グラベルロード&シクロクロス スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > グラベルロード&シクロクロス

Tifosi Cavazzo Disc Tiagra Road Bike (2020)


prod194378_Black - Silver_NE_02
Tifosi Cavazzo Disc Tiagra Road Bike (2020)
ディスクロードTifosi Cavazzoは、シクロクロス、通勤用自転車、ロードバイク、グラベルバイクなどの要素を一つにまとめたバイクです。
ディスクブレーキを採用したフラットマウントディスク仕様、大幅なタイヤクリアランス、さらにはあらゆる箇所にマウント可能なフレームを用意するなど、さまざまな用途に対応した1台になります。
ddefault.jpg
Tifosiは英国自転車ブランド「Chicken Cycle Kit」の自社ブランド。
英国バーミンガムのハイエンドロード愛好家向けのプレミアムブランドを扱う販売代理店ですね。
最軽量4.6kgのCampagnolo Super Record完成車などの製造実績もあるそうだ。


Tifosi Cavazzoは、さまざまな用途に適応できる万能モデル。
ジオメトリがニュートラルで、タイヤクリアランスを大幅に持たせています。
つまりグラベルやシクロクロスなど用途を絞りたい場合には、タイヤ交換で対応する形になります。
(タイヤのクリアランスは最大40mmまで。ロードとして使用したい場合は28mm以下)


Cavazzoのフレームデザインは、Toray T500とT700カーボンファイバーを組み合わせて使用​​することで、強度、剛性、重量の完璧なバランスを実現。
標準のTifosiロードマシンよりも最低限長いホイールベース。
可能な限り用途が広くなるように設計された、軽量のカーボングラベルバイクとも言えますね。
長いホイールベースとヘッド角度は、非常に安定した走行性能を獲得しています。

この安定した走行性能は、曲がりくねったコーナーをオフロードにおいても苦労せずにこなせます。
グラベルをこなし、シクロクロスをこなせるモデルが欲しいというニーズに沿ったフレーム形状です。
チェーンステーは、シクロクロスの標準的な長さよりも長いですが、よりスピーディーなグラベル走行に適しています。
prod194378_Black - Silver_NE_01cgn
シートポスト  Tifosi Alloy
サドル  Selle Italia XBase


prod194378_Black - Silver_NE_02ihi
ハンドルバー Tifosi Gravel Alloy
ステム Tifosi Alloy

Tifosi Cavazzoはロードバイクとして使えるが、ハンドルバーはやはり悪路を意識したフレア形状。
曲がりくねったオフロードの地形を走破する際、に対応した浅いフレアバー形状を採用しています。
prod194378_Black - Silver_NE_02y7yo
ホイールセット Vision Team 30 BT Disc
タイヤ Schwalbe G-One 700x38c, 700x45c, 650b x 2.1" or 29x1.85"

タイヤ Schwalbe G-One 700x38cとVision Team 30 BT Discは、優れた牽引力とコントロール性能を提供します。
これにより、滑らかな路面から砂利道が混在する田舎道までの冒険を楽しむ事が可能。
prod194378_Black - Silver_NE_02hol
フォーク  Carbon UD 1-1/8" to 1-1/2" with mudguard eyelets and front rack mounts
アクスル 12x100mm Front, 12x142mm Rear
Cavazzoはそれ自体が素早く滑らかで反応の良いロードバイクであります。
しかし悪路や非舗装路になると、多少速度は落ちます。
悪路においては多少注意深く走る必要がある様です。
街中やロードバイクでスピードを上げることが可能なグラベルモデル。
ですが泥の中や、シクロクロスコースなどの過酷な難所に使えます。

マウンテンバイク系の過酷なトレイル向きというよりは、シクロクロス競技や都会や郊外でのライドの方が得意です。
(´・ω・`)ま、流石にそれはそうか。
prod194378_Black - Silver_NE_02giio
フレーム UD Toray T500 and T700 Carbon with mudguard, rack and 3 bottle cage mounts
フレームには3つのボトルケージマウントがあります。
2つは通常のダウンチューブとシートチューブ上部、もう1つはダウンチューブの下部に配置

