BROMPTON ブロンプトン M3Lをだらだら解析してみました。(2010モデル) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BROMPTON ブロンプトン > BROMPTON ブロンプトン M3Lをだらだら解析してみました。(2010モデル)

BROMPTON ブロンプトン M3Lをだらだら解析してみました。(2010モデル)

10_brptn_017063.jpg
IMGP0848.jpg
( ;゚ω゚)……BROMPTON M3Lかあ。いえ、あのですね。購入後にコインロッカー
に保管出来るかなあ。
となると、一週間300円ですから、一月1200円で保管可能って……
部屋に隠した方が懸命ですよね。
M3Lって、人気があるから品薄になってしまうのであきらめて2011モデルまで
貯金して……。
でも、60cm四方に収まるって凄いですよね。
運動性にはそれ程期待しませんけど、長距離乗ってみるとあんまり筋肉が
痛まない? という声もありますし。
どうしましょうね? 今日の記事は個人的メモという事で。
でも、都内に行く時使いたいのです。
うーん。

IMGP1322.jpg
内装3段シフトレバーについてなんですけど、一応ハンドルを
持ちながら、変速してくれるんですよね。
なんか以前変速をいじらせてもらった時は歯切れ悪かったです
けど。まあ、この辺りは目をつぶりましょう。

IMGP1324.jpg
IMGP1323.jpg
あ、そうか。フロントフォークはクロモリなんですよね。
ふーん。
イエローラベルタイヤは米式。うーん。

IMGP1325.jpg
フロントはシングル。コッタレスアルミクランク。
あ、ミニベロはフロントシングルで十分。


IMGP1326.jpg
右ペダルのゲージはアルミ製ですね。
折り畳んだ時に前輪がくるので、特に邪魔にならないはず。
IMGP1327.jpg
左ペダルは、出しゃばらない様に折り畳み式。
賢いですね。この辺りの設計というか計算は。

IMGP1330.jpg
ゴムダンパーですね。
走行時にサスの役割をします。
確かロックがかけられるので、車体を持ち上げても後輪は
そのまま持ち上がるはず。
IMGP1329.jpg
ブロンプトンブレーキキャリパーの効きは、どうでしょう?
まあ、そんなに飛ばさないので大丈夫だとは思いますけど。
電池式テールランプがついてくるんですよね。
でも夜は出来ればミニベロで走りたくないかも。

IMGP1328.jpg
スタメの内装3段変速ですね。
あと、奥にあって見えにくいですけど
IMGP1331.jpg
ZEFAL携帯用ポンプも左側についてきます。
やっぱり、リアキャリアは個人的に特に必要ないかと。

IMGP1332.jpg
IMGP1334.jpg
問題はカラーなんですよね。このグリーンが一番いいかなぁ。
英国公式カラーの限定のも悪くないですけど。
それにしても、このシールは2011モデルにもついてくるので
しょうか?
うーん。

IMGP1335.jpg
なんで、サドルが細くなったのでしょうね?
結構収納時につかみやすいから?
でも、おそらくですけど、ロードバイクのサドル並みに軽量な
はず。
ブルックスに交換もいいですけど、車体の重量が重くなるのが
辛いかも。

収納した状態で、真上から見るととんでもなく芸術的に折り畳まれて
いるのが分かるんですよね。

スポンサードリンク

2010年04月18日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する