GT スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GT

2020 GT GRADE CARBON EXPERT試乗体験インプレ

DSCN2995vfd (2)
2020 GT GRADE CARBON EXPERT

米国GTのフルカーボングラベルロード「GT GRADE CARBON EXPERT」に試乗しました。
コンディションはウェット(雨)。

(´・ω・`)まるでMTBをロード化したかのような、走りだった……
Shimano 105 油圧ディスクだった影響もあったのでしょうが。特にブレーキの操作感がMTB。
変速操作はロードそのものでしたけどね。

走りは走破性を前面に出した走りかな。路面状態はウェットでしたが、全く恐怖感がないw

路面をがっちり捕らえつつ、ロードの走りをするグラベルモデルでもある。
ただ走破性を発揮しつつも、ロードの走りもしっかりするフルカーボングラベルなんですよ。
路面に食らいついて話さない様な路面追従性を伴いながら、加速したり巡行性能を発揮します。
DSCN2994vfd.jpg
フルカーボンフレームはどうだった?
軽量……というよりも、異様に乗り心地の良いカーボンフレームだった。
フレームはカーボンながら強靭な印象。
特に新型トリプルトライアングル「フローティングステイ」の機能性が凄い。
乗り心地も提供してくれるし、路面からのショックにかなり強そう。
まるで、ロードバイクにリアサスペンションを搭載したかのようだった。


トレイルや山道で乗りこなすのにも向いているし、その場所まで移動するまで遠乗りに向いている
個人的にはロードとMTBが二台手に入るグラベルだと思います。
遠くまでロードの様に移動が可能だし、到着した先の山道や農道、悪路などの非舗装路においてMTBの様に使える。
DSCN2998cd (1)
ハンドル  All-New GT DropTune Super Light、ダブルバテッド 6061 アルミ、16°フレア
シフター  Shimano 105 油圧ディスク、2×11
グリップ  Velo Cork、3mm
ステム  GT、3D鍛造6061、6°ライズ、31.8

安定感と強靭性重視のフレアハンドル。
見ての通りウェットでしたが、手が滑る事などは無かったですね。
ディスクブレーキは105油圧でしたので、スピードコントロールよりも制動性を重視したかのようなテイスト。
不思議とドロップハンドルなのに、MTBを操作している様な感覚に襲われます。
濡れた舗装路でしたが、悪路などにおいてかなりコントロール性が良さげなのでは?
DSCN2999ca.jpg
フレーム  All New Grade カーボン、EnduRoad Triple Triangle デザイン、フローティングシートステイ、12×142 スルーアクスル、フラットディスクマウント、Di2/ドロッパーシートポスト対応、PF30
カーボンフレームながら肉厚というが、実にガッチリしていた。
変な感想だけど、一度くらい転んでもびくともしなそうな迫力がある。

マウントポイントを見ての通りトップチューブにも搭載
ロングツーリングに必要なバッグやボトルを積載するためのマウントをフレームとフォークにフル装備。ト
ップチューブバッグ用のダボ、フォークにはエニシングケージ用のダボ。アルミモデルにはシートステイにボトルダボまで付属。
これ通常のロードよりも、バッグ類を積載したり拡張する能力が高いと感じた。
これだけがっちりしたフレームなら、多少重量物を積載してもいけそう。
DSCN2998cd (2)
フォーク All-New Grade カーボンフォーク、テーパードカーボンコラム、flip chip アクスル、フェンダー・パニアバッグマウント(11穴)

ブレーキ Shimano 105 油圧ディスク、160mm RT30 ローター
カーボンフォークがまるで、バットみたいに太いw
全然ヤワな、フォーク勘が無いですね。確かにフォークのダボ穴にカーゴゲージとかで荷物を積載しても全然いけそう。
ただしエアロ性能とか高速性を追求したブレードフォークとは別物の雰囲気。

105油圧が付いているせいでしょうか? まるでMTBなフォーク感がありますよ。
(特にフロントサスなどは付いていないですが)
DSCN3005cds (1)
リム WTB ST i23 TCS 2.0、28h、チューブレスレディ
ハブ Formula、センターロック、(F)CL-712、12×100、(R)RXC-400、12×142
スポーク ステンレススチール
タイヤ WTB Riddler TCS Light、700×37c、チューブレスレディ


