Birdy BD-1  スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > Birdy BD-1 

BD-1専用テレスコピックフェンダー なんと収縮式フェンダー!

DSCN9111.jpg
BD-1用テレスコピックフェンダーではないですか!

とうとう市場に出回ってきましたね!

言わずと知れたBD-1専用収納タイプの泥ヨケです。

今や普通に、フェンダーも収納したり展開したりしてトランスフォー
ムする時代になったというか。
これあると、BD-1を使用する際、色々幅が広がりそうです。
DSCN4j6uj5.jpg
これ、凄い便利ですよね。
伸縮式だから、雨が降ってきたら直ぐにワンタッチで泥よけを
展開できちゃうというか。
邪魔な時は、収縮させて収納しておくことも可能。
てかBD-1標準装備にしてもいい位だ。
なんと泥よけまで、折り畳み自転車の様に展開方式にしてしまっ
たと。
なにより見た目が、かっこいいんですよ、これ。
img61688128.jpg
これがテレスコピックフェンダーの内容。
展示車を見ていた時、てっきりリアフェンダーだけかと思っていたら
実は、フロント部分も付いてくるんだ!

前後展開式のフェンダーですか!
これは、アイディア!
フェンダーを取り外して、袋に入れて持ち運びも可能。
輪行などへの使用も想定しているのかな。
img61688131.jpg
これが、前(フロント)フェンダーを展開させた様子。
確かに、タイヤ部分をカバーしている……
取り付けてある車種はBD-1クラシックかな?
img61688133.jpg

フェンダー収縮時はこんなに、コンパクト!
これは凄い!
全然目立たないじゃないですか!
なんか、蛇みたいなフェンダーっすね。
img61688134.jpg

着脱式フロントフェンダー
フロントフェンダーを、取り外す事も可能。
取り付けはブランケット。
ステーはフォーク内側に収まるのでBD-1の外観を損ねない。
(キャリパーブレーキ搭載モデルは不可)
img61748344.jpg
フロントフェンダーの取り付けには適合車種があるそうだ。
(適合車種)
2008年モデル以降のBD-1
2007年モデル以前のBD-1には取り付け出来ない。
キャリパーブレーキ搭載モデルは不可。

(取り付け可否の判断基準)
フロントフォーク取り付けの内径(図A寸法)
取り付け可 72mm
取り付け不可 56mm

ちなみにリアフェンダーに関しては、全年式適合!
リアフェンダーだけでも、十二分に価値があると思うのですが。
でも可能なら、フロントもリアも取り付けたいですよね。

購入前に内径を確保できているのか実測したり、メーカーや
ショップに確認した方が良さそうですね。
img61688135.jpg
リアフェンダー収縮時は、こんなにコンパクト!
というか、フェンダーの存在自体が消滅している……
ここまでコンパクトになるとは……BD-1本体の
収納性に負けていないぞ……
img61688129.jpg
リアフェンダー展開!
かっこいい!
普通にBD-1を購入時、テレスコピックフェンダー買っちゃった
方が、後日色々使えそうではないですか?
img61688130.jpg
着脱式リアフェンダー
BD-1専用設計のステーにより確実な固定が可能。
リアフェンダーは全年式取り付けOK。
DSCN9107.jpg
遠くからBD-1用テレスコピックフェンダーを装着した
BD-1を見ても、全然違和感ない。
【当店在庫ございます♪】BD-1用オプションパーツ テレスコピック フェンダー 泥除け

2014年06月10日 トラックバック(0) コメント(1)

BROMPTON S2L試乗体験 自分へのメモ用。

DSCN8357.jpg

BROMPTON S2Lにのんびり試乗しました。
今日は自分へのメモ用という形で。

変速段数2段なので変速操作のわずらわしさがないですね。
ま、ブロンプトンなのではハイスピードはNGですけど。
のんびり一定ペースなら、変速2段の方が大変扱いやすい。
走行感も、低速なら軽い感じがする。

しかしM型ハンドルのM3LやM6Lよりも、軽めのS2L
の方が扱いやすそうだなあ。
10kg台ですものね。
M3LやM6Lは11~12kg台でしたっけ。

変なオプション付けずに、持ち運ぶならやっぱりこれかな。
さすがに2速だから確実に変速が決まりそうだし。
ちょっと坂があったら、直ぐにLOW側にすればいいだけだし。
個人的にそれ程坂道がない平地で使用する事になるので、特に
6段変速とか3段変速はいらないや。

