BASSO(バッソ) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BASSO(バッソ)

2020 BASSO ASTRA DISK試乗体験インプレ  推進力に変換するというよりは、スマートに推進力へ変換する能力に長けている

DSCN3143hrt.jpg
2020 BASSO ASTRA
こ、これが新型アストラディスク……
長い間バッソのセカンドグレードに君臨してきたれバイクモデルですが。
遂に2020年モデルよりエアロ&ディスクフレームにフルモデルチェンジした、新型BASSO ASTRAに試乗しました。

凄い……この新型、とことんエアロフレーム形状に進化している……
ボリューム満点だった、旧アストラの面影がないですよ。
エアロレース専用フレームに生まれ変わったらしいのですが、どんな走りになるのか?
アルテグラ仕様で478000円と割とお手頃に買える、アルテグラ仕様エアロロードでもある訳ですが。
DSCN3115csajt.jpg
エントリーカーボンモデルのBASSO LAGUNAなどに試乗してみると分かりますが。
BASSOは結構エントリーグレードでも、それなりの剛性を持たせてくるイタリアンブランドですから。
上位モデルはどういう走りをしてくるのか興味深々で試乗しました。
雨天時でしたが、サーキットが開放されていた時間帯でしたのでサーキットコースにおける試乗データーになります。
DSCN3154nfnf.jpg
フレーム BASSO ASTRA FRAME KIT

2020 BASSO ASTRA試乗体験インプレ

①スルスルしたスマートな加速が魅力
( ;゚ω゚)……あれ? あれ? あれ?
このスルスルした加速感は一体全体……


いえてっきりあのBASSOモデルらしい大剛性を生かして、爆発的に加速するかと思っていたのですが。
スル、スル、スル、スル、スル、スル、スル、スル、スル……永遠にスピードのループ。
踏み込むと実にスマートに、連続した加速が加わります……効率がいいな……
公式にはダウンチューブのネジレ剛性は上位モデルDIAMANTE譲りの剛性感を持ち、ペダリングパワーを瞬時に推進力へと変換……とありますが。効率的に推進力へと変化が正しいですよね。


②脚力をそれ程必要としない
これ効率が良すぎるエアロフレームだ……速度を乗せるのにそれ程脚力を必要としないし、ゼロ加速からサーキット場を巡行するのに一貫した速度に乗せるのが得意。

DSCN3146nhf.jpg
高剛性ではないが、効率良く剛性を発揮するフレーム。
かなり一定のペースで、速度をフレームが供給してくれます。
爆速という訳ではないですが、周回コーススタート時から終了時まで変わらない走りでしたね。
DSCN3151hrrh.jpg
快適性や衝撃吸収性は?
平坦サーキットですから衝撃吸収性は分かりにくかったですが、標準クラス?
すくなくとも縦剛性などが先行した、硬いエアロフレームではありません。
スマートな加速を一定のペースで供給してくる、長距離ランナーみたいなエアロフレーム。

アストラディスクはパワーを瞬時に推進力に変換するというよりは、スマートに推進力へ変換する能力に長けている
(´・ω・`)ある意味エアロフレームとしては、王道路線の走りをしてきます。
FUJI TRANSONIC 1.1はサーキットにおいて速度に乗せるまでが大変だったけど。
2020 BASSO ASTRAディスクは際最初から、速度に乗せるのが得意。


サーキット登り下りでの走りは?
フレーム重量が960gと軽量なだけあって、登りは結構楽が出来たし速度も落ちにくい印象。
下りのスピード感も楽しかったけど、登りが楽だった。
DSCN3148h4.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-R8070
ディスクブレーキは?
油圧アルテグラグレードのお蔭で、雨天時においても確実にスピードコントロールが可能。
巡行時における速度調整や、下りなどで出番が多かった。
サーキットはウェットコンディションだったが、ブレーキ性能などにおいて特に問題無し。

王道路線のエアロロードではあるけど、扱い易い
割と何でもこなせそうなエアロフレームだ。
低速だろうが、高速域だろうが変わらない走りをするエアロフレーム。
スムーズな剛性感と軽量感を最も優先させている。
もちろんレーシングフレームではあるけれど。走りにおいて抵抗感を削っていエアロフレームですね。
乗り手の実力を何番にも増幅するタイプのハイエンドエアロフレームではなく、乗り手の実力に寄り添いサポートしてくるタイプ。
少なくとも剛性一辺倒ではないのは確か。
DSCN3145hy.jpg
新型アストラディスクのエアロフレーム形状は、走りの効率を追求した方向性
DSCN3150hr.jpg
ハンドルバー C-C400MM
ステム BASSO ORIGINAL


