スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2017年10月

【速報】RENAULT Carbon6登場!! TORAY T700カーボンフレームを採用した約6.7kgの超々軽量フルカーボンフォールディングモデル!!



carbon6-02_570-390vf (1)
RENAULT Carbon6

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル なっ、なぁにぃいぃいぃいぃいぃいぃいいいいぃぃ!!
ルノーウルトラライトシリーズに、フルカーボンモデルモデルが登場っ!!!??

重量は圧倒的な超々軽量約6.7kgっつ!!!????
11285-02cds.jpg
( ;゚ω゚)……えーっと、ちょっと待ってくださいよ??
先日公表されたばかりの、超々軽量アルミモデルPLATINUM LIGHT6ですら6.8kgですぜ???


新型フルカーボンのRENAULT Carbon6は、更に100g軽いなんと6.7kgをマーク!!!
実質2018年モデルウルトラライトシリーズにおける、最軽量モデルがRENAULT Carbon6という事になるのか……
carbon6-03_570-390vd (1)
RENAULT Carbon6の折り畳みサイズは600×310×660mm
通常のULTRA LIGHT 7のサイズは690×590×330mm

横がコンパクトになった分、高さが通常のウルトラライトより高くなったか。
あと幅も310mmとよりコンパクトになっていますね。
(´・ω・`)ウルトラライト7よりコンパクトで、更に軽量……。
いずれにしても、フルカーボンですがルノーらしくシングルスピードにこだわってくれて、ちょっと嬉しい。
carbon6-03_570-390vd (2)
RENAULT Carbon6のハンドルステムの高さ調節機能は排除。
その代わり、アルミ鍛造一体式ジョイントで接合部を強化している模様。
あとスタンドも重量を稼ぐ為に付属していないそうだ。

( ;゚ω゚)……フルカーボン14インチシングルのフォールディングモデルって、どんな走行性能なんだ??
いや、これはカーボンフレームの走行性能も気になるけど。
モバイルバイクとしての折り畳んだ際の持ち運びやすさなどを、追及した上でのカーボン化かもしれない。


カーボンフレームで衝撃吸収性を確保した14インチホイール系ミニベロって、個人的に未知の世界だ。
カーボンフレームにはあのSAVANEと同じく、炭素繊維 TORAY T700カーボンフレームを採用。
最近フルカーボンフォールディングモデル「SAVANE」のOEMが、このRENAULT Carbon6なのか??
BICYCLE NAME:RENAULT Carbon6
NUMBER/COLOR/JAN:11287-01 / Black / JAN:456237338 1675
Frame:Corbon fiber
Folding Size:600×310×660mm
Component:炭素繊維 TORAY T700カーボンフレーム,アルミ鍛造一体式ジョイント,
アルミ鍛造一体式ステム,4ベアリング,Single Speed
Weight:約6.7kg(本体重量:ペダル、スタンドを除く)

TIRE:14×1.35
Chainwheel :45T
Freewheel:9T

20160325101419baeyrhyt.jpg
(´・ω・`)ストライダさんが、18インチフルカーボンで「 STRIDA C1」というのを出していたじゃないですか?
とうとう、フォールディングモデルもフルカーボン化の波が一気にやってきたという事ですか。
RENAULT(ルノー) Carbon6 14インチ カーボンフレーム 折りたたみ自転車 6.7kg (カーボン6 C140)

2017年10月31日 トラックバック(0) コメント(0)

ARAYA SWALLOW PROMENADE GENTS PRM 限定オプションセット  英国ブランドBROOKS CAMBIUM(ブルックス カンビウム)のサドルがオプションで付いてくる!


cc-263014_3.jpg
cc-263014_4.jpg
ARAYA SWALLOW PROMENADE GENTS PRM 限定オプションセット

アラヤ スワロー・プロムナードに、限定オプションセットが出てきました。
(´・ω・`)興味深い事にBROOKS CAMBIUM(ブルックス カンビウム)のサドルがオプションで付いてくるんですよね。
天然ゴムとオーガニックコットンからなる、オーガニックコットンキャンバスで構成された、英国エコサドル。
ブランドは英国ですがBROOKS CAMBIUMは「MADE IN ITALY」。
ハンモックのような構造をしてるので、振動と衝撃を吸収しつつ ライディング時の快適性はレザーサドルの様。
加硫処理されたコットンは防水加工されているので、汚れや雨にも強い。

ツバメ自転車に、英国系パーツを採用することでよりスタイリッシュなプロムナードに仕上がったかと。
スタイリッシュに乗れる、普段着用バイクですね。
しかもクランクにスギノ、リアディレーラーにシマノ、パナソニック製タイヤなど、国内系パーツブランドも積極採用している点も注目。
DSCN8703vs.jpg
BROOKS CAMBIUM(参考画像)
レザーの代わりに天然ゴムと生地で代用するという試みですか、防水処理を耐久性を強化しているので雨天時にも強い。
エコな英国BROOKSサドルですが、デザイン的にも引き立ちそうです。


更にはキャリアダボのないロードにも設置可能なキャリア「ADEPT ロードリアラック」も付いてくる。
天板の幅が狭いので、バイクのデザインを損ねる事なく使用出来るリアラック。
通常のキャリアだと天板幅があるので、デザインを損ねる事がありますが。
ADEPT ロードリアラックなら、逆にバイクが引き立つキャリアーデザインですよ。
キャリアデザインにも心を砕いているオプションという事が分かります。

しかもグリップにはしかもグリップには、上質な仕上がりの本革積層ロックオングリップ「GIZA HBG151レザー 」ですよ。
以上の3点が付いた、デザイン的にも期待感が持てる限定セットなのでは?
cc-263014_2.jpg
cc-263014_1.jpg
cc-263014_10.jpg

ARAYAブランドのテーマの中で、日本の自転車の歴史と潜在する要求から誕生したスワロー・プロムナード。
(´・ω・`)今回は、デザートカーキーとスチールグレーを用意。
ママチャリの様な乗りやすさの中にも、スポーツ車の基本設計を埋め込み、スポルティフやランドナーにも通ずるクラフトマンシップが楽しめる。

駐めるときは? 普段使い様に、二本足にスワンレッグスタンドを用意。
駐輪時に安定するので、リアキャリアーなどの荷物を載せ降りしやすい。

夜乗る時は? 自動点灯するダイナモライトを装備。普段使い用に徹している。

雨が降ってきたら? 路面の水をはねてズボンやスカートのすそ、靴などを汚さないように泥除けを用意。
通勤時などにおいても、スーツを汚さない様に設計されている。
片道10km程度なら、スーツのまま自転車に乗ってもOK。


cc-263014_6.jpg
ハンドルバー LEADTEC LCH-6838 プロムナードバー 500mm Ø25.4
ステム ARAYA オリジナル クラシックステム 110mm
シフター MicroShift SL-A08 サムシフター 8speed

(´・ω・`)クロモリフレームにサムシフターか。
これは変速機もフレームも、通常のクロスバイクと比べてもかなり堅牢ですね。

チェーンホイール SUGINO IMPEL-50EX 44T×170mm アルミギヤガード付 SWALLOW レーザーロゴ
リアディレーラー SHIMANO ALTUS スマートケージ
ギア SHIMANO CS-HG200-8 12-32T 8speed

cc-263014_8.jpg
フレーム オールクロモリ STDサイズ ダブルバテッド カットラグフレーム
フォーク クロモリ ロストワックス フォーククラウン 1”スレッド

刻印・マーキングされた伝統のツバメロゴ。
1946年に誕生したツバメ自転車のロゴを参考にしてデザイン。
cc-263014_7.jpg
ライト S-100 砲弾型センサーライト コード内蔵
SHIMANO BR-R353 ミニVブレーキ

cc-263014_5.jpg
cc-263014_9.jpg
リム ARAYA TX-733 700C シルバー 32H
タイヤ PANARACER 700×32C PASELA F/V

《在庫あり》ARAYA アラヤ 2019年モデル SWALLOW PROMENADE GENTS スワロープロムナードジェンツ PRM [完成車]

2017年10月30日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 GIOS AERO LITE ULTEGRA (ホイール RS-010) ジオス70周年記念カラーリング「MOSAIC COLOR」



cc-gios-aerodi210_18.jpg
2018 GIOS AERO LITE ULTEGRA (ホイール:RS-010)

注)画像は2018 GIOS AERO LITE ULTEGRA R8000 COSMIC PRO CARBON 仕様です。


これがジオス70周年記念カラーリング「MOSAIC COLOR」
まさかエアロライトに新色が追加されるとは思わなかった。
もちろんジオスブルーの展開もありますが。

2018年モデルのエアロライトは、継続して東レ「HIGH MODULUS 30T UNIDIRECTION CARBON MONOCOQUE」を採用。
重量はフレーム900g、フォーク380gとハイエンドモデルさながらに軽量。
新型アルテグラR8000系にシマノRS-010仕様の場合、282,744円 (税込)とかなり価格を抑えています。
cc-gios-aerodi281_2fr.jpg
2018 GIOS AERO LITE DISC
もしかして、2018年モデルにおけるエアロライトってちょっとした変革期??
フラットマウント規格ディスクブレーキを搭載した事により、エアロライトがダウンヒルやコーナー時でも安定した制動力を発揮出来るようにパワーUP。
下りの安定性が高いエアロライトの性能をディスクブレーキ化で更に強化したとも言える。
(´・ω・`)ただAERO LITE DISCの場合、フレーム1100g フォーク380gですが。
通常の非ディスクAERO LITE の場合、フレーム900g、フォーク380gと重量面で200gのアドバンテージがあります。

上りなどでは、やはり通常の非ディスクAERO LITEの方が重量が軽量なので分があるかな?
cc-gios-aerodi210_1.jpg
注)画像は2018 GIOS AERO LITE ULTEGRA R8000 COSMIC PRO CARBON 仕様です。

R8000 COSMIC PRO CARBON SLの場合カタログだと 公式478000円(税抜き)
(´・ω・`)旧エアロライトの場合カーボンホイールを使用すると、縦剛性を生かしながら驚異的な速度の伸びを見せてくれた……
あの加速的な速度の伸びはたまらなかったな……
cc-gios-aerodi210_17.jpg
cc-gios-aerodi210_3.jpg
ハンドルバー GIOS ORIGINAL φ31.8
ステム GIOS ORIGINAL 90/100/110/120mm

シフトレバーSHIMANO ST-R8000
cc-gios-aerodi210_15.jpg
(´・ω・`)「MOSAIC COLOR」って、ある意味ブラックエアロライトでもあるんですね。
ブラックエアロライトを待ち望んでいた方にとっては、たまらないカラーリングなのでは?
以前から、トルナードやグレスなどにブラック系カーボンカラーを採用していたけど。
エアロライトにブラック系って、初の試みではないですか?
cc-gios-aerodi210_7.jpg
ヘッドパーツ FSA NO 44E 1-1/8" 1-1/4"
cc-gios-aerodi210_5.jpg
フォーク GIOS ORIGINAL CARBON FORK
cc-gios-aerodi210_6.jpg
cc-gios-aerodi210_8.jpg
ワイヤーはシフトワイヤー・ブレーキワイヤーともに内装式。
cc-gios-aerodi210_9.jpg
cc-gios-aerodi210_10.jpg
フロントディレーラー SHIMANO FD-R8000
チェーンホイール SHIMANO FC-R8000 50/34 L170mm
チェーン CN-HG701

cc-gios-aerodi210_16.jpg
B.B. PARTS SHIMANO SM-BBR60 (BSA)
BBはBSA規格で、ねじ切り仕様。
整備性・耐久性が優れており、、信頼性から根強い人気があります。

cc-gios-aerodi210_11.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-R8000
フレーム形状はエアロフレームですがリアブレーキはBB下のダイレクトマウントではなく、ノーマルキャリパーにしシートステー上に配するなど、整備性を重視。
(´・ω・`)初代エアロライトもエアロ効果が強烈だったけど、同じくキャリパーブレーキをシートステー状に配置。

より強力なブレーキ性能を欲するなら、フラットマウント規格ディスクブレーキを搭載した「GIOS AERO LITE DISC」を選択するという手もある。
cc-gios-aerodi210_14.jpg
サドル GIOS SELLE ITALIA SL
シートポスト GIOS ORIGINAL AERO POST

cc-gios-aerodi210_12.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-R8000 SS
フリーホイール SHIMANO CS-R8000 (11-28T)

GIOS ジオス 2019年モデル AERO LITE エアロライト ULTEGRA アルテグラ ホイール:RS-100 [完成車]

2017年10月29日 トラックバック(0) コメント(0)

モバイルバイクの勢いが止まらない!!!  DAHON史上最軽量を誇るダホンダブプラスに、新色コスミックブルー登場!!。そして、パナソニックトレンクルが待望の復活へ!!



imgrc0068560468.jpg
DAHON DOVE PLUS (ダホン ダブプラス) 新色「コスミックブルー」
6.97kg!! DAHON史上最軽量を誇るダホン ダブプラスに新色が追加した模様。

( ;゚ω゚)……つまり早速新色追加ということは、ジオスのベストセラークロスバイクモデル「ミストラル」並みにダブプラスが売れているということか。
あ、当たったなあ……
14インチ&6kg台フォールディングモデル(モバイルバイク)の勢いが止まりませんよ。

imgrc0068560469.jpg
入荷数量がわずかの台数限定販売になるそうです。
コスミックブルー……フレームは艶消しの深いブルーのカラー。
それに馴染むようロゴはライトブルーをメインに使用。
シルバーのパーツカラーとともに高級感ある上品な仕上げとなっています。


軽量化に関しては鬼の様に徹底しているモデル。
グリップはスポンジだし、各パーツも
新しく採用となったSuper Lightシートポストは従来のアルミポストと比較して約160gの軽量化。
擦り傷がつきにくい表面加工も施される。
imgrc0068560470.jpg
7万円台ダホンモデルでコンパクトにコインロッカー、電車などへの持ち込みをしたいならやっぱりこれですね。
(´・ω・`)14インチホイールながらダホンブランドということもあり、ダブプラスの走行性能に関しても、結構期待しているんですよ。
imgrc0068343105fg.jpg
DAHON DOVE PLUS オブシディアンブラック
imgrc0068343108v.jpg
DAHON DOVE PLUS プレミアムゴールド
定番の「オブシディアンブラック」「プレミアムゴールド」。そして新色「コスミックブルー」が加わり現在3色展開。
(´・ω・`)あ、そうか。
ダホンは14インチ6kg台モバイルバイクに関して、カラーリング面でも多彩な展開を試みている訳か。
【P最大13倍(10/27 12:00-10/30 0時)】【2018限定カラー:コスミックブルー】DAHON(ダホン)DOVE PLUS(ダブプラス)折り畳み・フォールディングバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】


img63262818.jpg
PANASONIC(パナソニック) トレンクル PEHT423

更に追加情報!!
元祖14インチ&6kg台チタン系フォールディングモデル、パナソニックトレンクルが待望の復活ですよ。
( ;゚ω゚)……遂に、パナソニックまでモバイルバイクのジャンルに再度参入してきたか!!!

