KONA(コナ) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > KONA(コナ)

2020 KONA DEW DELUXE  ロードプラス&ワンバイSRAM SX-Eagle12SPEED仕様のシティコミューター


dew_dx0_oj.jpg
2020 KONA DEW DELUXE 98,010円
カナダ コナのシティコミューターバイクKONA DEW DELUXE。
(´・ω・`)元々ロングセラーのカナダKONAが誇る、シティコミューターモデルだった訳ですが。
なんとWTB Horizonロードプラスタイヤ650x47cで走破性と乗り心地を強化し、ワンバイSRAM SX-Eagle12SPEED仕様にパワーUPしています!
更にロードプラスに、なんとフルフェンダーを用意しているんですよ。
元々フェンダーにこだわりのあるモデルでしたが、まさか極太のロードプラスタイヤ用のフェンダーを用意してくるとは。
2020年モデルのKONA DEW シリーズは、通勤用バイクをロードプラス仕様に仕上げた傾向になっています。
いずれにしても、マッドガードが付いて、1×12速はちょっと面白いですね。
ブレーキにはTektro HD-M275 油圧ディスクブレーキを採用。
KONA DEW DELUXEはミドルグレードにあたるモデルですので、油圧ディスク路線ですね。



ehakusen_drdew_2.jpg
2020 KONA DR.DEW
これがKONA .DEWシリーズにおける最上位モデル「KONA DR.DEW」ですよ。
650b ホイール、悪天候でも平気なフェンダー、SRAM NX/SX Eagle 12速ドライブトレインなど、ミドルグレードモデルと共通のパーツも多いですが。
(´・ω・`)なるほど……2020 KONA DR.DEWはシマノ製油圧ディスクを採用しているから、最上位モデルな訳か。
ehakusen_drdew_3.jpg
フロントブレーキローターも Shimano RT30 160mm (centerlock)を採用。
ふむふむ。
足回りのディスクブレーキを、シマノブランドで統一している訳ですね。
しかし何が凄いかって、最初からロードプラス専用の泥除けをきちんと用意している点ですよ。
もちろん上位モデルとはいえフェンダーも用意。
極太のロードプラス用タイヤの為の泥除けとなると、なかなか探すのが大変そうですから。
初期搭載されていると助かります。


ehakusen_dew_2.jpg
2020 KONA DEW 価格 70,290円 (税込)
こちらはエントリーモデルのKONA DEW。
KONA DEWはワンバイではなく、フロントトリプルにリア8速仕様。
(Shimano Altus、ターニー、アセラなどのミックスコンポ)
快適さ、シンプルさ、効率のよさなど、クロスバイク寄りのコンポーネント設定になっています。
(´・ω・`)フレーム自体は、上位モデルKONA DR.DEWやKONA DEW DELUXEと同じアルミフレーム。
サンドカラーやブラックペイントなど、通勤通学向けの華麗なコーラルカラーペイントが特徴。
つまり、通勤通学に向いている大人のカラーリングな訳ですね。
ehakusen_dew_8.jpg
フロントディレーラー Shimano Tourney
クランクアーム Shimano Altus
チェーンリング 28/38/48t

見ての通りフロントトリプル仕様という、ちょっと珍しいロードプラスモデルでもある。

ehakusen_dew_9.jpg
リアディレーラー Shimano Altus
ブレーキにはKONA DEW DELUXEの油圧ディスクとは異なり Tektro HD-M275 メカニカルディスクブレーキを採用。
エントリーモデルの方はコストをかけずに、メカニカルディスク仕様です。
ド派手なロードプラス仕様なのに、どいう言う訳か落ち着いて見える。
では、ロングセラーモデル KONA DEWの歴史を簡単に振り返ってみましょう。


img61927234etd.jpg
2014 KONA DEW DELUXE
元々 KONA DEW シリーズは日常生活で使う事を考え抜いて作ったシティーコミューターでした。
木製の底板がついたフロントバスケットに、ディスクブレーキに大型フルフェンダーを初期のモデルから実現していた訳ですね。
日常で使うという事を考慮して、フロントシングルリア9速仕様。

