2012 COLNAGO CLASSICA(コルナゴ クラシカ) とうとうコルナゴからフルカーボンクロスバイクが登場 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > COLNAGO(コルナゴ) > 2012 COLNAGO CLASSICA(コルナゴ クラシカ) とうとうコルナゴからフルカーボンクロスバイクが登場

2012 COLNAGO CLASSICA(コルナゴ クラシカ) とうとうコルナゴからフルカーボンクロスバイクが登場

img58323482.jpg
(`・ω・´)まったりフルカーボンロードバイクCOLNAGO ACEがフラットバーロード
になってクラシカルに登場。

そういえばCOLNAGO ACEに試乗した時に、クロスバイクに近いロードだなあ
と思っていたのですが、まさか本当にクロスバイク化してしまうとは驚き
ました。

IMGP009khh9
やっぱりこのモデルはCOLNAGOモデル内においても異端児ですね。

ACEフレームを基調として作られたフルカーボンクロスバイク
つまり、カーボンモノコックフレームですよ。
ビアンキのカーボンクロスバイクカメレオンテ6も、クロスバイクにしては
珍しいカーボンモデルですが、まさかコルナゴから出てくるとは。
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルCOLNAGO ACEが……まさかこんな方向に
進化するなんて予想出来ませんでした……


異様に柔らかいカーボンフレームなので、リアルに路面からの衝撃が
全然体にこないですよ。メーカー様はロングライドなどの使用をお勧め
していますが、個人的には間違いなく街乗りに使えるカーボンモデル
ではないかと。

推進力とか剛性とか、スポーツ性を重視する方よりもお気楽に乗りまわす
事を重視される方にぴったりですよ。
最新コンフォートモデルがACE、カラーリングとパーツのセレクトだけで
いきなりクラシックな雰囲気になるのは実に面白いです。

(見た目はなつかしい感じがするのに、快適に乗る為のコンフォート最
新技術を採用している点も見逃せません)

img58323480.jpg
他モデルより約30mm長く設計されたヘッドチューブ長が楽なポジションを
可能。否が応でも、まったり乗れそうです。
イタリアDEDA社のステム・ハンドルを採用。
img58323478.jpg
img58323479.jpg
ブラウンカラーのグリップを採用。ケーブルがレッドなのがまた渋いです。
やっぱり誰でも、お気楽にカーボンモデルを楽しめるのが嬉しいですね。

img58323477.jpg
フロントフォークにロードスペックのColnago ACEのフォークを採用。

img58323476.jpg
フルカーボンモノコック構造をとうとうクロスバイクに採用。
つまり、クロスバイクやフラットバーモデルは、もうカーボンバックがメ
インではなくフルカーボンの時代に入りつつあるということですか。

img58323473.jpg
クランク SHIMANO FC-2303 52X42X30Tのトリプル

img58323474.jpg
胴抜きデザインも渋いですが、シートステーが最新のモノステー構造

img58323475.jpg
img58323481.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-R3400
img58323471.jpg
VITTORIA ZAFFIRO SLICK 700×25c
img58323472.jpg
ブラウンカラーの鋲打ちサドル
なんとなく女性も意識している様な気がします。

スポンサードリンク

2011年07月28日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する