GIOS(ジオス) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GIOS(ジオス)

2020 GIOS NATURE GRX(ジオス ナチュールGRX)はクロモリながら、カーボンに迫る軽量性を重視。  

naturegrxgrw.jpg
2020 GIOS NATURE GRX(ジオス ナチュールGRX) クロモリグラベルバイク

2020年クロモリグラベルモデルのGIOS NATUREが、遂にグラベルコンポーネントを実装してきました!
2018年モデル、2019年モデルは「GIOS NATURE105」として、105R7000系を搭載したグラベルロードとして継続してきました。
新型105油圧ディスク仕様でしたので、クロモリ系グラベルモデルとしては、当時かなり高スペックだったった訳ですが。

遂にこの2020年モデルより、SHIMANO GRX810系をメインとしたコンポ―ネント構成になり、更にグラベル色が濃くなりました。
nature105_8ca (2)
フレーム  COLUMBUS SPECIAL TUBING FOR GIOS
COLUMBUS社製クロモリフレームを採用したフレームジオメトリーに、変更はなさそうです。
コロンバス製Columbus Cromorを2019年モデルも採用していたので、恐らくその路線は継続になったのでは。
Columbus Cromorは路面の凹凸を巧みにコントロールしながら走る傾向がありますからね。

衝撃吸収性そのものは確保しつつ、クロモリならではの滑らかな走りも確保。
心地いいけど硬めなクロモリチューブなので、グラベル向きですよね。
(´・ω・`)一時期ビアンキやブルーノなどのクロモリモデルに良く見かけましたが。
最近はグラベルモデルに、Columbus Cromorを見かけます。
レトロ路線のミニベロ→クロモリ系グラベルに活用されていて、上手く生き残っているな……と。
naturegrxte.jpg
シフトレバー SHIMANO ST-RX600
今回の新型2020年モデルGIOS NATURE GRXから、グラベル用コンポシマノGRXを採用した事により完全にグラベルロード化しました。
(´・ω・`)今まではロード系スペック105でしたからね。
どうしてもグラベルロードの仕様って、2018~2019年モデル頃の時期は試行錯誤でしたし。
MTB系コンポとロード系コンポを組み合わせたり、様々な試行錯誤が米国内において行われていました。
だから2018~2019年モデルのジオスナチュールもコンポーネントやタイヤサイズなどにおいて試行錯誤の跡があります。
ただゆったりと走る事を目的にしたクロモリフレームジオメトリーはずっと継続ですね。
なんだかんだで、前後スルーアクスルを採用していますのでカッチリとしたフィーリングも獲得。
naturegrxtebsfsd.jpg
ブレーキ  SHIMANO BR-RX400
フォーク GIOS ORIGINAL CARBON FORK
タイヤ PANARACER GRAVEL KING SK 700×38C

ブレーキはSHIMANO BR-RX400グレードの油圧ディスク。
タイヤは2019年モデルより拡張した、700×38Cサイズを継続して採用。
2018年モデルまでは35Cサイズでしたが、現在のグラベルロードのタイヤサイズの拡大化に合わせて年々タイヤサイズも巨大化している傾向です。
またディスクキャリパーブレーキを搭載する為に、クロモリモデルながらエンド部がアンシンメトリーになっています。
naturegrxtengf.jpg
クランク SHIMANO FC-RX600-1 40T 170mm
リアディレーラー SHIMANO RD-RX812
カセット  SHIMANO CS-M7000 11-42T

ん? 2019 GIOS NATURE105はフロントダブル仕様でしたが、2020年モデルよりワンバイ化した訳ですね。
世界中で流行しているワンバイ仕様を取り入れてきましたか。
SHIMANO RD-RX812を採用する事よって、リア11速化は継続。
nature105_5csa (1)
2019 GIOS NATURE105ドライブトレインは、
(´・ω・`)逆に言うと、2019年モデルのGIOS NATURE105は105スぺックに、105油圧ディスク仕様。
よりロングライド向きの仕様になっています。舗装路などでのオンロードでも楽しめる仕様でしたからね。

