2013 LOUIS GARNEAU LGS-MER 7万クラスの初心者向けトライアスロンバイクをチェックしてみる スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LOUIS GARNEAU(ルイガノ) > 2013 LOUIS GARNEAU LGS-MER 7万クラスの初心者向けトライアスロンバイクをチェックしてみる

2013 LOUIS GARNEAU LGS-MER 7万クラスの初心者向けトライアスロンバイクをチェックしてみる

img59880198.jpg
おお初心者向きというか、エントリー系トライアスロンモデルをチェック
していたらLGS-MER出てきましたよ。

トップチューブ高めの快適性の高いロードに、DHバーを装着したモデル
ですね。
エアロ性能重視というより、乗り易さ重視のトライアスロンモデルといった
ところ。
さすがにエアロ形状ではないのですが、コンポはシマノSORAのリア9速
モデルで7万というリーズナブルさで買えてしまうのですよ。

とはいえ、もちろんカーボンフォーク仕様だしDHバーを外せばいきなり
ロードとして使えてしまう便利さもありますね。

アルミモデルとはいえ、他のトライアスロンモデルより姿勢が楽そうかな
……とはいえそこそこの性能はあるのかな……ツーリングで使っている方も
いるみたいだし。やはり、フレームの快適性が高いから長距離走るのにも
向いていそう。

ただし、どうしてもエアロ形状&カーボンフレームのトライアスロンモデル
と比べると体力の消耗は激しいと思います。
(いや、最近体で思い知りましたけど、本当にエアロフレームの推進力
や、体力を極限まで温存出来る能力は無視できないな……と)

とはいえ、LGS-MERはルイガノアルミロードをベースにしているので
乗り易さと、価格面での求めやすさは無理できないですよね。

トライアスロンを始めて挑む方にも結構好評みたいですし。
極端な話、カーボンのTTバイクと違って、アルミですから多少転んでも
堅牢性が高いのでいけるかな。
img59880204.jpg
変速はシマノ ソラのSTIで操作するという形になります。
このあたりの操作はロードそのもの。
img59880202.jpg
さすがにケーブルは内蔵という訳にはいきませんが。
エアロ効果は期待できないけど、乗り易さと操作性に関しては期待が
持てそう。
img59880203.jpg
フロントフォークはカーボン。
ホイールはIDX 700C
タイヤ 700×23C
img59880201.jpg
トップチューブはアーチ形状で乗り易さ重視。
クランクSHIMANO SORA 50/34T
img59880199.jpg
7万クラスだとこれが限界ですが、10万クラスのトライアスロンモデルですと
コンポーネントに105スペックや、エアロ形状のフレームになってきますね。
サドルのクッションの厚みもそれなりにとってあるそうなので、やはり乗り易さ
重視のモデルかな。
2013モデルLOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-MERトライアスロンバイク

スポンサードリンク

2013年01月08日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する