BIANCHI ビアンキ スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ

ビアンキはインフィニートからどうしてカウンターヴェイルを抜いたのか?   2020 BIANCHI INFINITO XE DISC SHIMANO 105試乗体験インプレ


DSCN3183sdr.jpg
2020 BIANCHI INFINITO XE DISC SHIMANO 105
新型エンデューランスレーシングロード「2020 BIANCHI INFINITO XE DISC」に試乗しました。
ハイエンドエンデューランスレーシングモデルのBIANCHI INFINITO CV DISCから派生した、ミドルグレードモデルが INFINITO XE DISCです」
では新型ミドルグレードモデルである「2020 BIANCHI INFINITO XE DISC」の試乗記事の前に、本来のBIANCHI INFINITO CV DISCに付いて確認してみましょう。



DSCN7260csavdsa.jpg
BIANCHI INFINITO CV DISC
Countervailの影響が、大きく走りに影響しているモデルだった
ハイエンドモデルのBIANCHI INFINITO CVは振動除去システムCountervailを搭載してあるだけあって、衝撃吸収性の中においても強力な推進性が用意されていました。
速度に乗ってくる際中に踏み込むと、推進力を発揮した走りを展開。
tech_road_mainimages.jpg
ある程度速度に乗ってからが、振動除去システムCountervailの出番になります。
①路面追従性が高い。
②旧BIANCHI INFINITO CVより乗りやすく、ソフトな印象。
③しかしながらパワーも有している。

新型INFINITO CV DISCは走り易さや乗り易さ、ソフト感が前面に出ている。かなり振動除去システムCountervailが前面に出た走りでした。
その重要システムを、ミドルグレードBIANCHI INFINITO XE DISCは抜いてきたわけですからね。
どんな走りをするのか? 興味深々ですよ。



折角ビアンキスタッフ様がいるので、ハイエンドとミドルグレードの違いについて質問してみることに。

(´・ω・`)「あのこの新型ミドルグレードのBIANCHI INFINITO XE DISCって、何ですか? ハイエンドとの違いは?」
「要するに、ハイエンド エンデューランスモデルBIANCHI INFINITO CV DISCからカウンターベイル(衝撃吸収システム)を抜いた奴ですね」
「なるほど」
「カウンターヴェイル抜きでも、長距離用のINFINITOの走りを楽しんじゃおう! というモデルですね。どうしてもカウンターヴェイルを搭載したBIANCHI INFINITO CVって高価じゃないですか?」
「た、確かに50万以上はしますね……」
「でパーツのコストパフォーマンスを良くして、カウンターヴェイル抜きの本来のINFINITOの走りが出来る訳ですよ」

本来のインフィニートフレームの走りか……そういえばCV(カウンターヴェイル)搭載モデルの走りしか知らないぞ……
DSCN3175gr.jpg
(コンパクトリア三角形状の意味)
とはいえこの新型 BIANCHI INFINITO XE DISCを見て見ると、確かにコンパクトリア三角形状になっている。
なんでも、カウンターヴェイルを抜いたので、独自のフレーム設計を施して衝撃吸収性を強化したそうだ。
ロングライドや長距離走行しても、コンパクトリア三角形状を用いることにより衝撃吸収性を強化。
乗り手に疲労をためにくい構造になっている。
DSCN3177gvd.jpg
ブレーキ  Shimano 105 Hydraulic disc brake
ホイール  Fulcrum Racing 918
タイヤ Vittoria Zaffiro Pro Slick 700×28C


またエアロフロントフォークも衝撃吸収性を強化する為に、前方に曲げ加工を施している。
(´・ω・`)D型エアロシートポストを採用し、衝撃吸収性だけではなくよりエアロ性能も強化しているとか。
DSCN3176regw.jpg
2020 BIANCHI INFINITO XE DISC試乗体験インプレ
①抵抗感が少ない走り
走りがまとまりまくっている……
(´・ω・`)ちょっとユニークな走りをするビアンキモデルですね。
ゼロ加速性に抵抗感がなく、
実に「する する する する する する する」加速していきます。
コンパクトリア三角形状が効いているのかな? どの速度でも抵抗なく速度を乗せる事が可能。
これがカウンターヴェイル抜きの走りか……思ったよりも「スムーズ」な推進性があるんですね。
その代わり「爆発めいた」推進性こそはないですが……文字通りスムーズで綺麗な走り。
この走りを嫌いな人はいないんじゃ? 

