スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2017年11月

現在12万円台!! ビアンキコンフォートフルカーボン完成車「INTREPIDA SORA」!! レース用? それともコンフォート用?


100000040284-l2.jpg
2017 BIANCHI INTREPIDA SORA
メーカー希望小売価格165,240円→21%off販売価格129,980円(税込)(完売)

( ;゚ω゚)……現在12万円台で購入可能な、ビアンキコンフォートフルカーボン「INTREPIDA SORA」ですよ。
サイクルベースあさひで、現在12万円台で購入可能!!
(まあ、実際は13万円と言えなくもない価格設定だが。個人的にビアンキフルカーボンがここまで価格を下げた事時代驚きだ!!)
サイズは48cm、51cm限定。
カラーはチェレステ、マットグラファイト、マットホワイトを選択可能。
色々「INTREPIDA SORA」の価格帯を調べてみたのですが、現在ギリギリ12万円台のこれが最安ですね。
20160720093843fb3xs (1)
BIANCHI INTREPIDA SORAは乗り易い!
(´・ω・`)INTREPIDAって、ビアンキモデルらしく快適性が高いのが特徴。
乗り易いし、走りがシルキー(抵抗感がない)なんですよね。
単純に走っていて疲れ難い。
ゼロ加速性能はそれ程でもないですが、速度に乗ってくると走りがどんどん滑らかになって面白いんですよ?
速度を維持する能力が高いんですよね。
更に単純に言うと、速度が落ちにくい。常に快適に走ってくれるモデルだ。
2016072009384315exs (1)
(INTREPIDA Soraは衝撃吸収性が良好)
石畳で確認したのですが、INTREPIDA はフレーム全体で路面からの衝撃をコントロールしてしまう能力を有しています。
石畳も軽やかに走れる理由は、やはりフレーム形状でカバーしているから。
エントリーモデルとは思えない肉厚&複雑なチェーンステー部を見てもらうと分かりますが。

INTREPIDAはフレーム全体で、美しく衝撃をコントロールしてくれる。
ぶっちゃけ、剛性やスピード性能、加速性はオルトレやセンプレには負けるが。
逆にINTREPIDAは乗り易さ、快適性にかけてはミドルグレード系ビアンキに対抗出来る。
20160720093919234xsa (2)
コンポは2016年モデルよりモデルチェンジされた、新型SORA R3000を採用。
硬めで重めだった、旧SORA R3500よりも変速性能が軽くなっています。
(´・ω・`)確か、INTREPIDA SORAに試乗したときもブレーキの引きはかなり軽かった記憶がある。
20160720093919234xsa (1)
SORA組ながらインターナルカーボンフレームを採用。
2016072009384315exs (2)
クランクセット Shimano FC-R345 50/34T 170/170mm
(´・ω・`)ブレーキはPromax RC-471とミックスコンポーネント仕様だ。
ただ、実際の操作性においては、そう悪くない。
後日パーツグレードを上げてあげれば、かなり面白い事になるのでは?
20160720093843fb3xs (2)
剛性はエントリーカーボンモデル以上、ミドルグレードカーボン未満。
インテンソの加速性能には一歩劣る。
ただ、巡行中速度を維持する能力や、快適性、衝撃吸収性に関してはかなり期待していい。
そんなにカーボングレードは高くないがINTREPIDA の場合、ダウンチューブを見ての通りフレーム形状(多角形)を色々いじって性能面を向上させている。

(´・ω・`)……価格を抑えて、長距離ツーリングやロングライド、あとは快適な街乗りにも対応出来る性能を有している点がいいですよ?
体の負荷が少ないビアンキカーボンモデルなので、週末だけ乗る方に向いているかな。



171124-p10bgd (2)

2018 bianchi SEMPRE PRO SORA
価格108,800円 (税込 117,504 円) 送料無料

20170301100831c39rtgre (2)
( ;゚ω゚)逆に、レーシーなビアンキフルカーボンフレームが欲しいなら「2018 Bianchi SEMPRE PRO SORA」ですね。
今なら11万円台で購入可能。
20170301100831c39rtgre (1)
2017 Bianchi SEMPRE PRO Tiagra(参考画像)
走りが軽快で、加速感まで「軽い」のがSEMPRE PROフレームの特徴。
(´・ω・`)TiagraスペックSEMPRE PRO の試乗の際、レース志向に近くなった感があったな。
後日現行のTiagraに換装してあげるだけで、操作性はかなりレーシー寄りになります。

2018 Bianchi SEMPRE PRO SORAは「コンポ載せ替えに最適なカーボンロードバイク!」と歌われていますが。
ビアンキ側としては、SEMPRE PROフレームのレーシーな性能を、まずは体感してもらいたくてこの価格設定にしたんでしょうね?


コンフォートかつ快適に乗りたいなら12万円台の「2017 BIANCHI INTREPIDA SORA」。
後日レース仕様なども視野に入れているなら11万円台の「2018 bianchi SEMPRE PRO SORA」を選択すればいいかと。

Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル SEMPRE PRO TIAGRA(センプレプロティアグラ) ロードバイク ROAD

2017年11月30日 トラックバック(0) コメント(0)

SHIMANO STEPS E8080シリーズ(日本向け仕様)お披露目! 春頃に向け、各ブランドがSHIMANO STEPS搭載新型ebikeを販売予定!!



DSCN4401cd.jpg
DSCN4411ge (2)
日本向け仕様eバイクコンポーネント「SHIMANO STEPS」がお披露目されていました。
ヽ('∀`)ノ なんとミズタニブースで「SHIMANO STEPS」は試乗可能!
興味津々で試乗した訳ですが。
(後日レポートしますが、SHIMANO STEPSは操作性が簡単で実にモニターが見易く、想像以上にパワフルな「ダイナミック感のある」なアシストでした!)
とりあえずコンポが展示されていたので、拝見してみることに。
DSCN4405gre.jpg
SHIMANO STEPS E8080シリーズ(日本向け仕様)

SC-E6010サイクルコンピューター
・大きなスクリーン
 ワイドな画面と読み取り易い大きなフォント
・シンプルな操作
 パワーon/offスイッチ
 ライトon/offスイッチ

SW-E6010 スイッチユニット
・シャープでスマートなデザイン
・エルゴノミック形状で直線的な操作が可能
・明確なグリップ感

SM-DUE11 スピードセンサーシステム
・MTBに適したタフな設計
 堅牢で耐久性の高いプラットフォーム
 ワイドタイヤとのクリアランス確保
・対応性の向上
 センターロック ディスクブレーキ フリーハブ(10・9・8
スピード)およびMTB(11スピード)およびセンターロックディスクブレーキ(11/8スピード内装ギア付きハブ)に対応。
・センターロック ディスクブレーキシステム
 コンパクトでクリーン、かつロープロファイルなデザイン
 取り付け、セッティングが容易。
・E-バイク専用ディスクブレーキローターとマグネットブラケットの組み合わせ。
 マグネットブラケットは通常のディスクローターには非対応
 E-バイクディスクブレーキローターはリアホイール専用

RT-EM800 スピードセンサーシステム(ローター)
・外径 S:160mm M:180mm

DSCN4404r42 (1)
DU-E8080ドライブユニット
・SM-DUE80-A ドライブユニットカバー
・SM-DUE80-Bドライブユニットカバー

・コンパクトドライブユニット
ショートチェーンステーに対応
サスペンションやタイヤとのクリアランスを確保
電源出力 ・70Nm(最大)250 W
軽量 ・バイクの取り回しが向上
DU特製
・ダイレクトで自然なペダルフィーリングを実現
・安定したパワーアシスト出力

FC-E8050 クランクセット
SM-CRE80 チェーンライン50mm用チェーンリング
・10S/11S用:34T、38T(チェーンガード無し)
 中空クランクアーム
・HOLLOWTECH Ⅱタイプ BBアクスル
・DYNAMIC CHAIN ENGAGEMENTでチェーンの脱落を防止
・チェーンライン50と53mmに対応
・チェーンマネージメント
 チェーンデバイス
  ドライブユニットダイレクトマウントタイプ
  フレームマウントタイプ
・クランクアーム長 170、175mm

BT-E8010 ダウンチューブ用バッテリー
BM-E8010 ダウンチューブ用バッテリーマウント

・ロープロファイルデザイン
・衝撃や振動に対して高い耐久性
・浸水防止
・容量504Wh(36V 14Ah)
・耐久性に優れたバッテリー
・バッテリー寿命 1000サイクル 1000サイクル後も、フル充電で300Wh 約60%を越える能力があります(参考値)
DSCN4408get (2)
SHIMANO STEPS参考展示車
DSCN4412gergre (1)
なんとローターにスピードセンサーシステムを内臓させる事も可能なんですね。
だから、ブレーキはディスクブレーキだけなのか……
DSCN4411ge (1)
SHIMANO STEPS単体では販売されないのか。
でも逆にebike用のフレームさえ、各メーカーが用意してしまえばいいのか。
「SHIMANO STEPS」を搭載することで、容易にebike完成車を用意することが可能になった訳ですね?

ヽ('∀`)ノ これで一気にebikeに参入してくるブランドも増えますね!!
DSCN4408get (1)
(´・ω・`)おお…・・ここまで自然にドライブユニットが組み込まれているとは……
DSCN4404r42 (2)
こうして見て見ると「SHIMANO STEPS」って、MTBに対応したeバイクコンポーネントなんですね。



ここから先は「SHIMANO STEPS」を搭載した、各ブランド完成車のお披露目です↓
基本的にクロスバイクがメインでした。
DSCN4544gw (2)
DSCN4550hrt (2)
深谷産業
GHISALLO E-305(仮称) 
2018年春頃 販売予定

DSCN4553htr (1)
DSCN4554htr.jpg
ミズタニ自転車
Seraph
2018年春頃 販売予定


( ;゚ω゚)嘘だろ? あのミズタニ名ミニベロモデル「セラフ」がeバイクとして復活??
ミズタニブースで、「セラフ」の試乗車が用意されていたので試乗してみる事に。
【後日、試乗記事をUPする予定】
DSCN4551gre (2)
DSCN4550hrt (1)
あさひ
LOUIS GARNEAU
モデル名未定

DSCN4636vfd.jpg
( ;゚ω゚)ルイガノはSHIMANO STEPSを採用した、ミニベロモデルも準備しているのか……
DSCN4551gre (1)
DSCN4412gergre (2)

ミヤタサイクル
MIYATA CRUISE
2018年2月1日(販売予定)

噂のシマノステップス搭載モデル「MIYATA CRUISE」もお披露目されていた


eバイクコンポーネントSHIMANO STEPSの対応力に驚く。
(´・ω・`)ここまで多様性があるとは……
これ、一気にebike搭載モデルが春頃から出てきそうな勢いではないですか?


20171107132922b5etwgre.jpg
YAMAHA YPJ-XC(参考出展車)
ヤマハはヤマハでパワーユニット「PW-SE」を搭載した、参考出展車を用意。
「PW-SE」を後日、日本国内向けにYAMAHAが供給という事はあるんだろうか??
DSCN4872fadsjyfgre.jpg
PANASONIC XM1
( ;゚ω゚)……パナソニックはパナソニックで、パワー主体の完成度が高いeMTBを市場に投入!!
なんだか、2018年は爆発的にebikeが普及しそうだ。
電動自転車 2019 パナソニック XM1

2017年11月29日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 CANYON ULTIMATE CF SL DISC試乗体験インプレ あえて、本音を言わせていただくと……


DSCN5083vds (1)
2018 CANYON ULTIMATE CF SL DISC (キャニオン アルティメット CF SL ディスク)試乗体験インプレ
以前ULTIMATE CF SLに試乗しましたが、ディスクモデル化したULTIMATE CF SL DISCに試乗してみました。

やはりディスク化しても、ULTIMATE CF SLの乗り易さは健在。
走行時も負荷が少ないですね。
加速に無理なく、どの速度域でも対応できる懐の深さがあります。
(ノーマルクランクだが軽く、連続した加速で速度を伸ばしてくれる)
特に推進力を発揮している時に、抵抗感が少ない。
どこまでも、速度が伸びていきそうです。
速度が伸びた後、ドイツロードらしく巡行性能を発揮。
自然にスピードが伸びていってくれるロードですね。
DSCN5085vs (2)
(´・ω・`)元々衝撃吸収性が高いロードでしたが。
更に、衝撃吸収製が向上した感がある。
基本的に、無理なく速度を伸ばすのに適したフレーム。
SHIMANO 105グレード油圧式ディスクブレーキ「ST-RS505」もスピードコントロールが自然に行えて良好。
DSCN5083vds (2)
サイズMで平均重量 7.8 kg。
(`・ω・´)……確かに、CANYON ULTIMATE CF SL DISCは反応もいいし、乗り易いし
良く出来たディスクロードだが……
あえて、本音を言わせていただくと……
DSCN5238hrskut.jpg
2018 KhodaaBloom FARNA PRO AERO DISC
(´・ω・`)こういっちゃ何なのですが……レーシングディスクロードとしての性能は、FARNA PRO AERO DISCの方が上ですな。
こっちはディスクブレーキモデルR9170系DURA-ACEを搭載した化け物だから、価格の面でも比較しようがないのですが。

確かに2018 CANYON ULTIMATE CF SL DISCは乗り易いし、加速性もスムーズだし。
無理のない、実にいいディスクロードだとは思う。
CANYONブランドが好きな方、デザインが好きな方はこちらで十分満足出来ると思う。
img6c4e90afzikczjca.jpeg

だが、実際の両モデルの速度の伸びはどうだろう??  スピード性能は? 推進力は? 剛性は?
比較すると……FARNA PRO AERO DISCの方が、CANYON ULTIMATE CF SL DISC より更に速度の伸びがあった。

何より、問答無用でKhodaaBloom FARNA PRO AERO DISCはCANYON ULTIMATE CF SL DISCより速い。更にその高速性に対応した走行安定性も獲得している。
CANYON ULTIMATE CF SL DISCの速度の伸びは(推進性)、もう一歩KhodaaBloom FARNA PRO AERO DISCには及ばないのだ。
20171126095657474kyu (2)
20171126095657474kyu (1)
( ;゚ω゚)……一番驚いた(衝撃的)点は、国内系バイクブランド「Khodaa Bloom」が、ドイツブランド「CANYON」を圧倒するディスクロードを出して来たことだ。
もちろんコンポやパーツのグレードも、価格帯も違うモデルという事は承知しているが。

今でも信じられない。まさか国内系ブランドディスクロードが、あのキャニオンを上回るなんて……
なんで最近Khodaa Bloomのフラグシップ系は、ここまで性能を引き上げてきたんだ??
ありえんだろ……

CANYONには済まんが、KhodaaBloom FARNA PRO AERO DISCの方が性能的に上回っている。
繰り返すがスピード性能、それに対応したコントロール性、高速性……兎にも角にも素晴らしい。
201711260957090eyjf.jpg
2016年あたり、正直もう国内系ブランドは駄目じゃないかと、絶望的な気分になっていたが。
2017年モデルに、あの「Khodaa Bloom FARNA ULTIMATE」が登場。
そして新型FARNA PRO AERO DISCの、この完成度ですよ。

( ;゚ω゚)……海外勢に唯一対抗出来る国内系ブランド「Khodaa Bloom」!! という感じになってきた。
Khodaa Bloom コーダブルーム 2019年モデル FARNA PRO AERO DISC9100 ファーナプロエアロディスク9100 [完成車]

2017年11月28日 トラックバック(0) コメント(0)

超軽量7.4kg RENAULT ULTRA LIGHT7を片手で運んでみる。ウルトラライト7用オプションや収納バッグを見学。



DSCN4266gr.jpg
超軽量7.4kg RENAULT ULTRA LIGHT7

(´・ω・`)7.4kgの超軽量折り畳み自転車、ウルトラライト7を簡単に持ち運んでみました。
とりあえず、体感的にどの程度の重量か知りたかったので。
あとウルトラライト7用オプションや収納バッグをスタッフ様にレクチャーしてもらいながら見学しました。
その時の様子などを紹介します。
DSCN4272csd (1)
折り畳み方をレクチャーしてもらいながら、やってみる。
基本的に折り畳み操作に慣れていなくても、3回位繰り返せば覚えてしまうのでは?
あと車体が14インチホイールモデルならではのコンパクト設計なので、やはり折り畳み操作が楽だ。
サドルを下げ→ペダルを適正な位置に持っていき→ハンドルポストを折り曲げ→フレームを折り畳めばOK。

DSCN4274cds.jpg
折り畳み完了。
基本ハンドル部は、折り畳み時内側に収納される形になる。
だから折り畳んでも、ハンドルがぶらつく事は無い。
DSCN4275cd (1)
片手で持ってみる!!
( ;゚ω゚)か、軽っ!!!! 流石、7kg台!!
普通に片手で持てる!

許可をいただき、片手で折り畳んだ状態のRENAULT ULTRA LIGHT7持ってブースを一周してみる。

(´・ω・`)普通に、片手で気楽に歩けた。
DSCN4273cd (1)

ただ流石に片手だと次第に、重量を感じてはくる。
当然だが外で折り畳んだ状態で持ち運ぶ際には、収納バッグ類が必要だと思った。
そうすれば、更に負担は軽くなるはず。
DSCN4326cds.jpg
DSCN4321fe (1)
Vélo Line(ベロライン) 大容量スマートサドルバッグや、3WAYバッグなど。
ウルトラライト7に使えそうなバッグ類が展示。
色々見学する事に。
DSCN4323zc.jpg
veloline(ベロライン)大容量スマートサドルバッグ
(´・ω・`)あ、そうか。
バイクパッキング風に、ウルトラライト7を楽しむという手もあったか。
防水6.8リットルの容量。
インナーバッグのみ取り出す事も可能。

DSCN4321fe (2)
veloline(ベロライン)キャスター付輪行3WAYバッグ
キャリーとして、リュックとして、ショルダーとして使える。
(´・ω・`)見ての通り、ウルトラライト7が収納されていた。
バッグの下の方に、車輪を確認。
86935-01.jpg
車での移動や電車などでの輪行時に、使えるそうだ。
小さく折り畳め背負うことが出来る点が個人的に助かる。

旅先での走行時にもバックの収納にも。

DSCN4272csd (2)
MOBILLY(モバイリー)14・16インチ用収納バッグ
(´・ω・`)14.16インチ用 収納バッグで、小さく収納してある。
広げると、ウルトラライトがすっぽり収納可能。
しかもサドル下に装着可能。
86913-01.jpg
ウルトラライト7を購入するユーザーの方の多くは、この収納バッグをついでに購入していくそうだ。
これはこれで、手軽に使える収納バッグなんですね。

DSCN4273cd (2)
展示中、ウルトラライトユーザーが時折チェックしていたオプション類。
14インチ専用オプションコーナーって、珍しい。
DSCN4275cd (2)
Vélo Line(ベロライン) 伸縮式 前後フェンダー 簡単取り付けタイプ
(´・ω・`)伸縮式フェンダーも取り付け可能だったのか……
確かにこれなら輪行にも邪魔にならないし、普段使いにもいいな。

ルノー(RENAULT) 軽量・コンパクト 7.4kg 14インチ 折りたたみ自転車 ULTRA LIGHT 7 F アルミフレーム 鍛造フォーク 47T×10T

2017年11月27日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 KhodaaBloom FARNA PRO AERO DISC試乗体験インプレ スピード狂の為の、レーシングディスクモデルだった!!



