GIOS(ジオス) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GIOS(ジオス)

2021 GIOS MISTRAL 限定カラー(2021年限定色はネイビー、サクラ、スカイブルー、グリーン、マットブラックの5色展開)


2019000038324.jpg
2021 GIOS MISTRAL 限定ネイビー販売価格 58,300円(税込)
毎年恒例のGIOS MISTRALの限定カラーが出てきました。
(´・ω・`)もう7月か……恒例の季節に、今年も限定カラーが登場。
2021年モデルの限定カラーは5色展開。
恒例のリムブレーキモデルが限定色のベースで、アルミフレームにクロモリフォーク仕様。

昨年頃受注生産されたカラーリングが、現在入荷したんでしょうね。
色々パーツ供給や金属材料の面で制約が多い時期でしたが、なんとか今年も無事限定モデルの販売に繋げたか……
2021年限定色はネイビー、サクラ、スカイブルー、グリーン、マットブラックの5色展開。
2019000036535.jpg
GIOS MISTRAL 限定スカイブルー
(´・ω・`)毎年限定カラーが出るんですが。
やはり限定カラーにおいても、毎年人気のあるスカイブルーや、サクラ、グリーンカラーは2021限定カラーに残しましたね。
サイズもカラー別に、
400 ( 適正身長 150-160cm )
480 ( 適正身長 165-180cm )
430 ( 適正身長 155-170cm )
520 ( 適正身長 175-185cm )

と4種展開。
150~180cmの方まで、幅広く対応。
重量も、通常のミストラルと同じく10.8kgです。

以前からそうなんですけど、限定スカイブルーって毎年ブラック系パーツに、GIOSロゴがブラックを採用。
ブラック系パーツやロゴにこだわった、限定色になっています。
(´・ω・`)他のモデルはジオスロゴはホワイトだし、シルバー系パーツを採用していますけど。
やっぱり一味違いますね。
2019000036573.jpg
GIOS MISTRAL 限定サクラ
パーツも限定カラー仕様とはいえ、定番のGIOS MISTRALと同様の仕様です。
リアディレーラーシマノALTUS(8速)を中心に、シマノ製スペックをフル採用。
フロントディレーラーはシマノターニースペック(SHIMANO FD-TY710)
チェーンホイールはSHIMANO FC-TY501 48/38/28T 170MM
カセットはSHIMANO CS-HG31-8I 11-32T

BBももちろんシマノ製SHIMANO BB-UN100(BSA)だし、ホイールもシマノ製エントリー系ロードホイールSHIMANO WH-R501です。
3×8=24SPEED仕様。

(´・ω・`)シフターから、ブレーキ、ドライブトレイン、ホイール、BBに至るまでシマノ製パーツで固めていますね。
ただし、限定カラーなので通常のジオスミストラルより2000円程高くはなっていますが。
2019000026680.jpg
GIOS MISTRAL 限定グリーン
ちなみにミストラルの場合、ロード系ホイールSHIMANO WH-R501の恩恵がかなり大きいクロスバイクです。
フレームというよりは、ホイールで走るクロスバイクかな。
ですので、シマノ製パーツの貢献度が操作系においても、走りにおいてもかなり重要になってきます。
タイヤはKENDA K-193 700×28C。
トレッド(溝)が入っている700Cタイヤなので、路面変化や雨天時などにおいても対応し易いですね。
2018000052231.jpg
GIOS MISTRAL 限定マットブラック
ハンドル XDS 540mm
ステム XDS 90mm

クランク長、ハンドル長、ステムの長さなどは、どのサイズでも統一されています。
(´・ω・`)限定スカイブルーカラーと、限定マットブラックカラーにはステムやハンドル、シートポストがブラック系パーツな点が注目。
カラーによりパーツ等のカラーも異なりますが、特にブラックパーツを使用したカラーは人気が出そうです。
スポーティーなブラック系パーツが好みの方は、スカイブルーやマットブラックをチョイスすればいいのでは?
シルバー系パーツだと、クラシックなデザインになるんですけどね。
GIOS ( ジオス ) クロスバイク MISTRAL ( ミストラル ) 限定スカイブルー