②ロングライドモデルか? レーシングタイプか?
ロングライド寄りの万能タイプかな?
レーシ横の試乗コースなので、高速こそは出せなかったけど。
えらく乗り易かったです! バランスがいいと言うか、走りにクセがないんですよね。
確かにカウンターヴェイルこそは搭載していませんが、フレーム形状を計算し尽くして乗り易くなっている印象でした。
乗り易いので、変に疲れにくい。
(´・ω・`)あ、レース寄りでなければこういうのもいいかな? と思わせる一台。
レーシング性能高めのビアンキインテンソとは逆方向のカーボンモデルです。
DSCN3179fvs.jpg
105仕様で、重量は8.7kg
③ディスクブレーキについて。
雨天時でしたがきっちり機能しました。やはりコースギリギリの所まで加速しても、きっちりブレーキが決まるのでより速度を伸ばせる感じ。

④バランスが良く、走りに安定感がある。
特にコーナーリングのバランスの良さが◎。安定感を生かして実に曲がり易い。
基本コーナーリング、加速、速度維持を安定感をもってこなせるロードです。
路面状態は雨天時でしたので、ウェットな路面状態下においてもこの安定感は頼もしかった。

⑤踏み込んでも速度が逃げにくい。即速度に繋がる。
ペダリングがパワフルに速度に繋がります。速度が上がってもクセが無く、ブレーキ面においても105油圧ディスクがサポートしてくれるのでコントロールし易い。
なんだろう。これだけバランスの良いビアンキカーボンモデルって、今までにないかも。これ結構好きなタイプ。
レーシング性能はARIAの方が上だけど。
カウンタベイルに最近気を取られていたけど、それなしでもSPRINTや INFINITO XE などフレーム形状で走行性能を稼ぐやり方も進化していたんですね。
DSCN3185nhdt.jpg
BIANCHI SPRINT DISC 105と比較してどうか?
セミエアロロードSPRINTも、エンデューランスロングライドモデルINFINITO XEも「乗り易さ」を重視した新型でした。
つまりより乗り易いエアロードにしたのがSPRINT。
ロングライドモデルをより、扱いやすくしたのがINFINITO XE。
(´・ω・`)スピード性はセミエアロアドバンテージを生かしたSPRINT。万能性はINFINITO XEですね。
繰り返しますが、両モデル衝撃吸収システムカウンターベイル無しですが、最新のフレーム形状で走行性能を上手く稼いでいました。
やはり個人的にディスク化を採用することで、シートステーやフレーム設計の自由度が飛躍的に高まったのでしょう。
だからこそ、これだけの扱い易さや乗り易さに繋がったと言えます。
ディスクモデルが普及したからこそ誕生した新型モデルと断言できるでしょう。
DSCN3180gr.jpg
価格は抑え目ですが、結構あなどれない走りを両モデル共します。
また雨天時においても、両モデル共に105油圧ディスクの存在が実に安全面の意味でもありがたかったです。
流石に雨天時リムブレーキですと、105油圧よりもブレーキレバーを操作するのに負担が大きくかかってしまいますし。

題名の「ビアンキはインフィニートからどうしてカウンターヴェイルを抜いたのか?」
についてですが。
答えは「カウンターヴェイル無しでも、エンデューランスの対応出来るフレームになったから」です。
フレーム技術の進化の末に誕生した、新型インフィニートモデルという事ですね。
バックプレゼント!Bianchiビアンキ 2020年モデルINFINITO XE DISC インフィニートXEディスク 105《P》

2019年12月08日 トラックバック(-) コメント(-)

BIANCHI SPRINT DISC 105試乗体験インプレ いかにCountervail無しでエアロロードの乗り心地の良さを稼いだ、セミエアロロードだと思う


DSCN2983fsd (1)
2020 BIANCHI SPRINT DISC 105 試乗体験インプレ

新型セミエアロロード「BIANCHI SPRINT DISC」に試乗しました!
(´・ω・`)雨の中の一発目の試乗ですので、無理の無い程度に走りました。
正直な感想として、ディスクブレーキの恩恵がかなり巨大でした。
なにせ雨天時でしたが、105油圧ディスクの存在がここまで有難いとは……
制動時まるで不安を感じませんでしたよ。

午前のビアンキブースに、到着時に既にスプリントに試乗されていた方がいまして。
レース参加者の様でしたが。
やはり新型SPRINTはかなり注目されている様子でして、管理人が試乗した後も直ぐに試乗車が出ていきました。
てっきり試乗車として用意されたXR4の方が人気かと思いましたが。
DSCN2990vzdv.jpg
BIANCHI SPRINT DISC試乗体験インプレ

①加速性そのものはキビキビしている印象。
キビキビした加速がいいですね。タイヤサイズは700x28Cでしたが特に加速感が重いという事はありませんでした。
ゼロ加速性は標準クラス。
連続して加速しながら、スピードを徐々に上げていくのが得意。
ただ脚力的負荷はBIANCHI ARIAの方が軽いかな。推進性もBIANCHI ARIAの方が優位
DSCN2991vs.jpg
②乗り心地について
(´・ω・`)おおらか。
実はBIANCHI SPRINTこの点が一番気にいりました。かなり乗り易い。
この辺は声を大にして言いたい!