機械式または電動式シフトケーブルは内部で配線されており、ボトムブラケットの下の取り外し可能なギミックによってダウンチューブとチェーンステーにアクセスしやすくなっています。
prod194378_Black - Silver_NE_02get
クランクセット FSA Omega MX Chainset 42T
チェーン KMC 11x

Tiagraドライブトレイン仕様のロードギアを備えており、10速仕様になっています。
prod194378_Black - Silver_NE_03gss
巨大なダウンチューブはボトムブラケットを覆う程のボリュームです。
スプリント時にフレックスがゼロになります。真っ直ぐなシートステイはmmを与えないので、快適さは27.2mmのDeda Zeroポストルームを屈曲させる傾斜したトップチューブに依存しています。BBはネジ式の外部Shimanoで、メンテナンスが簡単で、時間の経過によるきしみ音がありません。

prod194378_Black - Silver_NE_03ho
リアラックを積載する為に、かなり頑丈なマウントポイントがあります。
前部と後部に積載可能。
もちろんリアラックと同時にマッドガードも取り付け可能。
コンパクトリア三角にはストレートのシートステイが用意されています。
つまり衝撃吸収性や快適性はシートステーよりも、傾斜したトップチューブが担当しています。
Tifosi Cavazzo Disc Tiagra Road Bike (2020)

2020年03月27日 トラックバック(-) コメント(-)

BREEZER RADAR EXPERT  米国でグラベル好きのオーナーが、勝手に組んだ様なユニークな仕様

radarexp_feq.jpg
BREEZER RADAR EXPERT
米国BREEZER BIKESのフルクロモリグラベルロード RADAR EXPERTなんですが。
このRADAR EXPERTって、まるで米国でグラベル好きのオーナーが勝手に組んだ様なユニークな仕様になっています。

何が凄いかってシフターはロード用コンポSORAスペック。
ドライブトレインはMTB用コンポーネントShimano Deore仕様になっている点です。
ロード系コンポとMTB系コンポを組み合わせている点が、まるでグラベルロード黎明期みたいですね。

radarexp_3.jpg
フォーク Chromoly disc, 1 1/8", QR w/rack, fender & side bottle mounts
ブレーキ Tektro Spyre C hydraulic caliper
ホイールセット WTB STP i23 TCS disc, tubeless compatible, Formula sealed bearing hubs, 14g SS spokes, 32H
タイヤ WTB Riddler Race, 700×45c, wire bead


販売価格は12万円台ですが、足回りとかベテランユーザーが組んだかのような凄まじさw
ブレーキは通常のSORA機械式レバーで操作できる、ハイブリッドタイプの油圧ディスクブレーキ。
(対向ピストンの油圧&機械式ディスクブレーキ)
ブレーキ本体にマスターシリンダーと対向ピストンが用意されており、それをワイヤーケーブルで引く事で強力な制動力を得る形になっています。
(´・ω・`)コストはかけずに、強力なストッピングパワーを得る為に考え抜かれていますね。
惹き心地はSORAのワイヤーではありますが、制動力は油圧か……。


更にタイヤサイズも通好み。元々BREEZER はMTB黎明期にJoe Breezerが立ち上げた名門オフロードブランドだけあって、タイヤサイズも山などでの使用も視野においているので700×45Cサイズを採用。

グラベル用タイヤWTB Riddlerは、舗装路での使用も視野に入れているグラベル用バイクで最小限の抵抗で舗装路においても上手く転がることができます。
(舗装路、泥道、砂利道、そして岩場を伴った悪路などどこにでも走破可能なグラベル用タイヤ)
幅広の45Cサイズ耐パンク性タイヤは、岩場などを走破しつつ過酷な悪路においても巡行する事を目的としたサイズ。
radarexp_1.jpg
ハンドルバー Oval Concepts 325, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 125mm drop, 25 degree flare, 4 degree sweep
ステム Breezer B-Road, 3D-forged 6061 stem body, +/-6 degree