なんでも必要パーツの入手が困難になり、しばらく生産中止となっていたそうですが。
今回新しいパーツを採用して、新たに登場しました。
可能な限り、チタンパーツやコーティングを投入していますよ?
img63262817.jpg
ブレーキ・クランク・チェーンに変更を加え、より高い品質にトレンクルを仕上げてきたそうな。
新型スギノRD軽量クランクに加えて……。
( ;゚ω゚)……更にはチタンシャフト採用の軽量デュアルピポットブレーキ、窒化チタンコーティングを施したKMC X10SL軽量チェーンを採用だと?
パーツ面に至るまでチタンにこだわっているのか。

重量は従来通り6.9Kgと超軽量。
パナソニックも14インチ&6kg台のモバイルバイクのジャンルに、再度力を入れ始めてきましたね。
【P最大13倍(10/27 12:00-10/30 0時)】TRAINCLEトレンクル(B-PEHT423)PANASONICパナソニック【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2017年10月28日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 Khodaa Bloom FARNA SL2-CAMPAGNOLO CHORUS (コーダーブルーム ファーナSL2 カンパニョーロコーラス) 遂にコーダーブルームが最新鋭アルミモデルを市場に投入!!



ci-623843_1.jpg
2018 Khodaa Bloom FARNA SL2-CAMPAGNOLO CHORUS (コーダーブルーム ファーナSL2 カンパニョーロコーラス)

Khodaa Bloomの軽量アルミロードFARNA SLから、新型 FARNA SL2が出たんですね。

( ;゚ω゚)……しかも新型 FARNA SL2って、通常のシマノ系コンポの他に、カンパニョーロ完成車が用意してあるのか。
しかもステムやシートポストがDeda? ホイールにシャマルミレ?
なんでコーダーブルームがここまで積極的にイタリアンパーツを??
ビアンキとかラレーが最近カンパニョーロ完成車を出してはいるけど。
まさか、国内ブランドのコーバーブルームまで……
ci-623843_13.jpg
スローピングフレームに、コンパクトなリア三角??
とうとうコーダーブルームが、最新のアルミフレーム形状にこだわってきたと推測……おおおっ……
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル……ダウンチューブがまるで極太カーボンフレームみたいに、凄い事になっている……
リアルに最新鋭アルミフレームを、コーダーブルームは投入してきたか!!
201512121538041efcea2.jpg
Khodaa Bloom Farna SL Ultegra

路面からの衝撃が、FARNA SLと比べて新型 FARNA SL2は大分緩和されたそうな。
基本的にFARNA SLって路面追従性が高いアルミモデルでして。
その上でアルミ剛性を生かして、一気に軽く加速するパワーがある。
しかしながら、確かに衝撃吸収性などに関しては若干厳しい面があった。
(いや、それでも巡行やロングライドに強いし、アルミにしてはかなり頑張っている方ですけどね)
ci-623843_2.jpg
最近の他社最新鋭アルミモデルって、衝撃吸収性に関してはカーボンモデルを圧倒するモデルもあるから。
それに対抗して、衝撃吸収性を考慮した新型 FARNA SL2を市場に投入してきたのかな?
リア三角がコンパクトになったことで、反応が高くなった点なども注目。

( ;゚ω゚)……しかし、なんというハイエンドなアルミ完成車なんでしょう??
アルミ最強を目指しているコーダブルームに、謎の勢いを感じる。
ci-623843_6.jpg
シフター Campagnolo CHORUS UltraShift,11s Ergopower Shifting Levers
ci-623843_20.jpg
ハンドル Deda RHM02
ステム Deda ZERO2

ci-623843_5.jpg
ブレーキ Campagnolo CHORUS SKELTON Brakes
ci-623843_4.jpg
( ;゚ω゚)……シルバーをあしらった、ブレード状カーボンフォークがカッコいい……
これはいままでにないテイストではないですか?
ci-623843_3.jpg
ホイール Campagnolo SHAMAL MILLE C17,Clincher
タイヤ VITTORIA RUBINO PRO SPEED,700×25C
ci-623843_15.jpg
フレーム AL6011
うおっ……ダウンチューブが極太だわ、シートステーは細いわ。
これは、相当やるぞ……
(´・ω・`)でもコーダブルームが、スローピング系フレームを採用してくるなんて予想外だった。
ci-623843_7.jpg
BB Campagnolo Ultra Torque OS-FitインテグレーテッドCups,86.5×41
ci-623843_9.jpg
フロントディレーラー Campagnolo CHORUS
ci-623843_8.jpg
クランク Campagnolo CHORUS Ultra-Torque Carbon
ci-623843_16.jpg
ci-623843_10.jpg
リアディレーラー Campagnolo CHORUS 11s,Short Cage
ci-623843_12.jpg
カセット Campagnolo CHORUS 11s,11-27T
ci-623843_18.jpg
シートポスト Deda SUPER ZERO2 カーボン,Φ27.2,350mm
ci-623843_19.jpg
サドル FI'zi:k ARIONE Black
Khodaa Bloom コーダブルーム 2019年モデル FARNA SL2 CHORUS ファーナSL2コーラス CAMPAGNOLO[完成車]

2017年10月27日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 TERN LINK N8 (ターン リンクN8) カーボンバトンホイールで、一気に高速仕様にカスタマイズするとこうなるのか……



cc-tern-link-n18_6.jpg
2018 TERN LINK N8 (ターン リンクN8)

日本で誕生した街乗り系フォールディングモデルLink N8。
TERN VERGE N8と同様に、LINK N8 もリアディレーラーに新型Shimano Claris(RD-R2000 8spd)採用ですよ。
それに合わせてマットブラック/ブラックカラーを用意。

Verge(ヴァージュ)シリーズはパワフルなスポーツ系ですが、Link N8はやはり街乗り系。
でもカスタマイズ次第で、長距離用にもつかえるんだから面白い。
旅&街乗り系ミニベロでしたが、カスタム次第で一気にスポーツモデル化させることも可能。
dqfcwe1.jpg
Matte Gunmetal/Yellow Custom
(´・ω・`)街乗り系Link N8、を一気に高速仕様にカスタマイズするとこうなるのか……
まさかカーボンバトンホイールが、ここまでLink N8に似合うとは。

フラットからブルホーンバーに変更することで様々なポジションをとることができ、長距離走行時の疲労を軽減。
いざとなればバンド式の台座を使用し2×9の18速仕様も可能だけど。
あえて、フロントシングルにしたままというのも面白い。
DSCN9792cds (2)
DSCN9792cds (1)
また、純正アクセサリーの中でも人気のトローリーラックを、Link N8へ装着するのもお勧め。
スーツケースの様にLink N8を転がすことが出来、街中での走行不可の道や輪行時の負担軽減にも活躍。
DSCN9792cds (1)
(´・ω・`)バニアバッグも装着して、ちょっとした旅仕様にも。
休日用、タウンバイク、ツーリング&長距離、運搬など拡張性の高さに、心惹かれますね。
ある意味なんでもこなせてしまう万能性を有している。
DSCN9788cds.jpg
アクセサリーのトローリーラックは、折り畳んだ後において見ての通り機動力を発揮。
cc-tern-link-n18_13.jpg

560mmのハンドルバーと350mmのハンドルポストを搭載しよりスポーティに。
日本人の体格に合わせたセッティングが魅力。
Shimano Altus SL-M310 shifter 8spd.

ベーシックコンポーネントでもあるAltusシフターで、リアディレーラークラリスを変速操作。
(´・ω・`)やはり現在のLink N8は、グリップシフター時代よりはスポーティーになっていますね。
cc-tern-link-n18_14.jpg
cc-tern-link-n18_15.jpg
フォーク Integrated, hi-tensile steel
Schwalbe Kojak, 406, 20×1.35 F/V& Doublewall Rim

グリップ性を発揮する「スピードグリップコンパウンド」と対パンクベルト「レースガード」を採用。
タイヤサイズ「20×1.60」時代の頃よりは、タイヤは転がり抵抗が少ない幅になっている。

また、強度に優れたダブルウォールリムは、よりスポーティな走行感を提供。
cc-tern-link-n18_16.jpg
cc-tern-link-n18_12.jpg
シートポスト SuperOversize, 6061-Al, micro-adjust clamp
cc-tern-link-n18_11.jpg
フレーム Aluminum, OCL joint
cc-tern-link-n18_17.jpg
cc-tern-link-n18_18.jpg
クランク Cold-forged 6061 aluminum, 52T
cc-tern-link-n18_20.jpg
キックスタンド Deluxe center stand, 250mm / black
cc-tern-link-n18_19.jpg
Shimano Claris, RD-R2000, 8spd.
Shimano, CS-HG41, 11-32T, 8spd.

(´・ω・`)リアディレイラーは最新のクラリスR2000系を採用。
cc-tern-link-n18_7.jpg
マットグレー/ピンク
cc-tern-link-n18_8.jpg
マットグレー/イエロー
cc-tern-link-n18_9.jpg
マットグレー/ライトブルー
cc-tern-link-n18_10.jpg
フォールディングサイズ W79×H72×D38cm

(´・ω・`)マットブラック/ブラックと、ブラック/レッドカラーの人気が今回高いそうだ。
てっきりマットブラックに人気が集中しているとばかり思っていたけど。レッドも人気が出ていたとは。
img61478928.jpg
トロリーラックには簡易輪行カバーが付属されているため、カバーで折り畳んだ自転車を隠す事も可能。
(´・ω・`)実は輪行袋が最初から用意されている、ラックシステムなんですよね。
トロリーラックが別売りなのが、ちょっぴり惜しい。
《在庫あり》TERN ターン 2019年モデル LINK N8 リンクN8 [完成車]《P》

2017年10月26日 トラックバック(0) コメント(0)

ヤマハから新型e-MTB 「YPJ-XC」がサイクルモードで参考出展! 一気に新型4機種も展示車を用意!

header.jpg
Photo:YPJ-XC(参考出展車)
Yamaha イベント情報より

電動アシスト自転車の新たな価値を創出する「YPJ」シリーズの新提案。第44回東京モーターショーに出展した「YPJ-MTB Concept」をベースに、最新のパワーユニット「PW-X」を搭載し、より市販モデルに近づけたマウンテンバイク「YPJ-XC」。加えて、欧州で定評のあるパワーユニット「PW-SE」を搭載し、YPJシリーズにさらなる大容量バッテリーとパワーを与えたクロスオーバーロードバイク「YPJ-ER」、フラットバーロードバイク「YPJ-EC」、トレッキングバイク「YPJ-TC」の4モデルを出展します。

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル なにこれ、すごい。
とうとうヤマハから新型E-bikeが一気に4機種もお披露目されるんだ……
先日発売されたばかりのパナソニック電動アシストMTB「XM1」に続き、ヤマハまでe-MTBを準備していたとは……
20160216100945ed9htr (1)
2016021610091836fsxacds.jpg
201602161009371a3ht.jpg
ヤマハ電動アシストMTB YPJ-MTB CONCEPT 埼玉サイクルエキスポ2016展示車
(´・ω・`)2016年2月に「展示してあった「YPJ-MTB CONCEPT」が「YPJ-XC」のベースになっているのね。
この時の展示車はホワイトばベースカラーだった。
↓                                            ↓
photo_ypj-xc.jpg
Photo:YPJ-XC(参考出展車)
(´・ω・`)ざっと見、フレーム形状は試作機「YPJ-MTB CONCEPT」を引き継いでいる様だ。
フレームカラーはシルバーを採用している模様。
New-2017-Yamaha-PW-X-System.jpg
Yamaha PW-X eBike System 2017
最新のパワーユニット「PW-X」を、新型e-MTB YPJ-XCへ一気に採用してきたということか。

なんでも最新Yamaha PW-X eBikeシステムの容量は、前世代よりも13%少なくなったそうだ。
ヤマハはモーターユニットのサイズをダウンさせるだけでなく、より軽量な素材を使用して軽量化することも成功。
Yamaha-Electric-Bike-PWX-2017.png
この新型モーターユニットは従来よりも速く、より多くのトルクをアシストすることが出来る。
ライドモードは、エコ+、エコ、スタンダード、ハイ&エクストラパワー。
トルクは、トップエンドだけでなく、全レンジでさらに強力になった。

(´・ω・`)ただし。これは海外の場合だから、日本国内ではどういうアシスト設定かバッテリー容量になるか現段階では不明。
サイクルモードのお披露目時に新型モーターユニット「Yamaha PW-X eBike」全貌が明かされるんでしょうね。




100000047143-l3.jpg
2018 YPJ-R 700C
欧州で定評のあるパワーユニット「PW-SE」を搭載し、YPJシリーズにさらなる大容量バッテリーとパワーを与えたクロスオーバーロードバイク「YPJ-ER」、フラットバーロードバイク「YPJ-EC」、トレッキングバイク「YPJ-TC」の4モデルを出展します。
 
( ゚Д゚) ……。
な、何???
YPJ-Rに、大容量バッテリーとパワーを与えたクロスオーバーロードバイク「YPJ-ER」が出るの???
YPJ-R念願のバッテリー大容量化が、遂に叶う訳か。
すげー。
しかも「クロスオーバーロードバイク」という名称だから、グラベルロードみたいに「YPJ-R」の走破性を重視した新型なんだろうか?
今流行の、シクロクロスモデルやグラベルロードの様な新型e-bikeだとしたら、興奮ですね!
100000041253-l3.jpg
2017 YPJ-C→YPJ-EC
フラットバーロードバイク「YPJ-C」も大容量バッテリーとパワーを与えた「YPJ-EC」という形でバージョンUPになるの??
・゚・(ノД`;)・゚・ フラットバーロードの新型まで用意してくれるとは……
question-mark-1376773633jUs.jpg
トレッキングバイク「YPJ-TC」
( ;゚ω゚)トレッキングバイクということは……泥除け、スタンド、キャリアを装備した、街乗り仕様のYPJ?
参考出店ということは、後日なんらかの形で流通するのだろうか?
案外日本向けではなく、トレッキングバイクの人気が高いEU向け戦略モデルだったりして。

多分サイクルモードヤマハ展示ブースの反応を見て、商品化するかどうか判断するかもしれませんね。
参考出展4モデルの試乗は出来ないそうですが。

CYCLE MODE international2017では、新感覚のロードバイク「YPJ-R」、クロスバイク「YPJ-C」の市販モデル体感試乗会を開催しているそうだ。
ヤマハ YPJ-XC YAMAHA ヤマハ YPJ-XC マウンテンバイク 電動アシスト自転車

2017年10月25日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 LAPIERRE XELIUS SL500 MC ホイールはSHIMANO RS10へ変更になった模様。

ci-624748_20.jpg
2018 LAPIERRE XELIUS SL500 MC

超山岳級を制した究極のバイク。万能の天才、オールラウンドレーサーゼリウス。
剛性、軽量性、快適性、そしてオールラウンド性を異常なレベルで高めまくったモデルですね。
剛性、重量の理想的なバランスにより高い凡庸性山岳性能を誇るモデルですが、2018年モデルXELIUS SL500 MCのコンポは継続して105仕様。
ホイールはMAVIC AKSIUM(2017年モデル)→SHIMANO RS10(2018年モデル)へ変更になった模様。
フレームとフォークは上位XELIUS SL600 FDJ MCと同様の、XELIUS SL frame & fork。
105スペック仕様の手に入り易い価格で、特級の万能性能が楽しめる仕様になっています。
ci-624748_12.jpg
3Dチューブラーテクノロジー
トップチューブにシートステーを直接接合することで、軽量化とともに高い快適性を実現。
ショックアブソーバーを搭載し衝撃吸収性能を稼いでいるパルシウム。
ゼリウスの場合はこの3Dチューブラーテクノロジーコンディションで、衝撃吸収性を稼いでいる。
実際悪路でも速度が逃げない上に、推進力を維持してしまう恐ろしいシステムですよ。