セミエアロフレームということですが、全然固さがないです。
ああ、この点はARIAには無い長所ですね……
エアロロード視点なら、かなり乗り易いエアロロードということになるのではないでしょうか?
舗装されたサーキットコース横の試乗コースなので、障害物はなかったですが。
衝撃吸収性も高そうな印象。

③巡行性能がある
キビキビとした加速をこなした後→巡行してききます。
連続した加速の後に、エアロロードが得意な巡行性を発揮。
基本速度の流れはスムーズに済む。少なくとも「重い」という走行感は感じない。
DSCN2983fsd (2)
ブレーキ Shimano 105 Hydraulic disc brake
特に雨天時における105油圧の制動力の高さと、機能の安定性に驚かされました。
コース行き止まりギリギリ手前でも、確実に制動力を発揮。
しつこい様ですがBIANCHI SPRINT DISCと105油圧の相性が、かなりいいです!
またSPRINTのは通常の丸シートポストなので汎用性が効く。

ARIAはエアロフレーム、SPRINTはセミエアロなので上級者向きかというと、そういう訳ではない。
両方ともCV(カウンターヴェイル)は使われていないですが。
もしレースに使うならARIAの方がお勧め。
オールラウンド的な使用目的や、2時間や4時間のエンデューロレース、中、長距離を走ったりするのであればSPRINTはかなり美味しいセミエアロロードだ。
リムブレーキも用意されているし、予算を抑えてディスクモデルを手に入れる事が出来る点に注目。
201707120955077c3vfsv.jpg
Bianchi ARIA 105
見ての通りBianchi ARIAのフレームの方が、よりエアロなフレーム形状になっている。
シートポストもエアロ形状だ。レーシング性能やエアロ形状に関しては、SPRINTよりもARIAの方がアドバンテージがある訳です。

つまりARIAはビアンキシリーズにおいても、エアロ形状を重視したモデルですね。
またオルトレXR4もビアンキシリーズにおいては、積極的にエアロフレーム形状を取り入れている。
DSCN3185vd.jpg
BIANCHI SPRINT DISC 105
見ての通り、BIANCHI SPRINTは極端なエアロ形状ではなく、セミエアロ形状になっている。
エアロ性能こそは確認出来なかったですが、乗り味が大らかで良い。
確かにレーシング性能に関してはARIAの方が優位ですが。
乗り易さ、扱い易さ、コスパにおいてはSPRINTもかなり悪くない。
DSCN2989fds.jpg
正直雨の中で、 SPRINTの性能は分かりずらいかも? と心配しましたが。
逆に雨天時だからこそ、しっかり走ってくれる点に驚かされました。
ブレーキ面や快適な乗り味で、走りをフォローしてくれるんですよね。
BIANCHI ARIAは勝つ為のエアロロードという傾向が強いけど、SPRINTは普段使いやロングライドなど楽しむ為のエアロロードという傾向が強い。
ARIAもSPRINTも振動除去システムCountervail非搭載モデルですが、どうしてもCountervailを搭載してしまうと価格帯が上がってしまうじゃないですか?
ですので、いかにCountervail無しでエアロロードの乗り心地の良さを稼いだ、セミエアロロードだと思う。
最近CV搭載ビアンキモデルが注目されているけど(まあ、CV搭載ビアンキモデルの走りは実際凄いけど)
CV無しでも、上手くコンフォート性能を稼いだエアロロードを出す事も出来るという事か。
(´・ω・`)正直CV無しで、ここまで乗り易いエアロロードを作り上げる事が出来るとは意外だった。
とうとうエントリー系エアロロードも、快適性などを無視できない時代になりつつあるのか……

逆に言うとガチでレース目的なら、ARIAやXR3辺りがいいけどね。
《在庫あり》バックプレゼント!Bianchi(ビアンキ) 2020年モデル SPRINT DISC スプリントディスク 105[完成車]《P》

2019年11月25日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 Bianchi VIA NIRONE7 ALL ROAD ビアンキの「グラベルLOVE」が止まらない!!エントリーアルミロードVIA NIRONE7がグラベル化!!


ci-921714_spec11.jpg
2020 Bianchi VIA NIRONE7 ALL ROAD
ヽ(`Д´)ノ VIA NIRONEが遂にグラベル化じゃああああああああああああ!!!
ビアンキが奏でる、究極のグラベル愛の旋律!!


