スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2018年01月

ヨーロッパ系ツーリングモデル、スポルティーフ、英国クラブモデルを中心とした「スチールバイク」を特集

leroica_hero_846_566autocds.jpg
ヨーロッパ系ツーリングモデルや、スポルティーフ、英国クラブモデルを中心にスチールバイクを特集してみました。
(EU系と表現したかったのですが、英国がEUを離脱するのでとりあえずヨーロッパ系)
なんだかんだで、ツーリングモデル系のスチールバイクは名門ブランドが扱っている場合が多いですね。
ヨーロッパ系のスチールバイクは、機能性だけではなく所々にあしらったクラシカルな装飾性を楽しめるのが魅力的です。
とりあえず今回はヨーロッパ圏を注目してみましたが、後日米国系や日本ブランド系とかを特集しても面白そうですね。
imgrc0065209666.jpg
imgrc0065209658.jpg
DEROSA MILANINO JOURNEY ブラック

イタリア デローザツーリングモデルシリーズ「DEROSA MILANINO JOURNEY」

デローザから実はツーリング系完成車が出ているんですよね。
MILANINO JOURNEYはクロモリフレームにドライブドレインがフロント3枚(アンデル製)を搭載した24段変速。
DE ROSAの象徴ともいえるハートマーク を、ユニークかつリーズナブルに楽しめるクロモリツーリングモデルだ。

しかしDE ROSAツーリングモデルシはなんと完成車で、販売価格は15万円クラス。
リーズナブルにDE ROSA完成車モデルが、手に入るのが魅力的。
imgrc0065209663.jpg
ビジュアル性を強化したクロモリツーリングモデルで、なんとフェンダー上部に風切板まで採用。
フレームカラーにライトグリーンやブラックなど、見た目の優美さにこだわっていますね。
imgrc0065209665.jpg
imgrc0065209660.jpg
ブレーキレバー DIA-COMPE 204QC
ブレーキ Shimano BR-CX50カンチブレーキ

ブレーキパーツにDIA-COMPE製パーツを採用。
Wレバー変速仕様なので、変速操作もクラシカル路線。
imgrc0065209655.jpg
クランク ANDELアルミ製170-48/38/28T
スプロケット スプロケット:8S(13/26T)
メインコンポ SHIMANO
imgrc0065209667.jpg
2016 DEROSA MILANINO JOURNEY ライトグリーン
DEROSAスチールミラニーノシリーズの走行性能は意外に俊敏。
一見デザイン重視な重いバイクと思われがちだが、割とさくさく良く走るのが◎

【P最大7倍(エントリ制)】【表示価格より割引!価格はメールにて】2016モデル DEROSA(デローザ)MILANINO JOURNEY(ミラニーノジャーニー)



imgrc0066231h899.jpg
2018 RALEIGH CLS
英国ラレー クラブスペシャル。
一見ツーリングモデルだが、実はその名の通り「クラブモデル」
英国イギリス流「クラブモデル」……遠乗りしつつレースに参加する為のモデル
運送系ツーリングモデルとしても使えるが、レース寄りの仕様なので、SHIMANO TIAGRA(20段変速)を採用。
ロード系パーツを積極的に採用したモデルだ。
ダブルレバーはDURA ACE、サドルは英国ブックスとパーツ面に関しても異様なこだわりを見せる。
imgrc006623188hyr9 (1)
ポンプ Direct Mount High-Pressure Pump
クロモリフレームにダブルレバー、フロントキャリア仕様。
しかも遠乗りに対応する為に、フレームポンプ付き。
imgrc006623188hyr9 (2)
サドル BROOKS B-17 STD Honey-Brown Leather
細身のクロモリフレームに、英国ブルックスサドル付き。
非常に長い期間販売されている、ロングセラーモデルでもある。

フェンダーのデザインもそうだけど、やはり全体的なデザインに英国感が強烈に出ています。
【P最大13倍(1/31 0時まで/エントリ含)】【当店販売価格はお問合せ下さい】2018モデルRALEIGH(ラレー)CLS(クラブスペシャル)ツーリングバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】


imgrc006809617ve7 (2)
2018 BIANCHI ANCORA
イタリアビアンキが継続して販売している、名スチールスポルティーフモデル「BIANCHI ANCORA」。
アンコラの伝統的な仕様として、30段変速路線を継続して採用している。
(クランクはシルバーのトリプルを採用。リアにティアグラ10速を搭載)

胴抜きのチェレステカラーを楽しめるのが、やはり魅力的だ。
Tiagraのシルバー系パーツや、アンデルなどのシルバー系クランクを用意。
日本国内で調達可能な、Shimano Dura Ace W-shift Leverもシルバー。
シルバー系パーツにこだわりを見せる。
imgrc0068096ve183.jpg
フロントキャリアを標準装備。
Bianchi ANCORAは、進化しないビアンキ定番スチールモデルというのが逆に強味。
ある意味、いつ手に入れても満足できるスポルティーフだ。
imgrc006809617ve7 (1)
アルミ製泥除けに、亀甲模様を施してある。
スポルティーフやツーリングモデルは、泥除けのデザインにも各ブランドこだわりがあるので注目してみると面白いですね。
【P最大13倍(1/31 0時まで/エントリ含)】【2018モデル】ANCORA(アンコラ)BIANCHI(ビアンキ)スポルティーフ・ツーリングバイク【送料プランB】 【完全組立】


img58924813nh (1)
PEUGEOT TOURING(CR61)
2012年にモデル復活をとげたプジョーのクロモリツーリング「PEUGEOT TOURING(CR61)」
フランスの名門自転車ブランドとしてのエスプリが効いています。
ステンレスラグを配したクロモリフレームが特徴で、パーツコンポはSHIMANO TIAGRA。

img58924813nh (2)
シフター SHIMANO DURA ACEダブルレバー
フレーム STAINLESS LUG FRAME WITH CRMO MAIN TUBE

2012年当時の最新パーツを持って、プジョーの伝統的なツーリングモデルを再現しようと試みたモデルですね。
img58297073nhg.jpg
img58297074vf.jpg
プジョーのヴィンテージバイクは牛革製サドルが使用されている。
なので、PEUGEOT TOURING(CR61)には英国BROOKS B-17 STANDARDを用意。

【P最大13倍(1/31 0時まで/エントリ含)】【セール特価】PEUGEOT(プジョー)TOURING(CR61)クロモリロードバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2018年01月31日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 GIOS COMPACT PRO(ジオス コンパクトプロ) 激動期を乗り切った、ジオス伝統のスチールモデルと言える。


imgrc00684fsg26823.jpg
GIOS COMPACT PRO(ジオス コンパクトプロ)
COLUMBUS社クロモリを採用し、細身のフレームとメッキラグを楽しむ為のジオス名イタリアンバイク「GIOS COMPACT PRO」。
基本的にフレームのデザインはロングセラーモデルだけあって、なかなか変更は少ないですが。
やはりクロモリチューブブランドを注目すると面白いと思います。

かつて(2015年モデルまで)デダチャイ製クロモリを採用し、細身のフレームとメッキラグを楽しむ為のジオス名イタリアンバイク。

現在のジオス上位クロモリモデルチューブはCOLUMBUS社で統一されています。
ですので、必然的にCOMPACT PROもCOLUMBUS社製チューブに。



grgerger353.jpg
2011 GIOS Compact Pro
デダチャイ製クロモリ時代のCOMPACT PRO完成車(2011年モデル)。
この2011年モデル時点でフレーム売りだけではなく、カンパニョーロ アテナ完成車として登場していた。
この頃フレームの生産がイタリア本国から台湾になったが、デザイン面の他に「走行性能」に関してもイタリア本国時代と変わらない品質を維持する事に成功した。
ある意味激動期を乗り切った、ジオス伝統のスチールモデルと言える。
p9220665hr (2)
p9220665hr (1)
トップチューブがインターナル仕様。リアブレーキワイヤーを収納する路線は、現在の2018年モデルに至るまで踏襲している。


imgrc0068426807.jpg
2018年モデルGIOS COMPACT PROはCAMPAGNOLO POTENZAを搭載した、22SPEED路線。
カンパニョーロ コンポーネントを採用する路線そのものは継続。

COLUMBUS社製SPIRITチューブをGIOSカスタムラグで接合したCOMPACT PRO。
COLUMBUS 社製 SPIRIT チューブを採用した、TIG溶接仕様の65周年記念モデル「STEEL MASTER」というスチールモデルもありましたが。 現在は70周年記念モデルGIOS SETTANTA (ジオス セッタンタ)が、TIG溶接路線を引き継いでいます。
やはりカスタムラグで接合した、COMPACT PROってチューブブランドの変更はあっても、継続して続けてくれるロングセラーモデルですね。
imgrc0068426822.jpg
imgrc0068426812.jpg
ハンドルバー GIOS ORIGINAL H/BAR φ26.0
ステム RAS 90/110mm

imgrc0068426818.jpg
imgrc0068426813.jpg
ヘッド上下ラグ、フロントフォークにメッキ仕様路線は2011年モデルからずっと継続している事が分かるはずだ。
(ちなみに2018年モデルはヘッド下ラグに「GIOS」の刻印を確認。
イタリアブランドスチールモデルの雰囲気をそのまま味わえる。
imgrc0068426821.jpg
ブレーキ CAMPAGNOLO POTENZA
imgrc0068426820.jpg
フォーク GIOS ORIGINAL CR-MO FORK 1" ITA
フロントフォークにメッキ仕様。
COMPACT PROメッキ仕様のフォークにだけ、ブルーの「GIOS」ロゴが伝統的にあしらわれている。
2018 GIOS SETTANTAには無い、COMPACT PRO独特のジオスブルーデザイン。
imgrc0068426819.jpg
リム MAVIC OPEN PRO 32H
フロントハブ NOVATEC A141SB 32H
タイヤ PACERA 700×25C

高性能クラシックリムMAVIC OPEN PROを採用。
MAVIC OPEN PROのサイドウォールはダイヤモンドツールで研磨
imgrc0068426817.jpg
フレーム COLUMBUS SPECIAL TUBING FOR GIOS
imgrc0068426816.jpg
imgrc0068426815.jpg
COLUMBUS社製SPIRITチューブ
imgrc0068426814.jpg
imgrc0068426811.jpg
フロントディレーラー CAMPAGNOLO POTENZA B28.6mm
リアディレーラー CAMPAGNOLO POTENZA 11S SHORT CAGE
チェーンホイール CAMPAGNOLO POTENZA 11S 50/34T 170mm
フリーホイール  CAMPAGNOLO POTENZA 11S 12-25T

imgrc0068426810.jpg
B.B CAMPAGNOLO POTENZA POWER TORQUE (ITA)
imgrc0068426808.jpg
タイヤ PACERA 700×25C
スキンサイドタイヤの定番、パセラを採用。
imgrc0068426809.jpg
サドル GIOS SELLE ITALIA SL
シートポスト SP-610 φ27.2


重量 9.4kg 1900g(Frame) 750g(Fork)
【P最大12倍(1/30 0時より/エントリ含)】【ロードバイクフェア特価(4/30まで)】2018モデルGIOS(ジオス)COMPACT PRO POTENZA(コンパクトプロ)クロモリロードバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2018年01月30日 トラックバック(0) コメント(0)

「コーダーブルーム」ブランドを扱うホダカが、新ブランドNESTO (ネスト) を立ち上げ! 圧倒的コスパ!

DSCN5784f4hyr (1)
「コーダーブルーム」ブランドを扱うホダカが、新ブランドNESTO (ネスト) を立ち上げた模様。
先日のスポーツバイクデモで、NESTO (ネスト) ブランドのお披露目が行われていたので撮影しておきました。
アルミロードやらクロスバイク、エアロロードまでリーズナブルなエントリーモデルを中心に、ラインアップを揃っていたのがユニーク。
初心者(エントリーモデル向け)を中心として、大規模な展開になる様です。
(´・ω・`)試乗車とか、何気に好評だった模様。
(確か試乗され方には、コーヒーなサービスがあった)
DSCN5786hyf4rr (2)


NESTO ALTERNA-K(左)……国内販売中の10万円未満ロードバイクにおいて最軽量9.0kg。
走行性能に直結するパーツにフルSORA、上下異径ヘッド、ケブラービードタイヤ、NOVATEC ハブのホイールを採用。


NESTO ALTERNA FLAT-K(中)……国内販売中の7万円未満フラットバーロードにおいて最軽量9.5㎏ (500mm) ロードモデルALTERNA-Kと同じ6061 アルミフレームを使用。パーツ交換でロードへの変換も可能。


NESTO LIMIT 2-K(右)……重量9.9kg。フレームサイズ480mmで10㎏を下回るクラス最軽量モデル。
国内販売中の6万円未満クロスバイクにおいて最軽量。
この価格帯としてはワンランク上のMAXXIS DETONATOR ケブラービードタイヤとSHIMANO製ブレーキの採用により軽快な走りと安全性を実現。

(´・ω・`)他にも、MTBやらエアロロード、クロスバイクなどを幅広く展示。
料金そのものは低価格設定ですが、パーツ面での充実ぶりが注目ですね。
コーダーブルームが最近高級路線になってきたから、初心者向けエントリーモデルはNESTOが担当するということかな?
DSCN5788f4rhr (2)
NESTO ALTERNA-K
(´・ω・`)個人的にSORAフルスペックのALTERNA-Kが気になった。
国内販売中の10万円未満ロードバイクにおいて最軽量9.0kg。
ケブラービードタイヤMAXXIS RE-FUSE 700x25C FOLDABLEを採用。
更にブレーキまで真面目にSORAグレードだ。
DSCN5786hyf4rr (1)
ALTERNA-Kは上下異形ヘッドだし、溶接跡も丁寧に処理されている。
要は価格を抑えつつスペックや品質、軽量性を充実させたコーダーブルームの手法を、NESTOに持ってきたのだろう。
思ったより、デザインも価格を抑えつつ高級感が出ていたのが印象に残っている。
(少なくとも、安さを感じさせないデザイン)
DSCN5784f4hyr (2)
これは多分ALTERNA-Kブラックカラー。
特に、このブラックが高級感があってちょっと惹かれるものがあった。
やっぱり「最軽量」という点に注目が集まっていたと思う。
NESTOは「同価格帯において、最も走りの性能が良いバイク」というのが一つのテーマになっている。
(´・ω・`)エントリーモデルをテーマにして、力を入れてくるブランドというのもちょっとユニークな視点ではないかと。
DSCN5788f4rhr (1)

NESTO ALTERNA PRO-K (Frame set)
(´・ω・`)あと撮影は出来なかったがNESTOフラッグシップモデルはなんとエアロロードだった。
フレームには、東レT-800カーボン100パーセント。
衝撃吸収性や剛性にもこだわっている様だが、個人的に驚いた点はエアロロードをいきなり用意してきたことだ。
現在エントリーモデルとして圧倒的なコスパかもしれないが、将来的に色々な展開をしてくれそうで注目だ。
17me-scltr100.jpg
MERIDA(メリダ) 2017年モデル SCULTURA 100
【30%オフ!】価格65,730円 (税込 70,988 円)
【ポイント7倍! 4/22-25】【店舗受け取りで送料無料】NESTO(ネスト) 18 FALAD-K〔NE-18-011〕ロードバイク

2018年01月29日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 MERIDA CYCLO CROSS 400 2018年モデルよりスルーアクスル仕様に!!



ci-623578_2.jpg
2018 MERIDA CYCLO CROSS 400

メリダは2018年モデルから、新型グラベルロードSILEXが登場しましたよね。
こちらはハイスペックツーリングバイクとして荷物の積載や、長距離ツーリング向け。

こちらのMERIDA CYCLO CROSS 400は、シクロクロスイベントもこなせる多目的型アルミシクロクロスモデルです。
オフロードにおけるシクロクロス競技に使える様に、コントロール性能を強化しているのが特徴。
(´・ω・`)メリダのフルカーボンシクロクロスモデルは、40~30万クラスはしますが。
このアルミモデルのCYCLO CROSS 400なら、15万円台で購入可能。
また、105スペックのディスクアルミロードとして見ても、かなりのリーズナブルな価格帯ですね。
ci-623578_3.jpg
やっぱりカーボンフレームを採用した上位メリダシクロクロスモデルは、シクロクロスレースにおける軽快性と高速性を追求していますが。
このアルミモデルのCYCLO CROSS 400は、平日の通勤なども視野に入れているのが特徴。
(悪天候時にトレーニングバイクとして使用する事を想定している為に、ドライブトレインはロード系105スペック)
メリダのシククロスは、アルミモデルの方が多用途な目的に対応可能。

(´・ω・`)普段使いも使用目的の一部なら、CYCLO CROSS 400って結構使えるシクロクロスモデルですね。
ci-623578_4.jpg
ハンドルバー Merida Expert Compact road 31.8
ハンドルステム Merida Expert 31.8 -5

ci-623578_15.jpg
ヘッドセット Merida M2331 Neck
ci-623578_16.jpg
ci-623578_6.jpg
タイヤ Maxxis All Terrane 33 fold
ci-623578_8.jpg
F.ブレーキセット Tektro Spyre disc
F.ハブ Bearing Disc-15 Road Axle

なんと2018年モデルCYCLO CROSS 400 はスルーアクスル仕様に!!
剛性面においても、強化された一台です。
走行中ににおけるホイールの固定もきっちりしている安心感も。
ci-623578_18.jpg
フレーム CC Lite BC-D-Single BSA
(´・ω・`)実は105スペック&メカニカルディスク仕様のアルミロードと考えれば、15万円台という価格帯はかなりリーズナブルな部類に入る。
だからこそ、フレームデザインもロードとしても生える様に鮮やかなイエローカラーが強調。
デザイン面においても、多目的な訳ですね。
ci-623578_17.jpg
泥に強いインターナルケーブルルーティング

(´・ω・`)メリダのアルミラインナップには超薄型チューブ6016アルミニウムや、ヒートトリートメントを施したダブルバテッドアルミニウム合金6061アルミが存在しますが。
MERIDAのアルミニウムラインナップ中、最高級6066高張力アルミニウムをCYCLO CROSS 400へ採用。
チューブに3段階の厚みを持たせたトリプルバテッドを採用し、STW(重量比剛性)に優れたアルミです。
その為軽量化にも成功し、完成車重量は9.6kgをマーク。
ci-623578_5.jpg
美しい溶接面と高い溶接強度を両立したスムースウェルディングを採用
ci-623578_11.jpg
F.ディレーラ Shimano 105 D
ギヤクランク Shimano RS500 46-36


シマノ11速用5アームクランク「Shimano RS500」を採用。
ロード用コンポ105 11速スペックを採用しているので、スリックタイヤにしてロードに近い走りを楽しむ事も出来る。
通勤や悪天候時にロード用途として使える様に、Shimano 105スペックを用意。
(´・ω・`)やはりシクロクロスモデルとはいえ、いくらかロード寄りな仕様。
しかしながらMERIDA CYCLO CROSS 400 は多用途性な目的で使う為のシクロクロスモデルなので、走破性を強化したモデルと言える。
ci-623578_9.jpg
上位モデルのBBはPressfit規格を採用していますが。
CYCLO CROSS 400 はネジ切りBSA規格。
ci-623578_19.jpg
ci-623578_13.jpg
シートピラー Merida road comp SB12 27.2
シートクランプ Merida Expert clamp

ci-623578_12.jpg
ci-623578_20.jpg
R.ディレーラ Shimano 105 SS
ギヤ Shimano CS-5800-11 11-28

ci-623578_10.jpg
サドル Merida Sport

(´・ω・`)このシルクチタン(YELLOW/RED)カラーって、ちょっとSCULTURAロードに採用しても違和感がないですね。
元々伝統的に、メリダのアルミシクロクロスモデルはリーズナブルですが充実した仕様が特徴ですが。
2018年モデルは、カラーリングもちょっとした華やかさがあります。
【携帯工具プレゼント】MERIDA メリダ 2018年モデル CYCLO CROSS400 シクロクロス400《P》

2018年01月28日 トラックバック(0) コメント(0)

リユース品「ロハスサイクルあさひ」にて、あのトレックフルカーボンクロスバイク TREK 7.7FXを確認

1550xa.gif
(´・ω・`)サイクルベースあさひでリユース品の、「ロハスサイクルあさひ」をチェックしてみました。
トレックのフルカーボンクロスバイクが出品されていたりして、なかなかマニアックな品揃えですよ。
なんかリユース品って、昔の知人に再開した気分になる。
ちょっと観察していて面白かったので、記事にしてみました。

100000048844-l0.jpg
【リユース商品】【宅配専用】2015 TREK 7.7FX クロスバイク
サイズ ブラック-500mm 販売価格109,800円(税込)

2010~2015年当時、トレックには初心者向けカーボンロード「TREK madone 3.1」というモデルがあったんですが。
確か当時フルカーボン完成車で20万円台だったかな?