石畳を高速で滑空する走行能力は、エアロロードよりもこのゼリウスの方が圧倒的な走行性能を発揮してくれますね!
(´;ω;`)……見た目は大人しいですが。マジでこのゼリウスが、路面を高速で滑るように滑空していく感覚は、相当凄まじいですよ?
ci-624748_19.jpg
シフター SHIMANO 105 ST-5800 2x11-SPEED
FIZIK ANTARES

2016年モデルは8.3kgと軽量モデルでありながら、推進力がかなり高目。
なのに、コンフォートで扱いやすい。
剛性と快適性を高めた上で、両立した走行性能を獲得。
ci-624748_10.jpg
ハンドルバー LAPIERRE HB-CR12 400mm (46サイズ) / 420mm (49, 52, 55サイズ)
ステム LAPIERRE AS-LP 2- 7°31.8mm 90mm (46, 49サイズ) / 100mm (52サイズ) / 110mm (55サイズ)

ci-624748_8.jpg
ダイレクトマウントブレーキ対応フォーク
エアロダイナミクスとストッピングパワーを両立するためにダイレクトマウントブレーキを併用
ci-624748_7.jpg
フロントブレーキ BR-5810 FRONT DIRECTMOUNT
ci-624748_9.jpg
ホイールセット SHIMANO RS10

ci-624748_18.jpg
ci-624748_11.jpg
パワーボックステクノロジー
ペダリングパワーをロスなく路面に伝える為の形状設計。

ci-624748_17.jpg
BB SHIMANO SM-BB7141B PRESSFIT
ci-624748_5.jpg
トラップドアテクノロジー
Di2バッテリーの装着位置が下がりさらなる低重心化を実現
ci-624748_13.jpg
フロントディレーラー SHIMANO 105 FD-5801F
クランクセット SHIMANO 105 FC-5800-L 52x36
リアディレーラー SHIMANO 105 RD-5800GS 11-SPEED
スプロケット SHIMANO 105 CS-5800 11-SPEED 11-28T


ci-624748_16.jpg
インターナルルーティング&インテグレーテッドシートポスト
シートポスト LAPIERRE SP-3D1 Ø: 27.2mm L: 350mm

フレーム内部はインナーワイヤーの通る内臓システムを併用
フレーム形状に一体化したシートクランプデザイン
ci-624748_15.jpg
ci-624748_14.jpg
タイヤ CONTINENTAL ULTRA SPORT 2 700X25c
普段は遠乗りで快適性を楽しみつつ、いざとなればレースに投入して勝利出来るモデル。
快適性は、下手なコンフォート系ロードよりも上回っているし。
剛性や滑る様な高速性も、その辺のレーシング系ロードを圧倒出来る性能を有しています。
高速&エアロ性能の「エアコード」、衝撃吸収性に特化した「パルシウム」などがありますけど。
ありとあらゆる局面に対応出来るロードは、この「ゼリウス」ですね。
LAPIERRE ラピエール 2017年モデル XELIUS SL Ultimate フレームセット ゼリウスSL アルティメットフレームセット 35900

2017年10月24日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 LAPIERRE PULSIUM500 (ラピエール パルシウム 500)  新型ショックアブソーバーSAT(ショックアブソプションテクノロジー)version2を装備


ci-216437_6.jpg
2018 LAPIERRE PULSIUM500 (ラピエール パルシウム 500)
(´・ω・`)悪路を高速で走破する為のフランス ラピエールモデル パルシウム。
重量を犠牲とすることなく、高い快適性と高速性を得意とするエンデュランスロードです。
ロードバイクながらMTBの様に、リアにショックアブソーバーを搭載した特殊なロードな訳ですが。
ci-216437_14.jpg
SAT version2
今回の2018年モデルはショックアブソーバーである、SAT(ショックアブソプションテクノロジー)version2を装備することで更に衝撃吸収性を向上。
(´・ω・`)ショックアブソーバーの性能も更新されていたとは知らなかった。

トップチューブ後部を、3ピース構造から1ピース構造にすることでパーツ構成がシンプルとなり、さらに衝撃吸収性も向上。
見事にトップチューブからシートステーの流れが直結している。

では、旧パルシウムのトップチューブ後部と、ショックアブソーバー部を観察してみると↓
20141112102612213bgf.jpg
20141112102607a70bgf.jpg
2015 LAPIERRE PULSIUM
(´・ω・`)見ての通り旧パルシウムは、衝撃吸収を担うラバーパーツを2つのパーツでカバーした3ピース構造。
なんとなくMTBの技術をロードに流用した雰囲気。
とはいえ、旧パルシウムもショック&衝撃コントロールが極めて優秀でした。
荒れ道を舗装路の様に変化させてしまう特殊な走行性能は、パルシウムならでは。

DSCN4458fervfd.jpg
DSCN4462cwdsgssgfvd.jpg
2017 LAPIERRE XELIUS SL 500 MCP
(´・ω・`)これはコンフォートレーシングロードモデルのゼリウスですが。
やはり今回の2018新型パルシウムは、ゼリウスのフレーム形状の影響をうけています。
ゼリウスのトップチューブ後部はシートチューブに触れる事なく、シートステーが伸びた形状をしていて、振動を軽減させる構造に。

このゼリウスが有する3Dチューブラーテクノロジーだけでも、驚異的な衝撃吸収能力があるんですけどね。
コンディションの悪い路面も、滑かな路面に激変してしまうという。
その上で、今回の2018年新型パルシウムはショックアブソーバーまで搭載しているんですから。
どんだけ、衝撃吸収性を強化したんだろう……

ci-216437_7.jpg
2018 LAPIERRE PULSIUM500 (ラピエール パルシウム 500)
更に今回の新型パルシウムはダウンチューブ&チェーンステーのパイプ形状を、さらに大口径化することで剛性をアップ。
新たにパワーボックスゾーンを見直すことで衝撃吸収性もさらにアップしたそうな。

(´・ω・`)要するに、悪路や荒れた路面を舗装路の様な走行感に変化させてしまう性能が、パルシムの特徴な訳だけど。
更に、剛性面でもバージョンUPした訳か。でもグラベルロードとはまた性能が異なる点がパルシウムの面白い所。

ちなみにグラベルロードは、悪路を「走破」するのが目的だけど。
パルシウムは悪路を、どこまでも快適かつ高速に疾走するのが目的のロードですね。

ま、悪路を走破する能力はグラベルロードの方が圧倒的に上だけど。
悪路(コンディションの悪い路面)を、高速&滑らかに疾走する能力は間違いなくパルシウムの方が上。
ある意味パルシウムで走破できない路面が出てきたら、グラベルロードの出番ということになる。
ci-216437_8.jpg
ci-216437_9.jpg
サドル FIZIK Aliante
ci-216437_10.jpg
ci-216437_11.jpg
(´・ω・`)あれ? 今回の新型はストレートフォーク形状に進化している。
反応性、操作性を重視したか。
2014111210261073cgr.jpg
旧 LAPIERRE PULSIUM フォーク部
旧パルシウムは、フォーク部が独特のベント形状だったんですよね。
このフォークで衝撃吸収性を稼ぐ形状でしたが。
そうか……若干新型パルシウムはレーシーな性能に進化したということか?
ci-216437_12.jpg
ci-216437_13.jpg
NEW PULSIUM SAT frame & fork (full carbon)
ci-216437_15.jpg
ci-216437_16.jpg
ドライブトレイン Shimano 105 50/34 - 11/32
(´・ω・`)確かにダウンチューブとチェーンステーがボリュームUPしている。
でも、旧パルシウムも確か実車はmそれなりチェーンステーもダウンチューブも極太だった記憶がある。
もう十二分に旧パルシウムも完成度が高い走りを見せてくれたけど。
どんだけ、剛性がパワーUPしたか楽しみだ。
ci-216437_19.jpg
(´・ω・`)おおおっ、リアホイールに従ってBB部がエアロな形状に……
これは今までになかった形状ですね。
ci-216437_20.jpg
ホイール Shimano RS010
タイヤ Continental Ultra Sport 2 SL 700x25

ci-216437_17.jpg
(´・ω・`)やはり、今回の新型パルシウムはレーシング性能のバージョンUPを重視している印象を受けます
メーカー在庫処分 PULSIUM パルシウムアルチFDJ フレームセット《S》|qbei メーカー在庫処分 PULSIUM パルシウムアルチFDJ フレームセット《S》|qbei|01 全1枚 大きな画像を見る メーカー在庫処分 PULSIUM パルシウムアルチFDJ フレームセット《S》

2017年10月23日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 CENTURION HYPERDRIVE 4000  (´・ω・`)ここまでハイエンドなアルミディスクロードって、大変貴重

0a5bcd29c7b595b50_2.jpg
2018 CENTURION HYPERDRIVE 4000
(´・ω・`)ここまでハイエンドなアルミディスクロードって、貴重ですね。
ドイツセンチュリオンの、油圧ディスク&アルテグラスペックアルミモデルHYPERDRIVE 4000ですよ。

いままでの15mmフロントスルーアクスル&135mmエンド路線は継続の模様。
アルミフレームとはいえ、アルミを思わせない乗り心地の良さが持ち味。
ドイツロードらしく、巡行性能を高めまくったアルミフレームですね。
0a5bcd29c7b595b50_3.jpg
センチュリオンの義兄弟メリダにも、油圧105&アルミディスクモデル「MERIDA SCULTURA DISC 700」というモデルがあるんですが。
油圧アルミディスクモデルに関して、弟分メリダはアルテグラスペックを用意していないんですよ。

あえて油圧アルミディスクのハイエンドモデルは、センチュリオンがこの「HYPERDRIVE 4000」という形で担当。
(´・ω・`)こういうハイエンドアルミディスクモデルを見ると、なんとなくメリダの兄貴分センチュリオンって感じがしません?
0a5bcd29c7b595b50_5.jpg
(´・ω・`)これは6061アルミフレームながら、カーボンモデルの様にボリュームの強弱がついています。
やはりエアロロードすらアルミモデルにしてしまう、メリダのアルミ成型技術やラインを投入しているのは間違いない。
だからこそ、これだけの機能美を重視したアルミフレームを用意してくる訳で。

とはいえドイツセンチュリオンだから、反応の良さ、快適性、軽量性を全てクリアー。
センチュリオンなりのテイストも存分に発揮されています。

ヒルクライムやレーシングモデルという訳ではなく、あくまでドイツロードらしく長距離用。
その上で、ハイスペックなパーツやコンポを採用している点がセンチュリオンらしい。
0a5bcd29c7b595b50_4.jpg
0a5bcd29c7b595b50_7.jpg
機械変速&油圧ディスクブレーキ仕様ST-R8020
新型アルテグラ8000系油圧ディスク。
0a5bcd29c7b595b50_8.jpg
ヘッド ゼロスタック テーパーヘッド
0a5bcd29c7b595b50_17.jpg
フォーク ギガドライブ ディスク カーボンフォーク カーボンテーパーコラム 15mmスルーアクスル
0a5bcd29c7b595b50_6.jpg
ブレーキ SIMANO BR-RS765 SM-RT64 160mmローター
タイヤ CONTINENTAL グランプリ S 4000 2 700×25C
シクロクロスやグラベルロードではなく、あくまでロードディスクモデルなのでブロックタイヤではないですね。
700×25Cサイズの「CONTINENTAL グランプリ S 4000 2」 を採用。

(´・ω・`)やはりドイツセンチュリオンということで、高級ドイツ製レーシングクリンチャー、グランプリシリーズを採用。
低い転がり抵抗、グリップ、耐久性などを持ち合わせている。

タイヤを太くすれば、グラベルロードとしても楽しめる。
0a5bcd29c7b595b50_16.jpg
フロントは15mmスルーアクスル。
15mmと、QRより車軸のシャフトが太い分、剛性面でのアドバンテージに期待。
またコーナリングの安定性も獲得。
0a5bcd29c7b595b50_10.jpg
フレーム ハイパードライブ ディスク6061 バテッドアルミフレーム
0a5bcd29c7b595b50_9.jpg
0a5bcd29c7b595b50_13.jpg
新型アルテグラ FD-R8000 機械式フロントディレーラーを採用
0a5bcd29c7b595b50_12.jpg
プレスフィットタイプ BBシェル(シェル幅 86.5mm)
クランク SHIMANO アルテグラ、R-8000、50/34T
ドライブトレインは新型アルテグラR-8000系を採用。
あくまでレーシングモデルではなく、長距離&ツーリング用ということで50/34Tですね。
0a5bcd29c7b595b50_14.jpg
リアディレーラー RD-R8000
0a5bcd29c7b595b50_15.jpg
ロングライド用という事で、長いシートステーのしなりを利用して衝撃吸収性能を高めています。
しかもディスクブレーキの特性を生かして、シートステーのブリッジが存在しないのもポイント。
ブリッジが無い分、更に快適性が高まっています。

(´・ω・`)この角度から見ると、アルミフレームながらまるでカーボンの様な流れを見せているのが良く分かる。
余談ですがセンチュリオンは以前から、宇宙産業用の高品質なカーボン素材をいち早く採用していたドイツの名ブランドな訳ですが。
その技術の流れをメリダが引き継いだからこそ、ここまでメリダが発展したともいえるのでは。
《在庫あり》CENTURION センチュリオン 2018年モデル HYPERDRIVE 4000 ハイパードライブ4000

2017年10月22日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 TERN VERGE N8 遂に新型Shimano Claris(RD-R2000 8spd)仕様に!

imgrc0068346222.jpg
2018 TERN VERGE N8 Pale Gold/Silver (White)
2018年モデルターンは、なかなか手に入りにくい状況だそうで。
(´・ω・`)2017年モデル頃までは割と手に入り易かったけど。
むむ……。
2016年TERN VERGEモデルとかを、格安で買えたオーナー様は凄く幸運かもしれませんぜ?