DSCN3149nfh.jpg
DSCN3144rhrt (2)
フロントディレーラー  SHIMANO FD-R8000
チェーンホイール SHIMANO FC-R8000 50-34T 170MM
DSCN3155hrt.jpg
BB SHIMANO SM-BB72-41B

DSCN3152nffn.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-R8000
カセット SHIMANO CS-R8000 11-28T
ストレートフォークとリアトライアングルは、ハイエンドモデルDIAMANTE SVの技術を流用。
とはいえ……ハイエンドモデルの様に加速性を高めているというよりは……
長距離での使用の際快適に走る事を重視している印象。
おそらくハイエンドモデルDIAMANTE SVなどは、新型BASSO ASTRAの性能を踏まえ高剛性に仕上がっているんでしょうね。
DSCN3144rhrt (1)
ホイール SHIMANO WH-RS171
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 25C

快適なアルテグラ油圧ディスクブレーキの恩恵もあるだろうけど。
操作系において、負荷が少ない。
スプリント系エアロロードというよりは、一定のペースで疾走可能な巡行を得意とするエアロロードという感がありました。
変に快適性を重視しているわけではなく、どんだけ乗り手の負荷を減らせるかに心を砕いているかのようなエアロロードだった。
特に豪脚ではくても、するする走れてしまうエアロロードなので脚力に自信がない場合でもそれなりの走りをしてしまうのでは?
バッソ ヴァイパー 105 MAVIC KSYRIUM PRO EXALITH (ダークブルー) 2020 BASSO VIPER 105 ロードバイク

2019年12月15日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 BASSO新型カーボンモデルまとめ ディスク化及び、エアロフレーム化に打って出ています


2020年モデルイタリアBASSOカーボンモデルについてですが。
全体的なディスク化及び、エアロフレーム化に打って出ています。
( ;゚ω゚)……ここまで、全体的にモデルチェンジしてくるとは思いませんでしたよ。
しかもリムブレーキ仕様も用意してあって、ディスク一辺倒ではない点もいいですね。


BASSO DIAMANTE SV……ディスク用フレーム登場。リムブレーキ仕様も用意。
2020 BASSO DIAMANTE……ディスク用フレーム&リムブレーキ専用フレームを用意。
BASSO ASTRA……エアロロード化及びディスクフレーム専用フレーム。フレーム&完成車を用意
BASSO VENTA……エアロロード化及び、ディスク&リムブレーキ仕様。フレーム&完成車を用意。

ci-922087_3.jpg
2020 BASSO DIAMANTE SV(ディアマンテSV)
バッソの上位エアロード「ディアマンテSV」。
2020年モデルからディアマンテSVのディスクロード仕様が、販売されるのか。
SUPER VEROCE=超速の異名を持つハイエンドエアロロードですよ。

カムテール形状をダウンチューブ&シートチューブに施した、鋭利なエアロードですね。
BASSOらしい剛性とエアロ性能を両立させた、ディスクロードだ。
なんでも海外では「エアロ形状愛好家」向けに設計され、剣の様に空気を切断する事が可能。
後方乱流はほとんど存在しないディスクロードだそうだ。
ci-922087_4.jpg
カラー DIAMOND SILVER,MARS RED,PHANTOM BLACK,THUNDER BLUE
チュービング 100%3K High Modulus Carbon Monocoque
サイズ 450~610mm
重量 990g(Frame) 400g(Fork) Before paint.


