます。
RONDO_MUTT_AL_stonegrey_fawn_detail7.jpg
ドライブトレイン Shimano Tiagra R4700 2x10 スピード
カセット:Shimano KSCHG500 11-32T、10 スピード
Rondo Mutt ALは油圧ブレーキを備えた、ティアグラ系2x10ドライブトレイン仕様。
Rondo Muttシリーズはクロモリ系モデルに105、アルミ系モデルにティアグラという面白い路線になっています。
アルミフェンダーは見た目もスマートで、実用的な形状になっていますね。
RONDO_MUTT_AL_stonegrey_fawn_flat3.jpg
シートポスト RONDO 350 X 27.2
サドル  FABRIC SCOOP FLAT

長距離で使用する際、快適性だけではなくスピード性も持たせています。
MUTTバイクは走りが安定していますが、アルミフレームを生かして俊敏性と応答性が高く、なおかつ用途が広く強力な走りが可能。
(´・ω・`)なんというか、まるでクロスカントリー系MTBがグラベルロード化したかのような迫力ですね。
RONDO_MUTT_AL_stonegrey_fawn_detail11.jpg
ハンドルバー Rondo Road 400MM(S), 420MM(M,L), 440MM(XL)
ステム RONDO 80MM(S), 90MM(M), 110MM(L), 110MM(XL)

ロンドは独自のアルミ製パーツを製作。フレアハンドルバーから、ハブやリム、ステムまでロンドオリジナルパーツ。
バイクは頑丈で、ハンドリングに優れています。
RONDO_MUTT_AL_stonegrey_fawn_detail1.jpg
RONDO_MUTT_AL_stonegrey_fawn_detail10.jpg
RONDO_MUTT_AL_stonegrey_fawn_detail12.jpg
フレーム Mutt カスタム成形 AL6061-T6
RONDO_MUTT_AL_stonegrey_fawn_detail2.jpg
フォーク TWINTIP カーボン
ブレーキ  Shimano BR4770 油圧式ディスク
フォーク  TWINTIP CARBON
ロンドは独自のTWINTIPフォークテクノロジーを Rondo Muttシリーズにも導入。
これにより、フロントホイールを2つの異なる位置に取り付けることができます。
つまりオフセット量を調整できる可変カーボンフロントフォークを実装。
2つの異なるライディングポジションが可能で、今正にグラベルロードにおいて流行しているMTB由来の可変フロントフォークシステムです。
柔軟な可変フレームワークで作成されています。

オフセット量を調整できる可変カーボンフロントフォークを採用しているので、使用目的別にスピード性とエンデューランス性能を分けて使用可能。
エンデューランスモードでは自分のペースを優先して走る事ができますし。
レーシングモードではスピードを優先させた走りも可能。
RONDO_MUTT_AL_stonegrey_fawn_detail9.jpg
RONDO_MUTT_AL_stonegrey_fawn_detail4.jpg
ホイールセット Rondo Superlight アロイ
タイヤ WTB 650B X 47 BYWAY フロント/HORIZON リア、タイヤクリアランス: 700c x 30/650b x 47 (622-30、584-47)

RONDO_MUTT_AL_stonegrey_fawn_detail6.jpg
クランクセット  FSA Omega Compact 48/32T
短めの非対称チェーンステー形状を取り入れる事により、アルミモデルの方も十分なタイヤクリアランスを確保してあります。

MUTT ALは機能的なオールロードバイクで、通勤、長距離ライド、冬季トレーニング、舗装路た悪路など混じったツーリングに最適。
(´・ω・`)ありとあらゆる路面状態において、Rondo Mutt ALはどれだけ複雑な環境下においても、非常に上手く処理して乗り手を驚愕させながら走破してしまうそうな。
優秀なグラベルって実際どんな路面状態でも、対応しながらスピードまで出せてしまいますものね。

しかしまあRondo Mutt ALは、ロードプラス仕様のスーパーコミューターというか。
極太ロードプラス仕様のカメレオンの様なランドナーとも言えそうですけど。
Rondo - Mutt AL (2021)

2021年07月09日 トラックバック(-) コメント(-)

シクロクロスとグラベルモデルの違いや使用目的について、注目してみました。



qbei_ci-921812_5.jpg
FELT FX ADVANCED GRX 600(2020)
(´・ω・`)今回はシクロクロスとグラベルモデルの違いや使用目的について、注目してみました。

最近のグラベルロードやシクロクロスモデルは、ほぼディスクブレーキに切り替わりましたね。
特に新ジャンルのグラベルロードなどは積極的に、新しい技術を積極的に取り込んでいくところがありまして。
ドロッパーシートポストや、サスペンション、チューブレスタイヤなど。
割とMTB系オフロードモデルの影響が大きいのかな。

