スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 月別アーカイブ 2020年03月

折り畳みeBIKE BENELLI mini Fold 16 Classic (べネリ ミニフォールド16クラシック)


DSCN9762u90i.jpg
BENELLI mini Fold 16 Classic  カラー ビアンコ・ラッテ
イタリアべネリから、2020年3月に発売された折り畳み系電動アシストミニベロ「BENELLI mini Fold 16 Classic」です。
折り畳み系電動アシストモデルといえば、スポーティー&アウトドアな製品が多いですが。
女性向けや、クラシカルテイスト好きのユーザーの為に開発された、折り畳みebikeですね。
DSCN9773efga.jpg
BENELLI mini Fold 16 Classic  カラー ロッソ・ビーノ ビアンコ・ラッテ
ちなみにこの深紅のカラーはロッソ・ビーノ。上のホワイト系カラーはビアンコ・ラッテというカラー名称。

内臓バッテリーは、トップチューブ内部に収納。ぐるりと見て回ったのですが、バッテリーがあるようには全く見えませんでした。
もちろんバッテリー自体は取り外し可能で、充電も容易に可能。
とはいえ、最大アシスト距離80kmもあるなら、充電の回数も相当抑えられそうです。
やはりベースがアウトドアにも強いモデルであるから、走破性、アシスト可能距離など基本的なポイントが充実している新型ですね。
DSCN9766ioupo.jpg
モーターユニット BAFANG
補助速度範囲 24km/h未満
充電走行距離 最長80km
アシストレベル 4段階
リチウムイオンバッテリー容量 5.2Ah
バッテリー質量 1.8kg
充電時間 約4~6時間

個人的に注目したい点は、アシスト可能距離が実に80kmにも及ぶ点です。
パナソニック オフタイムですら、最大59kmですからね……
充電容量5.2Ahと抑え気味なのに、なんでここまで距離を伸ばせるんだろう?
やはりデローザが採用してきた、電動アシストユニットブランドバーファン採用モデルなだけはありますね。

長距離系折り畳み自転車を探しでいる方にとっても、穴場的なモデルです。



(´・ω・`)あとは重量をBENELLI mini Fold 16と同じく、重量を抑えてくればかなり有能な電動折り畳み自転車と言えるでしょう↓
DSCN7125grevfs.jpg
Benelli MINI FOLD 16
イタリアンデザインにコンパクトな折り畳みモデル「Benelli MINI FOLD 16」
16インチのタイヤサイズ太目な、人気折り畳みモデルですね。
このBenelli MINI FOLD 16をベースに、クラシックテイストに仕上げたのが「BENELLI mini Fold 16 Classic」になります。

ぶっちゃけ、コンパクトな16インチタイプのミニベロとはいってもかなり悪路に強いタイプ。
特に悪路でアシストを利かせながら走行しても、抜群の安定感です。
街乗り系に使えますが、悪路やアウトドアなどにも使えますね。
しかも折り畳めるから、折り畳んだ後も持ち運び出来る機動力があります。


DSCN9763jf.jpg
全長×全幅 1360×570mm
折りたたみサイズ 全長890×全幅450×全高585mm

全長890×全幅450×全高585mmとコンパクトに折り畳める点も注目。
軽自動車でも収納出来るサイズを目指しているので、車に保管しておくことも可能。
収納性の高さも注目です。
DSCN9767iu.jpg
ブレーキレバー SHIMANO BL-C6000

「BENELLI mini Fold 16 Classic」は、クラシックな新型べネリ折り畳みモデルだけあって
レザーアイテムを使用している点が特徴。グリップやサドル、サドルバッグなどに実際に使用した珍しいebikeになっている。
BENELLIユーザーは初めて趣味系のバイクに挑む方が多いので、こうやってクラシックテイストで他のebikeとの差別化を図っている。
ハンドルもBENELLI mini Fold 16はT字型のストレート形状だが、BENELLI mini Fold 16 ClassicはY字型だ。
(´・ω・`)率直な感想として、英国ブロンプトンとイタリアビアンキが混じった様なデザインだった。
DSCN9776jkjl.jpg
DSCN9764oi.jpg
ハンドルバー BENELLI ALUMINUM φ22.2 590mm
ステム BENELLI ALUMINUM (Foldable)

フロントキャリアーは、折り畳み式。後付け用のパーツでしょうか?
(展示用の参考オプション?)
ハンドルは高さが調整可能。
フォールディング系ebikeでも、通常の折り畳み自転車と同じくハンドル高を調整出来る訳ですね。
DSCN9765gs.jpg
フロント BENELLI ALUMINUM リジッドフォーク
ブレーキセット SHIMANO BR-T4000
ブレーキはディスクではなくMTB系SHIMANO ALIVIOを使用。
重量 は不明ですが。恐らく軽量化を狙って、ディスクブレーキよりもVブレーキの方が軽量化を狙えると判断したのでは。

フレームには内蔵ライトを搭載。
LEDライトをフレーム前部に用意してあります。
バッテリーがフレーム内に収納されている上に、ライトも内臓されているのでシンプルなデザインが特徴。
DSCN9777jf.jpg
ホイール
フロントハブ モーター内蔵
リアハブ RH901
リム アルミ HE 16
タイヤサイズ KENDA K841 16×2.25

DSCN9778etw (1)
フレーム素材 BENELLI ALUMINUM 6061
チェーンリング BENELLI 52T
スプロケット TF-12L
DSCN9778etw (2)
見ての通り、レザー製の鋲打ちサドルに、サドルバッグが用意されていました。
実はてっきり、レザー風のサドルかと思っていたのですが。
参考展示品は、本革を使用しているそうだ!
(実際の製品がどういう仕様になるか? ちょっと期待してしまいますね。
電動アシスト自転車 折りたたみ 16インチ おしゃれ 通勤通学 ベネリ(benelli)mini Fold 16 関東・関西送料無料

2020年03月31日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 Rondo Mutt ST Gravel Bike ツーリングが得意のポーランドクロモリグラベルモデル

prod187126_Turquoise - Black_NE_01
2020 Rondo Mutt ST Gravel Bike

クロモリグラベルロードRondo Mutt ST
Rondo Mutt STは時間をかけ、旅を楽しみ、通り抜ける風景を体験したいライダー向けです。
大容量のロードプラスタイヤは、悪路に引きずられることなく、さまざまな路面で快適です。
TangePrestigeスチールフレームは、自然な走行性能を提供します。

ポーランドRondoはバイク開発のベントレーの元製品マネージャー、バイクエンジニア、そしてデザインの世界で国で最も優れた才能の一部で構成される専門家チームで構成されています。
Rondoのバイクはアルミ、カーボン、チタンシリーズの3つの異なるフレーム素材で構成されています。
RondoはカーボンフレームのRONDO RUUT CF2が最近のグラベルバイクグループテストにステップアップした後、クロモリのRUUT STの開発をスタートしました。

RONDO RUUT STはポーランド発のグラベルロード
RONDOバイクはポーランドブランドのグラベルロードです。
RONDO RUUT STチームのスチールフレームにはカーボンフォークと耐久性のあるアルミニウムバーとステムが付いており、ライダーのニーズに合わせてフレームサイズに応じてさまざまなサイズがあります。
prod187126_Turquoise - Black_NE_07
フォーク TwinTip Carbon
ブレーキ Shimano 105 Br-r7070
スルーアクスルとマッドガードを取る機能を備えたフルカーボンフォークに加えて、RONDOはバイクに独自可変ジオメトリーを搭載したTWINTIPジオメトリシステムを搭載。

カーボンTwintipフォークには、Rondoの切り替え可能なジオメトリチップが含まれています。
Rondo Mutt ST Gravelバイクは、カーボンTwinTipフォークを備えたスチールフレームを備え、軽量で快適さと安定性の絶妙なバランスを実現。
(´・ω・`)一応ツーリングが得意のクロモリグラベルモデルですが、
Shimano 2x11スピードディスクブレーキグループセットが装備されており、クロモリながらどこでも高速で制御されたライディングが可能です。

prod187126_Turquoise - Black_NE_03
ホイール Rondo Superlight Sealed Bearings
タイヤ WTB 650b x 47c Byway Front/horizon Rear

Rondo Mutt ST Gravel Bike
距離が長い場合、速度を維持しながら快適性を提供します。
この究極の長距離オールロードマシンを設計の目的は、快適さを確保する事でした。

Rondo Mutt STクロモリグラベルバイクは、クロモリらしく安定していて機敏な走りが特徴です。
現代的モダンなツーリングバイクで、長距離の通勤や快適なバックロードアドベンチャーにも最適。
荷物を積み込み、そこから出発するツーリングモデルとしての機能も充実。
prod187126_Turquoise - Black_NE_14
シートポスト  Rondo 350 X 27.2
サドル  Fabric Scoop Flat

フレックスフレームデザイン、豪華なロードプラスタイヤ、2xロード系ドライブトレイン、フェンダーを1つのバイクに詰め込んだロードプラス系クロモリグラベルです

家から世界の果てまで、あらゆる天候や荒廃した道路を通過できます。
自宅からオフィスまで通勤を楽しみたい場合にも向いています。
更にホイールを700Cに交換しフェンダーを捨て、フォークチップを設定するろ、長距離レースに備えたクラシックな耐久ロードバイクに変形します。


prod187126_Turquoise - Black_NE_06
ハンドルバー Rondo Road 400mm(S), 420mm(M,l), 440mm(Xl)
ステム  Rondo 90mm (XS, S), 100mm (M), 110mm (L), 120mm (Xl)


prod187126_Turquoise - Black_NE_02
フレーム Ruut Tange Prestige
オールロードのクラシックスチールグラベルフレーム
最高の快適さを実現するために形作られた高品質のカスタムシェイプのTange Prestigeチューブで構築されています。
カスタムの軽量なSベンドシートステーと、より薄い楕円形のトップチューブを組み合わせることで、バイク強度を強化。
最新のクロモリグラベルモデルながら、クラシックなサイクリングの伝統に感動を与えるこのスタイリッシュなフレームが人気を博しています。

耐久性のあるグラベルロードRondo Mutt STはツーリングにもってこい
ロードプラスタイヤを組み合わせると、非舗装路や砂利を走破出来る、魔法のカーペットの上を飛んでいるような驚くべき感覚が得られます。
天候から身を守り、雨の中、家で時間を節約できるフェンダーを装備。
古典的なギミックを有したオプションを、最新のグラベルで楽しめます。

prod187126_Turquoise - Black_NE_09
クランク FSA Omega Compact 48/32t
Shimanoの2x 105 R7000グループセットは、ツーリングの際信頼性が高くスムーズに変速する為に採用。
prod187126_Turquoise - Black_NE_10
リアディレーラー Shimano 105 Rd-r7000
カセット Shimano CS7000 11-32t 11-Speed

リアの11-32カセットは、サブコンパクトFSA Omega 48 / 32tチェーンセットと組み合わせると、急坂に対応出来るギア比を提供します。
油圧式ディスクブレーキはRondo Mutt STの運搬能力を活用して完全に積み込んだ場合でも、全天候型の優れた信頼性を提供します。
prod187126_Turquoise - Black_NE_08
このスチールフレームは、通勤、長距離ライド、アドベンチャーサイクリングに最適。
そのモダンな形状とカスタムスチール構造により、振動を吸収して快適性を高める為にフレーム形状が設計されています。
prod187126_Turquoise - Black_NE_11
バイクパッキングを念頭に置いて、日本チューブブランドTange によって作られたクロモリ鋼フレームは、3つのボトルケージ、マッドガード、パニアラック用のマウントを備えています。
非対称チェーンステーはかなり短く、650B x 2.1インチまたは700c x 40mmに十分なタイヤクリアランスを残しています。台湾で生産されたフレームには、ダイレクトマウントディスクブレーキ、スルーアクスルが用意されています。
prod187126_Turquoise - Black_NE_12
主な特徴
快適性のために最適化された軽量フレーム|
TANGE CHAMPION CRO-MOスチール|
MUTT TWINTIPカーボンフォーク|
耐久ジオメトリ|
650Bロードプラスタイヤ|
カラーコーディネートされたワイドロードプラスフェンダー|
ラックとボトルケージマウントのフルセット

Rondo Mutt ST Gravel Bike (2020)

2020年03月30日 トラックバック(-) コメント(-)

試作コンセプトモデル YPJ-YZ(プロトタイプ) 新型ハイエンドスポーツモーターPW-X2を搭載?

DSCN9631frw.jpg

試作コンセプトモデル YPJ-YZ(プロトタイプ) 新型ハイエンドスポーツモーターPW-X2を搭載?

このフルサスYPJ-YZはebikeのコンセプトモデル。
アルミフレームを採用したヤマハ初の、フルサスペンションモデル試作機になっています。
ファン&エキサイティングをコンセプト。日常から非日常と楽しめるebikeを提供したいという思いから誕生。
(´・ω・`)まだ試作機ですが新型ハイエンドスポーツモーターPW-X2を搭載しているっぽかったので、まとめてみました。

500Whのリチウムイオンバッテリーをインテグレートで搭載。
コンセプトモデルということで型式非公開のドライブユニットを装備。
(ハイエンドスポーツモーターPW-X2をコンセプトモデルに使用していている様でした)
ヤマハとしては販売が決定したら、細かい仕様をお客様に提供したいそうです。

DSCN9637.jpg
フレームの形状自体はセンターに重量物をもってきた、ヤマハのモトクロス技術を投入したデザイン。
カラーリングはブラック系ですが、もしかしたら変更あり?
市販に関しての日程はまだ出ていないようですが。
ファン&エキサイティングをコンセプトに掲げてはいるが、競技用ebikeとしてのレーシング性能を有したモデルとも言えます。
DSCN9635vds.jpg
MTB競技で使用する事を想定
オートバイなどを手掛けるヤマハの技術が生かされている、フルサスペンションeBIKEでもあります。
(´・ω・`)ヤマハモトクロスレーシングモデルの流れを汲んでいるあたり、他ブランドとの差別化がありそうですね。


センターマスコンセプト……ヤマハモトクロス競技専用車YZの技術を投入
センターマスコンセプトとは、フレームの重心に重量を集中。
オートバイの運動性能を高めるヤマハ独自の設計思想です。
こうやってダウンチューブでバッテリーを覆う(挟み込む)レイアウト機構が「センターマスコンセプト」の特徴になっている。
悪路やトレイルにおける安定したコーナーング性能&軽快な取りまわしが可能。

YPJ-XC同様に大容量バッテリー500Wh(36V-13.3Ah)になっている。
見ての通り、バッテリーはダウンチューブに収納されている様に見えるが、あえてバッテリーを露出させ視覚的に確認出来る点もユニークなデザインだ。
あえてダウンチューブ内に収納されたバッテリーを露出させることで軽量化を稼ぐ設計にもなっている。
DSCN9636bd.jpg
(´・ω・`)モトクロス競技用オートバイの流れを汲むフルサスeBIKEですが、MTB競技などでの非日常的な使用はもとより、日常においても使用可能。
DSCN9634hd.jpg
DSCN9632vad.jpg
もちろんアルミフレームの剛性や、車重にもこだわりを見せている。
特にデザインに力を入れており、視覚的にもユーザーが興奮するような効果も狙ってスタイリッシュなデザインだ。
jdye5y7364.jpg
ハイエンドスポーツモーターPW-X2をコンセプトモデルに使用
ヤマハの世界的に高い評価を受けているフラッグシップモデルドライブユニットPW-Xを引き継いだ、新型ドライブユニット。
パワフルでシャープなペダリングレスポンスなPW-Xの性能を引き継ぎ
より高いケイデンス範囲でパワーサポートを強化。
pw-x2_pict_001.png
ハイケイデンスで安定したハイパワー
新しいPW-X2は、ライダーが最も必要とするときに必要なパワーを提供。前ドライブアシストユニットPW-Xよりにさらに優れています。100rpmでの出力は、前モデルPW-Xより最大50%高くなっています。
pw-x2_pict_002few (1)
E-MTBライドのPW-X2専用自動サポートモード
PW-X2専用に調整された自動サポートモードは、状況に応じて、バイクの3つのライディングモード(エコ、スタンダード、ハイ)から選択。トレイルライディングからレースまでの範囲で最適なアシストを提供します。このシステムは、平坦な道路でのアシストを減らしますが、急な坂道でのパワーを高め、ライダーの心を読み取るかのように見えるきめの細かいアシスト感を提供。
pw-x2_pict_003fwe.png
高出力
ヤマハによると本当にパワフルな電動アシストというのは、ライダーが望むパワーを素早く確実に届ける能力を意味します。
必要な時に必要なアシストパワーを手に入れる事ができます。
新型PW-X2は独自のエクストラパワーモード(EXPW)を備えている点に注目。
EXPWモードでは、大幅に改善された冷却効果により、ユニットはモーターの電力をより適切に利用。
全範囲でアシストトルクが向上するだけでなく、従来モデルに比べ高回転までアシストを維持します。

(´・ω・`)走行時におけるタイトなターンや困難な急な坂道からの復帰時に、ライダーに強力なアシストを提供。
兎に角アシストが必要になったら、エクストラパワーをオンにすれば乗り切れる!!
20181120115439237gre.jpg
YAMAHA YPJ-XC  E-MTB向けドライブユニット「PW-X」搭載
とはいえYAMAHA YPJ-XC E-MTB向けドライブユニット「PW-X」だって、とんでもないパワーなんですけどね。
他ブランドの電動アシストユニットと比較しても最大クラスのパワーだったのに……新型ハイエンドスポーツモーターPW-X2はそれを凌駕する訳か。
YAMAHA YPJ-XCに試乗した際、アシストパワーが圧倒的すぎて、絶句しましたが。
やはり山用なんだな……と。
DSCN6742jttjyrfwe.jpg
坂道だけではなく、平地を走ってもパワーを実感できましたし。
前方にどんどん引っ張られる様な感覚を覚えます。
元々山用eMTBとしてPW-X開発されただけあって、確かにアシスト感が急勾配や坂道に向いていました。
(´・ω・`)実にPW-Xはコンパクトなドライブユニットでしたが、新型PW-X2は更にコンパクトな様で。
pw-x2_pict_006.png
第1世代のPWシリーズモーターに対する外形寸法の比較
PWに比べて新型PW-X2は容量13%削減し、コンパクトなデザインに成功。
pw-x2_pict_007.jpg
中空アクスルシャフトとギアの軽量化により、大幅な軽量化を実現
新型PW-X2ドライブユニットをコンパクトにすることは、車重を軽くするだけでなく、理想的なフレーム設計の妨げになりません。
中空アクスルシャフトの採用、ギヤの薄肉化、ケースの薄型化などにより、380gの徹底した軽量化を実現。


(´・ω・`)実際新型YPJ-YZに、欧州向け新型ドライブユニットPW-X2が搭載されるかどうか不明ですが。
Wサスという事だけではなく、ヤマハモトクロスの技術を引き継ぎつつ、実はドライブユニットまで最新鋭の新型フルサスeBIKEという事になったら、凄い事になりそうです!
「ヤマハ」2018 YPJ-XC 27.5インチ(650B) 油圧ディスクブレーキ 電動自転車 マウンテンバイク

2020年03月29日 トラックバック(-) コメント(-)

Wiggle売れ筋グラベルロードモデルランキング(2020年3月28日)

Wiggle売れ筋グラベルロードモデルランキング(集計時間2020年3月28日 朝10:00)です。
FujiやGT、Cinelliなどのハイエンドグラベルロードがランクインしています。
(´・ω・`)新型フルカーボングラベルモデルや、ハイエンドのアルミグラベルが上位に入っている事に驚きました。
結構グラベルモデルの中身を精査して、購入されている方が多いという事ですね。

またリーズナブルなグラベルモデルも2台ランクインしていますが、2台共クロモリモデルという点が興味深いです。
グラベル分野では、クロモリモデルは価格を抑えつつ仕様が充実していて人気ということですね。



売り上げ1位
prod192232_Dark Gold_NE_01gs
Fuji - Jari 1.1 (2020)
¥209999
(´・ω・`)なんと売り上げ一位は、FUJIアルミアドベンチャーロード2020 FUJI JARI 1.1です。
他の有力グラベルブランドを抑え、FUJIグラベルモデルが売り上げ一位になるとは……
このFUJI JARI 1.1はフルカーボンではなくて、アルミモデルの方ですね。
フルカーボンモデルのFuji Jari カーボン 1.3や1.1を抑え、アルミハイエンドモデルが一位という点も興味深い。

やはり日本国内流通品25万円台よりも、20万という格安で購入可能な点が人気の秘密かも。
セール品ではないですが、価格はセール品というw
フレーム A6-SL スーパーバテッドアルミニウム
フォーク FC-440クロスカーボンモノコック、12mmスルーアクスル
ドライブトレイン Shimano 105 11 スピードディスク
クランクセット FSA Omega Adventure BB386 EVO, 46/30T
カセット  Shimano 105、11-34T
ブレーキシステム Shimano 105 油圧ディスク、160mmローター
ホイールセット WTB KOM Light i23 TCS 2.0、32/32h、12mmスルーアクスルカートリッジベアリングハブ
タイヤ  Panaracer Gravelking SK, 700 x 38c



売り上げ2位
NS-Bikes-RAG-2-Gravel-Bike-2020-Adventure-Bikes-Black-2020-NSB-00074-11.jpg
NS Bikes - RAG+ 2 (2020)
定価 ¥159999➝9%オフ ¥144000

なんとポーランドのNS Bikes RAG+ 2 グラベルバイク が売り上げ2位!