DSCN5238hrs.jpg
KhodaaBloom FARNA PRO AERO DISC試乗体験インプレ
油圧ディスクブレーキやスルーアクスルを搭載することでレースマシンとしての、ブレーキ性能や安定性を強化した「FARNA PRO AERO DISC」に試乗してみました。
fvzd5345.jpg
(`・ω・´)b 感想を一言で言うと……スピード狂の為の、レーシングディスクモデルでした!

去年ノーマルの非ディスクFARNA PRO AERO 5800に試乗して、高い剛性感や加速性能に驚愕したものですが。

2018年モデルからディスク化した事によるスピード性能や加速感、剛性感は失われていないですね。
ヽ('∀`)ノその上で、安定性が強化されている!!
基本的に高速を得意とするスピードモデルではあるんですが。

DSCN5253hsyr (2)
(非常に乗り易かった)
まず最初に安定性が良い。実に扱いやすく、乗り易い。
無理せず自然に速度に乗ってくれる。
しかも速度が増しても、更に加速しようとする。走行中の再加速性能はずば抜けているモデル。

(速度が乗れば乗る程、安定感が更に増してくる)
剛性主体で突進していく、レーシングモデルとしてのFARNA PRO AEROの性能は健在!
更に、走行中の安定性が体感的に増している。
(´・ω・`) ディスクブレーキを始めて採用してきたことで低重心化が効いている。

一気に加速して、速度を上げてくるのでスピード狂にはたまらないのでは?
しかも加速感は軽快。

(12mmスルーアクスルを採用した事で、コントロール性が増した)
コーナーリングや、走行中のコントロールが良好。
カーブでの安定感も増している。
やはりスルーアクスル化したことが、コントロール性能の向上に一役買っている。

(衝撃吸収性)
加速や推進力をバックアップするかのような、衝撃吸収性は健在。
今回も路面からの実に細かい振動までフレームが処理。
路面からの衝撃をフレームが処理中、スピードが逃げる事がない。

結論 ディスク化してもレーシング性能は維持されている
DSCN5246vfd.jpg
(`・ω・´)この高速感と安定感! 病みつきなりそうな走行感だ!!
DSCN5244vfs (1)
ハンドルバー SHIMANO PRO PLTコンパクト φ31.8
DSCN5254vf (1)
ハンドル落差を大きくとれるヘッド設計でレーシングポジションを実現
ハンドルステム SHIMANO PRO PLT
DSCN5253hsyr (1)
F.ハブ MAVIC Ksyrium Pro UST DISC
リム MAVIC Ksyrium Pro UST DISC
スポーク MAVIC Ksyrium Pro UST DISC
タイヤ MAVIC YKSION PRO UST 700×25C

DSCN5239vf.jpg
フォーク Carbon Fork 1-1/8~1-1/2 12mmスルーアクスル
12mmスルーアクスルを採用しフレームとシャフトを一体化させ高い剛性と強度を確保
DSCN5257gtae.jpg
ブレーキセット SHIMANO BR-R9170
ブレーキローター SHIMANO ST-RT900(160mm)
160mmローターを採用し繊細なブレーキコントロールを実現
ハイドローリック・ブレーキシスムDura-AceグレードBR-R9170を採用。
(´・ω・`)FARNA PRO AERO DISCって、鉄砲玉みたいに速度が出るじゃないですか?
実にナチュラルに、スピードコントロールがし易くて助かった。

しかも制動力が実にナチュラルなので、無理なく細かい減速も可能。
「ガン! ガン!」と無理なブレーキ感が無い。
「クッ、クッ、クッ」と小気味良く自然に、ブレーキが効く。

制動性が自然かつ強力になったので、FARNA PRO AEROの速度を更に解放するのにもいい。
(`・ω・´)ブレーキ性能が飛躍的にパワーUPしたからこそ、更に前へ突っ込める余裕が増した!!
DSCN524tga0 (1)
フレーム T800&T700 Carbon Frame OLD142mm
航空旅客機ボーイング787の材料にも採用されている東レT800を採用。
剛性感が強いコーダーブルームモデルだ。
DSCN5252ga (2)
F.ディレーラー SHIMANO FD-R9100直付
ギアクランク SHIMANO FC-R9100 52/36T
DSCN5252ga (1)
BBセット SHIMANO SM-BB92-41B BB86 プレスフィット
DSCN5244vfs (2)
R.ディレーラー SHIMANO RD-R9100
ギア SHIMANO CS-R9100 12-25T

DSCN524tga0 (2)
DSCN5254vf (2)
サドル selle italia FLITE
シートピラー SHIMANO PRO PLT φ27.2 400mm 20mmオフセット


サイズ
470mm(適応身長:155-170cm)
500mm(適応身長:165-175cm)
540mm(適応身長:170-185cm)
重さ
完成車:7.6kg(500mm)
フレーム、フォーク:1530g(500mm)


(´・ω・`)FARNA PRO AERO DISCって、コーダーブルームシリーズの中においても、剛性感の強いレーシングディスクロードバイクですね。
このスピード感がディスクロードで味わえるのは、ちょっと贅沢な気がする……

日本人向けの体格向けのロードディスクモデルというよりは、スピード中毒者向けロードディスクモデルだと思う。

Khodaa Bloom コーダブルーム 2019年モデル FARNA PRO AERO DISC9100 ファーナプロエアロディスク9100 [完成車]

2017年11月26日 トラックバック(0) コメント(0)

今週のセール品お勧め一覧(11月25日) 40%OFFセール品を中心に、まとめました。

今週のセール品お勧め一覧(11月25日)です。
(´・ω・`)40%OFFセール品を中心に、年末に向けて一気にまとめました。



fag44246564.jpg
100000031185-l0gegw.jpg
2016 louisgarneau LGS-RSR2
メーカー希望小売価格140,400円→40%off販売価格84,240円(税込)
(´・ω・`)サイクルベースあさひで行われているルイガノ40%OFFセールですが、現在の売れ筋はティアグラスペックフラットバーロードLGS-RSR2。
4アームクランク仕様、シマノ製ホイールR501Aもついてくる。


hyrtr546464vf.jpg
100000041473-l0fwfew.jpg
2017 FUJI TRACK PRO(トラックプロ) ロードフレーム
メーカー希望小売価格96,120円→50%off販売価格48,060円(税込)
(´・ω・`)FUJI TRACK ELITEフレームの50%off半額品は、完売した模様。
残るはFUJI TRACK PROフレームのみ。


100000045614-l0.jpg
2014 BE_ALL ALWAYS 機械式ディスクブレーキ
メーカー希望小売価格93,312円→40%off販売価格55,980円(税込)

シマノSORAスペック。3×9SPEEDのギヤ、高い制動性を発揮するディスクブレーキ。
更にはさらにフェンダーも備えています。
(´・ω・`)セミドロップハンドルにバーコンで変速操作。
普通に5万円台で、ツーリングやバイクパッキング風に使用できそうだ。
この ALWAYSがセールで人気なのは、ツーリング系バイクが流行しているからでしょうね。
サイクルベースあさひで行われているBE_ALLセールは、電動内装変速Di2モデルから3万円台で買えるクロスバイクまで、実にユニークな掘り出し物が多い。


fgregeg534.jpg
【※半額!】コナ 2016 ジング AL/ZING AL【ロードバイク/ROAD】【KONA】【運動/健康/美容】
メーカー希望小売価格 (税込 170,640 円)→半額 価格(税込 85,320 円)
(´・ω・`)楽天ライドオンがKONA50%OFFセールを行っているのですが。
順調に在庫が動いているせいで、次第にセール品ラインナップも少なくなってきました。

例えばコナのアルミ系モデル「ジング」
7000系(7046バテッドアルミ)アルミフレームに 4700系ティアグラスペック。
Shimano R501AホイールにContinental UltraSport II まで付いてくる。

他にもエンデュランスディスクロード「エザット ディスク」半額品なども、確認。
bia-pro-sorafrwfq.jpg
ビアンキ 2018年モデル SEMPRE PRO SORA(センプレプロアソラ)【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】
税込 117,504 円
( ;゚ω゚)販売価格税込15万円台位だったのが、一気に11万円台に!!
フレーム性能は本格的にグレードUP化したのに。
コンポは2018年モデルからSORA化したリーズナブルなモデルが、更に値引き!
IMGP2211vscd.jpg
2012 BIANCHI SEMPRE 105
かつてセンプレはビアンキのフラグシップカーボンモデルとして君臨した、レーシング系カーボンモデル。
その後オルトレ、スペッシャリマなどが登場に、ミドルグレードカーボンロードの位置に。

それが今回初心者用エントリー系カーボンモデルよりも激安で販売されているんですから。
2012年頃はまだまだコンフォートな乗り味もありましたが、2017年モデル頃からレーシング性能が上がってきています。
(´・ω・`)フレームのレーシーな走行性能そのものは、向上しているんですけどね。
とりあえず、11万円台で良質なカーボンフレーム完成車を探しているなら、 SEMPRE PRO SORAをチェックしてみては?
サイクルベースあさひ SALE品

2017年11月25日 トラックバック(0) コメント(0)

RENAULT MAGNESIUM6 14インチ マグネシウムフレーム試乗体験インプレ 星☆☆☆進呈 14インチホイール系ミニベロの走行性能の、限界を極めているんではないですか?



DSCN4367fewf.jpg
RENAULT MAGNESIUM6 14インチ マグネシウムフレーム
星☆☆☆進呈
超軽量7.0kg! 超小型マグネシウムフレームを採用したRENAULT MAGNESIUM6 に試乗してみました。

最強の14インチホイールフォールディングモデルですよ!!
マグネシウムフレームが生きていますね!! 

( ;゚Д゚)これは14インチながら走りますね!! 走る! 走る! 走る! 走る!
14インチホイールが連続して加速!! 


MAGNESIUM6に採用されたマグネシウムフレームが、剛性とパワーを見事に獲得している点が見事!!
(ただし、巡行性能はあまりない)
201412091030399bacdw.jpg
BIANCH FENICE 105

RENAULT MAGNESIUM6って、ビアンキロード「フェニーチェプロ」に採用されているスカンジウム合金と性質が似ている……
( ;゚ω゚)……なんとRENAULT MAGNESIUM6は、レーシングカーホイールに使用される軽量マグネシウム合金を、フレームに採用してきたそうな……。
レーシングカーの技術を、投入したとは……。
ルノー関係の技術を、ミニベロへ生かしたモデルなんですね。

DSCN4375vds.jpg
しかもですね、マグネシウムフレームの衝撃処理能力がずば抜けていましてね!
路面からの衝撃を、まるでロードの様に推進力に変換する能力を持っていますよ!!??



14インチホイールながら、なんという機動性の高さ!!
惜しい……これが20インチホイールなら、とんでもないスポ―ティーモデルに生まれ変わるのでは?
(´・ω・`)あとマグネシウムフレームが衝撃を、滑らかにする効果も確認。
これなら、多少荒れた路面でもフレームが対応して体を守ってくれる感がある。
DSCN4381vds.jpg
……14インチホイール系ミニベロの走行性能の、限界を極めているんではないですか?
(´・ω・`)おそらく、14インチ系ホイールミニベロにおいて最高の走りをしてくれますよ??
一見重量7.0kgという軽量さに惹かれますが……
走り。走り。走り。MAGNESIUM6の走りに注目すべき。

マグネシウムフレームが繰り出す金属感を伴った、連続したパワーと剛性。

あと、マグネシウムフレームの独特高級感もあります。
14インチフォールディングモデルながら、フレームで走るタイプのミニベロですな。
DSCN4377vds.jpg
DSCN4389vdas.jpg
高さ調整機能付きアルミハンドルステム
インジケーター(目盛り)がハンドルステムとシートポストに確認。
展開後の高さ調整に迷わない親切設計。
DSCN4371vre.jpg
折り畳みレバーは、通常のウルトラライト7を引き継いでいました。
DSCN4370vrr.jpg
DSCN4378vds.jpg
DSCN4369vfw.jpg
ブレーキ:Vブレーキ(前後)
さすがにこれだけ走るなら、Vブレーキで正解。
といっても、さすがにロードパーツを採用した20インチスピード系ミニベロのスピード性能には負けますが。
14インチホイール系フォールディングモデル中、最強なのは確か。
16インチホイール系フォールディングモデル相手なら、RENAULT MAGNESIUM6いい勝負をするかも?
ぶっちゃけ、14インチ系でここまでスポーツ性を高めてきたことに感動した!!

DSCN4368fvgweg.jpg
DSCN4379vds.jpg
タイヤ 14×1.75(インチ)
太目のタイヤ 14×1.75が繰り出す走破性と、マグネシウムフレームの剛性感のパワーが見事に融合!!
14インチながら、謎のパワフルな走りを見せてくれます!!
DSCN4387vds.jpg
DSCN4372bed.jpg
DSCN4391vds.jpg
マグネシウムフレーム自体、かなり肉厚な溶接跡を確認。
DSCN4388vds.jpg
クランクアーム 170mm
歯数 フロント47T リア10T

シングルスピード仕様で、パーツごとに鬼の様な軽量化を図っていた。
DSCN4382vds.jpg
DSCN4376vds.jpg
シートポスト径 34mm
DSCN4375vds.jpg
あとぶっちゃけRENAULT MAGNESIUM6のフレームは美しい……
DSCN437vbrvrs.jpg
DSCN4384vds.jpg
(´・ω・`) 星☆☆☆進呈
これにあげなくて、どうする? ってな感じですよ。


RENAULT MAGNESIUM6は持ち運びの際の軽量性と、14インチ系ミニベロにおける高級&スポーツ性能を同時に獲得しています。
見た目高級感がありますけど走りにも高級感があるので、優雅な走りを楽しみたい方にもお勧め。
RENAULT(ルノー) マグネシウム6(MG-FDB140) シルバー 特許出願中(出願番号:2017-055457) 14インチ 超軽量約7kg マグネシウムフレーム折りたたみ自転車 チェーンホイル47T/フリーホイル10T クランクアーム170mm エンド幅85mm ハンドルポスト内折れ ステンレススポーク採用 超小型 シングルスピードバイク 11276-0999

2017年11月24日 トラックバック(0) コメント(0)

花粉対策用ナルーマスク NAROO MASK F5S試着レビュー  顔への密着度と、花粉対策用防塵機能がパワーUPしていた!!



DSCN5336njy.jpg
DSCN5366gte (2)
(´・ω・`)アウトドアスポーツ用スポーツマスク、「ナルーマスク」の新作を見てきました。
何気に花粉のシーズンに、愛用している事もありまして。
バイクに乗りながら、花粉対策を打てるので凄く助かっています。
今回花粉対策用モデルが遂に出てきました。
DSCN5359gte (1)
立体構造のマスクが展示されていた。スターウォーズみたいな雰囲気。
呼吸を楽にするための、立体構造だそうだ。
DSCN5354ki (1)
etheth365634634754tw4.jpg
NAROO MASK X5S スリムフィットスタイルマスク

愛用しているX5Sが展示してあった。個人的に花粉対策として使用している。

スタッフ様曰くX5Sもブロックはするが、あくまで防塵用だそうだ。もちろん、花粉など色々ブロックはする。
Xシリーズは、あくまでスポーツ時の大気中の塵を防御するのが目的だそうだ。

(´・ω・`)いや、X5Sでもかなり花粉対策に効果があった。
防塵対策用ではあるが、実際着用しているとすげー楽。
通常のマスクよりは,はるかに優秀だったし。
呼吸が滅茶苦茶楽だったし。
着用中、しっかり走行時においても花粉をブロックしてくれたが。
DSCN5330jufy (1)
( ;゚ω゚)しかし、更に高機能の花粉対策用ナルーマスクが登場したという……。
マジかよ。
DSCN5369jufy.jpg
etheth36563463475hrtere.jpg
NAROO MASK F5S NAROO MASKで最も高機能のフィルターが搭載されたスポーツマスク
Fシリーズという、花粉対策用をナルーマスクは制作したそうな。
(Fというのはフィルター)

縦にじゃばらになっていて、そのおかげで花粉が99%防御出来る。
しかも鼻の形にフィットするので、脇から花粉が入ってこないそうだ。
もちろん、反対側は通常マスクとしての機能も有している。
(´・ω・`)X5sの優れた防塵機能を、更に強化して花粉対策用として登場してきたのがF5Sということか。
DSCN5359gte (2)
81Y9E7ngCb.jpg

特に縦の蛇腹構造のおかげで、動いても花粉の侵入を阻止してくれるという。
前面の目の粗いフィルターと、後面の目の細かいフィルターをリバーシブルで使用可能。
(1.7-2.5μ㍉の空気中の異物を99%除去)

(`・ω・´)花粉どころか、超微細な有害物質もナルーマスクF5Sフィルターを突破できない!
DSCN5330jufy (2)
(´・ω・`)試しに、試着用に用意されたF5Sを試着してみる。
お! 確かに全体的にフイット感がある!!
確かに鼻から頬が密着しているので、全然外気が侵入してこない。
X5Sより面積があるんですけど、そのおかげで更に暖かい……
鼻の部分に密着度を増す為にフレームが入っていたが、それ程気にならない。

(*´Д`)ハァハァ 呼吸はX5Sと同様に楽。

これなら、激しい運動をしても特に問題はなさそう。

割と面積があるので、確かに動いても密着度は変わらない感じがした。
基本的に呼吸中グラスも曇らなかったので、眼鏡などを着用しても問題なし。
要するに密着度が上がった感じがする。
でもフィルター防塵機能はパワーUPしたんだな。



2017112215281419fcs (1)
etheth36563463475htrhet.jpg
E3 KANAVAL
節・ロケーションを問わず、あらゆる場面で活躍するバンダナです。スポーツはもちろん、ファッションアイテムとしても。
(´・ω・`)E3 KANAVALは首元における、夏場の日焼け防止の為に使用される方がいるそうな。
DSCN5355kif (2)
NAROO MASK X1 暑い夏の日差しからアスリートを保護する、サマーシーズンマスク
DSCN5331nyr (1)
NAROO MASK N1 Xシリーズの上位モデルの接触冷感素材(aqua X)を使ったUVカット99%のスポーツマスク。
DSCN5354ki (2)
NAROO MASK X5 首までの長さがある、ウインターシーズンに活躍するマスク
DSCN5324ki (1)
NAROO MASK X9 防寒性に優れた、Xシリーズで最も生地が厚いマスク
(´・ω・`)X5とX9は防寒フェイスマスクですね。
ぶっちゃけ、F5SでもX5Sでも防寒性に優れているのでのですが。
更なる防寒性を追求したいならこれですね。

NAROO MASKの各アイテムに記載されている数字は生地の厚さを表現している。
例えば「1」は最も薄い生地を使用した夏用UV対策マスク、「9」は最も分厚い生地を使用した防寒ウインタースポーツ用マスク。
2017112215281419fcs (2)

(´・ω・`)とりあえず、個人的にF5Sの着用感はOK。
デザインも、よりスポーティーになったし。これならいけるかな?
というか花粉症の管理人にとって、今やナルーマスクは春必須のアイテムだ。
実際に購入し、また花粉シーズンあたりにレビューしてみます。

2017年11月23日 トラックバック(0) コメント(0)

FACTOR O2試乗体験インプレ  ヒルクライムモデルながらも、エアロロードの性能も取り入れているんだろうか?



