GT スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GT

海外2020 GT Grade Carbon Elite Bike  海外モデルはオールブラックなガンメタル系カラーが存在します!!

prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_02
海外2020 GT Grade Carbon Elite Bike
ちょっと羨ましい情報ですが。
GTの人気グラベルモデルであるGT Gradeについてですが、なんと海外モデルはオールブラックなガンメタル系カラーが存在します!!
しかも2020年度の日本市場には無い、フルカーボンに、ティアグラ仕様ですよ!?
prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_01
海外2020 GT Grade Carbon Elite Bike
(´・ω・`)海外GTグラベルロードシリーズ「GT GRADE」 シリーズについてですが。
日本市場「GT GRADE」 シリーズは105スペックカーボン完成車を1モデル。
海外の「GT GRADE」 シリーズは、105カーボン完成車&ティアグラ完成車を2モデル用意しています。

海外2020 GT Gradeシリーズの場合、なんとティアグラ仕様完成車が存在します!!
10スピードのShimano Tiagraドライブトレインを搭載。
日本市場においてはティアグラ仕様「2020 GT Grade Carbon Elite Bike」 って、未上陸なんですよね。
注目は価格なんですが。
実にリーズナブルで¥214999と、かなり抑え目になっています。

(´・ω・`)新型トリプルトライアングル「フローティングステー」やカーボンシートステーにグラスファイバーのコアを内臓させた「デュアルファイバーダイナミクス」はもちろん採用されています。

prod189689_Satin Jade - Black_NE_02bg
海外2020 GT Grade Carbon Expert Bike 
海外においては「2020 GT Grade Carbon Expert Bike」がシマノ105仕様になります。
海外ウィグルですと価格は¥239999と、かなりリーズナブルになります。
もちろんブレーキ部は Shimano 105 hydraulic discと、フォークオフセット機能「フリップチップフォーク」も搭載。
(´・ω・`)こちらは、日本市場においても手に入ります。
prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_03
海外2020 GT Grade Carbon Elite Bikeバイクバッキング参考例

( ;゚ω゚)米国サイクルアクセサリーブランドBlackburnを使用して、海外2020 GT Grade Carbon Elite Bikeをバイクパッキングにした参考例か……
やはり米国ブランドのGTと、米国サイクルアクセサリーブランドのBlackburnって相性がいいんですね。
Carbon Elite Bikeのカラーって、ガンメタル調のブラック系カラーではないですか?
となると、バイクパッキング時もブラック系なバッグ類をコーディネートすると、更にブラックが引き立つ訳か。

フロントバッグはOutpost Elite Handlebar Roll
シートバッグはOutpost Elite Universal Seat Pack
フレームバッグはOutpost Elite Frame Bag

溶接されたシームと防水ジッパーを使用。バッグ内部を乾燥状態に保つ為の、防水素材で構成されている。
Blackburnのイクパッキング用バッグ「エリートシリーズ」は雨天時においても、防水性が高いし。
GT Grade Carbon Elite Bikeは油圧ディスクを採用している。
ツーリングにおける雨天時にも対応出来る仕様か。
prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_03tde
ハンドルバー GT DropTune RS, alloy, 16° flare
ステム GT Design 3D forged 6061, 4 bolt face plate 6° Rise, 31.8mm Clamp

フロントディレーラー Shimano Tiagra hydro disc, 2x10
ブレーキレバー Shimano Tiagra hydro disc
prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_05
フローティングステー
地形に関係なくサドルでより快適な時間を過ごす為、2020年モデルよりシートステーとシートチューブは独立した形状になっている。
(´・ω・`)しかも、オールブラックのフローティングステー。
2020 GT Grade Carbon Elite Bikeだけが味わえる、ブラックカラーの新型トリプルトライアングルか。
しかし、フローティングステイ仕様の新型トリプルトライアングルを採用したフレームに、フレームバッグを搭載すると↓
prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_03ukt
フレーム All New Grade Carbon 700c Frame, EnduRoad Triple Triangle Design feat. Floating Seatstays, 12x142 Thru Axle, Flat Mount Disc (160mm), Tapered Headtube, Di2 and Dropper Compatible, PF30
クランク FSA Omega Adventure, 46/30
BB FSA PressFit 30

フロントディレーラー Shimano Tiagra, braze-on
リアディレーラー Shimano Tiagra GS
カセット Shimano HG500, 11-34, 10-speed
(´・ω・`)なるほど。フレームバッグOutpost Elite Frame Bagを取り付けると、こんな感じになるのか。
一応フレームバッグを取り付ける空間は確保されていそうです。
新型トリプルトライアングルフレームでも、いけそうですね。

