グラベルロード&シクロクロス スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > グラベルロード&シクロクロス

3T Exploro RaceMax  ハイスピードグラベルレースを戦う為の、斬新なカーボンエアログラベルレースバイク

ikjyruhe5357.jpg
ハイスピードグラベルレースを戦うために生まれた3T EXPLORO RACEMAXが新たに登場してきました。

グラベルレースにフォーカスしたレースバイクが3Tより発売になります。
エアロ効果をさらに高めたフレームデザインは、なんとTTモデルやトラックモデルのエアロ技術をグラベルに投入!
前面投影面積を少なくし、シートチューブもエアロ効果を考慮。
長時間の乗車でも疲労感を低減する、エアロデザインのグラベルレースバイクになります。

3Tは新型Exploro RaceMaxでエアログラベルレースバイクのラインナップのトップグレードを刷新。
タイヤクリアランスの拡大も狙った新型で、大型のタイヤを使用してもなおエアロ効果が狙えたりするとか。
650Bワイドタイヤにおいてもエアロダイナミクスを向上させて、速くても遅くても対応出来る新しい方向性を持ったエアログラベルバイクです。
jilohiuhjk67ru.jpg
3T EXPLORO RACEMAX フレームセット
新型Exploro RaceMaxは、単一の高弾性率&高強度カーボンファイバーレイアップを備えたフレームセットです。
jyfr65uey.jpg
iktu7r6u.jpg
3Tは1050gのフレーム重量を主張しています。超軽量ではありませんが、なかなかの軽量フレームの様ですね。
75mm幅の巨大なダウンチューブ形状をであると考えると、なかなかの数字です。
完成車でも、8.12kgという実測値を叩き出しています。
(どのサイズ&完成車かは不明)
101334238_10158251310211310_2091408649472704512_n.jpg
エアロ効果をさらに高めたフレームデザインは前面投影面積を少なくし、シートチューブもエアロ効果を考慮。
jkfd.jpg
通常のグラベルライダーは、グラベルレースに出ているときはエアロ性能に重点を置いていません。
しかし激しい逆風と向き合わなくてはならないこれらのグラベルレースイベントでは、このようなエアロ形状が生きてきます。
3T EXPLORO RACEMAXフレームのダウンチューブは超大型であり、フロントからの風抜けを狙ったエアロ形状で、ダウンチューブ上部にシェイプさせた形状へと変更している。
(またのボトルの接地を考慮したサイズでもある、ダウンチューブは上部が46mm、下部が75mm)
kffjxcncdj.jpg
エアロ性能を重視したサインのカムテール形状のチューブを採用。
リアホイール沿ったシートチューブ形状。
リアホイールとシートチューブのクリアランスを減らす事で、整流効果を狙っている。
これは、特にトラックおよびタイムトライアルバイクで、空気抵抗を減らすためにかなり広く使用されている手法です。

このEXPLORO MAXフレームには700Cホイールや650bホイールに対応。
ですので新型EXPLORO MAXフレームを採用した完成車に関しては、ホイールサイズ別にモデル名が変わります。
700Cホイールを採用したモデルをEXPLORO RACE
650Bホイール完成車をEXPLORO MAXとして展開するそうだ。

エアロロードポジション、最速、そして何よりもスピードを最大化することを求めているグラベルレーサーにとって、700CホイールのEXPLORO RACEが適しているという事になるのか?
向かい風や過酷なグラベルレース。ダーティカンザのような、欧米の過酷極まるレースは650bホイール仕様が向いているのか?
otykif.jpg
新しいExploro Race Maxは、標準の700ホイールに42mmタイヤを収容できるようになります。
更に650bホイールを使用するユーザーためにより広い、最大61mm幅のタイヤクリアランスが確保されています。
2.1インチタイヤより更にワイドなタイヤを装着可能。
それぞれ700Cホイールの3T Exploro Race完成車には35mm。3T Exploro Max 完成車には57mmのタイヤが搭載される予定。
(´・ω・`)とりあえず、ざっくり国内で販売される予定の完成車を見てみましょう。