WTB Riddler 700×37cは濡れた路面状態の影響を受けるか?
流石に37Cなので、路面が濡れていても影響はほとんど感じなかった。
基本雨だから、慎重に走ろうという意識が生じない。
フレームの影響もあるのかもしれないけど、GT GRADE CARBON EXPERTに700×37Cを取り付けると、走破性重視みたいな感じになる。
うん、このモデルに37Cタイヤだと、なんとなくMTBに近い走りをするな。
その上で推進性を発揮する。
DSCN2997deq.jpg
ちなみにゼロ加速性は、ロードバイクに比べるとそれ程ではない。
(´・ω・`)GT GRADE CARBON EXPERTはある程度速度に乗ってから、走破性やパワーを発揮するグラベルモデルです。
ただ走破性は強烈でしたので、MTB代わりに普通に使えますね。
GT GRADE CARBON EXPERTでも走破出来ない路面は、MTBでも相当厳しい事になるのでは?
20191105103011c8by9.jpg
2020 CANNNONDALE TOPSTONE CARBON FORCE ETAP AXS
面白い事にCANNNONDALE TOPSTONE CARBONの場合、700×40C幅のタイヤを装着しているのですが。
悪路走破性を発揮しつつも、スピード性があるグラベルモデルだった訳ですよ。
キャノンデールの場合もリアサスペンションシステムが搭載されていましたが、サスのせいで速度が逃げるという事は無かった
悪路:舗装路=50%:50%
実際に試乗した感じは、悪路舗装路両方に対応出来るグラベルでしたね。
DSCN3004ca (1)
ではGT GRADE CARBON EXPERTの場合はどうかというと……
悪路:舗装路=60%:40%
ですね。より悪路走破向けにGTはフルカーボングラベルを、モデルチェンジしてきたのでは?
42mmまで対応するタイヤクリアランスだそうですが、これでタイヤサイズを更に拡張したりしたら更に走破性が強化されて凄い事になるのでは?
(´・ω・`)ただ個人的にはこの37Cで、このフレームと調度バランスがとれていると思いますね。
DSCN3004ca (2)
ボトムブラケット  FSA PressFit 30
DSCN3005cds (2)
クランク FSA Omega Adventure、46/30

DSCN3003cacas.jpg
DSCN2995vfd (1)
ディレーラー  Shimano 105、フロント直付、リアGSケージ
リアスプロケット Shimano 105、11-34、11スピード

コンポーネントは105スペック。やはりどうしても雨天時になると操作感に関しては、グラベル用コンポーネントGRX採用モデルに一歩譲る。
GT ジーティー 2020年モデル GRADE CARBON EXPERT グレードカーボンエキスパート 700C

2020年03月26日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 GT GRADE ALLOY ELITE  新型トリプルトライアングル「フローティングステイ」について


ci-921768_5 (1)
2020 GT GRADE ALLOY ELITE
シフター Shimano Claris、2×8
ハンドル GT DropTune RS、アルミ、10°フレア
グリップ Velo Cork、3mm
ステム 6061 アルミ、31.8、7°

米国オフロードブランドGTのアルミクラリススペック グラベルロード「2020 GT GRADE ALLOY ELITE」。
元々は2019 GT GRADE ALLOY COMPがモデルチェンジしたモデルで、前後スルーアクスル化にフローティングシートステイを2020年モデルから採用してきたモデルですね。
つまりグラベル色が濃くなったと言えます。



cc-gt-graallclaris_2hgf.jpg
2019 GT GRADE ALLOY COMP
(´・ω・`)元々は 「GT GRADE ALLOY COMP」という名称でして、アルミフレームにコンポーネントはクラリス仕様、ブレーキはワイヤー式のメカニカルディスク仕様(前後160mmローター)。
ドイツシュワルベ「Schwalbe Road Cruiser、700 x 32c、K-guard」でした。
一応グラベルモデルでしたが、QR方式を採用したエントリー系グラベルですね。
cc-gt-graallclaris_13cds.jpg
トリプルトライアングル
で前年モデルのGT GRADE ALLOY COMPって、旧トリプルトライアングル仕様だったんですよ。
シートチューブの外側をシートステーが伸びていくことで、フレームの強度と剛性を確保しながらタイヤクリアランスを確保。
2本のシートステーを地面と平行にすることで、高い衝撃吸収性を発揮していたわけですが。