それはそうと、日本人向けTERN VERGE N8モデルが遂に新型Shimano Claris仕様になったんですね。
リアディレーラー部がやたら精悍になった印象。
確かに日本人向けハンドルに設定してくれたおかげて、実に乗り易いモデルではあるけど。
やはり快速&スピード系VERGE フレームを採用しているモデルなので、リーズナブルだけどれっきとしたスピードミニベロでもある。

fseaq.jpg
(カスタム例)2018 TERN VERGE N8 Pale Gold/Silver (White) Custom
だからVERGE N8を、こんなドロップハンドル仕様にしても普通にOKなんだろうな。
(´・ω・`)フロントダブル化してあるのか。
しかもカーボンバトンホイールを装着すると、いきなり高速ミニベロモードに。
2018 VERGEシリーズには、ドロップハンドルモデルが存在しないのでこんなカスタムも楽しいでしょうね。
imgrc0068346217.jpg
2018 TERN VERGE N8 Matte Light Blue/White (Gray)
imgrc0068346210.jpg
Flat bar, 560mm + Physis QR, 350mm/12°
日本人向けに560mmのハンドルバーと350mmのハンドルポストを搭載。日本人の体格に合わせたハンドルを用意することで、逆にスポーティーな走行性能をフルに発揮できる様になった。
(´・ω・`)ブロンプトンもそうだけど、やっぱりハンドルって大事なんですね。
imgrc0068346215.jpg
Shimano Altus SL-M310 shifter 8spd.
MTB系コンポーネントでもあるAltusを搭載。スポーツバイクビギナーの方にも使いやすく、中短距離のスポーツ走行を楽しむのに最適。
(´・ω・`) Altus SL-M310シフターで、新型Shimano Claris(RD-R2000 8spd)を変速操作する事になる。
imgrc0068346214.jpg
フレーム  Hydroformed aluminum, OCL joint
imgrc0068346213.jpg
フォーク Integrated, Hi-tensile steel
フロントホイール Mini, aluminum, doublewall, QR, 74mm, 20H / all black
タイヤ Schwalbe Kojak, 406, 20×1.35 F/V

imgrc0068346212.jpg
Front Derailleur Mount
標準ではフロントシングル。ただ台座が用意されているのでカスタム例の様に、後付けでフロントダブルに変更が可能。
imgrc0068346211.jpg
クランク Cold-forged 6061 aluminum, 52T
カセット Shimano, CS-HG41, 11-32T, 8spd.
リアディレーラー Shimano Claris, RD-R2000 8spd

imgrc0068346209.jpg
imgrc0066214636.jpg
2018 TERN VERGE N8 Pale Gold/Silver (White) Dark Green/White (Gold)
折り畳みサイズ W79×H72×D38cm
imgrc0068346224.jpg
2018 TERN VERGE N8 Matte Black/Black (Red)
(´・ω・`)オールブラックのVERGE N8……これはヤバいですね。
スプロケットやマグネット位しか、シルバーな部分がない……
20170920Vektron_00_384.jpg
( ;゚ω゚)……それはそうと、ターン初の電動アシストモデル「Vektron」の展示車が、試乗会でお披露目されているらしい……
うわ……一目でいいから見て見たい……
20170920Vektron_01_424.jpg
「Bosch eBike Systems」最新シリーズ
なんでも10km/hまで200%のアシストを行い、その後24km/hに向けて直線的にアシストを斬減し、24km/hに達した時点でアシストが解除される設定なんですって。
(´・ω・`)きちんと日本向けのアシスト設定になっているんですね。
にしてもVektron気になるな……
もう乗られた方とかいらっしゃるんだろうか。
【P最大10倍+クーポン(10/23 10時まで)】TERN(ターン)VERGE N8(ヴァージュN8)2018モデル折り畳み・フォールディングバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2017年10月21日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 GIOS FELUCA PISTA  ピストフレームデザインを楽しめるシングルスピードミニベロモデルとして、実に貴重な一台。

imgrc0068381271.jpg
2018 GIOS FELUCA PISTA
ピストフレームミニベロのFELUCA PISTAが2018年モデルも登場。
SHIMANO ティアグラ搭載の20速モデル「PANTO」を、ユニークな トラックハブ規格のフレームにしたモデルですよ。
(´・ω・`)最近シングルスピード系のミニベロとか、人気が高くなりしたね。
街乗りでも使えるのはもちろんだし、クロモリフレーム×451ホイールのGIOS FELUCA PISTAならロングライドもこなせそうな仕様ではないですか?

逆にワンバイイレブン(1×11)のミニベロなんぞも登場し、かなりユニークな状況になっています。
imgrc0068381281.jpg
2018年モデルはジオスブルー、ブラック、シルバーの3色展開。
例のピンクカラーは無しか。
imgrc0068381279.jpg
ブレーキレバー  SHIMANO BL-R400
ブレーキレバーのみのハンドル周り。
インラインブレーキレバーではなく、ロードらしいビジュアルを維持。
imgrc0068381280.jpg
ブレーキ  TEKTRO R315A
imgrc0068381278.jpg
リム ALEX RACE 30 (451) 32H
タイヤ KENDA K-WEST 20×1-1/8
imgrc0068381277.jpg
フレーム  4130 Cr-Mo Special Tubing For GIOS
imgrc0068381275.jpg
シングルスピードモデルらしく、ミニベロとはいえケーブルガイドはトップチューブ上に配置。
(´・ω・`)やはりシングルスピードはシルバーが似合いますね。
しかもケーブル配置も、シングルスピードの雰囲気をミニベロで再現しようと試みています。
DSCN8243vsdcw.jpg
2017 Cinelli TIPO PISTA
こちらはチネリのアルミシングルスピードモデルTIPO PISTAですが。
イタリアンシングルスピードモデルって、シルバーデザインが実に秀逸。
画像からは分かりにくいですが、実車を見てるとはイタリーなオーラーが全開な訳ですよ。
シルバー×シングルスピードを作らせたら、イタリア系ブランドってデザイン面で一日の長がありますね。
imgrc0068381274.jpg
チェ―ンホイール SOLID-246T 48T 1/8" 165mm
B.B. PARTS TH-7420 (BSA)

(´・ω・`)フロント一枚。ある意味脚力をコントロールしながら、速度をコントロールしていく感覚も楽しい。
imgrc0068381272.jpg
リアハブ  FOMURA TH-51 32H
標準だともちろんフリーコグ仕様。
リアホイールハブは両切りになっており、リアハブの両側にコグを取り付けられるそうだ。
(´・ω・`)後日別売りの、固定コグを反対側に取り付けることが可能か。
imgrc0068381276.jpg
普段はフリーギアでシングルスピードを楽しみ、いざとなれば固定ギアでピストとしても楽しめる。
よくもまあミニベロでそこまで頑張りましたね。
見た目はシンプルだけど、実に凝った一台。
imgrc0068381273.jpg
トラブルも少ないし、自分のペースの速度で、走るにはもってこいのミニベロなんですよね。
ピストフレームデザインを楽しめるシングルスピードミニベロモデルとして、実に貴重な一台。
【P最大10倍+クーポン(10/23 10時まで)】2018モデルGIOS(ジオス)FELUCA PISTA(フェルーカピスタ)小径自転車・ミニベロ【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2017年10月20日 トラックバック(0) コメント(0)

【速報】RENAULT Cr-Mo LIGHT8(Cr-Mo FDB140) ルノーからクロモリフレームの14インチフォールディングモデルが登場するらしい。



cr-mo_light8-01_570-390.jpg
RENAULT Cr-Mo LIGHT8(Cr-Mo FDB140)
(´・ω・`)……ほぅ?
ルノーからクロモリフレームの14インチフォールディングモデルが登場するらしい。
しかも重量はなんと8.5kg!!

,アルミではなくて、クロモリフォールディングモデルで8.5kgって驚異的ですね。
てか、軽量アルミ系ミニベロモデルですら8.5kgって数字はなかなか出せないのですが。
クロモリフォールディングモデルの超軽量化に挑むとは……マニアックな……

BICYCLE NAME:Cr-Mo LIGHT8(Cr-Mo FDB140)
NUMBER/COLOR/JAN:11284-00 / CP / JAN:456237338 1606
Frame:Chromoly
Folding Size:630 ×530×390mm
Component:Single Speed , 高さ調整機能付きアルミハンドルステム
Weight:約8.5kg(本体重量:ペダル、スタンドを除く)
TIRE:14×1.75
Chainwheel :47T
Freewheel:11T

hq_liverpool01_690-600.jpg
Harry Quinn Chromoly(Lug Welding) Minivelo Model
ルノー自転車を展開するGICは、英国ハリークイーンも展開しているんですよね。
ハリークイーンクロモリミニベロモデルもプロデュースしているので、クロモリ自体のノウハウもある訳か。
renault-ultralight7-02_570-390.jpg
RENAULT ULTRA LIGHT 7
(´・ω・`)今回の新型「RENAULT Cr-Mo LIGHT8」って、クランクやタイヤなどアルミモデル「RENAULT ULTRA LIGHT 7」と共通パーツが多いのかもしれない。
クランクやリム、タイヤなどは共通だと思うのですが。
いずれにしてもウルトラライトシリーズって、マグネシウムフレーム、アルミフレーム、チタンフレーム、クロモリフレームなど、ありとあらゆるフレーム素材を採用している点がユニークですね。
cr-mo_light8-02_570-390.jpg
RENAULT Cr-Mo LIGHT8(Cr-Mo FDB140)
(´・ω・`)しかし、どんな走行性能しているんだろう?
14インチホイール版クロモリフレームって、個人的には未知の世界だ。
406ホイールのDAHON Speed D8とかは、乗り心地もさることながらスポーツ性能も非常に高いモデルでしたが。

Cr-Mo LIGHT8のタイヤサイズは「14×1.75」なので、安定性そのものは稼いでいるはずですが。
8.5kgと軽量なので、アルミ版RENAULT ULTRA LIGHT 7と同じく登板性能が高いと面白いだろうな。
cr-mo_light8-03_570-390.jpg
Folding Size:630 ×530×390mm
お! 美しい……
「ルノー」2018 Cr-MO LIGHT8(クロモリライト8 FDB140)14インチ

2017年10月19日 トラックバック(0) コメント(0)

【速報】RENAULT PLATINUM LIGHT6(AL-FDB140) 重量は遂に6.8kgをマーク!!  ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 未知の軽量化に成功した、アルミフレームフォールディングモデル!!



11285-05.jpg
RENAULT PLATINUM LIGHT6(AL-FDB140) :Metallic Silver

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 重量6.8kgキター!!

超軽量ルノーウルトラライトシリーズがまた記録更新!!
予告通り、ルノーがまたやってくれたぜ……
こっ、これが、あのPLATINUM LIGHT6か……おおお……
超小型 LIGHT シリーズに、アルミバテッドフレーム採用モデルを遂に市場へ投入!!

11285-02.jpg
( ;゚ω゚)……予告通り、本体重量は驚異の6.8kgをマーク!

とうとうアルミフレームフォールディングモデルなのに、6.8kgという数字を叩き出したのかよ……
軽さと強靭さを追求する為のアルミバテッドフレームにフレームジョイント部の穴開け加工。
軽量タイヤ、軽量ハブなど細部まで拘った軽量パーツで固めたそうで。
要するに PLATINUM LIGHT6の各パーツ全てを、軽量化したということか……
信じられん……
11285-03.jpg
BICYCLE NAME:PLATINUM LIGHT6(AL-FDB140)
NUMBER/COLOR/JAN:11285-09 / Metallic Silver / JAN:456237338 1644
Frame:Aluminum
Folding Size:650 ×550×360mm
Component:Single Speed , 高さ調整機能付きアルミハンドルステム
Weight:約6.8kg(本体重量:ペダル、スタンドを除く)
TIRE:14×1.35
Chainwheel :47T
Freewheel:11T


(´・ω・`)……こいつはすげえな。更にコンパクトさも強化! 
タイヤも通常のウルトラライト7(14×1.75)に比べて、PLATINUM LIGHT6(14×1.35)の方が細くなっている。
高速化と軽量化を図ったか?
11260-04.jpg
通常のULTRA LIGHT 7のサイズは690×590×330mm
PLATINUM LIGHT6は幅こそ3cm程増えたけど、全体的にULTRA LIGHT 7よりコンパクトになっている…・…

こだわりの最小・最軽量クラスモデルと宣言しているのも納得。

11285-04 (2)
( ;゚ω゚)……え~、高さ調整機能付きハンドルステムなの?
軽量化の為に、ハンドルステムの高さ調節機能は排除してくるものだとばかり予想していたのですが……
更には、脱着式クイックアルミペダルを装備。
ペダルを着脱式にして、重量を稼いでいるのかもしれませんね。
11285-06.jpg
6.9kgのチタンフレームモデル「ルノーBLACK TITAN 6」、現在7.0kgのマグネシウムフレームモデル「MAGNESIUM6」の重量を、この6.8kgを誇るアルミバテッドフレームモデルPLATINUM LIGHT6が圧倒している事になります。

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル アルミフレームが、チタンフレームよりも軽量!!??
な、なんで???
と、とんでもないモデルだ……

あっ、アルミでも、ここまで軽量化出来るんですね。

11285-07.jpg
11285-10-3.jpg
11285-10-1.jpg
11285-10-2.jpg
やっぱり塗料とかも重量が増してしまう為にぎりぎりまで、抑えているんでしょうね?
ヽ(´;ω;`)ノ ありがたい事に価格54,800円 (税込)と、限界まで価格も抑えている点がリアルに嬉しい!!
【3月下旬入荷予定】RENAULT(ルノー) PLATINUM LIGHT6 14インチ アルミバテッド(段付)フレーム 折りたたみ自転車 6.8kg (AL-FDB140)

2017年10月18日 トラックバック(0) コメント(0)

今週のセール品お勧め一覧 10月17日 SMANIEのスポーツサドルが一律半額!

(´・ω・`)今週のセール品お勧め一覧 10月17日です。
フジTRACK PROフレームセットがサイクルベースあさひで40%OFFですよ。
あとゲリラ的に楽天オートリック楽天市場店からジェイミスの50%OFFセール品が登場。
SA6356.jpg
100000030008-l1.jpg
エスマニー [SMANIE]MK100 カーボンスポーツサドル カーボンレール 軽量サドル
メーカー希望小売価格36,801円→50%off販売価格18,401円(税込)

100000041473-l0bgf.jpg
フジ [FUJI] 【在庫一掃SALE】 【大型商品】2017 TRACK PRO (トラックプロ) ロードフレーム 【FJSL1708】

メーカー希望小売価格96,120円→40%off販売価格57,672円(税込)
(´・ω・`)フジTRACK PROフレームセットが5万円台
以前TRACK PRO完成車が50%OFFで出ていましたが、流石に安すぎて完売。
今回はTRACK PROフレームセットが40%OFFでセール品として登場。

100000031236-l0.jpg
ルイガノ [louisgarneau] 【在庫一掃SALE】【お店で受取り選択可】 2016 LGS-HST3 ロードバイク
メーカー希望
小売価格129,600円→40%off販売価格77,760円(税込)
(´・ω・`)ルイガノのアルミ系グラベルロードLGS-HST3。
SORAスペックに700×32Cと少し太めのサイズを標準装備。
やはりSORAスペックのグラベルロードが7万台で購入可能とあって、現在ロード売れ筋ランキング2位。
100000031236-l2.jpg
イエローだけではなくMINGブルーカラーも、まだ在庫にある様です。
クロモリフレームCOLUMBUS THORONを採用したLGS-HST2セール品よりも、アルミフレーム版LGS-HST3セール品の方が人気が出ましたね。
100000031236_08.jpg

リアディレイラー シマノ SORA
スプロケット シマノ CS-HG50 11-32T 9SD

100000031236_06.jpg
軽量な6061アルミフレーム
6061アルミフレームにストレート形状のフロントフォークをセット
100000031236_04.jpg
ブレーキ TEKTRO MECHANICAL DISC
100000031236_09.jpg
サドル SDG BEL-AIR2.0




jam-aur.jpg
【※50%OFF!】ジェイミス 2016 オーロラ/AURORA【ロードバイク/ROAD】【JAMIS】【2016年モデル】【運動/健康/美容】
メーカー希望小売価格 126,000円 (税込 136,080 円)→50%OFF 価格63,000円 (税込 68,040 円) 送料別
(´・ω・`)これは楽天オートリック楽天市場店からのジェイミスセール品。
サイクルツーリストのためのロードAURORAが、いきなり50%OFF。
53サイズは既に完売。
残るは50サイズのみ。
サイクルベースあさひ SALE品