huiy98yhuihoijho.jpg
3T Exploro Race GRX 1x
Exploro Race GRX 1xは、完全なShimano GRX 1×11メカニカルグループセット40Tチェーンリング、11-42Tカセットを備えている。
ホイールはWTB SERRA 700c、タイヤはSchwalbe G one 700c。
WTB SL8サドル、3T Apto Stealthステム、3T Superergo Proカーボンバーです。
grwatyq3533q4u6.jpg
3T Exploro Race Force AXS 2x
Exploro Race Force AXS 2xは、ワイヤレスの広範囲な電子シフトが可能。
SRAMAXS 2×12グループセットと46 / 33Tチェーンセットと10-36Tカセットが付いています。
AXSバイクは、Fulcrum Racing 7アロイホイールセット、Fizik Argo Tempo R5サドル、およびApto Stealthステムの3T Aeroflux LTDカーボンハンドルバー仕様。
タイヤは同じくSchwalbe G one 700c。
gvreg3q5yhw.jpg
ygr67r90steopug.jpg
3T Exploro Max Eagle AXS 1x
Exploro Max Eagle AXS 1xは650bホイール仕様のトップグレード。
42Tチェーンリングと11- 50Tカセット。
ワイドなギア比を特徴とするSRAM AXS Force + Eagle XX 1×12グループセットを備えています。

Fulcrum Racing 7 650bアロイホイール、Fizik Argo Tempo R5サドル。


huhy98yohkh.jpg
3T Exploro Race Force AXS 1x Torno
これは海外仕様の様です。日本国内においては展開するのかな?
このExploro Race Force AXS 1x Tornoは、3Tの軽量カーボンTornoチームクランクセットと10-36Tカセットの36Tチェーンリングを特徴とするSRAM AXS 1×12スピードグループセット。
完成車ではFulcrum Racing 7アロイホイールを採用しています。

(´・ω・`)まだ正式に発表されていない、新型カーボン3T Discus 45 | 40 LTDホイールセットにアップグレード可能。
グラベルタイヤのエアロ性能を最適化したカーボンホイールになるそうだ。
3T スリーティー Exploro LTD FM フレーム グラベルロード

2020年06月03日 トラックバック(-) コメント(-)

BREEZER DOPPLER Cafe(ドップラーカフェ)  カフェなどへの移動に適したグラベルデザイン!?


dprcafe_juo.jpg
BREEZER DOPPLER Cafe(ドップラーカフェ)

極太ロードプラスWTB HORIZON 650×47Cを装着した、フラットバータイプ(プロムナードハンドル)のグラベルです。
650Bホイールを採用し走破性とクッション性を重視した、現在流行のグラベルツーリングタイプのクロスバイクとも言えます。

700×35Cなどのロードタイプではなく、ロードプラス650B仕様にした理由
BREEZER DOPPLER Cafeのテーマに、「どれだけ荷物を積んでも落ち着きがあって、決して安定感を失わない懐の深さ」というのがあって、ロードプラスならではの荷物の積載性も重視しています。
dprproplus_cd.jpg
BREEZER DOPPLER PRO + ハブダイナモ・ダイナモランプ搭載
Shimano Tiagra, 10-speed仕様


こちらBREEZER DOPPLER PRO +は、ドロップハンドル仕様。もちろんフレームやフォークはフルクロモリで、650B×47Cのロードプラス仕様ですね。

Dopplerは650Bホイールを搭載したブルベやツーリング系クロモリモデル。
全Dopplerモデルに言えることですが、大型のロードプラスタイヤに対応したフェンダーが初期搭載されています。
つまりロードプラス仕様でありながら、ランドナーのテイストを持っている訳ですね。
(´・ω・`)最新の機器を採用しながら、レトロ感のあるデザインにも成功している点が素敵。

ラックマウントや複数のボトルゲージ台座を初期完成車の状態から用意。
2~3日程度のバイクパッキングスタイルにも適してします。
MTBブランドが制作したグラベルだけあって、ブレーキ部やリアエンド部など所々にMTBなテイストが生かされています。
650Bは700Cに比べ十分なエアボリュームを与えることができ、グラベルライド時においてエアクッション効果と荒れた路面での優れている訳で。
街乗りの際の段差などにも、十二分に対応出来る訳です。
dprcafe_4.jpg
ヘッドセット FSA 1 1/8”, No.10 internal, 36° ACB-sealed, 6.5mm aluminum top cover
フレーム Breezer butted-chromoly steel, 44mm headtube, BSA Threaded BB, 142×12
BREEZER DOPPLER Cafeはドライブトレインに、MTB用コンポDeore仕様のワンバイになっています。
更に油圧ディスク仕様。
(´・ω・`)フラットバーにした事で、よりMTBテイストに近くなっていますね。