GRX化により幅広ブレーキレバーのホールド性が増し、悪天候にも極めて強いコンポーネント構成になりましたが。
(個人的には、よりMTB系に傾いた印象)
元々2019 GIOS NATURE105はリアキャリアーなども積載可能で、ツーリング性が高いモデルではあったんです。
ツーリング的用途に使いたいなら、2019年モデルもそう悪くないかも。

より悪路を走りたいならやはり、悪天候に強いSHIMANO BR-RX400ディスクを採用した2020年モデルですね。
明らかに105油圧より制動力がありますし、実際に雨天時にすこぶる強い。
nature105_8ca (1)
Columbus Cromorクロモリチューブで組んであるだけあって細身のシルエットも特徴。
クロモリに油圧ディスクと重スペックのグラベルモデルながら、車重はなんと9.1Kgまで抑えています。
何気にクロモリ系グラベルながら、重量面でも軽量化を果たしています。
ehakusen_naturecarbon_1fv.jpg
2020 GIOS NATURE CARBON
( ;゚ω゚)2020年モデルよりナチュールは「GIOS NATURE CARBON」という形で、フルカーボン化も果たしているのですが。
実はこのフルカーボン仕様のGIOS NATUREの重量は8.9Kg!
なんとクロモリ>2020 GIOS NATURE GRXの重量9.1kgって、フルカーボングラベルに迫っている重量なんですね。
ドライブトレインやコンポーネントの構成は同じワンバイGRX仕様ですから。
ジオスとしては、クロモリ系グラベルながら肩で担いで徒歩で難所を突破するシチュエーションも想定して重量を抑えているのかもしれませんね。
超軽量エアロロード ジオスエアロライトなども、超軽量エアロロードとして知られていますが。
実はグラベルモデルも、軽量化を重視していた訳です。
nature105_5csa (2)
nature105_1csa (2)
2020モデル GIOS(ジオス) NATURE GRX(ナチュールGRX) クロモリグラベルバイク 

2020年01月26日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 GIOS TORNADO DISC105  2020年モデルからディスクモデル化して登場!

tornaded_1das (2)
2020 GIOS TORNADO DISC105

2014年モデルから登場した軽量カーボンモデル「GIOS TORNADE」
遂に2020年モデルから、ディスクモデル化して登場ですよ。
元々2014年頃に、GIOS社のオーナーが交代した事により登場した新型カーボンモデル。
(それまで、ジオスはクロモリ、アルミモデルなどがメインだったので、カーボンモデルのラインナップが1モデルしかなかった)
(´・ω・`)トップの好みかどうかは知りませんが、急にジオスはカーボンモデルのラインナップが激増したんですよね。
基本的にカーボンモデルにレーシング性能を持たせる方向性の様で。
tornaded_2das (2)
個人的にちょっと驚いた点はGIOS TORNADO DISCに、伝統のジオスブルーカラーを排除してある事ですね。
2019 GIOS TORNADO ULTEGRAもその傾向にありましたが……
TORNADO ってブラックを基調としたカラーが主でしたが、ストライプブルーカラーなどを入れてどこかしらジオスブルーを残していたんですよね。
ところが新型GIOS TORNADO DISCにはどこにもジオスブルーカラーが見当たらないという……
どこかしらワンポイント的にジオスブルーを残してあるのかもしれませんが、相当思い切ったカラーリングにジオスは挑んできたんですね。
tornaded_11sac (1)
フリーホイール WHEEL SHIMANO WH-RS171
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 25C


GIOS TORNADO DISC105について
基本ミドルグレードのディスクロードモデルということで(流石に、グラベルではない)シマノ105スペックで統一。
フレームそのものは、2019年モデルGIOS TORNADOと同じジオメトリーをディスク化した方向性の様です。
基本ロングライドモデルと思われがちですが、ちょっと違いまして。
巡航中からの剛性を生かした加速のパワーと突進力が、極めて強力なレーシングモデルなんですよね。
もちろん走り易いロングライドジオメトリーを採用したカーボンモデルなので、ロングライドに使えるけど。
強力過ぎる、レーシング性能&戦闘力を持っていますので今回のディスク化は大賛成。
多分エアロライトよりも、GIOS TORNADOをディスク化した方が恩恵が大きいのでは?