今やその影響が、ロードバイクにまで波及。ロードモデルも次々とディスク化していきました。
MTB➝グラベル・シクロクロス➝ロードバイク
と技術が波及していく様子がリアルタイムで見れて、面白かったです。
そんな中、実際にシクロクロスモデルとグラベルの違いは乗ってみると、かなり違います。
今回は、簡単に異なる点について、見ていこうと思います。
ci-921812_4.jpg
FELT FX ADVANCED GRX 600
世界選手権2連覇に2019年全日本選手権を制した、ワールドチャンピオンシクロクロスバイク。
そんな競技性の高いFELT FX ADVANCEDシリーズにおける、セカンドグレードモデルに位置するシクロクロスモデルです。
(´・ω・`)そんなFELT FX ADVANCED GRX 600を見て分かる通り、
シクロクロスモデルというのは基本競技系モデルです。
シクロクロス競技は一時間程度なんですけど、その競技時間の中で走り抜ける為の仕様になっています。

ci-921812_7.jpg
基本シクロクロスは、コーナーリングに強い走りをしますね。
シクロクロス競技はタイトなコーナーリングが多いので、BB位置が高いのがシクロクロスモデルの特徴。
BB位置が高いので、ペダルと地面に間にクリアランスを確保。ペダルと地面が接触するのを防ぎます。
またスタートダッシュ時や立ち上がり時など、BB位置が高い方が有利ですし。
とりあえず、シクロクロスはBB位置が高いという事は抑えておいた方がいいです。
ci-921812_14.jpg
シクロクロスモデルにもディスクブレーキが一般的になり、以前のカンチ時代よりもタイヤクリアランスが拡大しています。
しかしシクロクロス競技(UCIルール)においては33mmと決められています。
グラベルモデルよりタイヤサイズは細くなっていますが、その分悪路で速度を出しやすいですね。
ci-921812_8.jpg
後はシクロクロスはホイールベースが短い点が特徴
基本グラベルロードなどのホイールベースは長いですが。その代りコーナーリング性能がシクロクロスモデルより劣ります。
コーナーリング性能が重要になってくるのがシクロクロスモデルですから、コーナーリングにおいてのタイムを稼ぐ為にホイールベースは短い傾向にあります。

シクロクロス FELT FX ADVANCED GRX 600のホイールベースはサイズ47 1022mm
グラベル FELT BROAM 30のホイールベースはサイズ47 1039mm

見ての通り、グラベルモデルのFELT BROAM 30の方がホイールベースが17mm長く設定されています。
ただし、競技系グラベルロードモデルの場合ホイールベースを短くしてくる場合も。


フロントセンターについて
フロントセンター……ボトムブラケットの軸から、前輪の軸までの距離
基本的にフロントセンターが長い程、安定性が向上する。

またグラベルはフロントセンター長が長い傾向にあります。
(´・ω・`)この傾向はフロントセンターを長めにとって、安定性を稼ぐやり方はMTBに近いものがありますね。
ci-921803_1cd (1)
FELT BREED30 (フェルトブリード30)

グラベルロードは様々な路面状態でも
長時間&長距離走破する事を目的にしています。
ですのでコーナーリング性能よりも、直進安定性の方が重要になってきます。

グラベルモデルには、登り性能が重要です。
なので、カセットもワイドに設定してある傾向にありますね。

(´・ω・`)つまりシクロクロスは短時間。グラベルは長時間乗る事を目的としているのです。
時間だけ注目しても、結構違いますね。
i-ML8rHWv-X2fewwe.jpg
砂利道で行われるグラベルレースイベント
カンザス州で行われるDirty Kanza(ダーティーカンザ)は320kmを走破しなくてはならないグラベルレース。
オフロードや舗装路に加え、長距離&長時間走破しなくてはならない性能がグラベルには必要になってくる。
ci-921812_25.jpg
リアディレーラー  Shimano GRX812、11スピード、ロングケージ
スプロケット Shimano 11スピード、11-30T
シクロクロスFELT FX ADVANCED GRX 600場合は、11-30Tとグラベル程にワイドなギア比ではありません。
あまりに急坂だとギアで対応せずに、肩でフレームを担いだりしますからね。
ですので、グラベルロードに比べるとギア比はワイドではありません。
ci-921803_22cds.jpg
リアディレーラー Shimano GRX812、11スピード、ロングケージ
スプロケット Shimano 11スピード、11-42T
グラベルモデルFELT BREED30の場合、カセットはワイドな11-42T。
坂道やありとあらゆる状況に対応する為の、ワイドなギア比になっています。
DSCN0105gvsrcd.jpg
シクロクロスモデルCanyon Inflite CF SL 6.0
実際シクロクロスモデルに乗ってみると、やはりMTBに近い走破性なんですよね。
ラダーコースや凹凸のあるウッド製スロープなどにおいて、走破性を発揮しますし。
シクロクロスのコントロール性の良さは、やはりオフロードではないと分からないかも。
MTBと違う所は、スピード感ですね。
オフロードをスピード感を持って走破出来る点に、シクロクロスモデルの魅力を感じました。
(´・ω・`)基本的に平地で使用するのではなく、悪路でMTB代わりに使いたい。
悪路における安定性とコントロール性は、グラベルより高いかな。

