GT スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GT

(海外)2021 GT Grade Expert  14~15万円台のアルミグラベルロードモデルにおいて、この価格帯はかなりの激戦区


G21_G11401M_700 M Grade Expert_JDE_PD
(海外)2021 GT Grade Expert  ¥143000
(´・ω・`)へえ……海外GT Gradeアルミモデルに、グラベル用コンポーネントGRX仕様が出ているんですが。
販売価格は15万アンダーの¥143000。相当安い……

国内流通モデルですと、2021 GRADE ALLOY EXPERTが仕様もカラーも近いですね。
国内仕様だと価格は、カタログで税込195,800円。

14~15万円台のアルミグラベルロードモデルにおいて、この価格帯はかなりの激戦区ですね。
しかもグラベル用コンポGRX400系を採用しているモデルが何台か見られます。



Vitus-Substance-VR-2-Adventure-Road-Bike-GRX-400-2021_01cds.jpg
2021 Vitus Substance VR-2 (GRX 400) ¥139999
例えばVitus Substance VR-2にはグラベル専用グループセット、ShimanoGRX 400 グループセットが搭載。
更にちょっと嬉しい事に上位GRX600クランクセットまで用意されています。
油圧ディスクブレーキもShimano GRX 400なんですよね。
文字通りフルGRX仕様なんですが、¥139999と驚異的な価格設定。
(´・ω・`)流石に、圧倒的なコスパの高さから現在完売の模様。
そりゃそうですよね。13万円でこれだけの仕様なんですから。


o-trick_nst-king-gvl_17fewgre.jpg
2021 NESTO KING GAVEL(ネスト キングガベル グラベルロードバイク) 通常販売価格 (税込)156,420 円
国内販売モデルとかなら2021 NESTO KING GAVELが大健闘しています。
国内ブランドネストのハイエンドアルミグラベルモデルですが。
コスパが凄いを通り越して、怖すぎる……なんで販売価格15万円台にして、グラベル用コンポSHIMANO GRX810系が採用されているんだろう??
しかも1×11S ワンバイ仕様。
SHIMANO GRX採用グラベルモデルにおいて、国内最安なのは間違いない。

(´・ω・`)後は15万円台前後のクロモリモデル完成車を探すと、割とGRXを採用したグラベルモデルが見つかったりします。
アルミだけではなく、クロモリ系グラベルで探すのもなかなか面白い。
NESTO ネスト 2021年モデル KING GAVEL キングガベル グラベル ロードバイク



G21_G11401M_700 M Grade Expert_JDE_PDhiu
ハンドルバー GT DropTune RS, Alloy, 16-deg Flare
ステム GT 3D Forged Alloy, 31.8
シフター Shimano Tiagra

海外2021 GT Grade Expertのシフター部はティアグラスペック。
画像からすると SHIMANO TIAGRA  ST-4720 F&R 10S 油圧ディスクブレーキの様ですが。
米国本国のGT HPによるとShimano Tiagraという記載が確認できましたし。

(´・ω・`)ある意味油圧計ティアグラスペックに、上手くGRX系パーツを取り込んできたあたりが(海外)2021 GT Grade Expert の特徴になっています。
G21_G11401M_700 M Grade Expert_JDE_PDj0o
ブレーキ Shimano Tiagra 油圧式ディスク、160/140mm RT10 ローター
タイヤ WTB Riddler TCS Light、700 x 37c、チューブレス対応
フロントハブ Formula CL-712, 12x100 Centerlock
リアハブ Formula RXC-400, 12x142 Centerlock

フルShimano Tiagraグレードの油圧ディスクが前後に配置されています。
¥143000でフル油圧ディスクって、結構凄いと思うのですが。

この価格帯って、機械式ディスクか油圧ディスクブレーキか? の分岐点ですし。
タイヤ部にはチューブレスレディ仕様のWTB Riddler TCS Lightを使用しているので、割とタイヤなどにもコストをかけている印象。
G21_G11401M_700 M Grade Expert_JDE_PDhuojoil
フォーク Grade カーボンフォーク、テーパードカーボンステアラー、12x100 スルーアクスル、フラットマウントディスク
フォークはフルカーボンで、コラムまでカーボン。
前後12mmスルーアクスル仕様。
標準仕様でフロントは160mmディスクロータ―。
アダプターを利用することで180mmのディスクを利用可能。
フォークオフセット量を調節する為の、フリップチップはアルミモデルなので付属しておりません。
G21_G11401M_700 M Grade Expert_JDE_PDgrs
フレーム Grade アロイフレーム、トリプルトライアングルデザイン
標準仕様はWTB Riddler TCS Light, 700 x 37cですが、650Bホイールがなんと装着可能。
650B×47Cでも十分なタイヤクリアランスを確保しています。
(´・ω・`)実際GT Gradeアルミモデルを極太ロードプラス仕様にすると、エアボリュームが増し走行感もマイルドになります。
G21_G11401M_700 M Grade Expert_JDE_PDgasf
クランクセット FSA Vero Pro、48/32T
フロントディレーラー Shimano Tiagra, Braze-on
リアディレイラー Shimano GRX RX400、Shadow Plus
カセット Shimano HG500、11-34T、10 スピード