シフター Shimano Sora, 9-speed
更にハンドルバーはグラベル用フレアタイプ。米国FUJIと同じですね。
(´・ω・`)ロード系ハンドルではなく、最初からオフロード用ドロップハンドルを用意してくれたか。
SORAスペックのシフターなので、通常のドロップハンドルかもしれないと危惧したのですが。
やはりその辺はBreezerですね。
ハの字に開いたハンドルが特徴で、最初から非舗装路における安定性を保つためのハンドル形状をしっかり用意してあります。
案外注目点はSORAシフターより、このフレアハンドルかもしれませんね。
ハンドル形状で、全然グラベルって走行感が変わりますから。
radarexp_2.jpg
ヘッドセット FSA 1 1/8” Threadless, 6.5mm Aluminum Top Cover
最大で2.1インチのオフロードタイヤを装着することも可能なタイヤクリアランス。
radarexp_4.jpg
フレーム Breezer butted chromoly steel, BSA threaded BB, Apex disc mount 135mm QR
ダブルバテッドのクロモリで構成されるフレームとフォークには、ラックマウントはもちろんのこと全部で5つものボトルケージ台座が装備。
パニアをつけるクリアランスは充分にあり、チェーンステー長を長くしてたくさん荷物を積載した際の走行安定性を高めた設計。
radarexp_8.jpg
radarexp_5.jpg
ちなみにあえてスルーアクスルを見送り、クイックリリース式を採用。
あえてクイックリリース式にした訳は一応理由があって、ツーリング時において20年以上も前から流通している135cmのディスクハブの方が、入手し易いのでは? というのが理由。
BB下がりが75mmと低く、チェーンステー長は457mmと長めに取られており、低重心で直進安定性が高い。
radarexp_6.jpg
フロントディレーラー Shimano T4000
クランク Breezer 2-pc w/hollow axle, 46/30T
カセット Shimano HG, 11-36t, 9-Speed
リアディレーラー Shimano Deore, long cage
リアスプロケットはワイドレンジでフロントは46×30のチェーンリングを採用し、急な登り坂や下り、また目一杯荷物を積んだ状態であっても最適なギア調整が可能。

(´・ω・`)なんだかドライブトレインが凄い事になっていますね。
シフターはSORAですが、リアは11-36Tのスーパーワイドなギア比。
更にクランクはBreezer 2-pc wで、46/30Tになっていますね。
あ、そうか。これギア比1:1以下を実現しているやんか? ツーリング時における登板性能も重視している訳か。
コストかけなくても、ここまで面白いドライブトレイン構成って可能なんですね。
radarexp_9.jpg
サドル WTB Volt Sport, Satin Steel Rail
シートポスト Breezer Setback, 6061 alloy, 27.2mm diameter

サドルは米国WTB製WTB Volt。
MTBエンデューロやオールマウンテンなどに使用されるサドルです。
座り心地を重視。
radarexp_10.jpg

RADAR EXPERT(ラダーエキスパート) BREEZER(ブリーザー) グラベルロード/シクロクロスバイク

2020年03月15日 トラックバック(-) コメント(-)

3T Exploro Pro GRX  エアログラベルロード3T Exploroシリーズから、グラベル用コンポGRX搭載モデルが登場


Explorjyrf.jpg
3T Exploro Pro GRX
イタリア3Tのエアログラベルロード3T Exploroシリーズから、グラベル用コンポGRX搭載モデルが登場したんですね。
3T Exploro Pro GRXは文字通りエアログラベルモデルあり、Shimano新型グラベル専用GRXグループセットを搭載した最初の3Tモデルになりました。

(´・ω・`)欧州のロードバイク市場は飽和状態ですがグラベルロード市場という新しい市場が誕生した事により他ブランドも続々と新型を投入していますが。
凄い勢いですね……。
多くの国際的なプロのサイクリストが、グラベルレースに切り替える意向を示していますし。
盛り上がるグラベルロードに合わせて、3T Exploro Pro GRXの様なコンポーネントにおいてグラベルにターゲットを絞ったモデルも登場してきたという訳ですか。

