2011 GIOSモデルが登場。イタリア色を重視しています。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GIOS(ジオス) > 2011 GIOSモデルが登場。イタリア色を重視しています。

2011 GIOSモデルが登場。イタリア色を重視しています。

p9220653.jpg
2011 GIOS Compact Pro

2011モデルのGIOSは、カンパニョーロ コンポーネントを積極的に
採用している模様です。
イタリアンですね。
しかもでデダチャイ製クロモリを採用してフレーム売りをしていた
COMPACT PROが完成車として登場です。
なんとカンパニョーロ アテナをメインコンポに採用。
リア11速ですよ。リムはマヴィック オープンプロを採用。
クランクはコンパクト50・34T
細いシルエットとメッキラグがたまりませんね。

ちなみにフレーム価格は24万だったのが、一気に16万までプライス
ダウン。


p9220661.jpg
p9220665.jpg

この国旗は、プリントではないですね。
かなりイタリアンなこだわりを感じます。
セライタリアオリジナルのGIOSサドル。
テープなども、コンパクトプロの為に新調した模様。
p9220681.jpg

2011 GIOS Vintage Veloce
トリコロールカラーで展示会でも人気者だったVeccio(ベッキオ)の名称が
Vintage(ヴィンテージ)と変更に。
しかもカンパニョーロ ヴェローチェを搭載してリア10速が楽しめます。
なんだかんだで、イタリアン色が濃くなっていますね。

p9220859.jpg
2011 GIOS Ampio

ジオスがクロスバイクの為に、クロモリフレームを設計した
GIOS Ampioも健在です。

p9220990.jpg
2011 GIOS Mignon

そういえば、ミグノンなどもミニベロの仕様も気になります。
最近、ミニベロの人気が定着してきて嬉しいです。
トップチューブが高いのはミグノンならでは。

スポンサードリンク

2010年09月24日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する