新しいエアロチューブ形状を設計することで通気性を改善。
ストレートブレードフロントフォークを作成することで反応性を高めている。
GF_010-Group-Test-Girona-Basso-Diamante-SV-Test-Reviewds-004-600x400.jpg
Diamante SVは、「3B-BASSO」クランプシステムを導入。
シートポストクランプは、シートチューブに収納され後方から3本のボルトで押して固定。
(ボルトは異なる2サイズになる)
シートクランプには衝撃吸収の為のエラストマーが挟み込まれており、シートポストに伝わる衝撃を吸収するギミックを内臓。
ci-922087_7.jpg
軽量化と剛性を狙ったオートクレーブ処理を施し、ペダリングパワーを瞬時に伝達する強靭なフレーム。
BASSOの上位モデルを見て見ると、実際極端なまでのボリュームがあって圧倒される。
その路線は基本この10年間、継続していますね。
ci-922087_6.jpg
シートチューブにも大胆なカムテール形状を取り入れている。
(´・ω・`)ディスクモデルなのに、あえてシートステー間にブリッジが用意されている?
強度重視を狙ったのだろうか??
ci-922087_5.jpg
BASSO独自の「ロープロファイルステム」を搭載。
薄い形状のステムが特徴。




677A7511_10.jpg
2020 BASSO DIAMANTE(ディアマンテ)

昨年モデルチェンジしたBASSO DIAMANTE。ディスクフレームとリムブレーキフレームを用意。
DIAMANTEは日本製1Kハイモジュラスカーボンを採用し、F1フレーム制作にも使用されるオートクレーブ製法を持ちて制作。
高いねじれ剛性と推進力変換を重視。
ディスクブレーキとリムブレーキ(ダイレクトマウント仕様)に対応したフレームセットが用意されている。

カラー ELECTRIC SKY,NEPTUNE,OPAL WHITE,RUBIN RED,PURPLE LABEL
チュービング 100%1K High Modulus Carbon Monocoque
サイズ 450~610mm(C-T)
重量 990g (Frame) 400g(Fork) Before paint.



ci-922089_4.jpg
(´・ω・`)こうして見て見ると「BASSO DIAMANTE SV」の方がより極端な逆三角形カムテール形状をしているんですね。
BASSO DIAMANTEのエアロ形状および、フレーム材質を強化したのが「BASSO DIAMANTE SV」ととらえていいのか。
ci-922089_5.jpg
ci-922089_7.jpg


ci-922092_7ger.jpg

2020 BASSO ASTRA(アストラ)
( ;゚ω゚)……ん? BASSO ASTRAのフレームが、エアロロード化している!!??
な、なるほど……2020年モデルから満を持してエアロ化……といった感じですね。
アルテグラ R8020完成車に、105 R7020完成車を用意。
ci-922090_5.jpg
カラー ELECTRICSKY,ICE SILVER,PURPLE LAVEL
チュービング 100%3K High Modulus Carbon Monocoque
サイズ 480~610mm(C-T)
重量 960g (Frame) 350g(Fork) Before paint.

ci-922090_4.jpg
しかもBASSO ASTRAはエアロフレーム化しただけではなく、ディスク専用フレームとしても進化している。
リムブレーキモデルは存在しない形になる。
ci-922090_6.jpg
ci-922090_7.jpg


ci-922094_1.jpg

2020 BASSO VENTA DISC(ベンタディスク)
オールラウンドカーボンモデル「BASSO VENTA」もモデルチェンジ!?
一気に2020年モデルから、エアロフレーム化へ。

フレームセットは、リムブレーキ&ディスク専用双方を用意。
105R7000リムブレーキ完成車&R7020ディスク完成車、アルテグラR8000リムブレーキ完成車、R8020ディスク完成車を用意。
コンポーネントに105とアルテグラ別に、ディスク&リムブレーキ完成車が存在する。

カラー SILVER,ANTHRACITE,PURPLE LABEL
チュービング 100%HD High to Intermediate Modulus Carbon Monocoque
サイズ 450~610mm(C-T)
重量 1100g (Frame) 350g(Fork) Before paint.

ci-922094_4.jpg
エントリー系エアロカーボンモデルとして、2020年モデルから勝負に出た模様。
特徴はエントリーモデルながら、カムテール形状を採用しエアロ性能を追求。
コンパクトリア三角形状を取り入れた、最新鋭エアロフレーム形状……(´・ω・`)なんと、エントリーエアロードながらレースでの使用も視野にいれているとか。

エントリーモデルながら上位モデルと同様にオートクレープ製法を取り入れている点にも注目。
ci-922094_15.jpg



ci-910567_1huk.jpg
2020 BASSO PALTA(グラベル用フレーム)