Exploroはエアログラベルロードという事で、一度に複数の地形を走破する事を想定しています。
どの様な地形においてもペースを上げ、高速で疾走する事が可能。

あらゆる路面で高速性を発揮するモデルですが、今回GRXを採用したことで操作面においてもより極端な悪路にも対応可能。
最大54mmのタイヤクリアランスを獲得しています。
1568996.jpg
ハンドルバー 3T Superergo PRO (S: 40cm - M: 44cm - L: 44cm - XL: 44cm)
ステム Apto PRO (S: 80cm - M: 90cm - L: 100cm - XL: 110cm)


GRXコンポーネントを搭載した3T Exploro Proは、Exploroモデルのラインナップにおいてはミドルグレード~エントリー扱いになります。
エントリーモデルにおいてはSHIMANO RIVAL1グループセット採用モデルも登場しましたが。
ハイエンドとなると、SRAM RED eTAPを採用した「EXPLORO LTD RED eTAP 2x12s」などもありますね。

3T Exploro Pro GRXモデルの価格は、ハイエンドモデルよりもはるかにリーナブルに設定。
(´・ω・`)既に販売が開始した海外においては、品質のグラベルコンポーネントを装備した頑丈なグラベルバイクを探しているユーザーに人気のあるモデルとなっています。

3T Exploro Pro GRXモデルに付属するハンドルは「3T Superergo PRO」ハンドルバー。
ハンドルトップ部は卵形で握りやすく、ロングライドでも手に疲労を貯めにくい仕様です。
RivalとGRXの両方のモデルにはPROハンドルバーが付属していますが、ハイエンドモデルには全て「3T SUPERERGO TEAM STEALTH」ハンドルバーが付属しています。

grx1jtuyr.jpg

3T Exploro Pro GRXおよび3T Exploro Pro Rivalモデルには、3T EXPLORO PROフレームが採用されています。
ハイエンドの3T EXPLORO LTDフレームと比較するとわずかに重いですが。
それでもグラベルロードとして、完成車重量 9.2kgというのはやはり軽量ですね。
流石にExploro Proモデルは、山岳グラベルレースに使用する最軽量モデル「3T EXPLORO LTD RED eTAP 2x12s」8.0kgには及びませんが。
グラベルにエアロ性能を追求した事で、標高 1000m を超えたダート走行や下りなど全ての環境下でエアロを追求。

また3T Exploro Pro GRXのフレームには、他社のグラベルモデルと比較すると独自のデザインにおけるアドバンテージがあります。
ブルーグレーのカラーリングは、なんと3Tイタリア工場で仕上げたカスタムペイントなんですよね。
3Tフレームカラーは欧州で実際自家用車などに使用されている色を参考にしており、カラーリングに関しても欧州色が強いのが特徴。
特にこのメタリック系ブルーグレーカラーは、異なる照明条件において色合いが変化していきます。
華麗な欧州デザインのグラベルモデルを探しているなら、3Tって結構穴場なんですよね。
ir7647.jpg
3T完成車モデルの名前は、採用されたグループセットを表記しています。
グラベル用コンポーネントGRXシリーズにはRX400 (Tiagra同等品)、RX600 (105同等品)、RX800 シリーズ(Ultegra同等品)などがありますが。
3T Exploro Pro GRXは、これらのGRXコンポーネントを組み合わせた形になっています。

Exploro Pro GRXモデルのシフトレバーには、GRX RX600が搭載。
レバーは非常に快適かつマットな感触で、手にしっかりとしたグリップを提供。
(´・ω・`)天候が雨の際や、悪路においても安定感のある変速操作を重視しています。
レバーが濡れても、しっかりとホールドできましたし。
個人的にはGRX RX600を持ってきてくれたお蔭で、相当変速操作に関してこだわっている感が。
油圧式ディスクブレーキキャリパーはGRX RX400仕様。
20200217111856938nhvjf.jpg
ヘッドセット  Sealed cartridge 1.125" - 1.5"
フレーム Unidirectional pre-preg carbon, High-modulus/high-strength performance blend layup
フォーク 3T Fango PRO