あとフォーク部にブラック系のボトルが取り付けてあるけど。
Blackburn OUTPOST CARGO CAGEとかをフォーク部に用意すれば、フロントフォークのキャリア化も図れそうですね。
大型ツールケージを用意してもいいし、寝袋なんかも余裕で積載可能。
prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_03jut
フォーク All-New Grade Carbon fork with tapered carbon steerer, 12x100 Thru Axle, Flat Mount Disc (160mm), pannier and fender compatible
ブレーキ Shimano Tiagra hydro disc, 160/160mm RT30 rotors
ブレーキ部にはSHIMANO Tiagra製の油圧式ディスクブレーキを前後に装備。
10スピード仕様のティアグラにも、安定した制動力を発揮する油圧ディスクが存在しますからね。

SHIMANO Tiagra製油圧式ディスクブレーキは今やグラベルロードだけではなくeBIKEにも見かけます。
ツーリング系ランドナーeBIKE YAMAHA YPJ-ERにも採用。
アシストパワーが強力なebikeや、ツーリング目的などにもってこいのディスクブレーキですね。
やはりGTとしてはグラベルロードのラフな走りや、こういったバイクパッキング時において荷物を積載した際を想定して油圧ディスクを採用したそうだ。
prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_04
「フリップチップフォーク」
55mmから70mmへフォークオフセットを調整できる機能「フリップチップフォーク」を2020年モデルより採用。
prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_03sg
サドル Fabric Scoop Radius Sport, steel rails
シートポスト GT Carbon, 27.2x350mm (44-58), 400mm (61)

リム WTB ST i23 TCS 2.0, 28h, tubeless ready
タイヤ WTB Riddler TCS Light, 700 x 37c, tubeless ready

37c幅のタイヤが用意されていますが、最大42mmのクリアランスに対応できます。

(´・ω・`)しかし、いいなあ……ガンメタル系カラーのブラックな海外2020 GT Grade Carbon Elite Bike。
どちらかというと仕様よりも、ブラックカラーでバイクパッキングが出来る点に惹かれてしまった。
GT Grade Carbon Elite Bike (2020)

2019年08月04日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 GT GTR SPORTが最新鋭ディスクロードとして復活!! 前後12mmスルーアクスル&新型フローティングステイ


ci-921767_6g (1)
2020 GT GTR SPORT
おおっ!!! 2020年モデルから 「GT GTS SPORT」が復活している!!!

今回の2020年モデルから、なんとディスクロードとして復活を遂げました!!!
なんどディスクブレーキの外に、GT伝統のトリプルトライアングル フレームを初搭載!!
例の新型フローティングステーを搭載した、ロングライド系ディスクロードとして乗り心地とクッション性を強化しています。

今回のGT GTSは軽量のアルミフレームに、軽量のアルミフレーム、テーパーヘッドチューブ、フルカーボンフォーク、フラットマウントディスクブレーキ、更には前後12mmスルーアクスル!!
(´・ω・`)エントリーモデルながら、完全に流行の仕様になっていますよ。

100000030930-l0few.jpg
2016 GT GTS CLARIS(クラリス)

2016 GT GTS SPORT CLARISを最後に、しばらくロードモデルはGTから登場していなかったのですが。
(´・ω・`)GTはグラベルロードの方に本腰を入れていましたからね。

元々GT GTSって、リーズナブルに(当時販売価格8万程度)楽しめるアルミロードとして、地味に人気があったのですよ。
特にセール時に人気があった。

ただ、今回の新型2020年モデルGTS SPORTは一味違いますよ↓
ci-921767_12g (2)
GT独自のトリプルトライアングルを「2020 GT GTR SPORT」に初搭載!!
シートチューブの外側をシートチューブが伸びていくことで、フレームの強度と剛性を確保しながらタイヤクリアランスを確保。
2本のステーを延長することで、高い衝撃吸収性を発揮。

今までのトリプルトライアングルと言えばシートステーが、シートチューブとトップチューブに溶接される方式でしたが。
(´・ω・`)よくよく見て見ると、エントリーモデルながらシートステーとシートチューブが独立していますね。
これ、2020年モデルGTから採用が始まった「フローティングステイ・トリプルトライアングルフレーム」方式ですよ。
見ての通り、シートステーとシートチューブが全然接触していないという……
エントリーモデルながら、ここまでやってくれたか。
今までのトライアングルフレームは先程説明した通り「強度と剛性」を強化する為にトリプルトライアングルを採用していたわけですが。
この新型トリプルトライアングルフレームは、路面追従性や快適性、クッション性を高めた形状になっています。
ci-921767_9g (2)
フォーク GT Road フルカーボンフォーク、1 1/8 – 1 1/4″ テーパード、フラットディスクマウント、12mm スルーアクスル
リム Alex ATD470、28h front、32h rear、チューブレスレディ
ハブ Formula、(F)12×100、(R)12×142
タイヤ Vittoria Zaffiro、700 x 28c