クロモリフレーム設計は伝統的なジオメトリ。ボトルゲージマウントは計5つあり、フェンダーの上からも設置可能なラック用のマウントも用意されています。
(ちなみに、フェンダーはステンレス製)
ツーリング系グラベルクロモリフレームにMTB系ドライブトレインを採用することで、走破性と安定性を稼いでいます。
dprcafe_3.jpg
フォーク Chromoly disc, 1 1/8”, rack / fender & side bottle mounts, 100 x 12mm through-axle
ブレーキセット  Shimano MT200 hydraulic disc, 160mm rotor
伝統的なクロモリフレームデザインですが、最新の前後12mmスルーアクスル仕様になっています。
(フロント100 x 12mm、リア142×12mm)
ディスクブレーキマウントも最新のフラットマウント規格。最新のグラベルロード仕様でもある訳ですね。

フロントフォークは強靭なクロモリ。フレームやフォーク共に強靭なクロモリなので、ツーリングの際のトラブルにも強い点が頼もしい。
フロントフォークに荷物を積載しても、しっかり対応出来る強靭さを兼ね備えています。
dprcafe_2.jpg
シフター Shimano Deore, 10-speed
DOPPLER CAFEはリア10速のみですので、シフターは一つだけ用意されています。
つまり走行中、右側だけで変速操作を行う形になりますので、負荷が少なく用意にギア比を設定可能。
dprcafe_5.jpg
BB Sealed-bearing, BSA

DOPPLER CAFEはSHIMANO DEORE をメインコンポにしており1x(ワンバイ)システムを採用。

1xシステムはフロントディレーラーが不要
ディレイラーやインナーチェーンリング、シフターを必要最小限に抑えており、軽量化に貢献しています。
変速段数は10SPEED。
(´・ω・`)いずれにしても、変速操作が誰にでも扱える容易な仕様になので「DOPPLER CAFE」という名称が示す通り、カフェなどへの移動に適したグラベルとも言えますね。
カフェへの移動に適したグラベルというのも、かなり大胆ですが。
dprcafe_6.jpg
リアディレーラー Shimano Deore, long cage
カセット Shimano HG500, 11-42, 10-Speed
ホイールセット 650Bx32H Alex DP21 disc, tubeless compatible, sealed bearing hubs, 14g SS spokes
タイヤ WTB Horizon, 650×47mm Wire Bead

dprcafe_1.jpg
ハンドルバー Breezer Sweeper Bar, 680mm width, 25 degree backweep
ステム 3D-forged 6061 stem body, +/-7°
フルクロモリ系グラベルフレームが、路面からの振動を軽減。
更にプロムナードハンドル仕様により、リラックスした姿勢で街乗りなども可能。
街乗りの際の操作性や、荷物を積載した際にも対応出来るハンドルになっています

(´・ω・`)乗り心地がよく、実際に乗ってみると快速性を発揮する点がやはりグラベルをベースにしているだけはありますね。
dprcafe_7.jpg
サドル WTB Volt Comp 142×265, steel rail
シートポスト Breezer, 6061 alloy, 27.2mm diameter

DOPPLER Cafe(ドップラーカフェ) BREEZER(ブリーザー) クロスバイク・グラベル/シクロクロスバイク 

2020年05月15日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 Rondo Ruut ST1 クロモリグラベルバイク   新型TwinTip 2.0フォークについて

RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_02.jpg
2020 Rondo Ruut ST 1 Gravel Bike


ポーランドRondoのプレミアムスチールグラベルバイク「2020 Rondo Ruut ST」
2020年モデル、人気のスチールバージョンのRondo Ruut STのフレームが新型フレームバージョンになりました。
Tange Prestigeチューブで作られたこの新型グラベルスチールフレームは、軽量性と快適性を両立させています。
軽量なベンドシートステーと、より薄い楕円形のトップチューブを組み合わせていますね。
更に新型 RUUT ST1には、FLYテクノロジーで作られたTwinTip 2.0フォークを装備。
このクラシックなスチールマシンは、重量、剛性、のバランスが取れており、使いやすさが最大化されたパッケージで提供。
更により高いSRAM スペックでより快適な走行性能を獲得しています。
RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_01 (1)vdas
フォーク TWINTIP 2.0 CARBON
リム Rondo Aluminium 622-23 Tubeless compatible
タイヤ WTB Nano 700c x 40c

