TREK スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > TREK

2020年最新鋭モデル TREK MADONE SL6 DISC試乗体験インプレ  細かい振動を、推進力に変換しているかの様なリズムカルな走行感


DSCN8598gre.jpg
TREK MADONE SL6 DISC試乗体験インプレ

2020年モデルMADONE SL6 DISCに試乗してみました。
高速巡行性能を高めた新型のエアロードという事ですが。
トップチューブに衝撃吸収調整機能「ISO SPEED」を搭載。今まで販売されていたマドンSLとは大きく違う点になっている。

エアロロードですが、乗り心地や衝撃吸収性を高めた新型でもあります。
(´・ω・`)すげ……フレームが最初から、ディスクブレ―キ専用設計になっている。
乗り心地がいいというより、万能タイプのエアロロードに仕上がっている感がありましたよ。
DSCN8495few (1)
試乗コースは軽い石畳。
しかもコの字型のコースでしたので、MADONE SL6 DISCの乗り心地と、衝撃吸収性の確認がメインになります。
ミニベロなら多少確認できますが、ロードだとちょっと辛いコース。
あとはディスクブレーキとの相性ですね。
フレームは500シリーズOCLVカーボンという衝撃吸収性を重視したカーボン素材を採用。
コンポーネントはShimano ULTEGRA &ULTEGRA BR-R8070油圧ディスクブレーキ仕様。

(´・ω・`)まさかトレックが、こんな凄い新型を用意してくれたとは……
MADONE SL6 DISCは会場でも大人気で、ちょっとした争奪戦状態に。
DSCN8593gre.jpg
TREK SL6 DISC試乗体験インプレ
低速で、浅い石畳の上で軽く走った感想になります。
①ゼロ加速がリズムカル♪
(´・ω・`)ノリのいいエアロロードです。リアルにゼロ加速のノリがいい!
とてもリズムカルに加速していく点が、ちょっと面白かった。
テンポよく速度に乗ったと思ったら試乗コースの関係上、即ブレーキ。

で、またリズムよく加速しながら走っていくという事の繰り返し。
なんか上手く言えないが、楽器みたいなエアロロードですね。
ノリがいいエアロロードですわ。ゼロ加速時にエアロフレームの硬さや重みは感じませんでした。
DSCN8495few (2)
フレーム 500 Series OCLV Carbon, KVF (Kammtail Virtual Foil) tube shape, Madone Adjustable IsoSpeed, Micro-adjust seatmast, tapered head tube, BB90, flat mount disc brakes, 12mm thru-axle, invisible cable routing, control center, precision water bottle placement, Aero 3S chain keeper, DuoTrap S compatible, [p
フォーク Madone KVF full carbon disc, carbon tapered steerer, carbon dropouts, hidden cable routing, flat mount disc brake, 12mm thru-axle

②軽い石畳程度の衝撃吸収性について。
細かい振動を、推進力に変換しているかの様なリズムカルな走行感。
(というより乗っていると、それ程振動も気にならなくなる)
(´・ω・`)体感的に、衝撃吸収性を強化してあるエアロロードって感じですね。
見た目扱いにくそうなエアロロードですが、何か扱いやすい。
ISO SPEEDが稼働していたかどうかまでは、未確認。

③エアロ性能について。
うーん。コースが狭い上に距離もロードが走るにしては狭いので未確認。
ただ走りに関してリズムカルな加速と共に「スーーーーっ」とした、抵抗感のない走りも確認。
DSCN8600feq.jpg
ハンドルそのものはエアロタイプではなく、ノーマルタイプ。割と扱いやすい。
マドンはトライアスロンとかのシチュエーションに使いたいユーザーが多い。
だからこそ自分のお気に入りのバーとかDHバーが装着可能。
様々な用途に、乗り方をカスタマイズできる。


④コンフォート&高速巡行性モデルではありますが。
(´・ω・`)なんというか、低速だけの試乗でしたが……実に乗り易く扱いやすい万能タイプのエアロロードでしたね。
割とどの速度でもいけそうだし、毎日乗っていたいタイプのエアロロード。
フレームも全然固くないし、体を預けやすかった。
あと最近のトレックってアルミモデルも、カーボンも走りの上での抵抗感を感じにくい設計になっていた。
そう、「抵抗感」が実に少ないんですよね。最近のトレックって。
もう、剛性一辺倒ではないんだ……

