電動クロスバイク(ブリヂストン・ヤマハ・パナソニック)三社試乗比較データー  スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 電動アシスト自転車 > 電動クロスバイク(ブリヂストン・ヤマハ・パナソニック)三社試乗比較データー 

電動クロスバイク(ブリヂストン・ヤマハ・パナソニック)三社試乗比較データー 

(´・ω・`)とりあえず、3社の電動クロスバイクの特徴をピックアップしてみます。

IMGP1103b.jpg
(ブリヂストン リアルストリーム・スタンダード 電動アシスト新基準対応モデル 26インチ/内装8段変速付き平地に強いのが特徴です。ごく自然な継続的な粘り強いアシストが
楽しめます。どのギアでも、適度なアシストをコントロールしてくれる
のも嬉しいところです。
弱点は漕ぎ出しのアシストパワーが他社に比べて弱いという所。
(´・ω・`)……わざとそういう設定にしているのかもしれません。


IMGP0817a.jpg
2009ヤマハ PAS Brace L(パス・ブレイスL) 電動アシスト新基準対応モデル(26インチ/内装8段変速付き)
「漕ぎ出し時・スタート時」のアシストが強力です。つまりよーいスタート
時において、三社の電動アシストクロスバイクの中で最高のダッシュ力を
誇ります。
弱点は、継続的なアシストが苦手。逆に考えると急な坂道とか、交差点など
でストップ&ゴーを繰り返す分には最高。
(´・ω・`)……三社の中で一番個性が強いモデル。バッテリー容量が大きい点
も長所の一つです。


IMGP1113c.jpg
2009 Panasonic パナソニック ハリヤ スポーティ電動アシスト自転車(26インチ/7段変速付)
スタート時の加速をしっかりアシスト。平地でも継続的にアシスト
してくれる優秀な電動クロスバイクです。
ブリヂストンの粘り強さと、ヤマハのスタートダッシュ力という2つのいい所
を持っています。
どんな状況でも、しっかりしたアシストを期待出来ます。
(´・ω・`)……弱点は、内装変速でないので、メンテナンス(クリーニング)
の必要が出てくるという所でしょうか。


状況に応じて、各社のモデルを選択するのもいいいかもしれませんね。
平地が多い地域ならブリジストン。
急勾配のある坂道が多かったり、信号や交差点が多い地域ならヤマハ。
オールラウンドにしっかりした電動アシストが必要な方ならパナソニック。

あくまで個人的な感想ですが、電動クロスバイクとしての性能はパナソニ
ックが一歩リードしている印象を受けました。
電動クロスバイク「ハリヤー」を、いち早く市場に投入しただけあって王
者の貫録(`・ω・´) 

でも、各社開発競争が本格化しているみたいなので、どんどん電動クロス
バイクが進化していくのは間違いないと思います。

試乗体験記事は以下にまとめておきました↓
ブリヂストン リアルストリームの試乗体験記事

ヤマハPASBraceLの試乗体験記事

パナソニックハリヤの試乗体験記事

スポンサードリンク

2010年01月11日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する