シクロクロス競技向けなので、いかにスピード感をもってオフロードをこなせるか?
を重視している印象をうけました。
あくまで個人的意見ですが。
DSCN3009twqagf.jpg
グラベルモデル FELT BROAM30
(´・ω・`)じゃあ、グラベルモデルはどうかというと。
結構速度に乗り易いタイプかな。グラベルモデルは、シクロクロスの様なMTB寄りというよりは、間違いなくロード寄りの走行テイスト。
しかもふツーリングとか長距離を、ロードの様に使用出来るんですよね。
グラベルのKONA ROVE NRB DLだと、実際にオフロードを快速でこなせたりしますし。
うーん、舗装路、悪路、登りなど万能的にこなせるのがグラベルですね。

やはり競技系シクロクロスは、悪路走破性に特化した走りが特徴。
グラベルモデルならロードとしての性能を求める事が出来るけど、シクロクロスはMTBとしての性能を求める事が出来ます。
FELT(フェルト) FX ADVANCED アドバンスド GRX 600 シクロクロス CX

FELT(フェルト) BREED30 ブリード30 [完成車]

2021年06月19日 トラックバック(-) コメント(-)

国内流通系eグラベルモデルまとめ(e-gravel bike)パート1 2021年5月のデーター

( ;゚ω゚)日本国内において、流通しているeグラベルモデルをまとめてみました。
本格的なオフロードを走破出来そうなeグラベルモデルだけで、こんなにあるのか。

eグラベルモデル風も含めたら、更に数が増えそう。
2022年モデルも含めて、今後モデル数が激増していきそうな予感がします。



kugiffyjdf.jpg
MIYATA ROADREX i 6180 ブラック・メタリックグレー
MIYATAの新型グラベルロード「ROADREX i 6180」。
9月販売予定の新型で、ダウンチューブインチューブバッテリータイプのグラベルロードですよ。
MIYATA ROADREX i 6180のドライブユニットは、 SHIMANO STEPS 6180 シリーズ。

標準現金販売価格(税込価格):¥363,000(本体価格 ¥330,000)
サイズ:450(適正身長 165~178 ㎝・重量 18.9 ㎏)
530(適正身長 178 ㎝~ ・重量 19.1 ㎏)
カラー:ブラック・メタリックグレー(OKK6)
ブラック・ブルーグレー (OKB9)
ドライブユニット「SHIMANO STEPS DU-E6180(最大トルク 60Nm)


iry7ujydjhte.jpg
インチューブバッテリー採用により、低重心化&デザイン性UP。更に走行安定性も向上。
36V,11.6Ah のリチウムイオンインチューブバッテリーでロングライドでの使用も想定。
ダウンチューブ内にバッテリーを収納した事により、小柄な方でも乗車可能に。
(´・ω・`)凄いですね……新型はどんどんバッテリーが収納されていく。

コンポ―ネントもグラベル用コンポーネントSHIMANO GRX を採用。外装 10 段シフト仕様に、油圧ディスクブレーキは油圧SHIMANO, GRX BR-RX400。
タイヤはロードプラス系650B×45C。
オプションで前後キャリヤやドロヨケ、スタンドが装着可能。使い方に合わせたカスタマイズが可能。
cdscscasasa.jpg
MIYATA ROADREX 6180
これが現行のMIYATA製eグラベルロード「MIYATA ROADREX 6180」。
こちらのドライブユニットも、SHIMANO STEPS E6180を搭載。(最大60Nm、250W)

MIYATA ROADREX 6180は、何気にメリダのアルミグラベルモデルのフレームを転用していまして。
(メリダ多目的グラベルロード「MERIDA SILEX」のアルミフレームを使用。ERIDA SILEXのアルミフレームは、メリダMTBのアルミフレーム技術を応用したグラベルロード。つまりebikeへの使用にも耐えられる堅牢なアルミフレーム)

このMIYATA ROADREX 6180の進化版が、9月発売の新型MIYATA ROADREX i 6180になるという訳か。
タイヤも共通して650B×45C。
新型MIYATA ROADREX i 6180 へ同様のタイヤサイズが引き継がれていますね。

シートチューブ付近に取り付けていたバッテリーが、遂にダウンチューブに収納されるのか……
(´・ω・`)国内eグラベルロードですら、バッテリー収納の流れがきていますね……凄い時代……


ehakusen_jg1_2.jpg
BESV JG-1 e-gravel bike
BESV初の新型eグラベルロードBESV JG-1。
( ;゚ω゚)この新型BESV JG-1もバッテリー内蔵タイプになっています。
あとコンポ―ネントが豪華でSHIMANO GRX 11s仕様。
タイヤはMAXXIS700×38C。
注目すべきは、軽量性の為にシートポストやフロントフォークはカーボン仕様という事です。
ですので車重は、わずか15.8kg(S)!!
ehakusen_jg1_3.jpg
新型BESV JG-1 e-gravel bikeは、バッテリー内臓ギミック。
元々BESVはe-road「BESV JR1」時代から、ダウンチューブにバッテリー内臓ギミックを取り入れています。
BESVは世界展開している為に、デザイン性の高さも武器にしたブランドです。
eミニベロもeロードもデザイン性がやたら高い点が特徴。

ehakusen_jg1_5.jpg

①「BESV JR1」のバッテリー内臓ギミック
②カーボンパーツを採用。衝撃吸収性と軽量性を高めたe-gravel bike。重量はわずか15.8kg
③グラベル用コンポSHIMANO GRX(11速)を採用。ワンバイ&油圧ディスク仕様
④アルミフレームは最新のドロップシートステー形状
➄小型HMIフルカラー液晶ディスプレイを搭載

