CERVELO サーベロ  スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > CERVELO サーベロ 

2015 CERVELO NEW S2 上位モデルよりも若干フォークを細くし、走行性能を強化

IMG_0867.jpg
2014年に仕様が変更になったエントリーエアロロードCERVELO NEW S2
だと、新105仕様で購入できるんだ。


軽量性と快適性を強化したCERVELO NEW R2のホワイトカラーもいいけど。
剛性を強化したCERVELO NEW S2のこのブルーデザイン
が凄い好み。
(そういえば、剛性を強化しまくったエアロロードって各社なんとなくブルー
カラーが多い気がする)

しかもホイールのEASTON EA70を採用したスペシャル限定仕様。
IMG_0883.jpg
こちらは、更に上位モデルの2015 CERVELO NEW S3
定価50万クラスのアルテグラ仕様CERVELO NEW S3と同様のフレームが、105使用の
CERVELO NEW S2の場合定価42万で手に入るそうな。
しかもNEW S2の場合日本限定仕様ということで、フォークが細くなるそうです。
IMG_0892.jpg
NEW S3のフォーク部分を見て見る。
本当だ。このNEW S3のフォークの方が太いんだ!
CERVELO NEW S2の場合、エアロ性能の他に走行性能を強化して
きた仕様だそう。
特にエアロロードの特徴である、縦方向の硬さをコントロールしている。

最近確かに、どのメーカーのエアロロードも縦方向の硬さを感じにく
いモデルが増えていますよね。
逆に、アルミエアロロードの場合、縦方向の硬さが快感なんだけど。
IMG_0868.jpg
ボトムブラケットBBright PF30から繰り出される剛性&エアロ効
果による、カタパルトの様な爆発的な加速性能……
確かに直線の伸びと、スピードの乗りは申し分なさそうだけど
個人的にどこまで、NEW S3の乗り心地が強化されているか気になる……
各社、エアロロードに関して、衝撃吸収性の強化に力を注いで
いる訳ですし。

IMG_0895.jpg

やっぱりビジュアル的にはともかく、快適性重視のCERVELO NEW R3
の方が、日本の道路事情に対応し易いのだろうか。

(逆にFUJI SSTみたいに、更なるエアロロードにおける剛性強化
に乗り出してしまった場合もあるから、それはそれで面白いけど)
IMG_0872.jpg
ハンドルバー 3T Ergonova
ステム 3T ARX
IMG_0870.jpg
ブレーキ FSA Gossamer Pro
フォーク FK40
IMG_0873.jpg
やっぱり105仕様のブルーカラーいいなあ。
サーヴェロらしくレッドカラーもいいけど。
IMG_0879.jpg
IMG_0874.jpg

ボトムブラケット BBright PF30
IMG_0875.jpg
クランクセット FSA Gossamer BBright 50×34
フロントディレイラー Shimano 105 FD-5800-F Black
IMG_0876.jpg
タイヤ Vittoria Rubino Pro 150 tpi,700×23C
IMG_0877.jpg
リアディレイラー Shimano 105 RD-5800 Black
カセット Shimano 105 5800,11 speed,11-28T
IMG_0871.jpg
CERVELO(サーベロ) NEW S2 105(5800)完成車 特別仕様 【ロードレーサー(ロードバイク)】【ロードバイク】

2014年10月16日 トラックバック(0) コメント(0)

CERVELO S5 TEAM SRAM RED SPECIAL EDTION試乗体験(エアロ性能を体感してしまう)

DSCN0425.jpg

(`・ω・´)bさて、去年は眺めるだけだったサーヴェロS5 TEAMに試乗しました。

とりあえず、スタッフ様から乗る際の注意点を確認して試乗へ。

(試乗体験)
意外に乗り易い!
いや、てっきりクセというかテクニックでもいるのかと思ったら非常
にスムーズに乗りこなせる。

いきなり目的とする速度域に、まるでS5とコミュニケーションを
とったかの様に到達。
しかも、強力な剛性で一気に引っ張った訳でもない、不思議な感覚。

更にまるで乗った後、まるで体力を消耗していない。
極めて剛性が高いでもなく、コンフォート性が高い訳でもない。
とにかく気が付いた事は、ほとんど体力を使わずに目標とする速度
まで持っていって巡航してくれるのだ。