ただこの前年モデル2019 GT GRADE ALLOY COMPに関してなんですけど。
見ての通り、シートチューブとシートステーが接合しているんですよ。


ci-921768_6.jpg
フローティングシートステイ
サドル GT Pavement、スチールレール
シートポスト アルミ、15mm オフセット、27.2mm

これが2020年モデルのGT GRADE ALLOY ELITEとなると、シートステーがシートチューブが完全に離れて分離した形状になっています。つまり2020年モデルから「フローティングデザイン」によって快適性や乗り心地面を向上させている訳ですね。

この2020年モデルの新型フローティングデザインって、結構侮れなくてですね。
乗り心地も良くなる上に、明らかに路面からのショックや振動に強くなっている印象を受けました。
あくまで個人的には、MTBのリアサスが実際に装備されたグラベル……という感想。
ci-921768_4.jpg
タイヤ  WTB Riddler Comp、700×37c、tan sidewall

あとタイヤサイズ2020年モデルから拡張されたじゃないですか?
Schwalbe Road Cruiser、700 x 32c、K-guard(2019モデル)➝ WTB Riddler Comp、700×37c、tan sidewall(2020モデル)
よりタイヤサイズも、グラベル系に近い形に。

(´・ω・`)フレーム素材は違うんですが、GT GRADE カーボンシリーズでの試乗の感想だけど。
やはり32C➝37Cに拡張された事によって、MTB感が強まってました。
つまり、エントリーモデルですが、かなりMTB寄りのグラベルかな? 
流石に試乗時は悪路ではなかったけど、相当突き上げや過酷な路面に強そう。
更に新型のフローティングシートステーが、サスペンションの様に機能する訳ですから。
37Cサイズタイヤと、ショックに強そうな新型フレームのお蔭で間違いなく2019年モデルよりも、MTB寄りというか非舗装路に強い一台になっていますね。

旧2020年GT GRADE ALLOY COMPのタイヤサイズは32Cなので、どちらかというとツーリングやバイクパッキング向けの仕様だったかと。
ci-921768_3.jpg
GT GRADEシリーズのフレームって、まるでツーリング&ロングライドモデルをMTB化したかのような、乗り味なんですよね。
ですので路面を捕らえて離さない走行感が特徴。
その上で、走破性を発揮したり巡行する事が得意なんじゃないかと。
ですのでトレイルや山道で乗りこなすのにも向いているし、その場所まで移動するまで遠乗りに向いているかな。
ci-921768_10.jpg
All-New Grade カーボンフォーク、テーパードカーボンコラム、 フェンダー・パニアバッグマウント(4穴)
12×142 スルーアクスル
ハブ Formula、(F)12×100、(R)12×142

ブレーキ Tektro 機械式ディスク、160mm ローター
ですので、剛性を強化する上で前後スルーアクスル化したりしたのは、よりGT GRADEの悪路走破性やコントロール性を高めるうえでバックアップ的な効果があったのではないかと。

標準で37cのタイヤですし。タイヤクリアランスは最大42mmまで対応。ホイールを変更することで650BサイズタイヤもOK。
(´・ω・`)ただ、個人的には……やはり37Cクラスでちょうどいいかな?
これ以上タイヤサイズを大きくすると、完全にMTB寄りになってしまうような。
調度37C程度が、ロードとMTBの中間位でいい感じだったんですよね。
ci-921768_7.jpg
フレーム  All New Grade アルミ、EnduRoad Triple Triangle デザイン
見ての通りトップチューブにダボ穴が用意されています。アルミモデルにはシートステイにボトルダボまで用意。
確かにバイクパッキングやツーリングに使用する分には、これ以上もなく頼もしいモデルはないでしょう。
路面を捕らえるような、安定性も確保してある。
ci-921768_9.jpg
クランク FSA Tempo Adventure、48/32、170mm(510 Size)
ci-921768_8.jpg
リム WTB ST i23 TCS、28h、チューブレスレディ
ディレーラー Shimano Claris、フロント 直付
リアスプロケット Sunrace、11-34、8スピード