まとめるとシフター部やフロントディレーラー、油圧ディスクブレーキがティアグラスペック。
リアディレイラー部にグラペル用コンポ Shimano GRX RX400、Shadow Plusが採用されています。
(´・ω・`)負荷部が大きいリアディレーラー部にGRXを持って来たか。
チェーン暴れを防止する為のスタビライザー機能を持たせてありますし。
G21_G11401M_700 M Grade Expert_JDE_PDfas
シートポスト GT Two Bolt Alloy
サドル GT Pavement, Steel Rails

シートステイとシートチューブを分離した「フローティングステイ」を備えた、全く新しい「トリプルトライアングル」フレーム。
WTB Riddler700×37cは実際試乗時、濡れた路面状態の影響をほとんど感じませんし。
天候や路面状態に左右されず、慎重に走ろうという意識が生じません。

ちなみにカーボンGT GRADEシリーズにWTB Riddler700×37cを装着すると、走破性重視みたいな感じになる。
(´・ω・`)ロードプラスタイヤという訳ではないんですが。
なぜかカーボン系GT GRADEシリーズは、走破性を伴いながら推進性を発揮します。

ちなみにGT GRADEシリーズにおいてアルミフレームは、特に舗装路においては推進性を発揮し易い長所をもっています。
確かにカーボンモデルのGT GRADE CARBON EXPERTは、謎のMTB感があったのですが。
アルミモデル GT Grade Expert の場合、舗装路ではアルミフレームの剛性を生かした推進性が生きてきます。
GT - Grade Expert (2021)

2021年06月13日 トラックバック(-) コメント(-)

2022 GT eGrade Bolt Gravel E-Bike エントリー系グラベルにまとめたGTeグラベルモデル


GT-eGrade-Bolt-Gravel-E-Bike_02 (1)
2022 GT eGrade Bolt Gravel E-Bike
GT Bicyclesは、3つの新しいGravel E-Bikeを発売しました。

このGT eGrade Bolt Gravel E-Bikeは、セカンドグレードに当たるravel E-Bikeモデルで、アルミフレーム、カーボンフォーク、Mahle ebikemotionモータードライブユニットを備えています。
特徴はエントリー系グラベル用コンポShimano GRX400系 2x10-Speedグループセットおよび油圧ディスクブレーキを備えている点ですね。
(´・ω・`)Shimano GRX400系リア10速仕様か。
フレームとカーボンフォーク自体は、上位モデルど同様ですが。異なる点はドライブトレインですね。
またタイヤはオフロードと舗装路双方での使い勝手を考えて、WTB NANO COMP GRAVEL TIRE700×40Cを採用しています。
juyrhetwe3e124cds.jpg
2022 GT eGrade Amp Gravel E-Bike
こちらはフラグシップモデルの2022 GT eGrade Amp Gravel E-Bikeですね。
ハイエンドモデルという事でSHIMANO GRX600系を中心に、カセットShimano SLX, 11-42, 11-Speedを備えたリア11速仕様。
アルミフレーム仕様にフルカーボンフォーク、Mahle ebikemotionモータードライブユニットを搭載したGT最新鋭のeグラベルになっています。
タイヤサイズも完全にオフロード向けということで、700 x 42Cになっています。
20210408160157b6dcsa.jpg
2022 GT eGrade Current Gravel E-Bike
こちらがフラットバーバージョンです。街乗りや舗装用に設計されており、ドライブユニットはGRXではありません。
台湾Microshift M6205 1x10グループセットにShimano製油圧ディスクブレーキ仕様。
640mmのフラットハンドルバー仕様になっています。
GT-eGrade-Bolt-Gravel-E-Bike_01.jpg
フレームに関して新型GT eGradeシリーズは驚くべき事に、通常の電動アシスト非搭載モデルGT Gradeシリーズとほとんど変わりません。
やや太めのダウンチューブに加え、GTではおなじみのトリプルトライアングルデザインを採用。
アルミフレームにはシートチューブとシートステーが独立した、フローティングシートステーが付属しています。
GT-eGrade-Bolt-Gravel-E-casBike_03hted.jpg
ドライブユニット Mahle ebikemotion X35
Mahle EbikemotionモータードライブとShimanoGRX10スピードグループセット
この強力なE-Bikeには、Shimano GRX10速の他に、Shimano油圧ディスクブレーキと組み合わせた効率的なMahle Ebikemotion電動ドライブユニットが装備されています。
このコンポーネント仕様により、テクニカルなグラベルルートや混合地形のトレイルを克服するためのギアを確保。
信頼性の高いペダリングパフォーマンス、終日の乗り心地、卓越した雨天時のブレーキングの信頼性が得られます。
GT-eGrade-Bolt-Gravel-E-Bike_02 (1)uipo
クランクセット Shimano GRX, 46/30T
リアディレーラー Shimano GRX, Shadow Plus
カセット Shimano HG500, 11-34, 10-speed
(´・ω・`)うーん。最近eグラベルにおいて、リアモーター式が流行している様子。
2021年新型eグラベルCannondale Topstone Neo SLも、リアハブモーターですし。
今までCannondale Topstone Neo SLと言えば、BB付近にモーターを配置したミッドドライブ式だったんですが。
Mahle Ebikemotionに切り替えたのか。
Mahle Ebikemotionモータードライブだと、ドライブトレインの自由度が高いですし。
電動化する事による、フレームの影響も最小限で済みます。
その辺が評価されたのかな。
GT-eGrade-Bolt-Gravel-E-Bike_02ijp.jpg
フォーク  GT Grade E-Carbon, 1.5" Tapered Carbon Steerer, Flat Mount Disc, 12x100 Thru-Axle
リム  Shining, 32h
フロントハブ Formula CRX-512, 12x100
リアハブ  Mahle eBikemotion X35