DSCN8595gr.jpg
ホイール Bontrager Aeolus Comp Tubeless Ready
タイヤ Bontrager R2 Hard-Case Lite, 700x25c

クランク Shimano Ultegra, 50/34 (compact)
カセット Shimano Ultegra, 11-28, 11 speed
Madone SL6 のドライブトレインはアルテグラで統一。滑らかな変速を楽しめる。
ホイールは50mmハイトのディープリム仕様。平地巡行性を高めたホイール仕様に。

⑤Shimano ULTEGRAコンポについて。
相性が実にいい。特に、油圧ディスクが低速時においても強力だが細かいブレーキコントロールが出てて好印象。
恐らく105油圧だと、低速ながら細かいスピードコントロールが出来なかったのでは?
(´・ω・`)恐らく高速巡行時に、この油圧ディスクは力を発揮するはず。
ブレーキのかかりも自然で、きちんとフレームが受け止めている感がある。
なんというか……ブレーキ感も変速感もごく自然に行えたんですよね。
ブレーキに関しては、ノーストレス。

全然無理をしていない、ディスクエアロフレームですよこれ。
レースというか、日常的にどんどん使ってみたいタイプのエアロロード。

衝撃吸収システム「ISO SPEED」も、ULTEGRA BR-R8070油圧ディスクブレーキも乗り手の負荷を極限まで減らす為の仕様になっていいると実感できる。

⑥高速巡行性は?
不明。コースの都合上確認できず。
ただ……なんとなくMADONE SL6 DISCが力を持て余している感もありましたよ。
それなりのコースで試乗したら、遺憾なくレース性能を発揮してくれそうだ。

(´・ω・`)あと、どの試乗体験されていた方も、MADONE SL6 DISC試乗前よりも試乗後の方が楽し気な表情でしたね。
強く印象に残っている。
トレック TREK マドン9 MADONE9 プロジェクトワン 2018年モデル カーボン ロードバイク 52サイズ 11速 DURA-ACE

2019年06月12日 トラックバック(-) コメント(-)

【3月20日】2020年TREKモデルに何かが起こる!? 新素材グラフェンを採用した新型か?

トレックから挑戦的ともとれる予告が出ている。
革新的な「何か」が、3月20日に登場するらしい……

トレック543





「今回のような変化は30年に一度」とありますよね??
これ以外の全ては、過去のものになる??

革新的な「何か」が、3月20日に登場する。早く見てみたい? ここから登録し、自分の目で確かめよう。

(´・ω・`)な、何が起こるんだ???  トレックって期待を持たせるのが上手いな……
動画をざっくり鑑賞してみたんだけど……
素材そのものの変化って???
何か、新素材とか繊維を強調しているんだろうか?? いずれにしても旧来の素材を使用したバイクではなさそうだ。

噂ではトレックが新素材「グラフェン」を採用したモデルを投入してくる、とささやかれていますが。
800px-Graphen.jpg

グラフェン(graphene)
炭素原子とその結合からできた蜂の巣のような六角形格子構造(ハニカム構造)
炭素繊維の一種で、スチールよりも200倍硬いと言われている。
しかも驚くほど軽量だそうだ。
ダイヤモンド以上に炭素同士の結合が強く、平面内ではダイヤモンドより強い物質と考えられている。物理的にもとても強く、世界で最も引っ張りに強い。
熱伝導も世界で最も良いとされ、電気の伝導度もトップクラスに良い物質である。

fwefw432.jpg
実験によりアンドレ・ガイムとコンスタンチン・ノボセロフが発見。
2010年にノーベル物理学賞を受賞。
グラフェンはカーボンと同様に、炭素の一種と考えていいだろう。
極薄の炭素シートになのが特徴。
ただ素材としては全く新しいもので、薄いだけではなく最も強度を持った素材だそうだ。

(´・ω・`)動画を見ていると、シートの薄さを強調しているような気がする。
グラフェンかなあ……? 
Graphene-1dwq.jpg
グラフェンはグラファイト鉱石から出来ている。