しかもQR方式ではなく、前後12mmスルーアクスル使用。
まるで一見グラベルロードっぽいが、れっきとしたディスクロード。
(´・ω・`)しかし新型「フローティングステイ」を採用してきたとなると、快適性に関してかなりの期待が持てそうですね。
ci-921767_9g (1)
ハンドル GT DropTune、アルミ
ステム GT、3D鍛造6061アルミ、31.8、7°

シフター Shimano Claris、2×8
ci-921767_12g (1)
ブレーキ Promax Render R 機械式ディスク、160mm ローター
ワイヤー式のメカニカルディスクブレーキで片押し式。
(´・ω・`)やはりリーズナブルなエントリーモデルなので、ディスクブレーキは片押し式ですね。
上位グレードの2020 GT Road Compの場合、 両押し対向ピストン方式のTRP Spyre-Cを採用。

ただ……カラーリングはGT GTR SPORTのブルー系カラーが好きだな。
ci-921767_10a (2)
フレーム GT Road アルミ、スレッドBB、フラットディスクマウント
ci-921767_6g (2)
クランク FSA Tempo、50/34
ボトムブラケット カートリッジ、スクエアテーパー


ci-921767_10a (1)

リアスプロケット Sunrace、11-32、8スピード

フロントディレーラーとリアディレーラーは、クラリススペックだと思うのですが……
(´・ω・`)ちょっと詳細が不明なので、記入は後日。
価格はディスクロード&スルーアクスル仕様なのに107,784円 (税込)とかなり抑え目。
【先行予約受付中】GT ジーティー 2020年モデル GTR SPORT GTRスポーツ 700C[自転車][完成車][先行予約受付中]

ci-921766_6ktu (2)
2020 GT GTR COMP
ブレーキ  TRP Spyre-C 機械式ディスク、160mm ローター

2020 GT GTR COMPはShimano Soraスぺックに、両押し対向ピストン方式のTRP Spyre-Cを採用。
(´・ω・`)両モデル共に、メカニカルディスクブレーキで統一してきたか……
やはり流行のディスクロードモデルを、いち早くGTは用意してきたのでしょう。

GT GTR COMPの方にも、最新の「フローティングステイ・トリプルトライアングルフレーム」方式を採用していますね。
両モデル共に、前後12mmスルーアクスル仕様。
デザインがMASIみたいな米国&イタリアンがミックスしたデザインで通好み??
価格は127,440円 (税込)と、かなり抑え目なのが好印象。
ci-921766_13vdsvfd.jpg
シフター Shimano Sora、2×9
フォーク GT Road フルカーボンフォーク、1 1/8 – 1 1/4″ テーパード、フラットディスクマウント、12mm スルーアクスル
ci-921766_6ktu (1)
フレーム GT Road アルミ、スレッドBB、フラットディスクマウント
ci-921766_8vfd (1)
ci-921766_7kd.jpg
ci-921766_8vfd (2)
ci-921766_10vf (1)
ディレーラー Shimano Sora、フロント 31.8クランプ
クランク FSA Tempo、50/34

ci-921766_10vf (2)
ディレーラー Shimano Sora リア GSケージ
リアスプロケット Sunrace、11-32、9スピード

ci-921766_12r4f.jpg
リム Alex ATD470、28h front、32h rear、チューブレスレディ
タイヤ Vittoria Zaffiro、700 x 28c

(´・ω・`)仕様はともかく、デザイン面でGTがロードモデルに対してここまで頑張ってきたのは初めてかもしれない。
2016年モデル時におけるGT GTS CLARISと比較しても、機能面や仕様面デザイン面においてはるかに力を入れてきている印象ですね。
これからエントリーアルミモデルもディスクの時代か……感慨深い。
にしてもいいなあ……フローティングシートステーになったGT新型ディスクロード。
乗って見たい……
【先行予約受付中】GT ジーティー 2020年モデル GTR COMP GTRコンプ 700C[自転車][完成車][先行予約受付中]

2019年08月02日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 GRADE CARBON EXPERT モデルチェンジにおける主な変更点まとめ

ci-341795_5aef.jpg
2020 GRADE CARBON EXPERT
2015年から続くGTのグラベルロードシリーズ「GRADE 」。
2020年モデルにおいて、大規模&魅惑的なモデルチェンジが行われました。
主な、変更点についてまとめておきます。

(´・ω・`)GTの何が凄いかって、フルカーボンディスクグラベルロード「GRADE CARBON 」を2015年当時から既に世に送り出していた訳です。
現在の状況を、予期していた訳か……
しかもフルカーボンディスクグラベルという、世界初の取り組みをGTはやってのけていた訳ですが。
主な変更ポイントは4つになります↓

