2013 KUOTA KURARO エアロ形状とコンフォート性を強化 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > KUOTA(クォータ) > 2013 KUOTA KURARO エアロ形状とコンフォート性を強化

2013 KUOTA KURARO エアロ形状とコンフォート性を強化

KLJ1.jpg
これが新登場KUOTA KURARO……渋いなあ。
ぶっといヘッドに、段違いシートステー。
ワイヤー内臓のエアロフレーム。電動、機械式両方に対応フレームかあ。
KEBELの後継万能エアロということで。KEBELは無くなるのかあ。

弓なりのトップチューブと、扁平極薄シートステーで路面からの
衝撃を押さえて快適性も確保。
どの程度乗りやすくなったんだろう?

価格はきゅうべい様によると
ULTEGRA Di2完成車(¥412,000)
ULTEGRA完成車(¥320,000)
105完成車(¥268,000)
フレームセット(¥199,800)
あ、電動コンポに対応しているんですねえ。
105もエアロロードモデルにしてはかなり価格が抑え目。

最初は機械式の105採用モデルを購入して、後日電動コンポにする事も
可能。
色々な意味でステップアップし易いフレームなんですね。
確かに万能フレームだわ。

トップチューブとダウンチューブ、ヘッド部分がコンフォートバイク
みたいなフレームですね。
(縦から見たら、また違う感想を持つのだろうけど)
で、シートステー、シートチューブ、シートポストががちがちのエア
ロ形状。
この二つがドッキングした際、どんな走行性能を発揮できるんだろう?
KLJ2.jpg
おお、本当だ。KUOTA KEBELよりも更に刀みたいに
薄くなっている!
シートチューブとシートステーのエアロ形状が、より強化
された印象。

そうか、KEBELの後継機ということでエアロ形状に
こだわっているんだ。
いや、シャープだなああ。
いいなあ。
大根がぶった切れそうだ。
KLJ3.jpg
ケーブルもエアロフレームということで内蔵。
コンフォート性能とエアロ性能を強化した新作だというのは
とりあえず理解しました。
せっかくだし、試乗リストにいれてみようかな。
面白そうだ。
自転車のきゅうべえ

スポンサードリンク

2012年10月08日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する