おそらくこの時点で、エアロフレームが強力なエアロ性能を発揮して
いたのであろうと判断。

あくまでビジュアルに引っ張られているせいかも知れないけど、
走行感は「線」の上を走っているかのようだった。
路面を走るというよりはスケートで「滑っている」感じ。
抵抗感の様なものを感じない不気味さを覚えた。

恐らく、同じTT風エアロスペインロードRTS TTR-Xと比較してみると……
あちらは剛性+エアロ性能が融合している。
でもサーヴェロS5はエアロ性能がメインで走っている感じ。

あと乗っていて気付いたことは、とにかく静か。TTバイクみたいだけど
とにかく扱いやすいロードだと思う。

(´・ω・`)……個人的に残念だった点は、長時間試乗できなかったという事。
短時間とはいえ、とにかく体力の消費が少なかったのは良く覚えている。

乗り易さから、疲労を軽減するコンフォートロードがあるけど、
サーヴェロS5 TEAMの場合は、エアロ効果などから抵抗を抑え込み
体力の消費と疲労を抑えてくれると思う。
DSCN0423.jpg
SRAM REDシフターがかっこいい。
乗り終えた後、スタッフの方がおっしゃるには
「やっぱり横風が吹くと、フレームがもっていかれそうになる」との事。
やはり気象条件に左右されるモデルなのかも。
DSCN0419.jpg
DSCN0416.jpg
本格的なエアロ効果を実感出来るロードだと思う。
もし長時間乗った場合、露骨にその効果を確認出来るんだろうなあ。
DSCN0415.jpg
DSCN0416.jpg
DSCN0417.jpg
DSCN0422.jpg
DSCN0420.jpg
DSCN0418.jpg
大パワーの推進力で引っ張られるというよりは、静かにその速度域に
連れていかれる。
まるで抵抗感がないのは、極限まで追求したエアロ形状のおかげかと。
DSCN0421.jpg
CERVELO(サーベロ) 2018年モデル S5 Sram RED eTAP ロードバイク ROAD サーヴェロ

2012年11月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2013 cervelo S5 VWD  ( ;゚ω゚)……エアロフレーム内は空洞??

DSCN7267.jpg
超軽量エアロロードCervelo S5 VWDかあ。

( ;゚ω゚)……いや、特に紹介するつもりはなかったのですが。Cervelo S5の
試乗記事を読んでいたらついつい面白かったのでメモ代わりに。
好きなんですよね。軽量エアロロードを体感している分、最近モデルが出ると
ついついチェックしてしまうというか。


エアロフレームなのに単体で1000gを切るって、やばいですね。
BB付近の剛性(BBright)を高めたとか、フレーム内は空洞とか色々言われて
いますが、
手元にあるカタログは、快適性と登板力の高さを必死に強調しているのですよ。

価格は、フレームセットだけで70万越え。デュラエース仕様でなんと84万。
ふぇ、一体どこまでフレームとタイヤのクリアランスを狭めれば気が済むのだ
ろう。
うーん、リアフレーキも完全にシートステーに隠れているし。

通常の「S5」は試乗モデルがサイクルモードフェスタに使用されたみたい
ですが。S5 VWDは500g程度軽いんでしたよね?
どのレビュー記事も「加速」「すいすい加速」というレビューが目立ち面白かった。
気が向いたら、試乗してみようかな。
高速巡航を維持する能力と、変態的な加速力で一気にトップスピードまで
もっていく加速力。
スタンダードなS5ですらこうだからS5 VWDはどうなんだろう?


DSCN7270.jpg
Fork Cervelo Aero UltraLight
Headset FSA IS-3
DSCN7269.jpg
Crankset Rotor 3D+BBright
Bottom Bracket Rotor BBright

DSCN7277.jpg
Seatpost Cervelo Aero(2position)


関係ないけどCerveloのTTモデルにエントリークラスのホイールを
履かせただけでも、脅威的な加速力を得らるとか。
それだけ、Cerveloのエアロフレームにおける完成度がスバ抜けていると
言う事か。
【ロードバイク】【送料無料】cervelo (サーベロ) 2013年モデル S5 VWD Shimano Dura-Ace (S...