( ;゚ω゚) エントリーアルミロードVIA NIRONE7がグラベル化って……
アルミモデルIMPULSOもグラベル化した時は衝撃的だったけど。
まさかNIRONEまで……
コンポ―ネントやパーツも妥協がありませんよ?
オールロードモデル扱いで、コンポーネントは新型グラベル用コンポ―ネントSHIMANO GRX400を採用!?

そもそもエントリーアルミモデルのBianchi VIA NIRONE7ってアルミフレームにカーボンフォークじゃない?
その路線は継承する模様……
iktr6u5634634643cds.jpg
TIAGRAスペック相当……SIMANO RX400(10速)
アルミフレーム&カーボンフォーク、Shimano BR-RX400グレードの油圧DISCブレーキ。
NIRONEがまさかの、12mm前後スルーアクスル仕様??
これ、本格的な最新鋭グラベルロード仕様じゃないですか?
タイヤサイズは700×32Cですが。タイヤクリアランスは実に40mmまで対応可能!!
( ;゚ω゚)元々石畳などに強いアルミロードではありましたが、リアルに悪路対応になっている……。
csm_2018_Via_Nirone_All_Road_Sora_YNB2CIKW_01_a5fa02aec1dcs.jpg
VIA NIRONE ALL ROAD SORA(BIANCHI USA)
(´・ω・`)推測だけど。
ビアンキUSAが取り扱っていたモデル「Via Nirone All Road」という形で、日本に上陸してきた形になるのかな?
アルミロードVIA NIRONEの様に終日の快適さを犠牲にすることなく、素早い加速と反応の良いステアリングを実現。
路上でのライドや、週末の通勤、トレイルまで視野に入れた米国向け多目的型グラベルモデルだ。

ビアンキグラベルモデルはビアンキUSA経由で、日本上陸してくる傾向があるから。
恐らく今回もその流れかと……

この米国「Via Nirone All Road」にも採用されている「BAT - Bianchi Active Technology」をこのグラベルモデルにも採用し、ペダリングパワーを無駄なく伝達しながらも、多方向の様々な挙動変化に対応する剛性バランスを実現。

ふむ、ふむ。Nironeの技術の良い所は上手く取り入れたグラベルロードな訳ですね。
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_7csa.jpg
2020 Bianchi VIA NIRONE7 PRO 105
Bianchi VIA NIRONE7といえば、長きにわたりビアンキアルミロードを支えてきた大黒柱でした。
(´・ω・`)それが、グラベル化とは……遂にここまできたか……遂にビアンキが動きましたね。

グラベルモデルのエントリーモデルとしてキャリアー装着を視野に入れた多目的型グラベルか。
まさか、ここまでグラベル人気が高まっているとは……
ci-512205_5vsd.jpg
2020 Bianchi IMPULSO ALLROAD DISC
Bianchi IMPULSOなんて、元々は高性能レーシングアルミロードだったのに。
今やグラベルモデルの方が生き残り、ロード仕様は廃盤。
ビアンキはエントリー系エアロロードが充実してきたから、活路をグラベルに求めた訳か。

こちらには IMPULSO ALLROAD DISCには、105スペック相当のSIMANO RX600を採用。
ビアンキのアルミ成型技術「トリプルハイドロフォームドテクノロジー」を活用していると思われます。
スペック的にもアルミフレームの品質も「VIA NIRONE7 ALL ROAD」よりワングレード上なのでは。
ci-921714_1.jpg

2020 Bianchi VIA NIRONE7 ALL ROADスペック

フレーム Alloy
フォーク Carbon 1.1/8"
ヘッドセット Fsa No.8B/ZS-4D

グループ
シフター Shimano GRX400 Disc
フロントディレーラー Shimano GRX400
リアディレーラー Shimano GRX400
クランクセット Shimano GRX600 46/30T、165/170/170/170/172.5mm
BB  Shimano BB-Rs500
チェーン  Shimano CN-HG54
スプロケット Shimano CS-HG500 10sp 11/34T
ブレーキ Shimano BR-RX400

フロントハブ Formula CL-712
リアハブ Formula RXC-142S
リム Alex CXD22 Tubeless Ready
タイヤ Kenda Kwick Tendril 700×32C

コンポーネント
ステム JD JD-ST182A、70/90/90/100/110mm
ハンドルバー JD JD-68A 31.8mm Flare Handle bar
グリップ Velo VLT-001
シートポスト JD JD-SP02.1 31.6x300/350/350/350/350mm
シートクランプ Promax MX-112C 35mm
サドル Selle Royal SR 2302HRN

ドライブトレインにはTIAGRAスペック相当の「Shimano GRX400」で構成されています。
クランク部に105スペック相当のShimano GRX600 46/30Tを採用。