ブレーキ Shimano GRX 400 Hydro Disc, 160/160mmRT56 Rotors

チューブレスレディ WTB NANO COMP GRAVEL TIRE700×40Cを採用?
(´・ω・`)セカンドグレードということで、WTB NANO COMP GRAVEL TIRE700×40Cを採用しているみたいですね。
セカンドグレードモデルということで、タイヤサイズは上位グレードの様な42Cではなく、700×40Cサイズ。
元々XCレースや、ロングライドに使用する為にMTB向けに作られていた29x2.1Nanoを、700Cで再構築した仕様です。
パターンはグラベルに強く、同時に舗装路においても使える転がり性能です。
GT-eGrade-Bolt-Gravel-E-tedhBike_02hihiojil.jpg
バーテープ/グリップ GT Grip Bar Tape w/Gel, 3.5mm
ハンドルバー GT Butted 6061 Alloy, 16 degree Flare Drop
ステム GT All Terra 3D Forged Alloy, 31.8

eグラベルロードという事でフラットバー仕様ではなく、ドロップハンドルバー仕様。
16°フレアにバテッド加工仕様のドロップハンドルだから、フルカーボン「GRADE CARBON PRO」シリーズのフレアハンドルと同様の仕様か。
安定感と強靭性重視のフレアハンドルで、スピード性よりも安定性重視。
GT-eGrade-Bolt-Gravel-E-Bike_02jry.jpg
リアハブ Mahle eBikemotion X35
(´・ω・`)見ての通り、リアハブにMahle eBikemotion X35モーターが配置されています。
ですので先程述べた通り、BB付近にモーター配置をしなくて良いのでドライブトレインに従来のコンポーネントを使用してOK。
しかもバッテリーをダウンチューブに収納し、従来のグラベル用ebikeよりもはるかに軽量になるメリットがあります。
多分バッテリーはパナソニック製だと思われます。
GT-eGrade-Bolt-Gravel-E-Bike_02ipj.jpg
gwgwewgfwgeqw.jpg
バッテリー MAHLE ebikemotion X35 250Wh
GT eGrade シリーズは路面状態に左右されたい最速ルートを探しているライダー向けのeグラベルになっている。
ebikemotionハブモーターはリア部に、バイクのダウンチューブの内部バッテリーを使用して、滑らかな外観になっています。
GT-eGrade-Bolt-Gravel-E-Bike_02.jpg
シートポスト GT All Terra Two Bolt Alloy
サドル Fabric Scoop Shallow/ Sport, Steel Rails

GT-eGrade-Bolt-Gravel-E-Bike_02ouh.jpg
GT eGrade シリーズのバイクにはGTブランドの象徴的なトリプルトライアングルデザイン、テーパーヘッドチューブ、フラットマウントブレーキを備えたアルミフレームを採用しており、ドロッパーシートポストにも対応。

最新のフローティングシートステーデザインを取り入れたトリプルトライアングルデザインのままで、垂直方向の柔軟性を獲得して、路面状況に影響を受けずサドル上で過ごせます。
一日中快適で自信を持って走行する為のシステムを、eグラベルに持ってきていますね。
GT eGrade Bolt Gravel E-Bike (2022)

2021年05月06日 トラックバック(-) コメント(-)

GT eGrade Amp Gravel E-Bike ギア付きリアモーターMahle ebikemotion X35について


juyrhetwe3e124.jpg
GT eGrade Amp Gravel E-Bike ¥349999

キタ━ ・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)━━━!!!!
海外CRCで、遂に電動GT eGrade Amp Gravel E-Bike の販売が全世界で始まった!!
前評判通り、アルミフレーム仕様にフルカーボンフォーク、Mahle ebikemotionモータードライブユニットを搭載したGT最新鋭のeグラベルになる模様。
凄く価格が気になったのですが、¥349999で買えるのか。
実際、かなり価格を抑えていませんか?
国内販売モデルのGRADE CARBONよりも、価格を抑えていますね。
htr43t.jpg
(´・ω・`)Mahle ebikemotionモータードライブユニットの機能性の高さを生かして、油圧ディスクブレーキ付きのShimano GRX1x11-Speedグループセットが用意されているのか……クランクもGRXになっているので、全然電動モデルには見えない。