2017年10月17日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 CENTURION GIGADRIVE 4000 2018年モデルセンチュリオンは全てのロードがディスク化へ


ci-607478_2frw.jpg
2018 CENTURION GIGADRIVE 4000
2017年モデルにおいて、カーボンフレーム&油圧ディスクで構成された強力なディスクロードといえばGIGADRIVE DISK4000でしたが。
なんと2017年モデルにラインナップされていた キャリパーブレーキ仕様の GIGADRIVE 4000が消滅。

代わりに2017 GIGADRIVE DISK4000の名称が変更され、2018 GIGADRIVE 4000(油圧ディスク版)となった模様。

(´・ω・`)そうか、そうか。2018年モデルセンチュリオンは全てのロードがディスク化する事になったんですね。
これも時代の……いやEU方面の流れか。
ただ、今回のGIGADRIVE 4000も使用もなかなか豪華ですよ。
いち早く、新型アルテグラR8000を採用。
タイヤは耐久性重視のコンチネンタルGrand Prix 4000 S2。
ci-607478_3.jpg
元々キャリパーブレーキ仕様の GIGADRIVE 4000をディスクブレーキで使用するために再設計されたモデルがGIGADRIVE DISCだったんですが。
再設計されたディスク仕様のGIGADRIVE DISCが生き残り、元祖キャリパーブレーキ仕様の GIGADRIVE 4000が廃盤。

(´・ω・`)結局ディスク仕様2017年モデル「GIGADRIVE DISC」の名称が→2018年モデル「GIGADRIVE 4000」と変更になった。
ci-607478_5.jpg
ギガドライブ ディスク カーボンフレーム、Di2対応グロメット
強度重視だけあって、堅牢なカーボンフレーム設計。
ドイツブランドのカーボンモデルなので、ロングライドやツーリングに耐えられるだけの強度重視のフレームではありますが。
実は高い反応をするレース向けカーボンフレームでもあるのが、ドイツセンチュリオンの面白い所。

弟分のMERIDAカーボンモデルSCULTURAて、どの速度域でも強力な推進力を発動する実にレーシーなスピードモデルでして。
兄貴分のセンチュリオンGIGADRIVEにも、そんなレーシーなスピード性能が備わっている。
ci-607478_8.jpg
メインコンポに新型アルテグラR8000を採用。
シフターにはわざわざ、機械式変速や油圧ディスクブレーキにも対応した新型「ST-R8020」を採用していると推測されます。

レーススペックですが、同時に高い耐久性を重視している所がドイツブランドらしいですね。
GIGADRIVE 4000 シリーズは、伝統的にレース仕様でも使えるアルテグラを搭載してくるのが定番になっています。
しかもわざわざ、新型アルテグラをいち早く投入。
ci-607478_9.jpg
ゼロスタック テーパーヘッド
ci-607478_14.jpg
ドイツは石畳などが多い上に、長距離走破する為の耐久性重視なロードが好まれる傾向に。
だからこそ、GIGADRIVE 4000も適度な剛性と、衝撃吸収性双方を両立したフレーム設計に。
個人的にはMERIDA SCULTURAの強度面、快適面を強化して、ディスク化したモデルがこの「CENTURION GIGADRIVE 4000」というイメージ。

(´・ω・`)前から思っていたけど、そんなにドイツ国民の方々はシルバー系を好まれるのだろうか?
ci-607478_13.jpg
タイヤ コンチネンタルGrand Prix 4000 S2
ci-607478_7.jpg
フォーク  ギガドライブ ディスク カーボンフォーク、カーボン テーパーコラム、15mmスルーアクスル
ci-607478_6.jpg
フロントは15mmスルーアクスル。
ci-607478_17.jpg
ギガドライブ ディスク カーボンフォーク、カーボン テーパーコラム
ホイール DT SWISS E1800
ci-607478_16.jpg
15mmスルーアクスル
SHIMANO BR-RS785、SM-RT800 160mmローター
ULTEGRA ロード用油圧式ディスクブレーキキャリパー「SHIMANO BR-RS785」を採用。

ci-607478_12.jpg
FD-R8000 機械式フロントディレーラー
ci-607478_10.jpg
プレスフィットタイプ BBシェル(シェル幅 86.5mm)
SHIMANO アルテグラ、FC-R8000、50/34T
ci-607478_15.jpg
(´・ω・`)やはりこのあたりのシートステーの流れを見ていると、 MERIDA SCULTURA に近いですね。
やはりセンチュリオンとメリダのフレームって、完全ではないにしてもどこかしら共通点みたいな物がある。
リアエンドデザインなんかも、似ていてがっちりしていますし。
ci-607478_11.jpg
ci-607478_4.jpg
《在庫あり》CENTURION センチュリオン 2018年モデル GIGADRIVE 4000 ギガドライブ4000

2017年10月16日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 GIOS TITANIO (ジオス チタニオ) イタリア本国でハンドメイド品としてチタンフレームを生産していた時代を振り返ってみる。



DSCN1188frwr.jpg
GIOS TITANIO (ジオス チタニオ)【画像は2013モデルフレームセット】
(´・ω・`)2018年ジオスモデルにもチタンフレームのGIOS TITANIOがラインナップされています。
2013年頃に、各ブランドから一斉にチタンモデルが登場していた時期がありまして。
ジオスは金属系フレームにこだわり続けているだけあって継続して、チタンフレームを販売しています。

Specifications
Color GIOS BLUE
Tubing 3AL-2.5V TITANIUM
Size 480/500/520/540/560mm(C-C)
Weight 1500g (Frame) 480g(Fork)


(´・ω・`)フレームに台湾系と思われる3AL-2.5V TITANIUMを採用。
走行感は滑らかで美しい(上質なライド感という意見もあり)
3AL-2.5V TITANIUMだとすると、割と加速は鋭いですね。
個人的にアルミフレームよりも、チタンフレームの方がパワー伝達の意味でアドバンテ―ジがあると思う。

gios-titanio_2.jpg
FRAME 3AL-2.5V Titanium Special Tubing For GIOS
FORK GIOS ORIGINAL CARBON FORK
HEAD PARTS
FSA NO 44E 1-1/8" 1-1/4"
SEAT CLAMPφ34.9
B.B. 70mm (ITA)


このチタンフレームは滑らかな快適性もあるので、長時間乗ってもかなり疲労は軽減されるのでは?
空気を切り裂くカッターナイフの様な鋭い加速が楽しめる。
(´・ω・`)剛性がしっかりしている上に、シートステーやチェーンステーに曲げ加工を施してあるんですよ。

イタリアンブランドもかつては、チタン系モデルが数多く存在していまして。
大体はイタリア本国でハンドメイド品としてチタンフレームを生産していた時代がありました。
img59292847gd.jpg
Tommasini TITANIUM MTB((トマジーニ チタニウムMTB)
イタリアトスカーナに工房を構えるTommasiniのチタンMTB。
金属疲労に強く、腐食もしないし、軽量。その金属特製を生かしたチタン系MTB。
長期間において性能を維持できる材質なのも魅力。
フレーム COLUMBUS HYPERION 3/2.5 Ti
フロントフォーク COLUMBUS CrMo

なんとチタンフレームとクロモリフォークのハイブリッドでもある。
トマジーニ最大輸出相手国アメリカ向けのチタン系MTBだった模様。
s9-matta_convert_20080715181943 (1)
Bianchi S9 Matta Titanium CAMPAGNOLO RECORD 10 SP DOUBLE
ビアンキ110周年あたりに、カンパ&チタン仕様の完成車記念モデルを出していた次期がありました。
(´・ω・`)……レパルトコルサストアの認定を受けていないと入荷ができないレアなモデルでもあったんですが。
2008年当時の楽天において、どういう訳か通販ベースで流通していた様です。

S9 Matta Titaniumは「handmade by TITANIO」ということで、全て溶接もエンド削り出しもハンドメイド。
「HANDMADE in ITALY」ということで、2008年当時はまだイタリアでハンドメイドのチタンフレームを扱っていたんですね。
DSCN9117vfvs.jpg
(おまけ)パナソニック チタンフラットロードEB
チタンフレームって、電動アシストモデルにも採用されていまして。

(´・ω・`)……電動アシストとチタンフレームの相性って、抜群なんですよ。
チタンフレームなので、パワーアシストが全然逃げないんですよね。
(間違いなくアルミより、チタンの方が電動アシストとの親和性が高いはず)

チタンフレームの剛性が、電動アシストモーターのパワーをしっかり受け止めてくれる点に驚きました。
しかもチタンフレームの乗り心地の良さを生かして、長時間走るのに実に向いている。

e-bikeの流れが主流になってきた際、チタンフレームの活躍の幅も広がると思うのですが。
GIOS ジオス 2019年モデル TITANIO チタニオ ULTEGRA アルテグラ ホイール:MAVIC COSMIC PRO [完成車]

2017年10月15日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 CENTURION CROSSFIRE CARBON 4000  いきなり、新型アルテグラR8000シリーズを油圧ディスクブレーキからドライブトレインまで実装



ci-604408_2.jpg
2018 CENTURION CROSSFIRE CARBON 4000
(´・ω・`)おおっ、2018年モデルから新型アルテグラR8000シリーズを採用したセンチュリオンカーボンシクロクロスモデル「CROSSFIRE CARBON 4000」だ。
いきなり、新型アルテグラR8000シリーズを油圧ディスクブレーキからドライブトレインまで実装。
クランクはFC-R8000 50/34Tなので、最初は平坦な路面に適したツーリング仕様になっている。
シクロクロスレースに使うなら、クランクをシクロクロス用コンポの(歯数46×36T)にしてあげる必要があるかな。
やっぱりセンチュリオン系シクロクロスモデルだけあって、長距離を走破する為に適した仕様になっていますね。

ホイールはフルクラム。
チェーンステー長を短めに設定して、パワー伝達を重要視したフレーム設計。
やはりこのあたりはシクロクロス系フレームですね。
更には低重心設計で、荒れた路面&巡行時での安定性を重視。
長距離を走破する能力と、シクロクロスレースでも使える性能をきちんと両立させたシクロクロスモデルです。
ci-604408_9.jpg
BR-RS785 油圧ディスクブレーキキャリパー
SM-RT800 160mmディスクブレーキローター


(´・ω・`)これが冷却効果を強化した最新のSM-RT800ディスクブレーキローター。
冷却フィンが付いている。
いいなあ、新型アルテグラR8000系シリーズをいち早く実装している点が凄まじい。
油圧ディスクは急こう配にも対応出来るし、長距離走行する際にも負担軽減につながる。

フロントフォークは15mmスルーアクスル、リアには12mmスルーアクスルを採用。
ワンバイイレブンの1×11SPEEDではなく、2×11SPEED仕様ですね。
ci-604408_1.jpg
ci-604408_3.jpg
ci-604408_4.jpg
流石にメリダがフレームを担当しているだけあって、フレームデザインが美しいですね。
実際のデザインはドイツで行っているだけあって、最新のドイツ系バイクデザインが楽しめる。
ci-604408_13.jpg
ci-604408_11.jpg
ゼロスタック テーパーヘッド
ci-604408_12.jpg
タイヤ MAXXIS マッド レスラー、700×33C、仏式バルブ
シクロクロスレースにも使える33Cシクロ用マッドレスラーが入ってます
マッドレスラーは、シクロクロスにはおなじみの過酷なマッドコンディションにも対応するオールコンディションタイヤ 。
センターノブのスロープしたブロックデザインは転がり抵抗の軽減を意図し、その一方でアグレッシブにデザインされたサイドノブ はハードな泥や雪を切り分ける。
全体的としてオープントレッドデザインを採用しているため泥ハケも良い。
ci-604408_14.jpg
フレーム シクロクロス ディスク カーボンフレーム、Di2対応グロメット
ci-604408_15.jpg
ci-604408_10.jpg
(´・ω・`)なんか2018年モデルセンチュリオンって、デザインがいきなり洗練されてきた気がする。
今までの質実剛健なドイツデザインから、一皮むけた感じ。
ci-604408_7.jpg
フォーク クロスファイヤー カーボンフォーク、カーボン テーパーコラム、15mm スルーアクスル
ci-604408_8.jpg
ci-604408_16.jpg
クランク SHIMANO アルテグラ、FC-R8000 50/34T
プレスフィットタイプ BBシェル(シェル幅 86.5mm)

やはり、ツーリングとシクロクロスレーシング双方の性能を持たせたCXモデルと言えるのでは?
ci-604408_17.jpg
ci-604408_20.jpg
ci-604408_19.jpg
エンド幅142mm、12mmスルーアクスル
ci-604408_18.jpg
(´・ω・`)やはりセンチュリオンロードのテーマである「快適に、より遠くへ」に沿った軽量シクロクロスモデルですね。
だからこそ、巡行性能を強化したシクロクロスモデルという印象。
もちろん前後スルーアクスルに、シクロクロスレースにも耐えられる強度を確保したカーボンフレームでもあるのですが。
フロントダブルの新型8000系アルテグラをドライブトレインだけではなく、油圧ディスクブレーキにまで採用してきた最新鋭スペックで固めた点も心が躍ります。
ただ2×11SPEED仕様にして、長距離仕様のドライブトレインを選択してきた点が、センチュリオンならでは。
《在庫あり》CENTURION センチュリオン 2018年モデル CROSSFIRE CARBON 4000 クロスファイヤーカーボン4000 [完成車]

2017年10月14日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 MERIDA GRAN SPEED250MD (グランスピード250MD) あさひ限定-I ( ;゚ω゚)……メリダあさひ限定エアロディスクフラットバーロード!!!!???



