GIANT DEFY1  コンポは105搭載。定番のアルミフレーム強化モデル スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GIANT(ジャイアント) > GIANT DEFY1  コンポは105搭載。定番のアルミフレーム強化モデル

GIANT DEFY1  コンポは105搭載。定番のアルミフレーム強化モデル

DSC00723.jpg

ヽ('∀`)ノ 入門用アルミロードモデルGIANT DEFY1ですね~。
やっぱりどこから見ても、乗り易そうなフレームっス。

2012モデルのGIANT DEFY1はフレームを強化したのが売りに
なっています。
何気にシートポストとフロントフォークがカーボンですし。

2012モデルからBBがプレスフィット方式に変更。
上位モデルのTCR1と同じBB構造になっています。
あとはやはりシートステーが扁平構造なのも上位モデル譲り。


まあコンポはシマノ105スペックですけど、クランクやスプロケット
は新ティアグラなんですよ。
ブレーキはTEKTRO。
さすがに12万~13万で105フルはきつかったのでしょうか。
2012モデルのDEFY1はフレーム性能で勝負するという事かな。

噂の14万フルカーボンモデルのDEFY COMPOSITE3なら、14~15万で
コンポはティアグラ。
( ;゚ω゚)……うーん悩ましい。なんて、悩ましいモデル。
何度もお財布と相談してしまいそうな一台。

DSC007241.jpg
(`・ω・)……タイヤはGIANT P-R3 700x23C。
姿勢を楽にして、その辺をぶらぶらするのにもいけるし、いざとなったら
レースにもいけそうです。でも、23Cを選択するあたりに、レース系の
ほのかな香りが。

なんと重量は9.1kgとアルミにしてはかなり抑え目。
ブルーのメタリック系の塗装も、やはり今風。
(ダウンチューブの下に、GIANT ロゴがしっかり記してありますし)
メーカーHPでロングライドやヒルクライム、ホビーレースにもどうぞと、
お勧めしているけどなんとなく納得。
エントリーモデルではあるんですけど、こっそりレーシング性能を忍ばせ
ているんですね。
まあ、持久戦の耐久系レースなら結構使えるのでは。
多少風の影響は受けるでしょうけど。
自転車のきゅうべえ

スポンサードリンク

2012年03月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する