2021年07月26日 トラックバック(-) コメント(-)

2021 GIOS MITO GRX400 グラベル用コンポーネントSHIMANO GRX400に、ロード用コンポ―ネントTIAGRAを組み合わせていますよ


ehakusen_mitogrx_3.jpg
2021 GIOS MITO GRX400 通常販売価格 (税込)147,730 円
2021年モデルより登場した、新型オールクロモリグラベルバイク「GIOS MITO GRX400」。
GIOS PUREというカーボンフォーク仕様のアルミグラベルモデルがありますが、こちらは好きな方にはたまらないオールクロモリグラベルです。
(´・ω・`)これならGIOSブルーをクロモリフレームに塗装した色合いが、グラベルモデルでも楽しめるってもんですよ!
ehakusen_mitogrx_17.jpg
ハンドルバー GIOS ORIGINAL φ26.0
ステム  GIOS ORIGINAL 90mm
シフトレバー SHIMANO ST-RX400
カラーリングはジオスブルーとブラック。
GIOS MITO GRX400はいくらかロード色が強く、ハンドルはハの字タイプの(ハンドル下部が広がった)フレアハンドルではありません。
通常のロードハンドルになります。

更にGIOS MITO GRX40の仕様は謎に面白くて、シフターや油圧ディスクなどにグラベル用コンポSHIMANO GRX400系。
ドライブトレインにはロード系コンポ、ティアグラを組み込んであるんですよ。
(´・ω・`)ロード系パーツとグラベル用コンポGRXが入り交ざっていて、面白そうだな。
SHIMANO GRX400の太くもフラットなシフターで、さくさくなティアグラを変速操作するのか……
ehakusen_mitogrx_13.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-4700GS
フリーホイール SHIMANO CS-HG500-10 11-34T
まあ見ての通り、グラベル用コンポーネントSHIMANO GRX400に、ロード用コンポ―ネントTIAGRAを組み合わせていますよ。
2×10=20SPEED仕様。
34T対応のロングケージタイプなら、大き目の11-34Tにも対応。
ティアグラグレードといえど、グラべル向きのワイドなギア比を確保しています。
ehakusen_mitoclaris_3.jpg
2021 GIOS MITO CLARIS 通常販売価格 (税込)100,980 円
ちなみにこれは、GIOS MITO GRX400のクラリス仕様版です。
それによって価格を抑え、(税込)100,980 円のフルクロモリグラベルロードになっています。
(´・ω・`)何気に貴重なイタリアブランドの、10万円台クロモリモデルだったりする。

こちらだとGIOS MITO GRX400よりの、4万近くも安く変えてしまう。
ロード寄りというか、クロモリツーリングモデル寄りのグラベルです。
しかもアーミーなサンドカラーまで用意してあります。イタリアンアーミーなカラーリングだと、勝手に思っているんですが。
ehakusen_mitogrx_6.jpg
チェーンホイール PROWHEEL RPL-421-TT 48-32T 170mm
(´・ω・`)ではGIOS MITO GRX400のフロントディレーラーはというと、ちょっと型式が不明。
画像からするとシマノTIAGRAグレードFD-4700の様ですが。
GIOS公式HPでもフロントディレーラーについて記載されていないんですよね。
いずれにしても2×10=20SPEED仕様なのは間違いないのですが。
ehakusen_mitogrx_9.jpg
フォーク GIOS ORIGINAL CR-MO FORK
ブレーキ SHIMANO BR-RX400
いいなあ、足回りの剛性を稼いだ前後スルーアクスル仕様か……
ああ、しかもブレーキ部は油圧SHIMANO BR-RX400仕様ですよ。
しかもシフターもGRXグレードのSHIMANO ST-RX400ですから、雨の日でもかなりブレーキ操作に関しては安定性が高そう。
SHIMANO BR-RX400グレードなら、オフロードでもかなり使いやすいし。

クロモリフロントフォーク部の片側には3つのダボ穴がありますね。
エンド部に一つ、中央部に二つ。
オプションを取り付けやすいギミックになっています。
ehakusen_mitogrx_15.jpg
スルーアクスルの極太車軸シャフトの恩恵で、足回りの剛性を確保。
更にエンド部分にもダボ穴を用意。
リアキャリアーキャリアーやオプションを取り付けて、キャンプツーリングにも。