BASSOのグラベル用カーボンフレーム「BASSO PALTA」
42C相当のタイヤを装着可能なクリアランスを持ち、フレームとフロントフォークに多数のボトルケージ用ダボ穴を用意。
シクロクロスとしても使用可能。前後スルーアクスル仕様。
フレーム重量はわずか960gと、シクロクロス&グラベル用フレームとしては1000gアンダーとかなり軽量。
カラー SIENA TERRA,EMERALD GREEN,SPACE BLUE,PURPLE LABEL
チュービング 100%3K High Modulus Carbon Monocoque
サイズ 480~580m(C-T)
重量 960g (Frame) 360g(Fork) Before paint.

バックプレゼント!BASSO バッソ 2020年モデル PALTA パルタ FRAMESET[完成車]

2019年10月10日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 BASSO TERRA GRX600   SHIMANO GRX600を採用しながら、21万円台とリーズナブル

ci-922049_2.jpg
2020 BASSO TERRA GRX600 PETROLEUM
(´・ω・`)イタリアBASSOがSHIMANO GRX600を採用した、新型高級路線クロモリのグラベルロードを出してきましたよ。
フレームに英国REYNOLDS 520チューブ、コンポーネントにSHIMANO GRX600ワンバイ仕様になります。
ロードで言うところの105仕様クロモリロードと言った所ですが。
価格はSHIMANO GRX600を採用しながら、21万円台とかなり抑えているのがポイント。
ci-922049_3.jpg
このPETROLEUM(石油)カラーって、クロモリロードのBASSO VIPER 105に採用されていた人気カラーやん。
石油カラーをグラベルモデルに持ってくるとは……
ところで2020 BASSO TERRAのパーツ構成が興味深かったので、ピックアップしてみました↓

2020 BASSO TERRA GRX600のパーツ構成。
シフター SHIMANO ST-RX600
チェーンホイール SHIMANO FC-RX600-1 40T
ブレーキ  SHIMANO BR-RX400
リアディレーラー  SHIMANO RD-RX812

20190926153510896xsa.jpg
Niner RLT9 ALLOY GRX600
(´・ω・`)おお。
BASSO TERRA GRX600のパーツ構成は、先日試乗したNiner RLT9 ALLOY GRX600と同様のパーツ構成になっています。
ワンバイGRX600系完成車は、シフター&チェーンホイールにGRX600。ディスクブレーキに SHIMANO BR-RX400。
リアディレーラーにSHIMANO RD-RX812。
ワンバイGRX600系完成車は、この路線がメインになっていくんでしょうか??
20190726105606442cda.jpg
2020 FELT BREED30
650B×47Cのロードプラス仕様のグラベルロード、「2020 FELT BREED30」
こちらもGRX600系ワンバイでして、シフター&チェーンホイールにGRX600。リアディレーラーにSHIMANO RD-RX812、ブレーキもBR-RX400という路線です。
(´・ω・`)なるほど……GRX600系ワンバイモデルはしばらく共通してリアディレーラーにRX800系、油圧ディスクにRX400を組み合わせた路線がメインになってくるのかもしれませんね。
20190926153658974cds.jpg
という事はシフターST-RX600の平べったい、ホールド感抜群のグラベル系シフターが「2020 BASSO TERRA」で楽しめる訳で。
多少の荒れ道や振動でも、確実に変速操作が出来ちゃいますぜ?
個人的にはMTBチックなSTIシフターで、イタリアバッソのクロモリを変速操作できる! という事が、ちょっと楽しそうでたまりませんよ。
ci-922049_18.jpg
2020 BASSO TERRA GRX600 SKY_BLUE

BASSO TERRA GRX600の注目点は、やはり価格になってきますね。
きゅうべい様価格で217,800円 (税込)。
GRX600系コンポーネント完成車において、今の所最安の価格設定です。
BASSOって以前から最新のパーツをクロモリフレームにいち早く取り入れて、リーズナブルな価格設定をやってのけるブランドじゃないですか?
その手法をグラベルロードでも、やってのけた訳ですね。しかも、カラーリングもクロモリながら現代風のカラーを取り入れていますね。
例の「石油カラー」を取り入れた「BASSO VIPER 105 」のカラーリングテイスト……たまらん。
こういう遊んだカラーリングを、グラベルロードでもやってくれて嬉しいな。