3T Exploroのエアロ性能を持ったエアログラベルロードは舗装路においては滑空し、砂利道などのオフロードにおいては爽快な走りを見せます。
高速でありながら快適な乗り心地を実現する、エアログラベルロードなのです。
Explorjyhreth.jpg
クランクセット Praxis Alba M30 DM(S:170mm-M:172,5mm-L:175mm-XL:175mm)
リアディレイラー Shimano GRX-ダイレクトマウントロングケージ
カセット/リアコグ Shimano CSM 7000 11-42T


3T GRXモデルに取り付けられているリアディレイラーは、11スピードShimano GRXRX812 。
このディレイラーは、MTBのスタビライザー機能が採用されています。チェーンの張力を維持し、凹凸のある表面でのチェーンの落下を防ぎます。
カセットには Shimano CSM 7000 11-42T が付属。
1xドライブトレインの見た目がすっきりしていることは、3T Exploroの洗練されたデザインを非常によく引き立せています。

3Tは 、1x GRXクランクセットをあえて採用していないので完全なGRXグループセットではありません。
代わりに、あの高品質ドライブトレイン専門ブランドPraxisのAlba M30クランクセット 42Tを選択。
このチェーンリングは11-42Tカセットと組み合わせて、最大1:1のギア比に設定できるので急坂にも対応可能。

また、荒い砂利道での乗り心地をスムーズにする為、チェーンステーに関して非対称な設計です。
explorjyr.jpg
3T Exploro Pro GRXのチェーンステーは、市場に出回っている他のバイクと比較するとかなり短くなっています。
ドライブトレイン側チェーンステーは、非ドライブトレイン側に比べて角度が付いていますね。

このバイクのジオメトリの最大のポイントはタイヤクリアランスを拡張しつつも、高速性を重視したエアロ設計になっている点ですね。Exploroのエアロ高速性能重視の姿勢がジオメトリにまで広がっている訳です。
Explorkutretkgu (2)
ホイール/リム Fulcrum Racing 7 DB、DRPダブルシールハブ、700c、チューブレス対応
タイヤ WTB Riddler 700x37c


3T Exploro ProにはFulcrum Racing 700 Dicsブレーキホイールセットが付属。
安定感が得られ、凹凸のある表面に関しては乗り心地が優れているホイールです。
砂利道や舗装路での推進性を高めます。

また3T Exploro Pro GRXモデルに装着されているタイヤはWTB Riddler 700x37c。
リドラー37mmタイヤは、緩い砂利道において高速で転がすことができます。
3T スリーティー EXPLORO LTD エクスプローロリミテッド フレームセット

2020年02月17日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 Rondo Ruut Ti   Shimano GRXグループセット&英国Huntのグラベル専用ホイール


Rondo-Ruut-Ti-Gravel-Bike-2020-Adventure-Bikes-Titanium-Black-2020-RB-088.jpg
2020 Rondo Ruut Ti Gravel Bike

Rondoの2020年モデルRuut Tiディスクグラベルバイクは、モデルチェンジし、耐久性と汎用性を重視しています。
軽量のチタン製フレームは、チタンフレームをより快適性を重視し最適化。長い冒険に適した快適さを重視した新型ジオメトリです。
更にRondoTwintip 2.0カーボンフォークで、フレームジオメトリを切り替え可能。
この2020年モデルからグラベル用コンポ―ネントShimano GRXグループセットと、英国ホイールブランドHuntのHunt Gravel Wideホイールが付いてくるんですね。

英国Huntのグラベル用ホイールセットは、高強度、低重量、チューブレス対応のグラベル用ホイールです。
(´・ω・`)グラベル用コンポに、英国ハントのグラベル用ホイールまで用意してきたか……
ポーランドRondoと英国ホイールブランドHuntはエアロロードの分野でもコラボレーションしていますし。
足回りもコンポーネントも完全にグラベル仕様に強化してあるのが2020年モデルの特徴。
オフロードに対応する為に、この2020年モデルから最大700×50Cタイヤクリアランスを確保してあります。
2019080712233795bcdsgte.jpg
2019 Rondo Ruut Ti 1
参考までに、2019年モデルRondo Ruut Ti の場合のタイヤクリアランスは以下の通り

700Cサイズで最大40C(700×40C)
650Bで2.1インチ(650B x 2.1インチ)