そのTREK madone 3.1のフレームを、なんとクロスバイク化してしまったのがこのTREK 7.7FXですよ。
走行性能はほとんどカーボンロードそのままで、軽い脚力で加速&前進する能力を有しています。

特に登板性能に優れていて、アップダウンにも強い。
普通にカーボンロードを、そのままクロスバイクに変換した走行性能が魅力ですね。
100000048844_06.jpg
ハンドル BONTRAGER satelllite Plus IsoZone
100000048844_05.jpg
シフター シマノ Tiagra SL-4600
(´・ω・`)確か2013年モデルTREK 7.7FXに試乗したときも、4600系ティアグラスペック仕様だった。
乗車姿勢や変速操作はクロスバイクそのままだが、機動力がロードという反則技みたいなモデルだった。
確か六本木の試乗コースは、坂がやたら多かったけど登りが非常に楽だった記憶がある。
100000048844_04.jpg
ブレーキ Trktro Alloy dual-pivot brake
100000048844_01.jpg
フロントディレイラー シマノ Tiagra FD-4600
クランク シマノ Tiagra FC-4650

確か2013年モデルのクランクはFSAだったけど。
このリユース品は、フルティアグラになっていますね。
フロント2×リア10=20速仕様。
後日ドロップハンドル化へスムーズに対応可能なクロスバイクモデル。
100000048844_02.jpg
リアディレイラー シマノ Tiagra Rd-4601
スプロケット シマノ Tiagra 12-30 10S


ホイール Bontrager TLR
タイヤ Bontrager AW2 Hard-Case Lite,aramid bead 


タイヤの選択肢が広がる、チューブレス対応ホイール
100000048844_03.jpg
TREK madone 3.1は元々ロングライドや、日常で使える快適性も有していましたので。
それをクロスバイクでも楽しめるのが、TREK 7.7FXの魅力。
リユース [REUSE] 【リユース商品】【宅配専用】 2015 TREK (トレック) 7.7FX クロスバイク 【REU1801】



100000048852-l0.jpg
2013 SPECIALIZED S-WORKS ROUBAIX SL4 (スペシャライズドルーベ)
サイズ ホワイト-465mm
販売価格298,000円(税込)


フォークやシートステーに、Zertz振動減衰機構を組み込んだ「S-WORKS ROUBAIX SL4」
シマノ電動コンポ ULTEGRA6870シリーズDi2搭載です。
ホイールはカンパ S シャマルミレ。

100000048852_06.jpg
ブレーキ SHIMANO:ULTEGRA 6870
100000048852_02.jpg
クランク SHIMANO:ULTEGRA 6850
BB(ボトムブラケット) Ceramic、Speed OSBB integurated ceramic30*402*7
100000048852_01.jpg
フロントディレイラー SHIMANO:ULTEGRA 6870
100000048852_03.jpg
リアディレイラー SHIMANO:ULTEGRA 6870
スプロケット 6800 11~28

100000048852_05.jpg
サドル VELO SPORT
細かな振動を減退、高い巡航性能と操縦安定性を実現。
ECのクラシックレースなどで、石畳を突破する為の衝撃減退システムが搭載されています。

日本国内の路面を疾走する際にも、凹凸やコンディションの悪い路面を走破する際に生きてくるのでは?
振動除去機能Countervail®(カウンターヴェイル)を搭載したビアンキモデルや、エラストマーを使用しショック吸収性を高めた LAPIERRE PULSIUMなど高剛性フレームを維持しつつ、悪路を走破するモデルが近年増えてきていて面白いですね。
サイクルベースあさひ SALE品

2018年01月27日 トラックバック(0) コメント(0)

【速報】ルノーウルトラライトが、電動アシスト化!! TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKE登場!!


92201-22.jpg
TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKE


ヽ(`Д´)ノ ルノーウルトラライトが、超軽量電動アシスト化じゃああああああああああああ!!!


( ;゚ω゚)……遂にお披露目になったか……
RENAULT ULTRA LIGHT7の電動アシストモデルが登場!!
その名もULTRA LIGHT E-BIKE。
通称「TRANS MOBILLY(トランスモバイリー)」

92201-08.jpg
TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKE(AL-FDB140E)

サイズ
本体:1235×480×790-950mm
折り畳み時:610×465×600mm
フレームサイズ:240mm
タイヤ:14×1.75(インチ)
シートポスト径:34.2mm


ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 14インチフォールディングモデルが電動アシスト化だとぉぉ?
しかも、なんとフォールディング電動アシストモデルながら重量は、夢の11.9kgをマーク!!!

同じ電動フォールディングモデル パナソニックオフタイムは、20.5kg
20インチ系ミニベロパナソニック Jコンセプトですら18.2kgですからいかに軽量か分かる訳で。
92201-10.jpg
ポイント1
ULTRA LIGHT E-BIKEは電動アシスト自転車最軽量クラスの車体重量なので、女性でも扱いやすい。
92201-11.jpg
ポイント2 
折り畳みサイズ 610×465×600mm
電動アシスト自転車においては、最小・最軽量モーターユニットを用意。
BBへダイレクトに設置したアシストユニットですね。
DSCN4274cdsTGE.jpg
非電動RENAULT ULTRA LIGHT7の折り畳みサイズは690×330×590mm
TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKEの折り畳みサイズは610×465×600mm
( ;゚ω゚)折り畳みサイズの幅は増したが、全体的にはコンパクトになっている訳か……
92201-12.jpg
ポイント3

なんとハンドル部にポータブル仕様のマグネット着脱式モバイルバッテリーを用意
マグネット脱着式のバッテリーはなんと1秒!
(´・ω・`)え? つまりULTRA LIGHT E-BIKEのバッテリー部はハンドルに用意されるの??
スマホが充電できるモバイルバッテリーとしての機能や、LEDライトも兼ねている。
バッテリー自体の重量が460gと、重量面でも稼いでいる訳ですね。
92201-09.jpg
サイズ
本体:1235×480×790-950mm
折り畳み時:610×465×600mm
フレームサイズ:240mm
タイヤ:14×1.75(インチ)
シートポスト径:34.2mm
重量 約11.9kg(付属品を除く)
サドル高 70-91cm
適正身長 140cm以上
フレーム材質 アルミ
仕様 アシストモード:1モード
走行距離:10km~12km
補足速度範囲:0~10km比例補助/10~24km 逓減補助
モーター形式:直流ブラスレスモーター
モーター定格出力:250W
バッテリ-形式:充電式リチウムイオンバッテリー
バッテリ-定格出力:24V
バッテリー容量:2.8Ah
バッテリー寿命:約300回
充電器形式:リニアレギュレータ方式
電源(充電用):AC100~240V
消費電力:60.48Wh
充電器定格出力電圧:25.2V 1.5A
充電時間:約2時間
付属品 充電器、サドルポーチ、バッテリーカバー


(´・ω・`)バッテリー容量2.8Ahで、走行距離:10km~12km位か。
駅から輪行して、その辺を軽く移動するのに使えるかな?
タイヤサイズは通常のウルトラライト7と同じく、14×1.75(インチ)。
走行安定性そのものは稼いでいるとは思うが、14インチホイールのアシストってどんな感じなんだろう??

しかもULTRA LIGHT E-BIKEには無料の、障害保険・賠償責任保険が付いてくるそうだ。
(「交通事故傷害保険・個人賠償責任保険」付き)
92201-02.jpg
92201-03.jpg
92201-04.jpg
カラーはブラック、レッド、ホワイトの3色。
価格はなんと10万円アンダー! 99,800円 (税込)ですよ。

( ;゚ω゚)電動アシストフォールディングモデルの、軽量化も遂にここまで来たかという感じですね。
物理的に、輪行に使えるサイズと重量をクリアーした点が凄まじい。
ULTRA LIGHT E-BIKE トランスモバイリー 電動アシスト 14インチ 軽量11.9kg アルミフレーム 折りたたみ マグネット脱着式バッテリー

2018年01月26日 トラックバック(0) コメント(0)

(´・ω・`)サイクルベースあさひでリユース品の、ネット販売が始まった模様です。

efwret546842432tre.jpg

(´・ω・`)サイクルベースあさひでリユース品の、ネット販売が始まった模様です。
「ロハスサイクルあさひ」はサイクルベースあさひの自転車買取・リユース専門のサービス。
買取したバイクを、こうして今後ネット宅配で購入できる形になるのか。

ちょっと興味本位で観察してみましたけど、懐かしのモデルなどがあってなかなか見ているだけで楽しいですよ。
キャノンデール米国本土生産モデルなんかも、リユースなら購入なんですね。
100000048851-l0.jpg
【リユース商品】【宅配専用】 2012 ORBEA (オルベア) ORCA BRONZE (オルカブロンズ) ロードバイク 【REU1801】

サイズ ホワイト-530mm  販売価格129,800円(税込)
ORCAのサードグレードモデル フォーク、&リアステーにアトラクション形状を採用。
旧5700系105&ホイールにシマノ WH-R501を採用したオルベアカーボン完成車。
(´・ω・`)へえ、当時シマノ・105オルベアカーボン完成車価格 23万1000円が、リユース品だと129,800円位になるのか。



100000048847-l0.jpg
【リユース商品】【宅配専用】 2010 CANNONDALE (キャノンデール) CAAD9 ロードバイク 【REU1801】
サイズ レッド-500mm 販売価格169,800円(税込)
(´・ω・`)なんと「HAND MADE IN USA」モデルのキャノンデール超軽量アルミモデルですよ。
だとすると、米国本国生産モデルか。溶接面が異常に滑らかで美しいんですよね。
アルミフレームも、まるで芯が入っているかのようなしっかりした走りをするし。
超軽量、MAVIC高剛性ホイール「MAVIC キシリウム SL SUPER LIGHT P」搭載!
100000048847-l1.jpg
いいなあ。確かにシートステーに、HAND MADE IN USAと記してある。
(´・ω・`)2009年当時なら確かに、HAND MADE IN USAフレームが存在していてもおかしくないか。
あの当時はクロスバイクですら、 米国本国モデルが存在したんですよね。
CAAD9が、一番惹かれる……
重量の目安は8.2kg(ノーマル完成車 サイズ48時)
100000048847-l2.jpg


100000048849-l0.jpg
【リユース商品】【宅配専用】 2012 Fuji (フジ) BARRACUDA (バラクーダ) ロードバイク 【REU1801】

サイズ ハイポリッシュ-490 販売価格99,800円(税込)
アルミエアロロード バラクーダではないですか?
しかも、エアロカーボンシートポスト時代の物ですね。
エアロ効果を当時徹底的に重視したアルミロードで、高速になればなるほど真価を発揮する走行性能でした。
100000048849_04.jpg
100000048849_01.jpg
6700系SHIMANO、ULTEGRA搭載 変速段数 2×10s
競技用を無理矢理公道用に改造したロードでして。速度が上がると、一気にアルミ剛性で引っ張っていってくれるのが魅力的。
(´・ω・`)当時のFUJIは、どこか怪物じみたユニークなモデルが多かった……。
現在も、アドベンチャーロードなどのジャンルが、なかなか楽しい事になっていますが。
サイクルベースあさひ SALE品

2018年01月25日 トラックバック(0) コメント(0)

MASI GIRAMONDO イタリアンデザインの「極地走破専用」アドベンチャーロード!

ci-519732_5.jpg
MASI GIRAMONDO
アドベンチャーロードのスペックといえばSHIMANO TIAGRA仕様だったり、1×11(ワンバイイレブン)のSRAM APEX 仕様だったりしますが。
(´・ω・`)このMASI GIRAMONDOは、「極地走破専用」ということでMTB系コンポ「Shimano Deore」仕様。
しかもフロントトリプルですね。
タイヤサイズも、グラベルロードやアドベンチャーロードとしては太目の700×40Cにもなるタイヤを装着。
走破性を最重要視したアドベンチャーロードになっています。

GIRAMONDO最も似合シチュエーションは極地と、アナウンスされていますが。
リアルに冒険者トレジャーハンター仕様ですね。
168b44e6daee8d2c3_1.jpg
《即納》【あす楽】Blackburn(ブラックバーン) Outpost Cargo Cage (アウトポストカーゴケージ)[自転車バッグ]
Blackburn Outpost Cargo Cage
MASI GIRAMONDOのフォーク部にはBlackburn Outpost Cargo Cage (ブラックバーン アウトポストカーゴケージ)を装着可能。
6mm径のアルミ製チューブ構造
耐荷重は4 kg/8.8lbsで、シリコン素材の付いたストラップが荷物を動かないように保持する能力があります。
(´・ω・`)悪路走破性を高めまくっただけではなく、フロントとリアを利用した積載能力も有しているのがGIRAMONDOの長所。
519732_spec3.jpg
ですので、フロント部にバッグ類を集中して配置する事も可能。
リアには、サドルバッグなど取り付けて遊んでも楽しそうだ。
ci-519732_6.jpg
ハンドルバー Brev. M 12-Degree Flair Alloy Drop Bar, 31.8mm
ステム Brev. M Alloy 3D Forged Stem, 31.8mm
ブレーキレバー  Promax BL-256

下ハンドルを握っても、極端な前傾姿勢を取らなくていい様に設計されている。
Promax製ブレーキレバーが、アドベンチャーの雰囲気を盛り上げますね。
ci-519732_8.jpg
シフター Microshift Barend
なんと、Microshift製バーコンで、MTB系コンポを変速操作する方式を採用。
ロード系コンポでなくても、Microshift製バーコンで対応可能な訳か。

(´・ω・`)バーコンのお蔭で、ハンドル部にフロントバッグを積載するスペースも確保。
ci-519732_9.jpg
ci-519732_7.jpg
ヘッドセット FSA No. 23, Integrated Sealed Bearing, 1 1/8"
流石にアップライドな姿勢を優先させるために、トップチューブ長を長めに設定。
ci-519732_20.jpg
ci-519732_19.jpg
フォーク Full Chromoly Masi Uni-Crown Straight Blade Fork, Is Disc Mount w/ Rack, Fender And Bottle Cage Mounts
ブレーキ Promax Dsk-300R Mechanical Disc, 160F/160R
ci-519732_11.jpg
フレーム Masi Double Butted Tig Welded Chromoly Disc Frame w/ Rack & Fender Mounts, 5 Bottle Mounting Locations, Extra Spoke Holder, Integrated Headtube & Integrated Seat Clamp
マジお得意の、クロモリディスク対応フレーム。
シートチューブ、ダウンチューブ、ダウンチューブ下、フォーク部にマウントが5つも用意。
荷物の積載だけではなく、ボトルの積載能力も秀でている。
(´・ω・`)個人的にフロントフォークにマウントが用意されていて、ちょっとありがたい。
ci-519732_10.jpg
ci-519732_12.jpg
クランク Shimano Deore T611 , 44/32/24T
フロントディレーラー Shimano Deore T611

(´・ω・`)3×10SPEED仕様。
悪路や山用のMTB系コンポを採用している。
これなら多少の重い荷物を積載して、長距離ツーリングをしてもへっちゃらだろうな。

ロードでは走行不可能な悪路も、楽々突破出来そうな仕様だ。
ci-519732_17.jpg
BB  Shimano SM-BB52
ホイールセット New Brev. M 23Mm Internal Tubeless Compatible Disc Rims, Alloy 32h Disc Hubs w/Alloy QR
タイヤ Clement X'Plor Mso 700 X 40c

通常アドベンチャーロードは35Cだけど、GIRAMONDOは40Cか。
35Cサイズのタイヤを装着したクロモリシクロクロスモデル「MASI SPECIALE CX GR」に試乗した時は、低速時はMTB、スピードが上がるとロード化した走行性能だったけど。
GIRAMONDOは低速時のMTB感が、更に強まると予想。
(´・ω・`)荷物も最初から積載する事も想定しているので、これ位サイズがあった方が走行中安定していいかな。
ci-519732_18.jpg
リアキャリアーの積載用のダボ穴も用意。
ここだけの話、MASIのクロモリ系シクロクロスモデルやアドベンチャーロードって、イタリアンデザインながら悪路走破性能がすこぶる高いのが特徴。
スピード性というよりは、路面を粉砕しながらパワフルに突破する為の効力を異様に高めているんですよね。
普通にMTB代わりに使用可能なのでは?
ci-519732_15.jpg
チェーンステーにはスポークホルダーも装備
ci-519732_16.jpg
ci-519732_14.jpg
リアディレーラー Shimano Deore T610, 10-speed
カセット Shimano Hg-500, 11-34T, 10-speed

ci-519732_13.jpg
(´・ω・`)とりあえず悪路や極地を走破する事と、荷物の積載を優先させるならGIRAMONDOという選択肢も楽しそうです。
しかも、華麗なイタリアンデザインも付いてくるという。
MASI マジー/マジィ 2019年モデル GIRAMONDO700C ジラモンド700C [完成車]

2018年01月24日 トラックバック(0) コメント(0)

2018モデル RENAULT MAGNESIUM 8  高性能のカーボンフォールディングフレームに、スカンジウム合金フォールディングフレームで対抗


DSCN4213t35 (2)
2018モデル RENAULT MAGNESIUM 8(Mg-FDB167)

(´・ω・`)2017年モデルは即完売してしまった、伝説のRENAULT超軽量マグネシウムフレーム折畳みモデルですよ。
MAGNESIUM8は、歯数フロント47T リア11-28Tの7段変速仕様でありながら、マグネシウムフレームを採用している恩恵で8.5kgをマーク!