2020年GRADE CARBON EXPERT モデルモデルチェンジのポイント
リアバック部に衝撃吸収性を強化した「フローティングステイ」を作用して柔軟性を持たせた。
フォークオフセットを2段階に調整できる「フリップチップフォーク」を採用して多目的性を拡張。
「デュアルファイバーダイナミクス」を継続して採用し、剛性、衝撃吸収性を重視。
マウントを多数用意して、ツーリング時などの積載性も重視。

ci-341795_6a (2)
フローティングステイ……シートステイとシートチューブが分離した、新型トライアングルフレーム
(´・ω・`)ポイントはシートステーとチューブが独立した事により、垂直方向への柔軟性を獲得。
マジで? 
ci-341795_10a (1)
( ;゚ω゚)本当だ!
FELTやラピエールの様な、独立したシートステー形状をしていますね。
トップチューブに直結しているのか……しかも、シートステーの長さも拡張してある。
ふむふむ……しかもシートチューブは、リアホイールの形にそってえぐれた形状。
cc-gt-gradeall105_3cds.jpg
2019 GT GRADE CARBON EXPERT
(´・ω・`)では、前モデルの GT GRADE CARBON EXPERT はどうだったのか、比較してみましょう。
cdscdsdfwe232r.jpg
なるほど……2019年モデルの場合は、シートステーとシートチューブが直結している訳ですね。
つまりこういうことか。
2020年モデルになりGT GRADEシリーズは、最新のフレーム形状をグラベルモデルに取り入れてきたと……
ロングライド時や長時間快適にサドル上で過ごす為の措置ですって。



デュアルファイバーダイナミクスは継続
カーボンシートステーにグラスファイバーのコアを内臓させた「デュアルファイバーダイナミクス」は2020年モデルにも継続して内臓される模様。
①高強度グラスファイバーコアが驚異的な剛性を。
②カーボンによるアウターレイヤーが耐久性と振動吸収性を獲得。

更にはコントロール性の向上も狙える。
(´・ω・`)ただ、シートステーの長さが延長された事により、更にデュアルファイバーダイナミクスの機能性は重要になってくる訳か。
リアバック部分を最新鋭の「フローティングステイ」、更に「デュアルファイバーダイナミクス」の相乗効果も期待できそう。
どんだけ路面の食いつきが変化したのかも気になるな…・…
いえ、グラベル&オールロードでここまで衝撃吸収性を重視してくるモデルも珍しいもので。
ちょっと楽しみ。
ci-341795_15a (1)
「フリップチップフォーク」
55mmから70mmへフォークオフセットを調整できる機能「フリップチップフォーク」を2020年モデルより採用。
(´・ω・`)ポーランドや米国における一部のグラベルモデルもオフセット調整機能を見かけましたが。
GTも採用するのか……
用途によってジオメトリーを調整することで、安定性を高めるか、シャープなハンドリングを得るか選択可能。
要はレース目的にも対応出来るし、長距離走行を目的としたグラベルライドにも対応可能な機能を有しているので多目的性が広がった訳か。

例えば、グラベルレースでは55mm、荷物を積載したバイクパッキングアドベンチャーでは70mmをチョイスできます。
ci-341795_15a (2)
フォーク All-New Grade カーボンフォーク、テーパードカーボンコラム、flip chip アクスル、フェンダー・パニアバッグマウント(11穴)
ブレーキ Shimano 105 油圧ディスク、160mm RT30 ローター
リム WTB ST i23 TCS 2.0、28h、チューブレスレディ
タイヤ WTB Riddler TCS Light、700 x 37c、チューブレスレディ


ボトルやアウトポストカーゴケージをフォーク部に取り付ける為のダボ穴もフォーク部に多数用意。
(´・ω・`)カーボンモデルである「GT GRADE CARBON EXPERT」には、トップチューブ上部、ダウンチューブ上部、シートチューブなどへ用意してある。
トップチューブバッグなどのバッグ類を取り付ける為の機能も強化してある。
アルミモデルにはシートステーにまで、ボトルダボを用意。
この積載性強化は、個人的に嬉しい!!