NS Bikes RAG+ 2は¥159999と格安ながら、NS Bikes RAG+ 2はSRAM APEX 1グループセット(11スピード)を採用。更にTRP Spyereケーブル作動ディスクブレーキは、極めて悪条件の悪路やシクロクロスレースにおいてのブレーキ性能を重視した構成になっています。

カーボンフォークに、アクスルデザインアルミフレーム、フェンダーマウントも装着可能な上に、なんと700x45Cまたは27.5×2.2のタイヤクリアランスまで確保!!
(´・ω・`)格安アルミグラベルモデルながら、アマチュアCXレースでの利用も想定してあります。
グラベルライドから通勤まで視野に入れているグラベルロードですね。
リーズナブルな価格ですが、拡張性の高さと
チューブレス対応ホイールは、幅45mmのWTB Riddlerタイヤ仕様。

フレーム NS Bikes AL6061-T6 カスタム成形およびバテッドチューブ、142x12 ドロップアウト
フォーク NS Gravel+ カーボンフォーク、15mmドロップアウト、1.5テーパードステアラーチューブ、NSスルーアクスル
ドライブトレイン SRAM Apex Type 2.1、11 スピード
クランクセット SRAM APEX 1x X-SYNC 42t
カセット Sun Race CSMS7 11-42t
ホイールフロントハブ:NS 15x100ディスク;リアハブ:NSカセット142x12mm;リム:Alex Draw 2.1P非対称、32H、チューブレス対応
タイヤ WTB Riddler 700x45c
ブレーキ TRP Spyre 機械式ディスク、160mm ローター
重量 10.2kg



売り上げ3位
GT-Grade-Carbon-Expert-Bike-2020-Adventure-Bikes-Satin-Jade-Black-2020-hoG11200M1055-5.jpg
GT Grade Carbon Expert (2020)
¥239999

米国GTのフルカーボングラベルロード「GT GRADE CARBON EXPERT」が売り上げ3位!
おお……GTの105フルカーボンモデルが3位か……

まるでMTBをロード化したかのような走行性能が特徴。
Shimano 105 油圧ディスクだった影響もあったのでしょうが。特にブレーキの操作感がMTBなグラベルロードです。
GT-Grade-Carbon-Expert-Bike-2020-Adventure-Bikes-Satin-Jade-Black-2020-G11200M1055-2.jpg
軽量……というよりも、異様に乗り心地の良いカーボンフレーム。フレームはカーボンながら強靭な印象。
特に新型トリプルトライアングル「フローティングステイ」の機能性が凄い。
乗り心地も提供してくれるし、路面からのショックにかなり強い。画像の様に正にMTBユースな使い方にピッタリのグラベルだ。


売り上げ4位
prod185479_Blue-Ice_NE_01hye.jpg
Vitus - Substance SRS-1 (2020)
定価 ¥199999➝15%オフ¥169999
なんと第四位は英国Vitusの650B×47Cロードプラス仕様、クロモリグラベルロードモデルです。

英国Vitusは過去数多くの高品質なオフロード系バイクを提供してきました。
その中においてもアドベンチャーロードシリーズのVitus Substanceは人気シリーズであり、楽しくてVitusカーボンモデルらしい速くて硬い乗り心地……。
Substance Reynolds、熱処理クロモリにSRAM Apex 11スピードドライブトレインと油圧式ディスクブレーキを採用。
驚くべきことに650B×47Cロードプラスにワンバイ仕様。
(´・ω・`)クロモリフレーム&ロードプラスが格安な点が人気の秘密か。


売り上げ5位
201912011507523b2yoo.jpg
2020 Cinelli King Zydeco GRX
¥289999
英国NECサイクルショー ウインターベストグラベルバイク受賞モデル「Cinelli King Zydeco GRX」

King Zydecoはチネリがアドベンチャーバイクのジャンルに、進出する為に開発された最新グラベルモデル。
カーボンモノコック構造とレーシングジオメトリにより、このフレームは軽量でどんな地形でも非常に高速で疾走出来る所が売り。
長距離のグラベルレースに最適かつ、バイクパッキングに適したチネリモデルか。

20191202100853a61jyf.jpg
フレーム: King Zydeco Columbus カーボンファイバーモノコック
フォーク:Columbus Future Cross カーボンファイバー
リアディレイラー:Shimano GRX、11スピード
クランクセット: Shimano GRX 40T
カセット: Shimano SLX 11-42T、11スピード
ブレーキ:Shimano GRX 油圧式、160mmローター
ホイール:Vision Team 30 BT ディスク
タイヤ:Schwalbe Smart Sam 700x40c
最大タイヤクリアランス:700x47c / 650b x 2.1"
ボトムブラケット:FSA BB386EVO

11-42Tワイドレンジカセットと、油圧ディスクブレーキを備えたワンバイ仕様Shimano 11スピードGRXドライブトレインを搭載。
更にはVision Team 30ホイールを備え、あらゆる場所に対処可能な仕様になっています。
ランクインしたグラベルモデル中、唯一のグラベル専用コンポShimano GRX採用モデルになります。

Cinelliの大胆な配色や、過激なフレームの形状はチネリの巧妙なデザイン力を技術を投入。
わずか1kgの軽量モノコックカーボンフレームは、700cホイールを650bに切り替えることができる点など見所が多いグラベルモデルな訳です。

砂利レースに十分な軽量性を備えていますが、バイクパッキングの遠征のために行動に移すことが出来る点も評価されている。
ウィグル グラベルロードランキング Cinelli - King Zydeco GRX (2020)

2020年03月28日 トラックバック(-) コメント(-)

Tifosi Cavazzo Disc Tiagra Road Bike (2020)


prod194378_Black - Silver_NE_02
Tifosi Cavazzo Disc Tiagra Road Bike (2020)
ディスクロードTifosi Cavazzoは、シクロクロス、通勤用自転車、ロードバイク、グラベルバイクなどの要素を一つにまとめたバイクです。
ディスクブレーキを採用したフラットマウントディスク仕様、大幅なタイヤクリアランス、さらにはあらゆる箇所にマウント可能なフレームを用意するなど、さまざまな用途に対応した1台になります。
ddefault.jpg
Tifosiは英国自転車ブランド「Chicken Cycle Kit」の自社ブランド。
英国バーミンガムのハイエンドロード愛好家向けのプレミアムブランドを扱う販売代理店ですね。
最軽量4.6kgのCampagnolo Super Record完成車などの製造実績もあるそうだ。


Tifosi Cavazzoは、さまざまな用途に適応できる万能モデル。
ジオメトリがニュートラルで、タイヤクリアランスを大幅に持たせています。
つまりグラベルやシクロクロスなど用途を絞りたい場合には、タイヤ交換で対応する形になります。
(タイヤのクリアランスは最大40mmまで。ロードとして使用したい場合は28mm以下)


Cavazzoのフレームデザインは、Toray T500とT700カーボンファイバーを組み合わせて使用​​することで、強度、剛性、重量の完璧なバランスを実現。
標準のTifosiロードマシンよりも最低限長いホイールベース。
可能な限り用途が広くなるように設計された、軽量のカーボングラベルバイクとも言えますね。
長いホイールベースとヘッド角度は、非常に安定した走行性能を獲得しています。

この安定した走行性能は、曲がりくねったコーナーをオフロードにおいても苦労せずにこなせます。
グラベルをこなし、シクロクロスをこなせるモデルが欲しいというニーズに沿ったフレーム形状です。
チェーンステーは、シクロクロスの標準的な長さよりも長いですが、よりスピーディーなグラベル走行に適しています。
prod194378_Black - Silver_NE_01cgn
シートポスト  Tifosi Alloy
サドル  Selle Italia XBase


prod194378_Black - Silver_NE_02ihi
ハンドルバー Tifosi Gravel Alloy
ステム Tifosi Alloy

Tifosi Cavazzoはロードバイクとして使えるが、ハンドルバーはやはり悪路を意識したフレア形状。
曲がりくねったオフロードの地形を走破する際、に対応した浅いフレアバー形状を採用しています。
prod194378_Black - Silver_NE_02y7yo
ホイールセット Vision Team 30 BT Disc
タイヤ Schwalbe G-One 700x38c, 700x45c, 650b x 2.1" or 29x1.85"

タイヤ Schwalbe G-One 700x38cとVision Team 30 BT Discは、優れた牽引力とコントロール性能を提供します。
これにより、滑らかな路面から砂利道が混在する田舎道までの冒険を楽しむ事が可能。
prod194378_Black - Silver_NE_02hol
フォーク  Carbon UD 1-1/8" to 1-1/2" with mudguard eyelets and front rack mounts
アクスル 12x100mm Front, 12x142mm Rear
Cavazzoはそれ自体が素早く滑らかで反応の良いロードバイクであります。
しかし悪路や非舗装路になると、多少速度は落ちます。
悪路においては多少注意深く走る必要がある様です。
街中やロードバイクでスピードを上げることが可能なグラベルモデル。
ですが泥の中や、シクロクロスコースなどの過酷な難所に使えます。

マウンテンバイク系の過酷なトレイル向きというよりは、シクロクロス競技や都会や郊外でのライドの方が得意です。
(´・ω・`)ま、流石にそれはそうか。
prod194378_Black - Silver_NE_02giio
フレーム UD Toray T500 and T700 Carbon with mudguard, rack and 3 bottle cage mounts
フレームには3つのボトルケージマウントがあります。
2つは通常のダウンチューブとシートチューブ上部、もう1つはダウンチューブの下部に配置

機械式または電動式シフトケーブルは内部で配線されており、ボトムブラケットの下の取り外し可能なギミックによってダウンチューブとチェーンステーにアクセスしやすくなっています。
prod194378_Black - Silver_NE_02get
クランクセット FSA Omega MX Chainset 42T
チェーン KMC 11x

Tiagraドライブトレイン仕様のロードギアを備えており、10速仕様になっています。
prod194378_Black - Silver_NE_03gss
巨大なダウンチューブはボトムブラケットを覆う程のボリュームです。
スプリント時にフレックスがゼロになります。真っ直ぐなシートステイはmmを与えないので、快適さは27.2mmのDeda Zeroポストルームを屈曲させる傾斜したトップチューブに依存しています。BBはネジ式の外部Shimanoで、メンテナンスが簡単で、時間の経過によるきしみ音がありません。

prod194378_Black - Silver_NE_03ho
リアラックを積載する為に、かなり頑丈なマウントポイントがあります。
前部と後部に積載可能。
もちろんリアラックと同時にマッドガードも取り付け可能。
コンパクトリア三角にはストレートのシートステイが用意されています。
つまり衝撃吸収性や快適性はシートステーよりも、傾斜したトップチューブが担当しています。
Tifosi Cavazzo Disc Tiagra Road Bike (2020)

2020年03月27日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 GT GRADE CARBON EXPERT試乗体験インプレ

DSCN2995vfd (2)
2020 GT GRADE CARBON EXPERT

米国GTのフルカーボングラベルロード「GT GRADE CARBON EXPERT」に試乗しました。
コンディションはウェット(雨)。

(´・ω・`)まるでMTBをロード化したかのような、走りだった……
Shimano 105 油圧ディスクだった影響もあったのでしょうが。特にブレーキの操作感がMTB。
変速操作はロードそのものでしたけどね。

走りは走破性を前面に出した走りかな。路面状態はウェットでしたが、全く恐怖感がないw

路面をがっちり捕らえつつ、ロードの走りをするグラベルモデルでもある。
ただ走破性を発揮しつつも、ロードの走りもしっかりするフルカーボングラベルなんですよ。
路面に食らいついて話さない様な路面追従性を伴いながら、加速したり巡行性能を発揮します。
DSCN2994vfd.jpg
フルカーボンフレームはどうだった?
軽量……というよりも、異様に乗り心地の良いカーボンフレームだった。
フレームはカーボンながら強靭な印象。
特に新型トリプルトライアングル「フローティングステイ」の機能性が凄い。
乗り心地も提供してくれるし、路面からのショックにかなり強そう。
まるで、ロードバイクにリアサスペンションを搭載したかのようだった。


トレイルや山道で乗りこなすのにも向いているし、その場所まで移動するまで遠乗りに向いている
個人的にはロードとMTBが二台手に入るグラベルだと思います。
遠くまでロードの様に移動が可能だし、到着した先の山道や農道、悪路などの非舗装路においてMTBの様に使える。
DSCN2998cd (1)
ハンドル  All-New GT DropTune Super Light、ダブルバテッド 6061 アルミ、16°フレア
シフター  Shimano 105 油圧ディスク、2×11
グリップ  Velo Cork、3mm
ステム  GT、3D鍛造6061、6°ライズ、31.8

安定感と強靭性重視のフレアハンドル。
見ての通りウェットでしたが、手が滑る事などは無かったですね。
ディスクブレーキは105油圧でしたので、スピードコントロールよりも制動性を重視したかのようなテイスト。
不思議とドロップハンドルなのに、MTBを操作している様な感覚に襲われます。
濡れた舗装路でしたが、悪路などにおいてかなりコントロール性が良さげなのでは?
DSCN2999ca.jpg
フレーム  All New Grade カーボン、EnduRoad Triple Triangle デザイン、フローティングシートステイ、12×142 スルーアクスル、フラットディスクマウント、Di2/ドロッパーシートポスト対応、PF30
カーボンフレームながら肉厚というが、実にガッチリしていた。
変な感想だけど、一度くらい転んでもびくともしなそうな迫力がある。

マウントポイントを見ての通りトップチューブにも搭載
ロングツーリングに必要なバッグやボトルを積載するためのマウントをフレームとフォークにフル装備。ト
ップチューブバッグ用のダボ、フォークにはエニシングケージ用のダボ。アルミモデルにはシートステイにボトルダボまで付属。
これ通常のロードよりも、バッグ類を積載したり拡張する能力が高いと感じた。
これだけがっちりしたフレームなら、多少重量物を積載してもいけそう。
DSCN2998cd (2)
フォーク All-New Grade カーボンフォーク、テーパードカーボンコラム、flip chip アクスル、フェンダー・パニアバッグマウント(11穴)

ブレーキ Shimano 105 油圧ディスク、160mm RT30 ローター
カーボンフォークがまるで、バットみたいに太いw
全然ヤワな、フォーク勘が無いですね。確かにフォークのダボ穴にカーゴゲージとかで荷物を積載しても全然いけそう。
ただしエアロ性能とか高速性を追求したブレードフォークとは別物の雰囲気。

105油圧が付いているせいでしょうか? まるでMTBなフォーク感がありますよ。
(特にフロントサスなどは付いていないですが)
DSCN3005cds (1)
リム WTB ST i23 TCS 2.0、28h、チューブレスレディ
ハブ Formula、センターロック、(F)CL-712、12×100、(R)RXC-400、12×142
スポーク ステンレススチール
タイヤ WTB Riddler TCS Light、700×37c、チューブレスレディ


WTB Riddler 700×37cは濡れた路面状態の影響を受けるか?
流石に37Cなので、路面が濡れていても影響はほとんど感じなかった。
基本雨だから、慎重に走ろうという意識が生じない。
フレームの影響もあるのかもしれないけど、GT GRADE CARBON EXPERTに700×37Cを取り付けると、走破性重視みたいな感じになる。
うん、このモデルに37Cタイヤだと、なんとなくMTBに近い走りをするな。
その上で推進性を発揮する。
DSCN2997deq.jpg
ちなみにゼロ加速性は、ロードバイクに比べるとそれ程ではない。
(´・ω・`)GT GRADE CARBON EXPERTはある程度速度に乗ってから、走破性やパワーを発揮するグラベルモデルです。
ただ走破性は強烈でしたので、MTB代わりに普通に使えますね。
GT GRADE CARBON EXPERTでも走破出来ない路面は、MTBでも相当厳しい事になるのでは?
20191105103011c8by9.jpg
2020 CANNNONDALE TOPSTONE CARBON FORCE ETAP AXS
面白い事にCANNNONDALE TOPSTONE CARBONの場合、700×40C幅のタイヤを装着しているのですが。
悪路走破性を発揮しつつも、スピード性があるグラベルモデルだった訳ですよ。
キャノンデールの場合もリアサスペンションシステムが搭載されていましたが、サスのせいで速度が逃げるという事は無かった
悪路:舗装路=50%:50%
実際に試乗した感じは、悪路舗装路両方に対応出来るグラベルでしたね。
DSCN3004ca (1)
ではGT GRADE CARBON EXPERTの場合はどうかというと……
悪路:舗装路=60%:40%
ですね。より悪路走破向けにGTはフルカーボングラベルを、モデルチェンジしてきたのでは?
42mmまで対応するタイヤクリアランスだそうですが、これでタイヤサイズを更に拡張したりしたら更に走破性が強化されて凄い事になるのでは?
(´・ω・`)ただ個人的にはこの37Cで、このフレームと調度バランスがとれていると思いますね。
DSCN3004ca (2)
ボトムブラケット  FSA PressFit 30
DSCN3005cds (2)
クランク FSA Omega Adventure、46/30

DSCN3003cacas.jpg
DSCN2995vfd (1)
ディレーラー  Shimano 105、フロント直付、リアGSケージ
リアスプロケット Shimano 105、11-34、11スピード

コンポーネントは105スペック。やはりどうしても雨天時になると操作感に関しては、グラベル用コンポーネントGRX採用モデルに一歩譲る。
GT ジーティー 2020年モデル GRADE CARBON EXPERT グレードカーボンエキスパート 700C

2020年03月26日 トラックバック(-) コメント(-)

Wilier Jareen 105  英国人グラベルユーザーを視野に入れた輸出用アルミグラベルモデル

100435265hoo.jpg
Wilier Jareen (105 -2018)
イタリアのブランドWilierは、近年アルミグラべルバイクをラインナップに追加しました。
Wilier Jareenのデザインはかなりシックに仕上げたアルミグラベルバイク。
フルカーボンフォークのアルミグラベルで、フロントスルーアクスル、49mmタイヤ、フラットマウントディスクブレーキ、マッドガードとラック用のスペースとマウントが付属。
見ての通りシートステーは下げられ、Wilierのトップエンドのエアロロードバイクで採用されているフレーム形状でもあります。

Jareenは見た目イタリアンシックなデザインですが、クロモリのJaroonと同様に英国人ユーザーを視野に入れた輸出用のモデル。
(英国向けとはいえ、ドイツや欧州諸国に流通している模様)
ワイドトレッドタイヤは英国の荒れた路面でも舗装路でも使用可能。

Wilier-Jaroon-105-2018-Adventure-Road-Bike-Cyclocross-Bikes-Orange-2018huih.jpg
Wilier Jaroon (105)
Wilierは、美しいイタリアンロードバイクデザインよく知られています。
ですが近年グラベルモデルに力を入れています。2018モデルとしてWilierはクロモリグラベルモデルJaroonを投入。
ダブルバテッドクロモリフレームを採用し、他のバイクブランドとは異なるイタリアンデザインテイストを提供しています。
クロモリフレームには内部溶接を施し、フレームの接合部は非常に美しい。
慣れ親しんだクロモリ溶接外観ではないのがポイントです。

WilierはスチールグラベルロードWilier Jaroonと、アルミグラベルモデルWilier Jareenの2つを用意。
アルミWilier Jareenは、クロモリWilier Jaroonと同様のフレーム形状を採用。
タイヤクリアランスは同様に42mmに設定。またフロントにスルーアクスルを備えています。

Jareenの語源……Wilier北イタリア本社の近くの砂利を表す地元の方言。
Wilierとしては新型アルミグラベルを立ち上げる際に採用した経緯があります。


Jaroonの語源……ベネチアの大きな砂利道を表す地元の方言。
寄り荒い、砂利道での走破性を持たせたクロモリ系グラベルならではの名称。

100435265hooyo.jpg
フレーム 6061 double-butted Aluminium, QR
Wilier Jareen 105
アルミJareen 105スペックは、舗装路から森の中の小道まで、どこにでも様に走破出来るに特別に設計。
つまりどの条件下においても走破出来るウィリエールグラベルロード。
また長期間における使用を視野に置いたグラベルモデルでもあります。
100435265hoouf.jpg
長年使用できる6061ダブルバテッドアルミニウムフレーム
更にアドベンチャー対応のカーボンモノコックフォークは、非舗装路の様な荒い路面に対しても比較的対応する為と軽量化を狙ったものです。
Wilier Jaroonはクロモリのパワフルな走破性を生かしたオフロード向けグラベルですが。
(なんだかんだで、クロモリ系グラベルは悪路においてパワフルな走りが得意)
Wilier Jareenがアルミの機動性を生かした、用途の広さが魅力的。
毎日の通勤やありとあらゆるグラベルライドに最適な仕様になっています。
100435265hooi.jpg
クランクセット  FSA Omega Adventure, 46/30T
カセット Shimano 105 5800, 11-Speed

Shimano 105 コンポーネント

Shimano 105コンポーネントと油圧式ディスクブレーキ
シクロクロスレース対応のShimano 105コンポーネントを装備したWilier Jareenは、一気にスピードを上げることができるシクロクロスバイクでもあります。
(´・ω・`)一応シクロクロスでの使用も視野に入れているのか……ただし通常のグラベルロードとしてのスピード性も追及している訳か。

チェーンリングが46/30Tと小さいため、荷物を使って上り坂を走行することも可能。
Shimano CS5800 11スピード11-32Tカセットを備えた46 / 30Tギアを備えたFSA Omegaアドベンチャークランクセットは障害物の多い悪路や、坂道をすべて登ることができます。
またディスクブレーキも、強力な制動性を生かしつつ細かくスピードを調整可能。
100435265hoohuiu.jpg
フォーク Carbon Monocoque, 12mm Thru-Axle
ホイール Wilier DD28、スルーアクスル & QR
ブレーキ Shimano STR505 hydraulic disc, 6-bolt, 160mm rotors
砂利道、泥、穴の多い道路、舗装されたアスファルト。

このアルミグラベルバイクは全ての路面を走破可能。
さらにShimano STR50、油圧ディスクブレーキは、ありとあらゆる路面において強力な制動力を提供。

幅広のフォークにより、クリアランス最大42mmです。
更に荷物ラックやフェンダー用のダボ穴も用意されています。

現在では主流グラベルタイヤサイズ700x40Cを、既に2018年モデルに用意していた訳か。
あらゆる地形条件でより安定したバランスのとれた乗り心地を実現します。
ホイールはWilier独自のもので、強力な走破性を誇ります。
100435265hoohhouo.jpg
ハンドルバー Promax Drop Bar, 12-degree flare
ステム  Promax

シフター Shimano STR505
100435265hoohfd.jpg
Jareenはコンパクトリア三角が特徴。低い位置のシートステー、インターナルフレーム、フルカーボンフォークを備えています。Wilierとしてはレーシングモデルよりもリラックスしたフレーム形状を目指した結果、この最新のフレーム形状が採用された経緯を持つ。

100435265hooii.jpg
英国ソールズベリー平原のグラベル試験用道路コースは過酷なコースである事が知られております。
本来は射撃場を迂回するための戦車と軍の通行のために設計された、本格グラベルコースな訳です
5週間を超える試験で、容赦のない岩とくぼみを実際に走行しましたが、ホイールはそのままの状態であったそうです。

Wilier Jareenは価格がリーズナブルな割には平地、また非常にグラベルに向いたモデルであります。

全体としてWilier Jareenはさまざまな地形でタイプできる優れたジオメトリを備えており、長距離向けのロングライドにも容易に使用できます。
Wilier - Jareen (105 -2018)

2020年03月25日 トラックバック(-) コメント(-)

ブルホーンカスタム パナソニック OFF TIME(オフタイム) (BE-ELW073)  電動折り畳み自転車 

elw_bh_main.jpg
パナソニック電動折り畳み自転車 OFF TIME(オフタイム) (BE-ELW073)  ブルホーンカスタム

パナソニックの電動折り畳み自転車オフタイムのブルホーンカスタム仕様ですよ。

(´・ω・`)ところで、いきなり耳を疑う話が。
なんか最近ママチャリ系電動アシストモデルが、在庫不足らしくて。
パナソニックの公式通販ショップも完売が相次いでいるとか。
凄い時代になりましたね。

まさか、トイレットペーパーの様に、電動ママチャリまで品不足になるとは……
コロナウィルスの影響でパーツ面などで、中国からのパーツ供給が止まっているのが原因とか。
まだスポーツ系ebikeなどの在庫はある様ですが。これから先品不足が波及しないといいのですけどね。
elw_bh_6.jpg
ハンドル ブルホーンバー
レザー調バーテープ
さて、OFF TIMEにブルホーンを取り付けたカスタムモデルなんですが。
(´・ω・`)スイスブランド ブルーノを意識したかのようなツーリング仕様ですね。

ブルホーンバーにENE サムシフター。
ブレーキレバーになんとギドネットレバーを採用。
レザー調バーテープなので、ランドナー風なクラシカル感も狙っています。

またコントロールパネルは「エコナビ液晶スイッチ4SL」
バッテリー残量、残り走行時間、残り走行距離などを表示。
(オートライト機能付)
elw_bh_5.jpg
ギドネットレバー

ルックスだけでなく走行性も上がるのがブルホーンの良いところ。

ブルホーンバーの場脚ハンドルポジションが増えるので、さまざまな位置でハンドルを握ることが可能。
その上ブレーキはギドネットレバーなので、ブルホーンバーをどこで握ってもありとあらゆる位置からブレーキ操作が出来る訳です。
やはりツーリングというか、長時間&長距離における使用を視野に入れたカスタムになっていますね。