ちなみにホイールはSHIMANO WH-RS171になるそうです。恐らくこの画像は展示会のもので、マヴィックホイールを履いているのでは。
tornaded_1das (1)
ハンドルバー GIOS ORIGINAL φ31.8
ステム GIOS ORIGINAL 90/100/110mm

元々GIOS TORNADOのコンセプトは、長距離レースや荒れた路面にも対応する軽量カーボンモデルとして開発されたもの。
(´・ω・`)とはいえかなりレーシングタイプでもあるんですけどね。
ディスク化したGIOS TORNADOはやはり人気で、確か先日の試乗会においても展示車がお披露目されていました。
tornaded_2das (1)
ヘッドパーツ FSA NO42/ACB 1-1/8" 1-1/2"
イタリアンブランドジオスらしく、ヘッドバッジデザインはイタリア色が濃い訳ですが……
ヘッドバッジにまで、イタリアブラックをあしらった訳ですが。
tornaded_4da (2)
フォーク GIOS TORNADO CARBON FORK 1-1/8" 1-1/2"
ブレーキ  SHIMANO BR-R7070
GIOS TORNADO DISCのフレームジオメトリーは、2019 GIOS TORNADOを引き継いでいますが。
GIOS TORNADO DISC専用フォークは当然ディスク専用になります。
(´・ω・`)ジオスブルーは完全排除したけど、フォーク裏がイエローロゴを採用ですか……

ディスクキャリパー&12mmスルーアクスル化した事により、より剛性が際立った加速を見せてくれそう。
ディスクブレーキはロングライドの為の仕様だとは思いますが、元々トルナードはかなり速度が出るモデルですし。
やはり強力な制動力を持つディスク化はありがたいですね。
tornaded_4da (1)
フレーム  HIGH MODULUS 30T UNIDIRECTION CARBON MONOCOQUE  8.2Kg 1090g(FRAME) 390g(FORK) 
1090gと軽量フレームですが。それほど太いフレームではないのですが剛性はしっかり稼いでいるカーボンフレームですね。
多面的というか、多角形形状で剛性を確保してあるんですよね。
剛性と軽量性、そして衝撃吸収性をかなり稼いでいるミドルグレードモデルです。
tornaded_das7.jpg
tornaded_6gr (1)
フロントディレーラー  SHIMANO FD-R7000
チェーンホイール SHIMANO FC-R7000 50/34T 170mm

最近コンフォート系やロングライドモデルに105ドライブトレインや105油圧ディスクをアッセンブルしたモデルが流行っていますが。
トルナードディスクもその傾向にある様です。
いずれにしてもSHIMANO105をフル採用した仕様になっていますね。

2020年モデルトルナードフレームのBBは、ディスク&キャリパーモデル共に整備性・耐久性に優れるBSA形状を採用。
メンテナンス性そのものも高くなっています。
tornaded_6gr (2)
リアディレーラー  SHIMANO RD-R7000
カセット SHIMANO CS-R7000 11-30T

tornaded_9ca.jpg
サドル GIOS SELLE ITALIA SL
シートポスト GIOS ORIGINAL φ27.2

tornaded_11sac (2)
薄いモノステー形状で衝撃吸収性を稼いだ形状。
シートステー全体の長さはコンパクトリア三角形状ながらも、重視した形状ですよね。
2020モデル GIOS(ジオス) TORNADO DISC105(トルネードディスク105) カーボンロードバイク 