モーターはリアハブに配置。
BESV JR1はデュアルアシストスイッチを搭載しており、ハンドルを握りながらでも、アシストの切り替えが可能。
(´・ω・`)つまりSTIレバー感覚で、アシストモードを変更出来る点が長所。
(アシストUPは右、Downは左スイッチ)

これだけ面白そうなギミック満載なのに15.8kg(S)まで抑えているって、驚異的ですよね。
BESVのe-グラベルロード BESV(ベスビー) JG1 電動自転車・E-bike(イーバイク)


ehakusen_libreel_2.jpg
2021 KONA LIBRE EL E-BIKE
カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバーと、米国に拠点を置くオフロードブランドKona。

このKona Libre ELは、山用いKona Libreをベースにしたeグラベルです。
アルミニウムフレームとVersoフルカーボンフラットマウントディスクフォーク仕様。

(´・ω・`)特徴は正に山用。
オフロード向きのe-gravel 仕様になっており Shimano GRX 810 11スピードドライブトレインとブレーキ、およびShimanoのGRXレバーによって作動するTransX + RAD内部ドロッパーポスト仕様。

タイヤクリアランスも、やはり相当ボリュームがあります。
650X47Cまたは700X45Cタイヤを使用できるタイヤクリアランスを確保。
タイヤクリアランスも、やはりオフロード系での使用を視野にいれているだけはありますね。
2019121216351132afewcds.jpg
山用グラベルロードKONA Libreをeグラベル化したモデルです。
KONA LIBRE(国内販売モデル)は、MTBバイカーの為のアドベンチャーモデルであるので、山での使用に重点を置いている点もユニーク。
Kona Libre ELはeグラベルロードを、文字通りオフロードや山向けに使用するのに適しているのでは。

①海外仕様と同様にミドルグレードのShimano Steps E7000モーターを搭載。
②Libre CR/DL モデルと同様、Shimano GRX 810 11速ドライブトレイン
③504Whの内蔵バッテリー

今まで踏み込めなかった未開の地を走破する為の、冒険系eグラベルモデル。
LIBRE EL(リブレEL) 2021モデル/KONA(コナ) E-BIKE/イーバイク・電動アシストグラベルロード


00650684_2_l.jpg
CANNONDALE TOPSTONE NEO CARBON 3 LEFTY 400Wh(1x11s)
CANNONDALE TOPSTONEはキャノンデールにおいて、グラベルカテゴリーに属しているんですが。
大きく分けるとアルミモデルとカーボンモデルの2つの系統になります。


それに加えてキャノンデールにおいては、グラベルモデルCANNONDALE TOPSTONEをebike化しています。
(ホイールサイズが650Bと700Cの2種あります)
このCANNONDALE TOPSTONE NEO CARBON 3 LEFTY 400Wh(1x11s)は文字通りカーボンフレーム仕様で、WTB Resolute, 650b x 42c, tubeless readyを搭載した650Bタイプ。
650Bなので、MTB寄りの走りをしたい場合はこれですね。
更にMTBに使用されるパワフルなBoschモーターシステムを採用しているので、かなり楽に登りが楽しめます。


(´・ω・`)にしてもいいなあ……Bosch製なら、かなりアシストパワーもあるし。走りにシンクロしたアシストしてくれやすいですしね。
バッテリーもフレーム内に内臓。
ロードらしい見た目にもこだわっています。

ijyrtecd.jpg
リアに「KingPinサスペンション」という超軽量サスペンションシステムも搭載
ベースとなったCANNONDALE TOPSTONE自体 悪路や障害物の影響を受けにくいグラベルです。
走りは美しく、その上滅法悪路に強い。悪路走破性は格上クラス。
多分悪路走破性に関してはシクロクロスと勝負出来る。

それに強力なBoschモーターシステムを採用しているのですから、テクニカルな登りも楽出来るし、更なるグラベルライドの可能性を切り開く事が出来ます。
キャノンデール(CANNONDALE) 21’TOPSTONE NEO CARBON 3 LEFTY 400Wh(1x11s)電動アシストグラベルロードバイク E-BIKE

2021年05月28日 トラックバック(-) コメント(-)

イタリア系著名ブランドのグラベルモデルまとめ(COLNAGO、PINARELLO、Cinelli、De Rosa 、Bianchi)


(´・ω・`)COLNAGO、PINARELLO、Cinelli、De Rosaなどのiイタリア系著名ブランドのグラベルモデルをまとめてみましたが。一部を除いて、フルカーボンフレームをどのブランドも用意していますね。
しかもフルカーボングラベルを「初の試み」として、色々試行錯誤していて面白い。
またロードバイクブランドが取り組んでいるせいか開発に当たり、①レーシングモデルをベース②シクロクロスモデルをベースにしていますね。
どのモデルもカムテール形状などを取り入れ、エアロ性能を追及しているのも共通しています。
もしかして3Tとかの影響を結構受けているのかな。
にしてもかなり面白いな……ビアンキを除いて、カーボンからグラベルロードに挑んでいるんだ。
主要イタリアブランドに関しては、アルミフレームやクロモリフレーム仕様のグラベルはあまり出ていない様子。