やはりeグラベルだけあって多用途目的。
パワフルで、ペダルを使って急な上り坂を簡単に押すことができ、非常にスムーズなギアシフト性能と卓越した全天候型ブレーキの信頼性を提供。
砂利レース、バイクパッキング、壮大なオフロードアドベンチャーに最適になっています。
yuoy98yy98ywewe8o.jpg
Mahle ebikemotion X35ハブモーターシステムは、従来型のギア付きリアハブモーターを使用。
Mahleはこれを収納性の高い完全なシステムに仕立て上げ、スムーズなアシストパワーを提供するギミックを完成させました。

マーレは自動車メーカーであり、2.1kgの小型リアハブモーターをベースにしたeBikemotionシステムは、eバイクの世界を席巻。
今や、数え切れないほどの軽量の都市型ebikeモデル及び、eロードやeグラベルに搭載されています。

このシステムの特徴は独自のモーションセンシングシステムを使用して、モーターが出力する電力を制御します。
Geared-and-gearless-motors-1edq.jpg
ギア付きモーター(左)はギアを使用してハブシェルを駆動しますが、ギアレスモーター(右)ではハブシェルは実際にはハブモーター自体が回転部分です。
Mahle ebikemotion X35にはギア付きリアモーターを使用しています。

jryhte5yw.jpg
ハブモーターにおけるギア付きモーターとハブモーターの違いですが。
ギア付きモーターはギアのセットを使用して、後輪のハブシェルを駆動します。
ギアレスモーターでは、モーターの外側シェルは実際にはモーター自体の一部、つまり回転部分です。
ギア付きハブモーターは通常、ギアレスハブモーターよりも軽量で優れており、特にヒルクラムにおいて効率的に駆動します。
だからこそシステム全体でわずか3.5kgと軽量なMahle ebikemotion X35に、ギア付きハブモーターが採用されたんですね。

マーレeBikemotionX35ハブモーターシステムは、従来型のギア付きリアハブモーターを使用しています。
完全ギア付きリアハブモーターシステムとしてMahle ebikemotion X35は、スムーズかつ低価格でアシストパワーを提供する事が可能になったのです。

逆にギアレスモーターは可動部分が少ないので長持ちし、回生ブレーキがあり(モーターを使用してブレーキをかける)、高速での長時間の操作に適しています。
確かにギアレスモーターは、日本国内でも販売されています。
ブリヂストンなどに「回生ブレーキ付電動アシストモデル」が用いられていますね。
ikjru6453ywt4.jpg
ドライブユニット Mahle ebikemotion X35 250W
バッテリー Mahle ebikemotion X35 250Wh
見ての通りMahle ebikemotion X35の収納性の高さを生かし、モーター部やバッテリー部は巧みに隠されている。
ラピール、ビアンキ、アルゴン、コルナゴ、スコット、ピナレロ、オルベア、BH、ロッキーマウンテン、キャノンデールなど著名なブランドがこぞって採用。

このシステムはトルクセンシングシステムとは異なる、独自のモーションセンシングシステムを使用して、モーターが出力する電力を制御します。
更にMahle ebikemotion X35 は、強化されたワイヤレステクノロジーが搭載されます。
軽量(合計約3.5kg)とスポーティな乗り心地、そしてスムーズな微妙なアシストにより、GTは新型eグラベルロード「GT eGrade」シリーズにMahle ebikemotion X35システムを選択したことは間違いありません。
(´・ω・`)だからこそ、¥349999という価格設定が可能になったのか。
Mahle ebikemotionシステムを採用する事における、価格面の恩恵って大きいんですね。
etgtwqrrf32.jpg
ハンドルバー  GT Butted 6061 Alloy, 16° Flare Drop
ステム GT All Terra 3D Forged Alloy, 31.8

まるで機械式グラベルロードに様にスタイリッシュで用途が広く、信頼性の高い全地形対応アドベンチャーバイクですが。
eグラベルロードという事でフラットバー仕様ではなく、ドロップハンドルバー仕様。
16°フレアにバテッド加工仕様のドロップハンドルだから、フルカーボン「GRADE CARBON PRO」シリーズのフレアハンドルと同様の仕様だと思われます。
20200326102933e35xs.jpg
GT GRADE CARBON EXPERT ドロップハンドル部
GT GRADE CARBONに採用されていた物は、安定感と強靭性重視のフレアハンドルでしたね。
間違いなくスピード性よりも、安定性重視。
見ての通りウェットでしたが、手が滑る事などは無かったですね。
安定性が高く、ドロップハンドルなのに、MTBを操作している様な感覚に襲われます。
濡れた舗装路でしたが、コントロール性に不安が少なかったかな。
ikjuhyetwqt431.jpg
9oik8ujyh635tw4fwe.jpg
フォーク GT Grade E-Carbon, 1.5" Tapered Carbon Steerer, Flat Mount Disc, 12x100 Thru-Axle
リム Shining, Double Wall 32h
タイヤ  WTB Resolute TCS, 700 x 42, Tubeless Ready
フロントハブ Formula CRX-512, 12x100