ちなみに悪路でも高速性やスピード性があるかどうかは不明ですが、悪路においての走破性とショック吸収性に関しては他のグラベルモデルを圧倒する性能を有しています。
やはりその辺は、MTB系発のグラベルモデルなんですよね。
仮にタイヤサイズを細くしロードとして使用するなら、振動減衰機能を装備したラピエールエンデュランスモデルPULSIUMみたいな走りをするんじゃないかと。
《在庫あり》ライトカギプレゼント GT 2020年 GRADE ALLOY ELITE グレードアロイエリート 700C グラベルロード

2020年03月20日 トラックバック(-) コメント(-)

海外2020 GT Grade Carbon Elite Bike  海外モデルはオールブラックなガンメタル系カラーが存在します!!

prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_02
海外2020 GT Grade Carbon Elite Bike
ちょっと羨ましい情報ですが。
GTの人気グラベルモデルであるGT Gradeについてですが、なんと海外モデルはオールブラックなガンメタル系カラーが存在します!!
しかも2020年度の日本市場には無い、フルカーボンに、ティアグラ仕様ですよ!?
prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_01
海外2020 GT Grade Carbon Elite Bike
(´・ω・`)海外GTグラベルロードシリーズ「GT GRADE」 シリーズについてですが。
日本市場「GT GRADE」 シリーズは105スペックカーボン完成車を1モデル。
海外の「GT GRADE」 シリーズは、105カーボン完成車&ティアグラ完成車を2モデル用意しています。

海外2020 GT Gradeシリーズの場合、なんとティアグラ仕様完成車が存在します!!
10スピードのShimano Tiagraドライブトレインを搭載。
日本市場においてはティアグラ仕様「2020 GT Grade Carbon Elite Bike」 って、未上陸なんですよね。
注目は価格なんですが。
実にリーズナブルで¥214999と、かなり抑え目になっています。

(´・ω・`)新型トリプルトライアングル「フローティングステー」やカーボンシートステーにグラスファイバーのコアを内臓させた「デュアルファイバーダイナミクス」はもちろん採用されています。

prod189689_Satin Jade - Black_NE_02bg
海外2020 GT Grade Carbon Expert Bike 
海外においては「2020 GT Grade Carbon Expert Bike」がシマノ105仕様になります。
海外ウィグルですと価格は¥239999と、かなりリーズナブルになります。
もちろんブレーキ部は Shimano 105 hydraulic discと、フォークオフセット機能「フリップチップフォーク」も搭載。
(´・ω・`)こちらは、日本市場においても手に入ります。
prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_03
海外2020 GT Grade Carbon Elite Bikeバイクバッキング参考例

( ;゚ω゚)米国サイクルアクセサリーブランドBlackburnを使用して、海外2020 GT Grade Carbon Elite Bikeをバイクパッキングにした参考例か……
やはり米国ブランドのGTと、米国サイクルアクセサリーブランドのBlackburnって相性がいいんですね。
Carbon Elite Bikeのカラーって、ガンメタル調のブラック系カラーではないですか?
となると、バイクパッキング時もブラック系なバッグ類をコーディネートすると、更にブラックが引き立つ訳か。

フロントバッグはOutpost Elite Handlebar Roll
シートバッグはOutpost Elite Universal Seat Pack
フレームバッグはOutpost Elite Frame Bag

溶接されたシームと防水ジッパーを使用。バッグ内部を乾燥状態に保つ為の、防水素材で構成されている。
Blackburnのイクパッキング用バッグ「エリートシリーズ」は雨天時においても、防水性が高いし。
GT Grade Carbon Elite Bikeは油圧ディスクを採用している。
ツーリングにおける雨天時にも対応出来る仕様か。
prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_03tde
ハンドルバー GT DropTune RS, alloy, 16° flare
ステム GT Design 3D forged 6061, 4 bolt face plate 6° Rise, 31.8mm Clamp

フロントディレーラー Shimano Tiagra hydro disc, 2x10
ブレーキレバー Shimano Tiagra hydro disc
prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_05
フローティングステー
地形に関係なくサドルでより快適な時間を過ごす為、2020年モデルよりシートステーとシートチューブは独立した形状になっている。
(´・ω・`)しかも、オールブラックのフローティングステー。
2020 GT Grade Carbon Elite Bikeだけが味わえる、ブラックカラーの新型トリプルトライアングルか。
しかし、フローティングステイ仕様の新型トリプルトライアングルを採用したフレームに、フレームバッグを搭載すると↓
prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_03ukt
フレーム All New Grade Carbon 700c Frame, EnduRoad Triple Triangle Design feat. Floating Seatstays, 12x142 Thru Axle, Flat Mount Disc (160mm), Tapered Headtube, Di2 and Dropper Compatible, PF30
クランク FSA Omega Adventure, 46/30
BB FSA PressFit 30