更に旧2014 KONA DEW DELUXEは日常で使うという事を考慮して、フロントシングルリア9速仕様。
ワンバイに最初かたこだわったクロスバイクでもありました。
その理由は、わずらわしい変速操作を避けるため、1個のトリガーシフトでリア変速操作のみの機能に絞った訳です。
また大型の泥除け初期の状態から取り付ける事で、毎日通勤通学、買い物などに使うユーザーの脚部を保護したいという狙いもあった。
つまり現行のKONA DEWは、ロードプラス&1×12速に進化した訳ですが、本来の通勤通学、買い物の為のクロスバイクという路線は引き継いでいる訳ですね。


dew_dx0.jpg
2020 KONA DEW DELUXE
ミドルグレードモデルKONA DEW DELUXEに話は戻りますが。

ワンバイ1×12のコンポーネントに加え、フレームに関しては快適さと高速走行可能なジオメトリーにこだわっています。
(´・ω・`)確かにKONAのアルミロードプラスモデルは、かなりスピードの乗りがいいですしね。
ロードプラスWTB Horizon Comp 650x47cは、路面状態や天候に左右されずにどんな路面においても快適に疾走可能。
以外にアルミフレームの出来にロードプラスタイヤは左右されますし。
通勤通学用快速ロードプラスとして楽しめそうですね。
dew_dx0_2.jpg
フレーム Kona 6061 Aluminum Butted
フォーク Kona Project Two Aluminum Disc
凄い久々にKONA DEW のフレームを見て見ましたけど。
ロードプラス用に、よりスポーティーになった印象。
やはり全3モデル共に、極太ロードプラス仕様になったせいかアルミフレームが細く見えてしまいます。
ちなみになんでKONA DEW シリーズに走破性を重視した700×47Cロードプラスタイヤ仕様になったかというと、元々米国本国では、日本よりも荒れた路面に対してDEWユーザーが使用していたという経緯があります。
つまりロードプラスタイヤを採用することにより、走破性を強化してきた訳ですね。
dew_dx0_evidence.jpg
クランクアーム SRAM S650
チェーンリング 38t X-Sync Eagle
B/B SRAM Powerspline 68mm
ペダル Kona JS2
チェーン SRAM SX-Eagle
フリーホイール SRAM SX-Eagle 11-50t 12spd
リアディレーラー SRAM SX-Eagle


シフター SRAM SX-Eagle
ブレーキキャリパー Tektro HDM275
フロントブレーキローター Tektro TR160 160mm

dew_dx0_1.jpg
フロントハブ Formula 100x9mm
リアハブ Formula 135x10mm
リム Alex AJ-2
フロントタイヤ WTB Horizon Comp Puncture Protect 650x47c

またKONA自身が通勤通学用にと歌っているだけあって、スタンドが初期搭載されています。
2020モデル KONA(コナ) DEW DELUXE(デューデラックス) クロスバイク

2020年04月16日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 KONA SUTRA Shimano Deore 3x10速ドライブトレイン(Shimano Deore M6000) グラベルなロングセラーツーリングモデル


sutra0_fe.jpg
2020 KONA SUTRA 

40Cというファッティなタイヤを装着したクロモリツーリングモデルです。「SUTRA」はKONAのツーリングモデルにおいてロングセラーとも言えるカテゴリーです。
他にもKONA SUTRA LTDというクロモリグラベルモデルがありますが。
悪路走破&長距離用のグラベルにも使えるクロモリバテッドフレームを、ツーリングモデルに使用しているので堅牢性や悪路走破性も期待できるツーリングバイクです。
ただSUTRAはランドナーやツーリングを目的とした走破性を有したバイクではありますが、通常のロードの様にスピード性を追求したロードバイクとは異なります。