タイヤはPANARACER GRAVEL KING SK 700X 35Cでした
ちなみにコンポーネントはSRAM FORCE 1のワンバイ


2020年モデルのタイヤサイズはWTB Nano 700×40Cと、よりボリュームUPしています。
(´・ω・`)いかに2020年モデルが、よりグラベル向けにパワーUPしたか分かりますね。



2020年モデルからシマノGRX 11スピードドライブトレインを導入したり理由は、急勾配のオフロードルートに対応したり、シマノGRX油圧ディスクブレーキで下り坂でのブレーキコントロール性を強化する為。
確かにシマノGRXのブレーキ性能はエントリーグレードでも、かなり強力だから。
ブレーキ性能に関しては、相当期待していいかも。
Rondo-Ruut-Ti-Gravel-Bike-2020-Adventure-Bikes-Titanium-Black-2020-RB-088-0.jpg
サドル  Fabric Scoop Flat Cr-Ti
シートポスト Rondo Carbon 350x27.2mm
リム Rondo X Hunt Gravel Wide Aluminium
フロントアクスル  100/12mm/thread 1.5
リアアクスル 142/12mm/thread 1.75
タイヤ WTB Nano 700c x 40c


オフロードトレイルや砂利道に乗るために設計され装備された、新型2020 Rondo Ruut Ti 。
ありとあらゆるの地形において、高速性と強力なグリップ性能を提供。
WTB Nano 700×40Cを装着した、Rondo X Huntコラボホイールで疾走します。
(さらに、これらのホイールは信頼性の高い12mmスルーアクスルによって固定)
Rondo-Ruut-Ti-Gravel-Bike-2020-Adventure-Bikes-Titanium-Black-2020-RB-088-1.jpg
フレーム Ruut Titanium 3AL-2.5V

Rondo Ruut Tiフレームは、軽量で剛性があり、ラックとボトルケージマウントのフルセットを備えています。
また、新型2020年モデルフレームはジオメトリとチューブの改良により、より快適性も重視。
更によりワイドなタイヤクリアランスを確保している点が特徴です。

Rondoのグラベルモデルには、ありとあらゆるフレーム素材のグラベルモデルがあります。
アルミフレームモデル「Rondo Ruut AL」シリーズは21~17万円程度のリーズナブルな価格帯。
一方、カーボンフレームを使用したモデルには「Rondo Ruut CF」シリーズは32~59万と幅広く、価格に応じて様々なグレードのコンポが用意されています。
Rondo Ruutはスチール、アルミニウム、カーボン、またはこのチタンバージョンでも利用可能な点が特徴。
チタンやカーボンフレームセットは、アルミニウムのフレームセットに比べてより軽量になりますが。
(´・ω・`)個人的には悪路などの際における、路面からの突き上げに対抗し易いフレーム素材だと思います。
もちろん担いだ際の軽量さにも、注目していいのでしょうが。
Rondo-Ruut-Ti-Gravel-Bike-2020-Adventure-Bikes-Titanium-Black-2020-RB-088-2.jpg
2020 Rondo Ruut Tiの主な特徴
チタンフレームをより快適性を重視し最適化
RUUT TWINTIP 2.0カーボンフォークとラックマウント
フラットマウントディスクブレーキ|
フェンダーマウント
タイヤクリアランスの拡大(最大700 x 50Cまたは27.5 x 2.2)|
シマノGRXグループセットを採用

Rondo-Ruut-Ti-Gravel-Bike-2020-Adventure-Bikes-Titanium-Black-2020-RB-088-3.jpg
シフター  Shimano GRX Rx600
Rondo-Ruut-Ti-Gravel-Bike-2020-Adventure-Bikes-Titanium-Black-2020-RB-088-4.jpg
フォーク TwinTip Carbon 2.0
ブレーキ Shimano GRX Hydraulic Brakes
ジオメトリを簡単に調整できるツインチップフォークテクノロジーをチタンフレームに採用
2020 Rondo Ruut TiにはRondo独自の「TwinTip」フォークを備えており地形/ライディングタイプに合わせてジオメトリを変更できます。調整可能なドロップアウト機構をチタンモデルにも継続して採用。

