ABICI AMANTE UOMO(アビチ アマンテ ウモ) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 未分類 > ABICI AMANTE UOMO(アビチ アマンテ ウモ)

ABICI AMANTE UOMO(アビチ アマンテ ウモ)

img10634706835.jpg
メイドインイタリーのシングルスピードです!
イタリア北部ヴェネト州のABICIフレーム工房で職人さんが
組んでいる贅沢なハンドメイドモデルです。
(溶接はラグ式のハンドメイド)
イタリア自転車フレーム職人が組んでいるというのも、今時
希少。しかも50年前から続く工房とは……。

しかも塗装はパウダーコーティングで、防錆加工済み。
その上光沢をつけているとか。
とはいえ、出来るだけ室内に保管した方が懸命かも。

どうして、レトロなデザインになったかというと、1950年代の
カタログにあった自転車のデザインを元に、デザイナーが設計した
為。
パーツもできるだけイタリア製のを使用しています。やっぱりイタリア
自転車産業の育成と保護にも一役買っています。

あと注目はやっぱりブレーキですね。
ブレーキレバーと接続されたクロム製のロッド(細い棒)を上下さ
せてブレーキシューをリムの内側に押し付けることで車輪を制動す
るロッドブレーキシステムを採用(HPより抜粋)

ワイヤーブレーキを意地でも使用しない頑固さを感じます。

まあ、レトロ感がいっぱいですが、逆に今の時代ならではの自転車
ですね。
今は買い物や遠出に使っていた車を、自転車に乗り換える方が増えて
いるじゃないですか?
だから、日常的に使いたいけどデザインにも妥協したくないという方
の欲求に答えてくれる自転車がアビチだと思うのです。

(日常で使用するのを意識して、泥除けや、ダイナモライト、チェーン
ガードなどついていますね。元々、ファッション誌などに露出の高い自
転車ですが、そのあたりの使い勝手の良さはご立派)

img56509723.jpg
おお、ハンドルがもうたまらなくレトロですね!
グリップは天然生ゴム製のマーブル柄特別仕様。
ニュースペーパーラックも標準搭載されているので
地図もはさめます。


img56509726.jpg
ダイナモ内臓で走行時に自動点灯します。
砲弾型ライトが素敵。

img56509725.jpg
日本でも往年の実用車などに多く用いられていた
ロッドブレーキ。
うわー。渋い。
img56509728.jpg
かと思えばLEDバックライトとかも搭載しています。

img56509727.jpg
BROOKS製本革サドルです。
何気にお尻にやさしいスプリング式。
色々凝っていますけど、誰にでも無理なく乗れる仕様ですね。
細身のクロモリフレームの美しさを、楽しみたいものです。

スポンサードリンク

2010年03月15日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する