前後スルーアクスルながら、メンテナンススタンドを取り付け可能
あとメンテ用のスタンドが、普通にスルーアクスルなのに取り付け出来てしまうんですね。
これは地味に便利だし、他のGIOS系グラベルモデルにも採用されています。

ラベルロードながら、メンテナンススタンドを取り付けるための出っ張りを用意。
整備性にもこだわったクロモリグラベルです。
ehakusen_mitogrx_11.jpg
タイヤ PANARACER PACERA GRVEL KING SS 700×38C
(´・ω・`)タイヤは上位クロモリグラベルモデル「GIOS NATURE GRX」と同じく、PANARACER PACERA GRVEL KINGを採用。
純日本国産タイヤメーカーパナレーサーの、グラベルロードタイヤを GIOS MITO GRX400にも用意したか。
最初から未舗装路や、長距離ツーリングでの使用を想定してあるのでしょうね。
オンロードやオフロード双方に使いやすくなっていますか。

GIOS系グラベルモデルは以前まで35Cサイズでしたが。
ここ最近のグラベル系タイヤサイズの拡大化に合わせて、ほとんどのモデルに700×38Cサイズを用意しています。
(´・ω・`)この勢いでいくと、2022年GIOS系グラベルモデルも普通に650B完成車モデルが出てきそうな……
ehakusen_mitogrx_14.jpg
リム ALEX GD-26 700C 28H
ハブ D981-CL 28H

リムはアレックスリムのディープタイプ。
シクロクロスモデルでの使用も想定しているタイプ。
ehakusen_mitogrx_7.jpg
ヘッドパーツ NECO H23 1-1/8"
ヘッドパーツは1-1/8オーバーサイズ。
ehakusen_mitogrx_8.jpg
ehakusen_mitogrx_5.jpg
ehakusen_mitogrx_4.jpg
フレーム 4130 CR-MO SPECIAL TUBING FOR GIOS
BB PROWHEEL BB68(BSA)
GIOS MITO GRX400なら、ジオスブルーのクロモリフレームが手に入る点がいいですね。
細くてもクロモリならオフロードでもタフに走るし、走破性も発揮してきます。
しかし、GIOSの細いクロモリで、オフロードを乗りこなすという違和感がたまらない・
(´・ω・`)もちろん衝撃吸収性も高いけど、個人的にはオフロードを疾走出来るクロモリフレームのパワーもたまらない。
あの独特の走破性は癖になりますよ。
しかもチューブが細いので、担ぎやすいですしね。
ehakusen_mitogrx_10.jpg
ehakusen_mitogrx_12.jpg
ehakusen_mitogrx_16.jpg
MITO GRX400(ミトGRX400) 2021モデル/GIOS(ジオス)  クロモリグラベルバイク

2021年06月01日 トラックバック(-) コメント(-)

2021 GIOS TORNADO ULTEGRA  快適性に乗れる7kg台スピード系エンデュランスロード

ehakusen_tornade-ult_3.jpg
2021 GIOS TORNADO ULTEGRA ホイール選択可 (トルネード)
ジオスのロングセラーフルカーボンエンデュランスロード、GIOS TORNADO ULTEGRAスペックですね。
現在ディスクモデルも発売されていますが、こちらはロングライド向けのリムブレーキ仕様の方です。

(´・ω・`)完成車重量7kg台と、軽量化をしながら剛性を上手く取り入れつつも、楽な姿勢で乗れるジオスモデルです。
どちらかというと快適性や路面からの突き上げを緩和するなどの、快適性の高さが良く言われるモデルですが。