ブレーキ Shimano GRX 400 Hydro Disc, 160/160mmRT56 Rotors

高品質の耐候性Shining, Double Wall 32hリムと、チューブレスレディWTB Resoluteタイヤを採用。
WTB Resoluteはどんな状況下においても、どんなロードコンディションにおいても対応出来る最適なトレッドパターン。
小さな四角いノブが特徴で、様々な地形に対してグリップ性能を発揮。
砂利レース、オフロードアドベンチャーライド、バイクパッキングツアーに最適です。
トレイルにおいても、最適な42mm幅のタイヤサイズになっています。

カーボンモデルGRADE CARBON PROやGRADE CARBON EXPERTにおいて、タイヤサイズは700 x 40C。
(´・ω・`)GT GRADEシリーズにおいてGT eGradeは、42Cサイズにも及ぶ、最大クラスのタイヤボリュームを誇ります。

ちなみに55mmから70mmへフォークオフセットを調整できる、フリップチップフォークは用意されていない模様。
カーボンモデルGRADE CARBONシリーズだけに、現在用意されている訳か。
GT eGrade Amp Gravel E-Bikeは一応アルミフレームですし、カーボンフレームのみフリップチップフォーク採用という方針なのかな?
po9ik87u6453y.jpg
クランクセット Shimano GRX, 40T
BB Shimano BSA RS500
9oik8ujyh635tw4cfd.jpg
リアハブ eBikemotion X35
リアディレーラー Shimano GRX, Shadow Plus
カセット Shimano SLX, 11-42, 11-Speed

MahleEbikemotionモータードライブとセットになったShimanoGRX11スピードグループセット
今回海外CRCで販売されているGT eGrade Amp Gravel E-Bike には、グラベル用コンポ―ネントShimano GRX 11-Speedギアトランスミッション、幅広い11-42Tカセット、Shimano GRX400油圧ディスクブレーキが装備されていますね。
変速操作が容易なワンバイイレブン仕様です。
(´・ω・`)おおっ……ドライブトレインはGRXフル採用ではないですか?
Mahle ebikemotion X35システムを採用すると、本当にコンポ―ネント面での自由度が高いですね。

このコンポーネント仕様により、テクニカルなグラベルルートや混合地形のフォレストトレイルを克服するためのギアを確保。
元々悪路やロングライドに強いグラベルモデルでしたが、悪路走破性も長距離走破性もMahle Ebikemotion電動ドライブユニットによりより電動化によって強化された印象。
iujr6eywr4.jpg
フレーム All New Grade Alloy 700c Frame, Mahle Ebikemotion specific design, Internal Battery, Tapered Head Tube
新型トリプルトライアングル「フローティングステイ」を実装。
(´・ω・`)このサスペンションシステムを搭載している点がデカいです。
トレイルや山道で乗りこなすのにもいいし、その場所まで移動するまで遠乗りに向いているサスペンションシステム。
サスペン付きとはいえ信頼性の高いペダリングパフォーマンスも提供してくれるし、終日の乗り心地もこれでばっちりですね。
いいなあ……
uyhou89099090.jpg
サドル Fabric Scoop Shallow/ Sport, Steel Rails
Seatpost: Promax Suspension, 27.2mm

GT eGrade Amp Gravel E-Bike 2021

2021年04月16日 トラックバック(-) コメント(-)

2022 GT eGrade Current Gravel E-Bike  バッテリーやモーター部が露出していないフラットGravel E-Bikeバーモデル


GT-eGrade-Current-Gravel-E-Bike-G61301M_02 (1)
2022 GT eGrade Current Gravel E-Bike
グラベルロードモデル「GT Grade」の、電動Gravel E-Bikeシリーズを先日紹介しましたが。
この新型2022 GT eGrade Current Gravel E-Bikeはフラットバータイプですね。
EUと英国のGT系バイクショップにおいては、既に注文受付がスタートしているそうです。

ドロップハンドルタイプが2つ、フラットバータイプが1つ存在するのですが。
(´・ω・`)とりあえず気になって仕方がないので、もう一度仕様の方をチェックしてみます。

GT-eGrade-Current-Gravel-E-Bike-G61301M_01.jpg

この新型フラットバーeグラベル GT eGrade Current Gravel E-Bikeの主な仕様は、
①Mahle Ebikemotion X35 250wモータードライブユニット
②台湾Microshift M6205 1x10グループセット
③Shimano製油圧ディスクブレーキ。
④eGrade Alloy 700c フレーム