(´・ω・`)オフタイムは折り畳みモデルですが、かなりパワー重視のアシストをしてきます。
一見街乗りなどで便利そうに見えますが、実は結構スポーティーな走りをします。
(特にコーナーリング性能の高さは注目)
エコモードで最大約59km走破可能ですが、そのアシスト可能距離を生かして簡単なツーリングや遠乗りに使用するのも面白いかも。

elw_bh_fol2.jpg
折り畳みサイズ 高さ66cm×奥行49cm×幅88cm
重量 20.6kg

なるほど、ブルホーンバーでもきちんと折り畳む事が可能な訳ですね。
個人的には流石に20kgもあるので、電車での輪行は無理。
42106400087_003vfs.jpg
やはり車の後部に収納する使い方が無難かも。
なんだろう……オフタイムは別に折り畳みしなくてもそのまま普段使用したい走りの良い電動自転車でもあるんですよ。
(´・ω・`)個人的には収納性の高さに注目かな。
家の中に保管しても、折り畳んだ状態ならスペースがいらないし。
elw_bh_4.jpg
ENE サムシフター
なんとこのオフタイムは、サムシフター仕様!
変速をレトロなレバー変速で行う形になる……
まさかリアルにランドナーとかツーリングモデルの様に、変速操作する事になるとは……
とはいえ、レバー部分が強靭になったということか。
近代的な電動折り畳み自転車の変速を、レトロなレバー変速で行う点がなんかいいですね。
DSCN3246huo.jpg
通常はグリップ式のシフターで、変速操作を行う形です。
通常のフラットバー仕様の時の原型を留めていませんねw
imgrc0070946522ljljyf.jpg
BRUNO MINIVELO20 ROAD
こちらはドロップハンドル仕様ですが、スイスブランドのミニベロBRUNO MINIVELO20 ROADの仕様を意識して、パナソニック オフタイムのカスタマイズを行ったのでは?
imgrc0070946512kihkkg.jpg
見ての通りハンドルの肩部分とトップバー部分のどちらからでも引ける、ダイアコンペDC139ギドネットレバーを採用。
ツーリング色を重視したミニベロだ。
ステム位置にレバー変速機を配置。
ステム位置に固定されているため、気軽にハンドルを交換し易いという長所も。
よく考えたら、ツーリングやランドナー風電動アシストミニベロって、かなりアウトドアとかで需要が伸びそうな気が。
elw_bh_7.jpg
リトルLEDビームランプ2
リフレクター一体式でワイドに照らす、リトルLEDビームランプ2。
これはカスタマイズではなく、純正品。
現行のオフタイムはライト位置が、ハンドルではなくなったのですよね。
電力はバッテリー供給型になっています。
elw_bh_9.jpg
駆動方式 クランク軸上合力発生一体型
大容量/8Ahリチウムイオンバッテリー
パワーモード走行  約34km
オートマチックモード走行  約43km
エコモード走行  約59km

(´・ω・`)やはりパナソニック OFF TIMEにブルホーンバーが可能になった理由は、容量の大きい8Ahリチウムイオンバッテリーを積載しているお蔭ですね。
これなら2週間に一回程度の充電で済みそう。
以前は5Ahリチウムイオンバッテリーなので20~30km程度でしたが。
折り畳み系電動アシスト自転車なのに、現行モデルは59kmもいけるんですからね。
普段使いの電動アシスト自転車としても、個人的に欲しい。

elw_bh_1.jpg
ブレーキ
フロント サイドプル形キャリパーブレーキ
リア ローラーブレーキ

elw_bh_2.jpg
タイヤ(前後) 〈前〉18×1.75 HE 〈後〉20×1.75 HE

サドルはイタリア「SELLE ROYAL FRECCIA」
セラロイヤルのスポーツ向けコンフォートサドルを、なんと電動アシスト自転車に採用。
レーシーなデザインですが、 ロイヤルゲル入り。快適なロングライドを重視したサドルだ。

サドルガードマン
簡単にサドルが抜き取られない構造ですので、サドル盗難防止対策も打っています。
elw_bh_3.jpg
elw_bh_8.jpg

elw_bh_11.jpg
外装7段変速搭載
外装7段変速 47T×12-28T
1台限定/ブルホーンカスタム OFF TIME(オフタイム) (BE-ELW073) パナソニック電動自転車・E-bike(イーバイク)

2020年03月24日 トラックバック(-) コメント(-)

なんと7万円台リア12速仕様!? 2020 Cube SL Road Pro SRAM GX Eagle 12スピード


prod192424_Iridium - Blue_NE_02
2020 Cube SL Road Pro
定価 ¥86999➝15%オフ¥73500

(´・ω・`)なんじゃこりゃ?
ドイツCubeのアルミクロスバイクCube SL Road SL Bikeは、なんとリア12速仕様!?
SRAM系MTBコンポーネント「SRAM GX Eagle 12スピード」仕様ですよ?

まさかのフロントシングルの1×12仕様!!
7万円台で、リア12速SRAM GX Eagleを楽しめる訳か……しかも、油圧ディスクはシマノ製、ドライブトレインはSRAM製のMTB系パーツを使い分けているユニークなコンポーネント仕様にもなっています。
prod192424_Iridium - Blue_NE_05giu
ドライブトレイン SRAM GX Eagle 12スピード
クランクセット SRAM S650 Eagle, 38T, 170mm
チェーン SRAM NX Eagle
カセット SRAM XG-1230, 11-50T

Cube SL Road Proに1x12 SRAM GX Eagleを採用した訳は、街乗りと田舎道両方に必要なギア比を提供する為。
(´・ω・`)クロスバイク的な要素と、グラベルモデルという事か。
元々Cube SL Roadシリーズは、高速性とロングライド向きのグラベル風スピードクロスバイクでもあるし。
長距離における快適性も稼いでいる上に、高速ペースも得意なんですよね。
しかし、とうとうリア12速クロスバイクが格安で手に入る時代になったか……
prod192424_Iridium - Blue_NE_03mhmh
ブレーキ Shimano BR-MT200油圧ディスクブレーキ(160/160)
しかもなんとディスクブレーキは油圧仕様!!
ブレーキはMTB系エントリースペック「SHIMANO ACERA M390 シリーズ」を実装!
強力な油圧式ディスクブレーキにより、あらゆる天候下において制動力を発揮します。



20200205114219f41huo.jpg
2020 Cube SL Road SL
兄弟モデルのCube SL Road SLなどは、ロード系コンポーネントShimano Ultegra R8000とMTB系コンポShimano Deore油圧式ディスクブレーキを用意。
この Cube SL Road SL の場合は、ロード系コンポとMTB系パーツを使い分けたフロントダブル仕様。
9.8kgと軽量かつ高速で走行できる様に設計されています。
さすがドイツCube。クロスバイクも一筋縄では行きませんね……


prod192424_Iridium - Blue_NE_04
シートポスト  Cube Performance post, 27.2mm
サドル Natural Fit Venec Lite


ホイールセット Cube RA 0.8、32H、ディスク
タイヤ  Schwalbe G-One Allround, Performance Kevlar, 40-622

クロスバイクCube SL Roadシリーズのおける開発のモットーは、スピード性とシンプルな優雅さを重視。
エアロ形状アルミフォークや、ケーブルを可能な限りインターナルにしたことでロードを意識したデザインだ。
フレームペイントでデザインにCGなどは使わず、ロードを意識した配色になっている。
フレームはダブルバテッドアルミチューブで作られた軽量で剛性のあるフレーム。

スピード性を重視しているとはいえ通常のロードよりもヘッドチューブ長は長め。
快適性を重視した姿勢で走行可能。
更に走行安定性を重視。ホイールベースもエンデュランスロードを意識。
つまり初めてスポーツバイクに挑むユーザーでも、扱い易いフレームになっている。

剛性と軽量性を重視したフレームはスピード性を重視。
やはりドイツCubeモデルらしく、脚力を推進性に変換するのが特徴。
(ドイツCubeのロードは兎に角、推進性を最重要視したロードモデルが多い)
フレームのエレガントな外観は、ダウンチューブのケーブル受けによって配置しており、メンテナンスも最小限に抑えられます。
prod192424_Iridium - Blue_NE_09
ハンドルバー Cube Flat Race Bar, 660mm
ステム Cube Performance Stem Pro, 31.8mm

Cube SL Road Proは誰に適しているかか?
(´・ω・`)実はスピード中毒のユーザーの為に製作されたクロスバイクでもある。
快適性を確保しつ、ロードにしか再現できないスピード性も目指したそうだ。
同時に、Cube SL Road Proは大都市における縁石や悪路にも対応出来る走破性も重視。
ロードバイクの代用品として、トレーニングにも適している訳だ。
prod192424_Iridium - Blue_NE_08
フレーム アルミ製Superlite Crossroadテーパー、ダブルバテッド

SL Roadフレームは、優れた堅牢性と優れたハンドリングの最高の組み合わせを実現。
Superlite Crossroadテーパーフレームは、軽量のダブルバテッドアルミチューブ仕様です。

その剛性と軽量性は、脚力を推進性に変換してくれるので楽に移動できます。
やはりスピード性にこだわったクロスバイクと言えるでしょう。
prod192424_Iridium - Blue_NE_07
フォーク アルミニウムリジッドフォーク
軽量アルミフォークのデザインは、Cubeレーシングロードに触発されたデザインです

そのエアロ形状を取り入れたフォークは非常に硬く、優れた操縦精度を確保。更に駐輪していてもスポーティーに見えるというメリットも。
prod192424_Iridium - Blue_NE_10
prod192424_Iridium - Blue_NE_11
しかし、リア12速&油圧ディスクを実装しているのに7万円台だけあって、現在ウィグルのオールジャンルにおけるバイク売り上げ6位にランクイン。
そりゃリア12速のクロスバイクが7万円台なら、こっちだって欲しくなりますよ。
ホイールやシートチューブ、ハンドルやステムまでキューブは自社で調達しているのも特徴。

レーシングロード由来の、スピード性重視のダブルバテッドアルミフレームや、SRAM GX Eagle 12スピードなどを採用してくるなどフレームやパーツ面において妥協していないハイコスパのクロスバイクですね。
Cube - SL Road Pro (2020)

2020年03月23日 トラックバック(-) コメント(-)

アウトドアやキャンプで使えるミニベロ&折り畳みebikeまとめ

DSCN8141fdhkh.jpg

アウトドアやキャンプで使えるミニベロ&折り畳みebikeをまとめてみました。
最近の折り畳み系ebikeは電動アシストだけではなく、積載性や悪路走破性も確保したモデルが増えつつあります。
(´・ω・`)あまりに種類が多いで、全ての車種は紹介出来ませんでしたが。
個人的にアウトドアなどで実際に使ってみたい、ミニベロ&折り畳みebikeをピックアップしました。



DSCN8069fecnjljn.jpg
今回紹介した特に折り畳編み系モデルなどは、自家用車などで輪行し易いモデルになっています。
やはりアウトドアでの移動はキャンプ施設まで自動車での移動が多いと思いますので。
DSCN7125grnkie.jpg
Benelli MINI FOLD 16
Benelli MINI FOLD 16は16インチとタイヤサイズがコンパクト。
ですが折り畳み機能と、アシスト機能を有しながら悪路に強いebikeモデルってあんまりないのですよね。
重量も17.6Kgと押さえていますし。
(´・ω・`)個人的にキャンプ地まで車載するのに便利なモデルだと思いました。
DSCN7132vfshu.jpg
タイヤ KENDA K841 16×2.25
フロントモーターはBarfang製。イタリアデローザやFUJIのebikeにもアシストユニットを供給している。
どうしても16インチ系折り畳み系ebikeは、タイヤサイズが細くなる傾向がありますが。
Benelli MINI FOLD 16は走破性を高めてきているのが印象的。
悪路に強いタイプの、フォールディングモデルなのは間違いないのですが。
踏み込むと、それなりに速度も出てしまうのですよ。

DSCN7135htdgejio.jpg
オートライトも付いているので、夜間の走行にも強い。
フレーム内部にバッテリーが用意されており、最長80km走行可能。
(´・ω・`)あと注目したいのがデザイン性も高い点。
イタリアブランドべネリのデザインなので、欧州色が強い。
キャンプ地などで、デザイン性にこだわりたい折り畳みebikeならこれかな。
DSCN7138cdshuo.jpg
折りたたみサイズ 全長890×全幅450×全高585mm
折り畳みeBIKEにおける、SUVモデルといった感想。
折り畳みサイズそのものはかなりコンパクト。更に重量17kgという折り畳み系ebikeにしてはかなり重量は抑えている。


DSCN8111ca.jpg
LOUIS GARNEAU ASCENT e-sports
カナダ ルイガノのミニベロebike「ASCENT e-sports」
本来はeMTBなどに使用されるこのパワフルさが自慢のアシストユニット「SHIMANO STEPS E8080」を、ミニベロに搭載しちゃった反則みたいなモデル。
(´・ω・`)個人的には、出先でツーリングに使うのにもってこいだと確信しています。
スピード感とパワフルさが、前面に出た走りでして
とことん安定性が高いスポーツミニベロeBIKEなので、一番荷物が載せやすいタイプですね。
DSCN8112cxz (1)
タイヤ KENDA K-1079 20"X1.95"
ブレーキ  SHIMANO BR-M395 HYDRAULIC DISC
ヘッドチューブに、フロントキャリアーを取り付ける為の台座も用意。
フロントキャリアーを取り付けてツーリングもいける。
DSCN8115gr.jpg
バッテリーShimano BT-E6010 Steps バッテリー

eMTBに使用される大容量バッテリーを採用しているのでECOモード使用時 115kmも走破可能・
実際にメーカーの方がアセントスポーツが琵琶湖一周もこなした事があるそうで、実際は150kmまで走破出来たそうだ。
(´・ω・`)ミニベロ系ebikeの中において、ツーリング及びスポーツ性が高いモデルですね。

収納性に関しては、それなりにスペースが必要
18kg台のLOUIS GARNEAU ASCENT e-sportsを持ち上げてみましたが。
積載などの乗り下ろし程度の動作は、特に問題なさそうです。
あとはどれだけワゴン車などに、どれだけ収納スペースを確保できるかが鍵になりそう。
後部座席なら、いけるかな?
ぶっちゃけ、機動性が高い分収納性は折り畳みebikeの方が優位です。
逆に走行性能はトップクラスなんですけどね。
ルイガノ アセント Eスポーツ 電動アシスト自転車 LOUIS GARNEAU LGS ASCENT E-SPORTS


DSCN0025cdasbfx.jpg
TERN HSD P9
小径折り畳みカーゴE-bike「TERN HSD P9」
本来大型であるはずの荷物運搬用カーゴバイクを、電動化と小径タイヤを使用する事によって上手くコンパクトにまとめた一台。
キャンプ時における運搬性に関して大いに期待できるモデルです。
20190808111257f14huo.jpg
見ての通りリアキャリアーを標準搭載。
長くて丈夫なラックAtlas H Rackはチャイルドシートを積載可能。
週末には1週間分の食料品やキャンプ用品を運ぶことができます。
(´・ω・`)車載どころか、キャンプ地に直接TERN HSD P9で移動しても楽しそうだ。
こうやって、オストリーブのバニアバッグを積載すれば水すらも運搬可能。

タイヤは406サイズSchwalbe Big Apple20×2.15ですが、巡行時かなりの安定感を見せつけます。
荷物を積載しても、安定性を稼ぐ計算なんでしょうね。
201908081112416d4fs.jpg
縦型の折り畳み機能を搭載しているので、ハンドルを折り畳めば収納性もなくはない。
折り畳み専門ブランドが設計したebikeなので、収納性も考慮されている。
201912111637427f5vd.jpg
Bosch Active Line Plus電動ユニット搭載
300 Wh batteryで長距離100km走行が可能
ミニベロ系ebikeながら、かなり巡行性が高いです。
ギア比を高めにして、アシストモードを TURBO(最大)クラスに設定すればスピードを継続しながら疾走します!
どのアシストモードでも、脚力と同調しながら速度を維持する事が得意。
201912111639012e4vf.jpg
(´・ω・`)やはりホイールベースが長い事が効いていますね。
これ、かなりの長距離やツーリング向けに使える。街乗りや短距離に使うには勿体ない走行性能だ。
前後にライトを標準装備しているので、夜間においても強い。
TERN ターン 2020年モデル HSD P9 BOSCH製ユニット搭載電動アシストe-Bike ミニベロ


201912111655273afbc.jpg
TERN VEKTRON S10
ドイツボッシュ製ドライブユニットを搭載した、強力なスポーツ性能を持つ電動折り畳みeBIKEです。

面白い事にスポーツ性というか運動性は、折り畳みモデルTERN Vektronの方が上ですね。
スピード感やコーナーリングなど間違いなくTERN Vektronです。
小径折り畳みカーゴE-bike「TERN HSD P9」は、やは積載性が高いカーゴ系ebikeですから。
とはいえ、TERN VEKTRON S10にリアキャリアーを取り付けれれば、それなりにキャンプ地などで荷物を積載する事も可能。
DSCN8130vdsvs.jpg
折り畳みサイズ 41 x 86 x 68 cm (16.1" x 33.9" x 26.8")
見ての通りコンパクトに折り畳めるのも魅力的。
ただどうしても重量がかさむ。重量は22.1 kg あるので、やはり車などに積載してキャンプ地に持って行くことをお勧めしたい。
しかしながら、悪路での走破性、積載性、スポーツ性、ツーリング性など重量面以外で万能タイプの折り畳みebikeだ。

DSCN8132myhe.jpg
TERN VEKTRONって、小径タイプのeBIKEとしてはかなり悪路に強いタイプ。
小石が混じった軽い砂利程度なら、簡単に走破してしまう走行性能を持っています。

ドイツBosch社製のActive Line Plusというドライブユニットって、その場その場の状況に合わせた適度のアシストが可能。
(´・ω・`)こう見えても、坂も平地もその状態に合わせた適度なアシストをしてくれるので、実はキャンプ地向きのebike。
つまりキャンプの際に、そんなに体力を使わなくてもアシストを生かしてパワフルに走れてしまうんですよ。


DSCN6498trevsd.jpg
TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKE(AL-FDB166E) 16インチ 重量12.9kg
(現在は新型TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKE AL-FDB163E NEXTに引き継がれている)
(´・ω・`)どうしても、eBIKExって折り畳みモデルでも重量がかさんでしまうのが難点。
ですので超軽量折り畳みebike TRANS MOBILLY ULTRA LIGHTの16インチという手もある。
持ち運ぶためにつくられた、最軽量クラスの折りたたみebikeです。

この16インチは舗装路などでの、走りを重視したモデル。
長距離&郊外向け。それも14インチサイズとは異なり、あらゆる局面に対応出来る万能タイプです。

多少路面状態の悪い場所でも、それなりにはいけますね。キャンプ地施設内での移動程度ならこなせるはず。
その代わり、
ルノーウルトラライトシリーズのホイールサイズは14インチと16インチがあり、この16インチは走行性能が安定した走りを見せます。
DSCN6512vfdcds.jpg
専用モバイルバッテリーは約480g。
約2時間の充電で最大12kmの走行が可能。

重量のある折り畳編みeBIKEではなく、軽量タイプの折り畳編みeBIKEを探しているならこれですね。
(´・ω・`)その代わり、悪路走破性は多少落ちますが。あとアシスト可能距離が、どうしても短い。
ですが折り畳んだ後の、車への車載などの作業がかなり楽出来るはず。
週末でキャンプ地内の移動程度なら、使えそうですね。
TRANS MOBILLY(トランスモバイリー) ULTRA LIGHT ウルトラライト E-BIKE AL-FDB166E シルバー 16インチ 折畳 電動自転車

2020年03月22日 トラックバック(-) コメント(-)

Wilier Cento10NDR (Dura Ace リムブレーキ仕様) 材料工学を駆使したエラストマーについて


prod166067_Black_NE_01.jpg
Wilier Cento10NDR (Dura Ace - 2018)
Wilier Cento10NDRには、エラストマー製のリアショックアブソーバーがリア三角に装備されており、乗り心地がスムーズなエアロロードです。ドイツではCento10NDRの事を、エアロコンフォートレーサーなどとも呼称されています。

見た目はスポーティなエアロロードにもかかわらず、Wilier Cento NDRのジオメトリは耐久性のあるコンフォート系レーシングバイクに非常に近いです。
重量7.4kg +/- 5%のWilier Cento NDRは、より耐久力のあるレーシングバイクの1つです。
しかし実際の走行感は、コンフォート系レーシングとはまた異なります。

Wilier Cento NDRに実際に乗ってみると、どちらかというとレーシング系ロードに近いそうです。
特に前方に推進する為のパワーを確保。速いトレーニングペースで疾走した場合でもパワーロスは無く、効果的にサポート。

そして快適さに関してですが、乗り心地は大幅に滑らかに感じられます。
特に路面からの強い衝撃をよりよく吸収。
(´・ω・`)やはりリア三角に採用されているActiflex(アクティフレックス)システムという、衝撃吸収システムの存在が大きいエアロロードとも言えますね。
この手のモデルは、路面状態によって走りが一変しますが……
prod166067_Black_NE_01cqxsa.jpg
リア三角形にActiflex(アクティフレックス)システムと呼ばれる衝撃吸収システムを搭載
屈曲するシートステー形状はシートチューブと分離。中間にエラストマーショックダンパーを備えています。
衝撃吸収性を維持しつつ、加速性や推進性を維持する事も目的になっていますね。

ラピエールのパルシウムもそうですけど、Cento10NDRはグラベルバイクではなく、耐久性や衝撃吸収性を高めたロードバイク。
多少荒れた路面には有効ですが、アスファルトを念頭に走行する事を念頭にWilierとしては設計しているそうです。

レーシングエアロロードWilier Cento10 Airをベースに、衝撃&ショック吸収性を高めたコンフォート系エアロードとも言えます。
fwfewgq.jpg
Actiflex(アクティフレックス)システム主な機能の1つは、シートステーとシートチューブの間の合金パーツです。
見ての通りロックボルトで保持され、押すと動きます。
横方向の動きに耐えられる様に、頑丈な単一ブロック形状ですね。

垂直方向の動きは、耐候性に非常に優れたテクノポリマーで作られたエラストマー(ショックアブソーバー)によって制御されます。
シートチューブとシートステーの接合部にエラストマーを挿入することで、ショックアブソーバー機構を形成。
リア三角が、数mm単位で動くようになっています。
prod166067_Black_NE_01vfadf.jpg
WilierのActiflex(アクティフレックス)の特徴は2つ
①他ブランドのリアサスシステムよりも、サスペンション稼働時におけるサドルの水平方向の動きが少ない。
②Actiflexの合金ピボットにより、横方向の動きが少なくなる


ちなみに初期のMTBのサスペンションに使用されていたエラストマーについてですが。
黎明期においては、温度がショック吸収性におけるパフォーマンスに影響していました。
Wilierとしては温度対策として材料工学を駆使し、エラストマーは-40Cから150Cの間で適切に機能し、全ての温度条件をカバーすると述べています。
ショックアブソーバーには、ライダーの体重、地形、個人の好みに合わせて3つの異なる硬度グレードを用意。

(´・ω・`)ちなみに走行中は実際にエラストマーは圧縮され、運転中にはっきりと感じることが出来るそうだ。
ラビエールのパルシウムの場合、Wサスみたいな感覚だったけど。それに近いか?