20191225105005b45vdz.jpg
PINARELLO Grevil+
Pinarello Grevil +は、イタリアブランドピナレロがグラベルロードというジャンルに挑んだ初めてのモデル。

ラフな悪路を処理できるドグマという、大胆な意図を持ったバイクを設計。
(PINARELLO Grevil+のフレームには、実際にドグマシリーズにも採用されている東レTORAYCA T1100 1Kカーボンを採用)
ドグマシリーズをベースにしていますが、フレームそのものは新規に設計。
更にグラベルロードとして、長時間走行した際の快適さを提供したいというポイントに重点を置いています。
20191224152952a42xZ.jpg

フレームにはエアロ性能を持たせてはおりますが、走ろうとする路面状態に応じて700Cや650Bホイールを選択可能。
多様性を持たせたフレーム設計とジオメトリを有します。
取り付け可能タイヤサイズ、
ロードタイヤ 700c 25mm以上
クロスタイヤ 700c 32〜42mm
MTBタイヤ 650B(27.5 ") 2.1まで

20191224152919184ewf.jpg
フレームの形状はDOGMA F10を踏襲
PINARELLO Grevil+は現代における最新鋭のエアログラベルバイクです。
ピナレロはグラベルモデルの設計に当たり、ピナレロがこれまで培ってきたエアロ形状を無視しても意味がないと判断。
ドグマF10向けに開発および改良されたエアロチューブの形状を、新型グラベルの設計に投入したというのが実際の開発の流れです。

グラベルロードは未舗装路~整備された舗装路など、様々に変化した路面状態に対応しなくてはなりません。
同時に長距離&長時間走行可能な走行性能も必要ですし、快適さと安定性も重要。
ピナレロはその辺のグラベルに必要な要素を、GREVILに落とし込んでなおかつ、イタリアンデザインにもこだわった訳です。


Colnago-G3X-2x-Gravel-Bike-2021-Adventure-Bikes-Green-Light-Blue-2021-G3XBK810-G3GR-46.jpg
Colnago - G3X 2x (2021)
コルナゴ初のグラベルモデルCOLNAGO G3Xですね。
グラベルレースやオフロード走行用に設計。
ツールで総合優勝をもぎ取ったレーシングモデル「COLNAGO V3-RS」をベースにしており、ジオメトリを調整しつつタイヤクリアランスを拡大。
更に現在流行しているフレーム保護機能を追加しています。
コンポはグラベル用コンポーネントとしては最上位の、GRX 810シリーズをフル採用。
Colnago-G3X-2x-Gravel-Bike-2021-Adventure-Bikes-Green-Light-Blue-2021-G3XBK810-G3GR-46-1.jpg
タイヤクリアランスは最大42㎜幅に対応。
ロングチェーンステーと低いBBの位置は悪路でのバイクの走行安定性を目指したもので、長めに取ったトップチューブはコンパクトなライディングポジションを可能に。
これによりハンドリングが軽やかになり低速域での障害物回避を容易に。

Colnago-G3X-2x-Gravel-Bike-2021-Adventure-Bikes-Green-Light-Blue-2021-G3XBK810-G3GR-46-0.jpg
G3Xはカーボンフレームとフォークに振動吸収性を持たせて、地形変化における疲労を軽減させる方向性。
またラバーパッドを使用する事により、グラベルライドにおいて耐久性も強化。
(´・ω・`)チェーンステーやチェーンステーに、数多くのカバーが用意されていますね。
20191221134807a22uho.jpg
COLNAGO V3-RS Disc
個人的にはCOLNAGO V3-RSをベースにしているという点が気になりますね。
COLNAGO V3-RSをグラベル化しつつ、フレームにアーマーやカバーで補強も行っているという。
影のCOLNAGO V3-RSグラベルモデルとでも言うべきか。
タイヤはHutchinson Touareg Gravel 700x40c


Cinelli-King-Zydeco-Ekar-13x-Gravel-Bike-2021_02giyg.jpg
Cinelli (チネリ) - King Zydeco Ekar 13x (2021)
2020年モデルより登場したフルカーボングラベルで、完成車重量8kg台と驚異的な軽量性を誇る点が注目されています。
フレーム重量1000gって凄いですよね。フォーク重量もわずか500g。

Zydecoはアルミ系シクロクロスモデルでしたが、現在はグラベルロードとしてモデルチェンジ。
つまりシクロクロス由来のグラベルモデルになっています。
カーボン版も当然のごとくグラベル仕様になっていますが、ロードでの走りを意識している点がチネリらしいです。

ikjryyrereew4eewgiuk.jpg
Campagnolo EKAR1x13グループセットを採用したワンバイ13SPEED仕様!!
Cinelli King Zydeco Ekar 13x Gravel Bike完成車は、Columbusフルカーボンフレームセットに、ImpacCrossPacタイヤ&MicheGraff DXホイール仕様。
Ekar油圧ディスクブレーキを備えた、Campagnolo Ekar1x13-Speedグループセットを備えています。
幅広いタイヤクリアランスを可能にするように設計されており、700Cおよび650B/ 27.5インチのホイールと互換性があるため、グラベルの使用条件に応じてホイールサイズを選択可能。