2020年01月24日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 GIOS NATURE CARBON GRX 8kg台フルカーボングラベルロードがジオスより登場

bike-king_gios-nature-cbn_2.jpg
2020 GIOS NATURE CARBON GRX
(´・ω・`)ジオスのクロモリグラベルロード「GIOS NATURE105」が、カーボン化を果たしたんですね。
エアロフレームの様なグラベルフレームではないですか?
恐ろしい程のコスパですよ……販売価格27万円台でフルカーボンフレームに、シマノグラベル用コンポGPXをフル採用しています。
よく27万円台でフルカーボンにGPXを用意出来たな……
しかも恐ろしい事に完成車重量も8.9kg!
なんと9kgアンダーのグラベルロードになります!!
コスパもいいし、グラベルモデルとしては超軽量。
まるで、ジオスのエアロロード「ジオス エアロライト」のグラベル版みたいな方向性ではないですか?
つまり超軽量エアロフレーム&コンポーネントを、格安で販売するという手法ですね。

bike-king_gios-nature_2xewf.jpg
2020 GIOS NATURE GRX
クロモリCOLUMBUSチューブを採用した「GIOS NATURE GRX」
こちらもグラベル専用コンポシマノGRXを採用したグラベルモデル。
しかもフロントダブル路線から、ワンバイ仕様に進化している。
(´・ω・`)つまりジオスはカーボンフレームとクロモリフレーム仕様の、GPXワンバイ完成車を同時展開している訳ですか。
これもクロモリながら、なんと重量は9.1kg!
クッ……クロモリで、9.1kg!? 
凄い……
DSCN7775cdhetsxs.jpg
Factor VISTA Chapter3 Devesaブラック
英国バイクブランドFactorのオールロード「Factor VISTA」。
高速かつ悪路を疾走する為に開発されたカーボンオールロードではあるんですが。
こちらも、エアロ形状を採用しているんですよね。
新型GIOS NATURE CARBON GRXも、まるで一見エアロロード形状。
(´・ω・`)設計思想は一緒なのかしら?
エアロ形状のグラベルモデルが増えつつある傾向ですね。
bike-king_gios-nature-cbn_3.jpg
2020 GIOS NATURE CARBON GRX
2019 GIOS NATURE 105は105油圧ディスク仕様でしたが。
2020年モデルの新型は「SHIMANO BR-RX400」油圧ディスク仕様。
実質フルカーボンに、シマノGPXシリーズをフル採用しています。
bike-king_gios-nature-cbn_4.jpg
安定した制動力と、なんと42Cまで対応の幅広タイヤスペックであらゆる道に対応。
エアロ風フレームのグラベルモデルながら、そこまでタイヤクリアランスを用意してきたか。
やはり価格 278,630円 (税込)ということで、SHIMANO GPX11速仕様。
フレームだけではなく、コンポーネントの上でもワンランク上ですね。
高速仕様というよりは、文字通りの多目的型グラベルモデルという話ですが。
どの程度の高速性を誇るのか、気になります。
また、完成車重量は8.9kgと20万円台グラベルロードとしては、最軽量となります。
bike-king_gios-nature-cbn_5.jpg
シフター SHIMANO ST-RX600
コンポーネントはSHIMANO GPXですが、シフターはSHIMANO ST-RX600。
ブレーキはSHIMANO BR-RX400、リアディレーラーはSHIMANO RD-RX812、ホイールはSHIMANO FC-RX600-1。
(´・ω・`)ワンバイ系GPXで良く見られるミックス仕様になっています。
bike-king_gios-nature-cbn_6.jpg
ヘッドパーツ FSA 1-1/8" 1-1/2"
bike-king_gios-nature-cbn_9.jpg
ハンドルバー GIOS ORIGINAL φ31.8
ステム GIOS ORIGINAL 90mm

bike-king_gios-nature-cbn_18.jpg
フレーム HIGH MODULUS 30T UNIDIRECTION CARBON MONOCOQUE