舗装用に設計されたフラットバーバー仕様のGravel E-Bikeなので、グラベル用コンポSHIMANO GRXは採用しておりません。
(´・ω・`)台湾Microshiftというと、他ブランドのバーエンドシフターなどでよく見かけるけど。
ドライブトレインに採用してきたモデルは、久々かも?
ルイガノのクロモリツーリングモデルで、見かけた記憶が。
casfcewegqt413.jpg
また、個人的に興味深い点は、ビアンキ、チネリ、コルナゴ、リドレーなど著名なe-roadモデルに数多く採用されているMahle Ebikemotion X35 250wモータードライブユニットを採用している点ですね。

Mahle Ebikemotion X35の特徴は軽量かつ、バッテリーやモーター部が露出していない長所をフラットバーモデルに生かしています。
ですので、e-roadバイクやe-GravelバイクにMahle Ebikemotion X35を使用すると、通常のロードバイクやグラベルと見分けがつきにくいのですよ。
フラットバーモデルのGT eGrade Currentに採用しているので、まるで通常のクロスバイクにも見えなくはないですね。
(少なくとも、電動アシストモデルにはまるで見えない)

Mahle Ebikemotion X35の特徴は、リアハブにアシストモーターを隠す様に設置している点です。
ですので、バッテリーを含めたアシストシステム全体でわずか3.5 kgという驚異的な軽量性を備えています。
ですのでMahle Ebikemotion X35をロードモデルに採用すると、重量はアルミモデルで12〜14 kg、カーボンで12kg未満の重量に抑える事も可能です。
軽量化に貢献しているとはいえ、見つかりにくいという長所も今後重要になってきそうな気がする。
GT-eGrade-Current-Gravel-E-Bike-G61301M_02 (1)hyr
クランクセット Prowheel Charm, 40T
チェーン KMC X10, 10-speed
カセット Microshift, 11-48, 10-speed

リアディレーラー  Microshift M6205
またMahle Ebikemotion X35の特徴として、メーカーが好みのクランクやBBを取り付ける事が可能です。
(´・ω・`)BB部周辺にモーターを配置していないですからね。
更に独自のペダリングセンサーを用意。
電動アシストを使用していない時でも、抵抗や摩擦を取り除きます。つまり電源がONになっていなくても、通常のバイクの様に走行可能なのです。
RD-M6205GM-scaled.jpg
1×10スピード用ADVENTX RD-M6205リアディレイラー

MahleEbikemotionモータードライブと台湾microShift10スピードグループセット
2022 GT eGrade Current Gravel E-Bikeのドライブトレイン部は、マーレEbikemotion電動ドライブユニットと、Microshift 10速ギアトランスミッション、ワイドな11-48Tカセットが用意されています。
1×10スピード用ADVENTX RD-M6205リアディレイラーは、11-48tカセットを使用しているため、困難な状況でも適切なギア選択が可能。
テクニカルなグラベルルートや、緩やかな傾斜でのアップダウンやコーナーなど、混合地形(フォレストトレイル)で使用する為のギアを用意しています。
(´・ω・`)舗装路の為のeグラベルモデルではあるけど、多少MTBで走る様なトレイルでの使用も想定してあるのか。
GT-eGrade-Current-Gravel-E-Bike-G61301M_02.jpg
フレーム eGrade Alloy 700c Frame, Mahle Ebikemotion Specific Design, Internal Battery, Tapered Head Tube
Charger: X35 Charger
ドライブユニット Mahle Ebikemotion X35 250w
バッテリー Mahle Ebikemotion X35 250wh

バッテリー部はダウンチューブ内部に配置。
このダウンチューブバッテリーにはモーター制御、ケーブル接続、BMSなど、すべてが1つの本体に収められており、ダウンチューブ内側に収納されています。
GT-eGrade-Current-Gravel-E-Bike-G61301M_02yoo.jpg
ハンドルバー GT Alloy Flat Bar 640mm
ステム GT All Terra 3d Forged Alloy, 31.8

2022 GT eGrade Currentは、長距離での通勤通学やオフロードアドベンチャーライド、バイクパッキングツアーに最適。
従来のフラットハンドルバーを装備しているため、仕事に出かけるときや、家から離れる際も快適に過ごせます。
GT-eGrade-Current-Gravel-E-Bike-G61301M_02t4wqe4.jpg
フォーク  GT Grade E-carbon, 1.5"" Tapered Carbon Steerer, Flat Mount Disc, 12x100 Thru-axle Charger: X35 Charger
ブレーキ Shimano Mt200 Hydro Disc, 160/160mm Rotors
フロントとリアにはフラットマウント仕様の油圧ディスクブレーキを用意。
カーボンフォークには12mmスルーアクスルが付いております。
(´・ω・`)フロントにだけ、12mmスルーアクスルが用意されている訳ですね。

更にカーボンフォーク仕様なので、路面からの振動を吸収しながら安定したハンドリングを提供。
i866edus644a.jpg
リム Shining, 32h
タイヤ WTB Resolute TCS, 700 X 42, Tubeless Ready

