2013 BIANCHI IMPULSO TIAGRA 9万クラスのロードをチェックしてみる スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2013 BIANCHI IMPULSO TIAGRA 9万クラスのロードをチェックしてみる

2013 BIANCHI IMPULSO TIAGRA 9万クラスのロードをチェックしてみる

img59830486.jpg
9万クラスで買えるけど、それなりにレースにも使えるといえば
ビアンキのアルミモデルIMPULSOという事になりますかね。
(なんか最近エントリーモデルを紹介していなくて申し訳ないです)

これでもフレームは、プロサイクリングチームが使用していますしね。
(しかも、石畳あたりで)
しれなりに衝撃吸収性もありますけど、パワー伝達を重視したハイドロフォーミング
フレームですし。

ダウンチューブやヘッドチューブはカーボンフレームばりに太めで、トップチューブは
2度ハイドロフォーミング加工している手間のおかげで、極端な扁平形状をして
います。
105スペックだと13万、アルテグラスペックだと16~18万というところだと思いますが。
このティアグラスペックだと、9万クラスですしね。

何気にこのアルミフレームは見た目ボリュームある割には薄いんですよね。

価格面で考えればIMPULSO ULTEGRAはやはり価格が価格なので、
MAVIC KSYRIUM EQUIPEコンプリートホイール仕様だったりしますが。
IMPULSO TIAGRAはホイールはJARCO DRX4000となります。

本格的にレースに出る事を考えればIMPULSO ULTEGRAになりますが、初めての一台
ならIMPULSO TIAGRAでもそう悪くないと思います。
カーボンのセンプレなら、ぶっちゃけ乗った感じなんにでも使えるなあという印象で
したが。
img59830483.jpg
フレームを接合後、ハイドロフォーミングによって加工しています。
1度目はチューブとしてハイドロフォーミングで加工。2度目は接合後に
加工したおかげで、複雑な形状のフレームになっているんですね。
なんだかんだで、手間をかけたアルミフレーム。
img59830482.jpg
シフター Shimano TIAGRA
IMPULSO TIAGRAって、IMPULSOシリーズ中、唯一のレッドカラーなん
ですよね。
確かに流行のブラック&ピンクも面白いかもしれませんが。
img59830485.jpg
ヘッド周りの溶接跡とか、全然分かりませんね。綺麗な物です。
一応溶接跡の処理も行っているようです。
img59830484.jpg
フロントフォーク Bianchi K09 カーボン
一応カーボンフォークですが、ほんのわずかですが若干ベントしており
衝撃吸収性を狙っています。
img59830474.jpg
エントリー~一般ユーザー向けということで、コンパクトクランクのSHIMANO TIAGRA 50/34T。
105やアルテグラグレードになると同時にホイール、サドルや他のパーツのグレードも上がって
いきます。
あとはビジュアル面に関しては、やはりアルミモデルながら接合部が美しいですね。



それほど前かがみにならなくてもいいし、その上アルミといえど衝撃吸収性にも
拘ったモデルだから乗り易いのでは。
(乗り易さに関しては、ビアンキは本当に安心)
10万クラスのバイクを、隙を見て紹介してみようと思います。
出来れば、また隙を見て試乗してみようかな。
2013モデルIMPULSO TIAGRA(インプルソティアグラ)BIANCHI(ビアンキ)アルミロードバイク

スポンサードリンク

2013年02月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する