剛性、軽量性、衝撃吸収性を併せ持つ東レハイモジュラスカーボンモノコックフレーム。
(´・ω・`)ん? GIOS AEROLITEと同様のカーボン素材を採用しているのか。
だから8.9kgなんて、数字を叩き出している訳ね。
フレーム形状といいGIOS AEROLITEの影響を多大に受けているグラベルロードなのかもしれない。
bike-king_gios-nature-cbn_7.jpg
フォーク GIOS NATURE CARBON FORK 1-1/8" 1-1/2"
ホイール  SHIMANO WH-RS171-CL
タイヤ PANARACER GRAVEL KING SK 700×38C

とはいえグラベルロードではあるので、極太のストレートカーボンフォークを用意。
bike-king_gios-nature-cbn_17.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-RX400
フラットマウント方式を採用。前後12mmスルーアクスル仕様。
bike-king_gios-nature-cbn_18.jpg
bike-king_gios-nature-cbn_8.jpg
bike-king_gios-nature-cbn_16.jpg
BB SHIMANO SM-BB72-41B
bike-king_gios-nature-cbn_12.jpg
ホイール SHIMANO FC-RX600-1 40T 170mm
(´・ω・`)面白い。シートチューブ下部が、リアホイールに沿ってえぐれたエアロ形状を採用しているのか・
ボリュームのあるフレームに見えるけど、どこかしらエアロロードの雰囲気が……
フロントはワンバイで、チェーン脱輪防止のギミックが用意されています。
bike-king_gios-nature-cbn_14.jpg
安定した制動力と、42Cまで対応の幅広クリアランスを確保。
さすがにロードブランドらしく700Cホイール路線ですね。
MTB系ブランドが出すグラベルロードの様に、ロードプラス仕様ではないか。
bike-king_gios-nature-cbn_15.jpg
bike-king_gios-nature-cbn_13.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-RX812
フリーホイール SHIMANO CS-M7000 11-42T
bike-king_gios-nature-cbn_11.jpg
シートポスト GIOS NATURE SEAT POST
ん? エアロ形状のカーボンシートポスト???
ぱっと見、エアロロードにしか見えない……
bike-king_gios-nature-cbn_10.jpg
サドル GIOS SELLE ITALIA SL
(´・ω・`)GPX&フルカーボン仕様なのにコスパもいいし、グラベルモデルとしては超軽量。
更にはエアロフレームの技術をグラベルフレームに取り入れている訳か……
これはグラベルロードとして、かなり人気が出そうな予感がします。
GIOS ジオス 2020年モデル NATURE CARBON GRX ナチュール カーボン GRX ロードバイク

2019年10月30日 トラックバック(-) コメント(-)