2020年モデルよりツーリングの際コンパクトな変速設定が出来る、フロントトリプル×リア10速仕様のMTB系コンポーネントShimano Deoreスペックスペックにグレードアップ。
ツーリング時に積載する荷物が重い場合、MTB系Shimano Deoreスペックのコンパクトなギア比設定が生きてきます。
sutra0_8.jpg
フォーク Kona Project Two Cromoly Disc Touring
ハブ Formula 100x12mm
やはり積載性を強化してありますね。
クロモリフォークに3つのダボ穴を用意し、カーゴケージマウントを取り付けることを前提にしています。
確か2019年モデルからダボ穴の数を3つに増やしたそうですが。
フォークに使える荷物積載選択のオプションの幅が広がった訳ですね。
更にはダウンチューブ下など、至る所にダボ穴を用意。
sutra0_1.jpg
sutra0_5.jpg
ブレーキレバー Tektro RRL-A
sutra0_6.jpg
シフター MicroShift
KONA SUTRAのバーエンドシフターはMicroshift社製です。
これらのシフターには標準で「インデックス」が付いています。つまり、クリックするたびにギアが1つずつ変速可能。
つまり、1970年代のロードバイクのようにギアを手動で調整できます。
sutra0_2.jpg
ヘッドセット  FSA TH848
sutra0_4.jpg
リム WTB ST i23 TCS
フロントタイヤ Schwalbe Marathon Mondial 700x40c

リムも2020年モデルから変更されました。
太いグラベル用タイヤ(45〜55mm)に適していますが、700c x 35mmの高速スリックタイヤでも平坦な道路にフィットします。
2020 KONA SUTRAには、標準でSchwalbe Mondial 40mmタイヤが標準装備されており、以上に耐パンク性が高く、ツーリングでの使用において長持ちします。
(´・ω・`)まあ、ツーリング用途だけではなく普段使いにおいてもシュワルベマラソンはなかなかパンクしにくく長持ちしますね。
sutra0_3.jpg
ブレーキキャリパー TRP Spyre C Flat mount
フロントブレーキローター TRP Spyre C 160mm

12mmスルーアクスル(リア100mmと142mmリア)を2019年モデルに導入した際、KONAユーザーの間で多少議論になったそうです。
(アフリカ、中央アジア、南米で交換用スルーアクスルハブを入手するには困難だから)
このスルーアクスル規格は、ロードバイクとグラベルバイクでますます一般的になりつつありますね。
最大の利点は、ツーリングの際車軸が緩みにくい点にあります。

メカニカル最高峰の両押し対向ピストンTRP SPYRE Cを採用。
ツーリングおける制動性を重視しつつ、通常の油圧ディスクよりもこういった所で軽量化を図っています。
sutra0_7.jpg
フレーム Kona Cromoly Butted
クロモリフォークとクロモリフレームの組み合わせは、以前から継続してきた路線でツーリングにおける堅牢性を重視したい方に最適です。
sutra0_9.jpg
B/B Shimano 73mm
sutra0_11.jpg
フロントディレーラー Shimano Deore
クランクアーム Shimano Deore
チェーンリング 26/36/48t

KONA SUTRA2020年モデルには、Shimano Deore 3x10速ドライブトレイン(Shimano Deore M6000)を採用しています。
このツーリングクランクセットは、新しいチェーンガードと48-36-26の歯のチェーンリングを備え、旧モデルよりも優れた仕上げになっています。
(´・ω・`)おお……2019年モデルはリア9速だったのが、一気にリア10速にパワーUP。
以前はShimano Deore&ALIVIOのミックスだったけど。
この2020年モデルから、ドライブトレインをShimano Deoreスペックに統一した訳か。
見た目もブラック系で一気に渋くなりましたね。
sutra0_12.jpg
リアディレーラー Shimano Deore SGS
カセット Shimano Deore 11-36t 10spd

リアハブ Formula 142x12mm
クランクセットのグレードUPに伴い、スートラはShimano Deore M6000パーツに変更されました。
フロントとリアのディレイラー、およびチェーンとカセットが含まれます。