(´・ω・`)いずれにしても、グラベル用コンポGRX600系をリーズナブルに楽しめる価格設定になっていますね。
ci-922049_17.jpg
ci-922049_16.jpg
ハンドルバー MICROTECH C-C400MM
ステム MICROTECH 90MM Φ26.0
シフトレバー SHIMANO ST-RX600

ci-922049_11.jpg
ci-922049_13.jpg
フレーム&フォーク BASSO TERRA FRAME KIT
スチールフレームメーカーとして定評のあるREYNOLDS社製520チューブを使用。
(´・ω・`)最近グラベルロードになどに好んで採用される強靭なREYNOLDS520クロモリです。
クロモリ系ツーリングモデルにも良く見かけます。
リアにダボ穴も用意されているので、ツーリング的な用途も想定しているんでしょうね。
ci-922049_14.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-RX400
SHIMANO BR-RX400の、かなりきっちり決まる系のブレーキ性能です。
確実な制動力を重視してあるので、悪路での使用にはもってこいですね。
SHIMANO GRXグレードにおいては、エントリー系ですが相当強力な制動力です。

油圧105ディスクブレーキを、強化しているかのような印象を受けた。
制動力がしっかりと強力な上、確実な変速性能を獲得したクロモリグラベルロードなのは間違いない。
ci-922049_12.jpg
ci-922049_19.jpg
ci-922049_5.jpg
ci-922049_4.jpg
ci-922049_6.jpg
チェーンホイール SHIMANO FC-RX600-1 40T 170MM
チェーン  SHIMANO CN-HG601
BB SHIMANO SM-BBR60B0

ci-922049_8.jpg
ci-922049_9.jpg
ci-922049_10.jpg
クロモリフレームに最新のフラットマウント仕様。
(´・ω・`)これは美しい……クロモリフレームに12mmスルーアクスルも取り入れた最新の仕様ですが。
いいですね……

グラベルをMTB代わりに使用する為に、MTBの走破性を持たせたモデルが増えつつありますが。
リアエンドを高強度化する路線になっているとか。
普通にロードプラス採用のシククロスやグラベルモデルが普及してきましたからね。
以前は700×38Cでも、圧倒的なボリュームサイズに見えましたが。
いまでは、物足りなく見えてしまうのが恐ろしい。
ci-922049_20.jpg
ci-922049_15.jpg
リアディレーラー  SHIMANO RD-RX812
フリーホイール SHIMANO CS-M70Q0 11-42T
ホイール SHIMANO WH-RS171
タイヤ PANARACER GRAVEL KING SK 38C

タイヤにはパナレーサーのグラベルキングスキンサイドカラーを、わざわざBASSO TERRAの為に日本向け完成の為に用意。
ci-922049_7.jpg
BASSO バッソ 2020年モデル TERRA テラ GRX600[完成車]

2019年10月07日 トラックバック(-) コメント(-)

2019 BASSO MONZA(モンツァ)  ( ;゚ω゚)ほほう……新型105 R7000系で14万円台か!!

monza_.jpg
2019 BASSO MONZA(モンツァ)
( ;゚ω゚)ほほう……新型105 R7000系で14万円台か!!

毎年、フル105スペックを宿命づけられた、ハイコストパフォーマンスイタリアンロード「BASSO MONZA」
毎年フル105スペックアルミロードとして、最安に近い価格設定が魅力的なんですが。
2019年モデルからSHIMANO R7000 105をほぼフルコンポで搭載していますし、SHIMANOコンプリートホイールも採用。


(´・ω・`)また、フルシマノパーツで固めたBASSO MONZAではありますが、イタリアンロードらしい一面も。
最近BBはアルミモデルにもPF86など圧入式を続々と採用しているモデルが増えていますが。
イタリアンモデルBASSOは、異音やメンテナンス性高さからねじ切り式「BB SHIMANO SM-BBR60」を採用。
ネジ切りBBへ回帰する方向性です。
monza_9.jpg
フォーク BASSO Original Carbon Fork
アルミらしい加速が楽しめる事に加え、手への負荷が少ないアルミロードですね。
フロントフォークで、路面から手への衝撃を抑えていますし。
その上、変速操作も最新鋭の105スぺックで行う事が可能。
5800系の時ですら、軽い変速操作だったので。2019年モデルから、更なる変速操作における負荷が軽減されるはず。