ツーリング時などに必須のマウントに関しては、相当充実していそうですね。
ci-341795_6a (1)
サドル Fabric Scoop Radius Sport、スチールレール
シートポスト GT カーボン、27.2x350mm

ケーブルに関しては、2020年モデルにおいても外付けのアウター仕様。
インターナルだと、メンテナンス性が悪くなるのであえてアウター仕様を継続した訳だ。
(ダウンチューブ下にケーブルが配置されている)
また、チェーンステーは路面からの衝撃に対応させるために、しなりを持たせたベント形状を採用。
ci-341795_8a (1)
ハンドル All-New GT DropTune Super Light、ダブルバテッド 6061 アルミ、16°フレア
ステム GT、3D鍛造6061、6°ライズ、31.8

ヘッドセット FSA NO. 44、インテグレーテッドシールドベアリング
シフター Shimano 105 油圧ディスク、2×11
2020年モデルから、スペック面でも面白い事になっていまして。
105スペック路線は継続ですが、ブレーキ部に105油圧を新たに採用。
ci-341795_8a (2)
フレーム All New Grade カーボン、EnduRoad Triple Triangle デザイン、フローティングシートステイ、12×142 スルーアクスル、フラットディスクマウント、Di2/ドロッパーシートポスト対応、PF30

ci-341795_10a (2)
ci-341795_13a (1)
クランク FSA Omega Adventure、46/30
ボトムブラケット FSA PressFit 30

2019年モデルにおいては105ノーマルクランク(52/36T)だったのが、2020年モデルになって初めてFSA Omega Adventure(46/30T)を採用。
タイヤサイズが32C➝37Cと一気ボリュームUPしましたが。
ドライブトレインも、よりグラベル色が強いものになっています。
ci-341795_13a (2)
ディレーラー Shimano 105、フロント直付、リアGSケージ
リアスプロケット Shimano 105、11-34、11スピード

(´・ω・`)個人的には競技性や走りにおける柔軟性を強化してきたのは分かりますが。
カーボングラベルモデルとはいえ、積載性を強化してくれたのが嬉しいですね。
いいなあ……グラベルモデルにおける積載性って、世界的にも重要視されていますし。
【先行予約受付中】GT ジーティー 2020年モデル GRADE CARBON EXPERT グレードカーボンエキスパート 700C[自転車][完成車][先行予約受付中]

2019年07月26日 トラックバック(-) コメント(-)

【速報版】2020 GT GRADEシリーズ 新型フレームにモデルチェンジ!? 全モデルスルーアクスル化へ!!

アァーーン✌︎('ω'✌︎ )

GTのグラベルロードシリーズ「GT GRADE」 シリーズについでですが。
どうも、全モデル(カーボン&アルミフレーム含めて)フレームが変更になった模様。
(´・ω・`)しかも、全モデルにスルーアクスル化&WTBのリドラーグラベルタイヤ700×37Cを採用してきています
グラベル人気に答えて、一気にGTが動いてきましたよ……



ci-341795_2.jpg
Grade Carbon EXPERT (グレードカーボン エキスパート)
おおお!? 
2019年モデルGrade Carbon EXPERT (グレードカーボン エキスパート)の仕様とフレーム形状が大幅に変更になっている!?
よりGT伝統のトリプルトライアングルフレームに、近い形状になっていますね!


Grade Carbon EXPERT (グレードカーボン エキスパート) フルカーボン&105仕様。

cc-gt-gradeall105_3dqwcds.jpg
2019 GT GRADE CARBON EXPERT
フルカーボンティアグラスペックだった「2019 GT GRADE CARBON ELITE」がラインナップに見当たらない。
廃盤になった模様。
しかもどうやら、2020年モデルから新型フレームを採用。
トップチューブがより細く&曲線を描いたアーチっぽい形状に変化している!!
ci-341795_4.jpg

2020 Grade Carbon EXPERT スペック

フレーム: All New Grade カーボン、EnduRoad Triple Triangle デザイン、フローティングシートステイ、12×142 スルーアクスル、フラットディスクマウント、Di2/ドロッパーシートポスト対応、PF30

フォーク: All-New Grade カーボンフォーク、テーパードカーボンコラム、flip chip アクスル、フェンダー・パニアバッグマウント(11穴)
リアショック: -
リム: WTB ST i23 TCS 2.0、28h、チューブレスレディ
ハブ: Formula、センターロック、(F)CL-712、12×100、(R)RXC-400、12×142
スポーク: ステンレススチール
タイヤ: WTB Riddler TCS Light、700×37c、チューブレスレディ
クランク: FSA Omega Adventure、46/30
ボトムブラケット: FSA PressFit 30
チェーン: KMC X11、11スピード
リアスプロケット: Shimano 105、11-34、11スピード
ディレーラー: Shimano 105、フロント直付、リアGSケージ
シフター: Shimano 105 油圧ディスク、2×11
ハンドル: All-New GT DropTune Super Light、ダブルバテッド 6061 アルミ、16°フレア
グリップ: Velo Cork、3mm
ステム: GT、3D鍛造6061、6°ライズ、31.8
ヘッドセット: FSA NO. 44、インテグレーテッドシールドベアリング
ブレーキ: Shimano 105 油圧ディスク、160mm RT30 ローター
ブレーキレバー: Shimano 105 油圧ディスク
サドル: Fabric Scoop Radius Sport、スチールレール
シートポスト: GT カーボン、27.2×350mm
そのほか: -
参考重量: -