またActiflexシステム全体は小さくコンパクト。
現在流行しているシートステイ&シートチューブ機構よりも、コンパクトで特に目立ちません。
もちろんこの機構を取り入れた理由は、路面の不規則性によって引き起こされるサドルの動きを減らす事が目的ですね。



Wilier-Cento10-Disc-Road-Bike-Dura-Ace-2018-Road-Bikes-Blue-2018-E806D4-6R1.jpg
Wilier Cento10NDR ディスク (Ultegra)
Cento10NDRのリアサスペンションシステムActiflexの利点は、ダイレクトマウントリムブレーキとフラットマウントディスクブレーキの両方に対応出来る事です。
(´・ω・`)基本的にリムブレーキやディスクブレーキなどのブレーキ機構に、影響を与えない訳ですね。
コンパクト&シンプルな機構により、エアロ性能、剛性などに影響を与えないサスペンション機構ながら軽量性も達成している点にも注目。
prod166067_Black_NE_01hlil.jpg
フレーム カーボンモノコックファイバー60TON + SEIフィルム
Cento10NDRには、既存のCento10Airの形状に近い最新のカムテール形状を採用しています。
フレームジオメトリは、Zero 7やCento10AirなどのWilierレーシングモデルより直立したライディングポジションを実現。
pouupupu85.jpg
Cento10NDRには、Wilier独自設計のハンドルバーとステムの内部から、ヘッドチューブを介してフレームとフォークにケーブルを配線しています。
ディスクブレーキ付きの電動グループセットを使用している場合、外部ケーブルは一切ありません。
prod166067_Black_NE_01nhcg.jpg
フォーク カーボンモノコックファイバー60TON + SEIフィルム
Cento10NDRのダイレクトマウントリムブレーキ仕様の場合、タイヤクリアランスは28mmサイズです。
ディスクブレーキの場合は32mmタイヤを装着可能。
つまりブレーキシステムによって、タイヤクリアランスは変更になります。
prod166067_Black_NE_01mhv.jpg
ドライブトレイン  Shimano Dura Ace i9100 11スピード
BBシェル Shimano プレスフィット
チェーンステーの形状は伝統的なイタリアンモデルと同じく比較的短く設定し、操縦性を犠牲にしないよう設計されています。
prod166067_Black_NE_01ncg.jpg
ホイールセット Mavic Cosmic Pro Carbon Exalith
タイヤ Mavic Yksion Pro

Mavic Cosmic Proカーボンホイールは、フレームの空力特性をサポートするため、視覚的にも技術的にもレーシングバイクに適合します。
走行中横風の影響は限定的ではありますが、あるそうです。

Wilier - Cento10NDR (Dura Ace - 2018) 定価 ¥1029900➝38%オフ ¥635900

2020年03月21日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 GT GRADE ALLOY ELITE  新型トリプルトライアングル「フローティングステイ」について


ci-921768_5 (1)
2020 GT GRADE ALLOY ELITE
シフター Shimano Claris、2×8
ハンドル GT DropTune RS、アルミ、10°フレア
グリップ Velo Cork、3mm
ステム 6061 アルミ、31.8、7°

米国オフロードブランドGTのアルミクラリススペック グラベルロード「2020 GT GRADE ALLOY ELITE」。
元々は2019 GT GRADE ALLOY COMPがモデルチェンジしたモデルで、前後スルーアクスル化にフローティングシートステイを2020年モデルから採用してきたモデルですね。
つまりグラベル色が濃くなったと言えます。



cc-gt-graallclaris_2hgf.jpg
2019 GT GRADE ALLOY COMP
(´・ω・`)元々は 「GT GRADE ALLOY COMP」という名称でして、アルミフレームにコンポーネントはクラリス仕様、ブレーキはワイヤー式のメカニカルディスク仕様(前後160mmローター)。
ドイツシュワルベ「Schwalbe Road Cruiser、700 x 32c、K-guard」でした。
一応グラベルモデルでしたが、QR方式を採用したエントリー系グラベルですね。
cc-gt-graallclaris_13cds.jpg
トリプルトライアングル
で前年モデルのGT GRADE ALLOY COMPって、旧トリプルトライアングル仕様だったんですよ。
シートチューブの外側をシートステーが伸びていくことで、フレームの強度と剛性を確保しながらタイヤクリアランスを確保。
2本のシートステーを地面と平行にすることで、高い衝撃吸収性を発揮していたわけですが。

ただこの前年モデル2019 GT GRADE ALLOY COMPに関してなんですけど。
見ての通り、シートチューブとシートステーが接合しているんですよ。


ci-921768_6.jpg
フローティングシートステイ
サドル GT Pavement、スチールレール
シートポスト アルミ、15mm オフセット、27.2mm

これが2020年モデルのGT GRADE ALLOY ELITEとなると、シートステーがシートチューブが完全に離れて分離した形状になっています。つまり2020年モデルから「フローティングデザイン」によって快適性や乗り心地面を向上させている訳ですね。

この2020年モデルの新型フローティングデザインって、結構侮れなくてですね。
乗り心地も良くなる上に、明らかに路面からのショックや振動に強くなっている印象を受けました。
あくまで個人的には、MTBのリアサスが実際に装備されたグラベル……という感想。
ci-921768_4.jpg
タイヤ  WTB Riddler Comp、700×37c、tan sidewall

あとタイヤサイズ2020年モデルから拡張されたじゃないですか?
Schwalbe Road Cruiser、700 x 32c、K-guard(2019モデル)➝ WTB Riddler Comp、700×37c、tan sidewall(2020モデル)
よりタイヤサイズも、グラベル系に近い形に。

(´・ω・`)フレーム素材は違うんですが、GT GRADE カーボンシリーズでの試乗の感想だけど。
やはり32C➝37Cに拡張された事によって、MTB感が強まってました。
つまり、エントリーモデルですが、かなりMTB寄りのグラベルかな? 
流石に試乗時は悪路ではなかったけど、相当突き上げや過酷な路面に強そう。
更に新型のフローティングシートステーが、サスペンションの様に機能する訳ですから。
37Cサイズタイヤと、ショックに強そうな新型フレームのお蔭で間違いなく2019年モデルよりも、MTB寄りというか非舗装路に強い一台になっていますね。

旧2020年GT GRADE ALLOY COMPのタイヤサイズは32Cなので、どちらかというとツーリングやバイクパッキング向けの仕様だったかと。
ci-921768_3.jpg
GT GRADEシリーズのフレームって、まるでツーリング&ロングライドモデルをMTB化したかのような、乗り味なんですよね。
ですので路面を捕らえて離さない走行感が特徴。
その上で、走破性を発揮したり巡行する事が得意なんじゃないかと。
ですのでトレイルや山道で乗りこなすのにも向いているし、その場所まで移動するまで遠乗りに向いているかな。
ci-921768_10.jpg
All-New Grade カーボンフォーク、テーパードカーボンコラム、 フェンダー・パニアバッグマウント(4穴)
12×142 スルーアクスル
ハブ Formula、(F)12×100、(R)12×142

ブレーキ Tektro 機械式ディスク、160mm ローター
ですので、剛性を強化する上で前後スルーアクスル化したりしたのは、よりGT GRADEの悪路走破性やコントロール性を高めるうえでバックアップ的な効果があったのではないかと。

標準で37cのタイヤですし。タイヤクリアランスは最大42mmまで対応。ホイールを変更することで650BサイズタイヤもOK。
(´・ω・`)ただ、個人的には……やはり37Cクラスでちょうどいいかな?
これ以上タイヤサイズを大きくすると、完全にMTB寄りになってしまうような。
調度37C程度が、ロードとMTBの中間位でいい感じだったんですよね。
ci-921768_7.jpg
フレーム  All New Grade アルミ、EnduRoad Triple Triangle デザイン
見ての通りトップチューブにダボ穴が用意されています。アルミモデルにはシートステイにボトルダボまで用意。
確かにバイクパッキングやツーリングに使用する分には、これ以上もなく頼もしいモデルはないでしょう。
路面を捕らえるような、安定性も確保してある。
ci-921768_9.jpg
クランク FSA Tempo Adventure、48/32、170mm(510 Size)
ci-921768_8.jpg
リム WTB ST i23 TCS、28h、チューブレスレディ
ディレーラー Shimano Claris、フロント 直付
リアスプロケット Sunrace、11-34、8スピード

ちなみに悪路でも高速性やスピード性があるかどうかは不明ですが、悪路においての走破性とショック吸収性に関しては他のグラベルモデルを圧倒する性能を有しています。
やはりその辺は、MTB系発のグラベルモデルなんですよね。
仮にタイヤサイズを細くしロードとして使用するなら、振動減衰機能を装備したラピエールエンデュランスモデルPULSIUMみたいな走りをするんじゃないかと。
《在庫あり》ライトカギプレゼント GT 2020年 GRADE ALLOY ELITE グレードアロイエリート 700C グラベルロード

2020年03月20日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 Ridley X-Bow ディスク (Tiagra )  競技性を高めた10万円台ロングセラーシクロクロスモデル!

prod194558_Empress Grey - Blue_NE_01
Ridley - X-Bow ディスク (Tiagra - 2020)

エントリー系シクロクロスモデルのRidley X-Bowは2012年から続くロングセラー系シクロクロスモデル。
X-BOWは7000系ダブルバテッドアルミを採用したシクロクロスで、現在はディスク化していますね。
リドレー社CXラインナップ中エントリーグレードに当たるシクロクロスモデルながら、オフロード競技で使用する事を前提にしたパフォーマンスを有しています。

これからシクロクロス競技を始めたいユーザーを対象に、レースからや通勤・通学まで幅広く使えるように造られたこのX-BOWは、リドレーらしい堅実な造りをした、ベルギーシクロクロスモデルですね。
prod194558_Empress Grey - Blue_NE_12
X-Bowシリーズについて
エントリーモデルにもかかわらず、オフロードで生きてくる構成とパフォーマンスを提供。
X-Bowは、非常に用途の広いオールロードバイクです。シクロクロスの世界に足を踏み入れたばかりの人には理想的なエントリーモデルですが、ロードバイクやグラベルバイクとしても機能。
シクロクロス競技も視野に入れているので、33mmサイズのタイヤですが。最大36mmのタイヤクリアランスを確保しており、タイヤを交換するだけですぐに使用できます。
上位モデルのX-NightやX-Rideよりもリラックスしたジオメトリにより、すべての地形で快適に走行できます。
特に悪路の際、その美しい快適性を発揮します。
泥除け用のマウントと、通勤や街乗りで使用する為のリアラックも装備。
prod194558_Empress Grey - Blue_NE_05
ブレーキ Avid BB7
ホイール Forza CXD
タイヤ Donnelly MXP ワイヤード 33mm


X-Bow Discについて
フラットマウントディスクブレーキを装備したX-Bow Discは、冬季に開催されるシクロクロスレースでの使用を視野に入れています。
その為のディスクブレーキで。あらゆる気象条件で正確な制動力を提供。
(´・ω・`)もちろん、日曜日などの休日での移動も考えており、泥だらけのトウモロコシ畑の脇や、滑らかな草が茂った牧草地での使用もOK。
冬のトレーニングや通勤用自転車に使用できます。
prod194558_Empress Grey - Blue_NE_06
エントリー系アルミシクロクロスなので、堅牢に製作されています。
多少重量感のあるシクロクロスモデルですが、踏み込みと軽やかに加速し、スピードに乗せる事が得意。
prod194558_Empress Grey - Blue_NE_03
ハンドルバー  Forza Stratos
ステム  Forza Stratos

ハンドルやステムはフォルツァ製で固めていますね。
フォルツァはリドレーフレームセットのフォークなどを共同開発する深い関係にあります。
シクロクロス関係のホイール、ステム、ハンドルバー、シートポスト、サドルを得意とするロードパーツブランド。

X-Bowの乗り心地は非常に滑らかで、悪路における低速での推進性や加速性を重視しているので効率的に走破していきます。
また登りや傾斜、スプリントなどにおいては出力が高いのでこなせますが、ロードバイクの様に継続して速度が出せる訳ではありません。
(´・ω・`)その辺は典型的なシクロクロスモデルですね。グラベルとは違い、走破性や難所を走破する事に重点を置いている訳か。
prod194558_Empress Grey - Blue_NE_04
フォーク Zornic Disc
アロイステアラーを備えたベント形状のカーボンフォークが装備されています。
prod194558_Empress Grey - Blue_NE_08
フレーム X-Bow Disc 7005-T6 アロイ
7005-T6アルミを使用したRidleyのクラシックなトップチューブジオメトリ。
X-Bowのチューブはシクロクロス競技での強度を重視しているので肉厚。
軽量性よりも転んだりした場合に耐えられる強度を重視しています。
prod194558_Empress Grey - Blue_NE_01jf
ドライブトレイン Shimano Tiagra 2x10 スピード
クランクセット FSA Omega 46/36T
カセット Shimano Tiagra HG500 11-32T

高い強度を獲得したシクロクロスモデルですが、重量面においては10kgを越えるので重量上のペナルティがあるモデルです。
見ての通り10万円台という予算に適した、ティアグラスペックですね。
BB位置はシクロクロスモデルらしく高めに設定。
prod194558_Empress Grey - Blue_NE_07
ケーブル系はフレームを担いだり、泥などから保護する為にトップチューブ上に配置
森の中や山中などにおいてX-Bowの走りが生きてきます。

木の根の周りを素早く走破。精確なターンをこなします。
硬めのフレームなので未舗装路からの突き上げはありますが、振動を非常によく吸収するフレームでもあります。
シクロクロス競技用モデルだけあって、自信を持ってトレイルから道路まで使用可能。
prod194558_Empress Grey - Blue_NE_02
prod194558_Empress Grey - Blue_NE_11
prod194558_Empress Grey - Blue_NE_10
シートポスト Forza Stratos
サドル Forza Stratos

泥除け用のマウントとリアラックがあるので、 X-Bowを通勤通学などの普段使いに関しても万能。
prod194558_Empress Grey - Blue_NE_09
わずか¥109999で、競技性に視野を置いた数少ないシクロクロスモデルと言えるでしょう。
本モデルに採用されている700×33Cのタイヤサイズでもかなりの安定性があると思いますが。
更に安定性と走破性を求めるなた700×35Cサイズにしても、面白そうですね。
2012年モデルから続くロングセラーシリーズですが、むしろグラベルやシクロクロスがブームになった現在において注目されるシクロクロスモデルです。
Ridley X-Bow Disc Tiagra Cyclocross Bike (2020)

2020年03月19日 トラックバック(-) コメント(-)

新型コロナウイルス対策にナルーマスクを使用してみた感想

201702211018524bbhuo.jpg

こんにちは。花粉症の管理人です。
最近コロナウィルスの影響で、全然マスクが売っていませんよね?
結構マスクが無いと外出時死活問題なのですが、最近はこのナルーマスクで凌いでいます。
20170221101850e24huo.jpg
NAROO MASK X5s
アウトドアスポーツ用スポーツマスク、「ナルーマスク」。
前後2面のリバーシブルフィルター構造で、こちら側は空気中のホコリをより細かく除去し防寒効果が高い「目の細かいフィルター面」。
以前から花粉のシーズンに、愛用している事もありまして。
バイクで通勤中呼吸が楽なので、大変助かっています。
(´・ω・`)そう、実は本来花粉の時期でも呼吸し易いマスクはないか? という事で使用し始めたのがきっかけです。
普通のマスクでバイクに乗ると、兎に角呼吸が苦しくなりますから。
20170221101840e00jijojop.jpg
PM2.5程度なら100%除去可能だそうだ。
20170221101841176 vc
反対側のリバーシブルフィルターは、多くの酸素が必要な場合や口の中に虫が入るのを防止する「目の粗いフィルター面」。
(´・ω・`)基本こっち側は使っていないですね。
花粉にはあまり効果がない。
やはり説明通り、虫やごみが口の中に入るのを防ぐ為のフィルター面。

ナルーマスクのいい所は、何度でも洗って使える点ですね。
基本的に手洗いという形になります。
私は入浴時に、洗剤かシャンプーで簡単にお湯洗いしていますが。
何度洗っても、フィルター機能が落ちないんですよ。つまり、使い捨てのマスクとは違い洗えば何度でも使える点が長所。
一晩風通しの良い場所に干しておけば、とりあえず乾きます。
一枚用意しておけば、ワンシーズンは確実に持ちますね。
adpDSC_4362-750x500.jpg
実際街中でナルーマスクを使用してみるとどうか?
(´・ω・`)実は、コロナウィルスが流行する以前は多少の威圧感を与えるので、出来るだけスーパーやコンビニの店内では外していたのですが。
(ちなみに、簡単にマスクの様にナルーマスクを下げて口元を開ける事も可能)

普通に着用したままでも、問題なかったです。
やはり最近ブラックのマスクが出ていますし。それにこのご時世ですからむしろナルーマスクをしている方が、周囲にも安心感をあたえる様です。
最近はマスクをしているのがマナーみたいな風潮ですので。
admDSC_4313-750x500.jpg
あとコンビニ入店時や銀行などでは、強盗と勘違いされない様に一応入店する際外しておきます。
(´・ω・`)気にしすぎかもしれませんが、それなりに威圧感のあるマスクでもあるので。
ただ、着用したまま会計してしまった事もありましたが、特に気にされた様子はありませんでした。

DSCN5369jufyhio.jpg
NAROO MASK F5S
ナルーマスクにおいて、最も高機能のフィルターが搭載されたモデル。
Fシリーズという、花粉対策用。縦にじゃばらになっていて、そのおかげで花粉が99%防御可能。
鼻の形にフィットするので、脇から花粉が入ってこないそうだ。
防塵機能を、更に強化したタイプですね。
81Y9E7ngCbhoi.jpg
基本花粉程度なら、呼吸時に防御可能なスポーツマスクだ。
ただコロナウイルスの大きさは直径80-220ナノメートル(10億分の1メートル)ですから、コロナウィルスには効果がないと思いますが。
ただ、クシャミなどの飛散防止や花粉程度にはかなりの効果が期待出来ます。
20171122150529903hoi.jpg
(´・ω・`)試しに、試着用に用意されたF5Sを試着した事があるんですが。
全体的にフィットして、鼻から頬が密着しているので、全然外気が侵入してこない。
X5Sより面積があるんですけど、より密着度とフィルター性にこだわった感じがしました。
NAROO MASK F5Sには、鼻の部分に密着度を増す為にフレームまで入っています。

呼吸はX5Sと同様に楽でしたので、普通に激しい運動をしても問題無し。
201711221528108bfho.jpg
見ての通り伸縮性もあります。
とりあえずスポーツマスクの中においても、最も呼吸し易い製品なのは間違いないです。

(´・ω・`)ただ、コロナウィルスの感染防止というよりは、マナー対策として日常でナルーマスクを愛用しています。
実際通常のマスクが手に入らない状態ですし。一応代用品としてしっかり使えていますよ。
以前とは違い、ナルーマスクをしていた方が相手に安心感を与える様です。
去年は花粉のシーズンだけ使用していましたが、今年はしばらく使用し続ける事になりそう。
でもナルーマスクを持っているだけで、通常のマスクを求めてドラッグストアーに並ぶ必要がないだけでも実にありがたい存在です。
NAROO MASK ナルーマスク X5S 【花粉対策】【UVカット】【オールシーズン】

NAROO MASK ナルーマスク F5S 【花粉対策】【UVカット】

2020年03月18日 トラックバック(-) コメント(-)

Daytona PotteringBike DE03試乗体験インプレ  まるでスピードミニベロ電動アシストモデルだ!


DSCN8650vsd (2)
Daytona PotteringBike DE03

オートバイのアフターパーツメーカーDaytonaの電動アシストモデル「Daytona PotteringBike DE03」に試乗しました。
(´・ω・`)見た目クラシカルに見えるでしょ? これ、ビュンビュン跳ねる様に走る電動アシストミニベロなんですよね。

車重はなんと16.2kg(バッテリー含む)とかなり抑えています。
一見クロモリフレームに見えますが、アルミのダイヤモンド型フレームを採用。見た目細いですけどね。
DSCN8654vds (2)
オートバイ系パーツブランドDaytonaの自転車好きが集まって製作した、電動アシスト自転車。
制御ユニットなどの配置をオートバイと同じくしたり、どことなくオートバイのテイストも楽しめる。
折り畳みモデルなども、展開。
DSCN8660vds (2)
DSCN8660vds (1)
こうやってDaytona PotteringBike DE03をカスタマイズしたりして、遊んだりもするそうだ。
ブルホーンバーなど、スポーツテイストのカスタマイズですね。
なんでスポーティーなカスタマイズかというと、実際良く走るフレームだから。
DSCN8656vsd (1)
Daytona PotteringBike DE03試乗体験インプレ

①相当速い!! 

かなりのスピードミニベロですね。特にゼロ加速性が高い。
特にスタート時とアシストがシンクロしています。
アシストがパワーがあるというか、華麗なんですよね。

②スピードを維持したり、スポーティーに走ることに徹した走り。
基本アシストモードは一択なので、変にアシストモードを選択する手間がない。
つまり、ペダルを回す事に専念出来る訳ですよ。
このダイヤモンド型フレームと451ホイールの、走行性能がやたらスポーティー。
ですので、その走りをアシストユニットがバックアップしてくる印象を受けました。

③アシストユニットを切ると、スピードミニベロそのものの走りをする!
(´・ω・`)あんまりよく走るので、アシストモードを切って走って見ましたが。
走りは20インチホイールのスピードミニベロそのもの。
アルミ型ダイヤモンドフレームの剛性がしっかりしていて、特に連続した加速が上手く繋がっている感じ。
特にトップスピード高目で走っていると、実にスピード感が爽快です。
フラットバーハンドルですが、普通にドロップハンドル仕様にしても楽しそうだ。
何気にアシストユニットよりもこの細身のアルミフレームの完成度に驚いてしまった。
このダイヤモンド型フレームはどこが製作したんだろう??