カセットには36Tギアが追加されました。その結果、非常にギア比の低いクライミング用ギアとしての使用を想定しています。
ほとんどの舗装道路の登山や多くのオフロード登山にも最適。
sutra0_10.jpg
sutra0_13.jpg
Fenders w/ Mudflaps, Pannier Rack
多数のダボ穴を用意し、バイクパッキングに適していますが。
本格的なツーリングの際にはどうしてもバイクパッキングの積載量には限界があります。
本格ツーリングやキャンプに使用するなら、こういったキャリアーなどアイテムは積載量を増やすのに適しています。
sutra0_14.jpg
サドル  Brooks B17 Leather
シートポスト Kona Deluxe Thumb w/Offset 27.2mm

英国のブルックスB17レザーサドルを、2019年モデルから継続採用。
更にリアラックやフェンダーを標準装備。
B17レザーサドルは仕様当初は皮の硬さが気になるかもしれませんが、しばらくすると体に馴染んだクセが付いてきて快適になるはずです。
sutra0_15.jpg
SUTRA(スートラ) 2020モデル/KONA(コナ) ツーリングバイク

2020年04月04日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 KONA JAKE THE SNAKE(ジェイクザスネーク)  競技性を持たせた伝統のアルミシクロクロスモデル

jtsnake_.jpg
2020 KONA JAKE THE SNAKE(ジェイクザスネーク)

シクロクロスバイクは悪路においても、かなりの速さで疾走できますが。 KONA JAKE THE SNAKEは競技性を持たせた伝統のアルミシクロクロスモデル。
シクロクロスイベントは欧米のシクロクロス愛好家にとって最も社交的なイベントの1つであり、KONA JAKE THE SNAKEはイベントに参加する為の仕様です。
jtsnake_6.jpg
フレーム Kona Race Light 6061 Aluminum Butted

カナダコナのミドルグレードシクロクロスモデル ジェイクザスネークは、長年に渡りシクロクロスレース会場でよく知られたモデルでした。
現在では6061アルミを採用していますが、過去には競技性の高い7005系アルミを採用するなど以前よりシクロクロス競技を重視しています。
トップチューブの形状は、シクロクロス競技中肩で担いでも快適になる様に設計。
冬季のトレーニング、通勤、さらには軽めのツーリングに適しています。
オフシーズンにフィットネスを維持する理想的な使用を提供。
特に他のシクロクロスモデルと比較しても軽く、競争力があります。

シクロクロスシーズンが比較的短いことを考えると、多くの場合シクロクロスモデルは通勤通学などに適応性があるセカンドバイクと見なされ、冬のトレーニング、通勤用、または軽快なツーリングバイクに適しています。
jtsnake_1.jpg
欧米のサラリーマンや労働者に人気は高いJake the Snakeは、シクロクロスレーサーや通勤者向けの頼れるバイクとして人気です。
伝説のシクロクロスモデルで、長きにわたりシクロクロス競技を支えてきた屋台骨みたいなモデルでもあります。
ジェイク・ザ・スネークは、伝統的に丈夫で軽量なアルミフレームとフルカーボンフラットマウントディスクフォークのレーススペックを備えていますが、リーズナブルな価格設定が定評のあるモデルでもあります。

レースジオメトリを備え、Maxxis All Terraneタイヤ、SRAM Apex 1x11ドライブトレイン、およびTRP油圧ディスク仕様のチューブレスレディホイールを備えています。
jtsnake_2.jpg
シフター SRAM Apex
前かがみにならず、Jake the Snakeはコントロール性を向上させたシクロクロス。
Konaは悪路に関して扱い易いハンドリングついて熟知しており、乗ればJake the Snakeがシクロクロスサーキットで人気を博している理由がすぐに分かります。
jtsnake_4.jpg
jtsnake_5.jpg
カーボンフォークは肩で持ち上げた際の重量と、悪路を走破する際のバランスが取れています。
Maxxis All Terrane EXO TR DUAL 700x33cタイヤは、トレイルのうねりを非常に効果的に吸収。