DSCN5289cds (2)
DSCN5283cds (1)
FACTOR O2
(´・ω・`)興味深々で、英国生まれのFACTORモデルを試乗してみました。
フランスワールド名門チームAG2Rが2017年より使用し話題に。
会場でも、あちらこちらで「FACTORが……」「FACTOR」と噂に。

英国ブランドのFACTORの由来
F1、WRC、ランボルギーニなどのレーシングカー、航空宇宙産業にかかわる英国「bf1systems社」がロードバイクの分野に進出。

今回試乗したFACTOR O2は、メーカー公表740g!の軽量フレームながらオールラウンドに活躍するレーシングバイクだそうだ。
独自にシステム化されたハンドル・ステムとAERO Svelteフォーク採用。
軽量フレームと空力性能をあわせ持つ。
見ての通り試乗希望者が殺到していたので、唯一試乗可能だったFACTOR O2。
DSCN5283cds (2)
DSCN5300vf (1)
FACTORオリジナルステム一体型カーボンハンドル
( ;゚ω゚)ヒルクライム系モデルながら、エアロ性能を追求している事にビビる……。
平地だと、走行感が少しエアロロード寄りでもある。
もしかして、FACTOR O2ってヒルクライムモデルながらも、エアロロードの性能も取り入れているんだろうか?
試乗中、なんかエアロロードに試乗しているかのような錯覚をしてしまった。
DSCN5289cds (1)
FACTOR O2試乗体験インプレ
(´・ω・`)ヒルクライムモデルながら、万能タイプのロードですね。
美麗な走行感が独特。
衝撃吸収性を発揮しながら、美麗に加速してくれるフレーム感覚面白かった。
衝撃吸収性は中の上程度。

加速時において、万能タイプのエアロロードの様に、美麗かつスマートに速度を伸ばしてくれます。
実に走行感が美しく、乗り手の脚力に応じてフレームが適度な剛性を発揮してくれる。

だから初心者なら初心者向けの走りをしてくれるはずだし、プロが乗ればそれに応じた性能を発揮するのでは?
どんな乗り手が来ても、フレームが合わせてくれますね。
DSCN5286cds (1)
爆発的に剛性を発揮するタイプではなく、乗り手の脚力に応じた剛性を発揮するタイプのフレーム。
(´・ω・`)ヒルクライムモデルながら平地において、これだけ走ってくれるなら十分じゃないですか?
その前に試乗したRIDLEY HELIUM Xもそうだけど、平地でのレーシング性能もしっかり確保してある。
最近のヒルクライムモデルはここまで走ってくれるのか? 技術の進化って凄い。
なんか上手くエアロロードの性能を、ヒルクライムモデルに取り入れている感がある。

衝撃吸収性……中の上レベル。
剛性……中の上レベル。基本的に身体的負荷が少ない。
推進力……中の上。(ただし、乗り手の実力に応じて対応してくる感がある)
脚力的負荷……小(長距離やツーリングに使えるという話があったが、確かにこれだけ身体的負荷がすくなければいけそうだ。かといって、コンフォートモデルとは別物)
エアロ性能……不明。ただ、走行感が少しエアロロードっぽい。
石畳などの悪路走破性……強い

FACTOR O2は石畳や、悪路など過酷な環境下に強い感がある。
(´・ω・`)過酷な環境下にFACTOR O2って強そう。
DSCN5302cds (2)
AERO SVELTEフォーク
デンマークの新興カーボンホイールブランド「Black Inc.」のエアロカーボンホイールを装着。
DSCN5298bfd (2)
ダウンチューブ上にユニオンジャックが!!
(´・ω・`)スポーティーながら英国感があって、盛り上がりますね。
DSCN5299cdas (1)
DSCN5295cds (1)
BBはBBright規格(ceramicspeed製BB付属)
DSCN5298bfd (1)
DSCN5293cds (2)
チェーンステーは左右非対称になっていた。
DSCN5293cds (1)
DSCN5286cds (2)
blackincシートポスト(φ27.2)
Khodaa Bloom コーダブルーム 2019年モデル FARNA PRO AERO DISC9100 ファーナプロエアロディスク9100 [完成車]

2017年11月22日 トラックバック(0) コメント(0)

エアロフルカーボンで、驚異の10万円アンダー!!SAVANE Carbon ROADは本格的なレーシングモデルという話だった。

DSCN4478br (2)
2018 SAVANE Carbon ROAD 105(手前) 販売価格99,800円
2018 SAVANE Carbon ROAD SORA(奥)販売価格129,800円


エアロフルカーボンで、驚異の10万円アンダー!!
フルカーボンSORAスペックが販売価格99,800円(税込)で話題になっている、SAVANE カーボンロードを見学しました!
奥の方がグレ―がSORA仕様、手前が105仕様のカーボンモデルですね。
( ;゚ω゚)105仕様だと、販売価格129,800円(税込)という衝撃的な価格設定……。
試乗車は無く展示のみでしたので、資料用に撮影をしておきました。

思ったよりフレームはマッチョなエアロ形状で、かなり本格的。
確認したんですが、確かにフレームは東レT700を採用していました。
GUSTOなども本格的なエアロフレームで衝撃的でしたが。
続々と中華系エアロカーボンロードが日本に上陸してきますね。
DSCN4480bre (1)
2018 SAVANE Carbon ROAD SORA
もちろんコンフォート系モデルではなく、本格的なレーシング系ロード。
確定ではないがもしかしたら、シンガポールのオリンピックチームがSAVANEを使用するかも? とかいうお話だった。

DSCN4473br.jpg
(´・ω・`)普通にエアロハンドルが用意されていた……
DSCN4472brhyte (1)
(´・ω・`)質問してみたのですが、40mmディープリムはアルミだそうです。
DSCN4483brt (1)
DSCN4481br (2)
カーボンフレームそのものは、インターナル仕様でかなり本格的なエアロ形状をしている。
(´・ω・`)普通に、有名ブランドのデザインやロゴが記載されていても全然違和感がない。
DSCN4474.jpg
DSCN4475.jpg
クランクはPROWHEEL OUNCEでした。
(´・ω・`)たまにジャイアントあたりで見かける、Prowheelクランクを採用していたのか……
DSCN4472bre (2)
DSCN4478br (1)
ブレーキパーツが社外製。
ブレーキ製性能は不明。
シートポストはエアロ形状ではない。
(´・ω・`)フレームそのものはまともそうなのに、コストの為にパーツのグレードを落としているのか。
なんか勿体ないな。
DSCN4481br (1)
残念ながら展示のみで、試乗車はなかった。
(´・ω・`)ですので、SAVANEロードの性能は未知数。
あちらこちらから、ぱらぱらSAVANEロード試乗希望者が来るとは思っていなかったようで、GICの方が驚いていた。
そりゃみんな10万アンダーエアロカーボンは気になりますよ。
DSCN4511frwwfnhfgte.jpg

逆にフルカーボン折り畳みモデル「SAVANE Carbon FDB20 SORA」の試乗車が用意されていて、こっちが驚いたんですけどね。
ただ、フルカーボンフォールディングモデルの走行性能は、実に真面目。
スピードに乗り易く速度を出す為の適度な剛性を有していたんですよ。
フルカーボンフォールディングモデルにも、ロードと同じく東レT700が用意されていたし。
SAVANEロードのフレームそのものは、まともそうな印象を受けました。
「サヴァーン」2018 SAVANE(サヴァーン) Carbon ROAD SORA カーボンフレーム ロードバイク

2017年11月21日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 RIDLEY HELIUM X試乗体験インプレ  (´・ω・`)これ本当にスパルタなリドレーモデル??? 乗り易い!!



DSCN4825hrth (1)
2018 RIDLEY HELIUM X 試乗体験インプレ
フレーム重量900gを誇る、ベルギーブランドの超軽量オールラウンダー「RIDLEY HELIUM X」に試乗してみました。
DSCN4826dgrege (1)
フレーム 30.24ton ハイモジュラスカーボン
上位モデルのHELIUM SLXは「60. 40. 30 ton HM Carbon」
RIDLEY HELIUM Xはコストを重視し中弾性カーボンを採用。

(´・ω・`)ヒルクライム系坂用モデルということで、興味深々で試乗。
試乗中、ふわっとした走行感がまず体に来ます。
うわー、ソフト&軽い!! これはありえないソフトさ!! 
脚力がソフトで、しかもペダルが軽い!
どこまでも負荷が少ない。快適性が高いというか、羽毛感覚ではないですか?
RIDLEY HELIUM Xが軽量フレームという事は分かるんですが、これはフレーム設計からくる超軽量感ですね。
とはいえ、軽快に加速していきますね。

ふわっとした走行感→フレーム剛性を生かした加速
(´・ω・`)これ本当にスパルタなリドレーモデル??? 乗り易い!! 
ふわっと大出力で加速。軽快な中にも、しっかりとした剛性とパワーが温存されています。
やっぱり、この辺の剛性の高さがベルギーリドレーですね。
どんなに快適性を追求しつつも、どこまでの剛性能の高さを追求してくる。
羽毛の中に、謎の剛性が隠されている異様な走行感がやみつきになりそう。
DSCN4833hrt (2)
上側1-1/8、下側1-1/4 上下異形ヘッドチューブ
(´・ω・`)なんというか、走りにリズム感もありますね。最新のリドレーがこんなに乗り易い事が衝撃的だった。
最近のロードモデルは、脚力的負荷がどんどん減っていきます。
その中においても、RIDLEY HELIUM Xの脚力の軽さは極端に少ないレベル。

例えば、超軽量アルミモデルがあるじゃないですか?
あれとは違った、クッション感みたいなものがこのフレームにはありますね。
エアロロードの高剛性NOAH SL の、「鬼の様な剛性」も素敵ですが。

DSCN4833hrt (1)
DSCN4842hye.jpg
ホイール ファストフォワード F4R FFWD
DSCN4827gte (1)
ストレートタイプに刷新されたフロントフォークは優れた反応性とコーナリング性を発揮
DSCN4825hrth (2)
DSCN4826dgrege (2)
(´・ω・`)これだけ軽くて乗り易いなら、ありとあらゆる傾斜や地形に対応出来そうですね。
これなら長距離も何の苦もなく走ってくれそうだ。
エアロロードとは違い、軽量フレームがどこまでも体をカバーしてくれる。

ただ、豪脚にも耐えられるような剛性も内臓されている。
アタックすると飛び道具みたいに前方に突進してくれる力強さもあるから驚いた。
ただ、剛性能&どこまでも固いストイックなカーボンフレームをお探しなら、HELIUM Xはちょっと違うかな。
DSCN4833hrt (1)
DSCN4829gte (1)
プレスフィットBB30
漕ぎ出しの軽さやパワー伝達効率を向上

DSCN4827gte (2)
ヘリウム伝統の細身のシートステーを継承し、その高い振動吸収性は過酷なパヴェ(石畳)でのテストで実証済
DSCN4843gegtrg (1)
DSCN4837gteetge.jpg
左右非対称チェーンステー
やはり、坂道専用ヒルクラムモデルだけの性能ではないですね。
衝撃吸収性を確保しつつ、なんでもこなせる万能モデル。
(´・ω・`) RIDLEY HELIUM Xの乗り易さは、極上。
乗っているだけで楽しくなってくる。
DSCN4829gte (2)
DSCN4843gegtrg (2)
贅沢な話だけど。RIDLEY HELIUM Xを平地でコンフォートロード代わりに使用してもいいと思った。
(´・ω・`)剛性一辺倒のストイックなリドレーが、こんな乗り易いモデルを作ってくるとは……
ただパワーロスの少ない伝達性の高さや、ストイックな剛性感はやはりベルギーリドレー。
【Sale】リドレー RIDLEY ノア NOAH ULTEGRA 2018年モデル カーボン ロードバイク 11速 大き目サイズ R8000

2017年11月20日 トラックバック(0) コメント(0)

( ;゚ω゚)……RENAULT PLATINUM LIGHT6が、超軽量約6.8kgを叩き出した秘密とは?? 

DSCN4311cwd (1)

RENAULT PLATINUM LIGHT6 約6.8kg(本体のみ:ペダル、スタンドを除く)
本体重量( ゜∀゜)約6.8kg!
驚異的な超軽量アルミフォールディングモデルRENAULT PLATINUM LIGHT6について、色々教えてもらいました。
なんで6.8kgと軽量なのか気になるではないですか?
11285-08cas.jpg
( ;゚ω゚)……なんと、PLATINUM LIGHT6にはアルミバテッドフレームが採用されているそうな。
ロードバイクのアルミ成型技術をそのままPLATINUM LIGHT6に投入。
フレームの肉厚を、コントロールして重量を稼いでいたのか!
(パイプ中央部の肉厚が薄い)
更にはJIS規格耐震テストも合格。
DSCN4260cdss
RENAULT ULTRA LIGHT7(7.4kg)
逆にウルトラライト7の方は、ノーマルチューブを採用。
(パイプ全体が同じ肉厚)
ノーマルチューブとアルミバテッドフレームの差って訳ですね。
DSCN4317cwd (1)
更にはポリッシュリム、ステンレススポーク、軽量タイヤ、防錆チェーン、軽量ハブ等細部まで軽量化を図ったスペシャルモデル。
csddscd34234.jpg
(´・ω・`)PLATINUM LIGHT6のハンドル部が、ボタン式セーフティーになっていました。
DSCN4305taed342
RENAULT ULTRA LIGHT7 TRIPLE ダブルロック付ハンドル折畳レバー
RENAULT ULTRA LIGHT7 TRIPLEと同様に、PLATINUM LIGHT6もダブルロック付ハンドル折畳レバー仕様。
DSCN4317cwd (2)
(´・ω・`)簡単に実演してもらう。
DSCN4315cwdw (2)
DSCN4363cw.jpg
DSCN4364cwe (2)
見ての通り、ワンタッチでセーフティーを解除可能。
通常のウルトラライト7よりも、スピーディーにハンドル部が折り畳めますね。
DSCN4311cwd (2)
フレーム材質 アルミ(バデッドチューブ)
かつてのBD-1の頃の様な、金属感があるアルミフレーム。
なんでもJIS規格の2倍の耐震試験にも合格したそうだ。
DSCN4319cw (1)
脱着式クイックリリースペダル
PLATINUM LIGHT6の場合、なんと最初から脱着式クイックリリースペダルが付いてくる!!
ULTRA LIGHT7やULTRA LIGHT7 TRIPLEだと、着脱式ペダルではないですからね。
(´・ω・`)……これがあると、輪行袋に入れやすいんですよね。
DSCN4315cwdw (1)
歯数:フロント47T リア11T
DSCN4316.jpg
タイヤ:14×1.35(インチ)
あと通常のウルトラライト7(タイヤ:14×1.75)よりも、タイヤが細く設定されていた。
となると通常のウルトラライト7よりも、PLATINUM LIGHT6の方が漕ぎ出しも軽快だしスピードに乗り易いはず。
(´・ω・`)ウルトラライトシリーズって、タイヤ幅によってかなり走行性能が代わってくるので面白いですよ?

通常のRENAULT ULTRA LIGHT7よりもPLATINUM LIGHT6のほうが、持ち運びの際の軽量性やスピード面が強化されているのですよ。
【3月下旬入荷予定】RENAULT(ルノー) PLATINUM LIGHT8 (プラチナライト8) 8.8kg アルミフレーム アルミリム 16インチ 7段変速 折りたたみ自転車 前52T 後11-28T

2017年11月19日 トラックバック(0) コメント(0)

フルカーボンBIANCI SEMPRE PRO SORAが、税込 117,504 円!!?? ビアンキフルカーボンモデルよりもビアンキアルミモデルの方が、価格が上という逆転現象が起きている!


bia-pro-soragte.jpg
2018年モデル Bianchi SEMPRE PRO SORA
価格108,800円 (税込 117,504 円)

( ;゚ω゚)フルカーボンビアンキモデルSEMPRE PRO SORAが、
税込 117,504 円!!??