DSCN8658jioj (1)
短いストロークで小気味良く決まるマイクロシフトを採用。
ちなみにベルはブレーキレバーのホルダーと一体化している。
アシストモードは選択の必要が無いので、アシストパワーをコントロールするパネルが存在しないシンプル設計。
ですのでヘッドライトやサイクルコンピューターなど、後付けて設置し易い環境になっています。

DSCN8658jioj (2)
バッテリー 36V/6.6A リチウムイオン
充電時間 4〜5時間

バッテリーはブラウンレザーのカバーに収納されていたので、言われないとバッテリーとは気が付かない。
また携帯電話等の、充電に便利なUSB出力端子も用意されている。
基本このバッテリー本体に電源スイッチが用意されており、スイッチを押すとアシストが加わるギミックが用意されていた。
つまりこのレザーなバッテリー本体が、アシストコントロールパネルを兼ねている。
DSCN8656vsd (2)
ディレーラー マイクロシフト RD-R32S
フリーホイール/カセット 8速 カセット式/11-30T
変速 8段変速

見ての通り、モーター部はリアホイール内に収納されている。
特にモーター部に関して、重量感とかは感じなかったけど。
割と斜め方向から見ると、電動アシストモデルだということは分かる。

基本バッテリーが切れても、快速で疾走する事が出来るスピードミニベロ。
むしろバッテリーが切れても、スピード系ミニベロ本来の走りが出来る訳だ。
DSCN8654vds (1)
左右可倒式のペダルを採用することで保管時のスペースを確保。ステムも折り畳めるので自転車がスマートに。
注目は制御コントロールユニットがチェーンステーとBB接合部分に設置されている点。
オートバイと同様の配置にしたそうだ。
リアのトルクセンサーから信号を読み取り、繊細な脚力の加減を忠実にトレース。
(´・ω・`)特にアシストモードをコントロールしなくても、シンプルにアシストを楽しめる点がいい感じ。
まるで脚で、アシストコントロールしている感覚に襲われた。
DSCN8651vr (2)
サドルやグリップ、バッテリーケースなどはレバーでデザインされており、かなりクラシカル感が強い。
個人的にはスポーティーなフレームに、クラシカルなパーツを取り付けた印象を受ける。
なんとなく、ビアンキのレトロ系ミニベロに近い。
DSCN8651vr (1)
補助最高速 24Km/h(規制値)
航続距離※1 約45Km
リアモーター DC36V-250W
ホイールは、20インチでも外径の大きいETRTO-451のホイールを採用。タイヤは、KENDA K-1018 (20×1-1/8) 仏式バルブ。

実は仏式バルブを採用した、珍しい電動アシストモデルだ。
高速走行を最初から想定している。
Daytona PotteringBike DE03

2020年03月17日 トラックバック(-) コメント(-)

Wilier Cento1 Air Ultegra Di2  60Tカーボンを採用 軽量で剛性、快適性、応答性の完璧なバランスを追求


Wilier-Cento1-Air-Road-Bike-Ultegra-Di2-2018-Road-Bikes-Red-White-2018-E803L6-6A12-7.jpg
Wilier Cento1 Air Road Bike (Ultegra Di2 - 2019)
WILIERのスピード性と快適性重視のエアロロードバイク「Wilier Cento1 Air」。
カムテールデザインを採用したミドルグレードレーシング系エアロバイク。
スピードのためにハンドリングを犠牲にしない、上品デザインなエアロロードバイクですね。
かつてのWilierフラッグシップモデルモデルに、エアロ性能と快適性を加えた形で開発された経緯があります。

カーボン素材は60TON
2019年モデルWilier Cento1 Air からフレーム素材は60T カーボンになります。
(46Tカーボンを使用したCento1 Airは、2018年モデルで終了)
優れたモノコックカーボンフレームを構築するために、Wilierは、可能な限り軽量で剛性、快適性、応答性の完璧なバランスを求めました。
Wilier Cento1 Airは更に剛性を高めたWilier Cento10によって、トップグレードに取って代わられましたが。
エアロロードバイクとしての性能はまだ十分なものがあります。
Wilier-Cento1-Air-Road-Bike-Ultegra-Di2-2018-Road-Bikes-Red-White-2018-E803L6-6A12-7 (sx1)
フレーム及びフォークの重量は1200gおよび360g。
最高の空力効率を目指して、Cento1 Airにはエアロフォーク、シートポスト、リアステイが付属しています。 統合されたケーブル、3Dドロップアウト、非対称のリアアーム採用した軽量エアロロード。
このデラックスエアロマシンは、風を切り裂くように作られています。
見ての通りインテグレーテッド設計のフォーククラウンは、空力性能を考慮したつなぎ目になっている。
エアロ性能を考慮してフレームと一体でフォークも設計。

ドライブトレインへの仕様はきちんとしており、Shimano Ultegra Di2を採用してスムーズで迅速な電動変速性能を提供。
Shimano WH-RS500ホイールセットを搭載したこの軽量カーボンエアロマシンは、レースでの使用を視野に入れている。
空力性能を考慮して設計されたCarbon 60Tフレームとフォークの組み合わせは、剛性、快適性、および軽量化の完璧なバランスを実現。

Wilier-Cento1-Air-Road-Bike-Ultegra-Di2-2018-Road-Bikes-White-Blue-2018-E803L6-4A11.jpg
ブレーキ・シフトレバー  Shimano Ultegra 8050

Wilier Cento1 Air の走行性能について
見た目は、美しいイタリアンエアロフレームが特徴。
基本的に楽なペースでエアロ性能を発揮するエアロロード。
990gのCento10より、Cento1 Air(1200g)の方がフレーム重量は多少かさみます。
しかし60Tカーボンを採用している恩恵で、フレームが硬く加速や推進性が優れている点が特徴。
割とスピード向きのエアロロードです。

ハードな乗り心地のバイクですが、路面からの衝撃にはしっかり対応するエアロフレーム。
ハンドリングはくぼみ、街乗りなどでの交通など自信を持って操作することが出来ます。
通常のエアロ型バイクよりも登板性能が高い側面も。
流石にCento10程ではないにしても、登りもこなせるエアロロードですね。
prod176199_Black - Red_NE_01vds
Wilier Cento 10 PRO Ult Di2
ちなみにCento 10の場合は高速で俊敏性が高いのが特徴。
また巡行性が高く、速度に乗った際の安定性が高い点も長所ですね。
登りだけでではなく、下りでの安定性の高さも定評があります。さすがフレーム重量990gなだけはありますね。

(´・ω・`)現在では平地だけではなく、登り下り性能が高いエアロロードモデルが増えつつありますが。
Cento 10 は登板性能や下りでの走りを意識した、エアロロードな訳か。
あくまで平地のみのエアロ性能を発揮するエアロロードではなく、快適性が高く万能な最新のオールラウンド系エアロロードととらえた方がいいかもしれませんね。やはり2018年にデビューした新型なだけはあるか。
快適性とオールラウンド性を生かし、耐久系エンデューロレースにも。
Wilier-Cento1-Air-Road-Bike-Ultegra-Di2-2018-Road-Bikes-Red-White-2018-E803L6-6A12-13.jpg
ヘッドセット Ritchey Pro
フォーク Carbon Monocoque Fibre 60TON
グラスアワー形状のヘッドチューブと、スリムで角張った形のクラウンを備えたブレードフォークを備えたスリムなエアロ形状を有しています。
wilier伝統のハルバードマークもヘッドにあしらわれていますね。
Wilier-Cento1-Air-Road-Bike-Ultegra-Di2-2018-Road-Bikes-Red-White-2018-E803L6-6A12-8.jpg
フレーム Carbon Monocoque Fibre 60TON

Wilier-Cento1-Air-Road-Bike-Ultegra-Di2-2018-Road-Bikes-Red-White-2018-E803L6-6A12-9.jpg
1552/5000
エアロリアステイについて。
Wilier Cento1AIR開発段階において、後部斜めシートステーを可能な限り低い形にすると、フレームの空力特性が改善されることを発見。
ですのでCento1AIRは、UCI標準内でステーを可能な限り低く設定。
更にリアブレーキは完全にステーで覆われています。
他の多くのフレーム部品と同様に、ステーもカムテール形状に従って設計されています。
Wilier-Cento1-Air-Road-Bike-Ultegra-Di2-2018-Road-Bikes-Red-White-2018-E803L6-6A12-10.jpg
リアに関しては、エアロ形状のシートチューブにチアホイールに沿ってカット。
まるでタイムトライアルバイクに近い形状になっています。
Ritchey製 専用のブレード付きカーボンシートポストも同様にエアロ形状になっています。
Wilier-Cento1-Air-Road-Bike-Ultegra-Di2-2018-Road-Bikes-Red-White-2018-E803L6-6A12-12.jpg
チェーンセット Shimano Ultegra 8050, 11-speed
BB Shimano Ultegra PressFit
Wilier-Cento1-Air-Road-Bike-Ultegra-Di2-2018-Road-Bikes-Red-White-2018-E803L6-6A12-11.jpg
ホイールセット Shimano WH-RS500
タイヤ  Vittoria Zaffiro Pro

Wilier-Cento1-Air-Road-Bike-Ultegra-Di2-2018-Road-Bikes-Red-White-2018-E803L6-6A12-14.jpg
Wilier Cento1 Air Road Bike (Ultegra Di2 - 2019)

2020年03月16日 トラックバック(-) コメント(-)

BREEZER RADAR EXPERT  米国でグラベル好きのオーナーが、勝手に組んだ様なユニークな仕様

radarexp_feq.jpg
BREEZER RADAR EXPERT
米国BREEZER BIKESのフルクロモリグラベルロード RADAR EXPERTなんですが。
このRADAR EXPERTって、まるで米国でグラベル好きのオーナーが勝手に組んだ様なユニークな仕様になっています。

何が凄いかってシフターはロード用コンポSORAスペック。
ドライブトレインはMTB用コンポーネントShimano Deore仕様になっている点です。
ロード系コンポとMTB系コンポを組み合わせている点が、まるでグラベルロード黎明期みたいですね。

radarexp_3.jpg
フォーク Chromoly disc, 1 1/8", QR w/rack, fender & side bottle mounts
ブレーキ Tektro Spyre C hydraulic caliper
ホイールセット WTB STP i23 TCS disc, tubeless compatible, Formula sealed bearing hubs, 14g SS spokes, 32H
タイヤ WTB Riddler Race, 700×45c, wire bead


販売価格は12万円台ですが、足回りとかベテランユーザーが組んだかのような凄まじさw
ブレーキは通常のSORA機械式レバーで操作できる、ハイブリッドタイプの油圧ディスクブレーキ。
(対向ピストンの油圧&機械式ディスクブレーキ)
ブレーキ本体にマスターシリンダーと対向ピストンが用意されており、それをワイヤーケーブルで引く事で強力な制動力を得る形になっています。
(´・ω・`)コストはかけずに、強力なストッピングパワーを得る為に考え抜かれていますね。
惹き心地はSORAのワイヤーではありますが、制動力は油圧か……。


更にタイヤサイズも通好み。元々BREEZER はMTB黎明期にJoe Breezerが立ち上げた名門オフロードブランドだけあって、タイヤサイズも山などでの使用も視野においているので700×45Cサイズを採用。

グラベル用タイヤWTB Riddlerは、舗装路での使用も視野に入れているグラベル用バイクで最小限の抵抗で舗装路においても上手く転がることができます。
(舗装路、泥道、砂利道、そして岩場を伴った悪路などどこにでも走破可能なグラベル用タイヤ)
幅広の45Cサイズ耐パンク性タイヤは、岩場などを走破しつつ過酷な悪路においても巡行する事を目的としたサイズ。
radarexp_1.jpg
ハンドルバー Oval Concepts 325, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 125mm drop, 25 degree flare, 4 degree sweep
ステム Breezer B-Road, 3D-forged 6061 stem body, +/-6 degree

シフター Shimano Sora, 9-speed
更にハンドルバーはグラベル用フレアタイプ。米国FUJIと同じですね。
(´・ω・`)ロード系ハンドルではなく、最初からオフロード用ドロップハンドルを用意してくれたか。
SORAスペックのシフターなので、通常のドロップハンドルかもしれないと危惧したのですが。
やはりその辺はBreezerですね。
ハの字に開いたハンドルが特徴で、最初から非舗装路における安定性を保つためのハンドル形状をしっかり用意してあります。
案外注目点はSORAシフターより、このフレアハンドルかもしれませんね。
ハンドル形状で、全然グラベルって走行感が変わりますから。
radarexp_2.jpg
ヘッドセット FSA 1 1/8” Threadless, 6.5mm Aluminum Top Cover
最大で2.1インチのオフロードタイヤを装着することも可能なタイヤクリアランス。
radarexp_4.jpg
フレーム Breezer butted chromoly steel, BSA threaded BB, Apex disc mount 135mm QR
ダブルバテッドのクロモリで構成されるフレームとフォークには、ラックマウントはもちろんのこと全部で5つものボトルケージ台座が装備。
パニアをつけるクリアランスは充分にあり、チェーンステー長を長くしてたくさん荷物を積載した際の走行安定性を高めた設計。
radarexp_8.jpg
radarexp_5.jpg
ちなみにあえてスルーアクスルを見送り、クイックリリース式を採用。
あえてクイックリリース式にした訳は一応理由があって、ツーリング時において20年以上も前から流通している135cmのディスクハブの方が、入手し易いのでは? というのが理由。
BB下がりが75mmと低く、チェーンステー長は457mmと長めに取られており、低重心で直進安定性が高い。
radarexp_6.jpg
フロントディレーラー Shimano T4000
クランク Breezer 2-pc w/hollow axle, 46/30T
カセット Shimano HG, 11-36t, 9-Speed
リアディレーラー Shimano Deore, long cage
リアスプロケットはワイドレンジでフロントは46×30のチェーンリングを採用し、急な登り坂や下り、また目一杯荷物を積んだ状態であっても最適なギア調整が可能。

(´・ω・`)なんだかドライブトレインが凄い事になっていますね。
シフターはSORAですが、リアは11-36Tのスーパーワイドなギア比。
更にクランクはBreezer 2-pc wで、46/30Tになっていますね。
あ、そうか。これギア比1:1以下を実現しているやんか? ツーリング時における登板性能も重視している訳か。
コストかけなくても、ここまで面白いドライブトレイン構成って可能なんですね。
radarexp_9.jpg
サドル WTB Volt Sport, Satin Steel Rail
シートポスト Breezer Setback, 6061 alloy, 27.2mm diameter

サドルは米国WTB製WTB Volt。
MTBエンデューロやオールマウンテンなどに使用されるサドルです。
座り心地を重視。
radarexp_10.jpg

RADAR EXPERT(ラダーエキスパート) BREEZER(ブリーザー) グラベルロード/シクロクロスバイク

2020年03月15日 トラックバック(-) コメント(-)

Wiggle売れ筋エアロロードモデルまとめ(2020年3月14日)

Wiggle売れ筋エアロロードモデルまとめ(2020年3月14日)です。

思ったよりも60万円クラスの、ハイエンドのエアロロードモデルが人気で驚きました。
Wilier、De Rosaなどのハイエンドエアロモデルが動いていますね。

てっきり20万円台のリーズナブルなモデルが人気と思ったら、意外な結果に。
とはいえやはり30万円台エアロロード&Shimano Ultegra仕様モデルが、上位にランクインしています。

(´・ω・`)SRAM Red ETAP仕様や、Shimano Ultegra Di2など、エアロフレームだけではなくコンポーネントのクラスも電動系を求める層が多いって言う事か。
てっきり105油圧系ドライブトレイン搭載モデルの方が人気出ていると思い込んでいたのですけどね。
売り上げ1位
prod188064_White - Red_NE_01guy
Orro - Venturi Aero 8070 (2020)
定価 ¥419999➝9%オフ¥378000

電動アルテグラ仕様のVenturi Aero 8070が、エアロロード打ち上げ一位。

軽量で高剛性の高いエアロフレーム&Shimano Ultegra Di2を採用しているのに37万円台という格安価格が受けているのですね。

電動シフトを採用しています。
このOrro Venturi Aero 8070 の場合、レース時におけるサーキットでの使用を想定し。
レースでの使用を考えてShimano Ultegra Di2ドライブトレインを装備。
油圧Shimano Ultegra 8000 Hydraulic Discブレーキが付いてくるのも魅力的。
また英国Orroはパーツのコスパが高い点も特徴。
Fulcrum R400ホイール×Continental Grand Sport Race 28cの組み合わせです。

(´・ω・`)ちなみに105油圧スペックのOrro Venturi Evo 105 Hydro Team30 (2020) ¥229999も売り上げ5位にランクイン。
Orro Venturi エアロロードシリーズは好調ですね。



売り上げ2位
prod183348_Carbon-Fire Chameleon_NE_02
Vitus - ZX1 CRS ロードバイク (Ultegra - 2020)
¥349999
フランスVitus時代から続く、伝統的なエアロカーボンモデルVITUS ZX-1。
1991年から続く、Vitusオリジナルのエアロレースバイクです。

このZX-1ディスクは、Shimano Ultegra R8000 11スピードグループセット、Ultegra油圧式フラットマウントディスクブレーキ。
足回りには、Prime Black Edition 50mm Full Carbon Clincher TL、ドイツSchwalbe Pro One Microskin Tubeless 25c Foldingタイヤを組み合わせています。
レースに適したShimano Ultegra R8000 11スピードグループセット&油圧ディスクを採用し、¥349999と圧倒的なリーズナブルさが受けています。
特に英国市場においても、ZX1の手頃な価格は大きな魅力の1つ。
これは、CRC / Wiggleグループが、コストを重視する顧客を真剣に受け止めた結果これだけの仕様とリーズナブルな価格になっています。


売り上げ3位
Wilier-Cento10NDR-Road-Bike-SRAM-Red-ETAP-2018-Road-Bikes-Red-2018-E802TE-6R2-1.jpg
Wilier Cento10NDR Road Bike (SRAM Red ETAP - 2019)
定価 ¥1100400➝38%オフ¥675900
ウィリエールのエンデューランスロードWilier Cento10NDR。
カムテール形状のエアロフレームにエラストマーを追加した、ソフトテールエンデューランスロード。

パフォーマンスと快適さを提供するレーシングフレームで、最先端のActiflexシステムがミリメートル単位の距離で後方の振動を吸収。

このCento10NDRは、ハイエンドの軽量空力バイクCento10AIRから派生したレース対応フレーム。
Cento10AIRの場合と同様、Wilierの新型エアロエンデューランスロードは、最高の空力効率でフレームチューブを設計できる航空アルゴリズムに従って開発されたカムテール形状のエアロロードだ。
(´・ω・`)フレームシートポストとシートステーの間にエラストマーを挿入することで振動吸収性を確保したモデルですね。
更に電動ワイヤーレスコンポーネントSRAM Red ETAPを採用。
カムテール系のエアロエンデューランスロードが売り上げ3位とは、ちょっと驚きました。


売り上げ4位
prod180529_Terra Black_NE_01
De Rosa - SK Record カーボン (2019)
定価 ¥799999➝20%オフ ¥638900
デローザのエアロロードDe Rosa SK  Campagnolo Record 12スピードグループセットです。
(´・ω・`)モデルチェンジ前のDe Rosa SKフレームですが、ウィグルで流通しているCampagnolo仕様の完成車は今の所2019年モデルのみ。
だから人気が出ているのかな?
ホイールはFulcrum Racing Quattro カーボン。

ついでに60年も続く、デローザ伝統のロゴが楽しめる。(2020年モデルから、デローザは新ロゴ採用)
意外にハイエンドのエアロロードも人気が高いっていうことか


売り上げ6位
prod191768_Carbon - White_NE_01yo
Cube - Litening C:68X Pro (2020)
¥449999
CUBEの新型エアロロードLITENING C:68X PRO。
プロコンチネンタルチームのワンティというチームが使用しており、夏頃にツールに実戦投入されたばかりの新型。
TTモデルのエアロ技術を、ロードに投入したモデルこそがLITENING C:68X PRO。
TTの技術を投入しているので高速巡行に長けており、平地だけに強いという訳ではなく登りにも強い。

TT技術を投入したフル内臓エアロフレームに、Litening C:68Xカーボン(最先端素材TeXtreme®カーボン……F1カーにも採用されている超軽量&高剛性カーボンと推測)まで投入したハイエンド機種ですが。
Shimano Ultegraコンポーネントなので、44万円台で楽しめる仕様になっています。

(´・ω・`)日本国内仕様ですと、Sram Red eTap AXS™仕様で軽く100万オーバーする機体です。
油圧アルテグラとはいえ、ウィグルですと40万円台で購入可能な点が受けているのでしょう。

2020年03月14日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 Cinelli Vigorelli Disc 105 Hydro  ピスト系クロモリCinelli Vigorelliがディスクモデル化へ

prod195631_Blue_NE_03cv.jpg
2020 Cinelli Vigorelli Disc 105 Hydro Road Bike


最近のCinelli Vigorelliと言えば、TEAM CINELLI CHROMEが駆るピストバイク「Cinelli Vigorelli スチールモデル」を多段式にしたロード版レプリカモデルが発売されていました。

元々固定ギア自転車レース用のピストモデルをベースに多段化したモデルを、今度は2020年モデルとして油圧ディスクした訳ですね。
(´・ω・`)なんだか凄い事になっていますね。元々クラシカルなデザインのピストモデルをベースに、105&油圧化した訳ですが。
ディスクモデルとはいえチネリクロモリの、デザインとカラーリング、グラフックスを楽しめるのが魅力。
maxresdefaultgrs.jpg
TEAM CINELLI CHROMEと共同開発した、Cinelli Vigorelli スチールフレーム。
トラックバイク譲りのジオメトリーとしつつ、BBハイトを高くする事で、地面とのクリアランスを確保。
フレームはRED HOOK CRITレースにおける、TEAM CINELLI CHROME優勝選手が開発に関わっている。

今回紹介している2020 Cinelli Vigorelli Disc 105 Hydro Road Bikeは、「Cinelli Vigorelli スチールフレーム」を105で多段化。更に初期の状態から、105油圧ディスクを用意したディスクロードモデルだ。
TEAM CINELLI CHROME Cinelli Vigorelli スチールフレームのロード版レプリカと言った所。
prod195631_Blue_NE_01.jpg
TEAM CINELLI CHROME Cinelli Vigorelli スチールフレームの油圧ディスクロード。

Cinelli Vigorelli Track Alu などに代表されるように「RED HOOK CRITレース」で活躍したCinelliのピストモデルがベース。
ライダーの間で高い評価を受けたCinelli Vigorelli スチールは、Columbus Thron チューブによる競技性の高いハンドリング性能を獲得。
主な特徴は以下の通りです。
①ペダルヒットを抑えた高目のBB
②ピスト用リア三角とシートチューブ。
③ヘッドチューブはロード用。
反応性を高める為に立てたシートアングル、

prod185426_Black_NE_01ngc.jpg
Cinelli Vigorelli スチールフレーム
本格ピストバイクレースを元にしたスチールモデルなので、メッセンジャーなどの速い乗り心地を探している方にお勧め。
更にディスク仕様スチールフレームの、快適性を楽しめるイタリアンバイクでもあります。
本来Cinelli Vigorelliはピストモデルとして、アルミモデルとクロモリフレームがありますが。
しかし今回のディスクモデルのベースは、アルミフレームのCinelli Vigorelli Track AluではなくCinelli Vigorelli スチールフレームを選択。
クロモリのしなりを活かして、ハンドリングのコントロール性や路面への快適性を狙っている。
つまりこの2020 Cinelli Vigorelli Disc 105は、ディスクブレーキ付ロードを求めているユーザーにも適したクロモり完成車になっています。
prod195631_Blue_NE_02.jpg
Cinelli Vigorelli Disc 105 Hydroロードバイクは、Shimano 105 2x11スピードドライブトレイン、105油圧ディスクブレーキ、Vision Team 30ホイールとImpac RacePacタイヤのロールを装備。
競技用ピストモデルをフレームのベースとしているので、バイク重量9.6kgと軽量な点も注目。
9kg台の軽量で堅牢な、ディスクスチールフレームロードとも言えます。
prod195631_Blue_NE_02fvesa.jpg
ハンドルバー Cinelli Alu
ステム Cinelli Alu

本来はピストモデルであるVIGORELLIのヘッドとカーボンフォークをディスクロード用に調整。
ロードバイクらしく仕上げた、ピスト系テイストを残したディスクロードが2020 Cinelli Vigorelli Disc 105ですね。
(´・ω・`)やはりどこかしらピストバイクとしてのデザインを上手く残している感じがします。
prod195631_Blue_NE_02v z
ディスクブレーキ Shimano 105 Hydraulic Disc
フォーク Columbus Futura Disc 1 1/8" - 1 1/2"
ホイール Vision Team 30 BT Disc
タイヤ Impac RacePac 700x25