ちなみに2017年モデルMAGNESIUM 8は、なんと重量8.3kgだったんだから凄まじい数値を叩き出していますね。
ただ、今回の2018年モデルは溶接部をダブル溶接することでフレームの強度がUPしています。

MAGNESIUM 8は16型(7速)折り畳み自転車において、最軽量クラス
またRENAULT MAGNESIUM 8は、16型(7速)フォールディングモデル(折り畳み自転車)などのジャンルにおいては現在でも最軽量クラスをマークしている。
DSCN4212gte.jpg
DSCN4367gte (2)
MAGNESIUM8の特徴は、レーシングカーホイールに使用される軽量マグネシウム合金をフレームに採用。
ビアンキのレーシングモデル「スペッシャリマ」にも採用されている金属素材ですね。
加速と衝撃吸収性能を、比較的に強化したモデルではありますが。

またRENAULT MAGNESIUM 8は、16型(7速)フォールディングモデル(折り畳み自転車)などのジャンルにおいては、現在でも最軽量クラスをマークしている。

2018年モデルより、スプロケットの仕様を変更
チェーンホイール:47T
フリーホイール:11-28T

またRENAULT MAGNESIUM 8は、2018年モデルよりスプロケットの仕様が変更に。
スプロケット 12-28T(2017年モデル)→11-28T(2018年モデル)

2018年モデル走行性テストの結果、最軽量マグネシウムフレームと11-28Tのバランスにて、走行性能が一層向上した為の変更だそうだ。
DSCN4213t35 (1)
RENAULT MAGNESIUM8 タイヤ 16×1.5(インチ)
更にMAGNESIUM8の凄い点は、ホイールを14➝16インチに強化している点ですね。
ホイール系を大型化して、走行性能をより強化しています。

(´・ω・`)更にウルトラライトシリーズとしては、ちょっと珍しいタイヤ幅になっている。
タイヤ幅は通常のウルトラライト7に採用されている1.75ではなく1.5に設定されている。

通常のウルトラライトシリーズは、タイヤサイズが1.75か1.3なんですけどね。



DSCN4367gte (1)
2018年モデル RENAULT MAGNESIUM6(Mg-FDB140)
(´・ω・`)14インチホイール&シングルスピード仕様のRENAULT MAGNESIUM6は7.0kgという数値を叩き出しています。
一見軽量な点に注目が集まりますが。
実は、マグネシウム合金フレームが繰り出す剛性を生かしたキビキビした、推進力がたまらないミニベロでもあります。
14インチホイールながらフレームにこだわり抜けば、優秀な走行性能を発揮することを証明したモデル。
DSCN4336fwwg (2)
RENAULT MAGNESIUM6 タイヤ14×1.75
(´・ω・`)RENAULT MAGNESIUM6は太目の14×1.75を採用。

14インチホイールながら連続して加速していく感覚が最高だった。
しかしMAGNESIUM8のタイヤサイズは16×1.5
同じ16インチホイールのRENAULT Carbon8も、カーボンフレーム&16インチホイールを生かしてクロスバイクに迫る走りを見せてくれたが。
スカンジウム合金+16インチホイール仕様のRENAULT MAGNESIUM8がどんな走りをするか興味がある。
(´・ω・`)希少な一台だったようで、展示がやっとだったみたいだが。

MAGNESIUMシリーズは、特殊マグネシウムインゴットをまず確保できないと製造できないので、やはりルノーウルトラライトシリーズにおいても希少性が高いモデルだ。


DSCN4336fwwg (1)
RENAULT Carbon8

RENAULT ULTRA LIGHT上位モデルは、剛性と衝撃吸収性が侮れないレベル
このフルカーボンRENAULT Carbon8もそうだけど、RENAULT ULTRA LIGHT上位モデルはカーボンやスカンジウム合金を採用しているおかげで、剛性と衝撃吸収性を強化してあります。
(´・ω・`)同じルノーブランドながらライバル同士みたいな関係だ。
確かにロードバイクにおいても高性能のカーボンフレームに、スカンジウム合金フレームで対抗するという手もある。
同じ図式が、この2台にも当てはまるのでは?

いずれにしろMAGNESIUM 8やCarbon8は、街乗り以上のスポーティーな使用目的でも十分に楽しめそうです。
(この2台が16インチホイール路線の、軽量ルノーウルトラライトシリーズでもある)

2018年01月23日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 FUJI JARI1.5(フジ ジャリ1.5)  (`・ω・´)悪路をスピード優先で疾走したいなら、 やっぱりJARIシリーズですよ!!


imgrc0068331731.jpg
2018 FUJI JARI1.5(フジ ジャリ1.5)
(´・ω・`)フジのアドベンチャーロード「JARI」シリーズの中でも、一番コスパが高い仕様になっていますね。
SRAM APEX 仕様で、JARI1.1 同様1x ドライブトレーン仕様。
フロントシングルにリア11速仕様のワンバイイレブン。
更にJARI1.1の様な油圧ディスクではなく、メカニカルディスクブレーキ仕様になっています。

カーボンに近い振動吸収性と、速度安定性を誇る。
フルカーボンフォークに独自のシートステー、そして長く取られたホイールベースなどで実現したバイクだ。
もちろん乗り易いが、荒れ道でも謎の加速感が楽しめるユニークな走行性能。
20171218095347defbxf.jpg
FUJI JARI 1.1

JARI 1.1 はSRAM FORCE の油圧ディスクブレーキ仕様。ドライブトレーンはSRAM FORCE1x。
(´・ω・`)こちらは価格が30万クラスだけあって、よりグレードの高い仕様になってはいます。


アルミフレームなのにカーボン感があるFUJI JARI用A6-SLアルミニウムフレームを、リーズナブルなFUJI JARI1.5で楽しめるという点がやはり魅力ですね。
FUJI JARIのあるフレームは、とことん滑らかで乗り易いですし。
グラベルロードやシクロクロスモデルと比較しても、FUJI JARI フレームの完成度は一番ずば抜けているのでは?
特に荒れ道を高速で疾走する能力に長けています。

FUJI JARIフレームの特性……凹凸が激しい路面で、一番スピードを出せるアルミフレーム。
(`・ω・´)悪路をスピード優先で疾走したいなら、 JARIシリーズですよ!!
imgrc0068331730.jpg
シフター SRAM Apex 1X, 11-speed
ハンドルバー Oval Concepts 325, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 125mm drop, 25° flare, 4° sweep
ステム Oval Concepts 313, 3D-forged 6061 stem body, +/-7°


ハンドルにはJARI専用OVAL のアドベンチャーバーを採用。ライダーの手首の角度を最適化し、未舗装路でのバイクコントロール性が向上。

imgrc0068331729.jpg
ヘッドセット FSA No. 42, 1 1/8" - 1 1/2", integrated cartridge
imgrc0068331726.jpg
フォーク FC-440 Full Carbon Monocoque, 12mm thru-axle w/ flat-mount disc tabs, tapered steerer,rack/water bottle mounts
フォークはブレーキケーブル内蔵型のフルカーボン。
障害物の接触による転倒を未然に防ぐ。
フォークブレード側面にボトルケージやラックなどを搭載可能な「Utility mount」を用意。
imgrc0068331728.jpg
ブレーキセット TRP Spyre C mechanical disc, 160mm rotors
メカニカルディスクブレーキ仕様で、対抗ピストン仕様で軽量かつ十分な制動力を誇るTRP Spyre を搭載。
シクロクロスモデルやアドベンチャーロードでは、2018年モデルにおいて好んで採用されている。
フルカーボンフォークと軽量TRP Spyreなどを採用している恩恵で、重量は10kgに抑えている。
imgrc0068331727.jpg
タイヤ Clement X’Plor USH, 700 x 35c, 30tpi, wire bead
Oval concepts 327 Disc , 12mm thru-axle , 700C 24/28H rims

ワイドブロックタイヤを履けば悪路が続くトレイルにも入っていく事が可能で、逆にロードタイヤを履いて街中での機動性を重視する仕様にも対応できる。
MTBやロードの性能が入り交じった性能が魅力。
imgrc0068331725.jpg
メインフレーム A6-SL Super Butted Aluminum, semi-internal cable routing, flat-mount disc & convertible axle dropout
トップチューブ上面にマウントが用意されている。(前後キャリア取り付けが可能なマウントも標準装備)
ツーリングなどにも使用な可能な、積載性能を確保してある。
(´・ω・`)また担ぐ際に便利な、シリコンパッドをトップチューブ下に用意。
いざとなれば、人力で担いで悪路を突破可能。

ジオメトリーは、長距離走行に重点を置いたエンデュランスタイプを採用。
積載性だけではなく、長時間の走行も難なくこなせるライドフィールをもたらすことに成功。
本格的な、米国本土走破仕様だ
imgrc0068331724.jpg
シフトケーブルとリアブレーキケーブルはダウンチューブに内蔵。
外的ダメージからケーブルを守ると同時に、バイクパッキングなどの複数のバッグ類を積載する事が可能に。
imgrc0068331723.jpg
BB FSA BB386 EVO sealed-BSA thread
JARI1.1と同じく、メンテナンス性の高さや多くのショップが常備しているであろうパーツということで、緊急時の問題解決がしやすいBSA仕様になった。
imgrc0068331722.jpg
クランク Oval 300 1x, 40T
imgrc0068331721.jpg
リアディレーラー SRAM Apex 1X, long cage
カセット SRAM PG1130, 11-42T, 11-speed

SRAM APEXフロントシングル仕様。リアは11速!
(´・ω・`)指先一つで、シフトアップやシフトダウンが可能な、ワンバイイレブン仕様17万完成車というのも魅力的。

タイヤサイズをボリュームUPさせる事で、更に悪路走破性をパワーUP指せる事も可能。
435mmと長く取られたチェーンステーは挙動を安定させるだけでなく、45mm幅のタイヤ装着をも着用可能に。
(650Bホイールに換装する場合は47cまで対応)
タイヤのボリュームUP化で、あの魅力的な悪路快速性がどう変化するのか個人的に気になる……
imgrc0068331720.jpg
サドル Oval Concepts 238, steel rail
シートポスト Oval Connepts 300,6061 alloy, 27.2mm diameter

imgrc0068331719.jpg
FUJI JARIシリーズは、悪路における巡行性能や加速性能を高めまくった驚異的なモデルだ。
しかも、圧倒的に長距離に強い上にスポーティに疾走出来る。
このテイストは、今までのFUJI系シクロクロスモデルや、FEATHER CX+には無かった性能だ。
(´・ω・`)レーシング系アルミロードを、そのままグラベルロードなどに変換たかのような性能をJARIは見せつけてくれる。
imgrc0068331718.jpg
【楽天ポイントアッププログラム開催中】【店頭お渡しのみご提供可能】2018モデルFUJI(フジ)JARI1.5(ジャリ1.5)グラベルロード・シクロクロスバイク【送料プランC】 【完全組立】

2018年01月22日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 GIOS NATURE デザイン面で他ブランドとの差別化を図った、細身のフレームが美しいグラベルロード


ci-230250_3.jpg

2018 GIOS NATURE
(´・ω・`)スチールフレームが得意なジオスらしく、COLUMBUS社製クロモリフレームを採用したグラベルロードGIOS NATUREです。
(ブロックパターンタイヤと、メカニカルディスクを採用)
2017年モデルに、グラベルロードとして復活したモデルでして。

かつてのGIOS NATUREはアルミシクロクロスモデル路線➝クロモリグラベルロード路線として2017年モデルとして復活。
タイヤサイズもグラベルロードということで、走破性重視の35Cサイズを用意。
あと見逃せないのが、華麗なビジュアル性。
良質なコロンバス社製クロモリ鋼を採用しているおかげで、長期間楽しむ事が出来そうなグラベルロードとなっています。
なんだかんだで、堅牢なクロモリフレームはグラベルとも相性がいいですし。
ci-230250_9.jpg
コロンバス社製「Columbus Cromor」を採用
アルミ系グラべルロードが多い中で、ジオスとして特色のあるグラベルロードを出したかった様で。
それがコロンバス社製クロモリ鋼「Columbus Cromor」の採用に繋がったとか。
ニバクロやマンガン等を混ぜない、純粋なイタリアンスチールクロモリブテン鋼を採用。
(´・ω・`)衝撃吸収性もありますが、それなりに剛性も確保しているのでグラベルロードらしくスポーティーな走りもこなせそうです。
しかも、若干肉厚でもあるからグラベルロードに求められる堅牢性も確保してある。

ci-230250_14.jpg
シフトレバー SHIMANO ST-4700
SHIMANO TIAGRAを積極採用しているので、コストパフォーマンスが高いのもGIOS NATUREの特徴。
(´・ω・`)しかも販売価格13万円台で、ジオスオリジナルのグラベル用カーボンフォークまで用意してくれていますからね。
通常アルミフレーム+カーボンフォーク+ TIAGRAスペックのグラベルモデルだと14~15万円台はしますし。
個人的に13万円台でこれだけのイタリアンデザインと、豪華な仕様をナチュールはやってのけている。
ちょっとコスト面でも魅力的に映る、イタリアングラベルモデルですね。
ci-230250_15.jpg
ヘッドチューブが長いフレームジオメトリーを採用。
悪路にも対応可能な、アップライドなハンドルポジションも可能。
(´・ω・`)悪路に強いジオスモデルって、2018年モデルにおいても希少。
ci-230250_17.jpg
ci-230250_16.jpg
フォーク GIOS ORIGINAL CARBON FORK
最近のジオスはクロスバイクのミストラルとか、エアロライトなどのカーボンモデルが注目されていますが。
以前から、スチールフレーム+カーボンフォークの組み合わせを得意とするイタリアンブランドだった。
その長所が、まさかグラベルロードで生かされるとは。
ci-230250_19.jpg
フロントハブ SHIMANO HB-M475 32H
ディスクブレーキ対応MTB用フロントハブを採用。
ci-230250_18.jpg
ブレーキ MD-C500 φ160
ブレーキ MD-C500 メカニカルディスクをカーボンフォークの台座に設置。
ブレーキ部には、ワイヤー引きMTB用メカニカルディスクブレーキを採用。
( ロードで良くみられるフラットマウント方式ではなく、ハブ軸に対し直角方向にボルトを通して固定するポストマウント方式)
ci-230250_12.jpg
フレーム  COLUMBUS SPECIAL TUBING FOR GIOS
ci-230250_13.jpg
ci-230250_20.jpg
クロモリフレームに、クラシカルな胴抜きデザイン。
クロモリシングルスピードモデル「VINTAGE PISTA」やクロモリフレームツーリングバイク「SPAZIO」同様に、クラシカルなデザインを採用している。
ここ最近のジオスモデルはジオスブルーを前面に出した最新デザインが多い中で、あえてクラシカルデザインをグラベルロード系に持ってきている点が、ナチュールのユニークな点だ。
他ブランドのグラベルロードとの差別化が、デザイン面でも重視されている。
ci-230250_11.jpg
チェーンホイール SHIMANO FC-4700 50/34T L170mm
チェーン SHIMANO CN-HG54
フロントディレーラー SHIMANO FD-4700
リアディレーラー SHIMANO RD-4700SS
フリーホイール SHIMANO CS-FG500 12-28T

クランクなどにシクロクロス系パーツをあえて用いず、ロード系コンポをフル採用。
ci-230250_5.jpg
BB SHIMANO BB-RS-500 (BSA)
ci-230250_4.jpg
BB SHIMANO BB-RS-500 (BSA)
ci-230250_10.jpg
リム ALEX GD26 700C 32H
タイヤ KENDA K-1047 700×35C

ci-230250_8.jpg
ci-230250_6.jpg
ci-230250_7.jpg
良質なコロンバス社製クロモリ鋼を採用しているおかげで、長期間楽しむ事が出来そうなグラベルロードだ。
(´・ω・`)オンロードやオフロードをロードの様にこなせる、クロモリ系ジオスロードという点もちょっと面白そうですね。
GIOS ジオス 2019年モデル NATURE105 ナチュール105 [完成車]

2018年01月21日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 DAHON Vitesse D8 (ヴィテッセD8) ダホンインターナショナルモデルにおいて、Vitesse D8の人気が高まっている理由とは?