とはいえ、乗ってみると純粋に速いですよ??
普通に第一級のレーシング性能を兼ね備えています。
だからこそ、普通にアルテグラスペックなどが用意されているんですが。万能向けと言えばそれまでなんですけど。
いずれにしても、快適性に乗れるスピード系エンデュランスロードの路線は、発売当初からずっと継続しています。
htfy5ehewe.jpg
2021 GIOS TORNADO ULTEGRAは通常のSHIMANO WH-RS100仕様の場合、販売価格 (税込)259,930 円
アップチャージでMAVIC COSMIC PRO CARBONの場合、販売価格 (税込)456,280円(オプション代金196,350円込み)
になります。
ehakusen_tornade-ult_14.jpg
シートステーなどは横扁平形状になっていて、走行時のねじれなどには対応しつつも、路面からの振動を軽減してくれる効果があります。
(´・ω・`)乗り心地も高級感があって、異様に快適性が高い。
しかし踏み込むと、一気に速度に乗ってくれるくらい剛性面もしっかりしています。
直進安定性を生かして巡行性能が高いんですけど、巡行中における剛性を生かした加速のパワーと突進力が、極めて強力なカーボンモデルです。
そんじょそこいらのレーシングモデルにだって、普通に勝負出来る。
ehakusen_tornade-ult_7.jpg
フォーク GIOS TORNADO CARBON FORK 1-1/8" 1-1/2"
タイヤ VITTORIA RUBINO PRO SLICK 700X25C
ホイールセット 通常はSHIMANO WH-RS100
アップチャージでMAVIC COSMIC PRO CARBONに変更可能

カーボンエアロタイプホイールをGIOS TORNADOに用意した場合、高いレベルの巡航性能を発揮します。
MAVIC COSMIC PRO CARBONなら、相当レースでの使用においても頼もしそうですね。
足回りを強化すれば、どんどんレーシング性能が上がっていくモデルでもありますし。

DI2または機械式コンポに適した1060gのモノコックカーボンフレーム。
フレームセットとして提供していますし、カスタム仕様に合わせて完成車を選択でます。
IMG_2349cds.jpg
GIOS GRESS
以前GIOS Gressモデルという、カーボンモデルがあったのですが。
GIOS Gressよりもホイールベースを長くし、エンデューロやトレーニングセッション用に GIOS TORNADOを開発した経緯があります。
ですのでGIOS TORNADOは、GIOSモデル中最高クラスの安定性と快適さを追及したモデルなんですよね。
安定感のあるハンドリングと乗り心地を実現。

(´・ω・`)ところが GIOS TORNADOは、GIOSモデルにおいても走りにおいてかなりの実力を持っているんです。
凄くマイルドな走りをするのですが、その中に適度な剛性が隠されているというか。
加速性やスピード性を、実にコントロールしやすい。
7kg台の軽量モデルですが軽量性よりも……マイルドさや剛性面、乗り易さ、スピード性に驚かされる方も多いのでは?



ehakusen_tornadedisc_1wfqe.jpg
2021 GIOS TORNADO DISC105 通常販売価格 (税込)269,280 円
2020年モデルからGIOS TORNADOのディスクブレーキ仕様も、加わったのですけどね。
2021年モデルの場合、2020年モデルよりも1万円程値下げになったのか。

キャリーパーブレーキ完成車同様、ディスクモデルもホイールベースを長めにとっており、ロングライドの為の安定性を重視したフルカーボンモデルです。
長距離&長時間走れるフルカーボンディスクモデルということを、コンセプトにしています。

ehakusen_tornadedisc_4ga.jpg
2021 GIOS TORNADO DISC105の場合、ブレーキは油圧SHIMANO BR-R7070ディスクブレーキになっています。
ドライブトレインも105スペックで統一。
基本GIOSのフルシマノ路線は、GIOS TORNADOシリーズにおいても生きています。


ehakusen_tornade-ult_4.jpg
シフター SHIMANO ST-R8000
ehakusen_tornade-ult_5.jpg
ヘッドパーツ FSA NO42/ACB 1-1/8" 1-1/2"
ブレーキ SHIMANO ULTEGRA
ehakusen_tornade-ult_6.jpg
ハンドルバー GIOS ORIGINAL φ31.8
ステム GIOS ORIGINAL 90/100/110mm

ehakusen_tornade-ult_8.jpg
ehakusen_tornade-ult_9.jpg
フレーム HIGH MODULUS 30T UNIDIRECTION CARBON MONOCOQUE
サイズ 480/510/540mm(C-T)
重量 7.6Kg 1060g(FRAME) 380g(FORK)