え? なんでこんなに値段下がっているの??
てか、ビアンキ完成車カーボンモデルが、11万台で購入可能な点が驚愕なんだが……
faeef432.jpg
(´・ω・`)うーん楽天だと、117,504円まで全体的に下がっていますね……
後は12万円台と、15万円台がちらほら……
今の所最安なのが、楽天RIDE-ONですね。
特に重要なポイントとして、楽天RIDE-ONだと送料無料なんですよね。


更に格安のSEMPRE PRO SORAを探す際にも、117,504円を頭に置いておくと比較し易いかもしれない。
bia-pro-sora_4fcrw.jpg
( ;゚ω゚)……うーん。ただここ最近のセンプレの走行性能って、一気に走行性能が向上してきているんですよね。
なのに、価格が下がるなんて。なんか勿体ないな。
レースに使用可能な、レーシー寄りの性能になってきたというか。

以前のセンプレとは違い、全然走りがより軽いし。
加速性能も鋭くなったんですよね。
2018年モデルSEMPRE PRO SORAって、わざわざSORAまでコンポのグレードを下げてリーズナブルな価格を達成したフルカーボンビアンキモデルなんですが。
それが更に値引きとなると、一気に11万円台まで価格が落ちるという……ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル
bia-nirone-t05.jpg
2018年モデル Bianchi VIA NIRONE PRO TIAGRA
( ;゚ω゚)……アルミモデルのNIRONE PROの方が税込 123,930 円なんですよ。
ビアンキフルカーボンよりもビアンキアルミモデルの方が、価格が上という逆転現象が起きている!
なんでビアンキフルカーボンの価格が、アルミより安いんだ??
いや、もちろんこっちはティアグラススペックではあるんですが。
性能本位で見ても、圧倒的に SEMPRE PROの方が上だろ??
Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル SEMPRE PRO TIAGRA(センプレプロティアグラ) ロードバイク ROAD

2017年11月18日 トラックバック(0) コメント(2)

2018 KhodaaBloom FARNA 700-105試乗体験インプレ アルテグラホイールの恩恵が大きく、スムーズな走りを見せてくれた



DSCN5280tgrrefew (2)
2018 KhodaaBloom FARNA 700-105

巡航速度25km/hでの安定性を追求したコーダーブルームのオリジナルアルミモデル。
KhodaaBloom FARNA 700-105に試乗しました。
(´・ω・`)何気にエントリー系アルミモデルの中で、一番人気があるモデルだった。
もちろん、試乗車はカーボンディスクの「FARNA PRO AERO DISC 9100」やアルミレーシングモデル「FARNA SL」などのフラグシップ系が人気だったが。
やっぱりあれですね。FARNA 700-105は販売価格を抑えた、税込み 145,800 円ですけど。
14万円台で、フル105仕様にULTEGRAグレードのホイールが付いてくるのが、最大の魅力ですね。
DSCN5265cd.jpg
ホイールに耐久性・加速性・巡航性能に優れたWH-6800を搭載し、ワンランク上の上質な走行感を実現。

2018 KhodaaBloom FARNA 700-105試乗体験インプレ
(´・ω・`) FARNA 700のアルミフレームって乗り易い。弓なりフレームが地味に効いている。
FARNA SL2 とかは軽快な加速感が持ち味だけど。FARNA 700は実に走りがスムーズ。
なんだか走りに抵抗感がないんですよね。
ホイールがアルテグラな分、回しやすくなったのかな? いずれにしても、アルミ独特の抵抗感が無いのは確か。
なので、速度の乗りも実にスムーズ。

高剛性を生かした加速するタイプのロードではなく、乗り易く、抵抗感を無くした走りをしてくれます。
時速20~30km程度の速度域で、長時間&長距離走るのが得意なタイプ。

基本的にレーシング性能を重視した新型FARNA SL2やFARNA SLとは別物。
強力な高速性や推進力は保有していません。

ただし、速度に乗ってくるとそれなりに今回も動いてくれた。
(´・ω・`)コンフォート一辺倒という訳でもなく、巡行性能を生かしたスポーツ性能もいくらかは兼ね備えてはいます。
旧2015年モデルよりは、スポーツ性能がありますね。
アルテグラホイールの恩恵が大きく、速度に乗ると速度が落ちにくい印象を受けました。
DSCN5270cdasas.jpg
シフター SHIMANO ST-5800
ヘッドチューブ長を短く設計し、十分前傾できるハンドルポジションをとることで、全身の力を効率よくペダルに伝え推進力に変換。
ヘッドアングルを寝かせることで、ホイールベースが長くなり走行時の安定性がもたらされる。
DSCN5280tgrrefew (1)
フレーム AL6011 EAST-L
重量剛性比の高いアルミを元に、軽量化を図った加工を施した軽量アルミ。
DSCN5276casca.jpg
ヘッドセット セミインテグラルヘッド 1-1/8 ~ 1-1/4
ブレーキセット SHIMANO BR-5800


ブレーキは105グレード。
(´・ω・`)しかもドライブトレインも105グレードなので、実に操作系がスムーズ。
ブレーキ操作や変速操作に関しては、エントリーアルミモデルながら確実&スムーズな操作感がある。
スムーズな走りに、スムーズな変速操作が加わって実に助かる。
なんか走っていて、負荷を感じにくいんですよね。
DSCN5275gegr (2e)
フォーク カーボン 1-1/8 ~ 1-1/4
衝撃吸収性に優れるフルカーボンフォークを全グレードで採用。

重さ 8.8kg(500mm)の軽量アルミロードでもあるんだけど。
(´・ω・`)どちらかというと、軽量性よりは衝撃吸収性を重視してフルカーボンフォークにした感がある。
DSCN5266ger.jpg
タイヤ MAXXIS RE-FUSE 700x25C
DSCN5277cda.jpg
DSCN5272gee (1)
BBセット SHIMANO SM-BBR60
ギアクランク SHIMANO FC-5800-L 50/34T 430:165mm,465:170mm, 500:172.5mm
チェーン SHIMANO CN-HG600-11
F.ディレーラー SHIMANO FD-5800-L

BB下がりを大きくとった低重心設定で、20~25km・hでのふらつきを最小限に。
スレッドタイプのボトムブラケットとバンド式フロントディレーラーを採用。
DSCN5272gee (2)
トップチューブおよびシートステーを弓なりにカーブさせた形状が地面からの衝撃を効果的に軽減。
DSCN5275gegr (1)
リアセンター&フロントセンターを長めに確保することで、低速で優れた直進安定性を確保。
DSCN5279gee (1)
チェーンステーのパイプに扇平加工を施すことで地面からの衝撃を受け止め、緩和する。
DSCN5271cfq.jpg
R.ディレーラー SHIMANO RD-5800-L
ギア SHIMANO CS-5800 11-28T

やはり長距離をスムーズに走り抜く為の、アルミロードモデルでした。
その上で105スペックのコンポや、6800系アルテグラホイールが快適に走りをバックアップしてくれる感じ。
エントリー系アルミフレームといえど、グレードが高いコンポやパーツを用意すると地味に効いてくると体感できますよ。
KhodaaBloom コーダーブルーム 2019年モデル FARNA 700 105 ファーナ700 ロードバイク

2017年11月17日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 DE ROSA PROTOS(デローザ プロトス)カンパニョーロ・スーパーレコード仕様 試乗体験インプレ 猛烈な加速性能が劇的に進化を遂げていた!!



DSCN4823y4y64.jpg
DSCN4787hd.jpg
DE ROSA PROTOS(デローザ プロトス)カンパニョーロ・スーパーレコード仕様試乗体験インプレ
きたーーーーーー
( ;゚ω゚)というわけで、4年ぶりに第3世代の新型PROTOSに試乗してみました。

ちなみに2014年モデルあたりの旧プロトスは、剛性の塊みたいなモデルでしたて。
以前はあまりにパワーがやばすぎて、体がもっていかれそうになりました。

正直2017年モデルの新型プロトスに試乗する前、ちょっと怖かった……
2014y02m14d_232014330.jpg
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル すっげ! ゼロ加速が半端ないパワー!!!
いきなり圧倒的なパワーで、加速を開始してくれました。
あああ、やっぱりプロトスだわ。
ぶっちゃけ、どの速度域でも強大な加速性能を提供してくれるフレームだった。
e880a5d5.jpg
 ヽ(;゚ω゚)ノ 速ッ!!
ぶっちゃけ、どの速度域でも「圧倒的な剛性」を開放してくれる。
そして、加速感が美しい!! 
なんという美しい、加速感なんだ……パワフルなのに加速感まで美しいとは……
旧プロトスよりも脚の負荷が極端に少ないですね。
あれ? 以前は高剛性が結構体に負荷を与えていたんですけどね。

item_0000001797_05.jpg
( ;゚ω゚)……クッ、さすがに凄いお……このパワフルなスピード性能は!
猛烈に速度が伸びていく……!
速度の伸びが、パワフルなんですよね。力任せに、前方に突進していく。
この力任せの加速性能は、やはり旧モデルの流れを引き継いでいるのか。
どんな局面でも、瞬時に悪魔的な加速性能を提供してくれる。
イタリアンモデル中最強クラスのパワーを有していませんか?
DSCN4811hrt.jpg
新型DE ROSA PROTOS(デローザ プロトス)は乗り易い……!!
( ;゚ω゚)……旧プロトスはプロの脚力に対して答える為の高剛性フレームでしたが。
新型は、扱い易い。
コンフォートとはいかないまでも、程よい快適性も確保していますね。
上手く言えないが、速度を殺さない為の快適性というか。
それとも、レーシング性能重視のコンフォート性能というべきか。
扱い易くてコントロール性能もいい。
体力がない方でも楽しめるし、誰でも扱えると思う。
hetthte363.jpg
どのモデルなら新型DE ROSA PROTOSに対抗出来る??
( ;゚ω゚)……他ブランドモデルで対抗するには、フラグシップクラスのレーシングモデルじゃないと勝負にならないだろう……
恐ろしい事に新型DE ROSA PROTOSは、どんなユーザーでも超高性能は走りを提供してしまっているんですよね。
逆にDE ROSA PROTOSを最大級の標的として、他のロードモデルを比較していけばいいと思う。
DSCN4799hr.jpg
DSCN4796hrt.jpg
ダイレクトマウントを採用したブレーキ
yngd63555.jpg
DSCN4788ntdy.jpg
以前はダイナミックなブレード形状のフォークでしたが。
今回は以前より少し細目の、ストレート形状を採用
DSCN4816jyt.jpg
ダウンチューブはカムテール形状
(´・ω・`)ただ、エアロロードの様な走りとは全然別物の走りをする。
猛烈な加速性能で、相手を粉砕するタイプのロードだ。
どんな状況下においても、即加速性能を提供してくれる。

ただ、このモンスターモデルにも弱点が無い訳ではない。
他の最新鋭エアロロードと比べて、どうしても脚力に依存した走りをする。

もちろん脚力消費を軽減させた、気持ちの良いモデルではあるが。
エアロロードのDe Rosa SK Pininfarinaの方が、更に脚力消費が少ない。

ただ、加速性能は間違いなくPROTOSの方が上。
DSCN4790htd.jpg
DSCN4801hr.jpg
BB イタリアン規格のスレッド方式
DSCN4806hrt.jpg
DSCN4819by54.jpg
DSCN4815hrt.jpg
シートクランプは臼式でした。
DSCN4814hrth.jpg
シートチューブにカムテール形状を導入していたんですね。
以前よりも空力抵抗を意識した形状に。
DSCN4813jyd.jpg
DSCN4791jyt.jpg
DSCN4785nf.jpg
DSCN4821gy4.jpg
DSCN4802hr.jpg
マッチョな極太チェーンステーは健在!!
(´・ω・`)このあたりはいかにも、プロトスらしい……
DSCN4820yg4.jpg
DSCN4794tehh.jpg
DSCN4793jyt.jpg
旧プロトスよりも、シートステーが少し細くなっていた。
しかもシートチューブサイドを通って、トップチューブにシートステーが直結。
(´・ω・`)このあたりで衝撃吸収性を稼いでいると予想。
なんだかんだで、最新のフレームデザインを導入した新型なんですね。
DSCN4792hyt.jpg
DSCN4812hrt.jpg
(´・ω・`)最近のDE ROSAは、SK PininfarinaやPROTOSなどのフラグシップクラスを中心に、性能を伸ばしている傾向がある。
特に第3世代新型PROTOSの性能は、可能な限り確認しておいたほうが賢明かと。
ブランド名というよりも、内容で納得した感じです。
De Rosa - Protos 8000 Team35 (2018)

2017年11月16日 トラックバック(0) コメント(0)

サイクルベースあさひアウトレットSALEランキング(2017年 11月15日) (´・ω・`)狙い目は2015年モデル

(´・ω・`)サイクルベースあさひアウトレットSALEランキング(2017年 11月15日)です。
全体的に価格が安かった、2015年モデルのアウトレット品に人気が集中していますね。



一位
100000047236-l0.jpg
2016 FUJI SPORTIF(フジスポルティフ)2.1
メーカー希望小売価格124,200円→24%off販売価格93,980円(税込)
( ;゚ω゚)……記事作成中に完売した模様。やっぱりみんな狙っていたのか。

エントリーカーボンフォーク&SORAロードバイクSPORTIF2.1が、ついさっきまでアウトレット品として出ていたんですよね。
SORAスペックロード。長距離走る為のサイクリングや、ツーリング用完成車として人気。
(´・ω・`)クランクにShimano FC-345, 50/34T、スプロケットはShimano HG50 , 11-32T, 9-speedとギア比もワイド。
当時のFUJIにしては実に珍しい、ワイドサイズのギアを採用しています。
road-bike-fuji-roubaixbfdcaxdavds.jpg
参考画像 Fuji Sportif 1.3(海外販売モデルFuji Sportif) 
加速性やスプリンターの為のバイクではなく、通勤やトレーニングなど日
常性を強化した快適性重視のロード。
(´・ω・`)


二位
100000039837-l0.jpg
フェルト [FELT] 【アウトレットSALE】【指定地域お店で受取り選択可】 2015 F95 シマノ ソラ採用 ロードバイク カラー:グロスレッド【OLSL1705】
メーカー希望小売価格106,704円→24%off販売価格80,980円(税込)
(´・ω・`)SORAスペックのF95ですが、2015年モデルは何気に美味しいかも。
なぜなら、2016年モデル程価格が高騰していなかった為、24%OFFでもなんと販売価格80,980円で購入可能。
しかも2015年モデルから7005系アルミフレームに、一気にグレードUPしてきたんですよね。

8万円台で、7005系アルミフレーム完成車が手に入るというのはちょっと羨ましい。
やっぱり2015年モデルFELT Fアルミシリーズはスペック的にも、価格的にも美味しいな。


三位
100000041900-l0.jpg
ルイガノ [louisgarneau] 【アウトレットSALE】【指定地域お店で受取り選択可】 2015 LGS-CEN LGホワイト【OLSL1705】 [CBA-1]
メーカー希望小売価格104,976円→25%off販売価格78,980円(税込)

SHIMANO製SORA 18SPEEDの、ツーリングやロングライドなどに使えるアルミモデル。
(´・ω・`)ツーリング系アルミロードのアウトレットが人気なのか……
やっぱり旅系の人気が高まってきている印象。
いずれにしても、SORAスペックアルミモデルが7万円台なのもいいですね。



四位
100000045097-l0.jpg
ビアンキ [BIANCHI] 【アウトレットSALE】【指定地域お店で受取り選択可】 2015 VIA-NIRONE7-ALU sora  ロードバイク[CBA-1]
メーカー希望小売価格122,040円→25%off販売価格91,980円(税込)
(´・ω・`) 2016年モデルのVIANIRONE7 PRO Soraだと、販売価格は20%offで105,980円(税込)
つまり2016年モデルよりは、2015年モデルアウトレットの方が価格面において更に安い。

理由はやはり、2016年モデルが円安の影響を受けて価格が高騰してしまったんですよね。
つまり、円が強かった頃の2015年モデルの方が価格的には美味しい場合があると。
五位
100000045107-l0cds.jpg
ビアンキ [BIANCHI] 【アウトレットSALE】【指定地域お店で受取り選択可】 2015 VIA-NIRONE7-ALU Claris ロードバイク[CBA-1]【OLSL1705】
メーカー希望小売価格100,440円→24%off販売価格75,980円(税込)
(´・ω・`)2016年モデルの2016 VIANIRONE7 PRO Clarisの場合、24%off販売価格84,980円(税込)。
やっぱりこちらも、2015年モデルの方が価格的にリーズナブル。
アウトレット品や格安品を探す場合、2015年モデルに注目するとなかなか楽しいかも?
サイクルベースあさひ SALE品

2017年11月15日 トラックバック(0) コメント(0)

SAVANE Carbon FDB20 SORA 試乗体験インプレ(評価)  スポーツ性能&衝撃吸収性を高めたカーボン折り畳みモデルだ!



