2013 COLNAGO FRECCIA ALFINE(コルナゴフレッチア アルフィネ) 世界共通モデル スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > COLNAGO(コルナゴ) > 2013 COLNAGO FRECCIA ALFINE(コルナゴフレッチア アルフィネ) 世界共通モデル

2013 COLNAGO FRECCIA ALFINE(コルナゴフレッチア アルフィネ) 世界共通モデル

IMGP4855.jpg

これがCOLNAGOの新型シティコミューター FRECCIA ALFINE。
( ゚∀゚)フレッチア アルフィネという名称だそうです。
凄い豪華仕様のシティコミューターではないですか?
見ただけで、満足してしまいましたよ。ここまで、ホワイトを強調したシティコミューター
というのも美しいです。

やはり内装8段変速モデルでした。

どうもこのフレッチアは、EUを中心に展開しているシティコミューターだそうです。
しかも、EU内でもドイツやフランスなどで非常にシティコミューターの需要が大きい
そうで。
ところが、COLNAGOの本国イタリアにおいてはそれ程人気がない。
逆に、フランスやドイツの人気に押されて市場に投入したそうです。
アメリカはどうなんだろう? と聞いてみると、アメリカにおいてそれ程シティコミューターの需要はないとか。
やはりフランスやドイツはシティコミューターで、長距離を移動するユーザーがかなり
多いので、そのユーザーに合わせた仕様になっています。

(´・ω・`)……まだ試乗しておりませんが、恐らく長距離巡航性能が高いと予想。
主に、日本国内においてシティコミューターのユーザーを調べてみると、やはり都市部に
多い。ですので、東京都内などのユーザに人気が出るのではと予想されておりました。

どうも、フレッチアはドイツ、イタリアとほぼ同じ仕様だそうです。
(日本限定仕様というわけではなかった)
この日本市場で人気がでるかどうかで、フレッチアの今後の行方が左右される予感。
IMGP4854.jpg
IMGP4860.jpg
可変ステム搭載。ホワイトとデザインが素晴らしく上品。
シティコミュータでここまで美しいモデルは初めて見ました。
IMGP4857.jpg
やはりEU仕様なので、内装変速モデルですね。
シフターは右側。
IMGP4856.jpg
ディスクブレーキ搭載。全体のデザインとディスクブレーキのコントラストが
なかなかでした。
IMGP4859.jpg
フレームはがっちりしていますが、素晴らしくホワイトが上品。
IMGP4867.jpg
IMGP4861.jpg
きちんと、ホワイト系のチェーンガードがついています。
IMGP4868.jpg
IMGP4862.jpg
IMGP4865.jpg
うーん、このあたりのルックスはドイツですね。
内装変速アルフィーネとディクスブレーキ。
IMGP4863.jpg
IMGP4869.jpg
多分リアテールライトだと思われます。
IMGP4864.jpg
( ;゚ω゚)……コルナゴがシティコミューターを作ると、こういう感じになるんですね。
思わず、デザインの清楚さに納得してしまいました。
ロゴやリアキャリア、ハンドル形状などでレトロ感を演出している。
ビアンキのシティコミューターメトポリは未来感。コルナゴはレトロ感かあ。
あと、相当しっかり組んである印象。
ちょっと欲しいと思いましたよ。
Colnago - A1r CX (105 - 2017)

スポンサードリンク

2012年07月27日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する