100000047163-l2.jpg
2018 MERIDA GRAN SPEED250MD (グランスピード250MD) あさひ限定-I
( ;゚ω゚)おおっ……メリダあさひ限定エアロフラットバーロード!!!!???
アルミエアロフレームになんと、REACTO5000に使用されていた「エアロホイールMERIDA SUPER AERO38」を採用した快速フラットバーロードですよ!! もちろんコンポもロード系スペック。

あさひ限定のメジャー系クロスバイクといえば、FUJI SPARROWが有名ですが。
今度はメリダとあさひがタッグを組んだか。

フレーム設計からスペックまでこだわったあさひ限定のエアロフラットバーロード。
このダイナミックなエアロフレームはもちろんあさひ限定。
グランスピード250MDエアロフレームは空気抵抗が少なく、日常使いでも疲労軽減の効果が期待されます。
( ;゚ω゚)普段使いの空気抵抗……GIANT FCR1みたいなTT系フラットバーロードを思い出させるな。
100000046874-l0.jpg
2018 MERIDA REACTO400
100000047163-l0.jpg
2018 MERIDA GRAN SPEED250MD
なるほど。「GRAN SPEED250MD」は メリダアルミエアロロード「REACTO400」とは全然別のフレーム形状ですね。
エアロスローピングフレームと言った所か。
直進安定性の高いジオメトリーを採用しているので、普段使いでも疲れにくく、通勤やツーリングでの使用を想定している。
リムハイトは38mmを採用しており、巡航速度の維持のしやすさはもちろん、街中でのストップアンドゴーでも疲れにくい。
しかも、全天候に対応可能なメカニカルディスクブレーキを採用。
100000047163-l3.jpg
100000047163-l1.jpg
フレームカラーは、ブラックとホワイトの2色展開。
(´・ω・`)おおっ、ホワイトが用意されているとは……ちょっと今までのメリダ系クロスバイクにはないカラーリング。
100000047163_17.jpg
ハンドルバー Merida Speed Alloy, 5', Flat Bar 31.8D BLK L:560
100000047163_04.jpg
シフター Shimano Claris ST-RS200 2x8S
視認性の高いオプティカルギアディスプレイにラピッドファイヤープラス搭載。
メインコンポにはクラリスを搭載……って。
( ;゚ω゚)……ロード系クラリススペック&ディスクで販売価格69,980円(税込)???
随分価格を抑えているではないですか?
100000047163_14.jpg
フォーク GRANSPEED AL BC straight O.S
ケーブル類はエアロフレーム内部に収納。
メリダのクロスバイクシリーズは、可能な限りインターナル仕様にこだわるのが伝統。
その伝統を、この限定モデルも引き継いでいますね。
100000047163_18.jpg
タイヤ・チューブ Merida K-193 700X25C F/V
タイヤはロードバイク規格でスタンダードになった25Cを採用。
100000047163_19.jpg
ブレーキセット Tektro MD-M280 160/140mm
100000047163_06.jpg
リム Merida Alloy 38mm 700C 24/28H BLK /CNC 2TCL
スポーク Stainless 14G*24/28H ED BLACK


REACTO5000に使用されていたエアロホイールMERIDA SUPER AERO38を採用!?ハイトが38mmなので巡航速度の維持のしやすさはもちろん、街中でのストップアンドゴーでも疲れにくいというアナウンスが。
( ;゚ω゚)……MERIDA SUPER AERO38って……普通にエアロカーボンロードに使用されていた奴ですよね。
どちらかというと巡行性能に強いホイールだった印象。
100000047163_09.jpg
100000047163_08.jpg
( ;゚ω゚)……あー、なんかメリダ側も絶対GRAN SPEED250MDで遊んでいるだろ?
ここまで派手にダウンチューブがホイールに沿ってえぐれた形状って、メリダ初なのでは?
100000047163_16.jpg
100000047163_02.jpg
大きく変形させたダウンチューブにリアホイールとのクリアランスを縮める扁平シートチューブは空気抵抗の軽減という機能面とエアロフレーム独特のボリューム感が圧倒的な存在感を醸し出します。
100000047163_13.jpg
F.ディレイラ― Shimano Claris FD-M2000
100000047163_11.jpg
クランクセット FSA TEMPO CK-C200TT 50x34T W/O CG 170L
100000047163_20.jpg
100000047163_21.jpg
ロードバイクやMTBに採用される「FLEX STAY」システムを、あさひ限定エアロフラットバーロードMERIDA GRAN SPEED250MDに搭載していると推測。
フラットバーアルミエアロロードということで、エアロ性能だけではなくパワー伝達性に優れるが、リジット構想ゆえにライダーを披露させる原因となる。
その為メリダ側では、シートステー、チェーンステーの形状を扁平化する事で、路面からの衝撃を吸収して快適性を向上する「FLEX STAY」マイクロサスペンションテクノロジーをこの限定モデルに投入。
可能な限りの、衝撃吸収対策を打ったのでは?
(´・ω・`)たしかにこのチェーンステー部はメリダモデルの特徴が出ていますね。
100000047163_01.jpg
R.ディレイラ― Shimano Claris RD-R2000SS 8S W/O BKT
ギア Shimano CS-HG50-8 11-28T


カセットスプロケットは、11T~28Tのセミワイドレシオなのでシフトチェンジがスムースでストレスが少ない走行性。
100000047163_03.jpg
サドル Merida Sport RAIL: Steel, W/Scale
シートポスト Merida 27.2D*300L, Alloy, BLK


ペダリングを妨げないノーズ形状とクッション性の高い座面で用途を選ばず快適なサドル。

適正身長:
165cm~(470mm)
170cm~(500mm)
重量:11.5kg(500mm)

( ;゚ω゚)……販売価格を抑えながらも、限界までフラットバーロードとしての機能を恐竜化させたかのような、モンスターモデルですね……
こういう色々な意味で弾けたフラットバーロードを紹介するのは久々かも。
「メリダ」GRAN SPEED250MD (グランスピード250MD) あさひ限定-I クロスバイク 「CBA-1」

2017年10月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 CENTURION CROSSFIRE GRAVEL 3000 (センチュリオン クロスファイヤーグラベル 3000) センチュリオングラベルロードは、レアなネイビーブルー



ci-624619_2.jpg
2018 CENTURION CROSSFIRE GRAVEL 3000 (センチュリオン クロスファイヤーグラベル 3000)
グラベルロードのカラーリングって、渋いカラーが多いですが。
鮮やかなネイビーブルー(ライム)のモデルもあるんですね。

しかもドイツセンチュリオン新型グラベルロードモデルだったことが、実に意外。
今回は2018年のモデル年のクロスファイアグラベルは、クロスファイアー仕様をいくらか引き継いだグラベルロード版。
とはいえやはりシクロクロスモデルではない分、ロード寄りの仕様になっていてバイクパッキングに使えそうでいいな。
DSC_4619-e1485574780417dg.jpg
2017 CENTURION CROSSFIRE 2000
(´・ω・`)これはシクロクロスモデル2017 CENTURION CROSSFIRE だけど。
こんな感じでサドルバッグフレームバッグ、トップチューブバッグを取り付けて使ったら楽しそうだ。

ci-624619_3.jpg
今回のCENTURION Crossfire Gravelは、快適な着座姿勢、衝撃吸収タイヤ、長距離走り抜く為のマラソンランナー的な仕様が特徴。
運転特性と装備は長距離と快適性を重視して最適化。
フラットマウントブレーキパッドやバイクの傾斜した形状は、流れるような外観。

クロスファイアーグラベルはユーザーがが望むことができる最高のオールラウンドというのがテーマ。
(´・ω・`)確かにバイクパッキングスタイルではなくても、通常で使用してもかなりカッコ良さそうだ。
ただロード寄りのグラベルロードとはいえ、フレームやフォークはフルアルミなので、かなり堅牢な仕様に。
逆にそれがカッコいい。
ci-624619_4.jpg
2018年モデルの場合フロントはクイックレバー方式、リアはスルーアクスル方式とかいう話だけど。
軽量化とかホイール規格とか色々理由があるんですかね。
ci-624619_10.jpg
ハンドルバー PROCRAFT Gravel, dia.: 31,8 mm, reach: 8°1 drop: 130, bend: 6,4° flare: 10°
ci-624619_9.jpg
シフター シマノST-RS505
これで105ドライブトレインや油圧ディスクブレーキをコントロール。
リザーバータンクは握りの部分に配置されている。
ci-624619_11.jpg
フレーム CENTURION Crossfire Gravel
2018年モデルのクロスファイアーグラベルはアルミモデル2機種が担当。
ci-624619_8.jpg
ci-624619_22.jpg
フォーク センチュリオンリジッドアロイD-CX-28
カーボンではなく堅牢なアルミフォーク仕様。
ci-624619_6.jpg
ハブ PROCRAFT、QR
ブレーキ シマノBR-RS505
油圧ディスクブレーキ仕様。フロントはQR方式ですね。
ci-624619_14.jpg
フロントディレーラー シマノ105
ci-624619_13.jpg
クランクは105コンパクトクランク仕様。
基本的にドライブトレインは105で固めている真面目な仕様。
ci-624619_21.jpg
BB周辺の溶接部も綺麗に処理してある。
さすがメリダの兄貴分センチュリオン。
ci-624619_12.jpg
シートポスト PROCRAFT AL Race SB light dia.: 27,2 mm, length: 350 mm
ci-624619_18.jpg
サドル PROCRAFT Race II
ci-624619_17.jpg
タイヤ Schwalbe G-One Allround 40mm Perf
このタイヤは、グラベルロードで高い性能を発揮するようデザインされた専用タイヤ。
郊外の野原や砂利道、森の中の小道などで滑らかに転がる。
ci-624619_16.jpg
ci-624619_15.jpg
リアハブ PROCRAFT、12x142
ci-624619_24.jpg
(´・ω・`)流石にこの角度から見ると、エアボリュームが強烈ですね。

センチュリオングラベルロードは、レアなネイビーブルー
仕様がどうのこうのというよりも、デザインで惹かれてしまった……
CENTURION センチュリオン 2019年モデル CROSSFIRE GRAVEL3000 クロスファイヤーグラベル3000 [完成車]《P》

2017年10月12日 トラックバック(0) コメント(0)

新型louisgarneau LGS-EA20-I 20インチ バナソニック製アシストユニットを掛け合わせた13.2Ahバッテリーを搭載して、バッテリー容量を一気にパワーUP !


100000046667-l1 (1)
2018 louisgarneau LGS-EA20-I 20インチ
新型ルイガノ電動アシストモデル「LGS-EA20-I 」が出ましたが。
(´・ω・`)今回はバナソニック製アシストユニットを掛け合わせた13.2Ahバッテリーを搭載して、バッテリー容量を一気にパワーUP
させたそうな。
img58131225cd.jpg
ブリヂストンJOSIS WGN EA(ジョシスワゴンEA)   
ルイガノ LGS-EA20-Iのフレーム自体はブリヂストン(ジョシスワゴンEA)を流用したと推測されます。
100000039806-l0xsa.jpg
前年モデル louisgarneau LGS-EA20
(´・ω・`)これは前年モデルであるLGS-EA20なんですが。バッテリー容量は8.9Ahでした。
つまり新型モデルのバッテリー容量は8.9Ah→13.2Ahへ、一気にパワーUP。
バッテリー容量が大きくなったおかげで走行距離も、一気に伸ばす事に!
ロングモード:約53km(2017年モデル)→ロングモード:81km(2018年モデル)

バッテリー容量の大きさはAh(アンペア)で確認出来る。この数字が大きければ大きい程、充電量が増し走行距離を伸ばす事が出来る。
以前は12Ahとなるとかなり大きいバッテリーサイズになったが。
最近はどんどんコンパクトが進んできた印象。
従来のサイズはそのままでも、いきなり容量がパワーUPしている場合も。
100000046667-l4.jpg
新型 louisgarneau LGS-EA20-I 20インチ
(´・ω・`)最近の電動アシストモデルの傾向として、ミニベロ系電動アシストモデルが流行しているそうだ。
20インチホイール仕様にすることで重量も稼げるし、その車体がコンパクトなので保管場所も確保し易い。
更に、小柄な女性なども扱いやすい点が好評の理由。

確かに電動MTBや電動ロードなど、スポーツバイクの分野に電動化が進んでいますが。
こういうシティタイプは、20インチホイール電動アシストモデルがトレンドになりつつある。
100000046667-l5.jpg
新型 louisgarneau LGS-EA20-I 20インチ マットホワイト
ちなみに現在のルイガノ電動アシストは、サイクルベースあさひが企画して行っている。
(´・ω・`)多分今回のサイクルモード サイクルベースあさひブースで、LGS-EA20-I の展示があるんだろうな。
100000046667_08cdas.jpg
デルタハンドル
スタイリッシュでスポーティなデザインで、適度なハンドル角で手首への負担が少なく、ステムと一体型で特徴的なボリューム感もオススメ。
100000046667_04.jpg
リトルLEDビームランプ
とても明るい1Wの超高輝度白色LEDを搭載したLEDライト。暗くなると自動的に点灯するオートライト式を採用。
100000046667_03.jpg
ハブ内蔵スピードセンサー
なめらかな走行をアシストするセンサーがハブに内蔵、見た目もスッキリ。センサーと駐輪機との接触による破損を抑える安心設計。
(´・ω・`)パナソニックブランドのセンサー類だから、割とパワフルなアシストを発揮すると期待。
100000046667_01.jpg
パナソニック製タフパワーユニット
よどみのない加速感が特徴のマルチセンサーを採用した信頼のパナソニック製タフパワーアシストドライブユニット。
(´・ω・`)ブリヂストン系フレームにパナソニックブランドドライブユニット。
基本的にフレームやドライブユニットは日本ブランドなので、信頼性が高い。
しかもデザインはルイガノ。
やはり2018年モデルも、夢の電動アシストモデルだ。
100000046667_02.jpg
バッテリー容量 約13.2Ah
走行距離 パワーモード:約50km
オートモード:約58km
ロングモード:81km

100000046667_06.jpg
タイヤサイズ 20x1.95
(´・ω・`)リアサークル錠にブリヂストンのロゴが確認出来る。
100000046667_07.jpg
キャリア:パイプC27(チャイルドシート取付不可)
特にLGS-EA20-I は、運搬性を強化したブリヂストン(ジョシスワゴンEA)のフレーム形状を引き継いだだけあって、リアキャリアーを搭載している。
乗り降りしやすい低床フレームを採用している点も大きい。
(チャイルドシートは取り付け不可なので注意)

変速:内装3段変速
100000046667_09.jpg
ルイガノコンフォートサドル
漕ぎ心地へのこだわりはもちろん、ノーズ部分にLOUISGARNEAUの文字をあしらったデザイン性も高いサドル。

(´・ω・`)ミニベロは、電動アシストモデルとして発展していく段階に入りつつありますね。
電動アシストとミニベロの親和性って、思いの外高いんだな……。
あの英国ブロンプトンですら、電動アシストに挑む時代になった訳ですし。
「ルイガノ」LGS-EA20-I 20インチ 電動自転車 「CBA-1」

2017年10月11日 トラックバック(0) コメント(0)

あさひ アウトランク-H 14インチ 2017年度グッドデザイン賞を受賞!!