monza_8.jpg
ブレーキ SHIMANO 105
テーパードヘッドチューブの採用などロードバイクに求められるダイレクト感と安定感を備え持つハイパフォーマンスロードバイク。
monza_7.jpg
ホイールセット 通常はSHIMANO WH-RS100
アップチャージでMAVIC KSYRIUM PRO EXALTHに変更可能


wheelupgrade.jpg

シマノ製エントリー&リーズナブルな11速ホイール「SHIMANO WH-RS100」が初めから付いてきます。
アップチャージ76500円(税別)でMAVIC KSYRIUM PRO EXALTHに変更。
とはいえ、14万円台でいきなりエントリーホイールとはいえSHIMANO WH-RS100がついてくるのは、実に美味しい。
この路線は、2020年モデルにも継承してもらいたい。
コストを抑えて、パーツを充実させたいならやっぱりBASSOはお勧め。
monza_or_3.jpg
Tubing Aluminum Special Tubing for BASSO
フレーム内部にトリプルバテッドが施されています。
トリプルバデッドチューブを丁寧に溶接した、スムースウェルディング軽量アルミフレーム。
2019年モデルも、9.3kgをマークしているだけあって、ケーブルはあえてアウター仕様。

(´・ω・`)最近カーボンに酷似した極太アルミフレームモデルが増える中で、BASSO MONZAは軽量性とパーツの充実度を重要視したアルミモデルと言うべきですね。
あとデザインが、特にフラグシップモデルに近づくにつれて華やかな迫力を感じます。
関係ないですが、日本限定で乗り心地を重視したカーボンモデルも送り出しているイタリアンブランド。
割と日本市場を重視している姿勢が伺えます。
GIOSの試乗会などにおいてBASSOの試乗車が用意されている事も多いので、気が向いたら試乗するのもお勧め。
結構、見た目とは裏腹な? 高品質な走りにびっくりしますよ?
monza_or_2.jpg
フォーク BASSO Original Carbon Fork
monza_6.jpg
monza_5.jpg
monza_4.jpg
フロントディレーラー SHIMANO FD-R7000 105
クランクにもSHIMANO 105コンパクトクランクを使用。
14万円台の105完成車で、クランクやブレーキがサードパーティー製で誤魔化していないところが好印象。
monza_or_1.jpg
monza_3.jpg
リアディレーラー SHIMANO R7000 105
クランクセット SHIMANO R7000 105 50-34T
monza_2.jpg
サドル VL1125
monza_1.jpg
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700X25C
重量 9.3KG
適合身長:450mm/155cm~165cm
      480mm/160cm~170cm
      510mm/168cm~178cm
      530mm/175cm~185cm
      560mm/182cm~190cm

(´・ω・`)きちんとした仕様のエントリーモデルが欲しいけど、コストを抑えたい方にお勧め。
更に購入後、それ程パーツを交換しなくていい……というメリットも。

【最大1,200円クーポン+P最大17倍(10/6 0時まで)】2019モデルBASSO(バッソ)MONZA(モンツァ)【ホイール選択可能】ロードバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2018年10月05日 トラックバック(-) コメント(-)

衝撃の石油色!! 2019 BASSO VIPER 105 (ヴァイパー105)  ホイール MAVIC KSYRIUM

ci-916215_1.jpg
2019 BASSO VIPER 105 (ヴァイパー105) ホイール MAVIC KSYRIUM
人気イタリアンクロモリロード「2019 BASSO VIPER」
(´・ω・`)レイノルズ520クロモリを採用した、クロモリモデルでもあるのですが。
2019年モデルから、7000系新型105スペックをフル採用する運びになったそうです。
なんと今回オプションでMAVIC KSYRIUMホイール完成車も用意されているそうな。

衝撃の石油色!!
しかもですよ? 今回から、一気にフレームのカラーデザインまで変更していますね。
このカラーサイズはPETROLEUM(意味は石油)というそうな。
ci-916215_5.jpg
R7000系105に加え、REYNOLDS520パイプ。更に2019年モデルから、ストレートフォークに変更。
(どうやらあの、ベントフォーク路線を大胆に変更したようで9
名クロモリロードながら、最新鋭のコンポーネントを積極採用する姿勢は流石ですね。