100000048034-l0.jpg
2018 DAHON Vitesse D8 (ヴィテッセD8)
( ;゚ω゚)これが最近じわじわ人気を伸ばしているアルミフォールディングモデルDAHON Vitesse D8 か。
ダホンインターナショナルモデルの、クラリススペック折り畳みモデルですね。
DSCN5735vs.jpg

ダホンインターナショナルモデルとは? 
武田産業が扱う、ダホン海外向けモデル。
大柄な外国人向けに制作されたダホンモデルだ。
海外で流通していたダホンモデルの為、実にユニークな機種が多い。

AKIBOが扱うダホン国内向けモデルは、小柄な日本人向けにデザインや仕様を味付けしてある。
非常に扱いやすいのが特徴。
100000048034-l5.jpg
(´・ω・`)ま、2018 DAHON Vitesse D8 (ヴィテッセD8)はそんな、海外向けダホンインターナショナルモデルな訳ですが。
DAHON Vitesse D8は20インチホイールモデルながら、販売価格8万円台で重量9.9kgをマークているんですよ。
良くこの仕様で、10kgを切ったな……

あと、どういう訳かオプションも充実しておりまして。
100000048034_02.jpg
fsfsegf5443543.jpg
パダル MKS Promenade EZY Black
( ;゚ω゚)工具なしで脱埴できるミカシマEZYペダルが、最初から付属してくるという……
これは太っ腹だな。
普通ショップとかの特典で付属してくる場合が多いですが。
最初から付属するとは、実に珍しい。
着脱するのに、正に指先一つ。リアルに工具いらないから楽ですよ。

カスタマイズにも対応するフロントディレーラー台座も用意してあるので、後日フロントダブル化も可能。



rgdtrsrs4353.jpg
シフター Shimano Claris SL-R2000
jffhdh636.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-R2000 8S
カセット Shimano Claris CS-HG50-8 11-30T
変速系はロード用コンポ新型R2000系クラリスですよ。
(´・ω・`)同じクラリス8速系売れ筋フォールディングモデル、TERN VERGE N8辺りと仕様も価格帯も近いですね。
hgdhd5342.jpg
ブレーキ Shimano BR-T4010 Black V-Brakes
ブレーキもシマノ製ALIVIO スペックVブレーキを採用。
DAHON Vitesse D8はシマノ系パーツを積極採用した路線ですね。
これが人気の一因にもなっているのか。


100000048034_01.jpg
あと前述した通り、カスタマイズにも対応するフロントディレーラー台座も用意されていますが。
DAHON Vitesse D8の場合、ハンドルカスタムの拡張性を初期の状態から考慮してありまして。
外折れ式のステムを採用しています。
(´・ω・`)最初からカスタムありきのベース車として、購入しても楽しめる。
タイヤは細身のKenda Ksmart K-1085 20"X1.35"F/V 
100000048034-l4.jpg
折りたたみサイズ 65x77x33cm
100000048034-l3.jpg
100000048034-l1.jpg
100000048034-l2.jpg
カラーはミスティライム、ミスティホワイト、ミスティピンク、ミスティブルーの4色展開。
軽いわ、着脱ペダルも付いてくるわ、ロード系スペックだわ、ブレーキも真面目なシマノ製だわで2017年モデルに人気を博したそうで。
確かにこれだけ良心的なら、人気が出てくるのも分かるな。
2017年モデルは一色展開だったのが、2018年モデルから一気に4色展開に。
(´・ω・`)ダホンインターナショナルモデルにおいて、DAHON Vitesse D8は主力モデルになっている様ですね。
もし機会があったら、実車をチェックしてみようと思います。
折りたたみ自転車 DAHON ダホン 2019年モデル Vitesse D8

2018年01月20日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 Bianchi INTENSO 105  ビアンキ105カーボンモデルではありますが、20万を切った価格帯が人気の秘密

80abd931dc5fa8b43_3.jpg
2018 Bianchi INTENSO 105
Bianchi INTENSOは巡行時の加速性能が優秀かカーボンモデルです。
どの巡行速度でも、実にスムーズに加速するロード。
特に速度に乗った後、更に加速しようとする特性を持っていますが。
2018 Bianchi INTENSO 105は2018年モデルインテンソシリーズにおいて、最上位機種に位置するモデルです。
パーツの一部をグレードダウンしたことでプライスダウンしたビアンキ105カーボンモデルではありますが、20万を切った価格帯が人気の秘密ですね。

(衝撃吸収性についてインテンソは独自の性能を有している)
やはり、アルミモデルよりは衝撃吸収性が高い。割と路面状態も掴みやすい衝撃吸収性能を有しています。
速度を上げても、速度を維持しようとする能力を持つ。
ある意味、速度が逃げにくいと言っていい。
速度を逃がない為に、適度な衝撃吸収性を確保しているためいくらかレーシー寄りの性能だ。



「K-VIDテクノロジー」について
80abd931dc5fa8b43_5.jpg
80abd931dc5fa8b43_13.jpg
フォーク Full Carbon with Kevlar 1.1/8"-1.5"
衝撃を受けるフロントフォーク部とシートステーにケブラー繊維を挿入したビアンキ独自の「K-VIDテクノロジー」を採用。
衝撃吸収性と、路面との接地感を向上させている。

つまりフロントフォークとシートステーにWサスペンションの様に、ケブラー繊維を仕込んだ衝撃吸収能力を仕込んであるのでロングライドや長時間の走行に向いているビアンキモデルと言っていい。

(´・ω・`)ぶっちゃけ、石畳からの衝撃などもを力技でフレームコントロールしてくれますよ。
(路面状態は、それなりにつかめる)
凹凸がある路面をハイスピードで走っていても、速度が逃げにくいんですよね。


DSCN924gr2 (2)
DSCN924gr2 (1)
FULCRUM RACING 5 LG
(´・ω・`)2017 Bianch INTENSO Ultegraには、アルテグラスペックとFulcrum RACING 5 LGが用意されていた。
3万円程度のフルクラムホイールを持ってきただけでも、INTENSOのゼロ加速性能や走行中の加速性能がパワーUP。
エントリーグレードでも、良質なホイールを用意してあげればINTENSOの性能も比例して良好になる。
ホイールグレードUPの影響が出やすいフレームでもある。


80abd931dc5fa8b43_7.jpg
80abd931dc5fa8b43_9.jpg
体への負担が少ないアップライトな乗車姿勢は、ロングライド向け。

(´・ω・`)ですので、見ての通りヘッドチューブは長めに設定されている。
長い距離を走りたいライダーに最適なカーボンフレームです。
長距離巡行が得意なカーボンフレームなだけに、巡行中の加速性能を高めている印象があります。

特に長時間走行すると、インテンソの衝撃吸収能力を体感し易い。
80abd931dc5fa8b43_8.jpg
シフター Shimano 105
80abd931dc5fa8b43_4.jpg
フロントハブ Formula RB-25
リム Alex AT470 32H
タイヤ Vittoria Zaffiro 700x25C

80abd931dc5fa8b43_6.jpg
ブレーキ Shimano 105
(´・ω・`)インテンソが得意とする高速巡行性能に対応可能な、105グレードのブレーキを用意してあります。
2014年登場時のインテンソは、SORAグレード(ブレーキはビアンキオリジナル)でしたが。
インテンソの面白い所は、年を追うごとにパーツのグレードが上がっていった点ですね。
どちらかというと快適性重視だったカーボンフレーム路線から、加速性や推進力重視の路線に舵を切った最初のモデルがこのインテンソ。
個人的にはインテンソは、パーツグレードが高い方がお勧め。
80abd931dc5fa8b43_11.jpg
80abd931dc5fa8b43_14.jpg
フロントディレーラー シマノ105
(´・ω・`)画像からするとシマノ FD-5801の模様。
80abd931dc5fa8b43_12.jpg
クランク Shimano FC-RS510 50/34T 165/165/170/170/170/172.5mm
パーツの一部をグレードダウンしたことでプライスダウンした105モデル。
105ミックスに良く採用されていたFC-RS500の後継、4アームクランクを採用。

80abd931dc5fa8b43_10.jpg
80abd931dc5fa8b43_19.jpg
BB  Shimano SM-BBR60
インテンソフレームの特徴として、BB部周辺に圧倒的なボリュームを確保してある点です。
(´・ω・`)このボリュームが、巡行時の加速性に生きてくるのでは?
画像からは、普通のBB部に見えますが現物はかなり圧倒的なボリューム感です。
後注目はシートステーですね。
80abd931dc5fa8b43_20.jpg
シートステー形状が四角形になっているんですよ。
(´・ω・`)ちょっと今までのビアンキカーボンモデルにおいては、ありえなかった形状でして。
このあたりから、ビアンキは初めて剛性を強化してきた印象を受けました。
やはり衝撃吸収性は繊維を挿入した「K-VIDテクノロジー」が担当し、巡行中の加速時において速度が逃げにくい構造になっています。
80abd931dc5fa8b43_15.jpg
80abd931dc5fa8b43_16.jpg
リアディレーラー Shimano 105
スプロケット Shimano 105 11sp 11/32T
80abd931dc5fa8b43_18.jpg
サドル San Marco Monza Start Up
《在庫あり》Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル INTENSO105 インテンソ105 [完成車]《P》

2018年01月19日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 FEATHER CX+(フェザーCXプラス) クロモリ系シクロクロスモデルとしてロングセラーだった秘密


imgrc0068313559.jpg
imgrc0068313560.jpg
FEATHER CX+(フェザーCXプラス)Space Black
クロモリバテッド系フェザーフレームをベースにしたシクロクロスモデル。
(´・ω・`)最近はグラベルロード扱いになった様だ。
元々CX+という名称だから、シクロクロス限定だけではない走行性能を有していた。
(何気に、長距離&ツーリング系に滅茶苦茶向いているモデルである。見た目は街乗り系だが)

いずれにしてもグラベルロードとしての機能性を重視して、シマノSORA、メカニカルディスクブレーキ、ブロックタイヤを用意してある。
imgrc0068331714.jpg
ロングツーリングからシティライドまで対応。
(´・ω・`)前述した通り、ロングツーリングや長距離系に向いている。
速度のノリが良く巡航性能が高めに設定されているから、このイメージ画像は良くFEATHER CX+の性能をとらえている。
ブロックタイヤながら、なかなか速度が落ちない。

imgrc0068331711.jpg
クロモリ&ブロックタイヤだから、走行感が重そうに見えるけど。
それ、全然逆ですわ。
乗り易くコントロール性が高いので、確かに街乗りでも使い易い。
前後キャリア搭載可能なので、バイクパッキングにもおすすめ。
(´・ω・`)このFEATHER CX+は元々完成された、多目的型シクロクロスモデルではあった訳ですが。
スチールバイクとして、既に2013年頃あたりから高い完成度にあった訳で。
2018年年度グラベルロードが流行した事もあり、ようやく時代がFEATHER CX+に追いついたというべきでしょう。
imgrc0068313553.jpg
FEATHER CX+(フェザーCXプラス)Mud
Elios2 Chrome-Molydenum
Elios2は厳しい品質基準に合格したクロモリ鋼を使用。
速度のノリが実に良好なクロモリフレーム。
街乗りで、気軽な速度で巡行するのもたのしそうだ。
imgrc0068313550.jpg
シフター Shimano SORA STI
シフターが内装式に。
以前のFEATHER CX+よりもスマートな印象に。
imgrc0068313552.jpg
ヘッドセット FSA 1 1/8" alloy semi-cartridge
Fuji 1 1/8" CrMo w/ disc brake mounts

ドロ除けが装着できるダボ穴も用意されている。
imgrc0068313551.jpg
ブレーキセット Tektro disc 160mm rotors
(´・ω・`)巡行性能や機動性が高まった事により、2013年モデル頃からカンチブレーキ➝ディスク化へ。
天候に左右されない点も大きいが、どちらかというと実に良く走るクロモリモデルであるので、ディスク化した事によりスピードコントロールが容易になった気がする。
imgrc0068313549.jpg
フォーク Fuji 1 1/8" CrMo w/ disc brake mounts
フレームやフォークはオールクロモリ。
STI部分さえ気を付ければ、実に堅牢なグラベルロードと言えるだろう。
imgrc0068313548.jpg
フレーム Fuji Elios 2 custom-butted CrMo w/ outer-butted seat tube
クロモリ系シクロクロスやグラベルロードの場合、重量感を伴いながら戦車の様に爆走するタイプと、快速系の二種に分かれるが。
このFEATHER CX+は快速系。
imgrc0068313547.jpg
imgrc0068313546.jpg
バイクパッキングにもいいが、キャリアー取付用ダボ穴を用意。
細身のホリゾンタル系クロモリツーリングモデルを探しているなら、FEATHER CX+という選択肢も楽しそうだ。
imgrc0068313545.jpg
フロントディレーラー Shimano SORA, band type 31.8mm
クランク Sugino XD2000D, 48/36T
リアディレーラー Shimano SORA, 9-speed
カセット Shimano 11-25T 9-speed

imgrc0068313544.jpg
サドル Fuji Retro
シートポスト Fuji micro-adjust alloy, 27.2mm

imgrc0068313543.jpg
タイヤ Kenda 700×35c
ホイールセット Fuji custom alloy wheel disc hubs

(´・ω・`)35Cサイズのブロックタイヤを用意。
これだけ太目のタイヤを装着しても、軽い走行感が魅力的。
ただし、坂になったら重量感が襲ってくるので注意。

バーテープに合わせて、スキンサイド系カラーのタイヤを用意してあげるだけでも、見た目が生えるだろう。
imgrc0068313542.jpg
imgrc0068313558.jpg
FEATHER CX+(フェザーCXプラス)Blue Gray
imgrc0068313557.jpg
imgrc0068313556.jpg
(´・ω・`)FEATHER CX+最大の魅力は、やはりコスト面かもしれない。
税込 104,976 円と、実にリーズナブルで美味しい価格設定。
やはりロングセラーだった秘密は、ビジュアル性と、快速性、多機能なカスタマイズ性もあるけど。
リーズナブルな価格設定だった点も、大きいだろう。
【P最大10倍(1/19 10時まで・エントリ含】【2018モデル】FUJI(フジ)FEATHER CX+(フェザーCXプラス)シクロクロス【送料プランC】 【完全組立】

2018年01月18日 トラックバック(0) コメント(0)

ハイエンドモデルAXMAN FALCON S5 (´・ω・`)要するに、走行性能に関して間違いなくAXMANの技術力は最新鋭

ci-219873_2.jpg
AXMAN FALCON S5
台湾第三のブランドアックスマン。
先日サイクルモードで、ガンダムバイク?としてお披露目され、管理人的に注目してしまったわけですが。
(´・ω・`)なかなか、AXMANのフレーム性能も想像以上に最新鋭でしてね。
これはちょっと、性能的にあなどれないものがあると……。

勢いに乗るアックスマンにハイエンドモデルが存在する訳ですね。
それがこのAXMAN FALCON S5。
AXMANのエアロロードFALCONへ、SHIMANO DURA ACE 9100系を一気に採用。
100台限定のリミテッドモデル。

(´・ω・`)この限定モデルもそうだけど、アックスマンは塗装が美味しいですね。
FALCON S3グラフィックを一新し、、全く違う印象を与えています。
【FALCON S3と同グレードのフレーム・フォーク】
いずれにしてもAXMAN FALCON S5が現在のアックスマンモデル完成車において、最上位モデルとなる。

カラー Glossy BLK/RED
サイズ 460mm、480mm、500mm、520mm、540mm
フレーム T1000 + M30 CARBON
フォーク CARBON ROAD FORK
ドライブトレイン SHIMANO DURA-ACE 9100
ハンドルバー ZIPP SERVICE COURSE
ステム ZIPP SERVICE COURSE
シートポスト CARBON AERO SEAT POST
サドル Fizik Arione R5
ホイール Fulcrum Racing Quattro LG
タイヤ Vittotia Rubino Pro
クランク DURA-ACE 9100 50-34T

ci-219873_3.jpg
SHIMANO DURA-ACE 9100を採用。
台湾第三位のロードバイクブランドとして、業界でAXMANがリードを取る為、これだけのパーツ構成になったそうだ。

反応の速い加速性能とフラットな高速巡航能力を発揮しやすいレース仕様のエアロカーボンモデル。
と同時に、コストパフォーマンスの高い仕様にもなっている。
サイズ別に、剛性を最適化して重量比に最適な剛性を維持。

( ;゚ω゚)某ドイツ有名ブランドのOEMモデルをAXMAN担当している、とかいう噂もあるけど。
確かにこのAXMANなら、やってのけてしまうかもしれない。
20171108152806080ol8y (2)
アナハイム・エレクトロニクス社 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン(カーボン)
(´・ω・`)これは、アックスマンのOEMガンダムロードモデル「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン(カーボン)」ですけど。
確かにフレームに関して、スピード性能に特化したエアロロードモデルですね。
前方への推進力が強めに設定されていて、走行中フレームが突進していく感覚を覚えます。
20171108152806080ol8y (1)
AXMANの対応力ある塗装技術のお蔭で、ガンダムロードも生まれた訳で。

最近の新型エアロロードフレームって、前方への推進力が高める路線が流行していますが。
アックスマンのエアロロードの、最新のエアロロードの性能を上手く取り入れてあるんですよね。
(´・ω・`)要するに、走行性能に関して間違いなくAXMANの技術力は最新鋭
旧型のエアロロードとは、全然別物の走行性能ですぜ?

開発にあたっての手法も、やはり最新。
アックスマン独自にCFD(数値流体力学)ソフトで基本設計を行い、風洞実験を繰り返して仕上げている。



ci-219876_1.jpg
AXMAN BRONCOS SL5


(´・ω・`)BRONCOS SL5は、日本初上陸になるオールラウンドフレーム仕様。
全身が細身の軽量オールラウンドバイクが特徴。
重量と走行性能のベストバランスを狙ったカーボンフレームで、平地から山岳まで使えるオールラウンド路線。

AXMANが総力を挙げて、重量と剛性のベストバランスを追求したので、フレーム箇所によってカーボン素材が異なる。
カーボン素材は東レT1000がメイン。
BBエリア・チェーンステー・フロントフォークにはM30のカーボンで補強。
負荷がかかるポイントへ重点的に剛性を高めており、、切れ味の鋭い走行性能を楽しめる。
ci-219876_2.jpg
カラー Matte GRAY
サイズ 450mm、480mm、510mm、540mm、570mm、600mm
フレーム AXMAN R31B(1000g)
フォーク AXMAN AN-881A (360g)
ドライブトレイン SHIMANO DURA-ACE 9100
ハンドルバー ZIPP SERVICE COURSE
ステム ZIPP SERVICE COURSE
シートポスト ZIPP SERVICE COURSE
サドル Fizik Arione R5
ホイール Fulcrum Racing Quattro LG
タイヤ Vittotia Rubino Pro
クランク DURA-ACE 9100

(´・ω・`)こちらもフルカーボンにフルカーボンフレームに9100系デュラエースを採用。
DSCN5179htecdsdc.jpg
ジオニック社製シャア専用ロードバイク FR-CB01-CA02(カーボンフレーム)
シャア専用ロードバイクAXMAN BRONCOS SL5に少し、フレーム形状が似ているかな?
いずれにしても100%生産ラインを台湾に確保しているからこそ、こんな複雑な塗装のOEMにもきちんと対応可能なんだろう。
AXMAN アックスマン 2017年モデル FALCON S5 ファルコンS5

2018年01月17日 トラックバック(0) コメント(0)

2018年モデル試乗体験インプレ集


(´・ω・`)……2018年モデル試乗体験インプレ集です。
ショップなどでバイクを購入の際、よろしければ参考にしてください。

ロードバイク・ロードレーサー
DSCN3451cavevwr (1)
2018 Bianchi ARIA 105試乗体験インプレ  ゼロ加速も、巡行性能も軽快にこなしてくれる! 「軽さ」全開の走り!!

DSCN3451cavevwr (2)
2018 Bianchi Oltre XR3(ビアンキオルトレ XR3 105)試乗体験インプレ カウンターヴェイル®を搭載したことにより、オルトレの走行性能が激変してしまった!!