おおおおっ!! WTBのリドラーグラベルタイヤをGT GRADEグレードシリーズに持ってきたか!!!
元々MTB用のタイヤを700C化したものですが。
クッション性とグリップ性を強化した、グラベルタイヤですね。
仕様を見てみると2019年モデルの「GRADE CARBON EXPERT」と近い仕様ですか。
105油圧ディスクだし……ただ、フレームもタイヤも一新しているので、2020年モデルは完全にNEWモデルとして、捕らえた方が良さげですね。
ci-341795_3.jpg
(´・ω・`)しかし、これは面白い事になってきたな……新型フレームのシートステーにも例のグラスファイバーとか仕様してくるんだろうか?
あとフォーク部はMTB規格の15mmスルーアクスルから➝12mmスルーアクスルになったのか……


ci-550080_2.jpg
2020 GT GRADE ALLOY EXPERT
アルミ&105スペックのグラベルモデル「GT GRADE ALLOY EXPERT」についてですが……

2018年モデルでは継続。2019年モデルでは消滅していましたが、遂に2020年モデルからは復活!!
105スペックにアルミフレームの「GT GRADE ALLOY EXPERT」は、2019年モデルとしては海外で流通していたモデルですね。
ci-550080_3.jpg
この度2020年モデルから、再度に日本上陸か!!
(´・ω・`)やっぱりグラベルモデルは勢いがあるな……
で、2020年モデルからアルミフレームもモデルチェンジしている模様。
もちろん、前後12mmスルーアクスル化していますぜ?

2020 GT GRADE ALLOY EXPERTスペック

フレーム: All New Grade アルミ、EnduRoad Triple Triangle デザイン、フローティングシートステイ、12×142 スルーアクスル、フラットディスクマウント、ドロッパーポスト外装対応、BSA 73mm
フォーク: All-New Grade カーボンフォーク、テーパードカーボンコラム、 フェンダー・パニアバッグマウント(4穴)
リアショック: -
リム: WTB ST i23 TCS、28h、チューブレスレディ
ハブ: Formula、(F)12×100、(R)12×142
スポーク: ステンレススチール
タイヤ: WTB Riddler TCS Light、700×37c、チューブレスレディ
クランク: FSA Vero Pro 48/32
ボトムブラケット: カートリッジ、スクエアテーパー
チェーン: KMC X11、11スピード
リアスプロケット: Shimano 105、11-34、11スピード
ディレーラー: Shimano 105、フロント 直付、リア GSケージ
シフター: Shimano 105、2×11
ハンドル: GT DropTune RS、アルミ、16°フレア
グリップ: Velo Cork、3mm
ステム: 6061 アルミ、31.8、7°
ヘッドセット: FSA NO. 44、インテグレーテッドシールドベアリング
ブレーキ: Tektro 機械式ディスク、160mm ローター
ブレーキレバー: Shimano 105
サドル: GT Grade saddle、スチールレール
シートポスト6061アルミ、15mm オフセット、27.2×300mm (44cm)、350mm (48-55cm)
そのほか: GT Plastic OPC Body ペダル


ci-550080_4.jpg
アルミモデルGT GRADE ALLOY EXPERTにも、WTBのリドラーグラベルタイヤ700×37Cを持ってきています!!
ブレーキはメカニカルディスク仕様。
この新型アルミフレームのトップチューブも、細くなっていますね……。
アルミフレームながらダウンチューブの径を極太に確保する路線は継続みたいですが……
ci-550080_1.jpg
カーボンフォーク形状も、2020年モデルからブレード状に。
(´・ω・`)そういえばこの2020年モデル、タイヤクリアランスはどこまでOKなんだろ?


ci-921768_2.jpg
2020 GT GRADE ALLOY ELITE
(´・ω・`)こちらはアルミ&シマノクラリススぺック「2020 GT GRADE ALLOY ELITE」。
リーズナブルさを売りにした、グラベルモデルになります。
cc-gt-graallclaris_3cdsrfw.jpg