2つのポジションが可能になることで、リラックスしたグラベルアドベンチャークルージング、または高速グラベルレースに対応出来る。
Rondo-Ruut-Ti-Gravel-Bike-2020-Adventure-Bikes-Titanium-Black-2020-RB-088-6.jpg
Rondo-Ruut-Ti-Gravel-Bike-2020-Adventure-Bikes-Titanium-Black-2020-RB-088-8.jpg
BB BSA 68mm
Rondo-Ruut-Ti-Gravel-Bike-2020-Adventure-Bikes-Titanium-Black-2020-RB-088-5.jpg
クランクセット FSA Gossamer 42t 170mm(S), 172.5mm(M,l), 175mm (Xl)
Shimano GRXリアディレイラーは、チェーン暴れ防止用のスタビライザー機能が搭載されています。
ワンバイの場合、荒れた路面を走行する場合でもチェーン暴れを防止可能。
更により幅の広いギア比を狙った設定になっています。
Rondo-Ruut-Ti-Gravel-Bike-2020-Adventure-Bikes-Titanium-Black-2020-RB-088-7.jpg
リアディレーラー Shimano GRX Rx812
カセット  SRAM XG1175 10-42 11 Speed

チタン素材は耐腐食性があり金属疲労強度が高い点が特徴です。
ですのでグラベル用フレームには最適な素材の一つ。
ポーランドブランドRondoとしては、チタンフレーム独特の滑らかな乗り心地を狙ったそうです。
(それと同時にグラベルレースにおける軽量性と強度も狙っている)
ですので日常用として使用する分には、十分過ぎる程丈夫に仕上がっている訳で。相当長期に渡る使用も視野に入れています。
Rondo Ruut Ti Gravel Bike (2020)

2020年02月13日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 Rondo Booz ST Urban Bike  ジオメトリを微調整するTwintipフォークを搭載した、ポーランドクロモリクロスバイク


prod187116_Military Green-Black_NE_02xz (1)
2020 Rondo Booz ST Urban Bike
ポーランドブランドの「Rondo」のクロスバイクが、あまりに凄まじいので紹介w
このRondo Booz STスチールバイクは、街で疾走する事を目的としたバイクなんですが。
Rondoグラベルロードのシステムを、クロスバイクに取り入れている点が特徴。

速くて楽しいワイルドなRondo BOOZ STアーバンバイクは、頑丈なスチールフレーム構造と、ジオメトリを微調整するTwintipフォークを備えています。
更にタイヤには、ロードプラスタイヤWTB VENTURE 650B X 47を用意!
Rondo Boozは650b、47mm幅のタイヤを備えたフラットバーアーバンモンスターバイクな訳ですよ。

しかもドライブトレインにMTB系ワンバイ SRAM NX 1, 11-Speedを採用。
ワンバイはスムーズな変速操作性を重視し、油圧ディスクブレーキにより路面が濡れている場合でも、必要に応じて確実に停止できます。
rondo-booz-2-1548254389411-hext09et2ppn-99dc691ge.jpg
2019 Rondo Booz urban bikeモデルドライブトレイン部
2019年モデルの場合、カーボンベルトドライブに内装変速機を組みあわせた都市交通に主軸を置いている印象でしたが。
この2020年モデルより外装変速仕様のワンバイSRAM NX1ドライブトレインを持ってくることで、オンロードおよびオフロード双方での使用環境を拡大した様です。
いずれにしてもポーランドモデルらしく、美しいCroMoフレームとユニークなフォークの組み合わせは健在ですね。

prod187116_Military Green-Black_NE_02xz (2)
フレーム  RUUT DOUBLE BUTTED CRO-MO

スポーティーで速いこのスチールバイクは極太のロードプラスタイヤで転がり、路面の穴やその他の凹凸の衝撃を吸収。街中を疾走し、縁石を飛び越える事が可能になります。
また極太のロードプラスタイヤを装着していますが、舗装路において速く疾走する事を可能にしています。
幅広のフラットバーにより、ステアリングの優れた制御が保証されます。