WTB Resoluteはどんな状況下においても、どんなロードコンディションにおいても対応出来る最適なトレッドパターン。
全天候型グラベルタイヤです。
小さな四角いノブが特徴で、様々な地形に対してグリップ性能を発揮。
トレイルにおいても最適な42mm幅のタイヤサイズになっています。
舗装路用には最適なグラベル専用タイヤになっている上に、タイヤ幅が42mmもあるのでいざという時にはトレイルも挑めるのか。
どんな天候、路面状況においても対応出来るグラベルタイヤになっています。
GT-eGrade-Current-Gravel-E-Bike-G61301M_02 (1)yhoi
シートステイとシートチューブを分離したフローティングステイを、フラットバーバーGravel E-Bikeで遊べる。
ドロップハンドルモデルと同じく、トリプルトライアングルフレームをアルミフレームに採用。

乗り心地とショック吸収性を足回りの極太タイヤや、カーボンフォークだけではなく、アルミフレーム部分においても稼いでいます。
GT GRADEシリーズのアドバンテージというか最大の長所は、他のグラベルと比較しても高い走破性を誇る点ですが。
舗装路でフローティングステイが楽しめる点がいいですね。
GT-eGrade-Current-Gravel-E-Bike-G61301M_02 (1)ijp
シートポスト GT All Terra Two Bolt Alloy
サドル  Fabric Scoop Shallow/ Sport, Steel Rails

このGT eGrade Current Gravel E-Bikeは、快適なFabric Sc​​oopSportサドルを備えています。
GT eGrade Current Gravel E-Bike (2022)

2021年04月09日 トラックバック(-) コメント(-)

(海外)新型GT Grade Power GTグラベルe-バイクが遂に登場!!


210323-gt-grade-power-1.jpg
(海外)新型GT Grade Powerシリーズ
あのGT GradeのグラベルE-バイクが海外において登場したそうです。

( ;゚ω゚)へ? 米国GT伝統のグラベルロードシリーズ「GT Grade」が、電動e-gravel化するんですか??
あの全米でも人気のあるメジャーグラベルロードが遂に……というか、まさか?
2021年モデルって、ここまでe-bike化が進んだ年になるとは……特にハイエンドモデルでの電動化が一気に進み数多くの新型も登場しましたね。これって海外では2022年GTモデル扱いになるのかな?

今回の最新電動GT Gradeグラベルは「GradePower」というカテゴリ―になります。

ドライブユニットは「マーレ Ebikemotion X35システム」を採用。
リアハブにアシストモーターを設置したタイプですね。
バッテリーはメインシートチューブに配置。
「GT Grade Power Bolt」、「GT Grade Power Amp」の2台のドロップハンドルモデルと、「GT Grade Power Current」と呼ばれるフラットバーハンドルモデルを確認。
まさか合計3台にも及ぶラインナップを用意してくるとは。
htedsrgaetq (2)
GT Grade Powerは、人気のMahle ebikemotion X35 +モーターシステムを搭載。
(´・ω・`)ロード系e-roadに数多く採用されているMahle ebikemotion X35 +モーターシステムを、GT Gradeへ採用していたんですね。
道理でバッテリーが見当たらないはずだ。
チネリやビアンキ、オルベアなど本当に各ロードブランドに採用されていますね。
米国GTまで採用してくるとは思いませんでした。

トルク40Nmのリアハブモーターを使用。
250Whのバッテリーはバイクのダウンチューブ内に配置されています。
546324yhesry.jpg
コントロールボタンはトップチューブに埋め込まれているため、多くの電動アシストシステムで見られるような分厚いコントロールパネルなく、シンプルなセットアップが可能。

2021 MERIDA eSILEX 400やColnago EGRV Disc Gravel E-Bikeなど、各e-gravelバイクも同様のギミックですね。
(´・ω・`)うーん、著名なブランドが採用しているだけではなく、e-gravelバイクに好んでMahle ebikemotion X35 +モーターシステムが採用されている傾向。
非電動アシストのグラベルモデルにフレーム形状を近づけたいという、各ブランドの思惑にMahle系アシストシステムが歓迎されているようですね。

ナビゲーション機能、パフォーマンス統計、心拍数モニターに接続し、心拍数を使用してモーターが提供するアシスト量を調整するオプションを備えた、サイクルコンピューターとして機能できるアプリも用意されている。
更に、レンジエクステンダーバッテリーを接続してアシスト可能距離を拡大可能。
多少のロングライド性能も視野にいれているのかな?
202003261029309cagr.jpg
2020 GT GRADE CARBON EXPERT機械式
これは フルカーボンのGT GRADE CARBON EXPERTですが。

まるでMTBをロード化したかのような、走りだった……
ただ走破性を発揮しつつも、ロードの走りもしっかりするフルカーボングラベルなんですよ。
路面に食らいついて話さない様な路面追従性を伴いながら、加速したり巡行性能を発揮します。
遠くまでロードの様に移動が可能だし、到着した先の山道や農道、悪路などの非舗装路においてMTBの様に使える。