20170715095446f61fcrewfw.jpg
新型Oltre XR3に搭載された(Countervail®(カウンターヴェイル)システムと、FENICE PROスカンジウムフレームの衝撃処理能力を比較してみた

20171205094631a3cgergerrewg (1)
BIANCHI OLTRE XR4試乗体験インプレ (::`・ω・´)……多少の荒れた路面などBIANCHI OLTRE XR4の敵ではない……。

DSCN5210feftgtrw (1)
2018 KhodaaBloom FARNA SL2 ULTEGRA試乗体験インプレ  軽快×優秀な加速性×カーボンの様な衝撃吸収性

DSCN5148fegrdq (1)
アナハイム・エレクトロニクス社 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン(カーボン)試乗体験インプレ モビルスーツというよりは、高速性を重視したモビルアーマーの様だった!

20180101064742c8cyrgete.jpg
ユニコーンガンダム ロードバイク RB-ALUC01(アルミフレーム)試乗体験インプレ AXMANアルミフレームの評価は?

20171113074642c6chtdthd (1)
CHAPTER2 TERA試乗体験インプレ マオリ民族のデザインを生かした、ニュージーランド初のスモールロードブランド

DSCN4787hdgtwgrgewwgwe.jpg
2018 DE ROSA PROTOS(デローザ プロトス)カンパニョーロ・スーパーレコード仕様 試乗体験インプレ 猛烈な加速性能が劇的に進化を遂げていた!!

20171114170758edcgreeq (1)
2018 KhodaaBloom FARNA 700-105試乗体験インプレ アルテグラホイールの恩恵が大きく、スムーズな走りを見せてくれた

20171122103956c91gewew (2)
2018 RIDLEY HELIUM X試乗体験インプレ  (´・ω・`)これ本当にスパルタなリドレーモデル??? 乗り易い!!

20171122103956c91gewew (1)
FACTOR O2試乗体験インプレ  ヒルクライムモデルながらも、エアロロードの性能も取り入れているんだろうか?

20171128092653ad1brbgewt (2)
2018 KhodaaBloom FARNA PRO AERO DISC試乗体験インプレ スピード狂の為の、レーシングディスクモデルだった!!

20171128092653ad1brbgewt (1)
2018 CANYON ULTIMATE CF SL DISC試乗体験インプレ あえて、本音を言わせていただくと……

20171205094631a3cgergerrewg (2)
新型2018 LAPIERRE PULSIUM ULTIMATEフレームの評価(試乗体験インプレ)

20171208100grr9044fb.jpg
FUJI BALLAD OMEGA(バラッドオメガ)試乗体験インプレ  街乗りやストリートでの使用にデザインや性能を絞ったチョイ悪バイク。

20171218095347degref (2)
Fuji SL3.1試乗体験インプレ いままでのFUJIカーボンモデルの性能を裏切った、大反則のカーボンモデルだろ?

20171218095347degref (1)
アドベンチャーロード FUJI JARI 1.1 試乗体験インプレ  カーボン系グラベルロード以上に、悪路で軽快な走りをしてくれるスーパーアルミアドベンチャーモデル

201712gr120730158b4olylgr.jpg
JAMIS RENEGADE EXPAT(ジェイミス レネゲードエキスパット)試乗体験インプレ  SUVの様に「非舗装路」だけではなく、「舗装路」での使用も想定。低速で走る事が、カッコいいバイクだ。

20171221170254e77grww.jpg
BOTTECCHIA 8AVIOEVO(ボッテキア オッタヴィオ)試乗体験インプレ  それなりに荒れた路面でも、ロードらしい走りに徹してくれる所が実にたまらない

ミニベロ
DSCN5148fegrdq (2)
RENAULT Carbon8試乗体験インプレ ダッシュ力が異様に高いんですよ…… カーボンフレーム剛性が高めなスポーティーモデル!!

20171113074642c6chtdthd (2)
RENAULT ULTRA LIGHT7 TRIPLE 試乗体験インプレ ウルトラライト7の、スポーツ性能が増した理由とは?

DSCN4511frwhdthtdwfhdrs.jpg
SAVANE Carbon FDB20 SORA 試乗体験インプレ(評価)  スポーツ性能&衝撃吸収性を高めたカーボン折り畳みモデルだ!

20171114170758edcgreeq (2)
RENAULT MAGNESIUM6 14インチ マグネシウムフレーム試乗体験インプレ 星☆☆☆進呈 14インチホイール系ミニベロの走行性能の、限界を極めているんではないですか?

DSCN4919fewgrwegw.jpg
テック・ワン CARACLE-COZ カーボン(仮称)試乗体験インプレ 走行性能が極めてソフト!! 極上の滑らかさ

20171210062423d79bdgsdgregr (2)
これが重量6.97kg走行性能の世界か! DAHON Dove Plus(ダホン ダヴプラス)14インチ試乗体験インプレ   走行中のペダルがとてつもなく軽い!

20171219113821da9grew (1)
2018 TERN LINK C8試乗体験レビュー スポーツ性の高いターン系フレームを、街乗り仕様にしたことで高い安定度を誇るミニベロになったと思う。

2017122510000023dgrgw.jpg
DANON Vigor LT (ダホン ヴィガー LT)史上体験インプレ  いかに脚力を受け止めながら、高速疾走するか? という目的を持った超攻撃的アルミフレームだった

電動アシスト自転車
DSCN5210feftgtrw (2)
PANASONIC XM1 試乗体験インプレ ( ;゚ω゚)……これはもう、脚力いらんわ。

20171203154024593gregr.jpg
TERN VECTRON S10(ターン ヴェクトロンS10)試乗体験インプレ 圧倒的なアシストパワーを生かした走りと、脚力とシンクロしたスムーズ走りをこなしてくれるとは。

20171210062423d79bdgsdgregr (1)
BESV JR1(ベスビーJR1)試乗体験インプレ 快適な操作性を極めた新型電動ロード!

20171219113821da9grew (2)
ミズタニ Seraph E-015(Deore 10S) 「SHIMANO STEPS」を搭載した、電動クロスバイクは快速感がある!!

2018年01月15日 トラックバック(0) コメント(0)

RENAULT ULTRA LIGHT試乗比較。管理人が一番欲しいと思った、ルノーウルトラライトモデルは?


RENAULT ULTRA LIGHT各モデルを試乗比較してみました。
( ;゚ω゚)……今回は使用目的や、コスト面を重視しての比較です。
いつも比較記事を書くときは、性能面を重視しての比較が多かったのですが。
今回初めて、使用目的やコスト面を個人的に考えてみました。
20171127095520692ki7.jpg
RENAULT ULTRA LIGHT7 7.4kg
重量は7.4kg。基本的にこのクラスの重量だと、片手で持ち歩ける。
(´・ω・`)14インチホイール系ルノーウルトラライトシリーズは、7kg~6kg台なので普通に片手で持ち歩けるほどの軽さです。
(ただし、RENAULT Carbon8は16インチホイールなので8.7kg)
100000037118_05cdskut.jpg
RENAULT ULTRA LIGHT7
(´・ω・`)基本的にこの元祖ULTRA LIGHT7は街乗り用です。多少ハンドルはクィックだが、タイヤサイズが14 x 1.75と太目なのでカーブに強い。
また、街中の多少の凹凸もこなせるのでは?(縁石は流石に避けたいが)
ブレーキもディスクブレーキ程ではないですが、Vブレーキ仕様なので街中でのブレーキパワーも申し分ない。
坂道を登るのが異常に楽です。

ギア無しのシングルスピード(変速無しです)なので、トラブルも最小限に抑えられそうだ。
持ち運びの際も、ギア付きよりは気楽に運搬可能。

弱点は、流石に街中➝郊外などの遠乗りには向いていないかも?
あくまで街中を快適に走る為の設計になっていると思う。
DSCN4266grjuy.jpg
販売価格49,800円(税込)なので、コストを抑えて購入可能な点もありがたい。
確かにマグネシウムフレームやフルカーボンモデルも存在するが、どうしてもクロスバイクやロードバイクに近い価格帯になり、コストが跳ね上がってしまう。
(´・ω・`)やはり気楽に購入できる点が、RENAULT ULTRA LIGHTのいい所ですよね。
ルノー[RENAULT] ULTRA LIGHT7 (ウルトラライト7) 14インチ 変速なし 折りたたみ自転車



DSCN4277graehju6.jpg
RENAULT ULTRA LIGHT7 TRIPLE 7.8kg
TRIPLEは3段変速仕様なので、ギア変速が可能なモデル。

(´・ω・`)注目すべきはタイヤサイズが、14×1.35と細くなった点です。
タイヤ:14×1.75→タイヤ:14×1.35と細くなった事で、通常のULTRA LIGHT7よりもスピードに乗り易くなっています。
DSCN4286graeageji7t.jpg
なんとグリップシフターではなく、トリガーシフトによって変速可能!
「ULTRA LIGHT7 TRIPLE」における最大の特徴は街乗り前提のスピード性能と、変速性能を保有しているという事だろう。
特にローギアに設定した場合、坂道などにかなり強そうだ。

(´・ω・`)街乗りにおける路面状況に応じて、ULTRA LIGHT7 よりも対応し易い印象を持ちました。
街乗りにおける対応力が増したというべきか。
タイヤサイズが細くなったことでULTRA LIGHT7 よりも若干速度を上げて走れるし、逆にギア府をロー側にして低速でも快適に走行可能。
DSCN4279graeju6.jpg
管理人的には、都内で使用する分に適していると思う。てか、ULTRA LIGHT7 TRIPLEが一番欲しい。
なんだかんだで、変速機構のありがたみが分かるモデルでもあった。
販売価格も54,800円(税込)に抑えられているのが、好印象。
(´・ω・`)なんといえばいいのか。
コストを抑えつつ、街中での走行性能を強化してくれた点を評価したいです。
ルノー[RENAULT] 2018 ULTRA LIGHT7 TRIPLE(ウルトラライト7トリプル)14インチ 折りたたみ自転車



DSCN4367fewfk7i.jpg
RENAULT MAGNESIUM6 超軽量7.0kg
MAGNESIUM6の特徴は、レーシングカーホイールに使用される軽量マグネシウム合金を、フレームに採用。
( ;゚ω゚)……この事により加速と衝撃吸収性能を、比較的に強化したモデル。

まあ、即スピードに乗ってくれますよ?
14インチホイールながらビュンビュン飛ばせる。
しかも、マグネシウムフレームが路面からの衝撃を、確実に吸収。
多少荒れた路面でもフレームが対応してくれるので、走行中に高級感があります。
DSCN4381vdsju6.jpg
路面からの衝撃すら、速度に変換されるような感覚でして……。
スポーツ性能に関して、ULTRA LIGHT7やULTRA LIGHT7 TRIPLEを圧倒する能力を有しています。

(´・ω・`)ルノーウルトラライトシリーズ(14インチホイールクラス)において、街中での機動性やスポーツ性を求めるならこれですね。
一見重量7.0kgと言う数値に惹かれますが……実はフレームの機能性の高さに注目すべきモデルです。
ただ、コストがかかる点が難点といえば難点。


DSCN4334vdsjt.jpg
RENAULT Carbon8 8.7kg
東レT700カーボンフレームならではの剛性と、衝撃吸収性を楽しむ為のフォールディングモデル
タイヤサイズが16×1.5、油圧式ディスクブレーキに競技用ロードコンポーネントSHIMANO SORA 9speed採用。

( ;゚ω゚)……普通に郊外用。遠乗りもこれならいけますよ
街中ではなく、クロスバイク代わりに使用も可能。
流石16インチホイールフルカーボンと言った所。

フルカーボンフレームの特性を生かし、衝撃吸収性も今までのミニベロではありえないレベルで確保してある……
衝撃吸収性を高めつつ、スポーツ性能や巡行性能も高め。

20171108100321106ky.jpg
RENAULT Carbon8の弱点。
(´・ω・`)うーん、個人的には性能面において申し分ないモデルだけど。
ULTRA LIGHT7程、気楽に購入可能ではないな。販売価格147,999円(税込)ですよ。
ULTRA LIGHT73台分の価格ですね。
DSCN5381grgeer.jpg
(`・ω・´)……ただ、RENAULT Carbon8って他ブランドのスピード系ミニベロとバトル出来る、革命的な走行性能を保有しているんですよ。
仮に「ロードやクロスバイクに、ウルトラライトシリーズでバトルしろ!」と言われたら、間違いなくRENAULT Carbon8を投入しますね。勝てないまでも、勝負位は出来るのではないかと。
街乗りというよりは、遠乗りやスポーツ目的に使用したいです。


(まとめ)
(´・ω・`)結局「使用目的別に、ルノーウルトラライトシリーズを選択すればいいのでは?」というのが、一番有効な選択手段ですね。

街中を走りたいなら、RENAULT ULTRA LIGHT7かRENAULT ULTRA LIGHT7 TRIPLE。
街中を高級感&スポーティーに走りたいなら、RENAULT MAGNESIUM6。
郊外をクロスバイク代わりにスポーティーに走りたいなら、RENAULT Carbon8。


以上の点を抑えておけば、色々楽しいチョイスが出来るかと。
DSCN4276graecfedcfe.jpg
2018 ULTRA LIGHT7 TRIPLE

( ;゚ω゚)……試乗時に個人的に一番欲しいと思ったのは、2018 ULTRA LIGHT7 TRIPLEでしたね。
販売価格が54,800円(税込)と抑え目だし、なにより街中とか仕事で都内を移動する際に一番使えそうな印象だった。

電車にもこれなら気楽に持ち込めそうだ。
コストをどこまでもかけられるなら、RENAULT MAGNESIUM6とかRENAULT Carbon8になってくるんですけどね。
ルノー(RENAULT) 軽量・コンパクト 7.4kg 14インチ 折りたたみ自転車 ULTRA LIGHT 7 F アルミフレーム 鍛造フォーク 47T×10T

2018年01月14日 トラックバック(0) コメント(0)

現在40%OFFセールだが、2017年センチュリオンモデルHYPERDRIVE DISC 4000のパーツの充実度に思わず唸ってしまいますね。 



grsgseet34634.jpg

(´・ω・`)徹底した機能美が持ち味のドイツブランドがセンチュリオンです。

1976年ドイツにて誕生したセンチュリオン。数々の賞を受賞し、EUブランドの1つですが、ここ最近においても数々のタイトルを受賞しています。

2014年 バックファイヤー カーボン アルティメイト 27「バイク」誌から最高級のハードテイルMTBとして「スーパー」の称号を授かる。
2015年度ギガドライブ ディスク デザイン賞「フォーカスオープン」「金賞」を受賞。

(`・ω・´)……そんなドイツセンチュリオン2017モデルが、現在40%OFFセールで販売されています。

どうしても最初は価格が気になりますが、仕様を一部確認しただけでも相当ハイグレードなコンポ仕様なのが確認出来ます。
値引き価格よりも、パーツの充実度に思わず唸ってしまいますね。
17cen-driv-hyp4dhtr.jpg
2017 CENTURION HYPERDRIVE DISC 4000

メーカー希望小売価格270,000円 (税込 291,600 円)
➝40%OFF価格162,000円 (税込 174,960 円)


6061 バテッドアルミフレーム+-6800系ULTEGRAグレードコンポーネント 油圧ディスクロード
rgdsese54456.jpg
(´・ω・`)ドイツCENTURIONの特徴として、メリダと技術開発において提携した実績のあるアルミ成型技術と製法が挙げられます。
ロングライドや長距離走行する事に強いバイク造りを目指しています。
(6061アルミフレームながら、カーボンモデルの様にボリュームの強弱がついている)

6061アルミ合金によって軽量かつ高剛性。
油圧アルミディスクバイクの設計に応じて最適な形状に成型しています。
特にトップチューブの優雅なアーチやベントしたシートステーなどが機能的に衝撃を吸収。
乗り心地の良さ強度を両立させた機能的なディスクアルミフレームです。



(´・ω・`)以前にも触れましたが、HYPERDRIVE DISC 4000のパーツは全て高グレードでして。
ざっとパーツなどの仕様を確認しただけでも、かなり凄い事になっています。

例えばフォーク部は真面目にフルカーボンフォーク(カーボンテーパーコラム)
フロントハブは15mmスルーアクスル仕様になっています。
(15mmフロントスルーアクスル&135mmエンド)
こういう地味な所で軽量化を図っているので、アルミディスクモデルながら重量8.9kg (50cm)を達成。
wheelsetwrqt.jpg
DT SWISS R24 SPLINE DB

HYPERDRIVE DISC 4000のホイールには、スペインブランドディスクブレーキ「DT SWISS R24 SPLINE DB」 シマノ10-11s対応を採用。
シクロクロスやツーリングにも使用可能なアルミクリンチャーホイールセット。
高回転性能&高剛性を有しており、あらゆる天候でのトレーニングに適したディスクホイールセットです。
(耐久性と強度の高いチューブレス互換ホイール)

(´・ω・`)更にタイヤにはSCHWALBEを採用。
br228e00hr.jpg
6800系ULTEGRAグレード油圧ディスク「Shimano BR-RS785」を採用。
HYPERDRIVE DISC 4000はドライブトレインだけではなく、油圧式ディスクブレーキキャリパーもULTEGRAグレードなのだ。
(´・ω・`)そういう意味においては、ドイツ系ディスクロードらしく非常に真面目な仕様と言える。
ツーリング時、長い下り坂での制動力を維持。
jtdjys.jpg
SHIMANOS RT68 160mmローター
制動性を重視して、160mmローターを採用。
fewe5325.jpg
機械式変速&油圧ディスクブレーキ対応 SHIMANO ST-RS685
デュアルコントロールレバー内に、変速機構とマスターシリンダーを収納。
基本的にメカニカルディスクよりも、引きの軽さを重視していますね。

( ;゚ω゚)……ざっと見ただけで、本来ならHYPERDRIVE DISC 4000は29万円台のハイエンドアルミモデルだけあってかなり高グレードのパーツを採用している事が分かります。
例え40%OFF品でも、質実剛健なセンチュリオンモデルですね。
17cen-driv-hyp4dhtr.jpg
センチュリオンの弟分メリダにも、油圧105&アルミディスクモデル「MERIDA SCULTURA DISC 700」というモデルがあるんですが。
油圧アルミディスクモデルに関して、弟分メリダはアルテグラスペックが存在しないんですよ。
あえて油圧アルミディスクのハイエンドモデルは、センチュリオンがこの「HYPERDRIVE 4000」という形で担当しているのでは?