フレーム各所に軽量化と剛性を追及した多角形形状になっている。面白い事にダウンチューブはコンパクトな三角形状。
三角形底辺の面積を大きくすることで、ねじれ剛性を確保しています。
しかしながら、ダウンチューブなどのボリュームを抑える事にも成功しており、軽量化に貢献。
ehakusen_tornade-ult_15.jpg
フロントディレーラー SHIMANO FD-R8000
チェーンホイール  R8000 50/34T 170mm
BB SHIMANO SM-BBR60 BSA
ボトムブラケットはBSA式です。
純粋なロードバイクでもあるので、ドライブトレインも含めてフルアルテグラ仕様。
(´・ω・`)やはりここまでGIOS TORNADOがロングセラーになった理由は、価格を抑えつつもフルシマノパーツ路線を継承していった事によりますね。
あと、7kg台の軽量化路線。
現在ドロップシートステー形状のロードモデルが流行していますが。
走りにおいては、全然GIOS TORNADOは負けていないと思いますね。
ただ、エアロ性能に関しては一歩譲るかもしれません。
ehakusen_tornade-ult_16.jpg
チェーンステーはスクエアタイプの断面形状。
非常にボリュームのある形状で、恐らくこのあたりで剛性を稼いでいるのでは?
ただ、高剛性という訳ではないですが。
ehakusen_tornade-ult_17.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-R8000
フリーホイール SHIMANO CS-R8000 11-28T
ehakusen_tornade-ult_18.jpg
サドル GIOS SELLE SANMARCO ASPIDE
シートポスト GIOS ORIGINAL φ27.2

7.6kgと軽量モデルですが。
シートポストはφ27.2のアルミ製。 GIOS TORNADO専用シートポストではないので、後日カーボン化も可能。
カーボンシートポストにカスタマイズすれば、衝撃吸収性の強化と更なる軽量化も。
(´・ω・`)まあ、快適性や衝撃吸収性は高いモデルではありますが。
シートポストは上下2本のボルトで固定する形式。
TORNADO ULTEGRA ホイール選択可 (トルネード) 2021モデル/GIOS(ジオス) カーボンロードバイク

TORNADO DISC105(トルネードディスク105) 2021モデル/GIOS(ジオス) カーボンロードバイク

2021年04月26日 トラックバック(-) コメント(-)

2021GIOS DELTA(ジオス デルタ) 5万円台でシマノ製油圧&オールシマノ製パーツの衝撃!!

ehakusen_delta_3.jpg
2021GIOS DELTA(デルタ) 通常販売価格 (税込)55,165 円
ロードバイクブランドイタリアGIOSが製作した、街乗り系アルミMTB「GIOS DELTA」です。
フレームは軽く耐久性があるアルミフレーム「ALUMINUM D.B.SPECIAL TUBING FOR GIOS」。
アルミ特有の凹凸のある成型ですね。

重量が440mmサイズで13.5Kg。大体標準的な重量ではありますが。
注目点はGIOSならではの、シマノで固めた真面目なパーツ構成にあると思います。
本格的なMTBの仕様を、上手く街乗りMTBに取り入れた魅惑の仕様になっているんですよ。
ehakusen_delta_9.jpg
BB SHIMANO BB-UN 101(BSA)
フロントディレーラー SHIMANO FD-M315
チェーンホイール SHIMANO FC-F315-2 36-22T 170mm

BBはACERA T3000 シリーズ シマノBB-UN101。
(´・ω・`)実に面白い事に、フロントは2枚。
エントリーモデルながら、かなりMTBとして本格的な仕様を意識していますね。
フロントディレーラーはALTASになっています。
街乗りMTBに、まるで本格MTBの様な36-22T仕様か……
タウンユースというよりは、オフロード寄りの位置付けなんでしょうね。
流石にクロスバイクよりは低速にはなってしまいますが、街乗りMTBとしては走破性重視の姿勢か。
ehakusen_delta_10cd.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-M310
フリーホイール SHIMANO CS-HG31-8 11-32T
リアディレーラーもALTASスペックになっていますね。
リアは8速仕様。2×8=16速仕様になっています。
(´・ω・`)おおおっ……現在MTBの主流は1×ワンバイや、フロントダブルが主流ですので。
流行の流れに沿ったドライブトレイン仕様になっているのか。