(´・ω・`)いずれにしても、ビアンキ系シクロクロスモデルやグラベルモデルには、シマノ新型グラベル用コンポ「GRX」シリーズを一気に採用してくる傾向に。軽くモデル別にまとめてみると、以下の通り

競技用カーボンシクロクロスモデル「2020 Bianchi ZOLDER PRO DISC」にはGRX600
ミドルグレードグラベルモデル「2020 BIANCHI IMPULSO ALL ROAD」には同じくGRX600
クロモリ系グラベルモデル「2020 BIANCHI ORSO」には SHIMANO GRX600
「2020 Bianchi VIA NIRONE7 ALL ROAD」にはエントリーグレードのShimano GRX400



ただ、「2020 Bianchi VIA NIRONE7 ALL ROAD」のフレームに関してはアルミロードモデルの特徴を、そのまま生かしてグラベル化した感じがします。
リラックスして乗れるオールロードだといいな……
BIANCHI IMPULSO ALL ROADあたりなんかは、アルミロードと同じくバンバンスピードに乗ってくれそうな予感がする。
ci-921714_3.jpg
カラー 3C-BLACK
ci-921714_2.jpg
カラー 5K-CK16
(´・ω・`)カラーリングはチェレステ系とオールブラック系の2色展開。

カラーはチェレステとオールブラック系の2色展開。
価格 203,040円 (税込)
価格的には、他ブランド目線で考えるとミドルグレードクラスに位置するグラベルモデルだ。
ビアンキとしては、結構強気の価格設定。
【先行予約受付中】Bianchi(ビアンキ) 2020年モデル VIA NIRONE7 ALL ROAD ヴィアニローネ7オールロード GRX400[完成車][先行予約受付中]《P》

2019年07月23日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 BIANCHI ROMA 3 DISC  流行の油圧ディスクをローマ3に採用!


cc-bianchi-roma-3_9a (1)
2020 BIANCHI ROMA 3 DISC SHIMANO 2x7sp CK16
ビアンキの街乗り系快速クロスバイク、BIANCHI ROMA 3が油圧ディスク化しましたよ!
(´・ω・`)2020年モデルのBIANCHI ROMAシリーズは全て油圧ディスク化か……凄いなビアンキ。
今度はメカニカルディスクブレーキを、ローマシリーズから排除する方向性ですよ。
まさか、ここまでやってくるとは思いませんでしたね。
ただし価格は8万円台だったのが、9万円台に値上がり。

かも、Vブレーキ仕様が消滅している……Vブレーキ仕様だったBIANCHI ROMA4は廃盤。
もしかして2020年モデルビアンキ系クロスバイクにおいて、Vブレーキ仕様はBIANCHI C・SPORT1だけ?
いずれにしても、BIANCHI ROMAシリーズにおいてもっとも価格を抑えたモデルがROMA3になります。
cc-bianchi-roma-3_12a (1)
2020 BIANCHI ROMA 3 DISC SHIMANO 2x7sp White

またカラーリングについてですが、2019年モデルは4色展開でしたが。
2020年モデルは一気に、6色展開!!
CK16、Black、White、Navy、Matt Dark Grey、Red
(´・ω・`)んんんん!??
ビアンキ系クロスバイクが6色も展開するなんて、珍しいですね!

cc-bianchi-roma-3_12a (2)
2020 BIANCHI ROMA 3 DISC SHIMANO 2x7sp Matt Dark Grey

cc-bianchi-roma-3_15a (2)
2020 BIANCHI ROMA 3 DISC SHIMANO 2x7sp  Red
(´・ω・`)これは珍しい。オールレッドのローマだ。
ちょっと実車見て見たいな……2019年モデルはミリタリー系カラーとか用意してきたけど。
フェラーリとか意識しているのかな?
cc-bianchi-roma-3_18a (2)
2020 BIANCHI ROMA 3 DISC SHIMANO 2x7sp Navy
どちらかというと、クロモリ系クラシックミニベロに良く採用されていたネイビーカラーも用意。
恐らく旧ビアンキモデルのネイビーカラーを参考にしていると思われます。
qbei_cc-bianchi-roma-3_1jf.jpg
2020 BIANCHI ROMA 3 DISC SHIMANO 2x7sp Black
マットダークグレーの外にブラックカラーも用意。
人気のブラック系カラーやダーク系カラーは2色展開。
cc-bianchi-roma-3_19a (1)
シフター Shimano ST-EF505
ステム HL TDS-D345-8 80/90/100/100/110mm
ハンドルバー HL MTB-AL200BT FOV 31.8mm 560/560/560/560/580mm

