PINARELLO FP1 (ONDAフォーク ONDAバック SHIMANOティアグラ搭載) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > PINARELLO(ピナレロ) > PINARELLO FP1 (ONDAフォーク ONDAバック SHIMANOティアグラ搭載)

PINARELLO FP1 (ONDAフォーク ONDAバック SHIMANOティアグラ搭載)

IMGP1009.jpg
PINARELLO FP1

乗りやすい、アルミフレームロードならFP1は注目しておいて損はない
と思います。
特に2010モデルのFP1はオンダカーボンフォークとカーボンバックが
採用された豪華版。
アルミフレームですが、徹底的に快適性重視のモデルとして生まれ変
わりました。
オンダフォークとカーボンバックが(オンダステー)はフラグシップ
に採用されていた技術をそのまま導入しています。

でも、快適性重視というだけではなく、高速巡航性をしっかり確保。
(高速巡航性を確保しているのは、しっかりしたフォークのおかげ。
抜群の安定性を確保。ブレーキにもしっかり反応)
特にスピードを維持出来るように、高品位のフレームがペダリングに
しっかり応えてくれますね。

ハンドルの高さも、乗り手目的に合わせて設定可能。あらゆる目的の
方でも、納得できるのだはないでしょうか? でもどちらかというと
レーシー寄りですね?

アルミフレームなのに相当ソフトな乗り心地が楽しめますが、やは
り速度を上げてこそ本当の性能を発揮すると思います。剛性はしっか
り確保していますね。
ですから、走りは他のアルミモデルに比べて軽さを楽しめそう。
そういう意味では、フレームの良さを楽しめるアルミモデルなのかも
しれません。

ハンドルの反応も優秀で、始めてロードに乗る方でもきちんと乗りな
せる一台です。
そういう意味では、前にも言いましたけど運動性が高いのでロングラ
イドよりは、サーキット向きかも。
街乗り? もいいかもしれませんけどレーシー希望の方にはそれなり
に答えてくれるのでは。
特に高速巡航時でもレベルの高い衝撃吸収性を見せてくれる所は必見
です。

コンポはシマノ ティアグラ。このあたりは他のアルミモデルと同様
のコンポ。あ、クランクもシマノになっています。
へえ。
ただ、アルミモデルの中でも割と価格がするので、悩ましい所ではあ
ります。
うーん。
でも、ぎりぎり? 車重が8kg台なのはやっぱり凄いかも。
ロングライドには、アルミなので少し辛くなってくるかなあ。 
 
そういえばピナレロに試乗した時、最初は「柔らかい」と思ったんで
すけどスピードが乗ってくるとそれなりに堅さというか、戦闘的な一
面が見えてきた記憶が。
うーん。
あとビジュアル的にやっぱり、個性が強いメーカーさんですね。

画像撮影が下手でPINARELLO FP1 の魅力が全然引き出せてなくてす
いません。
実車はかなり、美しいです。

スポンサードリンク

2010年03月07日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する