タイヤクリアランス  700c x 40/27.5 x 2.2 (622-40, 584-57)
先程述べた通りポーランドのオフロードブランドRondo2020年グラベルモデルは、アップグレードされたバイクモデルになっています。
主なアップグレード点はRondo Ruutシリーズにおいて、軽量フォークTwinTip 2.0フォークを採用してきた点ですね。
クロモリ、アルミ、チタンフレームにこの新型フォークが追加されています。



20200110155442b59casa.jpg
2020 Rondo Ruut ST2
これはセカンドグレードの2020 Rondo Ruut ST2です。初代TwinTipフォークを搭載したモデルですね。
多くのRondo Ruutライダーは、可変フォークフォークフリップチップを搭載した、初代TwinTipフォーク可変ジオメトリ機能を評価していました。
しかし初代TwinTipフォークは巨大な為、スチール、アルミニウム、チタンのRuut砂利バイクの細いチューブには視覚的にフィットしませんでした。
20200110154849b5axs.jpg

このセカンドグレードの2020 Ruut ST1は、旧型スチールフレーム「Ruut Tange」と旧型初代フォーク Twintip Carbon仕様です。
(´・ω・`)うーん、旧型初代フォークTwintip Carbonはボリュームがあるというよりは、エアロというかブレード形状だったのかな。
それが2代目になり、より細くなった印象。

つまり新型2020 Rondo Ruut ST 1 Gravel Bikeは、新型フォークTwinTip 2.0カーボンフォークに最新のベントしたスチールフレームを新たに採用した新型という事ですね。


RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_03.jpg
(´・ω・`)なるほど。今回新型TwinTip 2.0カーボンフォークに更新され、見た目がスリムで軽量化を図ったという訳ですね。
更に新しいTwinTip 2.0カーボンフォークは、フルフェンダーマウントと3ボルトケージマウントを追加。
更に新型曲線フレックスシートステーと傾斜の高いトップチューブデザインにより、凹凸のある地形に対するライダーの快適性が向上します。
新型に切り替わった RUUT 2.0 TANGEフレームは、ダウンチューブの下とトップチューブの上に追加のボトルケージマウントセットを追加しました。
Rondo SuperlightホイールとWTB Nanoタイヤ
WTB Nanoタイヤで包まれたRondo Superlightホイールに乗って転がり、あらゆる天候および地形条件で並外れた回転速度とグリップを提供します。


RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_07.jpg
ブレーキ SRAM Rival hydraulic disc
ハブ Rondo Superlight Sealed Bearings

トップスペックの2020 Ruut ST1は、軽量で快適な新型TwinTip 2.0カーボンフォークを備えています。
ロンドの新型TwinTip 2.0カーボンフォークは、2020年Rondoグラベルバイクにおける最大の注目点です。

Rondo Twintipカーボンフォーク調整可能なジオメトリ
Rondoお馴染みの可変Twintipフォークテクノロジーは、フォークとバイクのジオメトリを簡単に変更可能な機能です。
レースやスポーティなライディングポジションに最適化。
もしくはよりリラックスした乗り心地にジオメトリーを設定し、長距離のグラベルライドに最適な乗り心地を実現します。

SRAM Rival油圧ディスクブレーキの卓越したブレーキ性能を備えており、あらゆる天候および地形条件で信頼できるブレーキ力を保証。
RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_08.jpg
クランクセット SRAM S350-1 X-SYNC 42T

(´・ω・`)流石にハイエンドクロモリグラベルモデルだけあって、SRAM Rival 11スピードドライブトレインと油圧ディスクブレーキを採用。
スチールフレームということで、コンポーネントの軽量化を狙ってスラムワンバイにしたのかな。
(ちなみにセカンドグレードの「2020 Rondo Ruut ST 2」は、エントリーグレードのSRAM Apex 1を採用)
幅広い11-42Tカセットを備えたSRAM Rival 1x11-Speedドライブトレイン仕様になっています。
ツーリングモデルにおいても人気があるコンポーネントですね。主にカーボン系グラベルや高級クロモリモデルに採用されていたりましますが。
このトランスミッションは、急な丘を急上昇するギアを提供し、森のトレイルに沿ってスピードを上げ、ターマックまたはトレイルに乗っている場合でも最適なギアを提供。
RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_01.jpg
シートポスト RONDO 350 X 27.2
サドル  FABRIC SCOOP FLAT

RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_06.jpg
ハンドルバー RONDO FLARE 420MM(S), 440MM(M,L), 460MM(XL)
ステム RONDO 80MM(S), 90MM(M), 110MM(L), 110MM(XL)

RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_01 (1)
フレーム RUUT 2.0 TANGE

RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_11.jpg
RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_10.jpg
RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_09.jpg
リアディレーラー SRAM Rival 1 TYPE 2.1, 11-Speed
カセット Sunrace Csms7 11-42T 11-Speed
この用途の広いトップグレードのクロモリアドベンチャーバイクは、遠出やグラベルライドに適しています。
地元の森の小道を走破したり、毎日の通勤で都心の交通をすり抜けたり。
快適性、俊敏性、信頼性の高いパフォーマンスが不可欠な長距離ツーリングに驚異的なコントロール性と安定性をもたらします。
Rondo Ruut ST 1 Gravel Bike (2020)

2020年05月11日 トラックバック(-) コメント(-)

Octane One Kode ADV Commuterロードバイク  見た目通勤用グラベルのようなシルエットだが、実際には本格的なグラベルロードとしての設計意図がある


prod179111_White - Black_NE_01
2020 Octane One Kode ADV
Octane One KODE ADVは、応用の効く優れたグラベルロード。
リアラックとボトルマウントがあり、グラベルロードでのバイクパッキングやツーリングなどの旅行に最適です。
このバイクのポイントは、カスタムのバテッドスチールチューブで作られたフルクロモリグラベルな点ですね。
丈夫で軽量なフルクロモリフレーム&フォークセットで構成。

この耐久性と信頼性の高いアドベンチャーバイクは、強力で軽量なCrMo鋼で設計されており、ギアレンジが広い点が特徴。
エアロロードでは走行不可能な悪路や、それに伴った登り下りにおいても攻撃的に走行可能です。


prod179111_White - Black_NE_03 (1)
フロントフォーク Cromo steel fork, 9x100mm, 1-1/8”
フロントブレーキ Hayes MX Comp
フロントハブ Octane One 9x100mm, loose ball
タイヤ CST Tracer 700x38C
Hayes MX Compディスクブレーキは、ツーリングの際荷物を積載された状況下において、特に下り坂での減速に役立ちます。
ヘイズは他社に先駆けてマウンテンバイク用ディスクブレーキの販売を手掛けてきた、オフロード系総合ブレーキメーカー。
特に価格やデザインの面において、オフロード系パーツにおいて著名。

Hayes MX Compはメカニカルディスクブレーキですが、1997年に、ヘイズは最初の油圧ブレーキシステムの導入によりマウンテンバイク業界に革命をもたらしました。それ以来、ヘイズは画期的なデザインとパフォーマンスに専念。
prod179111_White - Black_NE_02
フレーム Cromo steel, custom formed and buttedtubes
Octane One Kodeは見た目通勤用グラベルのようなシルエットですが、実際には本格的なグラベルロードとしての設計意図があります。
快適に保ちながら長距離を走破する事を目的とした、フロントダブル仕様のグラベルロードバイクです。
ツーリングを目的にしているので、バイクに多数のボトルを運ぶことが可能。
フォークにも運搬用のダボ穴を用意してあるので、多数の荷物を運ぶのに便利です。
prod179111_White - Black_NE_03
リアブレーキ Hayes MX Comp
バイクブランドOctane Oneの哲学は最初から変わっていません。
街を移動するには、バイクが最適とOctane Oneは考えています。
通勤者用バイクには、多段ギアを備えた豪華なカーボンバイクは必要ないと考えている様です。
バイク必要なのは、シンプルさ、信頼性、快適さ。その世界観を提供出来るフレームがクロモリという訳。
道路や砂利道や、森林などのトラックなどを乗るのが好きなユーザーにも、Octane One Kode ADVは好まれています。
よく考えられたアタッチメントと組み合わせたリラックスしたジオメトリにより、トレイルに沿って快適に乗る事が出来るからです。
prod179111_White - Black_NE_04
レバー Shimano ST-2400
ハンドルバー Octane One super flare 440mm
Octane One Kode ADVのハンドルバーは傾斜のついたフレアハンドルバー仕様です。
オフロードのコンディションで、バイクを上手くコントロールする為フレア角度は15℃程度に設定。
最初から本格的なフレア角に設定してある。
ツーリングやグラベルなど、広範囲な使用目的を持ったグラベルロードなのでオールラウンドに対応出来るフレアハンドル。
ロード寄りというよりは、やはり最初からグラベルとしての使用を想定したモデルですね。
prod179111_White - Black_NE_05
ステム Octane One Road 31.8
ヘッドセット FSA 1-1/8" press fit
prod179111_White - Black_NE_06
クランク Shimano RS-200 50-34
リアハブ Octane One 10x135, loose ball
BB Sqare BB
リアディレーラー Shimano Sora
カセット SUNRACE 11-36t 8spd