グリップ  Velo VL-1777D2
ujrty5ee6t5.jpg
(´・ω・`)どういう形で、ブレーキ操作と変速操作を行うのか興味があったのですが。
油圧ブレーキレバーとシフター一体型のShimano ST-EF505を採用していますね。

cc-bianchi-roma-3_18a (1)
フロントフォークに1.5 テーパーヘッドチューブを採用。
下の方を太目になっていますので、走行時の安定感を稼いでいる形状です。
ケーブルは2019年モデルから引き続き、ヘッドチューブからインターナル仕様。
2020年モデルからは、油圧ブレーキ ディスクブレーキホースか……迫力あるな……。
cc-bianchi-roma-3_22a (2)
フォーク Alloy 1.1/8"-1.5"
フロントハブ  Shimano HB-TX505
リム Stars J19SE 32H
タイヤ Kenda Kadence 700 x 28C

フロントハブにはMTBにも使用される、クイックリリース式のシマノ TOURNEY TX ディスクブレーキ「Shimano HB-TX505」を採用。
2019年モデルのShimano Tourney メカニカルディスクから、油圧式Shimano HB-TX505へ変更か。

いずれにしても、ローギアの軽さに関してはROMA2が一番軽い設定になっています。
急坂など登板性能を重視したいなら、ROMA2も悪くないかと。
cc-bianchi-roma-3_26a.jpg
ブレーキ  Shimano BR-MT200
Bianchi C・SPORT2 DISCと同様に、ディスクブレーキへは「Shimano BR-MT200」を採用。
路面状況の変化が激しい街乗りでも、ディスクローターはホイールリムよりも離れた位置に設置してあるので影響を受けにくいメリットも。
リム面もディスク前提の形状ですので、自由度の高いスタイリッシュなデザインになっています。
2020年モデルはブラックカラー系リムが特徴。
やはりブラックか。
ここ最近のROMAシリーズって、毎年カラーチェンジするリムカラーがさり気ない注目点。
cc-bianchi-roma-3_19a (2)
BIANCHI ROMAは無理の無い姿勢での乗り易さと、スピード性を追求したクロスバイクです。
高速性というよりもダッシュ力が個人的に好き。
あの俊敏なスピード感は、ビアンキローマにしか出せないスピード感ですよ。
cc-bianchi-roma-3_14a (1)
cc-bianchi-roma-3_22a (1)
フロントディレーラー  Shimano Tourney
クランク  Shimano FC-TY501-2 46/30T 170/170/170/170/175mm
フロントはTourney、リアはShimano Altusスペック。
2019年モデルはロード系コンポクラリススペックだったのが、2020年モデルからはMTB系Shimano Altusスペックに。
2x7=14SPEED仕様。

クランクには、シマノ FC-TY501-2マウンテンバイククランクセット。
(´・ω・`)なんだか、ROMA3がMTB化したみたいな印象。油圧ディスク化もしたことですし。
cc-bianchi-roma-3_25a (1)
BB Shimano BB-UN100
cc-bianchi-roma-3_23a (2)
ボトルケージを取り付ける為のダボ穴はもちろん、リアキャリアー取り付けの為のダボ穴も確認出来ます。
軽い積載能力は健在。
(´・ω・`)折角のディスクブレーキも搭載しているので、ちょっとしたツーリング風やバイクパッキングにもいけるか……
基本ROMAシリーズって、街乗り、スポーツ、通勤&通学など多目的に使用される場合が多いし。
様々な要望に対応出来るクロスバイクとして、日本向けに発展してきたビアンキモデルです。
cc-bianchi-roma-3_21a.jpg
トップチューブとシートステーに段差のついたオフセット形状。
現在流行していますが、実はローマシリーズは以前から採用していた伝統の形状。
実際に乗ってみると、街乗りの際の「ダッシュ力」に貢献している形状だと分かります。
cc-bianchi-roma-3_28a (2)
シートポスト JD JD-SP02.1 27.2x350mm
サドル Selle Royal 2043HRN

クロスバイクにも、間違いなく油圧ディスクの波が訪れようとしていますね……
(´・ω・`)これは……次第にVブレーキ系が、消えていきそうな予感。

【先行予約受付中】Bianchi(ビアンキ) 2020年モデル ROMA3 DISC ローマ3 CLARIS[完成車][先行予約受付中]《P》

2019年07月18日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 Bianchi VIA NIRONE7 SORA 衝撃吸収システムケブラー素材「KEVLAR VIBRATION ISOLATING DEVICE」について