グラフェンフレームデザインの新型トレックモデルが出るとすると、軽量、剛性、耐衝撃性など様々な面で劇的な進化を遂げる事になる。
(´・ω・`)ただの予想だけど……トレックの公式で歌われている様に、新素材を使った「何かが」出てくるのは間違いなさそうです。
仮にグラフェンをトレックが採用しなくても、次世代のバイク用新素材として後日爆発的に普及しそうな予感。
(大量供給が可能になったらの話だけど)
vittoria-graphene-corsa-tubular-tyre.jpg
Vittoria - Corsa (コルサ) G+ グラフェンチューブラータイヤ
ビットリアから既に、新素材グラフェンを採用したタイヤも発売されている。
耐久性とグリップ性が、グラフェンを採用した事により飛躍的に向上したそうな。


Interbike-2018-Trek-Domane-1.jpg
TREK E DOMANE(Trek Domane+ E-Road Bike)

てっきりボッシュユニット採用を採用したトレックの新型Eロード「TREK E DOMANE」が、2020年モデルTREK E DOMANEとして日本に上陸してくるかと思っていましたよ。
……ん? 実際の所どうなんだろう? 
Interbike-2018-Trek-Domane-2.jpg
Trekの新型Domane Plus eロードバイクは、路面を滑らかにするIsoSpeedテクノロジーを採用。
IsoSpeedユニットと電動アシストを実装か……
ケーブル配置が、ちょっと凄い事になっていますね……
Interbike-2018-Trek-Domane-4.jpg
Bosch Performance Line Speedミッドドライブモーターを搭載。
50 Whバッテリーはダウンチューブの内側に隠れており、必要に応じて取り外したり交換も可能。
ワンバイトゥエルブ(1×12)を誇るEドマーネ……日本に入ってこないかな??
8021-31346-main-checkpointsl5_20_24387_a_primary-14vdsds.jpg
2020 TREK Checkpoint SL5
あと2020年モデルトレックと言えば、カーボングラベルロード「2020 TREK Checkpoint SL5」が既に先行で出ていますよね。
OCLV カーボンのフレームにリアIsoSpeedを装備。
IsoSpeedを搭載したグラベルモデルなら、相当悪路においてもスピードのノリが良さそう。
もちろん、上位モデルらしく105スペックに油圧105スペックだ。
ダウンチューブに「カーボンアーマー」と呼ばれるプロテクションが用意されている。
アーマードバルキリーみたいで、個人的に萌えるのですが。

てか、最近のトレックって挑戦的な展開が多いんですね。
3月20日が楽しみです。
中古【Sale】トレック TREK エモンダSLR9 EMONDA SLR9 DURA-ACE Di2 2018年モデル カーボン ロードバイク 52サイズ 11速 R9100

2019年03月11日 トラックバック(-) コメント(-)

TREK MADONE9シリーズ H1に乗ってみた。

DSCN0122DCS.jpg
DSCN0107CDS.jpg

TREK MADONE9 Series H1

7月に出てきた新型エアロロードTREK MADONE9シリーズ H1に乗ってみました。

試乗時間が終了間際かつ、しかもコースは一周だけだったので試乗というよりは
軽く「乗ってみた」感想になります。

TREK MADONE H1という名称で展示&試乗車が用意されていました。

H1フィットという最も低いポジションのレーシング向け
フレームだそうです。
筋力が高いアスリート向けのエアロフレームか。

H2フィットというのはライダーに最適なポジション
を提供するコンフォート寄りフレーム。ロングライドも快適に
こなせるそうな。

DSCN0123CDWS.jpg
(TREK MADONE H1に短距離&短時間乗ってみた感想)
うーん……。

これは、地面を走っているというより、滑っている感覚ですね。
超高速スピードスケートで、氷の上を滑空しているかの様だ!!