フロントディレーラー Shimano Tiagra, braze-on
リアディレーラー Shimano Tiagra GS
カセット Shimano HG500, 11-34, 10-speed
(´・ω・`)なるほど。フレームバッグOutpost Elite Frame Bagを取り付けると、こんな感じになるのか。
一応フレームバッグを取り付ける空間は確保されていそうです。
新型トリプルトライアングルフレームでも、いけそうですね。

あとフォーク部にブラック系のボトルが取り付けてあるけど。
Blackburn OUTPOST CARGO CAGEとかをフォーク部に用意すれば、フロントフォークのキャリア化も図れそうですね。
大型ツールケージを用意してもいいし、寝袋なんかも余裕で積載可能。
prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_03jut
フォーク All-New Grade Carbon fork with tapered carbon steerer, 12x100 Thru Axle, Flat Mount Disc (160mm), pannier and fender compatible
ブレーキ Shimano Tiagra hydro disc, 160/160mm RT30 rotors
ブレーキ部にはSHIMANO Tiagra製の油圧式ディスクブレーキを前後に装備。
10スピード仕様のティアグラにも、安定した制動力を発揮する油圧ディスクが存在しますからね。

SHIMANO Tiagra製油圧式ディスクブレーキは今やグラベルロードだけではなくeBIKEにも見かけます。
ツーリング系ランドナーeBIKE YAMAHA YPJ-ERにも採用。
アシストパワーが強力なebikeや、ツーリング目的などにもってこいのディスクブレーキですね。
やはりGTとしてはグラベルロードのラフな走りや、こういったバイクパッキング時において荷物を積載した際を想定して油圧ディスクを採用したそうだ。
prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_04
「フリップチップフォーク」
55mmから70mmへフォークオフセットを調整できる機能「フリップチップフォーク」を2020年モデルより採用。
prod189688_Gunmetal - Gloss Black_NE_03sg
サドル Fabric Scoop Radius Sport, steel rails
シートポスト GT Carbon, 27.2x350mm (44-58), 400mm (61)

リム WTB ST i23 TCS 2.0, 28h, tubeless ready
タイヤ WTB Riddler TCS Light, 700 x 37c, tubeless ready

37c幅のタイヤが用意されていますが、最大42mmのクリアランスに対応できます。

(´・ω・`)しかし、いいなあ……ガンメタル系カラーのブラックな海外2020 GT Grade Carbon Elite Bike。
どちらかというと仕様よりも、ブラックカラーでバイクパッキングが出来る点に惹かれてしまった。
GT Grade Carbon Elite Bike (2020)

2019年08月04日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 GT GTR SPORTが最新鋭ディスクロードとして復活!! 前後12mmスルーアクスル&新型フローティングステイ


ci-921767_6g (1)
2020 GT GTR SPORT
おおっ!!! 2020年モデルから 「GT GTS SPORT」が復活している!!!

今回の2020年モデルから、なんとディスクロードとして復活を遂げました!!!
なんどディスクブレーキの外に、GT伝統のトリプルトライアングル フレームを初搭載!!
例の新型フローティングステーを搭載した、ロングライド系ディスクロードとして乗り心地とクッション性を強化しています。

今回のGT GTSは軽量のアルミフレームに、軽量のアルミフレーム、テーパーヘッドチューブ、フルカーボンフォーク、フラットマウントディスクブレーキ、更には前後12mmスルーアクスル!!
(´・ω・`)エントリーモデルながら、完全に流行の仕様になっていますよ。

100000030930-l0few.jpg
2016 GT GTS CLARIS(クラリス)