信頼性の高いシマノSORA&Clarisスペックの、幅広い2×8ドライブトレイン仕様
フロントディレーラーにクラリススペック。負荷がかかるリアにワングレード上のSORAリアディレーラーを搭載。
今回はツーリングに対応したグラベルという事で、フロントダブルスピードドライブトレイン、多機能で美しいスチールフレーム、ドロップバー、ワイドな泥除けなどを用意。荒々しいサイクリングアドベンチャーに対応。
この仕様はスタイリッシュにツーリングをこなす為に、必要不可欠な仕様な訳です。
prod179111_White - Black_NE_07
サドル Octane One Phoam, synthetic cover, cromo rails
あらゆる地形やライディングコンディションで最高の効率と快適さを実現する為、キャリアラックとボトルケージマウント、ディスクブレーキを装備。
やはり実際に乗った感想は「快適」という意見が多い一方、タイヤサイズを変更すると加速性に変化が生じやすいグラベルモデルとの事。非常にコストがかからない本格グラベルモデルだけあって、人気が高く在庫は希少の様です。

Octane One Kode ADVの特徴
700 x 40 Cワイドタイヤクリアランス
機械式ディスクブレーキ
フェンダーとラックマウント
幅広のフレアハンドルバー
幅広い利用目的に対応 アドベンチャー、ツーリング、グラベル
色のオプション 白

Octane One - Kode ADV (2020)

2020年05月02日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 Ghost Fire Road Rage 6.9 Adventure Road Bike (ツーリング向けの荷物運搬機能を備えているフルカーボンアドベンチャーロード)


prod194390_Orange - Black_NE_01
Ghost Fire Road Rage 6.9 Adventure Road Bike (2020)
ドイツのゴーストFire Road Rage 6.9は、カーボンフレームを中心に構築されているアドベンチャーロードです。
様々なツーリング向けの荷物運搬機能を備えているフルカーボンアドベンチャーロードで、マッドガードの取り付けも想定。
(マッドガードを取り付けたい場合は、シートステー間のブリッジをボルトで固定できます)

しかもこのアドベンチャーロードは、操作が容易なApex油圧ディスクブレーキ付きのSRAM Rival 1ドライブトレインが付属しています。ホイールもタイヤもMTB系ブランドWTB製です。

このアドベンチャーロードは、ジャンルの境界を知りません。29インチのワイドタイヤでMTBの品質を発揮する点に注目です。
剛性の高いカーボンフレームと荷物運搬オプションが用意されており、ツーリングモデルとしての性格も持った究極のアドベンチャーロードです。

強力な天候に依存しない油圧ディスクブレーキは、長い下り坂での安全を確保する為……つまりツーリング目的。
多くの荷物を積載しツーリングなどの旅行をする際に特に、ディスクの制動力が重要な訳です。

確かに巨大な29erタイヤを装着した大胆なGhost Fire Road Rage 6.9アドベンチャーロードバイクは、勇敢で攻撃的なアドベンチャーロードです。
パワーを発揮し様々なトレイルや地形に挑戦できますが、ツーリング向けにに向いている珍しいフルカーボンアドベンチャーでもあるのです。
そのパワフルで攻撃的な外観にもかかわらず、堅固なフレームと荷物を運ぶ機能を重視。
信頼性の高いツーリングバイクとして機能するフルカーボンドロップバーモデルでもあるのです。
prod194390_Orange - Black_NE_01da
ハンドルバー Ground Fiftyone Race WB 440 mm Dia. 31.8 mm
ステム  Ground Fiftyone Dia. 31.8 mm