2012年10月29日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 CerveloP5 TRI DURA-Di2 油圧ブレーキMagura RT8を採用

2990010058413_1.jpg
( ;゚ω゚) うわ! 全然ケーブルが見えませんよ!
サーベロの新型モンスターTTバイクCervelo P5なんですが……

どの辺にバッテリーが隠れているんでしょうね?
まさかケーブルだけでなく、バッテリーまで収納されているとは……

BBも剛性重視のPress Fit 30。
クランクもエアロなRotor 3D+ BBright Aero (53/39)
メインのコンポはDura-Ace Di2

(;゚ω゚ )何が恐ろしいかって……ケーブルだけでなく、ブレーキまで内蔵
してしまったという事ですよ。
普通TTのブレーキは、一番空力抵抗が受けないポイントに取り付けられる
パターンが多いけど。
このP5は油圧ブレーキMagura RT8を採用しちゃったおかげで、ブレーキを
内蔵させる事に成功しています。
油圧ケーブルのおかげで、ありえない場所にブレーキを設置することが可能に
なったのでしょう。

油圧ブレーキといえば、MTBがおなじみですけど……とうとうロードも油圧
ブレーキが採用される時代になったんですね。
と、言う事は……相当強力なブレーキが可能になるのかな。

(´・ω・`)……油圧といえば、トン単位の大型機械をコントロールする為のシス
テムではないですか……
と言う事は、あくまで空想ですがその内ブレーキすら油圧で、自動化もしく
は……電動化したりして。
しかもブレーキのパワーも、フルオートでコントロールとか。
もしそうなったら、どんどん人間の出る幕が減っていきますね。
その内、勝手にバイクが無人で走りだしたりして。


ちなみにホイールはVision Team30 
タイヤはVittoria Rubino Pro Slick

何気に衝撃吸収性や、快適性も強化されているモデルだというから絶句。
ダウンチューブのデザインワークに心を弾ませる方は、私だけではないはず。
( ;゚ω゚)……美しいなあ……

CerveloP5 TRI DURA-Di22012モデル完成車

2012年03月18日 トラックバック(0) コメント(0)

2012 cervelo S5 Team(サーベロ S5) ただひたすら、だらだらエアロフレームを眺めてみる。

img_7521_400.jpg
(´・ω・`)……これがあの空力抵抗萌えなcervelo S5 Team。
積層カーボンを500枚! も重ね合わせた、走るクロワッサン。
いえ、パイシートみたいなものですが?
考えただけで、気が遠くなりそうです。

TTバイクじゃなくて、ロードバイクというのだから面白いですね。
こうして、前後のホイールを観ているとかなりきつきつに取り付けて
あるのが分かります。
しかも、空力抵抗を考慮しつつも、更に電動コンポ―ネントDi2にも
対応しているという。
あと気になる事といえば、なんかヘッドチューブが異様に長いですね。
現在流行の上下異径ヘッドとはまた違う、流れなのも興味深い。




img_7526_400.jpg

全然ホイールとフレームの間のクリアランスがないじゃないですか!
凄い技術ですね。
更にこのブレード状のフレームもフレーム内に空間があるというの
ですから。
もはや、バイクというよりも航空機ではないですか。

凄い。まるで空気が入り込む隙間がないじゃないですか?
でも、ダウンチューブのえぐれた形状をしていないのがこれまた
凄い。

img_7527_400.jpg
やはりケーブル類は、内蔵させていますね。
電動コンポ―ネントDi2にも対応していると、ありますけど。
はは。
凄すぎて、笑うしかありません。

img_7535_400.jpg
BB付近はボリュームがありますけど、あまり肉厚にならない
様にしてあるそうです。
上から見るとカーボンの塊みたいですが……

img_7543.jpg
BB付近も、空洞の部分が多い模様。
凄い技術ですね。

img_7542_400.jpg
ボトルの空力抵抗を減らす為に、わざとフラットになっています。


img_7538_400.jpg
へー、BBやケーブルにまで空力抵抗を減らす為の考慮がされているんで
すね。

img_7544_400.jpg
ブレーキキャリパー周辺の空気の流れまで計算。
って……とことん空気が敵ですね。
img_7549_400.jpg
あ、本当にチェーンステーは左右非対称&エアロ形状。
まるで翼。宮崎アニメにでも出てきそうな感じ。

img_7550_400.jpg
左チェーンステー下にバッテリー台座があるのです。
img_7531.jpg
右側のチェーンステーは、かなりの太さ。
ここまで、径が違うものですか……
img_7533.jpg
img_7529_400.jpg



(´・ω・`)……こういうフレームを観ていると、ついついあの
「のりりん」3巻のUCI規定の話を思い出してしまうのですが。
真実はともかく、鬼頭先生らしいストーリー萌え。

2011年08月06日 トラックバック(0) コメント(0)