スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2016年08月

2017 BIANCHI MINIVELO8 DROP レトロツーリングモデルテイストでありながら、街乗りに使えるアルミミニベロ


imgrc0065907981.jpg
imgrc0065907978 (1)
2017 BIANCHI MINIVELO8 DROP レッド

2017年モデルに関してMINIVELO10 DROPの方は、CAMPAGNOLO採用したり
コロンバス製クロモリになったりしたけど。
MINIVELO8 DROPの方は、アルミフレーム路線を継続するのか。

とはいえ、2017年モデルビアンキカラーリングが今までとは一風
変わったテイストですね。
英国とイタリアがミックスしたかのような、上品なレッドカラーか。
でも、カラーリングだけ見ていると、なんだかクロモリフレームに
見えてきてしまう不思議。
imgrc0065907979.jpg
imgrc0065907980.jpg
2017 BIANCHI MINIVELO8 DROP ネイビー

このネイビーカラーを見て、ちょっと驚いた。
かつてのミニベロ9フラットの様に、かつてイタリアで販売されていた
レトロビアンキモデルの色を参考にしたと思わせるカラーリング。
これ、仕様うんぬんというよりも、カラーリングで欲しくなる一台。
imgrc0065907971.jpg
2017 BIANCHI MINIVELO8 DROP メタリックグリーン


MINIVELO8 DROPのバーテープにも麻系の外観を持ったアイ
テムを採用している。
アルミながら、クロモリフレームの外観を再現する為に細身の
フレームにこだわっています。

更に、ブレーキにTEKTRO 992AGカンチブレーキ、クランクにPROWHEEL 
を採用し、現代のパーツでクラシカルなデザインを再現。
更にWレバー変速機構。
うーん。今まで以上に、アルミ系ミニベロに見えなくなっていません??
imgrc0065907970.jpg
imgrc0065907969vs.jpg
麻糸バーテープに、Wレバー、カンチブレーキを有する
シルエット。
それにあえてメタリックなグリーンにするというカラーセンスが
面白い。
imgrc0065907968.jpg
imgrc0065907967.jpg
imgrc0065907966.jpg
フォーク スチール
ブレーキ TEKTRO 992AG
imgrc0065907965.jpg
フォーク スチール
タイヤ Kenda K-193 20x1-1/8"
imgrc0065907964.jpg
シフター シマノ SL-R400 Wレバー

MINIVELO8 DROPの場合はシマノ製Wレバー変速になる。
imgrc0065907963.jpg
MINIVELO8 DROPはアルミフレームだけど、クロモリのMINIVELO10 DROP
と比べて、多少は重量が軽いのかな?
(そうえいば、思ったよりMINIVELO10 DROPはふらつきが少なく、走りが安
定していた。やっぱりその辺のフレーム設計も、ミニベロの弱点をカバーす
る為にしっかり対策を打っているんですね)
imgrc0065907962.jpg
クランク PROWHEEL  52/42T
フロント&リアディレーラー Shimano CLARIS
カセット シマノ HG50 8S  13/26T
変速 16段変速
imgrc0065907961 (1)
この鋲打ちサドルいいな。どこのだろう??
このタイプは、今回の2017年モデルから初めてみるタイプ
かもしれない。
MINIVELO10 DROPは英国ブルックスだったけど。
なるほど……サドルデザインも凝っていますね。
(単品で売っているなら、ちょっと欲しいな)
imgrc0065907960.jpg
泥除けに、カンチブレーキ。
やっぱりアルミフレームなので、急な雨でも多少安心して乗れるかな。
【2017モデル】BIANCHI(ビアンキ)MINIVELO8 DROP(ミニベロ8ドロップ)小径自転車【送料プランB】

2016年08月02日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 BIANCHI BERGAMO(ビアンキ ベルガモ) 街乗り&サイクリングに使える、美麗ビアンキクラシカルクロモリロードといえばこれだろう


imgrc0065901827.jpg
2017 BIANCHI BERGAMO(ビアンキ ベルガモ)


このクラリスクロモリのBERGAMOの名称は、イタリアビアンキストア
1号店がオープンした街の名称であり、Bianchi本社の近くでもある。

エントリー系クロモリとはいえ、ラグクロモリだしクラシカルテイスト
に凝ったこのモデルに、昔を懐かしんだBERGAMOという名称をつけたのかな。

いずれにしてもエントリー系クロモリロードとはいえ、ビアンキがここまで
気合の入ったモデルを出してくれて密かに嬉しいんですけど。

問い合わせが多いのも、納得。
imgrc0065901823.jpg
ブレーキレバー DIA COMPE DC-204N
バーテープに麻系の外観を持ったアイテムを採用。
先日試乗したMINIVELO 10 DropBar Campagnoloのバーテープ
も同じバーテープだった。
imgrc0065901826.jpg
imgrc0065901812.jpg
ブレーキ DIA COMPE GRAN COMPE GC610
ブレーキ系パーツもダイアコンペ(Dia Compe )製を積極採用して
いますね。
センタープルブレーキ?
1950年台にロードに採用されていたブレーキパーツか。
引きはキャリパーブレーキより重そうだけど、味がありますね。
imgrc0065901824.jpg
imgrc0065901825.jpg
スレッドステムにゴールドのケーブルか。
基本的にシルバー系パーツで統一してあります。
imgrc0065901822.jpg
フォーク クロモリ
ラグを配したクロモリフレーム
imgrc0065901820.jpg
imgrc0065901819.jpg
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700C X 25C
imgrc0065901821.jpg
シフター SHIMANO L-R400ダブルレバー

SORA グレードの直付けWレバー
変速機まで、レトロ路線か。
imgrc0065901818.jpg
フレーム クロモリラグフレーム
imgrc0065901817.jpg
ヘッド周りの、チェレステカラーに塗装されたラグがいいな。
imgrc0065901816.jpg
かつてのSTI変速機構が特徴だった、クロモリモデル「IMOLA」
とは真逆の路線ですね。
10万円台という低価格ながら、限界までクラシカル路線に挑んでいる。
やはり未だにレバー変速系パーツを製造してくれるシマノ系パーツと
ダイアコンペパーツをフル採用すれば、現在でもここまでやれるのか。
低価格なのに、凝りに凝っているな……

このビアンキのロゴも、何かしら由来があるに違いない。
imgrc0065901815.jpg
フロント&リアディレーラー SHIMANO CLARIS
クランクSHIMANO CLARIS 46/34T
カセットSHIMANO 11/32T

imgrc0065901814.jpg
imgrc0065901813.jpg
サドル BROOKS B-17 STANDARD

なんと英国ブルックルサドルを採用!!!
街乗りや週末サイクリングで使える、クラシカル車体に特化したビアンキクロモリ
モデルということで、チェックされる方が多いそうな。
【2017モデル】BERGAMO(ベルガモ)BIANCHI(ビアンキ)クロモリラグドロードバイク【送料プランB】

2016年08月01日 トラックバック(0) コメント(4)