(個人的に都内で宿泊する時にちょっと必要なので)
デザインもいいし、S型ハンドルなら小柄な方でも乗りやすい
ので、BROMPTON S2Lを家族間で乗りまわせるかな。

ま、他のスポーツバイクだと、家族から迫害をうけるのですが。
誰にでも扱いやすいBROMPTON S2Lなら、許してくれそうな気がする。
DSCN8343.jpg
さすがに駐輪も楽々だ。
リアホイールを畳めばいいんだもんなあ。
さすがに長時間駐輪は怖くて嫌だけど。
DSCN8345.jpg
ターキッシュグリーンって鮮やかなんですね。
普段が普段なんて、フラットバー系のハンドルの方が慣れているかな。

DSCN8346.jpg
さすがにフラットバーなので、前のめりになって走る事に。
個人的には慣れているけど、普段ママチャリの人はこの
ポジショニングに驚くかな。
DSCN8348.jpg
ブレーキレバーに、折り畳みロゴが記載されているとは知らなかった。
DSCN8349.jpg
変速操作がシンプルかつ、単純なので扱いやすい。
本当にワンタッチで変速出来るのね。
DSCN8359.jpg
16インチのシュワルベコジャック。
さくさく、進む。
DSCN8360.jpg
DSCN8351.jpg
クランクは54T さすがに大きいけどチェーンガードもしっかり
ついている。
DSCN8353.jpg
プロンプトンの為だけに作られたパーツが至るところに。
本当に外部のパーツを使用しないところがご立派。
DSCN8354.jpg
リアサスはちと硬め? 
DSCN8352.jpg
外装2段変速。
さすがにシンプルだけど、都内はこれでいいかな。
坂が多い地域なら、また違う選択肢になるけどね。
DSCN8356.jpg

この軽量サドルを見てふと思った。
「むしろ人間の方が軽量化した方がいいのか」
最近、バイクの重量うんぬんかんぬんよりも、もっと人間が
ダイエットして軽量化した方がはるかに効率的な事だという
事を思い出した。
DSCN8363.jpg
良く考えたら、泥除けまでついているのに10kg台というのも凄い。
個人的には、もうこれ以上軽くなくてもいいかな。
BROMPTON 「ブロンプトン」 M2R BLACK EDITION 2018年購入 ワンサイズ 16インチ リアキャリア付き 折り畳み ミニベロ 美品

2013年12月01日 トラックバック(0) コメント(0)

2014 BD-1 Disc-R まさかの快速ロングライド&遠乗りメカニカルディスク仕様だった。

DSCN9028.jpg
ディスクブレーキを搭載した2014 BD-1 Disc-Rに試乗したんですけど……
あ、変わった、変わった。
2013 BD-1 DiscはMTB風クロスバイクな感じでしたけど、2014 BD-1 Disc-R
は、快速クロスバイクというかフラットバーロードみたいな感じ。

コンポもMTB系ディオーレから、シマノソラに変更になったんですよね。

いや、試乗するまえはディスクブレーキがついた、アーバン系街乗り悪系
ミニベロかと思っていたんですけど。

DSCN9027.jpg
(実際試乗した感想)

あれ? 一定の速度での巡航性能、スピード維持が出来るぞ?
しかも、ハンドルが傾いているのでかなりの前傾姿勢。
クロスバイク感覚っていうか、まるでフラットバーロード感覚。

スピードをコントロール出来る感がある。
むむ、これは街乗り系ミニベロじゃなくて、レーシー系ミニベロですね。
で、例のディスクブレーキなんですけど、これは高速時の制動性を向上
させる為に採用したんじゃないですかね?

リムを痛めない為とか、雨の日のブレーキング性能を向上させたかった
ので、メカニカルディスクを採用したのかと思いましたが。

個人的に、ツーリングとか、遠乗りの際2014 BD-1 Disc-Rに乗りたいと
思いました。
2014年モデルの場合、ある程度の速さで、一定ペースの走りが得意になっ
ている気がします。
しかも、旅先で天候変化があってもディスクなので、しっかり対応出来そう
ですし。

ぶっちゃけ、街乗りには少しパワーを持てあますかもしれませんね。
かなり速度が出てしまうので、ついつい遠乗りしたくなる事は必然。
普段ロードとかクロスバイクに乗っていて、似た様な感覚で折り畳みミニベロ
に乗りたい方にいいかもしれません。

