スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2018年10月

2019 GIOS TORNADO ULTEGRA トルナード アルテグラ (ホイール:MAVIC COSMIC PRO)


cc-gios-tornadou81_1.jpg
2019 GIOS TORNADO ULTEGRA トルナード アルテグラ (ホイール:MAVIC COSMIC PRO)
(´・ω・`)ジオスのカーボンロードモデル「TORNADO」
ユーザーからの支持が大きいカーボンモデルで、今までの廃盤の危機を乗り切ってきた名モデルです。

jジオスのエアロロード「エアロライト」か「トルナード」どちらが欲しいと言われたら個人的には「トルナード」ですね。
見た目、平凡なロードに見えるでしょ?

SHIMANO WH-RS81-C50の様なカーボンエアロタイプホイールを装着したトルナードに試乗したのですが。
異様に高いレベルの巡航性能を発揮してくれましてね。
2019年モデルトルナードのラインナップは以下の通り。

TORNADO FRAMESET (トルナードフレームセット)
TORNADO (トルナード) 105 
TORNADO (トルナード)ULTEGRA アルテグラ (ホイール:RS-100)
TORNADO (トルナード)ULTEGRA アルテグラ (ホイール:MAVIC COSMIC PRO)


この2019年モデルはMAVIC COSMIC PROホイールに、アルテグラをフル採用している最上位仕様。
ホイール由来の性能もかなりあると思います。
cc-gios-tornadou81_16.jpg
(´・ω・`)チェーンステーが、実に極太でマッチョ。トルナードを見学する際、ぜひ見て欲しいポイントだったりする。
ただ、試乗して体感的に感じたんですが
まるでこのホイールとアルテグラコンポに、フレームが負けていないんですよ。
むしろ、フレームとホイールとアルテグラコンポの相乗効果が、劇的に上手く行っている間があります。
元々トルナードは、フレームの快適性と安定性を最重要視して開発されたカーボンモデルです。
特に「乗り易さ」を重要視したと、試乗会で説明を受けましたが。
cc-gios-tornadou81_2.jpg
重量 7.6kg  990g(FRAME) 380g(FORK)
フレーム HIGH MODULUS 30T UNIDIRECTION CARBON MONOCOQUE

確かに低速もこなせるし、乗り易く優雅な走りをしてくれますよ。
しかしトルナードは戦闘モード(レース中の巡行中)になった時、真価を発揮します!
加速したい時はかなりのパワーを発揮しますし、実に速い!!
特に巡航中からの、剛性を生かした加速のパワーと突進力が極めて強力です。
ホィールの性能を生かす事が出来るカーボンフレームなんですよね。
ジオスも、それが分かっているからこれだけ多彩なホィール別のラインナップを、用意しているのではないでしょうか?
ですので、レースバイクとしても十二分に使用出来るバイクです。


cc-gios-tornadou81_10.jpg
シフター SHIMANO R8000
ハンドルバー GIOS ORIGINAL Φ31.8
ステム GIOS ORIGINAL 90/100/110mm

cc-gios-tornadou81_11.jpg
ヘッドパーツ FSA NO 42/ACB 1-1/8" 1-1/2"
ヘッドパーツは1-1/8″ 1-1/4″の上下異径ベアリングで剛性を確保。
cc-gios-tornadou81_8.jpg
ブレーキ SHIMANO R8000
ホイール  SHIMANO MAVIC COSMIC PRO CARBON (R8000)
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 25C
cc-gios-tornadou81_7.jpg
フォーク  GIOS TORNADO CARBON FORK 1-1/8" 1-1/2"
フロントフォークはイタリア系ロードらしいストレートブレード形状。
cc-gios-tornadou81_12.jpg
ワイヤーはシフト・ブレーキ共に内装仕様。
cc-gios-tornadou81_21.jpg
(´・ω・`)メーカー説明で「長距離レースや荒れた路面にも対応するカーボンフレーム」という記載があるけど。
耐久系などの長時間&長距離レースに強いというのはマジ。

さすがに試乗コースだったので、ヒルクライム性能までは確認出来ず。
確かにロングホイールベースフレームはロングライドでも優れたパフォンマンスを発揮。
一日中乗れる快適性で全てのレベルのライダーに対応したオールラウンダー……なのは間違いない。
ただ、初心者の方が扱い易いフレームだと思う。(実際乗り易いという側面は否定できない)
cc-gios-tornadou81_13.jpg
フロントディレーラー  SHIMANO R8000
チェーンホイール SHIMANO R8000 50/34T 170mm
cc-gios-tornadou81_18.jpg
BB SHIMANO SM-BBR60 BSA
BBは整備性・耐久性に優れるBSA形状というのもポイント。
(´・ω・`)とはいえ、巡行中踏み込んだ際の加速は、プレスフィット仕様にも負けないと思う。
cc-gios-tornadou81_20.jpg
cc-gios-tornadou81_19.jpg
サドル GIOS SELLE ITALIA SL
シートポスト GIOS ORIGINAL Φ27.2

cc-gios-tornadou81_15.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-R8000
cc-gios-tornadou81_14.jpg
cc-gios-tornadou81_2.jpg
シートクランプは27.2mm径のシートポストを2本留めする形状になっており、確実に固定できます。
GIOS ジオス 2019年モデル TORNADO トルナード ULTEGRA アルテグラ ホイール:MAVIC COSMIC PRO [完成車]

2018年10月01日 トラックバック(-) コメント(-)