DSCN4498dswfr.jpg
2018 SAVANE(サヴァーン) Carbon FDB20 SORA 20インチ カーボンフレーム

フルカーボンフォールディングモデルながら販売価格99,800円(税込)と激安で話題の、SAVANE(サヴァーン) Carbon FDB20 SORAに試乗しました。
(´・ω・`)見た目がフォールディングモデルというよりは、まるでコンパクト版ロードフレームみたいだった。
結構高級感はありますね。
DSCN4499g54t3.jpg
それに、ボリュームのある20×1.75サイズのタイヤを装着しているもんだから。
なんだか、グラベルロードみたいな迫力がある。
DSCN4501fwe.jpg
2018 SAVANE(サヴァーン) Carbon FDB20 105折り畳み時
これは105スペックですね、
( ;゚ω゚)……フルカーボンなのに、見事に折り畳まれておるのぅ……。
あまりフルカーボンが折りたたまれている実物って、見たことがないので興味津々。
ちなみに、試乗車は105が一番人気だった。
でも、販売台数はSORAのほうが数が出ているって。
お陰様で、かなりの反響だと営業さんが嬉しそうに答えてくれた。
DSCN4502f4w.jpg
アルミ鍛造フレームジョイント
16インチモデルのRENAULT Carbon8と同じく、アルミ鍛造フレームジョイントを採用。
強度の高い鍛造アルミジョイントを採用する事により、カーボンフレーム同志の密着度を高めている。
丸いボタンを押すと、ジョイントを展開できるシステムに。
(´・ω・`)確かに試乗時においては、フレームがたわんだりして不安ということはまるでなかった。
DSCN4504fww.jpg
アルミハンドルステムになっていた。
ハンドルステムはカーボンではないのですね。
(´・ω・`)105モデルは他の方が試乗中だったので、SORAの方を試乗することに。
DSCN4511frwwf.jpg
2018 SAVANE(サヴァーン) Carbon FDB20 SORA試乗体験インプレ

( ;゚ω゚)……なんじゃこりゃ? すげー、スピードに乗り易い……
16インチのRENAULT Carbon8と感想が近くなるんですが。
凄くスピードを出すのに、適したフォールディングモデルですね。
しかも、16インチのRENAULT Carbon8とくらべて若干巡行性能もある。
やはり20インチホイールだから、スポーツ性は更にパワーUPしているな。

このカーボンフレームは、速度を出す為の適度な剛性を有しているのが特徴。
漕ぎ出しも軽いし、アルミフレームよりもあっさりスピードに乗ってくれる。
(´;ω;`)……アルミ系フォールディングモデルと比べて、脚力面での負荷が実に少ないんですよ。
気張らなくても、軽快にスピードを出せるんですね。

衝撃吸収性が、アルミモデルと比べて優れているのも特徴。
通常のフォールディングモデルだと一部の超高級モデル以外、快適性までにはなかなか手が回らないじゃないですか?
SAVANE Carbon FDB20 SORAのフレームはTORAY T700カーボンフレーム。
なので、最初からカーボンフレームクラスの衝撃吸収性を確保している。

街乗りにも使えるが、スポーツ性能を高めている折り畳みモデルですよ。
更に、速度を出している最中の安定感もある。
DSCN4531ver.jpg
DSCN4512fwfw.jpg
SHIMANO M315 油圧式ディスクブレーキ(前後)
( ;゚ω゚)……オーバースペックかと思っていた、油圧ディスクとの相性が抜群だった。
いや、かなり軽快に速度が出てしまうモデルなので、油圧ディスクブレーキの制動力が確保されていてたのもしい。
軽い力でブレーキがかけられるし、確かにブレーキ力が逃げるという事もない。
DSCN4522fw.jpg
SORAグレードの9速フラットバー用シフター SL-R3000と推測
これで、リア9Speedを変速操作。
DSCN4532veer.jpg
DSCN4520vw.jpg
高さ調整機能付きハンドルステム
DSCN4513fvwr.jpg
カーボンファイバー(TORAY T700)を使用
(´・ω・`)やはりフレーム形状がエアロカーボンロードの様なデザイン。
だから、あそこまでスピードを出す為の剛性を確保していたのか……
DSCN4540errfe.jpg
上から、カーボンフレーム同士の接合部を観察。
非常に密着している事が分かる。
DSCN4541ve.jpg
DSCN4529vrew.jpg
RENAULT Carbon8とは異なり、チェーンステーやシートステー部分が用意されている。
(´・ω・`)やはりカーボンロードっぽい流線型でした。
DSCN4514fwerv.jpg
フロントシングル仕様。更にペダルは折り畳み式。
DSCN4543frefe.jpg
DSCN4526frwwe.jpg
( ;゚ω゚)……エアロロードの様な風景。
でもエンド幅は、ディスクブレーキを取り付ける事が前提のデザイン。
DSCN4524ver.jpg
DSCN4525frew.jpg
シートポスト径 ティアドロップ型
シートポストにティアドロップ型を採用した理由は、エアロ性能というよりも強度を重視。
DSCN4523vrewrf.jpg
DSCN4518fewfew.jpg
DSCN4515ve.jpg
DSCN4528fredc.jpg
DSCN4539vwer.jpg
SAVANE Carbon FDB20 SORA は、走行性能やスポーツ性能を高めたカーボンフォールディングモデルだった。
(´・ω・`)てっきり、カーボンフレームを折り畳み式にしたことで走行性能が犠牲になっているかと思っていたら逆ですね。
SAVANEはレース用エアロカーボンロードを製造しているが、その技術を折り畳み自転車に投入してきた印象。
脚力的な負荷が軽減されている。自分にとって、このアドバンテージが衝撃的だった。

あと注目すべきは、カーボンフレームが有する衝撃吸収性ですね。上手くカーボンが生きている。
走行性能に関しては、見事に成功した設計をしていますよ。
後は実際に使用した場合、どの程度耐久性を確保しているのか気になる所。



DSCN4533fvre.jpg
SAVANE Carbon FDB20 SORA トップチューブ部
(´・ω・`)RENAULT Carbon8と同様のカーボン表記が、SAVANE Carbon FDB20 SORAにも記されていた。
やはりRENAULT CarbonフレームはSAVANEが担当している様です。
DSCN4334vdsvsf.jpg
RENAULT Carbon8
20171108100333478vffd.jpg
RENAULT Carbon8トップチューブ
(´・ω・`)ただRENAULT Carbon8はルノーブランドという事もあり実際の販売価格は148,000円 程だが。
SAVANE(サヴァーン) Carbon FDB20 SORAは販売価格99,800円(税込)で買える所が、リーズナブルでいいですね。
「サヴァーン」2018 SAVANE(サヴァーン) Carbon FDB20 SORA 20インチ カーボンフレーム 折りたたみ自転車

2017年11月14日 トラックバック(0) コメント(2)

CHAPTER2 TERA試乗体験インプレ マオリ民族のデザインを生かした、ニュージーランド初のスモールロードブランド



20171105180836240cda.jpg
バイクブランド「ニールプライド」を立ち上げた、マイク・プライド氏。
そのマイク・プライド氏が新たに、CHAPTER 2(チャプター・ツー)というニュージーランドのロードブランドを立ち上げたそうな。
ロードブランドとはいっても、大量生産を行わないスモールブランド。
それを逆手にとり、ユーザーとのつながりを深めて対応力にも柔軟性を持たせるらしい。
だからこそ、イヤーモデルが存在しない。

(´・ω・`)CHAPTER 2ブースは、人の流れが途絶えることなく盛況。
20171105180839f1bcdas (1)
ファーストモデルのCHAPTER2 TERA。
様々なカラーバリエーションが存在する。
マイク・プライド氏が開発からデザインまで、母国ニュージーランドで行っているそうだ。
ニュージーランドはヨットの世界では最先端の技術を有する国であり、開発に必要な航空力学や合成素材への知識がすべて揃っている。

CHAPTER2 TERAのフレームカーボンはカタログによると100%東レ製。62%のT800、38%のT700、ヘッドチューブとBBには3Kカーボン。
フレーム剛性を、カーボン素材によってコントロール。(´・ω・`)ですので、実に独特の乗り味。
マイク・プライド氏好みの、乗り味に仕上がっている印象を受けた。
DSCN5557fraw.jpg
だから、ブースもなんとなく南半球の海岸っぽい?
なんとなく、まったりというか和気あいあいといった雰囲気。
DSCN5120cd (2)
イエローなのが、ツールドフランス記念モデル。
案内してくれた、女性スタッフ様によると日本に一台だけらしい。
DSCN5130cds (2)
リミテッドエディションカラーは限定生産で、6~8ケ月の周期で新カラーが登場するそうな。
フレームだけはなく、デザインも楽しめるロードだ。
DSCN5130cds (1)
DSCN5124cds (2)
(´・ω・`)ニュージーランドデザインのロードって、拝見するのは初めてかもしれない。
なんとなく民族風が濃いデザイン。
ニュージーランドの先住民族「マオリ族」をイメージしたデザイン!!
なので、バイクデザインも山や海などがテーマになっている。

TEREはマオリ民族の言葉で、「速くて鋭い動き」という語彙がある。
DSCN5116de (2)
環境問題を重視しチャプター2の梱包は環境を守るという意識がある。
なので無駄なクッション材は排除し、創意工夫をし最低限の素材で梱包するそうだ。

すべてのチャプター2のフレームとコンポーネントは世界基準のEN ISO 4210:2014をクリア。
国際標準規格の安全性を確保している、極めて真面目なブランドでもある。
DSCN5102cd (1)
ブランドロゴのエメラルドグリーンは、ニュージーランドの鉱石と湖の色がテーマ。
ディスクモデル試乗車も用意されていた。
20171105180839f1bcdas (2)
DSCN5111cde (1)
CHAPTER2 TERA 試乗体験インプレ

(´・ω・`)これは……おおらかな衝撃吸収性を確保したロードフレームですね。
路面からの衝撃を、実におおらかにフレームが走行中処理をしてくれるんですよ。
ちょっとこの衝撃吸収性能は、今までにないテイスト。
多少の路面からの突き上げが来ても、波の様にコントロールしてくれる。

走行感が……また今までにない感覚。実に美しい。そしてソフトというか滑らかさがある。
スムーズというか、美麗な加速感というか。
爆発的な高剛性フレームではないですね。
パワー伝達が最適化されているので、無理の無い走りが可能。
かといってコンフォート系のフレームでもないんですよ。
(脚力的負荷は、少ない傾向)

どの速度域でも、ナチチュラルというか美麗な走りを見せてくれます。
ゼロ加速からして、実に美しい。
(試乗中、「このバイクの走行感は言葉で説明しにくいぞ……」と思った)
DSCN5122dcs (2)
(要するに、日常的に使いたいロードだと思った)
(´・ω・`)いや、レースにも普通に投入可能だとは思いますが。
この美麗な走行感を、日常で楽しめたら最高だと思いますよ。
軽やかかつ美麗な走りを、舗装路でも、多少荒れた路面でも見せてくれるだろう。
非常に個性が強いバイクですが、日本人なら絶対好きになるタイプの走り。
割とロードに乗り慣れている方なら、かなりハマると思います。
DSCN5125cd (2)
チャプター2の全てのフレームは電動コンポーネントに対応。
シマノDi2とカンパニョーロEPSに関しては、シマノSM-BTR-2とカンパニョーロV3タイプのバッテリーに対応。
どちらもゴム製のインサートを使用して27.2mmのシートポスト内に収まります(インサートは付属しません)。
スラムeTapに関しては、使用しないケーブル穴をふさぐためのゴムキャップを用意。
DSCN5122dcs (1)
DSCN5127cds (1)
ヘッドチューブ、シートチューブ、シートポストはカムテールデザイン形状。
DSCN5110dca (2)
DSCN5127cds (2)
マオリ民族テイストの模様が、ダウンチューブ上部に施してある。
(´・ω・`)このデザインテイストって、謎にカッコいい。
DSCN5120cd (1)
DSCN5116de (1)
シートステーにも微オーバル化が施されている。
DSCN5111cde (2)
DSCN5102cd (2)
DSCN5124cds (1)
(´・ω・`)エアロロードのデザイン面において、成功している印象を持った。
ちなみにエアロロードながら縦剛性だけに依存していない印象を持った。
なんにでも使える万能感がある。
しかも華麗な走行感が、実にたまらない。
高速性を強化したエアロロードもいいけど。
こういう民族テイストのエアロロードも素敵ですね。
DSCN5125cd (1)
EU系のロードとは、真逆の方向性を持った楽しいロードブランドだと思う。
ピナレロ PINARELLO ドグマ DOGMA F10 ULTEGRA Di2 2018年モデル カーボン ロードバイク 11速 ブラック

2017年11月13日 トラックバック(0) コメント(0)

TIMBUK2 Classic Messenger (ティンバック2 クラシックメッセンジャー)を試着してみる。ショルダーストラップ(ベルト部分)の収納力が劇的に改善されていた!



DSCN4759vda (2)
(´・ω・`)ティンバック2ブースにお邪魔しました。
そろそろ新しいバッグ類を探していたので、色々物色してきました。
管理人はTIMBUK2を持ってきていたので、「ありがとうございます」的な声を営業さんからかけられる。
どうも、私のTIMBUK2は営業さん曰く、かなり珍しいモデルらしい……知らんかった。
DSCN4745vea (2)
DSCN4745vea (1)
TIMBUK2 Classic Messenger (ティンバック2 クラシックメッセンジャー)
現行の最新モデルを色々レクチャーしてもらう。
(´・ω・`)うわー、全然 TIMBUK2の雰囲気が変わっている!!
旧モデルだとバッグ前方に取り付けてあった留め金が、新型は内部に隠れているわ。

最新のは、こんなに鮮やかなカラーが存在するのですね。
DSCN4734vea (1)
あと、肩に引っ掛ける為のショルダーストラップ(ベルト部分)の収納力が劇的に改善されていた。
担ぐ時にショルダーストラップの長さを調節できたんですが、どうしてもあまったストラップの部分が輪っかになって外にはみ出ていたんですよね。
でも新型は、あまったストラップも内部に収納できるシステムになっていた。

DSCN4734vea hret(2)
( ;゚ω゚)……!!
新型は長い時も短い時もショルダーストラップの端が余らないよう設計。
自転車での走行中も邪魔にならない。
しかも長さ調整は、見ての通り片手でワンタッチ感覚。

旧モデルだと余ったストラップが、非常に邪魔で不満だった。
使用した事が無い方には、何を驚いているの訳が分からないだろうが。
私にとってこの改良は、かなりショッキングな出来事だった。
DSCN4732vfad.jpg
旧モデルより、実にスムーズにストラップ(ベルト)調節が出来て、ちょっと感動。
しかも、以前のTIMBUK2 Classic Messenger って記事が堅牢というか、ごつごつした感じだったじゃないですか?
新型の記事は柔らかくて、手触りがシルキー? になっている。
DSCN4735vfea.jpg
バッグ内部を観察させてもらう。
防水加工TPUライナーしてあるので、雨の日はもちろん平気だ。
横から入れられる隠しポケット、「ナポレオンポケット」も健在。
収納可能PCサイズはSサイズだと 13インチ以下。
(ちなみに、マック規格の13インチ。TIMBUK2のPC収納規格はマックノートが基準になっている)

ぶっちゃけ、鬼の様な収納性は新型も健在。
DSCN4745vea (1)
(´・ω・`)とりあえず新型はショルダーストラップと、留め具、生地が劇的に使い易くなっていたんですね。
体への密着感が、なぜか心地いい。
旧モデルって堅牢な生地だった分、体に馴染むまで時間がかかったじゃないですか?
新型は、いきなり体にフィットしてくれるから素敵。

DSCN4739vga (2)
TIMBUK2 Command pack 旧3年前のモデル
あと仕事用で、15インチのPC用バックパックを探していたので色々提案してもらう。
これは営業さんが使用しているTIMBUK2のバックパックモデルだそうだ。
一年位使用しているかと思って聞いてみたら、なんと3年使用しているという。
全然傷んでいなくて、ちょっと驚く。
上ポケットあたりにスマホとかも収納可能。
DSCN4738bgs.jpg
背中にクッション素材が付いている。
肩のベルトと背中クッション部が体に密着している。
ですのでしょってみて、肩と背中が凄い楽だった。
DSCN4739vga (1)
ポケットも複数あるので、私物用と仕事用に分けて使える。
(´・ω・`)撮影に気楽に応じてもらって、ありがたい。
DSCN4741gbs (2)
本来なら内部にPC固定用ストラップも付いているが、結構いい加減に放り込んでも平気だそうだ。
そういえば、自分もそんな感じだ。

71Xozil5k (2)
TIMBUK2 Authority Pack
管理人の場合、TIMBUK2 Authority Pack がお勧めだそうだ。

(´・ω・`)このモデルは会場には無かった……
バイクに乗っていない方にも(特にビジネス関係)、人気があるモデルだそうです。
71Xozil5k (1)
15インチPC収納可だし、何と言ってもビジネスでもブラック系なら全然使用可能。
(´・ω・`)なるほど……確かに使い勝手や機能性は良さげ。
若干フォーマル感もあるので、お仕事に持っていっても全然違和感がなさそうだ。

DSCN4760v fa (2)
TIMBUK2 Armory Pack OS Jet Black Static  552-3-1165
(´・ω・`)あとこれはアマーリーパック。
DSCN4753vfad.jpg
型番は552-3-1165。
前方に担ぎながら、アクセス可能な縦ポケットが付いているのがポイント。
若干カジュアル向きですね。
これはこれで、私用やプライベートにいいかな。
61ffhj.jpg

あとパックパック内部の収納スペースも、モデルごとに異なるということか。

2017年11月12日 トラックバック(0) コメント(0)

RENAULT ULTRA LIGHT7 TRIPLE 試乗体験インプレ ウルトラライト7の、スポーツ性能が増した理由とは?

DSCN4277grae.jpg
RENAULT ULTRA LIGHT7 TRIPLE

(´・ω・`)以前数量限定で販売されていた、ルノーウルトラライト3段変速仕様、
「RENAULT ULTRA LIGHT7 LIMITED EDITION」
の後継機です。
なんでも、非常に限定3段変速モデルが好評だったので定番化したそうです。

3段変速を搭載、本体重量わずか7.8kgですからね。
(通常のRENAULT ULTRA LIGHT7は、7.4kg)
あとこの3段変速仕様のULTRA LIGHT7 TRIPLEは、タイヤ径が通常のULTRA LIGHT7よりも細く設定されていました。
DSCN4278grae.jpg
RENAULT ULTRA LIGHT7 TRIPLE タイヤ:14×1.35(インチ)
(´・ω・`)実は通常のウルトラライト7よりも、タイヤが細く設定されているんですよ。
では、通常のRENAULT ULTRA LIGHT7 のタイヤサイズは↓
DSCN4266grae.jpg
RENAULT ULTRA LIGHT7
DSCN4267grae.jpg
RENAULT ULTRA LIGHT7 タイヤ:14×1.75(インチ)
シングルスピード仕様(変速無し)のULTRA LIGHT7は、タイヤサイズが14×1.75(インチ)。
安定性や路面からの衝撃吸収性を稼いでいる。
DSCN4276grae.jpg

RENAULT ULTRA LIGHT7 TRIPLE 試乗体験インプレ
タイヤサイズが細い分ULTRA LIGHT7 TRIPLEの方がスピードに乗り易いですね。
漕ぎ出しも軽快。
コーナーリングも安定性のあるULTRA LIGHT7よりは、鋭い感覚があります。

ULTRA LIGHT7 TRIPLEは外装3段変速に注目していましたが。タイヤサイズが細くなった事によるスポーツ性が増しましたね。
(かといって、ロード系スピード系ミニベロ程速度が出るわけではない。あくまで街乗り前提のスピード性能と、変速性能を保有しているという事だろう。特にローギアに設定した場合、坂道などに強そうだ)