2016 GT GTS SPORT CLARISを最後に、しばらくロードモデルはGTから登場していなかったのですが。
(´・ω・`)GTはグラベルロードの方に本腰を入れていましたからね。

元々GT GTSって、リーズナブルに(当時販売価格8万程度)楽しめるアルミロードとして、地味に人気があったのですよ。
特にセール時に人気があった。

ただ、今回の新型2020年モデルGTS SPORTは一味違いますよ↓
ci-921767_12g (2)
GT独自のトリプルトライアングルを「2020 GT GTR SPORT」に初搭載!!
シートチューブの外側をシートチューブが伸びていくことで、フレームの強度と剛性を確保しながらタイヤクリアランスを確保。
2本のステーを延長することで、高い衝撃吸収性を発揮。

今までのトリプルトライアングルと言えばシートステーが、シートチューブとトップチューブに溶接される方式でしたが。
(´・ω・`)よくよく見て見ると、エントリーモデルながらシートステーとシートチューブが独立していますね。
これ、2020年モデルGTから採用が始まった「フローティングステイ・トリプルトライアングルフレーム」方式ですよ。
見ての通り、シートステーとシートチューブが全然接触していないという……
エントリーモデルながら、ここまでやってくれたか。
今までのトライアングルフレームは先程説明した通り「強度と剛性」を強化する為にトリプルトライアングルを採用していたわけですが。
この新型トリプルトライアングルフレームは、路面追従性や快適性、クッション性を高めた形状になっています。
ci-921767_9g (2)
フォーク GT Road フルカーボンフォーク、1 1/8 – 1 1/4″ テーパード、フラットディスクマウント、12mm スルーアクスル
リム Alex ATD470、28h front、32h rear、チューブレスレディ
ハブ Formula、(F)12×100、(R)12×142
タイヤ Vittoria Zaffiro、700 x 28c

しかもQR方式ではなく、前後12mmスルーアクスル使用。
まるで一見グラベルロードっぽいが、れっきとしたディスクロード。
(´・ω・`)しかし新型「フローティングステイ」を採用してきたとなると、快適性に関してかなりの期待が持てそうですね。
ci-921767_9g (1)
ハンドル GT DropTune、アルミ
ステム GT、3D鍛造6061アルミ、31.8、7°

シフター Shimano Claris、2×8
ci-921767_12g (1)
ブレーキ Promax Render R 機械式ディスク、160mm ローター
ワイヤー式のメカニカルディスクブレーキで片押し式。
(´・ω・`)やはりリーズナブルなエントリーモデルなので、ディスクブレーキは片押し式ですね。
上位グレードの2020 GT Road Compの場合、 両押し対向ピストン方式のTRP Spyre-Cを採用。

ただ……カラーリングはGT GTR SPORTのブルー系カラーが好きだな。
ci-921767_10a (2)
フレーム GT Road アルミ、スレッドBB、フラットディスクマウント
ci-921767_6g (2)
クランク FSA Tempo、50/34
ボトムブラケット カートリッジ、スクエアテーパー


ci-921767_10a (1)

リアスプロケット Sunrace、11-32、8スピード

フロントディレーラーとリアディレーラーは、クラリススペックだと思うのですが……
(´・ω・`)ちょっと詳細が不明なので、記入は後日。
価格はディスクロード&スルーアクスル仕様なのに107,784円 (税込)とかなり抑え目。
【先行予約受付中】GT ジーティー 2020年モデル GTR SPORT GTRスポーツ 700C[自転車][完成車][先行予約受付中]

ci-921766_6ktu (2)
2020 GT GTR COMP
ブレーキ  TRP Spyre-C 機械式ディスク、160mm ローター

2020 GT GTR COMPはShimano Soraスぺックに、両押し対向ピストン方式のTRP Spyre-Cを採用。
(´・ω・`)両モデル共に、メカニカルディスクブレーキで統一してきたか……
やはり流行のディスクロードモデルを、いち早くGTは用意してきたのでしょう。