(´・ω・`)ですので、電動アシスト化された事により、悪路での走破性や、ロングライド時における巡行性能の面でのアシストにかなり期待出来そうなのですが。
個人的には巡行性能のパワーUPに期待。
htedsrgaetq (1)
シートステーがシートチューブとではなく、トップチューブと接合する、グレードの特徴的なフローティングシートステーリアトライアングルデザインが特徴。

(´・ω・`)あ、そうか。e-gravelでフローティングシートステーが楽しめるんだ! いいなあ……・
トレイルや山道で乗りこなすのにも向いているし、その場所まで移動するまで遠乗りに向いているショック吸収システムです。
ロードバイクに、MTBのサス機能をぶち込んで来たと思ってくれれば。
あえて、eMTB風に楽しむのもアリかな。

更にフロントスルーアクスルを備えた電動e-gravel専用のカーボンフォークも用意。
jtedhtsws (2)
68mm BSAネジ式ボトムブラケット、トップチューブボックス、マッドガード、リアラックの取り付け箇所もあります。
タイヤクリアランスは最大42mmになるそう。
jtedhtsws (1)
GT Grade Power Amp
ハイエンドのGT Grade Power Ampは11スピードワンバイイレブン 1×11仕様。

ShimanoGRXシングルリングドライブトレインを搭載。
GT Grade Power シリーズは全て、アルミフレーム仕様の模様。
タイヤ幅が太目の42 mm WTB ResoluteTCSタイヤを備えた、ShimanoGRX 800/600を用意してあるだけあって悪路での走行性能を強化しています。

(´・ω・`)確かにオフロードでは、42mmもあると相当頼もしそうですね。
マーレ Ebikemotion X35システムのお蔭で、シマノGRX系コンポーネントがそのまま使えるメリットを生かした仕様になっています。
またGT Grade Powerシリーズは全モデル油圧ディスクですね。
フレーム Grade alloy 700c
フォーク GT Grade E-Carbon
モーター  Mahle ebikemotion X35+ 250W, 40Nm
バッテリー Mahle ebikemotion 250Wh
ドライブトレイン Shimano GRX chainset, GRX RX 812 mech
ギアリング 40t, 11-42t
ブレーキ Shimano GRX 600 hydraulic, 160mm rotors
ホイール Alloy rims on Formula F/ebikemotion R hubs
タイヤ  WTB Resolute TCS 42mm
バー GT Butted alloy, 16-degree flare
サドル Fabric Scoop Shallow Sport
シートポスト GT alloy
サイズ S, M, L

ujrthyrswy (2)
GT Grade Power Bolt
Shimano GRX400に40mm WTB Nanoタイヤを用意。
2×10速仕様のフロントダブルで、タイヤ幅が少しだけコンパクトになるんですね。
(´・ω・`)GT Grade Power Bolt は、ロングライドやツーリング向きのe-gravelって事か。
必要な物をどこにでも持ち運べる運搬能力にも注目。
アクセサリの取り付けポイントが豊富にあるため、壮大なグラベルライドや毎日の通勤に適切に対応可能。


フレーム  Grade alloy 700c
フォーク GT Grade E-Carbon
モーター Mahle ebikemotion X35+ 250W, 40Nm
バッテリー Mahle ebikemotion 250Wh
ドライブトレイン  10-speed Shimano GRX chainset, GRX RX 400 mech
ギアリング 46/30t, 11-34t
ブレーキ  Shimano GRX 400 hydraulic, 160mm rotors
ホイール Alloy rims on Formula F/ebikemotion R hubs
タイヤ  WTB Nano Comp 40mm
バー GT Butted alloy, 16-degree flare
サドル Fabric Scoop Shallow Sport
シートポスト GT alloy
サイズ  S, M, L


ujrthyrswy (1)
GT Grade Power Current
これはGTによると、コミューターバイク市場向け。
コンポーネントにMicroshift Advent Xとフラットハンドルバーを備えているため、より都会的なセットアップになります。
更に油圧ディスクブレーキや従来のフラットハンドルバーを装備しているため、通勤時において快適に過ごせます。

(´・ω・`)普段走れなかった長い距離の悪路も、通勤ルートとして使えるというメリットも。
電動e-gravelは、通勤コースまで変更出来るだけの力を持ったツールという事かもしれませんね。

フレーム  Grade alloy 700c
フォーク  GT Grade E-Carbon
モーター Mahle ebikemotion X35+ 250W, 40Nm
バッテリー  Mahle ebikemotion 250Wh
ドライブトレイン 10-speed Prowheel Charm chainset, MicroShift Advent-X M6205 rear mech
ギアリング 40t, 11-48t
ブレーキ  Tektro M275 hydraulic, 160mm rotors
ホイール  Alloy rims on Formula F/ebikemotion R hubs
タイヤ WTB Nano Comp 40mm
バー  GT alloy flat-bar, 700mm wide
サドル  Fabric Scoop Shallow Sport
シートポスト GT alloy
サイズ S, M, L

GT ジーティー 2021年モデル GRADE CARBON PRO グレードカーボン プロ グラベル ロードバイク

2021年04月06日 トラックバック(-) コメント(-)