剛性&推進力が相当高く、前方に前進していくというか。
強引に突進していく。

フレームが硬かったかな。
どこまでもプロの剛脚に耐えられる、マッチョな本格プロ仕様
フレームという感じ。

パワーや推進力は、確かにケタが違う感じがするが。
短時間かつ短距離で、試乗を終えたので分かったのはここまで
かな。
DSCN0116CDS.jpg
マドンの新型エアロバー/ステムコンポ。
もうまるで、板状の羽。
でも、操作性においてまるで違和感がなかった気がする。
ビジュアルはロードというより、別の乗り物みたいだった。

DSCN0110CDS.jpg
DSCN0112CDS.jpg
マドン新型内臓ブレーキ。
フレームと一体化している……なんだか見た目ブレーキというより
ロードに取り付けられた生物みたいな不気味さ。
DSCN0118CDS.jpg
前方から見ると、一瞬どこにブレーキが配置されているか分からない。
しかもケーブル類がどこにも見えない。
内臓されているというより、保護されているかのようだ。
DSCN0119CDS.jpg
DSCN0113CDS.jpg
DSCN0121CDS.jpg
このダウンチューブ上部にバレルアジャスターまたは電動ドライブトレイ
用バッテリーポートを備えた、一体型コントロールセンターが配置されている。
DSCN0120CWE.jpg
DSCN0111C.jpg
広さは正義! BB90はロードバイクのボトムブラケットとして
最大幅を誇る。
しかもBB周辺はボリュームがあるのに、流線型で滑らかな
形状。
個人的に、このあたりのビジュアルが美しいと思う。
DSCN0108CDS.jpg
DSCN0114CDS.jpg
DSCN0109CDS.jpg
DSCN0115CDS.jpg
あのドマーネに採用されていた、ISO SPEEDテクノロジーがこっちにも
採用されていた訳だ。
露骨に硬いフレームではなかったのは、このあたりの衝撃吸収システムが
稼働していたおかげか。
個人的にはドマーネの衝撃吸収性&コンフォート性能のほうが、その辺
乗るには扱いやすいかな。

でも、レースだったり、決戦用ならTREK MADONE H1を選択
したほうが頼もしい。
【Sale】トレック TREK マドン9 MADONE9 DURA-ACE Di2 2016年モデル カーボン ロードバイク 11速 ホワイト aeolus5 TLR

2016年01月02日 トラックバック(0) コメント(0)

2015 TREK 7.4FX スマホやセンサー対応モデル

0046899_trek_75_fx_hybrid_bike_2015.jpg
もうトレックの2015年モデルのクロスバイクが出るんだ……
なんとスマホやセンサー対応モデル2015TREK 7.4FXですよ。

Bluetooth対応センサーをチェーンステー内臓型になるんだ!
もう!?
8万円台のクロスバイクに、センサー内蔵!?
ロードじゃないのに、普通にセンサー内蔵の為の設計を施して
いるんですね。
(やはりクロスバイクらしく、フイットネス目的らしいけど)

フレームの方も、2015TREK 7.4FXはシートステーを細く
なおかつダウンチューブを太めにすることで、快適性と剛性の
強化を図っている。
ケーブルも当然の如く内臓ですよ。
トレックFX3

カーボンフォークやShimano Acera/Deore 27-speed
路線は健在かな?
前の2014年モデルはフォーク内にスピードセンサーを内蔵するシステ
ムでしたけど。今度は、チェーンステーにBluetooth対応センサーを内
蔵させてきたのか。

いずれにしても、ロードの技術がふんだんにクロスバイクTREK 7.4FXへ
投入されていますね。
その上で、スマホの操作性や搭載前提の設計になっていると。
今度ハイアットに行くかもしれないので、帰りにトレックストアで
見学してこようかな。
トレックFX2
7.4FX はBlendr(ブレンダー)という、スマートアタッチメントシステムを採用している。
このBlendr(ブレンダー)はステムのハンドルバークランプを利用し、アクセサリーの
マウントをバイクと一体化した設計になっている。
通常タイラップやマウントを別に用意する事無く、アクセサリーも装着が可能。
(※スマートフォンケースは今夏発売予定)

スマートフォンやアクセサリーなどを搭載する事を、前提とした設計になっているのか。
アプリを使用し、ナビとしてもOK。
トレック FX1
TREK 7.4FXは、新登場となるDuoTrap Sに対応したフレーム設計です。
スマートフォンなどの端末と接続。フィットネス系のアプリと連動可能。
ロードの様に、正確な走行スピードや距離、ルートなども確認出来ます。