100000039977-l0.jpg
あさひ アウトランク-H 14インチ 変速なし 折りたたみ自転車
(´・ω・`)おお……あさひの14インチフォールディングモデル「アウトランク-H」がグッドデザイン賞を受賞したか……
なんかウルトラライト7といい、14インチホイールフォールディングモデルの勢いが止まらない……
どの辺が評価ポイントになったかどうかチェックしてみますと……
100000039977_01.jpg
ハンドルグリップをフレームに取り入れたアイデアを評価したそうな。
持ち運び易さを取り入れた、独自のフレームデザインがアウトランクの特徴と言っていいでしょう。

持ち運びを簡単にするために開発された樹脂製の持ち手。
それをフレームに取り付けてしまうんですから、ダイナミックですね。
車体の中心を捉えているので、自転車を片手で安定して持ち運べる。
car_img_pc.jpg
(´・ω・`)全長121cmのコンパクトサイズでお気楽にセダンのトランクに乗せる事が可能。
持ち運びの際のシンプルさや安定性も魅力。

なるほど……確かに折り畳み後ガチャガチャしなそうだし、極めてシンプルなフォールディング形状だ。
これなら折り畳み操作が苦手な方にも扱いやすい。
重量は8.5kgと軽量で、持ち運びしやすい点も魅力。
box_img1.jpg
タイヤサイズは14X1.75と太目なので、軽いアウトドアにも使える。
100000039977-l1.jpg
100000039977-l2.jpg
(´・ω・`)あとは、折りたたみ機構をハンドルのみに絞ったユーザー目線の設計を、かなり評価されている。
アウトランクはフレーム自体、折り畳まない仕様になっていますしね。
色々な面でとっつきやすい。

足し算というよりは、引き算の設計が評価されたか。
フレームに折り畳み箇所が存在しない分、より簡単に折り畳めるし、堅牢になっていそうだ。
しかも価格もかなり優しい。
train_img_pc.jpg
車体重量が8.5kgと軽量だから、気軽に持ち運べる。
別売りの専用バッグを使えば電車に乗せてプチ旅行気分。
(´・ω・`)うーん、コンパクト性はある程度犠牲になっている分、重量面では稼いでいる訳か。

通常のフォールディングモデルはコンパクトで収納性にこだわりがあるモデルが多い。
しかし反面、折りたたみ操作が複雑で面倒に感じる場合がある。
(慣れればどうという事はないけど)
更に通常のフォールディングモデルだと、可変パーツがどうしても必要なので、重量が増してしまうということか。
100000039977_03.jpg
ハンドル アルミ φ26.2 長さ480mm
100000039977_02.jpg

そこでアウトランクは、折りたたみ機構をハンドルのみに絞っ多という訳ですね。
更にホールを14インチにすることで、重量やコンパクト性を稼いでいる。
(´・ω・`)ま、気軽さにかけては確かに良く出来ているかもしれない。
100000039977_06.jpg
ブレーキ 前後V ブレーキ
100000039977_07.jpg
タイヤ/ チューブ 14X1.75/ 英式バルブ
100000039977_03l.jpg
重量 8.5kg
全長 121cm
フレーム アルミ
(※折りたたみ箇所はハンドルのみ)
フォーク アルミ

100000039977_13.jpg
クランクセット 長さ152mm アルミクランク
100000039977_15.jpg
100000039977_14.jpg
ペダル 樹脂フラットペダル
100000039977_12.jpg
リフレクター・ベル・スタンド付属

100000039977_11.jpg
サドル オリジナルサドル
box1_img.jpg
「あさひ」アウトランク-H 14インチ 変速なし 折りたたみ自転車 「CBA-1」

2017年10月10日 トラックバック(0) コメント(0)

2018年モデルRENAULT MAGNESIUM 6(Mg-FDB140)  溶接部分をダブル溶接することに変更! 強度重視路線に!

71G1YdpEo.jpg
2018年モデルRENAULT MAGNESIUM 6(Mg-FDB140)

( ゚∀゚)いよいよ2018年モデルのルノーマグネシウム6が登場してきました!
前作の2017年初回ファーストモデルに比べて、仕様の変更があったそうです。

マグネシウムフレーム強度を最大限に引き出すために、最終段階の品質検査を繰り返した結果、溶接部分をダブル溶接することに変更。
そのためフレーム重量が(約)250g~300gの重量アップとなり、本体重量が(約)6.7kg→(約)7.0kgに。



(´・ω・`)フレームの溶接部分を強化したのか。
軽さを追求するためマグネシウム合金を継続して採用し、今回は溶接部などの強度確保に重点を置いた仕様に。
(ボトルゲージは無し)
超軽量と、品質の両立ってやっぱり難しい課題なんですね。
とりあえず? 14インチホイールシングルスピード路線は継続。
高さ調整機能付きアルミハンドルステムも確保した模様。



BICYCLE NAME :MAGNESIUM 6(Mg-FDB140) 2018年モデル
NUMBER/COLOR/JAN:11276-09 / Jet Silve / JAN:456237338 0227
Frame:Magnesium
Folding Size:660×300×570mm
Component:Single Speed , 高さ調整機能付きアルミハンドルステム
Weight:約7.0kg(本体重量:ペダル、スタンドを除く)
TIRE :14×1.75
Chainwheel :47T
Freewheel :10T



(´・ω・`)RENAULT MAGNESIUM 6って、特殊マグネシウムインゴットが確保できないと生産が出来ないレアなモデルだったじゃないですか?
特殊マグネシウムインゴットの確保に成功して、遂に2018年モデルとして登場してきたのでしょう。
MAGNESIUM 6最大の課題は、金属材料の確保でしたから。確保には成功したとみてよい様です。

重量面においては、前作の2017年モデルは6.7kg。
色々な意味において、2017年モデルは「幻のモデル」になってしまいましたね。
ファーストモデルのオーナー様は、かなりレアなモデルを所有していると言ってもいいかもしれません。
cmi2017-01.jpg
『CYCLE MODE international 2017』 にルノーは出展するそうですが、驚きのアナウンスが!


◆6.8kg アルミバテッドフレーム 最軽量プラチナライト6モデル
◆7.8kg ウルトラライト7トリプル 外装3段モデル
◆8.5kg クロムメッキ磨き上げ クロモリモデル
◆当日発表 kg/究極の折りたたみカーボンフレームバイクモデル

上記、2018モデルを発表するそうですが……

6.8kg アルミバテッドフレーム 最軽量プラチナライト6モデル!!??
は? 6.8kgの新型プラチナライト6!??

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル なんだそれ???
6.8kg!!!???

しかもアルミバテッド仕様!??
DAHON DOVE PLUSだって、6.97kgだったのに???


( ;゚ω゚)……あと、「当日発表 kg/究極の折りたたみカーボンフレームバイクモデル」って、何さ??
まさかフルカーボン仕様の、ルノーウルトラライトモデルでもお披露目する気か???

今回のサイクルモードにおいても、GICブースが大混雑しそうな予感ですね……
RENAULT(ルノー) PLATINUM LIGHT6 プラチナライト6 シルバー 超軽量6.8kg 超小型 14インチ アルミバテッド(段付)フレーム 折りたたみ自転車 LIGHTシリーズ最軽量クラス チェーンホイル47T/フリーホイル11T 鍛造式高さ調整ハンドルステム搭載 特許PAT取得済 脱着式クイックアルミペダル装備 細部まで拘った軽量パーツを装備 JIS耐振テスト合格(通常基準の2倍の強度試験をクリア) 11285-0999

2017年10月09日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 GIOS MISTRAL CHROMOLY VERSION(ジオス ミストラルクロモリフレームモデル)  アルミ版「MISTRAL」とクロモリ「AMPIO」両モデルの流れを引き継いだ新型クロスバイク



ci-610600_1gtr.jpg
2018 GIOS MISTRAL CHROMOLY VERSION(ジオス ミストラルクロモリフレームモデル)
(´・ω・`)ジオスクロスバイクユーザー層の熱い声に答えて、アルミクロスバイクモデル「MISTRAL」のクロモリ版がこの「GIOS MISTRAL CHROMOLY VERSION」
このミストラルクロモリって、パーツ構成が実に面白いんですよ。
アルタススペックのドライブトレインや、ブレーキ「SHIMANO BR-T4000」、ホイール「SHIMANO WH-R501」
サドルなどは基本的に、今までのアルミ版「MISTRAL」と共通しているんですよ。

やはりこの辺はフレーム材質が異なるとはいえ、同じミストラルモデル兄弟と言っていいかも。
ただ、このミストラルクロモリには違う血も混じっていまして。
一部のパーツやフレーム材質が GIOS AMPIOと同様なんですよ。
cc-gios-ampio_1.jpg
2018 GIOS AMPIO
あと、GIOS高速フラットバークロモリモデル「AMPIO」と共通の、ハンドルバーやステムそしてグリップを採用している様です。
フレームも、形状こそ異なりますが「4130 Cr-Mo Special Tubing For GIOS」を共通して使用。
なんだかんだでフレーム材質やハンドル、タイヤなどのパーツでクロモリAMPIOの流れを引き継いでいますね。

(´・ω・`)タイヤもAMPIOと同じVITTORIA ZAFFIROを採用。
ただし、AMPIOは高速性を優先させているために25C。
MISTRAL CHROMOLY VERSIONは走破性と安定性を重視しているので28Cサイズを選択しています。
GIOS MISTRAL CHROMOLY VERSION……VITTORIA ZAFFIRO 700×28C
GIOS AMPIO……VITTORIA ZAFFIRO 700×25C

ci-610600_2.jpg
ci-610600_3.jpg
ci-610600_8.jpg
ハンドルバー GIOS ORIGINAL 540mm
ステム GIOS ORIGINAL90/100/110mm
シフター SHIMANO ST-EF500-8
グリップ VLG-109

ci-610600_7.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-T4000
ci-610600_6.jpg
フォーク GIOS ORIGINAL CR-MO FORK
ci-610600_5.jpg
ホイール SHIMANO WH-R501
ci-610600_9.jpg
ヘッドパーツ PT-1202 1”
ci-610600_11.jpg
フレーム 4130 Cr-Mo Special Tubing For GIOS
ci-610600_12.jpg
ci-610600_10.jpg
ci-610600_15.jpg
フロントディレーラー  SHIMANO FD-TY710
チェーンホイール SHIMANO FC-M171 48/38/28T 170MM
B.B. PARTS SHIMANO BB-UN100 (BSA)

ci-610600_14.jpg
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700×28C
ci-610600_13.jpg
ci-610600_16.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-M310
フリーホイール SHIMANO CS-HG31-8I 11-32T

ci-610600_17.jpg
サドル GIOS ORIGINAL COMFORT SADDLE
シートポスト GIOS ORIGINAL φ27.2
重量11.6kg

(´・ω・`)つまり新型MISTRAL CHROMOLY VERSIONは、アルミ版「MISTRAL」とクロモリ系フラットバーロード「AMPIO」の影響を受けた、新型クロモリクロスバイクと言っていいかも。
アルミ版「MISTRAL」と「AMPIO」が合体したら、こんな感じになるのかな?

ドライブトレインからブレーキ、ホイールに至るまで全てオールシマノ製というのも嬉しいですね。
この辺はジオスの意地って奴かな?
いずれにしてもこの戦略が功を奏し、注文が殺到しているというのも納得。
《在庫あり》【大人気ミストラルのクロモリバージョン】GIOS(ジオス) 2018年モデル MISTRAL CHROMOLY VERSION (ミストラルクロモリフレームモデル)【より洗練されたデザインが魅力!】
43351aa11bec69861_1.jpg
21761799_609308772526806_3484956766128167933_n.jpg

2018 GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル)限定モデル マットネイビーブルーカラー
(´・ω・`)あと、ジオスの定番アルミ版「ミストラル」2018年モデルについてですが。
最近様々なカラーリングを施したミストラルを見かける様になりましたが。
この画像は、限定カラー マットネイビーブルーカラーを採用したきゅうべいオリジナルカラーモデルだそうです。
ミストラルにしては、かなり珍しいシックな色合い……

上画像は、ミストラル きゅうべえオリジナルカラー「マットネイビーブルー」
通常のジオスブルーなミストラルに比べて、ブルーの色合いが濃いですね。

ジオスブルーより落ち着いたカラーリングで、大人向けの女性&男性に向けたカラーだそうだ。
確かにこれならスーツも似合うかな。
《在庫あり》GIOS ジオス 2019年モデル MISTRAL ミストラル 限定モデル[完成車]

2017年10月08日 トラックバック(0) コメント(0)

今週のセール品お勧め一覧 10月7日 サイクルベースあさひでルイガノ海外仕様モデルが40%OFFで追加されている

ルイガノ12df
(´・ω・`)今週のセール品お勧め一覧 10月7日 
サイクルベースあさひでルイガノ海外仕様モデルが、40%OFFでセール品として出ています。
一体どこから、ルイガノ海外仕様モデルが入ってきたんだろう???

100000047067-l0.jpg
ルイガノ [louisgarneau] 【アウトレットSALE】【お店で受取り選択可】 2015 CT SPT 海外仕様(ブレーキ左右逆) シクロクロスバイク[CBA-1]

メーカー希望小売価格129,600円→40%off販売価格77,760円(税込)
(´・ω・`)ティアグラ30SPEEDを採用した4130クロモリツーリングモデル。
SHIMANO製105デュアルコントロールレバーを採用した人気モデル……の海外仕様!?

このアウトレット商品は、海外仕様(ブレーキ左右逆) となるそうです。
ロングセラークロモリツーリングモデルLGS-CTって色々限定モデルが出ていたけど。
海外仕様は初めてみるかもしれない。
スレッドステム、カンチブレーキなどのクラシカルなパーツ構成。

100000047066-l0.jpg
100000047066-l2.jpg
ルイガノ [louisgarneau] 【アウトレットSALE】【お店で受取り選択可】 2015 LGS-CEN SP 海外仕様(ブレーキ左右逆) ロードバイク [CBA-1]
メーカー希望小売価格104,976円→40%off販売価格62,985円(税込)
(´・ω・`)海外仕様の LGS-CEN SP
バテッドアルミフレームにカーボンフォークを装備し、SHIMANO製SORA 18SPEED。
SORA リア9速仕様で6万円台はかなり美味しいですね。
マットイエローの在庫があるようです。



ここからは国内モデルです。ロードコンポを採用したスピードミニベロが、40%OFFセール品として登場してきました。
100000047074-l0.jpg
ルイガノ [louisgarneau] 【在庫一掃SALE】【お店で受取り選択可】 LGS-MV 3R 20インチ ミニベロ [CBA-1]
メーカー希望小売価格95,040円→40%off販売価格57,024円(税込)
(´・ω・`)SHIMANO製SORAスペックに6061 ALUMINUMフレーム、451ホイール仕様の本格スピードミニベロ
LGS-MV 3Rが40%OFF。
フォークも6061 ALUMINUMを採用したフルアルミ仕様。
さすがにカーボンパーツは採用していませんが、SORAスペック完成車が5万円台というのがいいですね。

100000047072-l0.jpg
ルイガノ [louisgarneau] 【在庫一掃SALE】【お店で受取り選択可】 2014 LGS-MV 3S 20インチ ミニベロ [CBA-1]
メーカー希望小売価格151,200円→40%off販売価格90,720円(税込)
(´・ω・`)LGS-MV 3Sですと、一気に仕様が豪華になります。
旧ティアグラスペックに、カーボンフォーク仕様。
軽量化に重点を置いていて、ドロップハンドルにステムなどもカーボンです。
(昔からルイガノはアルミ系ミニベロにカーボンパーツを取り入れるのが得意)
その為重量も8.8kgと軽量化に成功しています。
LGS-MV3シリーズだと、直進安定性や巡行性能が高めですので長距離も十二分にいけますね。
サイクルベースあさひ SALE品

2017年10月07日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 GIOS SETTANTA (ジオスセッタンタ) ジオス70周年を記念したネーミングを与えられた記念モデル

ci-624507_2.jpg
2018 GIOS SETTANTA (ジオス セッタンタ)
ジオスから、70周年を記念したクロモリモデルが登場。
COLUMBUSクロモリにTig溶接を施したそうな。

(´・ω・`)うーん、かつてのジオス65周年モデル「GIOS STEEL MASTER」を思い出させますね。スチールマスターはTig溶接にイタリアンパーツ&フレームが特徴の完成車でしたが。
今回の70周年記念モデル「ジオスセッタンタ」は、フレームとフォークの販売に。
ジオスブルーのフレームに、なんと青の胴抜き。
青×青のデザインが強烈……

