2011モデルLOUIS GARNEAU LGS-RSR S  アルテグラと105の体感的な差について スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LOUIS GARNEAU(ルイガノ) > 2011モデルLOUIS GARNEAU LGS-RSR S  アルテグラと105の体感的な差について

2011モデルLOUIS GARNEAU LGS-RSR S  アルテグラと105の体感的な差について

img57475132.jpg
この間、105とアルテグラの違いを試したのですが、結構NEW105と
アルテグラの間には高い壁がある様に感じます。

もちろん、105も変速時には「カツカツ」と確実に動いてくれるので
すが、アルテグラはより軽快に「か、か、か」という感じで素早く変
速してくれます。

あの軽やかな変速は、やっぱり高いだけはありますが、そのアルテグラを
フルで搭載したモデルがこのLGS-RSR Sです。
驚くべき事に価格はなんと19万!

しかもLGS-RHCなどの様な、ロードモデルとフレーム構造が酷似しているん
ですよね。
ロードモデルに、いきなりフラットバーを取り付けた感じ。
ただし、車重は7.7kgということで2010モデルとそう変わりはないですが。
(スカンジュウムフレームですね)
悩ましい事に、この上のRSRモデルはコンポはデュラエース。

この下のモデルはLGS-RSR1でシマノ105で大体実売価格は13万。

街やロングライドを求めるならRSR1で十分な気がします。
実際2011モデルRSR1を試乗して、かなり使えそうでしたし。

更に上をいくRSR Sとなると、更にスポーティにかつ変速時
の軽快さを求める方にいいのかも。
RSR1の運動性の高さは素晴らしいですが、はたしてロード
バイクレベルかというと少し疑問が残ります。

ですから、あくまでロードレベルに匹敵するフラットバーロード
が欲しい方にこそ、このLGS-RSR Sに乗る価値があるのでは。

つまりこの辺りに、13万と19万の差が出てくるのかもしれません。



img57475138.jpg
ハンドル EASTON EA90

img57475137.jpg
フレーム LG SCANDIUM

img57475135.jpg
MAVIC AKSIUM COMPLETE WHEEL
フォーク EASTON CARBON EC70
img57475136.jpg
img57475134.jpg
SHIMANO ULTEGRA 50/34T
ULTEGRA をふんだんに採用。結構真面目。
img57475139.jpg
img57475133.jpg
サドル SELLEITALIA FLITE GEL FLOW

スポンサードリンク

2011年01月23日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する