2019 GIOS VINTAGE PISTA イタリアンカラー 街乗り&ストリート用にストップ&ゴー性能を高めまくっている

kygi685.jpg
2019 GIOS VINTAGE PISTA イタリアンカラー

SADDLE VELO
SEAT POST KALLOY φ27.2


人気が高いシマノティアグラスペックのクロモリモデル「VINTAGE」。
そのヴィンテージフレームを採用したシングルスピードモデルがVINTAGE PISTAです。
でも、最近はどちらかというとVINTAGE PISTAの方が、人気出ているみたいですね。
それも、このイタリアンカラーが!
やっぱりシングルスピード化した事によりリーズナブルな上に、基本的なシングルスピードの楽しい走行性能もきちんと押さえていますし。
(´・ω・`)最初はデザインに惹かれて購入される方が多いと思うけど、購入後街乗りを重視した走行性能に驚く方も多いはず。
imgrc0063409083.jpg
2019 GIOS VINTAGE PISTA スタンダードカラー
シングルスピードにすることで自転車本来の美しいフォルムを実現。
これはVINTAGE PISTAのジオスカラーだ。
更にコストをかけてイタリアンカラーにしたのが、 「GIOS VINTAGE PISTA イタリアンカラー」という事になる。
わざわざジオスがイタリアントリコロールを特別に用意した一台だ。
DSCN4251jyffr.jpg
2015 GIOS VINTAGE PISTA
個人的に注目したい点はVINTAGE PISTAのギヤ比は44T×16Tに設定されている点ですね。
軽いギア比のお蔭で、通常のロードには無いダッシュ力&軽快な加速性能があります。
遠乗りというよりは、街乗り&ストリート用にストップ&ゴー性能を高めまくっているのが特徴かな?
細身とはいえクロモリフレームだから、重いという事はないですね。
むしろ逆。怖い位軽快に走ってくれる。
imgrc0063409074.jpg
フレーム 4130 CR-MO SPECIAL TUBING FOR GIOS
GIOS VINTAGE PISTAは、軽快なダッシュ力と共にクロモリらしい衝撃吸収性も備わっています。
(´・ω・`)ギア比や短めのチェーンステーなどで、ダッシュ力を稼ぎつつクロモリフレームとしての滑らかさも付いてくる。
ある意味変速機付きクロモリでは味わえない、シングルスピードならではの走りが楽しめる。
imgrc0063409078.jpg
ヘッドパーツ PT-1103 1"
ハンドルバー GIOS ORIGINAL φ26.0
見ての通りシングルスピードなので、ハンドル周りも実にシンプル。
街乗りやストリート用シングルスピードとしての性能に特化してあるので、逆に長距離やロングライドには向かないモデルとも言える。
(もちろん走れない事はないが、やはり変速機などを搭載したクロモリモデルの方に分があるといえるだろう)
imgrc0063409076.jpg
フォーク GIOS ORIGINAL CR-MO FORK 1" JIS
フロントハブ TH-50 32H
タイヤ PANARACER PACELA 700×25C
クロモリフォークのシルバーに合わせて、ブレーキもシルバーを採用。
実車はイタリアントリコロールと合わさって、もう少し鮮やかな雰囲気がする。
タイヤは、パナレーサー タイヤ パセラ。サイドのアメ色がレトロで、ツーリングモデルにも良く採用されるタイヤだ。

imgrc0063409072.jpg
チェーンホイール SUGINO RD PISTA 44T L170mm
BBパーツ TH-7420 (BSA)
シングルスピードの定番クランクsugino RD Messenger(RDメッセンジャー)を採用。
日本ブランドの高品質クランクですね。
あのクロモリらしくない、軽快加速性はやはりこのクランクによる所が大きいと思う。
クランク部には「Messenger sugino」とプリントされているので、実に気分が盛り上がります。
遠乗りやツーリングから、街乗りメインにロードを切り替えたい場合実に適したクロモリシングルスピードモデルと言えるだろう。

見ての通り変速機が無い分、重量8.9kgと抑えられている。
imgrc0063409069.jpg
ブレーキ  TEKTRO R-340
BB周辺にイタリアンレッド。シートチューブ上部の結合部にイタリアンバジルの様なグリーンカラーをあしらっている。
(´・ω・`)試乗前手押しで、試乗コースに移動しなきゃならなかったのだが。
GIOS VINTAGE PISTAが、実に目立つ、目立つ。
普通に振り返ったり、様々な視線を浴びてしまった……
それだけインパクトのあるトリコロールデザインということかな?
【P最大20倍(1/20 0時まで)】2019モデルGIOS(ジオス)VINTAGE PISTA(ヴィンテージピスタ)【イタリアンカラー】シングルスピードバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2019年01月17日 トラックバック(-) コメント(-)

2019 GIOS TITANIO ULTEGRA ジオスブルーのチタン系バイクで、イタリア色を強調!

iuktt65u74.jpg
2019 GIOS TITANIO ULTEGRA
(´・ω・`)ジオスから出ている、チタン製バイク「GIOS TITANIO」というモデルがあるのですが。
フレームに「3AL-2.5V TITANIUM SPECIAL TUBING FOR GIOS」というチタン合金が使われています。
ちなみにこの画像は、アップチャージでMAVIC COSMIC PRO CARBON仕様ですね。
ある意味、ジオススチールバイク中においてカーボンにも対抗できるのでは。