クロスバイクとか街乗り系MTBは、フロントトリプルが多いですけど。
へえ……GIOS DELTAはフロントダブルで行くのか……。面白いな。
しかもギアは11Tが用意されています。この価格帯ですと最小は12Tが多いですものね。
多少スピード性も考慮されているか。
ehakusen_delta_5.jpg
フォーク SR SUNTOUR XCT30 1-1/8"
リム ALEX XD-ELITE 27.5 32H
タイヤ KENDA K-1027 KADRE 27.5X2.2
ワイヤーはきちんとインターナルですので、傷みにくい仕様になっています。
フォークはSR SUNTOURです。ロックアウト機能は付いていません。
エントリーモデルとはいえ、100mmトラベルも用意してありますね。
80mmではないのか…・…しかしながらロックアウトは流石にないけど。

リムはアレックスリムのディスクブレーキ専用アルミ製リムだけあって、シャープなデザインになっています。
(´・ω・`)やっぱりリムデザインがディスク用だから、オールブラックになっていてカッコイイな……
タイヤは主流の27.5インチか。
ehakusen_delta_7.jpg
ハンドルバー  ALLOY RISER BAR 685mm
ステム GIOS ORIGINAL 60mm

シフトレバー SHIMANO ST-EF505-8
シフターはブレーキレバー一体型のMTB系アセラグレード SHIMANO ST-EF505-8を使用。
MTBとしては標準的な幅広サイズのハンドルを使用。
ehakusen_delta_8.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-MT200
ブレーキローター SHIMANO RT10 160mm
ブレーキはシマノグレードの油圧ブレーキSHIMANO BR-MT200
(2ピストンMTBキャリパー)
( ;゚ω゚)いいなあ、普通に5万円台でシマノ製油圧を採用か!
5万円台のMTBだったら、メカニカルかテクトロの油圧ディスクが限界かと思っていましたが。
やろうと思えばやれるんですね!


ガタガタといったパッドのノイズを減少。
エントリーモデルとはいえ、ノイズの少ない信頼できる制動性能を楽しめます。
ブレーキローターも160mm「SHIMANO RT10 160mm」ですね。
ドライブトレインから、油圧ディスクブレーキ、シフターに至るまでオールシマノ製MTBじゃないですか??
ehakusen_delta_4.jpg
フレーム ALUMINUM D.B.SPECIAL TUBING FOR GIOS
MTB系スローピングフレームですが、どことなくロードのデザインが入っていていいな……
でもGIOSブルーカラー版GIOS DELTAも見たかった……
とはいえ通常販売価格 (税込)55,165 円で、オールシマノスペックに油圧ディスクですよ?
怖い位、内容がいいエントリー系MTBだと思うのですが。
ehakusen_delta_6.jpg
( ;゚ω゚)GIOSミストラルもいいけど、GIOS DELTAという道も悪くないな。
パーツだけで、普通におつりがくるし。
サドルもクッション性重視ではなく、競技性の高い形状になっていますし。
でもここまでシマノ製パーツで固めたエントリー系MTBってあるんですね。
もちろん街乗り系MTBという事になるんだけど。パーツやフレーム形状、パーツにおいてどことなく競技性のテイストを出してくるあたりがいいです。
ehakusen_delta_11.jpg
ehakusen_delta_12.jpg
適合身長:360mm/155cm〜170cm
       400mm/168cm〜178cm
       440mm/175cm〜185cm

3サイズ展開で155cm~185cmの身長に対応。
カラー展開は2種類でこれはシルバーメタリック、もう一つはネオンイエローになっています。
(´・ω・`)シルバー系カラーはジオス系ロードの影響が大きいかな?
ただ、ネオンイエローはGIOSロードにおいてもあまり見た記憶がないですね。
GIOSブルーをあえて排除し、ストリート系カラーに徹したかな?
ehakusen_delta_13.jpg
米国系MTBは数多く見てきたけど。
イタリア系MTBで5万円台という選択肢はあまり頭になかったな。

