2013 Master X-Light 30th ANNIVERSARY 動画レビュー &2013コルナゴイメージDVDを視聴する スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > COLNAGO(コルナゴ) > 2013 Master X-Light 30th ANNIVERSARY 動画レビュー &2013コルナゴイメージDVDを視聴する

2013 Master X-Light 30th ANNIVERSARY 動画レビュー &2013コルナゴイメージDVDを視聴する

IMGP5179.jpg
IMGP5028.jpg
(´・ω・`)……コルナゴ展示会でいただいたDVDがあったので視聴してみる
事にしました。
NEW2013コルナゴモデルのイメージ映像でも入っているのかな?
あとインタビューとか?
わくわくしながら、再生スタート。

snapshot_dvd_00.38_[2012.07.19_17.52.33]
snapshot_dvd_00.50_[2012.07.19_17.52.56]
snapshot_dvd_01.16_[2012.07.19_17.53.45]snapshot_dvd_00.56_[2012.07.19_17.53.13]

( ;゚ω゚)……これが2013コルナゴのイメージ戦略かっ!!

おおおおおおおおお! 

……ロードが全然、映像に出てこないお……。
まずはバイクをしらない初心者ユーザー向けに、コルナゴの知名度を上げる為のイメージ戦略だそうです。
確かに、初めての一台でコルナゴを選ぶ方はあまりいませんよね?
ブランドイメージで、まずはコルナゴを知って欲しいとか。
DAHONガールの高級版のような感じかな?


IMGP4941.jpg

( ;゚ω゚)……へえ、これがMaster X-Light 30周年記念モデルですかあ。
ブルー! 展示はブルーカラーですよ!

なんと、C59 DISKの反対側にMaster X-Light 30th ANNIVERSARY
を設置。
会場の入り口近くの一番いい位置に、この二台を設置してきたあたり
本気度合いが伝わってきました。


日本国内における展示会の為に、急遽イタリア本国から生産&空輸した
そうです。
現在このモデルを組めるのは、イタリアコルナゴ本国でも二人だけに
なってしまったとか。
もしかしたら、あらゆる意味で最後の限定モデルと言う事になるのでしょうか?


近年コロンバス社からデダチャイ社のクロモリに変更になった理由は
コロンバス社のクロモリチューブが高騰し、とてもではないが
市場で販売出来る価格にならないそうなのでデダチャイ社にしたそうです。

(その辺の事情は良く分からないけど、要するにコロンバス社のチューブだと
価格が倍以上になってしまうということ)
もしかして、以前金属材料が高騰した影響があったのかな。
あの時は違う金属でしたけど銅の価格が一気に倍以上になって、金属加工メーカー
がパニックになっていたっけ。

「いいですねえ」「いいですねえ」という賞賛の声とともに、販売店様とメーカー様
の会話なので、やたら突っ込んだ会話があちらこちらから聞こえてきました。

(´・ω・`)……なんか、こういう展示会って色々販売店側の反応とか、裏話が耳に入
ってきておもしろいなあ。
IMGP4950.jpg
IMGP5076.jpg
IMGP4948.jpg
IMGP4942.jpg
IMGP4951.jpg
IMGP5077.jpg
IMGP4945.jpg
IMGP4946.jpg
IMGP4947.jpg
IMGP5129.jpg
レッドの色合いが、渋い。
イタリアンと言うよりは英国の様な気品が感じられた。
IMGP5130.jpg
実は、このブラックの色の深さが一番気に入りました。
このイタリアンなブラックは、ありそうでない色合い。
ブラックで組んだ姿を見てみたかった。フォーマルに乗るには
最高なのでは。
画像だと、いまいちオ―ラ―が分かりにくいのが残念。
ロードバイクで、ここまで凄いブラックというのは正直初めて。
Colnago - C-RS (Ultegra - 2017)

スポンサードリンク

2012年07月20日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する