2012 COLNAGO WORLDCUP2.0(コルナゴ ワールドカップ2.0) より堅牢なシクロクロスバイクに進化  スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > COLNAGO(コルナゴ) > 2012 COLNAGO WORLDCUP2.0(コルナゴ ワールドカップ2.0) より堅牢なシクロクロスバイクに進化

2012 COLNAGO WORLDCUP2.0(コルナゴ ワールドカップ2.0) より堅牢なシクロクロスバイクに進化

img58323367.jpg
( ;゚ω゚)や、やばい……コルナゴのシクロクロスコンプリートモデル
WORLD CUPが物凄くフレームが良くなっています。

2012モデルも軽量&強度に優れたダブルバッテッド 6000 シリーズアルミニ
ウム製チューブを使用。更にトップチューブとシートチューブの付け根付近
に、補強リブの様な形状にして剛性を強化しています。
更にフレームが、多角形に。
なんだか、2012モデルのコルナゴモデルは多角形なチューブ形状が好んで
使われている傾向にあります。


どうも、レース中の落車までも考慮して徹底的にフレーム強度をUPさせた
とか。
あくまで、迅速かつ正確な走行が出来るように考え抜かれていますね。

(世界中のあらゆる過酷な地域で走行することを前提に、テスト走行を実施
した模様です)
img10634654586j.jpg
(`・ω・´)これが2010モデル。どちらかというとロードバイク寄りだったのが
よりシクロクロスモデルらしくなりましたね。

それにしても、2011モデルに引き続きコンポに105搭載で20万。
いいなあ。
第一泥に汚れる事を前提に設計しているコルナゴモデルなんて、MTBモ
デルとシクロクロスモデルであるワールドカップだけですからね。


img58323365.jpg
ハンドル FSA HT-RD300S OMEGA COMPACT
ステム FSA ST-OS190LX
どうやらFSA社の、フレームを2012モデルも採用した様です。

img58323364.jpg
TEKTRO 992AG OPYX カンチブレーキ

img58323363.jpg
フォーク World Cup Carbon
DISCブレーキマウントも装備しているとか
img58323361.jpg
トップチューブが多角形になり、よりシャープなデザインに
なりました。
img58323362.jpg
ダウンチューブもスクエア形状。

img58323359.jpg
クランク FSA OMEGA 46/36T
メインコンポにシマノ105を搭載。

img58323360.jpg
シートチューブとトップチューブの間に補強が入っていますね。

img58323366.jpg
700X32Cと太めのクリンチャータイヤでより気軽にドロップバー
を楽しめます。
img58323358.jpg
シートポスト FSA SP-SL280 31.6MM

スポンサードリンク

2011年07月29日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する