ちなみに、TREK 7.4FXではキックスタンド装着時にもスマートな見た目を損なわ
ないように専用の取付ダボ穴もあるとか。
TREK 7.4Fユーザーは、ほぼ確実にキックスタンドを取り付けるので、その為の
配慮だそうです。
TREK 「トレック」 7.4FX 2016 クロスバイク

2014年06月04日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 TREK 8.5DS (快適性とスピード性を持ったクロスバイク)

DSCN3777.jpg
さてトレックのDSシリーズに試乗しました。
今回試乗して驚いた点は、10万クラスながらクロスバイクが以前とは比べ物
にならないほど、高性能化していた事です。

MTB寄りのアルミクロスバイクですね。なんとWサス搭載の
700Cディスクブレーキ!

オンロードでもオフロードでも、なんでもこなせるデュアルスポーツ
バイクということで、ちょいと興味が。
シクロクロス感覚で、クロスバイクに乗れるかな? と期待しました。
(もちろん、コンポーネントはMTB系ディオーレでしたけど)



(快適性とスピード性を持ったクロスバイク)

あれ? これは走破性よりは、快適性が高いかな?
坂道の登りは、ロックアウト機構のおかげで、ぐいぐい登っていけたんですよね。
やっぱり、このWサスの浮き沈みをコントロール出来る、ロックアウト機構は
ありがたい。

とはいえ、速度にのっても路面状態を選ばすにアグレッシブに飛ばせるのが
かなりありがたい。

スピードの乗りはやはりMTBとは異なりますね。
うーん心地いい加速感。

あとディオーレの滑らかな変速感が実に素敵。
やはりこのグレードのMTB系コンポだと、変速操作が楽しくなってくる。
変速時、エントリー系MTBコンポの様な重さを感じない。

思った程、リアのサスペンションシステムはスピードを殺さないんだなあ。


こんなに快適に、ぐいぐいスピードを楽しめるとは思わなかった。
ディスクブレーキや、トリプルクランク、フロントサスの重みはそれ程
気にならないのが不思議。
フレームは2013モデルから軽量化したのが効いているのかな?
DSCN3759.jpg
手元でロックアウト操作が可能。
フロントサスをロックすると、なかなかのスピード感が楽しめる。
フラットバーロード感覚で、面白い。
DSCN3751.jpg
逆にサスが効いている状態だとMTB風な走行性能。
やはりWサスMTBに、ちょっと似た感じだった。
DSCN3756.jpg
軽量フレームのおかげで、あまり重い走行性能ではなかった。
このモデルって走破性重視だと思っていたけど、実は快適性とスピード性に
優れている。

DSCN3764.jpg
クランクはFSA Dyna Drive 48/36/26のトリプル。
画像だとそれ程じゃないけどBB付近の溶接が、肉厚だったのが
印象的。
DSCN3771.jpg
IsoZone機構について。
リアに、ゴム樹脂のサスペンションが付いています。
通常はスピードを殺さずに、細かい振動をどんどん拾っていくタイプ。

走行中は対して気にならないけど、路面の極端な凹凸にも対応して
くれたのには驚いた。
クロスバイクって、結構な速度で進化していたんですね。
ここまで、スピードを殺さないリアサスってあったんだ……。

8.5DSの高い快適性はこのリアサスと、フロントサスの影響が大きいと思う。
DSCN3754.jpg
リアディレーラーはShimano Deore
Shimano HG20 11-32 9speed

Shimano M395 hydraulic disc brakes
DSCN3755.jpg
タイヤBontrager LT3 700x38c


(二面性を持ったクロスバイク)

やはりロックアウト機構の存在が大きいのです。

フロントサスをロックすれば、フラットバーロードの様だし。
逆にフロントサスが効いた状態なら、まるでWサスMTB。
その操作が手元で、コントロール出来るのが面白い。
【Sale】トレック プロキャリバー9.9SL Procaliber 9.9 SL Race Shop Limited XTR 2018年 カーボン マウンテンバイク 17.5サイズ

2013年04月07日 トラックバック(0) コメント(0)