( ;゚ω゚)……いずれにしても、パーツに大変なコストがかかった油圧アルミディスクロードですね。
現在40%OFF価格162,000円 (税込 174,960 円)は、個人的にかなり美味しい価格かと思いますよ。
【40%OFF!】CENTURION(センチュリオン) 2017年モデル ハイパードライブ ディスク 4000 / HYPERDRIVE DISC 4000【ロードバイク/ROAD】

2018年01月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 FUJI HELION R STI仕様シマノ新型CLARIS搭載  【HELION (旧コメット)の歴代モデル(2012~2015)の流れを追いかけてみる】



cc-fuji-helionr_4.jpg
2018年モデル FUJI HELION R(Brilliant Silver)
(´・ω・`)2018年モデルのクロモリ系スピードミニベロ「HELION R」は遂に、STI仕様シマノ新型CLARIS搭載を搭載したのですね。
STI仕様のシマノ新型クラリスを採用したおかげで、ワイヤー類がハンドルにそって収納。
よりスポーティーなビジュアルが強化されています。
年を追うごとに、HELION (旧コメット)のハンドル周りがスポーティー化されていきますね。
かつてのインラインレバーも、今や消滅しましたし。
2018年モデルは特にこの「Brilliant Silver」と、「Champagne Gold」に人気が集中。
HELION (旧コメット)史上、もっともスタイリッシュなビジュアル性を誇ります。

ぶっちゃけ、走行性能はスポーティクロモリフレームとして完成されていますからね。
年々デザイン性が向上していて、なんだか羨ましい。



HELION (旧コメット)の歴代モデル(2012~2015)
IMGP2288jugjur.jpg
2012 Fuji COMET R(フジ コメットR)
ちなみに初代は2011年モデル。
(´・ω・`)この2012年モデルはWレバーに、SHIMANO SORA搭載の16段変速。
この頃から既にホイールサイズは451でした。
見た目はクラシカルだが、クロモリフレームが実にスポーティーに仕上がっているのが特徴。
当時のスピード系ミニベロにおいてトップクラスの走行性能を誇っていた。
img59707513jtyr.jpg
2013 Fuji COMET R
(´・ω・`)この2013年モデルから、STI化が始まった。
現在のFUJI HELIONにおける原型に。
クロモリクレームを生かした滑らか&強力な推進力を更にスピーティーに。
img61800549fth.jpg
2014 Fuji COMET R(フジ コメットR)
(´・ω・`)この頃もまだ名称は「コメット」で、トータル14速時代。
クロモリフレーム路線は健在で、インラインレバー(補助ブレーキ付)も用意。
2017年モデルは、フロントダブル(Shimano CLARIS)に、リアが7速仕様Shimano TOURNEY )
img63278727gts.jpg
2015 FUJI HELION R(フジ ヘリオンR)
2015年モデルから Fuji COMET R➝FUJI HELION Rへ名称変更。
大体この頃にSTI CLARIS16速仕様&クロモリフレーム路線という、現在のHELIONの仕様が固まってきた。
【P最大10倍(1/19 10時まで・エントリ含】2018モデル Fuji(フジ)HELION R(ヘリオンR)小径自転車・スモールバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】


cc-fuji-helionr_5.jpg
2018年モデル FUJI HELION R(Champagne Gold)
で、遂に新型クラリスSTI仕様ですよ。
(´・ω・`)このChampagne Goldも人気が高まっているようで。現在2018年モデル FUJI HELION Rは、楽天きゅうべいバイク売り上げ、現在4位ですよ。
2018年モデルのFUJIはクロモリ系STI仕様が増えていますが。
同時にBALLAD Ωクロームカラーもそうだけど、光沢感のあるFUJIモデルの人気が高まっている傾向にあります。

cc-fuji-helionr_6.jpg
2018年モデル FUJI HELION R(Black)
(´・ω・`)2018年モデルのブラックは、光沢感を抑えたマット系ブラックではないのか。
光沢感がちょいとレトロ風ですね。
cc-fuji-helionr_8.jpg
シフター Shimano CLARIS STI
STI仕様シマノ新型CLARIS搭載を、2018年モデルより搭載。
(´・ω・`)基本的に街乗りに使えて、なおかつスポーティーな小型ロードでもある。
ミニベロロードにおいても、ロードバイクの性能に迫っているだけの走行性能を有している。

たまに、重いだけのクロモリ系ミニベロがあるけど。
HELIONの場合は、実に快速なんですよね。
cc-fuji-helionr_10.jpg
ブレーキ Fuji alloy
cc-fuji-helionr_9.jpg
フォーク  Fuji 1" Custom Triple Butted CrMo
cc-fuji-helionr_7.jpg
メインフレーム Fuji Elios 2 custom butted CrMo with outer butted seat tube
ダブルバテッドのパイプであり、クロモリのフレームでありながら強度を落とす事無く軽量化に成功。
(´・ω・`)ある意味FUJI HELION Rはこの優秀なクロモリフレームだからこそ、ここまでロングセラーになったと思う。
どんな時代のコンポーネントやパーツが来ても、対応出着てしまうクロモリ。
cc-fuji-helionr_11.jpg
cc-fuji-helionr_18.jpg
2018年モデル FUJI HELION R(Brilliant Silver)

ホイール Fuji custom made high profile alloy wheel set
タイヤ Vera 20×1-1/8

cc-fuji-helionr_12.jpg
cc-fuji-helionr_14.jpg
フロントディレーラー Shimano CLARIS
cc-fuji-helionr_13.jpg
クランク Sugino XD2000D, 52/39T
cc-fuji-helionr_15.jpg
cc-fuji-helionr_16.jpg
cc-fuji-helionr_20.jpg
cc-fuji-helionr_19.jpg
cc-fuji-helionr_17.jpg
リアディレーラー Shimano CLARIS
カセット Shimano 11-28T 8-speed
cc-fuji-helionr_18.jpg
重量 10.2kg
フレームサイズは44cm・50cm・55cmをラインナップ。
小柄な女性から背の高い男性まで対応。
《在庫あり》FUJI フジ 2019年モデル HELION R ヘリオンR [完成車]《P》

2018年01月12日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 RENAULT Carbon6の評価  6.7kgという超軽量性だけではなく、フルカーボンフレームが繰り出すダッシュ力にも注目すべき


DSCN4259cds (2)
RENAULT Carbon6

(質問)RENAULT Carbon6ってそもそも何?
(´・ω・`)7.4kgの超軽量アルミ折り畳み自転車、RENAULT ULTRA LIGHT7という人気モデルがあるのですが。
そのアルミULTRA LIGHT7を、フルカーボン化したモデルです。
DSCN4257vfssdv (2)
TORAY T700カーボンフレーム,という、競技用ロードバイクにも使用される軽量カーボン素材を採用しています。
フルカーボン化したおかげで、約6.7kg(本体重量:ペダル、スタンドを除く)という超軽量を達成しました。
DSCN4266grfrw.jpg
ルノー(RENAULT) 軽量・コンパクト 7.4kg 14インチ 折りたたみ自転車 ULTRA LIGHT 7 F アルミフレーム 鍛造フォーク 47T×10T
RENAULT ULTRA LIGHT7
7.4kgの超軽量アルミ折り畳み自転車、RENAULT ULTRA LIGHT7。
7.4kgという重量のお蔭で、非常に楽に盛り運びが可能になった。
(´・ω・`)大抵の折り畳み自転車の重量は10kg程度だったので、この軽さは電車など持ち運ぶときに威力を発揮します。



cdacadacaca8090890080.jpg
(質問)RENAULT Carbon6の変速数は?
(´・ω・`)RENAULT Carbon6に、変速機構は搭載していません。
ギア無し(変速機無し)のシングルスピードという仕様です。
ただ、ギア無しなので脚力を調整しながら、速度をコントロールします。
逆に言うと、ギアチェンジの必要がないのでかなり気楽に走れますね。

変速機付きよりも、チェーン脱落しにくくトラブルが少ないというメリットも。
また、ウルトラライトシリーズは全般的に軽量なので坂道に強いという長所を持っています。

またこれが一番重要なのですが、変速機を持たない分軽くなっています。
だからこそ、カーボンフレームの軽量さが前面に出ているので6.7kgという、超軽量な数値を叩き出しています。
DSCN4334vdsfcew.jpg
RENAULT Carbon8
(´・ω・`)ギア付きがいいなら、8段変速仕様のRENAULT Carbon8というモデルも存在します。
競技用ロードバイクに使用される、SHIMANO SORA9段変速仕様です。
更に油圧ディスクブレーキという、天候に左右されない強力なブレーキシステムも搭載しています。


DSCN4235vds (2)
(質問)RENAULT Carbon6の走行性能は?
(´・ω・`)基本的にRENAULT Carbonシリーズは、ダッシュ力高め。
やはりカーボンフレームの性能が前面に出ているフォールディングモデルです。
ルノーウルトラライトシリーズと比較しても、速度に乗り易いと思います。
ただ、スピードを維持する能力は9段変速仕様のRENAULT Carbon6の方が高いはず。

路面からの衝撃吸収性も、アルミフレームと比べ段違いに高いです。
フルカーボンフレームの特性を生かした走行性能を持っているので、ワンランク上の走りを楽しめる。
ただし、変速機無しのシングルスピード仕様なので、速度を維持する能力はないかと。


DSCN4257vfssdv (1)
(質問)RENAULT Carbon6のタイヤサイズは?
(´・ω・`)コンパクトなタイヤサイズで14×1.35
アルミ版RENAULT ULTRA LIGHT7のタイヤサイズは14×1.75といくらか太目。
基本的にカーボンフレームのRENAULT Carbon6は、衝撃をカーボンフレームが吸収してくれるのでタイヤサイズは細目。
逆にRENAULT ULTRA LIGHT7はアルミフレームなので、衝撃吸収性や快適性を太目のタイヤサイズでカバーしています。


DSCN4343cds (2)
この画像はRENAULT Carbon8フレームジョイント部
(質問)RENAULT Carbon6のジョイント部は?
(´・ω・`)カーボンフレーム同士を、アルミジョイントで固定してある。
シングルスピード仕様RENAULT Carbon6には、RENAULT Carbon8と同じくアルミ鍛造フレームジョイントを採用。
強度の高い鍛造アルミジョイントにより、カーボンフレーム同志の密着度を高めている。
RENAULT Carbon8に試乗中、たわみの様な物は感じされなかった。
丸いボタンを押すと、ジョイントを展開できるシステム。
ステム部は、アルミ同士のジョイントになっていた。
DSCN4235vdfsds (1)
チェーンホイール 45T
フリーホイール 9T

(´・ω・`)通常のウルトラライトシリーズと比較しても、コンパクトなクランク部。
細かい所で重量を稼いでいる。


100000048397-l2.jpg
(質問)RENAULT Carbon6の折り畳みサイズは?
折り畳みサイズは600×310×660mm
しかも約6.7kg!!
20171127095520692cscd.jpg
RENAULT ULTRA LIGHT7 折り畳み時
通常のRENAULT ULTRA LIGHT7の折り畳みサイズは690×330×590mm
重量は7.4kg。流石に7kg台tおなると、片手で持ちながら気楽に歩けた。

更に軽い約6.7kgのRENAULT Carbon6は、更に軽快に持ち運びが出来るはず。
( ;゚ω゚)……ルノーウルトラライトシリーズにおいて最軽量を誇ります。他ブランドのフォールディング系ミニベロと比較しても、その超軽量さは圧倒的。
やはり重量面でのアドバンテージが巨大ですね。

(´・ω・`)ただ6.7kgという超軽量性だけではなく、フルカーボンフレームが繰り出すダッシュ力にも注目ですよ。
14インチホイールながら、走行性能の面においても、なかなか面白い事になっています。
RENAULT(ルノー) Carbon6 14インチ カーボンフレーム 折りたたみ自転車 6.7kg (カーボン6 C140)

2018年01月11日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 KONA ROVE ST(コナ ローブST) クロモリながら1x11システムを搭載!

imgrc0068611720.jpg
2018 KONA ROVE ST(コナ ローブST)
2018年モデルのKONA ROVEシリーズにはアルミフレームと、クロモリフレームモデルがあるのですが。
こちらはクロモリアドベンチャーロードの方ですね。
クロモリならではの安定性と、走破性を重視。

しかもクロモリフレームながら、流行のSRAM RIVAL ONEをメインコンポ(1x11システムを搭載)
フロント40Tに、11-42t とスーパーワイドなギア比です。
(´・ω・`)1x11システム……クロモリやアルミグラベル系モデルにおいて搭載している数が増えてきましたね。
FUJIを始め、米国系ブランドのこの動きが、ちょっと嬉しい。
路面が荒れていたり登りだったりと、状況変化が激しい路面状態でも気楽に対応可能。
無理にフロント変速することなく、リア変速だけで対応出来るのは実にありがたい。

チェーン落ちの心配がなくなる点が嬉しい……というより安心出来る。
imgrc0068611775g45.jpg
2018 KONA ROVE NRB DL
(´・ω・`)こっちはKONA ROVEシリーズにおける、アルミグラベルロードですね。
ランドナーの650Bホイール採用のロードプラス(新規格650Bロードプラスタイヤ採用)
なんとタイヤサイズは650Bx47C!! 
ただし、こちらはフロントダブル使用(105&アルテグラのミックス)
MTBクラスの走破性を発揮しながら、疾走可能。ブレーキも油圧ディスク仕様。
imgrc0068611717.jpg
ハンドルは安定感重視のオフロードドロップバー。
グラベルライドを想定。
imgrc0068611713.jpg
シフター SRAM Rival 1
指先一つで、ギア比をどんどん変換できる感覚がたまんない……
(´・ω・`)慣れると、実にスムーズに変速操作が可能。
チェーン脱落など気にせず、どんどん指先一つで変速していくからまるで楽器感覚だ。
しかも脚にも優しい。適度に欲しいギア比が手に入るので、悪路でも脚が実に楽。
個人的にはグラベルロードかアドベンチャーロードには、1×11というシステムが実に合っていると思う。
imgrc0068611716.jpg
ヘッド周りのデザインが、2018年モデルの場合シンプルですね。
imgrc0068611715.jpg
ブレーキ TRP SPYRE C FLATMOUNTメカニカルディスクブレーキ
フロントブレーキローター TRP 160mm
フロントハブ Alex Boondocks Wheelset 100x12mm

前後160mmローター採用。グラベルツーリング時における制動力を強化。
しかもメカニカル最高峰のTRP SPYRE の対向ピストンですよ。

(´・ω・`)やはりツーリング時に油圧ディスクよりも心配が少なく、対応可能なメカニカル仕様。
アルミモデルのKONA ROVE NRB DLは、MTBの様な走破性をコントロールする為に油圧ディスク仕様。
クロモリの2018 KONA ROVE STはツーリング性やトラブル対応に重点を置いてメカニカルディスクを採用している。
imgrc0068611714.jpg
フォーク Kona Project Two Cromoly Disc
ホイール Alex Boondocks Wheelset
タイヤ Clement X'Plor MSO Tubeless 700x36c

走破性重視の米国系グラベルロードということで、米国系グラベルロードとしてはスタンダードな36Cサイズを選択。
(´・ω・`)更にタイヤ幅を太くしたいなら、650Bx47Cを誇る「アルミ KONA ROVE NRB DL」を選択すればいいということか。
imgrc0068611712.jpg
フレーム  Kona Butted Cromoly
imgrc0068611711.jpg
imgrc0068611710.jpg
クランク Sram S350 40t
imgrc0068611709.jpg
リアディレーラー Sram RIVAL ONE
カセット Sram PG1030 11-42t 11 spd 

imgrc0068611708.jpg
サドル WTB Volt Comp
imgrc0068611707.jpg
imgrc0068611706.jpg
(´・ω・`)クロモリ系シクロクロスやグラベルロードって、低速時はMTBみたいな安定感があるので面白いんですよね。
小石など弾き飛ばしながら、パワフルに走る感覚が魅力的。
でも速度に乗ってくる、とロードっぽい挙動になる。
【P最大22倍+クーポン配布中(1/11 0時まで】2018モデルKONA(コナ)ROVE ST(ローブST)シクロクロスバイク【送料プランC】 【完全組立】

2018年01月10日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 MASI SPECIALE STRADA  (Campagnolo Centaur完成車) 2018年のMASIは、どこまでもクロモリモデルに深い愛情を賭けていますね。


ci-625031_5jk (2)
2018 MASI SPECIALE STRADA BLUE
MASIのクラシカルなクロモリロード「SPECIALE STRADA」。
1970年代のヴィンテージ感を狙った名クロモリモデルですよ。
カンパニョーロ組のクロモリか。2018年のMASIは、どこまでもクロモリモデルに深い愛情を賭けていますね。

ロングライド、街乗り、シティサイクリングをMASIは推奨。
ここ最近のMASIはレーシングモデルよりも、グラベルロードやツーリング性を重視したモデルが増えてきています。
以前はシマノ製パーツを採用しつつ、Wレバー仕様なので割とリーズナブルなモデル(10万円台)でしたが。

ここ最近のSPECIALE STRADA はカンパ路線で、一気に高級化しています。

ダブルバテッドのクロモリに、イタリアン系シルバー系パーツで統一感を出しているのが特徴。
2017年モデルはシルバー系パーツを採用し、イタリアンなテイストを再現する為に Campagnolo Veloce 10スピード仕様でしたが。
HPによると、2018年モデルから Campagnolo Centaur 11スピードに変更になっています。
ci-625031_2yuk (2)
クランクセット Campagnolo Centaur Ultra-Torque, 50/34T
BB Campagnolo Ultra-Torque
フロントディレーラー Campagnolo Centaur
リアディレーラー Campagnolo Centaur
カセット Campagnolo Centaur 11 speed, 12-32t

(´・ω・`)うーん、ブルーカラーなので一見ジオスにも思えますが。
MASIのイエローロゴが、一気にMASIの世界感に変換していますね。

ci-624507_2refw.jpg
ジオス70周年クロモリフレーム 2018 GIOS SETTANTA
ci-624507_11eqwfd.jpg
展示品は「Campagnolo ATHENA パワートルク 11S クランクセット」を用意してありましたが。
やっぱりイタリアンモデルの場合はシマノは、カンパの方がクロモリに似合いますね。
(´・ω・`)濃いな。ラレーのカンパ搭載モデルは、ヨーロッパ感が出ているけど。
MASIやジオスの場合は、イタリア色が更に濃くなっていく。
2018 MASI SPECIALE STRADA って、ジオスブルーより更に深めのブルーなのね。
いいなあ。

2018 GIOS SETTANTAも、MASI SPECIALE STRADAもクロモリチューブをTig溶接で組み合わせた細いフレームが特徴。
MASHIはビジュアル性を大変重視してくる傾向にあります。
しかし、どこまでもイタリーモデルはブルーの使い方が長けている。
ci-625031_3uhk (1)
フォーク Masi Lugged Chromoly
ブレーキTektro R312
タイヤ Kenda Kontender 700×26mm
ラグ溶接が楽しめるクロモリフォーク。
タイヤにはサイド部分がブラウンのKenda Kontenderを採用。
タイヤにまで1970年代の雰囲気を再現出来る様にこだわっています。
ci-625031_2yuk (1)
1970年代風のヴィンテージな雰囲気を出す為に、2017年モデルはモルティーニオレンジカラーでしたが。
今回はジオスを思わせるようなブルーカラー。

ci-625031_3uhk (2)
ci-625031_5jk (1)
MASI マジー/マジィ SPECIALE CXGR スペシャーレCXGR

2018年01月09日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 新家工業 ARAYA CXG(MUDDY FOX CX) 全体的に積載性が増し、グラベルツーリング化した印象を受ける。

imgrc0068605191.jpg
2018 新家工業 ARAYA CXG(MUDDY FOX CX)
ヽ('∀`)ノ 新クラリス版「Muddy Fox CX Gravel」だ!!
遂に4アームクランク化! ディスクブレーキ以外はフルセットで新型クラリスだ! クラリスなのに高級感があって、たまんないね!!