(´・ω・`)VIPERはフォークまでフレームと同色になっている点も注目。
……クロモリモデルながら、2019年モデルも最新鋭コンポにこだわっていますよ……
最新鋭パーツが欲しいクロモリファンにはうってつけのモデルだ。
654c812cb238828bb_2.jpg
2019 BASSO VIPER 105 (ヴァイパー105) ホイール SHIMANO WH-RS100

(´・ω・`)こちらは105スペック。 ホイールにSHIMANO WH-RS100 を採用。
シマノコンプリートホィール路線を採用した、稀有なクロモリモデルですね。
シマノ系パーツフル採用路線にこだわる点は、BASSOが日本に上陸してから一貫した伝統になっています。

ちなみにフレームカラーはDARK BLUEになっています。PETROLEUMカラーとの2色展開だ。
ダークブルーにオレンジのロゴであしらってありますね。
長距離走るならPETROLEUMカラー。街乗りなどでも使うなら、DARK BLUEかな。
ci-916215_14.jpg
シフトレバー  SHIMANO ST-R7000
バーテープ BASSO ORIGINAL
ci-916215_8.jpg
ハンドルバー MICROTECH C-C400MM
ステム MICROTECH 90/100/110MM Φ26.0
ヘッドチューブは長め。
ヘッドバッジデザインそのものは、旧モデルの様式を引き継いでいます。
ci-916215_10.jpg
ブレーキ  SHIMANO BR-R7000
ci-916215_3.jpg
フレーム フォーク BASSO VIPER FRAME KIT
サドル VELO VL-1125
BASSO VIPER伝統の「胴抜きペイントデザイン」をあえて放棄して、現代風のデザインに合わせてきたことに衝撃を受けます!
(´・ω・`)一見新型105とか、コンポーネントや軽量さを評価して購入される方も多いですが。
多いんですよ……BASSO VIPERフレームデザインにほれ込んで買われる方が。
コンポーネントのコスパよりもBASSO VIPERのデザインって、売り上げにおいて重要な役割を果たしているんですね。
現代風のデザインを、クロモリフレームに強化してきたんですね。
ci-916215_11.jpg
ci-916215_12.jpg
ci-916215_15.jpg
ホィール SHIMANO WH-RS100/MAVIC KSYRIUM PRO EXALITH
タイヤ  VITTORIA ZAFFIRO 25C
MAVIC KSYRIUM プロエグザリットをBASSO VIPER105スぺックにねえ……
ci-916215_7.jpg
スチールフレームメーカーとして定評のあるREYNOLDS社製520チューブを使用。
(´・ω・`)ツーリングモデルやグラベルロードになどに採用される強靭なREYNOLDS520クロモリ。
それを採用しながら、あえて軽量化にも挑んだクロモリモデルだ。
ロングライドやツーリングでの使用に定評がある。
ci-916215_6.jpg
(´・ω・`)どちらかというと、BASSOは1977年のデザインを踏襲したヴィンテージバイク風のデザインが多かったのですが。
もしかしてかつてのBASSOの、名モデルデザインを引き継いでいたりするのだろうか?
近くで見ると石油色も、なかなかレトロな雰囲気でもある。
やはりレトロと現在のデザインが入り交じったテイストがたまらない。
ci-916215_18.jpg
フロントディレーラー  SHIMANO FD-R7000
ci-916215_17.jpg
チェーンホィール SHIMANO FC-R7000 50-34T 170MM
ci-916215_16.jpg
BB SHIMANO SM-BBR60
ci-916215_9.jpg
シートポスト MICROTECH Φ27.2
ci-916215_19.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-R7000
ci-916215_20.jpg
フリーホィール SHIMANO CS-R7000 11-28T
見ての通り、クロモリフレームに最新スぺックをこれでもか! とぶち込んだのがよく分かります。
(ドイツ市場を相手にしているだけの事はある)
しかも、最新のイタリアンデザインを2019年モデルから楽しめる訳だからちょっとしたもんですね!!
ci-916215_13.jpg
BASSO バッソ 2019年モデル VIPER 105 ヴァイパー105 ホイール:RS-100[完成車]

2018年09月28日 トラックバック(-) コメント(-)