攻撃的なコーナーリングでも、高さのあるボトムブラケットが独自に機能します。
コーナリングがいかに無謀であっても、ペダルは決して接地せず、ゴツゴツした下りもこなせます。
これらの性能は、負荷のかかる悪路での走行に適していますが、ツアラーに慣れている方は路面が劣悪な場合に適している点に気が付くでしょう。
jtsnake_3.jpg
リム WTB ST i19 TCS
タイヤ Maxxis All Terrane EXO TR DUAL 700x33c

ブレーキキャリパー TRP HY/RD C
フロントブレーキローター TRP 160mm

KONA JAKE THE SNAKEは強力なブレーキングを誇り、マウンテンバイクからシクロクロスへ乗り換えた全てのユーザーに馴染みのあるポジションを提供します。

技術を擁する悪路においても気楽にこなせるだけではなく、またはオフシーズンにおけるトレーニング時においてもよりリラックスしたポジションを提供し。
ホイール 堅実なパフォーマンスを重視

WTB ST i19 TCS リム
WTBのST i19 TCS リムはコスパが高く堅牢なリムであり、強力で耐久性のあるリムを必要とするシクロクロス競技に最適です。平地、登り、ダウンヒルの場面で走りのパフォーマンスを向上させます。

強く、軽量なWTB ST i19 TCS リム
WTBの特注のWT69合金で作られています。この合金は非常に強く軽量。
リムは競合他社よりもはるかに強度に優れています。

レースの日に使用するにはもってこいですが、見た目も魅力的で通勤にも華やかです。
Maxxis Razeタイヤは泥道などにも良好なパフォーマンスを提供し、悪路で積極的に走っても泥詰まることはありません。
予想よりも速い速度で回転し、悪天候の走行に適している足回りですね。
jtsnake_7.jpg
リア三角は、泥詰まりを防止する為の大き目なクリアランスを用意しているので、より大きめなタイヤサイズを使用可能です。
高さのあるボトムブラケット配置なので、路面とのクリアランスを確保。
jtsnake_10.jpg
クランクアーム FSA Gossamer Compact 1x MegaExo
チェーンリング 40t

B/B FSA 6200 68mm
jtsnake_11.jpg

リアディレーラー SRAM Apex
フリーホイール SRAM PG1130 11-32t 11spd

jtsnake_9.jpg
jtsnake_12.jpg
シートポスト Kona Thumb w/Offset 31.6mm
サドル WTB Volt Sport

シートポストは、強度と軽量性のバランスが取れています。
KonaのWTB Street Smartは最軽量ではないかもしれませんが、快適を補う為のクッション性を重視。
jtsnake_13.jpg

KONA JAKE THE SNAKEはロングセラーシクロクロスモデルとして非常に汎用的で、リーズナブルなシクロクロスモデル。
シクロクロスレーサーでもあり、コミューター向けのバイクとしてこれからも愛されていくでしょう。
歴代のJAKE THE SNAKEのフレームジオメトリーを引き継ぎ、強度があり軽量6061アルミフレームとフルカーボンディスクフォークが伝統的に使用されています。
KONAのグラベルロード「ROVE NRB DL」もそうだけど、謎に軽快なアルミフレームなんですよね。
コナのアルミは不思議な位、堅牢なのに軽く感じてしまいます。
少なくとも、KONAのアルミフレームが重いとは感じにくいはず。

【KONAセール特価】KONA(コナ) JAKE THE SNAKE(ジェイクザスネーク) シクロクロスバイク

2020年02月27日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 KONA ROVE DL(コナ ローブDL)  リーズナブルにどこでも使えるフェンダー付きグラベルロード

rovedl0_.jpg
2020 KONA ROVE DL(コナ ローブDL)