重量約7.8kg(本体のみ:ペダル、スタンドを除く)は、やはり持ち運ぶ為の軽量性だろう。
また、外装3段変速のおかげで登板性能は間違いなくパワーUPしている。

(´・ω・`) ULTRA LIGHT7 TRIPLEに試乗される場合は、タイヤ径が細くなった事によるスポーツ性を確認して欲しいですね。
実は外装3段変速になった事よりも、タイヤ:14×1.75→タイヤ:14×1.35と細くなった事が生かされている。
DSCN4285gteagrae.jpg
DSCN4286graeage.jpg
SRAMのトリガーシフトがハンドル右側に付いていた。
変速は「ガチ、ガチ、ガチ」と大味であるが、確実な変速が可能。
(´・ω・`)思ったより、しっかり変速操作が出来るんですね。
DSCN4288hstrht4.jpg
変速操作&タイヤが細くなった事により、スポーティーな走行感。
DSCN4287htsratg.jpg
DSCN4289htsrhs43.jpg
高さ調整機能付きのハンドルステム
DSCN4305gesrretaetsrtg34.jpg
ダブルロック付ハンドル折畳レバー
DSCN4301gsd45523.jpg
(´・ω・`)最新のULTRA LIGHT7 TRIPLEモデルということで、ボタン式のセーフティーに更新されていた。
即折り畳み操作にアクセスしやすい。
DSCN4294graegaerg.jpg
Vブレーキなので、制動力は強めに設定してある。
特にウルトラライト7シリーズに関しては、カーボンモデルなどがディスク化していますが。
きちんとしたブレーキ性能は確保してあります。
DSCN4282gea.jpg
DSCN4281hrs.jpg
チェーンホイル 47T 

DSCN4290geergt452.jpg
ダブルロック式のフレーム折畳機構
DSCN4304tegs45t3.jpg
左折れで収納出来る。

DSCN4280hrst.jpg
リアホイル 11-13-15T
3段変速
DSCN4279grae.jpg
変速ケーブルが、シートステー部にインターナルになっていた。
(´・ω・`)14インチホイールなので、リアディレーラーが路面に接近している。
DSCN4284graeae.jpg
DSCN4296graega.jpg
工具不要でペダルの着脱が可能な、MKS(三ヶ島) などの取り外し式ペダルを後付けされるユーザーも多いとか。
DSCN4293geaaerg.jpg
DSCN4292hsrter553.jpg
前後にVブレーキを装備
DSCN4303gsg4t32.jpg
街乗りとしての利便性、持ち運びの軽さ、軽いスポーツ性を(本格的ではないが)確保した新型ですね。
通常のULTRA LIGHT7はシングルスピードでしたが、ULTRA LIGHT7 TRIPLEは3段変速ながら細かいギア設定が可能な点もいいですが。
やっぱりタイヤサイズが14×1.35と細くなった点が、意外に大きい。
速度はULTRA LIGHT7よりも、ULTRA LIGHT7 TRIPLEの方が出しやすいですね。
(´・ω・`)コストを上手く抑えつつ、走行性能がパワーUPしている新型でした。
RENAULT(ルノー) ULTRA LIGHT 7 TRIPLE(ウルトラライト7 トリプル AL143) レッド 外装3段変速 超軽量約7.8kg 超小型 14インチ アルミフレーム 折りたたみ自転車 大型クランク採用(チェーンホイル47T/フリーホイル11/13/15T) 3speed アルミリム ステンレススポーク 軽量タイヤ 軽量ハブ 前後Vブレーキシステム採用 鍛造式高さ調節機能付きハンドルステム PAT.P 11286-0299

2017年11月11日 トラックバック(0) コメント(0)

アナハイム・エレクトロニクス社 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン(カーボン)試乗体験インプレ モビルスーツというよりは、高速性を重視したモビルアーマーの様だった!  



DSCN5555greerg (2)
DSCN5144gegwehes.jpg
アナハイム・エレクトロニクス社から、ガンダム系ロードがお披露目されていたので試乗してきました。
( ;゚ω゚)……百式とか、ユニコーンガンダムがいきなり展示してあって震えてしまった……
次々と見学者が訪れ、ブースはガンダムトーク満載でカオスな状態に。
DSCN5179hte.jpg
ジオニック社製シャア専用ロードバイク FR-CB01-CA02(カーボンフレーム)
( ;゚ω゚)……!! あのシャア専用ロードのカーボンフレームかよ……!!

アナハイムエレクトロニクス社が吸収合併した、ジオニック社のカーボンフレームも展示。
完成車の方は大好評だったので完売。
それでも人気が高まる一方だったので、カーボンフレームという形で販売継続を決定したそうな。

DSCN5186hte.jpg
カーボンというより、赤い金属感が出ていてリアルにモビルスーツっぽかった……
DSCN5183lkn
ジャイアント・メリダに続く台湾第3のブランド、AXMAN FALCONブランドのロゴがダウンチューブ辺りに確認。
(大手のカーボンモデルOEMを手広く担当している)

( ゚Д゚) すげー、あのAXMANのフレームだ。始めてAXMANって実物を見たわ!!
AXMANの生産ラインは全て台湾だし、塗装においても定評がある。
AXMANがガンダムロードを担当しているから、これだけ塗装が美しいのか。
AXMAN TEAM C1あたりのフレーム形状に近いかな?
DSCN5555greerg (1)
DSCN5556hte.jpg
ジオニック社製シャア専用サイクルグッズセット
サイクルグッズ5点セットも展示。
(ツールケール、ボトルケージ、ペットボトル対応ボトルケージ、携帯空気入れ、ミニマルチツール)
全てにシャアのパーソナルマークと、ジオニック社のロゴがデザイン!!

DSCN5516hte.jpg
アナハイム・エレクトロニクス社製百式 ロードバイク RB-ALHY01(アルミフレーム)
(´・ω・`)アルミモデルには百式の他にも、ユニコーンガンダム、ユニコーンガンダム2号機バンシィ を用意。

DSCN5145few.jpg
モビルスーツのリアル感を出せる様に、ロゴやマーキングに特殊なデカールを用意。
紙に特殊な金属蒸着したカールを用意。
それで、金属感を表現している。
また、ロゴやマーキングもデカールを使用して、プラモデル感を演出できる効果も。

(´・ω・`)とはいえ、プラモデル感というよりは実際の機体っぽかった。
百式に関しては、アルミの質感が個人的に好き。
DSCN5135dswsf.jpg
アナハイム・エレクトロニクス社製 ユニコーンガンダム ロードバイク RB-ALUC01(アルミフレーム)
DSCN5140geewr.jpg
アナハイム・エレクトロニクス社製 ユニコーンガンダム ロードバイク RB-CAUC01(カーボンフレーム)
会場での一番人気は、やはりユニコーンのカーボン。
撮影されまくり。
DSCN5138hdtdh.jpg
アナハイム・エレクトロニクス社製 百式 ロードバイク RB-CAHY01(カーボンフレーム)
カーボン完成車も百式の他に、ユニコーンガンダム、ユニコーンガンダム2号機バンシィ を用意。
カーボンフレーム売りも同時に行うそうです。



さすがに劇中の様に走行中変形したり発光はしないが、通常モードからデストロイドモードへの意向はフレーム素材で表現されている。

ユニコーンモード
1000119301_5.jpg
DSCN5514vfs
ユニコーンガンダム2号機 バンシィ ロードバイク RB-ALB01(アルミフレーム)
(´・ω・`)ちなみにアルミモデルは、平常時の「ユニコーンモード」を表現しているそうだ。
じゃあ、デストロイドモードはどうなるの? と思って質問してみたらこういった答えが。
↓                              ↓
デストロイドモード
1000119301_2.jpg
DSCN5148feq.jpg
アナハイム・エレクトロニクス社製 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン ロードバイク RB-CAB01(カーボンフレーム)
( ;゚ω゚)……各部の装甲を展開してフレームを露出させた、最大稼動モード「デストロイモード」はカーボンフレームで表現しているそうだ。
つまり平常時の「ユニコーンモード」はアルミモデル。最大稼動モード「デストロイモード」はカーボンモデル。
(´・ω・`)これ考えた方、頭がいい。
(特に試乗後に、そう思った。走行性能が確かに世界観を表現している)
流石に走行中に変形する訳にはいかないもんな。

てかこのカーボンフレームモデルって、アックスマンハイエンド エアロカーボンモデル AXMAN FALCON S3のフレームを流用している??
CFD(数値流体力学)ソフトで基本設計した、最新鋭のエアロロードじゃないか?
そりゃ、確かにデストロイだわ……
DSCN5158fewa.jpg
ユニコーンガンダム2号機バンシィカーボン試乗体験インプレ。

真面目に感想を書くと、かなりスピード性能に特化したエアロロードモデルですね。
前方への推進力が強めになっていて、どんどん前へ前へフレームが突っ込んでいく。
(まるで、一歩手前の速度にどんどん引っ張られていく。しかも軽快にこなしてくれる)
特にどの速度域でも、踏み込んでからどんどん速度が伸びていく感覚がいい。
(´・ω・`)最新のエアロロードって、前方への推進力が高い最新鋭モデルが増えつつありますけど。
ユニコーンガンダム2号機バンシィカーボン(AXMAN)も、その最新鋭の性能を保有していますね。


やはりエアロロードらしく、若干直進安定性が高い。見た目はエアロフレームですが、実に扱いやすい機体ではある。
あと、脚力の消費が非常に軽減されているのもポイント。
脚力を効率的に推進力に増幅してくれるので、実に快速を楽しめる。
DSCN5156fewa.jpg
ステム Kalloy AS‐007N
ハンドルバー Kalloy HB‐CR21

ブレーキ SHIMANO BR5810‐F 105 ダイレクトマウントブレーキ搭載

体力を消費せずに、いかに長時間高速性を維持可能な、エアロロードの長所を持ち合わせているだけではなく、万能性もありますね。
エアロロードの様に、縦剛性や直進安定性だけに依存しているモデルとはまた違う。
やはりスピード性能に特化したMERIDA SCULTURAカーボンフレームにテイストが近い。

幕張新都心クリテリウムにおいて、このユニコーンガンダムは平均速度45km/h超で疾走したと伺ったけど。
確かに普通にレースなどの実践に投入可能だわ。

(´・ω・`)……恐るべし、AXMAN……。
実は、AXMANロードの走行性能を知りたくて仕方がなかったのですが。
まさかガンダムロードで、台湾ナンバー3ブランドAXMANロードの性能を体感できるとは。
ここだけの話、AXMANはかなりの実力派ですよ。
これはあなどれないな。
DSCN5155fea.jpg
DSCN5150fe.jpg
DSCN5151few.jpg
フレーム FM526 QR BB86 700C CARBON ROAD FRAME
DSCN5161fea.jpg
(´・ω・`)会場で好評だった、AE(アナハイムエレクトロニクス社)のロゴ。
DSCN5167fea.jpg
DSCN5164feqa.jpg
クランクセットSHIMANO FC-5800L 50×34T
変速機 FD‐5800L 105(直付け) 
     RD‐5800L 105
スプロケット SHIMANO CS5800 11‐32T

DSCN5165fea.jpg
DSCN5163fe.jpg
DSCN5168fea.jpg
リムはアルミだそうです。
DSCN5169feqa.jpg
DSCN5177hte.jpg
DSCN5154fewa.jpg
SHIMANO BR5810‐RS 105 ダイレクトマウントブレーキ搭載
Zガンダム
ユニコーンガンダム2号機バンシィカーボンをガンダム風に走行性性能を表現すると、Zガンダムのウェーブライダー変型時かな??
兎に角、スピード性能に特化した機体だと認識してくれれば。
あとは、ギャプラン??
ユニコーンガンダムロードはモビルスーツというよりは、高速性を重視したモビルアーマーの様だった。

AE社製 ユニコーンガンダム2号機バンシィ・ノルン ロードバイク RB-CAB01 (カーボンフレーム)
icon

ジオニック社製 シャア専用ロードバイク FR-CB01-CA02(カーボンフレーム)
icon

2017年11月10日 トラックバック(0) コメント(0)

YPJシリーズの新コンセプトモデル eMTB 「YAMAHA YPJ-XC」など4機種を参考出展車としてお披露目!!



DSCN4415fewwgf
YAMAHA YPJ-XC(参考出展車)
今回は展示車だったので、撮影しておきました。
試作時YPJ-MTB Conceptをより市販モデルに近づけたeMTB 「YAMAHA YPJ-XC」。
(´・ω・`)MTB本来の機能を有しつつも、よりモーター部やフレームが試作機よりもコンパクト化されていた。
なんだか、普通に販売されてもおかしくない仕様。
しかもモーター部を覆うカバーが、強固そうだ。


DSCN4437hte.jpg
ダウンチューブタイプの大型バッテリー。
他の参考出展車にも似たような大型バッテリーが搭載されていた。
YAMAHA YPJ-XCだけではなく、他のモデルにも互換性があるバッテリーということか?
DSCN4438gre (2)
最新のパワーユニット「PW-X」を搭載
体積を約13%削減し、380gの大幅な設計変更を実現。
(´・ω・`)この新型パワーユニットの重量は3.1kgだそうだけど。
恐ろしくコンパクトなモーター部でした。
世界標準だと、こんなにコンパクトなんですね……。
DSCN4438gre (1)
DSCN4417bfad (1)
DSCN5377vfd.jpg



DSCN4425js (2)
YAMAHA YPJ-ER(参考出展車)
クロスオーバーロードバイク。
欧州で定評のあるパワーユニット「PW-SE」を搭載。
ストリートからフィールドへの乗り心地を広げる。
DSCN4420trs (2)
パワーユニット「PW-SE」はBluetooth®接続性を備え、コンパクトな多機能メータと組み合わせることが可能。
ソフトウェア方面に強いパワーユニットというわけか。
DSCN4424jsr (2)
(´・ω・`)これだけバッテリーが大容量なら、100km程度はいけそうな気がする。
DSCN4420trs (1)
タイヤは700×35C。
キャリアーも搭載できるダボ穴も付いていたので、グラベルロードとしても活用できそうだ。
DSCN4424jsr (1)
DSCN4425js (1)
ヤマハは、グラベルロードなどのジャンルも視野に入れて動いている訳か。
個人的にYPJ-ERが一番気になった。


DSCN4429nfx (2)
YAMAHA YPJ-EC(参考出展車)
これもYPJ-ERと同じく、欧州で定評のあるパワーユニット「PW-SE」を搭載したフラットバーロードバイク「YPJ-EC」。
YAMAHA YPJ-Cをディスク化して、大容量バッテリーを積載したらこんな感じになるのか?

DSCN4432nf (1)
DSCN4432nf (2)
(´・ω・`)これもディスクブレーキを搭載。
ある意味、現行の電動ロードYPJ-Rや電動クロスバイクYPJ-Cよりも、重量面を気にせずに制動性やバッテリー大容量化を優先。
機能面を重視している。
DSCN4429nfx (1)
DSCN4430nf (1)
(´・ω・`)フレーム形状は、クロスオーバーロードバイクのYAMAHA YPJ-ERと同様?
YPJ-ERの、フラットバーロード仕様がYAMAHA YPJ-ECということかな?
DSCN4430nf (2)


DSCN4439htr (1)
YAMAHA YPJ-TC(参考出展車)
これもパワーユニット「PW-SE」を搭載したトレッキングバイク「YPJ-TC」。
サスに泥除け、更にはキャリアー付き。
(´・ω・`)日本市場というよりも、欧州市場で受けそうなトレッキングバイクではないですか?
フレームもスローピング気味なので、乗り易そうだ。
DSCN4439htr (2)
(`・ω・´)bキャリアー部に、大容量バッテリーをダブルで積載すれば300kmは走破可能? と妄想してしまった。
DSCN4441htre (1)
DSCN4450ywr (2)
DSCN4451htr (2)
要するに、パワーユニット「PW-SE」や大容量バッテリーを使用して、ありとあらゆるe-bikeモデルを展開できると今回YAMAHAは提案している訳だ。
(´・ω・`)ただ、eMTBの「YAMAHA YPJ-XC」には、YAMAHA側の特別な愛情を感じる。
DSCN4441htre (2)
DSCN4450ywr (1)
「ヤマハ」2018 YPJ-XC 27.5インチ(650B) 油圧ディスクブレーキ 電動自転車 マウンテンバイク

2017年11月09日 トラックバック(0) コメント(7)

RENAULT Carbon8試乗体験インプレ ダッシュ力が異様に高いんですよ…… カーボンフレーム剛性が高めなスポーティーモデル!!



DSCN4361vsd (1)
RENAULT LIGHTシリーズを見学&試乗してきました!!
朝一に駆け込んだので、割と空いていますが。
この後次第に人の波が押し寄せる事に……・

DSCN4308gsr (2)

RENAULT Carbon6 約6.7kg(本体のみ:ペダル、スタンドを除く)
( ゜∀゜)遂にお披露目されたね! 夢の6.7kg!!! フルカーボンのRENAULT Carbon6ですよ!!
DSCN4246gre (2)
RENAULT PLATINUM LIGHT6 約6.8kg
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル うわぁぁぁあああああ 約6.8kgの超軽量アルミモデル「RENAULT PLATINUM LIGHT6」
フレームをバテッド加工にして、重量を稼いだそうな。
DSCN4246gre (1)
RENAULT MAGNESIUM6 約7.0kg
(`・ω・´)試乗したけど、フレーム剛性がなかなかいい出来でした。
実は重量よりも、マグネシウムフレームが繰り出す走行性能に注目した方がいい。
DSCN4240grew (1)
DSCN4308gsr (1)
RENAULT Carbon6
RENAULT Carbon8

(´・ω・`)とりあえず、ルノー様が用意してくれた試乗車は全て体験してきましたので。
順次レポートしていきます。クロモリやプレミアムライト6は流石に試乗車が無かったですが。

あ、そうだ。
撮影禁止で画像はないんですが……
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 他に「禁断の、次期ウルトラライト試作モデル」が展示してあった!!
つ、遂に出るのか……英国ブロンプトンやターンに対抗するつもりなんだろうか……
DSCN4240grew (2)
輪講バッグや伸縮式の泥除けなど、オプションパーツの展示も。
(何気に、オプションコーナーが人気だった。やはりウルトラライトシリーズを購入した後、専用袋など求める方が多いそうだ)



DSCN4334vds.jpg
RENAULT Carbon8試乗体験インプレ

(´・ω・`)えっと、RENAULT Carbon8のホイールサイズはやはり16インチでした。
ここだけの話、カーボンフォールディングモデルは初めての経験でしたので、最初緊張しながら走ってみたのですが。

は、速い……
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 、RENAULT Carbon8って、ダッシュ力が異様に高いんですよ……
カーボンフレーム剛性が高め。
しかし、これなんでこんなに速度が出るんだ????
これ、スポーツ性能を高めたカーボンフォールディングモデルではないですか。

しかもフルカーボンフレームの特性を生かし、衝撃吸収性も今までのミニベロではありえないレベルで確保してある……
衝撃吸収性を高めつつ、スポーツ性能や巡行性能も高めてあるというか。
スピード性能はクロスバイク一歩手前まで迫っていますね。

正直、スピードミニベロに片足を突っ込んでいるかのような走り。
(´・ω・`)なんで、わざわざ油圧ディスクを用意してきたか理解できた。
凄いスポーティーなモデルだわ。
調度走行性能と油圧ディスクのバランスが取れている……
16インチ系フォールディング系ミニベロの走行性能の限界を極めてしまったのでは?
タイヤサイズが16×1.5インチだけど。
あくまで仮の話だが16×1.35インチあたりにすれば、更に高速性が増すと思う。
DSCN4336vds (2)
SORAグレードの9速フラットバー用シフター SL-R3000だと思う。
変速操作も含めて、ミニベロというよりはフラットバーロード感があった。
変速操作や油圧ディスクブレーキも含めて、実にスムーズに操作可能。

しかも、走行安定性が高いので街乗りでも全然いける!
路面からの突き上げを、抹消してくれるので非常に乗っていて楽です。
フレームがガタツクとか、そういった不安は無かったな。
(´・ω・`)なんというか、カーボンロードの性能をミニベロに落とし込んだらこんな感じになるんじゃないかと。
DSCN4335gfds (2)
アルミ伸縮式ステム
DSCN4356vsd (2)
赤いボタンを押して、ワンタッチでアルミハンドルステムを折り畳める。
通常のウルトラライト7よりも、操作が楽で品質も高くなっていた。
DSCN4357vds (1)
ヽ( ゚∀゚)ノ ヘッドがまるでロードっぽい!
RENAULT Carbon8において、一番カッコいい部分だと思う!