しかも、油圧ディスクかつ本格フロントダブル仕様のフルシマノスペックだし、ちょっとエントリー離れした仕様になっています。
多少荒れた道や、短距離舗装路を乗る為のMTBという事になるんでしょうけど。
(´・ω・`)エントリーモデルで、オフロード系の仕様を重視したい方にはうってつけですね。
5万円台でオールシマノ製&油圧という点にも、個人的に惹かれてしまいます。
DELTA(デルタ) 2021モデル/GIOS(ジオス) マウンテンバイク 

2021年04月18日 トラックバック(-) コメント(-)

2021 GIOS NATURE GRX(ジオス ナチュールGRX) パーツもフレームも、どこを見ても妥協点が見当たらない点に好感が持てます


ehakusen_naturegrx_1.jpg
2021 GIOS NATURE GRX(ジオス ナチュールGRX)
COLUMBUSクロモリを使用した、イタリアジオスクロモリグラベルです。
速さを競う為の競技系フルカーボングラベルではなく、クロモリフレームの走破性や強靭性、そしてクロモリならではの乗り心地、運搬性や拡張性を重視したクロモリグラベルなんですが。
フレームとかコンポーネントが豪華過ぎ……しかも使い勝手で考えぬかれているという。
パイプはエントリー系とはいえ、イタリアCOLUMBUS CROMOR。
COLUMBUS CROMORのしなやかさ&走破性や強靭性に期待できます。

(´・ω・`)またコンポーネントも豪華で、SHIMANO GRXフル採用ですよ。
環境の変化に対応し易い&確実な変速操作が可能なコンポーネントSHIMANO GRXのワンバイをフル採用。

これ、相当悪路に強そうなグラベルですね。
基本クロモリ系グラベルは平地においてはロード、悪路においてはMTBの様な走りをします。
環境の変化に対応し易い&確実な変速操作が可能なコンポーネントとして、ワンバイ1×11速仕様のSHIMANO GRXをクロモリと組み合わせると、よりオフロードでの走りが際立ちます。
ehakusen_naturegrx_2.jpg
ヘッドパーツ TH-16CC
ehakusen_naturegrx_3.jpg
シフター SHIMANO ST-RX600
ハンドルバー GIOS ORIGINAL φ26.0
ステム GIOS ORIGINAL 90mm

SHIMANO ST-RX600にはノンスリップ加工が施されています。握り易さ重視な上に、コーティングの様な物を施してあるので滑りにくい。

ギアがシングルギアだけですので、右レバーだけで気楽に変速操作を行えます。
まあ、ダイレクトに変速操作が出来るので使い易さはありますね。
(特に悪路の際、直接的に変速操作が出来て相当楽。走破性はクロモリフレームが担当してくれるし)

SHIMANO ST-RX600は、ワンバイ用に開発されたブレーキレバー
フロントシングルなので左側は変速レバーを省略。また落車などに備えて、多少内側に動く設計を施してあります。
ehakusen_naturegrx_4.jpg
フォーク GIOS ORIGINAL CARBON FORK
ブレーキ SHIMANO BR-RX400
ブレーキはエントリー系GRX400の油圧式ですよ。
(´・ω・`)なるほど……そうきたか。

GRX400ディスクブレーキは、スピードコントロール性よりも強力な制動力が前面に出ている油圧ディスクです。
相当悪路における制動力を重視した完成車なんですねえ。
しかもQR方式ではなく、前後に最新の12mmスルーアクスル仕様。
ローターは前後160mm。

ちなみにクロモリ系グラベルにカーボンフォークを使用するメリットについてですが。
軽量性というよりは、快適性や乗り心地の良さにメリットがあったりします。
悪路を舐める様に走るんですよね。

ま、それでもGIOS NATURE GRXの重量は、10kgアンダーの9.4kg!
クロモリ系グラベルにしては、かなり軽量に仕上がった完成車です。
ehakusen_naturegrx_5.jpg
ehakusen_naturegrx_6.jpg
ehakusen_naturegrx_12.jpg
ehakusen_naturegrx_7.jpg
フレーム COLUMBUS SPECICIAL TUBING FOR GIOS
parts01_019xsa.jpg