カラー GIOS BLUE
フレーム COLUMBUS CROMOR Special Tubing For GIOS
フォーク GIOS ORIGINAL CR-MO FORK 1” ITA
ヘッドパーツ CAMPAGNOLO RECORD 1"

ci-624507_1.jpg
フレームの重量は1560g フォークは750g
COLUMBUS社からジオス向けに、専用チューブを用意して組み上げたそうな。

(´・ω・`)ちなみにsettanta(セッタンタ)=70を意味する。
正にジオス70周年を記念したモデル。
1948年創業創業ですから、2018年で70周年にもなるんですね。
ci-624507_10.jpg
ci-624507_7.jpg
ci-624507_17.jpg
トップチューブはインターナル仕様。
(´・ω・`)ちなみのかつてのSTEEL MASTERのチューブは、発売当初はイタリアDedacciai ZERO UNOでしたが。
2015年モデルからCOLUMBUS製に変更。
という訳で2018 GIOS SETTANTAは、かつてのSTEEL MASTERの流れを引き継ぎ、COLUMBUS製を採用。
現在のGIOSカスタムラグで接合したコンパクトプロもCOLUMBUS社製。
ですので、現在のジオスフラグシップクロモリモデルチューブはCOLUMBUS社製で統一されています。
ci-624507_6.jpg
ci-624507_5.jpg
剣先メッキが美しく、しかも細身のクロモリがいいですね……
やっぱりパーツはシルバーで統一してあげたい。
ci-624507_9.jpg
ci-624507_12.jpg
ci-624507_13.jpg
フレームにイタリア国旗が加工されている
ci-624507_11.jpg
ci-624507_14.jpg
ci-624507_15.jpg
ci-624507_16.jpg
スマートなクロモリならではのシートステー集合部

そういえば、最近のジオスの傾向としてクロモリモデルの人気が高まっている模様。
ロングセラーアルミクロスバイク「ミストラル」って、2018年モデルからクロモリモデルも登場したではないですか?
これって、なんでもユーザーの方からミストラルクロモリ化の声が高まったそうで。
それに答えてジオスの方でも、ミストラルをクロモリ化したらしい。
やはり、ジオスと言えばやはりクロモリなんですね。
ci-624507_4.jpg
ci-624507_3.jpg
今回のジオス70周年記念モデル GIOS SETTANTA も、売れ行き次第では継続して2019年モデルとして販売してくれたら嬉しいな。
(´・ω・`)ジオス65周年モデルスチールマスターも当初は限定モデルでしたが、売れ行きが好調だったこともあって販売が継続されていましたし。
ジオスは記念モデルでも、人気が出たら継続してくれる所が嬉しいですね。
GIOS ジオス 2019年モデル SETTANTA FRAMESET セッタンタフレームセット

2017年10月06日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 GIOS LUNA(ジオス ルナ)  後日ドロップハンドル化して、レースでの使用も想定している仕様がストイック

imgrc0068375419.jpg
2018年モデル ジオス新型モデル「LUNA」

アルミ&カーボンフォーク仕様の新型クロスバイクの登場です。
最新のロードバイクに使われているジオメトリーを持ち、フラットハンドルながら剛性感に満ちたロードバイク寄りのクロスバイクです。
最新のハイドロフォーミング技術を投入した、新型フレーム形状だからかなり期待が持てそうですよ。
ドロップハンドルへの交換で、後日ロードバイク化も可能。

確かに後日レーシング用ロードとして使えるようにコンポはティアグラスペック。
(もちろん4アームクランク仕様)
ホイールもシマノSHIMANO WH-R501を採用。通常の街乗りロードというよりは、後日ドロップハンドル化してレースでの使用も想定している仕様がストイックですね。

imgrc0068375414.jpg
ホイールセット SHIMANO WH-R501 新型2018 GIOS LUNAは、ロード系パーツをフル装備している
(´・ω・`)逆にジオスの名クロスバイク「ミストラル」なんかは、正にクロスバイクの走行性能。
フレームがクロスバイク専用設計で、ロード用シマノホイールSHIMANO WH-R501を履かせることで走行性能を稼いでいますよね。
かなりの部分、走行性能をホイールに依存している。

ジオス新型モデル「LUNA」は、最初からロードでの使用を想定している。
だからこそミドルクラスのロード系ティアグラコンポ、新型ロード系フレーム&カーボンフォーク、ロード用ホイールを完全武装。
ラレーのクロスバイクRALEIGH RADFORD 7なんかもそうだけど、後日ロード化を想定したクロスバイクモデルが増えてきた気がする。
ロードの入口に誘い込む為のクロスバイクと言うべきか。
imgrc0068375418.jpg
ハンドルバー GIOS ORIGINAL 540mm
ステム    GIOS ORIGINAL 90mm

imgrc0068375417.jpg
シフトレバー SHIMANO SL‐4700
グリップ VLG‐411

imgrc0068375416.jpg
ブレーキ TEKTRO R340
imgrc0068375415.jpg
フォーク GIOS ORIGINAL CARBON FORK
imgrc0068375413.jpg
フレーム ALUMINUM D.B. SPECIAL TUBING FOR GIOS
imgrc0068375412.jpg
imgrc0068375410.jpg
ジオスがあえてホリゾンタルフレームを放棄して、トップチューブとシートステーの段差がある最新フレーム形状を採用してきたか……しかもジオスブルーカラーではなく、あえてブラック。
(´・ω・`)かなり本気で、スピード系フラットバーロードに挑んできたのかも?
imgrc0068375409.jpg
F/ディレ-ラ:SHIMANO TIAGRA
R/ディレ-ラ:SHIMANO TIAGRA
クランク:SHIMANO TIAGRA FC-4700 50/34t
フリーホイール:シマノCS-HG500 12-28T

imgrc0068375408.jpg
imgrc0068375407.jpg
サドル GIOS ORIGINAL
適合身長:450mm/155cm~170cm
      490mm/168cm~178cm
      520mm/175cm~185cm
重量9.8kg

やっぱりジオスだけあって、ロードを意識した新型クロスバイクですね。
ジオス新型モデル「LUNA」はアルミ系クロスバイクの中において、フラグシップモデルに位置する新型です。

最近10万円台の高速系クロスバイクモデルが徐々に増えてきて嬉しい……

( ;゚ω゚)GIOS LUNAと KhodaaBloomの高速&超軽量フラットバーロード「 RAIL 700SL-LTD」がバトルしたら、どちらが性能が上か純粋に気になるな……
【P最大9倍+クーポン(10/6 10時まで・エントリ含)】2018モデルGIOS(ジオス)LUNA(ルナ)アルミフラットバーロード・クロスバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2017年10月05日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 GIOS AERO LITE DISC(ジオス エアロライトディスク) ディスクブレーキの規格が大体固まってきたので、各ブランドは続々とディスクモデルを投入する傾向



cc-gios-aerodi281_1.jpg
2018 GIOS AERO LITE DISC

(´・ω・`)これがあの噂のジオス エアロライトディスクって奴ですか……
カッコええ……いいなあ……

エンド幅もエアロライトフレームをディスク仕様にしたということか。
これで制動能力が格段に進歩した訳だし制動距離も短くて済む。
しかし、どんなブレーキフィーリングになるんだろう??

でも最近エアロロードのディスク化が進んでますね。コルナゴコンセプトもディスク化してしまいましたし。
ディスクブレーキの規格が大体固まってきたので、各ブランドは続々とディスクモデルを投入する傾向にあります。

キャノンデールシナプスもディスク化したし、デローザのプロトスも遂にディスクモデルが登場でしょう?
逆にBH G7なんかはディスク&電動Di2を搭載して、一気に先行しています。
以前はMTBなどが、得意なブランドがディスクロードを出してくる場合が多かったけど。
段々ロードがメインのブランドからも、ディスクロードが出てくるパターンがこれから先も増えるのでししょうね。
cc-gios-aerodi281_2.jpg
エアロ系ロードのフラグシップモデルエアロライトの基本性能をベースにフラットマウント規格ディスクブレーキを搭載。
ダウンヒルやコーナー時でも安定した制動力を発揮。
天候に左右されないブレーキフィーリングでビギナーサイクリストにも安心して楽しんでいただけます。
走る、曲がる、止まるのエアロライトディスクで、攻めのエキスパートライダーにも納得していただけるフレーム。

AERO LITE DISC(エアロライト ディスク)

カラー GIOS BLUE
チュービング HIGH MODULUS 30T UNIDIRECTION CARBON MONOCOQUE
サイズ 480/500/520/540mm(C-T)
重量 1100g(Frame)380g(Fork)


非ディスクブレーキの通常版エアロライトにフレーム重量は900g。
200g程度は重量が増しているか。
cc-gios-aerodi281_6.jpg
(´・ω・`)この展示品に使用されているのは……ハイドローリックディスク対応のSTRS685 デュアルコントロールレバーか?
cc-gios-aerodi281_5.jpg
ヘッドパーツ FSA NO 42/ACB 1-1/8" 1-1/2"
cc-gios-aerodi281_7.jpg
cc-gios-aerodi281_4.jpg
フォーク GIOS ORIGINAL CARBON FORK
cc-gios-aerodi281_20.jpg
cc-gios-aerodi281_13.jpg
cc-gios-aerodi281_3.jpg
フレーム HIGH MODULUS 30T UNIDIRECTION CARBON MONOCOQUE
ホイール AXLE 12 E-THRU

cc-gios-aerodi281_8.jpg
cc-gios-aerodi281_18.jpg
BB 68mmBSA
cc-gios-aerodi281_9.jpg
cc-gios-aerodi281_10.jpg
cc-gios-aerodi281_12.jpg
シートポスト GIOS ORIGINAL AERO POST
cc-gios-aerodi281_14.jpg
cc-gios-aerodi281_16.jpg
cc-gios-aerodi281_15.jpg

最近ジオスはグラベルロード「ミト」「ナチュール」などにもディスクを採用。
ディスク採用モデルが、着実に増えつつあるのか。
(´・ω・`)しかしまさか、エアロロードのGIOS AERO LITEからディスク化してくるとは思わなかった……
GIOS ジオス 2019年モデル AERO LITE DISC FRAMESET エアロライトデイスクフレームセット

2017年10月04日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 DAHON DASH ALTENA アクアカラー  国内ダホンスピードモデルを支える唯一無二の存在

imgrc0068344739.jpg
2018 DAHON DASH ALTENA アクアカラー
(´・ω・`)実質、2018年モデルダホン国内販売モデルにおいて、最速(最速というか最高のスポーツ性能か?)のモデルは、 このDASH ALTENAですね。
DAHON MU ELITEが2018年モデルからのラインナップから消えた今、このダッシュアルテナの存在意義は大きい。
かつてのダホン高速系ミニベロ「ハンマーヘッド」の後継機ですからね。
LOCKJAW TECHNOLOGY Aluminum フレームという、折り畳み式ダイヤモンドフレームをきっちり引き継いでいるのでモノは確か。
20160225133003177ete.jpg
DAHON Mu LT11

ダホンインターナショナルモデルって高剛性&高速モデルの「DAHON Vigor D11」 とか「DAHON Mu LT11」があるじゃないですか??
もちろんターン系スピード系ミニベロも脅威ですが。
ぶっちゃけまともにこれらの高速系スピードミニベロにまともに対抗できるのは、DASH ALTENA位ですよね。


20141123103229594jgf.jpg
DAHON MU ELITE
(´・ω・`)で、先程も述べた通り今年 高速巡行用「DAHON MU ELITE」って廃盤? になっちゃいましたよね?
ま、2018年モデルのダホンは折り畳み機構を重視した「カール」とか6kg台超軽量モデル「ダブプラス」に力を入れているから仕方ないのですが。
imgrc0068344737.jpg

ハンドルバー DAHON アルミE DROP
シフター SHIMANO CLARIS STI

このダッシュアルテナのみがラインナップ唯一のSTI採用モデル。
街乗りもいけるが、高い運動性を生かして長距離もこなせる。
2018年モデルには新型Shimano Claris 2000番シリーズを採用。
imgrc0068344738.jpg
ブレーキ tektro R315キャリパー
imgrc0068344736.jpg

フォーク DAHON SLIPSTREAM アルミ
リム DAHON smart1.0
タイヤ KENDA KWEST 20 X 1-1/8

imgrc0068344734.jpg
フレーム LOCKJAW TECHNOLOGY Aluminum
折畳みには6mmアーレンキー(六角レンチ)を使用。
レバータイプ以上の固定力と、シルエットを崩さないスマートな機構が特徴のLockJawテクノロジー。

imgrc0068344735.jpg
(´・ω・`)ぶっちゃけ、高速径ミニベロを数多くそろえるダホンインターナショナルに対抗するなら、このダッシュアルテナしかないと思う。
20~30万円台のスピード系ミニベロに、12万円台で対抗出来るモデルがダッシュアルテナだ。
やはりLockJawテクノロジーを採用して、フレーム剛性を獲得している点が大きい。
20141121102713feedfgrews.jpg

ダホン ハンマーヘッド
これは、旧モデルのダホンハンマーヘッドというモデルだけど。
結局、この旧モデルの高速性能って、現在のスピードミニベロにも十二分に通用するということですね。
このハンマーヘッドはブルホーンバー仕様だったけど、恐ろしくフレームとの相性が良かった。
ブルホーンバー版ダッシュアルテナとか出てこないかな……
imgrc0068344733.jpg
(´・ω・`)スピード性や高い運動性能を誇るミニベロではあるが、デザイン的にはクラシカル感やファッション性を重視。
imgrc0068344732.jpg
コンポ F:SHIMANO CLARIS R:SHIMANO CLARIS
クランク POLISHED ANODIZED 53/39T
カセット SHIMANO 11-32T


imgrc0068344731.jpg
適合身長:Mインチ:157-178CM
      Lインチ:175-193CM

フォールディングサイズ:92X89X36CM(Mサイズ)
                93X91X37CM(Lサイズ)

重量:10.8KG(Mサイズ)
    10.9KG(Lサイズ)

imgrc0068344740.jpg
2018 DAHON DASH ALTENA ドレスブラック
imgrc0068344743.jpg
ダッシュアルテナがオールブラックに……
クランクから、他のパーツまでブラック系パーツで固めていますね。

【P最大19倍+クーポン(10/5 2時まで・エントリ含)】DAHON(ダホン)DASH ALTENA(ダッシュアルテナ)2018モデル 折り畳み・フォールディングバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2017年10月03日 トラックバック(0) コメント(0)

【速報】楽天RIDE-ON60%OFFSALE砲きたぁぁぁぁぁぁーーー!!! あの2016 BH G7 DISC ULT Di2が60%OFF!!!!!????


gatag-00002581cfwsafrcadc.jpg
ヽ(`Д´)ノ 楽天RIDE-ON 60%OFF SALE砲、いきなりきたぁぁぁぁぁぁーーー!!!

16bh-012gf.jpg
2016 BH G7 DISC ULT Di2
メーカー希望小売価格 税込 842,400 円→税込 336,960 円

(;゚д゚)………!?
あのBH G7 DISC ULT Di2が60%OFF!!!!!????
楽天ライドオン様が、楽天お買い物マラソンに合わせてとんでもない値引きを行ってきましたね!!
16bh-012-s.jpg
マジで税込 336,960 円!!!???
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル いやいやいや、この値段何かおかしいですって!
仮にも電動Di2アルテグラ完成車だぞ!!??? 最高峰の剛性を誇るG7ディスクフレームだぞ!? 油圧ディスクだぞ!?

他にもルイガノ 2015 LGS-HST1がゲリラ的な値引きで、60%OFFだったんですが。
速攻で完売した模様!!

BH(ビーエイチ) 2016 G7 DISC ULT Di2/G7 ディスク ULT Di2【ロードバイク/ROAD】【適応身長178cm以上】【※ペダル別売り】

2017年10月02日 トラックバック(0) コメント(0)