2013 GIOS FELLEO 105 動画 (ビジュアルがMAVIC AKSIUMの影響で、精悍) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GIOS(ジオス) > 2013 GIOS FELLEO 105 動画 (ビジュアルがMAVIC AKSIUMの影響で、精悍)

2013 GIOS FELLEO 105 動画 (ビジュアルがMAVIC AKSIUMの影響で、精悍)

DSCN1191.jpg

( ;゚ω゚)……ん? またジオスが掲載されている??

最近雑誌にクロモリモデルGIOS AMPIO TIAGRAなんかが、コストパフ
ォーマンスが高いクロスバイクとして紹介されていましたけど。
(なぜか美容院でGIOSの記事を見つけてしまった……)
なんだか、最近GIOSのメディア露出が多いですね。
あちらこちらで、特集されている……あれ? 
なんか販売戦略に勢いがある?? 腕利きのエージェントでもGIOSに
いらっしゃるのでしょうか? 

2013モデルにTTモデルや、カーボンモデル、チタンモデルを積極的に
投入してきた点といい、なんか今までと雰囲気が違います。うーむ。
とはいえ、このクロモリ105搭載モデルのGIOS FELLEO 105はやは
り美しいロングセラーモデル。
ジオスブルーが、やはりアルミやカーボンモデルと比べてなんとなく
ブラック系ブルーなんですね。
しかも、販売価格14万ながら本当に105をコンポーネントにフル採用!
ホイールも、エントリークラスとはいえMAVIC AKSIUMですよ。
そのおかげで、ルックスも更に精悍になっている印象。

実は以前のGIOS FELLEOって、スギノのコンパクトクランク48/34T
で、いかにもロングライド専用といった趣だったのですが。
車重も10kg超えていたし。

でもここ最近のGIOS FELLEOはSHIMANO FC5750 50/34Tに変更。
しかも、車重も9.5kg台と若干軽量になっています。
何気にクロモリといえど、進化しているんですね。
DSCN1193.jpg
シフトレバー シマノ105
DSCN1192.jpg
カーボンフォークにホイールがMAVIC AKSIUM
うーん、以前のGIOS FELLEOはのんびりしたクロモリという感じで
好感を持っていたんですが。
随分スタイリッシュになったんですね。
DSCN1194.jpg
フレーム GIOS 4130 クロモリ

照明のせいかもしれませんが、いくらか黒味を帯びたジオスブルー
カラーでした。
(´・ω・`)いや、マジで。

そういえば、最近ジオスロードって10kgを切るモデルが増えて
きている(AIRONEもエントリーモデルながら9kg台)
何気に、軽量化頑張っているっス。
DSCN1195.jpg
ちなみにアルテグラ採用のFELLEOは、なんと9.3kgで16万円台。
(105は9.5kgで14万円台)
アルテグラモデルも105モデルも双方ホイールはMAVIC AKSIUM。
どちらにするか、結構悩みますね……。
アルテグラモデルは、見た目が更にブラック系だし……。
2013モデルGIOS(ジオス)FELLEO 105(フェレオ105)クロモリロードバイク

スポンサードリンク

2013年02月08日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する