カナダコナが送るフェンダー付きKona Rove DLグラベルロードです。
Kona Rove DLは、クラシックなデザインにこだわったグラベルロード。
舗装路だけの道にこだわらず、このグラベルロードは様々な地形を乗りこなす事が出来ます。
(´・ω・`)米国などでのオフロードアドベンチャーに参加する為のモデルなので、イベントに参加し易いパーツ構成になっています。
動物で言うところのロバみたいなグラベルロードでもあります。どんな地形でも荷物を運搬できるというイメージですかね。

とはいえ、走行性能においてスピード性も求めているので、SORAモデル仕様。
悪天候で走る事を想定しているアドベンチャーロードでもあるので、最初からフェンダーを用意。
KONAのグラベル&アドベンチャーロードモデルにおいても、様々な状況に柔軟に対応し易いアドベンチャーロードと言えるでしょう。
rovedl0_6.jpg
Kona 6061 Aluminum Buttedの特徴
コナ6061アルミ合金は、マウンテンバイクとグラベル系ロードの全モデルで広く使用されています。
コナ6061アルミ合金の特徴は頑丈で耐久性の高さです。
グラベルライド時においても、耐久性に優れた信頼性の高いパフォーマンスを提供します。
コナ6061チューブの大部分はアルミバテッド成型。
つまり、Kona Rove DLのチューブの厚さはフレーム箇所のポイントごとに厚みが違います。
そのためKonaはグラベルロードの目的の用途に応じて、特定のフレームの強度と乗り心地を微調整してきます。
正にKona Rove DLは、舗装路や非整地などの混合した地形に対応する為のフレームに仕上がっているのです。
rovedl0_1.jpg
シフター Shimano Sora
Rove DL全体で快適なジオメトリが採用されている点もポイント
どんな状況下においても多目的に使えるグラベルロードです。
オンロード、オフロード、砂利、ツーリング、バイクパッキングなど。
KONA ROVE DLはあらゆるドロップバーロードの要素を取り入れたアドベンチャーロードです。
KONA ROVEシリーズに試乗してみると分かりますが。
見た目重そうなアドベンチャーロードではあるのですが、実際乗ってみると重いバイクの様には感じません。
実に「軽い」走行感があります。
rovedl0_2.jpg
ハンドルバー Kona Road
ステム Kona Road
ヘッドセット FSA No.10P

rovedl0_4.jpg
フォーク  Kona Project Two Aluminum Disc
Fenders w/ Mudflaps
フロントタイヤ WTB Riddler Comp 700x37c
Rove DLにはWTBリドラーコンプ700x37Cタイヤが標準装備されており、最小限の抵抗で舗装路においても上手く転がることができます。

幅広の耐パンク性タイヤは、岩場などを走破しつつ、悪路においても巡行する事を目的としたサイズです。
舗装路、泥道、砂利道、そして岩場を伴った悪路などどこにでもライダーを連れていく事が出来ます。
フォークはアルミ製で、カーボンフォークを採用したKONA ROVE NRB DLの様に、衝撃を緩和させる事ができません。
基本37Cのタイヤボリュームで、クッション性を確保しています。
rovedl0_3.jpg
ブレーキキャリパー TRP Spyre C
フロントブレーキローター TRP TR160 160mm
リム WTB ST i19 TCS

シマノSora 9スピードグループセット及び、160mmディスクブレーキローターが付属しています。
このメカニカルディスクブレーキにより状況に応じて鋭いブレーキ性能を発揮し、勾配のある地形を走破する事が出来ます。

フェンダーは悪天候に対応しており、フレームをクリーンな状態に保ちます。
春のきれいな時期にフレームの泥汚れの必要はいりません。
rovedl0_5.jpg
フレーム Kona 6061 Aluminum Butted
Roveのジオメトリは走破性、安定性、軽快性が入り混じった様な走りをします。
(´・ω・`)基本乗っていて、どんな悪路でも「軽く」こなしてくれる点がポイント。
アルミフレーム仕様だと軽快性と走破性が前面に出てきますね。
あらゆる路面状態において、安定&「軽い」予測可能なハンドリング性能を提供してくれます。