2015年モデルから(シクロクロス仕様)➝(ドロップハンドル仕様のグラベルロード)にパワーUPしたのですが。
元々クロスバイク時代の元祖「Muddy Fox CX 」は、MTBよりも日本のオフロードでのツーリングを考えたモデルではあったので。
完全に先祖返りしたと言っていいかも?



img61817683r67u.jpg
2014 ARAYA CX(MUDDY FOX CX)
クロスバイクの始祖たるARAYA CXは、ロードレーサーとマウンテンバイクのハイブリッドバイクとして1988年に誕生。
(1988年当時は、まだクロスバイクという概念がない。MTBが主流の時代ですね)
当時のMUDDY FOX CXは当時流行していたMTBよりも、日本のオフロードでのツーリングを考えた仕様になっていた。
つまり、1988年当時からグラベルロードの概念を持ったモデルを、ARAYAは出していたんですね。
(´・ω・`)ちなみにMUDDY FOX CXは、2018年モデルにおいてディスク化して再登場している。
img61817685gre.jpg
2014 ARAYA CX(MUDDY FOX CX)シクロクロスカスタマイズ例
ちなみにこのMUDDY FOX CXは、UCI基準の700×33Cタイヤが用意されていて、ドロップハンドルに換装すればシクロクロスバイクへのカスタマイズも可能だった。
2014年モデル当時はスポーツ性の高いクロスバイクに、シクロクロスの要素を取り入れたモデルといっていい。
imgrc0063448203ge.jpg
2015 ARAYA CXG(MUDDY FOX CXG)
(´・ω・`)この2015年モデルから、一気にグラベルロード化!
最初からドロップハンドルに、テーパーヘッド仕様。更にはディスクブレーキ化と一気にモデルチェンジを果たしました。
高速走行性能、状況によって求められる強力な制動性能、多様な乗車可能フィールド。我儘とも言えるこれら相反する要素を満たす仕様に。


imgrc0068605191.jpg
2018 新家工業 ARAYA CXG(MUDDY FOX CX)
(´・ω・`)改めて2108年モデルを見ていると、新型クラリス仕様になっただけではないんですね。
今回からオリジナルデザインヘッドチューブから、シルエットの似合うクロモリフォークを新設計。
フロントキャリアを取り付けるための「アイレット」を用意して、ランドナーの様な積載性も重視しているのが特徴。
全体的に積載性が増し、グラベルツーリング化した印象を受ける。
imgrc0068605183.jpg
シフトレバー SHIMANO CLARIS デュアルコントロールレバー 8×2speed
新型Clarisのデュアルコントロールレバーはシフトワイヤーが内装化されたことで、ハンドルバーバッグも取り付け易い。
(´・ω・`)そうか……フロントの積載性が2018年モデルの場合、向上しているんだな。
imgrc0068605190.jpg
ハンドルバー KALLOY HB-L102 フレアドロップ 420mm Ø31.8
ツーリング重視のM字に曲がったフレアドロップハンドルバー。
荒れた砂利道や下りでも安定感があり、握りやすくなっています。
imgrc0068605189.jpg
インテグラルヘッド FSA No.11N インテグレーテッド AHEAD 10mm×3 / 5mm×2 スペーサー
imgrc0068605188.jpg
フォーク クロモリ オリジナルユニクラウンフォーク 1-1/8” AHEAD
ブレーキ TEKTRO SPYRE メカニカル ディスクブレーキ / SHIMANO CLARIS デュアルコントロールレバー

ハブ SHIMANO HB-TX505/FH-TX5058 32H 100×135

ワイヤー式対向ピストン構造のTRP Spyreを採用。
パッドの片減りを防ぐと共に、ブレーキング時のローターの歪みと歪みに起因する音鳴りの軽減にも貢献。
(´・ω・`)ジェイミスもそうだけど、最近のグラベルロードで好んで使われるメカニカルディスクですね。
また油圧ディスクよりも輪行時や旅先での心配が少なく、ツーリングに特化したCXGに適している。
imgrc0068605187.jpg
リム ARAYA SW-719 700C ブラック 32H
imgrc0068605186.jpg
imgrc0068605185.jpg
imgrc0068605184.jpg
フロントディレーラー SHIMANO CLARIS Ø28.6mm
チェーンホイール SHIMANO CLARIS ギヤガード付 50-34T× 165mm (460) / 170mm (500, 540)
リアディレーラー SHIMANO CLARIS スマートケージ
カセットギア SHIMANO CS-HG31-8 11-32T 8speed

imgrc0068605182.jpg
サドル SELLE ROYAL Remed
シートポスト KALLOY SP-373 27.2×300

Selle Royal Remed サドル
ツーリングにおいて、漕ぎやすさ、座り心地を重視し、クッション性の高いSELLE ROYAL Remedを採用。
imgrc0068605181.jpg
タイヤ SCHWALBE 700×35C CX COMP F/V
(´・ω・`)ボリュームのある35Cという事は……走破性重視の米国系グラベルロードに近いタイヤサイズになりましたね。
ディスクブレ―キの仕様といい、最新の流行を取り入れたグラベルロード仕様。
ARAYA CXGって変わらないようで、時代に合わせて変わっていくモデルなんですね。
imgrc0068605180.jpg
【P最大20倍+クーポン配布中(1/11 2時まで】【当店販売価格はお問合せ下さい】2018モデルARAYA(新家工業)CXG(MUDDY FOX CX)マディフォックスCXGクロスバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2018年01月08日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 GIOS FELLEO 105 レトロ感というよりは、いかに金属フレームを最新スペックで性能を向上させるか? という目的に徹しています。



f0e224b6631f4a5ea_10.jpg
2018 GIOS FELLEO 105
Italyコロンバス社のクロモリパイプをフレームと、GIOSオリジナルカーボンフォークを採用した名ロングセラークロモりモデルです。
(´・ω・`)基本的に、以前からロングライドやレースなどあらゆるシーンに対応可能な最新クロモリモデルでもあります。
ですので、ホイールやコンポは常に「最新の仕様」なのが伝統ですね。
2018年モデルは、4アームクランク105仕様のクロモリモデルな訳ですが。
フレームチューブにイタリア系ブランドを採用している点も見逃せません。
img59809769cw.jpg
ちなみに2015年モデル以前のジオスフラグシップ系クロモリモデルチューブは、イタリアDedacciaiが採用されていましたが。
2015年モデル以降、ジオスフラグシップクロモリモデルチューブはCOLUMBUS社製で統一されています。
(70周年記念モデル「ジオスセッタンタ」にもCOLUMBUSのクロモリパイプを採用している)

(´・ω・`)ここ最近のイタリア系ブランドは、好んでクロモリモデルにCOLUMBUSを採用してきていますね。
軽くまとめてみると……↓
DSCN5654casdegtr.jpg
イタリア発のハンドメイドブランドBIXXIS PRIMA
(´・ω・`)COLUMBUS社に特注したBIXXIS専用設計。
クロモリフレームながら、カーボンフレームに酷似したフレームでした。
COLUMBUSクロモリフレームって、乗り心地重視というよりはカーボン感があるクロモリ感がある。
20160729164725d55fre.jpg
Bianch MINIVELO 10 DropBar Campagnolo
ビアンキもレトロ系クロモリミニベロに、コロンバスパイプを採用。
2016072916474942afr.jpg
コロンバス クロマーチューブ
このミニベロ、コロンバス クロマーチューブを採用しているせいで、やたらスピードの乗りがいいんですよね。
通常のクロモリミニベロよりも、剛性が高く仕上がっています。
シルキーというか走りが滑らかではあるけど、硬めのシルキーという印象。
cc-masi-grancrit_1.jpg
MASI GRAN CRITERIUM
イタリアンブランドMASIも、ヴィンテージバイクをコロンバス ダブルバテッドクロマーチューブをメッキラグによって再現。
しかもアメリカに暖簾分けしたAmerican MASI Gran Criteriumの復刻盤にまで、好んでコロンバスを採用しています。
確か以前はレイノルズ製クロモリでしたが。

(´・ω・`)見ての通り、最近イタリアンクロモリモデルは、コロンバスクロモリチューブを採用したモデルが地味に増えている。
逆に言うとコロンバスクロモリチューブは、好んでイタリアンブランドが採用している傾向に。
イタリアブランド同志だから、とことんイタリア色が濃いクロモリが出てくる訳で。

f0e224b6631f4a5ea_4.jpg
個人的にFELLEOは、コロンバス製クロモリチューブを採用したおかげで剛性面を強化したクロモリロードという印象を受けます。
(´・ω・`)レーシング性能をクロモリモデルながら高めているのでは?
確かにコロンバス製クロモリだと、踏み込んでも力が逃げないし。
スピードに実に乗り易い。
快適性もあるが、どちらかというとスピード重視。
ホイールには2万円クラスの完組みホイールSHIMANO WH-RS-330を採用。
f0e224b6631f4a5ea_11.jpg
シフトレバー SHIMANO ST-5800
f0e224b6631f4a5ea_6.jpg
ヘッドパーツ PT-1202 1"
f0e224b6631f4a5ea_7.jpg
フォーク  GIOS ORIGINAL CARBON FORK 1" JIS
f0e224b6631f4a5ea_5.jpg
ブレーキ  SHIMANO BR-5800
f0e224b6631f4a5ea_8.jpg
f0e224b6631f4a5ea_3.jpg
f0e224b6631f4a5ea_9.jpg
フレーム COLUMBUS SPECIAL TUBING FOR GIOS
f0e224b6631f4a5ea_20.jpg
f0e224b6631f4a5ea_13.jpg
f0e224b6631f4a5ea_14.jpg
BB SHIMANO SM-BBR60 (BSA)
f0e224b6631f4a5ea_2.jpg
フロントディレーラー SHIMANO FD-5800
チェーンホイール SHIMANO FC-5800 50/34 L170mm
f0e224b6631f4a5ea_20.jpg
f0e224b6631f4a5ea_13.jpg
f0e224b6631f4a5ea_18.jpg
ホイール SHIMANO WH-RS-330
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700×25C
30mmプロファイルリム。剛性&耐久性重視。
f0e224b6631f4a5ea_16.jpg
f0e224b6631f4a5ea_15.jpg
f0e224b6631f4a5ea_17.jpg
f0e224b6631f4a5ea_12.jpg
サドル GIOS SELLE ITALIA SL
シートポスト GIOS ORIGINAL φ27.2

f0e224b6631f4a5ea_19.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-5800SS
フリーホイール  SHIMANO CS-5800 11-28T


ジオス最上位アルミレーシングモデルGIOS LESTAと同じく、金属系フレームでレーシングモデルを狙った仕様になっています。
レトロ感というよりは、いかに金属フレームを最新スペックで性能を向上させるか? という目的に徹しています。
アルミやクロモリ両金属モデルに、レーシング系完成車を用意してくるあたりがジオスらしい。
《在庫あり》GIOS ジオス 2019年モデル FELLEO フェレオ 105 ホイール:RS-100 [完成車]

2018年01月07日 トラックバック(0) コメント(0)

超軽量6.9kg!! RENAULT TITANIUM6の評価 (実車画像)金属疲労に強く、腐食もしないチタンフレームを採用

vdsef43533cds (1)
RENAULT BLACK TITAN 6(TITAN-FDB140)
( ;゚ω゚)……うわあぁぁ……これが例の超軽量6.9kgのルノーチタンモデル「RENAULT BLACK TITAN 6」の実車ですよ。
チタンフレームにブラックカラーで塗装すると、黒光り感が強烈でカッコいい。
本家ULTRA LIGHT7は7.4kgだから、なんと本家ウルトラライト7より500gも軽量……
おおおっ……
cdsdcssd89.jpg
RENAULT PLATINUM LIGHT6

超軽量約6.8kgをj誇るPLATINUM LIGHT6は、100g更に軽量な訳か。
こちらはアルミバテッドフレームなので、パイプの肉厚をコントロールして軽量化を図っている。

(´・ω・`)ただしBLACK TITAN 6は夢のオールチタンモデルですからね。
チタンフレームは、ロングライドでの疲労軽減と耐食性、耐久性に優れているのが特徴。
耐久性と走行性能に関しては、チタンフレームの方がアドバンテージがある。
DSCN4255csa (2)
3AL2.5V TITAN合金フレーム
しなやかで、エネルギーを加えるとバネの様になり次の瞬間爆発的に跳ね返す特性を持つ。
少しの力で加速。

フライス盤加工
熱や腐食に強く、高度の高いチタンは加工が難しい事で知られている。
しかしフライス盤を使用する事で、強靭なチタンをあらゆる形に切り出す事ができ、唯一無二のフレームを製造している。

ワイヤカット放電加工
要となるジョイントにもチタンを採用。
加工が難しいチタンを複雑な形状のジョイントにも使用するために、ワイヤカット放電加工での切断を行い、精密な部品の生産を可能にしている。

アルミフレームと違ってチタン溶接にはチタン溶接における専門技術が必要になってくるから……
恐らく通常のウルトラライトシリーズとは異なる工程に乗っている可能性がありますね。


ルノーウルトラライトシリーズは、金属材料によって走行性能が変化し易いのが特徴なんですよ。
例えばマグネシウム合金を採用したRENAULT MAGNESIUM6は、マグネシウム合金特有の剛性を生かした加速が得意ですし。
BLACK TITAN 6はやはりチタン合金の剛性や、滑らかな衝撃吸収性を期待出来る。
6.9kgという軽量化の為だけではなく、ミニベロの走行性能を引き出す為にチタンを採用したのでは?
DSCN4254vds (2)
フレーム Original Titanium Frame
折り畳みサイズ 670 ×570×340mm
コンポーネント Single Speed , 高さ調整機能付きアルミハンドルステム
重量 6.9kg(本体重量:ペダル、スタンドを除く)
タイヤ 14×1.75
チェーンホイール 41T
フリーホイール 9T
DSCN4255csa (1)
(´・ω・`)軽量チタンフレームと、ウルトラライトシリーズにおいて徹底的に軽量化が図られたアルミフォーク及びアルミパーツを使用することで軽量化とコンパクト化を実現。
DSCN4254vds (1)
光沢を楽しめるアルミポリッシュリムとハイガードチェーン(防錆加工)
ワンタッチ着脱ペダルを採用しており、持ち運び時にも便利。
(´・ω・`)タイヤサイズはクッション性が高い14×1.75を採用。
フレームの高い衝撃吸収性と、タイヤサイズの相乗効果も期待できる。

vdsef43533cds (2)
( ;゚ω゚)……なかなかルノーチタンモデルはお披露目されにくい機体だったので、展示して貰っただけでもありがたい。
個人的に幻のモデルで、一度でいいから乗ってみたいな……
RENAULT(ルノー) TITANIUM6 BLACK TITAN-FDB140 ブラック チタンフレーム 驚異の超軽量6.9kg 折りたたみ自転車 14インチ アルミフォーク アルミポリッシュリム シングルギア チェーンホイール41T リア9T 軽量タイヤ 防錆チェーン ステンレススポーク クイック脱着ペダル採用 11273-0199

2018年01月06日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 BRIDGESTONE ANCHOR RS6 EPSE アンカーとしては、飛行機移動の多いトライアスロンでの使用もお勧めしている。



imgrc0068632451fea (2)
2018 BRIDGESTONE ANCHOR RS6 EPSE

(´・ω・`)2018年モデルRS6 EPSEって、往年のアンカーデザインを採用しているんですね。
これはアンカー色が濃いデザインだな。
ブリヂストンアンカーとブリヂストン中央研究所と共に造り上げた解析システム「PROFORMAT」(推進力最大化解析技術)でフレーム設計がされています。
そのお陰で、推進力が実に高いのが特徴。ぶっちゃけ、アルミフレームを越えた加速性能を有しています。

アルミフレーム&フル105スペック&フルクラムホイール仕様で17万円台って一見高そうではないですか?
いえいえ、リアルにカーボンモデルに対抗可能な、強力極まるアルミモデルだから性能から考えたら全然安い……と思ってしまうのですが。
現行のアルミフレームモデルにおいても、トップ5に入る性能なのでは?
20170306093513c17grfv.jpg
MERIDA SCULTURA 4000
ブリヂストンアンカーは、台湾メリダのOEM生産ですが。
(´・ω・`)例えばメリダのメリダのカーボンモデル、SCULTURA 4000はスピード性能が高いのが特徴。
ANCHOR RS6シリーズに試乗してみると分かりますが、加速性能を強化しつつ乗り易さも強化しているのが分かります。
スピード性能重視のメリダモデルに、日本人好みの加速性と乗り易さを加えたのが「ANCHOR RS6」なのでは?
いずれにしても解析システム「PROFORMAT」を具体化した、メリダのアルミ製造技術はなかなかあなどれないものがありますね。
imgrc0068632451fea (1)
シフター SHIMANO 105

アルミモデルRS6は、フルカーボンRS9をアルミの素材特性に最適化。
最速の設計思想に、強力な反応性を重視。
またアルミフレームを採用したことで耐久性もコストパフォーマンスも向上。
なんだかんだで、レース志向のアルミモデルですね。
(´・ω・`)実はアンカーとしては、飛行機移動の多いトライアスロンでの使用もお勧めしている。
確かに耐久性が良くて、カーボン並みに乗り心地が良いなら過酷なトライアスロン競技での使用にも耐えられそうだ。
imgrc0068632449fr (2)
imgrc0068632441vdz (2)
ブレーキアーチ SHIMANO 105
imgrc0068632449fr (1)
フロントフォーク Carbon Monocoque ストレート形状 スーパーオーバーサイズ
フォークのエンド部に至るまでフルカーボン一体成型を採用。
ハブ軸に触れる部分は、ステンレスプレートで補強。
ホイール剛性を維持しつつ、軽量化も図っている。
imgrc0068632449fr (1)
ホイール FULCRUM RACING7
imgrc0068632444vfd (1)
フレーム PROFORMAT Aluminium A6061 インテグラルヘッド Pressfit
imgrc0068632443vs (2)
カラーは、往年のレーススタイルを採用。
レースでの勝利を目指すアンカーフレームの性能を、特徴をカラーで表現している。
(´・ω・`)うーん、いかにも配色がアンカーらしいですね。
imgrc0068632443vs (1)
フロントディレーラー SHIMANO 105
ギヤクランク SHIMANO 105 50-34T 
リアディレーラー SHIMANO 105
フリーホイール SHIMANO 105 12-25T