2019 GT GRADE ALLOY COMP
2019 GT GRADE ALLOY COMP➝2020 GT GRADE ALLOY ELITEと名称が変更&モデルチェンジ!
ただし2020年モデルからは、クラリススペックとはいえ前後に12mmスルーアクスル化!
更にはカーボンフォーク化!? タイヤサイズは700×37c化と一気にパワーPUしていますね!
いいぞ! いいぞ!
ci-921768_1.jpg
ci-921768_3.jpg
2020 GT GRADE ALLOY ELITEスペック
フレーム: All New Grade アルミ、EnduRoad Triple Triangle デザイン、フローティングシートステイ、12×142 スルーアクスル、フラットディスクマウント、ドロッパーポスト外装対応、BSA 73mm
フォーク: All-New Grade カーボンフォーク、テーパードカーボンコラム、 フェンダー・パニアバッグマウント(4穴)
リアショック: N/A
リム: WTB ST i23 TCS、28h、チューブレスレディ
ハブ: Formula、(F)12×100、(R)12×142
スポーク: ステンレススチール
タイヤ: WTB Riddler Comp、700×37c、tan sidewall
クランク: FSA Tempo Adventure、48/32
ボトムブラケット: カートリッジ、スクエアテーパー
チェーン: KMC X8、8スピード
リアスプロケット: Sunrace、11-34、8スピード
ディレーラー: Shimano Claris、フロント 直付
シフター: Shimano Claris、2×8
ハンドル: GT DropTune RS、アルミ、10°フレア
グリップ: Velo Cork、3mm
ステム: 6061 アルミ、31.8、7°
ヘッドセット: FSA NO. 44、インテグレーテッドシールドベアリング
ブレーキ: Tektro 機械式ディスク、160mm ローター
ブレーキレバー: Shimano Claris
サドル: GT Pavement、スチールレール
シートポスト: アルミ、15mm オフセット、27.2mm

ci-921768_4.jpg
流石に価格は11万円台ですが、仕様的にはよりグラベルモデルとして充実していますね。
とはいえ8万円台で購入出来た、2019 GT GRADE ALLOY COMPも魅力的だった。
(´・ω・`)モデルベルの細かい仕様や画像は、後日追っかけて行こうと思います。
とりあえず今回は速報版ということで。
【先行予約受付中】GT ジーティー 2020年モデル GRADE CARBON EXPERT グレードカーボンエキスパート 700C[自転車][完成車][先行予約受付中]

2019年07月19日 トラックバック(-) コメント(-)

2019 GT Grade AL Expert 国内未販売の13万円台105&油圧ディスク ハイコスパグラベルロード!


GT-Grade-AL-Expert-2019-Bike-Internal-Satin-Blue-Black-2019-G11279M2056.jpg
2019 GT Grade AL Expert
(´・ω・`)あ、いいなあ……Grade AL Expertだ。
海外ウィグルにGTモデルおいて、コストパフォーマンスが異様に高い105&アルミフレーム仕様のGT Grade AL Expertを確認しましたよ。
日本市場においては、2019年モデルとしては販売されていないモデルですよ.


国内系GTアルミ系アドベンチャーロードといえば、Shimano Claris仕様のエントリーモデル「2019 GT GRADE ALLOY COMP」がカタログにありますね。
8万円台で購入可能なアドベンチャーロードとして人気が高いモデルです。

ただ、ハイエンドアルミフレーム系GTアドベンチャーロードとなると、国内GT2019年モデルのカタログから消滅。
どういう訳か、アルミ105仕様のアドベンチャー「GT GRADE AL EXPERT」が無い形になります。
国内系GTモデルとしては、人気を博したモデルだったんですけどね。
GT-Grade-AL-Expert-2019-Bike-Internal-Satin-Blue-Black-2019-G11279M2056gtee.jpg
油圧ディスクブレーキ
ブレーキ TRP Hy/Rd disc (cable operated with hydraulic caliper), 160/140mm rotors

(´・ω・`)面白いことに、Grade AL Expertのブレーキにはワイヤー駆動式の「TRP Hy/Rd disc」を用意。
ワイヤー引きですが、ブレーキ内部のピストンを油圧で動かす形になります。
こうすることで、通常のShimano 105ブレーキレバーでも使用可能に。
ワイヤー引きでも制動力の高いTRPのHY/RDが付いてくるので、13万円台といえどブレーキ面に関しては結構美味しいモデルです。
GT-Grade-AL-Expert-2019-Bike-Internal-Satin-Blue-Black-2019-G11279M2056gii.jpg
フォーク Grade Carbon 1 1/8 to 1 1/4" threadless aluminium steerer, disc specific
2019 GT Grade AL Expertの特徴はワイヤー引き油圧ディスクブレーキに加え、、カーボンフォーク付きの軽量アロイフレームなので重量が増さない仕様になっています。
GTは世界初のフルカーボングラベルモデルを、送り出したブランドであります。
ですので、カーボンフォークなどもこの価格帯なら積極的に採用してきますね。