このCinelli King Zydeco Ekar 13xには700Cホイールを採用。
長距離グラベルレースでの使用を想定している、グラベルレースや、ロードの走りを意識しているレーシングジオメトリーグラベルモデルですね。
Cinelli-King-Zydeco-Ekar-13x-Gravel-Bike-2021_03feadwaigk.jpg
最大タイヤクリアランス 700x47c / 650b x 2.1インチ
MTBクラスのタイヤクリアランスを誇ります。
ロードに近いスピード性が売りのグラベルモデルですが、あえて極太の650b x 2.1インチを用意すれば他のグラベルとの差別化が出来そうです。

BB下から伸びる曲線を描いたチェーンステー形状も、独す。
BB位置からいったん下がっている形状は、タイヤクリアランスを確保する為の形状。
また剛性を確保し、ペダルを踏みこむ力を逃がさない効果も狙っています。


IMG_9755fc.jpg
De Rosa - Gravel (2021)
デローザの新型フルカーボングラベルロード「De Rosa Gravel 」
(´・ω・`)現在北欧のノルウェーやスウェーデンで販売されているデローザモデルの様です。
カラーリングはグラベルディアブロカラーと、グラベルチョコレートの2色展開。
このグラベルはグラベルカーボンモデルは、2019年の夏の終わりにEurobikeフェアで最初にお披露目。
ロードバイクブランドとして著名なデローザですが、砂利道を走破出来るグラベルバイクを作って欲しいという声が多く寄せられ、それに答えた形がこのDeRosa Gravel Carbon。
文字通りフルカーボンフレーム仕様。イタリア クザーノミラニーノの工場で製作されている様です。
Hera-titanium-orange-oppak.jpg
DE ROSA HERA TITANIUM
DE ROSA HERA TITANIUMというチタン系グラベルも新登場しましたが、そちらの新型もクザーノミラニーノで製作されている模様。
現在デローザにおいては、チタンモデルとカーボンモデルの2タイプが販売されている様です。
IMG_9755vdszcds.jpg
このDe Rosa Gravelは、2018~2019年モデルに登場したグラベルロード DeRosa Sfida(デローザ スフィーダ)が元になっているの様です。
使用目的はオフロードトレイルライディング、グラベルレース、アドベンチャーライド。
グラベル競技での使用も想定してあるようですが、文字通りの多目的型カーボングラベルの模様。
IMG_9810fecds.jpg
ホイール Fulcrum Rapid Red 5 Wheels
タイヤ Vredestein Aventura 38c Tyres

ホイールもグラベル向きになっていて、フルクラム製グラベルホイール RAPID RED 5 DBを搭載。
(チューブレスレディ対応)
タイヤは、老舗オランダブランドの「VREDESTEIN」。

トップチューブにBENTO BOX用のダボ穴を用意。しかしながらフロントフォークにはダボ穴が存在しない様子。
軽量性や競技性を狙っている、デローザフルカーボングラベルなのだろうか??
IMG_9827cds.jpg
参考画像のコンポーネントは最新のCampagnolo EKAR 1×13の様です。
ウィグルで現在販売されている完成車は、シマノGRX仕様。
ハイエンド系コンポしか搭載しない路線の様ですが、もしかしたらグラベル競技向けなのかもしれませんね。
実際の性能については、実に謎が多いデローザグラベルです。




8032809801160.jpg
BIANCHI ( ビアンキ ) グラベルロード ARCADEX ( アルカデックス ) GRX810 CK16 ( チェレステ ) / ブルー ノート グロッシー L
Bianchi初のフルカーボングラベルBIANCHI ARCADEX。

フルカーボン系グラベルは、ビアンキにとって初の試みになります。
ロードレーサーのスピード性をグラベルロードに落とし込んだ形で、ボリュームあるカーボンフレームを採用しつつ反応性を高めているのも特徴。
フレームは剛性を高めつつも最新のカムテール形状も取り入れた、最新のエアロ形状だ。
ツーリングでの使用も想定してあるが、グラベルレースなどにおいて、アドバンテージが稼げるモデルになっている。
タイヤクリアランスは700×42C、650×47B。
マッドガードやキャリアを装着するためのアイレットも用意しているので、バイクパッキングでの使用も想定してある。
Bianchi-Arcadex-10de.jpg
なんとFSA内装ステアリングACRシステムにも対応。
ブレーキケーブルをフル内装も可能になっている。
Arcadexはロードバイク特有のスピードを併せ持ち、アスファルトからオフロードでもスピード性を発揮する事が出来る。
kiyfjfde.jpg
カーボンモデルといえど、やはりグラベルモデルでもあるのでオフロードにおいても高い走破性持っている様ですね。
最新の空力性能を追及した新型グラベルではありますが。
エアロ性能とオフロードにおける走破性を同時に追求した、ちょっとヤバいビアンキグラベルかも。

2021年05月23日 トラックバック(-) コメント(-)

ドイツ系グラベルモデルを簡単にまとめてみました。

(´・ω・`)日本でも著名なドイツ系グラベルモデルを簡単にまとめてみました。
どのモデルも、スピード性重視なのはどうしてだろう?
ドイツゲルマン系グラベルは、スピードをとことん追求しているモデルが多い。