cc-bianchi-via-nirone7-al-105_6das.jpg
2020 Bianchi VIA NIRONE7 SORA Black/Graph-Red Full Glossy
2020年モデルのBianchi VIA NIRONE7は、105とSORAスペックに絞ったラインナップなんですよね。
フレームは2019年モデルからの、ケーブル内装式を継続……
やはり販売価格15万以内で、誰にでも手に入り易いビアンキモデル。
今回はSORAスペックを中心に見ていきますが、105もチェックしてみましょう↓
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_8dsa (2)
2020 Bianchi VIA NIRONE7 105 CK16/Black Full Glossy
(´・ω・`)2020年は105及びSORAモデルをラインナップ
ティアグラやクラリス仕様のVIA NIRONE7 は、2020年モデルに存在しないか……
人気のあるコンポーネント仕様に数を絞ってきたのかな。
やはりティアグラ仕様は不人気なんだろうか。
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_5das (2)
2020 Bianchi VIA NIRONE7 SORA  Black/CK16 Full Glossy
(´・ω・`)やはり2019年モデルでもインパクトがあったブラック系カラーリングに、チェレステロゴカラーの「Black/CK16 Full Glossy」
カラーが105スペック及び、SORAスペックにおいて用意されていますね……

ビアンキの場合フォーク素材に長年力を入れており、カーボン素材にケブラーを挿入することで、路面からの振動を吸収するとともに、路面との接地感を向上させている。
とはいえやはり2019年モデルからはケーブルが内装になり、よりすっきりとスタイリッシュなフレームになった点が、個人的にでかい。
どんどんビジュアルが、高級化してきている印象。
クラリス仕様といえど、なかなかデザイン的に美味しいと個人的に思う。
cc-bianchi-intenso-sora_1few.jpg
2020 BIANCHI INTENSO SHIMANO SORA  KW - Black/ Graph-CK16 Full Mat

KEVLARATION ISOLATING DEVICE
実はVIA NIRONE7には、ビアンキカーボンモデルと共通する衝撃吸収システムを採用しています。
カーボン素材にケブラーを挿入することで、路面からの振動を吸収。更には路面との接地感を向上させる技術。
路面からのノイズを拾いやすいアルミモデルVIA NIRONE7には、恩恵が大きい衝撃吸収システムと言えるでしょう。


(´・ω・`)個人的に一番に気なった点は衝撃吸収システム(K-VID)「KEVLAR VIBRATION ISOLATING DEVICE」が、2020年モデルVIA NIRONE7に採用されているかどうか?の点ですね。
どうやら、2020年モデルもカーボンフォークやシートステーに採用されている様ですよ?
K-Vidgetgre.jpg

カーボンモデルBIANCHI INTENSOや、アルミモデルBianchi VIA NIRONE7は、ケブラー素材を採用している事から、長距離での衝撃吸収対策に力を注いでいるモデルと言っていいでしょう。

アルミフレームやカーボンフレームにケブラー素材を採用するメリットって共通しているんですよね。
衝撃吸収性を優先させているというよりも、石畳などをの凸凹道を走った際、速度が逃げない為の衝撃吸収性といえばいいのかな?


BIANCHI INTENSOって、元々長距離ロングライド目的の為に開発されたカーボンモデル。
カーボン内にケブラー素材を採用した「KEVLAR VIBRATION ISOLATING DEVICE」を実装した唯一のカーボンモデルでもあります。
かつてのエントリーカーボンモデル「センプレ」や「INTREPIDA」には、ケブラー素材を採用していなんですよね。
つまりそれだけ VIA NIRONE7は長距離を走った際の、衝撃吸収性対策を打ったアルミモデルとだけ覚えておいてくれればいいです。
DSCN722few8 (1)
2019 Bianchi VIA NIRONE7
さいたまサイクルエキスポ時におけるBianchi VIA NIRONE7。
当時ARIA、インフィニート、XR3、XR4などの試乗車は全てディスクモデル。
唯一非ディスク キャリパープレーキ仕様のビアンキロードといえば、Bianchi VIA NIRONE7だけだった。
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_16few (2)
ただBianchi VIA NIRONE7は、会場内で重要な役割を果たす事になる。
初心者や、非ディスクを試したいユーザーの試乗を一手に引き受けた。
(女性客の試乗が多かった)
(´・ω・`)あとデザイン面でのチェック。
会場において、性能面もそうだけどデザイン面を気になる方が多かった。
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_19few (2)
やはりチェレステカラーに惹かれて、チェックに来る方が多い。
ですので、ビアンキ側としてもBianchi VIA NIRONE7のチェレステカラー試乗車を用意したのだろう。



cc-bianchi-via-nirone7-al-105_5das (1)
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_13fsd.jpg
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_12dsa (1)
フォーク  Carbon with Kevlar 1.1/8"
カーボン素材にケブラーを挿入することで、路面からの振動を吸収するとともに、路面との接地感を向上させます。(K-VID)
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_8dsa (1)
ブレーキ  Shimano Sora
リム Alex AT470 Tubeless Ready
タイヤ Vittoria Zaffiro 700Cx25C