フラットマウント仕様12mmスルーアクスルを採用。ディスクブレーキ化に伴いチェーンステーを5~6mmほど延長、かつパイプも厚みを調整。高いストッピングパワーに対応させた改良を加えている。
prod195631_Blue_NE_02ca.jpg
フレーム Columbus Thron tubeset
フレームはCinelli Vigorelli スチールフレームと同じくColumbus Thronチューブで構築。
Columbus Futura Carbonフォークと組み合わせています。
Columbus Thronチューブから設計されたこの汎用性の高いディスクロードは、荒れた地形でも安定して快適に使用できます。
Team Cinelli Chromeのプロレースチームと協力して開発され、パフォーマンスを最適化するため調整。
prod195631_Blue_NE_03gyiiuk.jpg
クロモリらしい細身のフレームに、ラメを配したブルー系のペイント、ロゴにはホログラムを採用。
デザインに関しても、従来のディスクロードには無いデザインになっている。
prod195631_Blue_NE_03vfad.jpg
ドライブトレイン Shimano 105 2x11 Hydraulic
すべての気象条件&勾配においてスピードの勢いを制御するために、Shimano 105 2x11-Speedグループセットが装備されています。
prod195631_Blue_NE_04khlo.jpg
prod195631_Blue_NE_03huiho.jpg
カセット Shimano 105 11x 11/32T
高速かつ安定したVision Team 30ホイール、グリップ力の高いImpac RacePacタイヤを採用し、どこでも快適さとコントロールを実現。
prod195631_Blue_NE_04.jpg
prod195631_Blue_NE_03gik.jpg
シートポスト Cinelli Alu
サドル  Cinelli SSM Monza

prod195631_Blue_NE_03bhk.jpg
ディスク仕様は通常のCinelli Vigorelli Roadよりもチェーンステー長を拡大。
安定性を重視している。さらにチェーンステーに使用されるパイプの厚みも調整。
よりディスクロードに適したチェーンステーに改良されている。

Cinelliチームバイクである、Vigorelli Trackスチールモデルのディスク化モデルとして2020年モデルよりモデルチェンジ。
元々Vigorelliトラックスチールモデル自体ユーザーに人気が高いモデルですが。
多段化したロードバージョンでもその人気は継続しており、今回のディスク化に繋がりました。

更にスルーアクスルは安定性と安全性を保証。 型破りなトラックバイク譲りのジオメトリーを有しつつ、ディスクロードとしてのパフォーマンスと制動性を有したバイクですね。
Cinelli Vigorelli Disc 105 Hydro Road Bike (2020)

2020年03月13日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 FELT BROAM40 14万でグラベルコンポShimano GRXを楽しめる


ci-760220_4.jpg
2020 FELT BROAM40 価格 146,520円 (税込)
2020 FELT BROAM40
フェルトのアルミグラベルロードFELT BROAM40ですが。
BROAM40の仕様って面白いんですよね。14万円台でシマノグラベル用コンポShimano GRXが楽しめるモデルです。
シフターはティアグラグレードなんですが、なんと前後ディレーラーにグラベル用コンポーネントShimano GRXRX400を採用。
更にクランクに、なんとミドルグレードのShimano GRX600を用意。
(´・ω・`)なんだこの仕様?? シフターはSHIMANO TIAGRA ST-4700ではないですか?
じゃあ、ディスクブレーキはメカニカル(機械式)? と思っていたらそうではないのです。
ci-760220_21.jpg
ブレーキ TRP HY/RD 油圧式ディスク、160/140mm ローター
フロントハブ Devox GR.1 ディスク、12 x 100mmスルーアクスル、6-ボルト、28H
ブレーキは、ワイヤー駆動式の油圧TRP Hy/Rd disc。
ワイヤー引きですが、ブレーキ内部のピストンを油圧で動かすバイブリッド方式。
つまり本来油圧ディスクブレーキに対応していない「SHIMANO TIAGRA ST-4700」でも油圧化可能な訳です。
ですので、制動力そのものは競技性を視野に入れた強力な制動力を確保。
つまりShimano 105ブレーキレバーなどでも扱える、油圧ピストン方式のディスクブレーキ。
ワイヤー引きでも制動力の高い油圧TRPのHY/RDが付いてくるので、14万円台といえど制動力を強化したタイプと言えます。



20191126153949b33b.jpg
2020 FELT BROAM30 価格 196,020円 (税込)
ハイエンドモデルのFELT BROAM30フロントダブル仕様のShimano GRX600をクランクに装備。
フロントディレーラーはトップグレードのShimano GRX810です。
実際に乗って、驚嘆した点がフロントShimano GRX600変速性能。
雨天時においても恐ろしく変速し易い。
「スコーン」と天候や路面状態に左右されす、確実にフロント変速をこなしてくれます。
DSCN3017zcds.jpg
FELT BROAM30のシフターはShimano GRX600
FELT BROAM30はトップグレードだけあって、シフターはShimano GRX600。
雨天時において、抜群のホールド感を発揮し、雨天時でも手が抜けにくいなどのメリットがあります。

レバー表面に何かしらのコーティングがなされている様で、滑りにくい感触。更に通常のシフターよりも、手に接触する表面積が大きい。
表面処理のお蔭で、雨粒が付着しにくいというメリットも。
(´・ω・`)やはりトップグレードだけあって、悪路や雨天時、グラベルレースなどに使用可能な本格グラベル仕様といった印象。


ci-760221_2a (1)
2020 FELT BROAM 60 価格 116,820円 (税込)
FELT BROAM 60はSORA&Clarisを採用した、ツーリング色の濃いアドベンチャーモデル。
ブレーキ部にTektro MD-C550 dual piston メカニカルディスク仕様になっています。

20190730110554c0bcds.jpg
FELT BROAMシリーズにはダウンチューブバッグ、トップチューブバッグマウントにトップチューブバッグ、キャリアーなど取り付け可能。
長距離・宿泊ツーリングを想定し、ラックマウント及びフェンダーを取り付ければ即戦力で旅ができます。
やはりツーリングに対応し易いグラベルロードですね。
(´・ω・`)FELT BROAM 60はツーリング系コンポクラリスをメインで採用し、ツーリングでの使用に視野を絞っています。
11万円台でグラベルロードとしての性能と、長距離に強いツーリングモデルとしての性能を獲得できます。


ci-760220_6.jpg
2020 FELT BROAM40
アルミグラベルロードFELT BROAMのフレーム性能は、他のグラベルモデルに比べてロード寄りです。
アルミ剛性を生かして軽快に速度を乗せてくるタイプ。
やはりロードに強いFELTブランドとしての特徴が出ていますね。
700×40Cと太目のタイヤサイズながら、かなり速度が出る点が特徴。
ci-760220_8.jpg
ステム Devox VariableAngle, ±12°可変アダプタ付き, Ø31.8mm, 47cm: 80mm, 51cm: 90mm, 54 – 56cm: 100mm
ハンドルバー Devox アドベンチャーベンド, 86mm reach, 130mm drop, Ø31.8mm, 47 cm: 420/450mm, 51 – 56cm: 440/470mm

速度に乗った後も、アルミ剛性を生かして走りを維持。綺麗にアルミフレームで走るグラベルですね。
ですので、悪路や雨天時などオフロード系コースに入った時に、グラベル用コンポーネントShimano GRXが生きてくるはず。
ci-760220_11.jpg
シフター Shimano Tiagra 10スピード
(´・ω・`)ある意味ロードバイク系シフターで、グラベル用コンポや油圧ディスクをコントロール可能な面白いグラベルモデルです。
フレームそのものはロード寄りなので、相性はいいはず。
ただShimano GRXのシフターの様な、しっかりとしたホールド感はないですけど。
ハンドルそのものは先端が広がったグラベル用フレアハンドル。強靭で、なおかつリラックスして握れます。
ci-760220_10.jpg
ヘッドセット FSAインテグレーテッドシールドカートリッジベアリング、No.42 1.125″-1.5″
ci-760220_9.jpg
フォーク Felt アドベンチャーグラベルフォーク、UHC Advanced カーボン、1.125″-1.5″ テーパーアルミニウムコラム、フラットマウントディスクブレーキ、12x100mmスルーアクスル
リム/ホイール Devox Adventure 2.1 ディスク、チューブレスレディ

フロントフォークはアルミコラム仕様のカーボンフォーク。フルカーボンフォークの様な軽量性ではなく、悪路やツーリングでの使用を視野にいれているので強度を重視したカーボンフォーク仕様。
更にFELT BROAM全シリーズにおいて、12mmスルーアクスルを採用。悪路やツーリング時において頼もしいです。
ci-760220_12.jpg
ci-760220_13.jpg
ci-760220_14.jpg
トップチューブバッグも積載可能。トップチューブにダボ穴を用意。
最初から荷物を積載する為に、ダボ穴を多数用意。
だからこそ、12mmスルーアクスルにしたり700×40Cタイヤを採用して重量物にも対応している。
ci-760220_19.jpg
フレーム Felt アドベンチャーロードディスクフレーム、スーパーライトカスタムバテッドアルミニウム
ci-760220_15.jpg
BB Shimano Hollowtech BSA threaded
フロントディレーラー Shimano FD-RX400、バンド式 Ø31.8mm
クランク Shimano GRX600 10スピード、46/30T、47-51cm: 170mm、54 – 56cm: 172.5mm
BBは信頼性の高いネジ切り方式。
見ての通り、ドライブトレインはグラベル用コンポGRXで固めた本格仕様。
ci-760220_16.jpg
リアディレーラー Shimano RD-RX400 10スピード
スプロケット Shimano 10スピード、11-34T
リアハブ Devox GR.1 ディスク、11スピード、12 x 142mmスルーアクスル、6-ボルト、28H
ci-760220_18.jpg
ci-760220_20.jpg
サドル SR Essenza Blackstar Gel
シートポスト Devox Lite Road、Ø27.2mm x 330mm

サドルは硬めのゲル入り。雨天時にクッション性というよりも、滑りにくくて頼もしいサドルという印象を受けた。
ゲル入っていたけど、柔らかさ重視という訳ではなかった。
ライトカギプレゼント FELTフェルト 2020年 BROAM40 ブローム40 ロードバイク グラベル

2020年03月12日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 Cinelli Superstar Disc Ultegra  レース性能を追求しつつもエンデュランス系ロード&グラベルとしての性能を追求したミドルグレードディスクモデル


prod195626_Grey_NE_02fw.jpg
2020 Cinelli Superstar Disc Ultegra

チネリのミドルグレードカーボンCinelli Superstarのディスクモデル。
アマチュアが楽しめるファッショナブルなバイクとは異なり、レース性能を追求しつつもエンデュランス系ロード&グラベルとしての性能を追求したミドルグレードモデル。
(´・ω・`)ロードバイクのギミックで、色々な事に挑めるディスクモデルと言えます。
prod195626_Grey_NE_02tgiiiyiycd.jpg
フレーム Columbus Carbon Monocoque チネリセカンドグレードカーボンを使用

スーパースターは伝統的なレーシングバイクをCinelliが、最先端のカーボンフレームで再解釈したフレーム形状になっている。
だからこそトップチューブに独特のベント形状を採用。

どうしても使用範囲が狭くなるレーシング系ロードモデルとは異なり、チネリはCinelli Superstaを開発する際、カーボンフレーム固有の品質とその製造プロセスを採用して、積極的に現代的なロードを製作する事に専念しています。
だからレーシングモデルとはいえ非常に環境の変化の激しい路面や、長距離にも対応する乗り心地の良いエンデュランス系カーボンバイクの要素を有しています。

prod195626_Grey_NE_03hui.jpg
Cinelli Superstar は伝統的なイタリアのレーシングジオメトリを採用しているだけではなく、次の特徴も備えています。
①高強度カーボンを使ったモノコックフレーム
②タイヤ最大28mmまで装着可能なクリアランス
③リア スルーアクスル 12×142㎜、フロント スルーアクスル 12×100㎜
②コロンブス社フォーク「コロンブス・フーツラ・ディスク・フォーク1-1/8-1-1/2インチ」を採用


UCIコンチネンタルチーム採用ディスクモデルでもあるので、レース中の推進性や高速巡行性も重視。
エンデュランス一辺倒ではないバイクでもある。
エンデュランスを始めヒルクライム、ロードレーシングに適したマルチなジオメトリーを採用。
(´・ω・`)ある意味レーシング系ロードとして、何にでも使える性能を追求していますね。
タイヤクリアランスは28mmでもOK。グラベルでの使用も視野に入れているディスクロードだ。
prod195626_Grey_NE_01.jpg
Superstarフレームの特徴は、独自の湾曲トップチューブ。
これにより、フレームは穴や石などの路面から受ける衝撃に応じて変形。ホイールベースを維持し従来のロードよりも、安定性とコントロール性を稼いでいます。
つまり乗り手は困難な地形で、Superstarをより簡単にコントロール出来るのです。
logo_newx.gif
GRUPPO グルッポ社

チネリは1985年グルッポ社に買収。コロンブス社もグルッポ社傘下にあるので、コロンブス社と共同開発したカーボンレイアップテクノロジーCCL(Comebed Carbon Layering)&インターナルPUモールド製法を採用。
フレーム性能を向上させることにおいて、コロンブス社はチネリに深く関わっている訳だ。

SUPERSTAR DISCはレーシング性能を活かし、高速でレースのトレーニングや、実際のレースでの使用に最適なチネリカーボンモデル。しかしながら、悪路を走破するグラベルライドも視野に入れている点がユニーク。
(チネリは地球規模で使用可能な、アドベンチャーやグラベルモデルなどのノウハウを持っている)
(´・ω・`)イタリアチネリとしては、オールラウンドに使えるディスクロードではあるが、コンフォートモデルでは決してないとの主張。
やはり多彩な使用目的に対応出来るロードバイクですが、イタリアンレーシングモデルの血統を引き継いだロードという扱いだそうです。
prod195626_Grey_NE_02f3t.jpg
ハンドルバー CINELLI VAI / 31,8mm / Drop 122,5mm Reach 74,5mm
ステム Cinelli Vai

prod195626_Grey_NE_02g3.jpg
prod195626_Grey_NE_02huioh.jpg
ディスクブレーキ Shimano Ultegra Hydraulic; 160mm front rotor, 140mm rear rotor
ホイール Vision Team 30
タイヤ Vittoria Zaffiro Pro 700x28c

欧州では現在グラベルロードやシクロクロスが流行しています。
明らかに平坦な路面だけではなく、悪路や農道などどこでもロードの走りをグラベルロードで再現しようという試みです。
そんな中、ロードの走行性能を排除せず、乗り手の多目的な要望に応えるためのディスクロードがCinelli Superstar Discと言えるでしょう。
余談ですがCinelli Superstar Discへ12mmスルーアクスルを採用した理由は、今現在主流とも言える規格だからだとか。
(140mm&160mmローター対応)
prod195626_Grey_NE_02x.jpg
ベントしたトップチューブだけではなく、コンパクトリア三角など最新のフレーム形状が採用されている。
prod195626_Grey_NE_02uiouiujo.jpg
シートポスト CINELLI VAI / 27,2mm / L350
サドル  CINELLI SSM Monza Start / 145mm

prod195626_Grey_NE_03gyui.jpg
ドライブトレイン  Shimano Ultegra 2x11-Speed
クランク Shimano Ultegra 52-36T
カセット Shimano Ultegra 11-30T, 11-Speed

BB下部にOCR(Optimal Cable Routing)を配置。
ブレーキケーブル&油圧ホースなどを扱いやすいギミックを用意している。
メンテナンス性も考えたギミックだ。

Cinelliの象徴的なイタリアンデザインを維持しながら、軽量かつ強度の完璧なバランスを実現するように設計されたこのモダンなレースマシンは、究極のレースパフォーマンスとロングライドに最適な乗り心地を提供。
更にShimano Ultegra 2x11-Speedグループセットが装備されており、あらゆる登山、スプリントに適したギアを提供。
レースでの使用に視野をおいた、Ultegra油圧ディスクブレーキはあらゆる気象条件においてスピードコントロールに適しています。
prod195626_Grey_NE_03huihyui.jpg
Cinelli Superstar Disc Ultegra Road Bike (2020)

2020年03月11日 トラックバック(-) コメント(-)

国内最安14万円台eMTB  XDS SURGEが登場!


xdssurge_1.jpg
XDS SURGE eMTB ブラックカラー
格安eMTB XDS SURGEが日本に上陸してきました。
(´・ω・`)まさか販売価格14万円台のeBIKEが登場するとは・・・・・・
価格 140,250円 (税込)
普通eBIKEの価格は35万~40万はしますが。
遂に14万円台の低価格eMTBですよ。

XDSは有名ブランドのOEMを始めカーボンやアルミ加工技術を持った自社工場も持ったブランド。
だからこそ、日本上陸当初はフルカーボンMTBや格安エアロロードなどを展開していたのですが。
これだけ価格を提供出来るのは自社一貫生産だから。
企画→開発→製造→供給(販売)→アフターサービスまで行っています。
xdsimage (1)
XDSについて
北米やヨーロッパ市場向けに、ウルトラライトカーボンファイバーやアルミニウムの軽量自転車を年間200万台以上生産している。
2016年頃にフルカーボンMTBや、ロードバイクなどで日本に上陸。
XDS本社工場の敷地内にオフロードの認定コースを持ち、毎月行われる公式レースからのフィードバックが製品の開発に生かされています。
(´・ω・`)パーツなどはイタリアGIOSや米国Tern なども採用していたりします。
一時期エアロロードやミニベロなども販売していたけど。
今回はeBIKEという新しい分野で、日本上陸してきましたね。
DSCN9646csa.jpg
DSCN9653csa.jpg
bafangdcds.jpg
XDS SURGEのドライブユニットには、中国大手電動アシストユニットブランド「Bafang」は、FUJIやDe Rosa E-Bikeにも採用されているドライブユニットブランド。

イタリアBENELLIのebikeでBafangアシストユニットを体験した事があるのですが。
リアにアシストユニットがあるタイプは、かなりアシスト感がパワフルでした。
スピード感というよりはパワフル感重視。
障害物などの難所なども、軽々と突破するパワーがあります。
悪路になればなるほど、アシストパワーが加わるので。普通の舗装路より脚力が楽(いや本当に)
パワフルに走破する事に徹したeBIKEにこのブランドのアシストユニットは向いていると思う。
xdssurge_2.jpg
恐らくステムやハンドル部などのXDSの自社パーツなんでしょう。
ハンドル幅は通常のeMTBと比較してコンパクト。
街乗りなども意識したサイズになっている。
xdssurge_4.jpg
成程……液晶パネルが省略されて、コントロールパネルだけになっている訳ですね。
アシストモードの↑↓スイッチが用意されているので、それでアシストモードを選択する仕組みなのかな?

xdssurge_3.jpg
フォーク XDSオリジナル 80mmトラベル
タイヤ KENDA K1172 27.5x1.95",E/V
ブレーキ TEKTRO MD-M280 機械式ディスク
フォークトラベルは80mm確保。
大体一般的なeMTBと同様のトラベル量を確保しています。

xdssurge_5.jpg
フレーム アルミニウム
Bafangの36V×7.0Ahバッテリーをなんとフレームに内臓してあります。
基本的にバーファンのバッテリーは、ダウンチューブ内に収納するギミックをDe Rosa E-Bikeにも採用しています。
バイクブランドとフレームを共同開発しているのかもしれませんね。
最近のハイエンドeMTBや最新鋭eMTBなどは、ダウンチューブ内にバッテリーを内臓させ、スマートなシルエットと低重心化を狙っているブランドモデルが多いです。
つまりバッテリーを収納するギミックに関しては、XDS SURGEは最新と言えます。
xdssurge_7.jpg
どうやら持ち上げる為のレバーも収納されているんですね。
xdssurge_8.jpg
バッテリー リチウムイオン 36V/7.4Ah
電動走行距離 MODE-1:60 km MODE-5: 34 km
精確には内臓というよりは、ダウンチューブとバッテリーを一体化させたと言ってもいいかも?
通常の30万~40万円クラスのeMTBは100km程度走破する能力を持っていますが。
XDS SURGEの場合60 kmアシスト可能。
xdssurge_6.jpg
モーター リアハブMotor
リアディレーラー SHIMANO RD-M310
リアディレーラーはSHIMANO RD-M310リア8速仕様。
やはり40~30円クラスのeMTBは、SHIMANO SLXやShimano DEOREなどのコンポーネントを採用しリア10~11速を達成している機種が多いです。
(´・ω・`)やはりアシスト可能距離や、コンポーネントなどの面において価格を抑えた影響が出ています。
xdssurge_9.jpg
XDS SURGE eMTB ホワイトカラー
サイズは394mmなので、車体そのものはコンパクト。背の低い人や、女性でも乗れるフレームサイズに設定してあります。
車重は約21.7kgに抑えてあるので、比較的バッテリーが切れても乗り易い設計になっている。
悪路走破性もきちんと用意してあるが、比較的街での使用も考慮された扱い易いeMTBですね。
あとやはり14万円台で購入可能な、圧倒的コスパの高さが大きい。
仕様、強力なアシストパワー、バッテリー容量、価格等、上手くeMTBとしてまとめてきた気がします。

最近台湾メリダなどもeBIKE専用工場を立ち上げていますが。
やはりeMTBの参入が、中国や台湾ブランドでも活発になってきていますね。

XDS(エックスディーエス) SURGE(サージ) 電動アシストクロスバイク・E-bike(イーバイク)

2020年03月10日 トラックバック(-) コメント(-)

Wilier Jaroon (105) アドベンチャーロード  ロードブランドウィリエール発のグラベルロード


Wilier-Jaroon-105-2018-Adventure-Road-Bike-Cyclocross-Bikes-Orange-2018.jpg
Wilier Jaroon (105) Adventure Road Bike

Wilierは1906年からロードバイクを製造しており、ロードバイクと共に歩んできたイタリアブランドです。
ですが近年はMTBやグラベルロードなどにバイクの種類が拡大しています。

このWilier Jaroonは急拡大するグラベル&アドベンチャーに対するWilier ブランドの回答とも言えるモデル。
急拡大する欧州グラベル市場を視野に入れて開発した、ウィリエールブランドのグラベルロードです。

特にバイクパッキングの出現により、これまで以上に多くの英国のサイクリストが挑戦を求めてグレートブリテン諸島を横断しています。Wilier Jaroonはこれらの英国サイクリストの挑戦に応えるために作られています。
Wilier-Jaroon-105-2018-Adventure-Road-Bike-Cyclocross-Bikes-Orange-2018iti.jpg
ステアラー テーパード 1 1/8~1 1/2

シクロクロス&グラベルロード用のフレアバーはフロントバッグなどの手荷物のスペースを確保
更に背の高いヘッドチューブは、オフロードに乗るのに最適な姿勢を提供し、オフロードでの急降下に対応します。

独特のスチールフレームで、Wilierは他のバイクブランドとは異なるものを提供しています。
Wilierのスチールフレームは、独特の洗練された外観を有しており、カーボンおよびアルミニウムの主力モデルと比較しても、デザイン的に際立っています。
フレームはなんとパイプ内部で溶接されているため、さらに滑らかな外観が得られます。
(特に欧州のユーザーからデザイン性に関して、評価が高い)
もちろんWilierはこのJaroon 105バイクに従来のスチールフレームを使用して、シクロクロスの厳しい環境に耐えられるように強度を確保しています。

40mmタイヤ、リアラック、フロントおよびリアガードマウント、12mmスルーアクスル、油圧ディスクブレーキのクリアランスにより、このバイクはどこへでも走破する事が可能。
Wilier-Jaroon-105-2018-Adventure-Road-Bike-Cyclocross-Bikes-Orange-2018i7y.jpg
フォーク Carbon Monocoque, 12mm Thru-Axle
ブレーキ Shimano BR-S505, 6-bolt, 160/160mm rotor
幅の広い40mmタイヤと長いホイールベースは、すべての路面で優れた安定性を提供。
160mmのローターと油圧キャリパーは十分な制動力を提供します。