201711081003572facsvs.jpg
タイヤ 16×1.5(インチ)
DSCN4360vds (2)
DSCN4346v s (1)
ブレーキ 油圧式ディスクブレーキ(前後)
DSCN4350vsd (1)
フレーム材質 カーボン(東レT700)
DSCN4356vsd (1)
DSCN4343cds (2)
アルミ鍛造フレームジョイント
強度の高い、鍛造フレームジョイントを採用。
強度の高い鍛造アルミジョイントにより、フレーム同志の密着度を高めているそうな。
丸いボタンを押すと、ジョイントを展開できるシステムになっている。
DSCN4341dfwr (2)
チェーンホイール 53T(カタログより)
DSCN4346v s (2)
フレーム後方は、羽状のエアロな形状。
でも、肉厚でもある。
なんというか、所々にエアロロードバイクの技術を落とし込んでいるようなデザインだった。
DSCN4343cds (1)
シートポスト径 ティアドロップ型
シートポストにティアドロップ型を採用した理由は、エアロ性能というよりも強度を重視した結果だそうだ。
DSCN4344vs (1)
DSCN4341dfwr (1)
SHIMANO SORA 9speed
11-25T

DSCN4354vsd (1)
DSCN4354vsd (2)
DSCN4350vsd (2)
DSCN4336vds (1)
(´・ω・`)カーボンフレームならではの剛性と、衝撃吸収性を楽しむ為のフォールディングモデルですね。
予想位以上にRENAULT Carbon8の走行性能を高めていた事に、驚愕したわ。
もちろん持ち運び重視でもあるので、これだけの仕様なのに8.7kgと軽量でもあるという……
RENAULT(ルノー) Carbon8 16インチ カーボンフレーム シマノSORA9段変速搭載 折りたたみ自転車 8.9kg (カーボン8 C169)

2017年11月08日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 KhodaaBloom FARNA SL2 ULTEGRA試乗体験インプレ  軽快×優秀な加速性×カーボンの様な衝撃吸収性

DSCN5210few.jpg
2018 KhodaaBloom FARNA SL2 ULTEGRA

( ゚∀゚)なんじゃい、この軽快な加速感は!! 走行感が楽しいね!!
例のコーダーブルーム新型アルミフレームFARNA SL2 ULTEGRA仕様に試乗したわけですが。
軽いな……これは軽い! 
アルミフレームの硬さが消去されている謎のアルミフレーム。
更にはアルテグラWH-6800後継ホイール、新型WH-RS500まで装着している訳でして。
贅沢な……

走行感は今までのFARNA SLとは全くの別物。カーボンとアルミが入り交じったかのような走り!
(カーボンフレームではないが、アルミフレームという訳でもない)
( ゚∀゚)リアホイールがコンパクトになった分、軽快に加速出来る様になったのか?
ちょっと今までにないコーダーブルーム系ロードなので、謎に走行性感が楽しかった!!

いずれにしても新型FARNA SL2フレームの場合、脚力があまり必要無し。(ノーマルクランクなのに、まるでコンパクトクランクの様だった)
脚力を消費せずに、高速&継続して疾走する事が可能。
普段ロードに乗っていない方でも、この軽快な加速は気楽に楽しめるのでは?

ある程度の路面追従性もあったけど、それ以上に走りがまた軽快で美しい。
まるで無駄がない華麗な走りを楽しめる。
DSCN5212fcwe.jpg
「FARNA SL2のスローピングフレームは、実に乗り易い」
アルミフレームながら、フレーム形状で乗り易さを稼いでいますね。
ロードとは思えない乗り易さ。

アルミ剛性を発揮して走るというよりも
軽快×優秀な加速性×カーボンの様な衝撃吸収性
=FARNA SL2 ULTEGRA

ではないかと。

(´・ω・`)言葉が悪いが「手を抜いて、レーシーな走りをしたけりゃ FARNA SL2」かも。
あんまり乗り手が頑張らなくても、FARNA SL2 フレームが頑張ってくれる。
201512121538041e2gefesewf.jpg
2016 Khodaa Bloom Farna SL Ultegra
こちらは、兄貴分の7.4kg超軽量なアルミモデルFarna SL ですが。
Farna SLは見ての通りフレームが、スローピングではないですよね?
こちらもレーシーな一台ですが、こちらは脚力を生かして生かして、一気に軽く加速するパワーがある。
(´・ω・`)どちらかというと、脚力がある方向けがこちらのFarna SLですね。
脚力が無い方は、新型Farna SL2のほうが向いていると思う。
DSCN5211cwe.jpg
2018 KhodaaBloom FARNA SL2 ULTEGRA
通常この衝撃吸収性が高いアルミモデルの走りは、ビアンキのスカンジウムフレーム合金など特殊なアルミ素材を用意して獲得出来るものですが。
FARNA SL2 ULTEGRAは軽量性と、フレーム形状の変更でこのレベルの走行性能まで持ってきたのでは。
普段ロードに乗っていない方でも実に扱いやすく、その上強力なレーシング性能も獲得している実に楽しいアルミロードと認識しました。
DSCN5222fr3g.jpg
シフター SHIMANO ST-R8000
DSCN5221f3r.jpg
ヘッドセット インテグラルヘッド 1-1/8~1-1/2
DSCN5220h5yh.jpg
フォーク カーボン1-1/8~1-1/2
ホイール SHIMANO WH-RS500
タイヤ MAXXIS DOLITES 700x25C

DSCN5219yt.jpg
フレーム AL6066
(´・ω・`)ダウンチューブが、アルミフレームにしては変わった形状だった。
一見細そうだが……
DSCN5216ty.jpg
上から見ると、横に幅を取ってある。
実物を見てもらうと即分かると思うけど、随分手間のかかるアルミ成型をしているんだな…・…
veeverge4323.jpg
BBセット SHIMANO SM-BB72-41B BB86 プレスフィット
DSCN5218hyt.jpg
DSCN5224gre.jpg
ギアクランク SHIMANO FC-R8000 52/36T 470:170mm,500/540:172.5mm
チェーン SHIMANO CN-701-11
Fディレイラー SHIMANO FD-R8000-F 直付
Rディレイラー SHIMANO RD-R8000-SS
ギア SHIMANO CS-R8000 11-28T

DSCN5223gre.jpg
サドル オリジナルサドル
シートピラー カーボン φ27.2 420:300mm,465/500:350mm

DSCN5214few.jpg
ブレーキセット SHIMANO BR-R8000
DSCN5226er.jpg
gerregetr32.jpg
(´・ω・`)チェーンステーは縦方向に、ボリュームがある。
踏み込んでも、脚力が全然逃げないはずだ……
DSCN5235ver.jpg
DSCN5215wfr3.jpg
(´・ω・`)最近の新型アルミフレームは、どんどんカーボンフレームに肉薄していますね。
FUJI ROUBAIX 1.5もそうだったけど、最近のアルミフレームはカーボン感を有する事が増えつつある傾向にあります。
最新アルミモデルってよく吟味すれば、性能面でかなり美味しい思いを出来るんですよね。
特にその傾向が2016年モデルあたりから、出てきた気がする。

あと、FARNA SL2 って「実に楽しいコーダーブルームモデル」でもあるんですよ。
通常のコーダーブームモデルって、真面目な走りをするモデルが多い訳ですが。
Khodaa Bloom コーダブルーム 2019年モデル FARNA SL2 ファーナSL2 105 限定モデル[完成車]

2017年11月07日 トラックバック(0) コメント(3)

PANASONIC XM1 試乗体験インプレ ( ;゚ω゚)……これはもう、脚力いらんわ。

DSCN4457vfs.jpg
DSCN4455gew.jpg
(´・ω・`)噂のパナソニックの電動アシストMTB「MTB」に試乗してみました。
試乗前に、社長の講演を拝聴してみる。

なんで電動MTBにしたかというと、一番電動アシストの価値が分かり易いから。
まずはMTBを電動化した訳ではあるが、次はクロスバイク、ロードを将来的に展開していきたい……とか。
は? じゃあ、将来的にパナソニック製電動ロードが出る訳ですか??
しかもYAMAHAブースの前でそんな構想をパナソニックがぶち上げたもんだから、ちょっと個人的に驚いた。
DSCN4459vs.jpg
DSCN5380bfds.jpg
XM1新色「マットバーニングリーブス」
例のジェッターにも採用されている、新色カラーもお披露目。
男性オレンジカラーでしたが、個人的に男性でも女性でも楽しめるカラーかと。
DSCN5381bsd.jpg
DSCN5385bs.jpg
DSCN5382bs.jpg
DSCN5383bs.jpg
DSCN5379gsd.jpg
DSCN4458vs.jpg
(´・ω・`)ここが、XM1試乗コーナー。
一番空いていた土曜日ですら、整理券を発行。
確か2時間待ちだった。
試乗希望の方がやはり殺到していた様だ。
DSCN4873vs.jpg
PANASONIC XM1 試乗体験インプレ

パワフルなアシストパワーを最大限生かす為の、E-MTBでした。
これ、ペダルがまるで「スイッチ」の様だった。ペダルをちょっと踏み込むと、いきなり突進開始。
……これ、人力というか脚力いらんだろ?
だからペダルとうよりは、ペダル状のスイッチという感覚。

うーん、ゼロ加速が強烈なアシストが特徴。しかも走破性も伴っているから、「パワー感」が半端ない!!
意識していないのに、前方へ一気に猪突猛進してく。
特に負荷がかかった状態から、挽回する為のアシストが強烈。てか反則的なパワーだ。
一番アシストパワーが低い「ECO」モードでも、低速から一気に挽回して加速していく。
( ;゚ω゚)……これはもう、脚力いらんわ。
通常の電動クロスバイクのパワーすらも、軽く凌駕しているではないですか?

「時速23kmから、アシストパワーが一気に低下していく」
平地で、全力疾走してみましたが、時速23km付近までは強大なアシストパワーが楽しめますね。
時速24kmになると、一気にアシストが低下。
いきなりペダルがかなりきつく&辛くなります。
(時速0km~23km内で、いかに強大なアシストパワーを発揮するかに関して特化した機体だと思います)
DSCN4880cs.jpg
平地でリモートロックアウト機能を使用して、フロントサスペンションをロックしてみました。
ぶっちゃけ、ロックしなくても速度が落ちないですね。理由は、単純に強大なアシストパワーが、サスでスピードが食われる分をカバーしてくれるから。
逆に、ロックしてしまうとパワフルな走行中における快適性が落ちてしまうので、個人的には「リモートロックアウト機能」はいらないかな。
DSCN4872fads.jpg
XM1はNO ASSISTで走行すると、実に辛い。

(´・ω・`)アシストOFFでも走れるという話だったので、NO ASSISTにして平地を走行してみましたが。
きつい……重い。
もちろん走れないわけではないですが、個人的にちょっとアシスト無しはきつかった。
XM1の強大なアシストに脚が慣れてしまったせいもあるかもしれません。
下りは普通に行けるとは思いますが。登りだと地獄が待っている。
だからXM1はアシストありきのE-MTBなんですね。21.8kgという重量を、強力な電動アシストユニットでカバーしているのでは?
DSCN4864vsd.jpg
ハンドルバー アルミ フラットバー クランプ径Φ31.8mm W:580mm
ハンドルステム アルミ アヘッド クランプ径Φ31.8mm EXT:90mm -10°

DSCN4865vfs.jpg
DSCN4863gvw.jpg
スイッチ/ディスプレイ センター液晶ディスプレイ(操作ユニット、表示ユニット)
操作スイッチが扱いやすかったし、MTBらしく堅牢に出来ていた。
↑↓ボタンで、アシストモードをコントロール。
中央のMODEボタンで、走行距離、最高速度、バッテリー残量%を表示。

(´・ω・`)あと一番上の☀みたいなスイッチで、センター液晶ディスプレーの照度を調節できる。
暗い場所でも、しっかり液晶が確認出来て地味に便利だった。
DSCN4879vsd.jpg
ブレーキレバー シマノ SLX BL-M7000
DSCN4877fsd.jpg
ヘッドパーツ ゼロスタック 1-1/8~1-1/2 アルミステム用
DSCN4876vs.jpg
シフトレバー シマノ SLX SL-M7000-10ーI (I-SPEC) ラピッドファイヤープラス
DSCN4875vsfv.jpg
ハイパワーLEDスポーツライト(Panasonic SKL085 単4形乾電池タイプ)
DSCN4902bvsf.jpg
フロントフォーク SR SUNTOUR RAIDON-XC RLR DS 15QLC32 27.5"" 100mmトラベル リモートレバー付
DSCN4892vfs.jpg
ホイール
タイヤ MAXXIS IKON ebike 27.5×2.2 仏式バルブ
リム アルミ 32H
ハブ シマノ DEORE HB-M618 E-Thru 100×15mm 32H/ FH-M615 OLD:135mm QR 32H


シマノ SLX BR-M7000 油圧ディスク レジンパッド, 前:SM-RT81 Φ160mm 後:SM-RT81 Φ160mm
DSCN4884vsd.jpg
DSCN4907bs.jpg
フレーム アルミフォーミング(ワイヤ内蔵タイプ)エンド幅:135mm 樹脂製モーターアンダーガード付
DSCN4895vsd.jpg
DSCN4915bs.jpg
バッテリー セミインテグレーテッドバッテリー(SiB) リチウムイオン 8Ah(36V) ※25.2V換算値で11.4Ah相当
DSCN4901bsfsd.jpg
ギヤクランク アルミクランク L=170mm / スチールチェーンリング 41T 樹脂ガード付
モーター スポーツドライブユニット(直流ブラシレスモーター 250W)

クランク軸に直接駆動力を伝えるダイレクトドライブ機構


DSCN4907bs.jpg
DSCN4909bsf.jpg
DSCN4911bs.jpg
DSCN4899vsd.jpg
リアメカ シマノ SLX RD-M7000-10 SGS
ギヤクランク アルミクランク L=170mm / スチールチェーンリング 41T 樹脂ガード付
フリーホイル シマノ CS-HG50-10 11×13×15×17×19×21×24×28×32×36T

DSCN4898fds.jpg
サドル SELLE ROYAL MILO-1402HRN Cr-Moレール
DSCN4885bfd.jpg
DSCN4886bfd.jpg
スタンド(オプションだそうです)。

DSCN4871bnd.jpg
MTBコースを走ってみた感想。
MTB本来の機能は十二分に有している。
木製の起伏があったコースがあったので、体重移動をしながら走ってみました。
(´・ω・`)なるほど、通常のMTBと同様にアップダウンが激しくても安定感があるな。
やっぱり、本格MTB系SLXコンポーネントを採用したことが、操作性に関しても効いている。

XM1は電動アシストモデルではありますが、普段MTBやクロスバイクに経験のある方ならあっさり使いこなせるはず。
見た目はゴツイですが、操作性は想像以上に簡単でした。
前述しましたが時速0km~23km内で、いかに強大なアシストパワーを発揮するかに関して特化した電動アシストモデルだと思います。
【先行予約受付中】PANASONIC パナソニック 2019年モデル XM1 BE-EXM240[完成車][先行予約受付中]

2017年11月06日 トラックバック(0) コメント(2)

サイクルモードインターナショナル2017(2017年11月5日)の速報レビュー 


DSCN5073vfs (1)
(´・ω・`)サイクルモード3日目(11月5日)日曜日の様子です。
土曜日よりは混んでいたかな。
とりあえず、ロード系を中心に試乗。
ただ、金曜日が凄かったと各ブースでも話題に。
DSCN5107cw (1)
DSCN5100cw (1)
chapter2(チャプター2)のブースが盛況。
(´・ω・`)なかなか走行感がユニークだった。
この美麗な走行感。好きな人にはたまらないだろうな。
DSCN5100cw (2)
DSCN5141ve (1)
522356bdsvs.jpg
( ;゚ω゚)……CCPのガンダム系ロードにて、ユニコーンガンダムとバンシィに試乗。
「デストロイモード」が大変なことに…・…
やはりアックスマンが絡んでいましたので、出来がかなりいいです。
おかげでアックスマンロードの高性能さを体感出来たのが大収穫。
DSCN5141ve (2)
DSCN5073vfs (2)
(´・ω・`)キャニオンが意外に当たり。
試乗しておいて、良かった。
DSCN5282cw (1)
FACTOR(ファクター) にも偶然試乗。
DSCN5236w (1)
DSCN5208cvw (1)
( ;゚ω゚)……コーダーブルームの新型を楽しんでみたり……
ブースがコンパクトなのに、バイクがぎっしり!!!
新型SL2って、カーボンとアルミが入り交じった様な異様な走行感。
DSCN5282cw (2)
DSCN5208cvw (2)
DSCN5107cw (2)
(´・ω・`)なんだかんだで、新規のロードブランドも色々楽しめましたし。
今回はサイクルモードに参加しておいてよかったです。
「コーダーブルーム」2018 FARNA PRO AERO DISC 9100 カーボンフレーム ロードバイク 油圧ディスクブレーキ

2017年11月05日 トラックバック(0) コメント(0)