あとブランドの歴史を追っかけてみましたが、結構他国との結びつきやが強い点がドイツブランドの特徴。
純粋にドイツだけでバイクを製造しているというより、他国との連携を上手くバイク製作に生かしているんですね。
DSCN3008gsrvdz.jpg
FELTは創設者ジム・フェルト氏(米国人)が、ドイツ人と共に立ち上げたブランド。
元々は1980年代、モトクロスのメカニックだったジム・フェルト氏が米国でヤマハやホンダなどのオートバイフレームを製作。
イーストン社のフレーム開発や、ジョニー・オメーラのためのプロ向けトライアスロンフレームや、シクロクロス向けプロフレームも製作していた。
トライアスロンフレームの技術が、現在のエアロロードARシリーズにもつながっている。

2001年にドイツで、自社ブランド「FELT」をスタート。(世界的なマーケット展開の為)
FELT立ち上げの際、アメリカ人ビル・デューリングと、ドイツ人ミヒャエル・ムルマンがパートナーとして参加している。
その後ドイツとアメリカに軸を置く二極体制化。
現在はアメリカ・カリフォルニア州アーバインに拠点を置く。
(´・ω・`)なんとなく現在の主軸は米国っぽいけど、一応ドイツブランドと捉えてもいいかな。
DSCN3009twqatgre.jpg
このFELT BROAM30は、表向きはツーリング&バイクパッキング向けのアルミグラベルロードです。
しかし実は、アルミ剛性を生かして軽快に速度に乗ってくれるタイプ。
(´・ω・`)結構速度に乗り易いタイプかな。MTB寄りというよりは、間違いなくロード寄りの走行テイスト。
タイヤサイズは700x40cと太目ながら、速度が出やすい点に注目。
ま、実際かなりの速度が出せてしまいます。
フレームで走るグラベルロードでして、そういう意味においてはFELTモデルらしい走りをするグラベルモデルでもある。

FELT BROAMのロード寄りのフレーム性能に似合っている。ツーリングとか長距離を、ロードの様に使用出来そうだ。
ドイツロードらしく、フレーム剛性を発揮した走りが印象に残っている。
フェルト 2021年モデル BROAM30 (ブローム30) FELT ロードバイク グラベルロード



2019110912410684bcd.jpg
CANYON GRAIL CF SL 8.0(シマノ Ultegra RX)
Canyonはドイツ コブレンツに本社を置くロードバイク・マウンテンバイク・トライアスロンなどの競技用自転車を製造する総合自転車メーカー。
1985年、競技用の自転車パーツ販売を開始。
キャニオンというブランド名が登場するのは1996年以降。
1024px-Canyon_hq.jpg
2001年自転車本体の製造販売へ業態を移行。インターネットを介したダイレクトセールス戦略を採用。
数年後、ドイツ コブレンツに拠点を移す。

(´・ω・`)さて。
⼆階建てハンドルで有名なドイツキャニオンのグラベルロード「グレイル」についてですが、特徴はスピード性がやたら強いグラベルモデル。
つまりこれもFELTと同じく、かなりスピード寄り&ロード寄りのグラベルロードですね。
まあ、最近出てきた新型はオフロードの軸足を移しましたが。

しかしグレイルの場合悪路走破性もグラベルらしく確保し、しかも速度が落ちにくいのですよ。
非常にドイツロードらしい、直進安定性を重視しています。
フレームに乗っかっている感があり、走行中速度を提供される感覚は、まさにドイツロード。
20191109124109080fre.jpg
エアロロードに走破性を持たせたら、こんな走りになるかな?
フルカーボ ン⼆階建てハンドル「グレイ ルコクピット」についてですが、CANYON GRAILの特徴である、二階建てハンドルになっています。

下ハンがとても握り易く、踏ん張りが効く。実に持ちやすいんですいですよね。
上ハンドル部は衝撃吸収性を強化したという話でしたが、速度を乗せた際通常のロードと同じ様に操作可能。
速度に乗せやすいロードモデルなので、上ハンドル部と下ハンドル部をより握り易い形状になっていましたね。
見た目は奇抜だけど、実に使い勝手重視。

グレイルの印象についてですが、エアロロードをグラベル化したかのようだ。グラベルモデルにおいて、ロード感がかなり強い。
スピード性に最もこだわっていますね。
もちろん長距離の砂利道を走破する為の仕様にはなっていましたが。
直進安定性もドイツグランドらしく確保してありました。
路面状態が悪くても速度が落ちにくい……
悪路において、ロードの走りを再現しようとしているかの様な走りです。少なくともグレイルについてはMTB感がないグラベルですね。


bike-king_cen-cfg4000_3.jpg
CENTURION CROSSFIRE GRAVEL4000

1976 ヴォルフガング・レナーにより、ドイツにてセンチュリオン社が創立。

MTBやBMX、トライアスロン、クロスバイクといった自転車を、欧州から世界へ広めていった第一人者とも言えるブランドです。
90年代センチュリオンのトライアスロンバイクを使用し、トーマス・ヘルリーゲルがハワイのアイアンマンレース (水泳3.8km、自転車180km、ラン42.195km) で優勝。トップブランドの地位を固めることとなる。