Jaroonは砂利、泥、砂、そして街乗りでの使用に適してます。
見た目は華麗ですが、、ある種のオフロードバイクの様に荒々しい走行が可能。
Jaroonはクロモリのパワフルさを生かし、泥道など、荒々しい路面を走破できます。
(´・ω・`)特に下りに関して評価が高いグラベルロードですね。
英国のマウンテンバイクトレイルコースなどで一気に降りることも可能。

バイク重量は10.8kgと軽量系グラベルロードではありませんが、逆にオフロードにおける走破性の妨げにはなりません。
最大の欠点は舗装路における、加速性がロードバイク程ない事。
またロードバイクと同様の巡行速度を維持するのが困難である点ですね。
んー、分かる、分かる。
結局ギア比などがシクロクロス寄りだと、どうしてもロードの走りが出来ないんですよね。
その代わり、悪路においては抜群の走破性とスピード性を発揮するという。
そういう意味においては、グラベルというよりはシクロクロス向けのバイクかも。
Wilier-Jaroon-105-2018-Adventure-Road-Bike-Cyclocross-Bikes-Orange-2018vf.jpg
非常に用途が広く、快適なジオメトリを備えたJaroonは、通年の通勤にも使用できるオフロードアドベンチャーバイク。
また、グラベルアドベンチャーやシクロクロスレースでの使用に視野を置いています。
Wilier-Jaroon-105-2018-Adventure-Road-Bike-Cyclocross-Bikes-Orange-2018uygu.jpg
シートポスト Promax, 27.2mm
サドル Velo

実用的なオールラウンダー
一年中使用できるように設計されているため、追加の実用性も十分に検討されています。フレームには、マッドガードマウントとリアパニアラックマウントの両方が備わっています。そのため、自転車を冬に耐えて、仕事や旅行の休暇に必要なものをすべて運ぶように適応させることが可能。フレームとフォークには、最大700x42c幅タイヤ用のクリアランスもあります。
Wilier-Jaroon-105-2018-Adventure-Road-Bike-Cyclocross-Bikes-Orange-2018cs.jpg
クランクセット  Shimano FC-RS500, 36/46T
カセット Shimano 105, 11-speed, 11/32T

Wilier Jaroonは、下り坂を意識して強力で信頼性の高いブレーキングを実現する油圧ディスクが採用された経緯があります。
長くて技術的な上り坂に対応する為のギア比を備えた、Shimano 105ドライブトレインが装備。
Shimano 105グループセットは36/46Tチェーンリングと 11/32T 2カセットを組み合わせたものでツーリング性を意識したドライブトレイン。
SRAM Rival 1xグループセットも欧州モデルにおいて存在しており、44tチェーンリングと11-42カセットを組み合わせています。
MTBでは困難な、急坂すらも登板する能力も確保。
Wilier-Jaroon-105-2018-Adventure-Road-Bike-Cyclocross-Bikes-Orange-2018cvsd.jpg
バイク重量 10.8kg

Wilier Jaroon は、新しいトラックを探索する為のグラベルロードでもあります。
下り坂を楽しむ人にとっては、重量と頑丈な構造が特に役立つでしょう。
特に下りでの走行性能は非常に安定しており、コーナーで大きなボリュームのタイヤがグリップ性能を発揮。

ロードバイクとMTBの間のギャップを埋めるグラベルを設計することは、Wilier技術者にとってはかなりの挑戦でした。
WilierはMTBに近いグラベルロードを設計する事を選択したようです。
Wilier Jaroon (105 - 2018) Adventure Road Bike

2020年03月09日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 FUJI JARI1.3(ジャリ1.3) が9kg台に軽量化出来た訳

jari130_cad.jpg
2020 FUJI JARI1.3(ジャリ1.3)
こいつはすげぇ……遂に2020年モデルから遂に9kg台に軽量化ですよ。
元々2019年モデルはワンバイイレブンのSRAM APEX 1×11に、ディスクブレーキは軽量性を重視してメカニカルディスク路線でしたが。
それでも重量10.08 kgとかなり抑えている印象でした。
遂に2020年モデルより重量9.8kgと、かなり軽量に抑えています。
(´・ω・`)なんだろう……塗装面においても、アルミカラーを採用して塗装面においても重量を抑えているのか……。
かといってFUJIのロゴをグリーンにしたり、アメサイドカラーのグラベルタイヤを採用したりとデザイン面においても変更が加わっていますね。
今回は、どうして9.8kgと軽量化に成功したのかポイントをまとめてみました。
jari130_5.jpg
フレーム A6-SL Super Butted Aluminum, semi-internal cable routing, flat-mount disc & convertible axle dropout
①軽量化の為にアルミフレームを細身に
元々FUJI JARIシリーズのアルミフレームは細身で、重量を抑えたパイプでした。
カーボンの軽さとクロモリの快適性が合体したかのような、アルミフレームなんですけどね。
前三角に振動吸収性に長けた6061番アルミ
リア後三角に強靭な6066番アルミが採用。
アルミ素材をフレーム各所に使い分ける事で、推進性や独特の軽快感のあるフレームになっている。
(´・ω・`)つまり細くて軽量性を稼いでいるだけではなく、走行性能に関しても考え抜かれたフレーム。
ま、2020年モデルはとうとう塗装にまでこだわって重量を更に抑えてきた訳だ。
jari13_ju6vs.jpg
2019 FUJI JARI1.3 マットネイビー
2019年モデルはFUJIが得意とするカラーリング「マットネイビーカラー」
タイヤはPanaracer Gravelking SK, 700 x 38cのブラックを採用し、精悍な雰囲気でした。
jari130_6.jpg
フォーク FC-440 Cross carbon monocoque, 12mm thru-axle w/ flat-mount disc tabs, tapered steerer, rack/water bottle mounts
②軽量化の為にフロントフォークをフルカーボンフォークに
あとはフルカーボンフォークなどでFUJI JARIは重量を稼いでいますね。
とはいえ実際乗ってみると実に極太で、やたらコントロール性が高かった印象。
エアロフォークよりは明らかに、堅牢性や積載性を重視した設計でした。
(フォーク側面にボトルケージやラックなどマウント可能。実際使用する利便性を考えた設計になっています)

jari130_9.jpg
ハンドルバー Oval Concepts 325, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 125mm drop, 25° flare, 4° sweep
ステム Oval Concepts 313, 3D-forged 6061 stem body, +/-6°

シフター SRAM Apex 1X, 11-speed
OVALのアドベンチャーバーなんですけど。グラベルモデルでは流行の下広がりタイプのフレアドロップバー。
ライダーの手首の角度を最適化しドロップ部分をより有効的にする為に一般的なロードタイプより20mm 幅が広く、125mm ドロップ、4 度バックスウィープ、25 度アウトスウィープ仕様となっており未舗装路でのバイクコントロール性が向上。
シフターはSRAM Apex 1X, 11-speedのダブルタップ仕様。変速操作は右側だけなので走りの際、変速操作の負荷を減らすことが出来る。
変速レバーを押すストローク量によってアップにもダウンにもギアチェンジ可能。
基本変速操作の負荷が少ないタイプですね。
jari130_8.jpg
ヘッドセット FSA No. 42, 1 1/8” - 1 1/2”, integrated cartridge
jari130_7.jpg
ブレーキ Tektro MD-C550 mechanical disc, 160mm rotors

③軽量化の為に、メカニカルディスクブレーキ仕様
通常このクラスのワンバイグラベルは、最近油圧ディスクが多いけど。
FUJI JARI1.3にはあえて、軽量化の為にテクトロのメカニカルディスクを採用。
TRP Spyre対抗ピストン仕様で軽量性とブレーキ性能を稼ぐ計算。
jari130_3.jpg
クランクセット FSA Omega Adventure BB386 EVO, 40T
BB FSA BB386 EVO sealed-BSA thread

④軽量化の為にワンバイイレブン
フロントシングルびクランクはFSA BB386規格。ギアはチェーン落ちしにくいナローワイドの40T。
BBはJIS/BSAのスレッドタイプ。
フロントシフター、フロントディレーラー、チェーンリングを1枚減らす事により9.8kgという軽量化に貢献。
更にチェーン落ちを防止したり、グラベルライド時におけるフロントディレーラーへの泥づまりも防ぐことが出来る。
つまり軽量化だけではなく、トラブル防止に貢献した変速システム。
チェーンリングがコンパクトになった事で、路面とのクリアランスを確保。悪路を走行する際、障害物に接触しない点もありがたい。
jari130_4.jpg
リアディレーラー SRAM Apex 1X, long cage
カセット SRAM PG1130, 11-42T, 11-speed

スプロケットは11-42Tとワイド。1:1以下のギア比を獲得している。
急坂や重量物にも対応出来るスーパーワイドなギア比。
jari130_2.jpg
サドル Oval Concepts 438, steel rail
シートポスト Oval Concepts 300, 6061 alloy, 27.2mm diameter


jari130_1.jpg
ホイールセット WTB ST i23, 32/32h, 12mm thru-axle cartridge bearing hubs
タイヤ Panaracer Gravelking SK, 700 x 38c

重量 9.8kg
2020年モデルからブラウンサイドウォールタイヤ仕様のPanaracer Gravelkingになりました。
ホイールはWTBなのでチューブレス化も可能。
2020モデル FUJI(フジ) JARI1.3(ジャリ1.3) グラベル・シクロクロスバイク

2020年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)

Wilierセール品最大43%オフまとめ Wiggleセール品情報(2020年3月7日)


Wilierセール品最大43%オフまとめ Wiggleセール品情報(2020年3月7日)です。
突然ウィグルにおいて海外Wilierセール品が出てきました。
エアロロードからヒルクライム、グラベル、MTBまで大幅な値引きになっています!
(;゚∀゚)しかし、なんでいきなりウィグルにWilierが? ちょっと驚きましたよ。

prod176180_Yellow-Black_NE_01.jpg
Wilier Cento 10 PRO Dura Ace (2019) Bike
定価 ¥729999➝30%オフ¥505900

フレーム Carbon Monocoque 60ton
フォーク Carbon Monocoque 60ton
ドライブトレイン Shimano Dura Ace 9100 50/34T crankset;
ホイール  Miche Syntium WP AXY

110周年記念モデルCento10Airの剛性を高めたツール・ド・フランスエアロモデル。
カムテールデザインや臼式のシートクランプを取り入れた最新性のエアロ形状を取り入れている。
(´・ω・`)軽量ではなく、選手の要望により剛性面を強化。文字通りのレーシングモデルですね。

スリリングなカーボンロードバイクは、これまで見られなかった剛性と反応性を誇り、パフォーマンスをトップに押し上げます。
イタリア製高品質ロードバイクCento 10 Pro。

軽量であるだけでなく、長年の使用にも耐える超軽量カーボンモノコック60トンフレームを誇り、カーボンフォークはあらゆる衝撃や路面からの衝撃を吸収。
Shimano Dura Aceドライブトレイン仕様。
(更にShimano Dura Ace 9110ダイレクトマウントブレーキ)
Miche Syntium WP AXYホイールが装備され、Vittoria Rubino Pro 4 700x28cタイヤはれまでにない速さとグリップを実現します。

prod176190_Red-White_NE_01vd.jpg


Wilier Cento 1 AIR Ultegra (2019) Bike
定価 ¥379999➝31%オフ¥258900

フレーム Carbon Monocoque 60TON
フォーク Carbon Monocoque 60TON
ドライブトレイン Shimano Ultegra R8000
ホイール Miche Syntium WP AXY
タイヤ VITTORIA RUBINO PRO 4 700X28


60Tカーボンを採用した軽量カムテールデザインのエアロロード。フレーム重量は1120g
こちらの場合は振動吸収性を重視したモデルですね。
レースだけではなく、グランフォンドも視野に入れたエアロロード。

長年の使用にも耐える超軽量カーボンモノコック60トンフレームはあらゆる衝撃や路面からの衝撃を吸収

Shimano Ultegraドライブトレインにより、必要なときにShimano Ultegra R8000ブレーキが抜群の停止力を発揮しながら、即スピードに乗ります。



prod166074_White-Red-Blue_NE_01joi.jpg
Wilier Zero7 Road Bike (Ultegra - 2019)
定価 ¥578400➝38%オフ¥356900

フレーム Carbon Monocoque Fibre 60TON + SEI Film
フォーク Carbon Monocoque Fibre 60TON + SEI Film
ドライブトレイン Shimano Ultegra R8000
BB  Shimano Ultegra PressFit
ホイールセット Mavic Aksium
タイヤ Mavic Yksion
重量7.2kg +/- 5%


フレーム単体でわずか重量7.2kg +/- 5%という超軽量60TONカーボンフレームを採用したWilier Zero7。
ウィリエールが誇る超軽量ヒルクライムモデル。
軽量性を最重要視しており、フレーム剛性よりも軽量性に力を注いでいる。

またSEIフィルムを採用し、路面からの耐衝撃性&衝撃吸収性を強化。

SEIフィルム
カーボン層間に独自の粘弾性フィルムを注入、振動吸収性と耐衝撃性が向上。

ドライブトレインにShimano Ultegra R8000。
Mavic Aksiumホイールセット、Selle Italia製サドルが付属しています。


100384683.jpg
Wilier Zero6 Road Bike (Super Record - 2019)
定価 ¥1269700➝38%オフ ¥778900

フレーム&カーボン Carbon 60TON + DIALEAD frame and fork
ドライブトレイン Campagnolo Super Record
BB Campagnolo Super Record Press Fit
ホイール Campagnolo Shamal Mille wheelset



フレーム重量680g (painted)を誇るWilier110周年記念スペシャルエディションモデル「Wilier Zero6」
BBはプレスフィット方式に変更。
三菱レイヨンピッチ系カーボン繊維「高弾性三菱ダイアリードカーボン」とパン系カーボン繊維を用い、フレーム重量680g (painted)を達成。Wilier Zero7と比較してもフレーム自体100gの軽量化に成功。
フレーム重量600g台の超軽量ヒルクライムモデルながら、耐久性すら重視した点がZero.6の特徴になっている。

高弾性三菱ダイアリードカーボン(DIALEAD™)

これらの繊維は、炭化水素の化石から得られるピッチと呼ばれる材料から形成。高度の純度と超高弾性率を備えています。
DIALEAD™は繊維の圧縮率が高く、配向が改善されているため、Zero.6などの超軽量で超耐性のフレームを作成できます。


Wilier-Jaroon-105-2018-Adventure-Road-Bike-Cyclocross-Bikes-Orange-2018hui.jpg
Wilier Jaroon (105 - 2018) Adventure Road Bike
定価 ¥297042➝41%オフ¥174900

フレーム Steel frame with 12mm dropouts
フォーク Carbon forks with 12mm thru axle
ドライブトレイン Shimano 105
ブレーキ Shimano hydraulic disc brakes
ホイールセット Wilier DD28, Thru-Axle


あ、ジャルーンだ! (´・ω・`)まさかセール品という形でお目にかかれるとは……
WilierのスチールグラベルロードJaroon。
105油圧ディスクに従来のスチールフレームを使用して、グラベルロードにおける厳しい環境に耐えられるようにしました。
ただしWilierはきれいな外観にするために、フレーム内の結合を隠す特殊な溶接技術を使用しています。

Wilierウィグルセール品最大43%オフ

2020年03月07日 トラックバック(-) コメント(-)

海外De Rosa SK Pininfarina完成車についてまとめ   2020 De Rosa SK Racing 400 ディスク (Ultegra Di2完成車) 


De Rosa SK Racing 400 Disc-Ultegra Di2_2020_stealth
2020 De Rosa SK Racing 400 ディスク (Ultegra Di2) ¥589999
海外2020年モデルDe Rosa SK Pininfarina完成車についてまとめました。

Pininfarinaは2020年モデルより、モデルチェンジした第二世代シリーズです。
カムテールエアロデザインが採用された、フルカーボンフレームセットを備えたロードバイクです。
海外においては、Shimano Ultegra Di2 R8070 電動ディスクグループセットなどアルテグラ完成車を中心としたラインナップですね。

フレーム De Rosa カーボンファイバー
フォーク De Rosaカーボンファイバー
ドライブトレイン: Shimano Ultegra Di2 8070、11 スピード
シフター Shimano Ultegra Di2, 8070 11 スピード
ブレーキ Shimano Ultegra 油圧式ディスク
クランクセット Shimano Ultegra 52-36T
カセット Shimano 11-30T 11スピード
ホイール Fulcrum Racing 400
タイヤ Continental Grand Sport Race 25c

DeRosa_SK-PININFARINA-Ultegra-Racing-400-Disc-Road-Bike-Stealth_07.jpg
①ハンドル&ステム FSA ACR SYSTEMシステムを採用(FSAとデローザが共同開発したシステム)
第二世代SK Pininfarinaはハンドル周りがフル内臓。
ハンドル➝ステム→ヘッドチューブの方に内臓出来るヘッドシステムを導入。
ハンドル周りのエアロ性能を強化。
gii7yyiiuyguy.jpg

②60年ぶりのロゴデザインの変更
( ;゚ω゚)……この2020年モデルDe Rosa SK から、遂にデローザロゴが変更に。
この新ロゴのデザインはあの富裕層向けのフェラーリやマセラティのデザインを担当しているPininfarina社。
デローザにとって2020年モデルは、デザイン上においても大胆な変更があった年という事になります。

20191118145139fa1xs.jpg
2020 DE ROSA SK Pininfarina DISK
③エアロフレームにカムテール形状
第二世代は、シートチューブやシートピラーが切り落とされた様な鋭角の形状になっている。
エアロ形状ではあるけど、より最新のカムテール形状を採用。
つまり2020年モデルから最新鋭のエアロ形状にモデルチェンジ。
DeRosa_SK-PININFARINA-Ultegra-Racing-400-Disc-Road-Bike-Stealth_08.jpg
(´・ω・`)第二世代になり剛性面は確実に向上していました。
ただし体力的消費は抑えてくる点が特徴。
怖い位速度が伸びていくのに全然体力を使っている感覚が皆無。やはり新型カムテール形状にモデルチェンジした影響が大でした。
DeRosa_SK-PININFARINA-Ultegra-Racing-400-Disc-Road-Bike-Stealth_06.jpg
④ディスクした事により、悪路走破性やコントロール性まで向上。
多少の路面の凹凸を難無くこなしてしまうのですよ……強い突き上げも、新型フレームが吸収してくれる。
特に低速で悪路を走行中、ディスクブレーキの存在が頼もしかったです。
悪路でのコントロール性が高いと言えばそれまでですが、あまりに印象が深かったので記載しておきます。
ディスクブレーキの制動力が強力なので、ギリギリまで速度を出せてしまう点もポイント。

実際 Di2 R8070 電動ディスクグループセットは必要か?
(´・ω・`)うーん。まあ、電動変速はあれば越した事はないけど。
実際乗った感想から言えばブレーキに、Shimano Ultegra 油圧式ディスクを持ってきた点が大きいかな。
新型カムテールになった事により、剛性面でのパワーが増したのでそれに対抗するにはUltegra油圧グレードは必要。
それだけ第二世代DE ROSA SKのパワーが桁外れになったと言えるんですけどね。



DeRosa_SK-PININFARINA-Ultegra-Racing-400-Disc-Road-Bike-Sky-White_13.jpg
De Rosa - SK Racing 400 ディスク (Ultegra - 2020) ¥499999  Sky White
海外De Rosa SK 完成車は、機械変速Shimano Ultegra 油圧式ディスクも用意されています(2020年3月現在)
(´・ω・`)電動変速Ultegra Di2完成車と、機械変速式Shimano Ultegra R8070 11 スピードディスクブレーキグループセットが選択できる訳か。
フレーム De Rosa カーボンファイバー
フォーク De Rosaカーボンファイバー
ドライブトレイン Shimano Ultegra 8020, 11スピード
ドライブトレイン Shimano Ultegra 8020, 11スピード
ブレーキ Shimano Ultegra 油圧式ディスク
クランクセット Shimano Ultegra 52-36T
カセット Shimano 11-30T 11スピード
ホイール Fulcrum Racing 400
タイヤ Continental Grand Sport Race 25c
サドル Prologo Kappa RS


DeRosa_SK-PININFARINA-Ultegra-Racing-400-Disc-Road-Bike-Sky-White_14.jpg
カラーは Sky Whiteと Stealthカラーの2択。
今の所アルテグラディスクスペックだけですが、後日Campagnoloグループセットとか出てくるかもしれませんね。
(´・ω・`)でも多分105スペックは、2019年モデルと同じく採用されないんじゃないでしょうか?
DeRosa_SK-PININFARINA-Ultegra-Racing-400-Disc-Road-Bike-Stealth_03.jpg
Stealthカラーについてですが、金属感のあるマットなブラックカラーでした。
レーシング向けというか男性的なレーシングカラー。
Pininfarina社が一枚噛んでいるだけあって、どことなくスポーツ系高級車の様なイメージを受けました。
DeRosa_SK-PININFARINA-Ultegra-Racing-400-Disc-Road-Bike-Stealth_12.jpg
(´・ω・`)やはり、さっきも記載したけど個人的にShimano Ultegra Hydraulic Discが用意されている点が大きすぎる。
やはり第二世代は、エアロ形状のカムテール化、剛性強化、ケーブルのインターナル化など色々言われていますが。
ディスクブレーキありきの性能なんですよね。
色々フラットに考えても、やはりSKの場合ディスクブレーキ目線になってしまう。


prod180531_Rosso Vulcano_NE_01hndt
De Rosa - SK R8050 (Ultegra - 2019)
これは第一世代のSKですね。
海外では一部ディスクブレーキモデルも発売されていますが、基本的にはキャリパーブレーキ仕様。
もちろん初代モデルもPininfarina社がデザインに一枚噛んでいます。
路面をスーパースピードで滑空して、怖い位脚力面の負荷が少ない事がポイント。
prod180531_Rosso Vulcano_NE_01hte
5587805132_5d30491a3evfcdsvsku.jpg

第一世代のSKデザインの最大の特徴は、やはり60年近く使用してきたデローザロゴデザインという点です。
(´・ω・`)このデザインは2020年モデルから使用されなくなったので、2019年モデルを持って最後という事になります。
Colnagoなどと並んで、戦後のイタリアのサイクリング革命の中でスタートしたDe Rosa。
ロゴは特徴的なハート型で、当時においてもすば抜けた「快適性」と「走行性能」を両立させていた事が特徴。
Ugo De Rosaが自転車製造をスタートさせたのが1950年代初頭。
1958年にジロ・デ・イタリアで使用されるバイクをラファエル・ジェミニアーニへ供給。
当時より高品質&ハイデザインだった De Rosaが一躍名を挙げる事になる。

絶頂期はあのエディ・メルクス用のフレームをDe Rosaが担当した頃。
1974年から供給したという形にはなっているが、1973年の時点で既にメルクスへフレームを製造している。
この当時からの伝統のデローザロゴデザインに思い入れがあるなら、2019年モデルSKのデザインの方がいいという事になります。
De Rosa - SK Racing 400 ディスク (Ultegra Di2 - 2020)

