2012 BRUNO 700C tour SOLO 105 (ブルーノ 700Cツアーソロ105) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BRUNO(ブルーノ)  > 2012 BRUNO 700C tour SOLO 105 (ブルーノ 700Cツアーソロ105)

2012 BRUNO 700C tour SOLO 105 (ブルーノ 700Cツアーソロ105)

img58151336.jpg
 ( ゚∀゚)なんとブルーノ700C tourからシマノ105搭載モデルが出ますよ。
しかも変速はWレバーじゃなく、STI化。
どうも、高速走行とロングライドを強化したモデルで、より走行性能が
期待できそうです。
コンセプトは「旅」と「移動」らしいのですが。
ブレーキも、カンチブレーキをシマノ105キャリパーブレーキ
に変更。
本当に走行性や制動性を強化していますね。
へー。

タイヤのサイズも700 X 32C→700x23cに変更。

で、変更がない点といったらフレームにREYNOLDS520クロモリバテッドチュービング
を使っている点ですね。

 (´・ω・`)……あせって、価格を調べたら12万程度。
初めてロードに挑まれる方に、お得なスペック&高品質デザインロードではないで
しょうか?

とうとう、ロードバイクの分野にもブルーノが殴り込みをかけてきた訳でありますが。
Brunoは勢いがありますね。
レトロ感のあるレザーパーツを消し去り、出来るだけスポーツ性を高めたホワイト
カラーに変更してしたあたり、ちょっと面白いです。

なんとなく英国風にもみえますね。デザイン買いしても損はしないはず。

img58151332.jpg
ホワイトバーテープにホワイトサドルがいいですね。
本当にデュアルコントロールレバーになっています。
img58151334.jpg
補助ブレーキレバーは健在。
ブレーキはシマノ105


img58151328.jpg
フォークはORIGINAL クロモリチュービング


img58151333.jpg
WEINMANのオリジナルポリッシュリンクを搭載
この辺りはブルーノっぽい
img58151331.jpg
REYNOLDS520クロモリバテッドチュービング

img58151330.jpg
img58151327.jpg
まさか、フル105搭載してくるとは。
頑張っていますね。
img58151326.jpg
700x23cとスポーツ性重視の太さに。

img58151335.jpg
リア10速ですものね。
うーん、お得。

img58151329.jpg
( ゚∀゚)……やっぱり走りたい方の為のモデルですね。
価格を抑えてきた辺りにブルーノらしさを感じます。
結構あちらこちらで、注目されているのも分かります。意地でもカーボン
パーツを使ってこないあたりも、やっぱりブルーノ。

スポンサードリンク

2011年06月05日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する