MTBでその性能が実証された、リア周りの高い剛性としなりを実現するループエンド形状。
RS6にも採用し、後輪軸のブレを抑える頃で推進力を高める効果も期待出来る。
imgrc0068632444vfd (2)
またシートステーは、衝撃吸収性を担当。
乗り手の疲労を和らげながら、駆動力を無駄なく後輪に伝える。
imgrc0068632442d (1)
サドル ANCHOR RACING M
imgrc0068632441vdz (1)
タイヤ BRIDGESTONE EXTENZA RR-2X 700×23C
重量 8.6kg

メリダモデルは、どの速度域でも強力な推進力を発動するスピードモデルが多いですが。
そこにどこかしらの、アンカーらしい性能を落とし込んでいるのがANCHOR RS6ですね。
【年末年始P最大10倍(1/5 9時まで】【2018モデル】RS6 EPSEBRIDGESTONE ANCHORブリヂストンアンカーアルミロードバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2018年01月05日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 GIOS MISTRAL  前後1万円程度のシマノ製エントリー系ロードホイールを、4万円台のクロスバイクに採用!

imgrc0066275593.jpg
2018 GIOS MISTRAL
アンダー5万円ながら、2018年モデルミストラルもフルシマノ&シマノ製ロードホイール採用と驚異的なコスパを見せつけています。
しかも、今回の2018年モデルからブレーキレバー付きのトリガーシフトが変更になりました。
(´・ω・`)限定クロモリバージョンが出たり、グラベル風ミストラルが出たり。
ここ最近ミストラルの派生モデルが、増えつつありますが。
ジオスミストラルの長所である「コスパ」に関しては、元祖アルミモデルが一番美味しいですね。
imgrc0064972346.jpg
ホイール SHIMANO WH-R501
前後1万円程度のシマノ製エントリー系ロードホイールを、なんと4万円台のクロスバイクに採用。
アンダー5万円台のクロスバイクとしては、2018年モデルもかなり良心的。
(´・ω・`)ミストラルは、ロードホイールを生かした巡行性が高いモデル。
そんだけこのホイールの存在が大きいクロスバイクと言えます。
この路線は、ずっと継続して欲しいですね。
imgrc0066275592.jpg
ハンドルバー XDS 540mm
ステム XDS 90mmm
シフトレバー SHIMANO ST-EF500-8

フォーク GIOS ORIGINAL CR-MO FORK
frw43342.jpg
(´・ω・`)シフターが2018年モデルから、新型になったんですね。
シフトレバー&ブレーキレバー一体型の「SHIMANO ST-EF500-8」にモデルチェンジ。
変速段数をよりインジケーターから、確認し易い仕様に。
201602281024097eacd.jpg
2016 GIOS MISTRAL グレー
2016022810250055fcdscd.jpg
シフトレバー SHIMANO ST-EF51
旧ミストラルだと、この画像にあるようにシマノST-EF51-8 2フィンガータイプだった。
円盤状のインジケーター(目盛り)が回転しながら表示。
(´・ω・`)ビジュアル的にも、2018年モデルの方がスポーティーになりましたね。
imgrc0064972350.jpg
2018 GIOS MISTRAL ジオスブルー
サドル GIOS ORIGINAL COMFORT SADDLE
新型クロモリ版MISTRAL CHROMOLY VERSIONと、このアルミ版GIOS MISTRALのコンポーネントの仕様は同一ですね。
(´・ω・`)つまりクロモリもアルミモデルも、フルシマノ路線。

アルミ版GIOS MISTRALは、アルミフレームの反応性の高さを生かしたスポーツモデルというよりは、安定性と巡行性を重視したアルミフレームモデルなんですよ。
例えばビアンキのクロスバイク「ローマ」シリーズなんかは、キビキビとした走りで間違いなく街乗り重視。

でもミストラルは街乗りよりは、遠乗りに対応出来るクロスバイクなのでは?
imgrc0064972346.jpg
ホイール SHIMANO WH-R501
(´・ω・`)繰り返しますが、クロスバイクにしては採用されているのが珍しい、ロード系700Cホイール「SHIMANO WH-R501」の恩恵が実に大きい。
フレームそのものも、まるでドイツロードみたいに安定性重視なのでやはり遠乗り向きかな?
加速性能よりは巡行性能が高いタイプのクロスバイク。

ただ、700X28Cと多少ボリュームのあるタイヤサイズを選択しているので、街乗りの際の走破性があります。
街中での多少の凹凸や段差にも、それなりに対応出来るのでは?
特に速度を落として街中を走ると、28Cサイズのタイヤボリュームが生きてきますね。

連続したストップ&ゴーでの加速性を生かした、街乗り系クロスバイクではないです。
一定のペースで走ると、安定感発揮したミストラル本来の走りが楽しめますね。
imgrc0064972345.jpg
フレーム ALUMINUM D.B. SPECIAL TUBING FOR GIOS
imgrc0064972344.jpg
imgrc0064972342.jpg
フロントディレーラー SHIMANO FD-TY710
チェーンホイール SHIMANO FC-TY701 48/38/28T 170MM 
リアディレーラー SHIMANO RD-M310
フリーホイール  SHIMANO CS-HG31-8I 11-32T

imgrc0064972340.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-T4000 Vブレーキ
タイヤ KENDA K-193 700×28C
VブレーキもSHIMANO製で固めています。

(´・ω・`)4万円台ながら、一定のペースで走行する事を得意とするクロスバイクですね。
個人的に、遠乗りでクロスバイクを使用する際にミストラルとか乗りたいですね。
あと、デザイン性の高さは4万円台クロスバイクにおいて、最強です。
ぶっちゃけ目立つし、かなりカッコいい。
(近距離からだと、いくらかリーズナブルなパーツが目立ってくるが)
普通にロードと比較してもフレームデザインに関して、ジオスブルーの恩恵で見劣りしません。
【年末年始P最大10倍(1/5 9時まで】2018モデルGIOS(ジオス)MISTRAL(ミストラル)クロスバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2018年01月04日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 GIOS LESTAの評価 伝統的にジオスの上位アルミフレームは剛性感や、反応性の高さを重視したモデルが多い

cc-gios-lesta_3.jpg
2018 GIOS LESTA
(´・ω・`)あ、そうか。今や、ジオス最上位アルミレーシングモデルは、 105スペックのGIOS LESTAが担当している訳ですね。
伝統的にジオスの上位アルミフレームは剛性感や、反応性の高さを重視したモデルが多いんですよね。
だからこそ2018 GIOS LESTAも15万円台ながら、パーツに妥協せずに実売2万円台のWH-RS330を用意したり、フル105仕様にしてあるわけで。
GIOSS55fre.jpg
GIOSS453vd.jpg
GIOS45767vfd.jpg
2011 GIOS LEGGERO
かつては、デダチャイ製SC61・10Aチューブを採用した、レーシングカーボンバックアルミモデル「レジェロ」とかありましたよね。
あのスカンジウム合金を採用。
デュラエース搭載モデルだと、なんと重量7.7kg!!
(´・ω・`)流石にもう、カーボンバック系アルミモデルは見かけなくなりましたが。
ジオスはアルミフレームやスチールモデルにも、異常な情熱を注いでいたのは確かな訳で。
今でもチタンモデルなど、マニアックなスチール系モデルを出していますよね。
cc-gios-lesta_2.jpg
2018 GIOS LESTAのアルミフレームはジオスオリジナルの「ALUMINUM D.B. SPECIAL TUBING FOR GIOS」となっていますが。
今もデダチャイ系アルミ由来?
いずれにしても、かつてはベントフォークでしたが、フォークも進化しています。
現在の2018年モデルは、ストレートフォーク仕様なんですよ。
ロングセラーのフルアルミフレームながら、やはり進化していますね。
(重量も8.8kgと、9kg台だった2008年当時より200g軽い)
(´・ω・`)よく考えたら、GIOS LESTAはもう10年以上も続いている訳か。
2008年当時においては、 LESTAはカーボンにも負けていないというレビューもありましたけど。
現在の最新カーボンモデルと、最新GIOS LESTAがバトルしたらどっちが優位なのか個人的にちょっと興味があります。

コンポーネントはSHIMANO105フル採用路線。
レースを視野に入れた変速性能ブレーキ性能を有しています。
ブレーキキャリパーなどのグレードを落とそうという考えは、ジオスとは無縁。
価格を抑えず、フル105で行こうというジオスの良い伝統は継続しています。
cc-gios-lesta_6.jpg
フレームサイズは480mm、500mm、520mm、540mmと4種類展開で、おおよそ160cmの方から185cmほどの方まで対応。
ホイール SHIMANO WH-RS330
タイヤ  VITTORIA ZAFFIRO 700×25C

ダブルバテッドスポークを採用した、リムハイト30mmセミディープホイール。
やや高めのリムハイトで、巡行中に速度を維持しやすい。
cc-gios-lesta_15.jpg
シフトレバー SHIMANO ST-5800
cc-gios-lesta_14.jpg
ヘッドパーツ FSA NO 44E 1-1/8" 1-1/4"
フォーク GIOS ORIGINAL CARBON FORK

cc-gios-lesta_11.jpg
チュービング ALUMINUM D.B. SPECIAL TUBING FOR GIOS
cc-gios-lesta_12.jpg
cc-gios-lesta_13.jpg
フロントディレーラー  SHIMANO FD-5800
クランク SHIMANO FC-5800 50/34 L170mm
リアディレーラー SHIMANO RD-5800SS
フリーホイール SHIMANO CS-5800 12-28T

cc-gios-lesta_8.jpg
B.B. PARTS SHIMANO SM-BBR60 (BSA)
cc-gios-lesta_10.jpg
ブレーキ  SHIMANO BR-5800
cc-gios-lesta_7.jpg
cc-gios-lesta_5.jpg
サドル GIOS SELLE ITALIA SL
シートポスト GIOS ORIGINAL Φ27.2

cc-gios-lesta_4.jpg
足回りを交換すればレーサーバイクして活躍も期待。
(´・ω・`)最近GIOSはカーボンフレームの人気が高まっていますが。
やはりアルミやスチール系モデルも健在ですね。
GIOS ジオス 2019年モデル LESTA レスタ 105 ホイール:RS-100 [完成車]

2018年01月03日 トラックバック(0) コメント(0)

【速報】( ;゚ω゚)……楽天市場 BIKE-KING が、いきなりドイツセンチュリオン40%OFFセールをスタート!

skydiver_2fe.jpg
( ;゚ω゚)……楽天市場 BIKE-KING が、いきなりセンチュリオン40%OFFセールをスタートさせたぜ……
センチュリオンモデルがロード、シクロクロスまで、40%OFFSALEへ投入!!

17cen-driv-hyp2.jpg
【40%OFF!】CENTURION(センチュリオン) 2017年モデル ハイパードライブ 2000 / HYPERDRIVE 2000【ロードバイク/ROAD】
メーカー希望小売価格(税込 129,600 円)
➝40%OFF 価格(税込 77,760 円)

……おぁぁあぁ……
ティアグラスペックのアルミロードで7万か!! 確かにこれは安い。
( ;゚ω゚)下手すると、クラリススペックより安くないか!!??
しかもメリダの親玉、ドイツセンチュリオンアルミロード。

ハイパードライブ 6061 バテッドアルミフレーム
プレスフィットタイプ BBシェル(シェル幅 86.5mm)
SHIMANO ティアグラ、ST-4700仕様10速。
9.1kg (47cm)

17cen-crossf3.jpg
【40%OFF!】CENTURION(センチュリオン) 2017年モデル クロスファイア 3000 / CROSSFIRE 3000【CX/シクロクロス】
メーカー希望小売価格 (税込 232,200 円)
➝40%OFF価格(税込 139,320 円)

シクロクロスD アルミフレームにロード用油圧式ディスクブレーキキャリパー搭載。
(´・ω・`)しかもドライブトレインは105スペック!!
アルミフレームながら105スペック&油圧ディスクで13万円台は相当な破格ですね。
フロントディレーラー SHIMANO 105、FD-5800-F
クランク SHIMANO 105、FC-5800、50/34T
リアディレーラー SHIMANO 105、RD-5800-GS
ギア SHIMANO 105、CS-5800、11-32T、11スピード

17cen-driv-gig4.jpg
【40%OFF!】CENTURION(センチュリオン) 2017年モデル ギガドライブ 4000 / GIGADRIVE 4000【ロードバイク/ROAD】
メーカー希望小売価格 (税込 365,040 円)
➝40%OFF価格(税込 219,024 円)


ヽ('∀`)ノ たまんねぇな!! フルカーボンにフルアルテグラスペック!!
FULCRUMホイールまで付いてきて、21万円台だぜ!!
にしてもセンチュリオン系ロードが40%OFFって、めずらしい。
フレーム ギガドライブ カーボンフレーム
ホイール FULCRUM レーシング7 ワイド
ブレーキ SHIMANO アルテグラ、BR-6800
フロントディレーラー SHIMANO アルテグラ、FD-6800-F
リアディレーラー SHIMANO アルテグラ、RD-6800-GS
クランク SHIMANO アルテグラ、FC-6800、50/34T
リアスプロケット SHIMANO アルテグラ、CS-6800、11-32T、11スピード

17cen-driv-hyp4d.jpg
【40%OFF!】CENTURION(センチュリオン) 2017年モデル ハイパードライブ ディスク 4000 / HYPERDRIVE DISC 4000【ロードバイク/ROAD】
メーカー希望小売価格(税込 291,600 円)
➝40%OFF価格(税込 174,960 円)

(´・ω・`)SHIMANO アルテグラスペックの、アルミ油圧ディスクロード。
8.9kg (50cm)
アルミフレームながら元々は29万円クラスなので、なかなかの高スペックですね。
フロントディレーラー SHIMANO アルテグラ、FD-6800-F
クランク SHIMANO アルテグラ、FC-6800、50/34T
リアディレーラー SHIMANO アルテグラ、RD-6800-GS
リアスプロケット SHIMANO アルテグラ、CS-6800、11-32T、11スピード



……ヤバイですね
( ;゚ω゚)他にも、センチュリオン40%OFFセール品を多数確認したので、巡回してみては?

2018年01月02日 トラックバック(0) コメント(3)

2018 KONA ROVE NRB DL 米国本土走破用、新規格650Bロードプラスタイヤ採用アルミモデル!!

imgrc0068611775.jpg
2018 KONA ROVE NRB DL
2018年モデルのKONA ROVEシリーズは、700Cと650Bサイズホイールが用意されているのか。

こちらはランドナーの650Bホイール採用のロードプラス(アルミグラベルロード)ですよ。
新規格650Bロードプラスタイヤ採用モデルです。
なんとタイヤサイズは650Bx47C!! 
Σ(゚д゚ なんと! 幅1.75インチのMTB用タイヤ位か! 正にセミファット!
700×30Cと同等のサイズをいう事になります。
MTBとしては細目だが、グラベルロードとしては、かなりの走破性が期待出来ますね!!

KONA ROVE STは700Cホイール採用の、クロモリグラベルロード。
(´・ω・`)米国系2018年モデルは、各ブランド650Bサイズホイールを採用したアドベンチチャーロードが加わって凄く面白い……
確かにこのテイストや仕様は、USAモデルしかやれない分野だと思う。
imgrc0068611720sac.jpg
KONA ROVE ST 700x36C
1×11のSRAM RIVAL ONEを採用。
こちらはTRP SPYRE C FLATMOUNTメカニカルディスクブレーキ仕様。
世界を旅するアドベンチャーサイクリスト、西川昌徳氏が一目惚れ。
クロモリ・アドベンチャーバイク仕様がROVE STという訳か。
ワンバイイレブン採用だから、これはこれで操作系が楽しそうだな。
imgrc0068611770.jpg
KONA ROVE NRB DLのシフターは、油圧ディスク仕様ということで、105グラードのSHIMANO ST-RS505ですね。
imgrc0068611774.jpg
ハンドルバー Kona Road
ステム Kona Road Deluxe

imgrc0068611773.jpg
テーパーヘッドチューブ
ブレーキの振動をなくし、衝撃力を分散。悪路においてもステアリング性能を発揮。
ゼロスタックテーパヘッドチューブは、耐久性を最大限に高めてある。
フォーク Kona Full Carbon Flat mount CX Race Disc

imgrc0068611772.jpg
ブレーキキャリパー Shimano Hydraulic Flat Mount
フロントブレーキローター Shimano RT54 160mm (centerlock)
フロントハブ Formula 100x12mm (centerlock)

imgrc0068611771.jpg
タイヤ WTB Horizon Road Plus TCS 650x47c
ありとあらゆる荒れ道を、ロードの様に疾走するのを目的としている。
imgrc0068611769.jpg
フレーム Kona 6061 Aluminum Butted
ケーブルも内蔵式となり、過酷な環境でもケーブルをクリーンに保つ。
(スムーズなシフトチェンジが可能)
(´・ω・`)そういえば、KONAは以前から極太のアルミファットバイクを得意なんですよね。
アルミフレームに、独自のこだわりがあるというか。

フルカーボンフォークに6061アルミ仕様なので、軽量化も視野に入れている訳か。
軽量化の方向で、クロモリとの差別化も図っていると予想。
imgrc0068611767jyf.jpg
サドル WTB Volt Comp
シートポスト Kona Deluxe Thumb w/Offset 31.6mm

imgrc0068611768.jpg
フロントディレーラー Shimano 105
クランク Shimano RS510 50/34T
リアディレーラー Shimano ULTEGRA
シフト Shimano 105 11-32t 11spd
変速 22段変速

( ;゚ω゚)負荷の大きい、リアディレーラーはなんとULTEGRAスペックですよ!!
105とアルテグラのミックス仕様。
imgrc0068611766.jpg
(´・ω・`)ちなみに700x36Cでも、かなりの走破性があるんですけどね。
普通にMTB代わりに使える勢い。
47CとなるとMTBクラスの走破性を発揮しながら、疾走する訳で。
日本というよりは、米国の過酷な悪路や未舗装路を突破する為の仕様なんでしょうね。
【年末年始P最大10倍(1/5 9時まで】2018モデルKONA(コナ)ROVE NRB DL(ローブNRB DL)シクロクロスバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2018年01月02日 トラックバック(0) コメント(0)