2012 GIANT FCR 1 GIANT JAPANフラットバーロードの歴史について スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GIANT(ジャイアント) > 2012 GIANT FCR 1 GIANT JAPANフラットバーロードの歴史について

2012 GIANT FCR 1 GIANT JAPANフラットバーロードの歴史について

P1050825.jpg
(´・ω・`)……最高速度域でのタイムトライアルマシン的要素と、低速での操作を考えて
生み出されたマシンが2012 GIANT FCR 1だったんですね。

今まで、エアロフラットバーロードの意味をあんまり真面目に捉えて
なかったのですが、メーカーHPをだらだら見ていたらこういう設計思想
だった。

てっきり、高速で走る為のモデルだとばかり……ああ、低速で走る事も
考えていたんだあ。

でもってコンパクトクランクだから、ダッシュに強い……と。

エアロフレームはアルミで、結構重そうですけど実は9.6kgまで抑えて
いる。
すっげえエアロ……よくここまでボリュームあるのにこの重量に抑えたも
ので。
価格は昨年のモデル価格11万→9万まで下がっていますし。
価格も抑える為に、シマノSORA仕様。

実はFCR 1 GIANTはGIANTジャパンプロデュースの、ご当地グルメな
モデルでもあります。
(日本国内における、フラットバーロードの歴史とFCR 1は密接に関係
している)

P1050827.jpg

GIANTフラットバーロードシリーズについてですが、実はGIANT JAPANがプ
ロデュースしたそうです。
GIANT本社はフラットバーロードに対して懐疑的かつ反対だったらしい。
「なんでロードををフラットバーに? クロスバイクがあるじゃん?」

しかしGIANT JAPANは、ロード文化を普及させる為に販売を強行。
(GIANT JAPANが設定したコンセプトは、気軽に乗れるロード)

結局蓋を開けたら(`・ω・´)b「売れに売れる!」

「乗り味が硬い! でも、加速性がやばい!」
とフラットバーロードが巷で評判になり? 今日に至ったそうです。
色々歴史があるんですね。

P1050831.jpg
大根をぶった切れそうな、エアロフォーク。
一応カーボンで、アルミコラム。
P1050826.jpg
普通にFCR 1をドロップハンドル化する方も。
このフレームなら、なんでもありかもしれませんよ?

P1050829.jpg
シートチューブもえぐれていますね。

P1050833.jpg
(´・ω・`)……日本ご当地最速フラットバーロードモデルです。
海外だと、噂のケンミンショーみたいな扱いをうけるのかしら?
自転車のきゅうべえ

スポンサードリンク

2012年05月19日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する