ただし試乗中、ミニベロにここまで強烈なブレーキ力なんかいるのかな? とい
う気もしましたが。
ただ体力が低下しても、軽い力でブレーキがかかるのでその点はい
いかもしれませんね。
DSCN9035.jpg
たしか、ステム角度がBD-1 SPEEDと同じ25°なんですよね?
なるほど、このディスクモデルをスピード系ディスクミニベロにしたかった
訳だ。
ようやく2014モデルの意図が分かりました。

ミズタニ様のセッティングが良かったせいか、シフターがサクサク
動いて楽しかった。
DSCN9034.jpg
サスはSPEEDと同じく、そんなに速度を出しても逃げない感じが
した。
DSCN9029.jpg
ハイポリッシュもいいけど、このマーキュリーグレイカラ―がえらく
いいです。
どこまでも、メカメカなミニベロですね。
DSCN9032.jpg
クランクはなんと56T 170mm!
さすがに、でかい。
これだけ歯数があれば、そりゃ速いはずだ。
DSCN9030.jpg
ギア 11-25T 9s
リアディレーラー SORA
重量11.55kg
DSCN9031.jpg
タイヤ IRC 18×1.25
やっぱりスリック系タイヤの軽さがもろに、走行性能に反映されちゃって
ますね。
DSCN9037.jpg
スピード性は9.8kgと軽量な分BD-1 SPEEDの方が勝ってい
ますかね。
ただ、なんとなくですが長距離走るなら2014 BD-1 Disc-Rかな。
ディスクブレーキの重量が増した分、走っていて安定感みたいな
のがあるんですよ。
2014 BD-1 Disc-Rの場合、下手に重量減らしたくないな。
折りたたみ自転車 Birdy(バーディー) Sport Disc

2013年11月29日 トラックバック(0) コメント(0)

2014 BD-1 SPEED LTD 試乗体験インプレ 細かい部分で、カーボンシートピラーやチェーンテンショナーなど改良されていた。

DSCN9005.jpg
今回小径用コンポシマノカプレオを採用した、快速仕様BD-1 SPEEDに
試乗しました。
スポーティな前傾姿勢で乗れる快速専用ミニベロですけど、よりスポー
ティに走るならBD-1アルフィーネや、BD-1ディスクなどよりよほど乗
りやすいですね。
基本的に他のBD-1シリーズとは別物と考えていいでしょう。

よりクロスバイクやロードに近い形で、速度を出しつつアグレッシブに
乗りたい方はこのBD-1 SPEEDでいいと思います。

やはり高速仕様という事でギア比が高いモデルですが、18インチタイヤの
おかげでどんな状況下でも速度を出しやすいのですよ。

年々走行性能も向上しつつ、安定感があるんですよね。速度を出しても、
それほど怖いという感覚がなくなりつつありますし。
街乗り仕様のコンフォートモデルもありますが、本当はこういう快速仕様
にこのモノコックフレームが向いているのかな……。

BD-1 SPEEDの場合、走行性能はほぼクロスバイク位には追いついたと思い
ます。エントリー系アルミロードあたりと比較すれば、片足を突っ込んだ位
の走行性能は有しているのでは。
ま、さすがに通常のカーボンロードには及ばないけど、折り畳み機能&18イ
ンチでここまでもっていっているんだから凄いですね。
毎年毎年、劇的ではないけど、少しずつ走行性能が上がっているのは良くわ
かりました。

ロードと一緒に走りたいなら、とりあえずBD-1 SPEEDでいいのでは? 疲れ
たら、さっさと駅に駆け込んでそのまま電車で帰宅もできますし。
DSCN9006.jpg
ハンドルとサドルにこれだけ距離があれば、なんだかミニベロという感覚じゃなくなってくる。
DSCN9004.jpg
DSCN9016.jpg
DSCN9017.jpg
DSCN9020.jpg
特にサスのせいで、スピードが殺されるとう事はなかった。
DSCN9007.jpg
IRC 18×1.35
やはりスリックタイヤ仕様なので、平坦な路面の場合、速度の乗りがいいです。
DSCN9021.jpg
この試乗車は、大変溶接が美しかった。やはり年々技術が上がっているのかな?
DSCN9024.jpg
DSCN9008.jpg
ミニベロながら、ハイスピードを提供してくれる、54Tの大型クランク。
しかもブラックカラ―。
2014年モデルのBD-1はブラック系パーツが多いのかな。