サイクルモードインターナショナル2017(2017年11月4日)の速報レビュー 

DSCN420vw2 (1)
(´・ω・`)……土曜日にサイクルモードに乗り込んだら、意外と空いていた。
どうも、初日の金曜日が激混みだったらしい。
これは意外な展開。
DSCN4240vw (1)
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル ルノーカーボンモデルが、凄い事になっていた……
とりあえず、ルノー試乗車はどれも楽しい! (特にマグネシウムモデル)
後程レポートを。
(ルノーブースは、かなり盛り上がっていた)
DSCN4455w (2)



DSCN4403dwc (2)
シマノeバイク向けコンポーネント「ステップス」遂にお披露目!!
ガクガク((( ;゚ー゚)))ブルブルいやぁ、アシストも体感しましたけど、凄い凄い……。
実にユニークなアシストでした。

DSCN4403dwc (1)
DSCN420vw2 (2)
DSCN4240vw (2)
(´・ω・`)……フードコートは、どういう訳か丼系が多かったかな。
あとジェラート? が人気だった。
佐世保バーガーも来ていましたよ。
DSCN4780dふぇ (2)
ヤマハが新型eバイク4車種を一挙にお披露目!!!
(´・ω・`)YPJ-XCも遂に出てきましたね!!
DSCN4450 fc
お披露目モデルは製品化に向けて、現在動いているそうです。
すげー楽しみ。
DSCN4455w (1)
パナソニック XM1も遂にサイクルモードに登場!!
 (´;ω;`)……試乗してみましたが……もうやみつきになりそうなアシストパワー……
これは反則だ……
DSCN4660w (2)
DSCN4660w (1)
ルイガノブースもサイクルベースあさひ主導で展開!!
 ( ;゚ω゚)……各モデル名が、一気に更新されていて驚く……
DSCN4636TIP (1)
DSCN4636TIP (2)
(`・ω・´)新型ルイガノe-bikeの展開も予定されているみたいですぜ?
大変な力の入れ様ですよ。
ちょっとルイガノの展開が、これまでとは違った新たな段階に動きつつあるのかも。
DSCN4780dふぇ (1)
DSCN4782vdg.jpg
 ヽ(´;ω;`)ノDE ROSA「プロトス」が神だった……ああああああ…・…
待ち時間20分くらいでプロトスに試乗できましたよ。

リドレーは10分程度の列ですね。
DSCN5002vdd (2)
DSCN5002vdd (1)
自転車&サイクリスト専用のサイクルトレイン「B.B.BASE」。
飛び入り参加した、今中氏のパフォーマンスが大受けだった。

(´・ω・`)……こんなに面白い人だとは知らなかった。
【先行予約受付中】PANASONIC パナソニック 2019年モデル XM1 BE-EXM240[完成車][先行予約受付中]

2017年11月04日 トラックバック(0) コメント(2)

サイクルベースあさひ BIANCHIアウトレットSALEランキング (´・ω・`)やっぱりKUMAシリーズはアウトレットでも強いですね。



サイクルベースあさひBIANCHIアウトレットSALEランキングです。
【11月3日7:00時点】
(´・ω・`)現在ビアンキMTB KUMA27.4に人気が集中。
あとはクロスバイクのローマ4、ロードモデルのニローネと続きます。
一位
100000041876-l0.jpg
2015 BIANCHI KUMA27.4 27.5型(650B) Vブレーキ ホワイト-43cm
メーカー希望小売価格68,040円→24%off販売価格51,980円(税込)
注目の650B規格タイヤサイズのマウンテンバイク。
(´・ω・`)やっぱりKUMAシリーズはアウトレットでも強いですね。
最近MTBもシクロクロスモデルやグラベルに釣られて、また高まってきたのかな。

二位
100000045089-l0.jpg
2015 BIANCHI ROMA4(ローマ4) チェレステ-46cm
メーカー希望小売価格73,440円→24%off販売価格55,980円(税込)
(´・ω・`)感覚的にアップライドな姿勢で、軽快なロードに乗っている感覚に近い。
街乗りなどでスポーティに走る為に、性能を強化したクロスバイク。
価格はリーズナブルだけど、スポーツ系クロスバイクとして走りは本格的。


三位
100000045099-l0.jpg


四位
2015 BIANCHI VIA-NIRONE7-ALU sora シルバー-46cm
メーカー希望小売価格122,040円→25%off販売価格91,980円(税込)
100000045107-l0.jpg
2015 BIANCI VIA-NIRONE7-ALU Claris ホワイト-53cm
メーカー希望小売価格100,440円→24%off販売価格75,980円(税込)

DSCN6536dew.jpg
(参考画像 2015 BIANCHI Via Nirone AL CLARIS)
(´・ω・`)あくまで実際のアウトレットとは違う参考画像だけど。
確か2015年モデルのNIRONEって、この頃からフレーム形状がかなりカーボンに近く進化していた時期。
見ての通り、ダウンチューブもカーボンフレームの様に極太。

直進安定性が高いロードだし。低速でも、高速でも安定度の高さが極めて目立つ。

アルミフレームながらカーボンフォークブレードににケブラーを挿入してある。
なので衝撃吸収性も高ければ、長時間乗っていても楽。




100000047267-l0.jpg
メリダ [MERIDA] 【アウトレットSALE】【指定地域お店で受取り選択可】 2016 REACTO(リアクト)400 ロードバイク [CBA-1](マットMETブラック-500mm)
メーカー希望小売価格172,692円→30%off販売価格120,980円(税込)
(´・ω・`)あとやはり現在のアウトレットセールで注目なのが、カーボンフォーク&Shimano 105&MERIDA製エアロホイール仕様の
アルミエアロロード REACTO(リアクト)400でしょう。
2018年モデルだと販売価格155,422円(税込)だから、3万以上もリーズナブルに購入可能。
サイクルベースあさひ SALE品

2017年11月03日 トラックバック(0) コメント(0)

CYCLE MODE international2017 格ブランド試乗車ラインアップまとめ

bn_cycle.jpg
( ;゚ω゚)あ、もう明日からサイクルモードだった……
とりあえず、行列が出来そうなブースの試乗車をまとめました。



PINARELLOブース
(´・ω・`) PINARELLO試乗車は過去最多の37台を用意してくれるらしい。
試乗待ちの列は長いが、案外早く試乗できるかも。
20161109140042888cda.jpg
CYCLEMODE INTERNATIONAL 2017 PINARELLO試乗車は過去最多の37台ご用意!当日はフラッグシップのDOGMA F10、最新モデルのGANシリーズなど、全9モデル、様々なサイズをご用意して皆様のお越しをお待ちしております。また各ブースでは、fi'zi:kシューズのフィッティング・デモやELITE ホームトレーナーを使用したタイムアタックイベントが実施されます。

【試乗できるモデルとサイズ】
(予告なく変更の場合があります)
PINARELLO DOGMA F10 42SL
PINARELLO DOGMA F10 44SL
PINARELLO DOGMA F10 46.5SL
PINARELLO DOGMA F10 50
PINARELLO DOGMA F10 51.5
PINARELLO DOGMA F10 53
PINARELLO DOGMA F10 54
PINARELLO DOGMA K8-S 46.5SL
PINARELLO DOGMA K8-S 51.5
PINARELLO DOGMA K8-S 54
PINARELLO DOGMA K8 46.5SL
PINARELLO DOGMA K8 51.5
PINARELLO GAN RS 46.5SL
PINARELLO GAN RS 50
PINARELLO GAN RS 51.5
PINARELLO GAN RS 53
PINARELLO GAN RS 42.5EZ
PINARELLO GAN S 50
PINARELLO GAN S 53
PINARELLO GAN 46.5SL
PINARELLO GAN 50SL
PINARELLO PRINCE 46.5SL
PINARELLO PRINCE 50
PINARELLO RAZHA 50
PINARELLO RAZHA 53
PINARELLO RAZHA 42.5EZ
PINARELLO DOGMA F8 44SL
PINARELLO DOGMA F8 50SL
PINARELLO DOGMA F8 51.5SL
PINARELLO DOGMA F8 53SL

※当日試乗出来るモデルは予告なく変更になる場合があります。
※可能な限りご自身のヘルメットをお持ちください。
※サンダル履きでの試乗は出来ません。(クロックス不可)

●ピナレロブースでは、なるべく多くのお客様に試乗いただくために「予約」などは行わず、希望する車種の列にお並びいただき、空きが出たモデルを列の先頭の方から順にお声掛けして試乗していただくシステムにしております。列の長さに関わらず、ご自身が乗りたいモデル、サイズで前に希望者が居ない場合はどんどん先に乗っていただけます!
「DOGMA F10専用のA列」と「それ以外の車種のB列」に列を分けておりますので、ご希望のモデルの列にお並びください。
ピナレロ試乗車は全37台ご用意しております!
●試乗はヘルメット持参の方が優先となります。貸出しヘルメットは数に限りがありますのでご自身のヘルメットをお持ちくださいますようお願いいたします。


DE ROSAブース
(´・ω・`)なんと整理券方式は取り止めに。
更にDE ROSA試乗車は、ほぼPROTOSのみ。
20161109103047706vds.jpg
DE ROSAは今年も30台近いモデルを展示。そして試乗車は11台をご用意しています。今年の試乗車コーナーは、ラインアップと試乗受付が例年から大きく変わりました。

例年、整理券をお配りして行ったDE ROSAの試乗ですが、今年は整理券方式は取り止めました。列にお並びいただければ、イベントの開催時間中であれば試乗が可能となります。それでも混乱が予想されますので、ご来場の皆さまにおかれましては、ひとりでも多くの人が試乗できるよう、ご協力をお願いいたします。ヘルメットは一定数ご用意いたしますが、マイヘルメットをご持参いただければ効率良く試乗ができると存じます。また、スポーツ自転車用グローブをお持ちの方は、是非ともご持参ください。

今回のDE ROSA試乗コーナーでは、ふたつほど注意点がございます。ひとつは、今回ご用意する試乗車は、サドルの調整ができません。試乗車は10台+1台の11台ですが、サイズは取り揃えてありますので、サドル高の調整をしなくても多くの方に試乗を楽しんでいただけます。詳細は試乗スタッフにお訊ねください。また、試乗時間中にメインテナンスを行うことがあります。その際は一旦お貸出しの受付を停止します。予めご了承ください。

●試乗車ラインアップ
PROTOS Black Red Matt サイズ:45 ×2台
PROTOS Black Red Matt サイズ:47 ×2台
PROTOS Black Red Matt サイズ:49 ×2台
PROTOS Black Red Matt サイズ:51 ×2台
PROTOS Black Red Matt サイズ:53 ×1台
PROTOS Black Red Matt サイズ:55 ×1台
Raga Grey Black サイズ:38.5 ×1台


上記のように、今回のCYCLE MODE international2017のDE ROSA試乗車は、ほぼPROTOSのみです。


CANYONブース
DSCN3939fvwcd.jpg
【CANYON試乗車リスト(予定)】

Aeroad CF SLX - 2XS, Mサイズ
Aeroad CF SLX Disc(ディスクブレーキ)- XS, Sサイズ

ツール・ド・フランスステージ優勝、ツール・デ・フランドルのようなビッグレースでの数々の勝利。ゴールスプリントにも応える横剛性、登坂性能をもたらす軽さ、荒れた路面での安定したハンドリング、これらを兼ね備えるAeroad CF SLXは最も完成したエアロレースバイクです。

Ultimate CF SLX - 2XS, XS, S, Mサイズ
Ultimate CF SLX/SL Disc (ディスクブレーキ)- 2XS, XS, S, M, Lサイズ
Ultimate WMN CF SLX Disc (ディスクブレーキ・650Bホイール)- 3XS, 2XSサイズ

ナイロ・キンタナ選手が愛用する、超軽量オールラウンドロードバイク。重量比剛性、空力性能、快適性能といったロードバイクに求められるすべての要素をハイレベルで満たす超軽量バイクはCanyonの誇るエンジニアリングの到達点です。650Bホイールを採用したWMNモデルは身長152cmから対応。

Endurace CF SLX(ディスクブレーキ)- 2XS, XS, S, Mサイズ
Endurace WMN CF SL Disc (ディスクブレーキ・650Bホイール)- 3XS, 2XSサイズ
最新のエルゴノミックを実現した、より遠くまでより速く、快適に安全に走りきれるバイク。新型のステム一体型ハンドルH31 Ergocockpitに、軽量なフレーム。フラットマウント油圧ディスクブレーキ、前後12mmスルーアクスル、ワイドリムにハイボリュームタイヤ。完成車として最先端のパッケージングを採用した、いかなるロードライドにも対応できる、万全のバイクです。650Bホイールを採用したWMNモデルは身長152cmから対応。

<<<スターライト幕張オフロードバイクデモでの試乗車>>>
Inflite CF SLX - 3XS, 2XS, XS, S, Mサイズ
自転車競技において、シクロクロスほど過酷な条件で、レッドゾーンでのバイクコントロールと身体能力を試される種目は他にありません。最新鋭Inflite CF SLXは、現代のシクロクロスシーンにマッチするモダンレーシングバイクとして開発されました。シクロクロスバイクに必要とされる特有の機能を盛り込み、あらゆるセクションで数秒ずつリードを奪うことができるバイクです。
Exceed CF SLX - S, Mサイズ
アルバン・ラカタ選手により2015UCIマラソン世界選手権に優勝した実績を持つ、クロスカントリーレーシングバイクの最高峰。先代のGrand Canyon CF SLXと比較して300gも軽い、870gという驚異的なフレーム重量。剛性、ハンドリング、快適性、耐久性すべてにおいて進化を遂げています。


KhodaaBloomブース
(´・ω・`)とりあえず、前回よりも試乗車を大幅に増やしてくれているらしい。
201611200954408eevs.jpg
今年はブースの試乗車数が大幅増加!昨年よりも試乗にいらした方をお待たせすること無く、試乗車をご案内いたします!試乗車にはフラッグシップモデルの「FARNA ULTIMATE」やレーシングディスクロード「FARNA PRO AERO DISC」をはじめ、たくさんのバイクをご用意いたします。


LAPIERREブース
(´・ω・`)新型PULSIUMが気になる……
2015112109304509bvsd.jpg
XELIUS SL 500 MC
PULSIUM 500 CP
SENSIUM 300 CP



DSCN4161cdwsvf.jpg

(´・ω・`)アキコーポレーションとルイガノがサイクルベースあさひと、日本総販売代理契約を締結したじゃないですか?
ルイガノブースがサイクルモードにおいて、どういう事展示携帯になるのか。
他にも色々ちょっと気になっているのですが。
ピナレロ PINARELLO ドグマ DOGMA F10 ULTEGRA Di2 2018年モデル カーボン ロードバイク 11速 ブラック

2017年11月02日 トラックバック(0) コメント(0)

【速報】RENAULT Carbon8!! ルノーが、フルカーボンSORAスペック&油圧ディスクフォールディングモデルを出すらしい!



carbon8-01_570-390vfd (1)
RENAULT Carbon8 : Matte Black×Gray

  _,._
(;゚ Д゚)ホォォーー…?!

ルノーが、フルカーボンSORAスペックのフォールディングモデルを出すらしい!
遂にルノーフォールディングモデルにロード系コンポ搭載モデルが出たか!
しかも、前後油圧ディスク仕様!!!!????


ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル
重量はこれだけパーツを搭載しているのにも関わらず、8.9kgをマーク!!

よく8kg台まで抑えたな。
恐らく、カーボンフレームを埋め込み式のアルミ鍛造ジョイントを採用していると推測されます。

20171031093327f58vfs.jpg
RENAULT Carbon6
( ;゚ω゚)……昨日紹介したばかりの、フルカーボンRENAULT Carbon6。
こっちはシングルスピード仕様なので、極限まで重量を削って約6.7kg!

すっげぇ!!!
重量目でもそうですが、ここまでカーボンフォールディングモデルを前面に押してくるってORIバイク以来じゃないですか?
carbon8-01_570-390vfd (2)
BICYCLE NAME:RENAULT Carbon8
NUMBER/COLOR/JAN:11288-01 / Black / JAN:456237338 1682
Frame:Corbon fiber
Component:炭素繊維 TORAY T700カーボンフレーム,前後油圧式ディスクブレーキ,
アルミ鍛造一体式ジョイント, 高さ調整機能付きアルミハンドルステム,
SHIMANO SORA 9speed
Weight:約8.9kg(本体重量:ペダル、スタンドを除く)


( ;゚ω゚)RENAULT Carbon8の仕様が半端ないことになっておりますな……。
アマゾンで公表されているスペックだと、ブロンプトンと同じく16インチホイール仕様という事になっているけど。
ルノー公式だと14インチホイールという事になっている。
どっち?? 
リアディレーラーを搭載しているので、地面への接触を避ける為に16インチホイールの様な気がしますが。

RENAULT Carbon6は重量を稼ぐ為にアルミ鍛造一体式ステムでしたが。
RENAULT Carbon8は高さ調整機能付きアルミハンドルステム仕様。
ハンドル高が調節出来る点がアドバンテージか。
carbon6-02_570-390vf (2)
RENAULT Carbon8
(´・ω・`)ところで、RENAULT Carbon8って販売代理店をやっているGICが扱う「SAVANE」のOEMモデルと推測されます。
いや、OEMというよりはルノーのPB(プライベートブランド)と言うべきか。
↓                             ↓
100000046671-l0fsd.jpg
2018 SAVANE Carbon FDB20 SORA 20インチ カーボンフレーム 折りたたみ自転車(重量10kg)
SAVANEにも、フルカーボン&SORAスペック油圧ディスクフォールディングバイク「SAVANE Carbon FDB20 SORA」と言うモデルが存在していまして。
凄く仕様がRENAULT Carbon8に近いんですよ。

推測ですが。多分GICがSAVANEに、軽量化とホイールの小径化などを依頼。
それでもって、完成したのがRENAULT Carbon8なのかな? 

(´・ω・`)SAVANE Carbon FDB20 SORAに比べて、RENAULT Carbon8のリア三角形状が異なりますが。
トップチューブからシートステーの流れが近いですよね。(同じ東レT700カーボンフレームですし)
SAVANE Carbon FDB20 SORAを1kg以上も超軽量化したスペシャルモデルが、RENAULT Carbon8なのでは?
RENAULT(ルノー) Carbon8 16インチ カーボンフレーム シマノSORA9段変速搭載 折りたたみ自転車 8.9kg (カーボン8 C169)

2017年11月01日 トラックバック(0) コメント(0)