さらに、急な下り坂では、ケーブル作動式油圧ディスクブレーキTRP HY/RDの制動力のおかげで対応可能。
アルミ系アドベンチャーモデルですが、グラベル競技などを見据えた仕様になっている。
GT-Grade-Carbon-Expert-2019-Bike-Internal-Satin-Moss-Green-G-2019-G11209M3055-0.jpg
2019 GT Grade Carbon Expert
フルカーボン105スペックのグラベルロードモデル「2019 GT Grade Carbon Expert」は当然海外でもラインナップに存在しています。

105初の油圧ディスクブレーキR7000系を一気に採用したハイエンドモデルで、別名「走るMTB」の異名を持ちます。
なにせフロントにMTB用15mmスルーアクスルを用意。
(´・ω・`)リアはQRですが、MTBのパーツを取り入れたグラベルモデルでもあります。
GT-Grade-Carbon-Elite-2019-Bike-Internal-Satin-Black-Wine-2019-G11309M6060.jpg
2019 GT Grade Carbon Elite
フルカーボンフレーム&ティアグラスペックの2019 GT Grade Carbon Eliteも確認。
面白い事にアルミ105グレードの「2019 GT Grade AL Expert」と同じく、ケーブル作動式油圧ディスクブレーキTRP HY/RDを採用。

悪路走破性能よりは、長距離向きに仕上げたグラベルロードですね。
(´・ω・`)カーボンフレームにより、快適性も獲得したグラベルモデルでもある。
カーボンフレームだけではなくリムに軽量化対策を打っていまして、Stan’s NoTubes社のチューブレスレディタイヤ対応リムを用意。
フレーム重量9.8kgをマークしています。
GT-Grade-AL-Expert-2019-Bike-Internal-Satin-Blue-Black-2019-G11279M2056.jpg
2019 GT Grade AL Expert
14万円クラスになると、TRPのHY/RDを搭載したアルミグラベルやアドベンチャーロードのラインナップが増えてきます。
FELT BROFMやBREEZER RADER EXPERT。あとはKONA JAKE THE SNAKEなど。
大体この価格帯のあたりだと、SORAやティアグラ、SRAM APEXなどのコンポーネントを見かけますが。
2019 GT Grade AL Expertは、13万円台ながら105スペックなのが特徴。
実はコンポーネントが充実しているグラベルモデルでもある。
(しかも価格そのものも、アルミながらかなり抑え気味)
GT-Grade-AL-Expert-2019-Bike-Internal-Satin-Blue-Black-2019-G11279M2056huioo.jpg
シフター Shimano 105, 2x11
カーボンモデルのGT Grade Carbon Expert に比べて、Grade AL Expertはアルミフレームらしく推進性を高めているのが特徴。
割とスピードが出やすいグラベルモデルなので、TRP Hy/Rdディスクブレーキはスピードコントロールに使える。
グラベルモデルとしては、カーボン系グラベルモデルと異なり舗装路に強いタイプ。
(´・ω・`)だから、あえてロード系105スペックで固めてきたのかな?
もちろん悪路にも対応出来ますが、カーボンモデルよりも舗装路においてスピードを発揮する。
GT-Grade-AL-Expert-2019-Bike-Internal-Satin-Blue-Black-2019-G11279M2056giu.jpg
フレーム Grade alloy frame with smooth welds, hydroformed (TT,DT), Tapered 1 1/8" to 1 1/4" headtube, standard BB
やはりアルミフレームながらダウンチューブの径を極太に確保。
剛性を高めたグラベル系アルミモデルでもある。
カーボントリプルトライアングルフレームは、シートステーにグラスファイバーを採用し、しなりを重視しているけど。
アルミの場合は、どの程度しなるのか……
足付き性を高めた、トップチューブの形状もGTならではの形状ですね。
GT-Grade-AL-Expert-2019-Bike-Internal-Satin-Blue-Black-2019-G11279M2056tuk.jpg
クランクセット FSA Vero Compact 50alloy/34alloy
GT-Grade-AL-Expert-2019-Bike-Internal-Satin-Blue-Black-2019-G11279M2056gr.jpg
リム  Alex ATD470, tubeless compatible
タイヤ WTB Exposure, 700x32c, wire bead
タイヤはセンタースリックに、小さめサイドノブは未舗装路に対応。
平坦な舗装路でセンタースリックが生きてきますし、巡行にも適したグラベルタイヤです。
タイヤクリアランスは35Cまで対応。
GT-Grade-AL-Expert-2019-Bike-Internal-Satin-Blue-Black-2019-G11279M2056fweeq.jpg
カセット Shimano 105 11-32T, 11 speed
GT-Grade-AL-Expert-2019-Bike-Internal-Satin-Blue-Black-2019-G11279M2056ge.jpg
サドル GT Grade
シートポスト One bolt aluminium

GT - Grade AL Expert (2019)

2019年06月06日 トラックバック(-) コメント(-)