2000年になると 技術と品質に定評のあるメリダとセンチュリオンの間に密接な提携関係が成立。
(´・ω・`)当時のメリダの状況はというと、顧客であったアメリカのシュウィンとキャノンデールが倒産。
OEMを依託されていたメリダは顧客を失ったことが、自社ブランドの立ち上げに繋がった。
自社工場を持たないブランドであるドイツのセンチュリオンと提携(後、メリダグループ傘下に)し、設計をドイツ、製造を台湾に分担する形となった。
技術開発・マーケッティングについてもメリダとセンチュリオンは互いに協力。
当時は兄貴分がセンチュリオン、弟分はメリダって感じでしたが。
今や弟の方が、本家っぽくなってしまいました。
bike-king_cen-cfg4000_5szcz.jpg
センチュリオンのアルミグラベルロードシリーズ CROSSFIRE GRAVEL。
シマノShimano GRX RX810を採用した、ハイエンドグラベルモデルです。
元々シクロクロスモデル由来のグラベルロードでして。

2016年に創立40周年を迎えたセンチュリオン社が、オフロードバイクの製造で培った技術を余すところなく投入した、軽量シクロクロスバイクがクロスファイヤーシリーズでした。
2018年そんなクロスファイアーシリーズのジオメトリーに、太めの40Cタイヤなどを採用したグラベルロード「クロスファイヤー グラベル」発売。
安定性を重視させ、パイクパッキングなどのツーリング用途にも対応。
bike-king_cen-cfg4000_11.jpg
センチュリオングラベルの場合、ハイエンドモデルもアルミフレームな訳でして面白い。
アルミフレームにハイエンドグラベル用コンポShimano GRX RX810を持ってくるあたりが、センチュリオン。

ドイツセンチュリオンは、かつての8㎏台の軽量シクロクロスモデル「CROSSFIRE CARBON 4000」のハイエンドには、カーボンフレームを用意していましたが。
このハイエンドグラベルモデルには、なんとハイエンドアルミフレームで勝負してきています。
(やはりシクロクロス競技のおいてはフレームごと「担ぐ」事があるため、センチュリオンシクロクロスモデルは軽量化を重視してカーボンフレーム仕様。グラベルロードにアルミフレームにすることでリサイクル性と堅牢性を重視している)

グラベルモデルの「CENTURION CROSSFIRE GRAVEL4000」の場合は、様々な路面で走行可能なグラベルモデルとして悪路走破性、旋回性と巡行における安定性を重視。
40Cと太目のタイヤを用意しています。
CENTURION センチュリオン 2020年モデル CROSSFIRE GRAVEL 4000 クロスファイヤーグラベル4000 ロードバイク


2021000022715.jpg
CORRATEC A-ROAD CARBON
corratec……1990年、南ドイツのローブリングで誕生
研究・開発から組み立てに至るまで、アルプスの麓の本社で行われています。
corratecのロードバイク「R.T.CARBON」「DOLOMITI」「A-ROAD」は、日本の自転車産業を支えてきた大阪府 堺市の専門工房「株式会社ワコー」において精度の高い組み立てが行われています。


軽量フルカーボングラベルCORRATEC A-ROAD CARBON !!
GRXスぺックに、軽量SLカーボンのお蔭で車重8.8kgとかなりの軽量さですね。
2021000022715-1.jpg
フレームは、緩くカーブさせたトップチューブや接合部分にかけて上側を扁平させたシートステーの構造を採用しているの為乗り心地抜群。
ジオメトリーについては、ホイールベースは長めに設定して安定性を高め、トップチューブは短めに設定して楽なライドポジションとなっています。

軽量SLカーボンフレームのジオメトリーは、ホイールベースは長めに設定し安定性を高め、トップチューブは短めに設定、楽なライドポジションでロングライドを楽しむことが出来ます。
フレーム素材に700TのUDカーボンを採用。軽快な走りに寄与する軽量性と剛性を獲得。

フレームにエアロデザインを取り入れており、ハイスピードライドに対応させている。
(´・ω・`)やはりそのあたりがドイツ系グラベルか。
2021000022715-6.jpg
エンデュランスジオメトリーなので、ツーリングでの使用もOK。
緩いアーチ状のトップチューブや、扁平形状のシートステーで振動吸収性を担当。
ホールベースは長めに設定し直進安定性を高め、トップチューブを短めに設定することで上半身が楽なポジションも可能。
タイヤクリアランスは最大45mmなので、オフロードでの走行も視野においている。
2021000022715-5.jpg
コンポーネントはSHIMANO GRX
チェーン暴れを防ぐスタビライザー機構を備えたリアディレイラーや、オフロードに最適な48×31Tのコンパクトなフロントギア、 操作性とグリップ性に優れた新形状のSTIレバーなどが特徴でグラベルに駆り立てられるパッケージ。
【店頭特価】CORRATEC ( コラテック ) ロードバイク A-ROAD CARBON GRX WH-RX570 グレー / レッド 49

2021年05月20日 トラックバック(-) コメント(-)