GT GTR COMPの方にも、最新の「フローティングステイ・トリプルトライアングルフレーム」方式を採用していますね。
両モデル共に、前後12mmスルーアクスル仕様。
デザインがMASIみたいな米国&イタリアンがミックスしたデザインで通好み??
価格は127,440円 (税込)と、かなり抑え目なのが好印象。
ci-921766_13vdsvfd.jpg
シフター Shimano Sora、2×9
フォーク GT Road フルカーボンフォーク、1 1/8 – 1 1/4″ テーパード、フラットディスクマウント、12mm スルーアクスル
ci-921766_6ktu (1)
フレーム GT Road アルミ、スレッドBB、フラットディスクマウント
ci-921766_8vfd (1)
ci-921766_7kd.jpg
ci-921766_8vfd (2)
ci-921766_10vf (1)
ディレーラー Shimano Sora、フロント 31.8クランプ
クランク FSA Tempo、50/34

ci-921766_10vf (2)
ディレーラー Shimano Sora リア GSケージ
リアスプロケット Sunrace、11-32、9スピード

ci-921766_12r4f.jpg
リム Alex ATD470、28h front、32h rear、チューブレスレディ
タイヤ Vittoria Zaffiro、700 x 28c

(´・ω・`)仕様はともかく、デザイン面でGTがロードモデルに対してここまで頑張ってきたのは初めてかもしれない。
2016年モデル時におけるGT GTS CLARISと比較しても、機能面や仕様面デザイン面においてはるかに力を入れてきている印象ですね。
これからエントリーアルミモデルもディスクの時代か……感慨深い。
にしてもいいなあ……フローティングシートステーになったGT新型ディスクロード。
乗って見たい……
【先行予約受付中】GT ジーティー 2020年モデル GTR COMP GTRコンプ 700C[自転車][完成車][先行予約受付中]

2019年08月02日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 GRADE CARBON EXPERT モデルチェンジにおける主な変更点まとめ

ci-341795_5aef.jpg
2020 GRADE CARBON EXPERT
2015年から続くGTのグラベルロードシリーズ「GRADE 」。
2020年モデルにおいて、大規模&魅惑的なモデルチェンジが行われました。
主な、変更点についてまとめておきます。

(´・ω・`)GTの何が凄いかって、フルカーボンディスクグラベルロード「GRADE CARBON 」を2015年当時から既に世に送り出していた訳です。
現在の状況を、予期していた訳か……
しかもフルカーボンディスクグラベルという、世界初の取り組みをGTはやってのけていた訳ですが。
主な変更ポイントは4つになります↓

2020年GRADE CARBON EXPERT モデルモデルチェンジのポイント
リアバック部に衝撃吸収性を強化した「フローティングステイ」を作用して柔軟性を持たせた。
フォークオフセットを2段階に調整できる「フリップチップフォーク」を採用して多目的性を拡張。
「デュアルファイバーダイナミクス」を継続して採用し、剛性、衝撃吸収性を重視。
マウントを多数用意して、ツーリング時などの積載性も重視。

ci-341795_6a (2)
フローティングステイ……シートステイとシートチューブが分離した、新型トライアングルフレーム
(´・ω・`)ポイントはシートステーとチューブが独立した事により、垂直方向への柔軟性を獲得。
マジで? 
ci-341795_10a (1)
( ;゚ω゚)本当だ!
FELTやラピエールの様な、独立したシートステー形状をしていますね。
トップチューブに直結しているのか……しかも、シートステーの長さも拡張してある。
ふむふむ……しかもシートチューブは、リアホイールの形にそってえぐれた形状。
cc-gt-gradeall105_3cds.jpg
2019 GT GRADE CARBON EXPERT
(´・ω・`)では、前モデルの GT GRADE CARBON EXPERT はどうだったのか、比較してみましょう。
cdscdsdfwe232r.jpg
なるほど……2019年モデルの場合は、シートステーとシートチューブが直結している訳ですね。
つまりこういうことか。
2020年モデルになりGT GRADEシリーズは、最新のフレーム形状をグラベルモデルに取り入れてきたと……
ロングライド時や長時間快適にサドル上で過ごす為の措置ですって。



デュアルファイバーダイナミクスは継続
カーボンシートステーにグラスファイバーのコアを内臓させた「デュアルファイバーダイナミクス」は2020年モデルにも継続して内臓される模様。
①高強度グラスファイバーコアが驚異的な剛性を。
②カーボンによるアウターレイヤーが耐久性と振動吸収性を獲得。