2020 Rondo Booz ST Urban Bikeの特徴

調整可能なフォークトレイル
ワンバイ SRAM NX 1, 11-Speed
油圧式フラットマウントディスクブレーキ

prod187116_Military Green-Black_NE_07dxz (2)
サドル  FABRIC SCOOP FLAT
シートポスト RONDO 350 X 27.2

prod187116_Military Green-Black_NE_06
ハンドルバー  RONDO HORIZON 660MM
グリップ RONDO GRIPS
ステム RONDO 80MM(S,M), 90MM(L,XL)

シフター SRAM NX
prod187116_Military Green-Black_NE_07dxz (1)
フォーク TWINTIP CARBON
ブレーキ SHIMANO BR405
ハブ RONDO SUPERLIGHT SEALED BEARINGS
フロントアクスル  100/12mm/thread 1.5
ジオメトリを簡単に調整できるツインチップフォークテクノロジー
Booz STにはRondoの「TwinTip」フォークがあり、ライダーは地形/ライディングのタイプに合わせてジオメトリを変更できます。
グラベルロード「Rondo Ruut」シリーズや、エアロロード「Rondo HVRT」シリーズにも採用されている調整可能なドロップアウトシステムです。
(´・ω・`)まさか、クロスバイクにまで採用してきたとは……
Rondo-RUUT-CF1-A2077_b_17cdsdefcdssdxacd.jpg

ロンドは独自の「TWINTIPフォークテクノロジー」を採用。
これにより、フロントホイールを2つの異なる位置に取り付けることができます。

LO位置(エンデューランス)では、よりリラックスしたライディングポジションに可変。
快適なトレーニングバイクとして使用できます。

HI設定(レーシング)では、レース性能を前面に出してきます。
より攻撃的なポジショニングと機敏なハンドリングを実現します。


シティバイクのBoozは、この2020年モデルより完全に再設計されました。
RONDOはグラベルロードに採用されているTwinTipコンセプトを街に持ち込み、スポーティーな通勤用クロスバイクを探しているユーザー向けの仕様になっています。

また、シマノ製ティアグラグレードの油圧式ディスクブレーキ「SHIMANO BR405」を装備し、全天候型の強力で信頼性の高いブレーキ性能を実現しています。
(´・ω・`)ロード系油圧ディスクブレーキを採用してきましたか。
YAMAHA製ebikeなどにも採用されていますが、ロードプラス系クロスバイクにも見かけるようになってきましたね。
prod187116_Military Green-Black_NE_14
このワンバイロードプラス仕様の怪物クロスバイクは、信頼性が高く安定したクロモリスチールフレームを特長としています。
都市交通における柔軟性を提供して快適性を高めています。
また、極太のロードプラスタイヤとスチールフレームとの相乗効果で、悪路において路面からの対上げを効率的に吸収する効果も期待できます。
prod187116_Military Green-Black_NE_12
prod187116_Military Green-Black_NE_09
クランクセット  FSA OMEGA EXO 42T 170MM(S), 172.5MM(M,L), 175MM (XL)
BB BSA 68mm

リアディレーラー SRAM NX 1
SRAMのMTB系コンポーネント「SRAM NX」
エントリーグレードですが、手軽に1×11環境を楽しめるワンバイです。
幅広い11-42Tカセットを備えたSRAM 1x11スピードドライブトレインは、都市交通やありとあらゆる環境下におけるグラベルライド向けに、幅広いギア比を提供します。
prod187116_Military Green-Black_NE_08
リム RONDO ALUMINIUM 584-23
リアアクスル 142/12mm/thread 1.75
タイヤ  WTB VENTURE 650B X 47

重量  10.5KG
ポーランドRONDOは技術的にも視覚的にも、彫刻の様な美しいバイクを製作する傾向にあります。
元々ロードバイクとマウンテンバイクユーザーの双方に楽しんでもらえる為、オフロードバイクブランドRONDOがスタートした経緯があります。ロードプラスタイヤ仕様のクロスバイクですが、細いクロモリフレームがシャープな印象を与えますね。
Rondo Booz ST Urban Bike (2020)

2020年02月11日 トラックバック(-) コメント(-)