例の折り畳み時にチェーン落ち防止のための、チェーンテンショナー
も確認。
本当に最初から標準搭載されたんですね。
DSCN9011.jpg
DSCN9010.jpg
ギア 11-25T 9s
リアディレーラーにシマノカプレオ。
DSCN9022.jpg
DSCN9015.jpg
DSCN9013.jpg
なんと2014年モデルは最初から、カーボンシートピラー仕様。
サドルもそうだけど、とにかく重量が増えない様に苦心している
のが分かる。
やはり折り畳み機構の利便性を確保しつつ、走行性能を強化&軽量
化対策に取り組んでいるのですね。
折りたたみ自転車 Birdy(バーディー) Standard Disc スコッチブライト

2013年11月28日 トラックバック(0) コメント(0)

2014 BD-1 ALFINE 試乗体験インプレ やはり内装11速というアドバンテージがでかい。ギア比によって走りの性格が変わる

DSCN9050.jpg
DSCN9041.jpg
BD-1 ALFINE 試乗体験インプレ

ああ、なんとアルフィーネ内装11速モデルがマットブラックに
なったんですね。

エクストラマー、クランク、リム、グリップにいたるまで全て
オールブラック。
このブラック加減は徹底しています。
ディスクブレーキを搭載する場合じゃなくても、ここまで内装変
速システムにブラックが似合うんですねえ。
ハイポリッシュもいいけど。
思ったよりも、内装変速機の重量ってこのモノコックフレームと
相性がいいですね。このマットブラックって、悪系じゃないですか?
普通内装変速モデルっって、大人しいデザインが多いけど。
これは逆ですわ。


(ポジショニングについて)
んー、通常のBD-1スタンダードと同様、若干前のめりって感じですね。
ま、速度を出す場合にも、ゆったり走る場合にも両方対応してる
かな。


(走行感)
やっぱり、内装11速を搭載しているアドバンテージがでかくて
ユーザーが必要とする様々な、走行条件に対応しているのですよ。

トップギアにしておくと、普通に高速ミニベロモードになります。
なんか内装アルフィーネをこのモノコックフレームに搭載すると
なんでか、安定性が増して、その分強気に飛ばせるんですよね。

やはり、個人的にはきびきびした走りを楽しむ為の、機動性がある
ミニベロという感覚でして。
だから、この攻撃的なブラックの塗装が一番走行性能を上手く
表現しているのではないでしょうか?

ギアをロー気味にすれば、普通の街乗り系のミニベロになるので
色々使えるとは思います。
DSCN9042.jpg
個人的には5~10速あたりで、その辺を乗りまわりたい。
ロー側のギアは、坂道などに使えればいいかな。
速度が出るので、アグレッシブに走れるけど、逆に速度の出し過ぎ
には気を付けた方がいいかもね。
DSCN9045.jpg
DSCN9058.jpg
アフィーネのトリガーシフトで変速操作します。
一応インジケーターも、付いているので確認も用意。
DSCN9049.jpg
DSCN9051.jpg
BD-1 ALFINEってやはり折り畳み時の利便性よりも、スポーツ性
走行時における万能性に徹している。
でもって SUGINO製クランクなどを採用して、デザイン性も良質。

最近のBD-1って、スピードが乗った際の安定感がある。
前は結構怖い感じがしたけど、随分しっかりスピードを出せるように
なったもんですよ。
DSCN9060.jpg
DSCN9054.jpg
DSCN9053.jpg
リアディレーラーにALFINE内装11速を採用。
DSCN9052.jpg
アルフィーネチェーンテンショナーや、チェーンガードなど、チェーン
脱輪防止に力を入れている。
確かにBD-1シリーズの中で内装変速搭載モデルという事もあり、一番スト
レスが少ないモデルかもしれない。
一番荒っぽく扱えるのでは。
DSCN9057.jpg
DSCN9067.jpg
タイヤIRC 18×1.5

そういや、内装変速機の重量のせいでリアのタイヤの減りが速い
とかいう話があったけど。
なるほど、BD-1にALFINEを搭載すると、リアに負荷が大きく
かかるのかな。
【10%OFF】R&M 「リーズアンドミューラー」 BD-1 STANDARD 2014年頃 折り畳みミニベロ

2013年11月27日 トラックバック(0) コメント(2)