更にはコントロール性の向上も狙える。
(´・ω・`)ただ、シートステーの長さが延長された事により、更にデュアルファイバーダイナミクスの機能性は重要になってくる訳か。
リアバック部分を最新鋭の「フローティングステイ」、更に「デュアルファイバーダイナミクス」の相乗効果も期待できそう。
どんだけ路面の食いつきが変化したのかも気になるな…・…
いえ、グラベル&オールロードでここまで衝撃吸収性を重視してくるモデルも珍しいもので。
ちょっと楽しみ。
ci-341795_15a (1)
「フリップチップフォーク」
55mmから70mmへフォークオフセットを調整できる機能「フリップチップフォーク」を2020年モデルより採用。
(´・ω・`)ポーランドや米国における一部のグラベルモデルもオフセット調整機能を見かけましたが。
GTも採用するのか……
用途によってジオメトリーを調整することで、安定性を高めるか、シャープなハンドリングを得るか選択可能。
要はレース目的にも対応出来るし、長距離走行を目的としたグラベルライドにも対応可能な機能を有しているので多目的性が広がった訳か。

例えば、グラベルレースでは55mm、荷物を積載したバイクパッキングアドベンチャーでは70mmをチョイスできます。
ci-341795_15a (2)
フォーク All-New Grade カーボンフォーク、テーパードカーボンコラム、flip chip アクスル、フェンダー・パニアバッグマウント(11穴)
ブレーキ Shimano 105 油圧ディスク、160mm RT30 ローター
リム WTB ST i23 TCS 2.0、28h、チューブレスレディ
タイヤ WTB Riddler TCS Light、700 x 37c、チューブレスレディ


ボトルやアウトポストカーゴケージをフォーク部に取り付ける為のダボ穴もフォーク部に多数用意。
(´・ω・`)カーボンモデルである「GT GRADE CARBON EXPERT」には、トップチューブ上部、ダウンチューブ上部、シートチューブなどへ用意してある。
トップチューブバッグなどのバッグ類を取り付ける為の機能も強化してある。
アルミモデルにはシートステーにまで、ボトルダボを用意。
この積載性強化は、個人的に嬉しい!!

ツーリング時などに必須のマウントに関しては、相当充実していそうですね。
ci-341795_6a (1)
サドル Fabric Scoop Radius Sport、スチールレール
シートポスト GT カーボン、27.2x350mm

ケーブルに関しては、2020年モデルにおいても外付けのアウター仕様。
インターナルだと、メンテナンス性が悪くなるのであえてアウター仕様を継続した訳だ。
(ダウンチューブ下にケーブルが配置されている)
また、チェーンステーは路面からの衝撃に対応させるために、しなりを持たせたベント形状を採用。
ci-341795_8a (1)
ハンドル All-New GT DropTune Super Light、ダブルバテッド 6061 アルミ、16°フレア
ステム GT、3D鍛造6061、6°ライズ、31.8

ヘッドセット FSA NO. 44、インテグレーテッドシールドベアリング
シフター Shimano 105 油圧ディスク、2×11
2020年モデルから、スペック面でも面白い事になっていまして。
105スペック路線は継続ですが、ブレーキ部に105油圧を新たに採用。
ci-341795_8a (2)
フレーム All New Grade カーボン、EnduRoad Triple Triangle デザイン、フローティングシートステイ、12×142 スルーアクスル、フラットディスクマウント、Di2/ドロッパーシートポスト対応、PF30

ci-341795_10a (2)
ci-341795_13a (1)
クランク FSA Omega Adventure、46/30
ボトムブラケット FSA PressFit 30

2019年モデルにおいては105ノーマルクランク(52/36T)だったのが、2020年モデルになって初めてFSA Omega Adventure(46/30T)を採用。
タイヤサイズが32C➝37Cと一気ボリュームUPしましたが。
ドライブトレインも、よりグラベル色が強いものになっています。
ci-341795_13a (2)
ディレーラー Shimano 105、フロント直付、リアGSケージ
リアスプロケット Shimano 105、11-34、11スピード

(´・ω・`)個人的には競技性や走りにおける柔軟性を強化してきたのは分かりますが。
カーボングラベルモデルとはいえ、積載性を強化してくれたのが嬉しいですね。
いいなあ……グラベルモデルにおける積載性って、世界的にも重要視されていますし。
【先行予約受付中】GT ジーティー 2020年モデル GRADE CARBON EXPERT グレードカーボンエキスパート 700C[自転車][完成車][先行予約受付中]

2019年07月26日 トラックバック(-) コメント(-)