Ghost Fire Road Rage 6.9は硬く、反応がよく、軽量のカーボンファイバーフレームとハードライディングジオメトリの恩恵で、あらゆる局面において高い操作性を発揮。
あらゆるルートに対応できるバランスのとれた姿勢で、スムーズかつ鋭敏に転がり、WTB Ranger Dualタイヤが走破性を担当します。
prod194390_Orange - Black_NE_01jiop
フォーク Ghost LC Rigid
リム WTB XC i25 622x25 mm 32H
タイヤ  WTB Ranger Dual 29x2.0 TCS Light/Fast

このアドベンチャーロードバイクはジャンルの境界を知りません。
29インチワイドタイヤにより、悪路においてMTBクラスの品質を発揮します。
剛性の高いフレームと荷物のさまざまな積載オプションにより、ツーリングモデルとしての性能も高めている点も見逃せません。
prod194390_Orange - Black_NE_01ou
ブレーキ SRAM Apex 2/2 Piston 180 / 160 mm Disc
フロントハブ SRAM 900 12x100 32H
フロントとリアのスルーアクスルは、ツーリングに有効な全体的な横剛性とホイール剛性も高めている。
prod194390_Orange - Black_NE_01guiho
内部に配線されたインターナルケーブル
インターナル仕様のカーボンフレームは、優れた保護機能でケーブルを清潔に保ちます。
内部で配線されたケーブルとワイヤは、保護を強化し外観を美しくします。ケーブルとホースが外部と接触するダメージを防止出来ます。

ボトルホルダーマウント
渇きはすべてのサイクリストの敵です。ですのでツーリングに必要不可欠なボトルホルダーマウントを多数用意。
ライドが予定より少し長くても、十分にボトルを装備可能です。
フレーム全体には、ラック用マウント、3つのボトルケージ、フレームバッグ、ベントボックス、フォークラックまたは多目的ケージ、及びフェンダーマウントを用意。
prod194390_Orange - Black_NE_01yiu
フレーム Road Rage LC, lightweight Carbon Fibre
LC Carbon 重量を抑える軽量カーボン
硬く、強く、精密なカーボンフレームを誇ります。ゴーストのカーボン製造プロセスは、フレームの各ポイントの層状構造によって最適化。
重量比に対する最高の推進力を提供します。
prod194390_Orange - Black_NE_01jip
平らに湾曲したシートステーとわずかに曲がったチェーンステーは、垂直方向の衝撃を保護します。
prod194390_Orange - Black_NE_01fae
SRAM Rival 1x11グループセット
クランクセット Truvativ Descendant X-Sync 36T

効率的な走りが可能
あらゆる状況に対応する鮮明でスピーディーなパワー伝達と、ギアを提供。
さらに、SRAM Apexディスクブレーキを採用してきた事により、コーナリングと高い制動力を誇ります。
Fire Road Rage 6.9は、丘の中腹において高い性能を発揮。36Tチェーンリングと10-42Tカセットのギア比は、緩やかな登りに適しています。
優れたツーリング性を備えており、ツーリングライディング向けに効率的な走りが可能
また幅広のボトムブラケットシェルが高いパワー伝達と、剛性の高い下部を実現しています。
prod194390_Orange - Black_NE_01gs
カセット SRAM XG 1150 10-42T
リアハブ Formula DHT-1421 12x142 mm SRAM XD
29erタイヤの高い転がり抵抗により、ゆっくりとしたスタートになります。
Ghost Fire Road Rage 6.9は速度を上げるのに多少時間がかかりますが、ほとんどのありとあらゆる路面を走破します。
見た目は攻撃的ですが、長距離向けの快適なクルージングを好みます。
非常に安定した走りが得意で、起伏の多い地形において自信を持って走破できます。
一見悪路走破性を重要視していますが、実は長距離のジオメトリを重視したアドベンチャーロードなのです。
prod194390_Orange - Black_NE_01gik
シートポスト  Ground Fiftyone 31.6 mm
サドル WTB Silverado Race

Vario Ready
また、ドロッパーシートポストにも対応しています。
クラシックな外観のドロップバーを備え、多目的かつどんな場所でもライドできます。
より伝統的なロードバイクの形状を採用しつつ、MTBテイストを取り入れた新型アドベンチャーロードでもあるのです。
Ghost Fire Road Rage 6.9 Adventure Road Bike (2020)

2020年04月19日 トラックバック(-) コメント(-)