ちなみにGIOS TITANIOとは別の話になるが、国内に出回っているチタン系バイクって以下のチタン合金が採用されている。
3AL2.5V TITANIUM ……チタンに3%のアルミと、2.5%のバナジウムを混合した合金。
6AL4V TITANIUM……チタンに6%のアルミと、4%のバナジウムを混合した合金。

国内で展開しているチタン系バイクは、3AL2.5Vが標準というかスタンダードですね。
(ミニベロも折り畳みモデルも、大体3AL2.5V)
Ti-6AL-4Vは剛性や軽量性を強化した、どちらかというと高級なチタン合金かな。
DSCN8546htd.jpg
京都のバイシクルビルダー OGRE(オーガ)
今の所、チタンパイプを使ったバイクといえばエアロモデルといえばOGRE(オーガ)などをちらりと、見た記憶がある。
見ての通り、チタン合金の素材感とエアロ感が楽しめる形状だ。
最近はチタンですらエアロモデルが出たりするんですよね……
DSCN8550htddh.jpg
このOGRE(オーガ)のミニベロフレームはチタン合金Ti-3.2AL-5Vを採用している。
強度を求められるヘッドやBB付近はTi-6AL-4V材の丸棒から削り出すことにより、強度&しなやかさ&運動性能を発揮。
つまりフレームの箇所によって、チタン素材を使い分けているのだ。
titanio_8.jpg
フレーム  3AL-2.5V TITANIUM SPECIAL TUBING FOR GIOS
GIOS TITANIOって、チタンフレームなのにきちんとジオスブルーで塗装してあるのが特徴。
普通チタン系バイクって、チタンの材質を生かした無地のフレームが多いじゃないですか?
でも、GIOS TITANIOってわざわざチタンフレームに塗装を加えてイタリアン色を強調しているんですよね。

あとチタンフレームの特徴として、チタン合金ならではの推進力を有しているならどの速度域でも乗り手を引っ張っていく頼もしさがあります。
滑らかな快適性もあるので、長時間乗ってもかなり疲労は軽減される。
空気を切り裂く金属質な鋭い加速が、チタンフレームの特徴と言っていいでしょう。
cosmicupgrade.jpg
ホイールセット:通常はSHIMANO WH-RS100
アップチャージでMAVIC COSMIC PRO CARBONに変更可能

フォークはCOLUMBUS FUTURA 1-1/8" 1-1/2"
高級クロモリモデルREGINAと同様に、カーボンフォークCOLUMBUS FUTURAです。
(´・ω・`)アップチャージで、カーボンホィールのCOSMIC CARBONが可能。
titanio_11.jpg
ハンドルバー GIOS ORIGINAL φ31.8
ステム GIOS ORIGINAL 90/100/110mm

シフトレバー SHIMANO ST-R8000
titanio_10.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-R8000
titanio_9.jpg
フォーク COLUMBUS FUTURA 1-1/8" 1-1/2"
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 25C
titanio_7.jpg
titanio_6.jpg
titanio_5.jpg
フロントディレーラー  SHIMANO FD-R8000
チェーンホィール SHIMANO FC-R8000 50/34T 170mm
BB SHIMANO SM-BBR60 ITA
titanio_2.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-R8000
フリーホィール  SHIMANO CS-R8000 11-28T
とはいえ、やはりチタンフレームにGIOSブルーで塗装しているGIOSモデルの美しさはいいものですね。
見ての通り、チタンの素材感も楽しめるようにシートステーとチェーンステーを塗装していない。
だから、フレーム自体ジオスブルーで塗装されてますが。
リア三角部分で、チタン素材を楽しめる趣向になっています。
titanio_1.jpg
サドル GIOS SELLE ITALIA SL
シートポスト GIOS ORIGINAL φ31.6

【P最大17倍(11/16 10時まで/エントリ含)】【2019モデル/ULTEGRA】GIOS(ジオス)TITANIO ULTEGRA【ホイール選択可能】(チタニオアルテグラ)チタンロードバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2019年01月11日 トラックバック(-) コメント(-)