2020年03月06日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 GIOS MITOはジオス伝統のツーリングシクロクロスの流れを汲むグラベルロード


ci-230251_1.jpg
2020 GIOS MITO
クロモリグラベルバイクのMITOです。クロモリのSORA完成車で、なんとグラベルモデルながらフロントトリプル仕様。
機械式ディスクブレーキを採用しています。
GREENカラーというちょっと珍しい水色のカラーリング。
このGREENカラーの外にもブラックとジオスブルーの3色展開になっています。

後で説明しますが、伝統的なGIOSモデルの後継機的なモデルなのでその流れを引き継ぐダボ穴も用意。
特にツーリングを重視したダボ穴構成になっています。
ちなみに同じクロモリのジオスナチュールは、105油圧ディスクブレーキを採用していますが。このGIOS MITOの場合はメカニカルディスク路線です。

上位モデルのジオスナチュールの場合は、手組ホイールを始め105スペックとなかなかパーツ面が充実していますが。
GIOS MITOの場合は伝統的なGIOSモデルの流れを汲むモデルですので、やはりツーリング寄りのグラベル構成になっていますね。

pure_drop.jpg
GIOS PURE DROP(ピュアドロップ)

フレーム アルミ
フロントフォーク Cr-Mo
リアディレーラー ShimanoRD-3400
ブレーキ TEKTRO922AGカンチブレーキ

グラベルモデルGIOS MITOは、このかつてのツーリング系シクロクロスモデルGIOS PURE DROPの発展型です。


2009年GIOS PURE DROPモデルはツーリング系。
2011年モデルはシクロクロスモデルという扱いのアルミモデルでした。
一応シクロクロス扱いですがどちらかというと、ツーリング目的のユーザーが多かったですね。
ですので、フェンダーやキャリアーなども取り付け可能。
このGIOS PURE DROPフルクロモリではなく、フレームが7000系アルミでフォークがクロモリ。

グラベルロードGIOS MITOがフロントトリプルなのは、このGIOS PURE DROPの流れを汲むグラベルロードだからなんですよね。
ちなみにGIOS PURE DROPの仕様も、リーズナブルさを重視してシマノSORA仕様。
確か価格は当時8万円程度。
pure_drop-1cdcds.jpg
あと元祖GIOS PURE DROPはSUGINO製クランクセットを採用し、ツーリング色を強化したビジュアルが特徴。
タイヤサイズはGIOS MITOと同じく700X35C。
見ての通りカンチブレーキ仕様ですが、なんとインラインブレーキまで用意されていてどこからでもブレーキ操作出来るお気楽クロスバイクモデルでした。
ci-230251_5.jpg
こうして見て見ると、GIOS MITOはGIOS PURE DROPの細身のフレームデザインを、上手く引き継いだ形になります。
フレームそのものは7005系DBアルミ➝クロモリに変更になった訳ですが。
デザインがより近い感じがします。
GIOSとしては伝統のクロモリフレームで、スリムなシルエットと乗り心地を重視したグラベルモデルとしてGIOS MITOを設計。
更にGIOS PURE DROPのフロントトリプルギアを引き継いでいるので、ツーリングの際の勾配の急な登り坂に強いグラベルに仕上がっています。
あとやはりGIOS PURE DROPと比較するとカンチブレーキ➝メカニカルディスクに変更になった点ですね。
ツーリングにおいても、全天候に強いディスクと700×35Cタイヤを組み合わせる事により、ツーリング向きながらも高い走破性を獲得したグラベルロードです。
ci-230251_6.jpg
ハンドルバー GIOS ORIGINAL φ26.0
ステム GIOS ORIGINAL 80/90/100mm

GIOS PURE DROP(ピュアドロップ)はツーリング用途を意識して、シルバー系パーツが目立ちますが。
このミトの場合はグラベルロードらしく、ブラック系パーツで統一している点がデザイン上の特徴になっています。
(どちらかというとジオスは昔から、シクロクロスモデルなどにブラックを好み傾向にある)
ci-230251_19.jpg
チェーンホイール SUGINO XD-350T 48/38/28T L170mm
2011モデル GIOS PURE DROPって、クランクセットにSUGINO RD500T 48/38/28T 170mm(シルバー)を採用していたんですけど。
実は2020年モデルGIOS MITOも同じく、SUGINO製クランクを採用。
(´・ω・`)先程説明した通り、クランク部はグラベル向きのブラックカラーになっています。
ギア比も近い形になっているのか……
GIOS PURE DROP長い間ツーリングモデルとして愛されてきた「実績」があるモデルなんです。
その辺を意識してGIOS MITOもより近い仕様にしてきたと推測されます。
ci-230251_11.jpg
フォーク GIOS ORIGINAL CR-MO FORK
ブレーキ MD-C500 Φ160
リム ALEX GD26 700C 32H
フロントハブ SHIMANO HB-M475 32H
タイヤ KENDA K-1047 700×35C
ただしGIOS MITOとGIOS PURE DROPの異なる点は、フロントフォーク形状ですね。
同じクロモリ系フォークですが、GIOS PURE DROPはツーリング向きのベントフォーク仕様。
GIOS MITOは悪路でのコントロール性を意識してストレートフォーク形状になっています。
ci-230251_7.jpg
フレーム  4130 CR-MO SPECIAL TUBING FOR GIOS
また両モデルともケーブル配置は、ツーリング時メンテし易い外付けですね。
ci-230251_12.jpg
シフター SHIMANO ST-R3030
ci-230251_14.jpg
ci-230251_15.jpg
ci-230251_16.jpg
ci-230251_20.jpg
フロントディレーラー SHIMANO FD-R3030
ci-230251_24.jpg
BB TH-7420 (BSA)
ci-230251_17.jpg
ci-230251_23.jpg
ディスク用ハブにアレックスリムを組み合わせたジオスオリジナル。
エンド形状はかなり個性的で、リアキャリアーを取り付ける際のダボ穴も用意されています。
ci-230251_21.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-R3000GS
フリーホイール SUNRACE 12-25T
ci-230251_18.jpg
サドル GIOS ORIGINAL
シートポスト GIOS ORIGINAL φ27.2

ライトカギプレゼント GIOS ジオス 2020年 MITO ミト ロードバイク グラベル 通勤通学

2020年03月05日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 FUJI FOREAL DISC(フジ フォレアル) クロモリディスクロード  最新のクロモリレーシングジオメトリーをディスクで挑んだモデル


ikt76u484ue.jpg
2020 FUJI FOREAL DISC(フジ フォレアル) クロモリディスクロード

日本限定のクロモリディスクロードかと思っていましたが、海外でも販売されている様ですね。
FUJI SINARIの後継クロモリモデルでして、最新のディスクレーシングジオメトリーをなんとクロモリで挑んだモデル。
グラベルやシクロクロスのクロモリ系なら、割と見かけますが。クロモリフレームで、レーシングディスクロードに挑んだモデルってかなり貴重な気がします。
またカーボンフレームのディスクロードに対抗? している節がありまして。
クロモリながら軽量なんですよ。
重量は9.93㎏と10kgアンダーになっています。
yrjeuewebgd.jpg
まさかレーシングモデルに発展させたクロモリディスクロードをFUJIが採用してくるとは……
以前は英国レイノルズチューブを好んで採用していましたが。

2020年モデルからイタリアクロモリパイプCOLUMBUSを採用してくるとは……もしかしてチネリのクロモリとか意識しているんでしょうか??
珍しい傾向ですね。(それともコスト??)

完成車&フレームセットで100台限定だそうです。
fy79y9.jpg
ブレーキレバー SHIMANO 105 STI Hydraulic Disc
ハンドルバー Oval Concept 310 , 6061 alloy, 31.8mm clamp
ステム Fuji alloy, +/- 17°

クロモリフレームで快適性や衝撃吸収性を稼ぎつつつ、なんとクロモリながらテーパーヘッドチューブを採用。
クロモリレーシングモデルとしての高剛性を重視した、最新のクロモリフレームになっている。

しかしクロモリと言えば、70~80年代のロードレースにおいて主流だったフレーム素材でしたが。
なんで今回クロモリレーシングに挑んだんでしょう? 
もしかしたらクロモリレーシングディスクロードで、カーボンディスクロードに勝負を挑んだのかもしれませんね。相変わらずFUJIは大胆な事をしてきます。

(´・ω・`)通常クロモリ系ディスクロードというと、クロモリの快適性を生かしたツーリング系ディスクロードとか出してきそうなんですけどね。
あえて、最新鋭の油圧ディスクロードか……この路線に挑んだ他のブランドと言えば……デローザとか?
DSCN9687flhwcd.jpg
2020 DE ROSA CORUM
これは2020年モデルより、新たに刷新したイタリアDE ROSA CORUMのディスクモデルです。
こちらもスチールフレームにディスクブレーキ路線。
更にコンパクトリア三角を採用した、最新鋭のスチールロードです。
レーシングフレームが得意だった、デローザのノウハウを生かしたディスククロモリロード。

(´・ω・`)ん? 意外にディスクが流行する事で、クロモリモデルが復活の兆し??
この流れは面白いかも。
クロモリはグラベルモデルに多数採用され、息を吹く返しましたが。
まさかクロモリレーシング路線まで、この2020年に出てくるとは!
giygiu7y79.jpg
フォーク FC-440 fuji carbon w/tapered steerer
ブレーキ SHIMANO 105 Hydraulic Disc 140mm rotors
ホイール Oval Concepts 324 Disc, centerlock hubs, 100x12mm&135mm thru axles, 700c 24/28H rims
タイヤ Vittoria Zaffiro Pro 700 x 25mm, 60tpi
競技用ロードバイクを意識したジオメトリに、 Oval 製高剛性ホイール&フルカーボンフォーク仕様。
(´・ω・`)超高剛性C-10カーボンから作られるフルカーボン モノコック「FC-440フォーク」まで用意してありますよ。
アルミレーシングモデルFUJI SL-Aだってディスク化はまだなのに、限定とはいえクロモリモデルの方からディスク化とは。
gui7y78.jpg
フレーム COLUMBUS butted chromoly lug frame / direct mount hanger
Columbusクロモリチューブを採用したセミスローピングフレーム
普通クロモリフレームは細いシルエットが特徴ですが。
FOREALにはあえて大径ダウンチューブを採用。こんな所でもレーシング性能を稼いでいるとは。
(更にクロモリながら大径ダウンチューブに、あえて「FUJI]のロゴを小さくシンプルに配置。クロモリモデルとしての高級感も狙った設計になっています)

クロモリフレームの溶接方法はフィレットブレージングを用いています。
クロモリチューブとクロモリチューブを、ロウ(合金)で溶接。
80年代のレーシングクロモリに用いられた手法を、この2020年モデルに取り入れた訳ですね。
ですので見た目のクロモリながら現代的な洗練されたデザインになっています。
hui79y789.jpg
クランクセット SHIMANO 105, 52/36T 11-speed
ボトムブラケット SHIMANO BB-RS500, BSA
フロントディレーラー SHIMANO 105, 31.8mm clamp
リアディレーラー SHIMANO 105, 11-speed

カセット SHIMANO 105, 11-28T
チェーン KMC X11

ディスクブレーキはなんと105油圧ディスクブレーキ仕様!?
ドライブトレインも105スペックで統一してきていますし。完璧な105油圧ディスクスペック完成車ですね。

SINARIの後継モデルとして出てきた限定モデルということで、105スペック路線を継承しています↓
imgrc0068117900youo.jpg
2018 FUJI SINARI
ネオクロモリロードFUJI SINARIといえば、メッキラグが魅力的でした。
英国レイノルズ525クロモリに105スペック路線。
(´・ω・`)今回のディスク化に伴い英国レイノルズから、イタリアCOLUMBUSへクロモリパイプブランドを変更した訳か。
更にケーブル内蔵路線は継続しつつも、溶接方法をフィレットブレージングに変更。
今回はFUJI SINARIの流れを引き継いだと言っても、大胆な仕様の変更が行われている印象を受けました。
色々な意味で大胆なクロモリディスクレーシングロード路線ですね。
FUJI (フジ) 2020モデル FOREAL DISC マットシルバー サイズ50(167-175cm) ロードバイク

2020年03月04日 トラックバック(-) コメント(-)

Cinelli HoBootleg Geo Apex   米国大陸横断可能なグラベルロード


prod185446_Blue_NE_01.jpeg
Cinelli HoBootleg Geo Apex アドベントチャーロードバイク 

海外チネリモデルのHobootleg Geoは、チネリモデル中最も過酷なツーリングに対応した地球規模での走破能力を考え抜かれたバイクです。
Cinelli Hobootleg Geoは、歴史的なイタリアバイクブランドの最新グラベルロードであり、29erの大きなタイヤと攻撃的なオフロードジオメトリを備えています。
丈夫で快適、多目的に対応出来る様に設計されたこのアドベンチャーバイクは、なんと米国大陸横断可能なグラベルロードなんですよね。


最新のグラベルジオメトリ、最大29x3インチの巨大なタイヤクリアランスを備えたコロンバスクロモリスチール構造、幅広い11-42Tカセット。そして油圧ディスクブレーキを備えたSRAM Apex 11スピードドライブトレインを装備。
米国大陸どころか、地球上のどこにでも移動できるグラベルロード。
さらにタイヤWTB Ranger 29x2.25"が、全ての地形で安定性とグリップを提供。
prod185446_Blue_NE_03.jpg
最新のグラベルロードは現在グラベル&アドベンチャーバイクの市場に続々と登場しています。
最近では650B×47Cサイズのロードプラスなども登場しましたよね。

CinelliのHobo Geoはグラベルロードのパッキングシーンを盛り上げ、最新のトレンドをすべて満たした設計
チネリの「イタリアンデザイン」の魅力が加わったことで、走破性とイタリアンデザインが融合した夢のグラベルロードです。
長めのホイールベース、長いトップチューブとヘッドチューブは、クッション性と快適性を優先するCinelliの方針を反映。
(´・ω・`)走破性とイタリアンデザインが楽しめる珍しい一台になっています。
prod185446_Blue_NE_01hjyr.jpeg

ブレーキ SRAM Apex hydraulic disc
ホイールセット Shining 29" Rims, Formula hubs
タイヤ WTB Ranger 29x2.25"

タイヤクリアランスは最大29er&27.5において、なんと3.0サイズの太さまで使用する事が可能!
ただしフェンダーまたは特定のモデルのリアキャリアを使用すると、クリアランスが減少します。
残念ながら、フェンダーを使用した際の最大クリアランスについては不明です。

Hobootleg geoが全地形に対応出来るグラベルロードの理由は、この極端な広いタイヤクリアランスです。

29インチのホイールに最大クラスの3インチのタイヤを取り付けると、砂の多いシングルトラック、雪を含むあらゆる種類の困難な地形に乗るときに、素晴らしい走破性と快適市性を提供。
逆にほとんどアスファルトで舗装された路面で乗る場合、ツーリング性を発揮するバイクとも言えます。

問題は地球規模で使用する際、タイヤなどのスペアをどうするか? ですね。
多くの開発途上国では27.5インチと29インチがまだ一般的ではありません。
ですのでこのCinelli HoBootleg Geo Apex はアフリカの荒れた地形に取り組むのに最適ですが、スポーク、タイヤ、などのスペアが必要になってきます。
(´・ω・`)いずれにしても、最初から地球レベルでの使用を想定してあるのか……

フォークには、側面に4つのアイレットが用意されておりバイクパッキングケージなど数多くのオプションを提供します。ケーブル配線はアウター仕様です。
prod185446_Blue_NE_02.jpg
フォーク Columbus 1-1/8" Carbon blades / Tapered alloy steerer; Weight:500g
フロント 15x100mm スルーアクスル
リア   12x148mm スルーアクスル

海外で流行している浅いドロップバーが特徴。
Cinelli Hoboootleg Geoは、29erホイールセットにもかかわらず非常に反応性の高いバイクです。

チェーンステーの長さは従来のツーリングバイクに近づけており、コロンバスクロマーチューブにより、十分な自然なクッション性を確保しています。
比較的高い位置のボトムブラケットは、障害物に対してより多くのクリアランスを確保。
このバイクは比較的低い負荷で荒れたトラックで最高の性能を発揮します。

シフターとディスクブレーキは高性能で耐久性のあるSRAM APEX1を採用。
prod185446_Blue_NE_04.jpg
フレーム Columbus Alloy Custom; Weight: 1.85kg
BB  BSA 73mm

傾斜したスローピングフレームセットは、イタリア製コロンバスクロモリトリプルバテッドスチールで作られています。
多くのバイクメーカーが使用している、台湾のクロモリ素材と差別化を図っているとか。

更にフレームには防錆処理が施されており、あらゆる天候においてもフレームを保護。
Cinelli HoBootleg Geo Apexアドベンチャーバイクは錆びにくいクロモリバイクでもあります。

主な機能は複数のボトルケージ台座と、ツーリング用に適したリアラックとフェンダー用のアイレットを用意しています。
prod185446_Blue_NE_05.jpg
実際にアメリカ大陸を横断した大規模テストから生まれたグラベルロードでして、あらゆる地形とあらゆる条件下で走破可能なバイクです。
山やトレイルでも走破し易い様に設計されており、ツーリングやバイクパッキング時においても荷物を積載した際でも扱い易いハンドリング性能になっています。
prod185446_Blue_NE_06.jpg
Hobo Geo はSRAM APEX 1×11 ドライブトレインを用意。(リアカセットに11-42T)
オフロードツーリングに備えフロントダブルではなく、よりシンプルなワンバイ仕様を選択。
62527977_10157770902757137_1200403909957386240_o.jpg
米国大陸横断などの探検用に作成された屈強なグラベルロード
実際の米国大陸横断時におけるテストによって設計されたHobo Geoは、旧チネリモデルのノウハウから発展したグラベルロードです。
あらゆる地形と様々な状況下で使用可能。
正に地球規模における未知の土地への旅に挑戦したい、全てのの人々のために作られました。
Cinelli HoBootleg Geo Apex Adventure Road Bike (2019)

2020年03月03日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 MARIN NICASIO DROP SE(ニカジオドロップSE) 8万クラスのエントリー系グラベルながらロードプラス仕様!


nicasiodrop_.jpg
MARIN NICASIO DROP SE(ニカジオドロップSE)価格 88,110円 (税込)
(´・ω・`)おおっ……米国マリンのグラベルロードMARIN NICASIO DROP SEは、8万円台でロードプラス仕様なんですね。
いきなり初心者用ながら650B×47Cタイヤが付いてくる、本格ツーリングタイプのグラベルロードです。
エントリーモデルながら、上位モデルにも採用される米国WTBグラベルタイヤをいきなり用意しています
これなら、あくまで個人的ですが、MTB代わりに遊べるな……
クロモリフレームですから、走破性や速度を維持する能力が凄い事になっていそうですね。
フラットバーモデルと、ドロップハンドルモデルが存在するのですが。
このMARIN NICASIO DROP SEは長距離を目的としたドロップハンドル仕様。
フレームは4130クロモリフレーム
クロモリの乗り味を生かしたフレームですが、4130は快適性を前面に出したクロモリで軽量で柔軟性があります
長時間のライドでも快適に乗る為のクロモリですね。
やっぱり細いクロモリと極太のロードプラスの組みわせがかっこいい……

87040907_3207900795905386_1127929712681680896_ohg.jpg
2020 MARIN NICASIO CUSTOM SE
こちらがMARIN NICASIO DROP SEのドロップハンドル仕様の「2020 MARIN NICASIO CUSTOM SE」
(´・ω・`)なんとこちらにもWTB Horizon650B×47Cが用意されている!
74,250円で、Shimano ALTUSリア8速仕様。
7万円という低価格で、いきなりロードプラスを街乗りで楽しめる趣向になっている。
こちらにはいきなりフロントバスケットとリアキャリアーが用意されいますね。
しかもハンドルは扱い易い、ベント形状のハンドルバー。
86969946_3207901672571965_7281940424132919296_o.jpg
見ての通りフロントバスケットがウッド製。
87298389_3207902815905184_6888510699580948480_o.jpg
ブレーキ Tektro M280 機械式ディスクブレーキ
ストリートバイクとしての要素と、ツーリングの為のアイレットも多数用意。
ていうか、ここだけ見ると既にMTBにしか見えませんね……
87151129_3207901852571947_801518851090022400_o.jpg
このリアキャリサーは、上手くバニアバッグを積載しても、チェーンなどに接触しない様に設計されているんですね。
(´・ω・`)ああ……天板のスペースもそれなりにあるのか……



nicasiodrop_.jpg
MARIN NICASIO DROP SE(ニカジオドロップSE) 価格94,050円 (税込)
マットオリーブというマリンの米国系カラーを生かしたグラベルロード。
そういえば、タイヤにWTB HORIZON 650B X47Cとグリーン系カラーのフレームを組み合わせたグラベルロードって多いな。
カナダコナの場合アルミモデルだったけど、マリンの場合は細身の4130クロモリフレームか。

WTB HORIZONを採用した理由は圧倒的な走破性を確保しつつも、転がりの軽さとクラシカルなテイストを重視した為。
アメサイドカラーですので、ツーリングに使用する際もレトロ感を演出。
nicasiodrop_1.jpg
シフター Shimano Claris 8-Speed
クロモリフレームに650Bロードプラス&クラリススペックって、恐らく国内流通モデル中最安のロードプラス系グラベルロードでは?
ツーリングを意識してシマノクラリスを採用。
nicasiodrop_2.jpg
nicasiodrop_3.jpg
フォーク CrMo
ブレーキ TEKTRO メカニカルディスクブレーキ
nicasiodrop_11.jpg
タイヤ WTB HORIZON 650B X47
(´・ω・`)しかし、9万円完成車で7000円もする WTB HORIZON がフロントとリアに付いてくるのはやっぱり凄い。
他の9万円台グラベルに比べて、タイヤにコストをかけている印象。
nicasiodrop_5.jpg
フレーム Double Butted クロモリ
こちらはマットオリーブ。
どちらかというと泥汚れに似合う、フレームカラーなんですよね。
nicasiodrop_12.jpg
フロントディレーラー SHIMANO Claris
クランク FSA Tempo Compact, 50/34T
リアディレーラー SHIMANO Claris
こちらはマットシルバー。
街乗りでのデザイン性にこだわったカラーリングだろうか?
nicasiodrop_10.jpg
NICASIO DROP SEには嬉しい事にリアキャリアーが最初から用意されています。
です。。
しかも頼もしいWTBロードプラスタイヤを装着してあるので、多少の悪路や段差も行けるし、荷物を積載しても安定性を確保してあるw家ですね。
クロモリフレームとWTBロードプラスタイヤを組み合わせたグラベルロードって、悪路の場合走破性が前面に出てくるけど。
(´・ω・`)何気に悪路での運搬性に期待している。
nicasiodrop_6.jpg
ロードバイク700Cホイールと、650Bロードプラスタイヤはタイヤの外径が近いので、ひと漕ぎの距離が同じ。
しかも47Cにも及ぶロードプラスは、走破性とエアボリュームを確保してあるのでどんな悪路でもスピード感が楽しめる。
逆に言うと力まなくても楽しめる訳ですね。
nicasiodrop_9.jpg

クロモリのMARIN NICASIO は、オンロード50%とオフロード50%の走りをするために設計。
ですので、フォーク部もクロモリにすることでツーリングなどの長距離に適した設計です。
元々タイヤクリアランスにロードプラスが装着可能な様に設計されていましたが。
NICASIO DROP SE(ニカシオドロップSE)2020モデル/MARIN(マリン) グラベルバイク  送料プランC 23区送料2700円(注文後修正)

2020年03月02日 トラックバック(-) コメント(-)