基本高速で走る為のロードバイクとは違う走行感覚ですが。悪路においても難なく巡行する為の走行性能です。
悪路を走破している最中においても、安定して走行可能。
どちらかというと舗装路においてはロードに近い走行感になりますね。
ちなみに悪路を伴った下りにおいても、自信を持って走行できるという楽しい利点もあります。
rovedl0_8.jpg
フロントディレーラー Shimano Sora
クランクアームズ Shimano Sora
チェーンリング 34/50t

rovedl0_9.jpg
リアディレーラー Shimano Sora
フリーホイール Shimano Alivio 11-34t 9spd
34-50クランクとセットになった11-34tカセットは、幅広いギアオプションを提供します。
他のグラベルモデルに比べると、ロード寄りの仕様ですね。
rovedl0_10.jpg
サドル WTB Volt Comp
終日快適な走行可能なサドル形状(パッド入り)
rovedl0_11.jpg
(´・ω・`)海外においては都市部の走行などに使用されているみたいですね。
確かにフェンダー付きなので、あらゆる条件に対応出来る優れた通勤用バイクとも言えます。

650B×47Cロードプラス仕様の2020 KONA ROVE NRB DLに試乗した際はフレームの剛性感や質の良さが一番印象的でした。
(エアボリュームのあるロードプラスタイヤでも実感できてしまいます)
ロードプラスではなく、700Cですがフレームの品質の良さは健在なのでは?
KONA ROVEのアルミシリーズはグラベル用アルミフレームに関しては、タイヤのクッション性やグリップ性よりも、フレームに注目して欲しいです。
ROVE DL(ローブDL) 2020モデル/KONA(コナ) アルミグラベル/シクロクロスバイク

2020年01月22日 トラックバック(-) コメント(-)

常にグラベルモデルの流行を取り入れてきたロングセラーモデル 2020 KONA ROVE ST

rovest0_a (1)
2020 KONA ROVE ST
米国KONAのロングセラー ワンバイクロモリグラベルロード KONA ROVE STです。
(´・ω・`)2016、2017年モデルは700Cホイール仕様だったのが、2018年モデルより650Bロードプラス仕様ですよ。
以前からクロモリグラベルスタイルを貫いてきただけの事はあり、Rove STはKonaのスタッフにも愛用者が多いです。
imgrc0068611720cds.jpg
2018 KONA ROVE ST
これは2018年モデルの KONA ROVE ST。
実は2018年モデルにおいて既に1x11システム「SRAM RIVAL ONE」を採用していた革新的なグラベルモデルでした。
当時においてスーパーワイドギア比を採用しており、フロント40Tにリア11-42T仕様。
1x11システムは当時の米国グラベルモデルに好んで採用されており、KONA ROVE STも米国向けを意識していました。
700x36Cタイヤと、まだ650Bロードプラス仕様には踏み切っていませんでした。
(当時アルミモデルKONA ROVE NRB DLが、既にグラベル仕様だったが)

rovest0_a (2)
ハンドルバー Kona Road
ステム Kona Road

ヘッドセット  FSA TH848
rovest0_4a (1)
シフター SRAM Rival 1
一見ツーリングに強そうなグラベルロードだが、バイクパッキング仕様にすればダートでも走破性を発揮しながら悪路を突破出来ます。
どうしてもバニアバッグは積載量が大きく確保出来るが、リアキャリアーに取り付けなくてはならないですよね。
リアキャリアーに取り付けた状態だと、どうしてもダートや悪路の際走行時においてガタツキが発生してしまいます。
なので、数日程度の使用ならフレームにバッグ類を固定可能なバイクパッキングスタイルだと、ダートや悪路を伴った非整地路面を走破しながら楽しむ事が出来ます。
rovest0_12a (2)
rovest0_6a (2)
rovest0_6a (1)
ブレーキキャリパー TRP Spyre C Flat Mount
フロントブレーキローター TRP 160mm