使用しているパイプは「COLUMBUS CROMOR FOR GIOS」
例えば2021 BASSO TERRAは、英国クロモリREYNOLDS 520を組み合わせたグラベルモデルですが。
この2021 GIOS NATURE GRXはイタリアチューブ(鋼管)メーカーコロンバス製のパイプを使用し、イタリア色を強化してあります。

やや肉厚なダブルバテッドクロモリパイプで、グラベルにはピッタリ。
メーカーの完成車に採用されている場合が多い強靭なパイプですね。
tour-de-afrique-bicycle-cairo-fdsafricacds.jpg
ツールドアフリカを含む240000km以上のありとあらゆる地形でテストされた、限界のないツーリングバイク「Cinelli HoBootleg」にも
COLUMBUS CROMORは採用されています。
アフリカ大陸縦断バイクイベント「ツールドアフリカ」にも実際使用され、強靭さと快適さを併せ持つクロモリパイプですね。

コロンバス社製パイプ なら走りは滑らかになるし、悪路の凹凸も対応しやすい。
衝撃吸収性そのものはしっかり確保されていますし。心地よい硬めのクロモリパイプという印象があります。

(´・ω・`)エントリー系クロモリですけど、クラシックなクロモリ完成車に使用すると塗装が落ち着いて上品に見えたりします。
COLUMBUS CROMORに塗装した、ジオスブルーの発色具合が気になりますね。
ehakusen_naturegrx_8.jpg
チェーンホイール SHIMANO FC-RX600-1 40T 170mm
BB SHIMANO SM-BBR60 BSA
流行のワンバイイレブン仕様になっていますね。

(´・ω・`)ナイナーバイクスのクロモリフレームもそうですが、クロモリにフロントシングルのワンバイですと、一気にMTBな雰囲気になります。
ちなみにGRXシングルギアは、山の高さがかなり高いので、しっかりチェーンに噛み込みます。
ですのでギアの高さが高い事により、チェーンが脱輪しにくいメリットも。
同時にチェーンリングの耐久性も向上します。

またチェーンリングのクリアランスを確保する為に、チェーンステーの一部に潰し加工を施してありますね。
ehakusen_naturegrx_9.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-RX812
フリーホイール SHIMANO CS-M7000 11-42T
リアは11-42Tと、ワイドな11速仕様。
しかもグラベル用コンポSHIMANO RD-RX812には、チェーン脱輪を防止するスタビライザー機能付き。
リアディレーラーに用意されているレバーを上げ、スタビライザー機能をONにすると、ケージが固定されます。
(常時ONでもOK)
そうする事でチェーン暴れが無くなり、脱輪などのトラブルが防止できるのです。

また泥除けやキャリアーも取り付け可能。基本GIOS系グラベルモデルらしく、運搬性能やツーリング性を持たせています。

前後スルーアクスルながら、メンテナンススタンドを取り付け可能
(´・ω・`)あとメンテ用のスタンドが、普通にスルーアクスルなのに取り付け出来てしまうんですね。
これは地味に便利。
ehakusen_naturegrx_10.jpg
ehakusen_naturegrx_11.jpg
ホイール SHIMANO WH-RS171
タイヤ PANARACER PACERA GRVEL KING SS 700×38C

気になる2021年モデルのタイヤなんですが、継続してパナレーサーのグラベルキングを採用。
純日本国産タイヤメーカーパナレーサーの、グラベルロードタイヤが標準装備されている豪華なクロモリグラベルです。

(軽量で衝撃吸収性に優れ、長距離走行でも疲れない高性能なツーリングタイヤ)
最初から未舗装路や長距離ツーリングでの使用を想定してあるのでしょうね。
2021 GIOS NATURE GRXはパーツもフレームも、どこを見ても妥協点が見当たらない点に好感が持てます。
NATURE GRX(ナチュールGRX) 2021モデル GIOS(ジオス) クロモリグラベルバイク

2021年03月20日 トラックバック(-) コメント(-)