cc-bianchi-via-nirone7-al-105_14fsd (1)
エントリーモデルながら2019年モデルから新型ケーブル内臓フレーム仕様に。
エンデュランスジオメトリーで長距離向き。
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_16few (1)
ダウンチューブもカーボンフレーム仕様に負けない位ボリュームがあります。
遠目からだと、ちょっとカーボンか? アルミフレームか見分けがつきにくいですね。
年々カーボンフレームに近づけていますので。
DSCN722few8 (2)
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_17few.jpg
フロントディレーラー  Shimano Sora
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_12dsa (2)
クランクセット Shimano FC-R345 50/34T 170/170/170/170/170/170/175mm
クランクはSORAスぺックのシマノ FC-R345クランク
オクタリンクボトムブラケットインターフェイスと、コンパクトな50-34T 2x9スピード対応チェーンリングを使用。
(´・ω・`)4アームクランクではないのか……
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_20fw (2)
BB Shimano BB-ES300
最近はホローテックタイプに移行し、あまり見かけなくなったオクタリンク・ボトムブラケットを採用。
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_19few (1)
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_20fw (1)
シートポスト JD JD-SP02.1 31.6x300/300/300/350/350/350/350mm
シートクランプ Promax MX-112C 35mm
サドル Selle Royal SR 2075HRN

cc-bianchi-via-nirone7-al-105_19few (1)
【先行予約受付中】Bianchi(ビアンキ) 2020年モデル VIA NIRONE7 PRO ヴィアニローネ7プロ SORA[完成車][先行予約受付中]《P》


さて、それはそれとして……たまには余談でも。
連休中にだらだら書いてしまった……
(´・ω・`)どうしてビアンキはアニヲタご用達になったか?
んーーー???
カノッサの屈辱的に?さかのぼると、大体2012年モデルからその傾向はスタートしているかな?
Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)のヒロイン阿万音鈴羽が、ビアンキ風MTBに乗っているのを確認しました。
FIG-MOE-7078_10cascd (2)
FIG-MOE-7078_10cascd (1)
Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 阿万音鈴羽&マウンテンバイク 完成品フィギュア
Bianchiならぬ、「Rianchi」
このフィギュアが、当時辺りそれなりに売れたんですよね。
意外にこのビアンキ風MTBも、細部まで作り込んでいまして。
このあたりから、痛チャリとかにビアンキが頻繁に登場するようになったと推測できます。
(´・ω・`)ただ興味深い事に、当時MTBよりもロードが流行していまして。
どちらかというと、ビアンキロードに走る方が多かった記憶があります。
フィギュアを担当したのが、アルター。
61GKSZz8ba.jpg
初音ミクレーシングver. 「レーシングミク2016 TeamUKYO応援ver.」
あともう一つの流れとして、やはり初音ミクの存在が大きいかと。
初音ミクカラーって、チェレステに近いじゃないですか?
初音ミク風に痛チャリを仕上げる際、ビアンキのチェレステカラーって相性がいい訳で。

つまり「シュタインズ・ゲート」×「初音ミク」の相乗効果で、次第にアニヲタ界に認知されていったと推測されます。
その流れに乗ってグッドスマイルカンパニー系から「レーシングミク」も誕生する事になるんですけどね。
71gJb.jpg
弱虫ペダル 荒北靖友
(´・ω・`)あと別方向から、ビアンキ系ヲタオーナーが誕生する事になります。
弱虫ペダル 荒北靖友ですね。
ヤンキー設定ですが、なんと愛機はビアンキ!
そんなアンバランスな設定? が受けて、「荒北が乗るビアンキがほしくてサイクルショップ」に訪れるファンが続出。
アニメ版の愛機は「Bianchi INTENSO」っぽかったそうですが。
ショップ側は価格的にも手に入り易い、「VIA NIRONE」を用意。
そう、初心者でも手に入り易い価格設定だったのが、当時のビアンキの勝因だったと……

「あーん! あたし、新海さんが乗る「cervélo」欲しい!!」
という方もいたそうですが、何気にサーヴェロは高い。結局予算の都合上「荒北さんが乗るビアンキでいいか?」という弱虫ファンがいたとか、いないとか……。

(´・ω・`)話をまとめますと
シュタインズ・ゲート 阿万音鈴羽×初音ミク×弱虫ペダル 荒北靖友
の三位一体の相乗効果で、アニヲタ界に君臨するバイクブランドとして人気されていったのでは……
多分もっと詳しい方がいると思いますが、とりあえず今回はこの辺で。
【先行予約受付中】Bianchi(ビアンキ) 2020年モデル VIA NIRONE7 PRO ヴィアニローネ7プロ 105[完成車][先行予約受付中]《P》

2019年07月16日 トラックバック(-) コメント(-)