フロントハブ Formula 100x12mm
ROVE STのディスクブレーキは大き目の前後160mmローターサイズだ。
悪路での走行に適した制動性を、かつツーリングにおける安心感のある制動性を重視している。
メカニカル最高峰の両押し対向ピストンTRP SPYRE Cを継続して対応。
ツーリングだけではなく、バイクパッキング時における機動性を重視。
rovest0_5a (1)
フォーク Kona Project Two Cromoly Disc
スポーク Stainless Black 14g
リム WTB Asym i23 TCS
フロントタイヤ WTB Venture TCS DUAL 650x47c

またフォークにダボ穴が開いているグラベルバイクはかなり増えてきていますが、2020 KONA ROVE STにはフロントフォークにダボ穴が4つも取り付けてあります。

リアキャリア用のダボ穴、フェンダー用ダボ穴も用意されており、バイクパッキングからツーリングまで幅広く使用出来ます。
DSCN9735cacds.jpg
2020 KONA ROVE NRB DLに試乗した際は、650B×47Cロードプラスタイヤとアルミフレームの相性が最高でしたが。
走行中ロードプラスのバルーン感を発揮しつつ、アルミフレームの剛性感が上手く推進性を発揮していたんですよね。
コナのグラベルモデルって、兎に角MTBらしく走破性が強烈で。
砂利道や林道クラスどころか、山道などでの使用を想定した走破性になっている。
(´・ω・`)個人的に悪路で使用するならKONAって、お勧めのブランドだと確信しています。
rovest0_4a (2)
rovest0_5a (2)
フレーム Kona Butted Cromoly
現在グラベル人気もあり、非常に人気が出ているクロモリ系&ツーリング系グラベルロードです。
2020年モデルには「グロスウルトラバイオレット」というパープル系カラーを施したクロモリフレームカラーを用意。
KONAのグラベルモデルはブルー系とかシルバー系、グリーン系など、渋いカラーが多いですが。
(それはそれで、素敵ですが)
(´・ω・`)2020年モデルはカラー面においても、勝負に出ていますね。
実際KONAの試乗車はグラベルロードとeMTBが中心に動いていましたし。
rovest0_8a (1)
KONA ROVE STのクロモリフレームは、クロモリらしく乗り心地を重視。
しかしながら、ツーリングなどでの使用を考え、ペダリングのパワーロスが少ない理想的なクロモリフレーム。
ht563.jpg
(画像は700CのSUTRA LTD)
guiy9.jpg
KONAのグラベル系モデルは悪路だけではなく、舗装路での使い勝手も重視しているのでどのような環境にも対応出来る様になっています。
基本悪路でも、舗装路の様な走りが出来るスポーツモデルでもありますね。
rovest0_8a (2)
クランクアーム SRAM S350
チェーンリング 40t X-Sync

BB SRAM GXP 68mm
チェーン  SRAM PC1110
リアディレーラー  SRAM Rival 1
フリーホイール SRAM PG1130 11-42t 11spd

リアブレーキローター TRP 160mm
KONA ROVE STには伝統的にフロントシングル・ワンバイ仕様。
ツーリングの際の上り坂に適した、ギア比設定になっている。
軽量かつトラブルが少なく、荷物が過重でなければ上り坂でも十分対応可能。
本格的なツーリング仕様ではなくても、バイクパッキング仕様なら機動性のある走りが出来る。
rovest0_12a (1)
シートクランプ Kona Clamp
サドル WTB Volt Comp

しかしまあ……2018~2019年米国グラベルロードは700C×36Cが標準的でしたが。
どうも最近650B×47Cのロードプラスタイヤが、スタンダードになってきた様な……
KONAグラベルロードのみならず、街乗り専用シティ完成車まで続々とロードプラス仕様になってきていますから。
ROVE ST(ローブST) 2020モデル/KONA(コナ) グラベルロード・シクロクロスバイク

2020年01月03日 トラックバック(-) コメント(-)